くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年10月 記事一覧

うすくちオリーブドレッシングで「牛肉きのこサラダ」

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年10月のテーマは、「うすくちオリーブドレッシング」です。
 オリーブ油と淡口醤油を混ぜ合わせた「うすくちオリーブドレッシング」があると、いろんな料理に使えますので、是非覚えてください。


 10月13日のお料理は・・・、『牛肉きのこサラダ』
44hal_20170920_012536.jpg
 まずは、基本となる〈うすくちオリーブドレッシング〉の作り方です。
■用意するもの
・淡口醤油    30cc(大さじ2)
・酢(穀物酢)  50cc
・オリーブ油   15cc(大さじ1)
・大根     100グラム(中くらいのもの。厚さ5センチぐらい)
・きゅうり   100グラム(1本)
■作り方
1)酢50ccを火にかけてひと煮立ちさせる(すると50ccが40ccくらいになる)。冷まして淡口醤油とオリーブ油を混ぜ合わせる。
2)大根は、皮をむき、すりおろして汁気を絞る。(30グラム前後)
3)きゅうりは、すりおろして汁気を絞る。(30グラム前後)
4)1)〜3)をすべて混ぜ合わせる。
44hal_20170920_012546.jpg
では、〈牛肉きのこサラダ〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・牛肉スライス  150グラム
・しめじ       1パック(100g)
・えのき       1袋(100g)
・舞茸      1/2パック(40グラムぐらい)
・椎茸        2個
・分葱        2本
※先ほど作ったうすくちオリーブドレッシングも使います。
■作り方
1)牛肉スライスは、70度のお湯で泳がすようにして湯通しして水に取り、水気を切る。
2)しめじ・えのきは石付きを取ってほぐし、舞茸も一口大にほぐす。椎茸は軸を取ってスライスし、すべてのきのこを熱湯に20秒ほど浸し、ザルに上げておく。
3)分葱は斜めに薄切りして水に放ち、水気を切る。
4)器に牛肉を広げ、きのこを散らし、上から分葱も散らす。
5)うすくちオリーブドレッシングをかける。


44hal_20170920_012544.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
紅葉した葉を添えるだけで、器が秋になりますね。
牛肉は、低い温度で霜降りすると固くならないんです
きのこときゅうりも合いますよね。




44hal_20170920_012545.jpg■お味見くにまる
色づいた葉を添えるだけで、季節感が出せてきれいですね。
今回、牛肉を70度のお湯にくぐらせましたが、火を通しすぎないことで、こんなに味が違うんですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、味もすっきり仕上がります。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170920_012543.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

『月例復興報告』

毎月第2木曜日の『くにまるレポーターズ』は「月例復興報告」。


仙台を拠点にしながら主に東北地方の漁業について取材されている、
漁業ジャーナリストの菊地正宏さんにお電話でご登場いただき、
記録的な不漁が伝えられている『サンマ・サケ・スルメイカ』の
話題のほか、その影響により発生した工場の閉鎖などについて
レポートしてもらいました。


レポーターズ171012①.jpg


また、東北のご当地グルメとして、三陸の水産業を支援しようと
商品開発されたサバのオリーブオイル漬け缶詰『サヴァ缶』を
ご紹介いただきました。


レポーターズ171012②.jpg




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

タレント・蛭子能収さん

2017年10月12日(木) 極シアター

本日の『極シアター』には、蛭子能収さんをお迎えしました。


極シアター171012.jpg


蛭子能収さんは1947年、長崎県のお生まれ。
高校を卒業後、地元の看板屋さんに就職。
その後、1970年に上京し、チリ紙交換や清掃用具レンタルの
セールスマンとして働きつつ、漫画家を目指すことに。
1973年、漫画雑誌「ガロ」に『パチンコ』という作品が掲載され、
遂に漫画家デビュー。そのヘタウマな作風が人気を博すようになり、
1980年、33歳のときに漫画家専業に。
また、1980年代後半からはタレントとしての活動もスタート。
『笑っていいとも!』『スーパージョッキー』など、
数々の人気番組に出演され、芸能界においても地位を確立。
近年では、大人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』における、
太川陽介さんとの名コンビぶりが、大きな話題となりました。
そして、まもなく70歳の古稀を迎えようとされている今も、
本業である漫画の執筆をはじめ、タレント・俳優、時にはギャンブラー
として、幅広くご活躍中です。


