斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI! 毎週月曜日~金曜日 15:30~17:50 ON AIR
facebook
twtter
facebook
twitter

今日のSAKIDORI

  • 第1053回:日米首脳会談をサキドリ!

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』。

    今日、追いかけたテーマは「明日、日米首脳会談。菅総理はどんな成果をあげられるのか?」。

    日本時間の明日未明、バイデン大統領にとっては初の対面となる日米首脳会談が行われます。中国への対処方針が大きな焦点で、安全保障や気候変動など幅広い分野で議論が行われると見られますが、外交で菅総理はどんな成果をあげることができるのでしょうか。


    15時台は、国際ジャーナリストの春名幹男さんに今回の日米首脳会談のポイントを語って頂きました。

    バイデン大統領が初の対面に日本を選んだのは、中国との関係で重要だからという点の他に日本にやってほしいことがあるから。それは「経済面」で、貧富の差が広がったアメリカは中国をテコにして雇用を増やしたい思惑があるといいます。サプライチェーンから中国を外すことを日本に同調してほしいが、日本も中国に頼っているので春名さん曰く「複雑だろう」ということです。


    20210416_2

    16時台は、中国関連の著書を多く出されている講談社特別編集委員の近藤大介さんに、中国から見た日米首脳会談を語って頂きました。大きくポイントは5つで、「台湾をどう扱うか」、「尖閣諸島について」、「南シナ海」、「ウイグルなどの人権問題」、「中距離弾道ミサイルへの言及」。近藤さんから1つずつ解説して頂きました。



    20210416_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが報道スポーツセンターからニュースパレードの主な内容を紹介しました。



    20210416_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語り下ろす『今日のオピニオン』。

    テーマは「本当にやるのオリンピック」。

    二階幹事長がオリンピック中止の選択肢を発言後、フォローのコメントがありました。これを受けて、これまでに中止となったオリンピックの歴史を振り返りつつ、現在はIOCが決定権を持っているためなかなか中止が難しいとコメント。

    ワシントンポストなども中止に理解を示す記事を出すなど今後開催がどうなるのかわかりませんが、もし中止したとしても約4兆円という損失の大きさに頭が痛くなる荻原さんでした。



    20210416_8

    もっと知りたいニュースのその先、『ニュースフカボリ』。

    ここでは、日米首脳会談で中国への対応に次いで大きなテーマになると見られている気候変動問題について環境問題の専門家はどう見ているのか取り上げました。

    お話を伺ったのは、国際環境NGO「350.org Japan」代表の横山隆美さん。期待することを伺うと、トランプ前大統領時代に離脱したパリ協定、バイデン大統領になり再び入りましたがどう各国をリードしてくれるのかということ。また、「2050年の温暖化ガス排出実質ゼロ」という目標について、まずは2030年までにどのくらい削減できるのかに注目したいということです。



    素朴な疑問をとことんリサーチ『ニュースアトオイ』。

    20210416_6

    新たに、埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県に「まん延防止等重点措置」が適用されることを受け、横浜市の飲食店で竹田有里記者がインタビューしました。

    20210416_food

    20210416_food2

    取材をしたお店では「売り上げはしょうがない。収まるまで耐えるしかない」という声と、「これまで駆け込みでくるお客さんが多かったがまた時間が短くなるのでどうなるか」と心配する声が聞かれました。



    20210416_7

    『週刊ワダヒデキ』。

    精神科医で映画監督の和田秀樹さんが「新型コロナウイルスワクチンの優先順位を考える」というテーマでお話してくれました。

    今週からスタートした高齢者へのワクチン接種ですが「まず医療従事者への接種を完全に終わらせることが最優先だ」と和田さん。そして、実は2回目の接種の副反応が強いらしいというお話へ! 実際に医療従事者の娘さんを持つ方から2回目の接種で娘が発熱をしたというメッセージを紹介。39度くらい出ることもあるのでもし高齢者にも同じように強い副反応があると心配だと語りました。

    それよりも医療従事者と同じように入院患者への接種の重要性を、病床確保の面と入院患者のメンタルケアの面でお話してくれました。



    【今日の1曲目】 時代おくれ / 河島英五



    今週もお聞きいただき、ありがとうございました。

  • 第1052回:まん延防止措置の適用拡大へ

    今日は、隔週コメンテーターの石田純一さんが急な体調不良でお休みということで、ノンフィクションライターの常井健一さんにお越しいただきました。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』

    今日のテーマ「全国に広がる変異ウイルス。埼玉・神奈川は、まん延防止等重点措置の適用を要請へ」

    まずは、感染制御学がご専門の東邦大学教授、小林寅喆さんにお話を伺いました。

    急速に感染者数が増加傾向にあるのは、感染者の数に比例して変異ウイルスも増えているとの見方です。

    まん延防止等重点措置の実際の効果について疑問視した小林さんは、「人の動きを抑える措置が必要だと思う。企業を中心に工夫しながら、リモートワークの推進、緊急事態宣言の時に取ったような対応を取らないと減らない。感染率を抑えられなければ、変異ウイルスを抑え込むことも当然できない。」と語ってくださいました。

    saki20210415 (6).JPG

    16時台『後半』

    新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、注目されているのが、換気の状況を調べる目安として使われる、二酸化炭素の濃度の測定器です。

