イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter
Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

今日のSAKIDORI

  • 第402回:ホンネに耳を傾ける!脳科学者・茂木健一郎さんを迎えて

    学びの秋にふさわしく 著名人や知識人のホンネに耳を傾ける1週間と題してお送りしているスペシャルウィーク2日目です。今日のスペシャルゲストは、突然のオファーにもかかわらず、快諾してくださった脳科学者の茂木健一郎さん。

    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2589%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AA%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%258120181016%2520%25282%2529

    『ニュースオフサイド』茂木さんのもともとのスケジュールの関係もあり、録音というかたちをとらせていただきました。

    ・ディフォルトモードネットワークを保つためになるべく歩くようにしていること

    ・茂木さんと言えば!の髪型の秘密

    ・長所と欠点、脳は表裏一体

    ・人工知能のお話

    ・宇宙のお話

    ・医学部不正入試のニュース 

    というように、短い時間の中、テンポの良い語り口で色々なお話を聞かせてくださった茂木さん。

    興味深い内容がもりだくさんの茂木さんのご本「これからの未来を生きる君たちへ(PHPエディターズ・グループ)」もぜひ手に取ってお読みください。


    『きょうのナマチュウ』テーマは「消費税10%引き上げと共にキャッシュレス化は進むのか?」

    まずは伊藤佳子記者が、「軽減税率」「ポイント還元制」という基本的な部分を改めておさらい。街の人の声も紹介してくれました。高齢の方のクレジットカードを持つこと・使うことへの抵抗感、お店側のカード端末導入など、課題は多そうですね。

    サキドリ!20181016 (4).jpg

    スーパーアキダイの秋葉弘道社長にも伺いました。

    消費税アップについては「いよいよ現実になるのかと不安。消費の現場を見ていると、8%になった時に特売への依存度が高まった。そこから戻っていないから、日々の買い控えが心配。」

    キャッシュレス化については「市場でいいものを安く仕入れる際に現金が必要。ある程度の運転資金はあっても、日々の現金が入らないとなると厳しい。」

    %25C3%25A8%25C2%25A5%25C2%25BF%25C3%25A6%25C2%259D%25C2%2591%25C3%25A8%25C2%25A8%25C2%2598%25C3%25A8%25C2%2580%25C2%2585%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%2588%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2586%25C3%25A3%25C2

    日本は現金に対する信用が強く、諸外国に比べるとキャッシュレス化は遅れていますが、これから進んでいくのは間違いなさそうです。

    こうした新しい技術が一堂に会する見本市『CEATEC JAPAN 2018』が開催されている幕張メッセから、西村志野記者がレポートを届けてくれました。19回目の開催、725社が出展しています。

    %25C3%25A8%25C2%25A5%25C2%25BF%25C3%25A6%25C2%259D%25C2%2591%25C3%25A8%25C2%25A8%25C2%2598%25C3%25A8%25C2%2580%25C2%2585%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%2588%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2586%25C3%25A3%25C2

    西村記者は、最新のローソンで「歩いて出るだけ」のウォークスルー決済を体験!

    %25C3%25A8%25C2%25A5%25C2%25BF%25C3%25A6%25C2%259D%25C2%2591%25C3%25A8%25C2%25A8%25C2%2598%25C3%25A8%25C2%2580%25C2%2585%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%2588%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2586%25C3%25A3%25C2

    お話を聞かせてくださったローソン オープン・イノベーションセンターの牧野国嗣センター長と一緒に。「お客様に多様な決済手段を提供したい。安心・快適・便利・時短と、お客様にとってよりよい決済手段を模索するなかで、今回はこのウォークスルー決済を実験的に出させてもらった。課題は、一品一品にタグを貼る作業とコスト。このあたりを解決できるのが、2025年頃ではないかなと考えている。」とのこと。

    %25C3%25A8%25C2%25A5%25C2%25BF%25C3%25A6%25C2%259D%25C2%2591%25C3%25A8%25C2%25A8%25C2%2598%25C3%25A8%25C2%2580%25C2%2585%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%2588%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2586%25C3%25A3%25C2

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、地球温暖化が進むとビールの値段が2倍以上に!?というニュースをお伝えしました。温暖化が進むことで大麦の収穫量が減り、今世紀後半にはビールの値段が2倍以上になってしまうかも・・・、さらにはいしだワインの材料であるブドウも産地を北上しないといけないのではないかとのこと。植生が変わるといろんな影響が出てきそうですね...!

    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2589%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AA%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%258120181016%2520%25285%2529

    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    「水をさすようですが...」というテーマで、プロ野球クライマックスシリーズに思うことをお話してくださいました。

    「優勝は優勝で決めちゃって、その後、サッカーの天皇杯のように、また別のトーナメントというかたちで競い合う方が分かりやすいと思う。あるいは、出場するための制度(勝率5割を超えていないとCSには出られない、など)を付けた方がいいのではないか。」と提案。

    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2589%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AA%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%258120181016%2520%25286%2529

    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦アナウンサーが取り上げたのは、箱根駅伝です。

    先週土曜日に箱根駅伝の予選会が行われました。その中で話題となったのが、9年ぶりに予選会に回った駒澤大学。 チームを率いる大八木弘明監督、そして藤田敦史コーチ、堀合大輔主将の声を交えてお送りしました。

    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2589%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AA%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%258120181016%2520%25287%2529

    『ニュースパレードアネックス』 今週のこの時間は、明日17日にはいよいよベストアルバム発売、音楽活動を本格化させているASKAさんの"今"に迫っています。 今日は、5年ぶりの全国ツアー「ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018-THE PRIDE-」について伺いました。

    全国8カ所をまわる、10年ぶりのオーケストラと共に見せるライブとなるそうです。

    「エンターテイメントはいろんな見せ方がある。ライブで感動させること、これが自分の変わらないテーマでありスタイル。」だということで、今回は「どんな曲でもやります!これはやらないだろうってやつはあえてやる。楽しんでもらえると思う。今回のツアーも、来年あたまにやるバンドツアーも、40年やってきたものを見せられたら...。」と語ってくださいました。

    【今日の1曲】 スローなブギにしてくれ / 南佳孝


    %25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AD%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2589%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25AA%25C3%25AF%25C2%25BC%25C2%258120181016%2520%25281%2529

    18時からの『スポーツDASH NEXT』お知らせにやって来たのは寺島啓太 アナウンサーでした。ボクシングの話題で、ファイティングポーズ!

  • 第401回:ホンネに耳を傾ける!立憲民主党 枝野幸男代表を迎えて

    SAKIDORI!10月のスペシャルウィークがスタート!

    学びの秋にふさわしく著名人や知識人のホンネに耳を傾ける1週間ということで、今日はスペシャルコメンテーターに立憲民主党 枝野幸男代表をお迎えしてお送りしました。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 消費税率10%への引き上げ問題を中心に、立憲民主党の憲法に対する立ち位置や、来年夏の参議院議員選挙についてなど、枝野代表にお話を聞きました。

    消費税率引き上げは現在の経済の状況などを見ても「なぜこのタイミングなのか分からない。消費税を始めて8%まで上がってきたのに、法人税は減っている。儲かっている企業や大金持ちへの課税を見直すことが第一!」

    憲法改正については「良く変わるのならば変わればいい。」とのこと。

    saki20181015 (2).JPG

    今回の税率引き上げで特徴的なのが、「軽減税率の導入」と「2%のポイント還元」。この2つはどのようなものなのか、そして、戸越銀座商店街で聞いた街の反応をまとめて細木美知代記者が伝えてくれました。

    さきどり20181015 (3).jpg

    西村志野記者は、上智大学総合グローバル学部の前嶋和弘ゼミへ。

    学生さんから直接、枝野代表に質問をぶつけてもらいました。

    さきどり20181015 (1).jpg

    『きょうのナマチュウ』テーマ「アメリカ。ドナルド・トランプというリスク。」

    来月6日に控えた中間選挙で勝利を目指す第45代大統領ドナルド・トランプ。今日はそのリスクを掘り下げました。

    ここで再び、上智大学総合グローバル学部に中継を繋ぎ、アメリカ政治がご専門の前嶋和弘教授に、有権者受けする政策を強引に推し進めている感が否めないトランプ大統領について詳しく解説していただきました。

    前嶋ゼミの学生さんたちはトランプ大統領を「支持者層へのアピールが上手い」「拉致問題や自動車関税などを考えると、友好的な関係を築くことも大事かもしれない」と分析していましたね。

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、公園にいてもゲーム機で遊ぶ子供が増え、「鬼ごっこ」や「縄跳び」など体を動かして遊ぶ子供が減っていることが分かったというニュース。子供たちの外で遊ぶ声が「うるさい!」などと言われてしまう現状があるようです。

    saki20181015%2520%25284%2529

    健康社会学者 河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    テーマは「技能実習生制度はいらない」

    外国人労働者の受け入れ拡大に向け、政府は一定の技能水準と日本語能力を身につけた外国人を対象に、在留資格「特定技能」を新設。より熟練することで、家族帯同や長期滞在が認められるようになるというニュースを受け、世界四位の移民大国である日本が「これはあくまでも人手不足に対するもので、移民政策ではない」としていることに疑問を投げかけた河合さん。

    「外国人労働者の実態」をストーリーではなく、データで見て欲しいと語りました。詳しい数字と共に10月16日の日経ビジネスオンラインのコラムにも載せているそうですので、興味を持たれた方はそちらもご覧になってみては。

    saki20181015%2520%25283%2529

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎アナウンサーがピックアップしたのは、レスリングの話題。まずは伊調馨選手の788日ぶりの復帰戦のお話から、乙黒圭祐・乙黒拓斗兄弟という期待の男子選手について伝えてくれました。

    saki20181015%2520%25285%2529


    『ニュースパレードアネックス』覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴されてから4年。これまで多くの名曲を世に送り出してきたASKAさん。明後日にはベストアルバム「Made in ASKA」も発売するなど、音楽活動を本格化させています。

    今週のこの時間は、ASKAさんの"今"に迫ります!

    今日お話してくださったのは、この4年間をどのような思いで過ごし、周りの人や音楽と向き合ってきたのか。

    「このままではいけない」と危機感を抱きながらの2年半を経て、それからは「何があっても音楽を作る」という気持ちで取り組んできたと言います。引退を引き留めてくれた仲間の存在も語ってくださいました。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    先週12日、映画「ムタフカズ」の初日舞台挨拶が池袋で行われ、主人公・アンジェリーノの声優を務めた草なぎ剛さんが登壇。舞台挨拶での草なぎさん、終始ノリノリだったそうです。
    saki20181015%2520%25286%2529


    【今日の1曲】 恋人はワイン色 / CHAGE&ASKA

    さきどり20181015 (2).jpg

    【おまけ】エンディング『岩本勉まいどスポーツ』のお知らせにやってきた、ガンちゃんと長麻未アナ。

  • 第400回:どうなる軽減税率!

    番組もめでたく400回を迎えました。これからもよろしくお願い致します。


    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「消費税率10%引き上げまであと1年、どうなるの?軽減税率」。

    外食と酒類を除く飲み物・食べ物に導入される軽減税率。ファーストフードのテイクアウトは8%ですが、店内で食べると外食とみなされ10%になります。では、「テイクアウトのつもりで購入したが、雨が降ってきてやっぱり店内で食べよう」となった場合はどうなるのか......? 実はこれは【8%のまま】。

    このようにとても線引きが曖昧であり、店舗側の負担も増えるこの制度、流通アナリストの渡辺広明さんは「注意する際にお客さんとお店の関係が悪化する可能性もある」と指摘、人手不足が叫ばれるコンビニ業界において店員への教育徹底も大きな問題となりそうです。お台場で聞かれた街の声は「使う人が減りそう」とこちらもマイナスイメージです。



    『きょうのナマチュウ』は、「玉城・沖縄県知事、安倍総理と初会談。基地問題解決の糸口は?」。

    改めて辺野古基地移設反対の意思を伝えた玉城知事、それに対し従来の方針は変わらないという姿勢示した安倍総理。双方平行線となりましたが、今後行われる那覇市長選で野党と連携して地盤を固めていきたい玉城知事と対抗する与党の攻防に注目されます。



    20181012_2

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「夫は自宅介護を希望、妻は施設もOK」。

    民間調査会社の調べによると、妻に比べ、夫の方が自宅介護を希望する割合が多く、「配偶者が心の支えだ」とする回答も高いことがわかりました。

    また、家のことは完全に妻頼りになっている40代、50代男性は多いそうで、これを受けて一美さんは「老いては妻に従えですね」としみじみと発言。



    20181012_3

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「トランプ不況がやってくる」。

    来年10月から消費税増税に伴う「消費税不況」が来る! という荻原さん、その後に控えていると話すのが「トランプ不況」。

    先日、安倍総理とトランプ大統領による二か国間協議が行われ、TAG(日米物品貿易協定)の締結に向けて交渉が始まりました。今後、どのように交渉が進んでいくのか、状況によっては厳しい交渉になりそうです。



    20181012_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサー。お伝えするのは「NBAで今シーズンデビューする日本人チアリーダー」。

    大学でチアを始め、卒業後はアメフトの舞台で活躍していましたが、今回はバスケットの世界に飛び込んだ京都出身のチアリーダーNAMIさん。チアを始めて10年目のNAMIさんのこれまでのチア人生と、新しくバスケットの世界でチアをすることの意気込みなどを伺いました。



    『ニュースパレードアネックス』は、警視庁北沢警察署で行われた女性を集めた護身術の合同訓練の模様を吉田涙子記者が伝えました。

    北澤警察署の署長は女性で、実はこのエリアは痴漢やひったくりもとても多いそう。実際に指導された護身術をいくつか紹介してくれました。



    20181012_5

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。今回は、時代の最先端を行くビジネスマンに話を伺う「一美が訊く」。

    作業着・作業用品の大型専門店・ワークマンの土屋哲雄常務取締役に、カジュアルウェア業界に参入して売上げをグーーンと伸ばした秘訣を伺いました。

    20181012_6

    売上を伸ばした要因は「マネキンに着せた」!? 高機能であるにも関わらず、それを綺麗に見せようとする発想がなかったという気づきに驚きました。



    【今日の一曲】 ホリデー / マドンナ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!


    来週はスペシャルウィーク! 今回もスペシャルなゲストと共にお送りします。

    15日(月) 立憲民主党の枝野幸男代表が登場。

    【ニュースパレードアネックス】は1週間、ASKAさんが思いの丈をここだけに語ってくださいます。

  • 第399回:ついに開場した豊洲市場

    『ニュースオフサイド』は「豊洲市場、ようやく開場。一方、築地は...。」と題して、豊洲と築地の現状を踏まえ、今後の展開をサキドリしました。

    まずは、今朝の豊洲市場の初セリの様子など、伊藤佳子記者がレポート。

    豊洲市場が築地に比べて優れている点は「温度管理ができること」。

    一方で問題点は「渋滞」、「物流」。伊藤記者も今朝4時の集合時間に間に合うよう豊洲市場に向かっていたところ、渋滞に巻き込まれてしまったそうで「都心と豊洲市場を結ぶ、環状2号線の完成が遅れている。危惧していた以上の混雑。」と伝えてくれました。

    ほかにも今日はターレによる事故や火災が起きたり...いろいろあった豊洲市場ですが、豊洲市場協会の伊藤裕康会長は「大きな問題はない」と語っています。

    さきどり20181011(17).jpg

    ▼2階から見て、マグロがズラーっと並んでいる姿は圧巻。

    さきどり20181011(15).jpg

    ▼こちらは青果のセリに来ていた方々です。

    さきどり20181011(13).jpg


    かわって、細木美知代記者は築地市場跡地周辺で取材。

    「場内のにぎわいはウソのように消えて静か。場外には移転前と変わらず、多くの店が軒を連ねている」と、移転後の場内・場外の様子を伝えてくれました。

    細木記者20181011 (2).jpg

    移転に納得していない東京中央市場労働組合の執行委員長、中澤誠さんにもお話を伺いました。

    「いろいろな問題があったのに、そのままの状態で開場していて、乱暴な行政という印象。土壌汚染、衛生管理...全部納得いかない。今も、うちの労働組合の事務所は立ち退かないでいるが、強制的に出すというのならちゃんとした手続きをやってよと言っている。」

    中澤さんは今日、豊洲市場で実際にお仕事されてみて、物流を行う場所の狭さや、ターレを内と外できちんと分けていなかったり、エアカーテンが開けっ放しだったりする杜撰な衛生管理にも、思うところがあったようでした。

    細木記者20181011 (1).jpg


    『きょうのナマチュウ』テーマ「コメよりもパン!日本人の"食"はなぜ変化したのか。 」

    4年連続で1世帯あたりのパンに対する支出額がコメを上回っている、この謎に迫り、日本の食文化のこれからをサキドリました。

    街の方々はパンとコメどちらを食べることが多いのか、西村志野記者が銀座で調査。

    20人に聞いた結果は「パン5人、コメ15人」。

    コメ派の半分はおにぎり、弁当などの加工品を主に食べていて、パン派からは「すぐに買えるから」「ひとり暮らしであまり家にいないのでパンで済ませることが多い」という声が聞かれたといいます。


    お電話を繋いだのは、日本パン工業会の専務理事 中峯准一さんです。

    パンの支出額がコメを上回っている理由として、パンを一番食べているのは60代以上で、高齢化によって生産量が伸びているということが挙げられるそう。「子どもが独立して夫婦だけになると、簡単にできるものを求めるようになり、そのまま食べられるパンが好まれている」とお話してくださいました。


    では、コメの支出額が減っている理由は何なのか?

    大正大学客員教授 岩村暢子さんによると「近年聞かれるようになって、気になっているのは『白いご飯は味がないから苦手』という声」。

    「噛むのが大嫌い」という50代より下の世代に多い傾向で、白いご飯は噛まなければ美味しさを味わえない食べ物のため、白いご飯を「美味しい」と感じる人が減っているのだといいます。

    こうした、白いご飯に対する感覚の変化に「食は文化でそれがどんどん変わっている。時代に合わないものは淘汰されていく。」と岩村さん。ご飯を食べることの価値を後世にどう伝えていくかが大事になってくると語ってくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、JR常磐線の新駅名称「Jヴィレッジ」決定という話題をピックアップ!

    来年4月に開業予定のこちらの駅。 地元の要望を踏まえ、分かりやすい名称にしたということですが、駅名にアルファベットが入るのは初めてのこと。

    ほかにも、京浜急行が創立120周年記念事業として沿線の小中学生から、駅名変更案を10月10日まで募集していたそうです。「僕が小中学生だったら絶対応募してた!」と一美キャスター。

    さきどり20181011(18).jpg

    木曜コメンテーター・精神科医の和田秀樹さんが語り下ろした、今日の『オピニオン』は「株安は誰のせい?株高は誰のおかげ?」。

    「日経平均株価が一時1000円ほど下がり、原因がアメリカの株価の下落にある」というニュースを受け、「アメリカの株価が上がると日本の株価も下がり、アメリカの株価が下がると日本の株価も下がる」と指摘。

    「株価が上がると景気が良いとされ、政権の支持率も上がるが、多くの人にその実感はなく、得するのは法人税減税などの恩恵を受ける金持ちだけ」というお話でした。

    さきどり20181011(19).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』飯塚治アナウンサーが取り上げたのは、阪神タイガース 金本監督辞任のニュース。 金本監督を広島カープの若い選手時代からコーチと選手の間柄、この3年は取材し見守られてきた、文化放送プロ野球解説者 笘篠賢治さんにお電話を繋ぎました。

    「辞任は残念だが、男気のあるやつだから、責任を感じたと思う。でもそれだけの覚悟をやってきたってこと。よう頑張ったな、とは言いません!もっとやれることがあったんじゃないかって声をかけたい。」と笘篠さん。

    さきどり20181011(20).jpg

    『ニュースパレードアネックス』来月6日に中間選挙を控えているトランプ大統領の足元で、これまでトランプ外交を推進してきた国連のヘイリー大使の辞任表明が大きな波紋を呼んでいます。

    このヘイリー氏の人柄やどのような役割を担ってきたのか、辞任表明へ至った経緯、そして今後のトランプ政権への影響を清水克彦デスクが解説。

    さきどり20181011(21).jpg

    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』では、10月19日(金)~21日(日)まで東京ビッグサイトで行われる「2018楽器フェア」をご紹介しました。ローランドの「エアロフォンGO」生演奏を堪能!

    さきどり20181011(22).jpg

    【今日の1曲】 YAH YAH YAH / CHAGE&ASKA 

    エンディング20181011.JPG

  • 第398回:就活ルール廃止決定の波紋

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    今日はSAKIDORI!二度目のご登場、大学ジャーナリストの石渡嶺司さんをスタジオにお迎えして、経団連が就活ルール廃止を決めたことによる波紋についてお送りしました。

    ルール廃止を決めた理由など、まとめて竹田有里記者が説明。

    saki2018-1010 (2).JPG

    石渡嶺司さんは、今回のこのルール廃止について「ルールを決めても、経団連に加盟していない企業は守らない。そこに経団連はいら立っている。いら立ちは分かるけれども、大学教育にまで結び付けて注文をつけるのは見当違いかなと感じる。」とのこと。

    今後は「『通年採用が進む』『大学1年生から採用が進む』という見方もあるが、その可能性は低い。経団連の決定を受けて、政府が関わる以上は目新しいことを打ち出したいところだが、おそらくないだろう。」と語ってくださいました。

    saki2018-1010 (1).JPG


    『きょうのナマチュウ』テーマは「最新技術が集結!展示会にみる、テロ対策の"今とこれから" 」

    今日から「テロ対策特殊装備展」が開かれている東京ビッグサイトから、西村志野記者がレポートしてくれました。

    テロ対策展20181010 (6).jpg

    2008年から毎年行われているこちらの展示会。今年は150社近くが出展しており、3日間でおよそ2万人動員を見越しています。(残念ながら、一般公開はされていません。)

    ▼女性でも軽くて扱いやすい「さすまた」。

    テロ対策展20181010 (5).jpg

    ▼クルンと一瞬で丸まって腕に巻き付くバンドと同じ仕組み。天海ディレクター、拘束されました。

    テロ対策展20181010 (3).jpg

    ▼ナスクインターナショナルのブースでは、顔認証の最新システムやウォークスルー型危険物検知ゲートが体験できました。

    テロ対策展20181010 (4).jpg

    ▼Japan Cell ブースの車両侵入阻止装置。音をお聞きいただきましたが、瞬時にスパイクを出したり、閉じたりできるんです。

    テロ対策展20181010 (7).jpg

    ▼お話を聞かせてくださったJapan Cell の齋藤義信さん。

    テロ対策展20181010.jpg

    東京オリンピックまであと2年と迫るなか、日本のテロ対策は実際のところ、どのくらい進んでいるのでしょうか?

    お電話を繋いだのは、日本大学 危機管理学部 福田充教授。
    9.11以降、出入国管理は非常に厳しくなり、外国からテロリストが入り込む可能性というのは限りなく低くなっているといいます。日本は今後、「テロが起きたあとの救急搬送の方法」をもっと強化していくべきで、万が一、テロが起きた現場に居合わせたときの対処法については「『伏せる』『逃げる』『隠れる』の3つを、声を出さずに実行に移すことが重要」だとお話してくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「政府推進も副業許可せず75%」というニュース。

    企業側、労働者側いずれも「過重労働となり、本業に支障をきたす」という理由が多く、政府が働き方改革実行計画の中で兼業や副業が新技術開発や起業の手段として有効としたものの、浸透していない事実が浮き彫りとなりました。

    真紀さんのお話では、文化放送は申請が通れば副業が可能だとか...

    saki2018-1010 (4).JPG

    水曜コメンテーター、古谷経衡さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「雑誌不況と月刊『ムー』」。

    雑誌不況で多くの雑誌が大幅に部数を減らす中、部数の減少を2割程度におさえている月刊『ムー』の魅力を熱弁。

    独自のネタを取り上げ続ける『ムー』を高く評価したうえで、「メディアで話題になっていないことを取り上げ、世に背を向けた方が雑誌が安定する」と人気を維持し続ける理由を分析してくださいました。

    saki2018-1010 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 土井悠平アナウンサーが、11月8日開幕となる「2018 日米野球」、出場予定選手発表記者会見の模様をお伝えしました。

    「2018 日米野球」、11月8日の巨人とMLBオールスターのエキシビジョンゲームを皮切りに、東京ドーム、マツダスタジアム、ナゴヤドームを舞台に第6戦まで行われます。

    ▼古谷さんの素朴な疑問に懸命に答える土井アナ。

    saki2018-1010 (6).JPG

    『ニュースパレードアネックス』富田林警察から樋田淳也容疑者が逃走し逮捕された事件。

    樋田容疑者と行動を共にしていた男性が今日、報道陣の取材に応じました。

    鈴木敏夫デスクが、樋田容疑者と男性がどのような経緯で行動を共にしていたのかなど、今日、記者団に語られた内容を解説!

    saki2018-1010 (8).JPG

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』 今日は、スマホの使い方次第で脳の力は変化するというお話でした。

    スマホが近くにあると脳が無意識のうちに準備してしまい、家電の待機電力と同じで脳の容量を使ってしまうそうです。 スマホをサイレントモードにする時間を作ったり、デジタル製品に触れない時間を作る「デジタルデトックス」もお試しあれ。


    【今日の1曲】 キセキ / GReeeeN

  • 第397回:元気です北海道

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 テーマ「今こそ行こう!北海道!」

    北海道で最大震度7を観測した地震から1ヶ月あまり。観光客の呼び戻しに力を入れる北海道の「今」の様子をお伝えしました。

    お話を伺ったのは、「北海道女将の会」会員で、富良野ナチュラクスホテル 4代目女将の石平清美さん。

    地震発生直後の様子、そして停電が復旧してからの宿泊予約のキャンセルの嵐・・・「どうなってしまうんだろう」と思ったと当時を思い返してお話してくださいました。

    現在、富良野の交通網は何の問題もなく動いており、「北海道は元気」とのこと。そろそろ紅葉もスタートし始め、秋の野菜やお米が美味しい季節!今後もメディアや、海外の旅行博に参加して、「北海道は元気です!ぜひ来てください!」とPRしていくと語ってくださった石平さんでした。

    ▼こちらは先月21日、「北海道女将の会」メンバーが安倍総理を表敬訪問した様子。

    北海道女将の会お写真 (4).jpeg

    スタジオでは 吉田涙子記者が、「北海道ふっこう割」の概要を説明。

    国内外から北海道を訪れる旅行客の宿泊料金を補助する「ふっこう割」

    道内全域の旅行・宿泊料金を最大7割引きにしたり、海外から訪れる外国人旅行者に対するサポート体制を強化させ、深刻なダメージを受けた道内観光産業の復活を目指すというもの。

    楽天トラベル、じゃらん、るるぶトラベル、Yahoo!トラベルの旅行予約サイトで今月1日に初めてこのクーポンが配布、大人気となっています。

    saki20181009 (1).jpg


    『きょうのナマチュウ』 では、「退職代行サービス」について取り上げました。

    「退職代行サービス」とはどのようなものなのか、なぜ「退職代行サービス」を利用するのか、お話を伺ったのは株式会社ニコイチの西村明人さんです。
    そもそもは便利屋として14年前に創業したそうですが、「内定はもらったけど辞退したい」「退職したいが自分で電話できないので電話してほしい」という依頼が大変多く、退職代行に特化していったといいます。これまでに約4000名の退職代行を行われてきたと聞き、これにはスタジオの3人もびっくり!

    退職理由には「入ってみたけど仕事が合わない」「入る前に聞いていた話と違う」などが多いようで、お金を払ってスムーズに退職できるなら利用したいと考える方は少なくないようですね。ちなみに依頼者の7割くらいが20代~30代の男性ということでした。

    西村志野記者は新橋SL広場で、街の人たちに退職についてインタビュー。

    「上司のパワハラで退職したが、勇気がいった。退職理由も正直には言えなかった。」、「辞めると伝えるのはそんなに大変ではなかったけれど、年金などの手続きが大変だった。」「辞めようとなったとき、1番に誰に言えばいいのかが分からなかった。」 実際に退職した経験のある方々の声を伝えてくれました。

    西村記者@新橋20181009.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、テイラー・スウィフトさんがアメリカ中間選挙で民主党候補に投票すると明言した話題。

    早速、トランプ大統領はこれに対して「好感度下がったね!」と返したそう・・・。果たして中間選挙への影響は!?

    saki20181009 (3).jpg

    火曜コメンテーターは、俳優の石田純一さんです。

    今日の『オピニオン』テーマは「安部外交の成果」。

    安倍総理は外交が上手と評価されているし、国のトップ同士が仲が良いのはいいことではあるが、北方領土問題にしろ拉致問題にしろ、最終的には自分たちでやっていくしかないのだから、重要な場面できちんと言うべきことを言わないとだめだと語り下ろしました。

    サキドリ20181009 (1).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は、松島茂アナウンサーが担当!

    昨日行われた出雲駅伝を経て、今シーズンの大学駅伝展望を柏原竜二さんに聞きました。青山学院大学の走りを「ミスなく落ち着いた走りだった。2区までに30秒の差があったのは大きかった。」と振り返り。11月4日には全日本大学駅伝が行われます。

    サキドリ20181009 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 政府は今日、企業による学生の採用日程に関する就職活動のルールについて、今月15日にも経済界や大学側との協議を始める方針を固めました。一方、就活ルールの廃止を打ち出している経団連は、正副会長会議を開き、中西会長が記者会見に臨みました。伊藤佳子記者が、中西会長の会見音声を交え、お伝えました。

    saki20181009 (2).jpg

    【今日の1曲】 熱視線 / 安全地帯

  • 第396回:漫才で市議会を身近に!ひさしけんじ生出演

    3連休、最終日ですね。先週半ばから夏休みに入っていた一美キャスターも復帰して、いつものメンバーが揃ったSAKIDORI!です。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では「姜尚中の"浜松町一受けたい"政治の授業」をお届け!

    東京大学で長く教鞭をとってこられた姜尚中さんに、ニッポンの課題と解決策をじっくりと伺いました。

    《憲法》《外国人就労拡大》《景気対策》《外交》《加計学園》などなど、国内外ともに大きな課題に直面しているニッポン。それぞれを分かりやすく解説してくださいました。

    sakidori20181009 (2).jpg

    加計学園問題に関して、昨日今治市で行われた加計孝太郎理事長会見の骨子を西村志野記者が整理。

    お電話を繋いだのは、今治市の「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦さん。会見を聞いての感想と、黒川さんたちの今後の取り組みなど現状を伺いました。

    「図書費が不当に高く見積もられている」と補助金詐欺の疑いで刑事告発に踏み切るということです。

    sakidori20181009 (1).jpg

    『きょうのナマチュウ』テーマ「市議会をわかりやすく!新しいムーブメント。」

    市議会の動きを漫才で伝えている、さいたま市の市議会議員お二人が生登場。

    小川ひさし市議と 浜口けんじ市議をスタジオにお迎えしました。なんとお二人、今日はM-1グランプリ2回戦に出場してから、文化放送に駆け付けてくださったんです!

    sakidori20181009 (3).jpg

    小川市議は、西川きよし師匠のもとで4年半修行を積んだ本格派!きよし師匠が現職の議員だった時には弟子として、秘書として支えていらっしゃったと言います。「つまらないことや難しいことも笑いに変えれば聞いてもらえる」という師匠の思いから、漫才で市政報告をしようと思い立ったそう。

    浜口市議も大阪のご出身ということで、ウマが合ったのですね!
    今日は、2分ほどの漫才・市政報告を披露していただきました。
    ただ単に報告を聞くのとは大違い!スタジオの皆さん、笑顔です。

    sakidori20181009 (4).jpg

    浜口市議「政治離れと言われているが、政治家の方が離れていっていると思う。こちらから発信してアピールしていかないと!」

    小川市議「お客さんの気持ちが分からなければ笑いは取れないのと同じで、皆さんがどんなことに興味を持たれているのか、いかに皆さんの気持ちを汲み取るかだと思う。」

    【ひさし・けんじ】のお二人、ありがとうございました!!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では「バンクシーの絵画 落札直後にシュレッダーで細断」、そして「2歳の息子 お手伝いのつもりが12万円細断」という、シュレッダーにまつわる話題を2つお伝えしました。

    sakidori20181009 (6).jpg

    コメンテーター、政治学者 姜尚中さんの今日の『オピニオン』は「ライバルとエネミー」と題して語り下ろし!

    "敵"か"味方"かの軍の世界の考え方が民主主義のなかにも入ってきてしまって、"敵"ではなく"ライバル"という考え方だったものが、自分の意にそわない人を"敵"と見なして、叩き潰す傾向が今の政界にはあると姜尚中さん。

    "ライバル"は居ても、"エネミー"は居ない、これに立ち返って政治を行っていくべきだとお話してくださいました。


    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが、今日行われた出雲駅伝を振り返り。

    青学大が2年ぶり4度目の優勝、2位は東洋大、昨年10年ぶり優勝を果たした東海大は3位という結果になっています。

    明日のこのコーナーでは、山の神・柏原竜二さんによる今回の出雲駅伝についての詳しい解説も聞けるようです。

    sakidori20181009 (8).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 体育の日の今日、東京・北区にある「味の素ナショナルトレーニングセンター」ではトップアスリートと一緒にスポーツを楽しめる行事、【スポーツ祭り2018】が行われました。

    取材した山本カオリ記者がイベントの内容や、参加された方たちの様子などをレポート!

    競泳女子の池江璃花子選手、重量挙げ女子の三宅宏実選手など、各競技のトップ選手たちが子供たちとスポーツを通して交流。およそ1万7000人の参加者と言いますから、大盛況ですね!!

    sakidori20181009 (9).jpg

    『芸能アラカルト』で、放送作家でコラムニストの山田美保子さんがピックアップしたのは、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの「新しい地図」の話題。

    昨日、AbemaTVで生放送された「7.2 新しい別の窓」の内容、「新しい地図」発足1周年を迎えて感じたことなどを熱く語りました!

    sakidori20181009 (11).jpg


    【今日の1曲】  LOVE SOMEBODY / 織田裕二 with マキシ・プリースト

  • 第395回:米朝首脳会談 次回の開催は!?

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「2度目の米朝首脳会談 はいつ?ポンぺオ国務長官の手腕やいかに」。

    20181005_2

    慶應義塾大学の教授で現代韓国研究センター長の西野純也さんにアメリカと北朝鮮の思惑や日本への影響を伺いました。中間選挙までに成果がほしいトランプ大統領ですが、いつ行われるかについては中間選挙の前とも後とも言われており、ポンペオ国務長官の結果にもよると言われています。



    『きょうのナマチュウ』は、「築地市場、クローズまであと1日。今、関係者の想いは」。

    明日、83年の歴史に幕を下ろす日本の台所・築地市場。長年親しんできた市場がなくなるからと別れを惜しんでいる人、一度は来てみたいと遠方から来ている方も多く見られました。


    20181005_3

    市場をレポートする細木美知代記者も、牛丼チェーン店の吉野家1号店でお昼を食べ、元気をつけたそう。


    20181005_4

    そして、築地市場で働くマグロの仲買をしている石司商店の3代目・篠田貴之さんは、最近は移転の準備で忙しいが、衛生管理の整ったところで新しく始められることに大きく期待しているとお話してくれました。



    20181005_5

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「オーストラリア 生理用品が税率0%に」。

    オーストラリアでは、商品やサービスに10%のサービス税(GST)がかけられています。コンドームや潤滑油などは医療品として認められ非課税にも関わらず、女性にとって生活必需品な生理用品は課税対象となっていました。これに対して女性団体は「不公平だ」として抗議、18年の闘いの末、今回非課税に決定しました。

    今回、女性ばかりのスタジオのため、日常的に必要となる生理用品に対する議論は大いに盛り上がりました。



    20181005_6

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「幸運頼みはおやめなさい」。

    「安倍総理は運がいい!」という荻原さん、集団的自衛権の際は北朝鮮からミサイルが飛び、モリカケ問題では山尾議員の不倫問題など民進党から問題が起こりました。しかし、沖縄県知事選挙から少しずつ薄らいでいるといい、今後は謙虚に政治をやってほしいと訴えました。



    20181005_7

    『SAKIDORIスポーツ』は、高橋将市アナウンサー。お伝えするのは「井上尚弥出陣!WBA世界バンタム級タイトルマッチ」。

    井上選手にとっては初の王座防衛戦。会見で語った試合への心境をお伝えしながら、対戦相手のファン・カルロス。パヤノ選手について、そして試合の見所などを紹介しました。



    『ニュースパレードアネックス』は、成人の日におよそ2000人の新成人がトラブルに見舞われたレンタル会社「はれのひ」の初公判について。



    20181005_8

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    ニュースサイト「nippon.com」の貝田尚重さんが「トルコ、アルゼンチン、ブラジルなど新興国の通貨の下落について」をテーマにお話してくださいました。

    今年8月にアメリカがトルコに対して経済制裁を発動したことが原因で起こったトルコ・ショック。実際にトルコ リラ債券を購入した人の体験談を交えながら、新興国市場の現状や日本への影響を解説しました。



    【今日の一曲】 Time goes by / Every Little Thing



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました! 来週は一美さん帰ってきます!

  • 第394回:長生きにまつわる情報の嘘を暴く!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「2030年、日本人の寿命は低下。その原因は...?」。

    スペシャルコメンテーターは、「長寿の嘘 肉食・小太りが一番長生き」の著者で桜美林大学の名誉教授・柴田博さんです。経済協力開発機構加盟国の2030年の寿命予測によると、日本は女性が3位、男性は11位まで下がると言われています。その理由は、「カロリー不足」。戦後、増加しつづけていた摂取カロリーは2011年には1840キロカロリーと北朝鮮と変わらないほどまで低下しました。

    背景には、日本より摂取カロリーが全然違うにも関わらず、キャッチコピーだけで恐れられた「欧米化」への警戒だと言います。また、"肉より魚の方がいい"や、"年を取ったら油っぽいものを避け、淡白なものを食べよう"という訓えも柴田さん曰く誤解なんだとか。肉と魚は1対1がいいなど、柴田さんの長年のデータに基づいたお話は目から鱗でした。



    20181004_2

    『きょうのナマチュウ』は、「相次ぐ定員割れ。 企業主導型保育園に何が起きているのか」。

    2016年からスタートした制度で、企業が従業員のために保育園をつくるときに国から助成金が出るようになりました。しかし、この企業主導型保育園、待機児童問題が叫ばれているにも関わらず多くの園で定員割れをしています。一体それはなぜなのでしょうか...?

    実際に、企業主導型保育園「ひより保育園」を運営し、50社以上の企業から視察や相談を受けている園長の白水純平さんにお話を伺うと、開きたいと思っている企業の関心事は運営資金と職員の確保。周知徹底と保育の質の向上が大切だということでした。また、保育学に詳しい、白梅学園の学長・近藤幹生さんは、「子どもは荷物じゃないから預けるのがどこでもいいわけじゃない。保育士以外でもいいという規制緩和は保護者から見たら不安要素しかない」と今の現状の改善点を訴えました。

    子どもの健康・安全をしっかりと研修すること、基本ですがとても大切なことが今後の課題となりそうです。



    20181004_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「トヨタとソフトバンクが提携 自動運転などで新会社」。

    自動運転技術などモビリティーに関する新たなサービスで提携し、共同出資会社を設立することが明らかになった二社。自動運転車を使った配車サービスなどの分野で協力していくそうで、両社長のテークセッションの模様もお送りしました。



    20181004_4

    精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「日本ほど脱税に甘い国はない」。

    中国の女優、ファン・ビンビンさんの脱税のニュースから国ごとに違う脱税の意識を指摘。どの国でも脱税は犯罪であるにもかかわらず、日本では億単位の脱税をした芸能人が普通にテレビに出演するなど罪の重さが軽いそう。お金が余っている人がやるのが脱税だから、厳しく取り締まれば消費税をあげなくてもすむとした上で、今回のファン・ビンビンさんのニュースを取り上げるマスコミに対する違和感を語りました。



    20181004_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、飯塚治アナウンサー。お伝えするのは「巨人・高橋由伸監督の辞任」。

    3年連続でリーグ優勝を逃した結果に「監督として責任を取らなくてはいけない」と話した高橋監督。今回の辞任に対する強い責任感を感じる発言でした。

    そんな高橋監督のルーキー時代から監督に就任してこれまでの活躍をエピソードと共に紹介しました。

    20181004_6

    そして、アナウンサーになったきっかけが高橋由伸選手だという西村志野記者。今日はオンエアにはのりませんでしたがタオル持参でした!



