斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事

  • 「取るだけ育休」になってはいませんか?

    こんばんは!竹田有里です。
    今週スペシャルウィーク火曜日は、国際ジャーナリストの小西克哉さんでした。

    小泉環境大臣が1ヶ月で12日間の育休を取得し、注目が集まる男性の「育児休暇」。
    日本の男性の育児休暇取得率は、2018年度でも約6%と、女性の80%超え(2018年度)と比べると差は歴然です。

    しかも、育休を取得した男性のおよそ3人に1人が、1日あたりの家事育児時間が「たった2時間以下」という調査結果も!
    育児以外何してんの?というと、ダラダラしている男性も多いとのこと...
    休みを取るだけの育休のままでは、いくら義務化されても女性たちの負担は、パートナーの面倒も見ないといけず
    増える一方です。

    社会保険労務士の佐佐木由美子さんによると、育児休暇取得アップには、
    具体的にはパタハラの根絶はもちろん、男性の育休取得可能な職場を作っていくことが大事だといいます。

    私の知人で、産後うつを発症した女性もいました、
    鬱のピークを迎える産後2週間では、4人に1人が産後うつを発症しているという調査もあり、パートナーの支えが不可欠です。

    小西さんは、家庭ではいざ育休で家事をしろとなると急には無理なので、自発的に日頃から家事の参加が必要だと話す一方、
    政府の取り組みとしては、法人税引き下げの際に、育児休暇取得率向上の企業のインセンティブとして、
    同時に行うべきだったと指摘しました。
    政府は「女性活躍推進」と謳っているなら、女性に焦点を当てた施策を講じるべきですし、
    企業側は、人材不足が深刻化する中、育児休暇の環境作りは将来の社会保障の担い手確保となり
    持続可能な社会の実現にも繋がるのはないでしょうか。


    とはいえ、自分に置き換えてみると、夫が勤める会社ではまだ男性の育児休暇取得率は低く、
    なんとなく『ワンオペ』になるような気配ムンムン...
    ならば、今から家事をしっかり担ってもらえるよう頑張ってもらわねば!(ゴミ捨て以外)


    明日のサブキャスターは、水谷加奈アナウンサー、
    スペシャルコメンテーターは、山崎拓さんです。

    お楽しみに〜

CALENDAR

< 2020年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
TOPへ
radiko