    これは感染防止に繋がるの?
    「建築環境・設備」がご専門で、換気の効率などを研究されている東京理科大学 工学部 建築学科の倉渕隆 教授に伺いました。

    換気の状態の見える化は「密」な状態を防ぐには有効。

    倉渕さんは、ご家庭でも24時間換気などの機械換気をしておくことは効果的だと語り、きちんとメンテナンスされた換気扇でないと意味がないので、このタイミングでしっかりとチェックしてみてください。

    また、ネット通販などで売られているCO2測定器の精度も調べたという倉淵さん曰く、「1万数千円くらいの値段は覚悟しましょう。選ぶならNDIR方式のものがいい。」とのことです。

    saki20210415 (2).JPG

    報道スポーツセンターからお送りする『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターと一緒に、このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目をチェック!

    saki20210415 (1).JPG

    ノンフィクションライターの常井健一さんの『今日のオピニオン』

    テーマは「1冊のノンフィクションが出来るまで」

    ここ1か月以上、執筆活動中の常井さん。
    今日は、ノンフィクション作品を1冊書くのに、どんな生活をしているのか、どのくらい時間がかかるものなのか、どんな思いで創作活動に勤しんでいるのか、そして『女帝』著者の石井妙子さんからの教えなどをお話してくださいました。

    saki20210415 (3).JPG

    もっと知りたいニュースのその先『ニュースフカボリ』

    表回りの細木美知代記者は、丸の内で取材。
    去年の春以降、感染防止の観点からハンドドライヤーの使用を控えるような動きになっていましたが、実験の結果、感染確率は低いことが分かったということです。

    ハンドドライヤーの使用を容認する経団連のガイドラインを紹介し、街の皆さんはハンドドライヤーを再び使おうと思っているのか、インタビューした声を届けてくれました。

    saki20210415 (5).JPG

    スタジオの西村志野記者は、このハンドドライヤーに関してのガイドラインを受け、企業はどのような対応を考えているのか、調べて報告。

    saki20210415 (7).JPG

    『ニュースアトオイ』

    菅総理大臣は、アメリカのバイデン大統領との首脳会談に臨むため、今夜、ワシントンに向けて出発します。
    取材中の山本カオリ記者に、今日の菅総理の動きを伝えてもらいました。

    ちょうどこのレポートの最中に、「菅総理と関係閣僚による協議が始まった」という速報が。このあと、訪米を前にした菅総理からの方針発表に注目が集まります。

    放送作家でコラムニストの 山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    秋篠宮家の長女である眞子さまと小室圭さんの結婚が延期されて3年余り。先週木曜、小室圭さんがA4サイズで28枚におよぶ説明文書を公表したことを受け、今日はこの話題について、美保子さん独自の視点で語っていただきました。

    saki20210415 (10).JPG

    【今日の1曲目】 Smells Like Teen Spirit / ニルヴァーナ

    【今日の2曲目】 Puff / ピーター・ポール&マリー (PPM)

  • 第1051回:熊本地震・前震から5年

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』

    今日追いかけたテーマは「熊本地震・前震の発生から5年」

    被災地はどのくらい復旧しているのか?

    震災直後から取材を続けていらっしゃる、熊本放送・報道部の記者、青谷倫太郎さんにお話を伺いました。

    震災発生当時、青谷さんはまだ報道部ではなく、情報番組担当だったそうで、「どこで水がもらえる、どこでお風呂に入れる、そういう皆さんが必要な情報を少しでも伝えたいという思いで情報収集していたことを思い出す。」と振り返り、今5年が経過して、復旧が終わった方とまだ途中の方で二極化してしまっていること、5年の節目がニュースにはされているけれども"風化"させないで"忘れないでいる"ことの大切さについても語ってくださいました。

    16時台『後半』は、熊本城のそばに立つ日本料理店「城見櫓」が今日、リニューアルオープンということで、このタイミングにはどのような思いがあるのか?

    「建て替えてオープンするなら、ちょうど丸5年のこの日にしようと、ずっとそういう思いはあった。」と城見櫓の社長、林祥増さんは語ります。

    林さんは、ご自身のお店・城見櫓が被災したにもかかわらず、熊本市への寄付を続けてきました。

    「やはり熊本に生まれ、この場所で商売をさせていただいている、熊本城への恩と感謝を忘れずに。どんなに傷ついても、お互いに前に進んでいこう。1番苦しい5年間を、私はずっと真横に天守閣を見ながら、耐えてきた。これからの16年も、先が見えるような気がする。」という思いがあるそうです。

    sakid20210414 (2).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』

    報道スポーツセンターの石川真紀キャスターに、このあと17時からの全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目を伝えてもらいました。

