斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

記事一覧

  • こんなのあるんだ!大賞2019

    こんばんは、竹田有里です。

    今日は、去年もこのサキドリのお伝えした「こんなのあるんだ!大賞」を今年もお伝えしました。


    全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」を運営する(株)47CLUBと全国各地の地方新聞社などで構成する本実行委員会が開催しました。
    こんなのあるんだ!大賞は、地元を知りつくした、地方新聞社45社46紙の担当者が実際にその街やお店に訪れ、
    見つけた「こんなのあるんだ!」商品です。

    都道府県ごとに「こんなのあるんだ!」と唸る"スター商品"を選出し、その中から世の中の皆さんに"知ってほしい・手に取ってほしいストーリーのある商品"No.1を決める、年に一度のアワードであり、今年で6回目を迎えました。

    去年の大賞は、私の地元・岡山県真庭市の企業が生み出した和紙の成分を生かした美容液!!
    産学連携で岡山理科大学とミツマタという和紙の原料となる植物の有用性について共同研究を実施し、
    ミツマタ抽出エキスに優れたメラニン生成抑制作用があることが判明し、製品化にたどり着いたのだそう。
    このアワードを受賞してから、認知度が上がり、売上も大幅にアップしたのだそうです。

    さて、今年のアワードを手にしたのは...
    ジャラジャラジャラジャラジャラ...!!!!!


    じゃーーーん!!!


    愛媛県の佐田岬の「みっちゃん大福」!!!
    四国最西端の高校・愛媛県立三崎高校の女子生徒の「地元を盛り上げたい」との強い思いから生まれたのが、地元産かんきつが入ったスイーツ「みっちゃん大福」です。
    愛媛産のかんきつを当店自慢の白あんで包んだ、手のひらサイズの大福。
    生地の製造には、水の代わりに高級かんきつ「清見」の100%ジュースをおしみなく使い、よりかんきつの風味を際立たせています。
    地元イベントで準グランプリに輝いたこともある人気商品で、白あんの優しい甘さとジューシーなかんきつの風味が、口の中で溶け合います!
    愛媛県立三崎高校は、全校生徒が100名足らずという小規模校です。
    地域には少子高齢化、過疎化の諸問題があり、生徒たちは、ふるさとのため、「三崎おこし」という「地域おこし」をテーマに立ち上がりました。
    その一環で生まれたのが「みっちゃん大福」です。

    ジューシーで贅沢にもみかんがたっぷりと入っていてみかんloveの私にとっては、最高の一品です!
    食感や味もこれまでに食べた大福とはまた違い、温かみがあり本当に美味しいです。

    サイトから注文できますのでぜひ、皆さんもよかったら!
    https://www.47club.jp/38M-000098upa/goods/detail/10129565/

    来年はどんな商品がアワードを手にするのでしょうか?
    楽しみですね。
    明日のサブキャスターは、水谷加奈アナウンサーです。
    お楽しみに〜

  • 第686回:先が見えない香港情勢

    今動いているニュースを様々な角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』
    激しい抗議活動が続く香港。中国はどう動くのか?
    香港理工大学では今日未明も、政府に抗議するデモ隊と警官隊の衝突が続き、多くの学生らが拘束されました。香港を旅行中だった20代の日本人男性も逮捕され、今もなお、予断を許さない状況の香港。

    まずは香港中文大学の教員 小出雅生さんにお電話を繋ぎ、先週起こった香港中文大学の学生と警官隊の大規模な衝突について伝えてもらいました。
    催涙弾のカートリッジを拾い集めたら2000発以上にも及び、けが人もすごい数に。
    授業どころか、学期を続けることも難しく、期末試験も行わないことに決定したそうです。
    現在は攻撃自体はやんでいるそうですが、打ち込まれた中国製の催涙弾にはダイオキシンが入っていることが判明し、空気汚染などの影響を調べています。また、放水銃で水を放出されたそうですが、それもただの水ではなく当たるとヒリヒリする薬品だったという惨状をお話してくださいました。

