斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 都議会ペーパーレス化 試験導入スタート

    こんばんは、竹田です。


    今日のナマチュウでは、都議会ペーパーレス化の試験導入開始についてお伝えしました。
    都議会では今日開会した第二回定例会から本会議の審議で使う資料のペーパーレス化を試験的にスタートさせました。
    125人の都議や小池百合子知事や副知事、幹部職員らにタブレット端末を貸与し、議案や予算の説明書といった資料のデータを画面で閲覧できるようにします。

    お話を伺った都民ファーストの伊藤ゆう都議によると、
    「年間で約60万枚の紙の費用などが削減され、タブレット端末の経費は年間約970万円」なんだそう。
    東京都の予算規模は13兆円にものぼり、それはそれは膨大な紙の量...
    都によると、コピー用紙の量を2020年度までに2016年度に比べ20%削減(4000万枚減)を目標にしています。

    紙のゴミを減らすとともに、会議などの資料を印刷する職員の方の労働時間も削減されて、業務の効率化という面でもとても画期的ですね。

    伊藤都議は「膨大な資料の中から、知りたい情報を瞬時に閲覧できて便利」と評価。
    ペーパレス化のアプリケーションを開発した米田英輝さんによると
    「書き込みもできて、自分だけ見られるよう別保存される」とのこと。

    試行は本会議のみで委員会の資料は従来どおり紙を配布するということで、
    委員会の資料も本当に多いので、ぜひペーパレス化の導入を検討してもらいたいと思います。

    一方、国はというと...
    国土交通省の幹部によると「省内の資料はタブレット端末だが、書類にサインをしたりと決定しなくてはいけない事案の書類などは結局印刷し直して、担当者に説明をしてもらいその資料に書き込む。紙の方が頭に入る。徐々に霞ヶ関もペーパーレス化が進んでいるが、人間の方が追いついていない」とコメント。

    100%ペーパーレス化とまではいかなくても、
    うまく紙とデジタルを使い分けながら、資源保護に取り組んでいける社会が形成していけたらと感じました。

    ところで、ジャパネットタカタさんの中で紹介されたゼンケンのスープリーズが届きました!
    緑黄色野菜スープに挑んでみたら、20分ほどであっという間に完成!!
    その間にトイレ掃除もできたりと時間を有効活用。
    食材を入れてボタンを押すだけ!レストランで出てくるようなスープで美味しかったです。
    スクリーンショット 2019-06-04 23.05.58.png
    明日は、スープリーズをご愛用という水谷加奈アナウンサー(レシピのバラエティが豊富そうですね)がサブキャスターですよ!

    お楽しみに〜

  • 第566回:川崎20人殺傷事件から一週間...

    今動いているニュースを、さまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』

    川崎市多摩区で起きた殺傷事件から今日で1週間です。

    今日午後1時半から保護者会が開かれた、川崎市の私立カリタス小学校前から田中正史記者がレポート。

    2時間以上経った今も続いている保護者会では、安全対策や心のケアについて説明がされているとのこと。足を運んだ保護者の方々は、身分確認として首から名札をかけ、手に花を持った方もいらっしゃったようです。

    事件が起きた現場には、今もたくさんの方が訪れ、缶ジュースや花束をそなえ手を合わせられていました。


    今日は、かつて「危うく通り魔になりかけた」経験を持つという中村カズノリさんにお電話を繋ぎました。

    現在はフリーランスのエンジニアとして活躍しつつ、メンズカウンセラーとして活動されていらっしゃいます。

    中村さんは、勤めていた会社で睡眠障害・過眠症になってしまい、 連絡できずに無断欠勤、勤怠不良を抱えてしまいます。通院し、投薬も続けていましたが、自主退職を促され、 退職届を書くことを迫られました。