    作家の古谷経衡さんが語り下ろす『今日のオピニオン』

    テーマは「アジア系ヘイトに"NO"と言えるか 菅総理」

    菅総理が日米首脳会談を行うため、明日~18日の日程で訪米します。日米同盟の強化を確認する見通しとのことですが、これについて「日米安保条約は二か国間でのことであって、そんなの、いちいち確認する必要ない。毎回確認するのは、尖閣諸島守ってくれないかもしれない~って不安があるから」と指摘した古谷さん。

    「日本の総理として初めてバイデンさんに会う。G7では唯一のアジアである日本。『アジアの代表として、アメリカに住んでいるアジア人の弾圧(アジア系住民人に対するヘイトクライム)を断じて許さない!と言いに来たんだ!』って言ったら、他国もオオーッてなる。ガツンと言ってやれよ!」と菅総理の外交に注目したいと語りました。

    sakid20210414 (3).JPG

    もっと知りたいニュースのその先『ニュースフカボリ』

    今日で、東京オリンピックの開幕まで「100日」となりました。
    それに合わせた各地の動きを取材し報告してくれたのは、表回りの細木美知代記者。

    今日から、都庁には大会マスコット像、高尾山山頂にはオリンピックシンボルがそれぞれ設置され、お披露目がされたということです。小池知事のコメント、お披露目の瞬間の様子、八王子市の石森市長と北京オリンピック競泳メダリストの宮下純一さんの音声もお聴きいただきました。

    sakid20210414 (1).jpg

    素朴な疑問をとことんリサーチ『ニュースアトオイ』

    スタジオの西村志野記者が、熊本県が今日公開した復興状況を伝えるPR動画をご紹介。

    かわって、石森則和記者には、熊本地震での大分県内の被害と、その後の復旧状況を伝えてもらいました。月日が経過して、インフラを含め復旧・復興は進んでいる物の、避難者の把握の難しさ・避難の多様化にどう対応していけばいいのかというところが課題に。

    sakid20210414 (6).JPG

    『SAKIDORIクリニック』

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士・吉田たかよし先生が「コロナ禍 で急増している 失明 するかもしれない目の症状」というお話をしてくださいました。
    子どもに増えているのは近視。強度の近視は網膜剥離になる確率が21.5倍に。近視の人で、黒い虫のようなものがモゾモゾと見える飛蚊症が頻繁に起こったら眼科を受診しましょう。

    大人の近視についてはステイホームで老眼が増えているそう。予防法は、スマホを3分見たら最低10秒は壁でもいいので、遠くを見る。窓の外や遠くを見ながら考え事をするのがベスト!sakid20210414 (5).JPG

    【今日の1曲目】 チャンカパーナ / NEWS

  • 第1050回:原発処理水、海洋放出方針を決定へ

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』

    今日追いかけたのは「原発処理水の海洋放出を決定」

    まずは、漁業関係者はどのように受け止めているのか?

    お話を伺ったのは、福島県漁業協同組合連合会と、小名浜機船底曳網漁業協同組合で理事をつとめる柳井孝之さん。

    風評の前に実害、出荷制限が解除されても、福島産は拒否されたという当時を振り返り、ここまで頑張ってきたのに今までやってきたことが無駄になってしまうという思い、トリチウム+α の疑念が払しょくできないことなど、率直に語ってくださいました。

    16時台『後半』は、原子力市民委員会 座長で、環境経済学がご専門、龍谷大学政策学部 大島堅一 教授にお電話を繋ぎ、政府はなぜこのタイミングで海洋放出の方針を正式決定したのか?海洋放出以外の代替案はないのか?を考えました。

    大島さんは、原発処理水の問題は不人気政策だから、選挙に遠い今のタイミングなのかなという憶測が浮かぶとのこと。

    トリチウムの人体への影響は、「ある」という研究結果も「ない」という研究結果もあるのだが、確定的なことはわかっていないからこそ危険視した方がいいと語り、燃料デブリを安定的に保管する方法について解説してくださいました。

    報道スポーツセンターからお送りする『SAKIDORIニュースパレード』

    このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目を、石川真紀キャスターに伝えてもらっています。今日はいくつか速報も入ってきており、いつも以上に忙しそうな真紀さんでした。

    saki20210413 (2).JPG

    国際ジャーナリストの小西克哉さんが語り下ろす『今日のオピニオン』

    テーマは「TBSでは絶対聞けない!松山英樹 優勝、小西はこう見る!」

    男女不平等と人種差別が規則で定められていたオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの歴史的な背景を踏まえて、アジア系住民に対するヘイトクライムも問題視されているこの時代に、マスターズで優勝するという松山選手の歴史的快挙を見てみると、そのすごさがより分かるという、アメリカウォッチャーの小西さんならではのお話をしてくださいました。

    saki20210413 (4).JPG

    もっと知りたいニュースのその先『ニュースフカボリ』

    処理水が海洋放出された場合、消費者の消費行動に影響はあるのか?実際、お買い物する時、気にするものなのか?
    表回りの西村志野記者が、豊洲で街の方々に取材、報告してくれました。

