くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年10月 記事一覧

10月4日 さいきんFMで見つけた、ご機嫌なナンバー大特集!

今週は、大阪での大規模な野外イベント「ヤッサ」が大成功に終わり、
ホッと一息...という感じのサンコンjr,さんがゲスト!
k20171004h.jpg
最近、クルマでの移動中、FMラジオで発見したご機嫌なナンバーをご紹介いただきました。
お送りしたのは...
*プレイリスト*
Moving On And Getting Over / John Mayer
The Limit Of A Man / Stone Foundation
New Soul / Yael Naim
Moving On And Getting Over / John Mayer

*オープニング・ナンバー*
僕らに微笑みを/ シカゴ



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

女優・岸恵子さん

2017年10月4日(水) 極シアター

「極シアター」!本日のお客様は、女優で作家の岸惠子さんでした。

岸惠子さんは、横浜市のご出身。1951年、『我が家は楽し』で女優デビューされ、その後、『君の名は』『雪国』『おとうと』『細雪』など数多くの名作にご出演されました。
また海外での豊富な経験を生かし、作家、ジャーナリストなど多方面でご活躍。40年あまりのパリ暮らしの後、ベースを日本に移しながらフランスとの間を往復しつつ活動されています。
現在、全国19か所で『岸恵子 スペシャルトークショー ~夢のあとさき~』が開催中。秘蔵写真とともに、岸惠子さんの過去と現在、未来への声と言葉をお届けしています。また最新小説『愛のかたち』を文藝春秋より上梓されました。

きょうは、元ご主人であるフランス人映画監督のイヴ・シャンピさんとのパリでの結婚生活をはじめ、「プラハの春」で亡命者をかくまったことや旧ソ連の最高指導者だったフルシチョフとの面会など、激動の世界史を体験された岸さんの貴重なお話をご披露いただきましたよ。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


『知的障がいがある女性の日常を描いたドキュメンタリー映画が完成!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年10月4日(水) デイリー「ホッと」トピックス
『知的障がいがある女性の日常を描いたドキュメンタリー映画が完成!』


知的障がいがある女性とその家族の日常風景を描いた、
伊勢真一監督によるドキュメンタリー映画、
『やさしくなあに~奈緒ちゃんと家族の35年~』が完成し、
各地の映画祭などで上映され話題となっています。


主人公はめいの西村奈緒さん(44)。「生きていく姿を見せることで、意味の
ない命なんてないと伝えたい」。伊勢監督にそんな気持ちを強くさせたのは、
去年7月に相模原市の知的障がい者施設で入所者らが殺傷された事件だった。
家族で出かける初詣、母と料理をつくる姿、作業所の友人との交流......。
奈緒さんが8歳の頃から追い続けてきた伊勢監督。
タイトルは、言い争う様子を見ると奈緒さんが口にする「『やさしくなあに』
って言わなくちゃ」という言葉から取りました。


相模原殺傷事件があったのは、1000時間を超える映像を整理し始めた頃。
殺人罪などに問われている被告が「障がい者なんていらない」と供述したと
報じられると、ネットでは一部で賛同の声が上がった。「社会には弱い立場の
存在を排除する意識がある」と憤りを感じたという伊勢監督。
映像では、奈緒さんが家族と共に喜びを分かち合い、作業所やグループホームで
多くの人に影響を与えていた。「言葉で言い返しても伝わらない。生きる姿を
見せよう」と作業に熱がこもった。


伊勢監督は被告の言葉に聞き覚えがあった。2002年、大阪市・阿倍野区で、
障がいのある寝たきりの男性を追った自身のドキュメンタリー映画を上映した
際、観客から「障がい者はいない方がいい」との発言が出た。だが、別の女性が
「違う」と反論すると、会場から拍手が湧いたそうです。
「相模原の事件を起こした被告の言葉を、それぞれの人がどう押し戻すかが大切。
映画を見て、弱さが持つ力に気付いてくれるとうれしい」と伊勢監督は話す。


各地の映画祭での上映が終わり、
この後は11月4日(土)より、新宿K'sシネマにて劇場公開がスタート。
11月17日(金)まで毎日・午後2時半から上映予定。
その他、大阪・名古屋・三重・横浜での劇場公開も決まっているそうですので、
詳しくは「いせフィルム」のホームページでご確認ください。
また、自主上映の主催者も募集しているとのことです。


お手入れも簡単『《リンナイ》ビルトインガスコンロ取替サービス』

今日の商品は『《リンナイ》ビルトインガスコンロ取替サービス』です。
コンロの寿命は約10年。実は、ビルトインタイプでも「ガスコンロだけ」を
簡単に取替えられるんです!
メーカーはガスコンロの国内シェアトップ、《リンナイ》。見た目はすっきり洗練
されたデザインで、ショールームのようにきれい!左右どちらも火力が強く、3つの
バーナー全てに温度センサーを搭載、立ち消えや消し忘れも安全装置で安心!
揚げ物をカラッと揚げられる「揚げ物温度調節」や、おいしく炊ける「炊飯機能」
も便利!グリルは水無しでこんがりおいしく焼ける!
171004ビルトインガスコンロ.jpg
工事はわずか1時間半程度。今お使いのガスコンロが違うメーカーでも都市
ガス・プロパンガスでも取り替えOK!天板が平らだからお手入れもラク!ゴトク
を外して拭くだけ!グリルも分解してお掃除できるし、受け皿がないのもいい!
標準取付工事付。廃棄処理費用も込みです。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

流しのブルペンキャッチャー 安倍昌彦さん

k20171003l.jpg
今日はドラフト会議がもう間もなくということで
「今年のドラフト候補選手」についてじっくりと伺いました。
まずは早稲田実業の清宮幸太郎選手。
常々、プロに行ったほうがいい!と言われていた安倍さんですが、
その理由は、大学に清宮以上のバッターはいないので、
プロに入って参考となるいいバッターを参考にして
成長していったほうがいいということでした。
また、広陵の中村奨成選手。
これだけ素質のあるキャッチャーは初めてで、
いまだかつて見たことがない選手だというこです。
そのほか、青藍泰斗の石川翔選手、仙台大学の馬場皐輔選手に注目!
運命のドラフトは10月26日です。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!