イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter

記事一覧

  • 第203回:文筆家の古谷経衡さんがコメンテーターに!

    今日から、SAKIDORI!に新たなコメンテーターが仲間入り!

    第2と第4水曜日を務めて下さることになったコメンテーター、文筆家の古谷経衡さんです。これからどうぞよろしくお願いいたします!

    古谷さん.png

    『ニュースオフサイド』のテーマは「二人の元総理が「原発から自然エネルギーへの全面転換」を提言」。原発から自然エネルギーへの全面転換の可能性について特集しました。

    まずは、小泉元総理らの記者会見の模様を石森則和記者がレポート。

    お電話を繋いだのは、 環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さん。ここ数年の原発再稼働の動きについて「一進一退。国が"原発ゼロ"の体制をとっていないから。このままいくと、最大に不幸なのは国民だが、原発を再稼働せざる負えない電力会社も不幸。」とお話してくれました。


    では、東京の事情に見合った電力作りについてはどうなっているのでしょうか?

    細木美知代記者は、東京・大田区城南島にあるバイオエナジー株式会社のバイオマス技術を利用したバイオガス発電を取材。簡単に言うと、集まった生ごみを微生物分解して電気とガスを作るというものなのですが、メリットや課題を伝えてくれました。

    細木記者が、写真付きでこちらのレポートを『column~記者たちのオフマイク~』に書いてくれています。ぜひご覧ください。

    サキドリ2018110 (1).JPG


    『きょうのナマチュウ』は、 自民VS共産、党本部食堂対決!

    国政選挙のたびに激しく火花を散らしてきた自民党と共産党。

    党所属の国会議員や秘書、職員たちの胃袋を満たすそれぞれの党本部の食堂から、とっておきのメニューの数々を中継でお伝えしました。

    代々木にある共産党本部の食堂には西村志野記者。

    ナマチュウ食堂対決 (1).jpg

    S_7286946486461.jpgS_7286946538803.jpg

    永田町にある自民党本部の食堂には、竹田有里記者が。
    ナマチュウ食堂対決 (2).jpg

    received_10215197071711004.jpgreceived_10215197071751005.jpg

    ダイエットのため、昨日から何も食べていない古谷さんは「写真だけでももう、居てもたってもいられない!」とおっしゃっていました。

    結果は・・・共産党の勝利!!

    『column~記者たちのオフマイク~』に西村記者&竹田記者が、それぞれの食堂の雰囲気やこだわりなど詳しく書いてくれていますので見てみて下さいね!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたニュースは、「無職の若者に公営住宅提供、大阪」。

    自立を目指す無職の若者のために、公営住宅を無料で提供し、就労訓練ができる事業を大阪府とNPO法人が実施している。就職に向けた準備や地域住民との交流といった多様なプログラムを経験し、すでに数名が仕事に就いた。全国的にも珍しい取り組みとして、他の自治体から問い合わせや視察が相次いでいる。

    古谷さんは関西の特殊な賃貸の仕組みについてお話して下さいました。

    サキドリ2018110 (3).JPG

    今日のコメンテーター、文筆家の古谷経衡さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「改めて、慰安婦問題を考える」。

    日本が政府予算から拠出した10億円について、韓国政府が同額を用意すると表明したばかりの慰安婦問題。

    日本国内でもこの問題に関しては様々な意見を持っている人がいるとしながらも、戦時性暴力と、慰安婦たちに給与として支払われた軍票の滅失という2つの問題を念頭に置いた上で「良い・悪い」を言うべきではないだろうかと疑問を投げかけました。

    サキドリ2018110 (2).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は飯塚治アナウンサー。

    サンデイエゴ・パドレスへの移籍が決まった牧田和久投手の話題を、牧田投手の音声を交えてお送りしました。

    「ものすごい球を投げる。メジャーへ行ったら、活躍することは間違いがない!」と一美キャスターも太鼓判。

    サキドリ2018110 (4).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、情報開示請求をしたにもかかわらず、国は不開示と回答し続けています。 今日、都内在住の女性や弁護士らが異議申し立てを行いました。 記者会見場からは吉田涙子記者。

    「4月に開学したらこの問題は「はい、終了!」ではなく、もしかしたら開学してから分かってくることもあるのではないか?むしろこれからだと思っている。」という女性や弁護団の覚悟の声を伝えてくれました。



    『SAKIDORIクリニック』では、医学博士の吉田たかよし先生が、「すい臓がんの予防法」を教えてくれました。

    すい臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、がんの初期には自覚症状がないのが特徴です。しかも見つかったとしても、5年生存率は、7.9%というから恐ろしいですよね。

    喫煙・アルコールを摂り過ぎないこと。そして、一日にコーヒーを4杯飲むことで、カフェインとポリフェノールの相乗効果ががんを防ぐ効果をもたらしてくれるのだそう。


    【今日の1曲】魔法のコトバ/スピッツ

  • コーヒーで病気予防

    こんにちは。 永野景子です。

    今日から隔週で水曜のレギュラーコメンテーターとして
    登場していただくことになった、古谷経衡さん。
    番組には何度も出ていただいているので分かってはいましたが、
    本当に真面目でちゃんとした方です。
    とても勉強してらっしゃいますしね。
    色んな話が聞けますし、とても楽しみです。


    さて、たかよし先生のコーナーでうかがったのは、すい臓がんの話。
    見つかる頃には進行していることが多い病気で、5年生存率は7%台とか。
    予防に効果が期待できるのはコーヒーとのことで、
    他の病気とあわせて考えると、ベストは1日4杯飲むことだそうです。


    コーヒーカップで4杯なので、マグカップだと3杯くらいかなあ。
    でも私がいつも飲むのはカフェラテ。 コーヒーの量としては少ないから...
    6杯くらいの計算になるのかなあ。


    明日のサブキャスターは、病気予防をあまり考えなくてもいい若さの西川文野アナです!

