斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 走りながら考える~台風19号特番

     強烈な雨台風だった19号。それでも一夜明け、弊社近くで樹木が真ん中から折れている姿を発見。確かに風も半端なかった...。
    濁流.jpg 台風が上陸して以降、報道スポーツセンターではおよそ4時間弱の特番を放送。地震特番もそうだけど、自然災害系の特番は台本なしのぶっつけ本番。鈴木敏夫デスク曰く「走りながら考える」パターン。
     いざというとき、報道部員は頑張るのがフツーなので、それ自体は褒めるべきものではない。ただ、水谷加奈キャスターの聞き出し方が絶妙で、伊藤、岡田、田中各記者がそれぞれの持ち場で奮闘した結果、よく整理された特番になったのでは、と感じている。
    濁流1.jpg 私は氾濫危険水位に達した多摩川流域へ。多摩川大橋~二子玉川と取材して回ったけど、冠水している住宅地もあれば、水位が土手を超えたところも。水面を眺めていると素人でも水位が高くなってくるのがわかるくらい。
     東日本では、多摩川をはじめ信濃川や秋山川、阿武隈川などが氾濫し、孤立する方たちが救助を待っている地域もある。サキドリでも台風19号による爪痕を伝えていくことになりそうだ。
    濁流2.jpg 多摩川で取材中、ふと考えさせられたのが、電車は計画運休、コンビニや大手ファストフード店も計画休業すると、世界に誇るメトロポリタンでもゴーストタウン化するってこと。と同時に、普段、3分おきに電車が来て、24時間モノが買える便利さにいかに慣れてしまっているかということだ。


     災害はできれば避けたい。かつて土砂崩れで被災した身としてはないほうがいいに決まっている。しかし人間に何かを教えてくれることも確かである。
                            番組責任者 清水克彦

  • 第659回:スペシャルコメンテーター野口悠紀雄さんを迎えて

    スペシャルウィーク最終日の今日は、金曜コメンテーター 経済ジャーナリストの荻原博子さんに加え、初めてのご出演となります一橋大学名誉教授で経済学者の野口悠紀雄さんをスペシャルコメンテーター にお迎えしました。



    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』。今日のテーマは「最大級の台風。今、備えるべきことは?」。

    大型で猛烈な台風19号の現状と今後の見通しについて、東京管区気象台と関東地方整備局は共同会見を行いました。

    20191011_2

    今回は、甚大の被害を出した昭和33年の台風と同レベルと言われていて、これまでに私たちも経験したことがない災害となる可能性があります。ハザードマップを確認し、近くの川には近づかないことが重要です。

    市民防災研究所事務局長の坂口隆夫さんに「私たちができること」を伺いました。強風や雨への備えは早めに行い、家のまわりを一周して危ないものがないか確認、また移動できないものは紐などで固定し、少しでも飛来物を減らすことが重要です。また、停電の可能性に備え、懐中電灯やランタンなど照明器具を準備する場合は、乾電池と一緒に用意が必至です。



    20191011_8

    荻原さんからは「ガソリンを満タンにするといい。移動だけでなく、充電にも使えるから」とアドバイスしました。

    また、千葉県袖ケ浦市では今日から自主避難所が開設されました。台風15号の被害が残っているため、早めの対応に動いたそうで、今回も大きな被害が出る前に避難勧告を出したいということです。



    20191011_3

    今を切り取る『きょうのナマチュウ』、今日のテーマは「人生100年時代の仕事とお金。私たちはどう生きるべきか」。

    荻原さんと野口さんという経済の専門家からお話を伺いながら、じっくり考えていきます。

    まずは、安倍政権が進めようとしている「全世代型者社会保障制度」について。

    野口さんは「社会保障制度は、基本的に若い世代が負担し、高齢者が恩恵を受ける。この構造は変わらない」といい、この制度の問題点は人口減少によるバランス崩れ、今後は年金支給額の年齢が上がるのは避けられないのでいかに高齢者にも負担をお願いできるかだといいます。

    しかし、今の制度では働いたらその分年金受給額が減ってしまうため、高齢者の労働阻害要因となっていると問題を指摘、このような阻害要素をいかに取り除くことができるかが大切だとしました。



    『SAKIDORIニュースパレード』は、報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが担当。ニュースパレードでお伝えする主な内容を紹介しました。

    そして、地域の復興を応援するプレゼント企画、スペシャルウィーク最終日の今日は、今年6月に震度6強を観測した新潟県村上市。山北商工会の副会長、加藤英人さんとお電話を繋げ、お話を伺いました。

    プレゼントは、「焼畑農法の赤カブ漬けと手作り味噌の詰め合わせ」を3名様でした。



    20191011_4

    スペシャルコメンテーター、一橋大学名誉教授で経済学者の野口悠紀雄さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は「実店舗は必要なのか」。

