くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

歌手・日仏映画研究家の遠藤突無也さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、歌手・日仏映画研究家の
遠藤突無也さんにお越しいただきました。


本屋20191028.jpg


遠藤突無也さんは東京都のお生まれ。
1992年からパリでの歌手活動を開始。
1996年、世界的な作曲家アンジェロ・バラダメンテイに見込まれて
「Ruby Dragonflies」をリリース。
2007年、パリのオランピア劇場でのコンサートに成功し、
フランスのマスコミに大きく取り上げられました。
2012年、戦後の日本歌謡曲集「PARIS KAYO(パリ歌謡)」を発表。
2017年には日本映画音楽のアンソロジー「Cinema」をリリース
されています。


また、著書として『日仏映画往来』や、日本映画のスター俳優30名を
紹介した俳優辞典「日本映画黄金時代」を執筆。
昨年、フランスで出版されています。

今回は、遠藤さんが書かれた『パリの「赤いバラ」といわれた女
日本初の国際女優 谷洋子の生涯』について伺いました。


☆『パリの「赤いバラ」といわれた女 日本初の国際女優 谷洋子の生涯』
 (さくら舎より、税別2000円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

芥川賞作家の村田沙耶香さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、芥川賞作家の村田沙耶香さんに
お越しいただきました。


本屋20191021.jpg


村田沙耶香さんは1979年、千葉県のお生まれ。玉川大学文学部の芸術学科
芸術文化コースを卒業後、2003年に『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀
作を受賞され、作家デビュー。2009年、『ギンイロノウタ』で第31回野間
文芸新人賞、2013年には『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回
三島由紀夫賞を受賞。そして2016年、当時バイトをされていたコンビニを
舞台にした小説『コンビニ人間』で、芥川賞に初めてノミネートされ、
見事に受賞されました。


今回は、最新の短編集『生命式』についてお話を伺いました。


☆『生命式』(河出書房新社より、税別1650円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

近代詩の伝道師Pippoさんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーの準レギュラーである
近代詩の伝道師・Pippoさんにスタジオにお越しいただきました。


本屋20191014.JPG


今回は、全員で朗読にチャレンジしました!




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

モデル・タレントの有村藍里さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、モデル・タレントの有村藍里さんに
お越しいただきました。


本屋20191007.jpg


有村藍里さんは1990年、兵庫県のお生まれ。
2006年に芸能界デビューされて以降、グラビア・バラエティ・舞台・
映画など、幅広いジャンルでご活躍中です。


今回は、有村藍里さんが書かれた『1mmでも可愛くなりたい。』について
伺いました。


☆『1mmでも可愛くなりたい。』
 (扶桑社より、税別1400円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

二代目ブック・コンシェルジュの矢部潤子さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「くにまるジャパン」が誇る
二代目ブック・コンシェルジュの矢部潤子さんにお越しいただきました。


本屋20190930.jpg


今回は「この秋、じっくりと読みたい本」というテーマで、
以下のような本をご紹介いただきました。


●『三体』/ 作・劉慈欣  訳・大森望さん他
   (早川書房より、税別1900円にて発売中)
●『酔象の流儀 朝倉盛衰記』/ 赤神諒
 (講談社より、税別1600円にて発売中)
●『死に山 世界一不気味な遭難事故≪ディアトロフ峠事件≫の真相』
           / 著・ドニー・アイカー  訳・安原和見
          (河出書房新社より、税別2350円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!