斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 師走決戦!SPウイーク

     いよいよ来週から、今年最後のスペシャルウイーク。今回もレギュラー陣に加え、論客の皆さまをお迎えします。
     安倍一強体制にほころびが見られ、消費税増税に伴う混乱や台風被害も相次いだ今年を振り返りながらお伝えします。
     月曜日のスペシャルコメンテーターは、ミスター円こと青山学院大学特別招聘教授の榊原英資さん。早稲田の大学院で教鞭を執られていた頃、院生仲間を連れて農業実習にも行かれてた方。財務官僚と農業のミスマッチにびっくりしたっけ。
    竹下隆一郎.jpg
     こちらは、火曜日にご出演、ハフポスト日本語版編集長の竹下隆一郎さん。一度お目にかかって意気投合。政治から社会問題まで語れる方。聞けば、竹下派になりそう・・・。
    山本太郎.jpg
     水曜日は山本太郎さん。「れいわ新選組」は夏の参院選で大旋風を巻き起こし「流行語大賞30語」にもランクイン。私は「消費税15%」論者で真逆だけど、茂木健一郎さんとどんな化学反応を見せてくれるのかお楽しみに。
    田中眞紀子.jpg
     木曜日はおなじみの田中眞紀子さん。長期政権でほころびが顕著な安倍政治をどんな言葉で斬ってくれるのか、ご期待ください。
    出口保行.jpg
     そして金曜日は犯罪心理学者で東京未来大学教授の出口保行さん。出口さんの喋りは「負けた~」と思うほど明快。事件も相次いだ今年を振り返っていただきます。

     
     番組では今回も被災地を応援するため、現地から名産品などを買い上げて、皆さまにプレゼントします。各曜日の担当者が「いいもの」を揃えました。こちらもお楽しみに。    番組責任者 清水克彦

  • 第699回:記述式試験 見直し

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』は、「会期末が迫る中、国語と数学の記述式試験も導入延期か?」。

    大学入試共通テストについては、英語の民間試験の導入が見送りになりましたが、ここにきて国語と数学の記述式試験も延期の動きが出てきました。公明党が見直しを求める提言を提出しましたが、これについて立憲民主党の川内博史衆議院議員は、「記述式については、採点の質の担保ができない、自己採点もできるのかわからない、また対策本を出す会社との利益相反があるのではなど問題が多く、現状進めるのは無理である」とし、「一部の人が思い付きで決めたことを制度として受験生に押し付けていることが本当に申し訳ない。歴代の文部科学大臣には謝罪してほしいくらいだ」と話しました。また、「桜を見る会」については、「実態解明は政府が嘘をつくと決めている。資料も出さないし、前に進まない」とした上で、「私物化政治の根幹にかかわるものだから、しつこくしつこく真実を明らかにしていきたい」と意気込みを語りました。



    山本カオリ記者からは、来週月曜日にも40日間の国会延長を野党から提出する予定とのことですが、「桜を見る会」の追求から逃れた安倍政権はどのような対応をとってくるのか週明けからもその動きが注目されます。

    さらに、細木美知代記者は、神奈川県の関内駅から今の国会について街の声を聞きました。「今の安倍政権は末期的」、「他に人がいないだけ。自民党の中で発信できる人が出て来て欲しい」など、厳しい声が挙がりました。



    20191206_2

    今を切り取る『きょうのナマチュウ』は、「東名あおり運転事故、審理やり直しへ」。

    あおり運転の危険が注目されるきっかけとなった、家族4人を死傷させた東名高速道路でのあおり運転事故。被告に危険運転致死傷罪の罪で懲役18年を言い渡していましたが、2審で東京高裁は今日、1審の判決を破棄し、横浜地裁で審理をやり直すよう命じました。

    この裁判を取材した吉田涙子記者によるとやり直しの判決に被告も最初は理解できなかったようで無表情だったそうです。今回の問題は、裁判員裁判をスムーズに行うための公判前整理手続きで、この段階では「危険運転致死傷罪の成立は認められない」としたにも関わらず、その後、見解が変更したことを弁護側に伝えなかったことが「不意打ちで、違法」と判断されてことです。

    今回のやり直しを受けて、被害者の母親は「18年から短くなるの...、被告の顔を見るだけで苦しい、そのままいってほしい」と胸の内を話しています。

    また、弁護士の高山俊吉さんからは、今後について、「やり直し裁判は公判前整理手続きから行う。全部否定されるわけじゃないが、全体を見渡したものになるだろう」とのこと。過去にも裁判員裁判でのやり直しはあったが、公判前整理手続きまで戻るのは珍しいケースなんだそうです。

    警視庁は今日、「あおり運転」に対する新しい罰則を作る方針を固めたということですが、難しいのは「なにをもってあおり運転なのか」という定義だそうで、今後ドライブレコーダーは必須だし、もしなかった場合、同乗者にスマホなどで証拠を撮るなど方法を考えることが重要になるとお話してくれました。いつ自分が被害者になるかわからないこの問題、今後の罰則など、注目が集まります。