    20181004_7

    『ニュースパレードアネックス』は、「災害で大規模停電続く。そのとき食事は?」。

    日本災害食学会理事の守真弓さんに、災害の際に深刻な電機やガスが止まった場合の食事について伺いました。「冷蔵庫が止まってしまうと腐ってしまうような食品は避け、常温で保存できるものがいい」などアドバイスを頂きました。



    20181004_8

    『世の中SAKIDORI』は、SAKIDORI最前線。

    安蒜幸紀レポーターが10月19日~21日の3日間、奥浅草で行われる革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド2018」を紹介しました。



    【今日の一曲】 ビートでジャンプ / ザ・フィフス・ディメンション


  • 第393回:早くもインフルエンザが流行る理由

    斉藤一美キャスターは今日から夏休みです。

    今日は永野景子キャスター、コメンテーターにマルチリンガルタレントの堀口ミイナさんと報道スポーツセンターの清水克彦デスクという3人でお送りしたSAKIDORI!でした。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』、発足したばかりの安部内閣が直面する内政・外交の課題をサキドリました。

    安倍政権が直面する課題、お話を聞いた希望の党の松沢成文代表の声も交え、まずは竹田有里記者が整理。

    さきどり20181003 (0).jpg

    国民民主党 泉健太政調会長には、国会内の文化放送ブースにお越しいただきました。

    「主要大臣や留任の大臣は重厚で、新任の大臣と比べると大臣間格差が激しいと感じた」と第4次安倍改造内閣と自民党役員人事について語ってくださいました。
    「正直、麻生さんの留任には驚いた。【すね傷内閣】なんて言われてもいるが、野党も追及追及となって、国民の関心がスキャンダルにうつってしまってはいけないので気を付けないと。」と、国会を突っこむための場にしたくないが、おかしなことはしっかりと追及し、国民にとっての重要課題についてもしっかりとやっていきたいということでした。


    つづいて『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、首都圏で早くもインフルエンザ が広がり始めている問題について。

    先月上旬からインフルエンザで学級閉鎖する学校が出始めています。 流行のピークは12月~3月ごろと言われていますが、なぜ9月のまだ暑い時期から流行が始まっているのでしょうか。

    先月11月から4日間、2年生の1クラスが学級閉鎖となった江戸川区立船堀第二小学校の最寄ということで、西村志野記者は「船堀駅」周辺で取材しました。

    9月にインフルエンザで学級閉鎖というのは、お母さん方も驚いているようでした。10月に入ったのでそろそろ予防接種をと考えている方もいれば、季節的に早すぎてちょっとピンと来ていない方も。

    西村記者2018103.jpg

    お電話を繋いだ、千駄ヶ谷インターナショナルクリニックの篠塚規院長によると、今年に限らず、真夏でもインフルエンザの患者さんは診察に訪れるそうです。日本へやってきた外国人からウイルスが持ち込まれ、そこからホテル、空港、電車などで感染が広がるケースが考えられるとのことでした。

    「こまめな手洗いが予防には1番。規則正しい生活習慣で基礎体力・免疫力を下げないようにすること」がポイント!

    ミイナさん&永野さんは外出時、エレベーターや切符を買う時のボタンなど、直接指先が触れないよう指の関節を使って押すようにしているそうですよ。うっかり手洗いを忘れてお菓子をつまんでしまったりするとき、ありますもんね。


    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、孫娘への贈り物、20年後に届くというアメリカ・フロリダ州のニュースを取り上げました。

    当時4歳の孫娘にプレゼントするため児童書のセットを注文しましたが、郵便局の古い集荷箱の中に小包が引っかかったまま、20年間、放置されてしまっていました。 現在その児童書を受け取るはずだった孫娘には、5歳の息子がおり、その5歳のひ孫が児童書を楽しんでいるとか。

    さきどり20181003 (3).jpg

    堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    テーマは「本当にやりたい?大会ボランティア」。

    2020年東京オリパラで募集中のボランティアの条件や申し込みについて調べたというミイナさん。この商業イベントに関わる大人たちが、労働力として善意をいいように使っているように感じたと言います。

    やろうと思う人が気持ちよく参加できるよう、運営側はもっと考えて欲しいと語りました。

    さきどり20181003 (1).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』長谷川太アナウンサーがお伝えしたのは、駅伝の話題。

    東海大学で出雲駅伝の取材中ということで、スピードランナーが揃う東海大学の出雲駅伝の展望を、両角 速監督のインタビュー音声と共にお聞きいただきました。


    『ニュースパレードアネックス』今月開幕する「Tリーグ」、皆さんはご存知ですか?

    「Tリーグ」は「卓球」の「T」。初年度となる今年、10月24日に開幕戦が行われます。

    今日は「Tリーグ」の松下浩二チェアマンの記者会見を取材した伊藤佳子記者が、「Tリーグ」の概要やそのような選手がさんかするのかなどを解説。

    さきどり20181003 (4).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』は、お手軽にできる免疫力 アップのお話。

    病気の人を除きますが、運動をして体温を上げること。 発酵食品を摂るように心がけ、寝る前に悩まないことなどが効果的だそうです。


    【今日の1曲】  星の散歩/小野リサ

  • 第392回:第4次安倍改造内閣、発足

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマ「第4次安倍改造内閣が発足」

    今日は、ジャーナリストの二木啓孝さんをお迎えし、第4次安倍改造内閣19人の閣僚のうち、初入閣12人、留任6人、再入閣1人という顔ぶれ、自民党役員人事について細かく分析しました。

    まず国会から奥山拓也記者が、今日の内閣改造一連の流れをレポート。

    西村志野記者は新橋で、この内閣改造を街の皆さんはどう受け止めたのかインタビュー!

    サキドリ20181003 (2).jpg

    第4次安倍改造内閣、二木さんが呼び名を付けるとしたら...

    「やってる感内閣」

    何かをやってるわけじゃないが、【女性活躍】【待機児童ゼロ】【介護離職ゼロ】【三本の矢】【人づくり革命】などなど言うことだけは言ってるので、やってる感はあるとのこと。なるほど。

    サキドリ20181003 (3).jpg

    『きょうのナマチュウ』プラスチックストローは本当に環境に悪いのか、プラスチックごみ問題の行方をサキドリ!

    使い捨てプラスチックストローの削減が、世界中で叫ばれる中、東京都でもプラスチック製品の使用を減らそうと、昨日から都庁内の店舗で紙ストローを試験的に導入。 先週金曜日には、都庁で「紙ストロー試行事業PRイベント」が行われました。

    紙ストロー試験導入について取材した伊藤佳子記者。

    サキドリ20181003 (6).jpg

    実際に、紙ストローを使ってみました。

    口当たりというか、舌触りというか、慣れていないせいもあるでしょうが、かなり違和感がある様子。

    紙ですので、長時間、水分に触れているとふやけてしまって、吸うのが難しくなってくるようですね。

    サキドリ20181003 (7).jpg

    お電話を繋いだのは、プラスチックストローの代替品として、インドネシアの竹を使った竹ストローを輸入・販売しているBALIISM Japan代表 長谷川真之さん。

    使い捨てではなく、食器や「マイ箸」などと同じように繰り返し使用できる「マイストロー」的な使い方を提案しています。竹ストローの需要は増えてはいるものの、そもそもの消費者の意識の問題が重要だとお話してくださいました。

    ▼日本の竹よりもインドネシアの竹は肉厚で加工しやすいのだそう。高級感ありますね!

    サキドリ20181003 (10).jpg

    マイクロプラスチック問題の専門家である、京都大学大学院 地球環境学堂 田中周平准教授は「日頃、私たちが使っているプラスチック製品が、何年でマイクロプラスチックになるのか知らないまま、30~40年経って対応しようとしても遅い。プラスチックの利便性とリスクを考え、ポイ捨てを辞め、二次利用できるように心がけて欲しい。」

    ▼砂浜のマイクロプラスチック。

    サキドリ20181003 (1).jpg

    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、アメリカのロサンゼルス、酒気帯び状態で電動キックボードに乗り、歩行者をひき逃げしたとして男が摘発されたニュースを取り上げました。

    ▼キックボードを説明する真紀さん。

    サキドリ20181003 (11).jpg

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』題して「技術革新を解き放て!」でした。

    世界は環境問題に無頓着な企業から、脱炭素に取り組む企業への投資にシフト。そういう動きに遅れてしまっている日本は白い目で見られ始めていると危惧。

    技術でトップを走っていたはずの日本ですが、理念的にも実質的にも投資しがいのある脱炭素に日本も乗り遅れないで!と語りました。

    サキドリ20181003 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』槙嶋範彦アナウンサーが担当。 一昨日、10年ぶりに優勝した埼玉西武ライオンズの強さと、今月13日から始まるクライマックスシリーズについて、文化放送野球解説者の松沼博久さんをスタジオにお迎えし、お話を伺いました。これだけ熱く語っておいて「ライオンズ贔屓じゃないよ!」と今日もお茶目なアニヤンでしたね(^^)

    サキドリ20181003 (12).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 第4次安倍改造内閣が発足、認証式を経て、正式にスタートすることになりました。

    かつては総理大臣官邸に各メディアがテントを張って、「誰が呼ばれるのか」と待機したものですが、今やすっかり様変わりしているそう。国会取材が豊富な石森則和記者が、改造当日の裏話、思い出の「文化放送ファンシーケース」、小泉内閣以降の変化などを語ってくれました。


    【今日の1曲】 LOVE SONG/CHAGE&ASKA

    サキドリ20181003 (14).jpg

    一美キャスターは明日から夏休みに入りますが、SAKIDORI!は生放送しますので、一美キャスター不在のいつもとは一味違うSAKIDORI!もぜひぜひお聞きくださいね~。

  • 第391回:沖縄県知事選挙スペシャル

    猛烈な台風24号、皆さん、被害はなかったでしょうか?すさまじい風の音で寝不足の方も多くいらっしゃった様子。今度は台風25号が近付いてきているということですから油断はできませんね。

    さて今日のSAKIDORI!は、ラジオ沖縄のスタジオから斉藤一美キャスター、古谷経衡さん、安積明子さんとともに昨日投開票だった沖縄県知事選について詳しくお伝えしました。

    文化放送のスタジオには、水谷加奈アナウンサー。

    サキドリー2018年10月1日 (8).jpg

    『ニュースオフサイド』は、ラジオ沖縄 小磯誠デスクにもお越し頂き、沖縄県知事選挙を振り返り。

    今回の県知事選、台風24号の影響をもろに受け、うるま市などで投票が前倒しになったり、期日前投票をされた方の数が大幅に増えました。結果的に投票率は63%。前回よりも低いものの、小磯さんは「台風の割には下がらなかったという見方も出来る。離党の方々へ、事前投票の呼び掛けを選管が行ったのも良かった。」

    選挙戦についてはそれぞれ、以下のような見解でした。
    小磯さん「先の名護市長選挙は逆だったので、玉城陣営が学んだと言える。携帯料金を4割値下げするという佐喜眞さんの訴えは、若者も白けてしまったと思う。」

    古谷さん「中央の辺野古批判が強かったと感じた。沖縄の有権者は若い人を含めて、極めて冷静だった。」

    安積さん「予想以上の大差で、国政への影響が気になる。訴えの内容の生活感の差が大きかったのではないか。」

    『きょうのナマチュウ』では、沖縄県知事選挙の結果が与える影響と、オスプレイが正式に配備された横田基地を抱える福生市からの中継をお送りしました。

    まず、清水克彦デスクが今回の県知事選を受けての那覇市民の声「翁長さんのバックボーンがあったから当選したのでは」「これからの動きを見て判断していかないと」を紹介。

    横田基地の大部分を抱える福生市には西村志野記者が行っていました。

    サキドリー2018年10月1日 (12).jpg

    今日は、オスプレイ配備に反対する地元住民たち100人以上が集まり、JR福生駅前で配備取り消しを求める署名活動や抗議行動を行いました。

    「オスプレイの横田基地配備反対連絡会」福本道夫さんのお話を交え、西村記者がレポート。学校の数も多いこのあたり、夜間飛行もあるそうで、住民の不安の声は消えません。

    「オスプレイの横田基地配備反対連絡会」は、正式配備の取り消しなどを求める要請書を横田基地に提出に行きましたが受けてもらえず、後日郵送することにしたということです。

    サキドリー2018年10月1日 (13).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、逃走していた樋田淳也容疑者が、窃盗容疑でおととい現行犯逮捕されたニュースを取り上げました。

    大阪府警は昨日、樋田容疑者を加重逃走の疑いで再逮捕、身柄を府警本部に移送し、49日間にわたる逃走の詳しい足取りを調べています。

    サキドリー2018年10月1日 (2).jpg

    文筆家の古谷経衡さんの今日の『オピニオン』は「米軍上陸の軌跡を歩く」

    これまで何十回も沖縄を訪れ、北から南までまわってきた古谷さんですが、米軍の上陸第一歩だった地「読谷村 渡具知はま」にだけは行ったことがなかったため、ついに昨日、行ってきたそうです。

    当時、なぜ米軍がこの読谷に上陸したのか、日本軍と米軍10倍くらいの力の差があったのに、読谷~首里までは善戦したことなどを解説、70年以上前の記憶がたしかにそこにあると熱く語りました。

    サキドリー2018年10月1日 (10).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎アナウンサー。 今日は、卓球の埼玉のチームである「T・T彩たま」が3歳の平鈴莉空ちゃんと育成強化契約を結んだと発表したニュースをピックアップ!

    福原愛さんは3歳から、平野美宇さんは2歳から卓球を始め、日本の卓球界を牽引。これにならい、今回契約を結んだ3歳の平鈴莉空ちゃんを育成していくそう。近所の知っている子の成長をみんなで見守っていくような、そんなイメージですね。

    サキドリー2018年10月1日 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』大型で強い台風24号の影響で、JRや私鉄など在来線が「計画運休」した首都圏。 今朝は運転再開が遅れたり、線路に住宅の塀や木が倒れるなどして通勤・通学の足が大きく乱れました。 気象予報士の伊藤佳子記者が解説。

    台風24号のあとを追うように、台風25号がすでに強い勢力で接近中。今週木曜~金曜にかけて沖縄に...と見られています。

    サキドリー2018年10月1日 (5).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、モーニング娘。の元メンバー 吉澤ひとみ 被告の芸能界引退のニュースを取り上げました。

    サキドリー2018年10月1日 (6).jpg

    【今日の1曲】 俺たちに明日はある/SMAP

  • 第390回:ふるさと納税を考える

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「スタートから早10年、ふるさと納税は誰のためのもの?」。

    2008年4月にスタートしたふるさと納税制度ですが、近年は地元を応援するという趣旨から外れ、返礼品が高額の自治体に多くの寄付が集まるという問題が浮き彫りとなっています。この問題に対して、野田総務大臣は以下のような方針を打ち出しました。

    ●調達費用は寄付額の3割以下にする

    ●返礼品は地域に関係のある産品に限る

    この法規制に対し、見解を出したのが2017年度の寄付金が135億円とトップで、返礼の割合が5割という大阪府泉佐野市。野田総務大臣の方針について「変える用意はあるが、なぜ3割なのか。また、地域の産品に限るというが、それでは産品がない自治体との格差が大きくなるではないか」と意見を述べました。


    神戸大学大学院 保田隆明さんによると、少子高齢化が進む中でどのようにふるさと納税をきっかけに訪問してもらう機会を生み出すかが今後の課題だとし、一度だけの納税ではなく、関係性を持続し、ファンを作ることが大切だとしました。これを受けて荻原さんは「親の見守りをふるさと納税の返礼品にするのはどうか」と提案。内容は、地元にいる親を見守って報告してくれるというもの。これなら子供世代は地元への納税のきっかけになるし、地元では見守りの雇用が生まれるのではないかと地域問題の改善にもなるアイデアでした。



    『きょうのナマチュウ』は、「知事選まであと2日! 沖縄県民の選択は?」。

    いよいよ30日に迎える投開票日を前に、県を二分する激しい戦いを繰り広げられています。琉球新報の知事選取材班キャップ・滝本匠部長に佐喜眞淳候補と玉城デニー候補、両陣営の終盤の動きを伺いました。

    佐喜眞候補は、「県民の暮らしが最優先」を掲げ、普天間の危険性除去を打ち出している状態。対して、玉城候補は「新時代沖縄を!」を掲げ、翁長前知事の後継人であることを前面に出すことで弔い合戦を打ち出しています。今回の選挙は県民も大きな関心を寄せていますが、大物議員が続々と応援に入っているため県知事選挙を超えた国政にも関わる選挙となっています。週末は台風も近づいてきており、それが投票率にどう影響するのか注目です。



    20180928_2

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「米アマゾン、NYに新型店舗 ~『4つ星』以上の商品販売」。

    アメリカのアマゾン・ドット・コムは、ニューヨーク・マンハッタンに実店舗「アマゾン 4─Star」を新規出店しました。ネット上でユーザーから星4つ以上の高い評価を集めた商品ばかりを集めているのが特徴で、保留にしていたものを実物を見ることで購買に繋げるというメリットがあります。

    今後は、バーチャルとリアルをうまく使って販売に繋げることが大切としています。



    20180928_3

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「日銀の発表は『本日は、お日柄もよく』と同じ!?」。

    日銀の金融政策決定会合で発表されている言葉「景気は緩やかに拡大している」。荻原さん曰く、「5年半ずっと言っているけど、それなら今頃景気は倍くらいになっているのでは!?」と予想。しかしそんなことはなく・・・。そのとき感じたのが、結婚式などのスピーチで恒例の「本日は、お日柄もよく」。実は雨が降っていても、台風がきていても使える言葉だそうで、「緩やかに拡大と一緒だね」とコメント。皮肉が効いてます(笑)



    20180928_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、長谷川太アナウンサー。お伝えするのは「駅伝シーズン間近! 出雲駅伝の展望」。

    10月8日に行われる出雲駅伝に向けて、青山学院大学の原監督がメンバーや意気込みを発表。どのようなレースになるのか長谷川アナウンサーが解説しました。



    20180928_5

    『ニュースパレードアネックス』は、台風24号の最新情報。

    沖縄県知事選への影響も気になりますが、関東の予想も佐藤圭一記者が解説。30日から1日までが要警戒で、まだ風が弱い今のうちに植木鉢や自転車など、外にあるものは飛ばないように対策が必要です。



    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    株式会社ファーマフーズの黄英晴さんにお話を伺いました。ファーマフーズでは、食品から健康に役立つ有用な成分を見つけて抽出し、医薬品のように人々の健康や美容に役立つ研究、開発を行っています。

    今回は、たまごから発見されたヒアルロン酸の生産を高める「iHA」という成分を効率よく摂取できるサプリメント「タマゴサミン」を紹介して頂きました。



    【今日の一曲】 平和の琉歌 / サザンオールスターズ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

    来週月曜日はラジオ沖縄のスタジオから斉藤一美と、スペシャルコメンテーターで沖縄県知事選挙を振り返ります。

    スペシャルコメンテーターは、文筆家の古谷経衡さん、政治ジャーナリストの安積明子さんです。

  • 第389回:加害者家族の過酷な現実

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、加害者家族が直面する過酷な現実に迫り、支援のあり方を考えました。

    まず、電話を繋いでお話を伺ったのは、 加害者家族を支援するNPO法人「ワールド・オープン・ハート」の理事長で、 これまでに1300件以上の相談を受けてきた、阿部恭子さん。

    寄せられる相談は殺人を犯した人の家族からが最も多く、100件以上にも及ぶといいます。

    「家族への影響は孫の代まで続き、結婚するとき、 祖父の犯歴が問題になるのでは、と心配する孫から相談を受けたことも。加害者家族の40%が結婚が破談になっていたり転居を迫られる。」など、理不尽な状況を話してくださいました。

    経済的に困窮するケースも多く、 近づいてきた宗教団体や霊媒師から高額な請求をされるケースも報告されているようです。

    西村志野記者は新橋で街の声をレポート。 「罪を犯した本人だけでなく、その家族まで社会的制裁を受けること」について、 「家族は関係ない」「気の毒だ」という声がほとんどでしたが、「被害者のことを考えると...」と、ハッキリ言いきれない方も多かったということでした。

    「再犯防止」「自殺防止」のためにも加害者家族の支援が必要という考えを示してくれたのが、 刑法学者で九州工業大学の名誉教授、佐藤直樹さん。

    実名報道を避け、匿名とまではいかなくても容疑者をつけずに敬称で呼ぶなどの配慮や、「ワールド・オープン・ハート」のような組織をもっと作る必要があると語ってくださいました。



    『きょうのナマチュウ』は「高校生の模擬選挙から学ぶ、一票の重み」。

    今週末30日に投開票が行われる沖縄県知事選挙を前に、今日「クラーク記念国際高等学校 千葉キャンパス」で行われた模擬選挙を取り上げました。

    ▼細木美知代記者が模擬選挙の模様をレポート。選挙権の年齢が18歳に引き下げられる前の2015年から、実際の選挙に合わせて複数回、模擬選挙を行ってきたというクラーク記念国際高等学校。

    模擬選挙20180927 (6).jpg
    ▼投票をする前に事前のグループ学習が行われます。候補者のプロフィールや政策、選挙公報や新聞記事をもとに議論。

    模擬選挙20180927 (2).jpg

    ▼投票には、実際に選挙で使用している投票箱を借りてきているそうです。

    模擬選挙20180927 (3).jpg

    ▼3年生67名による投票。自分たちの模擬投票結果と、実際の選挙の結果を比較する事後学習も行っているとのこと。

    模擬選挙20180927 (4).jpg

    模擬選挙に参加した3年生(18歳)の生徒お2人に話を聞きました。

    むらまつともひろさんは「自分がいかに選挙に興味がなかったか気付けた。」、まつながりかさんは「候補者がどのような政策を考えているのかを重視して投票先を決めた。」と、それぞれ感想を話してくれました。

    模擬選挙20180927 (1).jpg

    模擬選挙の担当・野口哲史先生は、「18歳で選挙権を与えられても他人事。そうではなく、いかに当事者意識を持たせられるか。将来の一票に繋がると思っている。」

    政治的中立性、公平性を保つためには「投票先をどうやって選べばいいのか、どう考えればいいのかだけを教えて、あとはグループ学習で生徒自身に考えさせる。」ということでした。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、犬の頭部の腫瘍を摘出し、3Dプリンターで作成した頭蓋骨を移植したというニュース。

    手術してから半年、がんは再発しておらず、手術に成功したとみられているということです。 動物にこうした手術が行われるのは初めてですが、すでに人間のあごの骨や脊椎の復元には3Dプリンターの技術が用いられています。

    サキドリ20180927 (2).JPG

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    テーマは「性被害者の心の傷には時効はない」

    ある芸人の16年前の淫行報道を別のある芸人が「古い話」と擁護したこと、「16年前の話かよ」などネット上の反応がひどいことを受け、「淫行の時効は現在3年だけれども、性被害は言えるようになるまで10年~20年かかる」「それを世間の人は知らないのだろうが、被害者の人が責められてしまう風潮は危険」「未成年への淫行の時効は20年か、時効をなくしてもいいぐらい」と話してくださいました。

    サキドリ20180927 (3).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は松島茂 アナウンサー。 西武ライオンズ・松井稼頭央選手の引退会見、そして今日からメットライフドームでの大詰めの3連戦「首位・ライオンズ」と「2位・ホークス」の直接対決について、今夜の文化放送「ライオンズナイター」解説を務めてくださる名球会の山崎裕之さんにお話を伺いました。


    『ニュースパレードアネックス』安倍総理大臣はアメリカのトランプ大統領との会談で、2国間による「日米物品貿易協定」の締結に向けて関税協議を含む新たな通商交渉に入ることで合意しました。

    この合意について、清水克彦デスクが「安倍さんとトランプさんで一つの果実を分け合ったかたち」と解説。協議中はアメリカ政府が自動車への追加関税は発動しないことで一致、当面は回避したことになります。

    サキドリ20180927 (4).JPG

    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』は、来月末10月27日(土)に行われる 東京都健康安全研究センターの施設公開・ラボツアーをご紹介。

    サキドリ20180927 (1).JPG

    【今日の1曲】 YES MY LOVE/矢沢永吉

  • 第388回:安倍総理が背負う大きな課題

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマ「ニューヨークを舞台に動く日米貿易問題そして北朝鮮問題。 」

    日米貿易交渉と北朝鮮問題、まずはスタジオで竹田有里記者が概要を整理。

    saki20180926 (1).jpg

    日米貿易問題について、GATTやEU日本政府代表部などでの勤務経験もある慶應義塾大学の渡邊頼純教授のお話では、自由貿易協定でない限り、日本がアメリカにだけ低い関税を課すということは出来ない。TPPの離脱をはじめとし、今回全部アメリカの勝手な言い分で、安倍総理もとやかく言われる筋合いはないと分かっているので押し切られることはないだろうと解説。

    北朝鮮問題については静岡県立大学の奥薗秀樹准教授に伺いました。

    米朝首脳会談も2回目が行われるとなれば、秋の中間選挙前に成果を誇示したいトランプ大統領の思惑、それに対し足元を見てくるであろう北朝鮮。米朝双方が少しづつ歩み寄って最大限のものを引き出していくということになるだろうとのことでした。


    貴乃花部屋ー20180926 (2).jpg

    『きょうのナマチュウ』テーマ「貴乃花親方、引退届を提出。今後の展開は...。」

    今のところ引退届は受理されていませんが、今後どうなるのか。貴乃花親方が抜けた後、日本相撲協会はどうなるのか。この問題の行方をサキドリしました。

    貴乃花部屋前には西村志野記者。

    午後2時40分頃、千賀ノ浦親方、そしてその後、弁護士が部屋に入り、貴乃花親方と3人での話し合いに臨んだようで、午後3時半過ぎに部屋から出てきた千賀ノ浦親方が若い力士を受け入れる書面に捺印したことなどを伝えてくれました。

    貴乃花部屋ー20180926 (1).jpg

    貴乃花親方が引退届を出したこと、 街の方々はどう受け止めているのでしょうか。

    細木美知代記者が有楽町で聞いたところ、「残念」「どっちもどっち」「かわいそう」「雲隠れはまずかったんじゃないか」と、擁護する声が多いもののまったく貴乃花親方に非がなかったとは言い切れないという結果。ただ、協会への不信感は大きいようでしたね。

    お電話を繋いだスポーツライターの小林信也さんは「貴ノ岩の暴行事件がことの発端で、その後どんどん貴乃花親方に攻撃が集中...という感じで、パワハラと思って当然と思う。結果として貴乃花親方を追い出してしまった。場所を運営することが大事なのではなく、相撲という文化を継承することが大事なのに、もう未来は感じられない。」とお話してくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「AIが描いた肖像画、ニューヨークで競売に」というニュースをピックアップ!

    これはAIが実在する絵画1万5000点を学習し、フランスの実業家たちと制作したもの。「エドモンド・ベラミーの肖像画」というタイトルのなんとも味のある絵画に、スタジオの皆さんも思い思いの感想を言い合っていました。

    saki20180926 (3).jpg

    コメンテーターは文筆家の古谷経衡さん。

    今日の『オピニオン』は「『新潮45』休刊にもの申す!」です。

    杉田水脈議員が、LGBTの人々を「生産性がない」などと書いた文章を掲載し、10月号では杉田議員を擁護する特別企画で、さらなる批判を浴びている『新潮45』について語り下ろしました。

    2~3年ほど前、初めて古谷さんが書いた文章が載った『新潮45』を見返してみたところ、連載類は極めてまっとうで、特集が極めて危ういという二重構造になっていることに気付いたという古谷さん。

    1番の問題となっている文藝評論家・小川榮太郎氏の論文を読んでみての数々の疑問を挙げ、連載しているまっとうな人たちの言説の場まで奪ってしまうのは本当に残念だと語りました。

    saki20180926 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 飯塚治アナウンサーが取り上げたのは、日米通算25年の現役生活に別れを告げることになった松井稼頭央選手について。

    昨年12月に古巣である西武ライオンズに復帰、かつての背番号「7」で今シーズンを迎え、10月には43歳になる球界のレジェンドが引退発表。明日、会見が行われるということです。

    saki20180926 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 茨城県東海村にある日本原子力発電の東海第2原子力発電所が再稼働の前提となる審査に正式に合格しました。原子力規制委員会 更田委員長の記者会見を取材した伊藤佳子記者が会見音声を交えて伝えてくれました。

    更田委員長は「問題ない」と話していましたが、問題山積、極めて不透明な先行きです。

    saki20180926 (5).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、 眠っている間に音と匂いで記憶力を高める脳科学というお話。

    昼間覚えたことを寝ている間に音と匂いで脳に定着させるというもので、たかよし先生の一押しは、

    「昼間、コーヒーを飲みながら暗記」⇒「夜、コーヒー豆を入れた瓶を側に置いて眠る」⇒「起きたらその豆を挽いて飲む」だそうです。

    【今日の1曲】 How Deep Is Your Love ~愛はきらめきの中に/The Bee Gees

  • 第387回:タトゥー、民駐、貴乃花...

    『ニュースオフサイド』ラグビーW杯 日本大会の出場選手に、公共の場ではタトゥーを隠すよう、国際統括団体が要請していたことが分かりました。そこで今日は、タトゥーを巡って、今後はどのように対応していくのか考えました。

    まずお話を伺ったのは、タトゥーや入れ墨に関する著書を出されている、都留文科大学教授で文化人類学者の山本芳美さん。

    日本はやくざ映画が流行したことで「やくざと言えば彫り物」というイメージが強く、どうしてもネガティブな印象になってしまいますが、海外でのタトゥー人口は成人のおよそ20~25%。もちろんキッパリと嫌っている方もいるものの、タトゥーが入っていることが前提で社会がまわっているのも事実だそう。

    山本さんは「こういうポリシーで【うちはOK】【うちはお断り】といった区分をハッキリと情報発信していくことが重要」と日本での今後の対応についてお話してくださいました。

    さて、大分県の天ケ瀬温泉では、タトゥーを隠したり、宗教上人前で肌を出せない人なども利用できるよう去年9月から「湯あみ着」を導入。

    大分県日田市観光協会 事務局長 木下周さんによると、天ケ瀬温泉は川沿いの混浴露天風呂ということで、多くの女性から「周りから丸見えなのが恥ずかしい」という声があがったのがきっかけで「湯あみ着」を導入したそうなのですが、女性だけではなく、男性には腰巻タイプの「湯あみ着」もあり、今では外国人観光客にも喜ばれているということでした。

    西村志野記者20180925 (2).jpg

    街の皆さんはタトゥーについてどんな印象を持っているのか、西村志野記者が六本木で聞きました。

    「オシャレだから入れてみたい」「ピアスと同じような感覚」「自分で決めて入れているならいいのでは」という方もいれば、「一旦付けたら消せないのによくやるなぁ」「家族が入れると言ったら全力で止めます」という方も。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「民泊ならぬ、民駐が今アツイ!」
    使われていないモノやサービスなどを個人の間で共有・交換して利用するシェアリングエコノミーに注目が集まっています。 今日は「民駐」=駐車場シェアリングを取り上げました。

    業界最大手のakippa株式会社 広報グループ 石川絢子さん、akippaのオーナーである黒岩優さんにお話を伺いました。

    akippa20180925.jpg

    akippaは、個人と個人の間でも簡単にスマホやパソコンで駐車場の貸し借りができるサービス。停めたいエリアを検索すると駐車場の位置と料金などの詳細が出てきます。30日前から予約ができ、コインパーキングのおよそ8割程度で停められるということで、現在の会員数は90万人!

    利用者数に対し、まだまだ登録駐車場が足りていないのが現状で、最近では個人の家だけでなく、「ニッポンレンタカー」がレンタカーを貸し出している間の駐車場を、「スーツのAOKI」では利用が少ない平日、空いている月極駐車場なども登録されているそう。

    オーナーである黒岩さんのご自宅は、阪神甲子園球場から5分ほどの場所。車2台分のスペースをこのakippaで有効活用しています。「野球があればだいたい埋まる。最初はどうかなーと心配もあったけど、お客さんの質が良く、ゴミも置いていかないし、出入りも気を遣って静かにしてくれる。」とお話してくださいました。

    余っている「空きスペース」を利用したビジネス、民駐のほかにはどんなものがあるのか調べてくれた佐藤圭一記者。

    自宅を利用して荷物を預かるトランクルーム、空いている倉庫やパーティー会場を撮影場所に活用したり、スポーツが出来る運動場を貸し出しているなんていうものも。

    また、最近ではカーシェアリングも、車の中で仮眠をとったり、仕事の電話をしたり、暑さ寒さをしのぐ「空きスペース」としての使い方をされる方が多いのだとか。意外ですが、確かに使えますよね!

    さきどり20180925 (2).JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、今日午後入ってきた「貴乃花親方が日本相撲協会に退職届を提出」というニュース。 貴乃花部屋前で取材中の石森則和記者に繋ぎ、現在の様子をレポートしてもらいました。

    さきどり20180925 (3).JPG

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』では「持続可能な社会へ」と題し、CO2削減の観点から投資を控え始めた国がある石炭火力発電所の建設・融資という点で、世界から非難されている日本の現状を語り下ろし。

    これまでの日本は様々な技術で、環境対策をクリアしてきたのだから、もっとグローバルな視点・発想を持ってやらないと国として生き残れないところにきているのではないかというお話でした。

    さきどり20180925 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は土井悠平アナウンサーです。

    優勝目前のカープ!お好み焼き店で盛り上がる関東カープファンの昨日の様子を伝えてくれました。 「広島お好み焼き Big-Pig 神田カープ本店」では、カープ戦全試合を放送。連日通い詰めて応援する方もいらっしゃいましたね!

    さきどり20180925 (10).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 大相撲の貴乃花親方が今日、日本相撲協会に退職届を提出。貴乃花親方は六本木ヒルズで午後5時から記者会見。 会見場から松島茂アナウンサーが、この時間までに分かったことなどをレポート。

    貴乃花親方会見 (2).jpg

    報道陣200人、テレビカメラ30台、中は人の行き来が難しい状態。
    会見はこの後も続き、番組エンディングでも会見の模様をお聞きいただきました。

    貴乃花親方会見 (1).jpg

    【今日の1曲】 万里の河/CHAGE&ASKA

  • 第386回:米中貿易戦争の影響

    三連休の最終日ですね!今日のSAKIDORI!は、ボートレース生中継の関係で、一部内容を変更してお送りしました。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマ「アメリカと中国の貿易戦争、泥沼化。」

    日本時間の今日午後1時過ぎ、中国に対し、第3弾となる制裁関税を発動させたトランプ大統領。今日はその影響を、産経新聞論説委員で「本当の中国を知っていますか」などの著書で知られる山本秀也さんをスタジオにお迎えして、探りました。

    オフサイド20180924 (3).JPG

    山本さんのお話では、トランプ大統領の中国に対するこの頑なな姿勢は「ひとことで言うなら知的財産権の侵害が大きかった。ただトランプさん自体の考え方はアバウト。裏に構えているピーター・ナバロやロバート・ライトハイザーたちが中国に対して積年の恨みを晴らすなら今だと動いている。」のだそうです。


    清水克彦デスクは、アメリカと中国の報復合戦でのアメリカ国民への影響について、ワシントン在住のジャーナリスト・笹栗実根さんのレポートを交えて解説。

    アメリカは「車を買うなら年内!」、ハロウィーンやクリスマス商戦は冷え込むのではないかとの見方で、「結局はアメリカ国民につけがまわってくる」と懸念しているようですね。

    オフサイド20180924 (1).JPG

    「"戦争"というのは結局、指令を出している人は痛手を負わずに、一般の人たちが苦しむ。」と健康社会学者の河合薫さん。

    -saki20180924- (4).jpg

    この米中貿易戦争、山本さん曰く「落としどころはない」ような状況です。

    日本としては、今こそ褌を締め直してしっかりと自分の足で立ち、きっちり主張を曲げないことが大事だというお話でした。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「オリンピックのボランティア、あなたは参加しますか?」

    明後日26日から始まる、東京オリ・パラのボランティア募集。

    合計で11万人を募集するということですが、まずは佐藤圭一記者が応募条件などを整理。

    組織委員会が募集する【大会ボランティア】は、休憩・待機時間を含めた1日8時間程度の活動で、日数は10日以上を基本。東京都が募集する【都市ボランティア】は休憩時間を含み1日5時間程度の活動で、日数は5日以上。また、どちらも説明会や研修及び活動期間中における滞在先までの交通費及び宿泊代は自己負担・自己手配。遠方に住んでいる方にはかなりの負担になりそう...。

    圭一さん-20180924 (3).jpg

    西村志野記者は、早稲田大学で学生たちの声を取材しました。

    「経験になるから」「楽しそうだから」「やってみてもいいかな」と言う方、「短期募集にした方がいい」「お金をもらえないのはちょっとずるい」など意見は割れていましたね。

    -saki20180924- (5).jpg

    さて、今回のボランティアは原則無償。こうした状況に対し、「問題があるのでは?」と発信されている方がいます。お話を伺ったのは、角川新書から「ブラックボランティア」を出版されたノンフィクション作家の本間龍さん。

    大きな問題は2つ。1つ目は「1日〇時間、〇日間以上などの条件を出してくる時点でこれはもう"仕事"。なのにお金が出ない。」2つ目は「ボランティアは労働基準法の管轄外になるが、もし重傷者や死者が出た場合、責任は誰が持つのか明確にされていない」

    本間さんは「そもそもボランティアは「志願する・志願兵」という意味で「無償」ではない。これまでよりも多い50社ものスポンサーが付いているのに資金不足ということは絶対にない。災害時のボランティアは公共の福祉・公益に貢献するもので利潤追求が目的ではないが、オリンピックは商業イベントであり、組織委員会は莫大な利潤をあげている。アンフェア!」とお話してくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「ニューヨーク公立図書館で、ネクタイやカバンの貸し出しスタート」というニュースです。

    アメリカでは就職や起業をサポートする公立図書館が多く、パソコンの使い方や履歴書の書き方、職探しの方法まで日常的に講座を開催。 就活グッズだけでなく、釣り道具や3Dプリンターを貸し出すユニークな図書館もあるのだとか。

    -saki20180924- (1).jpg


    16時30分~16時55分まで「ボートレースライブ 第5回ヤングダービー優勝戦実況中継」をお送りしました。


    『ニュースパレードアネックス』 町田市の高齢者施設で、入所者の関初枝さんが殺害された事件。発生から3日が経った今も容疑者は浮上していません。 警視庁キャップの新岡瑞佳記者によりますと、室内には物色したような跡があったにもかかわらず、貴金属・財布などは残されたまま。中庭に面した掃き出し窓のカギが開いていたそうですが、ここには防犯カメラなし。何かなくなったものはないかなど、慎重に捜査が進められています。


    『芸能アラカルト』では、明日25日(今夜ですね!)、文化放送「走れ歌謡曲」スペシャルパーソナリティーを担当するSKE48 須田亜香里さんについて、一緒にお仕事もされていて、「須田さん推し!今回は投票もしました!」という山田美保子さんが熱く語ってくださいました。

    -saki20180924- (3).jpg

    そして、もうひとつ。作曲家・平尾昌晃さんの三男・勇気さんが、平尾さんの再々婚した女性に対して法的措置をとった話題についても。明日一時からの会見で色々語られるということです。

  • 第385回:笑って健康に!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「笑う門には福来たる ~ 笑いがもたらす効果」。

    笑いが重要な要素となっているのが、人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」。今年は昭和伊南総合病院内科診療部長兼消化器病センター長の堀内朗さんが受賞し、日本人は12年連続の受賞となりました。


    堀内さんにお話を伺うと、「第一報はイタズラかなと思った」といい、この研究を通じて、苦痛の少ない検査方法が発展し、大腸がんの発症が0になるようにしたいと医療の発展を願いました。

    20180921_2

    そして、実際にお笑いを医療に取り入れている大阪国際がんセンターの宮代勲さんは、患者はもちろん医療従事者の身体的、精神的負担の軽減に繋がる「支えの役割」も笑いは大いに効果が期待できるとしました。



    『きょうのナマチュウ』は、「郵便局も参入する、終活サービス最前線!」。

    高齢化に伴い「教えてほしい」というニーズに合わせた新サービス。地域に密着していて、信頼感もあり、年金の受取口にもなっている郵便局の特性と生かしたビジネスです。

    日本郵便と連携してサービスを提供するのが株式会社 鎌倉新書。代表取締役の清水祐孝さんは「元々、ネットを中心に終活サービスを紹介してきたが、ネットを使わない高齢者には郵便局でサービスが受けられるのは大きなメリット」と話します。

    20180921_3

    街の方に話を聞いたのは佐藤圭一記者、身内が亡くなって苦労している様子を見ているから迷惑かけたくないという若い方の意見や、デジタル遺産など個人にしかわからないことはきちんと片づけたいと意識が高い中高年の声などを届けてくれました。



    20180921_4

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「NY電車内ひげそり男、その後・・・」。

    月曜日のこのコーナーでお送りしたアメリカの電車内ひげそり男の続報を紹介。その後、男性の素性がわかってきて、兄弟とその家族に少しでも見苦しい姿を見せたくないという思いから来た行動と知ると、批判的な意見も一変! 応援コメントが増えたそうです。



    20180921_5

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「保険の入りすぎはおやめなさい!」。

    国立がん研究センターの調査によると、2014年にがん患者は87万人であると発表されていて、今年末には100万人に達するのではと言われています。そこで考えるのががん保険、しかし医療保険を知っていれば余計な医療保険の必要はないかも!? 荻原さんが高額療養費制度について教えてくれました。



    20180921_6

    『SAKIDORIスポーツ』は、土井悠平アナウンサー。お伝えするのは「一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構の代表理事・奥村武博さん」。

    プロ野球出身者で初めての公認会計士になった奥村さん、スポーツ界でアスリートとしてのキャリアとは別にもう1つ軸を持つ「デュアルキャリア」という考えを浸透させ、スポーツ選手の人生を通したキャリアを豊かにすることを目標にしています。



    『ニュースパレードアネックス』は、吉田涙子記者が取材した町田市の高齢者施設で起こった殺人事件の最新情報をお送りしました。



    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    株式会社 財宝の徳留まゆみさんから、ミネラルウォーター「天然アルカリ温泉水 財宝」をご案内頂きました。

    20180921_7

    携帯に便利な500mlが、1本約48円ととってもお得! 桜島のふもと地下1000mから湧き出る温泉水なのに軟水だから大変飲みやすく、お茶やコーヒーの味もまろやかになり、ご飯にもぴったり! また、焼酎の水割りにもよくあうと好評です。



    【今日の一曲】 September / Earth, Wind & Fire



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第384回:自民党総裁選、安倍総理3選、石破氏善戦。

    今日の『ニュースオフサイド』は、「安倍総理の3選」、「石破元幹事長が善戦」という結果となった自民党総裁選挙を取り上げました。


    国会担当の山本カオリ記者はまず、「石破元幹事長は笑顔、安倍総理は悔しそうな表情」と、結果が出た後の対照的な表情を伝えてくれました。

    また、「総裁選が健全なかたちで行われたのか、それが今後の課題」とも話していました。

    気になる閣僚や党役員の人事については、早ければ来月1日。これからの3年間は安倍総理の集大成となるため、印象が大きく変わる人事はないだろうとの見通し。

    サキドリーー20180920 (1).jpg

    電話を繋いで話を伺ったのは、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の西田亮介准教授です。

    総選挙における安倍総理と石破元幹事長のSNS活用法については、「安倍総理の方が動画の長さやテロップの入れ方などSNSを活用してのアピールが上手い」。

    今後、メディアが注意すべきことについては、「政治家が発信したいことと国民の利益は必ず合致しない。それを上手く咀嚼するのがメディアの役割になる」とお話ししてくださいました。


    「きょうのナマチュウ」は『東京ゲームショウにみる、eスポーツの今とこれから』。

    西村志野記者が、今日から幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2018」の会場からレポート。

    サキドリーー20180920 (9).jpg

    今回、充実しているのは「eスポーツ」関連の展示であることをおさえたうえで、個人的に気になった展示を紹介。

    今回が初出展だという、eスポーツ専用のメディカルトレーナーチームの「眼精疲労マッサージ」。

    実際にマッサージを体験した西村記者は「ゲームショウでまさかマッサージを受けられるとは思わなかった」とうれしそうに話していました。

    サキドリーー20180920 (11).jpg

    25年以上シリーズが続いている「ぷよぷよ」についてお話してくださったのは、セガゲームスの井上茜さん。シンプルで、対戦も楽しい「ぷよぷよ」。多くのeスポーツイベントの競技種目としても採用されているんですよ。

    サキドリーー20180920 (12).jpg

    そのほかにも、ゲームをするとき用の椅子の展示など、ありとあらゆるゲームに関するコンテンツが目白押し!西村記者ももっともっと紹介したいところがあったけれど、時間が足りなかった様子。

    サキドリーー20180920 (7).jpg

    完全給料制のプロゲーマーチーム「ZOO Gaming」のオーナー、中田博昭さんには、eゲームが日本でいまひとつ盛り上がらない理由を聞きました。

    理由としては「これまで海外のように高額の賞金が出せなかったこと」と、「世界で人気のあるeスポーツ向きのゲームが日本で普及してこなかった」を挙げていました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、アマゾン・ドット・コムがレジなし食品店『アマゾン・ゴー』を急拡大か?というニュース。

    2021年までにアメリカ国内で3000店に拡大する方針だと、現地メディアが伝えています。

    ただ、一方でスウェーデンやオランダは現金決済を好む傾向があるので、今後は私たちも使いやすい方を選択できるようになると良いですよね!