    今日、お話を聞いた方のなかでは「気にする」と答えた方が、やや多い結果に。

    「自分自身は良いけれど、小さい子供がいるので、将来的な影響が心配。」と言う声や、一方で「買うことで支援になるのであれば」と、積極的に福島県産のものを購入していると答えた方もいらっしゃったそうです。

    sinosan20210413.jpg

    『ニュースアトオイ』の時間は、新型コロナウイルス の感染拡大によって公道での走行が中止となった大阪の聖火リレー について、大阪からフリーアナウンサーの桐山隆さんのレポートをお送りしました。

    今日は、新規感染者数1099人と、初の1000人超えとなった大阪府。
    吹田市の万博記念公園でスタートした聖火リレーは、園内への一般の観客の立ち入りは制限され、ランナーは、太陽の塔の周辺などに設定された全長約3キロの周回コースを、1人およそ200mずつ走り、聖火を繋ぎました。

    ▼第1走者をつとめたのは、歌舞伎役者の片岡愛之助さん。

    saki20210413 (1).jpg

    ▼ロンドンオリンピック競泳・銅メダルの寺川綾さんは、「太陽の塔」の前を走りました。

    terakawasan20210413.jpg


    【今日の1曲目】 BEAT STREET / 西城秀樹

  • 第1049回:高齢者ワクチン接種開始

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』

    今日追いかけたテーマは「65歳以上の高齢者に向け、ワクチン接種 始まる」

    世田谷区にある特別養護老人ホーム・エリザベート成城を取材した田中正史記者に、接種の模様を伝えてもらいました。

    こちらのホームで今日接種を受けたのは、生活されている66歳~105歳の方たち。医師が問診後、接種、体調の変化などがないかをチェックするという流れです。

    世田谷区では、5月中旬からの集団接種に向け、スタッフの人材確保も進めていて、世田谷区民全体が受け終わるのは来年2月頃を予定しているとのことでした。

    sakidori20210412 (6).jpg

    16時台『後半』

    まずは、ヨーロッパの中で最もワクチン接種率が高いイギリスの現状を、BBC勤務のジャーナリスト・清水健さんに伺いました。

    イギリスでは現在も、1日に30~40人もの人が新型コロナウイルスによって亡くなっていて、感染者も多い状況が続いています。

    ワクチンはほぼすべての高齢者、そして、医療従事者に関しては100%優先で接種が完了しているそうです。

    SAKI20210412 (1).JPG

    次に、日本で始まった高齢者へのワクチン接種には、どのような問題があるのか?

    介護問題がご専門の淑徳大学 結城康博 教授は、「接種時期や方法も違うため、不平等感・不公平感がある」、「一人暮らしで認知症などの人たちは通知が来てもわからなかったり、診療所に行けない。」と指摘されていました。

    報道スポーツセンター・石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』

    このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目をご紹介。

    SAKI20210412 (6).JPG

    コメンテーターの金子恵美さんが語り下ろす『今日のオピニオン』

    テーマは「子ども庁 創設への議論はじまる」

    今日は、「子ども庁」の設置検討のニュースを取り上げました。

    子どもに関わる政策が厚生労働省、文部科学省、法務省など複数の省庁にまたがることは、これまでも、問題視されてきましたが、「子どもの命のために何が必要か、縦割りを打破し、組織の在り方を抜本から考える必要がある」と説明した菅総理。

    これを受け、金子さんは「権限を守ろうとする人たちに負けずに戦ってもらいたい。今後の議論に注目。」と語りました。

    SAKI20210412 (5).JPG

    もっと知りたいニュースのその先『ニュースフカボリ』

    日本でのワクチン接種は今、どこまで進んでいるの?

    先週水曜、野党3党は、新型コロナウイルスのワクチン接種状況を確認するため、フォローアップチームを立ち上げました。この時間は、座長の立憲民主党・長妻昭 元厚生労働大臣にお話を聞きました。

    1回目の接種をおおよそどのくらいまでに完了させるのかの目途すらない状態だったことや、ホームヘルパーの方への優先接種に関しての課題、国産ワクチンへの思い切ったお金の出し方など、国に対して働きかけていることをお話してくださいました。

    SAKI20210412 (3).JPG

    『ニュースアトオイ』

    「まん延防止等重点措置」の適用決定を受け、東京都は「徹底点検!TOKYOサポートプロジェクト」として、今日から都の職員がチームを編成し、飲食店などの感染対策状況の見回りを実施。

    sakidori20210412 (7).jpg

    今日は20名でのスタートとなりましたが、今後、地元をよく知る自治体とも連携し、ゆくゆく100チーム200名にまで増員します。

    sakidori20210412 (8).jpg

    表回りの西村志野記者が取材しました。

    sakidori20210412 (5).jpg

    ▼「個室和食 東山 新宿本店」での、職員2人1組で、消毒、換気、マスク着用、アクリル板設置、コロナ対策リーダーを置いているかなどの「20のチェックポイント」を細かく確認している様子。

    sakidori20210412 (3).jpg

    吉田愛梨レポーターの『SAKIDORI最前線』

    在宅勤務やリモートワークで、自宅にいる時間が増え、掃除や片付けの際に出た不用品にお困りの方も多いのでは?