    20191206_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、報道スポーツセンターから石川真紀記者が担当。ニュースパレードでお伝えする主な内容を紹介しました。

    また、個人情報を含んだ行政文書が記録された神奈川県庁のハードディスクがネットオークションを通じて転売された問題も取り上げました。



    20191206_5

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は「借金減らして現金増やせ!」。

    今日の荻原さんの新刊の中からお話を伺いました。例えば、10個買ったものにランキングづけすると下2つはいらないもののことが多い。そのため、ものごとにはランキングつけることで無駄が省けるそうです。

    それは、保険にも言えて、様々な保険がありますが、まずは公的保証を頼ることが大事なんだそうです。年収600万円の人は年間90万円は公的保証のために支払っており、遺族年金や障害年金、傷病手当金などの制度をきちんと理解することで、安心できるだけでなく、節約にもなるそうです。

    詳しくは、ご本をご覧ください。



    20191206_6

    今日の『SAKIDORIスポーツ』は、長麻未アナウンサーが担当。明日から群馬県の高崎アリーナで行われる「全日本空手道選手権大会」を取り上げました。

    東京オリンピックで初の正式種目となった空手、空手初心者でも楽しめる見どころを全日本空手道連盟 メディア広報委員会の井出将周さんに教えて頂くと、「形には反則がないから見栄えがよく、演舞がいい、格闘技としてかっこいい!」そう。また、形の動きには「目をくり抜き、喉を掻き切る」といったちょっと物騒なものもあるとか! だから、空手をするときは殺気立つような表情をしているのかもしれませんね。

    注目選手は、男子・喜友名諒選手と、女子・清水希容選手。始まった瞬間、会場がシーンとなり、衣擦れの音だけが響き、一瞬も見逃せない動きに、お客さん全員が集中して見てしまうそうです。



    20191206_7

    伝えきれなかったニュースを掘り下げる『ニュースパレードアネックス』。

    女優の沢尻エリカ 容疑者が麻薬取締法違反の罪で起訴。早ければ今日にも勾留されている東京湾岸警察署から保釈される見通しということで、岡田紀子記者が現場から現在の状況を伝えてくれました。報道陣は100人以上がおり、保釈された後に謝罪の言葉があるのか、どんな表情をするのかなど注目が集まります。



    20191206_8

    今日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネスサキドリ。

    スタジオには、コピーライターで湘南ストーリーブランディング研究所代表の川上徹也さんにお越し頂き、川上さんの最新刊「川上から始めよ~成功は一行のコピーから始まる~」から、どんなコピーが人の心を打ち、企業や組織を成功に導くのかということを教えて頂きました。

    川上コピーとは、経営理念をきちんと言語化できているもの。未来が明確にイメージできることが大切だといいます。例えば、スターバックスの「サードプレイス」は、自宅でも会社でもない第三の場所という意味ですが、このコピーにより、どんな内装で、どんなメニューが必要がなのかが見えてくるいい適切な言葉だと評価。また、番組のHPも見て頂きましたが、川上さんが気になったのが「概要が長い」。これがあると旗印になる言葉があるといいとアドバイスを頂きました。コピーを付けるときに意識しているのが「15文字以内」だそうで、それはテレビのテロップだったり、ネットニュースの見出しの長さにちょうどいいからだということです。



    【今日の1曲】 雪が降る町 / ユニコーン



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第698回:新たな経済対策で景気落ち込みは防げるか?

    今動いているニュースを様々な角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』
    消費税増税から2カ月。政府は、事業規模が総額で26兆円程度となる新たな経済対策をまとめ、今日夕方、臨時閣議で決定します。
    まずは景気の現状について、細木美知代記者が戸越銀座商店街で、街行く皆さんと商店主の方たちの声を調査。
    皆さん、切実な声を聞かせてくださいました。キャッシュレス決済には手数料がかかるため、お店側から「国が進めていることなのだから、このあたりもどうにかしてほしい」という声も聞かれたそう。
    saki20191205%2520%25282%2529
    新たな経済対策は、景気の落ち込みを防ぐことができるのでしょうか?
    お話を伺ったのは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券 シニアエコノミスト 宮嵜浩さん。
    「26兆円程度、これは十分な金額だけれども、どれだけのスピード感をもって対策できるのか」がカギに。
    宮嵜さん曰く「早くても半年かかる。その間の景気の下ぶりには手を出せない。」とのことで、「消費者のマインドが落ち込んでいるから、ガソリンや灯油燃料の価格を下げるなど、直接家計に関わる対策が必要だろう。」とお話してくださいました。

