アナ歴40年!邦丸連載企画㉚吹雪の北海道の次は、桜島大噴火の鹿児島!買い出し隊の受難は続く…

アナ歴40年!邦丸連載企画㉚吹雪の北海道の次は、桜島大噴火の鹿児島!買い出し隊の受難は続く…

Share

【野村邦丸 ワタシの履歴書 ~アナウンサー歴40年記念特別連載企画~】

『第30回 吹雪の北海道の次は、桜島大噴火の鹿児島!買い出し隊の受難は続く…』

真冬の北海道、稚内からなんとか生還した
「気分はZUNZUN」中年買い出し隊。

あまりの体験に懲りたディレクター、
今度は「吹雪の心配がない鹿児島に行きましょう!」と言い出しました。
わかりやすいでしょう?

まあ、経費削減が声高に叫ばれる昨今と違って、
まだまだ余裕があったんでしょうね。

稚内と同じチームの3人が次は鹿児島へと飛ぶことになったんです。
言い出しっぺのディレクター、イカ山ゲソ助君は多忙なため、
遅れてくることになっていました。

そこで、先に着いた私と作家のK君は、先に鹿児島市内に向かったのですが…。
空港からタクシーで外に出ると、昼間なのに真っ暗なんです。
そう、桜島が、かなり激しく噴火していた!

運転手さんに「大丈夫ですかね」と尋ねると、
向こうは慣れたもので「大丈夫だろうけど、積もるよ。目に気を付けて、
なるべく覆うようにしてね」とあっさり。

火山灰は2ミリ以下の微粒子なので、目に入ると厄介なんだそうです。
吹雪の次は桜島か…!

待ち合わせ場所の西鹿児島駅で、ようやくイカ山ディレクターが到着、
電話がかかってきました。

「今どこ?」聞くと50mくらい離れてる場所なので
「タクシーで待ってるから」と説明します。

ところがイカ山君、なかなか現れない。
大規模噴火で、火山灰の量がすさまじく、
目を開けていられないんですね。しばらくすると、数十メートル彼方に、座頭市のように歩いている姿が見えてきました。

ところが、窓を開けられないので、大声で呼んでも聞こえません。

ようやく近くまで来ると、隣のタクシーのドアを開けようとして拒絶され
「なんで入れてくれないんですか!」と怒ってる。

作家のK君がさっと飛び降りて、イカ山君をなんとか車に引き込みます。
開口一番、
「あなた達、冷たいじゃないですか!」

冷たくないんです、窓が開けられないから仕方ない。
こっちは激しく大声で呼んでたんですけどね。

稚内では雪、鹿児島では火山灰…すごい番組でした。
鹿児島では、確か豚の味噌漬けとか買い入れてプレゼントした記憶があります。

自慢じゃないけど、レポーターが実際に現場に行くと、
やっぱり数字にも反映されましたね。
他局も、我々の番組をきっかけに、地方に目を向けるようになったんです。

何より、夕方はやってて楽しかった。
3時半ごろ出社すればOKで、4時からオンエア、
6時過ぎには四谷の繁華街、しんみち通りに消えていく…夢のような時間でした。

しかしそれは、2年半という短い栄華でしかなかったのです。
ある日編成担当のIさんに「神楽坂のベリーダンスレストランに行こう」と誘われ、
飲んで食って、それは楽しかったんですけど、帰り道で一言「今度の改編で午前帯に移動だから」と。

番組は8時半スタート、ということは逆算すると…
朝の4時半には起きないと間に合わない…。
朝7時前の番組だと迎えのタクシーが来るんですが、それもない…。

「嫌です、カンベンしてください」
「お前、何様だと思ってんだ! 嫌も応もない!」
そして2002年10月から「野村邦丸のごきげん!二重丸◎」がスタート。
そこから現在まで20年近く続く、私の早朝起床が始まったのです。

【1月中旬以降に連載続きます!お楽しみに!】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野村邦丸:1957年1月17日生まれ。川崎生まれ、日大明誠高校・日大法学部新聞学科を経て1981年茨城放送入社、
フリーを経て1991年文化放送入社。2017年定年退職、再びフリーとなる。
「くにまるジャパン極」パーソナリティ。
家族・高校野球・シカゴ(ロックバンド)、そして酒と肴をこよなく愛する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

野村邦丸がパーソナリティを務める
「くにまるジャパン 極」は
スマホやPCでもお聴きいただけます👇

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

過去の記事はこちら👇
【野村邦丸 ワタシの履歴書~アナウンサー歴40年記念特別連載企画~】

『第1回 必修単位を落としてもアナウンサーになれる!?』

『第2回 局の玄関にコタツ、トン汁食べながら生放送で県警から大目玉』

『第3回「完璧にパクった」NHK松平アナに仁義を切った話』

『第4回 主夫として生きるつもりが「いつまでそんなことやってんだ!」と一喝されて…』

『第5回 控室で爆睡、本番でスポーツのスの字も聞かれなかった入社試験に合格で「ビックリ仰天」』

『第6回 どうせ中継はないとくつろいでいたら…』

『第7回 無事野球中継デビュー、連日奮闘もバラエティへの憧れが抑えきれず…』

『第8回 「今までにないニュース番組を作る」確かにタイトルは今までになかったが…』

『第9回 棺を乗せた軽トラの車列を見て「何も喋れない…」』

『第10回 もう家業はダメかもしれん。でも従業員は全員生きとった。これだけや…』

『第11回 阪神淡路から戻った夜「ワンカップの味がしない…」』

『第12回 ゲームセット、でも解説者はとっくに消えていた』

『第13回 超高級スナックの勘定書に顔面蒼白となった若きエース』

『第14回 「ノ…ノムダクニマドゥでふ…」酩酊状態で放送開始!』

『第15回 お前と野球中継するつもりはない。面白い中継をする』

『第16回 本人の知らないところで誕生していた…我がラジオネーム「邦丸」』

『第17回 無謀なワタシを本気で叱ってくれた、後の愛妻ミッちゃん』

『第18回 お待たせしました。七五三のなれの果ての入場です!』

『第19回 阪神淡路、地下鉄サリンの衝撃とリハビリの日々』

『第20回 恐~い借金取りのお兄さんが「まあ、上がれや」』

『第21回 警察公認のノゾキって…そんなのアリ!?』

『第22回 魚を追って、伊勢正三は渓流の彼方へ消えた』

『第23回 木根! 俺はお前の先輩なんだよ!』

『第24回 小倉智昭さん、六本木のど真ん中でブルズの真っ赤な革ジャンですよ。少しはわきまえて欲しいですよね…』

『第25回 吉田照美の「期待ゼロ」宣言に応えてしまった「ZUNZUN」第一回』

『第26回 伝説の放送作家「翁」ホスト事件』

『第27回 日が暮れても待っていてくれた北海道のジャガイモ農家』

『第28回 命知らずの運転手さんと真冬の宗谷岬へ』

『第29回 北の大地のロシアンパブにはロシア美女がワンサカ!しかし…』

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加