    その時に人事に言われた「みんな苦しいんだよ」「落ち込んだりして、電車に飛び込んだりしないでね?」

    瞬間、何かが切れてしまった中村さん。

    「朝、普通に起きて会社に行ける人がうらやましくなって、妬ましくなって、憎くなった。」

    「目の前のこの人は何を言ってるんだろう?僕がなんで死ななきゃいけない!むしろお前が死ねよ!」

    と思ったと、包み隠さず語ってくださいました。
    そういう精神状態、中村さんを思いとどまらせたのは「クビになっちゃった」に対するカウンセラーの言葉「あら!おめでとう!新しい仕事がこれから出来るじゃない!あなたは働く力があるって私は知ってる。それにあなたは無職にもすぐ飽きるから大丈夫よ!」だったそうです。

    川崎の事件、そして練馬区で起きた元事務次官が息子を刺殺した事件、これらについて「"ひきこもり"という言葉が独り歩きしている。当事者の背景には、いろんな要因がある。僕は会社に行っていてそういう感情が芽生えた。 条件さえ揃ってしまえば、誰でも加害者にだってなりうる。みんな、他人を気にかける余裕がない。何かをされた時に他人を許さない人がいるのも分かる。」と、ご自身の経験とカウンセラーの立場でも伝えてくださった中村さんでした。


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』今日から東京都議会ではペーパーレス化を実施!

    都民ファーストの会 伊藤ゆうさんにお話を伺いました。

    年間使われる紙の量が約60万枚なのに対し、162台分のタブレット=およそ1千万円で済んだということです。

    小池都知事がペーパーレス化を進めている流れもあり、今日に至ったということですが、実際どうだったのか伺うと、「これまで電話帳かのような厚さの議案書や資料がタブレットの重さだけで済む。自分の部署や管轄以外の資料もあるなかで、いざ見たい資料を探したり、グラフを出したいという時などスムーズに出せそうだ。」とのこと。

    西村志野記者は、ペーパーレス化を手掛けたアプリケーション開発会社「東京インタープレイ株式会社」へ。

    代表取締役 米田英輝さんに、今回の東京都議会のペーパーレスシステムを簡潔に説明していただきました。

    放送中も気になったことなどメモする石田さんが懸念していたメモも、今はタブレットで簡単にとれる上にほかの人には見られないようにも出来るそうですし、紙の削減効果以上に、人件費などの労務の削減が大きいのだとか!

    saki-20190604 (1).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、今動いているニュースとしてあげてくれたのは、「偽の五輪ピンバッジ販売の容疑で男が逮捕」でした。「売ったのは間違いないが、偽物と知らなかった」と容疑を否認しているそうです。およそ140万円稼いだとみて調べをすすめています。

    saki-20190604 (3).jpg

    『今日のオピニオン』 コメンテーター 俳優の石田純一さんが語り下ろすテーマは「女性活躍を本気で考えよう!パート2」

    先週に引き続き、日本の女性活躍の現状について語り下ろした石田さん。

    ジェンダーギャップ指数ランキング 2018年の日本の順位は149か国中110位(前年は144か国中114位)でした。

    実際の世の中、政治・経済・社会・文化など、女性活躍を謳いながらも努力目標でしかない日本。

    女性議員の割合が4割になったフランスのパリテ法には、非常に厳しい罰則が科せられているそうです。

    「日本の男女共同参画社会基本法はざっくりした言い方で、細かいことが決められていない。労働者の質は良いのに、生産性が低く、賃金が低い。マンパワーだけに頼ってしまいがち。もっと女性のパワーを正しく使っていくことが必要な時代。」だと語ってくださいました。

    saki-20190604 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦アナウンサーは、メットライフドームから!

    今日から始まるプロ野球・セパ交流戦について、今夜のライオンズナイター解説の東尾修さんにお話を伺いました。

    槇嶋アナがセリーグ&パリーグの振り返りから始めようとしたのですが、「そんなことより、まずは今夜の目の前に迫るライオンズの戦いだよ!!今日勝たないと!!」と勢いづく東尾さん。最後は自ら「ほら、早く締めないと!」と槇嶋さんを急かしつつ、義理の息子・石田さんの「今日はライオンズ勝つんじゃないですか?」にもツッコミを入れていました(笑)

    『ニュースパレードアネックス』 今、都心にいながら、自然と触れ合い自然環境の大事さに目を向ける「都市型農業」が熱い! ということで、目黒区のある場所で小学生たちを集めた「稲作体験(田植え)」が行われました。 その場所はあまりに意外な場所らしいのですが...?