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』
    アメリカのトランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐって、下院の司法委員会は4日、初めての公聴会を開きました。
    トランプ大統領の弾劾、罷免の可能性は...?
    改めて、ウクライナ疑惑の基本をおさらいしてくれたのは西村志野記者。
    4日の公聴会では野党・民主党側の証人として呼ばれた3人の専門家全員が、「大統領の不正行為は弾劾の根拠になる」という見解を示したのに対し、与党・共和党側の専門家は、証拠が不十分だとして「弾劾に否定的」な見方を示しました。
    また、共和党としての証人は1人に限られたため、トランプ大統領は記者団に「史上かつてないほど不公平な手続きだ」と不満をあらわにしています。
    saki20191205%2520%25286%2529
    アメリカではどのように受け止められているのか、ワシントン在住のジャーナリスト、武内真由美さんによると、世論調査では弾劾に賛成する人はやや多いものの、相変わらず世論は二分しているそうです。民主党はクリスマスまでに、下院の弾劾訴追決議案採決を目指していますが、よほどのことがない限り、与党・共和党が過半数を握る上院で弾劾が承認されることはないというレポートでした。

    アメリカの現代政治がご専門の上智大学教授、前嶋和弘さんにお話を伺いました。
    4人の証人の話を聞いてみるとかなりアウト!ニクソンさんのような高潔な人がやってたらアウトなんだけれど、今はトランプ大統領。だから一発アウトとならない。世論が割れているから、何とかなってるという感じ。」と、多少悪いことをしても、強い大統領がアメリカを良くしてくれるならいいんじゃないかといった雰囲気が漂っていると解説。
    罷免される可能性は「低い」と言えるが、罷免までは難しくても、半分くらい「NO」という可能性はあるとの見立て。
    「揺るぎない証拠、たとえばトランプ大統領の音声などが出てきたら...でもなかなかそこまでは難しいだろう。」ともおっしゃっていました。
    野党・民主党の大統領選挙の候補者選びは、来年2月のアイオワ党員集会から本格化します。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから、17時からの全国ネットニュース番組『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をご紹介!
    今日は、「大学でミスコン中止相次ぐ」というニュースも取り上げました。
    近年、ジェンダー問題や不祥事など理由は大学によってさまざまですが、ミスコンやミスターコンの開催を中止する大学が増えているということです。
    saki20191205%2520%25285%2529

    コメンテーター 精神科医で映画監督の和田秀樹さんの『今日のオピニオン』 テーマは「本当に必要か?大学入試改革」
    国語や数学の記述式の問題導入を見送るというニュースを聞いて「大学入試改革って何だったの?」と驚きを感じたという和田さん。
    平等に採点できるのかや、経済格差・地域格差が問題となっていましたが、そもそも本質的な問題があるといいます。
    「聞く・話すの能力をもっと磨かなければならない。子供たちが新聞や長い文章を読まなくなり、ちゃんと文章を把握し、読み解く力は落ち続けている。ペーパーテストの評価ではなく、表現力や意欲がある人が高く採点される昨今の評価基準のせいで、読解力や数学力といった基礎学力は低下してきているのだ。昔ながらの基礎学力を見るテストを馬鹿にしちゃいけないと思う。」と語ってくださいました。
    saki20191205%2520%25283%2529
    『SAKIDORIスポーツ』
    鈴木純子アナウンサーが取り上げたのは、女子サッカー日本代表・なでしこジャパンが参戦する、12月10日韓国釜山で開幕の「東アジアE-1選手権」について。東京オリンピック予選に参加しない日本にとって、この大会がオリンピック前の最後の公式戦となります。
    先日行われた、なでしこジャパンのメンバー発表記者会見では、高倉麻子監督が「ワールドカップ以降、積み上げながらいい結果が出せている。今回、東アジア大会にはなるが、私たちがアジアのナンバー1だということを、結果にこだわり、内容にこだわってやりたい!」と意気込みを語りました。
    sak20191205 (2).jpg
    実はこの大会、男子日本代表も同時進行で大会に参加。森保監督とは同い年の高倉監督、「お互い頑張ろうと。近いところで戦っているのは励みになる。アベックで金メダルを!」ともおっしゃっていました。12月11日、まずは台湾戦です。応援しましょう!
    ▼こちらが、なでしこジャパンのユニフォーム。男子日本代表とほぼ同じデザインになっています。
    サキスポ・ユニフォーム20191205.jpg
    『ニュースパレードアネックス』
    今の国会の会期末を来週9日に控え、与党側は、法案の処理はめどがついたとして、会期を延長する必要はないとしているのに対し、野党側は「終盤は『総理を出したくない国会』だった。総理の立てこもりだ」と、政府・与党の対応を批判し、安倍総理大臣から説明を聞く必要があるとして会期の大幅な延長を求めています。
    国会で取材中の山本カオリ記者によると、立憲民主党など主要野党は会期を40日延長する動議を提出。
    立憲の安住国対委員長が「(安倍総理が)とじこもっちゃってる。浅間山荘じゃないんだから」と語るように安倍総理が説明責任を果たしていないことを追及する構え。
    明日、野党党首会談を開き、こうした方針を確認するとともに、内閣不信任決議案提出についても協議するということですが、国会最終盤になって毎回毎回出していては重みがなくなるわけで、安住国対委員長は、このあたりどう戦えばいいのか「不信任を出さずに議論を」という考えがあるようです。


