イラスト:サキドリちゃんby加納有紗

facebook
twtter

世の中SAKIDORI 応援!パラスポーツ

  • インタビュー:トライアスロン 佐藤圭一さん①

    トライアスロンの佐藤圭一さんにインタビューした模様を、今週と来週の2週にわたってお送りします。

    今月13日、14日、山下公園周辺で「2017世界トライアスロン シリーズ横浜大会」が行われ、その試合前に取材をさせて頂きました。

    IMG_1280 佐藤さん4.jpg

    佐藤圭一さんは、1979年生まれ、愛知県のご出身。

    生まれつき、左の手首から下が形成不全で掌がなく、指先の動作は右手で行います。競技中でも義手は使用しません。
    元々は冬のスポーツの選手だったそうですが、トレーニングの一環でトライアスロンを始められました。

    19歳のときに長野パラリンピックを見てアスリートを目指したものの、いったんは会社員としての道を選んだ佐藤さん。

    しかし2005年、脱サラしてカナダに留学。プロアスリートの道を歩み始めます。

    2010年のバンクーバーパラリンピック、2014年のソチパラリンピックには、クロスカントリースキーとバイアスロンで出場。

    その後、トライアスロンにも挑戦し、去年のリオデジャネイロ大会にも出場。
    来年のピョンチャン大会では、バイアスロンでメダル獲得を目指します。

    「アスリートはもちろん、世の中の全ての方に、こうした生き方を伝えたい!」と語る佐藤さん。

    現在、フィンランドでトレーニング中で、今月31日に帰国予定です。

    スポーツ経験がないのに、プロの世界に飛び込むという「0か100の男」佐藤圭一選手のインタビュー第2弾、来週もお楽しみに!

  • お電話:フリーライター 星野恭子さん

    今日は、目の不自由な方の伴走ボランティアをしている、フリーライターの星野恭子さんにお電話でお話を伺いました。

    星野さんが伴走ボランティアを始めたきっかけは、今からおよそ13年前、あるマラソン大会で、初めて給水などのスポーツボランティアに挑戦し、そのときお世話になった方が伴走ボランティアやっていて興味を持ったとのこと。 その1年後には、伴走練習会に参加。

    星野さん「とても楽しく走れた。練習会の終わりには全盲のランナーさんから、「今日はありがとう。とても気持ちよかった。また一緒に走ってね」と言われ、すごく嬉しかったんです。」



    伴走者はどんなことに気をつけながら、ランナーと一緒に走っているのかも伺いました。

    星野さん「自身が目をつぶって走る状態を想像してみてもらうとすごく怖いと思うんですね。外から得る情報というのは8割が目から。だからまずは安全第一です。リラックスして走れるように工夫をしています。「凸凹あり」など言葉で知らせることもありますし、坂道の上り下りだけではなく、あとどのくらいで「終わり」が来るのかも伝えます。そうしないと、相手は「いつまでこの坂は続くんだろう?」と不安になってしまう。他には、「お花が咲いていますよ。」や「いい匂いがしますね!」というような楽しい情報もお話していますね。」



    最後に、パラスポーツの魅力を語って頂きました。

    星野さん「以前に比べ、国際大会などではかなり専門的・集中的なトレーニングをしないと勝てないくらいに競技のレベルが上がっている。競技自体も面白いものが多いのも魅力です。障害のあるないに関わらず、人間同士のつながりがあって"チーム"として戦っている面があるのも面白いところだなと思います。」

  • ゲスト:日本財団パラリンピックサポートセンター 推進戦略部 プロジェクトリーダー 前田有香さん

    今日は、日本財団パラリンピックサポートセンター 推進戦略部 プロジェクトリーダー 前田有香さんにお越し頂きました。

    今日は前田さんと一緒に「障害をお持ちの方がパラスポーツを始めるきっかけ」について考えました。

    スポーツをやっている人がいれば競技に出会うことができますが、なかなかそういう人ばかりではないということで、パラサポでは『マイパラ!Find My Parasport』というサイトを公開しました。 『マイパラ!』はパラスポーツ診断とチーム検索の2つの機能を備えたサイトです。 健常者でも参加できるパラスポーツも見つかるんです。占いのような感覚で試せるのがいいですね!