    セブンイレブンが約1000店舗減少するというニュースを紹介。日本ではここ10年間で2割の店舗が減っていて、中でも書店はネット通販の影響を受け閉店を余儀なくされた店舗が多かったそうです。

    そして、野口さん曰く「将来はもう1つ大きな変化がある」といいます。それが、人工知能「AI」。

    自動運転が可能になれば物流の仕事をロボットがしてくれるため、わざわざお店に行く必要がなくなります。便利になる反面、店の役割である「手に取って吟味できる」、「雰囲気を楽しむ」といった機能は失われます。

    そのため、今後実店舗は大きな変革が必要であり、ネット通販とは違う新たな役割を店舗に持たせることができるのか、それを考えていける人こそ未来を切り開いていくだろうとお話してくれました。



    20191011_5

    今日の『SAKIDORIスポーツ』は、長麻未アナウンサーが担当。取り上げたのは、「ラグビーワールドカップ。リーグ最終戦の相手はスコットランド」

    悲願のベスト8に向けて気合いの入っている日本代表。前回大会で負けたスコットランド相手に気合い十分です。

    ラグビー元日本代表の大西将太郎さんは「毎試合ベストなメンバーを決めている印象。ペナルティーゴールが重要になってくる」とお話してくれました。

    また、スコットランド戦のキープレイヤーに田村選手を挙げ、土曜の夜から日曜にかけて関東に接近する台風19号については「ラインアウトやキックにも影響出ると思う」とこれまでとは違う点も解説してくれました。



    20191011_6

    伝えきれなかったニュースを掘り下げる『ニュースパレードアネックス』。

    台風19号の接近に伴い、JR東日本など鉄道各社は、計画運休を発表しました。一体、何時からどの路線が止まるのか、吉田涙子記者が伝えました。



    20191011_7

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネスSAKIDORI。今日は、時代の最先端を行く方にお話を伺う「一美が訊く」です。

    和美が聞く。

    お話を伺ったのは現在高校2年生で、中学3年生のとき野菜のタネを流通・販売する会社を起業した小林宙さんです。



    一般的な野菜のタネではなく、主に京野菜や江戸野菜など伝統野菜のタネを扱っていますが、なぜ、小林さんがこのような会社を始めようと思ったのか。理由は「伝統野菜に魅了されたから」。しかし、伝統野菜農家の現実は厳しいものでした。高齢化や後継ぎ問題で次々になくなってしまう伝統野菜農家を目の当たりにし、「このままでは伝統野菜が消えてしまう」といった危機感を抱いたという小林さん、現在は普通では扱っていない本屋などに置かせてもらい一般の方の目に触れやすい工夫を行っています。

    そして、現在、「種苗法」という法律により、自分の畑からタネを取って栽培することが難しくなっている現状があるといいます。タネの未来について、「これまで地域で守ってきたものがグローバル化が進むことで徐々にタネが取れなくなるかもしれない」とした上で「このかもしれないという状況があることが問題です」とお話してくれました。



    【今日の1曲】楓 / スピッツ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日は、
    明日から明後日にかけて上陸する恐れのある台風19号について。
    ラグビーワールドカップ明後日のスコットランド戦
    台風19号の接近に伴い、発表されている鉄道各社の計画運休
    一美が訊く!のコーナーは、野菜のタネを流通・販売する会社を起業した小林宙さん。

    このようなラインナップでお伝えいたしました!

    スペシャルコメンテーターに一橋大学名誉教授の野口悠紀雄さんをお迎えして
    "人生100年時代"
    「在職老齢年金制度」「確定拠出年金制度」の見直しなどについて、
    野口さんと荻原博子さんにお話いただきました。

    やはり、年金受給年齢の引き上げをするのであれば、
    定年制度の見直しが余儀なくされると思います。
    そのしわ寄せは企業にくることになると野口さんは危惧されていました。
    ただ、終身雇用が揺らぎ始めている現代、人生先細りへの不安が常にあります。
    そもそも、私の周りを見てみても
    新卒で正社員採用で企業に入り、3年以上勤め続けている人の少ないこと。
    そんな中で、将来の年金に期待や安心感は抱けないように思うのです。
    社会保障制度変革の時期に入っているのだと思います。
    改めて、働き盛りの世代こそ、選挙での意思表示が必要ですね。

  • 第658回:スペシャルコメンテーター姜尚中さんを迎えて

    スペシャルウィーク4日目の今日は、木曜コメンテーター 精神科医で映画監督の和田秀樹さんに加え、およそ半年ぶりのSAKIDORI!ご登場となります政治学者の姜尚中さんをスペシャルコメンテーター にお迎えしました。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』でお伝えしたのは3つ。