    吉田愛梨レポーターの『SAKIDORI最前線』
    12月になって、街は一気にクリスマスムードになってきましたね!
    今日は、数あるクリスマスイベントの中でも、文化放送のすぐ近く、芝公園で明日から開催される「東京クリスマスマーケット2019」をご紹介しました。
    昨年までは日比谷公園で行われていたこちらのイベントは、今年で5回目。
    本場ドイツのクリスマスマーケットを楽しめるということです。クリスマス当日の25日まで開催されます。
    sak20191205 (3).jpg
    【今日の1曲】 September / Earth, Wind & Fire
  • あすから東京クリスマスマーケット

    こんばんは。
    吉田愛梨です。

    今日サキドリ最前線で紹介したのは
    東京クリスマスマーケット2019です。

    いつもは日比谷公園前で行われていたのですが、
    5回目の今回は芝公園での開催。

    クリスマスツリーの原型
    クリスマスピラミッドが東京タワーとコラボレーションします!!


    ドイツから直接輸入したという
    高さ14メートルのクリスマスピラミッドは圧巻!!
    写真映え間違いなしです。
    昼も楽しめますが、夜景も見事!!
    キャンドルライトが輝き、
    東京タワーのオレンジ色と一緒に写真に収めることができます。

    グリューワインをはじめ、
    シュトーレン、ドイツのビーフシチューや、シュニッツェルなど
    味覚も存分に楽しめます。

    東京クリスマスマーケット2019in芝公園・御成門駅前は
    あす12月6日(金)から25日(水)までの間
    11時から22時まで開催中です。

    家族でリースづくりを体験できるワークショップや、
    本場のかわいい雑貨売り場などもあります。
    詳しくは「東京クリスマスマーケット2019」のホームページをご確認ください。

    クリスマスマーケット2019.jpg

  • 選曲

    こんにちは。 永野景子です。


    16時台に流れる曲ですが、たまに『どなたの選曲ですか?』とのメールをいただきます。
    一美さんだと思ってらっしゃる方もいるようですが、基本的には
    当日の担当ディレクターが選曲してます。


    かつては一美さんや私も時々、リクエストしたりしてたんですが、
    最近はもっぱらディレクターによる選曲です。
    その日、誕生日のアーティストや翌日、新しいアルバムを発売するアーティスト、
    季節にあった曲など、選曲理由は様々です。
    あまりマニアックな曲は避けるようにしてますけどね。


    今日おかけした、アース・ウィンド&ファイアーの「September」、
    実は9月について歌ってる曲ではないんですね。
    9月の出来事を思い出して12月に歌ってるんです!
    なので、12月の今日おかけしたんですー。


    皆さん、16時台に曲が流れたら、なぜ今日は
    この歌なんだろうって考えてみるのも楽しいかもしれませんよ。


    明日は、
    今日オンエアが終わってスタジオの外に出たら
    卵とじうどんを美味しそうに食べてた西川文野アナです!
  • 第697回:2つの裁判員裁判

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』
    日米貿易協定の承認案が可決されたニュース、今後の展望も含めてお伝えしました。 
    アメリカの求めに応じ、来年1月1日から適用されることになる貿易協定、改めて、その内容を細木美知代記者が整理。
    サキドリ20191204 (2).JPG
    消費者にとっては、米国産牛肉の価格低下などで恩恵がありそうですが、国内の農家は厳しい内容に。
    そしてこの先、自動車とその関連部品、それ以外の分野にも、アメリカ側の要求がエスカレートしてくる懸念もあるのでしょうか?
    経済産業省の官僚時代、アメリカとの通商交渉を担当した中部大学特任教授の細川昌彦さんは、
    「完敗かウィンウィンかが問題ではない。日本が求めていた自動車関税撤廃が曖昧になっている。来年以降の交渉が大事になる。きちんと自動車の関税撤廃できるか、農産物での譲歩が行われないか、この2点が最大のポイントになるだろう。
    国民は厳しい目で見続けなければならない。
    トランプ大統領は、当面は大統領選挙で頭がいっぱい。今回、アピールできる材料を作れたので、とりあえずは喜んでいる。では、今後どこまで彼ら(アメリカ)が本気で交渉するつもりなのかが焦点になる。」と解説してくださいました。
    サキドリ20191204 (1).JPG

