くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2019年3月 記事一覧

『マンホールのふたと同じデザインのクッキーが人気に!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2019年3月18日(月) デイリー「ホッと」トピックス
『マンホールのふたと同じデザインのクッキーが人気に!』


デイリー20190318.jpg


東京都の多摩市にある聖蹟桜ヶ丘駅の周辺には、あるアニメのキャラクターが
描かれたマンホールのふたが設置されているのですが、リスナーの皆さんは
何のキャラクターかご存じですか?


そのキャラクターとは「あらいぐまラスカル」なんです! 
ちなみに、「あらいぐまラスカル」を製作した日本アニメーション株式会社の
本社が多摩市にあることから、このような取り組みが行われているそうです。


そんな「あらいぐまラスカル」が描かれたマンホールのふたと同じ柄の
クッキーが販売され、話題となっています。


こちらのクッキーを作っているのは、多摩市にある障がい者通所作業所
「ワークセンターれすと」の皆さん。30~50代の13人が生地を作り、
型を抜いて焼き、食用インキでプリントして、袋詰めしているそうです。


クッキーの大きさは直径7センチほど。ラスカルのバックに黄色のイチョウが
描かれた汚水用と、ピンク色の桜が描かれた雨水用のマンホールのふたを
模した2種類のデザインがあり、多い日には数百枚を生産しているのだとか。


こちらの作業所では、約30年前からクッキーを作っており、一昨年から
日本アニメーションが手掛けるラスカルや赤毛のアン、フランダースの犬
などのキャラクターをプリントしたクッキーを製造しています。


そんな中、「いろんな柄のラスカルがあるといい。市のPRにも役立てば」
という職員の発案で、マンホールのふたの柄をレパートリーに加えたのだとか。


「あらいぐまラスカル」が描かれたマンホールのふたを模したクッキーは、
「ワークセンターれすと」がある永山駅近くの「喫茶れすと」や、聖蹟桜ケ丘駅
近くの「カフェれすとなな」、市役所の売店などで1枚110円で販売しています。


なお、多摩市には「ハローキティ」が描かれたマンホールのふたもあるそうなので、
訪れた際には、ぜひ足元をご覧になってみてください。

コラムニスト・中森明夫さん PHパーソナリティー:砂山圭大郎アナウンサー

2019年3月15日(金) 極シアター

DSC08339.JPG

 今週はピンチヒッターウィーク!
 この日の邦丸さんのピンチヒッターは水曜日に引き続き、砂山圭大郎アナが登場!

 『極シアター』には、作家、コラムニスト、アイドル評論家の中森明夫さんをお迎えしました。

 

 きょうは中森明夫さんに、「おたくカルチャー」発祥の歴史から、「アイドルの変遷」について、そして平成三大アイドル&最新アイドル事情について伺いました。
 中森明夫さんが選ぶ平成三大アイドルとは......
  安室奈美恵
  宮沢りえ
  AKB48・指原莉乃
  以上の3人を上げていただきました。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

 

●WEB連載小説『東京トワイライドエイジ』
 光文社のWEBサイト「本が好きにて」
「おたく」が認知された頃から平成にかけての時代を、小説を連載中。
詳しくは、光文社「本が好き」をご覧ください。

中森明夫 (@a_i_jp) | Twitter

 

■中森明夫さんのプロフィール

 1960年、三重県のお生まれです。
 1982年、ミニコミ誌ブームの中で、サブカルチャー・ミニコミ誌『東京おとなクラブ』を創刊され、以後、「新人類の旗手」として脚光を浴び、「週刊SPA!」などで執筆し、"おたく"、"チャイドル"という言葉を作り出し、世に送り出しました。
 著書には、「東京トンガリキッズ」、「アイドルにっぽん」などのほか、初の純文学「アナーキー・イン・ザ・JP」は、三島由紀夫賞候補になりました。  現在は、作家、コラムニスト、アイドル評論家など多方面で活躍されてる中森明夫さんです。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『青山でエステ体験』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと舘谷春香アナが
東京を代表するオシャレタウン『青山』でエステを体験してきた
模様をお送りしました。


まずは、最寄りの外苑前駅に到着!


44hal_20190222-9A_07087_Sony.jpg


今回お邪魔したのは、外苑前駅から歩いてすぐの場所にあるサロン、
「アッシュ・エル ボーテ青山店」。


44hal_20190222-9A_07092_Sony.jpg


こちらは、フォーブス・ジャパン・ウーマン・アワードで
「準グランプリ」に輝いたエステティックサロン運営会社、
「彩さ美」によるサロンのひとつです。


そんな「アッシュ・エル ボーテ青山店」にお邪魔し、
まずは、山口社長と広報の寺本さんにお話を伺いました。


44hal_20190222-9A_07119_Sony.jpg


いよいよ、邦丸さんの施術がスタート!
(※通常は女性のお客様のみです)


44hal_20190222-9A_07149_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07150_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07156_Sony.jpg


パワーツリーと呼ばれる器具も登場!