    1つ目は、ノーベル化学賞に決まった吉野彰さんご夫妻の会見です。サキー20191010 (13).jpg

    今年のノーベル化学賞の受賞者に「リチウムイオン電池」を開発した「旭化成」の名誉フェロー、吉野彰さんら3人が選ばれました。発表から一夜明け、開かれた会見を西村志野記者が取材。

    sinosan1010.JPG
    「私も家内もシャイなので」と吉野さんの前置きから始まった会見では、考古学サークルの交流会がきっかけで知り合ったお二人の受賞に至るこれまでの思いなどが語られました。研究開発が思うように進まず、「ストレスで髪の毛が抜け、枕にびっしりと付いていたこともあった」と久美子さんが明かす一幕も。
    「必ずどこかにゴールがあり、宝物がある。壁が来てくれた方がゴールにたどり着ける。」という言葉が印象的だったと西村記者。
    サキー20191010 (14).jpg
    --------------------------
    2つ目は、日本時間の今日午後8時に受賞者が発表される「ノーベル文学賞」予想です。
    日本人作家では、村上春樹さんと、多和田葉子さんの名前が挙がっていますが、誰が受賞するのでしょうか?
    『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち』という本の共著者で、早稲田大学 文学学術院 教授、都甲幸治さんにお話を伺いました。
    去年のスウェーデン・アカデミーがらみの不祥事は今年の選出にも大きく影響を与えており、「女性の優れた作家に与えたい。出来ればヨーロッパ以外で。」という傾向があるそうです。
    ということは...日本人作家の受賞も十分にあり得る!?
    --------------------------
    3つ目は、今日から始まる 「2か月ぶりの米中貿易協議」について。
    今回の協議の注目は、「追加関税の発動の回避」。
    講談社 特別編集委員の近藤大介さんにお話によると、「5月以降、アメリカも中国も強気強気で来ていて、楽観的には見られない。追加関税の回避は難しいだろう。トランプさんのTwitterを見ていても、ウクライナのことで頭がいっぱいのようだ。中国という大きな国との交渉は、中東との緊張関係もあり、ゆっくり腰を落ちつけて、合意とか妥結とか生まれにくいと思われる。」とのこと。
    saki20191010 (3).JPG

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』
    首都圏への上陸から1カ月、台風15号は千葉県内の漁業にも深刻な被害を及ぼしています。
    今日は、細木美知代記者が、伊勢エビやアワビなどに大きな被害が出ている南房総市の「東安房漁業協同組合」へ。
    「東安房漁業協同組合」会計主任の鈴木仁志さんにお話を伺いました。
    サキー20191010 (25).jpg
    サキー20191010 (23).jpg
    台風15号の時は、伊勢エビやサザエ、アワビなどを出荷までの間入れておく畜養池のいけすに、停電のせいで海水や酸素が送れず、大量に死滅、廃棄となってしまいました。被害額にして、4000万円はくだらないと鈴木さん。
    サキー20191010 (22).jpg
    千葉県の各地で屋根が飛び、ブルーシートで雨漏りを防いでいるという話が聞かれるが、漁協の施設に関しても大工さんがいない、資材が足りない状況だと言います。
    迫る台風19号の今回は、満潮に重なるということもあって、危惧していらっしゃいました。
    また、死滅してしまった生き物に関しては、商品と同じ扱いなので、保証はされないということです。

    ▼千倉町は次第に波がうねって高くなってきていました。
    サキー20191010 (20).jpg
    ▼船はロープなどでガチガチに。この時間、街のガソリンスタンドも込み始めていたそうです。
    サキー20191010 (24).jpg
    ▼取材の道中、立ち寄ったコンビニエンスストアには、レジ横に防災グッズが!
    サキー20191010 (19).jpg

    そんななか、台風15号で住宅に被害が出た方に対し、「逃げてください」と呼びかけるフェイスブックの投稿が話題になっています。
    投稿をしたのは、千葉県・南房総市の建築会社「福原建築」の福原巧太さん。
    どのような思いから、このような投稿をしたのか、ご本人にお話を伺いました。
    「私自身も15号で被災し、前回のことを思い返してみて、為すすべがなかった。だから、今回は少しでも早く逃げてほしいと思った。瓦の上に乗せたブルーシートは、体の上のばんそうこうと同じ。1カ月経過して、劣化が進んでいるし、強い風が吹けば、土嚢ごと飛ぶ可能性がある。家の中に居ても、何かが飛んできたり壁の崩落も考え得る。
    各市町村ごとの避難所や指示に従って避難するといい。室内にいるときは窓の側よりも家の中央へ。」と建築のプロの視点でアドバイスをしてくださいました。
    今日・明日までに、事前にお住いの地域の避難場所などの確認を!


