くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年10月 記事一覧

プロ登山家・竹内洋岳さん

2017年10月27日(金) 極シアター
DSCN1830.JPG
 きょうの『極シアター』には、日本人初の8,000m峰14座登頂に成功した竹内洋岳さんをお迎えして、「登山の魅力」、そして「山登りの哲学」について、たっぷり語っていただきました。
★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


 登山は、基本的に想像力の勝負。それも、できるだけリアルに想像することという竹内さん。
 誰も登ったことのない山を、誰も経験したことのないルートで登るのは、それ自体、想像力が必要だそうで、この山に登ったらどうなるだろうか、と想像しなければ山には登れないんだそうです。
 さらに、山登りは、この想像する部分が一番おもしろいんだそうです。
 登っている最中は息が切れるし、苦しいだけ。でも次はどこに行こうか、誰と登ろうか、何を着ていこうか、と考えている時が一番楽しいし、そこからすでに登山は始まっているんだそうです。
 「あの山に登りたい、と思った瞬間から登山は始まる」、心にしみる一言でした。


■竹内洋岳さんの情報は・・・
竹内洋岳14project - ホーム | Facebook
 https://ja-jp.facebook.com/hiro14takeuchi/


<竹内洋岳(Takeuchi Hirotaka)さんプロフィール>
 1971年、東京のお生まれです。
 登山の好きな祖父の影響を受け、幼い頃より登山とスキーに親しまれました。
 1995年、初めての8,000メートル峰・マカルーに登頂。2007年、10座目に当たるガッシャブルムIIで雪崩に巻き込まれ滑落。腰椎破裂骨折の重傷を負うも、近くにいた登山家たちの連携によって救助され、奇跡的に生還されます。その後、懸命なリハビリによりわずか1年で回復され、翌年、事故にあった同じ山に登頂されました。
 以降、登頂を続け、2012年5月に日本人で初めてとなる8,000メートル峰全14座完全登頂を達成されました。
 2013年「植村直己冒険賞」を受賞されるなど、その活動は高く評価されている竹内洋岳さんです。

『超シンプルメニューが、人気上昇中!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年10月27日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『超シンプルメニューが、人気上昇中!』(後編)


デイリー20171027.jpg


昨日の放送では、ほとんど具が入っていないラーメンや焼きそばなど、
シンプルなメニューが人気になっているという話題をお届けしました。


そして、今日は小尾アナが、実際に具の入っていないシンプルな
チャーハンを作ってきてくれました!


デイリー20171027②.jpg

炒めて味付けするだけという、とても簡単に作ることができる
チャーハン。その調理時間は、たったの2分!
そんなお手軽レシピにも関わらず、試食した邦丸さんたちからは、
「おいしい!」という声が挙がっていました。


インターネットで検索すると、このような家で手軽に作ることができる、
とてもシンプルな具なし料理のレシピがたくさん出てきますので、
ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

何杯も飲みたくなる『《静岡・牧之原》平成29年産やぶ北深蒸し 荒茶』

今日は『《静岡・牧之原》平成29年産やぶ北深蒸し 荒茶』
ご紹介しました。荒茶は製茶工場で一次加工だけしたお茶で、
熱を加える回数が少なく、お茶の『生の旨み』がギュッと詰まっている!
しかも、煎茶や茎茶に選別する前の茶葉だから、
お茶の風味をまるごと味わえるんです!更に、この時期のお茶は
春収穫した茶葉を寝かせて熟成させているため、旨みが増しています。
DSCN1822.JPG
産地は、日本有数のお茶の産地『静岡県・牧之原台地』。
メーカーは、静岡・菊川市にある、創業100年を超える《丸松製茶場》。
今日の荒茶は、『やぶ北』品種の茶葉を強く深く蒸す『深蒸し』仕上げ。
見た目は不揃いですが、ふわっと広がる香りと、苦味や渋味が和らいで
コクのある味わいがとってもおいしいんです!
お茶を入れた時の緑色も、とってもきれい!
分量は、200g入りのアルミパックが8袋で合計1.6キロ!
半分の800gもあります。だ飲んだことがない方や少しずつ
欲しい方にはこちらをおすすめ!
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

