斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

今日のSAKIDORI

  • 第621回:5年前の広島市の土砂災害から学べること

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』
    77人が亡くなった2014年8月の広島市の土砂災害から今日で5年。
    危機管理ジャーナリストの渡辺実 さんをスタジオにお迎えし、台風や水害からどのように身を守るべきか考えました。

    広島の土砂災害は、144キロというスピードだったという解析結果も出ています。このような潜在的リスクを抱える地というのは日本にたくさんあり、「甘くみてはいけない」と渡辺さんは語ります。
    また、高度成長期の宅地の乱開発がされた町づくりの結果、大規模な被害になってしまったという「人災」でもあると指摘。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25285%2529
    【渡辺さんがお話してくださった教訓】
    ・地域全域のハザードマップでは情報が荒すぎるので、「あなた」のハザードマップを!
    ・町の中にも危険な場所はたくさんあることを、学校で防災教育として積極的にやっていくこと。子供が学校で学ぶことで、家庭でも意識が高まっていきます。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25284%2529

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』でお伝えしたのは、アメリカが30年以上、行っていなかった地上発射型巡航ミサイルの発射実験を実施したニュースについて。

    まずはアメリカとロシア、これまでの核軍縮を巡る動きを西村志野記者が整理。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25287%2529
    お話を伺ったのは、軍事ジャーナリストの黒井文太郎さん。
    INF廃棄条約が今回失効となったことで、地上発射型のミサイル実験を行ったということですが、技術的には新しいことではない発射実験だそうです。また、対中国という目的で見ると、エスパー国防長官が「アジアに配備したい」としているため、軍事的に見て、日本がベストな置き場所になってしまうのだとか。
    今秋、アメリカは中距離弾道ミサイル実験を行うと予定していて、そうなればロシアと中国は動く可能性があるが、今すぐに世界の危機に繋がるというわけではなさそうだということでした。


    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をご紹介。
    今日は、子どもをスマホから遠ざけたいとスクリーン・コンサルタントを雇う親が全米で増加中というニュースを取り上げました。
    「食事中はスマホ禁止」と言った親の膝にスマホが乗っかっているのでは、子どものロールモデルにはなれません。
    時短や効率を求めがちですが、人生は思い通りにならない、失敗したり遠回りするのも大事なこと。スマホが全部悪いわけではありませんが、やはり使い方ですね!
    サキブロ20190820 (0).jpg
    コメンテーター 俳優の石田純一さんの『今日のオピニオン』 テーマは「リーダーの戦後談話とは」
    戦後74年。全国戦没者追悼式に「戦後生まれ」の天皇皇后陛両陛下が初めてご出席され、「深い反省の上に立って」と上皇さまの思いを引き継がれて述べられました。
    振り返れば、戦後50年談話で当時の村山総理も、戦後60年談話で当時の小泉総理も、反省と心からのお詫びを述べていたことが記憶にあります。
    また、同じ敗戦国であるドイツに目を向けてみると、戦後40年となった1985年にヴァイツゼッカー大統領が「事実をありのままに見て、正直に向き合うほど、私たちは過去の罪からより解放されるのです」と演説。
    しかし、安倍総理は、「次の世代に謝らせることはない」と反省やお詫びの言葉は使わないと明言しています。
    過去にとらわれているのは、実は安倍総理のほうなのでは?!
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%252811%2529

    『SAKIDORIスポーツ』
    松島茂アナウンサーは、西武・日本ハム戦が行われるメットライフドームから。
    今夜の文化放送 ライオンズナイターの解説を務めてくださる山崎裕之さんに、パリーグとセリーグそれぞれの今後のポイントについて、詳しくお話していただきました。


    『ニュースパレードアネックス』
    ラグビー・ワールドカップ日本大会の開幕まで1カ月となった今日、大会の盛り上がりを祈願する「ラグビー神社」が東京・丸の内に登場しました。
    取材したのは、「準決勝のチケットをおさえました!」という岡田紀子記者です。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%252810%2529
    ▼祭られたのは、京都にある下鴨神社の球技上達のご利益があるとされる神魂命。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25282%2529
    ▼鳥居はゴールポストを模したH型、鈴や絵馬はラグビーボールのような楕円型。11月まで設置されるということです。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25283%2529
    『エンディング』
    今日も不安定なお天気でした。SAKIDORI!にも各地からお天気に関する報告メールがたくさん。ありがとうございます!
    浜松町も、一瞬、大雨の時間があったんですよ。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25289%2529
    エンディングでは、気象予報士の田中正史記者が、この時間の各地のお天気情報を。
    また、鈴木敏夫デスクが、香港・新界地区の将軍澳のトンネルで男女3人が切りつけられる事件が発生したというニュースをお伝えしました。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%252812%2529
    【今日の1曲】 音楽のような風 / EPO
    【本日のおまけオフショット】
    ▼カメラを構えた途端、各々好き勝手なポーズをとる愉快な仲間たち(笑)
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2596%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AD20190820%2520%25281%2529
    来週からのスペシャルウイークでは、今回も「被災地応援プレゼント」やります!
    月曜は山形県鶴岡市の山伏ポーク
    火曜は高知県土佐地鶏の缶詰
    水曜は宮城県気仙沼市の灸りサンマ
    木曜は熊本県阿蘇郡のご当地力レーセット
    金曜は茨城県つくば市の原木シイタケ

    ▼高知出身の西村志野記者、「地鶏は帰るたびに食べたくなる美味しさ!」と嬉しそうに語っていました。来週もしっかり番組を聴いてご応募くださいね。
    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B9%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%259A%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25A3%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AB%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25A6%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25A3%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2
  • 第620回:つづく香港デモ。中国の思惑は?

    香港の大規模デモに対する中国の動きと思惑をサキドリした『ニュースオフサイド』
    まずは現地から、香港中文大学教員の小出雅生さんに、昨日、小出さんご自身も参加されていたという、ビクトリア公園とその周辺で行われた大規模集会について、詳しくお話していただきました。

    中国事情に詳しい産経新聞論説委員の山本秀也さんは「逃亡犯条例を"すぐやめます!"とさえ言えば、済むことだと思うけれど、中国が香港に譲歩してしまうと、台湾やチベットまでもがバラバラになってしまう可能性があるために、政治的な強い信念で制圧にかかっている。また、昨日の170万人のデモ隊に対し、警察3万人は足りないように思えるが、現状、香港の警察力が鎮圧できないことはない。むしろ中国が圧力をかければかけるほど、薄紙1枚の自由を守るために頑張るから、状況を悪化させているのは中国。」と、解説してくださいました。


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』
    中学生から大学生までが参加して行われた模擬国会を、山本カオリ記者と西村志野記者が取材しました!
    衆議院議員第二議員会館1階多目的会議室には、およそ70人の学生さんが集合。なかには青森から夜行バスで来た方もいらっしゃったそうです。
    月曜サキドリ!20190819 (0).jpg
    お話を伺ったのは、学生団体 Aile 事務局長の現役高校3年生、佐々木悠翔くん。将来は国会議員志望という佐々木くんは、小泉進次郎さんと山本太郎さんを目標としていると語ってくれました。
    「2015年の公職選挙法で18歳まで投票できるようになったが、政治に関心を持てていない若い人が大半。問題意識を感じていた。学校の教育もそうだし、政治家に実際に会ってみる。そういうことが大事なのではと考え、模擬国会を。」と動いたのがきっかけだそうです。
    今回が2回目となる模擬国会ですが、前回を踏まえて、議題は賛否が分かれやすく、結果が決めやすいことを前提に「これから20年における日本の原発政策の是非」と決めたと言います。

