くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

ノンフィクション作家の野地秩嘉さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、ノンフィクション作家の
野地秩嘉さんにお越しいただきました。


本屋170522.jpg


野地秩嘉さんは1957年、東京都のお生まれ。早稲田大学商学部をご卒業後、
出版社勤務などを経てノンフィクションライターになられると、食、美術、
ビジネス、人物ルポルタージュ、海外文化など幅広い分野での執筆で知ら
れています。これまでに、『キャンティ物語』『渡辺晋物語』『高倉健
インタヴューズ』『美しい昔-近藤紘一が愛したサイゴン、バンコク、
そしてバリ』『ヤンキー社長』『ヨーロッパ美食旅行』など多くの著書を
出版されており、2011年には『TOKYOオリンピック物語』でミズノスポーツ
ライター賞優秀賞を受賞されました。


今回は、野地秩嘉さんの著書『ビートルズを呼んだ男』についてお話を
伺いました。


☆野地秩嘉さん著書情報
 『ビートルズを呼んだ男』
 (小学館文庫より、税別670円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

「日経ビジネス」の副編集長・鈴木信行さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「日経ビジネス」の副編集長・
鈴木信行さんにお越しいただきました。


本屋20170515.jpg


鈴木信行さんは1967年のお生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、
日経BP社に入社されると、「日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、
「日経エンタテインメント」、「日経トップリーダー」を経て、
2011年1月に現在の「日経ビジネス」副編集長に就任されました。
中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などを
中心に取材を続けていらっしゃいます。


今回は、鈴木信行さんの著書『宝くじで1億円当たった人の末路』
について伺いました。


☆鈴木信行さん 著書情報
 『宝くじで1億円当たった人の末路』
 (日経BP社より、税別1400円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


漫画家の大月悠祐子さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、漫画家の大月悠祐子さんと、
「株式会社 白泉社」より発行されている「ヤングアニマル」の
副編集長・大野木貴史さんにお越しいただきました。


本屋20170508①.jpg


大月さんは、2001年頃より「かなん」名義で人気アニメ『ギャラクシー
エンジェル』シリーズのキャラクター原案、及びマンガ版の作画を担当。
また、2011年から12年にかけては「電撃大王ジェネシス」で連載された
偏愛オムニバス『妄想少年観測少女』において、男女の恋愛の機微を
鮮烈に描く新たな一面を発揮し、注目を集めました。


今回は、大月悠祐子さんが書かれた作品『ど根性ガエルの娘』について
伺いました。


☆大月悠祐子さん 作品情報
 『ど根性ガエルの娘』
 (白泉社より、1巻・2巻とも税別600円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

経営コンサルタント・作家の神田昌典さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、経営コンサルタントで作家の
神田昌典さんにお越しいただきました。


本屋20170501.jpg


神田さんは上智大学外国語学部を卒業、ニューヨーク大学経済学修士、
ペンシルバニア大学・ウォートンスクール経営学修士といった経歴を
お持ちのほか、大学3年の時に外交官試験に合格されると、大学4年生
にして外務省の経済部に勤務されました。


1998年に作家デビューを果たされると、その分かりやすい切り口、
語りかける文体などで従来のビジネス書の読者層を拡大し、実用書
ブームを切り開いたことから、出版界では「ビフォー神田昌典」
「アフター神田昌典」と言われることもあるそうです。


また2012年には、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位に
輝かれ、現在は「株式会社アルマクリエーションズ」の代表取締役、
一般社団法人「リード・フォー・アクション」の理事をお務めです。


今回は、去年の9月に発売された神田さんの著書『あなたの会社が
最速で変わる7つの戦略』についてお話を伺いました。


☆神田昌典さん 著書情報
 『あなたの会社が最速で変わる7つの戦略』
 (フォレスト出版より、税別1600円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『本屋大賞2017』

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「くにまるジャパン」が誇るブック
・コンシェルジュ、「ジュンク堂」池袋本店の副店長の田口久美子さん、
そして、1階・雑誌売り場の齊藤加菜さん、同じく7階・理工書売り場の
小林綾乃さんにお越しいただきました。


本屋20170424.jpg


今回は、先日発表された『本屋大賞2017』を振り返っていただいたほか、
齊藤さん・小林さんが担当されている、それぞれの売り場の特徴などに
ついてもお話しいただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!