斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

応援!ユニバーサルスポーツ

  • レポート:後藤知紀記者

    日頃から精力的にユニバーサルスポーツの取材をしている後藤知紀記者が、今日伝えてくれたのは「車いすテニス」のお話。

    先週木曜から日曜まで、厚木市の南毛利スポーツセンターで、「車いすテニス」の神奈川オープンが行われていました。

    今回初めて「車いすテニス」を生で観戦した後藤記者が、1番感じたのが「紳士のスポーツ」だということ。

    審判の数が足りず、選手同士でジャッジしなければならない試合では、どの選手も相手にラインギリギリのショットを決められたとしても、決してズルせず「インです!」と申告。自分のサーブが外れても、積極的に「アウトです!」と申告。観ていて本当に気持ちがよかったそうです。

    そして、この神奈川オープンには、アトランタ・パラリンピックから3年前のリオまで、6大会連続で出場している齋田悟司選手(47)も出場していました。

    ▼国枝慎吾選手らとともに、長年、日本の車いすテニスをけん引してきた齋田選手。

    ユニバーサル20190820 (2).jpg

    今回、齋田選手はシングルスで成長著しい荒井大輔選手に敗れ、惜しくも準優勝という結果ではありましたが、コメントでもお聞きいただきましたように、周りからのサポートに感謝し、軸をもってやっていくのが大事というコメントが印象的で、とってもジェントルマンでしたね!


    若い世代で目を引いたのは、中学3年生の川合雄大選手。まるで若い頃の北島康介や朝青龍を彷彿とさせるような、試合中もふてぶてしい態度で存在感を放っていたそうです。でも、コートを離れればシャイなナイスガイ!

    また、取材してみて、どの選手も「ダブルスは楽しい。テニスは対戦相手があってこそ成り立ち、感謝の気持ちがある。ダブルだとそれが2倍になる。」そんな根底にある想いも感じられた取材になったということでした。

    後藤記者、次は「車いすバスケ」の取材を予定中!レポートよろしくお願いします!

  • ゲスト:スポーツライター 斎藤寿子さん

    今日は、スポーツライターの斎藤寿子さんに「パラカヌー」のお話をしていただきました。

    東京パラリンピックの正式競技でもある「カヌー」。 「カヤック」よりも安全性が高いこともポイント。

    来週からハンガリーで「カヌー」の世界選手権が行われます。
    21日(水)から始まるこの大会を、斎藤さんも取材に行くとのこと。今回の世界選手権は、6位以内に入ると来年の東京パラリンピック出場の枠取りが出来るということで、かなり重要な大会なのです。

    斎藤さん注目は、瀬立モニカ選手。筑波大学在学中の21歳。江東区カヌー協会所属。高校1年の時、 体育の授業でケガをして車いす生活になった瀬立モニカ選手ですが、もともと中学の時にカヌー部に所属していました。

    体幹が使えない瀬立選手にとって、「パラカヌー」はバランスを腕や肩でしか取れないため、命の危険とも隣り合わせ。それでも「風を切る感覚、水上の気持ちよさを感じられることは大きいのだと思う。」と斎藤さん。

    また、「カヌー」の世界選手権というのは、オリパラ両方が同じ時期に同じ会場で入り混じって行われるそうで、「インクルーシブ社会化がカヌーは進んでいる。そのあたりも取材したい。」とおっしゃっていました。

    次回の斎藤さんのレポートも楽しみです!       

    ユニバ20190813 (1).jpg

  • ゲスト:写真家 清水一二さん

    今日は、このコーナーのご意見番でお馴染み!写真家・清水一二さんに、来年の東京パラリンピックを控え、大切な「ドーピング検査」についてお話していただきました。

    先日、八重洲で行われたイベント「アンチ・ドーピングフォーラム 2019」に、清水さんも日本車いすフェンシング協会の理事として参加されたそうです。

    パラアスリートたちは、障害があることで、命を維持するために飲まなければならない薬というものもあります。

    そのため、東京パラリンピックに出場する選手たちは「今、どんな薬やサプリメントを飲んでいるのか。最近、どんな薬やサプリメントを飲んだのか。」をきちんと資料として事前に提出しておかなければなりません。そういうつもりがなくても、自分が生命維持のために普段飲んでいる薬の成分が引っかかってしまう可能性もあるからです。       

    ドーピング対策について、これまでは選手まかせだった管理体制を、各団体がそれぞれ徹底させていくことを改めて確認。また、これまでは尿検査だけでしたが、東京大会からは血液検査も実施され、「ドーピング」に、より厳しくなるということです。

