くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2016年8月 記事一覧

トマト葱素麺

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

2016年8月のテーマは、『夏を乗り切るさっぱり素麺』です。

今月は、夏場をのりきるさっぱりした素麺のレシピをご紹介します。

8月26日のお料理は・・・、『トマト葱素麺』

usukuchidojo201608_007535.jpg

では、〈トマト葱素麺〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

・素麺       4束

・トマト     25グラム(およそ1/8個)

・青葱       5本

・新生姜     40グラム

・大葉       4枚

<つゆ(汁)>

・水      400cc

・煮干し      2本

・鰹節      10グラム

・出汁昆布     5グラム

・淡口醤油    40cc

・酒       10cc

usukuchidojo201608_007541.jpg

■作り方

1)水、煮干し、鰹節、出汁昆布、淡口醤油、酒を鍋に合わせ火にかける。沸騰したら、火を弱め、3分煮出し、火を止める。5分ほどおき、冷めてから濾す。

2)トマトは1.5センチの小角に切る。新生姜は粗みじんに切る。青葱は小口に切り、ふきんに包み水洗いしてから水気を切っておく。大葉は手でちぎる。トマト、新生姜、青葱、大葉は合わせておく。

3)素麺を茹で、冷し、水気を切り、器に盛り、汁を張り、先ほど合わせた野菜をのせる。

usukuchidojo201608_007540.jpg

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

今回ベースとなった出汁(麺つゆ)は、多めに作っておけば、3日くらいは持ちますので作りおきしておくと重宝します。

麺つゆは、さっぱりとコクを出すために煮干を使いました。

usukuchidojo201608_007539.jpg

■お味見くにまる

トマトの赤と青葱や大葉の緑がキレイですね。

トマトの酸味が絶妙です!

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、飽きの来ない味に仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

usukuchidojo201608_007537.jpg

〒105-8002
文化放送『くにまるジャパン』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

コチラからもご応募できます。

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

2016年8月のテーマは、『夏を乗り切るさっぱり素麺』です。

今月は、夏場をのりきるさっぱりした素麺のレシピをご紹介します。

 

8月19日のお料理は・・・、『浅蜊冷し素麺』

 usukuchidojo201608_007529.jpg 

では、〈浅蜊冷し素麺〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

・素麺       4束

・浅蜊     300グラム

・茗荷       2個

・大葉       4枚

・長葱     1/4本

・ニラ       5本

・胡椒      少々

<つゆ(汁)>

・水      400cc

・煮干し      2本

・出汁昆布     5グラム

・淡口醤油    40cc

・酒       10cc

usukuchidojo201608_007531.jpg

■作り方

1)茗荷は縦半分に切り千切りにする。ニラは5センチに切る。

2)砂抜きした浅蜊と水、煮干し、出汁昆布、淡口醤油、酒を、鍋に合わせ火にかける。ひと煮立ちしたら濾し、浅蜊を取り出す。濾した汁に1)の茗荷とニラを入れ、冷ます。

3)長葱は小口に切り、ふきんに包み、水洗いして、水気を絞っておく。大葉は手でちぎっておく。

4)素麺を茹で冷し水気を切り、器に盛り、汁を張り、浅蜊を盛り、3)の大葉と長葱を散らす。

5)好みで胡椒を振る。

 

usukuchidojo201608_007533.jpg

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

ニラは炒めると、匂いがでてしまいます。

浅蜊の持つ味の深さがポイントです。

バターやオイルを入れない美味しさを味わってください。

ちょっとした組み合わせの違いで、味のバリエーションが広がります。

 


usukuchidojo201608_007532.jpg

■お味見くにまる

ニラの緑が強調されて鮮やかになっています。

浅蜊にもニラの香りがうつっていいですね。

冷めても浅蜊のジュワッとした感じが残ってるんですね。

素麺がないのもありですね。そのかわりキリッと冷えた日本酒があると嬉しいです。

夏は、このパターンで素麺を楽しむのもいいですね。

 

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、味がスッキリ仕上がります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

usukuchidojo201608_007530.jpg

〒105-8002
文化放送『くにまるジャパン』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

 

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

2016年8月のテーマは、『夏を乗り切るさっぱり素麺』です。

今月は、夏場をのりきるさっぱりした素麺のレシピをご紹介します。


8月12日のお料理は・・・、『蓴菜玉子素麺』

 usukuchidojo201608_007517.jpg

では、〈蓴菜(じゅんさい)玉子素麺〉の作り方です。 ※2人分

■用意するもの

・素麺           4束

・温泉玉子         2個

菜(じゅんさい)  100グラム

・オクラ          4本

・青柚子         適量

・長葱         1/4本

<つゆ(汁)>

・水          400cc

・煮干し          2本

・鰹節          10グラム

・出汁昆布         5グラム

・淡口醤油        40cc

・酒           10cc

usukuchidojo201608_007522.jpg

■作り方

1)水、煮干し、鰹節、出汁昆布、淡口醤油、酒を鍋に合わせ火にかける。沸騰したら火を弱め3分煮出し、火を止め、5分ほどおき、冷めてから濾す。

2)オクラは2.5センチに切り、竹串で種を押し出して取り、さっと茹でて小口に切っておく。長葱も小口に切っておく。

3)蓴菜(じゅんさい)はサッとお湯で茹で冷水に取り水気を切る。

4)素麺を茹で、冷し、水気を切り、器に盛り、1)の汁(麺つゆ)を張り、温泉玉子、3)の蓴菜(じゅんさい)、4)のオクラ、長葱を盛り、青柚子をすってのせる。

 

usukuchidojo201608_007520.jpgのサムネール画像

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

1/10の淡口醤油とお酒でこの味が楽しめます。

青ゆずは、なければなくてもいいです。胡椒や七味などお好みの香辛料をふってもいいですね。

蓴菜がない場合は、もずくやなめこでもいいですね。

喉ごしを楽しんでください。

口離れがいい感じしませんか?品格がある味に仕上がっていると思います。

 

usukuchidojo201608_007521.jpg

■お味見くにまる

お吸い物みたい!

蓴菜が涼しげで目にも鮮やかです。

温泉玉子の白身と蓴菜のトロトロがおいしい!

目でも味わえますね。

 

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が、菜(じゅんさい)、オクラなどの素材の本来の味を引き出してくれます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

usukuchidojo201608_007518.jpg

〒105-8002
文化放送『くにまるジャパン』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

コチラからもご応募できます。


 来週もお楽しみに。

  • 1
radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!