そんな蛭子能収さんをお迎えし、第一幕では大人気シリーズとなった
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の裏話などを伺いました。


続いて第二幕では、雑誌『女性自身』で連載されている人気コーナー、
蛭子さんによる『ゆるゆる人生相談』の中から厳選した108本と、
蛭子さんによる人生訓ともいえる"笑われる心得"を収録した一冊、
『笑われる勇気』についてお話しいただきました。


そして第三幕では、『ラジオゆるゆる人生相談』と題し、
リスナーの皆さんからのお悩み相談に答えて頂きました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『変わり種「たい焼き」が続々と登場!』(前編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年10月12日(木) デイリー「ホッと」トピックス
『変わり種「たい焼き」が続々と登場!』(前編)


デイリー171012.jpg


たい焼きの中身といえば、もちろん「あんこ」が定番ですが、
最近は一風変わったたい焼きが人気となっているそうです。
今日と明日の2日間は、そんな"変わり種たい焼き"の中から
いくつかご紹介します。


まずご紹介したのは「鯛パフェ」!
厳選された小麦粉に高級アーモンド粉を贅沢に配合した独自の生地で
しっかりと焼き上げた鯛焼きは、外がサックサク、中はモッチモチ。
お腹には、有機栽培で作った甘さ控えめの健康小豆を使用したあんこが
たっぷり......と、これだけ聞くと「なんだ、普通のたい焼きじゃないか!」
と思われますよね? 実は、ここからが凄いんです! 
たい焼きの口の部分が大きく開いており、そこに冷たい生クリームや
アイスクリーム、さらにはフルーツを盛り付ける。
これで、文字通りの「鯛パフェ」が完成。
現在、メニューは一番人気の「苺チョコ生クリーム」をはじめ、
「バナナチョコ生クリーム」「お抹茶小豆ジェラート」などの
6種類あり、値段は360円~380円。
ちなみに、お腹の中身は小豆、カスタードクリーム、チョコクリーム、
お抹茶クリーム、ジャーマンポテトから選ぶことができるそうです。
なお、口の部分が開いていない普通のたい焼きも販売しており、
こちらも中身は、先ほどの5種類から好きなモノを選ぶことができます。


続いてご紹介したのは「オムライス鯛焼き」!
こちらの「オムライス鯛焼き」は、ロッテリアが運営するたい焼き専門店
「鯛吉」から発売されたばかりの新商品で、"ワンハンドで食べられる"を
テーマに鯛焼き業界初の試みとして誕生したとのこと。
中身はチキンとトマトの豊かな風味と、玉ねぎの甘さが優しい味わいの
チキンライスに、チェダーチーズが合わせられ、外側はふっくら卵で
つつまれています。なお、1個190円で「鯛吉」の12店舗にて発売中です。


明日は、小尾アナが実際に試食してきた"変わり種たい焼き"について
お伝えします。お楽しみに!


温泉も観光も『まるごと九州大周遊3日間(資料請求)』

今日は、ラジオショッピングの国内旅行!先日もたくさんパンフレットのご請求
をいただきました。行先は九州。名付けて『まるごと九州大周遊3日間』
佐賀空港を利用して、福岡・大分・長崎と見所たっぷりの九州4県を巡ります。
歴史を感じ、きれいな景色を見て、温泉に入って、美味しいお食事もあって
大満足の3日間。おすすめの旅行です。
171012九州旅行.JPG
往復飛行機とバスでの観光、別府温泉と長崎に宿泊、
2回の夕食を含む食事4回付。
日程は12月と年明け1月。温泉も観光も楽しめるおすすめの旅行です!
ご夫婦で、ご両親を誘って、お友達どうしで、九州へのご旅行をぜひ!
まずはパンフレットを無料でお届けします。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!