斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

応援!ユニバーサルスポーツ

  • お電話:管理栄養士で東京家政大学准教授 内野美恵さん

    今日お電話を繋いでお話を伺ったのは、パラアスリートの栄養指導を行っている、管理栄養士で東京家政大学准教授の内野美恵さんです。
    栄養指導のきっかけは、1995年、コンビニで日本初のパラアスリート専門誌「アクティブ・ジャパン」のボランティア募集を見たこと。「栄養士のボランティアはどうか」と直談判したのだとか!

    当時、内野さんは自転車のロードレーサーの指導をしており、車いす陸上のレーサー(競技用の3輪の車いす)とタイヤが同じということで、「指導できるのでは?」と思ったそうですが、やってみるとそれは大きな勘違い。
    健常者と障害者は体が違い、色々なことを知りたいと感じ、選手の体を教えてもらうことからスタートしたそうです。

    管理栄養士として、パラアスリートと接していると驚きと発見の連続!
    例えば、パラ陸上の義足の選手と車いすに乗っているボッチャの選手、障害が異なるので栄養指導においても違いがあるというお話をしてくださいました。
    ほかにも、練習中のエネルギー消費量が分からなくて、発汗量を調べたいから体重を教えてもらおうとしたところ、「車いすだから家では量れない」、「自律神経が崩れているのでそもそも汗をかかないよ」と言われたことも。
    気付き、試行錯誤して工夫しながら取り組んでいらっしゃる内野さんですが、未知の分野へのワクワク感も感じているよう。

    「選手をよく観察し、できるだけ多く選手の声を聴く。車いすの選手と話すときは、しゃがんだり中腰で目線を同じに。個人差が大きいパラアスリートに寄り添い、オーダーメイドの指導が基本。」だと語ってくださいました。
  • お電話:スイム・エグジット・アシスタント 陣川学士さん

    今日は、神奈川県トライアスロン連合に所属する、パラトライアスロンのスイム・エグジット・アシスタントの陣川学士さんにお電話を繋いでお話を伺いました。

    パラトライアスロンは、スイム(0.75キロ)、バイク(20キロ)、ラン(5キロ)で、障害の度合いに応じたクラスに分かれて順位を競うのですが、陣川さんのお仕事、スイム・エグジット・アシスタント(SEA)は、スイムからバイクに移る際のトランジションで、下半身に障害がある選手に肩を貸したり、選手を抱えて移動用の車いすまで運んだりの補助を行います。
    2014年の世界トライアスロンシリーズ横浜大会の審判員の役割分担の際に「やらないか」と、声がかかったのがきっかけでSEAになられた陣川さん。180センチの長身(体重はナイショ♡)という体格の良さも決め手だったようですね。

    SEAは中立の立場であり、選手が来た順でどんどんサポートをします。どんな選手がどの順番で来るかはその時になってみないと分からないため、障害の度合いを示したスイムのキャップの色を見て、即座にサポート!

    「選手を落としてしまったりケガさせてしまったりすると大変なので、安全確実を重視しています。早ければいいと良いというわけではなく、一人一人みんな10秒なら10秒かけて平等にサポートする。現場の我々は、"キープスマイリング&ノーラッシュ = 笑顔で急がない"を心がけています。」とお話してくださいました!

  • お電話:パラ陸上・男子砲丸投げ 大井利江 選手

    今日は、パラ陸上・男子砲丸投げの大井利江さんにお電話でお話を伺いました。

    岩手県洋野町のご出身、8月で72歳になられます。
    39歳の時、マグロ漁に出ていた際、20キロのカゴが首に落下し、頸髄を損傷。車いす生活になりました。
    49歳の時、友人からパラ陸上に誘われ、2004年のアテネパラリンピックの円盤投げで銀メダル、2008年の北京大会では銅メダルを獲得しています。
    ロンドン大会の後、砲丸投げに転向。今度の東京大会で5度目のパラリンピック出場を目指している大井さんです!

    現在は週4回、競技場で投てき練習をしているということですが、コロナ禍に自己ベストを更新し、6メートル92という記録を打ち出しました。
    「東京パラリンピックに出る以上はいつでも7メートル、8メートルが出るように」と、上を上を目指していらっしゃいます。

    実は去年の世界選手権で、大井さんは他国の選手のファウルによって一時4位まで順位が上がって、東京パラリンピックが内定したかに見えたのですが、その後、他国からのクレームが入り、5位に順位が下げられた上、内定が取り消されてしまいました。
    「一度は気持ちが折れた。でも、あの時、内定するとは思っていなかったのでまさかと思った。その後、5位になっちゃって、悔しかったけれど、すぐに気持ちを切り替えた。このままじゃ次の目標が立たなくなるので。」と当時を振り返ってくださいました。

    最後に東京パラリンピックへの思いを伺うと、「練習計画や気持ちの作り方とかを考えて、出場を目指して頑張っていきたい。」と真摯に語ってくださった大井さんでした。
  • お電話:写真家 清水一二さん