    この模擬国会には、政党要件を満たした9党のうち、自民党だけが欠席、ほか8党の議員が参加しました。学生さんたちにとって、国会議員を身近に感じられる良い機会になったようでした。


    『SAKIDORIニュースパレード』
    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容を紹介。
    今日は、あおり運転殴打事件の宮崎文夫容疑者が「車をぶつけられたので殴った」と供述のニュースをお伝えしました。
    私たちも他人事ではなく、このようなトラブルに巻き込まれそうになったら、絶対にドアや窓を開けないようにしましょう。


    コメンテーター 金子恵美さんの『今日のオピニオン』
    あおり運転殴打事件やパトカーにはねられ4歳男児重体というニュースを受け、「交通ルールのモラル」について語り下ろし!
    道路交通法38条で、≪車両等は、横断歩道に接近する場合には、直前で停止することができるような速度で進行しなければならない。歩行者があるときは、横断歩道の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。 ≫と定められているにもかかわらず、横断歩道で一時停止をしていない人は9割にも及ぶそうです。
    「法律が整備されていないのがいけないと指摘する方もいるが、ルール遵守をしていない人が多すぎ!モラルの問題。
    あおり運転の法令が必要なのではないかという話にもなっているけれども、今回のような悪質なもの以外で、小さなこともきちんと罰すべきではないか?例えば、車間距離の不保持。これも近年倍増していて、罰則が軽すぎると感じる。量刑の見直しも必要では?」と語りました。
    月曜サキドリ!20190819 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎アナウンサー。
    今日は世界選手権が行われいる「スポーツクライミング」の話題をお届け!
    野口啓代選手が2位、森秋彩選手が5位、伊藤ふたば選手が6位、野中生萌選手が8位で決勝へと駒を進め、8人による決勝で、7位以内に入った選手のうち最上位の1人が2020年東京オリンピック代表に決まるということです。
    月曜サキドリ!20190819 (4).jpg
    ▼「リードの壁」すごい角度をのぼっています...!
    月曜サキドリ!20190819 (12).jpg
    ▼「スピードの壁」だけは、毎回、課題が同じ。
    月曜サキドリ!20190819 (13).jpg
    ▼「ボルダリングの壁」素人目には、どうしたらいいのかサッパリです...!
    月曜サキドリ!20190819 (15).jpg
    ▼決勝が始まる前には、プロジェクションマッピングが!盛り上がります!
    月曜サキドリ!20190819 (14).jpg

    『ニュースパレードアネックス』
    反社会勢力のパーティーなどに参加し、謹慎処分となっていた吉本興業のお笑い芸人11人の処分が今日解除され、新宿の劇場では、八十島宏行さんと常道裕史さんのコンビ「2700」が舞台に復帰。他にもくまだまさしさん、スリムクラブの二人も復帰し、舞台に立っています。
    「2700」の舞台を取材した田中正史記者によると、冒頭で深く謝罪。そして、今回の騒動を盛り込んだネタも披露し、非常にウケていたそうです。
    見に来ていたファンの方々は温かく好意的に迎えられましたが、一般の方からの信頼を再び勝ち取るために、今後の会社側の対応にも注目が集まります。
    月曜サキドリ!20190819 (1).jpg


    放送作家でコラムニスト 山田美保子さんの『芸能アラカルト』で語っていただいたのは、2つ。
    『ニュースパレードアネックス』でも取り上げた吉本興業のお笑い芸人11人の謹慎処分解除の話題、そして、女優・佐藤仁美さんが5歳年下の俳優・細貝圭さんと交際、10月の誕生日にも結婚予定か!?という話題です。
    なかなか結婚できないキャラだった佐藤仁美さんのおめでたいニュースですが、美保子さんのお話では、細貝さん側の事務所的に「すぐに結婚」とはいかなそうだとのことでした。
    月曜サキドリ!20190819 (10).jpg

    【今日の1曲】 DONUT SONG / 山下達郎
    【本日のおまけオフショット】
    月曜サキドリ!20190819 (5).jpg
    金子恵美さんから差し入れのおせいんべい。軽い食感で味はしっかり!
    月曜サキドリ!20190819 (7).jpg
    (食べやすいようにと、パーティー開けにしましたがこうして見るとすごく雑だったなぁ...)
    月曜サキドリ!20190819 (8).jpg
    みんなで美味しくいただきました♡
    月曜サキドリ!20190819.JPG
  • 第619回:元徴用工問題の今後

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』。今日のテーマは「日韓対立に歩み寄りの兆しはあるのか? 元徴用工問題の今後」。

    1965年の国交正常化以来、最悪と言われている日韓関係。両政府が、反日、反韓の姿勢をとっている中、どういった形で着地できるのでしょうか。

    関係回復のカギとなる元徴用工問題について、神戸大学大学院教授・木村幹さんにお話を伺うと、「文在寅大統領の光復節の演説を聞く限り悪い方向には進んでいないが、日本政府としては『文大統領は元徴用工問題についてなにをしてくれるんですか?』という姿勢は変わらない」と主張。また、差し押さえられた日本企業の資産の現金化についても「日本政府から止めるのは難しい。弁護団が韓国政府と交渉して待ってもらうのが現実的」としました。

    今後も韓国の動きで日韓関係は変わってくるだろうということです。



    そして、先日行われた学生による意見交換会「韓日未来フォーラム」の実行委員長・村田佐希子さんから、両国の学生の意見を伺いました。

    村田さん曰く、学生間の関係は悪くないとした上で、「日韓関係の悪化の原因に教育とメディアがあるのでは」という意見があったそう。中でも教育は受験のために勉強するものになっていて、客観的な教育を受けた上で、学生が考えられる体験が必要とお話してくれました。



    今を切り取る『きょうのナマチュウ』は、2つのニュースを取り上げました。

    まずは、「台風10号で交通混乱、余波続く」。

    週末にかけて超大型台風の西日本縦断により大きな影響がありました。帰省ラッシュが始まっている東京駅から田中正史記者が帰ってこられた方にお話を聞くと「大阪は楽しかったけど、やっぱり台風が・・・」と気苦労した様子も伺えました。



    続いては、「暑い? くさい? 危ないんじゃない!? オリンピック会場は大丈夫?」

    現在、競技会場を使ったプレ大会が行われていますが、その中で様々な問題も浮上中。今日は、細木美知代記者が、お台場海浜公園から中継しました。



    20190816_2

    お台場海浜公園はトライアスロンの会場となっているのですが、なんと11日に行われたオープンウォータースイミングで「くさい!」というにおい問題が起こりました。

    20190816_3

    トライアスロンのプレ大会では苦情はなく、細木記者もいける限り近づいて水質をチェックしましたが、中はにごっていて見えませんがにおいは気にならなかったそうです。

    においの原因は、大雨で大腸菌が流れ込むからとも言われていますが、天候などで水質が左右される中、大会委員会がどのような対策をとるのかも注目が集まります。



    20190816_4

    『SAKIDORIニュースパレード』は、報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが担当。ニュースパレードでお伝えする主な内容を紹介しました。

    7月27日の土用丑の日、ファミリーマートがウナギを予約制にしたところ利益が7割増加したというニュースを紹介。フードロスの観点や、食べたい人がちゃんと食べられるという点でもコンビニ業界の新しいスタンダードとして予約制が浸透しそうです。



    20190816_5

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は「幽霊の正体は」。

    今回は怪談話・・・ではなく、「幽霊って正体がわからないから怖いけど、わかれば安心するよね」という心理をお金に当てはめてお話してくださいました。

    お金の怖いといえば、ひとつに「介護資金」。生命保険文化センターのアンケートによると、介護資金はひとりどのくらい? という質問に「3000万円」という回答があったそうですが、実際に介護をした方に介護はいくらかかりましたか? と質問したところ「500万円」という回答がありました。この差が所謂「幽霊」で、想像と現実の差で必要以上に不安になったり、おびえているので、きちんとかかるお金を知ることが大切だそうです。



