斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 訃報

    こんばんは、加納有沙です。
    今日午前、あまりにもショックなニュースが届きました。
    新型コロナウイルスによる肺炎で入院されていた、志村けんさんの訃報。
    昨夜遅く、逝ってしまわれました。倦怠感を感じてから、およそ2週間での急逝。
    日本を代表する稀代のコメディアン。
    当たり前にテレビのなかにいて、親しみやすさがある。
    そんな志村さんの死は、親族を失ったかのような喪失感・悲しみが広がります。

    わたしたちは、新型コロナウイルスのことをまだまだ甘く見ているのだと思い知らされました。
    こんな事態にも関わらず、気軽に外出し、遊びに行ってしまう人たち。
    『私はかからないから大丈夫』『もし自分がウイルスにかかってしまっても軽症だろうから平気』じゃ、ダメなんです。

    ウイルスは【人】が広げているということを自覚すべきです。

    みんなが予防を心がけないと意味をなさないこと、よく頭に叩き込んでいただきたい。
    今日、医師で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんにお話を伺いました。
    「オーバーシュート(爆発的な感染者増加)」が起き「ロックダウン(都市封鎖)」が起きた場合、感染拡大防止には一定の効果が表れると思いますが、それが解除された後も気を緩めてはいけないということでした。
    というのも、外出自粛をするだけでは「新型コロナウイルスに対する免疫力があがった」とは言えないからです。


    ロックダウン解除後、他国からまたウイルスが入ってきて感染拡大が起きると、新型コロナウイルスのワクチンや薬が開発されていないと具体的な対策がないということをお話しいただきました。
    はたして、来年に延期された東京五輪は開けるのでしょうか。
    日本だけの話ではなく、世界が参加するイベント。世界中が協力し合って、この困難を乗り越えねばならないのだと改めて感じました。


    ワクチン開発には少なくとも1年半はかかるだろうという見立てがあります。
    不安です。どうしたらいいか絶望している方も多いでしょう。


    でも、わたしたちが今できることをやるのみです。
    皆がそれぞれにできることを務めれば、効果はでてくるはずです。
    不要不急の外出をしない。
    密集しない・密閉空間にいない・密接して会話しない。
    手洗い・うがいをしっかりする。
    そしてなにより「人にうつさない」という意識を誰もが持つ。

    お互い冷静に、対処していきましょうね。
    まずなにより「命」が大切。
    第一に、体調面。
    第二に、命をはぐくむ生活を支える経済補償。急がれます。

  • 第780回:コメディアン・志村けんさん、逝く

    『ニュースオフサイド』、新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていたタレントの志村けんさん死去のニュースを詳しくお伝えしました。

    まずお話を伺ったのは、放送作家でコラムニストの山田美保子さんです。
    芸能記者の間では、先週24日の火曜に「重篤」という話が流れていたそうですが、その後、病状に変化なしという発表があり、このまま回復に向かうことを祈っていた矢先の訃報となってしまいました。
    志村さんの症状は、倦怠感から。別の誰かが自分の体に覆いかぶさっているかのような感覚だったよう。
    2016年には肺炎で入院、昨年は下血の手術もされていたという志村さんでしたが、2月には恒例のお誕生日会も開いていました。
    すでにNHKの朝ドラの撮影もされていて、5月1日のオンエアはそのまま放送するとのこと。
    skd20200330 (1).jpg
    志村さんの所属事務所「イザワオフィス」を取材したのは吉田涙子記者。
    午前11時頃、事務所のスタッフの方が姿を見せ、集まった報道陣に対応しました。
    声援を頂いた皆さんに感謝の気持ちでいっぱい。まだ放送がある番組もあるので思い出して笑っていただければ」
    ご葬儀は親族のみ、お別れ会は新型コロナウイルスの影響を鑑みてご親族との相談の上、決めるということです。
    サキドリ20200330 (8).JPG
    志村さんは、重い肺炎患者の治療に使われるECMO(人工心肺装置)による治療が続いていました。
    医師で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは、この番組でも以前から「ECMOは対症療法で、呼吸をサポートするだけ。ウイルスを倒すものではない。」とお話してくださっています。
    持病を持つ方は、とにかく罹っている人に接しないことが大事。また、クラスター対策だけじゃなくて、誰でも検査が受けられる態勢を!と求めました。
    すでに中国では臨床試験により、効果が認められた新型インフルエンザ治療薬「アビガン」。日本はアビガンを大量に持っているとのことで、使うかどうかは安倍総理の判断に委ねられると言います。「レムデジビル」や「フサン」などの薬も、有効性と安全性が認められていないと使えるようにはならないのです。
    上さんは、「オーバーシュートやロックダウンの可能性は、ある。ロックダウンして一旦は感染拡大が止まっても、免疫がないから、開けばまた感染する。日本は集団免疫でゆっくりとかかって収束させる動きだが、このままでは来年の五輪に間に合わないのでは?」とお話してくださいました。
    サキドリ20200330 (1).JPG
    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』新型コロナウイルス 関連2本立て。
    政府が打ち出す大型の経済対策について、自民党本部前からは山本カオリ記者です。
    経済対策案を集め検討する自民党の政務調査会はまだこの時間も続いていました。今日の会議の様々な意見をもとに岸田政調会長が取りまとめるようです。
    岸田政調会長から示された真水の財政支出の額には、すでに「これで本当に足りるのか?最小限の額では?」という指摘。
    また、安倍総理が強調した現金給付については、与党である自民党と公明党、足並みをそろえていく構えですが、野党からは「10万円でいいの?止血して輸血が必要なのに、もっと増額すべきじゃないか?一律給付にすべきでは?」という声があがっていることなどを伝えてもらいました。

