斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事

  • お電話:馬術・中村公子選手

    今日は、現在、奈良県にお住まいの馬術の中村公子選手にお電話を繋ぎました。

    中村さんは元々、健常者の馬術大会で活躍していましたが、3年前、経営する乗馬クラブで馬に蹴られ、右足の大腿部とひざを骨折。人工関節を入れました。リハビリ後、パラ馬術に転向し、世界馬術選手権・パラ馬術で銅メダルを獲得。東京パラリンピックのメダル候補に!
    ところが、その直後、障害の程度を見極める「クラス分け」で筋力の回復などを理由に、今年3月、国際馬術連盟から中村さんを「健常者」とする判定が確定し、東京パラリンピックへの出場資格を失いました。

    「私の場合、障害の中では1番軽いグレード【5】だった。少しでも筋力を回復するためにトレーニングをしているわけで、動けば動くほど筋力はついてくる。このへんが複雑だが、パラのグレードは【5】までしかなく、そこにとどまるためにはある程度トレーニングを抑えないといけないし・・・。捉え方が難しい部分ではあった。」とのこと。
    自国開催の東京パラリンピックでメダルを獲ることによって、馬術会に「いい風を吹かせたい!」パラスポーツの認知度を高める「起爆剤となれれば!」と考えていたという中村さん。
    この秋の茨城国体では3連覇を達成しています。
    「もともと馬に乗ることが好きというよりは、馬が好きでこの世界に入った。だから馬との生活をやめるというのはない。ケガがなければ出会えなかった人たち、パートナーの馬、パラの世界の経験。これからもこの経験を生かしながら、日本の馬術会に何かしら貢献したい!」と力強く語ってくださいました。

CALENDAR

< 2020年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
TOPへ
radiko