    今日は、「マカセル」というフリマ代行サービスをご紹介!

    株式会社MONO Technologies代表、大迫泰成さんにお話を伺いました。

    https://makasell.com/

    SAKI20210412 (2).JPG

    【今日の1曲目】 タマシイレボリューション / Superfly

  • 第1048回:来週から東京、京都、沖縄で重点措置適用へ

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』。

    今日、追いかけたテーマは「東京、来週から まん延防止等重点措置 適用へ」。

    政府は今夜、東京、京都、沖縄の3都府県にまん延防止等重点措置を適用することを正式に決定する見通しです。これを受けて、政府の動きや、専門家の見解、小池都知事の会見などをレポート。

    15時台は、国会から山本カオリ記者がこれまでの政府の動きをまとめて伝えました。重点措置を巡る国会の動きや分科会で行われた議論について。また、「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の違いは? を説明しました。

    緊急事態宣言は規模が大きいですが重点措置は市町村単位で出すことができるもので、知事からの要請があって出されるものですが、今後政府が一方的に出せるのかなど審議が必要になりそうです。



    20210409_2

    16時台は、まん延防止等重点措置を受けて、東京都は具体的にどんな対策を打ち出すのか、小池都知事の会見を元に細木美知代記者が紹介しました。対象地域は、23区と八王子、立川、武蔵野、府中、調布、町田の6つの市で、期間は4月12日から5月11日まで。飲食店は再度午後8時までの営業となり、不要不急の外出を強く呼びかけています。



    20210409_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが報道スポーツセンターからニュースパレードの主な内容を紹介しました。



    20210409_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語り下ろす『今日のオピニオン』。

    テーマは「備えないから憂いばかり」。

    今回は、新型コロナウイルスワクチンのお話。昔はワクチン先進国だった日本ですが、現在は基礎研究に政府がお金を出さないためにベースが作られておらず、「ワクチンは他の国から買えばいいか」という状況になっているとのこと。逆に欧米は基礎研究をしっかり進めており普段から備えているため今回のような有事にもすぐに対応できたそうです。

    今後、もしも日本発のウイルスが出てきたらどうするんだという不安を挙げ、基礎研究の重要性を説きました。



    20210409_5

    もっと知りたいニュースのその先、『ニュースフカボリ』。

    東京都医師会の尾崎治夫会長とお電話を繋ぎ、東京の医療体制の現状などを伺いました。

    今回、重点措置が適用されることについては「(新規感染者数が)500人を超えると厳しい対策が必要なので妥当な判断」と評価。コロナは治りにくいと言われているため、いくらベッドを用意したとしても急増しては追いつかないことから、急激ではなく緩やかなカーブが必要であると語りました。



    20210409_6

    素朴な疑問をとことんリサーチ『ニュースアトオイ』。

    表周りの佐々木瞳記者が北口は東京都町田市、南口は神奈川県相模原市である町田駅からインタビュー。今回の決定をどう受けているのか聞きました。インタビューを受けてくれた方々の多くは「町田だけやっても意味がない」という結果に。

    営業時間が1時間短くなる町田の飲食店では「やっと9時になったのにまた・・・」と無念の声が聞かれました。



    『ビジネス先取り』。

    ファーマフーズの主席研究員、黄英晴さんに累計出荷数が500万本突破した薬用育毛剤「ニューモ」を紹介して頂きました。21日温めるだけでヒヨコが生まれるタマゴの力を人間にも役立てられないか長年研究し、卵黄から日本初の頭皮保護成分HGPを開発。大きな反響となった成分が含まれた薬用育毛剤ニューモ、ぜひ一度お試しください!

    0120-55-49-55。ファーマフーズまでお願いします!



    【今日の1曲目】 VOYAGER ~日付のない墓標~ / 松任谷由実

    【今日の2曲目】 Smoky / Char



    今週もお聞きいただき、ありがとうございました。

  • 第1047回:東京も「まん延防止」要請へ

    今日のSAKIDORI!は、コメンテーターに、フリーアナウンサーの長野智子さんをお迎えしました。スタジオメンバー、全員が半袖は今年初めて。

    最初のコーナー『ニュースサキドリ』テーマは「東京都、まん延防止等重点措置の適用を要請へ」。

    まずは、変異ウイルスの検査に携わり、変異ウイルスに関する調査を行った東京医科歯科大学 医学部付属病院の検査部長・東田修二さんにお話を伺いました。

    現在の東京では、変異ウイルス『N501Y』が4月になってちらほら出てきたくらいで、7割程度『E484K』でこちらが多数派。限られた施設でしか検査はしていないものの、すでに東京の全体に広がっているとの見方です。

    関西と同じく東京も人の流れが盛んなので、今後、さらに拡大する可能性は大いにあり、感染力が1.7倍で重症化しやすい『N501Y』が主流となることも考えられるし、重症化する率は今のところ低い『E484K』についても、免疫が体の中に出来ても対応できず、長期的に見ればこちらも危険だと危惧されていました。