うすくちオリーブドレッシングで「豚もやし」

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年10月のテーマは、「うすくちオリーブドレッシング」です。
 オリーブ油と淡口醤油を混ぜ合わせた「うすくちオリーブドレッシング」があると、いろんな料理に使えますので、是非覚えてください。


 10月27日のお料理は・・・、『豚もやし』
44hal_20170920_012538.jpg
 まずは、基本となる〈うすくちオリーブドレッシング〉の作り方です。
■用意するもの
・淡口醤油    30cc(大さじ2)
・酢(穀物酢)  50cc
・オリーブ油   15cc(大さじ1)
・大根     100グラム(中くらいのもの。厚さ5センチぐらい)
・玉ねぎ     60グラム(1/4個)
■作り方
1)酢50ccを火にかけてひと煮立ちさせる(すると50ccが40ccくらいになる)。冷まして淡口醤油とオリーブ油を混ぜ合わせる。
2)大根は、皮をむき、すりおろして汁気を絞る。(30グラム前後)
3)玉ねぎは、すりおろして汁気を絞る。(30グラム前後)
4)1)〜3)をすべて混ぜ合わせる。
44hal_20170920_012554.jpg
では、〈豚もやし〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・豚ロース薄切り 150グラム
・もやし       1袋(250グラム)
・戻し若布     70グラム
・大葉        4枚
・ニラ        6本
※先ほど作ったうすくちオリーブドレッシングも使います。
■作り方
1)豚ロースの薄切りは、80度の湯で3分茹でてザルに取る。
2)もやしと、4センチの長さに切ったニラは、たっぷりの湯で1分弱茹でてザルに取り、冷ます。
3)若布は5~6センチの長さに切り、大葉は手でちぎっておく。
4)豚肉、もやし、ニラ、若布、大葉を器に盛る。
7)うすくちオリーブドレッシングをかける。


44hal_20170920_012553.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
淡口醤油が味を引き立てていますよね。
日本料理は淡い味だか、ら料理が活きるんですよ。




44hal_20170920_012552.jpg■お味見くにまる
さっぱりしていますけど、うまみがどんどん出てきますね。
淡口醤油とオリーブオイルと酢だけで、こんな味わいになるんですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、いろんな料理に合う「うすくちドレッシング」を作ることができます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170920_012551.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

『農業体験』

今週の『くにまるレポーターズ』には、毎月第4木曜日のレギュラー
レポーター、落語家の鈴々舎馬るこ師匠が登場!


レポーターズ20171026.jpg


いきなり本題に入ろうとする馬るこ師匠を制止し、ゲストを呼び込む邦丸さん。
すると、今月から文化放送に加わった長麻未アナと舘谷春香アナの二人が、
なぜかスタジオへ。その様子を見て、分かりやすくあたふたする馬るこ師匠。


今回、長アナと舘谷アナに来てもらったのは、あることを確かめるため。
それは、「馬るこ師匠の話は面白いのか」という確認。
もはやスタッフでは判断がつかなくなってきたため、まだ馬るこ師匠のことを
知らない二人に、公平・公正な目でジャッジしてもらうことに。


二人には縦笛をくわえてもらい、笑えば自然と音が鳴る仕組みに。
そして、鳴った音の回数が決められた数に達しなかった場合には、
12月の出演時に"馬るこサンタ"としてリスナーのみなさんに、
クリスマスプレゼントを用意してもらうというルールの下、
今回のレポートがスタート!


レポートが始まっても、一向に鳴ることのない笛の音。
静まり返るスタジオ内。
果たして、その結末とは!?
ぜひ、タイムフリーでご確認ください。
それでは、次回もお楽しみに!




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!