イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter

記事一覧

  • 第131回:新党「立憲民主党」結成

    こんばんは。10月に入りましたね。SAKIDORI!がスタートして、半年が過ぎたことになります。今後ともどうぞよろしくお願いしたします。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』。今日は民進党と希望の党の合流問題最新情報、そして新党結成の動きにフォーカス!

    国会前から山本カオリ記者が、新党結成を決意した枝野さん、無所属で戦う岡田克也さんと野田前総理のお話を、さらに民進党本部からは佐藤圭一記者が今日の動きと民進党の現在の様子を伝えてくれました。

    希望の党の小池代表について解説してくれたのは政治ジャーナリストの安積明子さん。少し弱気になってきている感じをうけるが、「谷深ければ山高し」で、思い切ったサプライズで高い山を登ろうとしているのでは?とのこと。



    『きょうのナマチュウ』は 今週1週間、シリーズでお届け!「サキドリ総選挙、この人に聞け!」です。

    初日の今日は元国土交通大臣、民進党の馬淵澄夫さんに繋いで、お話を伺いました。

    有権者はどう受け止めているのか?民進党の枝野代表代行の地元5区、大宮駅前で西村志野記者がインタビュー。詳しく「column~記者たちのオフマイク」もお読みください。

    ナマチュウ20171002.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』今週は石川真紀キャスターがお休みです。今日から日替わりのキャスターでお送りしていきます。

    サキドリ-20171002 (2).jpg

    今日は清水克彦デスクが「早稲田実業 清宮幸太郎がプロ野球球団と面談」を取り上げました。広島東洋カープが清宮選手を指名しない方針を明らかに。「野手では足の速い選手を求めている」というのが理由だそうですが、清宮選手も足は遅くないんですよね。

    ストップウォッチを持って六大学野球を見にいき、打ってから一塁に到達するまでの走りを計るという清水デスクに、「何故!?」と笑顔の水谷サブキャスター&河合薫さんでした。

    サキドリ-20171002 (3).jpg



    月曜コメンテーター 健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「がんと仕事」。

    今や二人に一人ががんにかかる時代、その半数がまだまだ働くことが出来る現役世代だといいます。しかしながら、がんを抱えながら生きる人の三人に一人が依願退職をしているのが現状です。

    「仕事でやるべきことがあるということ、仕事で誰かの役に立てるということは生きる上での土台になる。"働き方改革"とか言うんだったら、ADA(アメリカ障がい者法)を見習って、がんの人が働き続けられる社会に繋げてほしい。」とお話して下さいました。

    サキドリ-20171002 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎 アナウンサー。モントリオールで今日開幕した体操の世界選手権のお話から、「もしかしたら、日本人選手の名前の技が新たに!?」ということで、注目の2選手を紹介してくれました。

    "スギハラ"と"ミヤチ"、覚えておきましょう!

    サキドリ-20171002 (4).jpg



    『ニュースパレードアネックス』午後5時から始まった民進党の枝野代表代行の記者会見場から、取材中の山本カオリ記者が新党「立憲民主党」を結成した会見の様子を伝えてくれました。



    月曜の「世の中SAKIDORI」は放送作家でコラムニスト 山田美保子さんの『芸能アラカルト』 をお送りしています。

    今日は、今の芸能界・旬の顔を語りつつ、今後ブレイクするかもしれないタレントをサキドリ。

    どうやら、「今年36歳の男性タレント」がキーワードのよう。アラサーの年下女性からも、アラフォーの年上女性からも射程圏内で、幅広い層の女性をキュンキュンさせているのがその理由。

    高橋一生さん、星野源さん、大谷亮平さん、斎藤工さん、小泉進次郎さん...なるほど!すごいメンバーですよね!

    サキドリ-20171002 (6).jpg



    【今日の1曲】10月のクリスマス/浅香唯

  • 民進党・枝野代表代行が新党結成

    西村志野です。


    衆議院議員選挙をめぐり
    民進党と希望の党の合流など
    大きな動きがあるなか、
    民進党の枝野代表代行が
    新党「立憲民主党」を立ち上げました。


    きょうのナマチュウのコーナーでは
    枝野代表代行の地元、埼玉5区の
    JR大宮駅前から中継。


    地元の方たちは
    枝野さんの新党立ち上げの動きについて、
    どう思っているのか伺いました。


    地元の有権者のみなさんからは、
    枝野さんが気の毒、
    考えや政策が一致しないんだったら仕方がない
    という声が多く聞かれました。


    また
    昔から枝野さんを応援しているという方は、
    枝野さんは自分のポリシーを変える人じゃないから希望の党には行かないと思っていた。
    地元の大事な人だから期待したいと、
    話していました。


    日々めまぐるしく状況が変わっているなか、
    有権者である私たちも
    しっかりそれぞれの政策を見聞きして、
    考えたいですね。

Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2017年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

TOPへ
radiko