くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

3月27日 ハル・ブレインよ、安らかに

純子さん担当最終週のゲストは萩原健太さん。
3月11日、90歳の生涯を閉じた名ドラマー、ハル・ブレインの参加作品を特集してお送りしました。
k20190327k.jpg
 *ハル・ブレイン(1929―2019)
  12歳で姉にプレゼントされドラムを始める。10代でプロ、
後にフィル・スペクターのセッションに参加する。
60年代には「レッキング・クルー」の一員として、前回紹介の
ジョー・オズボーンらと八面六臂の活躍、70年代にかけて
全米1位およそ40曲、TOP10ヒットおよそ150曲に参加、
参加曲がグラミー賞レコード・オブ・ジ・イヤー6年連続受賞。
ビーチ・ボーイズ、サイモン&ガーファンクル、カーペンターズ、フランク・シナトラ、フィフス・ディメンション、モンキーズらの
数多くのヒットに関わる。島倉千代子「愛のさざなみ」も。
*プレイリスト*
★ビー・マイ・ベイビー/ ロネッツ
The Ronettes / Be My Baby
✳1963年8月発売、全米2位。フィル・スペクターの代表作。
 スペクター、ジェフ・バリー、エリー・グリニッチ作。
「ビー・マイ・ベイビー」という曲を説明するのに、
あの「ド、ドド、パ!」から始まる歌だよ...というのが一番早いでしょう?
★ドラマー・マン / ナンシー・シナトラ
Nancy Sinatra/ Drummer Man
*1969年、ナンシー最後のチャート・ヒット。
ジャケットには「ハル・ブレーン」のクレジットも。
僕が初めてハル・ブレインの名前を知ったのがこのレコード。
ジャケットに名前が出ていたんです(健太)
★輝く星座/フィフス・ディメンション
The Fifth Dimension - Aquarius / Let the Sunshine In
✳1969年の全米1位。ミュージカル「ヘアー」の中から
 2曲をメドレーにしたシングル。「ヘアー」を鑑賞して
 感銘を受けたメンバーが録音を提案して生まれた。
「普通の事をやってるだけなんだけど、この感覚は...
 ほかの誰にも出せないですよね」(健太)
★遥かなる影 / カーペンターズ
The Carpenters/Close To You
*1970年、全米1位。バカラック=デヴィッド作。
  カーペンターズの出世作となった。
  リチャードがキーボード類をプレイ。
  ハル・ブレインとジョー・オズボーンのリズム・セクション
「スローな曲でも、実にすばらしいドラムを叩きます。
 音楽のジャンルを選ばないドラマーなんです。
 ジョン・デンヴァーのバックで来日したこともありますし、
 ジョークだけをしゃべってるレコードを出したこともあります」
*オープニング・ナンバー*
チェリー・ボム / ザ・ラナウエイズ
「桜が満開ってことで」(邦丸)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

3月20日 グラミー賞最優秀R&Bソング受賞の名曲集

今回は2年半ぶりに、ラッツ&スターのベース・ヴォーカル、佐藤善雄さんがスタジオに!
k20190320k.jpg
1968年からスタートしたグラミー賞のR&B部門。
その歴代最優秀ソングの中から4曲をご紹介しました。
*プレイリスト*
1968年受賞曲
ドック・オブ・ザ・ベイ/ オーティス・レディング
Otis Redding - (Sittin' On) The Dock Of The Bay)
  ✳グラミー賞にこの部門が創設されて最初に受賞した曲。
 作者はオーティスとスティーヴ・クロッパーの二人。
 オーティスは67年12月10日に飛行機事故で他界、
 この曲は没後、ヒットチャートの1位に輝きました。

1972年受賞曲
パパ・ウォズ・ア・ローリング・ストーン / テンプテーションズ
The Temptations - Papa Was A Rolling Stone
*1972年の受賞曲。作者はノーマン・ホイットフィールドと
バレット・ストロング。全米1位を記録した大ヒット。
救いようのない男の生涯を淡々と歌う内容で、
社会性が盛り込まれた歌がヒットした時代を代表する曲。

1973年受賞曲
迷信 / スティーヴィ・ワンダー
Stevie Wonder - Superstition
✳スティーヴィがジェフ・ベックのために
 書いた曲だったがベックの録音が遅れたため、スティーヴィの
 ヴァージョンが先に世に出ることになり、全米1位に。

1974年受賞曲
汚れた街 / スティーヴィ・ワンダー
Stevie Wonder - Living for the City -
 *1973年の「インナーヴィジョンズ」収録。
  全米8位を記録。この曲も「パパ・ウォズ・ア...」同様、
  当時の黒人たちの置かれた悲惨な状況を告発している。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


3月13日 春うららに聞きたくなった『お馬鹿さん』なヒットパレード

今週は、中村真理さんがスタジオに登場。
穏やかな春の季節に聞きたくなった曲を集めていたら、タイトルに「Fool」という言葉がつく歌ばかりになりました、ということで「お馬鹿さん」なヒット曲を集めてご紹介しました。
k20190313j.jpg
*プレイリスト*
恋はくせもの / ダイアナ・ロス
Why Do Fools Fall In Love / Diana Ross
 
