斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

応援!ユニバーサルスポーツ

  • お電話:ゴールボール 辻村真貴 選手

    今日お電話を繋いだのは、東京パラリンピック出場を目指すゴールボールの辻村真貴さん。

    1994年生まれ、横浜市のご出身です。盲学校の高等部でゴールボールに出会い、大学では自ら ゴールボール部を設立しました。その後、所属チーム「アマリリス」のエースとして、2017年から 2019年まで日本選手権を3連覇し、3年連続MVPを獲得。

    現在、コカ・コーラボトラーズジャパンの社員として、競技と業務を両立していらっしゃいます。

    今日は、改めてゴールボールという競技の紹介から、今月末に新宿スポーツセンターで予定されていた日本選手権の中止について、さらに現在のコロナ禍での練習で辻村さんが重点的に行っていることなどをお聴きしました。

    日本選手権で3年連続MVP、日本代表経験もある辻村さんですが、現在、東京パラリンピックでの代表入りはまだ確定していないということで、代表選考の厳しさを感じる一方で、日本のゴールボールの未来が明るいという、前向きなお話をしてくださいました。

  • お電話:パラ自転車 官野一彦 選手

    今日は、車いすラグビーの元日本代表で、現在はパラ自転車で2024年のパリ・パラリンピックを目指す官野一彦さんにお電話を繋ぎ、お話を伺いました。

    官野さんは、1981年生まれ、千葉県袖ケ浦市のご出身です。

    木更津総合高校野球部では1年生からレギュラーで活躍。2004年、サーフィン中の事故で頸椎を骨折し、車いす生活になりました。

    2006年、車いすラグビーをはじめ、翌年には日本代表に。去年3月に車いすラグビーを引退し、現在、パラ自転車に取り組んでいらっしゃいます。

    前回のパラリンピック・リオ大会では、車いすラグビー日本代表として、銅メダルを獲得されている官野さん。今日は、パラ自転車への転向のきっかけや、ご自身がクラウドファンディングで立ち上げたジムに込められた思いなど、語っていただきました。

    「ジム設立は、様々な人への恩返し。一人の力ではここまで来られなかった。パラリンピックはこれから2024年、2028年と続いていく。だからこそ若い人をサポートしたい気持ちがあった。」

    去年12月に開業したばかりの官野さんのジム。障害を持っていてこれから選手になりたい人や健常者の利用も大歓迎とのことです。

    詳しくは、こちらをご覧ください⇒ ■「TAG トレーニングジム」

  • お電話:スポーツライター 斎藤寿子さん

    今日は、去年5月12日以来のご出演となる、スポーツライターの斎藤寿子さんとお電話を繋ぎました。
    斎藤さんは、障害者スポーツを愛するライターとして、SAKIDORI!で様々な競技や選手の紹介をしてくださっています。

    2020年は新型コロナの影響で、もどかしいことも多かったそうですが、秋頃からは現場の取材も増えたり、遠方の方ともオンラインでのインタビューが可能になった点は良かったとプラスを挙げてくださいました。

    パラリンピックの開催についても、ご自身が感じた東日本大震災の「スポーツの力は大きい」という教訓から、「むしろ大会を中止する方が、気持ちが沈んでしまうなどの影響があるんじゃないか?やっぱり "やって良かったね"って思える大会になったらいいなと思う。開催すれば元気を与えられるのでは? 」という熱い熱い思いがあるようです。

    また、先日、初めて馬事公苑でのパラ馬術の試合で、全日本大会で優勝した石井直美選手を取材したこともお話してくださいました。
  • お電話:パラスポーツエバンジェリスト 前田有香さん

    今日は、様々なメディアで障害者スポーツの魅力を発信しているパラスポーツエバンジェリストの前田有香さんにお電話を繋ぎ、今年の障害者スポーツの重大ニュースをランキング形式で3つ挙げていただきました。

    第3位
    『世界最強のパラリンピアン、イランのパラ・パワーリフティングのシアマンド・ラーマン選手、心臓発作で3月1日に31歳で亡くなる』

    第2位
    『リオ・パラリンピックの視覚障害のマラソンの銀メダリストである道下美里選手が、1年に2回も世界新記録を更新!現在のタイムは2時間54分13秒!』

    第1位
    『東京パラリンピックの1年延期』
    長くパラスポーツの素晴らしさを伝え続けている前田さん。「東京パラリンピックに対してはいろいろな思いがあるが、いちファンとしては来年開催してほしい。」と語りました。
  • お電話:写真家 清水一二さん