    20190816_6

    今日の『SAKIDORIスポーツ』は、長麻未アナウンサーが担当。取り上げたのは「トライアスロン」です。

    現在、プレ大会が行われていますが、やはり気になるのは暑さ対策! 運営側は、体を冷やすミストや好きなタイミングでコーチから水分補給を受けられるようにしたり、またランの距離を半分の5キロにするなど、様々な対策を講じています。23位の高橋侑子選手は、練習後に38~40度のお湯につかって暑さに慣れる練習をしているそうで、選手のみなさんも前向きに特訓に取り組んでいるようです。



    20190816_7

    伝えきれなかったニュースを掘り下げる『ニュースパレードアネックス』。

    何かと話題のNHKから国民を守る党の新幹事長に上杉隆氏が就任。国会で記者会見の模様を岡田紀子記者が伝えてくれました。荻原さんは「どんな人を集めて、何をするのか。ここをはっきりさせてほしい」と今後について語りました。



    今日の『世の中SAKIDORI』は、時代の最先端を行く様々なジャンルの方にお話を伺う「一美が訊く」。

    20190816_8

    今日は、製硯師の青栁貴史さんにお話を伺います。青栁さんは、硯の石探しから、製作、復元、修理、販売まで手掛ける硯のスペシャリスト!

    石探しのために中国まで頻繁に足を運ぶそうで、今では山を見るだけで「硯になる・ならない」が判別できるそうです。そのために山のムード・表情をじっくり見ることが大切なんだとか。一般の方にはなかなか感じることのできない石の声と紳士に向き合う青栁さんの姿勢には驚かされるばかりでした。



    硯を小さな建築物として扱っており、体に抱いてみたり、手のひらに転がしたりみたりと肌感を大事にしながら設計をしているそうです。

    そんな、石に並々ならぬ愛情を持つ青栁さん! 実は月の石を削ってなめたこともあるそうで、気になるそのお味は・・・なんと「きなこ味」!! 一美さんも興味津々でした。

    今後も、100年、200年と使われるために硯を作っていきたいと熱い想いを語ってくださいました。

    そして、収録後、青栁さんから書道セットが届いたので、久しぶりの習字。

    20190816_9

    学生以来の体験に懐かしく思いながら、習字に目覚めそうな一美さんでした。



    【今日の1曲】 ひどく暑かった日のラブソング / 爆風スランプ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第618回:終戦から74年

    今動いているニュースを、さまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』でお伝えしたのは2つ。

    まずは、大型の台風10号、最新情報と今後の予測です。

    お盆休みを直撃している「大型の台風10号」最新情報、交通機関などへの影響を伝えてくれた西村志野記者。

    skd20190815 (8).jpg


    つづいて、終戦から74年を迎えた今日、政府主催の「全国戦没者追悼式」が日本武道館で行われました。

    skd20190815 (1).jpg

    この追悼式を取材した細木美知代記者に、式典の模様と天皇陛下のお言葉、安倍総理の式辞、参列した遺族の方々の声など紹介してもらいました。

    1.jpg

    6000人の遺族が310万人の戦没者を悼みました。終戦から74年、最高齢の参加者の方は90代。戦没者の配偶者の参加は今年はわずか6名だけだったということです。お子さんやお孫さんも多く、世代交代が進んでいることを感じます。

    遺族代表の森本浩吉さんは、お父様と二人で写るお写真を持って出席されました。

    skd20190815 (19).jpg

    戦争を体験した方の高齢化が進んで当時のことを語り継いでいくことが困難になってきている中、千代田区にある国立博物館「昭和館」は、直接、戦争を体験していない戦後世代を「語り部」として育成する事業を行っています。
    この事業について、「昭和館」の学芸部長の渡辺一弘さんにお話を伺いました。
    語り部を希望される方は多く、もともと研究者の方や、学生から60代の方まで幅広い世代の方がいらっしゃるそうです。

    一美キャスターもやってみたい気持ちがあったようですが、今のところ、募集は終了しているとのことです。


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』

    韓国では、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」を迎えています。
    どのようにこの日を迎えているのか、韓国在住のソウル大学専任研究員 吉方べきさんにお話を伺いました。
    「まずは文在寅大統領の今日の演説は、対話を呼びかけるようなメッセージでホッとした。文大統領の目指す平和志向の一端を日本にも担って欲しいという、日本政府というより日本国民へ向けたメッセージであったと思う。日本の方は不安かもしれないが、韓国の人は、日本人のなかでも安倍政権に不満を持つ人はいるんだし、韓国を友好的に考えてくれてる人も多いのだから、日本人を敵視はしないというムード。過剰に心配しなくても大丈夫。」

    skd20190815 (7).jpg

    「日本政府による輸出管理の見直し」については、元経済産業省貿易管理部長で、現在は中部大学特任教授の細川昌彦さんにお話を伺いました。

    「文在寅大統領の演説は耳障りよく聞こえるだけ。元徴用工問題には触れずに、輸出管理に関してだけ"対話"という言葉を使っていて、文政権お得意の焦点ずらしだった。"対話"もなにも、これまで応じてきてないのはそっちなのに、本来の元徴用工問題にきちんと向き合うべきだ。」と、吉方さんとはまったくの反対意見。

    また、「メディアが不安をあおり過ぎ!」だとも指摘。韓国から輸入している物は大方、他国からも輸入可能で、日本への影響はないと語ってくださいました。

    skd20190815 (9).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』

    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をご紹介。

    その中から今日は、スペインの実業家が、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」で展示されていた平和の少女像を購入したというニュースを取り上げました。

    購入した男性は元ジャーナリストのタチョ・ベネット氏で、来年バルセロナに開館予定の"Freedom museum"(自由の博物館)に展示する予定ということです。

    skd20190815 (5).jpg


    コメンテーター 精神科医で映画監督の和田秀樹さんの『今日のオピニオン』 テーマは「民間外交の大切さ」

    色々な方の話を聞くに、韓国の人たちは日本人は嫌いじゃないけれど、政府のやり方が気に入らないという風潮。

    中国と国交がなかった頃、和田さんのお知り合いの方が、いつか中国と国交正常化した時のことを考えても、民間同士が仲良くしてパイプを作っておくのは大事だと話して動いていた人の例を挙げ、現実に韓国から日本への観光客が減っている事実もあるのだから、民間同士が仲良くするというのはとても大事!