    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をいち早く紹介している『SAKIDORIニュースパレード』
    ▼真紀さん&純子さんがたまたま揃ったので、撮らせていただきました。
    サキー20191010 (18).jpg
    被災地応援プレゼントも4日目。今日は東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市。
    製麺会社「丸光製麺」専務取締役の熊谷敬子さんにお話を伺いました。プレゼントは「気仙沼・海鮮ふかひれ生ラーメンと郷土料理『はっと』セット」を5名様に。
    saki20191010 (2).JPG

    スペシャルコメンテーター 政治学者の姜尚中さんの『今日のオピニオン』 テーマは「何が学校を不毛にするのか」
    神戸市内の小学校で起きた先生同士の「いじめ」。
    軽々しくは言えないが、野間宏氏の戦後文学で有名な作品『不毛地帯』のようだと感じたという姜さん。
    古参が社会的出自の低い人を「かわいがる」今日的に言う「いじめ」「しごき」「リンチ」。また、その事実を分かっていながらも古参兵に意見できない周り人たち。
    学校は軍隊なのか!?
    「CEO型の株式会社のような形にすればよいという意見もあるが、ガバナンスは上から下へ効率よく命令を伝えるだけで、民営化していくだけではいけない。
    子どもたちのためにも。チェックアンドバランスが必要。見える化していくしかない。今回処分を受けた者たちへの人格攻撃だけで終わっては、それもまた不毛。」と語り下ろして下さいました。


    『SAKIDORIスポーツ』
    鈴木純子アナウンサーが担当の木曜日。今日は、高橋将市アナウンサーにもスタジオ入りしてもらい、台風19号の影響が懸念されるラグビー・ワールドカップついて、詳しくお伝えしました。
    サキー20191010 (17).jpg
    ラグビー・ワールドカップ2019組織委員会や競技の統括団体などは、会場の変更などを含めて対応策を検討してきました。
    サキスポ20191010 (2).jpg
    その結果、選手や観客などの安全を第一に考え、明後日12日(土)に予定されていた試合の愛知県豊田市の「ニュージーランド対イタリア」と、横浜市の「イングランド対フランス」の2試合に、中止の決定を下しました。大会の規定に従い延期はなく、引き分け扱いとなって両チームに勝ち点2が与えられるということです。
    サキスポ20191010 (1).jpg

    『ニュースパレードアネックス』
    大型で猛烈な台風19号について、気象予報士の伊藤佳子記者に、最新の情報を伝えてもらいました。
    土曜午後、静岡付近に上陸し、関東を通って、日曜には三陸沖へ達する見込みです。関東南部など、土曜の夜には暴風域に入る可能性が90%以上とのこと。高潮・大雨にもご注意ください。利根川・荒川・多摩川などの川の増水も予想されます。
    JR東日本では、土曜から日曜にかけ、首都圏全域で在来線の大規模な計画運休に踏み切る可能性を明らかにしました。
    明日、午前10時半頃、詳しい計画の発表が出る予定です。
    サキー20191010 (15).jpg

    吉田愛梨レポーターの『SAKIDORI最前線』
    明後日12日(土)から公開されるドキュメンタリー映画「天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント」をご紹介しました。
    saki20191010 (1).JPG
    【今日の1曲】 Englishman In New York / Sting
  • 祝賀御列の儀

    こんにちは。 永野景子です。


    再来週の火曜日、22日は、天皇陛下の即位を祝うパレード、
    『祝賀御列の儀』が予定されています。
    15時半にパレードがスタートしますので、サキドリでも中継しますよ。


    皇居・宮殿から始まり、二重橋前や桜田門、国会正門前、
    青山一丁目交差点などを通って赤坂御所までの、およそ4.6キロ。
    中継レポートが許可されてるスポットの中から厳選して、
    記者やアナウンサーを配置します。


    いつも火曜日に登場するメンバー以外もレポートしますよ。
    今日、誰がどこからレポートするかを決める会議をしました。


    当日のお天気は、どうでしょうね。 晴れるといいですね。


    明日のサブキャスターは、
    火曜はくにまるワイドのため、祝賀御列の儀のレポートには
    登場しない西川文野アナです!

  • 天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

    今日紹介した映画は「天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント」
    映画について、プレイタイムの斉藤陽さんにお話を伺いました。

    saki斉藤さん.JPG


    ドイツ・ベルリン出身の
    ハーマン・ヴァスケ監督ですが
    元々広告代理店のクリエイティブ部門につとめ、
    「クリエイティブとは?」という疑問が浮かび、
    それを30年かけて、世界の1000人ほどにぶつけました。

    「Why are you creative?」
    その中から、
    芸術家や政治家、俳優や監督など107人の回答をみることができます。
    日本人も山本耀司さんや、荒木経惟さん、北野武さん、オノ・ヨーコさんが答えています。

    「なぜかはわからないよ」と答える人もいれば
    「生まれつきなんだ」と答える人も。
    天才たちの過去や裏側のエピソードが垣間見える回答あります。

    全ての自分を受け入れて、自分たちの世界を作り出し、表現している。
    107人紹介しているので、一人一人の回答は長くはないですが、
    天才たちの生きざまに心打たれました。


    サキドリ最前線20191010 (2).JPG

    12日(土)から、
    新宿武蔵野館ほか、全国でロードショーです。

    詳しくは「天才たちの頭の中」で検索してください。

  • 第657回:スペシャルコメンテーター小西克哉さんを迎えて

    スペシャルウィークも3日目を迎えています。
    今日は、水曜コメンテーター 文筆家の古谷経衡さん、スペシャルコメンテーターには国際ジャーナリストの小西克哉さんをお迎えしたSAKIDORI!