    サキドリーー20180920 (8).jpg


    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんが語り下ろした、今日の『オピニオン』は「樹木希林さんに学ぶ、がんとの向き合い方」。

    「全身がん」であることを公表していた女優の樹木希林さんの死去を受けて、"がんとの向き合い方"についてお話ししてくださいました。

    「がん治療で苦しむのは抗がん剤の影響が大きく、樹木さんは、抗がん剤治療は受けず、体への負担が少ない放射線治療だけを受けていた」としたうえで、「自分の体が楽で長く生きられる方法を選択し、最後まで女優人生を全うした」と話し、樹木さんのがんとの向き合い方を評価していました。

    サキドリーー20180920 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 飯塚治アナウンサーが担当です。 10月25日のプロ野球ドラフト会議に向け、昨日、東洋大学のビック3「甲斐野投手、上茶谷投手、梅津投手」がプロ志望届を提出という話題をピックアップ! 東洋大学で臨時ピッチングコーチを務めていらっしゃるのが、文化放送の野球解説でもおなじみ、松沼雅之さん。松沼さんに、プロ注目の3投手のすごさを聞きました。

    サキドリーー20180920 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 自民党の総裁選挙が行われ、安倍総理大臣が連続3回目の当選。この時間は、石破元幹事長に投票した小泉進次郎議員の声と、総裁選の結果を街の皆さんはどう受け止めているのか取材した岡田紀子記者が伝えてくれました。

    サキドリーー20180920 (2).jpg

    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』 タカラトミーアーツから来月発売になる「ネピア 鼻セレブ」とのコラボ商品「おしゃべり鼻セレブ」をいち早くご紹介♪

    サキドリーー20180920.jpg

    【今日の1曲】 風は秋色/松田聖子

  • 第383回:投開票前日の自民党本部へ

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』は、明日投開票が行われる自民党総裁選について。今日は、コメンテーターの堀口ミイナさんもスタジオを飛び出して、竹田有里記者、西村志野記者と一緒に、自民党本部で取材にあたってくれていました。

    まずは清水克彦デスクが、石破元幹事長がどのくらい得票するかについて「220くらいまで取れたら、安倍さんとしてはやられたなーと感じるだろう。」と解説。

    sakidori20180919 (4).jpg

    つづいて、安倍陣営の動きを堀口ミイナさんがレポート。これから秋葉原で最後の遊説を行うことや明日の予定、危機感はないがどのくらい票を取れるのか気にしているなど伝えてくれました。

    かわって、石破陣営の動きを竹田有里記者がレポート。今日は都内を挨拶まわりし、このあと渋谷駅前での街頭演説、握手会などが行われるということでした。

    また、国会議員票を投じる議員の中で安倍支持にまわらざるを得ない人たちの一部で「圧勝させたくない」という声もあがっているとか。

    最後にお電話を繋いだのは、インサイドライン編集長の歳川隆雄さん。

    安倍陣営のある人は、石破氏に対してかなりの危機感を持っていたと語り、石破氏の地方票は予想より増えると見られるとのこと。安倍総理が総裁選後に求心力を高めるためには勝ち方が非常に大事になってくるが...というお話でした。


    『きょうのナマチュウ』では、波紋を呼んでいる経団連の中西会長による「就活ルール」廃止案を受け、就活がどのように変わるのかサキドリました。

    明治大学「就職キャリア支援センター」の部長 舟戸一治さんは「就活の早期化、長期化が進み、授業、サークル活動、ボランティア、留学など本来、大学生が費やさなければいけない時間が奪われる」と、学生への影響についてお話してくださいました。

    では実際に就活をする大学生は「ルール廃止」案をどのように受け止めているのか、三田で細木美知代記者がインタビュー。ルール廃止について漠然と不安に思っている学生が多いようですね。

    「就活ルール廃止」案を専門家の方はどのように受け止めているのか、千葉商科大学 国際教養学部 専任講師の常見陽平さんにお話を伺いました。

    「就活ルールは廃止にはならず、大学3年生の3月か4月に選考開始ぐらいの落としどころになると思います」と分析。また、「就活の時期は学業を阻害する時期を避けることが大事」としたうえで、春休み、夏休み、冬休みなどの長期の休みでの実施を提案していました。

    sakidori20180919 (3).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「南北首脳、合意文に署名 金正恩氏、ソウル訪問へ」。

    2日目の南北首脳会談について、毎日新聞 外信部副部長 西岡省二さんにお話を伺いました。

    sakidori20180919 (5).jpg

    コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんの今日の『オピニオン』では、「ランドセル、本当に必要?」と題して、小学生の重すぎるランドセル問題について取り上げました。

    重い子によっては10㎏近い重さにまでなっている現状。肩こりや首の痛み、腰痛などの症状を訴える児童もいます。

    「持ち帰っても家で開かない教科書ってたくさんある。【置き勉】というワードがあんまり良くない印象を与えているし、まじめな子ほど【置き勉】したらいけないって思っちゃう。文科省は【置き勉】を禁止していないし、声かけだけで終わらないで、重い教科書の代わりにタブレットを活用するとか、積極的に先生が言っていって欲しい!」と語りました。

    sakidori20180919 (6).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦アナウンサーはメットライフドームにいます!

    今夜の文化放送ライオンズナイター 解説の仁志敏久さんに、優勝を目前にしている広島カープの強さ、大混戦となっているクライマックスシリーズ進出争いについてお話を伺いました。


    『ニュースパレードアネックス』 同性カップルなどをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」を、東京・豊島区でも導入する見通しとなりました。

    渋谷区から始まった、地方自治における多様性の動きが広がっています。
    吉田涙子記者が、LGBTの方の「認められたんだって思えた。普通のことをやっと普通に出来るようになったんだ。嬉しい。」という声を交え、「パートナーシップ制度」について伝えてくれました。


    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』は、「樹木希林さんに学ぶ 末期がん患者の病院との付き合い方」というお話。

    樹木希林さんの「がんになって幸せだった」という発言が注目されていますが、実は末期がんで死を心の底から受け入れるとノルアドレナリンが出なくなり、穏やかな幸福感で脳を満たそうという傾向が出てくるのだそうです。

    ご自宅で家族に見守られながら息を引き取る、痛みを緩和する適切な医療を施す、この2つの条件を満たすのが訪問診療だということでした。

    sakidori20180919 (7).jpg


    【今日の1曲】 雨のち晴れ/Mr.Children

  • 第382回:北海道胆振東部地震の現状と「エフエムなかそらち」

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    北海道地震で損傷した苫東厚真火力発電所1号機が今日再稼働。地震のその後と、「エフエムなかそらち」パーソナリティにお電話を繋ぎました。

    まずスタジオでは、北海道胆振東部地震の現状を佐藤圭一記者がまとめて。現在、物資は足りているため、義援金やふるさと納税、ボランティア活動で支援を...というお話でした。

    地震が発生してから、すぐに現地取材に入っていた佐藤記者は「地震直後が1番苦しいと思っていたが、取材して避難生活が長引くほどストレスになる」と感じたそう。

    サキドリちゃん20180918 (2).jpg

    さて、今回の地震によって北海道全体が停電で暗闇に包まれる中、滝川市にあるコミュニティーラジオ局「エフエムなかそらち」では、地震発生から36時間半、地元のライフライン情報や生活情報を伝え続けました。

    お話を伺ったのは、パーソナリティの"さき"さん。

    揺れよりも停電の被害が大きく、夜になって若い人から「暗くて怖い。音楽をかけて欲しい。」「ずっと聞いています。」などメールが多数寄せられたそうです。DA PUMP「USA」をかけた時にかなり反響があったこと、「皆さんの声に励まされた」「元気が出た」という聞いてくれていた方の声を聞いて、逆にこちらが勇気をもらえたことなど当時の様子を振り返って語ってくださいました。

    "さき"さん含め、たった3人でなんとかローテーションを組み、地元の情報を集められるだけ集めて正確かどうかを精査して伝え、乗り越えたということでした!


    『きょうのナマチュウ』テーマ「自転車 を安全に乗るために。」

    「自転車の安全利用促進委員会」によりますと、群馬県内の高校生1万人あたりの自転車事故の人数が、2014年から3年連続で全国一高くなっていることが分かりました。 今日はこうした自転車事故をどう防ぐのか、安全・安心して自転車に乗るにはどうすればいいのか考えました。

    「自転車の安全利用促進委員会」メンバーで株式会社三井住友トラスト基礎研究所 研究理事の小倉宗治さんは、「群馬県は面積当たりの学校数が少ないため、自転車通学の距離が長くなり、さらに自動車保有数全国1でもあるので、自動車社会である群馬が高校生の自転車事故に繋がっていると見られる」と解説。

    歩道を通行する際の徐行走行の重要性、車道側を走ることが自転車を運転する自分の事故防止になることなどもお話してくださいました。


    続いて、お話を伺ったのは "自転車ツーキニスト"の疋田智さん。ここ20年ほど通勤で自転車に乗っている疋田さんから見ても、マナーの悪さは目に余ると言います。

    これは、自転車の乗り方を小学校の時に少しやっただけで、その後きちんと教わっていないことが原因だと指摘。最近のロードバイクブームでは、「車の免許を取らない・車を所有しない若者」が交通ルールを知らないまま自転車に乗ってしまうので危険だということでした。

    サキドリちゃん20180918 (1).jpg

    西村記者は品川で自転車を利用する皆さんにインタビュー!

    老若男女、たくさんの方が自転車を利用していますよね。自転車に乗っていて「危険」と感じたことがある方も多く見受けられました。

    身近で手軽、便利な自転車ですが、取り返しのつかない事故に繋がることもあります。今一度、「自分の乗り方は大丈夫かな?」と見返してみてください。


    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「ZOZOTOWN 運営のスタートトゥディ社長 前澤友作さんが月旅行へ」という話題です。

    アメリカの宇宙ベンチャー企業「スペースエックス」が前澤さんと月旅行の契約を結んだと発表。2023年を予定しているとのことです。皆さんは月へ行ってみたいですか?
    サキドリちゃん20180918 (4).jpg

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さんの今日の『オピニオン』。

    テーマは「やはり盛り上がらない、自民党総裁選挙」。

    昨日17日、自民党総裁選を控える安倍・石破両候補が民放キー局を行脚、改めて政治姿勢などを語りました。

    これを見て石田さんが感じた二人の論戦で面白かった部分、そして、今回の台風や震災、外交などでこの総裁選中も安倍さんのメディア露出が多かったことに関し「こういう部分でフェアだったのかな?と感じた」と語り下ろし。

    サキドリちゃん20180918 (3).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』 松島茂アナウンサーはメットライフドーム から、リーグ優勝マジック11が点灯したライオンズと3位のファイターズの対戦について、今夜の文化放送ライオンズナイター 解説・東尾修さんにお話伺いました。



    『ニュースパレードアネックス』 来月11日、築地市場が豊洲に移転するのを前に、専門店が軒を連ねる場外市場では、今日から秋まつりがスタート。来月13日まで行われるそうです。

    伊藤佳子記者がこの秋まつりの様子、そして現在の場所に残る場外市場のお店の人たちの今感じている不安の声を伝えてくれました。

    サキドリちゃん20180918 (5).jpg

    【今日の1曲】 GOING TO THE MOON/TRICERATOPS

  • 第381回:大学名変更のメリット・デメリット

    祝日ですがもちろん通常放送のSAKIDORI!です。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』のテーマは「大学が名前を変えるとどうなる?」

    2005年、石原慎太郎都知事の時代に、東京都立大学など4つの大学が統合されて誕生した首都大学東京。 2020年の4月から、元の東京都立大学に名前を戻すことになりました。そこで今日は、改名が進む大学の裏事情に迫りました。
    サキ20180917 (8).jpg
    スタジオにお迎えしたのは、大学ジャーナリストの石渡嶺司さん。まず第一に「"首都大学東京"という、石原さんのネーミングセンスがやはり少々奇妙だった。」と語り、「2020年からの改名で、公立校だということが分かりやすくなるのがメリット。デメリットとしては、名称変更に伴う手続きや費用の問題と、"首都大学東京"になる時に抵抗し辞めていった方々の心情の問題があるだろう。」とのこと。

    そのほか、石渡さんがいま注目している"京都先端科学大学"、そして改名せずとも立て直しに成功した"共愛学園前橋国際大学"についてなど、お話してくださいました。
    サキ20180917 (7).jpg

    西村志野記者は、首都大学東京・南大沢キャンパスで学生たちにインタビュー!

    大学名を説明するのに苦労している方が多く、ほとんど改名に賛成という意見でしたが、「名前を変えるのはすごいお金がかかると聞いた。クーラーの節電など日頃言われているのに、改名でお金がかかるのはどうなんだろう」という意見の学生さんもいらっしゃいました。

    西村記者20180917.jpg


    『きょうのナマチュウ』は、石破元幹事長が街頭演説と練り歩きを行った銀座からの中継を交え、自民党総裁選での追い上げなるかを、政治ジャーナリストの安積明子さんと一緒に考えました。

    今日の街頭演説も取材に行かれてた安積さんの見立てでは、国会議員票、石破陣営は「100」のぞんでいるところ、「70は行くかな?」という感じだそうです。
    地方票はというと、「まだ読めないが、石破さんが過半数とったら安倍さんには脅威となるという話もある。無記名投票なので開けてみないと分からない。国会議員票と地方票、合わせて200~250あれば、たとえ負けるにしてもポスト安倍・一番手の影響力は維持できると思う。」と解説してくださいました。

    サキ20180917 (2).jpg

    銀座からは佐藤圭一記者が、今日の石破元幹事長の街頭演説の様子や応援に駆け付けていた田村憲久議員の声を伝えてくれました。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「アメリカで話題!電車内でひげを剃る男性」について取り上げました。 この男性、電気シェーバーではなく、白く泡立てたクリームを顔に塗り横長のタイプのカミソリを使って剃っていたとか!

    サキ20180917 (1).jpg

    スタジオの皆さんも、電車内で見かけたことがある驚きの光景を発表。化粧水やパックから始めるお化粧、お刺身を食べていた、お蕎麦を食べていた...色々と聞けましたね。


    コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。

    テーマは「人生100年時代の豊かな生活」。

    100歳以上が7万人という現代社会で8割の人が「75歳くらいまで働きたい」と考えています。まだまだ長い人生、仕事だけの人生では豊かにはれませんよね。

    1日の労働時間を減らすのは心理的要因や変わらない固定費も含め難しいので、いっそのこと3連休を増やすことで、十分休めて豊かになるのでは?というお話でした。
    サキ20180917 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎 アナウンサーが取り上げたのは、バドミントンのジャパンオープンです。

    2020年東京五輪のバドミントン会場を使っての初開催。男子シングルス優勝は、桃田賢斗選手でしたね!この会場「シャトルが飛ばない」感じがあるようです。原因は乾燥。この会場に慣れることもポイントとなりそうですね。
    サキ20180917 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』韓国の文在寅大統領が、明日午前、北朝鮮の平壌を訪問し、金正恩委員長との南北首脳会談に臨みます。 両首脳による会談は、4月27日、5月26日に続いて、今回が3回目となります。 文大統領の明日からの動き、今回の会談のテーマ、韓国側と北朝鮮側の思惑などを、清水克彦デスクが解説!
    サキ20180917 (4).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』は、樹木希林さん逝去、安室奈美恵さん引退、滝沢秀明さんの今後について、盛りだくさんの内容を語っていただきました。

    サキ20180917 (5).jpg


    【今日の1曲】 林檎殺人事件/郷ひろみ & 樹木希林

  • 第380回:安室奈美恵の経済効果!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「引退まであと2日、安室奈美恵がもたらした経済効果は?」。

    25年の活動に幕を下ろす安室さん、引退発表後の経済効果は1000億円とも言われていますが、荻原さん曰く、バレンタインやハロウィンといった国民的イベントに匹敵する額なんだそうです。芸能ジャーナリストの城下尊之さんによると、ラストツアーを収録したDVD、Blu-rayの売り上げは80億円、ライブチケットは70億円、ベストアルバムは100億円と驚異的な金額を記録、さらに全国4カ所で行われている展示会では、会場限定のグッズも発売されているためファンの移動でも経済も大きく動いているといいます。

    デビュー曲「ミスターU.S.A.」を作詞した売野雅勇さんは、「出会った時から美少女でオーラがあって・・・」と特別な印象を感じており、「まるでティンカーベルのような妖精で、星をまいていた」とお話してくれました。

    気になる引退後は、城下さんの予想では、「まずは休息。その後、少しずつ何をしようか考えていくのでは」ということです。



    『きょうのナマチュウ』は、「いよいよ本格論戦スタート!どうなる自民党総裁選挙!?」。

    震災への対応や安倍総理大臣の外遊などで先送りされていた総裁選の本格的討論会が始まりました。候補者が初めて直接意見を戦わせましたが、お互いの批判は抑えている様子でかなり歯がゆい印象を受けます。

    石破氏による防災省の創設や、地方をまわってきたからこそ提唱できるきめ細かい経済政策が地方票にどのように影響するのか気になるところです。



    20180914_2

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「もうすぐ敬老の日、高齢者の事故増で注意呼びかけ」。

    製品評価技術基盤機構が高齢者による身の回りの家電事故の詳細を発表しました。死亡事故のうち、一番多いのが石油ストーブの26件、続いて電気ストーブ20件、介護ベッド関連14件となっています。

    誤った使い方に伴う事故はもちろん、家電の老朽化による事故も多発しているそうで、10年以上といった長年使っているものは要注意だそうです。



    20180914_3

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「原点に戻って 投資なんかおやめなさい」。

    カボシャの馬車問題に関係するスルガ銀行の報告書を見て、銀行内で行われたあまりにひどいパワハラに言葉を失ったという荻原さん、優良といわれた銀行がここまで落ちた原因のひとつに日銀の金融緩和があるのではと指摘します。企業への融資が厳しいとわかるとターゲットは個人に移行したといい、これにより銀行生き残りのために「投資しませんか?」という声が大きくなったそうです。



    20180914_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサー。

    今回は、辰巳出版から発売中の著書「甲子園を目指せ! 進学校野球部の奮闘の軌跡」をご紹介。この本で横浜市立金沢高校を取材・執筆したスポーツライターの大利実さんにお越し頂きました。


    20180914_5

    金沢高校は進学校のため、選手の理解を深めることが実力の向上に繋がっていったそうです。他にも練習内容など、大利さんが取材を通じて感じたことをお話頂きました。



    20180914_6

    『ニュースパレードアネックス』は、伊藤佳子記者。明日15日にラストを迎える築地市場のマグロ競り見学会を取材、レポートしてくれました。

    20180914_7

    ビブスをつけているのは、外国人観光客。残り少ない築地での見学会は大いににぎわっていました。

    20180914_8

    目の前で行われる競りは迫力満点! 国内からも競りを見ようと全国から集まっていたそうです。



    20180914_9

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    時代の最先端を行くビジネスマンに話を伺う「一美が訊く」。今日は、波力発電の実用化に取り組む沖縄科学技術大学院大学の新竹積さんにお話を伺いました。

    「波力発電」とは、生命の源である「海の波」を利用して電気を起こすこと。その装置を開発したのが新竹さんです。装置の仕組みや、実験を行っているモルディブのお話、日本での実用性などを教えて頂きました。



    【今日の一曲】 Chase the Chance / 安室奈美恵



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第379回:なおみ節、炸裂!

    テニスの全米オープンで日本選手として初めて四大大会のシングルスを制した大坂なおみ選手が、今朝、帰国し、記者会見を開きました。

    今日の『ニュースオフサイド』では、朝9時半から行われたこの帰国会見を取材した一美キャスターが、大坂選手の音声を交えてご紹介。

    さて、大坂なおみ選手といえば、全米オープンの優勝スピーチ。街の方々はどのように受け止めたのでしょうか? 

    有楽町で西村志野記者がインタビュー!「あの場でごめんなさいって言わなくちゃいけなかったのはかわいそう」「素直で可愛らしい」「偉業!」「とても日本人らしいごめんなさいだった」「大人だと思った」など色々な意見を聞くことが出来ました。

    ▼ちなみにこのポーズはテニスを表現しています(^^)

    サキドリ!20180913 (8).jpg

    長年にわたって大坂なおみ選手を取材しているフリーランスライターの内田暁さんにもお話を伺いました。

    大阪選手が16歳という、シャイで取材にも慣れていない若い頃から見続けている内田さんは、「コーチのサーシャ氏のことばかりが取り上げられがちだが、トレーニングやケアをする方など、スペシャリストが周りに揃っていて『チームなおみ』という感じ。大阪選手も今後はライバルたちからマークされるしものすごく研究される立場になる。どうやって、その包囲網をかいくぐっていくのか楽しみ。」だと語ってくださいました。

    サキドリ!20180913 (6).jpg

    『きょうのナマチュウ』テーマは「どうなる?沖縄県知事選挙」。

    翁長知事の死去に伴う沖縄県知事選挙が、今日告示され、無所属の新人4人が立候補しました。

    沖縄国際大学大学院教授 前泊博盛さんは、現在の情勢について「佐喜眞さん先行」と見ていらっしゃるそうです。次の知事が誰かによって沖縄予算に影響が出て、揺さぶりが...。そういった部分でも優勢とのこと。

    また、最近、翁長氏の奥様がインタビューに応えたことで、弔い合戦を強めてくる可能性も。

    さて、今回の沖縄県知事選挙をめぐっては、【朝日新聞の世論調査の結果、一方の候補者の支持率が、もう一方の候補者をダブルスコアで上回っている】というフェイクニュースがネット上に流れています。 こうした中、NPO団体「ファクトチェック・イニシアチブ」は、ウソか本当かを検証する「ファクトチェック」を行うと発表。

    「ファクトチェック・イニシアチブ」の事務局長の楊井人文さんにお電話を繋ぎました。

    集めた情報がウソかどうかの判断は「公開されている情報や取材などで、客観的な事実関係を調べる」そうで、「まずは、誰が誰が発信源なのか、意識する。発信源が信頼できる人だとしても、その情報に根拠があるのか、確かめるのが大事。」だとお話してくださいました。
    沖縄県知事選挙、投開票日は今月30日です。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「EUがサマータイム廃止へ」というニュースです。

    ヨーロッパ委員会のユンケル委員長が、サマータイム制度の来年からの廃止を加盟国などに提案したというもので、サマータイムは健康に悪影響を及ぼすという指摘があり、ヨーロッパ委員会が先月までに実施した世論調査では8割余りが廃止を求める回答をしているといいます。

    サキドリ!20180913 (0).jpg

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さん。

    今日の『オピニオン』では、治療にしろ、投薬にしろ、なんでもかんでも医者に言われるがままにしないで、自分で選択することの大切さを「自己決定医療のすすめ」と題して語り下ろしました。

    発売されたばかりの和田さんの新刊【病院のやめどき 「医療の自己決定」で快適人生 (朝日新書) 】もぜひお手に取ってお読みください。力作だそうです!

    サキドリ!20180913 (5).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』 飯塚治 アナウンサーが取り上げたのは、ラグビー・トップリーグの話題でした。

    明日ついに、元ニュージーランド代表の ダン・カーターが神戸製鉄の真紅のジャージで日本デビュー!

    昨年度優勝チームのサントリーとの対戦、秩父宮ラグビー場で午後7時半キックオフです。

    ▼「7時半からじゃ会場には間に合わないか...(涙)」とションボリしてしまった一美キャスター。

    サキドリ!20180913 (2).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 東京都は、築地市場の移転先となる豊洲市場で、来月11日の開場に先立ち記念式典を開きました。小池百合子知事や市場業者、産地の関係者ら約890人が出席。

    アネックス(豊洲)20180913 (2).jpg

    取材したのは細木美知代記者です。

    小池地知事は「一連のステップを経ることで、全ての関係者にとって安心、安全な市場となった」とアピール。

    サキドリ!20180913 (3).jpg

    ▼セリ場などを視察した小池都知事。

    アネックス(豊洲)20180913 (1).jpg

    ▼豊洲市場の屋上緑化広場は気持ちよい空間になっていました。

    アネックス(豊洲)20180913 (2).png


    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』では、三菱みなとみらい技術館 をご紹介しました。

    日常生活ではなかなか触れる機会の少ない科学技術を体験することも出来るということです。この3連休、お出かけになってみては?


    【今日の1曲】 No.1/槇原敬之

  • 第378回:トランプ大統領、大丈夫?

    『ニュースオフサイド』テーマ「第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ氏は大丈夫か!?」

    日本時間の今日、アメリカは同時多発テロから17年を迎えました。 相次ぐ暴露本に側近の逮捕、トランプ政権は大丈夫なのかサキドリ!

    お話を伺ったのは、朝鮮半島情勢に詳しい毎日新聞外信部副部長、西岡省二さん。

    米朝の再会談が開かれるとすれば、北から見れば1番高く売れるアメリカ中間選挙前の10月中、ワシントンDCでの開催が濃厚だろうとのこと。トランプ大統領も金正恩委員長も、それぞれの思惑で米朝関係をまとめたいと急いでいるのは確かだそうです。

    スタジオでは、アメリカ国内で高まるトランプ大統領への批判を細木美知代記者が説明。 この1ヶ月で支持率は6ポイントも下がっています。

    SKDR20180912 (1).jpg

    そして、早稲田大学教授の中林美恵子さんにもお話を伺いました。

    中林さんは先週アメリカに行っていたそうですが、トランプ批判の嵐がすごかったとか。

    「暴露本を出したボブ・ウッドワード記者の取材はすごい。きちんと録音をとっている。ワシントンでは、トランプさんがどういう人なのか人柄に疑問や不安を持たれている方も多いようだ。今、85%くらいある共和党の支持が5割を切ったら弾劾ということになり得るが、トランプさんはまだまだ強気。」ということでした。


    『きょうのナマチュウ』 スポーツ界の注目の動きを2つ、いずれも現場から中継しました。

    まず1つ目。 2020年の東京五輪が7月24日~8月9日まで17日間にわたって行われるということで、ペナントレースの中断は避けられません。今日午後2時から始まったプロ野球オーナー会議、取材したのは西村志野記者です。

    1時間半ほどの会議を終えたオーナーの方々のお話では、今日は意見を出すというより報告だったよう。

    SKDR20180912 (8).jpg

    2つ目。 ウェイトリフティング協会の三宅義行会長にパワハラ問題が浮上し、協会が対応を検討している問題。ウェイトリフティング協会がある、渋谷の岸記念体育館前には竹田有里記者が行っていました。

    朝からひっきりなしにこの件についてマスコミからの問い合わせがあり、3人の職員たちが対応に追われている状態でした。今夜9時以降に都内で行われるコンプライアンス委員会で、どういう話になるのかが注目されます。

    SKDR20180912 (6).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、郵便配達、土曜日取りやめ検討のニュース。

    郵便物の配達を原則、月曜から金曜の平日に限定し、土曜は取りやめる方向で総務省が検討していることが分かりました。人手不足や需要の縮小に対応し、日本郵便の負担を減らすのが狙いだということです。

    SKDR20180912 (2).jpg

    コメンテーター、文筆家の古谷経衡さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「日露 新時代に急げ!」というお話。

    日本とロシアの関係性で避けては通れない北方領土問題を、「歯舞と色丹を日本」「国後と択捉(それ以北)をロシア」として1956年の日ソ共同宣言の通りに、一刻も早く決着すべきだと古谷さん。

    地球儀を北から見てみた時に、今後、温暖化が進んで北極の氷がとけると、北極海を自由に行き来できるようになり地続きと同じことに。そうなった時にロシアの協力は不可欠で、新たなメリットもたくさん考えられると、理由を語りました。

    SKDR20180912 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は高橋将市 アナウンサーが担当。

    今日は 大相撲秋場所、気になるあの力士は? ということで、相撲レポーターの横野レイコさんにお電話を繋いでお送りしました。

    横綱・稀勢の里、このまま連勝を続け、気持ちが楽になれば体の硬さも徐々に良くなるのではないかとのこと。この後の取り組みでは魁聖を寄り切りでやぶって、4連勝としました!

    SKDR20180912 (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』 2020年東京オリ・パラの競技会場や選手村などで運営に関わる「大会ボランティア」の募集が今月26日午後1時からインターネットの特設サイトでいよいよ始まります。あなたは申込みますか?

    大会組織の運営サポートをする「大会ボランティア」と、大会都市・東京の顔として明るくおもてなしをする「都市ボランティア」。
    2つのボランティアに関する説明会を取材した吉田涙子記者が概要を伝えてくれました。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、「震災と大坂なおみ選手から学ぶメンタル医学」というお話をしてくださいました。

    大坂選手が苦戦している時にコーチがかけたポジティブな言葉は、いい効果になりましたが、ポジティブな言葉にも良し悪しがあるので見極めが必要なんだそうです。

    言われた方が本気で嘘だと思ったら逆効果ですし、頑張ろうと思っても今は頑張れない状態の人にポジティブな声をかけるのも逆効果!心理的に落ち込んでいる人にはポジティブな具体的事実を告げること効果的だということでした。


    【今日の1曲】 What a Wonderful World(この素晴らしき世界)/ルイ・アームストロング

  • 第377回:樋田容疑者 逃走から1ヶ月

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 

    樋田容疑者が富田林警察署から逃走して明日で1ヶ月となりますが、今も行方は分からず、捜査は難航しています。

    スタジオで西村志野記者が今日の動きを伝えてくれました。

    大阪府警は無料専用ダイヤル(0120-224-220)を設け、樋田容疑者の等身大のポスターを設置したということです。

    saki-20180911 (8).jpg

    現在の大阪の様子を伺ったのは、大阪市住吉区にお住いの上谷衣代さん。「のんきというわけではないもののピリピリはしていない」そうです。

    警察の巡回や検問は多めですが、お勤め先である大学には似顔絵などの貼紙もなく、もうひとつのお勤め先であるホテルも、お客様の見えない事務所内にのみ貼紙が。

    「少しづつ風化していっているような...」とお話してくださいました。

    つづいて、お電話を繋いだのは元大阪府警刑事で犯罪ジャーナリストの中島正純さん。正直言って捜査は暗礁に乗り上げている状態だということや、今行われている捜査内容などを解説。

    「情報の出し方に問題がある。中枢の者にしか情報が行かず、捜査員の末端まできちんと届いていない。テレビや新聞の情報を見て、やっと共有という、後手後手にまわってしまっている。」という指摘もされていました。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「エナジードリンクの飲み過ぎと、子供たちの異変」。

    エナジードリンクとは、アルギニンやカフェインなど、栄養ドリンクに似た成分が入っている炭酸飲料水。 今日は子供たちがエナジードリンクを多量に摂取することの危険性について考えました。

    エナジードリンクにハマって箱買いするほど愛飲していた佐藤圭一記者は、新宿でどのくらいエナジードリンクが飲まれているのかインタビュー。

    眠気防止に飲んでいる方、妊娠されてからは飲まなくなった方、小学生が飲んでいるのを見たことがある方、「子供たちのように体が出来上がる前に飲み過ぎるのはどうなんだろう?」と思われている方もいらっしゃいました。

    saki-20180911 (9).jpg

    去年「子どものエナジードリンク摂取に関するアンケート」を実施し、その実態を調査されたジャーナリストの 秋山千佳さんにもお話を伺いました。

    全国1096人の回答から、エナジードリンクを習慣的に飲んでいる子供が中学でおよそ25%、高校ではおよそ50%にも及んでいることが判明。

    味が飲みやすく、コンビニや自動販売機で手軽に買えるため、子供もたくさん飲んでしまうのだそうです。

    しかし、エナジードリンクには多量の、しかもコーヒーなどのカフェインとは違う「精製されたカフェイン」が入っているため、特に発達途上の子供には様々な症状が出てしまう恐れがあります。

    年齢制限を設けるなど販売上の工夫、国による規制など、今後、子供たちとエナジードリンクの付き合い方を検討すべきだと語ってくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、築地市場内の、水産や市場関係に特化した3千冊を保有する「銀鱗文庫」移転について。

    あと1ヶ月で市場が豊洲へと移転するにあたり「銀鱗文庫」もお引越しするのですが、もろもろで700万円ほどかかるとか!

    saki-20180911 (7).jpg

    火曜コメンテーター、俳優・石田純一さんの今日の『オピニオン』テーマは「盛り上がらない総裁選」!

    総裁選を前に昨日、安倍・石破両候補が所見発表を行いました。しかし、それを聞いて「それぞれの争点がいまいちよく分からなかった。」とズレを感じたという石田さん。

    論功行賞的な選び方で内閣人事をするのではなく、総裁選で戦った相手・敵だった者であっても「優秀だからこの人を使うんだ。」と政策的に選んで欲しいと、総裁選の「その先」を見据えて語り下ろしました。

    saki-20180911 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 松島茂アナウンサーがお伝えしたのは、サッカー日本代表の話題です。

    今夜、国際Aマッチ! ということで、元サッカー日本代表ディフェンダー、W杯日韓大会ではキャプテンも務めた 森岡隆三さんにお電話を繋ぎ、今夜の試合での注目すべき点や気になる選手、2022年のカタールW杯に向けて日本代表はどう歩めばいいのかなどお話していただきました。

    saki-20180911 (2).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 北海道の地震から5日が経過。世耕経済産業大臣は今日、苫東厚真火力発電所の完全復旧が11月以降になるとの見通しを示しました。

    電力供給不足の現状と地震の影響による観光客の激減など、まとめて石森則和記者が伝えてくれました。

    saki-20180911 (3).jpg


    【今日の1曲】 Heal the World/マイケル・ジャクソン

  • 第376回:北海道地震が及ぼした物流への影響

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、今月20日に投開票が行われる自民党総裁選挙について。

    今日は、安倍総理大臣と石破元幹事長 の共同記者会見の様子、国会を結んでサキドリました。

    国会で取材中の山本カオリ記者によりますと、国会議員票を固める安倍陣営は、当日になって出てくるかもしれない裏切り者のために身を引き締めている状況。無記名投票のため、最後の最後で...ということもあり得ると見ているよう。

    石破陣営は安倍批判票に期待しつつ、地方重視の地道な努力を続けています。

    勝敗はともかく、石破陣営の頼みは、国会議員と同じ405票が配分されている地方票です。

    お電話を繋いだ、石破さんの推薦人に名を連ねている三重1区選出の衆議院議員、田村憲久 元厚生労働大臣は「世論調査を見てみると、安倍さんも石破さんも拮抗している。ある程度、世論を気にしながらの投票になるのではないか。全国をまわってきて聞いてきた声、東京も含め、いろんな地域の課題に答えを出していきたいというのが石破さんの想い。」と語りました。


    『きょうのナマチュウ』 北海道を襲った最大震度7の地震で影響が出ている農産物や水産物の現状について取り上げました。

    酪農への影響はどうなのでしょうか?

    清水克彦デスクが、安平町で乳牛を飼育している小華和寛紀さんにお話を伺いました。牛たちは、ここ数日の余震にもざわついたり、停電の影響から断水状態だったこともあり、十分に飲水が出来ず、病気にもなりやすい状態だそうですが、なんとか、小華和さんのところでは出荷がスタートしているとのこと。
    また、「おいしい牛乳」などを手掛ける明治では7つの工場すべてが再開。

    さきどり!20180910 (2).jpg

    つづいて、水産物への影響を新岡瑞佳記者が。地震の起きた日は、停電で卸売市場のシステムがダウン、入札やセリは行えませんでした。8日から停電解除で物流が動き出し、ガソリンなどの影響は少々あるものの、徐々に回復し始めているので、水産物の値も落ち着いてくるだろうということでした。


    では実際、首都圏のスーパーはどうなっているのでしょうか?

    西村志野記者は、練馬区のスーパー「アキダイ」の秋葉弘道社長のもとへ。

    もともこの夏は猛暑の影響もあり、牛乳が不足気味ではあったそう。そこへ来て今回の震災です...。

    北海道産の野菜も減った、というよりも全然入ってこない状態だそう。サンマも豊漁と喜んでいた矢先、今は倍近い値段になってしまっているといいます。

    秋葉社長、「物流が落ち着くまでのしばらくの我慢だと思って、赤字覚悟でなんとか頑張っていきます!」とお話してくださいました。

    さきどり!20180910 (1).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、全国の自治体議会の現状を議長4割が「問題あり」と感じているというニュースを取り上げました。具体的には、人口減少や財政難で議員定数削減に歯止めがかからないこと、議員活動を支える事務員の増員もままならないという課題があるよう。これは何か起きた時の初動に影響も。

    さきどり!20180910 (9).jpg

    コメンテーターは、政治学者の姜尚中さんです。

    今日の『オピニオン』では、スポーツ界の光として全米制覇を果たした大坂なおみ選手をピックアップ! 彼女を指導し、ポテンシャルを引き出したセルビア系ドイツ人のコーチであるサーシャ・バイン氏の力量を素晴らしいと評価。

    一方で陰と言わざるを得ない、様々なスポーツ界の不祥事。「上の人の命令は絶対」「個性よりもみんな一緒に」という考え方は時代遅れであり、根本から変えていくことで第2、第3の大坂なおみ選手がでてくるだろうと「スポーツ界の陰と陽」を語り下ろしました。

    さきどり!20180910 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎アナウンサーがお伝えしたのは、バドミントンの話題。

    明日からジャパンオープンが始まります。今日は、世界選手権、アジア大会を振り返りながら、なぜこんなに日本のバドミントン、なかでも女子たちが強いのかを検証しました。

    さきどり!20180910 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 体操女子の宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長からパワハラを受けたと訴えた問題で、宮川選手の代理人弁護士は、調査のために決定した第三者委員会のメンバーの一新を求める文書を協会に提出。

    伊藤佳子記者がこの問題について、宮川選手の代理人弁護士でいらっしゃる山口政貴氏にお電話を繋ぎ、詳しくお伝えしました。

    さきどり!20180910 (7).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、SMAP 結成27周年、そして元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者逮捕についてお話していただきました。

    昨日、9月9日はSMAPのデビュー27周年記念日ということで、ファンの皆さんによる様々なイベントが催されたんですよね!一美キャスター、その中のひとつにおよばれしたそう。

    ▼SMAPのことを語ると、美保子さんも一美キャスターもニコニコ(^^)

    さきどり!20180910 (10).jpg

    【今日の1曲】 ずっと好きだった/斉藤和義

  • 第375回:地震、一夜明けて...