    韓流スターが好きな日本人は多いし、逆もしかりで、今こそ韓国へ行って「日本人は韓国のこと大好きだよ」とイメージアップをすべきだと語り下ろしました。

    skd20190815 (10).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』

    鈴木純子アナウンサーが今日取り上げたのは、新生プロレスリング・ノアのNO.1を決めるリーグ戦『N-1 VICTORY』!
    清宮海斗選手にはノアだけの魅力を、杉浦貴選手と拳王選手には清宮選手への思いと、今回のリーグ戦へかける意気込みを熱く語っていただきました。

    skd20190815 (3).jpg

    今週17日(土)午後1時~、ノアの『N-1 VICTORY』発表記者会見が、なんと文化放送サテライトプラスで行われます。

    リーグ戦に参加する選手たちに、間近で会えるチャンス!公開会見は無料でご覧いただけますので、皆さん、ぜひお立ち寄りください。詳しくはこちら⇒プロレスリング・ノア公式サイト

    skd20190815 (17).jpg

    skd20190815 (18).jpg

    ▼プロレスの醍醐味を一美キャスターに「シナリオ」と言われ、グーを静かに握りしめる純子さん。

    skd20190815 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』
    気象予報士の伊藤佳子記者が、大型の台風10号の情報をお伝えしました。

    ▼17時前の浜松町は土砂降り!このコーナーが始まる頃には、上がりました。不安定なお天気ですね。

    skd20190815 (11).jpg

    暴風域はなくなり、1時間25キロの速度で北へ。

    この時間の岡山県玉野市宇野港、和歌山県熊野川、高知県馬路村と、それぞれ電話取材した音声をお聞きいただきました。

    skd20190815 (6).jpg


    吉田愛梨レポーターの『SAKIDORI最前線』では、今週13日に、原宿駅直結の商業施設「jing」にオープンした「東京タピオカランド」をご紹介しました。

    ■「東京タピオカランド」公式ホームページ

    skd20190815 (14).jpg

    【今日の1曲】 生まれ来る子供たちのために / オフコース

  • 第617回:福島香織さんをお迎えして

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』

    デモが激化する香港の情勢について、中国・香港・台湾の情勢に詳しいジャーナリストの福島香織さんをスタジオにお迎えし、解説していただきました。

    一連の香港のデモ、8月に入ってから警官によって失明する人が出るなど、かなり双方の苛立ちを感じると福島さんは言います。「基本的に、デモに参加している人々は空港の業務を滞らせることをやっているわけではない。離発着をわざわざキャンセルしているのは、お前らのせいで混乱が起こっているんだぞという、中国側や香港側の思惑が見える。あまり暴力が激化しているとは言いたくないけれど、衝突自体は激化している。」ということでした。

    サキドリ20190814 (4).JPG

    昨日に引き続き、現在の香港の様子を伺ったのは香港中文大学の教員の小出雅生さん。昨日は、放送の後、香港国際空港にたくさんの人が集まってきて大変だったそうですが、今日は落ち着いているとのこと。ちょうどビラを配ってデモ活動を行っている学生さんを見つけたということで、学生さんにもお話をしていただきました。


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』は2つのニュースをお伝えしました。

    まず1つ目。「アメリカの対中関税・第4弾の一部延期」から見る米中貿易摩擦の収束は?

    福島さんは「2つの価値観の衝突であり、収束はしない。かつての冷戦構造と同じように、ルールや価値観が分かれていくということだろう。」

    古谷さんも「20世紀、世界の覇権を握っていたアメリカ。そこに中国がアメリカを経済で抜きそうな射程圏内に入ってきたことで、100年以上続いてきたヘゲモニーが揺るがされるという根底があるから終わらない。」という見方を示してくださいました。

    サキドリ20190814 (1).JPG

    かわって、2つ目は西日本に接近している、大型の台風10号について。

    東京大学大学院 客員教授で、NPO法人「CeMI環境・防災研究所」の副所長の松尾一郎さんによると、「雨の量自体は、昨年の西日本豪雨よりも短い期間で大量の雨が降る。被災した状態の西日本が大雨と風を受けることになるので、災害の起きる前以上に対策は必要!交通機関が止まる前に避難疎開も視野に入れて!」とのこと。

    関東地方への影響は大きくはないと思われますが、まったくゼロではないそうです。なかでも1番重要なのは「高波」。 夏休み期間中ですが、海に行かないこと!きちんと情報を把握しながら、危険なところには行かないなど、行動をしていかなければなりません。

    さらに石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』内でも、台風10号の交通機関への影響をお伝えしました。東京駅で取材中の細木美知代記者に繋いで、台風を見越して予定を変えた皆さんのインタビュー音声をお聞きいただきました。

    ▼鉄道関係の終日運休情や阿波踊りなどのイベントの中止をまとめてくれた西村志野記者&帰ってきた細木美知代記者、奥には水谷加奈アナウンサー(^^)

    サキしよ水曜20190814.JPG


    『ジャパネットたかた ラジオショッピング』では、ジャパネットたかたの林佑美さんがスタジオ生出演!

    ジャパ20190814 (1).JPG

    ご紹介したのは、日立の圧力スチームIH炊飯器「ふっくら御膳」でした。

    ジャパ20190814 (2).JPG

    この炊飯器で炊いた、美味しいご飯の試食もさせていただきましたよ♪

    saki20190814 (3).jpg


    コメンテーター 文筆家の古谷経衡さんの『今日のオピニオン』 テーマは「笑止!NHKスクランブル化」

    タレントのマツコ・デラックスさんが「NHKから国民を守る党」の印象を少々批判的に発言したことで、立花孝志代表が猛烈な抗議行動を行ったというニュースを受けて、「国会議員が、タレントとはいえ、いち私人に対してこのようなことをするなんて、言論の弾圧じゃないか。よくよく考えて、NHKスクランブル化とマツコさんは無関係でしょう。自分を攻撃する者の言論を弾圧する、 めちゃくちゃなことをやってる。」と指摘。

    さらに、「NHKのスクランブル化」 については、今から13年前、小泉内閣の時代にすでに議論され、結論、放送法の理念に照らし合わせて、見合わないということになったという過去も解説。

    「NHKというのは、どんな山岳部や離島にいても映るもの。 あまねくすべての国民のために、アンテナの送受信機を利益が出なくても設置してきた。そういうインフラのことも考えないと。緊急速報や地震速報はどんな人にとっても命のために必要。公共放送だし、公共料金だけど、極めて「税金」に近いもの。NHKの受信機を持った時点で払わないのは大間違い!」だと語りました。

    サキドリ20190814 (3).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦アナウンサーが、「男子バスケットボール日本代表」の話題を取り上げました。

    来月のワールドカップに向けて、親善試合を行っている日本代表ですが、アメリカNBAからドラフト1巡目で指名された八村塁選手がチームに合流したことも話題となっています。

    お話を伺ったのは、元バスケットボール選手で、中京大学准教授・松藤貴秋さん。

    saki20190814 (2).JPG

    過去に、自分よりも数日先にミニバスを始めた同級生が「先輩と呼べ!」というもんだから、とてもイヤだった記憶があるという古谷さん。「今の日本のバスケットボール界は大丈夫なのか?」という疑問に、松藤さんは「日本代表を取材して、すごく良い雰囲気。大丈夫。」と丁寧に回答してくださいました。

    サキドリ20190814 (2).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 今日は「傘」の話題です。 小田急電鉄などは今日から、傘をみんなで共有するシェアリングサービス「アイカサ」の使用運転を始めました。 どんなサービスなのか、取材したのは石森則和記者。

    ▼この青い傘も「アイカサ」で借りた傘なんです。出先でビニール傘を買うよりも、傘は借りる時代に!?

    anex0814 (5).JPG

    利用者はLINEの「アイカサ」専用アカウントを使って、傘シェアスポットを選んだりレンタル・返却したり出来ます。

    アイカサの傘 (2).jpg

    ▼傘にはQRコード。スマホを使って、傘のロックナンバーを確認して、ダイヤル式のカギを解除する・・・そんな仕組みです。

    アイカサの傘 (1).jpg

    利用料は1日(24時間)70円(1カ月の上限は420円)。晴雨兼用なので、ゲリラ豪雨などの急な雨のほか、ジリジリとした強い日差しを除けるのにも重宝しますね!

    anex0814 (4).JPG


    『SAKIDORIクリニック』 本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生がしてくださったのは、「お盆休み明けに急増する、夏バテから胃腸と脳を守る健康法」というお話。

    冷たい飲み物を一気飲み、やってしまいがちですが、夏バテにとってこれが禁物!オススメは、冷たい飲み物を噛んで飲むこと。

    また、食事の1時間~30分前にコップ1杯の水を飲んでおけば、食事の時に胃液となって消化能力がアップするそうです。

  • 第616回:気になる香港デモ&米中摩擦

    火曜サブキャスターの竹田有里さんはお休みです。今日は、水谷加奈アナウンサーが担当!

