くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2018年6月 記事一覧

カリカリナッツたれ麺

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年6月のテーマは、「夏のさっぱり麺」です。
今回は、暑い夏を乗り切りれる麺料理のレシピをご紹介します。


6月22日のお料理は・・・、『カリカリナッツたれ麺』
44hal_20180522_014446.jpg
では、〈カリカリナッツたれ麺〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
〈麺つゆ〉
・水        250cc
・淡口醤油    大さじ2(30cc)
・味醂      大さじ2(30cc)
・削り節        5グラム
〈トマトおろし麺〉
〈カリカリナッツたれ麺〉
・トマト(小)     1個
・玉葱(小)    1/2個
・貝割れ大根    1/2パック
・油揚げ        1枚
・中華麺        2玉
・ピーナッツ(無塩) 30グラム
44hal_20180522_014463.jpg
■作り方
1)水、淡口醤油、味醂、削り節を鍋に合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まして濾して麺つゆを作る。
2)無塩のピーナッツをフライパンで空炒りしてミキサーにかけ、粒が少し残るくらいのペーストにし、先ほど作った麺つゆで延ばす。
3)トマトは熱湯で皮を湯むきして半分に切り、5ミリくらいの櫛形にスライスする。
4)玉葱は半月の薄いスライス、貝割れ大根は4センチの長さに切り、ともに合わせて水に放ち、水気を切る。
5)油揚げはカリカリに焼き、小さく角切りにする。
6)中華麺を茹でて冷水で洗い、水気を切って器に盛り、2)のピーナッツで延ばしたつゆをかけ、3)のトマト、4)の玉葱、貝割れ大根を乗せ、5)の油揚げを散らす。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180522_014462.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
トマトを薄くすることで、味を絡みやすくしてます。
ピーナツをペースト状にしたのは、つぶつぶがちょっと残るくらいが食感も香りもあっておいしいんです。
酢を足して、冷し中華のようにしてもおいしいですよ。


44hal_20180522_014461.jpg■お味見くにまる
混ぜたら、ピーナツのいい香りがしてきました。
ピーナツが口の中で混じりあっておいしいです。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味が濃すぎずに仕上がり、いくらでも食べられます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180522_014460.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。


サッカージャーナリストの了戒美子さんが初登場!

今週の『くにまるレポーターズ』は、このコーナーには初めての出演
となるサッカージャーナリストの了戒美子さんが登場!


レポーターズ20180621.jpg


今回は、現在開催中の『2018FIFAワールドカップ・ロシア』について、
現地からレポートしていただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

俳優・照英さん

2018年6月21日(木) 極シアター

本日の『極シアター』には、俳優・タレントの照英さんをお迎えしました。


極シアター20180621.jpg


照英さんは1974年、埼玉県鴻巣市のお生まれ。
子どもの頃から熱心にスポーツに取り組まれ、学生時代は主にやり投げの
選手として活躍。


大学を卒業後、その恵まれたスタイルを活かしてファッションモデルの
道へと進まれると、早くから数々のショーに抜擢。
そして1998年、「星獣戦隊ギンガマン」のギンガブルー・ゴウキ役で
俳優デビューを果たされますと、以降、数々のドラマ・映画にご出演。
また、明るく屈託のないキャラクターや、情に厚く涙もろい人柄などで、
バラエティ番組にも引っ張りだことなり、現在では、俳優・タレント・
司会業など、幅広いジャンルでご活躍。


そして、プライベートでは3人のお子さんのパパとして、
子育てにも奮闘中です。


そんな照英さんをお迎えし、まず第一幕では、現在出演されている
釣り番組(BS日テレ「照英・児島玲子の最強!釣りバカ対決!!」)の
お話をはじめ、実は"甘えん坊さん"だったという子どもの頃などに
ついてお話しいただきました。


続いて第二幕では、本気でオリンピックを目指していたというやり投げの
選手時代、そして、その後のモデル時代の思い出などを伺いました。


そして第三幕では、「第1回"照英を泣かそう"選手権!」を開催しました。
リスナーの皆さんからのメール・FAXをご紹介し、もっとも照英さんの心の
琴線に触れ、涙腺を崩壊させたエピソードを決めるという企画でしたが、
残念ながら、照英さんの目から涙がこぼれることはありませんでした。
ただ、もう少しで涙がこぼれそうなエピソードは、いくつかありました。
もしかすると、隣にいた鈴木純子アナの早すぎる涙に対して引いてしまい、
泣くことができなかったのかもしれません......。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