    さきどりちゃん20190806 (12).jpg

  • ゲスト:一般社団法人「日本肢体不自由者卓球協会」渉外広報 立石イオタ良二さん

    今日は、一般社団法人「日本肢体不自由者卓球協会」渉外広報 立石イオタ良二さんをスタジオにお迎えし、「パラ卓球」について熱く語っていただきました。

    パラ卓球の選手たちも障害によってクラス分けがされています。握力がない選手は腕にラケットをくくりつけたり、立位の選手で両腕がない選手は口でラケットを持って戦うのだそうです。

    実は、イオタさんのお兄様のアルファさんもパラ卓球の選手。イオタさんご自身も健常者の卓球競技の選手として活躍し、全日本卓球選手権大会7位という実績を持っていらっしゃいます。2010年から、お兄様のベンチコーチを務め、コーチとしてお兄様と東京パラリンピックを目指しているんです。

    ▼「イオタ」というミドルネームの秘密からスタート。お父様の案、ユニークですよね。

    ユニバ20190730 (3).jpg
    「僕らが "ない"と思っていることが、選手それぞれの独自の持ち味、プレイスタイルとなっている。『障害=個性』って言っていい。見たことのない卓球をやっていて、本当に面白いんです。日本のレベルもすごく高い!ぜひ一度、見に来てほしい! 」とのこと。

    8月1日から3日間、JR田町駅近くの港区スポーツセンターで「ITTFパラジャパンオープン2019 TOKYO大会」が行われます。

    パラ卓球では日本で初めて開催される国際大会です。リオのメダリストたちが何人も登場するなど、見どころも満載!ぜひ足を運んでみてください。

    ■パラ卓球協会 公式サイトはこちら

  • 由比ヶ浜海水浴場に「バリアフリービーチ」

    後藤知紀記者が、鎌倉の由比ヶ浜海水浴場にバリアフリーのビーチが誕生したと聞いて取材に向かいました。

    このビーチの整備に取り組んだのが、パラサーフィンの世界大会で2連覇している内田一音選手。内田選手に整備方法を伺うと、まずは海の家に沿って木製のボードを敷き詰めます。

    20190723_para2

    このボードが800mに渡って続いています。

    20190723_para3

    一方、海の家から波打ち際に向かって、「モビマット」という青いマットを敷き、車いすの方でも行けるようになっています。

    モビマットは、フランス軍も使用しているという特殊ゴムを使っているため、車いすでも沈むことがありません! もちろんベビーカーで小さなお子さんが波打ち際に行くこともできます。



    今回、内田選手が整備に取り組んだ背景として、「海外の選手が日本に来れないのは、ビーチが障害者に対応していないから。日本は海外に比べ10年遅れてると選手に言われてしまったこと」と、きっかけをお話してくれました。

    さらに、パラサーフィンの競技人口は国内で10人以下ととてもわずかであることを挙げ、「競技人口を増やすためにはビーチの整備が課題、その先にパラサーフィンの発展がある」と未来を見据えた前向きな言葉を聞くことができました。今回取材した後藤記者も、「大きな一歩を踏み出した由比ヶ浜海水浴場の行動力に敬意を表したい」と語りました。

  • ゲスト:スポーツライター 斎藤寿子さん

    今日は、3月12日以来のご登場となります、スポーツライターの斎藤寿子さんに「アメリカの障がい者スポーツ事情」と車いすバスケの話題をお話していただきました。

    斎藤さんは3月と6月、2度ほどアメリカに飛び、取材をされたそう。

    日本よりもアメリカの方がずいぶんパラスポーツに関して進んでいるのかと思いきや、アメリカでパラリンピックが知られるようになったのは、意外にも前回のリオ大会からなのだとか。

    斎藤さんが乗車したテキサスのタクシーの運転手さんも、パラリンピックという名前自体を知らなかったというから驚きです。

    ただ、アメリカではオリンピックのコーチがパラリンピックの選手を指導したり、同じ施設を使うことができるなど、日本よりオープンな部分もあります。欧米では、一般的に広くパラスポーツが知られているわけではなく、現場でスポーツとして扱われているということなんですね。

    つづいて、車いすバスケの話題。男子日本代表の香西宏明選手を取材するため、5月にポーランド、ドイツ、タイと、あわせて一ヶ月ほど海外を飛び回っていたという斎藤さん。

    先月末には、アメリカ遠征で親善試合を行った車いすバスケ男子日本代表も取材しました。

    「勝つことは出来なかったが、スペインは射程圏内!アメリカは強かった。でも、どうしたらアメリカに勝てるのかを肌で感じられたことは大きい!」と、手ごたえを語ってくださった斎藤さんでした。

    またのスタジオでのレポート、楽しみにしています!