    一美さんもさっそく診断をやってみましたよ。「僕は陸上、自転車、ブラインドサッカー、トライアスロンでした!」

    sakidori59-4.jpg

    最後に前田さんに、パラスポーツのいっそうの普及について、想いを伺いました。

    「障害のある人はもちろん、まずはどんな人にもパラスポーツを知ってもらいたい。体験してスポーツをやることの楽しさを知ってほしい。その中から、未来のパラリンピアになってもらえたら嬉しいです。」

    今日ご紹介した『マイパラ!Find My Parasport』はこちらから→ http://www.parasapo.tokyo/mypara/

  • お電話:写真家 清水一二さん

    今日は40年近くに渡ってパラ・スポーツの躍動感を撮り続けている写真家の清水一二さんにお話を伺いました。

    清水さんは先月4日にスタジオに来て下さいましたよね!

    国内最高峰のクラブチームを決める大会『第45回 日本車いすバスケットボール選手権』が明日5月3日からの三日間、千駄ヶ谷の東京体育館で行われるんです。

    清水さんはこの大会の記録委員でもあるので、事前打ち合わせなどの関係で東京体育館にいらっしゃるということでお電話でのご出演でした。

    「熱気とやる気が伝わってきますよ!ずっと取材していて変わったことといえば、車いすが格好良くなった!それから、これは車いすバスケに限ったことではないのだけどクラブチームにもスポンサーがついたり、選手も企業名を付けて出てきています。変わらないのは皆さんの情熱。ボールに対しての執着力は昔から変わらないですよね。ガンガン応援してもらうと選手もカメラマンもテンション上がるのでぜひ!」

    と清水さんがお話ししてくれた通り、ゴールボールなどとは異なり、大きな声を出してOK!

    入場無料ですので、お気軽に見にお出かけください。

    詳しくはこちらから→ http://jwbf-men2017.japanbasketball.jp/

  • インタビュー:射撃 田口亜希さん②


    今日は先週に引き続き、射撃の田口亜希選手のインタビュー第2弾をお送りしました。

    写真で手にしているものは、一体何なのか?実はこれ、"的"なんですって!



    さて、インタビュー中に一美さん、ふとした疑問が。

    結婚しているパラスポーツの選手は、パートナーからどんな風に支えてもらっているのだろうか?

    「うちの主人はあんまり私に構わないです。それが私にはすごく気が楽。「亜希が車いすだから僕がやってあげなきゃ!」って何でもかんでもやってもらっちゃうと、自分は出来ない子なのかなって思っちゃう。」

    田口さんの旦那さんは船乗りで、仕事柄、家を離れていることが多いのだそうです。

    障害をお持ちの方がご自身で出来ることを周りは見守り、何か困っていたら、街なかでも「何かお手伝いできることはありますか?」と自然に声をかけられるような社会にしたいですよね。


    東京パラリンピックまで、今日でちょうどあと3年4ヵ月!
    最後に田口さんからメッセージを頂きました。

    「2020年に向けて開かれるプレパラリンピックやワールドカップに、日本の皆さんにもテレビで見たりするだけじゃなく、実際に会場に足を運んでみてもらいたいです。ルールとかマナーとか選手を覚えて応援してあげて欲しい。」

    2020年、その先も大事にしていきたいと、お話してくれました。聴き逃してしまった方、もう一度聴きたい方、radikoのタイムフリー機能もご活用ください。

  • インタビュー:射撃 田口亜希さん①

    今週、来週の2週にわたって、射撃の田口亜希選手をご紹介します。
    先日、斉藤一美キャスターが虎ノ門のパラサポセンターでインタビューしてきた第1弾!

