くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

『立ち上がる人々:広島県・東広島市の酒造』

今週の『くにまるレポーターズ』は、移動型メディア・エディターである
ブルーイッシュメディア・山本ケイゾーさんが登場。

190808レポーターズDSC09221.jpg

本日のテーマは、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で大きな被害を受けた
広島県・東広島市の「柄(つか)酒造」について。

安芸津(あきつ)地域で160年以上続く「柄酒造」は、
豪雨により付近の川が氾濫した影響を受け、
明治時代に建てられた蔵を含む敷地全体に甚大な被害が及びました。

今回は、「柄酒造」八代目・柄宣之社長に
再起の酒造りについて伺いました。スタジオでは試飲もしましたよ!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『戦争の記憶・光が丘公園』

今週の『くにまるレポーターズ』は、文化放送 報道スポーツセンターの
石森則和記者が登場!

0801レポーターズ.jpg

終戦の日が近づいてきた今回のテーマは、東京・練馬区の「光が丘公園」。
第二次世界大戦時は、東京23区内唯一の飛行場「成増陸軍飛行場」があった場所です。
地元出身の郷土史家である山下徹さんへの取材を交えながら、
当時の様子についてレポートしてもらいました。



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『"愛の鞭(ムチ)"を3時間で徹底取材!』

今週の『くにまるレポーターズ』には、およそ2カ月ぶりの登場となる
落語家の春風亭昇也さんが登場!

0725レポーターズ.jpg

春風亭昇太師匠の結婚をテレビで知ったという春風亭一門。
お相手の方には昇也さんもまだお会いしていないのだとか......。

そんな昇也さんが今回も挑戦するのはこの企画、『"〇〇"を3時間で徹底取材!』。

その日一番知りたい"あれ"について、

番組のオープニングから3時間で調査し、その成果を披露いただきます。



本日のテーマは『愛の鞭』。
広島カープの緒方監督が選手に平手打ちをし、
厳重注意処分を受けた話題にちなんだテーマです。



2017年に厚労省の研究班が虐待防止のため発表した「愛の鞭ゼロ作戦」など、
時代遅れになってきた「愛の鞭」という考え方。

昇也さんによると、落語界では「愛の鞭=お小言」なのだそう。
噺家の成長についてのエピソードには、水谷アナも「深いい話......」と聞き入っていました。

そのほか「飴と鞭」の語源や注目の鞭職人ユーチューバーなど、
さまざまな観点からお話しいただきました。
もちろん最後には、〆の小噺も!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

小尾渚沙アナウンサーが初登場!

今週の『くにまるレポーターズ』には、小尾渚沙アナウンサーが初登場!

0718レポーターズ.jpg

今回は、『皆さん、もっと注目してください! 「ラグビー・ワールドカップ」の見どころを大特集〜!』と題して、
"ラグビーを愛する女性=ラグ女"である小尾さんに、見どころなどを熱くレポートしていただきました!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『立ち上がる人々:鮎の栽培漁業』

今週の『くにまるレポーターズ』は、移動型メディア・エディターである
ブルーイッシュメディア・山本ケイゾーさんが登場。

0711レポーターズ.jpg

本日のテーマは、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で大変な被害を受けた
岡山県・高梁(たかはし)川でおこなわれている、鮎の栽培漁業について。

古くから鮎が生息する自然豊かな高梁川では、
成長後に自然環境に放流する目的で魚を生育する「栽培漁業」が行われています。
ところが、岡山県内唯一の施設である高梁川栽培漁業研究所では、
ほぼ全ての施設が水没し全壊してしまったそうです。

今回は、同研究所の小西富美夫所長に、現在の復旧状況などをお電話で伺いました。
高梁川名物である鮎のサイズには、くにまるさんもびっくり......!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!