くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

編集者・ライターの菊地高弘さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、編集者でライターの
菊地高弘さんにお越しいただきました。


本屋20180521.jpg


菊地高弘さんは1982年のお生まれ。雑誌『野球太郎』の編集部員を経て、
2015年4月よりフリーの編集兼ライターに。野球部員の生態を分析する
"野球部研究家"としても活動しつつ、様々な媒体で選手視点からの
記事を寄稿されています。また、菊地選手名義で、あるある本の元祖
『野球部あるある』を出版、シリーズ化される程の人気を博しました。


今回は、菊地高弘さんの最新刊『巨人ファンはどこへ行ったのか?』
についてお話を伺いました。


☆菊地高弘さん著書情報
『巨人ファンはどこへ行ったのか?』
(イースト・プレスより、税別1500円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

近代詩の伝道師Pippoさんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーの準レギュラーである、
近代詩の伝道師・Pippoさんにお越しいただきました。


さらに、今回はPippoさんが開催されている朗読会『ポエトリーカフェ』の
常連さんだという、埼玉県の青柳さんと西東京市の桑原さんにもスタジオに
お越しいただきました。


本屋20180514.jpg


今回は、Pippoさんと青柳さん・桑原さんによる『ポエトリーカフェ』を
生で披露してもらいました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

健康社会学者の河合薫さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、健康社会学者の河合薫さんに
お越しいただきました。


本屋20180507.jpg


河合薫さんは千葉大学教育学部をご卒業後、全日本空輸に入社。
気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに
出演され、人気を博しました。


その後、東京大学大学院医学系研究科に進学され、現在に至ります。
「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究に関わるとともに、
講演や執筆活動を行っておられます。


これまでに『考える力を鍛える「穴あけ」勉強法』、『寝る前10分 
人生を変えるココロノート』、『他人をバカにしたがる男たち』など、
数々の本を出版されています。


今回は、河合さんの最新刊『残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実』
についてお話を伺いました。


☆河合薫さん最新刊情報
 『残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実』
 (PHP新書より、税別880円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

漫画家のつのがいさんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、漫画家のつのがいさんに
お越しいただきました。


つのがいさんは静岡県のお生まれ。漫画を描くこととは無縁の
生活を送ってこられましたが、2015年に突如ペンを持つと、
手塚治虫の画風、つまり「手塚治虫タッチ」に目覚めました。
その後、SNSに「ブラック・ジャック」のパロディ漫画を掲載
していたことがきっかけで、2016年に手塚プロダクション公式の
作画ブレーンとなりました。そして、2017年1月にはSNSで描いた
作品「#こんなブラック・ジャックはイヤだ」が単行本化され、
現在は本格的なプロの漫画家として活動されています。


今回は『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』についてお話を
伺いました。


☆つのがいさん 作品情報
『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』
(小学館クリエイティブより、1・2巻とも税別690円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『本屋大賞2018』

『本屋さんへ行こう!』には、おなじみ「くにまるジャパン極」が
誇るブック・コンシェルジュ、「ジュンク堂」池袋本店の副店長、
田口久美子さんにお越しいただきました。


本屋20180423.jpg


今回は、先日発表された『本屋大賞2018』の振り返りということで、
見事、本屋大賞に輝いた辻村深月さんの『かがみの孤城』をはじめ、
上位に選ばれた作品についてお話しいただきました。


☆本屋大賞2018 大賞作品
『かがみの孤城』/ 辻村深月
(ポプラ社より、税別1800円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!