くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

1月16日 ロックンロール夜明け前

今週は、元日、家族でロマンスカーに乗って箱根に遊びに行ったというサンコンjr.さんが登場!
1940年代の音源から、ロックンロールの息吹を感じさせてくれる5曲をご紹介いただきました!
k20190116m.jpg
*プレイリスト*
The Deacon's Hop / Big Jay McNeely
Good Rockin Tonight / Wynonie Harris
The Hucklebuck / Paul Williams
The Hucklebuck / Frank Sinatra
Ain't That Just Like a Woman / Louis Jordan
*オープニング・ナンバー*
長い夜/シカゴ
「夜明け前、ってことで」(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


1月9日 新春特別企画!タイムスリップ1979

あけましておめでとうございます!
今年も「洋楽ジャパンX」よろしくお願いします。
新年のトップバッターは、中村真理さん。k20190109j.jpg
いまからちょうど40年前、1979年のヒット曲から選りすぐりの名曲をセレクトしていただきました。
邦丸さん22歳、真理さんも同学年なので!
そしてなんと!二人とも大学を留年したという衝撃の過去が明らかに...
*プレイリスト*
My Sharona / The Knack
(マイ・シャローナ / ザ・ナック)
1979年を代表するビッグヒット、「マイ・シャローナ」。
フジロックで見たことがあるという真理さん。
シャローナは実在の女性で、歌の作者であるダグ・フィージャーが2010年に世を去るとき、過去に別れた相手でもあるにもかかわらず、その最期を看取ったんだそうです...
Got To Be Real / Sheryl Lynn
(ガット・トゥ・ビー・リール / シェリル・リン)
かつて「Djデブジャン」として、この曲をテーマに、
DJをしていたという邦丸さん。当時の話で盛り上がりました。
シェリル・リンはゴング・ショウで見出されたんだそうです!
In The Navy / Village People
(イン・ザ・ネイビー / ビレッジ・ピープル)
ビレッジ・ピープルの「YMCA」に次ぐビッグヒット。
なんとホントにアメリカ海軍の依頼で作られた歌なんだって!
Chuck E.'s In Love / Rickie Lee Jones
(恋するチャック / リッキー・リー・ジョーンズ)
最後はどこかけだるいナンバー。
リッキー・リーとトム・ウエイツがかつて付き合っていた、
というエピソードを中心にお話いただきました。
*オープニング・ナンバー*
What A Fool Believes / The Doobie Brothers
(ホワット・ア・フール・ビリーブス/ドゥービー・ブラザーズ)
1979年のヒットナンバーから、邦丸セレクション。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


12月26日 来し方行く末をニール・ヤングと考える2018年歳末

2018年の洋楽ジャパンX,トリはやはり萩原健太「師匠」。
12月19日に、二ール・ヤングの発掘ライヴ・シリーズ最新盤、
「ソングズ・フォー・ジュディ」がリリースされたのに合わせ、
これまでに10枚ほど出たシリーズの中から、
弾き語りの名曲・名演を集めてご紹介いただきました!
k20181226i.jpg
*プレイリスト*
孤独の旅路
   Heart of Gold (2018 "Songs for Judy" 1976 rec) 2:53
*1972年の大名盤「ハーヴェスト」収録、シングルは
  全米№1。1976年11月、クレイジー・ホースとの
  全米ツアーからアコースティック・セットを集めたライヴ盤
  「ソングズ・フォー・ジュディ」(12月19日発売)から。

エクスペクティング・トゥ・フライ Expecting To Fly
(2008 "Sugar Mountain Live At Canterbury House 1968") 2:38
 *初出は1967年「バファロー・スプリングフィールド・アゲン」。
  シングルは全米98位を記録している。このヴァージョンは、
  2008年リリースのミシガン州アン・アーバーでのライヴ
  「シュガー・マウンテン ライヴ・アット・カンタベリー・ハウス
  1968」収録。(1968年11月9日、10日収録)

オハイオ Ohio (2007 "Live At Massey Hall 1971") 3:40)
 *70年5月4日、オハイオのケント州立大学で、米軍カンボジア
  爆撃反対集会に集まった学生に州兵が発砲、4人が射殺される
  悲惨な事件が起きた。ニールはすぐこの歌を書き、CSN&Yで
  録音、17日後に発売され、全米14位を記録。
  今回は「ライヴ・アット・マッセイ・ホール 1971」から
  (71年1月19日収録、2007年リリース)

シー・ザ・スカイ・アバウト・トゥ・レイン
   See the Sky About to Rain
(2013 "Live at the Cellar Door" 1970 rec))
 *74年「渚にて」A面2曲目。バーズのカヴァーでも知られる。
  70年の11月~12月にかけ録音されたワシントンDCでの
  「ライヴ・アット・ザ・セラー・ドアー」から。(2013年)

*オープニング・ナンバー*
セイ・セイ・セイ / ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
「ヘイセイももうじき終わるし、
 今朝、たっぷりトッピングしたカレーを食べたらBGMにかかってたんですよ」
(邦丸)

