くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

9月18日 グレン・キャンベルの素晴らしき世界

今週末から、グレン・キャンベルの晩年を記録し、グラミー賞を受賞、アカデミー賞にもノミネートされた映画「アルツハイマーと僕 グレン・キャンベル 音楽の奇跡」が公開されるのを記念して、萩原健太さんが彼の代表曲をドーン! とご紹介くださいました。
また初日の21日 土曜日には、新宿シネマ・カリテにて、健太さんと能地祐子さんのトークショーも行われます。皆様ぜひお出かけください。
k20190918k.jpg
*プレイリスト*
1)ウイチタ・ラインマン
Wichita Lineman
*1968年から翌年にかけ全米3位の大ヒット。
 作者はジミー・ウェッブで、オルガンでも参加している。
 カンザス州ウィチタの電線保安要員の唄。
「グレン・キャンベルは、ジミー・ウェッブの曲でいくつかヒットを飛ばしていますが、
 これが近年いちばん評価の高い作品なんです」

2)カミング・ホーム
Coming Home
*1975年夏、コカ・コーラのCMソングとして日本で大ヒット。
 オリコンで26位。文化放送「オールジャパン・ポップ20」で最高位4位、年間19位を記録

3)ラインストーン・カウボーイ
Rhinestone Cowboy
*1975年日本で「カミング・ホーム」が大ヒットしていた頃全米№1に輝いた。
「アメリカ人特有の外向きの明るい声...
 そしてギターもめちゃくちゃ上手いんです」

4)アディオス
Adios
 *2017年のラスト・アルバム 表題曲。ジム・ウェッブ作。
「アメリカ人なら誰もが知るスーパースターなんですが、
 2011年にアルツハイマーを公表して、
 そこから本人の希望で、家族で構成したバンドとともに
 150本以上のツアーを行ったんです。
 そのころの記録が今回の映画になっていて...
 歌詞は覚えられないからプロンプターを見ながら、
 でもメロディーは完璧だし、ギターソロもバリバリだし。
 アルツハイマーは彼からいろんな物を奪いましたが、
 音楽と、そして家族の愛だけは奪うことができなかったんですね」

*オープニング・ナンバー*
レッツ・ワーク・トゥギャザー/キャンド・ヒート
Let's Work Together / Canned Heat
「キャンベルといえば缶詰、缶詰といえばキャンド・ヒート...」(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

9月11日 令和にはちょっと大げさ!?なロック・ソングズ

今週は中村真理さんがご登場。
聞いてみたいロックの曲を思い浮かべると、どれも「今聞くと、ちょっと大げさ?」と
思えるものばかりになってしまったので、こんなテーマにした、とのこと。
DSC09566.JPG
*プレイリスト*
1)バラクーダ/ハート
Barracuda/Heart
バンド売り出しのため、中心メンバーのウィルソン姉妹がレズビアン...という
とんでもない噂を流そうとしたレコード会社への怒りを込めて書かれた曲。
皮肉なことに、それが初めての大ヒットナンバーとなりました。
2)伝承/カンサス Carry On Wayward Son
わがまま息子よ、そのまま進め...という親心がテーマでは...という真理さんの解釈。
3)カム・セイル・アウェイ/スティクス
Come Sail Away / Styx
のちに「ミスター・ロボット」などの大ヒットを飛ばすスティクスの出世作。
「最後にエイリアンが登場する宇宙を舞台にした曲」ということで、
上の写真のようなポーズになりました(笑)
*オープニング・ナンバー*
自由への疾走/レニー・クラヴィッツ
(砂山セレクション。大げさな曲を思い浮かべたらこれだった!とのこと)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


9月4日 令和記念 新シリーズ ある日のiPod その2

今週は、9月15日に「元祖万博ウルフルズ #ヤッサ」のメンバーとして
「​氣志團万博2019 〜房総ロックンロール最高びんびん物語〜」に出演される
サンコンjr.さんがご登場。
k20190904n.jpg
*プレイリスト*
1)ウム・ウム/メイジャー・ランス
Um Um Um Um / Major Lance
*メイジャー・ランス(1939?~1994)
1963年、ゴーゴー時代を代表するヒット曲。
作者は高校の友人(同級生とも後輩とも)である
カーティス・メイフィールド。64年に全米5位。
2)アップ・ザ・ライン/リトル・ウォルター
Up The Line / Little Walter
*リトル・ウォルター(1930‐1968)
ストーンズが敬愛するブルースマン、ハーピスト。
この曲は1963年のシングル。
「かなりケンカっぱやい人で、顔にはものすごいキズが...」
3)アップタイト/スティーヴィ・ワンダー
Uptight / Stevie Wonder
*天才少年として終わるかと思われたスティーヴィが、
1965年、声変わり後に放った記念碑的大ヒット。全米3位。
この曲の成功でミュージシャンとしてのその後が保証された。
スティーヴィが作ったリフを基にソングライターが仕上げた。
4)アップタウン/プリンス
Uptown / Prince
*1980年のアルバム「ダーティ・マインド」からのシングル。
偏見や人種差別のない理想社会「アップタウン」を描いた。

*オープニング・ナンバー*
霧の中の二人/マッシュマッカーン
as the years go by /mashmakhan


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


8月28日 ちょっと足りない?いえ、いいんです これで

スペシャル・ウィークにお迎えしたのは、ヨッちゃん=野村義男さん。
名古屋からの当日移動で、新幹線が停電でストップしてしまい、一時はどうなることかと思いましたが、
なんとか間に合ってご出演いただけました!
「ホームできしめん食べてたら、この後運転するかどうかわからないからって言ってるから、
 飛び乗っちゃいましょうってマネジャーに言われて...半分くらいしか食べてないのに。
 あれが心残りで...」とホントに残念そうでした!
k20190828n.jpg
今回は、ロックコンボ最少編成より人数が少なかったり、ギターがいなかったり、弦の数が少なかったり...という
フツーじゃない楽曲を集めてお送りしました。
最後は「ふつうのバンドの音」、ヨッちゃん参加ユニットの最新アルバムからご紹介。
*プレイリスト*
ベンフォールズ5
「Jackson Cannery」
ロイヤルブラッド
「Lights out」
ザ・プレジデンツ・オブ・ジ・ユナイテッド・ジ・アメリカ
「LUMP」
Sho-ta with Tenpack riverside rock'n roll band
「Get wild」
*オープニング・ナンバー*
オールマン・ブラザーズ・バンド「ジェシカ」


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


8月21日 祝!フランキー・ヴァリ6年ぶり「最後の」来日

今週は萩原健太さん。9月に来日の迫ったフランキー・ヴァリの特集でした。
k20190821r.jpg
*プレイリスト*
1981年のライヴ盤から、以下をご紹介しました。
01. Who Loves You (4:59)
02. Medley: Sherry, Walk Like A Man, Big Girls Don't Cry, Bye Bye Baby (Baby Good Bye) (4:59)
03. Can't Take My Eyes Off You (3:56)
*オープニング・ナンバー*



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!