くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年9月 記事一覧

『「無料スーパー」がオープン!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年9月25日(月) デイリー「ホッと」トピックス
『「無料スーパー」がオープン!』


デイリー20170925.jpg


リスナーの皆さんは「無料スーパー」という取り組みをご存じですか?
フードバンク活動や食品ロス問題をもっと知ってもらおうと、東京都
多摩市のNPO法人「シェア・マインド」が、家庭や企業から寄付された
食品を陳列し、必要な人に無償で提供するという試みを始めたのですが、
この取り組みを「無料スーパー」と呼んでいるそうです。


「シェア・マインド」では去年3月、家庭や企業で余っている食品の
寄付を受け、生活に困っている人に届けるフードバンク事業を開始。
事務所で週1回、食品の持ち込みや宅配便での送付を受け付け、
市内を中心に毎月50人前後に配達したり、「子ども食堂」に提供
したりしてきました。


日本ではまだ食べられるのに廃棄される食品ロスが621万トン(2014年
度推計)に上り、これは国民みんなが毎日、茶わん1杯分ずつ捨てて
いる計算になることから、こういった食品ロスの有効活用策として、
フードバンクが各地で立ち上がっていますが、「シェア・マインド」
代表理事の松本靖子さんは「まだまだ広く浸透していない」と活動の
中で痛感していたそうです。

そうした中、今年7月、オーストラリアのシドニーで「すべて無料」の
スーパーができたことを報じる新聞記事を読んだ松本さん。
「これなら食品ロスやフードバンク活動をより身近に感じてもらえる」
と考え、月に1回、第1日曜日の限定ですが、親子カフェの一角を借りて
自分たちも始めることに。

初回は今月3日、多摩市の親子カフェ「WithCo(うぃずこ)」の一角で
開かれ、コメや即席めん、缶詰、ペットボトルの飲み物などが入った
容器10箱ほどが並び、モモやジャガイモなどもあったそうです。
値札はなく、レジもない。午前10時の開店前から大勢の客が詰めかけ、
「1人7点まで」に制限しましたが、30分ほどでなくなったとのこと。


「貧困家庭限定でなく、誰でも来られるところがいい」など、
来店したお客さんの評判は上々だったほか、逆に寄付する食品を
持参した人もいたのだとか。


当面は月1回の開催ですが、今後は常設店舗の開設を目指すという松本さん。
「冷蔵庫や冷凍庫を備えた、誰でも食べ物を手に入れられ子どもや高齢者の
居場所にもなる場を作りたい」と、目標を語っています。


「無料スーパー」という取り組みに興味を持たれた方は、
ぜひ「シェア・マインド」で検索してみてください。


大好評『《静岡・牧之原》平成29年産やぶ北深蒸し 荒茶』

今日は『《静岡・牧之原》平成29年産やぶ北深蒸し 荒茶』をご紹介しました。
荒茶は製茶工場で一次加工だけをしたお茶で、熱を加える回数が少なく、
お茶の『生の旨み』がギュッと詰まっている!しかも、煎茶や茎茶に選別する前
の茶葉だから、お茶の風味をまるごと味わえるんです!更に、この時期のお茶は
春収穫した茶葉を寝かせて熟成させているため、旨みが増しています。
さわやかな香りとまろやかな味わいで、何杯も飲みたくなるほどおいしいですよ!
170925荒茶.jpg
産地は、日本有数のお茶の産地『静岡県・牧之原台地』。
メーカーは、静岡・菊川市にある、創業100年を超える《丸松製茶場》。
今日の荒茶は、『やぶ北』品種の茶葉を強く深く蒸す『深蒸し』仕上げ。
見た目は不揃いですが、ふわっと広がる香りと、苦味や渋味が和らいでコクのある味わいが
とってもおいしいですよ!
分量は、200g入りのアルミパックが8袋で合計1.6キロ!
半分の800gもあります。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

『谷根千界隈』(後編)

今週の『くにまるジャパン探訪』では前回に引き続き、
邦丸さんと加納有沙さんが『谷根千界隈』を訪ねた
模様をお送りしました。


先週の放送でお邪魔した『指人形笑吉工房』を後にした一行は、
すぐ近所にある『よみせ通り』を散策することに。
まずは、九州のおいしい物をたくさん扱うお店『九州堂』へ!