    モニタリング会議20210408.jpeg

    16時台『後半』は、都庁で取材中の伊藤佳子記者のレポートから。13時から行われたモニタリング会議、その直後、まん延防止等重点措置の適用を要請したということです。開始時期・期間などは国の手続きの進み具合・協議の上で決定します。小池知事は改めて、都や県境を越えた外出を控えるよう、呼びかけました。

    つづいて、飲食店での感染対策の責任者を決め、登録してもらう"コロナ対策リーダー"に注目。

    千代田区にある居酒屋「にほんしゅ ほたる」の店長で、このお店の"コロナ対策リーダー"、山畑晃一さんは「お客様にマスク着用を注意するのは気を遣います。言い方やタイミングなど、さじ加減がすごく難しい。」と現場の生の声を聞かせてくださいました。

    報道スポーツセンターからお送りする『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターと一緒に、このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目をチェック!

    本日のコメンテーター 長野智子さんが語り下ろす『今日のオピニオン』

    テーマは「スポーツ界における"縦"と"横"」

    長野さんは昨日、日本ラグビー協会理事の谷口真由美さんを取材されたそう。

    そこで3月の「ラグビー新リーグ準備室長退任」についてもお話を聞いたところ、ラグビーのプロ化に向けた細かい決め事をしていく中で、反対意見や文句を言う人たちからの「ラグビーを分かっていないし、自分でプレーしたこともない『女性』には退いてもらいましょう」という働きかけがあったといいます。

    谷口さん曰く、「ラグビーの世界はオールドボーイズクラブ。"縦"社会。そこに"横"糸の『女性』が入る混乱は相当なもの」だそうで、3月末、五輪組織委員会の方にも同様のお話を聞いていた長野さんは「無理やりでも強制的にクオータ制をきちんとやることは大切。東京五輪をきっかけに、スポーツ界がどんどん改正されていって欲しいと、お二人は共通しておっしゃっていたのが印象的だった。」と語ってくださいました。

    saki20210408 (1).JPG

    もっと知りたいニュースのその先!『ニュースフカボリ』

    東京都の新型コロナ軽症者用の宿泊施設、今、どのような状況なのか?
    西村志野記者の調べによると、昨日の時点で、12の宿泊施設を借り上げている東京都ですが、今月16日には、1つ借り上げ期限が終了する施設があるとのこと。

    担当者の方に、今後さらに感染者が増えることも予想される中で療養施設の受け入れ態勢は十分なのか尋ねると「未来のこと、先のことについては答えられない。ただしっかり確保はしている。」という回答でした。

    また、去年12月、府中市に開設されたコロナ専用医療施設についても報告。
    saki20210408 (6).JPG

    『ニュースアトオイ』

    今日は、公職選挙法違反の有罪判決が確定した河井案里・前参議院議員の当選無効に伴う、広島選挙区・再選挙の告示日ということで、案里氏の夫で元法務大臣の河井克行被告の裁判を、細木美知代記者が取材。

    検察側の被告人質問の様子について、レポートしてもらいました。

    saki20210408 (2).JPG

    スタジオの岡田紀子記者は、リスナーの方からの素朴な疑問「"コロナ対策リーダー"に関する、東京都が作成したオンライン動画や設問は何か国語に対応しているの?」をリサーチ!

    まだ「日本語のみ」という現状に、「海外の方だけでやっているお店もあるのに...!?」と、スタジオメンバーからも驚きの声があがりました。

    saki20210408 (4).JPG

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    2011年4月にスタートしたバラエティ番組で出会い、10年目の今年、ゴールインとなった「有吉弘行さんと夏目三久さんご結婚」という、おめでたい話題を取り上げました。

    美保子さんは、2007年3月、担当していた番組「恋のから騒ぎ」の中の"愛の説教部屋"のコーナーで、新入社員の夏目三久さんに会ったのが最初。

    「もともと出版関係のお仕事をしたがっていたことや、お笑い好きだと話していたことが印象に残っている。有吉さんが良い人だと騒がれているけれど、彼女もすんごく良い人。こんなに皆さんから祝福されるケースもないだろうな!おめでとうございます!」と美保子さん。

    saki20210408 (3).JPG

    【今日の1曲目 長野智子さん選曲】 Don't Stop Me Now / Queen

    【今日の2曲目 長野智子さん選曲】 24K Magic / ブルーノ・マーズ

  • 第1046回:最初の緊急事態宣言から1年

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』

    今日追いかけたテーマは「緊急事態宣言が初めて発令されてから一年。猛威を振るう変異ウイルス」

    全国的に感染が拡大している状況を公衆衛生学の専門家はどのように見ているのか?