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』
    台風15号の上陸から1カ月....。今週土曜からの3連休には、台風19号が上陸するおそれがあります。千葉県内では固定電話やインターネットなど5627の回線が未だに不通、不安定な状態が続いています。
    千葉の被災地の今を、館山市と市原市から中継でお伝えしました。
    sk20191009 (14).jpg
    館山市には、竹田有里記者。
    ▼家屋の被害に遭われた住民のお一人で、お話を聞かせてくださった奈良明さんのご自宅。
    sk20191009 (15).jpg
    ▼屋根がブルーシートの状態です。修理を頼んでいますが、数か月待ちだそう。
    sk20191009 (17).jpg
    迫る台風19号について、「不安といえば不安だけど、どうしようもないこと。家が飛ばないことを祈るばかり。備えといっても我々にできることは、ブルーシートを2重にして、雨漏りしないようにするくらいしか...。」と奈良さん。
    ▼奈良さんも含め、ご近所の方々が自ら屋根に上って備えをされている様子が見られました。
    sk20191009 (1).jpg

    つづいて、市原市から石森則和記者。
    市原市役所・シティプロモーション推進課 課長の酒巻達也さんにお話を伺いました。
    台風19号を前に今日から、市では広報車、ホームページやSNSなども使い、家庭での水や食料の備蓄、非常用電源の準備などの呼びかけを行っています。
    先の台風15号ですでに被害に遭われているところには、事前の注意喚起で対応をし、今後、警報の発令にあわせ避難所の開設を行うため、本部体制を整えているところだとおっしゃっていました。
    sk20191009 (11).jpg
    倒壊したゴルフ練習所のネットは1カ月経った今も、ほぼ手付かずの状態で、事態は悪化しています。
    被災された住民の方のお話によると、明日、被害者と業者側の話し合いがもたれるということです。
    sk20191009 (12).jpg

    今週末行われる、ラグビー・ワールドカップへの影響も気がかりです。A組は土曜に「アイルランドーサモア」戦が、日曜に「日本ースコットランド」戦が予定されています。
    中止になった場合どうなるのか伝えてくれたのは、細木美知代記者。
    sk20191009 (2).jpg
    有楽町に開設されている、ラグビー・ワールドカップファンゾーンで、街の皆さんにもインタビュー。
    今日、ファンゾーンには釜石から訪れたという方もいらっしゃったそう。実は13日には、釜石で行われる2試合のうちの残る1試合「ナミビアーカナダ」も予定されています。
    sk20191009 (13).jpg


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは2つです。
    まずは、アメリカ・トランプ大統領の弾劾について、ワシントンから、ジャーナリストの武内真由美さんにレポートしてもらいました。
    弾劾調査の行方が1番の話題となっているトランプ大統領、外交面でも踏んだり蹴ったりですが、最新の世論調査では、弾劾調査を過半数が「支持する」という結果に。大統領再選に向け、トランプ大統領としては強気な姿勢でいても何かと悩ましいところだろうということでした。
    小西さんは「トランプさんは、この弾劾調査・捜査が続けば続くほど大統領選に影響があるから、動揺している。召喚状にホワイトハウスが真っ向から拒否している中、1番得しているのは民主党候補エリザベス・ウォーレン氏。」だという見方を示してくださいました。


    かわって、再来年から始まる大学入試共通テストに導入される英語の民間検定試験について。
    今回の変化、TOEFLやTOEIC、英検、IELTSなど7種類の民間試験のスコアを大学入試に活用するというもので、学校教育の現場では大混乱となっています。
    今回の問題点を西村志野記者が整理。
    sk20191009 (5).jpg
    小西さん「準備できてないわけでしょう?仕切り直したら?僕は改革は必要だと思うから、英語を入学試験から外すことから始めよう。大学の教員が英語の試験を作る能力があると思います?」
    古谷さん「G先生という英語の先生がとんでもないパワハラ先生だった。だから英語が大嫌い。
    英語さえ外してくれれば、僕は国語と社会で偏差値70!!!」
    スタジオではこのような声が。