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「北海道胆振東部地震、一夜明けた被災地の現状は」。

    昨日に引き続き、厚真町で最大震度7を観測した北海道胆振東部地震の最新情報をお伝えしました。今回の地震では停電や断水に加え、道路の陥没や液状化現象も目立ちました。関東学院大学 学長の規短大義さんによると、特に液状化の被害が大きかった清田区は火山灰を多く含んだ土が原因だったと指摘、液状化で盛り上がった泥は復旧を遅らせる原因になると今後の問題にも触れました。

    そして、被害の大きい安平町や、最大震度を観測した厚真町を取材した佐藤圭一記者が現地をレポート。

    20180907_2


    20180907_3

    山崩れを起こした現場や被災者の生の声をお送りしました。



    『きょうのナマチュウ』は、「北海道地震と自民党総裁選挙」。

    今日、自民党総裁選が告示されましたが、北海道を襲った地震で両候補の討論会などにも影響が出ています。国会記者クラブから山本カオリ記者が今日の動きを伝えました。

    今回の自然災害を受け、石破さんは総裁選の延期を訴えましたが通りませんでした。

    20180907_4

    安倍さん圧勝を見られている総裁選、石破さんはどこまで迫ることができるのか、過去の一騎打ちを見ながら清水克彦デスクが解説。



    20180907_5

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「南国の人は熱中症にかからない?」。

    今年の猛暑で改めて熱中症に注目が集まりましたが、フィリピンなど南国では熱中症がニュースになることはないそうです。

    考えられる理由に、南国では猛暑になるときちんと休む習慣ができているからではないかと予想。日本人はまじめなので、猛暑の中でもいつも通り頑張ってしまうのかもしれませんね。



    20180907_6

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「総裁選なんかおやめなさい」。

    自民党は人手不足で苦しむ中小企業が喜ぶ移民政策を打ち出しているそう。日本は世界で4番目に移民が多い移民大国ですが、荻原さん曰く、今後社会保障が問題になってくるといいます。健康保険の不正利用など、大きな問題に発展する前に細かい話し合いをしてほしいと訴えました。



    20180907_7

    『SAKIDORIスポーツ』は、メジャーリーグ の話題。寺島啓太アナウンサーが9月1日から登録人数が25人から40人に拡大した「セプテンバー・コールアップ」の制度について解説しました。



    『ニュースパレードアネックス』は、今日から運行が再開された新千歳空港の国内線について。羽田空港から細木美知代記者が伝えました。


    20180907_8

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    ニュースサイト「nippon.com」編集長 谷 定文さんが国内外の経済ニュースを解説。今日のテーマは『リーマンショックから10年、金融危機は再び来るか』。

    日本経済も大きな打撃を受けたリーマンショックから9月15日で10年になります。今回は、改めてリーマンブラザーズが経営破たんした原因を解説、そして、今後の株価の暴落や金融危機は迫っているのかお話して頂きました。



    【今日の一曲】 越しに消えた夏 / 鈴木雅之



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第374回:北海道を襲った震度7の地震

    今日の未明に、北海道で発生した最大震度7という地震。SAKIDORI!も当初の予定を変更し、最新情報をお伝えしました。

    旭川空港へ飛んだのは佐藤圭一記者です。本来ならば新千歳空港着の飛行機に乗るべきところなのですが、新千歳空港はターミナルビル内で天井の崩落や漏水が発生し、終日閉鎖。

    まずは番組冒頭、佐藤記者に旭川の市街地の様子をレポートしてもらいました。震度4を記録した旭川ですが、停電で信号が点いていないところが多く、警官達が交通誘導をしているということでした。佐藤記者はこの後、被害の大きかった安平町方面へと車で向かいます。

    ▼人が交通誘導をしているところはまだ良い方で、このように交通誘導すらない箇所も。

    sakidori-20180906 (12).jpg

    『ニュースオフサイド』では被災した北海道各地を繋ぎ、最新情報を。
    この地震に関してのこれまでの情報をまとめて伝えてくれたのは、細木美知代記者です。

    sakidori-20180906 (1).jpg

    安平町役場 総務課の課長 田中一省さん、厚真町役場の理事 大坪秀幸さんに今の段階で分かっている被害状況についてお話していただきました。


    『きょうのナマチュウ』では防災事情に詳しい専門家に、今回の地震の見解と首都圏の私たちも知っておくべきことを伺いました。

    公益財団法人「地震予知総合研究振興会」東濃地震科学研究所の主任研究員 古本尚樹さんは、今回の地震について「常に指摘してきたことだが、内陸型の地震に対する危機管理が足りず、家屋が倒壊したり発電所が止まったり、インフラがことごとくやられてしまった。避難直後からの兆候として、①風邪②下痢③肩の痛みや腰痛・不眠などからどんどん体調を崩してしまうので注意して欲しい。」

    厚真町で起きた大規模な土砂崩れについて伺ったのは、京都大学防災研究所 斜面災害研究センター教授 釜井俊孝さん。堆積岩で出来た山地の地表を火山灰がフワッと覆っているような状態の場所が崩壊したということで、前日の雨の影響もあり水を含んで、滑りやすくなっていたようです。

    北海道にお住まいだったこともある、アウトドア流防災ガイド あんどうりすさんは「倒れた家具は、余震によってまた倒れることを想定し、あえて元に戻さない!被害状況を写真に撮っておくと、後々の保険の適用などに役立つ。朝晩の寒暖差が激しいので防寒対策をきちっとし、揺れた時に被害の少ない2階の家具の置いていない部屋で眠るのがオススメ。」だと注意すべき点を語ってくださいました。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でも引き続き、北海道で発生した地震の最新情報を。

    停電から戻った時に電気が通る事で起こる「通電火災」を防ぐため、ブレーカーを落としてから避難を心がけましょう。こうするだけで火災の可能性を下げることができますよ!

    sakidori-20180906 (2).jpg

    木曜コメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さん。

    今日の『オピニオン』テーマは「医者の供給を増やさない限り、問題は解消しない」。

    厚生労働省が、一般労働者と同じ規制だと医師不足などで医療現場が混乱しかねないため、独自のルールが必要だと判断。医師に限定した残業規制を2024年度に導入する方針を打ち出したというニュースから、「医者だって何だって長時間労働をすれば疲れる。それが医療ミスへと繋がる事だってあり得る。本当に役に立つ臨床医を育て上げて増やすシステムを早く作らない限り、問題と言うのは解消しない。」と語り下ろしました。

    sakidori-20180906 (8).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では飯塚治アナウンサーが、野球18歳以下 アジア選手権の話題を取り上げました。 日本は1次ラウンド最終戦、韓国戦で満を持して金足農業・吉田投手が先発でしたが、3対1で敗れてしまいました。これで、日本はA組2位となり、明日の台湾との試合に臨むことになります。

    sakidori-20180906 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』でも、北海道の地震についてここまでに入ってきている被害状況、交通や輸送の情報などをまとめて、西村志野記者がお伝えしました。

    北海道で取材中の佐藤記者は、三笠市まで移動。安平町まであと1~2時間くらいの道のりでしょうか。

    停電のせいでスーパーやコンビニなども真っ暗。ガソリンスタンドも営業していないところがほとんどだということでした。バスも運行していないため、タクシーもフル稼働だそう。

    sakidori-20180906 (10).jpg

    入ってきた最新情報をまとめる記者の皆さん。

    sakidori-20180906 (4).jpg


    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』では、9月9日の「重陽の節句」を取り上げました。


    【今日の1曲】 Love Story/安室奈美恵

  • 第373回:台風21号の爪痕

    昨日の番組内、大阪に向かう新幹線に乗ったものの台風21号の影響を受け、三島で停車してしまった車内からレポートを届けてくれた石森則和記者に、今日の番組オープニングから繋ぎました。

    結局あのあと、行き先(終点)が名古屋駅に変更となり、少し動いてはまた停まるという安全に配慮した運転で名古屋へ。そこから今度はこだまに乗り換え、新大阪に到着したのは午前3時半を過ぎてしまったそうです。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、ストローなどのプラスチック製品使用停止など、様々な業界で進む「脱プラスチック」の流れを特集! プラスチックごみを減らし、海洋汚染を防止する方法をサキドリしました。

    細木美知代記者は、藤沢市の「スポーツクラブNAS藤沢」へ。

    細木記者ー中継20180905 (2).jpg

    こちらには、プラスチックごみによる海洋汚染を訴えるオブジェ「海の叫び魚(うおーーー)」が展示されているんです。
    細木記者ー中継20180905 (1).jpg

    企画したNPO法人「海さくら」の古澤代表にお話を伺いました。

    細木記者ー中継20180905 (3).jpg

    海のごみを拾っても拾っても減らない...。街や川、下水から7~8割のプラスチックごみが海岸へと流れてきています。流れてくる間に劣化して細かくなったプラスチックの破片、いわゆるマイクロプラスチックというものが今、問題に。

    ▼透明の魚のオブジェの中には、海で拾ったプラスチックごみがたくさん!!これが実際の海で起きていることなんです。

    細木記者ー中継20180905 (5).jpg

    2005年から活動している古澤さんたちですが、近年、色々な運動が行われるようになってきたと言います。「脱プラスチックだけじゃなくて、その先、自然環境を守ることに繋がって、良い方向に行くと思う。」と期待を込めて語ってくださいました。


    西村志野記者は、「石灰石」が原料だという新素材「LIMAX」を開発する会社、TBMへ。

    この新素材の何がどうすごいのか、広報の佐々木さんにお話を伺いました。

    世界中に豊富にあり、日本でも100%まかなえるもの「石灰石」で作る「LIMAX」。

    加工の際に水をほとんど使わず、紙の代わりやプラスチックの代わりにアップサイクルが可能な、エコノミーとエコロジーを両立する新素材、それが「LIMAX」だと説明してくださいました。

    SAKI20180905 (9).jpg

    酸に弱いので、食品が触れるようなトレーには少し工夫が必要ですが、ストローはもちろん、カップのふたやレジ袋などの使い捨てのものをこの「LIMAX」で...と、実現に向け動いていらっしゃいます。また、伊藤忠商事と一緒にグローバルな展開もと、力を入れているそうです。

    ▼こちらがその「LIMAX」を使用した名刺。紙よりも光沢があり、ツルツルしています。また、水にも強く破れにくい!

    SAKI20180905 (7).jpg



    『きょうのナマチュウ』テーマ「台風21号の爪痕。関西国際空港、閉鎖長期化も」。

    孤立した利用客の輸送の様子など現地で取材中の石森則和記者に再び繋いでお伝えしました。現在は神戸空港にいるという石森記者。真っ暗な中、関空で一夜を過ごされた方の声もご紹介。

    関空の被害については、竹田有里記者が整理。日本橋梁建設協会によると、連絡橋の完全復旧には半年程度かかってしまうのでは...ということです。

    SAKI20180905 (2).jpg

    関西大学名誉教授の宮本勝浩さんによりますと、年々インバウンドで盛り上がっていた関空だが、今回の影響は長期的なマイナスになりそうだとのこと。

    「関西に行ったらこんな観光地があるよ!こんな美味しいものがあるよ!など今までSNSでプラスの情報が流されていた。でも今度は、関空に閉じ込められた!こんな被害が出た!などのマイナスのニュースが広まってしまう。そうなると、再開されても当分はマイナスイメージ。また、24時間空港である関空の夜間のメインは輸送。輸送がうまいこといかないということになると、関西のモノづくりにもマイナスが。」

    台風21号の爪痕は深いです...。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、100歳以上だと授業料100%免除という新たな奨学金を新設した花園大学の話題です。社会人入試と編入試験が対象で、50代は50%、60代なら60%と年齢に応じて免除額が上がるのだそう!

    SAKI20180905 (3).jpg

    コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    経団連の中西宏明会長が新卒採用の就職・採用活動の「ルール廃止」方針を示したニュースから、「そもそも4月に一括採用という日本は、世界と比べても少し変わっている。カチカチカチと時間を決めて管理したいのは日本らしい。」とミイナさん。

    学生生活がおざなりになる・大学の時にしか出来ない教養と言うが、これから人生100年時代。学びたい人はその先も学べるのだから、「もっと自由にやろうよ!就活」と語り下ろしました。

    SAKI20180905 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 寺島啓太アナウンサーが、来年10月に 茨城国体の文化プログラムとして行う「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」について取り上げました。 今日、日本サッカーミュージアムで記者発表会が行われたということです。

    今月15日には、つくば市で茨城県民を対象に「茨城プレ大会」を開催。

    SAKI20180905 (6).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 築地市場の移転問題ですが、今日は解体工事に向けての協議会が開かれる一方、豊洲への再度の移転延期を求める営業権組合や、豊洲の耐震問題を訴える仲卸業者の記者会見なども行われました。

    伊藤佳子記者が今後の流れ、反対を示している団体の主張などをまとめて伝えてくれました。移転まであと5週間...問題の解決策は見いだせるのでしょうか?

    SAKI20180905 (8).jpg


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、9月に急増する肺と気管支の病気についてお話してくださいました。

    気管支や肺は空気をそのまま吸い込むため、他の臓器よりも気温の変化に影響を受けやすく、猛暑に呼吸器が慣れてしまうと秋に病気になりやすいのだそう。 また、咳が2週間以上続く人は要注意!一度、検査をしてみた方が良いでしょう。


    【今日の1曲】 September/竹内まりや

  • 第372回:25年ぶりに上陸!非常に強い台風

    今年最大級の勢力を持つ台風が上陸。

    『ニュースオフサイド』&『きょうのナマチュウ』では、非常に強い台風21号の現在の状況を、大阪・和歌山・京都など各地の中継に加え、2人の気象予報士が詳細をお伝えしました。

    まず、大阪に向かう東海道新幹線に乗っている石森則和記者のレポート。本来ならば午後2時頃には新大阪駅に着く予定だったところが、三島付近で停まり缶詰め状態。乗車客の皆さんは、ある程度覚悟のうえで新幹線に乗っていたようですが、ワゴン販売の食料が売り切れてしまい、それに対しての不満の声が聞かれたようです。

    お電話でお話を伺ったのは、大阪御堂筋沿いのイタリアンバル「ブラブーラ」のオーナー 井口卓さん。

    外に出している看板などは昨日のうちにしまい、従業員の皆さんには今日は自宅待機と告げたそうで、お電話を繋いだ時間は一時の暴風に比べると少しマシになったということです。

    お店のある淀屋橋エリアはオフィス街ということで、「もしかしたらランチを食べに来る方がいらっしゃるかもしれない」と、井口さんだけはお店に出てきたそうですが、会社員の方々は朝から自宅待機や早めの帰宅を言い渡されているようで人は見当たらないとのことでした。

    skdr20180904 (2-1).jpg

    気象予報士の伊藤佳子記者が今後の見通しと注意点を、佐藤圭一記者が交通の情報をまとめて伝えてくれました。

    skdr20180904 (4).jpg

    続いて、京都府綾部市のあやべ吉水自然農園 氏本長一さんにお電話を繋ぎました。氏本さんのご自宅は渓谷の入り口にあり、台風が通り過ぎたふき戻しの風の影響でか、4~5本の杉の木が倒れ、道を塞いでしまったという状況。また、昨夜、いつもはあまり鳴かない野生の鹿がすごく鳴いていたそうで、「事前に何か感じるものがあったのかな」と今になって思ったと語りました。



    昨日もレポートしてくださった和歌山放送 柘植義信記者は、「和歌山に来て30年。最大瞬間風速57.4mの今までにないすごい風だった。」と振り返り、トラックの横転や冠水、停電、停電に伴う断水など被害状況を伝えてくれました。


    西村志野記者は葛西臨海公園へ行っていました。写真を見ても強い風が吹いているのが分かりますね。ゴーゴーと吹く風で、鳥も思うように飛べない状態だということでした。

    skdr20180904 (10).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』では、台風21号を受け、大阪のデパートやUSJ が休業していますが、東京のデパートや遊園地はどうなのか、石川真紀キャスターが取材し伝えてくれました。

    skdr20180904 (5).jpg

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さんです。

    今日の『オピニオン』は「首都圏の災害対策」と題して、海抜ゼロメートル地帯の防災や小池都知事が推進している【木密地域不燃化10年プロジェクト】など、どこまで進んでいるのだろうか?と疑問を投げかけました。

    我々が防災意識を持つことはもちろんではあるが、行政の縦割りの連携だけでなく横の繋がりを活かして、課題に早急に取り組んでいって欲しいと語り下ろしました。

    skdr20180904 (7).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 土井悠平アナウンサーが、7月のこのコーナーで取り上げた、女子サッカー U20 日本代表の宮澤ひなた選手にインタビューをした音声をオンエア。 ワールドカップを終えての今の気持ちや、今後のサッカー選手としての目標を語って下さった宮澤選手でした。


    『ニュースパレードアネックス』 今日、国民民主党の代表選挙が行われ、玉木雄一郎共同代表が新たな代表に選出されました。国会から奥山拓也キャップが、政党の政策の軸「次世代への投資」など、玉木代表の声を交えてお伝えしました。



    【今日の1曲】 ウーマン・ニーズ・ラヴ/レイ・パーカーJr.&レイディオ

  • 第371回:安倍選対本部、発足!

    『ニュースオフサイド』 すでに追い込みの時期に入ったと言ってもいい自民党総裁選挙。今日、安倍総理大臣を支持するグループが選挙対策本部を発足。石破、安倍両陣営の票読みも交えながらお伝えしました。

    まずは、安倍さんの選対本部立ち上げを取材した山本カオリ記者のレポート。今日の決起集会には、300人以上が参加したということで、実際、国会議員票を9割近くまで伸ばしそうだとのこと。

    そして、今後の政局を占う意味で注目される地方票については西村志野記者が説明。総裁選の戦略や手応えを、萩生田光一議員と菅原一秀議員に聞いた音声もお聞きいただきました。

    saki20180903 (8).jpg

    一方の石破陣営については伺ったのは、政治ジャーナリスト 安積明子さんに。国会議員票、今の時点では40票ほどを取れそうだとし、力を入れている地方票に関して、安倍色の薄い東北、TPPに反対が強い北海道、滋賀県など重点的に支持固めをしているとのこと。

    戦況は厳しい反面、独自の活動を行っている石破さん。地方票は一般世論が影響を及ぼすことがあるため、安倍さんも地方票を注視しているだろうと解説してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』 非常に強い台風21号の進路や上陸に備えた動きを、兵庫、和歌山を結んでサキドリました。

    兵庫県加古川市の状況を日本防災士会理事の横山恭子さん。「今はまだ風、雨ともに落ち着いている。自転車や看板など外に置いている物の片付け、行政の指示を待つのではなく、自分の判断で備蓄・避難を。不安のある方は出来るだけ早く避難して、外に出ない、出歩かないようにしてほしい。」

    和歌山県和歌山市の状況については、和歌山放送の柘植義信記者。「今は晴れていて、穏やかな秋の日という様子。しかし、すでに駅の方では列車の運休が決まっていたり、ショーウインドーのガラスが割れないようにシャッターや雨戸を閉めたり、今日の18時頃から避難所も開設の予定。市としても懸命に、臨戦態勢という感じで対応に挑んでいます。」

    停電の際にも、情報を得られるのがラジオの良いところだとも語ってくださった柘植記者でした。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、「ケフィア事業振興会」と関連会社3社が破産申し立てのニュース。

    会員制の通販サイトで干し柿やヨーグルトなどの加工食品を販売する一方、出資して「オーナー」になれば、数か月後に10%前後という高い利息が受け取れるとしていました。

    負債総額は合わせて1053億円、債権者はおよそ3万3千人と言われています。高齢の方や家族ぐるみで被害に巻き込まれている方も...。

    saki20180903 (2).jpg

    月曜コメンテーター、健康社会学者 河合薫さんの今日の『オピニオン』。

    「暴力をパワハラと思えない心理」と題して、なぜパワハラを暴力と思えないのか人間の心のメカニズムを語り下ろしました。

    人間誰しも承認欲求というものを持っています。毎日毎日人格を否定されるようなことを言われたりされたりしていると、パワハラだということがだんだんと分からなくなっていき、「自分が悪いんじゃないか?」と思うようになって、相手に認めてもらえるよう奴隷化が進むのだそうです。

    「皆さんの周りにそういう人がいたら、あなたはパワハラを受けているよ!大丈夫?と傘を差しだしてあげて。そうすれば心や体の痛みに気付くことが出来る。」

    saki20180903 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのはスポーツクライミング!

    6日~16日、オーストリア・イニスブルックでいよいよ世界選手権が始まります。

    2020年に向け、日本勢は今季、この大会を最大の目標にしているそう。日本のやり方がこのままで間違っていないのか、指標となる大会ということです。

    saki20180903 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 パワハラで告発された日本体操協会の塚原夫妻に関する新たな動きを、佐藤圭一記者がお伝えしました。

    今日、日本体操協会の山本宜史専務理事らがスポーツ庁を訪れ、およそ40分ほどかけ、一連の経緯などを報告。第三者委員会を今週中に立ち上げるそうですが、具体的な期日については明らかにしませんでした。

    saki20180903 (5).jpg


    『芸能アラカルト』 放送作家でコラムニストの山田美保子さん、お電話でのご出演。

    今日は、乳がんで亡くなった漫画家、さくらももこ さんについて、昨日放送された「ちびまる子ちゃん」の内容変更のお話や、生前手がけたさくらさんの意外な活動も含めてお話してくださいました。


    【今日の1曲】 9月の蝉しぐれ/松任谷由実

  • 第370回:スポーツ界のパワハラを考える

    久我山の朝日生命体操クラブが使っている体育館。世間を賑わすニュースとは裏腹に閑散としています。

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「スポーツ界のパワーハラスメントはいつまで続くのか?」。

    体操の宮川紗江選手が記者会見を行い、日本体操協会の塚原光男副会長と塚原千恵子女子強化本部長からパワハラを受けたと訴えました。これを受けて、副会長と女子強化本部長はコメントを出し、謝罪。処分を受けた速見佑斗コーチは地位保全を求める仮処分の申し立てを取り下げました。

    速見コーチの代理人である山口政貴さんによると、コーチと協会の争いは選手にメリットがない、選手のために取り下げる決断をしたとし、すでに気持ちの整理はついているとお話してくださいました。現在、高須クリニックが支援に名乗りを上げており、今後は支援を受けながら競技を進めていく可能性もあるそうです。

    森末慎二さんは「謝罪コメントでようやく収束に向かうのでは。体操協会が公正にみられるようになれば」と今後について語りました。



    20180831_1

    『きょうのナマチュウ』は、「辺野古 埋め立て承認を今日撤回。今後、どうなるのか?」。

    ラジオ沖縄の小磯デスクによると、県民の6割は埋め立てに反対している状態だといい、撤回がこのタイミングになった理由とついて沖縄国際大学・大学院教授の前泊博盛さんは、9月末に知事選挙があるため、8月中に結論を出すということで今日になったとしています。

    また、沖縄の問題と思われがちな辺野古移設問題ですが、基地が本当に必要なのかは日本の問題であり、他人事を思わずきちんと関心を持って政府は本質を議論してほしいと訴えました。



    20180831_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「バイオストローは、環境汚染問題解消の切り札になるか?」。

    海洋汚染などで問題となっているプラスチックストローの代替をめぐり様々な案が出されていますが、今注目されているのがトウモロコシやサトウキビといった植物などを原料にした生分解性プラスチックです。地中の微生物によって分解されるため環境に優しいとされていますが、まだまだコストがかかるのが問題です。

    これまでにパスタストローなどを試した石川記者も環境に優しいストローに興味津々!



    20180831_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「投資バカ 50歳を過ぎたら取ってはいけないお金のリスク」。

    現在、宝島社から発売中の荻原さんの新書をご紹介。去年出した本では「投資なんか、おやめなさい」でしたが、今年に入って警戒レベルがあがったそう! なんと投資信託をやっている46%の人が運用がマイナスなんだとか。今はいそいそ投資に乗り出すべきではない、デフレの今は借金を返す時期だとお話してくださいました。



    20180831_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、 長谷川太アナウンサーが、今日から開幕したラグビートップリーグの見どころをご紹介。

    ラグビーワールドカップを来年に控え、益々加熱するラグビー熱! 今年はどんな試合になりそうなのか解説して頂きました。 



    『ニュースパレードアネックス』は、来月7日に告示される自民党総裁選の最新情報を国会から山本カオリ記者が伝えました。


    20180831_6

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    今日は、時代の最先端にいるビジネスマンに話を伺う「一美が訊く」。今回会いに行ったのは、ドローンのビジネススクールである一般社団法人 ドローン大学校の理事長、名倉真悟さんです。

    ドローン大学校は2016年に設立、飛行ルールや安全に運行するための技術を指導する国内では珍しい学校です。ドローンの登場で空の産業の可能性はものすごく広がったわけですが、資格を取れば直ぐにドローンビジネスに携われるかというとそうではなく、農薬散布をドローンで行う、ドローンによる測量を行う、など具体的な未来像を描くことが必要だといいます。



    【今日の一曲】 夏が終わる / スピッツ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第369回:入院患者5人死亡の病院

    サブキャスター 加納有沙さんと木曜コメンテーターの和田秀樹さんはお休みです。

    今日は、サブキャスター竹田有里さんとコメンテーターは文化放送報道スポーツセンター清水克彦デスクでお送りしました。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 岐阜市内「Y&M藤掛第一病院」で入院患者5人が熱中症の疑いで相次いで死亡した問題、今後の展開をサキドリました。

    亡くなった80代の患者5人、病院側が全員を病死と判断していたことが分かりました。 警察によりますと、死亡診断書に熱中症という記載はなく、いずれも亡くなったことについて通報もなかったということです。

    まずは今回の問題の経緯を、西村志野記者が整理。

    サキドリ!2018年8月30日 (5).jpg

    同業者である医師の方はどうご覧になっているのか「医療福祉センターさくら」の院長で兵庫医科大学の特別招聘教授 服部益治さんに伺ったところ、「そもそもエアコンが故障すること自体があり得ない。うちの病院は定期点検をしていて、故障の兆候があればすぐに交換する。最近の高温多湿は扇風機で防げるレベルではない。」とのことでした。

    この問題、容疑者を特定しないまま "殺人容疑"で病院を捜索していますが、殺人容疑が成立する可能性はあるのか、お話を伺った弁護士の落合洋司さんは「成立可能性が高いのは業務上過失致死罪。殺人罪となると、報道されていないような特殊な事情でもない限りは難しいだろう。」とお話してくださいました。



    『きょうのナマチュウ』テーマ「実現なるか!?宇宙好きのサラリーマンたちが人工衛星を打ち上げ」。

    宇宙が大好きで憧れを抱くサラリーマンやOL、 学生らによる一般社団法人、「リーマンサットスペーシズ」が先週火曜日、 超小型衛星を来月11日に打ち上げると発表しました。

    今日はこの「リーマンサットスペーシズ」 の事務所に細木美知代記者がお邪魔しました。

    お話を伺ったのは、代表理事の宮本さんと人工衛星リーダーの嶋村さん。

    サキドリ!2018年8月30日 (8).jpg

    2014年ごろ、新橋の居酒屋で宇宙好きのメンバーでお酒を飲みながら「何か出来るんじゃないか!」と語っていたのがきっかけでスタートした「リーマンサットスペーシズ」。

    こちらが開発された超小型人工衛星です!

    サキドリ20180830 (4).jpg

    サキドリ20180830 (3).jpg

    今日はこの放送を聞いてリスナーの方からも「自分もやってみたくなった」「はんだごてなら得意!」などの反応が届きました。宇宙は夢がある!

    細木記者が詳しく「Column~記者たちのオフマイク~」にアップしてくれていますので、ぜひそちらもご覧になってみてくださいね!



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、体操女子 パワハラ問題、昨日~今日の動きをお伝えしました。

    サキドリ!2018年8月30日 (6).jpg


    コメンテーター、清水克彦デスクの今日の『オピニオン』テーマは「選挙は最大の争点で選ぶな!」
    自民党総裁選と沖縄県知事選という2つの選挙が行われる9月。
    よく耳にする「最大の争点」、これはマスメディアが勝手に決めていることであって、例えば沖縄県知事選にフォーカスした時、辺野古の問題だけではなく、様々なほかの問題もあげられます。

    「最大の争点」に騙されずに、細かな部分も対応できる人を見極めて選ぶことが重要だと語り下ろしました。

    サキドリ!2018年8月30日 (7).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 寺島啓太アナウンサーが取り上げたのは、アジア大会の野球の話題です。

    サキドリ!2018年8月30日 (2).jpg

    ジャカルタアジア大会で、日本 対 韓国を取材中の「韓国野球の語り部」 室井昌也さんにお電話を繋いでお送りしました。

    決勝、3位決定戦は9月1日(土)に行われます!

    サキドリスポ20180830.jpeg


    『ニュースパレードアネックス』 今から76年前、日本から6000キロ離れたガダルカナル島で2万人を超える兵士たちが亡くなりました。 文化放送では今夜8時から 報道スペシャル「ガダルカナルのうた」を放送。 この番組を担当したのは石森則和記者。

    サキドリ!2018年8月30日 (4).jpg

    ガダルカナルにいた軍人から送られた「短歌」がテーマになっているドキュメンタリーということで、番組の聴きどころなどを語りました。

    サキドリ!2018年8月30日 (3).jpg


    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』では、家でも出来たてのポップコーンが気軽に楽しめるポップコーンメーカーをご紹介しました。

    サキドリ20180830 (2).JPG

    出来立てのポップコーン、みんなで食べると美味しくて楽しいですね!

    サキドリ20180830 (1).JPG


    【今日の1曲】 スターマン/デヴィッド・ボウイ 

  • 第368回:スポーツ界、2つの会見

    バスケット男子と女子体操の不祥事を受けて開かれた2つの会見。こちらについては『きょうのナマチュウ』で詳しくお伝えしました。

    最初のコーナー、気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、タクシーやバスが 自動運転になったら生活はどう変わるのかをサキドリました。

    さきどり―2018829 (3).jpg

    日の丸交通と自動運転システムを開発するZMPはおととい、都内で自動運転タクシーの実証実験をスタート。

    さきどり―2018829 (2).jpg

    実験を取材した吉田涙子記者が、実証実験はどういうものなのか基本や方法のおさらいと、今後の課題、そして自動運転バスの実証実験についてもまとめて伝えてくれました。

    サキドリ20180829 (2).jpg
    初心者よりもなめらかな運転で車線変更のアグレッシブ!実際に乗車した方からも好評だったということですが、人が運転するときアイコンタクトで車線に入れてもらうなどの行為をどうカバーしていくのか、まだ課題は多いようです。

    さきどり―2018829 (4).jpg

    細木美知代記者は、街の声を銀座で調査してきてくれました。

    皆さん、すごく乗ってみたいかというとそうでもないという回答だったようですね。まだまだ安全面やシステムの面で不安を感じている方がほとんど。タクシー代が安くなる、過疎地での運用などには期待の声も上がったということでした。

    サキドリ20180829 (3).jpg

    では、実際に実用化した場合、私たちのライフスタイルはどう変化するのでしょうか?

    明治大学「自動運転社会総合研究所」の中山幸二 所長によりますと「車の所有にこだわらず、必要なときに必要なだけ移動するというようなライフスタイルに変化することが考えられる。また、車の免許も必要なくなるかもしれません。自動運転バスは同じルートを走行するため実用化は2025年頃になるのではないか。しかしタクシーは客の行きたい場所に合わせる必要があるため、実用化はちょっと難しい。」とのことでした。


    『きょうのナマチュウ』 スポーツ界を揺るがす2つの不祥事。バスケット男子と体操女子、それぞれの記者会見場からお伝えしました。


    まずはジャカルタで開かれているアジア大会で、バスケットボール男子日本代表の選手4人が歓楽街に立ち寄り、買春など不適切な行為をした問題。 4人の選手はすでに代表の認定を取り消され、20日に帰国しています。

    バスケットボール協会の記者会見が開かれた飯田橋のホテルには竹田有里記者。

    午後2時からの会見は1時間にわたって行われました。不適切行為の4選手は1年間の出場権剥奪処分、これは3番目に重い処分で、若い選手たちの将来を考えてのことだということです。

    さきどり―2018829 (5).jpg

    続いて、体操女子・速見佑斗コーチが選手への暴力行為があったとして、日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた問題。被害を受けていないとする宮川紗江選手が、記者会見を行っている霞が関の会場には西村志野記者が行っていました。

    午後4時から始まった会見。この内容については会見終了後にしか音を出すことが出来ないということで、西村記者は会見場や宮川選手の様子についてレポートしてくれました。
    このあと、会見で宮川選手はコーチからのパワハラを否定し、逆に協会から圧力をかけられていると話しています。

    さきどり―2018829 (6).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「選択の自由が幸福感に影響」という話題をお伝えしました。

    日本人が抱く主観的幸福感には所得や学歴よりも「選択の自由」が強い影響を与えていることが、国内約2万人へのアンケートで分かったということです。 自分が選択し、責任を持つことが、満足度や幸福感により影響するのではないかと分析しています。

    サキドリ20180829 (6).jpg

    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレント 堀口ミイナさんの今日の『オピニオン』。

    日本の携帯電話・スマートフォンの料金プランは高いし分かりにくく、2年契約の縛りがあったり、SIMロック解除の問題など、現状のシステムに疑問を感じるとミイナさん。

    先日、スマホの機種編の際にSIMロック解除をお願いしたら、技術的には可能なはずなのに断られてしまったそうです。

    通信費というのは食費と同じように大事な出費。だからこそ、目に見えて変化を感じられるように「頼みますよ!携帯大手!」と語り下ろしました。

    サキドリ20180829 (5).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』  土井悠平アナウンサーが、先日のアジア大会では団体金メダルを獲得したフェンシング・エペ の宇山賢 選手をご紹介。

    宇山選手は189cmの長身、26歳です。日本ではフェンシングというと「フルーレ」が有名ですが、世界的に人気なのはこの「エペ」なのだそうです!

    宇山選手へのインタビュー音声を交えてお送りしました。


    『ニュースパレードアネックス』 アメリカと北朝鮮による非核化の交渉も結局のところ難航。日本と北朝鮮の間に横たわる拉致問題に関してもこう着状態が続く中、「情報当局の高官が先月、ベトナムで極秘に接触していた」というニュースをアメリカのワシントン・ポストが報じました。
    日本の誰と北朝鮮の誰が会っていたのか、その思惑とは何なのかを鈴木敏夫デスクが解説。

    サキドリ20180829 (1).jpg

    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、今がピークという「目からくる全身の夏バテ」というテーマでお話してくださいました。

    日本人は欧米人に比べ、顔のほりが浅いため、目に入る紫外線量が1.7倍にもなるのだそうです。外出時にはつばの大きな帽子を被るようにしましょう。

    また、角膜の乾燥を防ぐために3分に1回は意識的にギュッと目を閉じることが有効。

    【今日の1曲】 若者のすべて/フジファブリック

  • 第367回:U18 アジア選手権をサキドリ!

    『ニュースオフサイド』金足農業の吉田輝星投手や大阪桐蔭の根尾昴選手ら、高校野球のヒーローも出場する「侍ジャパン U18 アジア選手権」をサキドリました。

    9月3日から9日まで宮崎県で開催される、U18アジア選手権。 今日午後5時45分からは、この高校日本代表チームと大学日本代表チームの壮行試合が神宮球場で行われます。

    U18 アジア選手権とはどういうものなのか、スタジオで西村志野記者が説明。2年に一度行われる国際大会で、2大会連続のアジアの頂点を目指している日本です。

    野球好きの西村記者は、「すべての選手を紹介したくなってしまう!」と笑顔。

    SKD20180828 (1).jpg

    壮行試合が行われる神宮球場には佐藤圭一記者が。壮行試合の前に今日は、U18高校日本代表チームが野球教室を開いていたんです。参加した子供たちの声を交えて、金足農業の吉田輝星投手や大阪桐蔭の根尾昴選手たちの様子をレポートしてくれました。

    かわって、U18 アジア選手権見どころなどを解説してくださったのは、スポーツライターの小関順二さん。注目選手に、報徳学園の小園海斗選手、大阪桐蔭の藤原恭大選手と根尾昂選手をあげました。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「史上最も暑い夏、ETCカードやスマホのトラブルにご用心」

    この猛暑は、ETCカードやスマホなどの不具合も引き起こしているようです。

    まず、ETCカードのトラブルについて自動車ジャーナリストの加藤久美子さんに伺いました。「走行中はエアコンが効いているので大丈夫でも、駐車場などの炎天下では70度近くまで上がってしまい、ETCカードの基盤がやられてしまう。車を降りるときには面倒でも抜いておくのがベスト!防犯上の理由としても抜き差しを習慣化すると良い。」ほかにも、この猛暑ではバッテリーもかなりダメージを受けているとか。ぜひ点検を!


    続いて、スマホトラブルについてスマホ・携帯ジャーナリストの石川温さん。「本体自体が熱くなると処理速度が落ちたりカクカクする。スマホはポケットなど熱がこもり易いところに持っていることも多いので、熱すぎるときには一旦電源を落として置いておくこと。風を当てて冷やす、空冷もオススメだが、冷蔵庫や保冷材で急激に冷やすのは厳禁!!」ということでした。

    そんな中、気温が上がるとよく売れるのが「正露丸」なんです。

    大幸薬品株式会社 広報部 マネージャー 高梨寿さんによりますと「売り上げのピークは8月で、月平均・季節指数として131%増!夏ならではの水分や冷たいものの大量摂取で下痢になる方が多い。また、夏休みの旅行に持って行くのにお買い求め下さる方が多いようで、空港などでよく売れています。」とお話してくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「今年の夏は虫が少ない」という話題をピックアップ!

    専門家によりますと変温動物である昆虫は体温調節ができず、暑いと日陰に隠れるなど気温の影響を和らげようとするのではないかとのこと。 セミに関しては、猛暑よりも大雨の影響が大きいようです。皆さんは今年、虫、見かけましたか?

    SKD20180828 (3).jpg

    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    テーマは「正直、公正 石破茂の何がいけないのか?」

    自民党総裁選、立候補表明時に石破茂氏が掲げたキャッチフレーズ【正直、公正】を、自民党の吉田博美参院幹事長が「個人攻撃のような」と不快感を示した一件を取り上げました。

    石田さんは「うがった見方をすれば、安倍さんは正直じゃないのかな?公正じゃないのかな?と思っちゃう。いずれにしろ安倍総理は数で圧倒的に強い。国会の中でも一強多弱、自民党の中でも一強多弱というこの状態が国民世論との乖離に繋がるのではないか。」と語りました。

    SKD20180828 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』  高橋将市アナウンサーが、今日の中継カード「西武 対 楽天」が行われる群馬県前橋市の上毛新聞敷島球場から、ライオンズナイター解説の笘篠賢治さんと一緒に、佳境に入ったパ・リーグの優勝争いについてお送りしました。


    『ニュースパレードアネックス』来月13日に告示される沖縄県知事選挙に出馬する意向を固めている自由党の玉城デニー幹事長が、野党各党の幹部に支援を要請したあと、報道陣の質問に答えました。

    国会で取材中の篠沢政健記者が、今日の記者会見の内容や今後の見通しをレポートしてくれました。「翁長カラーにデニーカラーを入れていく」と語ったということで、29日に那覇市内で出馬を正式表明という流れになります。


    【今日の1曲】 走れ正直者/西城秀樹

  • 第366回:ポンペオ氏の訪朝中止

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマは「ポンペオ国務長官の北朝鮮訪問が取りやめ!」

    来月9日、建国70周年を迎える北朝鮮。その来月には平壌で南北首脳会談も予定される中、ポンペオ国務長官の北朝鮮訪問が取りやめになった背景を探り、このまま暗礁に乗り上げるのかサキドリました。

    北朝鮮について伺ったのは慶應義塾大学 磯崎敦仁准教授。

    「ひとことで言うとお互いの不信感。ポンペオ国務長官は3回も平壌に足を運んでいるのに、北朝鮮側は1回しか出向いてきていない。これもアメリカという大国としてはアンフェアだと感じている。そもそもスタートの視点が北朝鮮とアメリカでは違う。しかし、北朝鮮は今後何十年も制裁を受け続けるのかというとそういうわけにはいかないから進まざるを得ない。」

    アメリカ、トランプ大統領の思惑などについては清水克彦デスクが解説。

    「非核化の動きすら始まっていない状況。このままだと6月の米朝首脳会談は何だったのか?曖昧な合意のツケがここで出てきているんじゃ?と言われかねないということで、今アメリカは焦っていると言える。」

    きょうのサキドリ20180827 (1).jpg

    お電話を繋いだソウル大学先任研究員の吉方べきさんのお話では、「韓国の政府筋は落胆を隠せない感じではあるが、それをおおごとにしないよう静観している状況。今こそ文大統領としては、米朝の間をしっかり取り持つべきではないかという声があがっている。」と、韓国・ソウルはそこまでトーンダウンしているわけではないことを伝えてくださいました。


    16時台『きょうのナマチュウ』自民党総裁選挙と沖縄県知事選挙、2つの決戦それぞれの動きについて、中継でお伝えしました。

    まずは、自民党総裁選挙の動きを国会で取材中の山本カオリ記者。「出馬表明に選んだ鹿児島、明治維新150周年ということで、薩長同盟を意識しているらしい。もうひとつ、鹿児島で表明をすることで鹿児島県の地方票を固める狙いも。さらに言うと、大河ドラマ【西郷どん】を夜見ると、安倍さんの出馬表明がより印象続けられると考えているようだ。」

    安倍さんの公約の軸、石破さんの各分野ごとの政策についても伝えてくれました。

    西村志野記者は、有楽町で街の皆さんの声を調査。「安倍さんはおごりがある」などの声があがり、今日インタビューした結果は石破さんを推す方が多かったようです。

    きょうのサキドリ20180827 (3).jpg
    沖縄県知事選挙については、奥山拓也 国会キャップ。

    「翁長氏の後継として出馬する意向を固めている自由党の玉城デニーは、29日に沖縄で出馬を正式表明の予定としている。現在、国会内で小沢一郎氏と会談中。【オール沖縄】が一枚岩になり切れていないことが、今回の選挙の懸念材料でもあり、カギとも言える。」ということでした。


    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、高額の報酬欲しさにオレオレ詐欺などに加担した少年が、社会復帰後またしても犯罪グループに巻き込まれてしまうという負の連鎖についてお伝えしました。

    きょうのサキドリ20180827 (5).jpg

    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さんです。今日の『オピニオン』テーマは「9月1日、子どもの自殺が増える時、私たちができること」。

    先週の水曜、この番組でも取り上げましたが、20年ほど前から小学生、中学生の自殺が増えて来ています。

    健康社会学の視点から「1番のストレスは自分の生きる場所・意味がないと感じることだと思う。今日からでも出来ること、周りの人に「君が必要なんだよ」「ありがとう」「頑張ってるね」など、行動へのアテンションをしてもらいたい。」

    河合さんご自身もめげそうなとき、周りからのサンクスメールで勇気づけられる、報われる思いになると語りました。

    きょうのサキドリ20180827 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎アナウンサーが、アジア大会に見る暑さ対策について取り上げました。

    アジア大会・男子マラソンで金メダルを獲った井上大仁選手は、ユニフォームに自分で穴をあけたり、給水ボトルの中に保冷剤をいれておいて、それを手に持って走ることなどを実施したとか。

    体温が上がらないようにすることと暑さに慣れることが、暑さ対策の大きなポイントになるそうです。

    きょうのサキドリ20180827 (6).jpg

    17時台『ニュースパレードアネックス』

    自動運転のタクシーが一般客を乗せて公道を営業走行する実証実験が、今日から東京で始まりました。
    どのようなタクシーで乗り心地、乗車の流れなどを吉田涙子記者がレポート!

