イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter

記事

  • ゲスト:伴走者 中田崇志さん②

    先週に引き続き、ゲストはパラ陸上で目の不自由な方の伴走を務める中田崇志さんです。

    今日はまず、伴走の方が普段どのような練習をしているのか伺いました。
    一般的な競技をする方と同じでスタミナ・スピードを鍛えること、ほかに走りのデータを数値化して練習に生かしているそうです。遠く離れて生活する選手の、こと細かな心拍数や走りの上下動などのデータが手に取るように分かるため、遠くに居ながら近くに居るような良い練習が組めているといいます。

    東京パラリンピックまであと2年、中田さんは和田伸也選手の伴走をされるとのこと。種目は5000メートル、そして和田選手の暑さに強いという長所を生かしてマラソンも狙っているとか!

    路面の状態を伝えないといけないという意味でロードレースとトラックでの伴走の違いがあること、東京パラリンピックを通して障害を持つ人が外に出やすくなるようになるといいなと思っていることなど語ってくださいました。

    一美キャスターも興味津々の伴走。免許もいらないし、選手の安全第一で楽しく走れるという方、伴走者にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

    詳しくは日本ブラインドマラソン協会のホームページをご覧ください。

    ■日本ブラインドマラソン協会

    ユニバ 20180516 (2).JPG

Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

TOPへ
radiko