    お話を伺ったのは、先週の木曜にもご出演いただいた関西大学 社会安全学部教授の高鳥毛敏雄さん。

    16時台『後半』は、感染症学がご専門の西武学園 医学技術専門学校 東京校の校長、中原英臣さんに、関西で猛威を振るっている変異ウイルス『N501Y』と東京で多く見られている『E484K』について、詳しく解説していただきました。

    先20210407 (2).JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目を、報道スポーツセンターからいち早く伝えてもらいました。

    先20210407 (1).JPG

    作家・古谷経衡さんが語り下ろす『今日のオピニオン』

    テーマは「カンニング竹山さんは悪くない」

    タレントのカンニング竹山さんがTBS系の生放送番組で、小池百合子都知事が出演するYouTube動画について「4.7億円かかってる」と誤って発言し、すぐに番組内で「4.7億円は広告全体の経費だった」と訂正。

    しかし、都は、TBSと竹山さんの所属事務所に再訂正を要求。知事とタレントとの対談形式などによる8本の動画の製作費が1800万円だったと、改めて訂正し謝罪したことを取り上げました。

    古谷さんは「僕だって、所属事務所に抗議の文書がお上から届けば、当たり前だけど慌てる。でも、生放送でこういうことは起こり得るし、これは検閲だと思う。」と、憲法21条2項の前段『検閲の禁止』を挙げ、「表現の自由に対する萎縮効果を確実に与える事案。」だと語りました。

    (最後に「動画も見てみたけれど低レベル!!」と付け加えた古谷さんでした。)

    古谷さん20210407.JPG

    もっと知りたいニュースのその先!『ニュースフカボリ』

    この時間は、変異ウイルスの発生状況を把握するためのスクリーニング検査について、石森則和記者が取材し、お伝えしました。

    素朴な疑問をとことんリサーチ!『ニュースアトオイ』

    表回りの細木美知代記者は、有楽町へ。

    「マスク会食」について、東京の街の皆さんの中には、実践できている方がどのぐらいいるのか調べ、報告してもらいました。

    ▼今日、お話を聞かせていただいた方の中に、偶然にも文化放送リスナーさんがいらっしゃったそうで、とても嬉しかったと細木記者。

    先20210407 (3).JPG

    スタジオでは西村志野記者が、リスナーの方からの素朴な疑問【医療緊急事態宣言が出ると、どうなるの?】【現段階で東京オリンピック参加表明国は?】にお答えしました!

    先20210407 (5).JPG

    『SAKIDORIクリニック』

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士・吉田たかよし先生が教えてくださったのは、「池江璃花子選手から学ぶ 体調不良の時の正しい頑張り方」。

    症状が安定している場合なら、仕事や勉強で具体的な目標をもって心を前向きにするのは、病気の治療にも良いことが分かっているそうです。
    ただし、目標を設定するときに大事なのは急がないこと。目標にせかされると逆効果!
    もう1つ大切なのは、誰かにその目標をしっかり話すこと。周囲から応援してもらうと孤独感がなくなり、回復が早まるのだとか。

    先20210407 (4).JPG

    【今日の1曲目】 アトムの子 / 山下達郎

  • 第1045回:日本が出来ること

    気になるニュースをサキドリする『ニュースサキドリ』は、お正月ぶりにコメンテーターの小西克哉さんをスタジオに迎え、「ミャンマー軍による市民弾圧 日本は何ができるのか」を追いかけました。

    今日午前、衆議院第一議員会館で行われた「『人権外交』を推進する議員連盟」の設立総会、並びに「ミャンマーの現状と日本の課題」を考える勉強会について、取材した田中正史記者がレポート。

    野党議員が超党派で参加し、41名の国会議員が名を連ねました。今後、与党の議連などとも連携しながら、国会としての意思表示をしていくということです。

    saki20210406 (2).JPG

    16時台『後半』は、今日行われた勉強会「ミャンマーの現状と日本の課題」に講師として出席された、ヒューマンライツ・ウォッチ・アジア局プログラムオフィサーで元ロイター通信記者の笠井哲平さんにお話を伺いました。

    笠井さんは、日本がクーデターを非難したことは評価した一方で、実際行動に出ていないことに触れ、

    「踏み込んだ声明と言っても、声明だけではミャンマー情勢に痛くもかゆくもない。【日本版マグニツキー法】を作ろうという話になったのは一歩だが、まだ何もできないのでもどかしい。」と語り、日本出来ることとして「ミャンマー国軍にお金が流れないことが重要だ。」と示してくださいました。

    報道スポーツセンターからお送りする『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターと一緒に、このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目をチェック!

    国際ジャーナリスト・小西克哉さんの『今日のオピニオン』

    テーマは「アジア系アメリカ人差別、小西はこう見る!パート2」

    先週のこの時間は、社会学的な視点から見た「アジア系アメリカ人差別」でしたが、今週は、法律・政治的な視点からの語り下ろし!