    今動いているニュースを、さまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、2つのニュースです。

    まずは、混乱が続く香港国際空港、大規模な抗議活動が続く香港について。香港中文大学教員 小出雅生さんにお電話を繋ぎました。

    小出さんによると、今日は人も集まっていないため混乱もおさまっているということですが、今朝の行政長官の会見では「暴力は容認しない」とだけしか発表はされず、今後こうしていきましょうという具体的な話には言及していないことから、事態の先行きについては不明だということでした。


    続いて、さらに激しくなる米中対立。週刊現代特別編集委員の近藤大介さんをスタジオにお迎えしました。

    去年成立した「国防権限法」に基づき、今日からファーウェイなど中国のハイテク企業5社の製品の調達を禁止。しかし、本当に怖いのは1年後で、「ファーウェイと取引しているすべての企業もお断り!」と非常に極端なことを言っていると解説。この「国防権限法」の発動は、「ファーウェイをとるの?アメリカをとるの?」という選択肢になってくるため、どの国も苦悩することが予想されます。

    米中対立は第4段階で示され、今はこの第3段階まで来ているということで、最後の第4段階は軍事衝突...。いつ起きるかは分からないが、衝突が起きるとすれば、南シナ海・東シナ海・台湾近辺という場所の予測はすでにされているというお話でした。

    さき20190813 (3).jpg

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』

    スポーツに科学に社会体験、親子で様々な体験ができる参加型イベント「ホップ!ステップ!!2020!!!東京国際フォーラムで夏休み 丸の内キッズジャンボリー・スペシャル版」が、今日から木曜まで開催されています。
    13回目を迎える今年は、来年の東京オリパラを意識して、スポーツプログラムを増やしたスペシャルバージョンになっているそう。ストリートラグビー、クッキーデコレーションや消火訓練など、本当に様々な130種類ものプログラムがあるんです。

    そして、ここ国際フォーラムは東京オリパラの《ウェイトリフティング》《パワーリフティング》の会場になっていることもあり、田中正史記者が挑戦!

    「小学生が13キロをあげているので、それは上回らねば・・・と、20キロあげてきました!!!!」

    マッスル田中記者 (3).jpg

    マッスル田中記者 (1).jpg

    「やぁ~~~(気合い)!!」

    マッスル田中記者 (2).jpg

    かわって、「理科っ子になる夏!バイエルサイエンス・ファーム」という、夏休みの自由研究の参考になるプログラムを取材したのは西村志野記者。命の大切さや命の不思議、DNAのことを楽しく学べるブースもあるそうです。

    その中から今日だけのプログラム《動物のお医者さん体験》をしてきました!

    獣医のしのちゃん (5).jpg

    参加した子供たちは、獣医学生たちが飼育している4匹の犬の体重を測ったり、心拍数を調べたり、皮膚を診たりしました。犬や猫の先生は常に募集があり、子供たちにはぜひ興味をもってもらいたい分野です。

    獣医のしのちゃん (4).jpg

    ■「ホップ!ステップ!!2020!!!東京国際フォーラムで夏休み 丸の内キッズジャンボリー・スペシャル版」公式サイトはこちらから。



    『SAKIDORIニュースパレード』

    報道スポーツセンターから石川真紀 キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をご紹介。

    今日は、街中で困っている人と手助けしたい人を無料で繋ぐアプリの運用がスタートという話題をお伝えしました。

    このアプリ「May ii(メイアイ)」というもの。手助けが必要な人がその内容を送ると、携帯の位置情報から周囲500メートルにいる人に連絡が行き、サポートを立候補した人とマッチングするという仕組みだそうです。

    ▼報道スポーツ部も日々、助け合いは欠かせません!真紀さん&ビンさん&涙子さんをパチリ☆

    さき20190813 (7).jpg

    コメンテーター 俳優の石田純一さんの『今日のオピニオン』 テーマは「むしろ今こそ本当のことを。森友問題。」

    先週金曜、大阪地検特捜部は森友問題を巡って刑事告発されていた佐川元理財局長ら10人全員を、不起訴としたことを受け、石田さんは「これでいいんですか!?民主主義は、三権分立はどこに行ったの?日本はこれで先進国と言えるの?」と改めて問題提起しました。

    「司法・立法・行政のうち、もはや司法は機能していない。せめて立法府である国会か、当事者である行政機関の財務省が第三者委員会を設置して、自ら何が起こったのかを"己の良心"に鑑みて、明らかにすること。唯一、矜持を示せるのでは?」と語り下ろし!

    さき20190813 (1).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーはメットライフドームから。今夜のライオンズナイター 解説の山崎裕之さんに、ここまでのライオンズの戦いと今日から始まるオリックスとの3連戦についてお話していただきました。


    『ニュースパレードアネックス』超大型の台風10号はあさって15日には、四国や九州に強い勢力で上陸し、西日本を縦断する見込みです。気象予報士の伊藤佳子記者によると、超大型のため、ほぼ全国が強風域とのこと。

    お盆休みの今、旅先で被害に遭うこともあり得ますので、旅先の市町村のホームページを各自チェックして、必要に応じて避難を!海のレジャーにもご注意ください。

    さき20190813 (2).jpg

    【今日の1曲】 アクアマリンのままでいて / カルロストシキ&オメガトライブ

    今日おかけした曲は、石田純一さんが出演されていたドラマ「抱きしめたい!」の主題歌だったんですよね。当時石田さんは34歳だったそうです。

    「あ~、記憶が蘇る~!」「見てたよね~!」と、スタジオの外でスタッフたちもしみじみしておりました。

    さき20190813 (6).JPG

  • 第615回:日航ジャンボ機墜落事故から34年。

    「山の日」の振り替え休日。本日もSAKIDORI!をお聴きくださった皆様、ありがとうございました!

    今動いているニュースを、さまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』

    1985年に起きた、乗客乗員520人が命を落とした日航ジャンボ機墜落事故から今日で34年。墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に今年も遺族らが慰霊登山しました。

    お話を伺ったのは、事故でご主人の谷口正勝さんを亡くされた谷口真知子さん。

    「(34年が経ったことについて)あっという間だったような気もするし、そんなに経ったのかという、複雑な気持ちです。
    あまりにも突然の別れだったので、遺体を見た親戚から「正勝さんだった」と言われても信じられなかった。信じたくなかった。
    ただ、遺書を見つけたのが私だった。それを見てパパだったんだと、主人の事故死を信じないといけないと思った。
    本当に子煩悩な人で、最後まで子供のことを・・・。私のことも少しは書いてくれても良かったんじゃない?パパはいいよね、ずっと一緒に居るって言ったくせにって、恨みがましくも思った。」と言います。

    ほかにも、生前、正勝さんが植えた柿の木のお話や、絵本のお話をしていただきました。

    「イヤな事件や事故がたくさんある。今日という日が明日も明後日も続くと、人は当たり前のように生きている。でもそうじゃないことを分かって生きるのとそうでないのとでは違う。小さい子供たちに特に考えて欲しい。小さい子は小さい子なり、高校生は高校生なりによく分かってくれている。」とおっしゃっていました。


    坂本九さんもこの事故で命を落とされた一人です。この時間、追悼の意味を込め、一曲お聴きいただきました。

    見上げてごらん夜の星を / 坂本九
    サキドリ20190812振り替え.JPG

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』

    まだまだ夏真っ盛り!8月12日の今日は「山の日」振替休日ではありますが、サキドリは海の家からの中継。

    題して、「夏だ!ビーチだ!音楽だ!海の家から夏の音楽リクエスト」です。

    サキドリ20190812振り替え (3).jpg

    西村志野記者が、鎌倉中央海岸にある海の家"Asia"へ。海を満喫する皆さんにリクエスト・インタビューしました。

    サキドリ20190812振り替え (2).jpg

    【夏の音楽リクエスト①】 希望の轍 / サザンオールスターズ

    【夏の音楽リクエスト②】 島唄 / THE BOOM

    【夏の音楽リクエスト③】シーズン・イン・ザ・サン / TUBE

    サキドリ20190812振り替え (4).jpg

    ここからは、おまけ。

    今日のSAKIDORI!メンバー(と、その仲間たち)に聞いた「夏の曲と言えば...?」順不同でチラッとご紹介!