44hal_20190222-9A_07164_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07188_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07225_Sony.jpg


続いて、舘谷アナのフェイシャル施術がスタート!


44hal_20190222-9A_07252_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07264_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07274_Sony.jpg


毛穴の底までスッピンになったところで、専用カメラを使い、
お肌の状況を分析していただきました!


44hal_20190222-9A_07311_Sony.jpg
44hal_20190222-9A_07316_Sony.jpg


次回は、この続きからお届けします。
お楽しみに!


44hal_20190222-9A_07388_Sony.jpg


≪お得情報≫
今回、邦丸さんと舘谷アナが体験させていただいたエステ施術を、
ラジオをお聴きの女性の皆様限定で、フェイシャル体験は2000円を
1000円、ボディトリートメントは3000円を1500円、それぞれ通常の
半額でご体験いただけます。期間は4月いっぱいとなっています。
詳しくは、コチラをご覧ください。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『今、「ブッダボウル」が人気に!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2019年3月15日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『今、「ブッダボウル」が人気に!』(後編)


デイリー20190315.jpg


昨日に引き続き、女性を中心にブームの兆しを見せているという
「ブッダボウル」についてお伝えしました。


あらためて「ブッダボウル」というのは、2~3年ほど前、
アメリカ・ロサンゼルスで生まれたとされる食べ物。
材料・レシピなどに厳密な定義はありませんが、一般的には、
少し深めの容器(ボウル)にキヌアや玄米などの雑穀を盛り、
その上に生野菜やローストされた野菜、海藻類、豆類など
好きな野菜をこんもりと盛ったヘルシー丼のことを意味します。


一度にたくさんの野菜をとれるため、美容や健康に気を遣う
女性たちを中心に人気となっており、年々、提供するお店も
増えています。


今日は、小尾さんがオリジナルの「ブッダボウル」を
作ってきてくれました!


デイリー20190315②.jpg


短い時間で手軽にできるので、ぜひご家庭で余っている野菜などを
使って、「ブッダボウル」を作ってみてはいかがでしょうか?

ゆで鶏のラーメン

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 2019年3月のテーマは、「温かい麺を作ろう」です。
 今回は、淡口醤油の分量を変えることで、そばやうどんやラーメンのスープを作ることは、過去にお教えしました。まだまだ寒いので、今回はおさらいの意味での料理レシピをご紹介します。

 3月15日のお料理は・・・、『ゆで鶏のラーメン』
44hal_20190219-189A3882_Canon.jpg
 では、〈ゆで鶏のラーメン〉の作り方です。※2人分
 まずは〈ゆで鶏〉です。
■用意するもの
〈ゆで鶏〉
・鶏モモ肉(1枚) 200グラム
・煮干し       10グラム
・かつお節      10グラム
・出汁昆布       5グラム
・長葱         30グラム
・水 600cc + 200cc
■作り方
1)鶏モモ肉は熱湯で霜降りをして冷水に取り、軽く洗い水気を切る。
2)鍋に水600ccと鶏モモ肉、煮干し、かつお節、昆布、長葱を入れて中火にかける。(鶏が水に浸る大きさの鍋を使う。)
3)沸騰したら水を200cc入れ、火を極弱火にし、アクをすくい取りながら20分茹でる。
4)火を止めて、この汁を濾す。鶏肉を茹で汁の中で冷まし、粗熱が取れたら食べやすい大きさに手でさく。
44hal_20190219-9B_07949_Sony.jpg
 続いて、ゆで鶏を使ったラーメンの作り方です。
■用意するもの
〈ゆで鶏のラーメン〉
・ニラ         3本
・長葱       1/2本
・中華生麺       2玉
・大葉         4枚
・焼き海苔     1/4枚
〈スープ〉
・ゆで鶏のゆで汁    3カップ
・淡口醤油      50cc
・酒         25cc
・豆板醤   小さじ1/2
・ラー油       少々
■作り方
1)ニラは4センチの長さに切り、長葱は斜め薄切りにする。
2)鍋にゆで汁、淡口醤油、酒を入れて煮立てる。豆板醤とラー油を加えて味を調え、ニラを加え、ひと煮立ちさせる。
3)中華麺を茹でて水気を切る。
4)器に中華麺を入れてスープを注ぎ、手で割いたゆで鶏を乗せ、長葱を乗せ、大葉をちぎりながら乗せ、焼き海苔を半分に切って添える。

★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

44hal_20190219-9B_07954_Sony.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
ラーメン屋さんが2~3日かけて、出汁を取りますけど、たった20分でいいんですよ。
今回の比率は、出汁に対して12分の1の淡口醤油になります。




44hal_20190219-9B_07947_Sony.jpg■お味見くにまる
スープが澄んでます。
あ~、おいしい。
こってりの対極にあるけど、コクもあっておいしい。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が素材の味を引き出してくれます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。


◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20190219-9B_07943_Sony.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
 番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。

来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!