    今から30年前、アメリカで「きちんと取り締まろう」と、まずはこれまで犯罪とされてこなかったヘイトクライムの統計からスタート。今では47の州に法律が出来ました。しかし、検挙数が増えたかというと、あまり増えていないそう。ヘイトクライムの法律はあっても、対応ができる警察やマンパワーも運用されておらず、法律さえ整備されればそれでもう大丈夫ということではないのが、ヘイトクライムだと語ってくださいました。

    saki20210406 (6).JPG

    『ニュースフカボリ』でお話を伺ったのは、8歳の時、政治的弾圧から逃れ、家族とともに日本に亡命したヤンゴン出身のファッションデザイナー、渋谷ザニーさん。

    1988年、ザニーさんが3歳の時に軍事クーデターを経験されたとのこと。

    小西さんから、「今、日本政府はミャンマーのために何もしていないのでは?」と尋ねられると、「正直言って、声明というのはどの国も出してくれている。でも、G7の中で政治的に交渉しているのは日本だけで、そのあたりがメディアで報じられていないのは、残念。」と答えてくださいました。

    saki20210406 (3).JPG

    『ニュースアトオイ』では、新型コロナ関連のニュースをピックアップ!

    政府は、高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種が12日にスタートするのを前に、ワクチン接種記録を一元管理システムに登録する手順を報道陣に公開しました。

    ▼デモンストレーションを行う河野太郎特命担当大臣「速いし、簡単!」と述べました。

    saki20210406 (4).jpg

    国が専用のタブレットを配布。全国の自治体に3万台送られ、12日から始まる高齢者接種で運用が始まります。

    ▼「簡単でしょう?」と河野大臣に見守られながら、タブレット操作を試す西村志野記者。機械が得意ではないという西村記者にも簡単に出来たそうです。

    saki20210406 (5).jpg

    【今日の1曲目】 ザ・ウィナー / アバ

  • 第1044回:今日から適用、まん延防止等重点措置

    『ニュースサキドリ』で追いかけたのは、「今日から、大阪・兵庫・宮城に、まん延防止等重点措置 適用」でした。

    今回の措置で感染の拡大に歯止めをかけることが出来るのか?
    大阪の皆さんはどのように受け止めているのか?

    まずは大阪から、フリーアナウンサーの桐山隆さんのレポートです。

    そこまで大きな人出の変化はないようで、市民は冷静に受け止めているという印象だということでした。

    サキドリ20210405 (1).JPG

    16時台『後半』

    まん延防止等重点措置はどの程度効果があるのか?

    増え続けている変異型ウイルスの特徴、そして、私たちはいつ頃からワクチン接種できるのか?

    解説してくださった医師で医療ガバナンス研究所 理事長の上昌広さんは、この措置にあんまり期待はできないだろうとの見方。

    「普通に考えて、第5波は冬に来ると思う。日本は、感染者が将来的に増えるという見込みで緊急事態宣言を出さずに、感染者が増えてから出しているので、効果は全くないとはいえないが、それでは遅い。検査体制の強化をしていくしかない。」と語ってくださいました。

    サキドリ20210405 (6).JPG

    報道スポーツセンターからお送りする『SAKIDORIニュースパレード』
    石川真紀キャスターに、このあと17時から始まる全国ネットニュース番組『ニュースパレード』の主な項目を伝えてもらいました。

    コメンテーターの金子恵美さんが語り下ろす『今日のオピニオン』

    テーマは「マスク会食は定着するのか?」

    飛まつによる感染を防ぐため、会食中のマスク着用の徹底を求める、マスク会食。

    「入店したお客様に対して、お食事中にマスクをするよう何度も注意するのは飲食店側が大変。飲食店の感染防止対策をチェックする"見回り隊"にその役目をしてもらえればいいのでは?お店に対して干渉してやるんだったら、もう個人への罰則がないといけないようにも思う。」と金子さん。

    また、食べたものでマスクが汚れるのを気にして、マスクを着けないお客様のために、効果が限定的だと言われてはいるが、フェイスシールドを付けてもらうよう促すのも、やらないよりはいいのではないかと語りました。

    サキドリ20210405 (7).JPG

    もっと知りたいニュースのその先!『ニュースフカボリ』

    アメリカやカナダのようにはヨーロッパはそこまで進んでいない中、イギリスがトップでイタリアは厳しい状況など、世界のワクチン接種の現状について、石森則和記者がまとめてくれました。

    サキドリ20210405 (5).JPG

    素朴な疑問をとことんリサーチ『ニュースアトオイ』

    7月9日から聖火リレー が行われる予定の東京では、聖火リレーについて、街の皆さんはどのように思っているのか?

    表回りの西村志野記者、今日は渋谷で、実際に聖火リレーのルートも回って取材。

    街の方々からは、やめた方がいいのではないかという声が多く聞かれたということです。

    しのさん20,210,405.jpg

    吉田愛梨レポーターの『SAKIDORI最前線』

    今日は、4月1日に発売されたばかりのユニークなグッズ「紙姫」をご紹介。
    開発担当者のアインズ株式会社 寳田萌花さんにお話を伺いました。

    「紙姫」などの遊び心溢れる、素敵なグッズがたくさん!

    興味のある方はこちらもチェック!⇒http://www.eins-eco.shop/

    ▼授業中やお仕事中、お腹が空いてももう大丈夫!メモを食べればいいじゃない!

    サキドリ20210405 (3).JPG

    【今日の1曲目】 全部だきしめて / 吉田拓郎とLove2 All Stars

    【今日の2曲目】 The Heat Is On / グレン・フライ

CALENDAR

< 2021年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
TOPへ
radiko