斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 第840回:人事・解散・ポスト安倍

    ▼金子恵美さんはリモートでのご出演でした!
    kanekosan20200622.JPG
    『ニュースオフサイド』
    支持率が低下する安倍内閣。人事、解散、ポスト安倍に焦点を当ててサキドリ!

    山本カオリ記者には、「今日の質疑のテーマ」と「解散風」について伝えてもらいました。
    先週水曜に国会は閉会したものの、委員会は毎日開かれている状況。
    イージス・アショア問題などが討論されているそうで、ミサイル防衛計画やり直しどころか巨額の税金が消えていることから、世論の反発はさらに高まりそうだということです。
    また、政局が色濃く反映される自民党。
    1カ月以上前に軽く解散風が吹いていたが、今回は重さが変わったと感じる山本記者。
    「安倍さんは声に張りがない、任期満了前に辞めちゃうかもね」という声も聞こえだしているそうで、では誰で戦うのかになってきますが、そこで石破さんの登場。ただ、現自民党は選手はいるものの、エース級が居ないということについてもレポートしてくれました。

    元共同通信編集局長の後藤謙次さんのお話によると、安倍総理への風当たりで1番ダメージになっているのが、やはりコロナ対策だといいます。
    最初の水際対策、決断が遅れ後手後手に。総理は危機管理能力が欠如していると広がってしまっている。官邸と自民党の力関係が逆転してしまった。」
    3月に行われるはずだった自民党大会が9月に延期されて行われ、内閣改造・党役人事に安倍総理の思い通りの人事が組めるかがカギになるよう。二階幹事長が続投するかが注目です。
    そして、気になる「解散風」は?
    「任期終了まで1年3カ月余りあるが解散するなら今しかない。しかし、コロナの第2波が秋に来るかも、五輪の開催可否、11月アメリカ大統領選などの不確定要素があるからできない。」

    ポスト安倍について、コメンテーターの金子さんは「党内アレルギーは根強い。石破さんに対して、地方の党員からの人気はあるけれど、結局最後に決めるのが自民党議員となると難しくなるのでは・・・と聞いている。」
    saki-20200622 (1).JPG

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』
    ベトナムなど4つの国を対象に出入国制限が緩和されるのを前に、懸念される問題点について。
    まずは、ビジネスや観光面で結びつきが強いアメリカとヨーロッパの現状から。

    【ニューヨーク】ジャーナリストのシェリー恵さん
    順調に感染カーブは下がっている。経済活動再開フェイズ2へ。およそ30万人が仕事に戻るとのこと。
    3カ月にも及ぶロックダウンの後、活気がすぐに戻るかは疑問。
    重要な観光資源であるアートやエンタメが当分再開できないのも強い不安材料。
    早期に解除された20州以上で感染が再び起こっていることも懸念される。

    【ホノルル】ジャーナリストの富田いく子さん
    今月16日にほかの島への旅行者の2週間の自己隔離は解除。
    各島を自由に行き来できるようになったが、指定の書類提出が必要。
    多くのホテルは特別感染防止策を講じています。
    経済活動再開に舵を切り始めましたが、安全で安心な旅が出来るようになるまでは、まだまだ時間がかかりそう。

    【ローマ】ジャーナリストの芦田正人さん
    いつもなら行列の美術館もすぐに入れる状況で、再開が始まった観光業、人はまだまだ。
    イタリア国外からやってくる観光客が戻ってこない。
    トレビの泉も外国からの観光客はいない状況。
    ホテルのカウンターやタクシーの車内には、感染対策を万全にと、アクリル板・消毒液など設置を徹底している。

    【ロンドン】ジャーナリストの清水健さん
    1日の犠牲者が数十人にまで減ってきた。公共交通機関はマスク着用が義務付けられている。
    飲食店はテイクアウトのみ。
    イギリスは引き続き入国規制が続いている。
    この危機でEU離脱はすっかり忘れられているが、これについて話し合う会議でモニター越しに参加するイギリスの姿は皮肉だった。

    最後に、成田空港で取材中の旅行・航空アナリスト、鳥海高太朗さんを結びました。
    現在の成田空港第1・第2ターミナルは全く人が戻っていないそう。レストランも8割お休みです。
    ただ、LCCが飛んでいる第3ターミナルは少し人が戻っているかなという感じだとか。
    「国内便の運航率は戻りつつあり、国際線の方が心配。
    先々週、成田空港に帰ってきた方にも話を聞いたが、人が足りていない。飛行機から降りるまでに数時間、検査までに数時間とすごく時間がかかり過ぎる。空港の検疫体制がまだ問題だらけで、まずは人を整えることからだろう。」と語ってくださいました。

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから『ニュースパレード』の主な項目をご紹介。
    今日は、北朝鮮が対南"ビラ散布"を準備というニュースもお伝えしました。
    北朝鮮の朝鮮中央通信は韓国の脱北者団体が散布した北朝鮮の体制批判ビラに対抗し、韓国に対する糾弾ビラ1200万枚を印刷したと報じています。風船など3000余りの散布手段も用意されているようです。
    ▼永野デスク&真紀さん
    saki-20200622 (6).JPG

