くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年7月 記事一覧

『女性やファミリーが楽しめるユニーク・ビアガーデンが続々オープン!(後編)』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年7月21日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『女性やファミリーが楽しめるユニーク・ビアガーデンが続々オープン!(後編)』


昨日に引き続き、最近はオシャレなビアガーデンや、趣向を凝らした
ビアガーデンが次々と登場し、家族連れや女子会などで訪れる人たち
も増えているという話題をお届けしました。


今日ご紹介したのは、老舗百貨店「松屋銀座」の屋上で開催中の
『美しくなるビアガーデン』。


20170721_美しくなるビアガーデン (3).jpg


2013年から毎年開催されている人気企画ですが、去年は松屋銀座の
改装により休業したため今年2年ぶりの復活。ビアガーデンとしては
百貨店初となる"可動式の屋根"を完備しており、急な雨でも安心。
逆に、猛暑日でも強い日差しを防いでくれて、より快適に楽しめる
ように配慮されています。また、夜は屋根がオープンするので、
銀座の夜空を眺めながらビールが飲めるそうです。


今年のテーマは『tofuで潤(うる)プル美肌』。
老舗豆腐店でありながら、革新的な商品を次々と生み出す『相模屋』、
そして、フードディレクターの白井絵美さんとコラボレーション。
実に様々なおとうふラインナップで、色鮮やかで美味しいフルコースを
展開しているほか、tofuカクテルやtofuシェイブアイスなど、独創的な
ドリンクやスイーツも揃っています。


そんな中、小尾アナはお店オススメの豆乳カクテル
「ストロベリーソイ」をいただきました!


20170721_美しくなるビアガーデン (9).jpg


その他にも、ごはんの代わりに豆腐を使っているのでとてもヘルシーな
「グリーンカレーと豆腐」などもいただきました。


どのメニューもとにかく盛り付けがキレイで、女子はすぐにSNSにアップ
したくなるのが大きな特徴のようです。


20170721_美しくなるビアガーデン (11).jpg


料金はコース料理と2時間制のフリードリンク付きで、税込5500円。
ただし、浴衣を着ていくと500円割引になるそうです!


松屋銀座『美しくなるビアガーデン』は、平日が夕方4時〜よる10時
土日祝およびプレミアムフライデーは午後3時〜よる10時まで営業。
※イベント開催などにより変更する場合があります。


じゅんさい胡麻豆腐

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年7月のテーマは、さっぱりと「胡麻豆腐」です。
 本来、胡麻豆腐はくず粉を使って作るのが一般的ですが、ゼラチンと電子レンジを使うことで短時間で作ることができます。今回は淡口醤油を使って夏向きの胡麻豆腐レシピをご紹介します。


 7月21日のお料理は・・・、『じゅんさい胡麻豆腐』
44hal_20170629_011836.jpg
まずは、基本となる〈胡麻豆腐〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・練り胡麻   50グラム
・豆乳    100cc
・水     130cc
・粉ゼラチン   5グラム
・淡口醤油    5cc
<旨出汁>
・水      80cc
・淡口醤油   10cc
・味醂     10cc
・かつお節    3グラム


■作り方
1)耐熱ガラス、又は器に、水130ccに対し粉ゼラチン5グラムをふやかして5分置き、電子レンジ(600w)に1分かけてゼラチンを溶かす。
2)1)に豆乳を100cc加えて更に電子レンジ(600w)に30秒かけて冷ます。
3)ボウルに練り胡麻、淡口醤油を入れ、先ほど電子レンジにかけた豆乳とゼラチンを合わせたものでのばしていく。これを、中鉢の器に入れて冷やし固める。
4)旨出汁を作る。水、淡口醤油、味醂、かつお節を耐熱ガラスに入れて電子レンジ(600w)に1分かけ、冷ましてから濾す。
44hal_20170629_011829.jpg
続いて、〈じゅんさい胡麻豆腐〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・生じゅんさい   100グラム
・枝豆(上身)    30グラム
・山葵        適量


■作り方
1)枝豆は茹でてサヤから外し、薄皮をむいておく。
2)生じゅんさいは熱湯でサッと15秒ほど茹で、氷水で粗熱を取り、ザルで水気を切る。
  ※じゅんさいは、好みでカットしてもよい。
3)胡麻豆腐の器にじゅんさい、枝豆を乗せ、旨出汁を張り、山葵を添える。


44hal_20170629_011828.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
淡口醤油は、味、色とも邪魔していませんね。
今は、冷蔵庫とレンジとゼラチンがありますから、家庭で簡単に胡麻豆腐作れますよ。




44hal_20170629_011827.jpg■お味見くにまる
じゅんさいの食感を楽しめるのは、日本人独特ですよね。
旨出汁もおいしいですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、旨出汁の色も美しく、味もすっきり仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170629_011826.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

「東スポ」の若きエース・種井一司記者が登場!

