くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

作家の田口ランディさん&編集者でライターの南陀楼綾繁さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーの準レギュラーである、
編集者でライターの南陀楼綾繁さん、そして、作家の田口ランディさんに
お越しいただきました。


本屋20190218.jpg


≪田口ランディさんプロフィール≫
1959年、東京都のお生まれ。広告代理店や編集プロダクションを経て、
90年代後半からメールマガジンを配信し、購読者数10万人を獲得。
そして、2000年6月に発表した長編小説『コンセント』がベストセラー
になりました。その後、作家として活動。小説以外にもエッセイ・
旅行記・ノンフィクションなどを幅広く執筆。社会的な重いテーマから
SF・オカルト・仏教と、ボーダレスな作品群が特徴の作家として人気です。


今回は、南陀楼さんと田口さんが関わられているイベントについて
お話しいただきました。


☆イベント情報
 ●湯河原町の一箱古本市
   2月24日(日)にJR東海道線・湯河原駅から歩いて15分ほどの
   場所にある書店「好文の木」にて開催。
 ●みんなで知恵を持ち寄るブックフェア「ポトラ」
   3月2日(土)3日(日)に東急田園都市線・桜新町駅から
   歩いて2分ほどの場所にある桜神宮会館にて開催。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

寿司職人の川澄健さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「川澄飾り巻き寿司協会」
会長の川澄健さんにお越しいただきました。


本屋20190211.jpg


川澄健さんは1956年、神奈川県鎌倉市のお生まれ。
東京・神奈川の寿司店で修業を積みながら、江戸前にぎりのみならず、
伝統の細工巻きずしや郷土の巻きずしなどの研鑽を積み、寿司業界の
技術大会などに出場。また、テレビ東京の『TVチャンピオン』では
3度の優勝という実績をお持ちです。


1994年からは12年間に渡り、横浜市で『すし川澄』を経営。その後、
2006年からは東京・大手町の『銀座おのでら鮨アカデミー』にて
寿司の講師を務めているほか、川澄飾り巻き寿司協会の会長としても
精力的に活動されています。


今回は、川澄健さんのご著書『作れる!飾り巻き寿司 おもてなし寿司』
についてお話を伺ったほか、実際に作ってくださいました!


本屋20190211②.jpg
本屋20190211③.jpg


☆川澄健さん著書情報
『作れる!飾り巻き寿司 おもてなし寿司』
(光文社より、税別1400円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

マキタスポーツさんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、芸人・俳優・ミュージシャンで
文筆家のマキタスポーツさんにお越しいただきました。


本屋20190204.jpg


1970年、山梨県のご出身。芸人、ミュージシャン、俳優、文筆家など、
他に類を見ないエンターテインメントを追求し、芸人の枠を超えた活動を
されています。ミュージシャンとしては、バンド「マキタ学級」での活動
の他、マキタスポーツ名義でアルバム「推定無罪」をリリース。
また、俳優として2012年公開の映画「苦役列車」で、ブルーリボン賞
新人賞と、東スポ映画大賞 新人賞をダブル受賞。
その他にもNHK連続テレビ小説「花子とアン」や「ルーズヴェルト・ゲーム」
など、数多くの作品に出演されています。


今回は、マキタスポーツさんのご著書『決定版 一億総ツッコミ時代』
についてお話を伺いました。


☆マキタスポーツさん著書情報
『決定版 一億総ツッコミ時代』
(講談社より、税別600円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『第160回 芥川賞・直木賞』の総括

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「くにまるジャパン」が誇るブック
・コンシェルジュ、「ジュンク堂」池袋本店の副店長、田口久美子さんに
お越しいただきました。


本屋20190128.jpg


今回は先日発表された『第160回 芥川賞・直木賞』の総括ということで、
「芥川賞」を受賞された上田岳弘さんの『ニムロッド』、町屋良平さんの
『1R 1分34秒』の2作品、そして「直木賞」を受賞された真藤順丈さんの
『宝島』について解説していただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

俳優の春海四方さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、俳優の春海四方さんに
お越しいただきました。


本屋20190121.jpg


春海四方さんは1959年、東京都のお生まれ。
早稲田大学に在学中から演劇活動を開始。
高倉健さんも住人だったアパート『都荘』の管理人をしながら
大学卒業後、パフォーマンスグループ『劇男一世風靡』に入団。
1984年、その中の7人で『一世風靡セピア』を結成し、
『前略、道の上より』でデビュー。
『夜のヒットスタジオ』をはじめとする多くの歌番組に出演
されたほか、ニューヨークのアポロ・シアターで公演するなど、
人気を博しました。
1989年の解散後は再び俳優として活動され、蜷川幸雄さんや
野田秀樹さん、栗山民也さんなどが演出する芝居をはじめ、
テレビドラマの名脇役としてご活躍中です。


今回は、春海四方さんのご著書『前略、昭和のバカどもっ!!』
についてお話を伺いました。


☆春海四方さん著書情報
『前略、昭和のバカどもっ!!』
(KADOKAWAより、税別1500円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!