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』は2つの裁判員裁判に注目。
    まず1つ目、「新潟女児殺害事件の判決公判」です。
    殺人などの罪に問われていた、小林遼被告の裁判員裁判。
    新潟地方裁判所で今日15時から開かれた判決公判には、33席の傍聴席を求め、675人が列を作りました。
    裁判では、被告に殺意があったかなどが争点となっていましたが、無期懲役が言い渡されました。
    西村志野記者が事件をおさらい。
    サキドリ20191204 (3).JPG
    かわって2つ目、「東海道新幹線殺傷事件、第3回公判」。
    殺人や殺人未遂の罪に問われている小島一朗被告の裁判員裁判。
    横浜地裁小田原支部で開かれていた第3回公判を傍聴した竹田有里記者に伝えてもらいました。
    被告人質問で小島被告は、「死亡した梅田さんに「待て、話を聞け」と言われたが、問答無用で何回も首になたを振り下ろした。よし、人を殺せたぞと目標を達せたと確信。車掌も襲おうと思ったが、これ以上やると死刑になると思ったからやめた。」など淡々と話し、一貫して反省の弁はなかったということです。
    犯行前、秋葉原無差別殺傷事件などの凄惨な事件と裁判について調べていたという小島被告。犯行を練った経緯など時折、笑みを浮かべながら供述。
    精神鑑定をした医師は、「人格障害・パーソナリティ障害ではあるが、犯行とは直接因果関係はない。本気で言っている可能性はある。」と証言、その間、小島被告は頬杖をついてあくびを繰り返していたということでした。明日12月5日第4回公判、来週月曜12月9日第5回公判、12月18日判決公判となります。
    ゆりさんの傍聴券.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから、17時からの全国ネットニュース番組『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をご紹介!
    今日は、「中国の流行語大賞はブロックチェーン」というニュースも取り上げます。
    中国では国策として、仮装通貨・ブロックチェーンの整備が進んでおり、年代問わず幅広く使われている言葉だということで、ITの部門では日本は後れを取っていることを感じられる流行語です。


    コメンテーター 文筆家・古谷経衡さんの『今日のオピニオン』テーマは「東大特任准教授の炎上騒動」
    東京大学大学院情報学環・学際情報学府の大澤昇平特任准教授が、自身のTwitterに「(自身の経営する会社では)中国人を採用しない」などと投稿した問題で、大澤氏が「迷惑、不快感を与えた点について、深く陳謝します」とTwitter上で謝罪したことを受け、日ごろからネット上のヘイトスピーチや差別発言を観察研究している古谷さん、やや興味を持って、大澤氏がこれまで1冊だけ出した著書を読んでみたそうです。
    その中には一カ所だけ、テレビやメディアが中国や韓国のマナーの悪さばかりを取り上げ嘲笑するような風潮は大反対であると書いていて、今回問題になっていることとまったく反対のことが...。
    「Twitterには校閲・校正などの中間媒体がない、要するに本性はTwitter。Twitterのほうが本当だと思わざるを得ない。僕もよく分かるけれども、趣旨を損なわない程度で校閲の中で言葉が丸めらることはある。編集をする中間媒体がいかに偉大か。一度、自分自身で脳内校閲してください。講演なんかで言えないことじゃないか、考えてから呟いてください。」と語り下ろし。
    古谷さん20191204.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』
    高橋将市アナウンサーが、取り上げたのは「早くも奥川フィーバー!? ヤクルトスワローズ 新入団選手発表」!
    ドラフト会議から1カ月半、各球団で新入団選手発表会が行われる季節です。
    昨日、ヤクルトスワローズの新入団選手発表会が、新橋のヤクルトホールで行われました。この日は抽選で選ばれた250組500名のファンが招待されたのですが、一般公開を始めてから最多の4000人もの応募があったというところからも注目度の高さを感じますよね。
    高津臣吾新監督と新入団選手6人、奥川恭伸選手、吉田大喜選手、大西広樹選手、長岡秀樹選手、武岡龍世選手、杉山晃基選手。
    サキスポ20191204 (1).jpg
    奥川選手は、現在ヤンキースで活躍中の田中将大投手を目標に挙げ「投手としての全てを持っている。エースらしい存在」と語りました。

    ▼会場となったヤクルトホールには、奥川投手のレプリカユニフォームが売り出されていました。球団関係者の方によると、新入団選手発表会の場でレプリカユニフォームが売り出されたのは、奥川投手が初めてだそうです。
    サキスポ20191204 (2).jpg
    ▼古谷さんの「素朴な疑問」コーナーにズバリ答えた将市アナ!一美キャスター&水谷アナからも「古谷さんとちゃんと話が噛み合っていた!」と謎の誉め言葉をもらい、ホッと胸を撫でおろしていました(^^)
    サキドリ20191204 (4).JPG

    『ニュースパレードアネックス』
    今年も台風15号や19号、頻発する地震など、自然災害が相次ぎました。
    またスペインでは #地球温暖化対策 を話し合う国連の会議、COP25 が開かれています。
    東京ビッグサイトでは今日から、気候変動に対応する、環境・防災総合展「気候変動・災害対策ビズ2019」が始まりました。
    取材した伊藤佳子記者のレポートによると、個人向けというよりは、自治体や企業、老人ホームなどの運営者に向けた展示が多く、お客様や従業員をどう守るのか、大事な商品や工場のためにどう備えるのかが必要な時代になったのだと感じると同時に、様々なグッズや商品が進化しているのを感じる展示会だったとのこと。明後日6日まで開催されています。