長年大好評!『《熊本・八代産い草使用》畳の表替え』

今日は『《熊本・八代産い草使用》畳の表替え』をご紹介しました。
畳替えの目安は約5年。外国産が約7割も占めるなか、文化放送ラジオショッピングの畳表は
国からも品質を保証されている《熊本県・八代産》。
しかも、契約農家がい草を大切に育てて畳表にした『球磨川表』ブランドで、
表面が傷みにくく耐久性と弾力性に優れているから、スカスカのい草の物とは違う!
天然の美しさを長く保つのでいい味が出てくる!部屋の雰囲気がガラリと変わりますよ。
180621畳の表替え.JPG
国家資格・一級畳技能士のいる畳店が施工するので安心!朝、畳を運び出し、
新しい畳表に張り替えて夕方敷き直すので、日中外出もOK。
大きな家具は畳屋さんが動かしますし、タンスやテレビなどで出来た多少のへこみも補修するから、
まるで新築の時の畳のようにきれい!
選べる畳の縁は、約20種類と豊富。ご注文は4.5畳(4畳半)から承ります。
飲食店を経営されている方にもおすすめ!新しい畳でお客様が喜びますよ。
国産の『球磨川表』と客間や寝室におすすめの、上級ランクの『肥後優美表』をご用意。
作業料・古い畳表の引き取りも含みます。出張費はかかりません。
どちらも一畳あたりプラス1千円で、抗菌防臭効果のある「ヒバエッセンス加工」を追加できます。
今月中のお申込みなら、夏休み前に張り替えられます。梅雨時も清々しく!
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

『今、アーバンバーベキューが大人気!!』(前編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2018年6月21日(木) デイリー「ホッと」トピックス
『今、アーバンバーベキューが大人気!!』(前編)


デイリー20180621.jpg


リスナーの皆さんは『アーバンバーベキュー』ってご存知ですか?
アーバンバーベキューというのは、山や川などのアウトドアで行う一般的な
バーベキューとは異なり、街中のビルの屋上やテラスなどで行うバーベキュー
のことを意味します。


そんなアーバンバーベキューが今、人気になっているということで、
今日と明日の2日間は、都心で仕事帰りに楽しめるスポットをいくつか
ご紹介します。


まずご紹介したのは、去年の春にJR目黒駅の駅ビルの屋上にオープン
したお店、『BBQPIT@アトレ目黒』。


こちらはグリルやテーブル、調理器具、割り箸、皿、おしぼりなどは
すべて準備されており、片付けの必要もない。つまり食材と飲料を持ち
込むだけで、手軽に本格的なバーベキューを楽しむことができます。
また、こちらのお店がある「アトレ目黒」には肉や魚、野菜を取り扱う
専門店がそろっており、飲み物や調味料なども現地調達が可能です。


また、今月からは飲み放題サービスもスタート。ビールをはじめ、
ワイン・ハイボール・サワーなどのアルコールとソフトドリンクを
1時間税別1500円にて提供しています。もちろん、これまで通りの
持ち込みでもOK。どちらも合わせて利用できますので、「重たい
ドリンクはドリンクカウンターの飲み放題プランを使うというのが、
特におすすめです!」とのこと。


こちらの『BBQPIT@アトレ目黒』は、1サイト(基本6人まで)を1時間税別
3000円で利用可能。事前予約制で、予約は2ヶ月前から受け付けています。
なお、土日を中心にかなり予約で埋まっているそうですので、ご利用される
際は、ぜひ早めの予約を!貸し切りもOKです。


続いてご紹介したのは、小田急線・京王線「下北沢」駅から歩いて3分ほどの
場所にある貸切BBQスペース『シモキタテラス』。


こちらも屋上にあるため、都心で自然の風を感じながらアウトドア気分を楽しむ
ことができます。また、バーベキューだけではなく、人気のグランピングも一緒に
楽しめることでも話題に!


フード6品+2時間飲み放題付きの「カジュアルBBQプラン(3,980円)」や、
フード10品+3時間飲み放題付きの「BBQバルプレミアムプラン(5,500円)」
など5種類のプランが用意されています。もちろん、料金には機材の使用料も
含まれています。


なお、テントがありますが、宿泊はできません。
また、別途貸し切り利用料金が必要となりますので、
詳しくは『シモキタテラス』まで問い合わせを。


明日は、ちょっと足を延ばして、横浜にあるちょっとラグジュアリーな雰囲気の
"アーバンバーベキュー・スポット"をご紹介します。お楽しみに!

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!