  • レポート:後藤知紀記者

    今日は、日頃から精力的にユニバーサルスポーツの取材をしている 後藤知紀記者に、ブラインドサッカーの話題を伝えてもらいました。

    一昨日、調布市のアミノバイタルフィールドで行われたクラブチームの日本一を決める大会「第18回 アクサブレイブカップ ブラインドサッカー 日本選手権」ファイナルラウンドを取材してきたそうです。

    決勝戦では、八王子盲学校・高等部2年の菊島宙選手 擁する「埼玉T.Wings」が、東京の「free bird mejirodai」を7対1で下し、 初優勝を飾りました。

    ▼宙ちゃんといえば、昨年秋にこのコーナーにも、お父様の充さんと一緒に出演してくださいました!画像はその時のもの。

    とにもかくにも"宙ちゃん祭り"といっていいほどの活躍だったと振り返る後藤記者。今大会、6試合で合計29得点!決勝でも7得点!大会MVPまで獲得しました!スゴイです!!

    選手はアイマスクをつけ、試合中は視覚が完全に遮られるため、宙ちゃんももちろん見えてはいません。しかし、まるで「見えてるんじゃない!?」と思ってしまうほどのテクニカルなプレーを今回も見せてくれたのだとか。

    その場にいた満員の観客の皆さんからも「あのコ、見えてるの?」「超うまい!」 「エグイ!」といった声が漏れ聞こえたというから、すごさが分かりますよね!

    宙ちゃんは弱視で、視覚が極度に狭まる目の病気を持っています。幼い頃からサッカーをはじめ、中学から視力が低下しましたが、それをカバーする空間認識能力が抜群。まさに、鳥の目でグラウンドを見おろすかのよう!

    ユニバ20190709-2.JPG
    普段から、一流アスリートの「足」に注目して見ているという後藤記者は「ボールになって、宙ちゃんに蹴られたい!」と絶賛していました(笑)ボールのコントロールもそうですが、インナーマッスルを鍛えたことで、体幹もしっかりしてきて転ぶ回数が減ったとのこと。

    後藤記者は「実力的に宙ちゃんは女子で世界ナンバーワンのストライカーだ。」と確信したといいます。

    次はパラリンピック・・・といきたいところなのですが、パラリンピックのブラインドサッカーは男子だけ・・・!加えて、パラリンピックのブラインドサッカーに出場する場合、 選手はみんな「全盲」が条件でもあるのです。アマ・プロを含め、世界中の健常者の女子サッカーの活性化と連動して初めて、宙ちゃんのパラリンピック出場が叶うかもしれないですね。   

    さて、「生でブラインドサッカーを観てみたい!宙ちゃんを応援したい!」という方にお知らせです。

    9月8日~12月1日まで「ブラインドサッカー東日本リーグ 2019」が行われます。

    9月8日の開幕戦は、慶應大学日吉キャンパス。宙ちゃんのいる「埼玉T.Wings」の相手は未定ですが、ぜひ足を運んでみてください。

  • ゲスト:写真家 清水一二さん

    写真家の清水一二さん、今日は「障害者スポーツを支える人」というテーマでお話してくださいました。

    というのも先月、大阪でパラ陸上を取材した際、1996年のアトランタ大会で知り合った臼井二美男さんを見つけ、「頑張ってるなぁ」と嬉しくなったそうです。

    臼井さんは長年、パラアスリートの義足を作り続けていて、「歩くことは教える。でもこれからは、駆ける(走る)ことを教えないと!」と、バネの効いた走れる義足を作ってきた方。

    そして、このコーナーのゲストにもお越しいただいた義肢装具士の高橋逡潤さんがいるオットーボックの働き、ブラインドサッカーや目の不自由な方のやり投げを支える「コーラー」の存在、パラ陸上の「伴走者」。

    ほかにも清水さんのようなカメラマンの心強い味方として、何年か前からカメラメーカーがパラリンピックでサポートをしてくれるようになってきたといいます。清水さんが現場で見た・感じたことを語ってくださいました。

    ユニバ20190702 (1).JPG
    最後に近々行われる障害者スポーツの日程をご紹介。

    ■「第24回 関東パラ陸上選手権」
    7/6(土)~7/7(日)
    町田市立陸上競技場
    https://www.parasapo.tokyo/schedule/14317