    『SAKIDORIクリニック』
    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、今日お話してくださったのは「正しい鼻のかみ方」。
    鼻のかみ方が悪いと、中耳炎になってしまうこともあるそうです。
    大原則として、片方ずつ。あごを引いて、顔をやや下向きに。左側をかむときは左側の顔をやや上に、小首をかしげるような感じにすると良いそうです。鼻水にはウイルスや細菌がウヨウヨなので、鼻をすするのは最悪!優しく何度もかむようにしましょう。


    【今日の1曲】 冬のうた / Kiroro
  • お電話:馬術・中村公子選手

    今日は、現在、奈良県にお住まいの馬術の中村公子選手にお電話を繋ぎました。

    中村さんは元々、健常者の馬術大会で活躍していましたが、3年前、経営する乗馬クラブで馬に蹴られ、右足の大腿部とひざを骨折。人工関節を入れました。リハビリ後、パラ馬術に転向し、世界馬術選手権・パラ馬術で銅メダルを獲得。東京パラリンピックのメダル候補に!
    ところが、その直後、障害の程度を見極める「クラス分け」で筋力の回復などを理由に、今年3月、国際馬術連盟から中村さんを「健常者」とする判定が確定し、東京パラリンピックへの出場資格を失いました。

    「私の場合、障害の中では1番軽いグレード【5】だった。少しでも筋力を回復するためにトレーニングをしているわけで、動けば動くほど筋力はついてくる。このへんが複雑だが、パラのグレードは【5】までしかなく、そこにとどまるためにはある程度トレーニングを抑えないといけないし・・・。捉え方が難しい部分ではあった。」とのこと。
    自国開催の東京パラリンピックでメダルを獲ることによって、馬術会に「いい風を吹かせたい!」パラスポーツの認知度を高める「起爆剤となれれば!」と考えていたという中村さん。
    この秋の茨城国体では3連覇を達成しています。
    「もともと馬に乗ることが好きというよりは、馬が好きでこの世界に入った。だから馬との生活をやめるというのはない。ケガがなければ出会えなかった人たち、パートナーの馬、パラの世界の経験。これからもこの経験を生かしながら、日本の馬術会に何かしら貢献したい!」と力強く語ってくださいました。
  • 「ヴィーガン」店、浅草にオープン

    こんばんは、竹田有里です!


    気候変動対策を話し合う国際会議「COP25」がスペイン・マドリードで開幕しましたが、
    ここ日本では、食の環境問題対策にもつながるコンビニとレストランがオープンしました!

    ヴィーガン専門のコンビニ「ヴィーガンストア」が浅草に登場。

    そもそもヴィーガンとは...?

    酪農製品(卵・牛乳・チーズなどの乳製品)を食べないベジタリアン(菜食主義者、つまり肉や魚を食べない人)のことです。

    一言でいうと「人間は動物を搾取することなく生きるべきだ」という考え方で、
    肉や魚はもちろん、卵、チーズ、バター類、はちみつ、ゼラチンなども一切口にしません。
    "卵や乳製品は、それを生み出す鶏や牛を苦しめたり、早すぎる死をもたらしたりするものだから"という
    動物愛護の精神からきているのだそう。

    さらに、メタンガスや二酸化炭素を多く排出する家畜、また育成させるのに多くの水を必要とする肉製品は、
    温暖化を悪化させる要因だとして、環境問題という面からも、環境団体や環境活動家などは、ヴィーガンを実践、推奨しています。


    日本ではまだ馴染みがありませんが、欧米ではヴィーガンの方は多く、来日してヴィーガンのお店が少ないと嘆く
    外国の方も多いのだそう。
    さて、今回「ヴィーガンストア」を浅草にオープンしたのも、多くの外国人観光客が集うからだそうです。

    浅草を皮切りに、今後拡大して行きたいとのこと。


    ところで、昨日開幕したCOP25ですが、これまでのCOPの会場ではヴィーガン専用の食堂コーナーが設けられていました。

    こちらは去年ポーランドで行われたCOP25の会場。
    IMG_1964.jpg


    ちなみに、飲み物は、飲み干したペットボトルをこちらのマシン(スポンサー:コカコーラ)に入れると、
    回収され、新たなペットボトルへとリサイクルされるのだそう。

    IMG_1989.jpg
    リサイクルに協力すると、またペットボトルか缶のドリンクがタダでゲット!(コカコーラ製のドリンク)
    担当者に「これではあまり意味がないから、水筒に好きなドリンクを入れる仕組みの方がいいんじゃないの?」と聞いたら
    「ペットボトルを使用しても100%リサイクルすればいい。」と返答...ペットボトルの生産・使用の継続は大人の事情がありそうだ...


    話はヴィーガンストアに戻して...

    こちらの大豆ミート唐揚げをいただきました!
    口に入れた瞬間、鳥の唐揚げと同じような味がして、
    噛むと弾力があって、もちもちしていました!
    体に良くて、美味しいとは、お得な気分!!!!