  • 生ごみからエネルギー創出!

    きょうは、オフサイドのコーナーで
    大田区城南島にある「バイオエナジー株式会社」の
    バイオマス発電工場を取材してきました!

    こちらの工場では、
    従来捨てられてしまうはずの生ごみが
    微生物の力で電気とガスに生まれ変わっているのです。

    IMG_0861.JPG


    バイオエナジーのマークが入った奥の発酵槽には
    微生物がたくさん入っているそうです。
    生きものだけに管理の苦労も
    瀬川順也代表取締役社長が話して下さいました。

    d722b556e8d15e4eaddfc59a06cdc39d015ac2e9.JPG

    1日に創り出されるエネルギーは
    都市ガス2,400㎥
    電気2万6,000kw
    この大きな丸いガスホルダーの中に2,000世帯相当のガスが入っています。

    IMG_0868.JPG

    それにしても、1日に4tトラック70台分の生ごみが
    コンビニエンスストアやスーパーなどから届くとは!
    その量に驚きました!!
    生ごみと燃えるごみは機械で全て分別されるそうです。

    IMG_0863.JPG


    生ごみから電気と都市ガスをリサイクルしている工場は
    全国でもまだほとんどないそうです。
    それだけ高い技術力が必要になります。
    また、事業用地の問題、安定した燃料の確保、臭い対策など課題が多いことも事実です。


    でも、生ごみがエネルギーに変わるなんて
    やはり素晴らしい!素直にそう思います。
    今後一般家庭の生ごみも活用できたら...など
    バイオマスエネルギーの可能性に期待が膨らむ取材でした。


    細木美知代

  • 共産党本部VS自民党本部 食堂対決!!!

    きょうのナマチュウは
    共産党本部VS自民党本部の食堂対決!


    私、西村は共産党本部の食堂にお邪魔しました。

    JR代々木駅から徒歩5分ほどの場所にある共産党本部。
    食堂は共産党の党員と共産党の機関紙「赤旗」の編集の方のみ
    利用できるということで、
    政治担当記者にもほとんど知られていないそう。
    食堂にお邪魔できるのは貴重な機会でした。


    志位委員長もよく食べに来ているそうです。


    白米か五穀米を自分で選んでよそい、
    スープと小鉢を1つずつとります。
    今日は大根のほろほろ煮とレタスのスープ。

    そしてメインは2種類から選びます!
    私は秋刀魚のたたき風をいただきました。
    お皿からはみ出る大きな秋刀魚!
    塩だけで味付けしたそうですが
    たたき風、のポン酢をかけなくても本当においしかった・・・

    きょうのもう一つのメインはこちら!

    共産党2.jpg


    野菜炒めでした。


    このセットでお値段なんと、480円!!
    本当にお手頃な価格です。

    しかもメニューは日替わり。
    からあげ、チキンのクリーム煮、鍋やうな丼、
    毎週日曜日はカレー
    毎週金曜日はラーメンやちゃんぽんなどの麺
    そしてサーロインステーキや
    ローストビーフも出るという
    メニューの充実ぶりです。

    毎年7月15日の党創立記念日は
    おかずが増えるなど
    食堂メニューも豪華になるそう。


    共産党3.jpg

    共産党本部の食堂の副責任者、
    高塚育夫さんにお話をうかがいました。

    栄養士の方と相談しながら
    メニューを考えて作っているそうです!
    ほっとできる空間にしたいと
    お話していました。

    一方、竹田は自民党本部の食堂をご紹介しましたよ!

    永田町駅から徒歩1分の自民党本部9階にある食堂「サンフーズ」。

    一般開放はしていませんが、政治を動かしてきた国会議員はもちろん、党職員、官僚、報道関係者の胃を50年以上も満たしてきた
    歴史ある食堂です。
    最上階にあるため、眺めは抜群!
    国会議事堂や霞が関の官庁街、時には、富士山までも見られる絶景の食堂なので、通称「スカイラウンジ」として親しまれています。

    メニューは、値上がりもしておらずほとんどが500円以下。
    ナポリタン、日替わりメニュー(2種類。きょうはポークソテー、エビチリ)、うどん・そば、日替わりのおそうざいなどなどメニューも豊富。
    カロリーも表示されているので、女性にもうれしいですね。

    そして、なんていったって、一番の名物が「ビーフカレー」!!!

    自民党1.jpg
    歴代総理・総裁が愛した一品。
    海部元総理や鳩山邦夫元総務大臣が離党した際に、記者から「離党して悔いはないのか」と聞かれ、
    「あるとするなら、党本部のビーフカレーが食べられなくなること」と言わしめた逸話もあるそうです。
    日本を支えてきたカレーといっても過言ではありませんね。


    和歌山県選出の二階幹事長の案で「クジラカレー」も最近メニュー入り。

    ただ、国政選挙告示日は「カツ」カレーのみになるんだそう。

    また、国産の間伐材を使用した割りばしもあります。
    柔らかく折れやすいため、選挙前はぬり箸が用意されています。

    食堂といっても、券売機はなく美しい女性の皆様が注文をとって、席まで運んでくれるんです!


    一般開放はされていませんが、陳情などで党本部を訪れた場合は、利用できるとのことなので、
    そうした機会がありましたら、利用されてみてはいかがでしょうか?
    自民党3.JPG


Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年1月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

TOPへ
radiko