    つづいて、お電話を繋いだのは、中国問題に詳しい産経新聞論説委員 山本秀也さん。
    今月24日には、直接投票ができる唯一の選挙で意味合いとして重要な、地方議会選挙が予定されている香港ですが、政府はすでに選挙の延期をにおわせ始めているとのこと。
    このままエスカレートすれば天安門事件の二の舞になることも予想されますが、「中国は国際的に非難はされるが、痛いことは痛いものの、意に介さないだろう。天安門の時代に比べ、経済力も軍事力も強くなって、へいちゃら。」だと解説してくださいました。
    さきどり20191119 (1).JPG

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』は2つ話題を取り上げました。
    1つ目。安倍総理大臣の在任期間は、今日で通算2886日となり、歴代最長の桂太郎元総理大臣に並びました。
    明日になれば、桂元総理を抜いて単独の歴代最長となります。
    自民党総裁としての任期は、再来年の9月まで。残された任期を全うできるのか?

    今日の安倍総理の様子を国会から、奥山拓也記者に伝えてもらいました。
    今日午後の衆議院本会議には姿を現さなかった安倍総理。
    長期政権のゆるみやおごりを指摘されていますが、自民党・二階幹事長は「緩みなんてない。はち切れるような緊張感だ」と述べています。
    安倍総理は憲法改正などに意欲を見せていますが、先行きは見通せないという状況です。
    --------------------------
    2つ目。
    今年で5回目を迎える、全国の地方新聞社が選ぶ「こんなのあるんだ!大賞2019」が今日港区で開催され、大賞が発表されました。
    こんなのあるんだ2019 (6).jpg
    会場から、西村志野記者のレポート!
    全国各地の45社46紙の地方新聞社などが都道府県ごとに「こんなのあるんだ!」と唸る"スター商品"を選出し、その中から世の中の皆さんに"知ってほしい・手に取ってほしいストーリーのある商品"No.1を決める年に一度のアワード。今年で6回目を迎えています。
    こんなのあるんだ2019 (1).jpg
    2019年、約3万6000点の商品の中から「こんなのあるんだ!」商品の日本一に輝いたのは・・・
    こんなのあるんだ2019 (3).jpg
    愛媛県の「うにまんじゅうの田村菓子舗」が地元の三崎高校と共同開発した「みっちゃん大福」でした!!
    四国最西端の愛媛県立三崎高校の女子生徒が、スイーツを通じて地元を知ってほしいと、地元の老舗和菓子店に協力を直談判して開発したもの。
    こんなのあるんだ2019 (4).jpg
    ▼「みっちゃん大福」を持って急いで戻って来た西村記者。
    さきどり20191119 (2).jpg
    特別に2つ頂戴することが出来たので、スタジオでは分け合いながら美味しく頂きましたよ~!
    さきどり20191119 (3).JPG
    地元産柑橘・温州ミカンのジューシーでさわやかな酸味と、優しい甘さの白あんが口の中で溶け合います。
    「甘いのにスッキリしてるー!しつこくなーい!」とみんな大喜び。
    さきどり20191119 (4).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』
    石川真紀キャスターお休みウィーク!
    報道スポーツセンターから、鈴木純子アナウンサーに「AI がセンター試験の英語筆記で9割超の得点!東大レベル」というニュースを伝えてもらいました。
    人工知能(AI)が今年1月に実施された大学入試センター試験の英語(筆記)に挑戦したところ、200点満点で185点、偏差値は64.1という結果を打ち出しました。この取り組みは、「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの一環で、今回の成績はプロジェクト開始以降で最高になったということです。
    さきどり20191119 (7).jpg

