くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2016年2月 記事一覧

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

2016年2月のテーマは、『冬のあったかスープ』です。

まだまだ寒いので、ぜひお試しください。


2月26日のお料理は・・・、『鱈豆乳汁』

HIGASHIMARU201602_005578.jpg 

では、〈鱈豆乳汁〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・鱈切り身(塩をしていないもの) 2切れ

・玉葱(小さめのもの)    1/4個

・蕪               1個

・水             200cc

・淡口醤油           10cc

・酒               5cc

・豆乳            100cc

・胡椒              少々

HIGASHIMARU201602_005581.jpg

作り方

1)鱈をひと口大に切る。薄塩を全面に振って20分置き、熱湯で霜ふりにしたら冷水に取って洗い、水気を切る。

2)玉葱はスライス、蕪は茎を2センチぐらい残して葉を切り、皮をむき、縦6つに切り、熱湯でさっと霜降りする。

3)鍋に水、1)の鱈、2)の玉葱スライス、蕪を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め4〜5分煮て、豆乳、淡口醤油、酒を入れ、味を調え、胡椒をふる。

 

HIGASHIMARU201602_005582.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

玉葱が脇役として支えてくれる汁です。

豆乳は100%で使ってはダメ。水で割っていれること。おいしくするために淡口醤油を使うんです。

鱈がないときは、他の魚で代用しても構いません。

 


HIGASHIMARU201602_005580.jpg

お味見くにまる

鱈の香りがすごく立ってます。

淡口醤油がほんとうにいい色を出してますね。

鱈を薄塩したことで、こんなに塩が入ってくるとは思いませんでした。

汁の旨味は玉葱かな?

あ〜、あったまります。

今回のシリーズで共通して言えることは、心がほっこりするような滋味あふれる汁ばかりでした。

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、飽きの来ない味に仕上ります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

HIGASHIMARU201602_005579.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

2016年2月のテーマは、『冬のあったかスープ』です。

まだまだ寒いので、ぜひお試しください。

 

2月19日のお料理は・・・、『牛肉若布汁』

HIGASHIMARU201602_005573.jpg

では、〈牛肉若布汁〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・牛肉ももスライス肉 120グラム

・戻し若布       60グラム

・葱(長ねぎ)    1/2本

・セロリ         1本

・出汁昆布        5センチ角

・水         400cc

・淡口醤油       20cc

・酒          10cc

・ごま油         5cc

・炒り胡麻     大さじ1

・おろし生姜    小さじ1

HIGASHIMARU201602_005575.jpg

作り方

1)牛肉は6センチに切り、熱湯で霜ふりして冷水に取り洗い水気を切る。

2)若布は6センチに切る。葱、セロリは斜めにスライスに切る。

3)水、淡口醤油、酒、出汁昆布を合わせて2)を入れ、中火弱で火を入れていき、沸騰したら弱火で2分煮る

4)1)の牛肉を入れごま油、炒り胡麻を入れる。

5)器に盛り、おろし生姜を添える。

 

HIGASHIMARU201602_005577.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

あんこに塩を入れると味がまとまるように、苦味と酸味をちょっと入れると、味が決まります。

 





HIGASHIMARU201602_005576.jpg

お味見くにまる

胡麻油の香りとおろし生姜の香りが鼻腔をくすぐります。

見た目は韓国料理に出てくる若布スープみたいですが、ばかうまです!

若布の緑が本当にきれいだし、牛肉が味わい深いです。

今回のシリーズは、どれも汁の旨味がじわじわ体中に広がっていく滋味ですね。

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、スッキリした味に仕上ります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

HIGASHIMARU201602_005574.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

2016年2月のテーマは、『冬のあったかスープ』です。

まだまだ寒いので、ぜひお試しください。

 