    1971年生まれの田口さん。アテネ、北京、ロンドンと3大会連続でパラリンピックに出場し、アテ ネでは7位、北京では8位入賞。 昨年のリオデジャネイ大会は出場を逃しましたが、今も現役! 2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のアスリート委員なども務めています。

    25歳の時に脊髄の中を走る動脈と静脈をつなぐ毛細血管の流れが悪かったことが原因で、脊髄を損傷。
    リハビリ病院で車いすで生活する仲間に誘われ、遊びに行ったのがきっかけで実弾を打つエアライフルを始めた田口さん。
    「足が悪くなるまでは、どちらかというと運動音痴で真面目にスポーツをやったことがなかったんです。遊びの感覚でしかスポーツをやったことがなかった。だから選考試合の意味がよく分からないまま、試合に出て、選ばれて、2年後のパラリンピックに出られるかもしれないよって言われて、自分で2年も先のことを考えていることに驚いた。目先の目標が出来るというのがスポーツなんだなって。」

    田口亜希さん射撃的(4.18-2).JPG

    来週はインタビュー第2弾。ご主人の支え、日本でパラリンピックを開催する意義についてのお話です。そして、上の写真に写っているものが何なのかも!ぜひ、お聴きください。

  • ゲスト:車いすバスケットボール日本代表主将 根木慎志さん

    今日は、2000年のシドニーパラリンピック 車いすバスケットボール 日本代表主将の根木慎志さんにお越し頂きました。

    1964年生まれの根木さん。高校時代はサッカー部でしたが、3年生の時に交通事故で脊髄を損傷。その入院中に車いすバスケのチームに勧誘されたといいます。

    一美さん「それですぐやってみようってなったんですか?」

    根木さん「そうですね。もともとスポーツはやっていましたし。関西弁で「ちょっとやってみぃへん?」って言われて、じゃあやってみようってなりました!」

    IMG_0391.JPG
    パラリンピック・アトランタ大会では日本代表最終選考で落選したものの、シドニー大会では見事代表入り!主将としてチームをけん引しました。

    今、根木さんが力を入れていることの1つに、昨年4月1日にスタートした『あすチャレ!School』があります。これは全国の小学校・中学校・高校を訪問し、パラスポーツの体験授業を行うというもの。 今年度は、来週木曜4月20日から始まるとのこと。

    2020年の東京パラリンピックに向けて、根木さんの今の気持ちを最後に聞かせて頂きました。

    根木さん「びっくりするくらいのスピードで時が過ぎている感じ。パラリンピックをやると社会が変わるって言われているんです。それぞれが違いを認めて、みんなが輝ける素敵な社会にしていけたら・・・と思っています!」

  • ゲスト:写真家 清水一二さん

    『世の中SAKIDORI!』毎週火曜日は「応援!パラ・スポーツ」をお送りします。

    このコーナーは、日本財団パラリンピックサポートセンターの協力のもと、意外に知らないパラ・スポーツ(障碍者スポーツ)の情報をお届けするほか、キャスターの斉藤一美自身が様々な選手や関係者にインタビューし、パラ・スポーツの魅力をお伝えしていきます。

    今日は日本車いすフェンシング協会の理事で、40年近くに渡ってパラ・スポーツの躍動感を撮り続けている写真家の清水一二さんにお越し頂きました。

    IMG_0066.JPG

    清水さんのパラ・スポーツとの出会いは、リハビリテーション病院に勤務していた時に、障害者用のスキー(チェアスキー)を作るのを手伝ったことだったそう。

    パラ・スポーツの写真を撮る上で、清水さんの経験から気を付けているポイントなどもお話下さいました。

    「どうしても立って私たちが写真を撮ると上からの目線になる。すべての大会をなるべく低く撮るようにしています。そうすると必ずカッコよく撮れるんです!」

    清水さんにはこれから毎月1回、スタジオあるいはお電話でご出演頂きます。お楽しみに!

TOPへ
radiko