イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter

記事一覧

  • 乗り物酔いも脳の勘違い

    こんにちは。 永野景子です。

    小さい頃の私は、車に乗ると必ず乗り物酔いしてました。
    電車は大丈夫だったんですが、車は自家用車もバスもタクシーも全てダメ。
    ガムを噛むと酔わないとか、レモンなど酸っぱいものを
    食べるといいとか、色々言われて試しましたが
    やはり乗ると必ず車酔いしてました。

    それが、脳の勘違いだったとは。
    視覚と平衡感覚のズレで脳が混乱、
    その混乱は「めまい」に酷似してるそうです。
    めまいが起こったと脳が勘違いし、ひょっとしたら
    毒が含まれていたかもということで
    胃の中のものを吐き出そうとする、
    つまり命を守るための本能なんだそうです!

    乗り物酔いに効果があるのは氷ということも、
    これまた意外でした。
    氷がない時には... ツボ押し!
    どこを押せばいいかは、別ページの写真をご覧下さい。

    明日のサブキャスターは、
    乗り物酔いなど全くしなさそうな加納有紗さんです!
  • 第283回:「TOKIO」4人で会見

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマは「漫画業界を蝕む海賊版サイト。ブロッキングは有効か?」。
    政府は先月、漫画や雑誌をインターネット上に無断で公開している「海賊版サイト」 で特に悪質な3つのサイトに接続を遮断する「ブロッキング」を自主的に行うよう求めていましたが、これを受け、NTTグループは海賊版サイトの「ブロッキング」を実施すると発表。今日は「海賊版サイト」を撲滅するための対策をサキドリしました。

    まずは、「海賊版サイト」をめぐる動きと、賛否が分かれている「ブロッキング」の問題点を西村志野記者が整理。

    ある「海賊版サイト」の利用者は去年12月の時点で約23万人。割合を年代別に見た時に、10代の次に多いのが50代というのにも驚きましたが、一美キャスターは「漫画世代なんです!」と言っていましたね。

    サキドリ-20180502 (1).JPG

    次に、政府にブロッキングを要請された立場である、日本インターネットプロバイダー協会 副会長兼専務理事の立石聡明さんに電話を繋ぎました。
    これまで「児童ポルノ」に関するサイトにこのブロッキングを実施し、ある程度効果があったが、「海賊版サイト」には抜け道がたくさんあり、簡単にはいかないとのこと。「海賊版サイト」は基本的にはお金が儲かるからやっていることなので、資金源となる広告、ここを断つ仕組みが有効というお話でした。

    では、漫画家の方はどう受け止めているのでしょうか?お話を伺ったのは、漫画家で日本漫画家協会理事の赤松健さん。

    政府が施策を講じてくれていることに頼もしく感じる一方、規制が強まることで表現規制につながってしまうのではないかと不安も感じていると言います。また、「海賊版サイト」よりも使いやすさで勝つ、しかも定額読み放題のサイトを作ることが対策につながるとお話してくださいました。


    番組冒頭から中継を繋いでお伝えしてきましたが、『きょうのナマチュウ』でも、午後2時から開かれたTOKIOの記者会見の模様を詳しくお伝えしました。

    女子高生へのわいせつ行為で書類送検されていた山口メンバー。東京地検は昨日、山口メンバーを起訴猶予処分としました。そうした中で今日、山口メンバーを除く4人が記者会見し、陳謝。

    サキドリ会見20180502.jpg

    取材した竹田有里記者が会見で4人から話された、一昨日5人のメンバー全員で話し合いをしたこと、山口メンバーから辞表を受け取ったこと、その辞表はまだリーダーの城島さんが持っていること、4人のメンバー内でも意見は分かれていることなどを音声も交えて詳しくレポート。

    同じく会見を取材していた芸能レポーターの井上公造さんにもお話を伺いました。

    「9月から25周年イヤーに入るが、音楽活動は白紙の状態。山口さんも辞表を出すならジャニーズ事務所に出すべきことなのにそれをメンバーに渡したことや、警察の事情聴取が三回も行われていたにも関わらず一言もメンバーにも事務所にも相談がなかったことなどで、4人のメンバーも寂しさや怒りを感じているのだろう。」

    TOKIOの今後、山口メンバーの今後については「今日、ジャニーズ事務所のホームページから山口さんの写真がなくなった。これが何をさしているのか・・・?」とお話してくださいました。

    会見が行われたホテルニューオータニのすぐ近く、四谷で街の皆さんにインタビューした伝細木美知代記者によると、厳しい意見もあったが頑張っている姿も見てきたから続けてほしいという意見が多かったとのこと。

    サキドリ-20180502 (5).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「俳句を詠むAIを開発 人の感情、理解できるか?」という話題を取り上げました。

