くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2020年3月 記事一覧

人気AV女優の紗倉まなさんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、人気AV女優の紗倉まなさんに
お越しいただきました。


本屋20200323.jpg


紗倉まなさんは1993年、千葉県のお生まれ。
工業高等専門学校在学中の2012年、SODクリエイトからAVデビュー。
2015年には『スカパー!アダルト放送大賞』で史上初の三冠を達成。
同時に、文才も発揮されており、瀬々敬久監督により映画化もされた
初小説『最低。』、さらに『凹凸(おうとつ)』、エッセイ集『高専生
だった私が出会った世界でたった一つの天職』、『働くおっぱい』、
スタイルブック『MANA』など、数多くの本を出版されています。


今回は、紗倉まなさんの小説『春、死なん』についてお話を伺いました。


☆『春、死なん』
 (講談社より、税別1400円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

お笑い芸人・ダンカンさん

2020年3月23日(月)極シアター


本日の『極シアター』には、タレント・俳優・放送作家・脚本家
としてもご活躍中のダンカンさんをお迎えしました。


極シアター20200323.jpg


ダンカンさんは1959年、埼玉県のお生まれ。
落語家を目指し立川談志一門に入門され、「立川談かん」として活動。
その後、談志師匠からビートたけしさんを紹介され、たけし軍団に入団。
バラエティ番組を中心に活動される傍ら、スポーツや社会情勢・時事ネタ
などにも関心が高く、コメンテーターとしてもご活躍。
また、放送作家としても多くの番組構成を手がけるほか、脚本家としても
活動中です。


今回は、ダンカンさんの愛する野球や阪神タイガースに関する話題をはじめ、
談志師匠に入門された後、たけし軍団へと移られた経緯、現在公開中の映画
「Fukushima50」への出演、東京オリンピックの延期問題などについてお話し
いただきました。


また、第三幕では、プロレスラーの棚橋弘至さんと一緒に、リスナーの
皆さんに日ごろのウップンを晴らしていただこうという企画「ダンカン
身代わり不動尊」をお届けしました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『かつての銀行がホテルに変身!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2020年3月23日(月) デイリー「ホッと」トピックス
『かつての銀行がホテルに変身!』


デイリー20200323.jpg


先日、かつて銀行だった建物をリノベーションしたホテルが誕生し、
話題となっているそうです!


その銀行というのは、東京・日本橋兜町にある、かつての『旧第一銀行別館』。
日本で最初の銀行として知られる『旧第一銀行の別館』は、築97年という
貴重な歴史的建造物なのだとか。


そんな『旧第一銀行別館』をリノベーションし、ホテルをはじめ、レストラン、
ビアホール、カフェ、バーが入る複合施設『K5(ケーファイブ)」が誕生!


歴史的建造物の外観などはそのままに、内部を丁寧にリノベーションして
生まれた、こちらの『K5』。建築・空間デザインを監修したのは、
スウェーデン・ストックホルムを拠点に活躍する建築家パートナーシップ
『クラーソン・コイヴィスト・ルーネ』。歴史的建造物の重厚感と素材感を
尊重しつつ、北欧と和のテイストが絶妙なバランスでブレンドされた、
とても斬新な施設となっているそうです。


建物の2階から4階にデザイン性の高いブティックホテルが入り、
20平米〜80平米までタイプの異なる20部屋が用意されています。
すべての部屋にレコードセットが置かれているなど、アナログな
雰囲気のなかで、ゆったりとした時間を過ごせるようになって
いるのが特徴なのだとか。
ちなみに、料金は、1泊およそ3万円~15万円ほど。


また、地下1階と1階には宿泊者以外も気軽に利用できる飲食店が入っています。
たとえば、地下1階のビアホール「ビー」は、アメリカ・ニューヨークにある
クラフトビールメーカー『ブルックリン ブルワリー』の世界初となるフラッグ
シップ店で、こちらのメーカーの様々なビールと、タコスなどのメキシカンを
中心としたフードを提供しているそうです。


こちらの複合施設『K5』は、東京メトロ東西線・日比谷線の茅場町駅から
歩いて5分ほど、同じく銀座線・半蔵門線の三越前駅からも歩いて10分ほどの
場所にあります。詳しくは、『K5』の公式サイトをご覧ください。

ご飯をモリモリ食べられちゃう!『《江戸前でぃ》生のり佃煮&茎わかめ佃煮』

今日は『《江戸前でぃ》生のり佃煮&茎わかめ佃煮』をご紹介しました。
昔ながらの「直火炊き」で作っています。
国内産丸大豆醤油や鹿児島県産のサトウキビから作られた砂糖などを加えて
その日の気温や湿度を見ながら熟練の職人が絶妙に炊き上げますので、おいしさが違う!
上質なご飯のお供です。忙しい朝も食事の支度がグンとラクになりますよ!
200323生のり茎わかめ佃煮.jpg
<生のりの佃煮>
《江戸前でぃ》の名前の通り、千葉県木更津沖の生のりを使用。
一般的な海苔の佃煮と違って、海苔の繊維がわかるほど"立って"います。
これは、生のりで、使っている海苔の量が多いからなんです!
更に、調味料で調整することもありません。


<茎わかめの佃煮>
神奈川県横須賀市の無人島としても有名な、猿島産わかめを使用。
見た目のテリが食欲をそそり、食べると柔らかくて歯ざわりもいい!
甘辛の味付けが、ご飯にもお酒にも合いますよ。

一瓶あたりの分量、「生のりの佃煮」85g、「茎わかめの佃煮」60g。
それぞれ、5瓶・合計10瓶セットにしてお届けします。期間限定で、関東地区の送料は無料です。
江戸前の素材が活きた佃煮を、ご家族みなさんで味わってください!
関東地区送料無料は3/31(火)夜6時まで!ご注文はお早めに。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

DEEN・池森秀一さん

2020年3月20日(金) 極シアター

IMG_2686.jpg

 きょうの『極シアター』は、DEENのヴォーカル 池森秀一さんをお迎えしました。

 音楽の話はもちろんのこと、"蕎麦愛"について伺いました。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

 

DEENオフィシャルサイト
  *Digital Single「そばにいるだけで」配信中   *3月25日リリース27th Blu-ray&DVD「DEEN PREMIUM LIVE AOR NIGHT CRUISIN'」

 

『DEEN池森秀一の365日そば三昧』

DEEN池森秀一の365日そば三昧【公式】Twitter(@soba_ikemori)

 

■DEEN・池森秀一さんのプロフィール

 1969年、北海道のご出身です。
 1993年、池森さんとキーボードの山根公路さんが中心となり、DEENを結成。NTTドコモの「ポケットベル」のCMソングとなったデビュー曲「このまま君だけを奪い去りたい」が、いきなりミリオンセールスを記録。その後も「瞳そらさないで」や、「Memories」「翼を広げて」など数々のヒット曲を生み出し、現在までにシングル47枚、コンセプチュアルマキシシングル4枚、アルバム32枚をリリースされ、CDの総セールスは、1,500万枚を超えています。
 その歌声を活かす一貫した楽曲づくりで、根強い支持を受け続けていらっしゃる一方、プライベートでは、蕎麦好きという一面でも知られ、365日ほぼ毎日蕎麦を食べているという偏愛ぶりは、テレビ番組「マツコの知らない世界」でも取り上げられ話題となりました。
 そのユルくて、ちょっとマニアックな蕎麦ライフをまとめた本『DEEN池森秀一の365日そば三昧』を、ことし1月に刊行された池森秀一さんです。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!