くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2015年12月 記事一覧

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 12月のテーマは、『お正月料理にもなる冬のあったか鍋』です。

 まだまだ寒いですので、簡単に作る鍋料理をお教えします。

 

 12月25日のお料理は・・・、『浅蜊大根鍋』

QRhigashimaru201512_000193.jpg 

では、〈浅蜊大根鍋〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

・浅蜊       300グラム

・大根       150グラム

・長葱         1本

・ニラ       1/2束

・水          1リットル

・淡口醤油      60cc

・酒         30cc

・出汁昆布      10センチ角1枚

※今月は、水1リットルに対して、淡口60cc、酒30ccの分量の鍋になります。覚えておくと良いです。

QRhigashimaru201512_000195.jpg

作り方

1)浅蜊は殻を水の中で、もみ洗いをして水気を切る。

2)大根は皮をむき、縦4つに切り、3ミリ位のイチョウ切にしてサッと茹でる。

3)葱は1センチの斜め切りにし、ニラは5センチの長さに切る。

4)鍋に、浅蜊、大根、長葱、水1リットル、淡口醤油60cc、酒30cc、出汁昆布を入れて火にかけ、沸騰したら、ニラを入れ、アクをすくい取り、胡椒をふる。

※お好みで、焼いた餅を入れて雑煮にしても良い。食用金箔をかけて、豪華な正月料理にしても良い。

 

QRhigashimaru201512_000197.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

浅蜊は殻から出汁が出てるんです。

むき身じゃダメなんですよ。

お餅やうどん入れてもいいですよ。

 

 








QRhigashimaru201512_000196.jpg

お味見くにまる

お水と淡口醤油と出汁昆布だけで、こんなにも良い味に仕上がるのですね。

ニラはすぐに火が通るからこのくらいのシャキシャキ感がいいですね。

 






※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油があれば、様々なバリエーションの鍋を作ることができます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

QRhigashimaru201512_000194.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに!

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 12月のテーマは、『お正月料理にもなる冬のあったか鍋』です。

 まだまだ寒いですので、簡単に作る鍋料理をお教えします。

 

 12月18日のお料理は・・・、『肉団子鍋』

QRhigashimaru201512_000188.jpg

では、〈肉団子鍋〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

・豚ひき肉     150グラム

・蓮根        80グラム

・長葱(肉団子用) 1/2本

・淡口醤油    大さじ1(15cc)

・片栗粉     大さじ1

・粉山椒        少々

・柚子         適量

・蕪          2個

・椎茸         2個

・長葱(鍋用)     1本

・水          1リットル

・淡口醤油      60cc

・酒         30cc

・出汁昆布      10センチ角1枚

※今月は、水1リットルに対して、淡口60cc、酒30ccの分量の鍋になります。覚えておくと良いです。

QRhigashimaru201512_000190.jpg

作り方

1)長葱を、粗いみじん切りにし、蓮根は皮をむき、すりおろす。豚ひき肉、片栗粉、淡口醤油、粉山椒を合わせ、葱、蓮根も入れてよく混ぜ合わせる。

2)蕪は、葉の部分を3センチ残して皮をむき、4等分に切り、歯ごたえが残る程度にサッと茹でておく。残りの蕪の葉は、生のまま4センチの長さに切る。長葱は5センチの長さに切り、両側面に4~5カ所、包丁目を入れる。

3)鍋に水1リットル、淡口醤油60cc、酒30cc、出汁昆布を入れる。汁が冷たいうちに豚ひき肉などを混ぜ合わせたものを肉団子にして摘み入れる。蕪と長葱も入れて中火にかけ、煮立ってきたら蕪の葉を入れて、アクをすくい取り、火が通ったら器に盛り付け、柚子を添える。

※お好みで、焼いた餅を入れて雑煮にしても良い。食用金箔をかけて、豪華な正月料理にしても良い。

 

QRhigashimaru201512_000192.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

肉団子に蓮根が入っているので、ちょっとふんわりします。

肉団子に火が入りすぎないから甘味がありますよね。

淡口醤油が素材の味の邪魔をしてないでしょ。

鍋はただグツグツ煮ればいいわけじゃないんです。

 







QRhigashimaru201512_000191.jpg

お味見くにまる

お~!ひき肉すげー!

柚子は入れたほうがいいですね。

肉団子はお箸で取れますけど、口に入れるとポロポロと溶けちゃいますね。

 





 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、飽きのこない味に仕上がります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

QRhigashimaru201512_000189.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに!

