くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

俳優・黒沢年雄さん

2019年1月18日(金) 極シアター

DSC07885.JPG

きょうの『極シアター』は、俳優・歌手の黒沢年雄さんをお迎えしました。

黒沢年雄さんに、デビュー当時のエピソード、ヒット曲「時には娼婦のように」の裏話、そして、25年ぶりの新曲「ゆかいなじいちゃん」などについて伺いました。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

 

■黒沢年雄さんの情報

黒沢年雄オフィシャルブログ「クロちゃん」

黒沢 年雄 - 夢グループ

 

●黒沢年雄さんの25年ぶりの新曲「ゆかいなじいちゃん」は、"夢レコード"から、税込み1,300円で1月30日発売です。

 

■黒沢年雄さんのプロフィール

1944年、横浜市ご出身です。
日大横浜高校卒業後、キャバレーのバンドマン、工場作業員、訪問販売セールスマン、ウェイター、陸送の運転手など、様々な仕事を経験をしながら俳優を目指し、64年、東宝映画第4期ニューフェイスに合格され、美空ひばり、江利チエミ、雪村いずみ主演の「三人よれば」にてデビューされました。
66年、成瀬巳喜男監督作品『ひき逃げ』で映画初主演デビューされ、この作品で日本映画製作者協会の"スター新人賞"を受賞され、その後、数多くの映画・ドラマに主演・出演されています。
また、歌手としても75年に『やすらぎ』をヒットさせ、以後、『時には娼婦のように』『酒とバラの日々に』など、次々とヒットさせました。
最近では、バラエティー番組に出演するなど、まさにマルチ俳優として好感度を高めている黒沢年雄さんです。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

ノンフィクション作家・田崎健太さん

2019年1月17日(木)極シアター
きょうの『極シアター』は、ノンフィクション作家の田崎健太さんをお迎えしました!

0117_DSC07865.jpg

1968年、京都市のお生まれ。
早稲田大学・法学部を卒業後、小学館に入社。
『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年に退社されますと
ノンフィクション作家としての活動をスタート。
雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍されています。

これまでに『ジーコジャパン 11のブラジル流方程式』や
『楽天が巨人に勝つ日 スポーツビジネス下克上』、
『球童 伊良部秀輝伝』『真説・長州力 1951-2015』などの
スポーツ関連の作品を中心に手掛けられているほか、
『偶然完全 勝新太郎伝』『維新漂流 中田宏は何を見たのか』といった、
芸能や政治に至るまで、幅広い分野で執筆されています。

昨年には、かつて存在していた「ドラフト外」という制度で
プロ野球界に入り、一時代を築いた選手たちについて書かれた一冊
『ドラガイ』を出版され、話題となりました。

なんと今回は、田崎さんの出演を聞きつけスタジオに遊びに来てくださった
元プロ野球選手の「アニヤン」こと松沼博久さんもスタジオに登場!
松沼さんも登場する『ドラガイ』について、お二方からたっぷりお話を伺いましたよ!

田崎さんのご著書『ドラガイ』はカンゼンから1700円+税で発売中です。



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

DEEN・池森秀一さん

2019年1月16日(水)極シアター

「極シアター」!本日のお客様はDEENのボーカル 池森秀一さんでした。

k20190116l.jpg

 池森秀一さんは、北海道のご出身。
ボーカルの池森さんとキーボードの山根公路さんが中心となり1993年にDEENを結成。
デビュー曲「このまま君だけを奪い去りたい」が、いきなりミリオンセールスを記録しました。
その後も「瞳そらさないで」や「Memories」「翼を広げて」など数々のヒット曲を生み出し、
CDの総セールスは1,500万枚を超えています。
現在、ソロ活動やプロデュースワークも手がけ、
DEENのニューシングル「ミライからの光」が2月6日、
そして待望のニューアルバム「NEWJOURNEY」が3月13日にリリースとなります!

k20190116k.jpg


今回は、池森さんのデビュー秘話をはじめ、年間360日そば食という、そば好きエピソード、
ボビー・バレンタイン元千葉ロッテマリーンズ監督との交流、
新人アーティスト小山翔吾さんのプロデュース、そしてDEENのニューシングル「ミライからの光」と
ニューアルバム「NEWJOURNEY」についてお話頂きました。
ちなみに池森さんおすすめの蕎麦乾麺は、邦丸さんも絶賛の「信州田舎そば 小諸七兵衛」です。

k20190116j.jpg




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

大相撲鼎談

2019年1月15日(火) 極シアター

k20190115i.jpg
今日は、3人の相撲通に大いに語って頂く大相撲鼎談!
今回は、当番組のスポーツ情熱列でおなじみのお三方をお迎えしました!