    さて、この問題をめぐって、野党議員と文科省担当者がこれまで3回のヒアリングを行ってきました。
    立憲民主党の初鹿明博衆議院議員のお話によると、とにもかくにも問題だらけの状態だそう。
    「都市との地域格差・経済的格差など公平な大学入試を保てないのはありえないこと。教育現場は混乱もしているし、不安を払拭はできない。このいくつかの試験、それぞれ違う試験であって、これをどう評価に活用できるのか?
    試験でいい点数を取る指導に偏っていってしまうことも懸念される。一歩立ち止まって、場合によっては辞めるべき。」
    再来年からの実施は「延期」を目指し、動いているということでした。
    sk20191009 (7).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をいち早く紹介。
    sk20191009 (3).jpg
    そして、恒例の被災地応援プレゼント!(※今回、台風15号で被害が出たばかりの千葉県にはご迷惑にならないよう、それ以外の地域から選ばせていただいています。)
    今日は東日本大震災原発事故で、一時全村避難となるなど大きな被害を受けた福島県双葉郡川内村。いわなの養殖場などを経営されている「あぶくま川内」の横山祐二さんにお話を伺いました。
    プレゼントは「いわなのアヒージョと炙りいわなのセット」を5名様に。


    スペシャルコメンテーター 国際ジャーナリストの小西克哉さんの『今日のオピニオン』 テーマは「香港人よ、日本を目指せ!」
    この番組でも、何度もお伝えしている香港のデモ。
    香港の若者の危機感というのはすごいものがある一方で、香港を離れる決断をしている人も少なくないと言います。
    30年後、香港が本当に中国に還るとき、香港を出たいと思う人はさらに増えると予想する小西さん。
    現在、香港の方々の移住先には華人コミュニティもあるマレーシアが人気だそうですが、ここで日本も「アジアの雄」となって、ビザを緩和するなどの政策を整のえ、勤勉で自由と民主主義を愛する香港人を大歓迎しようよと語り下ろしてくださいました。
    sk20191009 (8).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』
    土井悠平アナウンサーが、「シンクロ飛板飛込」の坂井丞選手をご紹介しました。
    27歳の坂井選手は、今年、光州で行われた世界選手権で、寺内健選手と共に7位に入賞。「東京オリンピック2020」個人として日本代表内定第一号となっています。
    sk20191009 (6).jpg
    今日は、内定が決まった時のお気持ち、シンクロ飛板飛込と高跳びの違い、飛込の魅力を語る坂井選手の声をお聴きいただきました。
    同調性が問われるシンクロ飛板飛込ですが、日ごろから一緒に合わせて練習しているのかと思いきや、大会当日に合わせるだけという事実には驚きましたね!
    sk20191009 (10).jpg
    『ニュースパレードアネックス』
    大型で猛烈な台風19号は非常に強い勢力を保ったまま、土曜から日曜にかけて西日本から東日本に接近、または上陸するおそれがあります。気気象予報士の伊藤佳子記者に最新の予報を伝えてもらいました。
    台風15号のときに被害がなかった地域の方も油断してはなりません。今回の台風19号は、先日の台風15号の10倍以上のサイズ。たとえ上陸しなくても、暴風域・強風域が激しいので何らかの影響はありそうです。備えは明日中に!
    引き続き、最新の予報にご注意ください。
    sk20191009 (4).jpg


    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』
    「ダイエット の最新医学」と題して、お医者さんがが勧める健康美容の最強メニューを伝授!
    たんぱく質・脂肪・炭水化物のベストな割合、理想はたんぱく質30%・脂肪30%・炭水化物40%。
    普段の食事もご飯の量を3分の1減らすといいが、これだけでは痩せません。
    そこで、たかよし先生が実践しているのが「食事を半分食べたところで、リンゴを丸ごと1個食べる」こと。リンゴは食物繊維が豊富な上に皮に含まれるポリフェノールに中性脂肪を減らす効果があるそうです。
  • 大型台風19号 3連休に直撃の恐れ

    こんばんは、竹田です。

    関東を襲った台風15号から明日で1ヶ月ですが、
    この10月12日からの3連休、また大型の台風19号が関東地方を直撃するおそれがあります。

    気象予報士の伊藤佳子さんに詳しく解説していただきました。

    台風19号は、8日午前9時時点ではマリアナ諸島付近を通過していて、
    中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル。

    915ヘクトパスカル!?

    しかも900ヘクトパスカルほどまで中心気圧が下がる恐れもあるのです。
    そして今日午後、最大瞬間風速が85メートルに達したこともあったそうです。


    11日(金)の午後から:関東や東海、近畿を中心に風や雨が強まる
    12日(土)から13日(日)の午前中:関東や東海、北陸、近畿では暴風が吹き荒れ、大荒れとなる恐れ。
    13日(日)の午後:東北でも大荒れの天気となる恐れ

    暴風による停電や交通機関の乱れ、大雨による低い土地の浸水や河川の増水、氾濫、土砂災害、高波に厳重な警戒をお願いします。

    台風15号で甚大な被害を受けた千葉では、さらなる被害の拡大が懸念されています。
    伊藤気象予報士によると、関東は明日・明後日と晴れの予報ですので、
    明日明後日のうちにできるだけの備えをした方が良いとのアドバイスをいただきました。

    ・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、側溝や排水口を掃除し水はけを良くしておくなどの家の外を備える。

    ・断水に備え、水道水を入れたポリタンクを用意、風呂の水を張っておいたり、飲料水3日分・非常食3日分の食家など
    家の中を備える。

    ・停電に備える予備バッテリーを用意しておく。

    ・ラジオもお忘れなく!

