斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事

  • お電話:パラアーチェリー 上山友裕 選手

    今日は、東京パラリンピックでの活躍が期待されている、パラアーチェリーの上山友裕さんとお電話を繋ぎました。

    1987年生まれ東大阪市のご出身です。同志社大学入学後、アーチェリーを始め、社会人1年目に両脚がまひする障害を負い、パラアーチェリーに転向しました。2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックでは7位入賞。去年6月の世界選手権で6位に入り、東京パラリンピック出場が内定しています。

    新型コロナウイルスの影響で外出や練習が制限されていた中、「悪あがきをしても無駄だから、練習できない期間は素直に受け止めて、再出発できるようになったらちゃんとスタートを出来るようにしておこう。」と努めたという上山さん。「1年で自分の力が衰えるとは思わない。むしろ延びた方が、僕のことをたくさんの人に知ってもらえると思った。」と前向きに語ってくださいました。

    現在は練習量は少なめに抑えているそうですが、本来であれば、朝9時から夕方まで練習!1日300本を目標に、しっかりと本数を打ち込んでいらっしゃいます。

    「アーチェリーは、オリパラともにルールが同じ。僕自身、健常者の試合にも出ているし、障害の壁がないのがアーチェリーの良いところだと思う。東京パラリンピックでは、見に来てくれた人たちが「楽しかった」と思ってくれるよう、選手側と観る側が一体になれるような姿を見せたい。」とのことです。

    上山さん、ありがとうございました!

CALENDAR

< 2020年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
TOPへ
radiko