    今度行ってみようと思います!


    明日のサブキャスターは、水谷加奈アナウンサーです☆

    お楽しみに〜


  • 第696回:それってパワハラ?受付女性に対するメガネ禁止

    火曜日コメンテーターの石田純一さんがお休み。今日は国際ジャーナリストの小西克哉さんをお迎えしました。

    今動いているニュースをさまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』
    女性にメガネ着用を禁止する企業のルールが議論を巻き起こしています。
    政府が年内に決定するパワハラ防止の指針に、「外見・服装についての不要なルールの強制はハラスメントに当たる」と明記するよう求めたグループの会見の模様を、伊藤佳子記者にレポートしてもらいました。
    この要望書を提出したのは、「#kuToo」運動キャンペーンを進めるグループです。
    さきどりちゃん20191203 (2).jpg
    石川優実代表は、「今回の指針に言及がなかったことはショック。男女雇用均等法の趣旨に見合わない。実際にヒール付きパンプスでケガ人も出ている。緊急性が高い問題だ。同じ労働者であるならば、同じ労働環境で働く権利があるということをわかってほしいと思っています。」と訴えました。会見には、海外メディアも多く取材に訪れてたということです。

    武蔵大学の千田有紀教授は、今回の要望書提出は良いことだと評価。
    「健康の問題や、女性にだけ強いるというのはおかしい。誰でも快適に働きたいのだ。メガネは医療器具で、コンタクトが出来てから禁止されているのもおかしな話で、すべては"女性は美しくあれ"という昭和の考え方。男性もスーツや革靴がつらいという声があるが、それが男らしさや男だからというジェンダーにつながることではない。このジェンダーに結び付くことが問題だ。」とお話してくださいました。


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは2つ。
    1つ目、軽減税率の導入からおよそ2カ月、ということで、お話を伺ったのは今や時の人、スーパーアキダイ 秋葉弘道社長です!
    まずは昨日の「2019ユーキャン新語・流行語大賞」で登壇しスピーチをした経緯から。
    「12月すぐ事務局からご連絡いただいた。なんで?という話になって。本来だと言葉を作った人が登壇するが、発信力となっていたのが理由らしい。」とのこと。
    消費税率引き上げ開始から2カ月経ち、やはり影響は大きく、いくら軽減税率とはいえ買い鈍っている雰囲気はあるそうです。
    秋葉社長、会計処理の方は問題なくこなしているとのことで、軽減税率の期限が未だに明言されていないことについては「いつまでも続けていいことになるように昨日出させてもらった。せめてこれだけはって。設備投資も終わり、消費者にとってみたら、非常に大きなことと思う。」と語ってくださいました。
    ▼昨日の秋葉社長の輝く姿をもう一度。
    サキどり20191202 (9).jpg
    -------------------------
    2つ目、植物性の商品を提供する「ヴィーガン」のコンビニとファミレスが今日、浅草にオープン!
    西村志野記者の中継レポートでした。
    ヴィーガンコンビニ&ファミレス『VEGAN STORE』
    さきどりちゃん20191203 (6).jpg
    まだまだ日本ではなじみのない「ヴィ―ガン」とはどのようなものなのか、そしてこのお店を作った経緯など、『VEGAN STORE』顧問プロデューサーの須田このみさんにお話を伺いました。
    須田さんご自身の経験からも「ヴィ―ガン」の品が欲しいと思っても、一般的なお店では、裏の成分表示を自分でチェックしていくのはひと苦労で、なかなか購入するのが大変なのだとか。
    「ここのものはすべて植物性。夢のような場所になっている。外国の方には「ベジタリアン」「ヴィ―ガン」の人が多いのに、対応できるお店はまだまだ少ない。多くの外国人観光客が訪れる浅草で拠点となっていければ。」とお話してくださいました。
    ちなみに須田さん曰く「植物性=体にいい」ではないそうです。
    店内で調理するものに関しては、添加物なし・グルテンフリーなどこだわっています。
    ▼大豆の唐揚げを試食!触感は鶏のから揚げと変わらず、あとから大豆の風味が。
    さきどりちゃん20191203 (4).jpg
    ▼「食べてみたいな~」というスタジオの声に、大豆の唐揚げを持って帰って来てくれた西村記者!
    さきどりちゃん20191203 (1).jpg
    ▼「大豆とは思えないね~!」と小西さんもビックリ!
    さきどりちゃん20191203 (13).jpg
    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから、17時からの全国ネットニュース番組『ニュースパレード』でお伝えする主な内容を紹介!
    そのほか「小泉環境大臣、育休取得を見送る可能性も」というニュースも取り上げました。
    滝川クリステルさんは年明け1月に出産予定、環境省内の職場整備を最優先としており、スケジュール的に間に合えば・・・と、今日の記者会見で明らかにしました。年明け解散説も出ているので、選挙対策というのもあるかもしれません。
    さきどりちゃん20191203 (11).jpg

