くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年10月 記事一覧

『那須塩原 2017年・秋』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと加納有沙さんが、
今年1月以来となる『那須塩原』を訪ねた模様をお送りしました。


最初にお邪魔したのは、『塩原もの語り館』。
資料展示室で開催中の『塩原遊詠 与謝野晶子・寛 展』を
スタッフの方にご案内いただきました。


IMG_0026.jpg
IMG_0028.jpg
IMG_0029.jpg


なお、こちらの『塩原遊詠 与謝野晶子・寛 展』は、
来年1月7日まで開催しております。


文学の香りに親しんだ一行は、続いて今宵の宿となる
『奥塩原高原ホテル』へ!


IMG_0081.jpg


さっそく源泉かけ流しの温泉をゆっくりと楽しんだ後、
いよいよお待ちかねの夕食タイムへ!


IMG_0040.jpg


源頼朝が起源と言われる名物の『巻狩鍋』をはじめ、『牛ロース治部煮』
『柔らかすぎる岩魚』『大根豆腐』など、絶品料理の数々を堪能しました。


IMG_0056.jpg
IMG_0057.jpg


もちろん、おいしいお酒もたっぷりと......。


IMG_0061.jpg
IMG_0077.jpg


次回は、この続きからお届けします。
お楽しみに!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


南極観測隊隊長・本吉洋一さん

2017年10月20日(金) 極シアター
DSCN1685.JPG
 きょうの『極シアター』には、去年、日本を出発して、今年3月に帰国というスケジュールの第58次南極観測隊隊長を務められた、国立極地研究所・広報室長の本吉洋一をお迎えして、まだまだ知られざる南極について、たっぷり語っていただきました。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


 第58次隊では、氷状と天候に恵まれて、夏期間の観測や設営活動がほぼ予定通りに進んだそうで、海の氷が緩んだお陰で、ペンギンにとっても子育てが順調でヒナの生育が例年になくよかったとのこと。また、通常厚い氷が張りつめている昭和基地沖合から最奥部にかけて「しらせ」が運航できたため、これまでほとんど手つかずだった海域のデータを取る事ができたとのことで、まだまだ知られざる世界・南極の奥は深そうです。


■南極・北極の情報は・・・
国立極地研究所
 http://www.nipr.ac.jp/
南極・北極科学館
 http://www.nipr.ac.jp/science-museum/


<本吉洋一さんプロフィール>
 1954年、千葉県のお生まれです。
 1986年、北海道大学大学院・理学研究科博士課程を修了され、1987年、オーストラリア・ニューサウスウエールズ大学研究員を皮切りに、国立極地研究所助手、助教授、教授を経て、国立極地研究所副所長を務められ、去年より広報室長になられました。
 これまで1981年からこれまでに日本の観測隊として8回、オーストラリア隊に1回など合計11回、南極観測に参加。そのうち2回は、およそ1年を南極で過ごす越冬隊員として参加され、2000年、2009年、2016年には、観測隊長を務められています。
 地質学、岩石学などの研究を行う南極のエキスパートの本吉洋一さんです。

毎回大好評『<紀州・南高梅>つぶれ梅(新梅)』

今日は《紀州・南高梅》『無選別・つぶれ梅』をご紹介しました。
今回は、今年収穫した梅(新梅)で作った「出来たて」をお届けします。
原料の梅は海外産も多く出回る中、文化放送ラジオショッピングの梅干しは
和歌山県産のみ!しかも《南高梅》!とろけるような果肉がたっぷりで、高級な
《南高梅》の梅干しを、2種類の味でご用意!無選別の『つぶれ梅』ですが、
3L~4Lの大きな梅がほとんどで、一粒でご飯一膳ペロッといけちゃうほど!
171020邦丸さん.JPG
味は2種類。はちみつ風味は、塩分約8%で、はちみつのまろやかさが加わった
味わいのある梅干し。しそ風味は、昔ながらの爽やかなしその香りが広がる味付け。
塩分約7%のうす塩仕立てで、トロットロの果肉がおいしい!
500g入りが6パックでお届け。『はちみつ風味』と『しそ風味』3パックずつの
『ミックスセット』、更にお得な12パックのボリュームセットもあります!
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