    斉藤一美キャスター:夏が来た! / 渡辺美里

    加納有沙サブキャスター:夏をあきらめて / 研ナオコ

    コメンテーターの金子恵美さん:100万回の「I love you」 / Rake

    文化放送の偉い人こと関根さん:ひと夏の経験 / 山口百恵

    鈴木敏夫デスク:イパネマの娘 / ジョアン・ジルベルト

    山本カオリ記者:ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

    伊藤佳子記者:夏の終りのハーモニー / 井上陽水, 安全地帯

    砂山圭大郎アナウンサー:サマータイムブルース / 渡辺美里

    西村志野記者:アイスクリーム / キクチリョウタ

    作家の関さん:RIDE ON TIME / 山下達郎

    ミキサーの山田さん:夏の思い出 / ケツメイシ

    天海ディレクター:フラワー / KinKi Kids

    青山ディレクター:Miss Lonely Eyes / 1986オメガトライブ

    ADの川崎さん:打上花火 / DAOKO×米津玄師

    サキドリ20190812振り替え (5).JPG


    17時からの『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をいち早く紹介する『SAKIDORIニュースパレード』

    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、今日は、警察が信号のない横断歩道で止まらない車の摘発強化中のニュースをお伝えしました。

    サキドリ20190812振り替え (1).jpg

    『今日のオピニオン』 コメンテーター 金子恵美さんが語り下ろしたテーマは「動物との共生社会実現に向けて」

    先週、小泉進次郎さんと滝川クリステルさんがご結婚され、滝川さんの活動について調べてみたら、動物愛護・動物福祉向上の活動をされているということを改めて知ったという金子さん。

    動物愛護の法について見てみると2013年の改正以来、犬猫の殺処分はだいぶ減ってきているそうです。

    「犬猫のマイクロチップ装着の義務化や動物虐待厳罰化も少しづつ動いているけれど、「ゼロ」まではまだまだの自治体も多い。議員の中には、ペットショップ側・ペット業者側の人もいるのも事実で、そういう抵抗勢力と戦うためにも民間の後押しは必要だなと思う。」と語ってくださいました。

    そして、小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの官邸挨拶を見て感じた率直な違和感について、「もう少しわきまえることの出来る方だったのに、よほど嬉しかったんだろうな~。」と幸せなカップルにちくりと一言もの申しました。

    サキドリ20190812振り替え (6).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、スポーツクライミングの話題でした。

    昨日11日から、八王子で世界選手権が始まり、世界のトップクライマーたちが集結しています。この大会で東京オリンピックの代表が決まるのですが、過酷な代表の決め方などを解説。

    ボルダリング女子・野中選手と野口選手、男子予選を終えた楢崎選手、原田選手、土肥選手の声もお聞きいただきました。

    サキドリ20190812振り替え (7).JPG

    『ニュースパレードアネックス』

    超大型の台風10号は、15日(木)頃、西日本に接近・上陸するおそれがあります。お盆休みのUターンラッシュを直撃する可能性も出てきたということで、気象予報士の伊藤佳子記者に最新の情報を伝えてもらいました。

    今回の台風は、超大型で動きが遅いことが特徴。そのため、離れていても油断できず、日本への影響も長引くかもしれません。

    14日、15日を中心に交通機関への影響にもご注意ください。

    とにかく、天気予報は鮮度が大事!こまめに先読みして、予報をチェックしましょう。
    サキドリ20190812振り替え (8).JPG

    『芸能アラカルト』放送作家でコラムニストの山田美保子さんに語っていただいたのは、芸能界の結婚ラッシュについて。

    速水もこみちさん&平山あやさん、遼河はるひさん&鈴木彩貴さん、新川優愛さん&9歳年上の一般男性、小泉進次郎衆議院議員&滝川クリステルさん...ここに挙げてみても本当にラッシュでしたよね~!

    「新川さんのお相手はただのロケバスじゃなく出版社のロケバスで、そういうドライバーさんは気が利くしカッコイイ方が多い」「半年くらい前から、滝川クリステルさんは動物愛護の活動を一切やらなくなっていた」など「へぇ~!」というお話が飛び出しました。

    サキドリ20190812振り替え (11).JPG

    【今日の1曲】 木蘭の涙 / スターダスト・レビュー

  • 第614回:東京都心の空はどうなる?

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』。今日のテーマは「低空飛行の羽田新ルート 来年3月運用へ残る不安」。

    東京オリンピック・パラリンピックに合わせ、羽田空港国際線の発着回数を増やすため、2020年3月29日から東京都心を低空飛行する新たなルートが誕生することになりました。

    約700mの高度で飛ぶ渋谷から細木美知代記者が中継。今回の件を街の人に聞いてみると「オリンピックで人が増えるのを考えると仕方ないのかな」という声や「事故がなければいいけど」という不安の声も聞かれ、一定の理解は示しつつも、こわいという気持ちはぬぐい切れない様子でした。



    また、「みなとの空を守る会」共同代表の増間碌郎さんにお話を伺うと、「結論ありきの発表で、住民アンケートを無視した結果は許せない。飛行ルートには50近い教育機関があるため説明不十分での決定には不安が残る」とし、今後も反対を訴えていくそうです。

    逆に、発着便数の増加に賛成しているのは、航空行政の専門家、慶応義塾大学名誉教授の中条潮さん。2000~3000億円の経済効果が見込まれるため、騒音問題など市民の不安を補償でしっかり補うことが大切とし、反対の声に10~20年かけてじっくり対応をしなかったことが問題だと指摘しました。



    20190809_1

    今を切り取る『きょうのナマチュウ』は、「今日からスタート! 2019お盆休みの大移動」。

    羽田空港の出国ラッシュは明日がピーク。また、高速道路も今夜から渋滞が予想されています。

    田中正史記者が、ネクスコ中日本東京支社の高速道路アドバイザー山本隆さんから、高速道路を利用する際の注意点を伺いました。渋滞にはまると追い越し車線に移動したり、車線変更を繰り返したりと少しでも前にいけないかヤキモキしてしまいますが、実はほとんど時間は変わらないそうで、事故を起こさないためにもむやみやたらに車線変更してしまうのは避けた方がよさそうです。

    運転して疲れたらこまめにサービスエリアで休憩してリフレッシュしましょう!



