イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter

記事一覧

  • 7月4日に生まれて

    こんにちは。 永野景子です。


    個人的な話で恐縮ですが、今日は私の誕生日です。
    番組宛にメールを下さった方、報道部宛にハガキやカードを送って下さった方、
    本当にありがとうございました。


    アメリカの独立記念日。
    『7月4日に生まれて』という映画をご存知ですか?
    ベトナム戦争を扱った映画で、監督はオリバー・ストーン、主演はトム・クルーズです。


    私は文化放送にアナウンサーとして入社したんですが、
    採用面接の際、「1分間で自己PRを」という課題がありました。
    履歴書に目を落としている面接官に顔を上げてもらうには、どうすればいいか。


    ん? 何の話が始まるんだ? ~と思わせるトークが必要だ、そう考えた私は、
    「『7月4日に生まれて』という映画をご存知ですか?」
    というしゃべり始めで自己PRをしました。
    それが功を奏したのかどうか定かではありませんが、いま文化放送にいます。


    ちなみに、今日はキュリー夫人の命日でもあります。


    明日のサブキャスターは、
    いつまでも年齢なんて関係なく明るいんだろうなと思わせる
    加納有紗さんです!

  • 第328回:

    『ニュースオフサイド』ポンペオ国務長官、北朝鮮訪問へ。

    歴史的な米朝首脳会談からすでに3週間。ポンペオ長官は「完全非核化」の実現に向け、その方法や期限など具体策について協議するものとみられます。

    今日は米朝首脳会談以降、進展が見えない米朝関係について取り上げました。

    まず今日までの間に起きた北朝鮮の動きについて、清水克彦デスクが解説。

    SAKIDORI!20180704 (2).JPG

    北朝鮮政治がご専門の慶應義塾大学 磯崎敦仁准教授に竹田有里記者がお話を伺いました。

    「過去の過程からどうしても北朝鮮のことが疑わしく思えてしまうものだが、本気で非核化する心づもりはあると思う。だからアメリカもきちんと完全なる核放棄にこだわること。拉致問題を抱える日本としては、北朝鮮と会い、お互いの主張を伝えることは必要だが、最初からこちらが北朝鮮に乗り込む形ではなく、信頼を築き上げる一歩が大切だ。」との見方。

    サキドリ―20180704 (2).jpg

    お電話を繋いだのは、アメリカ現代政治がご専門の上智大学 前嶋和弘教授。「明日からのポンペオ長官の訪朝、北の事務方も動いて、これからが本格化。進展があれば2回目の米朝首脳会談が9月にニューヨークで開かれる可能性もありうる。トランプ大統領としては中間選挙に向け、ちょうどいい燃料投下になり、PR出来る良いチャンスとなる。」とお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』 若い人ほど「死ぬのがとても怖い」と感じていることが経済産業省の調査で分かりました。 そこで今日は、死を気軽に語り合う"デスカフェ"、欧米ではすでに定着しているというこのイベントが、日本でも定着するのかサキドリました。

    細木美知代記者がデスカフェの現状を整理。

    SAKIDORI!20180704 (3).jpg

    デスカフェには基本ルールが決められていて、「参加者の心得5カ条」 というものがあります。

    ①一人ひとりが自由に自分の考えを表現できるようにする。

    ②自分一人がしゃべりすぎないようにする。

    ③カウンセリングや悩み相談の場にならないようにする。

    ④死に方や自殺につながる話はしない。

    ⑤デスカフェで出たエピソードはその場かぎりとし、 SNSに書いたりしない。などなど。

    実際にデスカフェを開催している「ライフネット東京」の事務所には西村志野記者がお邪魔しました。

    お話をしてくださったのは、「ライフネット東京」の小平知賀子代表です。

    20代~70代と幅広い年代の方が参加されているというデスカフェ。死に漠然と不安や疑問を抱えている方、身近な人の病気や死別を体験された方、生きる意味を見出せない方など、参加されている人の背景は実に様々なんですね。

    サキドリ―20180704 (1).jpg

    続いて、お電話を繋いだのは、静岡市で開かれている「死生学カフェ」の世話人代表で、静岡大学教授の竹之内裕文さん。死はタブーと見なしてしまいがちですが、死と共に生きることを学ぶのが「死生学」だとのこと。

    竹之内さんは、ホスピスのお医者様との出会いで看取りについて考えるようになったことと、スウェーデンに住んでいた時に感じた対話の重要性から、この「死生学カフェ」開催に行きつきました。