元大相撲・十両5枚目の彩豪一義さん!
埼玉県生まれ。大相撲時代は中村部屋に所属。得意技は突き押し。
平成3年3月場所に初土俵を踏み、部屋のホープとして将来を嘱望され、
その期待に応え、平成7年11月場所には十両に昇進。
幕内を狙える地位まで番付を上げますが、けがもあり幕下に陥落。
その後も度重なる怪我や病気により平成17年1月場所を最後に引退。
引退後は実家の工務店に勤め、現在は墨ホーム企画(株)を企業し独立。
大相撲さいたま場所では勧進元も務める。



文筆家の能町みね子さん
1979年、北海道生まれの茨城県育ち。2006年イラストエッセイで作家デビュー。
以降、多くの著書に加えて、ラジオやテレビでもご活躍。
去年の9月以降、長期連載をまとめた漫画「中野の森BAND」、
週刊文春で連載中のエッセイをまとめた「文字通り激震が走りました」、
5歳当時の私小説「私以外みんな不潔」を立て続けに出版。



TSUNA編集長の竹内一馬さん
1984年三重県生まれ。思春期にロックに目覚め上京し、
亀戸駅前で路上ライブを行っていたところ、当時序二段の豊ノ島関と知り合う。
そして2010年、豊ノ島関の優勝をかけた白鵬関との優勝決定戦に感動。
相撲への恩返しとして若者と相撲をつなぐ雑誌の創刊を決意し、
2012年、0から始める相撲オタクになるマガジン「TSUNA」を刊行。
同時に数々の相撲イベントなども展開。

k20190115g.jpg
今日は事前に5つの質問をお出ししました。
その中のひとつ、第72代横綱は稀勢の里。では第73代横綱は誰になる?では、
3名とも「豊昇龍」の名前が!
その他にもいろいろな質問にも答えていただきました。
聞き逃した!という方は、ぜひradikoのタイムフリーでお聞きください。



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

雑貨コレクター・森井ユカさん

2019年1月11日(金) 極シアター

DSC07845.JPG

きょうの『極シアター』は、立体造形家で雑貨コレクターの森井ユカさんをお迎えしました。

きょうは森井ユカさんに、マニアによる「森井流IKEAの歩き方」、世界22カ国・47都道府県のスーパーマーケットを巡ったお話、そして、旅先で出会った日用雑貨など伺いました。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

 

■森井ユカさんの情報

ユカデザイン:YUKA DESIGN

森井ユカ(@yukayuka) | Twitter

森井ユカ|Instagram

森井ユカ|Facebook

 

●IKEAのことなら森井ユカに訊け!KEA歴、なんと25年!雑貨コレクター・森井ユカさんの"IKEA活動"を網羅した、アツすぎるファンブック!『IKEAマニアック』は、河出書房新社から税込み1,728円で発売中です。
●22カ国を700日旅して集めた雑貨は3000個以上!雑貨コレクターで旅のエキスパートでもある森井ユカさんが、雑貨と戯れ、デザインに魅せられた旅先での思い出を綴った本『旅と雑貨とデザインと』は、ダイヤモンド・ビッグ社から税込み1,728円で発売中です。
●旅行が久しぶりな人、行ってみたいけどなかなか腰が上がらなかった人の手をとって、駅や空港まで送り出すような気持ちで描き下ろした本当に役立つ「旅のアイデア」を100コまとめた本新刊『旅のアイデアノート』(産業編集センター)は3月上旬上梓される予定です。

 

■森井ユカさんのプロフィール

東京都多摩市の公団住宅のご出身です。
立体造形では粘土を使ったキャラクターデザイン、漫画のキャラの立体化、ねんど遊びセット「ねんDo!」の企画・デザインなどをされ、 小さいものを愛でることと、作ることがお仕事だそうです。
仕事の参考のため世界各国を旅するうちに、スーパーマーケットや郵便局で見る、ごく普通の日用雑貨や食品のパッケージデザインに魅了され、書籍にまとめるようになりました。
2013年には渋谷ヒカリエにて、47都道府県のスーパーを取材した集大成「みんなのスーパーマーケット」展をキュレーションされています。
最近では、筋金入りの"IKEAマニア"として、メディアにも数多く出演されています。
主な人格形成は、手塚治虫の漫画と東京12チャンネルの番組によるものという立体造形家、デザイナー、雑貨コレクターの森井ユカさんです。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!