    実際に乗車された方からは「思っていた以上に自然。」「自動運転だということを忘れてしまいそうだった。」と好評だったよう!

    この話題は、明後日のSAKIDORI!でも詳しく特集する予定です。お楽しみに。


    放送作家・コラムニストの山田美保子さんが語る『芸能アラカルト』では、小倉優子さんと一般男性の交際報道、そして文化放送ではお馴染みの俳優・笠原秀幸さんと、元NGT48の北原里英さんの熱愛というおめでたい話をしてくださいました。

    きょうのサキドリ20180827 (7).jpg

    【今日の1曲】 白いパラソル/松田聖子

  • 第365回:沖縄県知事選をサキドリ

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「沖縄県知事選挙、候補者固まる」。

    今月8日に亡くなった翁長知事が生前後継にしたいと意向を話した音声データにより、自由党の玉城デニー幹事長が立候補に前向きに検討する考えてを示しています。これにより、前・宜野湾市長の佐喜眞淳氏との一騎打ちの構図が見えてきましたが、ラジオ沖縄報道部の小磯デスクによると「どんな戦いになるかも気になるが、判断する時間が短い今、今後の沖縄の方向性をどうするのか県民にもつきつけられている」としました。

    主な争点はやはり「辺野古移設問題」ですが、来月行われる公開討論会ではこの問題以外にどのようなテーマで語られるのか注目されます。



    『きょうのナマチュウ』は、「あなたは何をシェアする? シェアリングサービス最前線!」。

    今や生活の一部となっている様々なシェアリングサービス、街ゆく方にお話を伺うとなんと半数の方が何かしらのサービスを使用しているそうです。そんな中、佐藤圭一記者は今話題のシェアサービス「シェアオフィス」をご紹介。

    20180824_2

    お邪魔したのは、来週オープンする会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート新橋」。とても広々としていて内装もオシャレです!

    運営する東急不動産都市事業ユニット・和田真理さんによると、シェアオフィスでは、フリーランスの方はもちろん、会社に行く前に新聞チェックやコーヒーブレイクを行う会社員の方の利用する方が多いんだとか。

    他にも、リターンライダーや若い世代のライダーの方におすすめ! 株式会社アース・カーが運営するバイク練習場のシェアサービス「特Pバイク練習場」もご紹介しました。



    20180824_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「医療人権センターCOML、集中電話相談開催」。

    「難しい医療用語で説明されてよくわからなかった」など、医療行為を受けて困ったことを医師や看護師など専門家が相談にのってくれる「COML110番」を8月25日、26日の二日間、10~18時に行います。電話番号は【03-5800-9629】、2日間のみ有効の電話番号です。

    健康に不安を抱いている方、ぜひこの機会にお電話してみてはいかがでしょうか。



    20180824_4

    報道スポーツセンターの鈴木敏夫デスクが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「台湾が心配です」。

    エルサルバドルが「台湾と国交を断絶し、中国と国交を結び」と発表したニュースを受け、今後の台湾の外交を危惧しました。



    20180824_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、 寺島啓太アナウンサーが、ジャカルタで行われているアジア大会で、26日から登場する野球日本代表をピックアップ!

    韓国野球の語り部・室井昌也さんから日本代表の注目点について伺いました。



    20180824_6

    『ニュースパレードアネックス』は、自民党総裁選の最新情報。

    先週に引き続き、記者会見を開いた石破元幹事長、「地方創生」をテーマに持論を展開しました。国会から山本カオリ記者が伝えてくれました。



    20180824_7

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    株式会社 財宝の吉松恵梨奈さんから、熱中症対策におすすめのミネラルウォーター「天然アルカリ温泉水 財宝」をご案内頂きました。

    携帯に便利な500mlが、1本約48円ととってもお得! 桜島のふもと地下1000mから湧き出る温泉水なのに軟水だから大変飲みやすく、コーヒーを淹れたり、お米を炊くのにもぴったりです。



    【今日の一曲】 あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第364回:性犯罪者にGPS監視は有効?

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 今日は、これまでに1500人を超える性犯罪者と向き合ってきた精神保健福祉士の斉藤章佳さんをお迎えして「性犯罪者をGPSで監視すべきか?」を考えました。

    先月、新潟県議会は「性犯罪者にGPS端末を装着して監視するシステム」などを検討するよう国に求める意見書を賛成多数で可決しています。まずお話を伺ったのは、その意見書を提案した自民党新潟県連の政務調査会長 桜井甚一さん。性犯罪者の再犯防止のため、GPS装着だけではなく見守り体制の強化を検討すべき時がきていると考え、この働きかけをしたとお話してくださいました。

    さきどり20180823 (2).JPG

    斉藤章佳さんは、GPS装着などでの電子監視のみで犯罪再犯率が下がったエビデンスはないとし、これまでに実施された「メ―ガン法」の副作用を解説。監視よりも治療が必要で、個別性を重視したプログラムや薬物投与で性犯罪への衝動を抑えることが対策になるというお話をしてくださいました。

    斉藤さんは去年7月に本を出版していて、それが『男が痴漢になる理由』。 斉藤さんのお話を聞いて、興味を持たれた方はぜひこちらも手に取ってみてください。

    「男が痴漢になる理由」(イースト・プレス) http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=2819

    さきどり20180823 (4).jpg

    『きょうのナマチュウ』は、東京ビッグサイトで開かれている国内最大規模の葬儀や終活に関する展示会「エンディング産業展」から、細木美知代記者と西村志野記者が生レポート!
    今回で4回目のこちらのイベント、今回は334社が出展しています。

    さきどり20180823 (14).jpg

    ▼こちらは霊柩車の展示です。

    さきどり20180823 (13).jpg

    ▼空中に映像を表示できるプレートを利用して、個人の遺影を映し出す「飛鳥焼香台」

    さきどり20180823 (12).jpg

    ▼遺骨から抽出した成分のみでダイヤモンドを人工的に作る「メモリアル・ダイヤモンド」についてお話してくださった、アルゴダンザ・ジャパンの法月雅喜代表と細木記者。

    さきどり20180823 (15).jpg

    ▼西村記者は、遺品整理クリーンサービスの株式会社ToDo-Company 小島美羽さんにお話を伺いました。

    さきどり20180823 (16).jpg

    ▼こちらは小島さん作の「ゴミ屋敷」や「孤独死」の現場を再現したミニチュア模型が展示されています。

    さきどり20180823 (17).jpg

    ▼「入浴中に命を落とした現場」など、ミニチュアですがとてもリアルです。

    さきどり20180823 (18).jpg

    さきどり20180823 (1).jpg

    「孤独死など、写真をお見せするわけにはいかないが、実際に起こっていることであり、伝えていかなければならないと思う。これは他人事ではない。若くてもなり得ること、気を付けるきっかけにしてもらえたら」と小島さんは語ってくださいました。
    「エンディング産業展」は明日まで開催中です。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、来月公開の映画「静寂を求めて ー癒やしのサイレンスー」を取り上げました。

    静寂、音楽、騒音など「音」に焦点を当て、現代の騒音問題や静寂がもたらすものが何かを探るドキュメンタリー。来月22日からポレポレ東中野ほかで全国順次公開です。

    さきどり20180823 (5).jpg

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』テーマは「性犯罪者の人権をどう考えるか?」。

    性犯罪被害者のPTSDなどは非常に治療が難しいそうです。

    何人もの人を殺したら死刑になるように、性犯罪を何度も犯した者に対しては、局部を切断するなどの処罰が必要だと語った和田さんでした。

    さきどり20180823 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』  飯塚治アナウンサーが取り上げたのは、メダルラッシュが続くジャカルタアジア大会。今週末行われるマラソンです。

    25日朝6時スタートの男子マラソンには、今年2月の東京マラソンで2時間6分54秒の自己ベストをたたき出した井上大仁選手と 園田隼選手が出場!活躍を期待ですね!

    さきどり20180823 (7).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 強い台風20号は、四国の南海上を北上しています。この後、強い勢力を維持したまま四国・中国・近畿地方へ接近し今夜には上陸する見込みです。

    気象予報士の伊藤佳子記者が、高知県室戸市役所の方のお話を交えて、最新情報を伝えてくれました。

    今回の台風、関東地方は竜巻にも注意を!

    さきどり20180823 (8).jpg

    安蒜幸紀レポーターの『SAKIDORI最前線』では、新宿歌舞伎町の大久保公園 特設会場で開催中の日本最大級の"激辛"の祭典「激辛グルメ祭り2018」をご紹介。

    さきどり20180823.jpg

    【今日の1曲】 テキーラ・サンライズ/イーグルス

  • 第363回:携帯電話料金、4割値下げされたなら...

    『ニュースオフサイド』では、この時期に多発する"子どもの自殺"を防ぐ方法をサキドリました。

    自殺総合対策推進センターの研究員 森口和さんによると、全国的に夏休みが短縮化され、学校が始まる時期が前倒しになってきているため、これまで9月1日にピークを迎えていた子供の自殺も前倒しになってきているといいます。

    街のお父さんお母さんは「学校に行きたくない」と子供に言われたらどう対処するのか調査したのは細木美知代記者。話をよく聞いてあげて、学校に行くことを強制することはしないという意見があがりました。

    近年、広がりつつあるのが 「学校は行かなくてもいい」という考え方。 約10年間不登校を経験し、高校3年で起業、『学校は行かなくてもいい』の著者・小幡和輝さんにお電話を繋ぎました。

    「今思うと、もしかしたらクラスが違っていたら行けていたかも。」と当時を振り返り、「現代はインターネットや学びが出来るサービスやコミュニティもいっぱいある。自殺するほどまでに悩んで無理して学校に行くことにこだわらなくて良いのかなと思う。」と語ってくださいました。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「菅官房長官、携帯電話料金4割値下げ発言の波紋」。

    スタジオにスマホ・ケータイジャーナリストの石川温さんをお迎えしてお送りしました。

    日本の携帯電話の料金体系は世界的に見てみても、高くはないのだそうです。

    値下げとなると、ネットワークが使いにくくなったり通信速度が遅くなったり...また、現在の格安スマホと大手3社との格差もなくなるため、格安携帯会社はかなり厳しくなることも見通せるとのこと。

    「いきなり4割下げるのは受け入れられないが、今後現実的な話し合いで1割値下げくらいになるのでは。まずはユーザーがどんな契約をしているのかなどの現状を確認することから始めよう!明細書なども送られなくなってきているが、WEBで確認してみて欲しい。」と石川さん。

    サキドリ画20180822 (2).jpg

    4割値下げが実現したらどんな経済効果があるのか、まとめてくれたのは西村志野記者です。第一生命経済研究所の首席エコノミスト、永濱利廣さんの解説を交えて説明してくれました。

    サキドリ画20180822 (3).jpg

    政府の狙いについて、総務大臣経験のある菅さんの思惑、若い人のハートをがっちり掴む選挙対策、来年秋の消費増税の中和剤という3つのポイントを清水克彦デスクが解説。

    サキドリ画20180822 (4).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、27年前のあの日を思い出して「もうひとつの大阪桐蔭戦」を語ってくれました。

    夏の甲子園1991年大会、秋田高校在学時の真紀さんはチアリーダーとして大阪桐蔭戦を経験。惜しくも敗れ、着替える場所や時間もなくそのままの格好で帰る途中、「あーんなくそ田舎者に負けるわけない!」と大きな大きな声で言われたことがあったそうです。

    あの時の怖い思いも、今大会の大阪桐蔭のお互いを認め合う戦いぶりに「ようやくいい思い出に塗り替えることが出来ました」とのことでした。

    サキドリ画20180822 (6).jpg

    コメンテーターは文筆家の古谷経衡さんです。

    今日の『オピニオン』では、「年々少なくなる戦争アニメ」と題して語り下ろし!

    古谷さんが幼い頃には、8月になると戦争のドキュメントやアニメ映画がたくさんやっていたのに、最近の地上波ではほとんどやらなくなってしまったと感じているそうです。

    「戦争映画は『火垂るの墓』だけじゃなくて、たくさんある。東京大空襲を描いた『うしろの正面だあれ』や有名な『はだしのゲン』、昨年だと『この世界の片隅に』。『風立ちぬ』『紅の豚』だって戦争映画と言える。本当なら季節問わずやって欲しい。去年、広島原爆資料館では被爆再現人形が撤去されたこともあったり、戦争の追体験や原爆のことを考える機会がどんどん減って来ちゃうのはどうなんだろう?」と嘆きました。

    サキドリ画20180822 (7).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 長谷川太アナウンサーが取り上げたのは、ジャカルタアジア大会で公開競技として実施の「e-スポーツ」!

    SAKIDORI!でも何度か話題になっている「e-スポーツ」とは何ぞやという基本的なところから、今回のアジア大会でエントリーしている日本代表3名の紹介をしてくれました。

    サキドリ画20180822 (8).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 国民民主党は今日午前、代表選挙を告示。津村啓介・元内閣府政務官と玉木雄一郎共同代表がそれぞれ立候補を届け出ました。

    取材した竹田有里記者が、それぞれの候補者のことや会見の様子、このタイミングで離党を表明した柚木氏についてなど伝えてくれました。

    サキドリ画20180822 (10).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、「恋愛サイエンスを活用すればあなたもモテモテ!」というお話を。

    もっともっと詳しく知りたい方、たかよし先生のご本「医者が教える最強の恋愛サイエンス」が双葉社から発売されたばかり!ぜひこちらもご覧になってみてください。

    サキドリ画20180822 (9).jpg

  • 第362回:幕を閉じた夏の甲子園100回大会

    火曜コメンテーターの石田純一さんはお休みです。今日は、SAKIDORI!にも何度もご登場いただいている、東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授がコメンテーターを務めてくださいました。


    まず最初のコーナー、『ニュースオフサイドでは最近、世間を騒がせている事件の容疑者は一体どんな心理状態にあるのか、3つの事件をピックアップし、出口保行さんが詳しく分析。

    ①今月12日、大阪府富田林署から樋田淳也容疑者が逃走し、現在も全国に指名手配し行方を追っています。⇒今は自分の逃走がバレにくい都会に紛れ込みたいと考えているだろう。樋田容疑者は先を読む能力が非常に高いといえる。

    ②今月11日、兵庫県加古川市のダム湖で、衣装ケースに入れられた、小西優香さんの遺体が見つかりました。 森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕。⇒まだ明確になってきてはいないが、2人の容疑者は何らかの利害関係があるのでは。遺体の隠し方としては杜撰で、犯罪性が浅い人間のやり方。

    ③横浜市の大口病院で入院患者が相次いで中毒死した事件で、殺人の疑いで元看護婦の久保木愛弓容疑者を再逮捕しました。⇒社会的に大きな不満を持っていて、被害感や疎外感が非常に強い容疑者。社会的弱者を確実に仕留めに行っている。ストレスフルな現場だからと言ってそれが犯罪へ...とは一つも正当化することに繋がらない。

    SKDー20180821 (3).jpg


    『きょうのナマチュウ』 金足農業、初の優勝なるか!?決勝戦は、秋田の県立金足農業と北大阪代表の大阪桐蔭。

    西村志野記者は、今朝、秋田へ。秋田の盛り上がりや金足農業高校の様子を中継で伝えてくれました。

    SKDー20180821 (11).jpg

    ▼駅に設置されたホワイトボードには、応援メッセージがギッシリ!!

    SKDー20180821 (6).jpg

    ▼金農の活躍を称える文字も目に飛び込んできます!

    SKDー20180821 (7).jpg

    ▼高校への道中、お店の扉にはこんな貼紙も。甲子園に向かったんでしょうね!

    SKDー20180821 (19).jpg

    ▼金足農業パブリックビューイングは体育館で行われていました。

    SKDー20180821 (16).jpg

    ▼当初、300人くらいを想定していたところに、530人もの方が集まり、熱い声援を送ったそうです!

    SKDー20180821 (15).jpg

    佐藤圭一記者は、銀座 スポーツバー「B ONE」から、都内で金農の応援をするために集まった皆さんの様子をレポート。(『Column~記者たちのオフマイク~』に詳しく写真付きで書いてくれていますので、そちらもご覧になってみてください。)

    スポーツライターの小林信也さんは「今までの歴史から見ても、高校野球に対して意見とか提案というものは言えないようなものだったが、暑さ対策であるとか根本的な部分が変わりそうな画期的な100回大会になったと思う。」と振り返りました。

    そして今回、金足農業が宿舎としている ホテル・アゴーラ大阪守口 の宿泊部ディレクターの藤田正人さんにもお話を伺いました。

    お話には出てきませんでしたが、実はこんなケーキをホテルの方で用意してお祝いしていたそうです!

    SKDー20180821 (8).jpg

    SKDー20180821 (9).jpg

    SKDー20180821 (10).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』昨日に引き続き、秋田出身の石川真紀キャスターが「秋田愛」を込めて、どうしても伝えたい【金農野球がまぶしく映る理由ベスト3】を発表!

    1位:チームメイトのミスを責めない

    2位:自分たちのスタイルを大事にしている。

    3位:苦しい時こそ笑顔で!

    SKDー20180821 (2).jpg

    本日のコメンテーター、東京未来大学 こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授が語り下ろした『オピニオン』。

    これまでの"防犯"は、犯罪を仕掛けてきた・攻撃してきた時に、どう防御するかという考え方でしたが、今日、出口さんがお話してくれたのは、新しい枠組みの「攻める防犯」。

    難しいことでも危険なことでもなく、発想の転換がポイント!

    例えば、街中での挨拶運動ひとつとってみても、犯罪を犯す側からしてみると「挨拶された=自分のことを見ていた」という、ものすごい嫌がらせになるのだそうです。

    犯罪者の手の内を知り、考えることが「攻める防犯」に繋がって、犯罪を抑止することにも繋がっていくと語ってくださいました。

    SKDー20180821 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 東京ドームから長谷川太アナウンサーが、今夜のライオンズナイター解説の山崎裕之さんと共に、優勝が近付いてきた西武ライオンズについてお送りしました。


    『ニュースパレードアネックス』 夏の甲子園大会決勝。大阪桐蔭が勝って、史上初、2度目の春夏連覇を達成しました!
    金足農業も準優勝、快挙です!秋田市の金足農業高校で取材中の西村志野記者に再び繋いで、レポートしてもらいました。一緒に応援していた体育の斉藤先生は「選手の試合ごとに強くなっていく姿に勇気をもらった!帰ってきたら褒めてあげたい。本当にありがとうという気持ち。」とおっしゃっていましたね。

    最後にお電話を繋いだのは、金足農業の連日の快進撃をいつもより紙面を割いて伝え続けてきた、日本農業新聞 農政経済部次長の福井達之さん。「農業新聞ならではの視点で伝えたかった。色んな農業を知らなかった方からも関心をもってもらえたし、魅力を感じてもらえた。こちらの方が感謝の気持ち。」

    当初は今日が始業式だった金足農業高校。明後日23日に始業式は延期になっています。選手の皆さんが笑顔で帰ってくるのを、秋田の皆さん、心待ちにしているでしょうね。

    SKDー20180821 (17).jpg


    【今日の1曲】 MUGEN ROAD/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

  • 第361回:秋田県勢103年ぶりの決勝進出!

    今日の気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、全国高校野球選手権大会で秋田県勢として103年ぶりの決勝進出を決めた、県立金足農業の強さと地元の盛り上がりをお伝えしました。

    金足農業の強さはどこにあるのかを解説してくださったのは、甲子園で吉田輝星投手らを取材したスポーツライター 菊地高弘さん。

    「吉田投手のすごいところをあえて1つだけあげるとすれば、味方のミスを自分のピッチングで帳消しにするところ!金足農業はスクイズを多用したりと、ひと昔前の戦術という印象だが、そのあたりもオールドファンの心を奪う要因なのでは。」

    当然のことながら、金足農業の地元・秋田市内も、パブリックビューイングが行われるなど、連日、ものすごい盛り上がりを見せているとか!

    金足農業の学校すぐ近くの鉄板焼き屋さん「大雅」のご主人の喜びの声、今日から台湾出張という、秋田市の穂積市長からのコメントを佐藤圭一記者が紹介。声のトーンから嬉しさが伝わってきましたね!

    サキドリー20180820 (1).jpg

    最後にお電話を繋いだのは、JA秋田なまはげ農業協同組合営農センターの清水誠さんでした。午前中、お仕事をしながら試合を見ていた清水さんは「夢のよう!仕事よりもこっち優先になっちゃって(笑)粘り強く勝ち進む姿に私たちも力をもらった。明日も、花の出荷をしながら応援したいと思います。のびのび、精一杯やってもらえたら!!」

    SAKIDORI!では明日も夏の甲子園、お伝えしますよ!


    『きょうのナマチュウ』では、東京都の空き家対策について取り上げました。

    空き家の現状について、東京都 都市整備局 住宅政策推進部 住宅施策専門課長 渡辺美緒さんに聞きました。都内では賃貸用の空き家が多く、そのまま放置してしまうと植木が伸びっぱなしになったり、ゴミの不法投棄や建物自体の老朽化も心配の種に。5年ごとに行う国の調査では現在、東京都内に82万戸の空き家があるということです。

    そんな空き家を利活用する事業を行っている企業があります。

    小金井市の株式会社タウンキッチンには西村志野記者がお邪魔しました。お話を伺ったのは、代表取締役 北池智一郎さん。

    タウンキッチンは、小金井市や多摩エリアの創業や起業のお手伝いをしている会社で、郊外で起業を考えている方たちと地域に眠る資産とも言える空き家を結びつける、マッチングをおこなっています。

    実際に行われてきた利活用のお話、行政との連携、コーディネーターの役目などお話していただきました。

    西村記者20180820.jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』も秋田代表の金足農業 決勝進出の話題から、 秋田出身の石川真紀キャスターが「秋田愛」を込めて、秋田について存分に語ってくれました!

    サキドリー20180820 (7).jpg

    あきたこまちの美味しい炊き方、きりたんぽ鍋に欠かせない具、いぶりがっこのオシャレな食べ方、ほかにも「ばばへらアイス」や「生グソ」などビックリするような言葉も出てきましたね。さすが「秋田市観光クチコミ大使」の真紀さん!

    サキドリー20180820 (2).jpg

    月曜コメンテーターは健康社会学者 河合薫さん。

    今日の『オピニオン』では「面倒くさい女たち」と題して、中公新書ラクレより発売中の河合さんの新書の中に書かれている内容をほんの少しだけご紹介してくださいました。

    サキドリー20180820 (4).JPG

    「女」というものの「なぜ?」を実証実験や河合さんの経験から紐といた本になっているそう。

    問題が起きた時に女性が男性に相談をすると、男性は「問題は何なのか」と解決策を探りますが、女性は「ただ聞いて欲しいだけで、別に解決してほしいわけじゃない」などなど、興味深い内容が盛りだくさんです。ぜひ手に取ってお読みください。

    サキドリー20180820 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、陸上のスター候補について。

    なかでも今日は、走り幅跳びの橋岡優輝選手をご紹介しました。すでに5月の陸上関東学生対校選手権では強い追い風3・4メートルを受け、日本記録を5センチ上回る8メートル30を記録しているんです。そして現在、指導を受けるのは、日本記録保持者である日大の森長正樹コーチということですから、期待の星ですね!

    サキドリー20180820 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 先月、オウム真理教元幹部ら13人の死刑が執行されたことを受け、死刑制度をテーマにしたドキュメンタリー映画「望むのは死刑ですか」の上映会とトークショーが今日から3日間、渋谷で開かれています。

    1時間程の長さの映画ですが、吉田涙子記者もこの映画を見て、死刑制度について考えが揺れに揺れたとのこと。

    明日8月21日(火)は岡田尚さん(弁護士、被害者・坂本堤弁護士同僚)、8月24日(金)は小川原優之さん(弁護士、麻原彰晃の元弁護人)のトークショーも行われます。

    サキドリー20180820 (5).jpg


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    世間を賑わせているあのカップル・・・女優・剛力彩芽さんと「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長の交際報道が過熱しています。 今日はこのカップルがなぜこれほどまでに注目を浴びるのか、そして最近の動向を美保子さんに語っていただきました。

    最後は「結婚すると思います!!」とバシッと言いきった美保子さんでした。

    サキドリー20180820 (8).jpg

    【今日の1曲】 たどりついたらいつも雨ふり/モップス

  • 第360回:樋田容疑者、逃走中

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「丸5日間、樋田容疑者、未だ逃走中」。

    12日の夜に、大阪府警富田林警察署から逃走、連日3000人の警察官を導入して捜索を行っていますが決め手となる情報は得られていません。そして、今回、問題となっているのは容疑者と弁護士の接見とその後の警察の対応です。弁護士の伊藤芳朗さんによると、接見は裁判が終わるまで10~20回、時間は30分~3時間だそうで、通常終了を伝えずに帰ることはあり得ないが休日・夜間の場合は留置係が1人なので誰にも伝えずに帰ることはままあるということです。

    しかし、警察OBで、セーフティ・プロ代表、危機管理コンサルタントの佐々木保博さんは、面会室に設置されたブザーの電池が入っていなかったこと、署が建てられて以降、接見室のアクリル板は交換されていなかったこと、接見開始から2時間以上たった段階で逃走に気付くなど、警察署の対応の甘さを厳しく指摘しました。



    20180817_2

    『きょうのナマチュウ』は、「安倍総理 vs 石破元幹事長。自民党総裁候補の素顔とは?」。

    ふたりの一騎打ちとなる構図が見えてきた自民党総裁選、両陣営の動きと未来のリーダーにふさわしいのはどちらなのか取材しました。

    夏休みは取らず総裁選に向けて全力で動いているのは石破さん、世論に訴えるべく積極的にメディアに登場して支持を訴えています。水月会の広報委員長である平将明さんにお話を伺うと、漢字1字では「誠」、真面目な性格で何事にも手を抜かないそう。しかし、プライベートではカップラーメンが上手に作れなかったり、猫に好かれたりとカワイイ一面も!

    反面、山梨県の別荘で夏休みをとっている安倍総理、安倍さんの家庭教師も務めたことがある平沢勝栄衆議院議員にインタビュー。漢字1字では「強」、信念、意志が強さはピカイチだとお話してくださいました。



    20180817_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「夏休みの自由研究の題材を提供 企業がイベント開催」。

    大手コンビニや食品メーカーが子どもたちの自由研究の題材になるようなイベントを開催し、好評を博しています。

    東洋水産では、倉庫の見学会を開催、マイナス35度の倉庫内でシャボン玉を作る実験を行いました。割れないシャボン玉に大興奮の子どもたちですが、早く作らないとシャボン水も凍ってしまうそうで、このような体験ができるのも企業が協力してくれるならではですね。



    20180817_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「復興割で旅しよう」。

    西日本豪雨による風評被害で多くの宿がキャンセルされ、経済的打撃を受けています。そんな中、ボランティアで訪れた方の宿泊費を補助する制度や、ふるさと割、観光割など、民間旅行会社も復興のために観光を盛り上げるお得な割引を実施しています。

    ボランティアには行けなくとも、観光で地元を元気にすることもできます! SNSに挙げて安心を発信することも大切ですね。



    『SAKIDORIスポーツ』は、 熱戦を繰り広げる甲子園の最新情報を飯塚治アナウンサーがお届け。

    今日でベスト8が出揃います。進出を決めた学校の中で、東尾修さんが一押しに挙げるのが、秋田代表金足農業の吉田投手! 東尾さんが惚れ込む吉田投手の凄さを東尾さんの声と共にお届けしました。



    20180817_5

    『ニュースパレードアネックス』は、複数の中央省庁が、長年にわたって雇用する障害者の数を水増ししていたニュースについて。

    清水克彦デスクが今回の問題点を解説。取り締まる官庁側がいい加減になっている現状を荻原さんも「おかしい!」と厳しく批判しました。



    20180817_6

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    ニュースサイト「nippon.com」の編集部、エグゼクティブ・エディターのピーター・ダーフィーさんが『 サマータイム の導入』というテーマで語りおろし。



    【今日の一曲】 明日に架ける橋 / アレサ・フランクリン



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!



  • 第359回:加害者の目線で考えるストーカー問題

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、昨年、2万3079件もの相談件数となったストーカーの問題を加害者目線で考えました。

    まずお話を伺ったのは、ストーカー加害者の更生プログラムを実施するNPO法人、女性・人権支援センター「ステップ」の栗原加代美理事長。これまでに500人ほどがこちらのプログラムに参加し、そのうち8割の人が更生しているそうです。

    ストーカー被害を減らすために「被害に遭われた方が警察に連絡をした時点で、強制的にうちにも連絡がくるような連携と、加害者にはGPSをつけることを義務化してほしい。」と課題などをお話してくださいました。

    つづいて、ご自身が元ストーカーで現在はストーカーの加害者と被害者のカウンセリングを行っている「ストーカー・リカバリー・サポート」の守屋秀勝代表に、ストーカー行為をしていた頃のことやその時に思っていたことなどを振り返ってお話していただきました。

    当時はとにかく「私が!私が!」で自分本位な考え方で「好きになってもらえないなら、好きにならせてやる」という、相手に対して逆効果な行動ばかりしてしまっていたという守屋さん。

    守屋さんは葛藤の末、「アドラー心理学」に出会ったことで、それまでのことがフッと腑に落ち、靄が晴れたような、青空が広がるような感覚になれたのだと言います。

    「アドラー」に関する著書をお持ちの和田さんは「目的があるからストーカーしちゃう、なら目的を変えよう。人の気持ちは変わらないけど、自分の気持ちは変えられる。最終的には自己決定をしなさいという考え方。」だと解説。


    16時台、『きょうのナマチュウ』では、東京五輪の正式種目を体験できるイベントや施設をご紹介しました。

    SAKIDORI!の記者たちが未経験の種目に挑戦し、体をはってレポート!

    今日から今週末19日まで三井ショッピングパーク アーバンドッグららぽーと豊洲で行われているイベント 「東京2020 レッツゴーゴー with 三井不動産」で、西村志野記者はカヌーを体験しました。

    バランスをとるのが難しそうですが、いい感じ!

    ナマチュウ・スポーツ体験20180816 (4).jpg

    子供たちに見守られる中、ビショビショになりながら水とふれ合った西村記者。笑顔がまぶしいです!

    ご担当の東京2020組織委員会広報局の櫻井優子さんにも、イベントの魅力についてお話していただきました。

    ナマチュウ・スポーツ体験20180816 (7).jpg

    つづいて、先週土曜、大井町駅からすぐの場所にオープンした複合スポーツエンターテインメント施設「スポル品川大井町」で細木美知代記者はサーフィンにチャレンジ!

    ナマチュウ・スポーツ体験20180816 (1).jpg

    「サーフィン経験はゼロ!」というまったくの未経験の細木記者でしたが、インストラクターの方が教えてくれるので、握っていたバーを離して、波に乗ることが出来ましたよ!

    いわゆる一般的な"波のプール"とは違い、最大で1.8メートルもの波を体験できるこちらの施設。

    細木記者も「私としては、洗濯機に飛び込むような本格的な波でした!」と話していた通り、写真で見てもかなりの波ですよね。

    ナマチュウ・スポーツ体験20180816 (2).jpg

    スポル品川大井町のマネージャー佐々木穂高さんにも「腰は引けていたけど、波には乗れていたので、もう少し練習すれば大丈夫!」とお褒めの言葉を頂戴しました(^^)

    大井町駅からすぐの場所で、水着さえあればサーフィンが楽しめる!興味を持たれた方は是非一度チャレンジしてみてくださいね。

    ナマチュウ・スポーツ体験20180816 (6).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、ドイツ政府が出生届に"第3の性"を加える動きについて取り上げました。

    ドイツ政府は、男女以外の"第3の性"として、染色体の状況や身体的特徴から性別が明らかでない場合、多様性を意味する「ディバース」という項目を選べるようにするということです。

    SAKIDORI!20180816 (6).jpg

    木曜コメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    今日の『オピニオン』は、「証拠がなければ副作用じゃないのか?」

    "高齢者にこの薬は危ない"とされているもの以外でも、普段、和田さんが「この薬は大丈夫なの?」と思うものがいくつかあるといいます。副作用を調べない薬は安全と言えるのか、「エビデンス」を求めるというのなら、証拠を作っていかなければならないんだと感じたと語ってくださいました。

    SAKIDORI!20180816 (7).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は寺島啓太アナウンサーが担当。 今日は、夏の甲子園 、愛媛・済美 対 高知商業の試合について、スポーツライターの寺下友徳さんにお電話を繋いでお伝えしました。

    SAKIDORI!20180816 (8).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 前線などの影響で、北日本から西日本にかけて、激しい雨が降っているところがあり、東北や北陸中心に土砂災害や浸水の影響が出ています。最近では珍しいことではなくなっているゲリラ豪雨やゲリラ雷雨。

    気象予報士の伊藤佳子記者が、スマホやPCで手軽にお天気情報をチェックする方法をスタジオでレクチャーしてくれました。

    SAKIDORI!20180816 (4).jpg

    今日は【気象庁ホームページ】から、「今後の雨」と「危険度分布」の見方をお勉強。自分の住んでいる場所は今どういう状況なのか、これからどんな恐れがあるのかなど、確認出来て便利です!

    SAKIDORI!20180816 (5).jpg


    『SAKIDORI最前線』でご紹介したのは、ハウス食品 「フルーチェ」の和風味!

    期間限定の「わふーちぇ」でした♪ 

    サキドリ最前線20180816.JPG


    【今日の1曲】 きっと愛がある/西田ひかる

  • 第358回:終戦の日

    今日は『ニュースオフサイド』&『きょうのナマチュウ』2つのコーナーで「終戦73年、若者たちが考える 戦争」と題して、スタジオに3人の大学生を迎えてお送りしました。

    ニューヨークのコロンビア大学で留学経験がある慶應義塾大学の井上尚子さん。ロンドン大学で留学経験がある柳百香さん。北京大学に留学し、複数の学位取得を目指している早稲田大学の岡本紀笙くん。

    ~放送前の打ち合わせ風景~

    西村志野記者が学生たちをサポート。

    サキドリ!2018年8月15日.jpg

    ~SAKIDORI!生放送が始まりました。~

    サキドリ!2018年8月15日 (3).jpg

    天皇皇后両陛下や安倍総理大臣らが参列して、日本武道館で開かれた全国戦没者追悼式の模様を伝えてくれたのは山本カオリ記者です。

    「お言葉はもちろん、陛下のお姿も大変、印象深かった。言葉を超えた平和への思いがにじみ出ているようだった。」とのこと。

    退位を控えた両陛下にとって今年が最後、「平成」としても最後の追悼式。その陛下のお言葉を受け止める遺族の皆さんも高齢化しています。特別な思いで、無理をしてでも今日は追悼式に訪れた方々が大勢いらっしゃったということでした。

    ~中継レポート~
    今日はレポーターも大学生!

    靖国神社の境内から、慶應義塾大学の鈴木杏花さんが、現在の靖国神社の様子や参拝されている皆さんの声を届けてくれました。

    サキドリー終戦の日20180815 (2).jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、イギリスのエコノミスト誌の【住みやすい都市ランキング】を取り上げました。

    140都市を治安や医療、文化と環境、教育、インフラの各分野で採点。 3位に大阪、7位に東京がランクインしているんです。

    スタジオの学生は3人とも留学経験があるということで、皆さんが住んだ都市のお話を聞かせてくれました。

    さきどり20180815 (3).jpg

    お休み中のラジオショッピングの時間。

    今日は一美キャスターが、戦争に思いを馳せるという意味で訪れた3つの施設をご紹介しました。詳しくは各ホームページもご覧ください。

    ■昭和館

    ■しょうけい館

    ■平和祈念展示資料館

    さきどり20180815 (1).JPG

    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさん。

    今日の『オピニオン』では「止める阿呆にもの申す!」と題して、徳島市の夏の風物詩「阿波おどり」で、フィナーレを飾る恒例の「総踊り」を市を中心とする実行委員会が中止したことに反発し、総踊りを決行したニュースを取り上げました。

    「安全性の考慮や集客の効率化で止めたということだけれども、世界にはもっと危険で伝統のあるお祭りがたくさんある。日本のお祭り、文化に敬意を払って欲しい!」と語りました。

    さきどり20180815 (6).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』 今日もメットライフドームから。槙嶋範彦アナウンサーが、今夜のライオンズナイター解説・苫篠賢治さんに広島カープの強さについて、お話を伺いました。


    『ニュースパレードアネックス』 終戦の日に靖国神社を訪れる皆さんにお話を伺い、時間の限り、たくさんの声を伝えてくれたのは吉田涙子記者。

    若い世代の皆さんが一人で参拝する姿も多く見られ、マイクを向けてみたところ「一度は来てみるべきだと思った」「勉強として」「自分たちは戦争に関わっていない世代だけど、関わった人たちがここにいる」と、それぞれの思いで訪れていたのが分かりましたね。

    さきどり20180815 (5).jpg


    『SAKIDORIクリニック』で、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生がしてくださったのは、沖縄県の翁長知事から学ぶガンとの付き合い方。
    今月8日、67歳ですい臓がんによりお亡くなりになった翁長さんのように、ガンに立ち向かえる人と落ち込んで立ち直れなくなる人との差を分析した研究で、健康な時から自分の死について考える時間を持っているかどうかが重要だと分かっているそうです。自分の命の終わり方に思いをはせておきましょう。

    ~おまけ~

    いつもの本数ではマイクが足りないため、セッティングをしてくれたスタッフさんたちの図。

    準備中!.JPG

  • 第357回:容疑者逃走2日目の富田林を繋いで

    番組冒頭、大阪・富田林警察署から容疑者逃走のニュースを現地で取材中の山本カオリ記者に繋いでお伝えしました。

    最初のコーナー『ニュースオフサイド』でも、このニュースをさらに詳しく。

    saki20180814 (7).jpg

    容疑者逃走から2日目。手配書を配り、地域を拡大してのローラー作戦で男の捜索は今日も続いています。

    山本カオリ記者によりますと、今日も逃走経路についての捜査が進められており、有刺鉄線が張られた3mある壁を乗り越えるのに脚立が使われたかは、指紋が検出されていないことなどから謎のままとのこと。近くに住む方々の不安や怒りの声も交えてレポートしてくれました。

    saki20180814 (8).jpg

    今回、接見室のアクリル板が押し破られ逃走されたということで、アクリル板とはどういう特徴があるものなのか、東大阪市でアクリル製造加工を行っている株式会社クリエイト築島の築島克明さんにお話を伺いました。

    アクリル板は透明度が高く、【プラスチックの女王】と呼ばれていて、2ミリ~3ミリの薄いものから、水族館で使うような30センチの厚さまで様々。10ミリくらいの厚さであれば、直射日光の当たらない室内なら20年くらいはもつもので、簡単に外れたりするものではないと教えてくださいました。

    続いてお電話を繋いだのは、東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授。

    「アクリル板がそんなに簡単に外れると思ってもみず、本人もやってみてビックリしたのでは。しかし、機会があれば逃走したいと考えているもの。この容疑者は複数のジャンルの犯罪を犯している滅多にない、人の痛みとかをほとんど感じないタイプ。今後、大都市へ逃げて情報を得られる場所へ向かうことが予想される。」とのことでした。


    『きょうのナマチュウ』テーマは「日傘男子 今年は定着するか?」

    記録的な暑さが続く今年の夏。今日は、男性の日傘について取り上げました。

    まずは銀座で街の皆さんに「男性の日傘をどう思うか」、西村志野記者がインタビュー!

    「夏は焼けたいので、自分はいいかな」という意見もありましたが、「良いと思う」という好意的な意見が多かったよう。

    saki20180814 (9).jpg

    佐藤圭一記者は、日傘の効果について、体を張って調べて来てくれました。

    屋外で、「何もしないで3分立っていた場合」と、「日傘をさして3分立っていた場合」とでは予想以上に違いを感じたと佐藤記者。

    「日陰に居るのと同じで体はもちろん、目も楽!帽子だと蒸れるし髪がペシャンコになってしまうけど、日傘ならその心配もない。晴雨兼用の日傘なら、最近の急な雨にも対応できていいなと思った。」

    実は、文化放送報道部でアルバイトしている大学生の田中君も日傘男子!

    日傘を使うと体感で3℃~4℃違うと実感しているそうです。ジロジロ見られるんじゃないかと思って日傘をささない人に向けての「自分が思うほど、人はあなたのことを見ていないよ。」という言葉は突き刺さりましたね!

    saki20180814 (2).jpg

    では、実際に日傘を持つ男性は増えているのでしょうか?

    日本洋傘振興協議会 事務局 田中正浩さんによりますと、「今年は7月の中旬くらいから、日傘を求める男性の声が増加、お店によっては売り上げが6倍ほどになっている。」そうです。

    最後にお話を伺ったのは、50年ほど前から日傘男子の渡口彦邦さん。沖縄日傘愛好会 会長であり、那覇市で万年筆店を営まれていらっしゃいます。

    沖縄日傘愛好会誕生の経緯や、渡口さんが日傘を差し始めたきっかけ、日傘の良さを語ってくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、国際かんがい排水委員会(ICID)が、「世界かんがい施設遺産」に日本から4つの施設を選んだと発表したニュース!