✳オリジナルはフランキー・ライモン&ティーンエイジャーズで
 1956年にR&Bチャート1位、全米6位。その後、
 ビーチ・ボーイズ等数多くのアーティストにカヴァーされている。
 ダイアナのヴァージョンは81年に全米7位を記録。

恋のあやまち / リック・スプリングフィールド
What Kind Of Fool Am I / Rick Springfield

 *1982年に全米21位を記録。
  アルバム「Success Hasn't Spoiled Me Yet
(邦題:アメリカン・ガール)」からのシングル。
  有名なスタンダードとは同名異曲。

フール(旧題・青春のいたずら) / クリス・レア
Fool(If You Think It's Over)

✳1978年のデビュー盤、ガス・ダッジォンがプロデュースの
「何がベニーに起こったか」から、全米12位の大ヒット。
アダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位に。
 グラミー賞ソング・オブ・ジ・イヤーにノミネートされるが
 ビリー・ジョエル「素顔のままで」に阻まれた。

ラヴフール / ザ・カーディガンズ
Lovefool / The Cardigans

 *1996年の世界的大ヒット。アメリカでは集計ルールにより
  HOT100にはランキングされなかったが、エアプレイ等の
  チャートで№1を獲得している。

*ピンチヒッター砂山アナのため、オープニング・ナンバーはなし



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


3月6日 ウルフルズの新曲「リズムをとめるな」のリズムについて考えてみる

今週はサンコンjr.さんがスタジオに登場。
ウルフルズの新曲「リズムをとめるな」の「リズム」を
どんな風に構築していったのか、
そしてそのヒントになった曲の数々をご紹介いただきました。
ウルフルズファン、そしてドラムに興味ある方には参考になったはず!
k20190306m.jpg
*プレイリスト*
・A Raggedy Ride / Barbara Acklin
レコード会社の秘書からソングライター、歌手へと転身。
この曲は69年のセカンド・アルバム冒頭に収録。
スウィングアウト・シスター「アム・アイ・ザ・セイム・ガール」
(=ヤング・ホルト・アンリミテッド「ソウルフル・ストラット」)
のオリジナルも収録。シャイ・ライツのユージン・レコード夫人。

・I've Got Money / James Brown
1962年のシングルB面曲。全米93位を記録。
 後のファンク路線の先駆け、知られざる名曲と言われる。
クレイトン・フィリアウの「暴走するドラム」、
 ぶった切るギターコード、ジュディ・ガーランド
「トロリー・ソング」を引用したホーンのフレーズ...
「1962年にこのリズムはすごすぎる!」

・Spread / OutKast
アトランタのヒップホップ・デュオが2003年に出した
 メガヒット2枚組「スピーカーボックス ザ・ラヴ・ビロウ」
収録のナンバー。

*オープニング・ナンバー*
「僕のリズムを聞いとくれ / サンタナ」
邦丸さん、ずっと歌ってました~!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


2月27日 負けるな!闘病中のミュージシャンたち

今週のゲストは萩原健太さん。
闘病中のミュージシャンたち、その代表曲を聞きながら、エールを贈るという企画をお届けしました。
k20190227k.jpg
*プレイリスト*
ショー・ミー・ザ・ウェイ/ピーター・フランプトン
Show Me The Way / Peter Frampton
1975年のメガ・ヒット「フランプトン・カムズ・アライヴ」から
シングルカットされ全米6位を記録。フランプトンは先日、
筋力が徐々に低下する封入体筋炎を患っていることを公表、
今年の夏~秋にかけ北米で「さよならツアー」を行う。

悪いあなた / リンダ・ロンシュタット
You're No Good/ Linda Ronstadt
リンダの出世作、1974年に全米№1に輝いた。
1990年代から甲状腺の病気に冒されていたと言うリンダ、
2005年以来パーキンソン病に罹患し「もう歌えない」。
「先日、ドリー・パートンのイベントに、エミルー・ハリスと共に出席して...歌は歌えませんでしたが、それだけで会場が感動に包まれていました」
西海岸のアイドル的存在として、みんなたリンダに認めてほしくて音楽をやっていた時代があった、と健太さん。

青春の光と影 / ジョニ・ミッチェル
Both Sides Now /Joni Mitchel
69年の2ndアルバム「クラウズ(邦題・青春の光と影)」収録曲ですが、
今回は2000年リリースの「ある愛の考察 ~青春の光と影」収録の再録ヴァージョンをお送りしました。
ジョニは2015年3月に自宅で倒れている所を発見され「脳動脈瘤」で自宅療養中。
「ジョニも久しぶりにJTと会った時の写真が公開されましたね」
妙なコードをつけるのが得意で、西海岸のミュージシャンたちはみんなジョニに褒められたくて妙なコードを工夫していた...と健太さん。

シャロウ / レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー
Shallow / Lady Gaga & Bradley Cooper)

最後は昨年公開された「アリー/スター誕生」を代表する一曲。
アカデミー賞歌曲賞を受賞したシーンは忘れられません。
「パフォーマンスの時、あ、ブラッドリー・クーパーってやっぱりそんなに歌はうまくないんだなってわかった(笑)」
ガガは全身に耐えがたい激痛が走る「繊維筋痛症」と長らく闘病中です。

*オープニング・ナンバー*
恋の診断書/キャロル・ダグラス
Doctor's Orders / Carol Douglas
相模原のディスコで邦丸さんの友達が踊りまくっていたという曲!


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!