    今日のコメンテーター、国際ジャーナリストの小西克哉さんの『今日のオピニオン』テーマは「冷戦終結。今日でちょうど30年。」
    1989年12月3日、マルタにて、正式に冷戦終結宣言に署名がされました。
    「資本主義」対「社会主義」の戦い、イデオロギーの戦いだった冷戦が終わり、世界がフラットになっていったのちに、人権とエスニック(民族)への関心が高まって、地域紛争が大きな問題になっていきました。
    そういった背景の中で、もともと分かっていた慰安婦の問題も「人権的にどうなの?」と発見されたり、現代を見てみると、米中の戦いというものが始まっています。
    日米同盟を結んで、アメリカ側につくのか、中立になるのか、はたまたその外側に居るのかが問われている日本。
    このタイミングで、来春、中国の習近平国家主席が訪日するということに「安倍晋三さんは、前回の天安門事件の時と同様、天皇の政治利用を行うのでは?今の世界の構造を、新たな冷戦と捉えての判断なのかが重要になってくる。ただ、安倍さんの考えてることはまったくわからないし、読めても、破棄されちゃうから...!」と語り下ろしてくださいました。
    さきどりちゃん20191203 (9).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』
    担当は槇嶋範彦アナウンサー。
    「中南米野球はなぜ強いのか」を出版するなど、海外野球の取材経験も豊富なスポーツライター 中島大輔さんに、「ウィンターリーグ」について伺いました。
    この時期、ドミニカ、プエルトリコなどの中南米、アジアでは台湾などで開かれている「ウィンターリーグ」。メジャーリーガーが参加することもあり、日本選手は武者修行として行くこともあるそうです。日本とは異なる環境で野球と向き合うことで、飛躍のきっかけになることも。
    中島さんも、明後日からプエルトリコに取材へ。今回参加する選手の中で注目している選手として、オリックス・漆原選手を直撃取材してきたいとおっしゃっていました。
    さきどりちゃん20191203 (12).jpg

    『ニュースパレードアネックス』
    「桜を見る会」の問題は、国会閉会ととも幕引きを図られるのでしょうか?
    今日の「桜を見る会」に関する国会の動きを奥山拓也記者に伝えてもらいました。
    追及本部は8つのルートでしたが、「ジャパンライフルート」が加わって9つに。
    今日はこのジャパンライフ問題に関しての宿題返しが行われるはずでしたが、【60】という番号の意味について「便宜上、付けているもので、確認できず。招待状を発送した担当者を特定できるということは(以前の野党ヒアリングの場で)申し上げたけれども、確認をするというところまで確約したのかというと...」と言葉を濁したということでした。
    今日のヒアリングには、福島在住のジャパンライフ被害者の60代男性と40代男性も出席。「招待状によって被害者は拡大した。」「総理に直接訴えたい。」「消費者庁がセミナーに来ているとは思えない。憶測でものを言っている。今の総理の答弁と同じ!」と憤る姿も。

    「条約には合意したけど、合意を守ることには合意してないっていう悪質な詭弁と同じ。制度上、限界があるだろうから、通常国会・予算委員会でじっくりとやるべき。ほかのことやれっていう声もあるけれど、政府の信頼性が問われることなのだから。あとはニューオータニ。安倍家とは昔からの付き合いだって言ったって、イメージ良くないよね。」とコメンテーターの小西さん。
    明日も追及本部は開かれます。
    さきどりちゃん20191203 (7).jpg

    『アーサー・ビナード 午後の三枚おろし』
    12月19日に行われるアーサーさんの講座「〜子どもといっしょに言葉をつかむ〜 アーサー・ビナードさんの絵本の講座・番外編 『マサイの昔話とぼくらの今』」について、詳しくはこちらをご覧ください⇒ 谷根千ねっと


    【今日の1曲】 ジャンピン・ジャック・フラッシュ / ローリング・ストーンズ
  • ONE TEAM

    今日は【2019年ユーキャン新語・流行語大賞】の発表がありました。
    見事、大賞に輝いたのは「ONE TEAM」
    今年のラグビーの盛り上がりはすごかったですもんね!
    その他ノミネートされた30の言葉の中にも「ジャッカル」「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」「にわかファン」「笑わない男」など、ラグビー関連の言葉が多数入っていましたから、今年ラグビーがもっとも日本を明るく照らしたことであったことがよくわかりますよね。
    (本日の写真のテーマは「笑わない男」風)笑 BOW!


    ラグビーの試合に限らず「ONE TEAM」という言葉は、学校や会社などさまざまなシチュエーションで用いることができたのも言葉が広がった要因かもしれないですね。
    ラグビーの精神は日本人の心をくすぐり、熱くしてくれるなぁと改めて実感いたしました。
    まぁ、完全に『にわかファン』の私ですけどね(笑)


    来年、2020年の流行語は何になるんだろう。
    ひとつでも多く明るい言葉がノミネートされる年になりますようにと、今から祈っています。

CALENDAR

< 2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
TOPへ
radiko