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 12月のテーマは、『お正月料理にもなる冬のあったか鍋』です。

 まだまだ寒いですので、簡単に作る鍋料理をお教えします。

 

 12月11日のお料理は・・・、『ベーコン 焼き白菜鍋』

QRhigashimaru201512_000183.jpg

では、〈ベーコン 焼き白菜鍋〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

・薄切りベーコン  200グラム

・白菜(大)      4枚

・白滝         1玉

・長葱         1本

・えのき        1束

・胡椒         適量

・水          1リットル

・淡口醤油      60cc

・酒         30cc

・出汁昆布      10センチ角1枚

※今月は、水1リットルに対して、淡口60cc、酒30ccの分量の鍋になります。覚えておくと良いです。

QRhigashimaru201512_000185.jpg

作り方

1)白菜はオーブンで、軽く焼き目が付く位まで焼き、縦半分に切り、さらに横半分に切る。白滝は水から茹でて12センチの長さに切る。長葱は縦十字に切り、12センチ位に切る。えのきは石付きを切り、ほぐしておく。

2)薄切りベーコンを半分に切り、鍋に水1リットル、淡口醤油60cc、酒30cc、出汁昆布と具を全部入れて火にかけ、煮立ったら胡椒をふる。

※お好みで、焼いた餅を入れて雑煮にしても良い。食用金箔をかけて、豪華な正月料理にしても良い。

  

QRhigashimaru201512_000187.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

白菜は、オーブンがなければ、グリルでもかまいません。

胡椒の代わりに柚子胡椒でもいいですよ。

ベーコンとお餅で紅白になります。

白菜を焼くとこんなにおいしいんですよ。

具はたくさん入れればいいというものではありません。このくらいでいいんです。

 





QRhigashimaru201512_000186.jpg

お味見くにまる

ベーコンの香りがバーンと入ってきますね。

白菜から甘味が来ますね。

うどんにも合うし、和風パスタにもなりますね。

 

 





※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が素材本来の味を引き出しています。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

QRhigashimaru201512_000184.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに!

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 12月のテーマは、『お正月料理にもなる冬のあったか鍋』です。

 まだまだ寒いですので、簡単に作る鍋料理をお教えします。

 

 12月4日のお料理は・・・、『鮭豆腐つみれ鍋』

QRhigashimaru201512_000178.jpg

では、〈鮭豆腐つみれ鍋〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

生鮭         200グラム

木綿豆腐       100グラム(1/3丁)

卵          1/2個

葱みじん切り     1/3本

片栗粉       大さじ2

淡口醤油(つみれ用)  10cc

春雨(乾燥)      20グラム

芹            1束

しめじ          1パック

七味           少々

水            1リットル

淡口醤油        60cc

酒           30cc

出汁昆布        10センチ角1枚

※今月は、水1リットルに対して、淡口60cc、酒30ccの分量の鍋になります。覚えておくと良いです。

QRhigashimaru201512_000180.jpg

作り方

1)鮭に薄塩をして30分ほどおく。豆腐は軽く水気を絞る。

2)塩をした鮭を洗い、水気を拭いて包丁で粗めに叩く。すり鉢に鮭、豆腐、卵、淡口醤油、片栗粉を入れ、混ぜてすり、葱のみじん切りを入れて、さらに混ぜる。

3)春雨は、ぬるま湯で戻す。芹は10センチの長さに切る。しめじは、石づきを切り、小房に分ける。

4)鍋に水1リットル、淡口醤油60cc、酒30ccを合わせ、出汁昆布を入れる。そこへ、つみれを、摘み入れる。一緒に春雨、しめじを入れて中火にかけ、沸騰したら芹を入れてアクをすくい取り、器に盛る。

※七味を軽く振るとアクセントになる。

 

QRhigashimaru201512_000182.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

今回は、水の1/15の淡口醤油とその半分のお酒を使うと、覚えておくとよいです。

つみれは、水から入れているから、出汁が出るんです。

大根とニンジンを入れれば紅白鍋になりますよ。

鯛の切り身を入れたら豪華な正月料理になります。

お好みで、焼いた餅を入れて雑煮にしても良いし、食用金箔をかけて、豪華な正月料理にしても良いですね。

 





QRhigashimaru201512_000181.jpg

お味見くにまる

香りがいいですね~

つみれと芹が入ると、味わいがぐっと深まりますね。

鮭と淡口醤油だけで、こんなにおいしくなるんですね。

 





 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、スープの色が澄んでいて美しく仕上がります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

QRhigashimaru201512_000179.jpg

 

コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに!

  • 1
radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!