『くにまるレポーターズ』には「東京スポーツ」の種井一司記者が登場!


レポーターズ170720.jpg


今回は、ここ最近、世間を騒がせている「松居一代さん」について、
一連の経緯や今後の展望などを伺ったほか、病院の警備員の男性に
暴行を働いた疑いなどが浮上し、出場選手登録を抹消された巨人の
「山口俊投手」、ツイッターが炎上し殺害予告まで届いてしまった
「上西小百合議員」などについて、お話しいただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

おすぎさん

2017年7月20日(木) 極シアター

本日の『極シアター』には、月に一度の"ご意見番"おすぎさんを
お迎えしました。


極シアター170720.jpg


今回、第一幕・第二幕では、甚大な被害をもたらした「九州北部豪雨」の
ほか、「稲田防衛大臣」「弱すぎる野党」「現在の日本の問題点」などに
ついて、おすぎさん独自の目線で語って頂きました。


そして第三幕では、明日から公開になる映画『ビニー/信じる男』について
お話しいただいたほか、「夏にオススメの映画」ということで、過去に公開
された名作の中から、『おもいでの夏』、『太陽がいっぱい』、『ジーザス
・クライスト』の3作品をご紹介いただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


『女性やファミリーが楽しめるユニーク・ビアガーデンが続々オープン!(前編)』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年7月20日(木) デイリー「ホッと」トピックス
『女性やファミリーが楽しめるユニーク・ビアガーデンが続々オープン!(前編)』


20170720_抹茶ビアガーデン (11).jpg


かつては、会社帰りのサラリーマンの皆さんが「ちょっと一杯......」
そんなイメージが強かったビアガーデン。しかし、最近ではオシャレな
ビアガーデンや、趣向を凝らしたビアガーデンが次々と登場し、ご家族
連れや女子会などで訪れる人たちも増えているそうです。


例えば、アクアシティお台場にある海賊船をモチーフにしたレストラン
「キング・オブ・ザ・パイレーツ」のビアガーデンでは、まるで海賊船に
乗っているかのような気分を楽しめるほか、レインボーブリッジなどの
絶景も大好評なのだとか。


また、小田急新宿店の屋上では、パンケーキを食べながらお酒を飲める
という「フラワーガーデン」を開催中で、こちらではパンケーキを自分で
焼き、果物や飾り花などを自由に盛り付けできるため、SNSにアップする
女性がたくさんいるそうです。


そんな中、今日は「ホテル龍名館・お茶の水本店」にあるレストラン、
「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」において開催中の
「抹茶ビアガーデン」にお邪魔してきた模様をお届けしました。


今年で3回目の開催となるこちらでは、定番の「抹茶ビール」や
「抹茶黒ビール」「ほうじ茶黒ビール」など10種類のビールや、
甘口の白ワインに抹茶をブレンドした「抹茶ワイン」などが、
飲み放題で楽しめます。


20170720_抹茶ビアガーデン (1).jpg


また、今年の新作ビールとして、国産の紅茶"和紅茶"をビールに
独自ブレンドした「和紅茶ビール」と「和紅茶黒ビール」も提供
されています。


さらに、ユニークなお茶料理も豊富にラインナップされており、
「抹茶ぽてとサラダ」や、おつまみならぬ"お茶まみ"3品が
セットになった「抹茶ビアガーデンセット」などのほか、
和洋折衷の"お茶スイーツ"も楽しめます。


20170720_抹茶ビアガーデン (4).jpg


こちらの「抹茶ビアガーデン」、飲み放題の料金は通常2時間制で
3,500円ですが、公式サイトから予約すると、500円割引の3,000円に
なるというお得なシステムもあるので要チェックです!


なお、会場となる「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」へは、
御茶ノ水駅より歩いて3分ほど。営業時間は午後5時~よる11時までと
なっています。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!