    ■「第18回 アクサブレイブカップ ブラインドサッカー  日本選手権」ファイナルラウンド
    7/7(日)
    調布市のアミノバイタルフィールド
    http://axa-brave

  • ゲスト:紙芝居師のかみはるさん & その師匠のヤムちゃん

    今日は、東京都教育委員会オリンピック・パラリンピック教育支援事業の「なるほどパラスポーツ紙芝居ショー」の公認紙芝居師としても活動中のかみはるさんと、その師匠であり覆面レスラー「ミナクルマスク」としての顔もお持ちのヤムちゃんにお越しいただきました。

    紙芝居で障害者スポーツの魅力を伝えている お二人で、2016年からは渋谷区と共にパラリンピックPR推進事業も行っています。

    今日は普段使っている紙芝居の実物でどんな風に演じているのか、少しだけ披露していただきましたよ!

    ▼一応台本はありますが、子供たちを相手にするため、どんな変化球の質問がきても対応できるように、ほとんどがアドリブなんだとか!

    ユニバ20190625 (3).JPG

    ▼途中には参加型のクイズもあったりと、引き込まれます!息ぴったりのお二人。

    ユニバ20190625 (4).JPG

    ▼クイズに正解した永野デスクもこの喜びよう!子供も大人も、楽しくパラスポーツのことが知れるんです。

    ユニバ20190625 (1).JPG

    最後に紙芝居師として、お二人はこれからどんな夢を描いていらっしゃるのか伺いました。

    英語での紙芝居も演じられるヤムちゃんは「パラリンピックを通して、みんなに学んでもらいたいのはやっぱり障害のこと。まだ街の中で助け合いとか、なかなか声をかけるのを気後れしちゃうけれども、すぐに声をかけらるような、そんな小さな一歩から紙芝居から子供たちに学んでほしい。」

    生まれつき股関節に障害があるかみはるさんは「パラスポーツのことだけじゃなく、私自身も障害があるので、障害のことをバリアなく普通に話せる社会にしていきたい。2020年パラリンピックを見に来てほしいな。」
    短い時間でしたが、ありがとうございました!

    かみはるさんとヤムちゃんが所属する紙芝居事務所のホームぺージも是非ご覧ください⇒『株式会社 漫画家学会』

  • ゲスト:車いすラグビー日本代表  島川慎一さん②

    今日も先週に引き続き、車いすラグビー日本代表の島川慎一さんにお話を伺いました。2001年に代表入りして以来、 今の代表で最も長く活躍されていらっしゃる島川さん。車いすで激しくぶつかり合うことを、怖いと思ったことは一度もないそうなんです。「どの競技でも、ケガはありますからね。」と、とってもクール!

    島川さんは今年3月、全米選手権にも出場しました。アメリカの車いすラグビーは、日本と比べて、圧倒的に国内の公式試合数が多いのだとか。「実戦(試合)をしてなんぼ!」だという島川さんにとって、環境的にも合っていたと言えるようです。

    日本代表は、去年の世界選手権で金メダルを獲得。 一躍、東京パラリンピックの金メダル最有力に。世界からのマークも厳しくなると思うのですが、「1位になったからといって、僕としてはそこまで舞い上がってはいないというか・・・。どっちが勝ってもおかしくないという戦いだったと思う。注目されているとは思うけれど、ちゃんと"強い日本"をアピールできるようにやっていきたい。」と、島川さんはあくまでも冷静に「これから」について語ってくださいました。

    少し先ではありますが、10月16日から20日まで、東京体育館で「車いすラグビー ワールドチャレンジ 2019」が行われます。 アメリカ、オーストラリア、カナダなど、 世界ランク10位までのうち、8ヵ国が揃うこの大会。こちらも要チェックです⇒ 「車いすラグビー ワールドチャレンジ 2019」公式サイト

    また、島川さんがいるチーム「BLITZ」に興味のある方は、BLITZのFacebookもぜひご覧になってみてください。⇒ https://www.facebook.com/BLITZ2005/


    ▼島川さんの手のひら。グローブしていても、まめができ、硬くなってしまうそうなのです。

    ユニバ20190618 (3).jpg

    ▼スタジオの一美キャスターも竹田サブキャスターも、「すごい!かたい!」と大騒ぎ。

    これが"戦う男の手"ですね!

    ユニバ20190618 (2).JPG

CALENDAR

< 2019年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
TOPへ
radiko