くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2018年6月 記事一覧

『江戸東京野菜・内藤とうがらしを使った七味が登場!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2018年6月15日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『江戸東京野菜・内藤とうがらしを使った七味が登場!』(後編)


デイリー20180615.jpg


昨日の放送に引き続き、江戸東京野菜のひとつ「内藤とうがらし」を
使用した「七味」についてお伝えしました。


改めて「内藤とうがらし」というのは、江戸時代の宿場町・内藤新宿で
育てられた野菜のひとつで、その後、一旦は消滅してしまいましたが、
2010年に約400年の時を経て復活。現在では、伝統の江戸東京野菜に認定
され、歴史ある新宿の名物として再び脚光を浴びています。


そんな「内藤とうがらし」を使用した「七味」7種類が開発・販売され、
話題となっているそうです。それぞれ新宿区内にある地区にちなんだ
名称がつけられており、一番人気だという手塚治虫さんの漫画の主人公
「鉄腕アトム」を題材にした「アトム七味(高田馬場)」をはじめ、
「文豪(早稲田)」「とうがらし女子(戸山)」「てっぽう(百人町
/大久保)」「ゴジラ(歌舞伎町)」「レインボー(新宿二丁目)」
「江戸(内藤町)」の7種類があります。


その中から、今日の放送では一番人気の「アトム七味」と、
変わり種の「文豪」をスタジオに用意しました。
「アトム七味」は、小柄だけど十万馬力を持つアトムのように、
小粒で辛い和山椒と内藤とうがらし、黒ごまを配合したもの。
もうひとつの「文豪」は、新宿生まれで甘党の作家・夏目漱石を
イメージしており、ほのかに辛いココア飲料となっているのだとか。


いずれの七味も一袋10グラム入りで、税込567円販売中。
販売場所は、新宿駅中央東口を出てすぐの映画館「新宿武蔵野館」のみ。
ちなみに、「アトム」に関しては特製缶が付く税込886円の商品もあります。


なお、ご紹介した「七味」以外にも、「内藤とうがらし」を使用した商品は
たくさんありますので、詳しくは『内藤とうがらしプロジェクト』の
公式ホームページをご覧ください。

大好評!『《静岡・牧之原》平成30年産 やぶ北深蒸し荒茶』

今日は『《静岡・牧之原》平成30年産 やぶ北深蒸し荒茶』をご紹介しました。
今の季節は茶葉を収穫している真っただ中!今年も出来がいいんです!
荒茶は製茶工場で一次加工だけしたお茶で、熱を加える回数が少なく、
お茶の『生の旨み』がギュッと詰まっています。しかも、煎茶や茎茶に選別する前の茶葉だから、
お茶の風味をまるごと味わえます。さわやかな香りとまろやかな旨みで、とってもおいしい!
何杯でもおかわりしたくなりますよ。
産地は、日本有数のお茶の産地『静岡県・牧之原台地』。
今日の荒茶は、『やぶ北』品種の茶葉を強く深く蒸す『深蒸し』仕上げ。見た目は不揃いですが、
ふわっと広がる香りと、苦味や渋味が和らいでコクのある味わいがとってもおいしいんです。
お茶を入れた時の緑色も、とってもきれい!
180615荒茶.JPG
メーカーは、静岡・菊川市にある、創業100年を超える《丸松製茶場》。
文化放送ラジオショッピングで30年以上愛され続けているお茶で、
今年も予約開始から既に多くのご注文をいただいています。
今回も、おいしい『荒茶』をお届けしますので、ご自宅や職場でたくさん召し上がってください。
分量は、200g入りのアルミパックが8袋で合計1.6キロ!お茶の1.6キロは相当なボリューム。
別に、お試し用セットもご用意!半分の量800gにしてお届け。
文化放送の荒茶をまだ飲んだことがない方や少しずつ欲しい方におすすめ!
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

