くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2019年2月 記事一覧

『小尾厳選! 通勤・通学時のお役立ちグッズ特集!!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2019年2月21日(木) デイリー「ホッと」トピックス
『小尾厳選! 通勤・通学時のお役立ちグッズ特集!!』


デイリー20190221.jpg


総務省が2016年に実施した「社会生活基本調査」によりますと、
全国の通勤・通学の平均時間は1日あたり1時間19分。
最も長いのが神奈川県で、全国平均よりも26分も長い1時間45分、
そして、それに続くのが千葉・埼玉・東京となっているそうです。
この番組をお聴きの皆さんの中にも、長い時間をかけて通勤・通学
されているかたがいらっしゃるのではないでしょうか?


そこで、今日と明日の2日間は、小尾さんが厳選した通勤・通学時に
役立ちそうな便利グッズを、いくつかご紹介します。


通勤や通学の際、ついウトウトしてしまい乗り過ごしそうに......、
という経験をされたかたも多いのではないでしょうか?


まず、ご紹介するのは、そんなときに役立ちそうなグッズ。
主に文具の製造・販売を手がけるキングジムから発売されている
『めざましイヤホン』。その名の通り、目覚まし時計とイヤホンが
一体となった商品です。


もちろん、スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーなどにつないで
音楽を聴くといった、普通のイヤホンと同じような使い方ができるます。
さらに、タイマーを使用すると、設定した時間にイヤホンが振動!
これにより、周りの人に迷惑をかけることなく、乗り過ごしを防ぐことが
できるそうです。振動は3段階から選ぶことができるので、そのときの環境
などに応じて調整できるのも嬉しい!
こちらの『めざましイヤホン』は、税別6000円で発売中。
 

続いてご紹介したのは、ランブレラ合同会社から発売されている
『ランブレラ・ベーシック』という傘。


雨の日、満員電車のなかで片手にかばん、もう一方の手に傘という状況に
なったことはありませんか? 
こうなると吊り革も掴みづらいし、何かと不便ですよね?


そんなお悩みを解決してくれるのが、こちらの『ランブレラ・ベーシック』。
持ち手の部分がアルファベットの小文字の「r(アール)」のような形に
なっているので、そこにかばんを掛けることができます!
ちなみに、およそ5kgの荷物までOKとのこと。
こちらの『ランブレラ・ベーシック』は、ダークネイビー、ブラックの
2色で展開。税別3700円で発売中。


明日も『通勤・通学時に役立ちそうな便利グッズ』をご紹介します。
お楽しみに!

何度食べてもおいしい!『本数の子 黄金松前漬』

今日は『本数の子 黄金松前漬』をご紹介しました。
箸で持ち上げたら折れそうなほど迫力のある数の子!
ほぼ姿のままの『一本羽』がゴロゴロ入っているんです。
この迫力は、『黄金松前漬』だからこそ!とっても豪華!
口の中で噛んだ時のコリコリッとした音も、更においしさを引き立てます。
数の子の量もすごい!この立派な数の子と、松前漬に絡めた数の子も合わせると
ナント約6割が数の子。数の子好きにはたまらないボリューム!
これが解凍するだけで食べられます。一度食べたらやみつきになるおいしさ!
常備しておけば季節を問わず重宝しますよ。
190221黄金松前漬.JPG
味付けもいい!北海道産の風味豊かな昆布や、スルメを加えて
旨みたっぷり醤油ベースの特製調味ダレで漬け込んでいます。
大きな数の子にもしっかり味がしみていて食感もよく、磯の風味が口いっぱいに広がりますよ!
函館の一流水産メーカー《布目》が、味のしみこみと食感にこだわって
『黄金松前漬』に合う数の子を直接買い付けしているからこそ、これだけおいしい!
発売から30年以上のロングセラーで、地元北海道でも売れている人気の商品。
ご飯にもお酒にも合うので、ご家族皆さんで召し上がってください!
大きな500g入りのパックが2袋・合計1キロでお届け。
2セット以上のまとめ買いで全国送料無料!『黄金松前漬』をたっぷり味わってください。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

2月20日 鈴木慶一のロック半世紀前 その3 1969年の巻

今週のお客様は、一昨年、去年に続き3回目の登場となった鈴木慶一さん。
一昨年の1967年、去年の68年に続き、今回は69年のロックを俎上に。
k20190220k.jpg
*プレイリスト*
・夜は許してくれない/Controversial Spark
慶一さんのバンド、コントロヴァーシャル・スパークの、
出たばかりの2枚目のアルバムから1曲。
・ギミー・シェルター/ローリング・ストーンズ
ロックが転機を迎えた69年。
どうしてもオルタモントの悲劇に言及しないわけにはいきません。
「女性ボーカルを入れて、この頃からミックの省エネ時代が始まります。
 ライ・クーダーのフレーズをパクった疑惑もささやかれてます」
・イージー・ライダーのバラード/ロジャー・マッギン
映画「イージー・ライダー」のサントラから。
この映画は何度も繰り返し見ました。
これを見て、音楽を作る人になりたいな、と思ったのです(慶一)
・ヴィクトリア/キンクス
69年はロック・オペラの年でもありました。
ザ・フーはトミーを、
そしてキンクスは「アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡」を。