    今日はこのコーナーのご意見番!写真家の清水一二さん、お電話でのご登場でとなりました。

    2月4日のスタジオ出演以来の清水さんですが、なんと現在、腰を痛め、脊柱管狭窄症で通院中だそう。
    自粛期間を終え、6月に入って急に仕事で慌ただしくなり、痛みがひどくなっていったようです。

    今日は、「コロナ禍による選手への影響」について、競泳の木村敬一選手と車いすフェンシング日本代表・小松監督のお話を交えて語ってくださいました。
    2人のお話から考えたのは「障害者スポーツは、サポートが必要で、『密』にならざるを得ない」ということだとか。
    今のところ、パラアスリートの感染報告は届いていないが、パラアスリートたちは感染している人はいないかすごく心配しているといいます。

    来年の東京パラリンピックに向けて、「来年、やるとして、ウイルスの第2次・第3次感染が出てきたら・・・どうなってしまうのか。きちんとワクチンや治療薬が開発されなければ、なかなか世界から日本に来てもらえないんじゃないかな。」と心配そうな清水さん。
    「オリパラともに観客がいてからこそ、頑張れるものだと思う。大きな声が届くことで力が発揮できる。無観客はやめて欲しいなぁ。声が入ると、写真を撮っていてもワーッと興奮してくる。何とか完全な形で開催してもらいたい。」ともおっしゃっていました。
    清水さん、腰、お大事になさってくださいね。
  • お電話:パラアーチェリー 上山友裕 選手

    今日は、東京パラリンピックでの活躍が期待されている、パラアーチェリーの上山友裕さんとお電話を繋ぎました。

    1987年生まれ東大阪市のご出身です。同志社大学入学後、アーチェリーを始め、社会人1年目に両脚がまひする障害を負い、パラアーチェリーに転向しました。2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックでは7位入賞。去年6月の世界選手権で6位に入り、東京パラリンピック出場が内定しています。

    新型コロナウイルスの影響で外出や練習が制限されていた中、「悪あがきをしても無駄だから、練習できない期間は素直に受け止めて、再出発できるようになったらちゃんとスタートを出来るようにしておこう。」と努めたという上山さん。「1年で自分の力が衰えるとは思わない。むしろ延びた方が、僕のことをたくさんの人に知ってもらえると思った。」と前向きに語ってくださいました。

    現在は練習量は少なめに抑えているそうですが、本来であれば、朝9時から夕方まで練習!1日300本を目標に、しっかりと本数を打ち込んでいらっしゃいます。

    「アーチェリーは、オリパラともにルールが同じ。僕自身、健常者の試合にも出ているし、障害の壁がないのがアーチェリーの良いところだと思う。東京パラリンピックでは、見に来てくれた人たちが「楽しかった」と思ってくれるよう、選手側と観る側が一体になれるような姿を見せたい。」とのことです。

    上山さん、ありがとうございました!

  • お電話:スポーツジャーナリスト 宮崎恵理さん

    今日は、AJPS 日本スポーツプレス協会所属のスポーツジャーナリスト・宮崎恵理さんとお電話を繋いでお話を伺いました。
    東京パラリンピックの1年延期、宮崎さんは、何人かの選手に1年後を見据えた意見や率直な感想をオンライン取材したことをお話してくださいました。「1年余計に準備ができる」という人もいれば、「2020にピークを合わせてきたので、やはり辛い」という正直な意見もきかれたそうです。
    そんな中、御年71歳のパラ陸上男子砲丸投げ・大井利江選手は、この時期にじっくり投球フォームを見直したことで、記録が伸びたと、明るい話題も紹介してくださいました。

    先日の毎日新聞の記事にもあった、パラの競技団体と健常者団体との統合を模索する動きについては、「日本では、陸上競技や水泳など伝統ある競技については、一般の競技団体と、パラの競技団体が統合されるという例はない一方で、トライアスロンや自転車競技などについては、国際競技団体が既に統合されている。
    ブラインドサッカーはパラリンピック競技ではないが、視覚障害サッカーなど、日本サッカー協会がサポートする流れも出てきた。こうした流れが今後増えていけば、細分化された脆弱な競技団体を支える仕組みができるのではないか。」とのこと。

    「パラリンピックにはパラリンピックの価値があることも忘れてはいけないが、統合の流れはある。」とし、2028年のロサンゼルス オリ・パラに向け、アメリカでは『アメリカオリンピック・パラリンピック委員会』が誕生したこと、オランダではオリとパラの選手が一緒に練習できるナショナルトレーニングセンターがあること、ほかにもドイツサッカー・レヴァークーゼンではパラ部門があり、オリとパラの選手が一緒に練習するという仕組みも整っていることなどを語ってくださった宮崎さんでした。
  • お電話:障害者ボートチーム「湖猿」コーチ、倉木健治さん