44hal_20170909_012421.jpg


九州産の生乳を使ったソフトクリームをペロリ!


44hal_20170909_012419.jpg


さらに散策を続けていくと、最近では見かける機会が減ってきた、
ビールの自動販売機が置かれた酒屋さんを発見。


44hal_20170909_012423.jpg


クラフトビールをいただきながら、先客の方々と交流を深めました。


44hal_20170909_012425.jpg
44hal_20170909_012428.jpg


続いては、これまた珍しい台湾茶の専門店『晴茶』へ!


44hal_20170909_012429.jpg


台湾茶についてのレクチャーを受けた後、
実際に試飲させていただくことに!


44hal_20170909_012430.jpg
44hal_20170909_012433.jpg
44hal_20170909_012435.jpg


絶品のお茶の後は、恒例の"修行"で総仕上げ!


44hal_20170909_012442.jpg


次回もお楽しみに!




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

報道カメラマン・宮嶋茂樹さん

2017年9月22日(金) 極シアター

 きょうの『極シアター』には、極シアターへは2回目のご出演、「写真界のゴルゴ13」「写真界のジョージ・クルーニー」を自称する報道カメラマンの"不肖・宮嶋"こと宮嶋茂樹さんをお迎えしました!
DSCN0898.JPG
★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


 数々のスクープ写真の撮影秘話からカメラマンとしての矜持、そして、緊迫の現場でヘタこいた痛恨の失敗エピソードなど、お時間の許す限りたっぷり伺いました。


<WEBSITE>
不肖!宮嶋茂樹のウェブサイト
http://www.fushou-miyajima.com/


<不肖・宮嶋茂樹プロフィール>
 通称「不肖・宮嶋」、自称「写真界のゴルゴ13」「写真界のジョージ・クルーニー」という宮嶋茂樹さんは、1961年、兵庫県明石市のご出身です。
 日本大学芸術学部写真学科をご卒業後、写真週刊誌「フライデー」の専属カメラマンを経て、フリーの報道カメラマンとして活動をはじめられました。
『週刊文春』で「不肖・宮嶋」の愛称で人気を博し、1996年、東京拘置所の麻原彰晃の撮影に成功して「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」を受賞されたほか、ロシア訪問中の金正日総書記など数々のスクープ写真をものされてきました。
 チェチェン、アフガニスタン、イラクなど紛争地域における戦場カメラマンとしても活躍。その様子は、『ああ、堂々の自衛隊』『サマワのいちばん暑い日』『儂は舞い降りた〜アフガン従軍記』など40冊以上の著書・写真集として発表されていらっしゃいます。

『表参道・外苑前界隈は"ぜいたく食べ歩き天国"!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年9月22日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『表参道・外苑前界隈は"ぜいたく食べ歩き天国"!』(後編)


昨日に引き続き、最近、東京の表参道・外苑前界隈で1000円を超える
ようなちょっと贅沢なグルメをテイクアウトして、それを食べながら
歩く人が増えているという話題をお届けしました。


今日ご紹介したのは、都内を中心に6店舗を展開する「ルークス」。


デイリー170922.jpg


高級食材のロブスターをパンに挟んだ「ロブスターロール」が
人気のお店で、レギュラーサイズが980円、大きめのUSサイズが
1580円と、ちょっと気軽に手を出せるお値段ではないにも関わらず、
表参道店では1日に、およそ700個も売り上げるのだとか!


そんな「ルークス表参道店」に、小尾アナがお邪魔してきました。
開店時刻(しかも平日)に合わせて行ったにも関わらず、
なんと既に30人ほどの行列が!


デイリー170922③.jpg

 
20分ほど並んで、ようやく念願の「ロブスターロール」をゲット!


デイリー170922②.jpg


小尾アナによりますと、「ロブスターが肉厚でプリップリ!
程よくスパイスが効いていて絶品!」ということでした。


少しずつ暑さも和らぎ、心地よい秋風が吹き始めるこの時期、
日頃の自分へのご褒美に、ちょっとぜいたくな絶品グルメを
テイクアウトし、表参道・外苑前辺りを優雅に散策しながら
味わってみてはいかがでしょうか?

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!