2月12日のお料理は・・・、『豚汁』

HIGASHIMARU201602_005568.jpg

では、〈豚汁〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・豚ロース(スライス) 80グラム

・里芋          1個

・人参          2センチ

・椎茸          2個

・こんにゃく     1/4丁

・葱         1/2本

・昆布          5センチ角

・水         400cc

・淡口醤油       20cc

・酒          10cc

・七味        好みで

HIGASHIMARU201602_005570.jpg

作り方

1)豚肉は3センチに切る。

2)里芋、人参は1.5センチ角に切る。椎茸は軸を取り十字に切る。こんにゃくはスプーンでちぎる。

3)鍋にお湯を沸かし、2)を入れ2分茹でてザルに取る。同じお湯で1)を霜降りし、冷水に取り洗い水気を切る。

4)鍋に水、昆布、3)の里芋、人参、椎茸とこんにゃくを入れ火にかけ、柔らかくなったら3)の霜降りした豚肉と淡口醤油と酒を入れ、1センチの小口に切った葱を入れ、葱に火が通ったら出来上がり。

5)器に盛って、好みで七味を振る。

 

HIGASHIMARU201602_005571.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

うどんを入れてけんちん風にしてもいいですよ。

食材に色がつきませんし、汁を飲んでもすっきりしていて気持ちいい味に仕上がっているでしょ。

野菜から味が出ているんです。

食材の味が大事なんです。

豚肉は煮過ぎると、痩せてしまうので煮過ぎないように。

 

HIGASHIMARU201602_005572.jpg

お味見くにまる

みそ味のイメージしかありませんでしたが、確かに豚汁です。どちらかと言えばお上品な豚汁ですね。

肉は霜降りすると、安いものでもおいしくなります。

味をつけているのは淡口醤油だけなのに、味わいが奥深くなりますね。

ほのかな甘味は野菜から出ているんですね。

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が、野菜や豚肉など素材本来の味を引き出しています。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

HIGASHIMARU201602_005569.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

2016年2月のテーマは、『冬のあったかスープ』です。

まだまだ寒いので、ぜひお試しください。

 

2月5日のお料理は・・・、『そばがき』

HIGASHIMARU201602_005562.jpg

では、〈そばがき〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・そば粉    80グラム

・水     200cc

・椎茸      2個

・ほうれん草   1株

・柚子      少々

・出汁    300cc

※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、かつおぶし5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の出汁昆布を1分間浸して濾す

・淡口醤油   20cc

・みりん    10cc

・葱     1/2本

HIGASHIMARU201602_005565.jpg

作り方

1)鍋にお湯を沸かし、軸を切った椎茸をお湯の中で霜降りをして冷水に取り水気を切る。同じお湯でほうれん草は歯ごたえが残るくらいに茹で、冷水に取り水気を絞り6センチに切る。

2)葱は小口に切り、布巾に包み流水でもみ洗いして、よく水気を絞り、洗い葱※を作っておく。

3)そば粉をボウルに入れ、水を50℃前後に温め、ダマにならないように、泡立て器でかき混ぜていく。

4)鍋に出汁、淡口醤油、みりんを合わせ、1)の椎茸を入れ、火にかけていく。

5)別の鍋でお湯を沸かし,先ほどかき混ぜた3)をスプーンですくい落としていく。

6)中火弱の火力で5)が浮いてきたら2分茹でてすくい取り、出汁や淡口醤油などを合わせたほうの4)の鍋に入れ、ひと煮立ちしたら1)のほうれん草を入れ器に盛る。

7)2)の洗い葱と柚子を添える。

※洗い葱・・・ネギを小口に切り、布巾で包み、水にさらしながらよくもんで水気をきったもの。

 

HIGASHIMARU201602_005567.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

そばがきを"うきみ"として使っています。

つゆの色がきれいでしょ。品が良い感じに仕上がります。

椎茸を旨味は落ちないんです。すっきりした味になります。

 



HIGASHIMARU201602_005566.jpg

お味見くにまる

淡い味がしていいですね。

今回は、そばがきを薄く伸ばしているので、ふわっととろける感じがいいです。

高級料亭みたいな滋味あふれる味になっています。

(高級料亭には行ったことないけど・・・。)

 


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、汁が澄んでいて美しく仕上がります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

HIGASHIMARU201602_005564.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

  • 1
radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!