    北海道大大学院の川村秀憲教授らが、写真を基に俳句を詠む人工知能「一茶くん」の開発を進めています。膨大な過去の作品を解析し、自ら学習するディープラーニングで、被写体や風景に合った俳句を作る仕組み。 真紀さんから紹介もあったように、花火の写真を認識すると「手花火をそめて淋しき娘かな」といった俳句を生み出すことができるようになりましたが、まだまだ開発は始まったばかりで課題も多いよう。AIが詠む作品のうち、日本語として成立するのは5%ほどだと言います。

    サキドリ-20180502 (2).JPG

    水曜コメンテーターはマルチリンガルタレントの堀口ミイナさん。

    南北首脳会談を終え、周りからの見方が変わってきた北朝鮮。

    債券、レアアースの採掘権などのハード以外にも、まだまだ飲食・インフラ・サービスなど何もない街である北朝鮮を、ビジネスチャンスとしての新しい目で見ていきたいと語り下ろしました。

    サキドリ-20180502 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが取り上げたのは ソフトバンク 内川聖一 選手、2000安打達成目前の話題。

    昨日のロッテ戦で2戦連発2号ソロを含む2安打を放ち、勝利に貢献した内川選手。 通算2000安打へ残り4本となりました。36歳、まだまだ2000安打は通過点!

    サキドリ-20180502 (3).JPG

    『ニュースパレードアネックス』レスリング伊調馨選手らが受けたパワーハラスメント問題。スポーツ庁の鈴木大地長官が日本レスリング協会の福田富昭会長と面会し、非常に厳しい言葉で信頼回復に努めるよう求めました。

    当初15分予定だったところ45分かかった面会では、事情説明と今後の対応などの話がされたということです。

    取材した奥山拓也記者が音声をまじえて紹介。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生がゴールデンウィークに知っておきたい「乗り物酔い 誰でもすぐできる対策」を教えてくださいました。

    ~たかよし先生直伝、酔い止めのススメ~

    ・氷を口に含んでみよう

    ・車内を涼しくしよう

    ・「内関」というツボを押してみよう

    ↓このあたりが「内関」というツボ!

    CIMG1181.JPGCIMG1179.JPG

    吐いてしまうのが怖いと、何も食べない人も多いと思いますが、炭水化物中心の消化が良いものを食べておいた方が良いそうです。素うどんがベストだそうですよ。


    【今日の1曲】 VACATION/GO-GO'S

  • TOKIOメンバー4人が会見

    こんにちは!

    TOKIOの山口メンバーが、強制わいせつ容疑で書類そうけんされ、起訴猶予となって事件を受け、残るメンバー4人が都内で会見を開きました。

    その模様を、細木美知代記者と竹田が取材してきました。

    IMG_0007.jpg
    黒いスーツに黒いネクタイ、
    約30秒にわたり頭を下げて謝罪したTOKIOの4人のメンバー。
    4人とも疲れてきっていて、頬もこけているように見えました。


    今後については、「すべて白紙にして音楽活動は考えるのはやめて、今できることをやっていきたい。」と話しました。

    山口メンバーの記者会見で「戻れるなら戻りたい」といった発言について、
    メンバーからは「お酒のせいではなく人間としての甘さ」と怒り、悲しみ、いろいろな思いが入り混じりながら答えていました。


    おととい夜7時ごろに、メンバー5人が話しあい、
    山口メンバーが「責任とってTOKIOやめせてくれ」と退職願を
    城島リーダーに渡したということです。

    とにかく、まずは
    「被害者、被害者のご家族、関係者、ファンの皆さんにお詫びを申し上げる。」という会見でしたが、果たして今後どうなるのか...

    中継に出ていただいた芸能レポーターの井上公造さんは、
    「TOKIO自体、どうなるのか、これは時間がかかる。山口メンバーは、年が年なので、活動自粛して復帰したとしてもかなり厳しいでしょう」と
    コメントされていました。


    街の方は、この会見、どのように思われたのでしょうか?


    細木です。
    私は四ツ谷駅前で街の声を聞きました。
    「頑張ってTOKIOの活動を続けて欲しい!」という意見の一方で
    中には
    「ジャニーズ事務所が山口メンバーをクビにした方が良かったんじゃないか」など
    厳しい声も...。


    そんな中、私の印象に残ったのは
    ホテルの前で心配そうに見守っていた
    ファンの皆さんの表情でした。


    どんな気持ちなのか、
    一言でも想いを聞きたかったのですが
    「今は取材に協力できる心境ではない。ごめんなさい」と話していました。


    今回の会見では、
    今後の活動や山口メンバーの処遇について
    はっきりとした結論は語られませんでした。
    これまでずっと応援してきたファンの皆さんの心境を思うと
    複雑な想いが残る取材でした。

Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

TOPへ
radiko