    あまり耳馴染みのない、かんがい(漢字で書くと「灌漑」)。河川や地下水、湖などから水を引き、農作物を育てるために人工的に給排水をする施設のことなんだそうです。

    saki20180814 (3).jpg

    ラジオショッピングは今日もお休みです。

    今日のこの時間は、一美キャスターおすすめの1冊、大東文化大学法学部准教授・藤井誠一郎さん著【ごみ収集という仕事 ―― 清掃車に乗って考えた地方自治】をご紹介しました。

    saki20180814 (6).jpg

    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんの今日の『オピニオン』。

    「毎年 "終戦の日" に思うこと」と題して「平和は希少で貴重で、とてもありがたいもの。今年で戦後73年。この先ずっと戦争が起こらないように、いつまでも意識して"戦後"を続けていこう!平和ボケ、良いじゃないですか!」と語り下ろしてくださいました。

    saki20180814 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが担当。メットライフドームから、首位キープの西武ライオンズの戦いぶりについて、今夜のライオンズナイター解説・山崎裕之さんに伺いました。


    『ニュースパレードアネックス』 来月13日告示、30日投開票が決まった沖縄県知事選挙にアメリカ軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の佐喜真淳市長が出馬する考えを正式に表明しました。 亡くなった翁長知事に代わる候補に誰を擁立するかなど、焦点をまとめて石森則和記者が伝えてくれました。

    saki20180814 (4).jpg

    【今日の1曲】 一本の音楽/村田和人

  • 第356回:お盆、いかがお過ごしですか

    お盆に入り、夏休み中の方も多いのではないでしょうか?

    しかしながら、お出かけしようにもガソリンが高い!自宅で美味しいものを食べようにも野菜が高い!

    今日の『ニュースオフサイド』では、お盆に家計を直撃!ガソリンと野菜価格の高騰、その背景とこれからをサキドリました。

    まず、ガソリン価格の値動きをまとめて奥山拓也記者。

    経済産業省資源エネルギー庁が発表した今月6日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は152円10銭。高止まりは続いています。

    SKDR20180813 (3).JPG

    続いて、野菜価格高騰については、清水克彦デスクが解説。

    去年の1.5倍~2倍の価格に値上がっている野菜。出荷量そのものが、酷暑と豪雨の影響などから減っているんです。

    実際のところどうなのか、スーパー「アキダイ」の秋葉弘道社長にもお話を伺いました。

    夏野菜、そして葉物野菜など予想外の高騰、少なくとも8月いっぱいはこのままだろうとのこと。

    SKDR20180813 (4).JPG


    『きょうのナマチュウ』日本にいよいよ カジノが誕生。動き出したカジノ誘致合戦について、そして日本のIRの未来について考えました。

    誘致を考える自治体はどのような動きをしているのか、お話を伺ったのは、大阪市IR推進局推進課長 井谷宣明さんです。

    「国内外から多くの方を呼び込めるような、施設も懸念対策も世界最高水準の成長型IRを掲げている。IR推進会議、依存症研究会を重ね【大阪モデル】を構築できるよう、取り組んでいる。」ということでした。

    SKDR20180813 (5).JPG

    スタジオでは、佐藤圭一記者が誘致を予定している自治体について伝えてくれました。


    かわって、日本カジノスクール 校長の大岩根成悦さんのもとには、西村志野記者がお邪魔しました。

    本格的にカジノディーラーになるための勉強が出来るこちらのスクール。
    ディーラーのお仕事とはどういうものなのか、おおよその年収、今後日本のIRには何人くらいのディーラーが必要になってくるのかなど詳しく教えていただきました。

    「観光収入、地域活性化、雇用促進などのメリットが期待できる。先進国の中では世界最後発の日本。いい例も悪い例もきっちり踏まえて世界最高峰のカジノを作っていきたいと願っています。」

    SKDー20180813 (2).jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、早ければ今月中にも人が少ない離島や山間部限定で、ドローンによる荷物配送解禁というニュースを取り上げました。

    今までは目視できる範囲でしか飛ばせなかった規制を、国土交通省が一定の条件のもとで緩和することを決定したということです。軍事運用などではなく、過疎地の買い物弱者や災害時の物資輸送など、プラスの運用は期待ですね。

    SKDR20180813 (6).jpg

    今日からお盆体制でラジオショッピングは少しの間、お休みとなります。

    この時間、今日は一美キャスターが気になっているという茨城県東海村の東海第2原子力発電所の再稼働問題について取り上げました。

    SKDR20180813 (1).JPG

    コメンテーター、政治学者の姜尚中さんの今日の『オピニオン』は、近付く自民党総裁選について。

    自民党というのは、姜尚中さん曰く、「あれがなければこれもある!」という風に何でもありで、ある種のハイブリッドだからこそ国民の多くを惹きつけていた政党。でも今は...?

    長期政権になった今、総括して「主流派だ非主流派だ、干す干さないでは白けちゃうから、多事総論でガンガンやって!」と語り下ろしました。

    SKDR20180813 (8).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、競泳の話題。

    競泳のパンパシフィック選手権は12日、東京・辰巳国際水泳場で全種目が終了。

    この大会で、超満員の声援を受けた選手たちの感想を交えてお伝えしました。2020年の東京五輪をイメージ出来た大会になったようです。

    砂山さん20180813 (1).JPG

    写真は、つい先日「バタフライってこうやるのか!」と理解し、体得した砂山アナ。

    砂山さん20180813 (2).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 再来年の東京オリ・パラに向けた暑さ対策の一つとして、東京都は今日午前、歩道に水をまいて路面温度を測る実証実験を、マラソンコースに含まれる皇居外苑で行いました。

    SKDー20180813 (1).jpg
    水をまいたところとまかないところでは、最大で5度ほど差があったようですが、まだ実験の段階。あくまでも路面近くの温度であることや、水をまくことで湿度が上がることについてなど、課題がありそうだと感じたと伊藤佳子記者。

    SKDR20180813 (7).jpg


    『芸能アラカルト』では、放送作家でコラムニストの山田美保子さんに、 木村拓哉さんと二宮和也さん初共演の映画「検察側の罪人」、舞台挨拶の模様と映画の見どころを語っていただきました。

    「演技合戦、演技トーナメントだった!」と原田眞人監督が言うように、主演のお二人だけでなく、脇を固める俳優陣の演技も見どころだそうですよ。いよいよ来週24日から公開です。
    SKDR20180813 (2).jpg

    【今日の1曲】 青い春/back number

  • 第355回:帰省ラッシュ!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「お盆の帰省に行楽に 今年あなたはどちらに?」。

    お盆を行楽地やふるさとで過ごす方の帰省ラッシュがスタート、混雑が予想される2つのスポットから今の様子を伝えてもらいました。

    1つ目は、車の渋滞を佐藤圭一記者が東名高速道路海老名サービスエリアからレポート。駐車場は9割以上埋まり、フードコートもごった返しているそうで、愛知の岡崎市まで帰省するというご夫婦は事前にラジオなどで情報を得ながら移動しているとお話してくださいました。2つ目は空の便、羽田空港国際線ターミナルから細木美知代記者です。今日だけで約2万9千人が出国しますが、旅行会社JTBによると、今年は6年ぶりに過去最高を記録したということです。



    『きょうのナマチュウ』は、「石破茂氏、今日出馬表明。どうなる自民党総裁選」。

    コーナーが始まる午後4時から石破さんの会見が始まり、その会見の模様を聴きながら山本カオリ記者が会見のポイントを解説。「全ての人々が幸せを実感できる国づくり」をスローガンに掲げ、森友・加計問題による国民の政治不信を回復、そして行政監視機能強化を柱にすると思われます。


    インサイドライン編集長の歳川隆雄さんに総裁選について伺うと、野田総務大臣の出馬は難しく、安倍氏と石破氏の一騎打ちになると予想。安倍首相が3連続当選の可能性が高い中、注目すべきは「勝ち方」だといいます。どれだけ差をつけられるかで、その後の政局に影響が出てくると言います。



    20180810_2

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「被災地めぐり古本無料配布 長野の会社がブックバス」。

    インターネットで古本の買い取り・販売を手掛けるバリューブックスの所有するブックバスが、7日から3日間、西日本豪雨の避難所などを回り、被災者に無償で本を配りました。バスの周りには人だかりができ、避難所生活で気持ちが落ち込んでいる被災者の心に潤いを与えました。今後もブックバスで被災地を訪れるそうです。



    20180810_3

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「墓じまい」。

    今日は、お盆で帰省されるときにぜひ家族で考えてほしいお墓の問題を取り上げました。現在、無縁仏になっているお墓が全国で増えているといい、その時に考えるのが新しくお墓を作って移す「墓じまい」。しかし、墓じまいには手続きに時間と手間がかかるそうで、最近では一律で代行してくれる民間企業も登場しています。

    もしご両親に何かあったとき、今のお墓をどうするか・・・帰省して家族が集まったときに話し合ってみるのはいかがでしょうか。



    20180810_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、 熱戦を繰り広げる甲子園の最新情報を槙嶋範彦アナウンサーがお届け。

    今回は、12日(日)の第一試合に登場する東東京代表の二松学舎高校を紹介しました。



    20180810_5

    『ニュースパレードアネックス』は、東京医科大学の不正入試問題を受けて、文部科学省が全国の国公立大学と私立大学の医学部を対象に入試の公正さの調査に乗り出したというニュースをサキドリ。

    清水克彦デスクが国公立・私立の医学部の男女比を調べたところ、驚愕の実態が...! なんと、男:女=7:3、8:2がほとんどだった!?

    文部省の調査でどんな真実が見えてくるのか、結果を待ちたいと思います。



    20180810_6

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    株式会社ファーマフーズの首席研究員、黄英晴さんに軟骨を増やす働きを助けるiHAという新成分を含んだサプリメント「タマゴサミン」を紹介して頂きました。

    ウェルネスフードジャパンアワード2018、アンチエイジング部門最高位の金賞を受賞した、関心の高さを伺える商品です。ぜひ、チェックしてみてください。



    【今日の一曲】 流星とバラード / 東京スカパラダイスオーケストラ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第354回:翁長知事逝去の影響

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 翁長沖縄県知事が亡くなったことにより、早まる県知事選の行方と普天間基地 移設問題への影響を考えました。

    まず、お電話を繋いだのはラジオ沖縄 報道部デスク 小磯誠さん。

    小磯デスクも昨日の午後3時過ぎの一報を驚きを持って受けたといいます。悲しみに包まれている沖縄の様子、移設反対派「オール沖縄」をまとめていたのは翁長知事だったということで、今後のことが会議されていることなど伝えてくれました。

    続いて、翁長知事と親交が深かった沖縄国際大学の前泊博盛 教授にもお話を伺いました。

    「辺野古新基地建設反対について、翁長さんが体現していたが沖縄の民意である。そのことを忘れてはならない。民主主義は選挙の結果がすべて。あらゆる選挙で「反対」と出ているのに無視されている。誰が知事になっても沖縄の民意をきちんと体現・反映できるよう、サポートするのが私の仕事だと思っている。」と語ってくださいました。


    『きょうのナマチュウ』は、銀座・旧ソニービルの跡地に今日オープンした「銀座ソニーパーク」から生中継!

    サキドリ記者の、この二人が施設の魅力をご紹介しましたよ♪

    みちよさん&しのちゃん20180809.jpg

    西村志野記者は、来月24日まで期間限定・無料で楽しめる地下2階のローラースケート場からレポート。 夏休みということもあり、たくさんの子供たちで大賑わいだったそう!

    初心者の方も、プロのインストラクターに基本から教えてもらえるので、安心して遊べますね。


    その他にはどんなコンテンツがあるのか、たくさんのお楽しみ要素を細木美知代記者がまとめて伝えてくれました。

    ソニーのご担当者・林原さんは「もともとあったソニービルの"銀座の庭"というものを継承した形で、公園に。地下3階まで吹き抜けがあることで光が届く空間になっています。今後、2ヵ月ごとに様々なイベントを行っていく。」とのこと。

    およそ2年間の期間限定のパークということですが、東京五輪後には壊しつつ、また継承して新たな形に...という繋がったプロジェクトなのだと説明してくださいました。

    大都会の真ん中のエンターテイメント!皆さんも足を運ばれてみては!?

    ソニーご担当者20180809.jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、ニューヨーク市議会が配車サービスを規制というニュースをお伝えしました。

    ニューヨークでは、ウーバーなどによる配車サービスの利用増加に伴い、仕事が減ったタクシー運転手が生活苦で自殺するケースが相次ぎ、配車サービスの規制を求める声が強まっていたということです。

    SKD20180809 (0).jpg

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「人が人を選ぶ難しさを知れ」。

    世間を騒がせている東京医大不正問題に奈良判定、大学受験の面接ひとつとってみても、人が人を選ぶというのは、人によって判断が異なり非常に難しいことだと語った和田さん。

    アメリカでは面接を第三者機関に任せるなどしているそうです。

    信頼が揺らいでいるこの世の中で、面接であれ、審判であれ、客観的にやるのは難しいことではあるが、自覚をもって臨んでもらいたいとお話してくださいました。

    SKD20180809 (2).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』土井悠平アナウンサーが取り上げたのは、女子総合格闘家 浅倉カンナ選手! インタビュー音声も交えてお送りしました。

    これからの女子総合格闘技界をどう盛り上げたいかについては、まだ未定としながら、9月、そして大晦日の試合に出たいとのこと。今後に注目です!


    『ニュースパレードアネックス』

    来月行われる自民党総裁選挙に向けて、自民党の石原派は今日、安倍総理大臣の3選を支持する方針を決めました。 また、竹下派は長野市のホテルで会合を開き、事実上、自主投票とすることを確認しました。 国会で取材中の山本カオリ記者が詳しく伝えてくれました。


    『SAKIDORI最前線』は、今日から安蒜幸紀レポーターが担当してくれます!お名前の読み方は「あんびる・さき」さんですよ~!新しいサキドリメンバーもどうぞよろしくお願い致します!

    今日は、この季節にぴったりの「怪談師」というお仕事を紹介してくれました。

    SKD20180809.jpg

    【今日の1曲】 パラダイス銀河/光GENJI

  • 第353回:サマータイム導入すべき?

    台風13号が近づいています。夕方5時頃の浜松町はこんな様子でした。

    今日は番組の随所で、台風についての情報を入れてお送りしました。


    東京オリ・パラ期間中の暑さ対策として導入が検討され始めた 夏に生活時間を早める「サマータイム」導入の行方をサキドリした『ニュースオフサイド』。

    まず「サマータイム」がもたらす健康面の影響について伺ったのは、久留米大学の医学部教授 内村直尚さんです。

    夏の時間を全国一律で2時間繰り上げるということで、2時間早く起きることは出来ても、2時間早く寝るのは難しく、結果、睡眠時間が短くなり、不登校などの数が増える可能性を危惧していました。きちんと導入するのであれば、夜間遅くまでのお店の営業も法令で規制するなど、社会の仕組みを整えないと難しいとのこと。


    細木美知代記者は有楽町で街の声を調査。

    「サマータイム」導入に関して、賛成の数の方が若干多くあがりました。皆さん、自分の身に降りかかる身近な問題ということで、興味あり! いつもなら断られることも多いインタビューですが、足を止めて答えてくださった方がほとんどだったそうです。

    サキドリ20180808 (2).jpg

    続いて、「サマータイム」を2015年に期間限定で導入した、損保ジャパン日本興亜 人事部の高剛毅さんに、メリットについて伺ったところ、「涼しい時間に通勤できる」「退社時間を強く意識するので仕事がはかどる」「帰宅時間が早いので夕方の時間を有効に使える」などの声。

    日本の企業が「サマータイム」を導入するためには、健康面の配慮や長時間労働を防ぐため退社時間をしっかり守らせること、生産性を上げるという意味では朝にシフトするだけでいいというわけではないと感じたとお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』では、日本ボクシング連盟 の 山根明会長が辞任を表明したニュースについて詳しくお伝えしました。

    スタジオでは、西村志野記者が山根会長の進退発表とその前後の動きを整理。姿を見せて5分足らずで退席した山根会長。質疑応答などには一切応じませんでした。

    サキドリ20180808 (1).JPG

    こうした中、霞が関では、連盟に対する告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」が緊急の記者会見を開きました。取材した竹田有里記者が、審判の不正に関する山根会長の新たな音声を交え、そしてまたしても明らかになった金品の流用などについて、会場前からレポート。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、気象予報士の伊藤佳子記者が、台風13号の最新情報をお伝えしました。

    今夜遅くから明日の昼までに強い勢力を保ったまま関東に上陸。予想よりは今のところ、雨はふっていませんが、これから油断せず、明日の登校・通勤の足にも影響がありそうですので、ご注意ください。

    skd20180808 (1).jpg

    水曜コメンテーターは文筆家の古谷経衡さん。

    今日の『オピニオン』でとにかく言いたかったのは、映画【カメラを止めるな】を観よ!です。

    映画フリークの古谷さん、本当に良いものしかめったに誉めないそうですが、この作品は映画館で観終えて、感動のあまり席から立ちあがれなかったほどだと熱く熱く語りました。

    「緻密で寸分の贅肉もない。これは神の仕業じゃないか?と思うくらい全てにおいて完璧な作品。」と大絶賛!

    日本の映画史だけでなく、人類の歴史に刻まれる作品となると古谷さんに言わしめた映画【カメラを止めるな】。

    絶対に観るべき!だそうですよ。

    skd20180808 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は高橋将市アナウンサーが、大井競馬所属の的場文男騎手をピックアップ!

    これまで佐々木竹見騎手が持っていた地方競馬最多勝記録、7151勝に並んだ的場騎手。 デビューから45年、4万562戦目での偉業です。全身を使うダイナミックな「的場ダンス」と呼ばれる乗り方も説明してくれました。

    skd20180808 (2).jpg


    『ニュースパレードアネックス』
    強い台風13号、今夜にかけて暴風域を伴って房総半島に近づく見通しです。
    気象予報士の伊藤佳子記者に再び、最新情報を伝えてもらいました。

    skd20180808 (4).jpg

    そして、入ってきた速報。膵がんの切除手術を受け、療養しながら公務を続ける翁長雄志知事が意識混濁の状態に陥ったというニュースについて、入ってきている情報を清水克彦デスクがお伝えしました。

    skd20180808 (5).jpg

    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生がしてくださったのは、台風による気圧と気温の変化に要注意というお話。

    台風は災害だけでなく、体調にも悪影響をもたらす効果があることが分かっています。 寒暖差疲労の対策として、室内でもいいので体を動かすこと、睡眠をしっかりととること。


    【今日の1曲】 I Love Your Smile/Shanice

  • 第352回:東京医科大学の不正入試問題

    『ニュースオフサイド』東京医科大学の不正入試問題、全容解明へ。

    今日午後2時から東京都内のホテルで、内部調査委員会が会見を開きました。

    この会見を取材した石森則和記者が、文科省の前局長・佐野太被告の息子への不正入学から始まった不正問題の流れ、行われていた不正の詳細、驚くべきことにコンピューターで自動的に得点調整が行われるようなシステムになっていた事実など、会見内容をレポートしてくれました。

    お電話を繋いだのは、SAKIDORI!木曜コメンテーターの精神科医で映画監督 和田秀樹さん。

    「不正入試は、ほかの医大や大学でも僕はあると思う。大学側が評価をどうやっているか、男性〇枠・女性〇枠という定員を明らかにすることや受験生の得点開示など、オープンにしないとダメ!」と、お話してくだいました。


    16時台『きょうのナマチュウ』では、「ゆとり世代」について考えました。

    「ゆとり世代」とは2002年4月~2011年3月までの間に行われていた「ゆとり教育」を受けた人たちのことで、1987年から2004年に生まれた人たちが該当します。 今年の新入社員の大半を占める1995年生まれの人たちは、小学校から高校卒業まで「ゆとり教育」を受けていて「フルゆとり世代」と言われているのをご存知でしたか?

    まず「ゆとり世代」「ゆとり教育」について、「ゆとり世代」の一員でもある佐藤圭一記者が解説。

    1970年代までは「詰め込み教育」だったものが、思考力を鍛えるためなどの理由から授業時間と学習内容の削減をする「ゆとり教育」へと移っていった経緯や、佐藤記者自身が今思えば「ゆとり教育」だったと感じた週に2日の【はつらつタイム】について紹介してくれました。

    打たれ弱い・自分から動けない・プライベート優先・合理的...出てくる言葉に重みがある佐藤記者。

    サキドリ!20180807 (4).jpg

    さらに、この人も「ゆとり世代」です!

    西村志野記者が新宿から街の皆さんの声を伝えてくれました。

    「ゆとり世代」の皆さんはやはり、「なりたくてなっているわけじゃない!」「ひとまとめにゆとりと言わないでほしい」と、西村記者も共感する意見が多かったようですね。

    「ゆとり世代」以外の方からは「時間にルーズ」「ゆとり世代って言われるのがイヤみたいでかわいそう」「怒られても気にしないというか傷つかないような感じ」などの声が聞かれました。

    サキドリ!20180807 (2).jpg

    さて、「ゆとり世代」の若者とその上の世代とではジェネレーションギャップがあり、コミュニケーションの取り方が分からないという声もあるようです。

    そのあたりを『ゆとり世代を即戦力にする5つの極意(マガジンハウス)』著者で「らしさラボ」代表取締役 伊庭正康さんに伺いました。

    わざわざ競争する必要がなくなったことで、「NO.1になる」「誰かに勝つ」というよりも「誰かのためになりたい」という人が多いのが「ゆとり世代」の特徴だそう。

    ↓伊庭さんの伝授してくださった5つの極意はこちら!

    ①絆を感じさせてあげる。

    ②なぜこれをするのかの意味づけをする。

    ③「スモールステップ」1つ1つ、小さなところから教えてあげる。

    ④当たり前のことをやってるだけでも、感謝をする。

    ⑤良いお手本を身近に置いてあげる。

    サキドリ!20180807 (1).jpg

    すこーしだけ「ゆとり世代」の竹田サブキャスターは「高校生の時に、受験の間際にみんなで【土掘り】をさせられた。地球の息吹を感じようって...」

    今日の特集で「ゆとり世代」も大変だったということを感じました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、気象予報士の伊藤佳子記者が、台風13号についてお伝えしました。

    関東に影響がありそうなのは明日の夕方以降、明後日の明け方にかけてです。皆さん、今の時点で出来ること(買い物を済ませる、飛びそうなものを片付けるなど)をやっておく、早めの帰宅というように、どうぞ十分にご注意ください。

    サキドリ!20180807 (5).jpg

    火曜メンテーターは俳優の石田純一さんです。今日の『オピニオン』テーマは「杉田水脈問題、どう真摯に受け止めたのか?」

    アメリカでNO.1視聴率をたたき出したコメディ番組の主演女優ロザンヌ・バーが人種差別的ツイートをしたことで、番組自体が打ち切りになった事例をあげ、「海の向こうでは、こういう風に人種差別に容認できないとしてハッキリと処分を下す。本当に反省するなら決断すべき。自民党はこのままでいいの?」と疑問を投げかけました。

    サキドリ!20180807 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』 担当の飯塚治 アナウンサーは京セラドームから。

    今夜の「ライオンズナイター」解説の東尾修さんに、優勝に向けひた走る 西武ライオンズの戦いについてお話を伺いました。


    『ニュースパレードアネックス』 東京医科大の不正問題を受け、内部調査委員会と大学側がそれぞれ記者会見を行いました。

    午後5時にスタートした大学側の記者会見。会場前から、石森則和記者に伝えてもらいました。方針については明らかにしたものの、具体的なことは何も示されなかったようです。




    【今日の1曲】 雨に微笑みを/ニール・セダカ

  • 第351回:自民党総裁選告示まで、あと1か月

    およそ1か月後に告示される自民党総裁選挙、今日の動きに加え、これからの展望をサキドリした『ニュースオフサイド』。

    今日、注目の二人が東京都内で講演しました。

    先週、このSAKIDORI!に出演し、出馬に意欲を見せた石破元幹事長の国会内での講演については、記者クラブから山本カオリ記者がレポートしてくれました。SAKIDORI!で話されていたことと同じ内容だったそうですが、「経済の波及は地方にはいかない」と、改めて安倍さんとの対立を明らかに。

    出馬表明について山本記者は、「安倍さんはロシア外交後、もしかしたら9月にまでずれ込むかも。石破さんは25日くらいまでにはするのではないか。野田さんの推薦人は、私が知る限りだと増えても3人。20人集めるのは難しいと思われる。」と解説。


    かわって、ホテルニューオータニでの野田総務大臣の講演について伝えてくれたのは、佐藤圭一記者。

    「これまで、自民党内でも正しいことだと思うことはきちんと言ってきた。」とし、安倍さんとの一番大きな違いとして「自分は女だということ」を主張した野田さん。家庭的、優しさというものを前面に押し出した講演だったとのことです。

    サキドリ―20180806 (10).jpg


    『きょうのナマチュウ』テーマは「後継者不在で、中小企業が消えていく」。

    今からおよそ30年前、533万社あった中小企業。 現在はおよそ381万社にまで減り続けています。今日は中小企業が抱える問題と、その解決策について考えました。

    中小企業の現状についてお話してくださったのは、中小企業家同友会全国協議会 会長 広浜泰久さん。

    中小企業が減っている原因として産業の空洞化・2000年の大店法廃止・そして近年顕著なのが後継者問題だそうです。後継者が決まっていない中小企業は全体の3分の1くらいあり、このまま放置すると廃業は増加していく一方。

    「8年前に閣議決定された中小企業憲章の宣言を国会の決議にするよう求めている。また、頑張っているけれどもなかなか報われない中小企業で働く人が誇りを持てるよう、国民全体の理解を深めるためにも【中小企業の日】を制定しようとしている。」ということでした。


    西村志野記者は、中小企業を存続し、雇用と事業を守るためにM&A~合併・買収という道を選んだ日永電気工業株式会社 代表取締役 濱勇雄さんのもとへ。

    会社の事業は続けていく前提で人材確保や後継者問題、色々と考えていた時に「日本M&Aセンター」を紹介してもらったことがきっかけで、トウテック株式会社というお相手に出会うことが出来たといいます。

    そして「日本M&Aセンター」のコンサルタント 廣瀬由晃さんにもお話を伺いました。

    M&Aを行う会社は3倍ほどに増えて来ており、自社に合ったお相手を選ぶことで相乗効果も期待できるので「うまく活用してもらえたら。M&Aは結婚と似ていると言われていて、探してすぐにお相手が見つかるということではないので、準備だけはしておいた方が良い。」とポイントをお話してくださった廣瀬さんでした。

    サキドリ―20180806 (1).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、車いす利用者がスムーズに飛行機に搭乗できるよう、国土交通省が航空会社に設備を義務付ける方針を決めたニュースです。

    真紀さんの手にしているものが、設備のイメージ図。

    サキドリ―20180806 (2).jpg

    スタジオでは「妊娠中の方や小さなお子様連れ、身体が不自由な方などに加え、最近気になるのが優先搭乗の上級カード会員の長蛇の列。そんなに急いで乗り込まなくても...と思うんですけど。」という真紀さんの素朴な疑問に、元CAでもある河合さんが回答。

    サキドリ―20180806 (3).jpg

    月曜コメンテーター、健康社会学者 河合薫さんの今日の『オピニオン』は「あぁ~、残念!東京医大」と題して、東京医大が入試で女性を一律減点していたニュースを取り上げました。

    河合さんは、「そもそも女性の医者はいらないと思っている人が相当数いるということが大問題だ」と提起。

    OECD諸国の女医就業率の平均は45%なのに対し、日本は20%ほど。アメリカのハーバード大学の論文では女性医師だと「30日以内の死亡率が4%、再入院率は5%下がる」という結果も出ています。

    離職率うんぬんをまず考えるのではなく、患者にとって良い医師についてよく考えて欲しいと語り下ろしました。

    サキドリ―20180806 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は砂山圭大郎アナウンサーが、9日からパンパシ水泳が開幕するのを前に競泳の話題を取り上げました。

    メダリストを占えると言われているこのパンパシ。ですが、今日はその中でも砂山アナがどうしても紹介したいという、どん底から復活してきた渡部香生子選手をピックアップ!

    サキドリ―20180806 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』記録的な大雨で今日、山形県内では、住宅への浸水や土砂崩れなどの被害が相次ぎ、一時750人以上が孤立しました。220人が死亡した西日本豪雨被災地の真備の現在の様子と、強い台風13号の動きについて、気象予報士の伊藤佳子記者がお伝えしました。

    関東は今週水曜・木曜に台風の影響が大きく出そうだということなので、最新の情報とあわせて、避難場所などの確認もしておきましょう。

    関東地域の異常な集中豪雨時に冠水する可能性があるアンダーパス部における事故防止を図るための「道路冠水注意箇所マップ」はこちらのサイトをご覧ください。⇒「道路冠水注意箇所マップ」

    サキドリ―20180806 (6).jpg

    『芸能アラカルト』では放送作家でコラムニストの山田美保子さんに、稲垣吾郎さん主演のミュージカル「 FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」」の話題を詳しくお話していただきました。

    先週金曜、京都劇場で初日を迎えたこちらのミュージカル。美保子さんは取材でのゲネプロと昨日の公演をご覧になったそう。さすがは"吾郎さん推し"です。

    京都劇場で今月26日まで上演中。当日券が出ることもあるそうなので、要チェックですね!

    サキドリ―20180806 (8).jpg



    【今日の1曲】 love me,I love you/B'z

  • 第350回:夏、この人に聞く 井川意高さんを迎えて

    SAKIDORI!スペシャルウィークの今週は「夏、この人に聞く」と題してお送りしています。

    最終日にお迎えしたスペシャルコメンテーターは、大王製紙前会長の井川意高さん。カジノの光と闇を知り尽くした井川さんから日本のカジノの将来を語って頂きました。井川さんといえば、2011年に子会社から約106億円の資金の借り入れが発覚し特別背任容疑で逮捕、実刑判決を受けています。



    カジノにハマったきっかけを伺うと、初めてのカジノで100万円が2000万円になった所謂「ビギナーズラック」が原因だといい、そのうち回数が1年に1回、2年に1回だったものがマカオにカジノができたことで増えていったそうです。ギャンブル依存に陥ってしまう心理について、「ヒリヒリする感覚が魔力。負けたものを取り返したときが普通に勝つより興奮する」と、夢中にさせるカジノの怖さだと語りました。

    さらに、日本のカジノ開業については、入場料6000円、回数の上限は依存症防止には全く効果がないとする反面、日本の経済にプラスなお金が動くことは間違いないので、賛成とも反対ともいえないとしました。



    20180803_2

    『きょうのナマチュウ』は、「激震! ボクシング界のあしたはどっちだ!?」と題して、不正判定疑惑などで告発された日本ボクシング連盟の山根明会長の発言を振り返りながら、今大きく揺れているボクシング界の今後を考えました。

    山根会長の反論から、「自身がどのように見られているか理解していないように見える」と井川さん。日本ボクシングを再興する会の鶴木会長も、「全国から噂が出ること自体が問題」とし、山根会長が否定した過剰なおもてなしについても「接待だと感じたなら反対すればいいだけのこと」と発言に強い口調で反論しました。

    連盟側は「名誉棄損」を視野に法的措置を取る可能性を示唆していますが、鶴木さんは「新しい体制に向けて、真っ向から対応します」と今後の対応についてお話してくださいました。



    20180803_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「ドコモも更新月3ヶ月に スマホの"2年縛り"見直し」。

    KDDIに続き、NTTドコモも2年間の利用を条件に基本料金を割り引く「2年縛り」契約について、違約金なしで解約できる更新月を1ヶ月延ばすと明らかにしました。これは政府は消費者の選択の自由を奪っていると行政指導が入ったためですが、スタジオではこれで本当に対策になるのか疑問視する声が上がりました。



    20180803_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「真夏の怪談」。

    怪談ですが幽霊が出るわけではなく、今回は水にまつわる怖い話をお届け。21世紀は水の世紀と呼ばれ、世界的な水不足で水資源を確保する動きが強まっています。そんな中、日本で進む水道民営化、海外で民営化した国の多くは失敗して国営に戻っている現状を取り上げ、日本でももっと考える必要があると叫びました。



    20180803_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、槙嶋範彦 アナウンサーが伝えるのは、いよいよ明後日5日に開幕する「第100回全国高校野球選手権大会」。

    今回は、10年ぶりに出場を決めた慶応義塾高校のコーチや監督の意気込みの声をお送りしました。



    『ニュースパレードアネックス』は、栃木小1女児殺害事件の最新情報を吉田涙子記者が伝えました。

    20180803_6

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    今回は、時代の最先端を行くビジネスマンに話を伺う「一美が訊く」。中日ドラゴンズの松坂大輔投手にお話を伺いました。日本とアメリカで豊富なキャリアを積み、新しい松坂スタイルともいえる投球術で今シーズン活躍している松坂投手ですが、プロになってから未だに霧が晴れてプレイしている感覚はないそうで、「いつかは晴れると思い、試行錯誤しながらやっている」と胸の内を明かしてくれました。



    【今日の一曲】 スタンド・バイ・ミー / ベン・E・キング



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第349回:夏、この人に聞く 籠池泰典さんを迎えて

    SAKIDORI!スペシャルウィークの今週は「夏、この人に聞く」と題してお送りしています。

    4日目、お迎えしたスペシャルコメンテーターは、森友学園前理事長の籠池泰典さん。 『ニュースオフサイド』と『きょうのナマチュウ』の2コーナーに渡って、じっくりお話を伺いました。


    最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、去年7月~今年5月までのおよそ300日間の勾留生活について、籠池さんの奥さま・諄子さんにもお電話を繋ぎました。

    「今日も拘置所の中は暑いだろうと思う。本当に暑いと口に出すのもつらいくらいになる。世間では悲劇の主人公という風に思われているかもしれないが、自分を省みて見つめ直して考えを深めることが出来た。夫だけが勾留されるのではなく、一緒に入れてよかったと思う。夫のことを推し量れた。」と諄子さん。

    今、安倍総理や安倍昭恵さんに伝えたいことは?の問いには「ないです。」と元気よく明るい声でキッパリとお答えくださいました。

    さきどりSW20180802 (1).jpg

    冷暖房無しの4畳に満たない部屋で過ごた勾留生活。籠池さんは「勾留中は、宇宙のことというか崇高なところ、人間が置かれている状況でどうすれば心を静めることが出来るのかというのを考えた。張りつめてはいるけど、気持ちはゆったりとしていた。拘置所の内部にはヒエラルキーがあったりもする。改正しようと思ってもなかなか出来ない。一旦入った外の者が内部を改革しないと」

    また、安倍総理に対しての思いも包み隠さずお話してくださいました。

    『きょうのナマチュウ』で語っていただいたのは、森友学園をめぐる安倍総理や昭恵夫人の関わり、財務省の文書改ざん問題と加計問題について。

    西村志野記者は有楽町へ。街の皆さんが籠池さんに聞きたいことを取材しました。

    さきどりSW20180802 (7).jpg

    「今でも小学校の建物は見に行くことはあるのか?」という質問には「家から近いですし、考えて時間をかけて作ったもの。春夏秋冬どんな雰囲気なのか、植木の感じとか気になるので見に行く。」

    「加計学園について」は、「加計孝太郎さんは本来なら証人喚問すべき。私のところと補助金のけたが違う。ご当人も受けますよとおっしゃっているんだから。」

    ほかにも文科省の不祥事についてなど、まだまだ伺いたいことがたくさんありましたが、あっという間のお時間でしたね。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「東京医大 女子受験者を一律減点」というニュースを取り上げました。

    将来的に女性は結婚や出産、育児などで現場を離れる事が予想されるため、全体の3割程度に抑えていたということです。

    実はコメンテーターの和田さんの娘さんも、今年この被害に遭われたということでした。

    さきどりSW20180802 (3).jpg

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろしたきょうの『オピニオン』では、昨日8月1日から所得の高い高齢者を対象に、介護保険サービス利用の自己負担が2割から3割に引き上げられたニュースに注目!

    負担増になるのは単身の場合は年収340万円以上、夫婦世帯の場合は463万円以上ということで、「億単位で所得のある人には問題ないかもしれないが、年収463万円が高所得者扱いに。最初のうちは負担が少なかったものが知らないうちにどんどん上げられてしまう。」と省令について語り下ろしました。

    さきどりSW20180802 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』で高橋将市アナウンサーが今日お伝えしたのは、プロボクシング 井上尚弥 世界最強決定トーナメント参戦の話題です。井上選手の音声もお聞きいただきました。

    さきどりSW20180802 (5).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 第100回全国高校野球選手権記念大会の組み合わせ抽選会が大阪市で行われました。 清水克彦デスクが注目の試合、見所などを語りました。

    さきどりSW20180802 (6).jpg

    甲子園出場に駒を進めた学校の中で、二松学舎大学付属高校には細木美千代記者が行っていました。

    さきどりSW20180802 (8).jpg

    2年連続3回目の夏の甲子園出場が決まった二松学舎大学付属高校は、第8日の2回戦で広陵(広島)と戦うことに。

    こちらは、昨年と今年の東東京大会の優勝盾です。

    さきどりSW20180802 (9).jpg


    【今日の1曲】 夏色片想い/菊池桃子

    菊地桃子さん2ショット.jpg

  • 第348回:夏、この人に聞く 稲嶺進さんと共に

    今週はスペシャルウィーク!「夏、この人に聞く」と題してお送りしているSAKIDORI!も3日目です。

    斉藤一美キャスターはスタジオを飛び出して、沖縄県名護市へ。本日のスペシャルコメンテーター、前名護市長 稲嶺進さんにじっくりお話を伺いました。


    最初のコーナー『ニュースオフサイド』は「埋め立て承認撤回でどうなる? 辺野古移設問題の行方」。

    沖縄県の翁長知事は先週金曜日、アメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、仲井真前知事による埋め立て承認を撤回すると表明しました。11月に沖縄県知事選挙が行われるのを前に、政府と沖縄県の対立が再燃した形となります。

    まずは「承認撤回までの経緯」と「今後想定される流れ」 を西村志野記者が整理。

    sakidori-20180801SW (1).jpg

    沖縄県の翁長知事の埋め立て承認撤回について、稲嶺さんは「民意というものをしっかり受け止め、決断されたということだろう。移設工事の環境保全の留意事項というものがあるのに、それらをちゃんとしないでやっている。辺野古の工事を見て、市民の皆さんはあきらめ感を感じているかもしれないが、進捗としては全体の1%くらい。まだまだ後戻りができないわけではない。」

    翁長知事の任期満了が11月。それに伴う沖縄県知事選が控えていますが、翁長知事は4月にすい臓がんの切除手術を受けたばかりで、今現在、出馬の意思を表明していません。

    知事選に出馬すると思うかについて伺うと「出馬するだろうと思う。最近は顔色も良くなってきているし、今の時点で翁長さんしかあり得ない。」とし、稲嶺さんご自身の出馬は「120%ない!」と即答されました。


    つづいて『きょうのナマチュウ』では今日から始まった催し「こども霞が関見学デー」の模様をお伝えしました。夏休み期間、子どもたちが中央省庁の仕事に触れ、学ぶイベントが26の府と省庁でスタートしています。

    その中の1つ、国土交通省のイベントを取材したのは竹田有里記者。

    sakidori-20180801SW (10).jpg

    名前の通り、建設系~交通系など27のプログラムで、様々な体験が出来るコーナーがたくさん!

    大盛況で長蛇の列だったそうです。

    ちなみに毎年人気のオープンバスツアー、明日も午前10時から整理券の配布を行うということですから、狙っている方はぜひ!

    sakidori-20180801SW (11).jpg


    内閣府の「沖縄を感じよう」プログラムについては細木美知代記者がレポート!

    sakidori-20180801SW (8).jpg

    こちらでは沖縄の貝殻でアクセサリーを作ったり、紅型模様の法被を着て記念撮影できたり、親子で楽しめるプログラムが企画されています。

    子供たちも「シーサーはライオンだと学びました!」「ゴーヤが沖縄の野菜だって初めて知りました!」などなど楽しみながら、沖縄のことを知ることが出来たようですね。

    sakidori-20180801SW (5).jpg

    スペシャルコメンテーター稲嶺さんはこの催しについて「沖縄はまるで外国、パラダイスって感じで観光のイメージしかない。通常なかなか触れることが出来ない、沖縄の文化や歴史などを体験できるプログラムがあったらいいな。」とおっしゃっていました。

    最後に、沖縄の新たな動きを伝えてくれたのは、ラジオ沖縄の小磯誠デスク。

    増える観光客ですでにパンク寸前の那覇空港を緩和するための第二滑走路のお話、これまで「ゆいレール」のみで慢性的な交通渋滞に悩まされていた沖縄に新たな鉄道が敷かれるというお話などをしてくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、全国学力テストの意識調査で明らかになった、小学生の6割、中学生の7割が新聞を読んでいないというニュース。

    学力テストでは、新聞を読む頻度が高いほど、国語、算数・数学、 理科の平均正答率は高い割合を示しているそうなのですが、新聞離れが進んでいるようです。

    スタジオでは、新聞の読み方やどんな記事が好きかなどで盛り上がりました。

    sakidori-20180801SW (3).jpg

    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさん。

    きょうの『オピニオン』では「LGBT、生産性ない?」と題して、批判を受けている杉田水脈議員の「LGBT生産性ない」発言について取り上げました。

    「おっしゃっている"生産性"という言葉にフォーカスして言うならば、LGBTが家族にいる人の方が子供の数が多いというのを以前、化学ジャーナルかな?読んだことがある。」と指摘。

    いまや「Ladies and gentlemen」すらも「everyone」や「passengers」に言い換えられたり、海外のセレブ達は「Pangender」や「Pansexual」という単語を使ったり、Facebookでは男か女かの2つだけでなく、50もの呼び方があったりするそんな世の中だというのに「何言ってるの!!」と語り下ろしました。

    sakidori-20180801SW (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では飯塚治アナウンサーが、現地8月2日から始まる全英女子オープンに初挑戦する、女子ゴルフの畑岡奈紗さんを取り上げました。

    なんとバンカーが、174も点在する半端じゃないコースということです...!