    今の時代、ライフスタイルが多様化しているように、「死のかたち」や「死の受け止め方」も多様化しています。自分の状況や価値観で選ばなくちゃならないけれども、それはすごく難しい問題ですよね。日本でもデスカフェが徐々に広がりを見せているのは、こういった理由があるのではないかとお話してくださった竹之内さんでした。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、高級志向は男性ホルモンが影響しているという研究結果について。

    アメリカ・ペンシルベニア大学の研究で、男性が高級ブランドの車や時計、服などを購入するのはテストステロンが影響していると発表しました。 「人間以外の動物も繁殖期にテストステロンが増え、競争相手などに自身の環境適応力を誇示するのと似ている」そうです。

    皆さんの周りで高級ブランド志向の人は、テストステロンが多いのかもしれません!?

    SAKIDORI!20180704 (1).jpg

    水曜コメンテーターはマルチリンガルタレントの堀口ミイナさんです。語り下ろした今日の『オピニオン』題して「部活、変わっていくのか?~堀口ミイナ、実は部活ニガテだってよ~」。

    1960年代頃から、必修クラブ活動としてスタートした歴史がある部活動。最近では、「中学生になったら部活をやるのが当たり前!」ではなくなってきていたり、32都道府県で週2回は部活休みを設ける・平日は2時間までなど、部活に熱中しすぎることで生徒にも先生にも過度な負担にならないようにする動きがあります。

    転校が多かったミイナさんは学生時代、クラスに馴染もうとするあまり、無理して陸上部に所属していた頃を思い返し、「なんであの時、もっと他にもやりたいこと色々あったのに、自由に選ばなかったんだろうと今になって思う。今の時代、もう部活にこだわる必要はない。本当にやりたいことをやるべき。自分で探して、地域のコミュニティなどに参加してみたりするのもいいのではないか。」と語り下ろしました。

    SAKIDORI!20180704 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが担当。

    2018FIFAワールドカップロシア ベスト8が出そろったということで、これまでの振り返りとこれから注目の対戦についてお伝えしました。日本は敗退してしまいましたが、これからまだまだスゴイ戦いが残っています!

    準決勝は日本時間の6日金曜の夜からスタート!

    SAKIDORI!20180704 (5).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 今日から品川のホテルで、エシカルサミット「エシカル2018」が始まりました。 ひとつしかない地球で共存する我々にとって、「エシカル」について考えておくことが大事です。

    さっきからエシカル、エシカル言ってますけど、エシカルっていったい何!?状態のスタジオがこちら。

    SAKIDORI!20180704 (6).JPG

    このあと吉田涙子記者がきちんと「エシカル」の重要性について解説してくれました。

    文化放送では月曜~金曜の朝5時13分頃から1分間、エシカルの情報をお伝えしている「エシカル・レポート」が絶賛放送中です。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

    SAKIDORI!20180704 (7).jpg


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、誰でもできる夏バテ予防法を伝授!

    ・食事中に水分を摂り過ぎない。

    ・よく噛む。

    ・食事中はわざとボケーッとする。

    他にも日の出が早い夏だけは、30分早起きするとダルさが消えるそうです。20分ほどのお昼寝も午後の夏バテには効果的。


    【今日の1曲】 Born to Be Wild ~ワイルドで行こう/ステッペンウルフ 

  • デスカフェ

    暑い日が続いていますが
    みなさん体調は大丈夫ですか?

    サッカーで寝不足のみなさんも多いと思いますが、
    熱中症などに気を付けて過ごしましょうね!


    そしてサッカーW杯、日本代表の試合に
    深夜・早朝の時間ですが
    一人で何度も叫びました。
    本当にたくさんの勇気と感動をもらいました。
    日本代表のみなさん、ありがとうございました!!


    さて、きょうのナマチュウは「デスカフェ」
    みなさんご存知ですか?


    タブーと思われがちの死について
    みんなで気軽にお茶を飲みながら語ろうというもの。


    実際に月に1回デスカフェを行っている葬儀社、
    ライフネット東京の小平知賀子代表に
    お話を聞きました。


    テーマは本当にさまざまで、
    葬儀のことや埋葬についてのほか、
    ご自身が体験したことなどを語る方も。
    月に1回、3時間の予定ですが
    時間がオーバーすることもしばしばだそうです。


    終活セミナーなども行っていて、
    小平さんは
    人生の最期を自分らしく終えるためのサポートも
    これからも行っていきたいと話していました。

Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

TOPへ
radiko