イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter

記事一覧

  • 甘さの発露

    冒頭の挨拶。

    トーク。

    各コーナーの前フリ。

    ジャパネットたかた

    川渕彩乃さんへの呼びかけ。

    つい出てしまう高笑い。

    車を運転しながら

    自然と口ずさむSMAPの曲。

    月曜日から土曜日まで6日間かけて

    ようやく元の声に戻りました。

    僕にとって唯一無二の武器が何なのか。

    痛い目に遭ってから久々に思い知りました。

    まだまだ、甘い。

    本当に情けない限りです。

    お聴き苦しい声で放送に臨み

    要らぬご心配をおかけしてしまい
    誠に申し訳ありませんでした。

    声を出せることの有難味を

    この先、忘れることはありません。

    これから気分を一新して

    日々のニュースに向き合います。


    斉藤一美

  • 若者に届け!エイズの知識

    12月1日は『世界エイズデー』でした。


    みなさんはエイズのこと、
    どのぐらいご存知でしょうか。
    私はというと...、
    今回の取材をするまで
    HIVとエイズの違いを聞かれても
    答えられませんでした。


    そんな人たちに
    エイズに関する正しい知識を普及させたいと
    頑張っている団体がいます。
    『すぎなみレッドリボンプロジェクト』
    世界エイズデーのこの日は、
    荻窪駅前で啓発活動を行っていました。


    事務局の染矢明日香さんは
    笑顔の素敵なとても明るい女性‼︎
    エイズや性病など、
    話しづらいテーマであっても
    気軽に何でも話してくれました。


    特に10代後半〜20代の若者への普及に
    力を入れていて、
    「年齢の近い人から話を聞いた方が
    若い子たちも耳を貸してくれると思うんです」
    とおっしゃっていた染矢さん。


    確かに、学校で教えてくれることは、
    なんだかリアルさに欠けて心に残らない。
    ましてや親となんて恥ずかしくて性に関することを話せない!
    今ってそんな現状ですよね。
    だからこそ、
    『すぎなみレッドリボンプロジェクト』の皆さんの活動は
    すごく大切なことだと感じました。


    もし、興味を持たれた方は、
    『すぎなみレッドリボンプロジェクト』のHPを
    のぞいてみて下さいね。


    そう、最初のHIVとエイズの違いですが、
    染矢さんのお話では、
    HIVはウイルスに感染しているという状態。
    この段階での早期治療が大切!
    今は薬を服用すれば、これまでと変わらない生活を送ることが可能なんだそうです。
    その後発症してしまうとエイズになります。
    他にも、保健所では無料で、しかも匿名で
    HIVの検査が受けられることなど
    様々なことを教えて頂きました。

Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

TOPへ
radiko