斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 第652回:関電、金品受領の問題

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    巨額の金品受け取り問題をうけ、大阪市内であらためて関西電力経営トップが記者会見を開きました。

    まず、これまでに明らかになっていることを細木美知代記者が整理。

    sakid20191002 (3).jpg

    14時過ぎからスタートしたこの会見には、岩根茂樹社長だけでなく八木誠会長も姿を見せました。何が明らかになったのか、会見会場・堂島リバーフォーラムで取材中の新岡瑞佳記者を繋いでお伝えしました。

    sakid20191002 (9).jpg

    去年9月に調査委員会が動き出してから、どのようなものが誰にどの程度渡されていたのかという具体的なものがわかってきたそうですが、まだ返却出来ていないものもあるとしています。

    この時間、会見はまだ続いていましたが、八木会長・岩根社長いずれも自身で辞めるつもりはないと言及。

    岩根社長の話では、この問題について処分もしているしコンプライアンス上は問題ないと、報告をあげていなかったそうです。

    今後は、第三者委員会を設け、さらなる調査を進めていくとのことでした。

    sakid20191002 (10).jpg

    お電話を繋いだ、経済産業省の元官僚・古賀茂明さんは、今回の会見は極めて予想通りで真新しいことは何も出てこなかったとバッサリ。

    「基本的に助役がとんでもない悪者で、もらわされていたのだという筋書きで統一されている。 会見のなかで政治家について触れる質問はほとんどなく、官邸にコントロールされている会見だと感じた。普通に考えて、助役は「お世話になった人に渡していた」としているわけで、政治家の関与は絶対だと思う。」と指摘しました。

    コメンテーターの古谷さんは「返さなくてもいい、法務局に持って行って、供託すればいいだけのこと。 生活の法律相談みたいなもん。なんで供託所にもっていかなかったの?ってことは、そういうことでしょ。」と語りました。


    sakid20191002 (4).jpg
    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』でお伝えしたのは2つのニュースでした。

    1つ目は、「千葉県館山市が住宅被害相談窓口を設置」。

    先月25日には鋸南町、 28日には鴨川市、南房総市、富津市、そして今日、館山市が窓口を設置しました。その館山市市役所前から、西村志野記者に伝えてもらいました。

    sakid20191002 (7).jpg

    ▼館山市では来週火曜日の8日まで、被災した住宅の修理や再建に関する不安や疑問に、専門家である建築士や建築団体の担当者が無料で相談にこたえます。

    sakid20191002 (6).jpg

    相談に来られていた方々のお話を伺うと「屋根がなくなってしまった」、「雨漏りしてきた」、「業者が足りず、順番を待つその間にもカビが生えてきた」など、健康被害の影響も心配な状況です。

    sakid20191002 (8).jpg

    ▼お話を聞かせてくださった館山市の金丸謙一市長と一緒に。

    sakid20191002 (2).jpg

    「被害の証明・判定、高齢者の方々の体調の面など、チームを組んで状況を把握してひとつひとつ対策をしていく。がれきも多く、ボランティアの方々にもお手伝いいただいて、人海戦術で徐々に取り組んでいます。」と金丸市長。数えきれないほど大変なことはあるそうですが、被災した状況が長引くことで体調を崩すお年寄りのことが、今本当に心配だということでした。

    sakid20191002 (5).jpg

    --------------------------

    2つ目は「大船渡高校・佐々木朗希投手、プロ志望を表明へ」。

    高校野球で球速163キロをマークして注目を集めている岩手県・大船渡高校の佐々木朗希投手がプロ野球を志望する意向を固めたことが分かりました。

    スポーツライターの小関順二さんは佐々木投手のプロ志望表明について「ひとまず安心した。」と言います。

    「即活躍というよりは、2年後3年後だろう。経験値が浅いこと、プロではストライクゾーンが狭いことなどがあるので、高校生に即戦力を期待してはだめ。一定数、プロ野球には即戦力を求める球団がある。巨人・楽天・ソフトバンク...5球団あたりは手を挙げるのでは?」と、楽しみな近い未来を予想してくださいました。

    sakid20191002 (14).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をいち早く紹介。 今日は「建設現場から太陽光パネル窃盗疑いで男3人逮捕」のニュースを取り上げました。

    調べによると、3人は知人関係。建設現場からは計1772枚のパネルが盗まれており、残りのパネルも盗んだとみて調べが進められています。

    sakid20191002 (1).jpg

    コメンテーター文筆家の古谷経衡さんの『今日のオピニオン』テーマは「『表現の不自由展・その後』再開へ」

    あいちトリエンナーレの企画展『表現の不自由展・その後』が、10月6日~8日まで展示を再開する予定となったことを受け、「喜ばしいことだ。ぜひ見に行きたいと思う。」と語った古谷さん。

    しかし、一方で、あいちトリエンナーレへの補助金を文化庁が全額不交付決定という大きな問題が起きました。

    文化庁は、会場の安全確保や円滑な運営をするために重要な内容があったのに申告なく進めたことを問題視してのことだとしていますが、これについて、「採択理由の原文を読んでみて、"脅迫とかされちゃうのを想定してなかったお前が悪い"という風に読めてしまう。あらゆること・どんなことだってこういうことはなり得るわけで、この判断はおかしい。」と語りました。

    sakid20191002 (15).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』槙嶋範彦アナウンサーが担当です。今日は、プロ野球・クライマックスシリーズ・ファーストステージについて、野球解説者の笘篠賢治さんに生電話でお話を伺いました。

    「セリーグは阪神の勢い、パリーグはソフトバンクと楽天ほぼ互角と言えるが、どちらが流れが掴めるかにかかってくる」とのこと。いよいよ今週土曜日10月5日から戦いの火ぶたが切られます!

    sakid20191002 (12).jpg

    『ニュースパレードアネックス』

    目黒区で去年3月、当時5歳だった船戸結愛ちゃんが両親から虐待され死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の船戸雄大被告の裁判員裁判が今日も東京地裁で開かれました。

    裁判を傍聴した石森則和記者が、今日の裁判の模様をレポート。女性の検事が読み上げる、結愛ちゃんの残したノートや貼り紙の生々しさ。弁護側は、雄大被告が「正しい父親に、理想の家族になろうとしていた」としているが、本当に家族になりたいと心から望んでいたのは...。

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』は「ラグビー から読み解く日本人の身体能力と健康づくりの秘訣」というお話。

    先日のアイルランド戦では、日本人ならではの身体能力の特徴である「持久力の高さ」が浮き彫りに!

    日本人は、島国で紛争が少なかったため、武器を振り回す瞬発力が必要なかったことと、米作りを行うための長時間作業する体力が必要だったため、持久力の高い遺伝子を持ったそうです。

    持久力を鍛えることで、認知症発症のリスクを軽減出来ることも分かっています。日本人の健康づくりには長距離走で持久力を鍛えることがオススメ!

    sakid20191002 (13).JPG

    【今日の1曲】 SEASONS / 浜崎あゆみ

CALENDAR

< 2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
TOPへ
radiko