    4日間の戦い、苦手だと話すリンクスコースをどう攻略するか!?トップ5入りを期待したいところです。

    sakidori-20180801SW (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』 築地市場から移転する豊洲市場の開場について、東京都は今日、法律に基づき農林水産大臣に認可を申請しました。対して、築地市場の営業権を持つ業者らの組合などが農林水産省を訪れ、東京都からの申請を受け取らないように要請...。

    一件落着とはいかないこの問題。営業組合の皆さんが何に怒っているのかを、吉田涙子記者が伝えてくれました。


    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』。

    今日は、健康を取り戻す夏のレジャーについて教えてくださいました。
    ブラブラと歩くことが脳には必要!この季節オススメは水族館や博物館に出かけること。 館内は広く歩き回れるし、冷房もきいているので暑すぎる心配がありません。 発見や刺激を受けることが脳には理想的!また、涼しい高原での昆虫採集や、アスレチックも良いとのことですよ。

  • 第347回:夏、この人に聞く 田中眞紀子さんを迎えて

    今週は「夏、この人に聞く」と題してお送りしているSAKIDORI!

    2日目の今日はSAKIDORI!ではもう"準レギュラー"!? 元外相・田中眞紀子さんにお越しいただきました。


    田中眞紀子さん、石田純一さんに時間いっぱい斬っていただいた『ニュースオフサイド』テーマは「これでいいのか、安倍政権」。

    重要法案の強行採決や西日本豪雨の初動対応について、さらに、9月におこなわれる自民党総裁選ではズバリ誰が適任かも伺いました。


    かわって、16時台の『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは「夫婦の役割分担、理想と現実」。

    博報堂生活総合研究所の調査によりますと、「夫も家事や育児を分担すべきだ」と答えた夫が8割を超え、30年前のおよそ2倍になったことがわかりました。

    西村志野記者は上野で街の声を取材。

    女性側からは「けっこう協力してやってくれている」という意見が多く聞かれましたね。男性側は「やっている気になってしまうと怒られる」という声も。

    西村記者―20180731.jpg

    眞紀子さんのご主人は家事はやってくれるのでしょうか?

    「食器をふいたりしまったり。あとは野菜がちょっと足りないなんて時に買いに行ってくれたり。自分も出来ることはやるっていうことが出来る人。いいの選びました(笑)」


    石田さんは?

    「抱っこだけは上手いって言われる。あと、劇団時代にバイトで皿洗いをやっていたので、洗い物は得意!」
    サキ20180731 (4).jpg

    お電話でお話を伺ったのは、マーケティングライターで世代・トレンド評論家の牛窪恵さん。

    今回の調査は、妻が主導権を握っていることが浮き彫りになった。亭主関白が17.8%というが、こんなにいるかな~?というのが正直な印象だといいます。

    「男性が損をする【男損】の時代。男性もよく家事に参加するようになってきてはいるのだけれど、女性が求めているところにはまだまだ。女性は男性が得意なところを褒めて伸ばす!男性は「何か手伝うよ」というのは禁句!何をしたらいいか分からないなりに行動に移して見せることが大事!」とのアドバイスでした。

    続いて、夫婦の役割分担を新しい視点からとらえた活動「お父さんバンク」について、発起人で江ノ島 喫茶ラムピリカ店主の義廣千秋さんに伺いました。

    この「おとうさんバンク」は、お父さんの得意技(レジャー系、運転、スポーツ、料理、DIYなどなど)を持て余している側と、それを必要としているシングルマザーを無料で繋げる仕組みなんです。

    義廣さんご自身がシングルマザーで喫茶店を経営している中で、お客さんによってそれぞれ得意分野が違うことが分かり、いろいろ相談する人が増えたことでこの仕組みを作ってみたのだそう。

    これまで、子供の運動会での応援、撮影、お弁当作り、ほかにも授業参観や登山など依頼され、マッチング!

    「ヘルプして欲しい」「ヘルプしたい」という人同士が出会える、もっと力を抜いて自由に手を繋げる世界になっていけばという思いがあるそうです。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』は、今日の主なニュースをご紹介。俳優の勝地涼さんと、元AKB48で女優の前田敦子さんが結婚し「笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います」とコメントを出したことについては

    眞紀子さん「うーん、うち、怒鳴ってばかりだから...。」

    石田さん「基本的に家庭内での言論の自由はないです。」

    サキ20180731 (6).jpg


    スペシャルコメンテーター 眞紀子さん、火曜コメンテーターの石田純一さんそれぞれに『きょうのオピニオン』を語り下ろしていただきました。

    眞紀子さんは、杉田水脈議員のLGBT「生産性ない」発言についてもの申す!

    「議員の質の悪さだと思う。ダイバーシティがないから、えらくシンプルな、簡単な考え方しか出来ない。おそらくご注意を受けても気にもしないんじゃないかしら。」

    サキ20180731 (10).jpg

    石田さんは、「国会議員にもの申す!」と題して先週に引き続き、国会の中と外との乖離について。

    国会議員は国民の代表であるわけだから、謙虚に、国民の意思をくみ取ってもらいたいと語りました。

    サキ20180731 (2).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』はメットライフドームにいる松島茂アナウンサーが、この後17時50分からの「ライオンズナイター」解説を務めてくださる東尾修さんと、そして、今日はゲストとして1979年の西武ライオンズ誕生時から6年間、東尾さんと共にプレーされた田渕幸一さんと一緒にお送りしました。

    コーナーの最後の方は、もう二人の言い合いで大騒ぎ(笑)愉快でした。


    『ニュースパレードアネックス』 日本ボクシング連盟の山根明会長らが、助成金流用だけでなく、審判に圧力をかけ、試合の判定を操作していた疑いや、グローブの販売を1社に独占的に販売させていた疑いが浮上しました。

    石森則和記者が手に持っているのが、告発状の束。

    連盟の幹部二人の生々しい音声と、告発側弁護士の岩井翼さんの声をお聞きいただきました。

    サキ20180731 (8).jpg


    【今日の1曲】 BELOVED/GLAY

  • 第346回:夏、この人に聞く 石破茂さんを迎えて

    SAKIDORI!スペシャルウィークの今週は「夏、この人に聞く」と題してお送りします。
    初日、お迎えしたスペシャルコメンテーターは、自民党の石破茂元幹事長。 『ニュースオフサイド』と『きょうのナマチュウ』にお付き合いいただきました。

    まず『ニュースオフサイド』は、ニッポンのリーダー像、自民党総裁選について。

    現時点で、まだ誰も正式に出馬は表明していませんが、3選を目指す安倍総理大臣と石破さんとの一騎打ちになるのでは?との見方が有力ということで、石破さんご本人に日本が持続的に発展していくために必要なこと、そしてニッポンのリーダーに必要なことを伺いました。

    出馬表明は「一番いい時期」とひとこと。「どの時期が一番いいのか、いろいろな要素を考えながら決める」ということでした。

    サキドリSW20180730 (2).JPG

    そして『きょうのナマチュウ』では、石破さんと一緒にニッポンの安全保障・外交問題を考えました。

    西村志野記者は有楽町で、次期自民党総裁に望むことをインタビュー。

    「モリカケのような、ごまかしはやめてほしい」「私たちの生活レベルに合わせた議論を!」「経済の安定」「人口減少対策」と、国民生活に本当に必要なことをやってほしいという声が聞かれましたね。

    西村記者20180730.jpg
    これを聞いて「これが実感でしょう。あらゆる地域、職種、世代みんなが幸せを実感しないと政治に値しない。」と石破さん。

    「守ってもらっている代わりに、その考えには従います」というアメリカ任せの現状についてや、安全保障で切っても切れない北朝鮮問題・拉致問題についても語っていただきました。

    サキドリSW20180730 (4).JPG

    リスナーさんからの質問「石破さんがトップになったら、言いたいことが言えない自民党の内情を打破できますか?」に「打破しなきゃ自由民主党じゃない。昔はもっと自由に言えた。今は言っても取り上げてもらえない。いろんな忖度の集合体。」

    また「オススメの気分転換は?」という質問には「もし政治家終わったら何しようかなー」という妄想と、めったにないが気心の知れた仲間と「70年代アイドル歌謡について語り合うこと」だとニコニコ。

    聞き逃してしまった方はぜひradikoのタイムフリー機能も使ってみてください!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、 日本ボクシング連盟が助成金の流用や金銭の授受、さらには試合の判定などの不正を重ねているというニュースを取り上げました。

    都道府県連盟の幹部、元選手ら関係者333人が、連盟の資格停止処分などを求めて告発状を送ったことがわかったということです。

    世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太選手は、自身のフェイスブックを更新し「潔く辞めましょう」 と批判しています。

    SWサキドリ20180730.JPG

    コメンテーターは健康社会学者の河合薫さん。今日の『オピニオン』テーマは「杉田議員LGBT発言と津久井やまゆり園事件の根っこにあるもの」でした。

    批判が広がっている自民党・杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」発言について、河合さんは杉田議員が寄稿したその全文を読んでみて、津久井やまゆり園の被告が言い放った「障害者は生きていても意味がない」を思い出したそうです。
    「生きている意味がない」と「生産性がない」は同義であると思うと河合さん。
    そもそも【障害者】という概念は、産業革命が起きた時代に正当に働けるか否かを見分けるために出来たもの。
    杉田議員の言う「普通」という見方は、実は私たちの世間の色々なところにあふれていて、私たち一人一人が「そういう考え方をしていないかな?」と自分に問うことでしか失くせない感覚なのだと語り下ろしました。

    サキドリSW20180730 (8).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は、砂山圭大郎アナウンサーです。今日は、28日午前に神宮球場で予定されていたものの、台風12号接近のため、30日に延期となっていた高校野球西東京大会決勝の話題をお伝えしました。日大三が日大鶴ケ丘を5-3で制して優勝、5年ぶり17回目の夏の甲子園出場を決めています。

    サキドリSW20180730 (5).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 今年10月11日に開場する江東区の豊洲市場。 懸案だった土壌汚染対策の追加対策工事が完了し、今日、専門家会議が確認結果について説明会を開きました。 また、今日は説明会に先立ち、報道陣に地下ピット内が公開されました。

    取材したのは伊藤佳子記者。レポート中はまだ豊洲の管理棟の中で質疑応答が続いているとのことでした。


    放送作家・コラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、フリーアナウンサー 小林麻耶 さん結婚のおめでたいニュースを取り上げました。

    青山学院大学在学中に小林麻耶さんが出演した『恋のから騒ぎ』の放送作家を務めていた美保子さんだからこそのお話をしてくださいました。

    ちなみに、お相手である4歳年下の一般男性については、どの週刊誌も未だに掴めていないそうです。

    サキドリSW20180730 (1).JPG


    【今日の1曲】 C-Girl/浅香唯  

  • 第345回:いよいよ明日!Jヴィレッジ一部再開!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「福島復興のシンボル・Jヴィレッジが地元に果たす役割とは?」。

    東日本大震災から約7年4ヶ月、福島県の日本初のサッカーナショナルトレーニングセンター・Jヴィレッジが、明日、いよいよ一部再開します。今回は、福島県復興の姿を国内外に発信する氏名を担っているJヴィレッジのこれまでとこれからをサキドリしました。

    Jヴィレッジ副社長の上田栄治さんに再始動への想いを伺うと、「待ちに待ったわくわく感でいっぱい。本当にサッカーができるのか? といったご意見もあるが、一度お越し頂いてその風評を払しょくしていきたい」と語ってくださいました。記念式典のドリームマッチに参加するサッカー解説者の秋田豊さんも、「落ち着いて合宿できる場所がなかったから嬉しい。これからもサッカー人口を増やしていきたい!」と意気込んでいました。

    来年春の全面再開に向けて、今後も目が離せません。



    20180727_2

    『きょうのナマチュウ』は、「台風12号接近中! 今、何にどう備えるべきか?」。

    週末、本州に上陸する恐れがある強い台風12号。地震とは違い、事前にしっかり予測できるからこそどのように対策すべきなのか考えました。

    細木美知代記者は、二子玉川から中継。地元のハザードマップをどのくらいチェックしているのか住民の方々にお話を伺うと、「見たこともなかった」という声も聞かれました。改めて備えの大切さを考えさせられます。

    では、具体策とは? 静岡大学教授で防災総合センター長の岩田孝仁さんに電話を繋ぎ、ハザードマップの読み取り方、今の段階でするべきことなどを伺いました。



    20180727_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「高齢者に "ルームシェア" 要請。広島・坂町 公営住宅避難で」。

    西日本豪雨で被災した75歳以上の一人暮らしや夫婦のみの世帯に対し、当面の住まいとして公営住宅でのルームシェアを要請しているというニュース。全くの知らない方とのルームシェアではなく、同級生や親せき同士といった組み合わせを想定しており、顔見知りの人が多い地域柄だからこそできる対策だということです。



    20180727_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「天気を知って節約しなさい!」。

    5年前の調査で、「天気予報を知らなかったことで損をしたことがありますか?」という結果について、4人に1人は「はい」と答えているそうです。その内容は、急な雨で傘を買った、タクシーを使った、寒くてコートを買ったなど・・・。平均にすると約7500円というから驚きです!

    これは天気をちゃんと知ることで節約できますよね! 他にも夫婦円満になる? 彼女ができる!? など、面白い仮説も紹介してくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』は、サッカーJ1のFC東京vs長崎戦が行われる味の素スタジアムから高橋将市アナウンサーがお届け!

    解説者、盛岡隆三さんに試合のポイントや見どころを紹介して頂きました。



    20180727_5

    『ニュースパレードアネックス』は、日大アメフト部の悪質タックル問題の最新情報を清水克彦デスクが伝えました。

    教職員組合が求めていた4つの要求を大学側が「応じかねる」と回答していた問題について、日大は社会的信用を取り戻そうと本気で考えているのか首をかしげてしまいます。



    20180727_6

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    一般社団法人 日本ランニング協会代表理事の小林 渉さんから、日本ランニング協会の取り組みや、この時期ランニングをする際の注意点を紹介して頂きました。

    やはり注意すべきは熱中症対策ですが、スポーツドリンクはもちろん、ミネラル入りの麦茶も適しているそうです! カフェインがなく無糖、そしてミネラルが補給できるということで、現場でも推奨しているんだとか。



    【今日の一曲】 海 / サザンオールスターズ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!



    来週はスペシャルウィーク! テーマ「夏、この人に聞く」

    7月30日(月) 河合薫 + 石破茂さん(自民党元幹事長)

    7月31日(火) 石田純一 + 田中眞紀子さん(元外相)

    8月 1日(水) 堀口ミイナ + 稲嶺進さん(前名護市長)

    8月 2日(木) 和田秀樹 + 籠池泰典さん(森友学園前理事長) 「世の中SAKIDORI」ゲスト勝間和代さん出演

    8月 3日(金) 荻原博子 + 井川意高さん(大王製紙前会長) 「世の中SAKIDORI」ゲスト松坂大輔投手出演

  • 第344回:万引き対策はここまできた!

    今日のSAKIDORI!はまずオープニングで、オウム真理教の一連の事件で死刑が確定していた6人の死刑執行のニュースを取り上げ、元刑務官でノンフィクション作家の坂本敏夫さんに繋いで解説していただきました。
    教団の元代表 松本智津夫元死刑囚ら7人には今月6日に刑が執行されていて、これで13人全員の死刑が執行されたことになります。


    まず最初のコーナー『ニュースオフサイド』では年間被害4000億円という万引きについて取り上げ、最新の対策をサキドリました。

    「万引き」対応に小売店が頭を悩ませる中、 新たな取り組みやサービスが始まっているんです。

    AI(人工知能)を活用した万引き防止サービス「AIガードマン」を開発した会社「アースアイズ」に細木美知代記者がお邪魔し、山内三郎代表にお話を伺いました。

    「AIガードマン」は、AIを搭載したカメラが来店者の不審な行動を自律的に検知し、通知。

    細木記者、実際に体験してみて「普通に品物を見ているウロウロ・キョロキョロには反応しないのに、万引きをする前のあやしいウロウロ・キョロキョロには反応したんです!」と驚いていました。

    しかも、AIに色々な行動を教えることでどんどんかしこくなるとのこと。すごいぞ「AIガードマン」!

    山内さんは「これで被害がなくならないようならば、料金は頂きませんと言える!そのくらい自信があります!」と熱く語ってくださいました。

    中継記者さん20180726 (1).jpg

    さて、万引きの中でも、より深刻と言われているのが高齢者による万引きです。 東京都は先月4日から、およそ1か月間、 万引きを繰り返す高齢者やその家族を対象にした電話相談を実施。

    この電話相談について、お話を伺ったのは東京都 青少年治安対策本部 総合対策部 安全安心まちづくり課 課長、 濱村竜一さん。平日にもかかわらず70件ほどの相談があったといいます。

    「万引きをしてしまう本人だけでなく、その家族や知人からの相談も多かった。また、生活に困窮してやむなく万引きをしてしまったという方は少なかった。」ということでした。


    『きょうのナマチュウ』 日本サッカー協会は午後2時から理事会を開き、日本代表の次の監督に東京オリンピック世代の代表監督を務める 森保一氏を承認する見通しということで、西村志野記者が取材しました。

    中継記者さん20180726 (2).jpg

    街の皆さんは森保氏について「U-20もうまく引き連れているから、若い子の扱いが上手そう」「若いこと仲がいい」「サンフレッチェ時代を知っているので良いと思う!」など、かなり期待しているようでしたね!

    sakidori-20180727 (9).jpg

    では、今回の人事、専門家の方はどのように見ているのでしょうか?

    スポーツライターの戸塚啓さんは、日本人が監督をすることの意味について解説。

    日本人の曖昧なニュアンスも日本人同士だからよく分かるので、チーム作りもうまくいく。また、外国人の監督のように契約満了で母国へ帰るということができない=「逃げ場がない」ので、覚悟が違ってくるということでした。

    (ちょうど、この時間に正式に森保監督就任の速報が入ってきました。)

    「森保さんは【ドーハの悲劇】を体験した人で、最後の最後まで手を抜いてはいけない、気を緩めてはいけないんだということをよく分かっている。僕は今、決まって心で拍手しました(笑)」と戸塚さんも好意的にお話してくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、「文科省汚職で飛び火 文科省幹部を収賄容疑で逮捕」というニュース。

    東京地検特捜部は今日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の 業務に関連し、医療コンサルタント会社側から飲食などの接待を 受けたとして、JAXA元理事で文部科学省国際統括官、 川端和明容疑者を収賄容疑で逮捕。 また元会社役員、谷口浩司被告を贈賄容疑で再逮捕したということです。

    sakidori-20180727 (1).jpg

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。

    テーマは「なぜ日本はウーバーが規制されているのか」。
    日本でも周知されつつあるウーバーですが、本国アメリカで主としているのが「配車サービス」です。この仕組みについて説明、大阪地震で被災された方が何時間もタクシー待ちしたこと、外に出掛けたくても今年のこの酷暑でなかなか...という方にもウーバーは持って来いだと和田さん。
    「乗る側はもちろん、乗せる側も暇な時間におこづかいが稼げる、双方にメリットがあるウーバーのようなものこそ規制緩和を!」と訴えました。

    sakidori-20180727 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は土井悠平アナウンサーが、U-20女子サッカー日本代表の宮澤ひなた選手の選手としての魅力、人柄について星槎国際高校湘南を訪ね、取材!

    渋谷はな選手と加藤もも選手、柄沢俊介監督の声を交えてご紹介しました。

    sakidori-20180727 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 今日午後、東京・多摩市の建設現場での火災、現時点で分かっている情報を清水克彦デスクがお伝えしました。

    sakidori-20180727.jpg

    『SAKIDORI最前線』、早川茉希レポーターは今回がラストレポとなりました。

    sakidori-20180727 (6).jpg

    今日は、文京区にある印刷博物館で活版印刷を体験!

    sakidori-20180727 (5).jpg

    【今日の1曲】 Feel me, See me, Hold me/GeNTLe BReeZe

  • 第343回:公立学校にエアコンを

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    気象庁が「災害と認識している」と表明するほどの記録的な猛暑が全国各地で続いています。 今日は、公立学校のエアコン設置問題がなぜ思うように進まないのか、地域差が生じる原因を掘り下げ、エアコン設置を促す方法を特集しました。

    まずは「日本の気温の変化」と「公立小中学校のエアコン設置の現状」 を西村志野記者が整理。

    さきどり20180725 (8).jpg

    学校の教室にエアコンが設置されていないことを、街の方々はどのように受け止めているのか?

    公立小中学校の普通教室のエアコン設置率が0%の千葉市には細木美知代記者が行っていました。

    インタビューしたお子さんたち「学校の廊下だけでもいいからエアコンをつけて欲しい」と切実です。親御さんたちも「出来たら早くつけてもらいたい」「体温管理がまだ出来ない子供たちなので心配」「顔を真っ赤にしながら登校しても学校が暑い...かわいそう」などの声が聞かれました。

    さきどりー中継20180725 (3).jpg

    このような千葉市のようにエアコン設置率が0%の地域がある一方で、 設置率が100%の地域もあるんです。 なぜこのような地域格差が生じているのかを、 名古屋大学大学院 教育発達科学研究科・准教授、内田良さんに解説していただきました。

    いくつかの自治体でエアコン設置が進まない背景には、億単位のお金がかかってしまうという財政的な事情があり、「暑さは我慢できる。もっとほかに大事なことがあるでしょ。」と、エアコンの優先順位が下げられてしまうそう。

    「エアコン設置は校長に言えば解決するというレベルの話ではない。その市や町全体で取り組むことなので、教育委員会など、校長よりも上に働きかけないといけない。昔と今では環境は違う。エアコン設置は最低限の環境管理であると思う」と内田さん。



    『きょうのナマチュウ』豊洲市場の開場まであと2か月半。豊洲の現状と課題をサキドリました。

    今日、現在の築地から豊洲へと市場が移転するのを前に、新旧2つの市場を一度に見学できるバスツアーが行われました。 ツアーを実施したのは、東京などの名所めぐりで知られる「はとバス」。

    このバスツアーに一般のお客様と一緒に、竹田有里記者が参加しました。

    天井はなく、オープンになっているバス。築地市場内もこのバスに乗ったまま見学します。

    さきどりー中継20180725 (2).jpg

    豊洲市場は管理棟の飲食フロアなどは着々と内装なども完成してきているそうですが、仲卸業者さんのところは...ご覧の通り、ガラーン。間に合うのでしょうか?

    さきどりー中継20180725 (4).jpg

    今日のこのツアーには34名の方が参加されたそうです。

    配られた暑さ対策用のグッズで身を固めた竹田さん(^^)

    さきどりー中継20180725 (1).jpg

    さて、関係者の方は、どういう思いで豊洲市場の開場に備えているのでしょうか?

    お話を伺ったのは鮮魚の仲卸業者、株式会社亀谷の亀谷直秀社長。

    今年に入って、1月・5月と行われた施設の動線などを確認する訓練については「こんな感じかな~程度の印象。あまり参考にならなかった。豊洲は使い勝手が悪い!とか言われているけれど、まだ誰も使ってみてないわけで、我々が実際にこれからどうやっていくかだと思う。細かい調整をしていきたい。」また海外の方には【築地】と【豊洲】の違いがあまり分かってもらえていないのでは?という古谷さんの問いには「【築地】という名前がなくなるのは心配。でも【豊洲】という名前を。これから世界の人たちに広めていかないと!」とお話してくださいました。

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、"日傘男子" 流行の兆しについてお伝えしました。

    近年、暑さ対策として注目されつつも、女性用アイテムというイメージがあった日傘が、この夏は男性用の販売数が急増。 業界からは「酷暑が恥ずかしさに勝ったのでは!?」との声が上がっているそうです。

    ちなみに古谷さんは、日傘よりもサングラス派。

    さきどり20180725 (10).JPG

    水曜コメンテーターは文筆家の古谷経衡さん。

    今日の『オピニオン』では、「杉田水脈議員、僕の通信簿ではぶっちぎり最低点」と題し、LGBTは「子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」などと否定的な見解を寄稿したことが批判を呼んでいる自民党の杉田水脈衆院議員についてお話してくださいました。

    これまで杉田議員が出した本を読み、議員になるまでの足かけ5~6年も注意深く見て来ていた古谷さんにとって、彼女の世界観・思想・主張は以前からこうであり、今回物議を醸している一件についても驚いていないとのこと。

    「自分の意見と違うものはすべて「左翼」だとしてしまっている。さらには「左翼」「左派」「サヨク」などなど、呼び方もバラバラで定義が全然分からない。採点しようにもゼロです。もう世界的にも問題になっているので、国益重視の自民党がこれはおかしいよって肩を叩くべきではないのか。」と語り下ろし。

    さきどり20180725 (9).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが、夏の全国高校野球選手権大会 準決勝・決勝について取り上げました。

    全国の12大会で代表校が名乗りを上げ、東京・神奈川・千葉の大会もいよいよ大詰めを迎えています。明日、26日に準決勝、週末に決勝が行われ、100回目の夏の甲子園は8月5日からスタート!

    さきどり20180725 (1).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 人気アイドルグループらの一部の追っかけファンの間で「新幹線の不正乗車」などが横行していることが明らかになりました。 警視庁は今日、追っかけのための悪質な不正乗車を防止するため、交通機関などとの検討会議を初めて開催。

    どうしてこんなことをするのか、そしてどのような手口なのかを吉田涙子記者が説明してくれました。

    さきどり20180725 (6).jpg

    『SAKIDORIクリニック』は、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、「熱中症対策 命を守る正しい水分補給 」について伝授!
    この暑さで、のどが乾いたら水を飲むという従来の常識はもう通用しないそうです。30分おきになかば強制的に水を飲みましょう。とにかくこまめに水分補給をすることが大事。


    【今日の1曲】 午後のパレード/スガシカオ  

  • 第342回:東京オリンピックまで、あと2年

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、2020年東京五輪開幕まであと2年ということで、各地で行われているイベントをご紹介し、メディアセンターとして使用される東京ビッグサイトの展示会問題を取り上げました。

    まずは東京都庁、千代田区と2つのイベントを取材した佐藤圭一記者のレポートからスタート。都庁ではラジオ体操のイベント、そして千代田区ではウェイトリフティング、競歩、空手などの選手によるデモンストレーションも行われ、なかでも清水希容選手の空手の形は非常にカッコよかったそう!

    saki20180724 (2).jpg

    つづいて、東京スカイツリーで開催されているカウントダウンイベントには石森則和記者が。

    バスケットボールや卓球、ボクシングなどなどいろんな体験ができるコーナーで、石森記者は射撃を体験。そのほか、全国キャラバンの出発式なども行われました。

    かわって、東京ビッグサイトがオリンピック開催に伴い、展示会や見本市などの会場として使えなくなる問題。昨日、展示会問題については関係者への説明会が行われました。

    説明を受けられた主催者や関係者の皆さんはどう思われたのか?お話を伺ったのは、展示会の設営・施工を行っている株式会社エクス・アドメディア 総務課 課長 中村千恵美さん。

    「私たちの気持ちがなかなか伝わらない、求めているものとかけ離れているなという感じ。小池都知事へも訴えをしているが、ちゃんとお返事は未だ無し。ちゃんと答えて欲しい。メディアでも、この問題についてはあまり取り上げられていないような気が。」と語ってくださいました。

    竹田さん20180724 (2).JPG

    『きょうのナマチュウ』テーマは「駅のエスカレーターで事故頻発。どう防ぐ?」。

    私たちも普段から利用している駅のエスカレーターでのマナーやルール、そして事故が起きた場合、保険は利くのかなど、専門家のお話を交えてお伝えしました。

    JR東日本をはじめとした全国の鉄道事業者や空港施設などが昨日から、エスカレーターの手すりにつかまろうと呼びかける安全キャンペーンを始めています。

    「様々なお客様が安全に・事故ゼロ!」を目指してのこちらのキャンペーンの概要や、「あんまり手すりにつかまりたくないな」という方のためにも手すり自体の衛生面の配慮もされているということなど、東日本旅客鉄道株式会社 サービス品質改革部 課長 持立雄也さんに詳しくお話を伺いました。

    では、万が一、エスカレーターの事故が起きてしまったらどうすればいいのか?

    お電話を繋いだ、ファイナンシャルプランナーの藤川太さんによると、エスカレーターで起こった事故はケガの場合「傷害保険」が使えるそうで、「傷害保険」に入っていなくても、自動車保険に入っていれば、その中にある「人身傷害補償特約」というものが使える可能性が。どういうケースに適用されるか細かく書かれているので、まずは契約の約款をよく読んでみましょう。

    西村志野記者は、街の皆さんが、普段エスカレーターを利用するときにルールやマナーを気にしているか取材しました。
    「お酒に酔ったお年寄りがエスカレーターで転んでしまったのを助けたことがある」

    「ベビーカーにお子さんを乗せたまま、エスカレーターに乗るのは危ないので自分はやらない」

    「靴の高いヒールが挟まってヒヤッとしたことがある」

    「急に荷物をかけ直したり、背負い直して、それがぶつかりそうになった」

    「自分のロングスカートを踏んづけて危ない思いをした」など様々なお話がきけました。

    西村記者20180724.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、今月21日、暑さでレールが歪み車両が脱線した富山県射水市の路面電車「万葉線」運転再開のニュースをお伝えしました。

    こちらが「万葉線」の画像です。

    saki20180724 (3).JPG

    今回、冬場に使う雪を融かす装置の水を使ってレールを冷やすという対策をとったということです。暑さ対策で融雪装置を使うのは初めて!

    saki20180724 (4).jpg

    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんの今日の『オピニオン』は、「民意は反映されているのか?」と題して語り下ろし!
    一般に世論調査というものは質問の設定などによって、異なる結果がでることは当然あることだが、今回、参院6増法やIR整備法、どの新聞社の結果を見てみても法案への反対が多いことは明確であり、「小選挙区制の良くない部分と言えるが、今、死に票になっている民意のことを、議員の方々、もっと感じて!!」と訴えました。

    saki20180724 (1).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』はメットライフドームから寺島啓太アナウンサーが、今夜のライオンズナイターの解説をつとめてくださる東尾修さんとともに、プロ野球・後半戦が始まって各チームが6試合を終えた今、それぞれのこれまでの戦いの振り返りと今後を予想!


    『ニュースパレードアネックス』政府は、人手不足を解消するため、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた関係閣僚会議の初会合を開きました。

    これまではある種、専門職に限られていたものが今後は一般の単純労働にも外国人労働者が入るということになっていく流れ。

    外国人労働者受け入れのメリットとデメリットについて、清水克彦デスクが解説してくれました。

    saki20180724 (5).jpg


    【今日の1曲】 夏のクラクション/稲垣潤一 

  • 第341回:国内最高気温更新!

    今日は、暦の上で1年で最も暑いとされる「大暑」。全国的に今年一番の暑さとなりました。埼玉県熊谷市で41.1度を観測し、東京都青梅市や岐阜県多治見市などでも40度以上を記録。

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』でも、この連日の猛暑を受け、明日で東京五輪、大会まで2年となるのを前に、どんな対策が求められるのかサキドリました。

    イギリスの新聞「タイムズ」は東京五輪について「アスリートと観客が死のリスクにさらされる」と懸念を表明。

    そんな東京を少しでも冷やそうと、今日、東京ミッドタウン日比谷では打ち水イベントが開催されました。

    佐藤記者20180723.jpg

    取材した佐藤圭一記者は「20分ほど前に小池都知事らが紺色の法被姿で打ち水。見た目には涼し気だった。お風呂などの二次利用水での打ち水ということで、環境にやさしい涼の取り方だなと感じた。」と伝えてくれました。

    つづいてお話を伺ったのは、ロンドン五輪・男子マラソン代表の藤原新さん。

    藤原さんが走った6年前のロンドンは、暑いと言われながらも30度を下回っていたそうで、もしもこの東京五輪で走るとなったら「走りたいけど、実際のことを考えてみると不安。いつでも倒れれるように救護班を充実してほしい。鍛錬している選手であっても危険な暑さ!」とおっしゃっていました。

    つづいて、観客向けの猛暑対策に目を向けましょう。 実際のマラソンコースの気象条件を観測して選手と観客への影響を分析した専門家、東京大学大学院工学系研究科の横張真教授にお話を伺いました。

    2016年・2017年の7~8月に2か月間、人へのダメージなどを分析した結果、もっとも悪い条件が重なってしまうと【きわめて危険】という結果が出たといいます。

    「観客は多様性が高く、お年寄りや子供、南半球の寒い季節のところからやってきた人などへの影響は大きいのではないか。また、屋内の競技場に入るまで何時間も並んだり、最寄り駅やターミナル駅での暑熱も心配。」だとお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』テーマは「登山をされる方は要注意!低い山ほど用心が必要」。

    低山登山の危険性について取り上げました。

    警視庁によると、2016年の山岳遭難者が最も多かったのは長野県でしたが、2000m級の山がほぼない東京が3番目、神奈川県が8番目...。

    なぜ低い山が危険なのか、伺ったのは公益社団法人日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太さんです。

    「低い山ほど末広がりで地形が複雑になっていたりする。高い山に比べて、少しなめてかかってしまう部分もあり、慣れていない人が下山で焦って、道を間違えてしまうということも。」

    もしも低い山で道に迷った場合は、原則としてその場に留まって、携帯電話が繋がるのであれば救助を呼び、指示に従うこと。谷や川、沢は意外と深いので、動き回るとかえって危険です。

    では、低い山やトレッキングへ出かける際の備えはどうしたらいいのか?山岳ライターの石丸哲也さんにお話を伺いました。

    「低い山はスニーカーでもいいが、トレッキングシューズや軽登山靴の方がスリップしにくいのでオススメ。夏場は吸湿速乾素材の服装で、さらに薄手のフリースやウインドブレイカーなど羽織るものもあると、日が暮れて寒くなった時にも良い。」そうです。

    さて、夏休みに入り、山登りを楽しまれている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?西村志野記者は、高尾山へ。見た目には、緑も多く、涼しげですが、やはりとても暑かったようです。

    今日は、熱中症対策もぬかりなく、山登りを楽しんだ方が多かった様子!

    saki20180723 (3).jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』ではまず、気温41.1 度を記録した埼玉県熊谷市から山本カオリ記者のレポート。

    「暑いです~!呼吸するのもちょっとしんどい...。街の方にお話を伺ったところ、エアコンも効きにくいそう。日が当たるところでは肌を突き刺すような暑さがあるが、風があるので体感的にはいつもよりは多少マシかなという声も聞かれました。」とのことでした。


    そして、西日本豪雨の被災地で、熊本地震で被災した自治体職員が支援活動のニュースもお伝えしました。

    SKD20180723 (1).jpg

    月曜コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。

    高齢者や障害者、妊産婦ら特別な配慮が必要な被災者向けに、災害時に開設される避難所で災害救助法に基づき自治体が公共施設や福祉施設などを指定する「福祉避難所」というものについて取り上げました。今回の西日本豪雨で被害が大きかった岡山、広島、愛媛の3県でも46カ所で開設され、計253人が利用しているそうです。

    「避難所で専門的な知識がない方が高齢者の介護にあたるのは、お手洗いの問題一つとってみてもとても大変なこと。あと2年後には10人のうち6人が60歳以上になる、これだけの高齢者社会で、いつ災害に見舞われるかは分からないのだから、日常から備えるという意味で、介護の体験をもっと地域が協力して行っていけるといいのでは。」とお話してくださいました。

    SKD20180723 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では 砂山圭大郎アナウンサーが、30日から世界選手権が始まる バドミントンの話題を取り上げました。

    例えるならば、"見てすぐそれを絵に出来る画家のよう"な桃田賢斗選手と、"驚くような手を持っている将棋の棋士のよう"な山口茜選手、この二人を覚えておいてください。

    SKD20180723 (2).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 東京オリ・パラの開幕まで明日であと2年、「東京2020オフィシャルショップ」が新宿西口にオープン! 伊藤佳子記者が取材しました。

    こちらは公式ライセンス商品を販売する初の常設店舗ということで、今日オープニングイベントも行われました。

    訪れていたお客さんに1番人気だったのは、公式キャラクター"ミライトワ"のぬいぐるみ(SSサイズ)だそうです。ちなみに1番大きなサイズ(130㎝・6㎏)は14万円ちょっと。

    SKD20180723 (4).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』。

    芸能界で広がる 西日本豪雨支援の輪、その活動についてお話していただきました。皆さん、自分の出来る形で様々な支援をされているんですね。

    ただ、このようなボランティア活動や義援金寄付を芸能人や著名人がすることで「売名」と叩かれてしまう世の中に、違和感を感じると美保子さん。

    SKD20180723 (6).jpg


    【今日の1曲】 男と女 - GRANDIS MIX -/クレモンティーヌ 

  • 第340回:虐待から子供を守れ!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「政府の緊急総合対策で虐待を受けている児童を守ることはできるのか?」。

    児童相談所が対応した児童虐待の件数は年間10万件を超え、今や早く取り組まなければならない社会問題となっています。政府は、今年3月東京目黒区で両親に虐待により死亡した女児の事件を受け、2020年までに児童相談所を支援する児童福祉司を約2000人増員するなどした緊急総合対策を閣議決定しました。

    NPO法人「児童虐待防止協会」の津崎さんよると、人員不足を補う増員対策には賛成する一方、知識や経験を持った児童福祉司が職を続けられるかが問題だとしています。様々な問題に対処できるようになるには最低5~10年はかかるそうで、いかに組織の専門力がキープできるかがカギになるそうです。



    20180720_2

    『きょうのナマチュウ』は、「内閣不信任案から自民党総裁選へ。安倍総理の明日をサキドリ」。

    すでにゴールデンウィーク明けから9月の自民党総裁選への動きが見られているという国会、安倍総理の出馬表明の時期や対抗馬の動きなどをサキドリしました。



    20180720_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「列車に刃物持込み禁止へ ~殺傷事件で国交省対策~」。

    東海道新幹線で行った男女3人殺傷事件を踏まえ、国土交通省が20日、列車内に梱包していない刃物類の持ち込みを禁じる方針を明らかにしました。箱にいれるなどしてしっかりと梱包されたもの以外での持ち込みをした乗客は強制的に列車から退去させることができるようにするそうです。



    20180720_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「水道の民営化なんかおやめなさい!」。

    過去の国鉄民営化を例に、利益を上げているところと、JR北海道など経営が厳しく税金に頼らざるを得ない状況に陥っているところの厳しい二分化を紹介。また、実際に水道が民営化して水道費が倍になってしまったというマニラを取り上げながら水道の民営化の危険性をお話してくださいました。



    『SAKIDORIスポーツ』で高橋将市アナウンサーが伝えたのは、「eプロ野球、プレイボール!」。

    20180720_5

    今、大きな注目を集めているeスポーツ。NPBがコナミと共同でeプロ野球リーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の設立を発表しました。昨日の会見で話すNPBの斉藤コミッショナーの声を紹介しながら、今後さらに注目を集めるeスポーツの魅力を語りました。



    『ニュースパレードアネックス』は、「土用の丑の日、都内のかば焼き商戦の現状とは!?」

    老舗うなぎ屋やイオンを取材した伊藤佳子記者、うなぎの価格高騰が叫ばれる今、消費者はどのような変わり種で土用丑の日を楽しんでいるのか取材しました。

    20180720_6


    20180720_7

    なまずや白身魚、サバなど様々なかば焼きを試食しました。



    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    株式会社ファーマフーズの主席研究員・黄英晴さんから、ニワトリのタマゴから発見した新成分iHAとは何かを教えて頂きました。iHAは、軟骨成分を生み出すことができ、歩く、座る、立つといった日常動作をサポートしてくれます。そのiHAを含んだおすすめのサプリメント「タマゴサミン」をご紹介! 効率よくiHAを摂れるタマゴサミン、「文化放送を聞きました」で初回限定半額以下でお求め頂けます。お問い合わせは0120-497-005まで。



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!



  • 第339回:スクールセクハラの実態

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマは「学校で起きる性被害 "スクールセクハラ" の実態」。

    文部科学省によると、2016年度にわいせつ・セクハラ行為で懲戒免職などの処分を受けた公立小学校、中学校、高校の教員は過去最多の226人。1990年度と比べて10倍以上、懲戒免職に限ると43倍となりました。

    そこで今日は、学校で起きる性被害スクールセクハラの実態に迫り、防止策を考えました。

    スクールセクハラの被害者支援活動を続けてきた神奈川大学名誉教授で、NPO法人スクールセクシュアルハラスメント防止・関東ネットワークの代表 入江直子さんのいらっしゃる神奈川大学に西村志野記者がお邪魔しました。

    スクールセクハラは学校での権力構造が1つの要因になっていて、大人と子供、教員や生徒、顧問と部員など力の差が生じることで起こりやすくなっていると言います。

    学校では死角や密室となる場も多く、安心な場も個別に呼び出されてしまうと1対1の密室が設定されてしまうことも...。

    サキドリー20180719 (2).jpg

    続いてお話を伺ったのは、性暴力被害者らを支援するグループ「Thrive」の代表でスクールセクハラの被害者でもある涌井佳奈さん。
    学生時代にどういった被害を受けたのか、その後どのように乗り越えていったのか、トラウマになったという衝撃的なお話をしてくださいました。

    涌井さんの「Thrive」では、ご自身の過去の経験を踏まえ、被害から時間が経ってからの支援も行っていらっしゃいます。
    「セクハラやいたずらを軽く考えがちだけれども、絶対にいけないことなのだと、危機管理などやっていくべきだと考える。1%の被害者に目を向けず、99%の普通の生徒や先生を守る動きになってしまう。」と涌井さん。


    『きょうのナマチュウ』 政府・与党が今の国会での成立を目指している、カジノを含むIR=統合型リゾート施設整備法案。この法案をめぐっては、依存症を心配する声があります。

    今日は、カジノ経験20年のベテランから、人を惹きつけてやまない理由を聞き、ギャンブル依存症を防ぐための対策をサキドリました。

    まず日本にカジノを作ることをどのように思っているのか、有楽町で細木美知代記者がインタビュー。
    34名の方にお話を聞いて、賛成12・反対22という結果になりました。多くの方が「風紀が乱れるのではないか」「犯罪が増えそう」「依存しちゃう人が出てくるのでは」などのイメージをお持ちのようです。

    サキドリー20180719 (1).jpg

    お電話を繋いだのは『本物のカジノへ行こう!』の著者でカジノのプレイヤーとして20年の経験を持つ作家の松井政就さんです。

    松井さんは、20代前半で初めてカジノに足を踏み入れ、「映画の世界に入ったかのよう」な非日常感、体中の血が沸き立つような感動を覚えたのだそう。

    なんとこの20年間で、田舎に一軒家が建つくらいはカジノに注ぎ込んできたということですが、負ける悔しさから様々なことを学び、カジノを運営する側の「のめりこませるための工夫」など語ってくださいました。

    そんな松井さんにIR整備法案について伺ったところ、「最初、誤報だと思った」とのこと。カジノが出来た方がいいと思っている松井さんでも「僕はこのカジノには行かない」とキッパリ!