    2017年12月ぶりのご出演、今回は電話でお話を伺いました。


    倉木健治さんは、1982年にタイの難民キャンプで生まれ、4歳の時に日本に亡命。

    5歳の時、ポリオを発症し、高校に入学後、ボート部でインターハイに出場します。


    前回お越し頂いた後は引退し、現在はコーチをされています。その理由について、年齢と共に悪化し、面倒をかけたくなかったからと説明。

    さらに障害者のことは障害者が一番わかっているから、パラローイングをやりたい人の架け橋になれたらとお話してくれました。


    現在、湖猿のメンバーは40人ほどですが、練習場所である相模湖が8月いっぱいまで休業のため練習ができません。

    個人で工夫して訓練している人もいますが、やはり4人乗りのため揃って練習できないのが致命的だといいます。


    今は練習環境の整わず予測がつかない日々が続いてますが、「なんとかなる」と思って選手には励んでほしいとエールを送りました。

  • お電話:公益財団法人「鉄道弘済会」 義肢装具サポートセンター 臼井二美男さん

    今日は、東京・南千住にある公益財団法人「鉄道弘済会」義肢装具サポートセンターで、長年、義足づくりに携わっている臼井二美男さんにお電話を繋いでお話を伺いました。
    現在64歳の臼井さんは、28歳から義肢装具サポートセンターで働き始め、日本の障害者スポーツをメカニックの面で支え続けていらっしゃいます。
    新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、パラアスリートが満足に練習できない状況です。
    「世界中の選手が同じ状況なので、焦らなくてもいいとは思う。でも運動をしないと太りやすく、太ってしまうと義足が合わなくなってしまう。そのあたりは気を付けるようにと指導している。」とか。
    臼井さんの職人としてのポリシーは、最初から否定したり「無理!」と言われると夢が生まれないから、「できないと言わないこと」。
    義足づくりのほか、義足の女性のファッションショーを開いたり、義足ユーザーのためのランニングクラブ「スタートラインTokyo」を率いている臼井さん。活動は多岐にわたっています。
    クラブの年齢層は小学生から70代まで、220人ものメンバーがいるそうです。
    運動不足になってしまうと、義足のコントロールが低下してしまうため、できる限り、家族での運動や人がいない場所を散歩するようにアドバイス!

    1年延期となってしまった東京パラリンピックについては、「内定していた人たちにはつらいかもしれない。でも、まだ内定してない選手にはチャンスでもある。夢を追い続けてもらいたい。」と思いをお話してくださいました。
  • お電話:スポーツライター 斎藤寿子さん

    今日は、3月くらいからSTAY HOME中だというスポーツライターの斎藤寿子さんにお電話を繋いで、次々に中止となっている障害者スポーツの試合やイベントについてお話していただきました。

    現在、品川区の日本財団パラアリーナは新型コロナウイルス軽症者の滞在施設に。北区のナショナルトレーニングセンターは今月いっぱいまで利用中止ということで、パラアスリートたちは十分に練習できない環境にあります。
    「みんないろいろな立場で大変な思いをされてると思う。そんな中、多くの選手のSNSなどを見ると前向き。
    東京パラリンピックへ向けて、どの選手も不安が胸の内にあるはずだけれど、それでも"今"をプラスの時間にしようとしている。逆境への強さはスポーツで培われたものだと思うし、前向きなそういう姿を見て勇気づけられる人も多いはず!」だと斎藤さん。

    選手たちは4年間を積み重ねてきています。それが今、ストップしているということ。
    ただ、長期間、十分なトレーニングが行えないのは世界のアスリートたちも同じです。
    逆に言えば、今この時間をどう過ごすかだということも語ってくださいました。
  • お電話:パラ水泳 木村敬一 選手

    今日は、東京パラリンピックで活躍が期待されるパラ水泳の木村敬一さんにお電話をつないで、お話を伺いました。
    木村さんは、前回2017年11月21日、28日と、SAKIDORI!のスタジオにお越しいただいたんですよね!

    日本パラ水泳界の代名詞と言える29歳の木村さん、すでに去年のロンドン世界選手権では100mバタフライで優勝し、東京パラリンピック出場が内定!
    この数年はアメリカを拠点にトレーニングを積まれています。
    「このまま日本のなかでやっていくということができないと感じた。恵まれていたからこそ、ダラダラと言ってしまう気がして。」と、本格的に東京パラリンピックを見据えて、渡米したのだそうです。
    帰国後はナショナルトレーニングセンターで練習。今は、新型コロナウイルスの影響を受け、センターも一時封鎖されています。
    「今はプールに入れていない。泳げていない状況。室内でできるトレーニングを毎日頑張っている。」とのこと。
    スタジオへお越しくださった際にも、一美キャスターも見惚れる見事な腕とふくらはぎの筋肉だったのですが「まだまだ物足りない!」と、木村さんのTwitterには黙々と懸垂をする映像もアップされています!

    先日、このコーナーでパラ陸上の全盲の高田千明さんにお話を伺った際、「普段の生活で、いろいろと手で触れて判断することがあるから大変」とおっしゃっていました。
    木村さんも、「僕たちは触らないわけにはいかない。だから、出来るだけ清潔に保つことしかない。1日2回お風呂に入っています。」と生活の中での工夫についてもお話してくださいました。

    最後に、「
    自粛生活で苦労している、最前線で戦ってくれている医療従事者の方々、ライフラインを支える方へお礼したいし、一刻も早い収束を願っています。」とメッセージも。
    収束してスタジオにまたお越しくださるのを楽しみにしています!
        

CALENDAR

< 2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
TOPへ
radiko