    感染拡大防止を巡り、安倍総理がいつ、どのタイミングで緊急事態宣言を出すのか、出さないのかも焦点です。
    小池知事は「重大な局面」、安倍総理は「瀬戸際・ギリギリ」と述べていますが、山本記者によると「医療現場を一つの目安にしているようだ。医療崩壊が起きれば、感染者が爆発的に増える。緊急事態宣言を出す場合のことを厚生労働省でシミュレーションされている。数時間で出せるらしい。今週1週間が重要なポイントになりそう。とのことでした。
    -------------------------
    skd20200330 (2).jpg
    かわって延期が決まった東京オリンピック。スケジュールはどうなるのか?
    大会組織委員会が理事会を開いている会場前から西村志野記者のレポート。
    本来は新国立競技場を見学予定だった理事会は午後3時から始まり、理事同士の間隔を1m以上開けて行われていました。
    森会長は「来年春と夏の両方が出ている。それぞれのメリット・デメリットを検討する。おそらく今週にもバッハ会長から何らかの連絡があるのではないか。」と語っています。
    skd20200330 (3).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから『ニュースパレード』でお伝えする主な項目を紹介しています。
    今日取り上げたのは「ドローン操縦の免許制度を再来年にも導入へ」というニュース。
    危険の少ない飛行には免許を必要としませんが、操縦者の目が届かない距離で、市街地上空を飛ばす場合など危険を伴う利用には取得を必須とする方向です。一定の年齢制限と有効期限を設け、学科と実技両方の試験を課すとしています。


