斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • 第684回:大学入試共通テストの問題点

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』は「迷走する、大学入試共通テスト」。

    萩生田文部科学大臣の「身の丈発言」がきっかけとなり2024年に延期された英語民間試験ですが、国語と数学の記述式試験に関しても問題が噴出しています。

    今日開かれている衆議院文部科学委員会でも記述式試験について、「採点者の研修はどうなる?」、「守秘義務は?」、「警備体制は?」など、不安の声が相次いでいます。中でも、学生への影響を問われ、「影響ないんじゃないですか?」発言にはスタジオでも怒りと呆れる声が洩れました。

    野党は中止法案を提出しましたが、今後は世論の声が全体を動かすのではと取材した山本カオリ記者は感じているようです。

    また、東大名誉教授の南風原朝和さんに記述式試験の必要性について伺うと、「記述は必要ない。早めに見送るべき」と厳しい意見が。採点基準のすり合わせをしたところで、完全に一致しない採点基準の中、50万人も共通でやるのは無理があると述べました。



    今を切り取る『きょうのナマチュウ』は、2つのニュースを取り上げました。

    20191115_2

    まずは、「首都圏の知事と市長が、福島の復興支援で提言」。

    首都圏の1都3県の知事と5人の政令市長で行う九都県市首脳会議が行われ、9都県市を代表して横浜市の林市長と、内堀福島県知事が、関係閣僚に提言を行いました。

    政府が定めた10年間の「復興・創生期間」も残すところ1年4ヶ月。提言は主に3つ行われ、「原子力被害からの復興は10年では完了しないため、さらに財源を確保する必要があること」、「福島では長期にわたって人員が必要になるため、その対策を講じること」、「輸入規制の早期撤廃の働きがけをすること」が伝えられました。

    また、荻原さんも、ふるさと納税を使って復興のお手伝いをするのはどうかと呼びかけました。



    20191115_3

    つづいては、「横田めぐみさんの拉致から42年。今、早紀江さんの想いは?」。

    今日で拉致から42年が経ちました。未だに解決されていない問題に、横田めぐみさんの母・早紀江さんの今の想いを伺いました。解決されない悔しい思いや、国には被害者に寄り添い、本気になって動いてほしいと強く訴えました。

    細木美知代記者は、武蔵小杉駅から徒歩10分のところにある「川崎市平和館」へ。

    川崎市は横田めぐみさんのご両親が住んでいるということもあり、中には「拉致被害者家族支援 横田めぐみさんコーナー」があります。横田夫妻・直筆の挨拶文など、様々な展示が行われています。

    20191115_4

    川崎市 市民文化局 人権・男女共同参画室の中野諭さんに取り組みについて伺いました。1日でも早い解決と問題を風化させないという想いを聞くことができました。



    20191115_5

    『SAKIDORIニュースパレード』は、報道スポーツセンターから吉田涙子記者が担当。ニュースパレードでお伝えする主な内容を紹介しました。

    今回は、いつもの内容と少し変えて、報道スポーツセンターの内部について紹介してくれました! 少しは興味を持っていただけたでしょうか。



    20191115_6

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は「誰のための在職老齢年金か?」。

    この度、在職老齢年金が引き上げられることになりましたが、そもそもこれってなんでしょうか? 財力老齢年金とは、年金をもらうようになった方が給料と合わせて一定額を超えると金額が引かれてしまう制度のこと。60~64歳は28万円、65歳以上は47万円でしたが、今回65歳以上は51万円に引き上げられるそうです。

    この制度は、高齢者の労働意欲を阻害しないためだ...と説明されていて、荻原さんも少しは納得できるものの、裏には国家公務員の定年が60歳から65歳に上がることを見越して、天下り対策なのでは、厳しく追及しました。もし、そうだとしたら本当に許せませんよね。



    20191115_7

    今日の『SAKIDORIスポーツ』は、長麻未アナウンサーが担当。

    取り上げたのは熊本で女子の世界選手権が開催される「ハンドボール」。世界選手権は、2年に1度の大会で、強豪24ヵ国が戦い、優勝すれば東京オリンピックの出場権が与えられます。

    日本代表のキャプテン・原希美選手によると、2年前から海外で試合経験を積んできたため、いい試合ができると自信を持っており、初戦のアルゼンチン戦ではベストパフォーマンスができるようしっかりコンディションを整えたいと話してくれました。

    また、先日のラグビーワールドカップを挙げ、「試合を見て、気持ちが伝わって涙するシーンもあった。自分たちも見てくださる方に伝わるような試合をしたい」と意気込みを語りました。

    20191115_8

    伝えきれなかったニュースを掘り下げる『ニュースパレードアネックス』。

    東京オリンピックのマラソンと徒歩の会場が東京から札幌に変更になったのを受け、現地を視察した大会組織委員会の武藤敏郎事務総長の記者会見の模様を伊藤佳子記者が伝えました。

    冬は雪で道路の確認ができないため、早くルートを決め、IOCからOKをもらいたいところですが、候補とする3つのルートのうち、札幌ドームと丸山公園発着は傾斜があるため不向きだとし、大通り公園発着が有力では予想。他にも費用の面や宿泊施設の面、開始時間の問題など、課題は山積みです...。説明を聞きながら、スタジオでは一美さんが「しっくりこない」と思わずぼやいてしまう程でした。



    20191115_10

    『世の中SAKIDORI』は、SAKIDORI。

    今日は、舘谷春香 アナウンサーが、モバイル製品・Galaxyブランドの世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」からお届けしました。建物は黒でシック! 近未来的な雰囲気があり、VR体験やアミューズメント施設、カフェも併設してます。

    20191115_9

    そして、お店のクルー、久慈恭平さんから新しいスマホ「Galaxy A20」を紹介して頂きました。

    細めの本体で持ちやすく、大容量バッテリー搭載、高機能カメラ、かんたんモードで初心者でも安心、さらに価格もお求めやすいと話題の機種です。さらに、FM放送とインターネット通信を切り替えてラジオを聴ける「ラジスマ」も搭載!

    今ならご購入いただいた方に、radikoプレミアムの会費、月額350円が1ヶ月無料になるキャンペーンも実施中です。他にもシニア向けスマホ教室に参加して頂くとイヤホンをプレゼントなど盛りだくさん。ご興味のある方はぜひお早めにお願いします!



    【今日の1曲】 Change the World / エリック・クラプトン



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • こんにちは!

    西川あやのです!

    今日は、
    大学入学共通テストの現状と今後
    9都県市首脳会議
    北朝鮮に連れ去られてから42年横田めぐみさん
    普段の報道部
    ハンドボール女子の世界選手権
    GalaxyHarajukuから生中継
    荻原さんの語り下ろしたオピニオンは、
    誰がための在職老齢年金?

    このような内容でサキドリお送りしました。

    日中は日が当たってあたたかいのに朝晩は冷え込む日々が続いていますね。

    来週月曜日のサキドリも宜しくお願い致しますね。

CALENDAR

< 2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TOPへ
radiko