    コメンテーター 俳優の石田純一さんの『今日のオピニオン』 テーマは「歴代最長政権の責任」
    安倍総理大臣が今日で通算2886日の在任期間となり、歴代最長の桂太郎元総理大臣に並んだことを受け、これまでの日本の長期政権の最後を「佐藤栄作内閣も桂太郎内閣もどれも評判が悪かった」と語った石田さん。
    朝日新聞の調査でも安倍政権が長く続いてきた理由を、80パーセント以上の人が「他に人がいないから」と回答していて、政治家の人材不足・与野党の弱体化を嘆きました。
    また、安倍政権になって景気が上向いただとか、外交や安保に関してはうまくやっているなど耳にするけれども、本当にそうなのか、安倍政権のやってきたこと1つ1つを振り返り、今後を憂慮しました。
    skd20191119 (4).JPG
    『SAKIDORIスポーツ』
    土井悠平アナウンサーが、総合格闘家・朝倉海選手を紹介!
    さきどり20191119 (6).jpg
    総合格闘技団体RIZINのバンタム級ファイターの朝倉海選手は、今年8月、バンタム級最強と言われる堀口恭司選手を68秒KOしたことで一躍注目を集めました。
    兄の朝倉未来選手もRIZINで活躍するファイター。実は、それまで全く格闘技をやったことのなかった海選手、お兄さんの未来選手に路上に呼び出されてスパーリング相手をさせられた際に、奇跡的にすべての攻撃をよけられたことで才能に気付いたのだとか!ユニークなきっかけですよね!
    ファイターとして活躍する一方で、総合格闘技を広めるためYouTuberにも挑戦しているそうですので、興味を持たれた方はぜひそちらもチェックしてみてください。
    skd20191119 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』
    ローマ法王フランシスコが今月23日に来日します。その警備に警察庁はおよそ1万人の警察官を投入すると発表。
    26日までの滞在期間中、警察庁は警護警備対策室を設置し、万全を期すとしています。
    長崎・広島・東京を訪問し、何を語りかけるのでしょうか?
    ローマ法王の日本訪問は、ヨハネパウロ2世以来38年ぶりとなります。
    鈴木敏夫デスクに、ローマ法王フランシスコとはどのような存在でどのような人なのか、そして、今回の来日の内容などを解説してもらいまいした。
    skd20191119 (3).JPG
    【今日の1曲】 SHAKE / SMAP
  • ゲスト:スポーツライター 斎藤寿子さん

    今日のゲストは、今月7日から15日まで、UAEのドバイで行われたパラ陸上の世界選手権を現地で取材されたスポーツライターの斎藤寿子さんです。
    2ヵ月前、このコーナーにお越しくださった義足のクラスの走り幅跳びの高桑早生選手は6位で、東京パラ出場内定は持ち越しとなっています。
    金メダルは中西摩耶選手が獲得。1番最後の6本目の跳躍で今季自己ベストの5m37の大ジャンプを出すことが出来ました。世界選手権初優勝で、東京パラ出場が内定という快挙です。
    「中西選手は最後の最後で疲れをもろともせず大ジャンプ。メンタルが強いなと感じた。一方で高桑選手は今回の結果に悔しさをにじませ涙を流しながらも、中西選手に栄光を称えたことが印象的だった。勝者の裏には敗者がいる、競技スポーツなんだなとまざまざと見せられた。」と斎藤さん。

    そして、今日はもう一人、今大会で最年長選手として海外メディアからも注目を集めた砲丸投げの大井利江選手(71歳 男性)も紹介してくださいました。
    実は大井選手は、過去、円盤投げでアテネ、北京、ロンドンのパラリンピックに出場。リオには砲丸投げで出場しているんです。もともとは漁師さんで、漁での事故で首から下が不随となり車いす生活となりました。
    ドバイでは6m50で5位となり、惜しくも東京パラ出場内定は逃しています。
    そのほか、一美キャスターもテレビを観ていて驚いたという圧倒的強さを誇るドイツの義足ジャンパー、マルクス・レーム選手についても解説してくださいました。

CALENDAR

< 2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TOPへ
radiko