    20190809_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが担当。ニュースパレードでお伝えする主な内容を紹介しました。

    あいちトリエンナーレで、今回芸術監督を務めている津田大介さんのイベント出演を見合わせると発表したニュースを取り上げました。



    20190809_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は「郵便局の闇」。

    郵政民営化の前、日本郵政公社は年間3000人も懲戒処分されているとんでもない組織だったという荻原さん、民営化前に不祥事を防ぐためにコンプライアンス強化を図ろうとしましたが、減るどころか増えている現状に「よくなったわけじゃない。ひどい状況がずっとそのままだったのでは」と指摘しました。



    20190809_5

    今日の『SAKIDORIスポーツ』は、長麻未アナウンサーが担当。取り上げたのは「ラグビー パシフィックネーションズカップ」です。

    ここまで、フィジー戦、トンガ戦と2連勝している日本代表! ラグビー元日本代表の大畑大介さんはここまでの試合を見て「最高!」と高評価。合宿でのこれまでのトレーニングがしっかりと生きていて、努力が結果に結びついているといいます。

    そして最終戦アメリカについて、ランキングは少し下かもしれませんが、フィジカルの面など油断のならない相手! 全勝目指して応援しましょう。



    伝えきれなかったニュースを掘り下げる『ニュースパレードアネックス』。

    中東・ホルムズ海峡を航行する船の安全保障に向け、アメリカが有志連合の結成を提唱し、各国に参加を求めている問題。日本政府にも判断の時期が迫っていますが、仮に自衛隊を派遣する場合、何がポイントになるのか国際開発センターの畑中美樹さんにお話を伺いました。



    20190809_6

    『世の中SAKIDORI』、金曜日はビジネス先取り。
    ニュースサイト「nippon.com」編集局エグゼクティブ・エディター、ピーター・ダーフィー さんに「日米キャッシュレス事情」というテーマでお話を伺います。

    先日、日本の酷暑から逃れるためにカルフォルニアに帰省したピーターさん、店員の少なさと2、3ドルのコーヒーでさえカードで決済する人が増えていると感じたそうです。

    キャッシュレス後進国といわれる日本ですが、QRコードを開発したのは日本だし、SuicaやPasmoなど、電子マネーの普及は高い上にとても便利なのでそれほど遅れているとは感じないそうで、日本人の現金派の気持ちもお金の増減が目で見えるのは大切だからわかると理解を示しました。



    【今日の1曲】 クスノキ / 福山雅治



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第613回:吉本興業・社内改革のための初会合開催

    木曜サブキャスター、永野景子デスクはお休みです。今日は、昨日に続いて連投となります、水谷加奈アナウンサーがサブキャスターを担当しました。


    今動いているニュースを、さまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』

    吉本興業が、社内改革のために設置した経営アドバイザリー委員会・初会合を開催。

    会場である、吉本興業・東京本部で取材中の細木美知代記者によると、今日は反社会勢力の完全排除と所属タレント全員の契約についてがテーマとなっており、国際医療福祉大学教授の川上和久氏を座長とし、各分野の有識者が吉本興業が提出した素案を議論。 吉本興業は、それをもとに社内改革を進めていくとしています。この後、報道陣向けのブリーフィングが行われるということでした。


    お電話を繋いだのは、組織論がご専門の同志社大学 太田肇教授。

    「吉本興業というのは、一言で言うと「家父長主義」の組織で、相手が未成熟だと一から教育していかなければならないのだが、それを引きずってしまって子離れできない親のようになっていた。 両方の関係が良好な場合は良いのだが、今回の吉本の問題に限らず、スポーツや企業のパワハラ問題にも通ずること。だから、個人が自立して活動できるように会社が支えていく「インフラ型組織」という考え方が相応しい。組織の枠組みそのものを変えていくということが大事だ。」とお話してくださいました。

    saki-20190808 (8).jpg

    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』では2つの話題に注目。

    1つ目、米中貿易摩擦で揺れる金融市場について、富士通総研エグゼクティブ・フェロー 早川英男さんにお話を伺いました。トランプ大統領の発言から1週間、金融市場の不安定な状態は当面は落ち着くだろうが、アメリカの株安や中国の人民元安が起これば、もう一度世界の金融が不安定になる可能性もあることなど解説してくださいました。


    2つ目。東京オリンピックのチケット追加抽選販売の申し込み受け付けが、今日午前2時に公式販売サイトで始まりました。この詳細を、「敗者復活戦、私は主に野球が見たいので頑張ります!」と意気込む、西村志野記者に伝えてもらいました。

    6月に抽選結果が発表された1回目に申し込んでいて、1枚もチケットが当選しなかった人が対象となる今回の抽選。申し込みは8/19の午前11時59分まで、抽選結果は9/11に発表されます。

    saki-20190808 (3).jpg

    スポーツライター 小林信也さんには、追加抽選でオススメの競技をアドバイスしていただきました。

    第1:ゴルフ女子⇒渋野日向子選手がオリンピック出場を決めれば、7000円で見られるのはお得!

    第2:陸上・マラソン⇒タダで見られるのにチケット買うの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、沿道は大混雑の恐れが...!スタジアムであれば、スタートとゴール以外もオーロラビジョンでゆったりのんびり座って観戦。

    そのほか:カヌー、馬術、フェンシング、近代五種、マウンテンバイク

    参考になれば幸いです!


    報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容を紹介する『SAKIDORIニュースパレード』

    今日は、羽田空港の発着枠増加に向け、都心上空を通過する新しい飛行ルートを来年3/29から運用開始のニュースを取り上げました。

    saki-20190808 (2).jpg

    コメンテーター 精神科医で映画監督の和田秀樹さんの『今日のオピニオン』

    題して「いい政治家といい医者の共通点」を語り下ろし!

    「1つ目は、ちゃんと患者の言うことを聞いてくれるか。有権者の声を聞けない政治家はダメなのと同じ。2つ目は、きちんと安心感を与えられる説明が出来ること。3つ目は、勉強するかどうか。自分の考えと違っても、新しい知識を勉強すること。そして、1番大事なのは4つ目。違うと思ったら変えられるということ。治療方針を柔軟に変えられる医師の方がいいと思うし、政治家もこの道しかないって突き進むのではなく、別の手を試してみればいい。」

    saki-20190808 (7).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』 鈴木純子アナウンサーが、来週8/14に行われる「サッカー天皇杯3回戦」をピックアップ!

    J1の横浜Fマリノスと、J2の横浜FCとの横浜対決ということで、ジャイアントキリングになるのか!?

    saki-20190808 (4).jpg

    今日は、今夏、ジュビロ磐田から横浜FCへと移籍した中村俊輔選手の音声をたっぷりとお聞きいただきました。

    小さい時、お父様に連れられて試合を見た、そしてプロとして初ゴールを決めた場所でもある「世界で1番好きな場所」ニッパツ三ツ沢球技場での試合となります。天皇杯3回戦「横浜ダービー」は来週の水曜日、午後7時キックオフです!

    saki-20190808 (6).jpg


    『ニュースパレードアネックス』まずは、昨夜起きた浅間山の小規模噴火について、石森則和記者に現在の警戒レベルについてなどを改めて伝えてもらいました。

    saki-20190808 (10).jpg

    そして、今日午後2時から開かれた吉本興業の「経営アドバイザリー委員会」の初会合。川口座長によるブリーフィングの内容を、細木美知代記者がレポート。

    およそ6000人いるとされる吉本興業のタレント全員と「共同確認書」という形で、お互いに交わしていくべきだということになったようです。今後、今日の会合で方向性が定められたことに関して、社内で進めていくということでした。


    吉田愛梨レポーターの『SAKIDORI最前線』では、食品ロスをファッションから考える「フードデキスタイル」をご紹介!廃棄予定の食品を使って、染色したファッションアイテムたち。

    ▼こちらは小松菜で染められたトートバッグ!

    saki-20190808 (5).jpg

    ▼こちらの靴下は、抹茶で染められたもの。どれも素敵でした!

    saki-20190808 (1).jpg


    【今日の1曲】 Walking On Sunshine / カトリーナ&ザ・ウェイブス

  • 第612回:れいわ、N国...注目の2党の今後は!?

