くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

12月7日 何だかかわいい、イギリスの男の子たち~

師走のトップバッターは中村真理さん。
今回は80~90年代にチャートを賑わせた、
真理さんセレクションの「かわいいイギリスの男の子」特集でした!
k20161207l.jpg
お送りしたのは、次の4曲。
・ニュー・ソング/ハワード・ジョーンズ
・コール・ミー/ゴー・ウエスト
・ザ・リドル/ニック・カーショウ
・ワン・アンド・オンリー/チェズニー・ホークス



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


11月30日 ラヴィン・スプーンフルの魔法を信じるかい?

11月最終週は萩原「師匠」健太さんのご登場。
今回は、何度目かの再発が行われたラヴィン・スプーンフルをピックアップです。
k20161130k.jpg「何度も買ってきたファンの皆さんすいません。
 でも今回がたぶん決定版。音質もいいし、ステレオとモノの
 両方が聞けるのも売りです」
おかけしたのは、次の4曲です。
・Do You Believe in Magic
・Daydream
・Did'nt Want I Have to Do It
・Coconut Grove
22日には、タワレコ渋谷で長門芳郎さんとのトークイベントが行われます。
お時間ある方は是非、タワレコで健太さんの新刊
「アメリカン・グラフィティから始まった」を購入の上ご参加を。
詳しくはこちら


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

11月16日 テーマ音楽は名品揃い!

今週は秦万里子さんが登場!
毎回ディープな音楽話をご披露くださる秦さんですが、
11月にセレクトしたのは、
「大好きなアメリカテレビ映画のテーマ音楽」!
k20161116m.jpg
ご紹介したのは、次の5曲でした。
鬼警部アイアンサイド/クインシー・ジョーンズ
マニックス/ラロ・シフリン
スパイ大作戦/ラロ・シフリン
刑事コロンボ/ヘンリー・マンシーニ
ピーター・ガン/ヘンリー・マンシーニ

ラロ・シフリンがアルゼンチン生まれで、
そんなバックボーンが作品に生かされている...といった、
秦さんならではの着眼点が実に面白く、
とーっても勉強になった20分間でした。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


また、秦万里子さんと一緒に、好きなクリスマスソングを歌う
という、素敵な企画もあります。詳細はこちら!

11月9日 邦題を見ても元のタイトルはわからないでしょう特集

今週は中村真理さんがスタジオに。
相変わらず引越しの後遺症で、
いろいろ大変な中のご登場でしたが、
今回も楽しい選曲とトークをご披露いただきました!
k20161109j.jpg
お送りしたのは...
1)恋のほのお(エジソン・ライトハウス)1970
架空グループに歌わせたシングルが全英№1の大ヒット!
今なおポップス史上の金字塔となっているこの歌の原題は
「Love Grows」。
ほかの人の目にはヘンにしか見えない女の子を好きになっちゃった男の子の歌。
それがなんで「ほのお」になっちゃうのか、不思議ですよね~。
2)愛はそよかぜ(ベラミー・ブラザーズ)1976
原題は「Let Your Love Flow」
あなたの愛を解き放ちなさい、といった意味でしょうか。
おそらくは爽やかな曲調からのネーミングなのか...
3)愛が命(スウィート)1978
原題は「Love Is Like Oxygen」
愛は酸素のようなもの。
多すぎても苦しいし、少なければ死んじゃう...という歌に
与えられた邦題が「愛が命」...わかるような、わからないような...
「当時はすごくカッコいいと思ったんだけど、今聞くと...」
という真理さんに
「いや、すごくカッコいいすよ」と邦丸さん。
4)アメリカン・モーニング(ランディ・ヴァンウォーマー)1979
純子さんが群馬のFM局でしばしばかけていた思い出の曲!
なんだそうですが。
AOR全盛の当時、「なんとなくクリスタル」が大ブーム、
そんな流れの中でこの歌の邦題もイメージでつけられたのでは...
実はとっても寂しい失恋の歌なんだそうで。

11月2日 リンゴ・スター来日記念! ウルフルズのサンコンjr.が選ぶ ソウルフルなビートルズ・カバー・セレクション!

今週はサンコンjr.さんのご登場。
リンゴ・スターの来日公演、東京はスケジュールが合わなかったので、
広島と名古屋で見てきました...とのこと!
「相変わらずで、若々しくて、よかったですよー!」
とはいえ、リンゴ特集はこれまで散々やってきてしまったので、
今回はちょっと趣向を変えて、
ソウル・アーティストによるビートルズ・カバー集となりました。
k20161102l.jpg
お送りしたのは次の4曲。
・Yellow Submarine / The Watts 103rd Street Band
・Blackbird / Billy Preston
・She Came In Through The Bathroom Window/Ike&Tina Turner
・Let It Be / Aretha Franklin
それぞれ個性的なカバーに邦丸さんも大喜び!
もしかしたらリンゴさんが移動中に聴いているかもしれない!
とスタジオは盛り上がりました。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!