『早くも2018年のバレンタイン商戦スタート!ピエール・マルコリーニ氏が来日!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年10月20日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『早くも2018年のバレンタイン商戦スタート!ピエール・マルコリーニ氏が来日!』(後編)


ピエールマルコリーニ写真20171019-1020 (4).jpg


昨日に続いて、もはやこの番組のファミリーと言っても過言ではない、
ベルギー人ショコラティエ、ピエール・マルコリーニさんの2018年・
バレンタイン向け新作発表会にお邪魔してきた模様をお届けしました。


来年のピエール・マルコリーニのバレンタイン限定パッケージは、
タツノオトシゴがモチーフ。 ちなみに、ベルギーでは古来より、
タツノオトシゴは「愛」や「幸せ」の象徴とされてきたのだとか。


そして、そのパッケージを開けると、いよいよチョコレートとご対面!
いろいろなチョコレートが入っていますが、今年の目玉は日本初上陸
という「ソンジュ」と名付けられたシリーズ。ちなみに「ソンジュ」
というのは、フランス語で「夢」とか「夢想」を意味するそうです。


ピエールマルコリーニ写真20171019-1020 (1).jpg


なお、2018年バレンタイン向けの商品に関しましては、まだピエール
・マルコリーニのホームページに掲載されていませんが、それ以外にも
魅力的な品々がたくさん紹介されていますので、ぜひ一度ご覧になって
みてください。


うすくちオリーブドレッシングで「鶏ささみ大根サラダ」

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年10月のテーマは、「うすくちオリーブドレッシング」です。
 オリーブ油と淡口醤油を混ぜ合わせた「うすくちオリーブドレッシング」があると、いろんな料理に使えますので、是非覚えてください。


 10月20日のお料理は・・・、『鶏ささみ大根サラダ』
44hal_20170920_012537.jpg
 まずは、基本となる〈うすくちオリーブドレッシング〉の作り方です。
■用意するもの
・淡口醤油    30cc(大さじ2)
・酢(穀物酢)  50cc
・オリーブ油   15cc(大さじ1)
・大根     100グラム(中くらいのもの。厚さ5センチぐらい)
・トマト     60グラム(1/4個)
■作り方
1)酢50ccを火にかけてひと煮立ちさせる(すると50ccが40ccくらいになる)。冷まして淡口醤油とオリーブ油を混ぜ合わせる。
2)大根は、皮をむき、すりおろして汁気を絞る。(30グラム前後)
3)トマトは湯むきして小さめの角切りにする。
4)1)〜3)をすべて混ぜ合わせる。
44hal_20170920_012548.jpg
では、〈鶏ささみ大根サラダ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・鶏ささみ   100グラム
・大根     100グラム(中くらいのもの・厚さ5センチ)
・きゅうり    50グラム(1/2本)
・セロリ     50グラム(1/2本)
・長葱      20グラム(長さ8センチ)
※先ほど作ったうすくちオリーブドレッシングも使います。
■作り方
1)鶏ささみは、熱湯で霜降りをして冷水に取って洗い、水気を拭く。
2)鍋に水500ccと1)の鶏ささみを一緒に入れて火にかける。鍋底から小さな泡(80度)がでてきたら、極弱火で3分煮て火をとめ、そのまま室温まで冷ます。
3)大根・きゅうりは4センチの繊切りにする。セロリは斜めにスライスする。
4)葱は4センチに切り、縦に包丁目を入れて芯を取り、千切りにする。
5)3)の大根、きゅうり、セロリ、4)の千切り葱を一緒に水にさらして混ぜ、水気を切る。
6)5)とほぐした鶏のささみと共に器に盛る。
7)うすくちオリーブドレッシングをかける。


44hal_20170920_012550.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
おろしにすることで、味が絡みやすいんです。
焼いたサンマにかけてもおいしいですよ。
トマトの酸味と一緒に食べるとさわやかです。




44hal_20170920_012549.jpg■お味見くにまる
ドレッシングの色が淡くてきれいですね。
ドレッシングがうまい!
80度のお湯で煮ることで、鶏肉がパサパサしないですね。しっとりした感じに仕上がっています。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、野菜の素材本来の味を引き出しています。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170920_012547.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!