    台風は早まったり遅まったりすることがあるので、最新の情報をこまめに確認しておいてくださいね。

    明日は、千葉県からお伝えします。

    明日のサブキャスターは、水谷加奈アナウンサーです。
    お楽しみに〜

  • ゲスト:車いすラグビー日本代表 若山英史さん①

    今日のゲストは、車いすラグビー日本代表 若山英史さん。
    1985年生まれ、静岡県沼津市のご出身です。
    大学2年の時、プールの飛び込みで頭から落ち、頚髄を損傷。
    その後、リハビリ施設で車いすラグビーと出会い、パラリンピックにはロンドン、リオデジャネイロと2大会連続で出場。リオでは銅メダルを獲得されました。
    日本代表のディフェンスの要として活躍する一方、クラブチーム「沖縄ハリケーンズ」に所属中。普段は沼津市で生活し、月に一回、沖縄へ通っているのだそうです。

    今日は、車いすラグビーを具体的に「やってみたい」と思ったきっかけから。
    ケガをして1~2年くらいのときに、『マーダーボール』というスポーツドキュメンタリーDVDを見て、車いすラグビーの激しさや楽しさ・魅力を知ったのだとか。(車いすラグビーは、その激しさから『マーダーボール』=殺人ボールとも呼ばれています!)

    「ぶつかり合いの衝撃で、グワンッとなるのは大丈夫なの?」という一美キャスターの質問に、「来るぞと身構えているのもありますし・・・・ま、慣れですかね(笑)」と余裕の笑顔!猛者です!
    さきどりちゃん20191008 (7).jpg
    昨年の世界選手権で、車いすラグビー日本代表は金メダルを獲得しているのですが、実は若山さん、準決勝や決勝に出場できず、悔しい思いをしています。
    「チームの優勝は嬉しかった!ただ、個人的に大会を振り返ってみて、体調を万全に出来ず出場できなかったこともあったので、試合に向けて体調を整えることや、パスワークスキルの向上をと、力を入れてやっている。」とのこと。

    来週水曜からは、東京体育館で車いすラグビーの国際大会「車いすラグビーワールドチャレンジ2019」が始まります。
    「パラリンピック出場を決めている多くの国が出場する大会。日本は去年のチャンピオンではあるけれど、常に挑戦者という気持ちを忘れずに、しっかり勝って行けるように!」と意気込みも聞かせてくださいました。
    来週も若山さんにお話を伺います!
  • 第656回:スペシャルコメンテーター稲垣えみ子さんを迎えて

    スペシャルウィーク2日目!
    今日は、火曜コメンテーター 俳優の石田純一さんに加え、スペシャルコメンテーターに元朝日新聞記者の稲垣えみ子さんをお迎えしました。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』
    「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」が今日14時10分、再開されました。
    まずは石森則和記者が、「表現の不自由展・その後」を巡る経緯を整理。
    saki20191008 (3).JPG
    お話を伺ったのは、「あいちトリエンナーレ」芸術監督の津田大介さん。
    開幕からたった3日で中止となったのには忸怩たる思いがあり、再開はとても嬉しいと率直な感想をお話してくださいました。
    また、今回の企画展を開催するにあたって、津田さん個人への脅迫についてはある程度予想し準備していた部分もあったそうですが、津田さん個人への攻撃というよりも関わった方々への攻撃が予想以上だったことや、京アニ・日韓関係の急速な悪化・擁護義務のある議員の口出しという3つが同時に起きたことが抗議を煽ってしまったのではと分析。
    ここ10年の日本における自己規制・自己検閲が進んでいる中で、「表現の不自由展・その後」をやる意義ということにも言及されました。

    社会と現代アートの関わりについて詳しい千葉大学教育学部 神野真吾 准教授によると、自分に気付けないことに気付くことが出来るのがアートの価値であるのに、今は万人受けするものだけがアートになってしまっていて、アートの理解に偏りがあるとのこと。
    表現者の多くが、「表現の自由が必要である、守られているものである」と思っていたことが、「違うんだ」と気づけたことが重要で、未来に向けて意味があったと思うと解説してくださいました。