    取材したのは伊藤佳子記者です。

    ▼場所は、首都高大橋ジャンクションの換気所屋上に整備した緑地「おおはし里の杜」。

    田植えANEX20190604 (4).jpg

    ▼約100㎡の田んぼが広がっています。子供たちの元気な声、率直な感想をお聞きいただきました。

    田植えANEX20190604 (2).jpg

    ▼記念撮影!10月後半に稲刈り、脱穀、収穫祭とまだまだお楽しみが盛りだくさんですね。

    田植えANEX20190604 (1).jpg

    石田さんも家庭菜園や田植えをされています。すごい場所に田んぼがあることに驚いていました!

    saki-20190604 (4).jpg

    【今日の1曲】 太陽と埃の中で / CHAGE&ASKA

  • ゲスト:写真家 清水一二さん

    写真家の清水一二さんが今日取り上げたのは「パラ陸上」のお話。

    先週の土曜、日曜、「第30回 日本パラ陸上競技選手権」を取材された清水さん。

    この大会では、平昌パラリンピックのスキーで5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手が、陸上100mに参戦、2位となりました。

    村岡選手は、もともと車いす陸上をやっていたそうです。スキーだけで満足せず、パラ陸上でも活躍、素晴らしいですね!

    一方で、清水さん、大会の運営に関して思うことがあったそう。

    障害によってクラス分けが多いのが「パラ陸上」なのだから、観客の目線で、初めて見る方にも分かるように実況するスポーツアナウンサーの必要性を強く感じたのだとか。

    一般陸上と同じようにやれたら良かったと振り返り、見に来られた方々に「結局、パラなんだな」と思われることが1番残念だと語ってくださいました。

    《お知らせ》

    品川のキャノンギャラリーSにて、明後日から7月17日まで、写真展「パラアスリート-パラアスリートたちの息づかいとパラスポーツの興奮」が開催されます。清水一二さんのお写真も展示されますので、是非、足をお運びください。

    午前10時から午後5時半まで。日曜、祝日はお休み。入場無料です。

    saki-20190604 (8).jpg

  • ペーパーレス

    西村志野です。


    みなさん、1日に何枚の紙を使っていますか?


    東京都議会では
    きょうからペーパーレス化を試験的にスタートさせました。


    ということで・・・・・
    きょうお邪魔したのは
    千代田区の東京インタープレイ株式会社。

    東京都議会のペーパーレス化を手がけた
    アプリケーション開発会社です。

    代表取締役の米田英輝さんにお話を伺いました!

    機械音痴の私は、
    何でも紙に書いて頭に入れる、
    ノートが手放せない、
    そんな生活を送っていますが、

    米田さんのお話を伺ってびっくり!


    開発した「Side Books」では
    保存された資料に手書きで、色付きでメモができます。


    さらに、
    誤字、脱字などの修正をして保存した
    一部が変更された資料上にも、
    修正前に書いたメモが同じ位置に残ったままということなんです。
    (もう一度、メモをする必要がないんですね~!)

    全国の議会や民間企業などでも導入が進んでいるようですが、
    一番のメリットは紙を印刷する労力、時間、人件費が削減できること。


    その時間を有意義に使うことができるというお話でした。

    私のように機械が苦手な方もたくさんいらっしゃると思いますが、
    米田さんは
    タブレットとノート、メモ用紙を持ち歩いてもいいと思う、
    いきなり変えようと無理をせず、
    自分ができる範囲でペーパーレスを進めていけばいいのでは、と
    おっしゃっていました。

    未来のオフィスは
    いったいどうなっているんでしょうか?


CALENDAR

< 2019年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
TOPへ
radiko