    コメンテーター 金子恵美さんの『今日のオピニオン』
    テーマは「心肺蘇生拒否に関するルールは?」
    ご自宅で心肺停止になった場合に、救急車を呼んで到着した救急隊員が蘇生をしようとしても家族が拒否をする事案が増えています。これは、新型コロナウイルスが猛威を振るう前からの課題です。
    救急隊員は応急処置や蘇生をして搬送したいが、患者さんや家族の意思も優先したい。はざまで揺れているといいます。
    去年夏、国の指針「かかりつけ医の指示があれば、蘇生拒否できる」が出たものの、具体的な基準は示されていません。
    「尊厳に関わることで、自治体によって差があるのはおかしい。現場で難しい判断を問われる方々のために、早急に法整備・法的根拠が必要なのに、この議論は棚上げ状態。政治家が議論をすべき段階に来ているのではないか。もしものときのために、総務省と厚労省が絡んで進めるべき!」と語り下ろしました。
    金子さん20200330.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は今日からプチリニューアル!人物にスポットを当てながらお送りします。
    砂山圭大郎アナウンサーが取り上げた「今日のキーパーソン」は競泳の松元克央 選手。
    2019年世界選手権の200メートル自由形で、金メダルという日本選手で初快挙を成し遂げています。
    ・2017年からコーチが、鈴木大地長官のお父さまに代わったこと。
    ・指導をうけてすぐ右肩を痛めたことで、左を使うようになってバランスが取れた。
    ・考え方の変化。自由形でメダルを獲るのは難しいというイメージをやめて、平泳ぎや背泳ぎと同じく、1つの種目でメダルを獲るんだという考え方にした。
    これら、2年前からの3つの変化が松元選手を強くさせました。
    4月1日から予定されていた競泳の日本選手権は、先週の水曜、理事会で協議され「開催」と発表されましたが、そのすぐ後に開かれた小池都知事の会見を受け、紆余曲折、結果的に中止。
    今後、オリンピックの日程が決定次第、そこから逆算をして日本選手権を行う予定です。
    来年、"てっぺん"をとりに行く松元選手に注目です!
    サキドリ20200330 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』
    新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、東京都や首都圏の各県が昨日とおとといの週末の外出自粛を要請しました。昨日は雪が降り、都内でも1センチの積雪を観測したこともあって繁華街や観光地の人出は少なかったようです。
    週末の様子、そして今日の様子について、田中正史記者のレポートです。
    すでに電車内も換気のために窓を開けて走行する車両が出ている中、週末は自粛要請で乗客も3割程度と激減。
    今日、乗り入れの多いターミナル駅である池袋駅に行ってみたところ、いつもであれば歩いていて人とぶつかることも多いのに、それに比べると人が少ないと感じられたそうですが、デパートの開店前に並ぶ列も見られるなど、週末で我慢が切れてしまった人も多いよう。
    インタビュー直前に仕事がキャンセルでお休みになった外貨両替所の方にも遭遇。お給料も減るので、いつまでこの状況が続くのか不安だという声も聞かれたということでした。
    千葉県、埼玉県などは、平日も都内への不要不急の外出を控えるようにと呼び掛けています。
    サキドリ20200330 (4).JPG

    山田美保子さんの『芸能アラカルト』
    この時間も『ニュースオフサイド』に引き続き、お亡くなりになった志村けんさんについて語っていただきました。
    「ザ・ドリフターズ」のメンバー、加藤茶さん・仲本工事さん・高木ブーさんの3人が発表したコメントでは、最年少の早すぎる死を悼んでいます。
    サキドリ20200330 (2).JPG
    実は数年間、『天才!志村どうぶつ園』に作家として関わっていたこともある美保子さん。
    「マックボンボン(志村さんがドリフターズの付き人時代に、同じ付き人同士で組んだお笑いコンビ)時代からのファンです!」と志村さんに伝えると、「ずいぶんと古い奴が来ちゃったなぁ~」とおどけてくれたそう。
    今年2月には70歳という年齢を迎え、節目の年ということもあって、朝ドラも映画もと、ますます精力的に前向きに取り組もうとされていた志村さん。
    「笑いに対し真剣で若手に厳しい部分もあったけど、優しい人だった。」と振り返りました。
    サキドリ20200330 (3).JPG
    【今日の1曲】 Do Me / テディ・ペンダーグラス
  • Stay at home

     文化放送はきょうが春の改編初日。志村けんさん死去のニュースは衝撃だった。それだけ新型コロナウイルスは甘く見てはいけないということ、きのうおととい、外出自粛要請にもかかわらず、出かけた方にも伝わったのではないだろうか。


     先週半ば、京都まで学期末の手続きに行ってきた。57歳にして大学院生(まだ学割使えます!)。博士後期課程6年目に突入するか(=6年までしかいられないので相撲で言えばカド番)、それとも中退するかを届けなければならないから。
    きょうと11.jpg 京都駅前から206系統のバスに乗ると大学。三十三間堂~清水寺~祇園~知恩院と通るバスなのに、中国人観光客どころか人がいない。
    「休学せず6年目はちゃんとやりますよ」という手続きを終えて、八坂神社~高台寺~清水道と歩いてみたのだけど、このとおり。
    きょうと33.jpg それでも桜が見頃とあって、しだれ桜が有名な円山公園あたりは日本の観光客が密集。繁華街も若者たちが多くて、1~2週間後、まずいことにならねばいいが、と心配になってきた。
     

     新幹線の中はこんな感じ。人の移動すらできない状態では日本経済の冷え込みは相当なものになる。その一方で、場所によってはそれなりに人出がある現実。大規模な経済対策と感染拡大防止の徹底が急務だとあたらめて実感。


     番組は、今週からコメンテーター(火曜)に小西克哉さんに加わっていただくほか、随所にリニューアルしてお届けします。ご期待ください。番組責任者 清水克彦

CALENDAR

< 2020年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
TOPへ
radiko