    saki20191008 (2).JPG
    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』
    今週の金曜日・11日は「国際ガールズデー」です。今日は、女性の健康、働き方にフォーカス!
    ▼西村志野記者が、渋谷区松濤で行われている『Ladyknows Fes 2019』へ。
    さきどりちゃん20191008 (3).jpg
    ▼結婚式場をそのまま活かし、女性のテンションが上がるオシャレな会場になっていました。
    さき20191008 (5).jpg
    こちらでは、ワンコインで「乳がん 検診」と 「子宮頸がん 検診」を受けられるのですが、予約チケットはすでに完売!「キャンセルが出ていないか」と直接、会場に足を運ぶ方が15名もいらっしゃったということです。
    さきどりちゃん20191008 (4).jpg
    そのほか身体測定やビューティードック、筋力測定、1滴だけでできる血液検査などの健康診断などがあり、女性が楽しみながら、自分の健康と向き合える工夫がそこかしこに!
    さきどりちゃん20191008 (5).jpg
    Ladyknows 」代表の辻愛沙子さんにお話を伺いました。
    「Ladyknows =女性を知る」という意味で、社会と女性に関する統計記事やコラムなどを発信されていらっしゃいます。
    これまでに女性役員の割合など、いろいろなグラフを出してきた中で、検診未受診率が非常に高いという事実に着目。
    「自分を知る」をテーマに、様々な企業の支援を受けて、今回ワンコインでの、検診実現に繋がったということでした。
    さき20191008 (8).jpg
    まだまだ若い世代だと、自分は健康だし...と考えがちですが、若いうちから自分の体に関心を持つことは大事!」と辻さん。
    実際、こちらに訪れている女性は20代前半の若い方も多く、可愛らしい空間作りが功を奏して「いい意味で緊張しなくていい」という声も聞かれました。

    お電話を繋いだ、『女性クリニックWe富山』産婦人科医で富山県議会議員でもいらっしゃる種部恭子さんは、女性の健康について学ぶ機会が少ないと指摘。
    月経ひとつとってみても、現代の女性の生涯の平均月経が450回にも及ぶのに、初経の教育からその後は一切ありません。
    女性たちは「もっと活躍したい」「ベストなパフォーマンスを!」という思いがあっても、受験の時や大事な仕事の時に月経でパフォーマンスを落としたり、毎月、月経前症候群に悩まされている方も大勢いらっしゃいます。
    種田さん曰く、「女性特有の病気は早期発見が重要で、そのために早くから投資が必要。現代医療は発展しており、体の問題やコンディションは調整できる時代になってきた。体の仕組みは男性と女性で違えど、なんら遜色ないことを知ってほしい。」とお話してくださいました。
    saki20191008 (4).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』
    恒例の被災地応援プレゼント2日目の今日は、去年7月の西日本豪雨で被害を受けた愛媛県宇和島市。お醤油などの調味料を製造販売されている「旭合名会社」の中川美穂さんにお話を伺いました。プレゼントは「ブラッドオレンジジュースと調味料詰め合わせ」を2名様に。


    スペシャルコメンテーター 元朝日新聞記者・稲垣えみ子さんの『今日のオピニオン』テーマは「災害ニッポンを生き抜くために」
    災害に備えるとなると、備蓄をするなどの方向に行くと思うけれど、準備しても、しても、想定外のことの方が多い世の中です。
    ガスの契約なし、電気や水道もわずかな使用で生活している「言ってみれば常時災害状態」の稲垣さん。
    普段からこのような暮らしをしていると、何もない中での生き方というスキルが備わってくるそう。
    「自分のような生活を皆さんに勧めるつもりは全くないが、年に一回でもいいから、少ないものでなんとかする・頭で考えてやってみるという機会を持つことが、案外、現実的な災害への備えに繋がると思う。便利になればなるほど、それに依存してしまう。ちょっとでもいいから、"無いこと"をシミュレーションしておくことが大事。」と語りおろしてくださいました。
    さきどりちゃん20191008 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は松島茂アナウンサー。
    かつてのライオンズの守護神であり、昨年までジャイアンツの投手コーチを務めた野球解説者の豊田清さんに、昨日決着がついたCSファーストステージ振り返りと、セ・パ両リーグのファイナルステージの展望をお話していただきました。
    saki20191008 (1).JPG
    ▼「後半、調子を付けて勢い抜群の阪神、ジャイアンツとしては驚異だろう」との豊田さんの解説に、阪神ファンの石田さん笑顔!
    石田さん笑顔20191008.JPG

    『ニュースパレードアネックス』
    猛烈な台風19号は日本のはるか南の海上を西寄りに進んでいます。今後、暴風域を伴って北寄りに進路を変え、今週末のせっかくの三連休に列島に接近。気気象予報士の伊藤佳子記者に解説してもらいました。
    今回の台風19号、強い勢力のまま接近し上陸、厳戒態勢が必要になるかもしれません。今年1番強い台風になると考えて良いそう。明日、明後日は晴れる予報だそうですので、週末に向けて備えましょう。また、最新の予報を小まめに確認しましょう。
    さき20191008 (2).jpg

    【今日の1曲】 Let's Groove / Earth, Wind & Fire

CALENDAR

< 2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
TOPへ
radiko