*オープニング・ナンバー*
恋の干草/ファウンデーションズ
69年のヒット曲リストから邦丸さんがセレクト。
なんで恋の干草なんだろう...と、スタジオで盛り上がりました!


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


タレント・副島淳さん

2019年2月20日(水)極シアター

本日の「極シアター」は、俳優・タレントの
副島淳さんでした。

k20190220j.jpg


身長195センチ!アフロヘアを入れると2メートル超え!
そんなデカ~い副島淳さんは、現在34歳。
父はアフリカ系アメリカ人、母は日本人のハーフで、
東京都大田区蒲田生まれ、千葉県浦安市で育ちました。
大学時代まではバスケットボールに打ち込み、
卒業後は、雑誌などのモデルとして芸能活動をスタート。
その後、見た目は外国人なのに、中身は日本人という
ギャップを活かし俳優・タレントとして活躍。
NHKの情報番組ではレポーターも務め、お茶の間でも
人気者になっています。


今回は、アフロの手入れをはじめ、苛められた体験、
恐ろしい誘拐事件、バスケットに打ち込んだ青春など、
興味深いエピソードを楽しくご披露いただきましたよ。

k20190220h.jpg

副島淳さんご出演、「歴タメLIVE 
歴史好きのエンターティナー大集合!第4弾」は、
3月15日(金)から17日(日)
東京・六本木の「EXシアター六本木」で上演です。
チケットは、全席指定で、税込み7300円、
現在プレイガイドで発売中です。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『今、「葉山アイス」が人気に!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2019年2月20日(水) デイリー「ホッと」トピックス
『今、「葉山アイス」が人気に!』


k20190220i.jpg


「葉山アイス」は、神奈川県・葉山町にある棚田で収穫された
お米を使ったアイスで、葉山に魅せられて移住した若者と、地元のコメ農家がタッグを組んで
生まれた商品だそうです。


「葉山マリーナ」などがあり、海のイメージが強い葉山ですが、沿岸部から車を少し走らせると、
のどかな里山が広がっている。
そのなかにある上山口地区の斜面の一角に、およそ60枚の棚田が広がり、その棚田でとれたお米を
アイスに使用しています。


「葉山アイス」の開発の中心となったのは、山口冴希さん(32)。
山口さんは2015年、ご主人や息子さんと一緒に東京都内から葉山に移住。
それまで農業とは無縁だったが、友人から誘われコメづくりに参加することに。


そこで直面したのが、農業を取り巻く厳しい環境。
上山口地区一帯に広がっていた水田は、戦後以降、徐々に民家や道路に変わり、
最近では、高齢化などで稲作をやめる農家も増えていたといいます。


そんななか、担い手のいなくなった棚田でのコメづくりに参加した山口さんは、
もっと多くの人に、この棚田のことを知ってもらうにはどうすればいいか、
考え始めました。
というのも、15枚ほどの棚田から収穫されるキヌヒカリは、年300~400キロ程度で、
ご飯として消費すると、あっという間になくなってしまうため、なかなか外に出回りません......。


そこで思いついたのが、"コメを使ったアイス"でした!
「アイスにすれば10キロのお米から1000個分が作れるはず」と考えた山口さんは、
料理好きだという腕を活かして試作を重ねていき、コメで作った甘酒にココナツミルクや豆乳を合わせ、
素朴な味のアイスを完成させました。


1年かけて商品化にこぎつけ、去年の春から「葉山アイス」と名付け、
町内や周辺地域で販売を始めました。
すると、去年の秋には、町のふるさと納税の返礼品にも選ばれるなど、徐々に知名度が広がっていき、
山口さん夫妻は、町内にアイスを製造できる自前の工房を構えるまでになりました。


今後に向けては、他の地域の棚田米を使ったアイスも作り、
全国の棚田をつなげていきたいとのこと。


「葉山アイス」は現在、葉山町にある商業施設「葉山ステーション」、
横須賀市にある農園レストラン「SHOKU-YABO農園」などで、1個・税別350円で発売中。
なお、350円のうち10円が棚田米づくりに活用されるそうです。
詳しくは、山口さんのお店「ちゃぶがえ」のフェイスブックなどをご覧ください。


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!