★萩原健太さんのイベントが新宿ネイキッド・ロフトで12月30日に行われます!
CRT&レココレpresents vol.232
『CRT忘年会・平成の洋楽で年越しNIGHT』
OPEN 17:30 / START 18:30
※通常より1時間早いスタートです。ご注意ください。
料金: 1800円(+1drinkから)
※ご予約・お問い合わせはネイキッドロフト店頭電話 & webにて。
【電話】03-3205-1556 (16:30〜24:00)
※ご入場は先行予約→予約→当日、でそれぞれの当日先着順になります。
今年もお世話になりました。年の終わりはMC3人とお客さんの年間ベストや、CRTで特集できなかったアルバムなどをじゃんじゃか爆音で聴きながら忘年会です!平成最後の年末ですから、この30年間の"ニッポンの洋楽"も振り返ってゆきましょう。
【出演】萩原健太(音楽評論家)、祢屋康(レコード・コレクターズ編集部)、能地祐子(音楽評論家)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


12月19日 秦万里子の特選クリスマス・ソング・コレクション パート2

去年に引き続き、クリスマス前にお越しいただいた秦万里子さん。
「この時期に呼んでいただいたということは、またクリスマスソングを
 やれということかなと...」
ということで、ふだんは耳にすることがあまりないけれど、
実は絶品! なクリスマスソングを4曲、ご紹介いただきました。
k20181219l.jpg
*プレイリスト*
あめにはさかえ/ケルティック・ウーマン
 Hark the Herald Angels Sing / Celtic Woman
 *2012年のクリスマス・アルバムから。
  翌年、ダブリンでクリスマス・ソングのライヴを行い、
  その模様を収録したDVDつきの盤も翌年出ている。
  もともとは1840年に作曲されたメンデルスゾーンの
  祝典歌のメロディに歌詞を付けた讃美歌。

荒野の果てに/ザ・ピアノ・ガイズ
 Angels We Have Heard on High /The Piano Guys
 *ピアノとチェロのデュオで、メンバーにはプロデューサーと
  映像クリエイターも名を連ねている。
  演奏場面をユニークなヴィデオに収録、youtubeに投稿し
  人気を得、ソニーと契約したというキャリアの持ち主。
  この曲は2013年のクリスマス・アルバム冒頭の一曲。
  サブタイトルに「クリスマス・ウィズ・32フィンガーズ・
  アンド・8・サムズ」とあり、4人がグランド・ピアノの周りで、
  ピアノの弦を弾いたり擦ったりする楽しそうなヴィデオが
  アップされています。

貴方に楽しいクリスマスを/ジュディ・ガーランド
Have Yourself A Merry Little Christmas / Judy Garland
 *1944年の主演映画「若草の頃」(Meet Me In St.Louis)の
  オリジナル曲で、その後誰もが知るスタンダードとなった名曲中の名曲。
 「この歌は、アルペジオと普通の音階が交互に出てくる、
  歌ってみると、ホントに難しい一曲なんです」(秦万里子さん)

ディス・クリスマス/ダニー・ハサウェイ
 This Christmas / Donny Hathaway
 *1970年のシングルで、72年にヒットを記録。
  R&Bのクリスマス曲としては定番中の定番。
  「なんでヒットするまで2年もかかったか。
   まだ70年当時は、黒人が作ったクリスマスソングが
   ヒットするなんてありえないという状況だったんです。
   でも、72年までの2年間で劇的に状況が変わり、
   この歌も無事にヒットすることができたんです」

*オープニング・ナンバー*
「7時のニュース/きよしこの夜」サイモン&ガーファンクル

★秦万里子さんのライヴがあります!
 12月26日:秦万里子 クリスマスを過ぎてもハートはクリスマスVol.2@千代田区内幸町ホール
会  場 千代田区内幸町ホール
アクセスマップ
http://www.uchisaiwai-hall.jp/access/
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-5-1
TEL 03-3500-5578
日  時 2018年12月26日(水)
OPEN 18時30分
START 19時00分
チケット 全席指定
前売券 5,500円(税込)
当日券 6,000円(税込)
※前売券が終了した場合、当日券の発行はございません



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

12月12日 何かと多忙な歳末に贈る、大掃除がはかどるヒットパレード!

今週は中村真理さん、2か月ぶりのスタジオご登場!
k20181212n.jpg
何かと気忙しいこのシーズンにぴったりの、
「大掃除がはかどるヒットパレード」をお送りしました。
*プレイリスト*
Why Can't This Be Love / Van Halen
デイヴ・リー・ロスに代わり、サミー・ヘイガーがリード・ヴォーカルになってから初のシングル。
「横浜のタワーでかかってて、あんまりカッコいいからその場でシングル買っちゃいました」(真理さん)
お風呂の目地なんか磨くのに、ぴったりな歌じゃない? と、邦丸さん。
1-2-3 / Gloria Estefan & Miami Sound Machine
「マイアミ・サウンド・マシーン」から、リード・シンガーの名前を全面に打ち出した
「グロリア・エステファン&...」になってからのヒット曲。
お風呂に洗剤をスプレーするのにぴったりかも(邦丸)
The Glamorous Life / Sheila E
ホントはアポロニアのために書いた曲だったけど、途中で飽きたプリンスが、シーラEに提供。
One Vision / Queen
映画で何かと話題のクイーン。
ライヴ・エイドの経験を経て書かれたナンバーで、フレディ生前最後のツアーのオープニング曲。
「これは間違いなく、レンジや換気扇掃除向きだね」(邦丸さん)
*オープニング・ナンバー*
マルタ島の砂/ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス
「きょうのテーマにぴったりな曲だと思って」(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!