トマトおろし麺

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


2018年6月のテーマは、「夏のさっぱり麺」です。
今回は、暑い夏を乗り切りれる麺料理のレシピをご紹介します。


6月15日のお料理は・・・、『トマトおろし麺』
44hal_20180522_014445.jpg
では、〈トマトおろし麺〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
〈麺つゆ〉
・水       250cc
・淡口醤油   大さじ2(30cc)
・味醂     大さじ2(30cc)
・削り節       5グラム
〈トマトおろし麺〉
・トマト       1個
・ピーマン      2個
・ベーコン    100グラム(スライスしたもの)
・大根おろし   100グラム
・おろし生姜  小さじ1
・うどん       2玉
44hal_20180522_014459.jpg
■作り方
1)水、淡口醤油、味醂、削り節を鍋に合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせ、そのまま冷まして濾して麺つゆをつくる。
2)トマトは熱湯で皮を湯むきして一口大に切る。ピーマンはヘタと種を取り、縦に千切りにする。ベーコンは5ミリ幅に切る。
3)フライパンに2)のベーコンを入れて弱火で炒る。軽く油が出てきたら2)のピーマンを入れて炒り上げ、強火にする。ここに2)のトマトを入れて絡めたら直ぐに火を止め、冷ましておく。
4)3)の具を、汁気を絞った大根おろしと合わせる。
5)うどんを茹でて冷水で洗い、水気を切って器に盛り、4)の具材(トマト、ピーマン、ベーコン、大根おろし)を乗せ、1)の麺つゆをかけ、最後におろし生姜を添える。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


44hal_20180522_014458.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
うまみが強すぎるからまずくなるんです。
淡味のおいしさで食べなきゃいけないんです。
飽きの来ない味を毎日楽しむことが大事です。




44hal_20180522_014457.jpg■お味見くにまる
今回も色がきれいですね。黄金色のつゆです。
淡い味、淡味が口の中に広がります。
ベーコンの脂がうまみになってますね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味がスッキリ仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
44hal_20180522_014456.jpg『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
<宛て先>
〒105−8002 文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。

『月例復興報告』

毎月第2木曜日の『くにまるレポーターズ』は「月例復興報告」。


まず前半は、移動型メディア・エディターで、ブルーイッシュメディアの
エディターの山本ケイゾーさんが登場。


レポーターズ20180614.jpg


今回は、東日本大震災の発生直後、石巻日日新聞が発行していた
『壁新聞』についてのレポートでした。


そして後半は、仙台を拠点にしながら主に東北地方の漁業について
取材されている漁業ジャーナリストの菊地正宏さんがお電話で登場。
今回は、貝毒の被害が広がっているという『ホタテ養殖』について
レポートしてもらいました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

スピリチュアリスト・江原啓之さん

2018年6月14日(木) 極シアター
文化放送スペシャルウィーク この愛が止まらない~!ゲストが連日登場!


本日の『極シアター』には、オペラ愛が止まらないスピリチュアリストの
江原啓之さんをお迎えしました。


極シアター20180614.jpg


江原啓之さんは1964年、東京都のお生まれ。
幼少の頃より、数々の超常現象を経験されます。
その後、和光大学人文学部芸術学科を経て、國學院大学別科神道専修II類修了。
そして、滝業、修験道の修行などを重ねた後、北澤八幡神社に奉職。


1989年、スピリチュアリズム研究所を設立し、カウンセリングを開始。
2001年に出版された『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』が、
70万部を超えるベストセラーになり、広く知られるところとなると、
以降、10年以上に渡り、ベストセラーを出し続けていらっしゃいます。


現在は、テレビ・ラジオ・雑誌連載・講演会など幅広くご活躍、
その愛にあふれた暖かいメッセージは多くの方に支持されています。


また、18歳の頃より音楽を学ばれ、武蔵野音楽大学パルナソスエミネンス
特修科声楽専攻を修了されている江原啓之さんは、オペラ歌手としても
ご活躍中。その温かみのある豊かな声量には定評があり、音楽の分野でも
人々に憩いと癒しを感じてもらうべく活動されています。


そんな江原啓之さんをお迎えし、まず第一幕では「スピリチュアルとは?」
という基礎の部分から、とてもわかりやすくご説明いただきました。
また、かつて江原さんが文化放送の番組をご担当されていた頃の思い出
などもお話しいただきました。


続いて第二幕で伺ったのは、江原さんの"オペラ歌手"としての活動について。
6月22日に発売されるニューアルバム『Utatama ~うたたま~』の中から、
実際に江原さんの歌声もお聴きいただきました。
江原啓之さんの最新アルバム『Utatama ~うたたま~』は、
Spiritual Recordより税込5,500円にて発売されます。


そして第三幕では、リスナーの皆さんからお寄せいただいたお悩み相談に対して、
メッセージやアドバイスを送っていただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!