    今動いているニュースを、さまざまな角度から詳しくお伝えする『ニュースオフサイド』

    「れいわ新選組」 、「NHKから国民を守る党」...注目を集める2党の現状とこれからをサキドリ!

    今日は、「れいわ新選組」の山本太郎代表が、「大竹まこと ゴールデンラジオ」に生出演。応援演説に駆け付けた茂木さんとも会って、笑顔で会話を交わされていました。

    「時々、政治家さんを応援に行くんだけど、れいわを見ていて一番印象的だったのは、動員されて来ている人たちじゃなかったこと。音楽フェスに来ている感じ。年齢も服装もいろんな方が応援に来ていたので、ブームなんだなって。政党要件を満たしていないせいでテレビとかラジオでは報道してなかったけれど、ネットの力を見せつけた選挙だったと思う。」と茂木さん。

    かわって、「NHKから国民を守る党」の現状とこれからについて、お電話を繋いだのは、立花孝志代表。

    初めての国会を終えてみて「僕が行く場所じゃないなとは未だに思っているけれど、僕みたいな人間が行かなくてはならない現状なのだと思う。重圧がある。早く責任を果たして、辞めたいのは本心。」と率直な感想を語ってくださいました。

    また、話題となった政見放送に関して「17分という決められた時間の中で冒頭の3分間で面白いことを言わないと見てもらえないと思った。次の衆議院の時にはああいったことは致しません。ちょっと選挙に行ってみようかなという方が増えたんじゃないか。トータルで見ればふざけたことはマイナスだったと思うが、党の伸びとしてはああいう政見放送をやらせていただいた。」ということでした。


    「今」を切り取る『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは2つの話題。

    まずは、アメリカのエスパー国防長官が安倍総理大臣や岩屋防衛大臣と会談したニュースです。

    エスパー長官は一連の会談で、北朝鮮について完全な非核化を目指すと強調したほか、中東・ホルムズ海峡での有志連合については日本に参加するよう強く要請しました。

    文化放送・国会キャップの奥山拓也記者によると、エスパー長官は「日米同盟は盤石」と語り、中国や北朝鮮についても言及。日本の拉致問題解決について「日本の皆様に拉致問題解決のため、我々がともに歩んでいくことを約束したい。」としました。

    岩谷防衛大臣は、有志連合への参加要請、そして中東に関しては詳細を明かしませんでした。

    サキドリ!20190807 (17).jpg

    続いては、霞が関にある各省庁が子供たちを対象に、広く社会を知ってもらうために様々な催しを行う「こども霞が関見学デー」が今日から明日までの日程でスタート。

    写真左から、西村志野記者、竹田有里記者、細木美知代記者、天海ディレクターが行ってまいりました。

    3人の記者たちが、『column~記者たちのオフマイク~』に詳しいレポートを書いてくれています。⇒こちらから見られます!

    ■西村志野記者⇒文部科学省へ。

    こちらには、90ものプログラムが!男女共同参画について遊びながら学べたり、ラグビーW杯の本物の優勝カップを持って、記念撮影も出来ちゃいます。

    サキドリ!20190807 (14).jpg

    ■竹田有里記者⇒農林水産省へ。

    自由研究に役立つ40ものプログラム。SAKIDORI!でも取り上げた「木のストロー」作りや、クジラの竜田揚げの試食会も行われていましたよ。

    サキドリ!20190807 (9).jpg

    ■細木美知代記者⇒内閣府へ。

    こちらも多種多様です。防災百人一首や災害時に役立つ紙食器づくり、簡易防災ベッドのお試しコーナーなどが!

    なかでも子供たちに人気だったのは「eスポーツ」体験だったそう。

    サキドリ!20190807 (2).jpg
    子どもたちが色々なことに興味を持つ良いきっかけになりそうですね!


    『SAKIDORIニュースパレード』 報道スポーツセンターから石川真紀キャスターが、『ニュースパレード』でお伝えする主な内容をご紹介。

    その中から今日取り上げたのは、小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルさん結婚のニュース。年明けに出産予定だということです。真紀さんの周りの政治記者も全くノーマーク!女性記者さんからは「なんかイラッとする」という素直な意見も聞かれたとか。

    サキドリ!20190807 (5).jpg

    『今日のオピニオン』 コメンテーター 脳科学者の茂木健一郎さんが語り下ろすテーマは「夏こそ "朝活"!」

    暑くてやる気がなくなりがちな夏、茂木さんのオススメは "朝活"です。朝起きて2時間くらいが脳のゴールデンタイム。これを利用しない手はないそう!

    ~茂木さん直伝!朝活のススメ~

    ・朝活は前の晩からスタートしています。6~7時間は寝てください。

    ・寝る前はラジオを聴いたり、落語を聴いたり、目を使わずに出来ることをしましょう。目を閉じることで、脳は「寝るんだな」と感じます。

    ・「眠れない!!」と焦らなくても、目を閉じて横になっているだけでも、十分、脳は記憶の整理ができているので大丈夫。

    ・朝起きたら、二度寝防止のためにも太陽を浴びましょう。

    「脳は筋トレと同じでやっていれば、そのうち出来るようになる。起きてすぐのトップスピード、10分間でこれをやるんだって決めてやる。クリエイティブな仕事に最適!僕は、とりあえず仕事机のところに行けば、ご褒美のチョコとコーヒーがあるぞと言い聞かせてる。」と茂木さん。


    ▼ちなみに、夜寝るときにはホラー映画を見ながら寝ているという加奈さんに、脳科学者もビックリ!!

    サキドリ!20190807 (8).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 松島茂アナウンサーが取り上げたのは、昨日開幕した 「全国高校野球選手権大会」夏の甲子園について。今日は、帝京OBで夏の甲子園でノーヒットノーランを達成したこともある、元・日本ハムの芝草宇宙さんにお電話を繋ぎました。

    プロ注目の星陵高校の奥川恭伸投手について「格の違いを感じるピッチング。上体が高く、沈み込んで投げるタイプではないので、そのあたりがこの先、プロに入ってもそのまま通用するのか、今から楽しみ!」とのこと。

    ご自身の1987年大会を振り返り、甲子園に出場している高校生へ「人間として自分を成長させてくれる大会」だと語ってくださいました。

    サキドリ!20190807 (6).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 先月から行われていた、スポーツの力で復興を支援し、被災地をつなぐというリレー「未来への道 1000キロ縦断リレー2019」が今日、そのゴールを迎えました。駒沢オリンピック公園から、石森則和記者がレポート。

    サキドリ!20190807 (13).jpg

    東日本大震災からの復興支援のため、青森から岩手、宮城、福島、茨城、千葉、東京をランニングと自転車で繋いできたこちらのリレー。今日は、朝原宣治さん、高橋尚子さん、根木慎志さん、山本篤さんも参加しました。

    出迎えたのは小池百合子知事と、俳優の武田真治さん!小泉進次郎さんの結婚の話題を、小池知事が武田さんに無茶ぶりする場面も!

    サキドリ!20190807 (12).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』は「ネプチューン 名倉さんから学ぶ、うつ病の予防法」というお話。

    環境が変わることによる精神的なストレスがうつ病の原因になり、引越ししただけでうつ病になる方もいるのだとか。

    病気と向き合う時にメンタル面はすごく大事。うつ病になると、気分や心の問題以外にも免疫力の低下にも繋がるそう。「病気に負けるな!」「病気に勝ちます!」という言葉は禁句!注意しましょう。


    【今日の1曲】 真夏の夜の夢 / 松任谷由実

CALENDAR

< 2019年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
TOPへ
radiko