    今日は、このコーナーのご意見番で40年に渡って障害者スポーツを取材している写真家の清水一二さんにお電話を繋ぎ、パラリンピックを何度も取材している写真家として、コロナ禍のこの1年を振り返って考えたことなどをお話していただきました。

    日本車いすフェンシング協会の理事でもある一二さん。車いすを固定して行う競技である車いすフェンシングは、どうしても「密」になってしまうため、選手同士の合同練習ができていない現状。

    また、東京パラリンピックで車いすフェンシングにかかわるボランティアは、会場である幕張メッセに通いやすい千葉の大学生を中心に、220名ほどを確保し順調だったのですが、大会が1年延期となった今、学生たちは進級や就職活動に伴い、辞退せざるを得ないという事態になってしまったそう。

    それでもなんとか追加募集で80名は集まったそうですが、あと20名ほどは必要で、車いすフェンシングにかかわるボランティアの人材確保・育成の急務についても語ってくださいました。

  • お電話:作家 乙武洋匡さん

    今日は、作家の乙武洋匡さんにお電話を繋ぎました。

    以前、東京オリンピック・パラリンピックの開催について、無観客開催や分散開催をぜひ模索してほしいとおっしゃっていた乙武さん。
    「今まで我々が想定していたかたちでの開催はやめて、感染拡大しないかたちでの開催を考えられるのではないか?」と提案、さらに今日はもっとその先、ゆくゆくはパラリンピックを無くしたいという考えについても伺いました。

    乙武さんといえば、義足エンジニアの遠藤謙さんとの対談がきっかけで、2016年3月から乙武さんの義足プロジェクト「歩くことをあきらめている人に希望を届けるプロジェクト」発足!
    乙武さんにとって義足をつけて歩くことは、義足両足分を合わせて9キロもの重りを持ち上げる状態だといいます。
    生まれながらに両手両足がない四肢欠損で、これまで電動車いすが移動手段だったため、「僕はそもそも二足歩行していたことがない。初めてのことで、何をどうすればいいのかが最初は分からなかった。」と語ってくださいました。

    なんと、今では34メートルまで義足で歩けるようになり、最近ではタイムにもこだわっています。
    「10メートルを40秒切れるようになった!Instagramにも載せたので、良かったら見てみてください!」とのことでした。
    あっという間のお時間、またぜひSAKIDORI!でお話を伺いたいですね!

    ■乙武さんのInstagramはこちらから
  • お電話:パラ馬術 高嶋活士選手

    今日は、先月末の「全日本パラ馬術大会」で優勝した高嶋活士さんにお電話を繋ぎました。

    高嶋さんは、1992年のお生まれです。

    2011年にJRAの騎手免許を取得し、2013年、東京競馬場での障害競走で、馬が障害をうまく飛び越えられず、並走していた馬に接触する形で落馬しました。意識を回復したのは1週間後のことで、懸命なリハビリを続けたものの、右半身にまひが残り、2015年に引退。

    その後、パラ馬術に転向し、現在、コカ・コーラボトラーズジャパンの社員として、仕事と競技を両立しながら、東京パラリンピック出場を目指しています。

    パラ馬術はパラリンピックで唯一、動物と一緒に参加する競技です。

    今日は、パートナーの「ケネディ号」とのコンビネーションについてや、コミュニケーションをとる上で工夫されていることなどからお話していただきました。

    すでに「ケネディ号」と東京パラリンピック出場の規定は満たしている高嶋さん。優勝した全日本大会は、来年の東京パラリンピックのパラ馬術の会場となる馬事公苑で行われたということで、「観客は居なかったものの、特別な雰囲気を感じられた」と手ごたえバッチリだったようです!