    月曜コメンテーター・金子恵美さんが語り下ろす『今日のオピニオン』
    テーマは「持続化給付金 委託問題」
    持続化給付金の支給遅れについて、国会で安倍総理が「問題があったのは事実だ」と認めた一方で「一生懸命対応していることは評価してほしい」と反論したことについて、「喉から手が出るほど一刻も早く欲しい方、そういう方々に対して配慮を欠く答弁だったと思う。現場の頑張りを否定しているわけではない。再々委託というスキームに問題ありなのだ。」と金子さん。
    緊急時だけでなく、平時もお金の絡みが見えにくくなる問題があるとし、今回の件でも銀行手数料の金額は妥当だと思うが、振り込む業務の人件費は疑わしいと指摘。また、応札額が低いデロイトトーマツ社が選ばれなかったことも結局総合評価だと言われてしまえば「随意じゃないか」と思われても仕方ありません。
    合理的理由が納得する上で必要!梶山経済産業相は、年内にも委託契約のルールを見直すと言っているけれど、まずはそこじゃない!今回の件をきちんと説明して、他にないのかも明らかにして。騙されないぞ!」と語りました。
    sakidorigazou20200622 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当はおよそ3カ月ぶりの砂山圭大郎アナウンサーでした!
    sakisupo20200622 (2).jpg
    今日ご紹介したキーパーソンは、女子テニスで元世界ランキング4位の伊達公子さんです。
    伊達さんは、昨年からヨネックスと合同で女子ジュニア選手育成プロジェクトをスタートさせています。
    sakisupo20200622 (4).jpg
    「日本の女子のテニス界の将来を考えた。大坂なおみ選手というトップを走る選手がいるものの、そこに続く選手が出てきていない。何か早く手を打たないといけないと、覚悟を決めて一歩を踏み出した。」と語る伊達さん。
    今回、伊達さんがゼネラルプロデューサーを務めるジュニアの国際大会『リポビタン国際ジュニアSupported by 伊達公子×YONEX PROJECT』の新設が発表されました!
    sakisupo20200622 (5).jpg
    「グランドスラムもまだスタートしていない中、まだまだジュニアで発展途上の子たちがたくさんいる。育成の機会がなくなってしまわないようにしたい。色々な状況を考慮した上で、出来る限り機会を与えてあげたい。」
    ▼発表イベントもソーシャルディスタンシングを守って行われました。
    sakisupo20200622 (3).jpg
    ▼新ラケットの発表も!
    sakisupo20200622 (1).jpg

    『ニュースパレードアネックス』
    プロ野球とサッカーのJリーグが、新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設置した連絡会議が今日、オンラインで開かれ、ともに来月10日から観客を入れる方針を示しました。
    西村志野記者のレポートです。
    今日の午後行われた12球団代表者会議では、方針として球場には最大で観客を5000人まで、もしくは収容人数の50%に抑えるとのこと。また、感染症の専門家チームの座長・賀来特任教授は、感染リスクを考えての応援スタイルの変更を提言。今後の状況を見て、「やはり今、これはやるべきじゃないのではないか」となれば考え直すこともしながら進めていくということです。ちなみにチケットの発売方法などはまだ明らかにされていません。
    ▼野球大好き西村記者「プロ野球の試合が見られる日常が嬉しい!!」とニコニコ(^^)
    sakidorigazou20200622 (2).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』
    手越祐也さんがジャニーズ事務所を退所した背景、語っていただきました。
    ジャニーズ事務所との契約期間は来年はじめまで残っていたはずなのですが、今回の退所に関して双方の弁護士さんだけで話し合いが行われ、円満退社とは言い難い様子・・・。
    涙ながらコメントしたNEWSの3人の温度感と、Twitterでのスーパーポジティブ人間・手越祐也の温度感があまりに違い過ぎて、ファンからもかなり批判されているとか。
    本人の会見は明日行われ、リモートではなく、行われるようで、そのあたりもPR会社が間に入っていて、すべてが用意周到!
    「昨日まで横浜アリーナで有料配信のコンサートを行っていた中で、NEWSはあえて手越君のパートを歌わずに空けたままにしていた。"待ってるよ"というアピールだったんだと思うんだけど。あまりに急展開だった。歌唱力の点ではまっすーが居るから問題ない。6人から4人になった時も、解散しちゃうのかなと思ったけれど4人で守った。だから、手越君にも守って欲しかったけど・・・NEWSは3人で頑張ります!
    sakidorigazou20200622 (3).jpg

    【今日の1曲】 雨のステイション / 荒井由実
  • 来週からの新プレゼントは...

    月曜日サブキャスターの坂口愛美です!
    きょうの放送でお伝えしましたが...
    来週から、プレゼントが変わります!!

    新しいプレゼントは、「サキドリ特製 スマホもОK!ショルダーボトルホルダー」です!

    両手がフリーになるストラップ付きのドリンクホルダーで、クッション性のある素材なのでスマホなども安心して入れられます!
    色は、ネイビー・赤・抹茶・ベージュの4種類!
    いずれも白で番組のロゴが入っています。
    どの色が当たるかは、届いてからのお楽しみ!

    私もきょうスタジオで実物を見せてもらいましたが、どの色もかわいい~♪
    手触りも良くて、熱中症対策に水分補給が欠かせないこれからの季節に大活躍しそうです!

    来週29日月曜日からの新プレゼント、お楽しみに~!
    みなさんからのメール、お待ちしています!!

CALENDAR

< 2020年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
TOPへ
radiko