くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

文筆家の古谷経衡さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、文筆家の古谷経衡さんに
お越しいただきました。


本屋20180709.jpg


古谷さんは1982年、北海道札幌市のお生まれ。立命館大学文学部史学科を
ご卒業。 インターネットとネット保守、若者論、社会、政治、サブカル
チャーなど、幅広いテーマで執筆評論活動を行う一方、ラジオ番組などの
コメンテーターも担当されています。 これまでに『愛国ってなんだ』、
『左翼も右翼もウソばかり』、『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』、
『草食系のための対米自立論』、『アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン
大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕』、『「意識高い系」の研究』、
『道徳自警団がニッポンを滅ぼす』など、多くの著書を出版されています。


今回は、古谷さんの最新刊『女政治家の通信簿』、そして古谷さんにとって
初めての小説となる『愛国奴』ついてお話を伺いました。


☆古谷経衡さん 著書情報
 ・『女政治家の通信簿』
  (小学館より、税別830円にて発売中)
 ・『愛国奴』
  (駒草出版より、税別1800円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『2018年上半期のビジネス書を振り返る!』

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーの準レギュラー
ともいえる存在、ビジネス書評家の土井英司さんにお越し頂きました。


本屋20180702.jpg


今回は、『2018年上半期のビジネス書を振り返る!』ということで、
この半年間に発売されたビジネス書の中から、土井さんが気になった本、
印象に残った本をピックアップしてご紹介いただきました。


【2018年・上半期、印象に残ったビジネス書】
●『大人のための語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる』
   / 齋藤孝(SBクリエイティブより、税別1300円にて発売中)
●『10年後の仕事図鑑』/ 堀江貴文・落合陽一
  (SBクリエイティブより、税別1400円にて発売中)
●『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』
   / 新井紀子(東洋経済新報社より、税別1500円にて発売中)


【土井英司さんのオススメ本】
●『老人の取扱説明書』/ 平松類
 (SB新書より、税別1500円にて発売中)
●『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』/ 三戸政和
 (講談社+α新書より、税別840円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

"本しゃべりすと"の奥村知花さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、書籍PRの専門家"本しゃべりすと"の
奥村知花さんにお越しいただきました。


本屋20180625.jpg


奥村知花さんは1973年、東京都のお生まれ。
成城大学文芸学部を卒業後、総合アパレル会社、レストラン業界を経て、
2003年より書籍専門のフリーランス広報として独立されました。
以降、新刊書籍のパブリシティ活動のほか、"本しゃべりすと"という
独自の肩書で、雑誌の特集記事や書評エッセイの連載執筆、ラジオ番組
などでの書籍紹介など、幅広くご活躍中です。


今回は、奥村さんご自身が執筆された一冊『進む、書籍PR! たくさんの
人に読んでほしい本があります』についてお話を伺いました。


☆奥村知花さん著書情報
『進む、書籍PR! たくさんの人に読んでほしい本があります』
             (PHPより税別1400円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

漫画家の山本さほさんが二度目の登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナー二度目のご登場となる
漫画家の山本さほさんにお越しいただきました。


本屋20180618.jpg


山本さほさんは1985年、岩手県生まれの神奈川県育ち。
OL生活を経て、インターネット上で発表していた漫画「岡崎に捧ぐ」が
評価され、本格的な漫画家デビューを飾りました。
2015年には、テレビ情報誌「TVブロス」の「ブロスコミックアワード」で
「岡崎に捧ぐ」が大賞に輝いたほか、「このマンガがすごい!」の2016年・
オトコ編でも第8位となり、一気に注目を集めました。
そのほかにも、「無慈悲な8bit」「山本さんちのねこの話」「いつもぼくを
みてる」など、数多くの単行本を出版されています。


今回は、あらためて『岡崎に捧ぐ』についてお話を伺いました。


☆山本さほさん作品情報
 『岡崎に捧ぐ』
 (小学館より、4巻まで各787円+税にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

女優の鈴木砂羽さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、女優の鈴木砂羽さんに
お越しいただきました。


本屋20180611.jpg


鈴木砂羽さんは1972年、静岡県浜松市のお生まれ。
女子美術大学短期大学部を中退後、文学座の研究生に。
研究所卒業後の1994年に映画『愛の新世界』で主演デビュー。
同作品で第37回ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞、
毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞などを受賞
されました。


その後、NHK朝の連続小説『あぐり』『すずらん』『さくら』、
大河ドラマ『新撰組!』や刑事ドラマ『相棒』など、様々な
映画・ドラマに出演されるとともに、バラエティ番組『幸せ!
ボンビーガール』などでもご活躍。


また、2001年から2005年まで漫画雑誌『YOUNG YOU』にて初の漫画
『いよぉ!ボンちゃん!!』を連載され、2012年には初のエッセイ
となる『女優激場』を発売。そして、2016年3月からは雑誌『YOU』にて
『いよぉ!ボンちゃんZ』の連載を再開されています。


今回は、鈴木砂羽さんが描かれた漫画『女優・鈴木砂羽のマンガ愛が
はじけるコミックエッセイボンちゃんがいく☆』についてお話を伺い
ました。


☆鈴木砂羽さん作品情報
 漫画『女優・鈴木砂羽のマンガ愛がはじけるコミックエッセイ
 ボンちゃんがいく☆』(集英社より税別1200円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!