  • お電話:日本障がい者スポーツ協会 医学委員、整形外科医 中村太郎さん

    今日は、日本障がい者スポーツ協会の医学委員を務める整形外科医で、大分中村病院の理事長でいらっしゃる中村太郎さんにお電話を繋いで、中村さんが務めている日本障がい者スポーツ協会の医学委員の紹介のほか、この秋以降に全国大会が再開されたパラ陸上、パラ射撃、パラパワーリフティングなどの各競技団体から寄せられている声についてお話していただきました。

    中村太郎さんのお父様は、"日本パラリンピックの父"と呼ばれ、1964年の東京パラリンピックの開催や障害者スポーツの発展に力を尽くした中村裕さんです。
    中村太郎さんにとって、障害者スポーツは子どもの頃から身近な環境に在ったものの、「父の跡を継ぐんだ!」という強い思いでいたわけではないそうで、ごく自然に障害者スポーツに関わるようになっていたのだとか。

    整形外科医として、障害者スポーツはリハビリの延長だと考えていた中村さんですが、シドニーやアテネのパラリンピックにチームドクターとして帯同し、「これはスポーツなんだ!」と実感されたというお話も聞かせてくださいました。
  • 入院中の子どもにプレゼントを!

    吉田愛梨です。

    病気と闘う子どもたちにクリスマスプレゼントを届けたいという想いから始まった
    「東京グレートサンタラン」

    企画・運営を担当している、学生子ども会議・代表の須藤さんにインタビューし
    今日のサキドリ最前線でお伝えしました。

    グレートサンタランは参加者全員がサンタクロースの格好をして
    ランニングやウォーキングするチャリティー・イベントで、
    集まった参加費で入院中の子どもたちにクリスマスプレゼントですが、
    もともとは、イギリスで始まり、
    2009年から大阪で、2018年から東京でスタートしました。


    去年まではイベントの参加費で、おもちゃや絵本を購入して
    入院中の子どもたちにプレゼントを配り、病院のプレイルームなどを借りて
    クリスマス会も行っていたそうです。

    今年は新型コロナウイルスの影響で、
    イベントは中止となり、子どもたちのプレゼントを購入する資金がありません。
    そこで、今回は学生子ども会議が主体となり、
    クラウドファンディングで全国からの参加者を募っています。


    今年は集まった資金で子どもたちのプレゼントを購入し、都内の5つの病院へ届け、
    オンラインでのクリスマス会を開催して
    紙芝居やクイズ大会で子どもたちとクリスマスを祝う予定だということです。


    クラウドファンディングの寄付金額は1,000円と
    3,000円から選ぶことができ、
    寄付だけでなく、子どもたちへのクリスマスメッセージも募集しています。


    「東京グレートサンタラン」、
    クラウドファンディングの〆切は今週の金曜日12月4日です。

    「東京グレートサンタラン」のホームページ

    是非覗いてみて下さい。


    クラウドファンディングのサイトはこちらです。

  • お電話:パラバドミントン 里見紗李奈 選手

    今日は、東京パラリンピックで初めて正式競技として採用されるパラバドミントンの世界女王!里見紗李奈さんにお電話を繋ぎました。

    里見選手は、1998年、八街市のご出身。
    中学時代はバドミントン部、高校入学後は特に運動はせず、ファミリーレストランでのアルバイトを頑張っていた2016年、高校3年生の時に交通事故で脊髄を損傷し、車いす生活になりました。
    2017年、父の勧めでパラバドミントンを始めると、一気に才能が開花。
    去年の世界選手権ではシングルス優勝、ダブルス3位の好成績を収め、来年の東京パラリンピックでも活躍が期待されています。

    競技を始めておよそ2年半で世界選手権を制し、去年は日本パラスポーツ賞の新人賞を受賞した里見さんは、なんと先日、IOCのバッハ会長が来日し、選手村を視察した際にはお話することも出来たとか。
    今日は、車いすを操作しながら相手にシャトルを打ち返すパラバドミントンという競技の大変な部分、ダブルスでコンビを組む山崎悠麻さんとのお話も伺いました。

    来月18日から20日まで、滋賀県の「くさつシティアリーナ」で『第6回 DAIHATSU日本障がい者バドミントン選手権大会』が行われます。里見さんにとって、およそ8カ月ぶりという実戦!
    「本当に久しぶりの大会なので、試合の感覚をしっかり取り戻して、今の全力を出せるようにしたい!」と意気込みを語ってくださいました。

    先の話にはなりますが、来年10月26日から31日まで、日本で初めてパラバドミントンの世界選手権が行われる予定です。
    東京パラリンピックが閉幕しても、パラバドミントンから目が離せませんね!

CALENDAR

< 2021年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
TOPへ
radiko