    日本人に課す高額な入場料も、入場料が惜しくてカジノからなかなか出なくなってしまうためかえって逆効果だと指摘。そして、週に3回までというのも「そんなに行ってたらもうその時点で依存症だと思う」と世界のカジノを知る松井さんだからこそのお話を聞けました。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、特殊詐欺事件に絡み、公的機関の職員を装った相手に高齢者がキャッシュカードを盗み取られる被害急増のニュースをお伝えしました。

    カードを偽物とすり替えるのが特徴で、 警察庁が注意を呼び掛けています。手法が巧みですが、公的機関の職員がカードを提示するよう求めることはないので、不審なことがあったら報せましょう。

    saki20180719 (1).jpg

    木曜コメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    今日の『オピニオン』では、自殺のニュースをメディアなどが大々的に報じれば報じるほど、誘発されて自殺が増えてしまう研究結果のお話を。

    自らの死を選んで亡くなる方の10倍「死にたい」と思っている人が居ると言われており、そういう人にとって自殺のニュースは大きくのしかかってくるため、メディア側は正義感で報道しているわけだが、そのあたりを気を付けないといけない報道の難しさについて語ってくださいました。

    saki20180719 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は寺島啓太アナウンサーが担当。

    東京五輪 の競技日程が昨日固まり、海外の代表チームの事前合宿もすでに日本各地で始まっています。 今日はその中から、パラオの事前合宿地となっている宮城県蔵王町にスポットを当て、蔵王町教育委員会スポーツ振興課の佐藤武憲課長補佐のお話を交えてご紹介しました。

    パラオと日本、いろんな共通点があるんですね!

    saki20180719 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 日本列島は今日も高気圧に覆われ、京都市で39.2℃、埼玉や群馬はところどころ37℃を超えるなど、東北から西日本の広い範囲で気温が上昇しました。高温に関する異常天候早期警戒情報も発表されています。

    気象予報士の伊藤佳子記者がこの厳しい暑さ、いつまで続くのか解説。

    今週末、そして来週も猛烈な暑さは続く見込みです。熱中症・熱射病にはくれぐれもご注意ください。

    saki20180719 (4).jpg

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』は、「金魚のふるさと江戸川区 第47回江戸川区 金魚祭り」をピックアップ!

    saki20180719 (6).jpg

    【今日の1曲】 情熱 熱風 せれなーで/近藤真彦

  • 第338回:良い睡眠が仕事の効率をUPさせる!

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 効率的に働くために企業が取り組みを進める「睡眠改善」について特集しました。

    まず「日本人の睡眠時間」と「労働時間」の現状を細木美知代記者が整理。

    日本人の1日の平均睡眠時間は7時間22分。これだけ聞くと「たくさん寝ている!」と感じるかもしれませんが、じつは調査対象となった31か国中で最も短いんですって!
    そこへきて、日本人の年間労働時間は1724時間で、31か国中、4番目に多いそう。
    saki20180718 (1).jpg
    世界的に見ても「睡眠不測の国」である日本。その影響から労働生産性がかなり低いことも明らかになっています。
    そこで先月13日から「お昼寝タイム」を導入した寝具メーカー「西川リビング」のマーケティング戦略部 課長 吉田幸司さんにお話を伺いました。

    「西川リビング」では、45分間のお昼休み後、業務時間の15分間をお昼寝タイムに。休憩が減ってしまう...というストレスなく、業務の一環としてお昼寝してもらっているそうです。
    座ったままの15分間のお昼寝は、夜の睡眠に影響を与えることなく、午後からの仕事への集中力を高めたり、疲労感が減り心身ともに楽になったという感想も出ているとお話してくださいました。

    続いて、寝苦しいこの季節、どうすれば良く眠れるのか、東洋羽毛工業 の睡眠健康指導士 金子勝明さんに伺いました。
    ■脳を昼間、疲れさせる。
    ■シャワーで済ませず、寝る前に入浴してリラックスする。
    ■寝る直前までスマホやパソコンなど、明るい光を見ない。
    ■アルコールを摂り過ぎない。
    ■カフェインを摂取しない。
    ■ごちゃごちゃと考え事をしない。
    などが、良い睡眠をとるためのコツになります!
    布団に入っても眠れない時は、無理に寝よう寝ようとあがくよりも、一度布団から出てストレッチをしてみたり、読書をしてリラックスを心がけてみるといいということでした。


    『きょうのナマチュウ』では、首都圏の各大学でオープンキャンパスがピークを迎えるのを前に、2019年度大学入試の傾向をサキドリました。
    大学受験はどのような傾向にあるのか、大学通信常務取締役の安田賢治さんによると、文系の就職が良くなってきて、このところの文系の学部人気はいまだに続いている。受験生は安全に現役合格を狙う人が増加していて、大規模な私立大学は狭き門のため、中堅どころの私立大学が志願者数を伸ばしているとか。

    受験生はどう見ているのか、お茶の水で西村志野記者が、様々な悩みを抱える受験生の声を聞きました。
    西村記者20180718-お茶の水.jpg
    そして、近頃はAO入試で合格を目指す受験生も増えていますよね。
    このAO入試について、大学側・受験生側のメリット、さらには勝つための秘策を、清水克彦デスクが伝授!
    saki20180718 (3).JPG


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、今日から東京ビッグサイトで開催されている「猛暑対策展」をご紹介しました。展示会を取材した伊藤佳子記者がレポート。
    saki20180718 (4).JPG
    佳子さんが「もう、ものすっごい風なんです!!」と言っていたのはこちら。
    冷風機やミストを出す機械などの大きなものから...
    Sニュースパレード20180718 (1).jpg
    冷却ベストや
    Sニュースパレード20180718 (2).jpg
    涼しくかぶれるヘルメット
    Sニュースパレード20180718 (6).jpg
    バケツエアコンも! 
    Sニュースパレード20180718 (4).jpg
    ほかにも佳子さんが以前から目をつけていた、塗るだけで室内の温度を下げてくれる「遮熱塗料ミラクール」などなど、「へぇー!」と感心してしまうような猛暑対策の品々がズラリ!


    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさん。
    今日の『オピニオン』では、ミイナさんが一緒にお仕事をしている編集者の徳谷柿次郎さんが、長野県の古民家を利用して、出品者を募り、雑貨や洋服を販売する面白いお店を展開しているそうで、そちらにお邪魔して感じたことを語り下ろしてくださいました。

    「かつてはニューヨークや東京が夢を叶える場所だった。でも都会はライバルも多ければ、家賃など色々なものが高いし、夢を叶えるのは難しい。今回、地方にこんな舞台があるんだ!と気付かされた。夢を叶えたいなら、地方に行こう!」とミイナさん。
    saki20180718 (8).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』で飯塚治アナウンサーが取り上げたのは、「巨人・上原投手、43歳、奮闘する夏の戦い!」の話題です。
    日米通算100勝・100セーブ・100ホールド史上初の投手トリプルハンドレッドに王手!
    4月、日米のマウンドの違い、打者の違いに苦しみましたが、本来の姿を取り戻しつつあるということで、今日は熊本で上原投手にインタビューした音声も交えてお伝えしました。
    saki20180718 (5).jpg

    『ニュースパレードアネックス』
    地上から電柱をなくす「無電柱化」の最新の技術や製品、サービスなどが集まった展示会「無電柱化推進展」が今日から東京ビッグサイトで始まりました。こちらを取材したのは吉田涙子記者。
    以前、SAKIDORI!でも取り上げた「無電柱化」ですが、改めて、これを進めるメリットや課題などをまとめて伝えてくれました。
    saki20180718 (6).jpg


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、熱中症も夏バテも、対策の決め手は「首」にある!というお話をしてくださいました。
    正確には、「脳」の温度を冷やすことが暑さ対策になるとのことですが、この「脳」を冷やすには太い動脈が通っている首を冷やせば良いのだそう。
    首元が開いている服装で風を通したり、タオルや手ぬぐいを首に巻く場合には、保冷剤をくるんで巻くなどの工夫を!


    【今日の1曲】 ジェットコースター・ロマンス/KinKi Kids
  • 第337回:コメンテーターに浜田敬子さんを迎えて

    火曜コメンテーターの石田純一さんはお休みです。

    今日はコメンテーター、ビジネスインサイダージャパン 統括編集長で雑誌AERA 前編集長の浜田敬子さんとお送りしたSAKIDORI!でした。

    最初のコーナー『ニュースオフサイド』 西日本豪雨から10日あまり。ボランティア活動が本格化し、復旧が進み始めた場所もある一方、被災者の皆さんの多くは今もなお、不自由な生活を強いられています。

    昨日まで現地を取材してきた伊藤佳子記者に、報道されていない細かな問題について、被災地の方の生電話を交えて伝えてもらいました。

    学区ごとに連絡がまわるため、そこからもれてしまうと色々なことが伝わってこず、孤立状態になってしまう方がいたり、避難所もみんながみんなプロではないので、物資をもらいに行ってもなかなかすんなりいかないことも...。

    すでにお店なども再開して物資が手に入るようになった地区の方が、物資をもらいに来てしまって、そこの線引きをどうするか、ボランティア同士でのいざこざなどもあるようです。

    また、ご遺体が見つかった安芸区の女子高校生のお話では、まだ捜索中の段階でSNSやインターネット等で色々と書かれたと、悲しいやるせない声も聞かれました。

    今の時代、SNSは大変便利なツールである反面、使いようによっては...という部分が大きいですね。

    さきどり20180717 (4).JPG

    そして、現地取材で伊藤佳子記者が出会った、クルマの製造業をされているMさんにお電話を繋ぎました。Mさんはご自宅が浸水被害に遭われ、趣味で集めていたものやお気に入りの洋服、思い入れのある品々もダメになってしまったといいます。

    また、ご近所の皆さんで片付けをするも「いる」「いらない」の分別で、揉め事が起きて泣き出してしまう方がいらっしゃったそう。Mさんご自身も「気持ちの面もあってなかなかすぐには...」と心の内を明かしてくださいました。


    西村記者2018ー0717.jpg

    かわって、銀座にある広島県のブランドショップ「TAU」に、西村志野記者がお邪魔しました。こちらでは募金箱も設置されています。

    被災地を応援しようと、都内にあるアンテナショップで買い物をした方もいらっしゃるのでは?この3連休、2割ほど多くお客様が訪れ、お買い物をされたそうです。

    スタッフの松村さんは「各メーカーさんの想いのこもった商品、私たちも協力体制でやっていきたい。みんなで力を合わせて広島を応援したい!ぜひお店へお越しください!」とお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』観光地、熱海復活、その奇跡とは?

    高度経済成長期には、新婚旅行や社員旅行でにぎわう一大観光地だった熱海。 バブル経済が崩壊後の2000年前後から街は衰退。 廃墟と化した大型ホテルが目立ち始め、1960年代には530万人いた宿泊者数も2011年には半分以下に。

    しかし、その時期を境にV字回復を果たし、今、熱海には再び多くの観光客が押し寄せています。 熱海復活の舞台裏を探りました。

    まず、お話を伺ったのは熱海市長 齊藤栄さん。

    市の取り組みとしてプロモーションに力を入れ、熱海の良いイメージを広めようと努力。ロケハンをしにくるADさんを積極的に迎える試み「ADさん、いらっしゃい」や、12年ほど前には古木化していた梅や桜を全面改修したことも大きく、功を奏したのではとのこと。

    続いて、東洋経済新報社から「熱海の奇跡~いかにして活気を取り戻したのか」を出版されたNPO法人「atamista」代表理事、株式会社 machimori代表の市来広一郎さんにもお話を伺いました。

    市来さんは、高校生だった20年くらい前、どんどん廃墟のようになっていく街を見ていて「どうにかしたい!」と考えていたといいます。地元・熱海の人こそが地元のファンになることが大事だと考え、熱海で出来る楽しみを発掘し企画・開催していったそうです。

    「V字回復と言われているけれども、これに甘んじていてはいけない。過去、大きなものに頼り切って衰退した。人も商売も小さくてもいいから地道に、これからどんどん熱海で起業してもらえたら」と語ってくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、林業大学校の開校のニュースです。

    2015年度以前は長野や静岡など全国で10校だったのが、17校にまで増加。 林業技術者の高齢化が進む中、こうした取り組みの結果、年平均3000人の新規従事者を確保できているそうです。

    さきどり20180717 (5).jpg

    浜田敬子さんが語り下ろした今日の『オピニオン』、題して「自立した個人がチームを強くする」。

    浜田さんご自身が携わるビジネスインサイダージャパンの記事で、最近非常に反響があったという「広島県立安芸南高校サッカー部」のお話。

    サッカー部の3年生が主導で自主的に40人くらいのメンバーが集まって掃除隊を作り、いち早く被災地の片付けや土砂出しの作業をしたと話題になっています。

    今日はそんな安芸南高校サッカー部をまとめる畑監督のユニークな指導法を紹介。常日頃から整理整頓、他人に感謝する、自分で考えるなど、サッカーよりも大切なことがたくさんあるんだという指導をされているのだとか。

    「畑監督は、今回の件を聞いても何も驚いていなかった。普段からそう行動しているから、一人一人が自分で考えて、自立して行動することが出来る人間が育まれている。スポーツの意味を改めて考えさせられた。」と浜田さん。

    さきどり20180717 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では長谷川太 アナウンサーが、文化放送で実況を担当されていたサッカーW杯 フランス優勝を振り返り、フランスの選手育成方法と日本の状況についてもお伝えしました。

    フランスが暗黒時代だった過去から、1988年に設立されたクレールフォンテーヌ国立サッカー養成所とはどういうものなのか説明。

    今回大活躍だったエムバペ選手もこの学校を出ているんだそう!

    さきどり20180717 (6).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 今月24日、東京五輪 開催まで2年となる中、マスメディアを対象にした「施設見学ツアー」が行われました。

    工事が進められている競泳会場の「アクアティクスセンター」、カヌー・スプリント「カヌー・スラローム会場」、ボート会場の「海の森水上競技場」
    バレーボールなどが行われる「有明アリーナ」などを見学し帰ってきたばかりの石森則和 記者がレポート。

    担当者によると「ほぼ計画通り」とのことですが...、間に合うのか少し心配になる進捗状況です。

    さきどり20180717 (1).JPG


    【今日の1曲】 MOTOR DRIVE/レベッカ

  • 第336回:西日本豪雨 被災地はいま

    今日は海の日。三連休の最終日ですね。

    SAKIDORI!は通常放送でした。お聴きくださった皆さん、ありがとうございます。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    西日本豪雨、捜索と復旧作業が続く被災地からの中継でした。

    住民や各地から集まったボランティアの前に立ちはだかるのは「猛暑」と「砂ぼこり」。

    広島市安芸区の災害ボランティアセンターから、伊藤佳子記者に現地の様子をレポートしてもらいました。

    現在も呉市の方への鉄道は運転見合わせになっていたり通行止めになっていたり、呉市・三原市の一部ではまだ断水も続いているということです。

    レポートに繋いだ時間は、ちょうど500人ほどの皆さんがボランティア活動に参加され、ちょうどバスに乗って帰ってきていた様子でしたね。

    こちらでボランティアセンターの運営や作業にあたっている広島修道大学の西村仁志先生にも、今日の土砂出しの作業のことなど伺いました。

    ボランティアには、県外から来てくださっている方も多いそうです。「ボランティアは善意でやることで、仕事ではない。水分をとる。休憩をとる。無理はしないこと!」と西村さん。

    また、ボランティアは自立して作業をするので、ただ行けばいいというわけでもありません。今後ボランティアを希望される方は、ホームページ等でどのような準備が必要なのか確認をしましょう。

    サキドリ2018ー07ー16 (8).jpg

    サキドリ2018ー07ー16 (6).jpg

    続いて、お電話を繋いだのは日本防災士会理事の横山恭子さん。昨日、倉敷市真備町で活動されたとのことで、現地はゴミや感染症の問題、また家財が道を塞いで車がなかなか自由に行き来できない現状など伝えてくださいました。

    情報は日々更新されます。ボランティアに参加される方、どうぞこまめに市のホームページなどチェックをお願いします。


    16時台『きょうのナマチュウ』 LGBT、いわゆる性的マイノリティーの人たちが生きづらさを感じることなく普通に暮らせる制度作りが、このところ急ピッチで進められています。今日はその中で2つの動きをピックアップしてお伝えしました。

    1つ目は、2020年度からトランスジェンダーの学生を受け入れると発表したお茶の水女子大学の話題です。お茶の水女子大前で、西村志野記者がオープンキャンパスに来ていた学生さんにインタビュー。

    オープンキャンパスでも「トランスジェンダーの受け入れについて」のプリントが配布されたそうで、お話を聞いたほとんどの方が賛成・好意的な見方でしたが、「更衣室やトイレが一緒なのは抵抗がある」という声も聞かれました。

    サキドリ2018ー07ー16 (7).jpg

    そして2つ目は東京・豊島区の話題。 今月9日、区議会の本会議で2つの請願「区営住宅へ同性パートナーの入居を可能にする請願」&「パートナー宣誓制度」が採択されました。

    スタジオにお招きしたのは、豊島区議会の石川大我議員です。

    今回採択された2つの請願の解説、採択された瞬間のお気持ち、そして今後条例化に向けての動きなどお話してくださいました。

    「カミングアウトのしやすい社会は必要。議会に対する請願・陳情、こうした制度を利用して声をあげていただきたいです。また議会だけでなく自治体の長が動くことは可能。皆さんの声があればやるよという自治体の長は多いと思う。」

    ゲスト20180716.JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、世界的な海洋汚染が問題になっているマイクロプラスチックごみの話題。

    陸から遠く離れた大西洋で捕獲した深海魚の7割以上からプラスチックの微粒子が検出されたことがアイルランドの研究グループの調査で分かりました。 温暖化問題などと同様、真剣に全世界で対策を考えなければならない問題ではないでしょうか。

    サキドリ2018ー07ー16 (1).jpg

    コメンテーターは健康社会学者の河合薫さん。今日の『オピニオン』テーマは「地球破滅」!

    昨年、ニューヨークマガジンが総力を挙げて特集した地球温暖化。地球温暖化が要因で実際に世界で起きている様々な事象や今後起こり得ることを挙げつつ、この温暖化の影響が弱者に与える影響も語ってくださいました。

    温暖化が進んだことで、栄養を摂れない飢餓の子供たちが8億人増えたとも言われているそうです。
    また、温暖化が1℃進むごとにGDPが平均1.2%減っており、今世紀の終わりまでに世界の一人当たりの所得が23%減る、これを止めるためには出来る限り、二酸化炭素排出を減らすことが重要であるというお話でした。

    サキドリ2018ー07ー16 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では砂山圭大郎アナウンサーが、フェンシング の話題を取り上げました。フェンシング、世界ランキング16位以内に入った選手のことを「ランカー」と呼ぶのですが、現在日本選手は7人もいるんだそうです!

    今日は、砂山アナが一押しの「エペ」の見延和靖選手、「フルーレ」の西藤俊哉選手を紹介。

    サキドリ2018ー07ー16 (2).jpg


    『ニュースパレードアネックス』 この時間も西日本を襲った豪雨の被災地からの中継をお届けしました。 一昨日、倉敷市真備町を取材した伊藤佳子記者がレポート。

    サキドリ2018ー07ー16 (5).jpg

    水はひいていたものの、家から出した家財、この三連休で作業が進み、どんどん積み上がっていると言います。

    歩くと砂ぼこりで目がチカチカ。きつい匂いもあるとのこと。

    サキドリ2018ー07ー16 (4).jpg

    家の被害も様々です。これから元の生活に戻ることを考えなくては...と言っても、住む場所が無い方は新しく住む場所を探さないといけない状況。まだまだ「元の生活に戻る」には時間がかかりそうだということでした。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    今日はお電話でのご出演。

    サッカー日本代表 柴崎岳選手と 真野恵里菜さんの結婚の話題を語って頂きました。


    【今日の1曲】 あー夏休み/TUBE

  • 第335回:西日本豪雨のためにできること

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「西日本豪雨の被災者のために、今、私たちができることは何なのか?」。

    西日本を中心とした豪雨で近畿地方から九州まで広い範囲に大雨特別警報が出されてから今日で1週間が経ちました。現在、全体でおよそ6000人が避難生活を余儀なくされており、明日からの3連休ボランティア活動で力になりたいと思っている方も多いはず。そこで今回は、「今、できる具体的でリアルなこと」をサキドリしました。

    ●被災地の状況は、刻一刻と変化。場所にもよってニーズも違うため、災害ボランティアセンターなどで最新情報を確認すること

    ●自治体判断だが、個人から個人への物資支援は控える

    ●ボランティア活動する場合は、ボランティア保険に加入し、適切な服装、道具を準備すること


    また、直接支援には行けないが・・・という方々に注目されているのが「代理寄付」。ふるさと納税の仕組みを利用し、被災地に支援を届けるというものです。

    実際に岡山県倉敷市と広島県に代理寄付を始めた茨城県境町の橋本町長にお話を伺うと、状況把握や復興に時間をとるべき現地の役場がふるさと納税の対応で終わってしまうのは問題とし、その手間だけでも負担して全国の善意が被災地に届けばとお話くださいました。



    『きょうのナマチュウ』は、「2018年夏、日よけで涼しく!」。

    この夏、どうやって暑さを乗り切ろう・・・なんて思ってらっしゃる方も多いと思います。そこで今回ご紹介するのが「フラクタル日よけ」と呼ばれる見た目も涼しい人工木陰です。

    20180713_2

    今日から16日まで「こもれびの下でウエルネス涼活」を開催している横浜の赤レンガ倉庫から細木美知代記者がレポート。

    この企画の代表理事・保さんによるとフラクタル日よけの他にも、実際に日よけを作る体験型ワークショップなど様々なイベントを実施。人工芝やハンモックなどを配置して、涼しさ以外にもリラックスできる空間作りがされています。

    20180713_3

    サーモカメラによると、フラクタル日よけのあるところとないところでは15度も気温が違うそうです! 暑くてやる気が出ない方、楽しく涼活できるこのイベントへぜひ足を運んでみてください。



    20180713_4

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀記者が伝えたニュースは「ウナギ、値上げ相次ぐ。外国産扱うチェーン店も」。

    ニホンウナギの稚魚の不漁を背景に、ウナギの価格を値上げする外食店が増えています。一部取引価格が前年の3倍近くまで跳ね上がり、ウナギを扱う老舗店でも400円ほど値上げに踏み切るなど、影響が出ています。土用の丑の日を前に、寂しいニュースでした。



    20180713_5

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「被災したら何も持たずにお逃げなさい!」。

    自然災害など「もしも」なことが起こったとき、あれもこれも持っていかなきゃ! と思うかもしれませんが、「まずは安全第一。何も持たずにお逃げなさい」という荻原さん。もし通帳などを無くしても本人確認でお金が下ろせることがありますし、他にも株券や保険証も電子管理されているので問題ないといいます。他にも、国や市から出る支援金などを紹介してくださいました。



    20180713_6

    『SAKIDORIスポーツ』で長谷川太アナウンサーが伝えたのは、「ロシアワールドカップ 決勝!フランス×クロアチア」。

    いよいよ日本時間15日深夜に行われる決勝! これまでの振り返りや見どころを紹介しました。



    『ニュースパレードアネックス』は、山本カオリ記者が参議院の定数を6増やす公職選挙法改正案、さらにはカジノ整備法案の今後について国会から伝えてもらいました。



    20180713_7

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。今回は鹿児島にある株式会社 財宝の有馬よし子さんから、ミネラルウォーター「天然アルカリ温泉水 財宝」をご紹介して頂きました。

    汗をかく夏、熱中症予防のために水分は欠かせません! そんなときにおすすめなのがこの「天然アルカリ温泉水 財宝」。携帯しやすく1本約48円というお得な価格、そして桜島のふもと地下1000mから湧き出す温泉水のため、飲みやすい軟水が特徴です。舌触りもなめらかでとってもおいしいですよ!

    今なら、500mlボトル25本入り1ケースが、半額以下の税別1200円というキャンペーンを実施中。フリーダイヤル0120-7777-40まで。



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!



  • 第334回:都市型災害に備えよう

    『ニュースオフサイド』地震、豪雨。洪水。都市型災害にどう備えればいいのか?

    今日は、東京などの都市で災害が起きた場合の"備え"をサキドリしました。

    先月、政府の地震調査委員会が公表した最新の地震予測地図の受け止め方について伺ったのは、東京大学地震研究所教授で地震予知研究センター長の平田直さん。

    今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率がゼロの地域は日本中どこにもなく、相対的に確率が低い地域も「日本の中では低い」だけであって、地球全体で見たら安全ではないため、耐震などの対策・準備をしておくことが大事だとのこと。

    続いて、地震が起こって堤防が壊れるなどした場合、起こる可能性がある「地震洪水」に警鐘を鳴らしている 「リバーフロント研究所」の技術参与、土屋信行さんに繋ぎました。

    東京での豪雨対策として、川と下水道で排水をしていますが、1時間に降る雨で言うと50ミリが限度と言われています。西日本豪雨は1時間に100~120ミリを記録。数字だけで考えても、東京にこれだけの雨が猛烈に降ると、排水が間に合いません。

    土屋さんは「自分が住んでいる所がどういうところなのか、ハザードマップを見て確認を!すべてのご家庭に配られています。 "避難"というと深刻な感じがするけれども、危ない土地ならば、雨が降ったら安全なお友達の家に遊びに行くなど、広域避難を心がける。共助のパイプを強くしよう!」とお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』 外出が難しいお年寄りらに 旅行をしたかのような気分を味わせてくれるツアーやサービスに今、注目が集まりつつあることをご存知ですか?

    新たな"旅行のかたち"、家にいながら旅行気分が味わえる"仮想旅行"を取り上げました。


    細木美知代記者は、VRを使った"仮想旅行"のサービスを提供している、元介護職員で東京大学先端科学技術研究センターの学術支援専門職員 登嶋健太さんのもとへ。

    手に持っているのが、VRゴーグルです!これを使って、細木記者は沖縄県竹富島へ仮想旅行に出かけました。

    登嶋さんによると、利用される方に人気なのは、行ったことのない場所よりも行ったことがある思い出の場所だそうです。「普通の人が見てもあんまり...というような、思い出の公園や桜の木などすごくローカルな場所が喜ばれる。」とおっしゃっていましたね。

    細木記者2018ー0713 (3).jpg

    かわって、自分のぬいぐるみに旅行をさせることで外出したような気分が味わえるツアーを全国各地で行っている会社、ウナギトラベルには西村志野記者が。

    ウナギトラベル社長、東園絵さんにお話を伺いました。うなぎが大好きで、自分でうなぎのぬいぐるみを作ってしまうほどの東さん。

    「ぬいぐるみは持ち主様にとって家族のような存在。プロフィールや性格、趣味、食べ物のアレルギーなど、ぬいぐるみの個性をきちんとリサーチしています!」とのこと。

    外国の方の利用も多く、日本の魅力を再発見できるようなツアーを今後も企画していきたいと熱く語ってくださいました。

    細木記者、西村記者、ふたりが「Column〜記者たちのオフマイク〜」にも詳しく書いてくれていますので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

    西村記者-20180712 (2).jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、タイ洞窟救出 酸素減と水位上昇で前倒しというニュース。

    この洞窟は今後観光地とするとしていて、さらには映画化までも予定されているとか...。

    サキドリ写真たち20180712 (6).JPG


    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    今日の『オピニオン』では、「泣き寝入りでいいのか?医療被害者」と題して、和田さんが実際にカウンセリングをした方のお話から、どんなにこちらに勝つ要素が揃っていても医療被害で民事訴訟をおこしたところで、勝つことが難しいという現状をお話してくださいました。

    もう少し、医療被害に対する窓口や機関を設けるべきだと語り下ろし。

    サキドリ写真たち20180712 (2).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で松島茂アナウンサーが取り上げたのは「文化放送で中継する秋以降の大学駅伝」です。

    今年1月の箱根駅伝は、青山学院大学が4連覇を達成。今日は打倒青山学院の一番手候補、東洋大学の今に迫り、今シーズンのチームについて酒井監督に。

    そして、2年生の西山和弥選手、吉川洋次選手のインタビュー音声もお聞きいただきました。

    サキドリ写真たち20180712 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 西日本豪雨で地区全体の4分の1が浸水した、岡山県倉敷市真備町。 厳しい暑さのなか、真備町では多くの方が避難生活を余儀なくされています。

    避難生活で大きな問題となるのが、トイレですね。真備町の要請を受け、2カ所の避難所でトイレトレーラー「みんな元気になるトイレ」が出動!

    この活動をすすめている、「助けあいジャパン」共同代表の石川淳哉さんのお話を交えて、伊藤佳子記者が伝えてくれました。

    サキドリ写真たち20180712 (3).jpg


    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』は、「赤い鳥」創刊100周年を記念したイベントをご紹介!

    サキドリ写真たち20180712 (1).JPG

  • 第333回:遺骨はどこへ行く?

    今日最初のコーナー『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、オウム真理教・松本智津夫元死刑囚の遺骨引き渡しをめぐる問題。

    法務省はおととい、松本元死刑囚の遺体を火葬したうえで、遺骨を東京拘置所に戻しました。

    遺骨をめぐっては遺族間の対立があり、引き渡し先の調整が続いています。

    そして今日、松本智津夫元死刑囚の四女の代理人である滝本太郎弁護士が、東京地裁の司法記者クラブで開いた会見。

    会見の模様を取材中の細木美知代記者、西村志野記者に繋いで伝えてもらいました。

    遺体に関する経緯の説明からスタートした会見、今後遺骨はパウダー化し、太平洋へ散骨というかたちを考えており、費用を国に負担してもらいたいと訴えたということです。散骨することで遺骨の安置場所が定まらないため、信者の聖地になるなどの恐れがなくなるという考え。

    お電話を繋いだのは松本智津夫元死刑囚の三女、松本麗華さん。

    一連の流れや報道は、麗華さんには「不可解」の一言。当局は親族間の話し合いを終えるようにと麗華さん側にも伝えているということで、家族が経験していることなどから考えても、ずれが大きく驚いているとのことです。

    「父が亡くなってまだ数日しか経っていない。遺骨の取り合いみたいになって、父をお金儲けに利用するつもりもないのにそういうような報道がなされていて非常につらい。」と涙ながらにお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』では、「赤坂自民亭」と呼ばれる懇親会での写真が波紋を広げる中、自民党総裁選挙の行方についてサキドリしました。

    国会審議、会期末が今月22日に迫る中、与野党の攻防がヤマ場を迎えている国会から、奥山拓也キャップのレポート。

    そして、「赤坂自民亭」の何が問題なのかを時系列などを整理して、竹田有里記者に伝えてもらいました。

    サキドリ20180711 (3).JPG

    そして、安倍総理は今日、西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県を訪問。

    政治アナリストの伊藤惇夫さんにもお話を伺いました。

    「赤坂自民亭」については「感覚的に麻痺しているというか、派閥でやるならまだ分かるけれど、幼児化してるのでは」。

    安倍3選が揺らぐということについては「政界は一寸先は闇。安倍さんの信頼感は損なわれている。森・加計、誰も納得していない。また不信感をもたせるようなことが出てくるとなったらどうなるか。」との見方を示してくださいました。

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、あまりおもてだって話題に上りませんが、市町村などが手掛ける水道事業を広域化する水道法改正案が衆議院本会議で可決、参議院へ送られたというニュースをピックアップ。

    水道事業の経営を効率化し、水道管の老朽化対策などを急ぐということなのですが、世界の主要都市部での水道事業を見てみても、民営化した後、水道料金が何倍にも跳ね上がり、結局、再公営化する事例が多いそうです。

    サキドリ20180711 (1).JPG

    コメンテーターは文筆家の古谷経衡さんです。

    今日の『オピニオン』テーマは「暑さ対策を先人から学ぼうというウソ!」。

    江戸時代の人に学んで、打ち水、緑のカーテン、涼をとるために金魚...などこの季節になるとよく聞く話ですが、「こういうのは全部ウソですよ!」というお話でした。

    というのも江戸時代は小氷紀で、今の東京よりもだいたい2度ほど低く、冬は普通に雪が積もり、品川で2mもの降雪を記録した文献も残っています。

    そのため、小氷期ならばこのような暑さ対策でも効果的だっただろうけれども、現代はそうじゃない。命の危険に繋がることもあるので、無理せず時代に合った暑さ対策としてエアコンを使いましょうと語り下ろしました。

    サキドリ20180711 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で槙嶋範彦 アナウンサーが取り上げたのは高校野球!

    スタジオにスポーツライターの大利実さんをお迎えし、横浜、東海大相模など神奈川県の強豪校の監督に迫りました。

    大利さんのご本、「激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち」が株式会社インプレスから発売中です。こちらもぜひお手に取ってお読みください。

    サキドリ20180711 (2).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 落語家の桂歌丸さんが今月2日、慢性閉塞性肺疾患のため81歳で亡くなり、横浜市の妙蓮寺で今日、告別式が執り行われました。

    関係者1000人、ファンの方1500人もの人が集まったお別れの会。

    吉田涙子記者のレポートにあったように、林家木久扇さんが生前の思い出エピソードを披露したりと、あたたかく和やかな会だったとのこと。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、豪雨災害から自分の命を守る医学的テクニックを教えてくださいました!

    人間の両手は命を守る本能が凝縮されていて、無意識のうちに何かを掴んで命を守ろうとします。 荷物は手に持たず、リュックで背負いましょう。 普段からリュックに必要なものを入れて玄関に近いところに置いておきましょう。


    【今日の1曲】 ロケット・マン/エルトン・ジョン

  • 第332回:「買い物弱者」を救うには

    サブキャスター竹田有里さんが、地元である岡山県の取材から帰って来ました。

    今日の『ニュースオフサイド』でも、平成30年7月豪雨の続報、そして車で避難した際の対処法について学びました。

    まずはこれまでの被害状況を、気象予報士でもある佐藤圭一 記が整理。今日は四国も梅雨明けとなりましたが、天気予報で晴れマークがついていても油断大敵で、急なゲリラ豪雨なども注意が必要だと解説してくれました。
    サキドリ・20180710 (1).JPG

    お電話を繋いだのは、現地で救援活動をされている日本防災士岡山県支部 防災士 彦坂勝則さん。

    避難をする場所は大抵が体育館などでエアコンなどもなく、非常に暑く、なかなか寝付けない状態。汚水が混ざった砂ぼこりが舞い、衛生面で心配されるがマスクも足りないなど、被災地の様子を伝えてくださいました。

    被災地の一部では、ボランティア募集も始まっています。 全国社会福祉協議会のホームページから「災害ボランティア情報」を検索して新着情報を確認してみてください。

    また、広島県社会福祉協議会は「できれば個人の方はスコップを、企業の方は可能なら高圧洗浄機を持ってきてほしい」ということです。

    今回の豪雨災害でも、水没して動かなくなっている車や土砂で流された車が多数見られました。

    このような豪雨災害時の車での避難について、JAF関東本部ロードサービス部受付指令室 石津達也さんにお話を伺いました。

    最近の車は電気制御が弱点となり、水に弱い。もしも水没といった危機的状況に見舞われた場合、速やかにシートベルトを外し、ドアを開ける。ドアが開かない時にはパワーウインドウを開ける、もしくは脱出用ハンマーで割るなどして脱出を。フロントガラスは割ろうとしてもフィルムが貼られており、出られないそうです。


    『きょうのナマチュウ』では、買い物をするのが困難な人たち、中でも食料品や生活必需品の買い物に困る人を指す言葉「買い物弱者」、その実態、そして解決策を探りました。


    中村学園大学 栄養科学部 フード・マネジメント学科教授 薬師寺哲郎さんに「買い物弱者」の現状について伺ったところ、「買い物弱者」は過疎化が進む山間部だけではなく、都市部ではご近所などのコミュニティ機能が弱体化し、孤立した高齢者が多いなどの要因からも、一貫して増加傾向とのこと。

    薬師寺教授は「買い物に行けないせいで自分が食べたいもの、必要な栄養素が摂れないため、健康寿命に関わってくるし、買い物はその行動自体が元気を保つために必要なこと。」だとお話してくださいました。

    この問題を解決しようと2012年徳島県で設立されたのが「移動スーパー とくし丸」です。 補助金なしで地元スーパーとの共存を図りながら「買い物弱者」を救うシステムと言えるこの「とくし丸」について、株式会社とくし丸の荒川伸太郎さんにお話を伺いました。

    「来てね!」と言われている顧客のもとを週2回ほどまわり、その日向かうルートの顧客の好みや要望に合った商品をトラックに載せて向かうのだそうです。

    400品目・1200点の商品、もちろん冷蔵庫も付いていますので、生鮮品もおさえています。お客様は9割以上が70~80代の女性で、定期的に同じ家や同じ場所に通うことでちょっとした異変に気付けたり、地域の見守り隊としての役目も担っているということでした。

    現在38都道府県で稼働していますが、今日は、東京都内を走る「とくし丸」の販売車に、西村志野記者が同行させていただきました。販売パートナーの佐藤宏さんは「毎日たくさんのお友達と会っている感じで楽しい!」と話されていましたね。

    サキドリ・20180710 (3).jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、お茶の水女子大がトランスジェンダーの学生受け入れ発表のニュース。

    2020年4月から受け入れる方針だということです。国内の女子大で受け入れを決めたのは初めて。 多様性の尊重を受け、複数の女子大でも受け入れ検討が進められています。

    サキドリ20180710 (2).JPG


    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした『オピニオン』テーマは「強制不妊、国は過ちを認めないのか」。

    取り上げたのは「不良な子孫の出生を防止する」ため1948年に制定された旧優生保護法下で不妊手術を強制された問題。政府は「当時は適法だった」と主張。

    その政府もやっと重い腰をあげ、実態調査を行うとしていますが「少なくとも過ちから22年が経ってしまっている。国が主導し解明、救済の対応を!」と訴えました。

    サキドリ・20180710 (2).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』では飯塚治アナウンサーがメットライフドームから、「2018オールスターゲーム」の見どころを、今夜の「ライオンズナイター」解説を務めて下さる 山崎裕之さんと共にお伝えしました。

    ファン投票で、中日・松坂、巨人・上原、ヤクルト・青木というベテラン勢も選出されていますし、若手では巨人の岡本、西武の森が楽しみだとのこと!

    「2018オールスターゲーム」は今週末です。


    『ニュースパレードアネックス』 西日本を襲った記録的な豪雨。 高梁川と 小田川の氾濫でおよそ4000世帯が浸水した地域、岡山県倉敷市の真備町を取材した竹田有里記者が、真備町で見てきたもの・感じたことなどをレポートしてくれました。

    伝えたかったことを「Column〜記者たちのオフマイク〜」にもまとめてくれていますので、そちらもぜひお読みください。


    【今日の1曲】 オジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)/BEGIN

  • 第331回:「平成30年7月豪雨」

    『ニュースオフサイド』  西日本を襲い甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。

    気象庁は今日、九州北部、中国、近畿地方などが梅雨明けしたと発表。猛暑の中、捜索活動や復旧作業が続く被災地を結んでお伝えしました。

    岡山県倉敷市で取材中の竹田有里 記者は真備町からのレポート。

    32℃という暑さ、水はひいたものの泥が乾いて砂ぼこりが上がっている現地の様子、電気・ガス・水道などのライフラインの現状、患者約300人が取り残され、自衛隊による救助が終わったまび記念病院についてなど伝えてもらいました。

    つづいて広島、愛媛、岐阜の様子をお伝えしたのは気象予報士の佐藤圭一記者。

    日本防災士会広島県支部 宮永正稔 事務局長には、現在の広島市の状況、4年前にも広島市で起きた豪雨災害の教訓が生かされた部分などお話を伺いました。

    sakidori-20180709 (2).JPG


    『きょうのナマチュウ』 オウム真理教の松本智津夫元死刑囚の遺骨はどこへ。

    遺骨の引き渡しについて、松本元死刑囚が死刑執行直前、四女に渡すよう伝えていたことから、その意向に基づき引き渡すまでの間、拘置所で保管することにしています。 ただ、松本元死刑囚の妻らほかの親族も引き渡しを求めており、引き渡しの日取りなどは決まっていません。

    誰がどんな手順で引き取ることになるのでしょうか?

    元刑務官でノンフィクション作家の坂本敏夫さんに、死刑が執行された後の基本的な手順と今回の松本元死刑囚のケースについて伺いました。

    坂本さんの経験上、死刑が執行された場合、ご家族は遺体を引き取らない場合もよくあると言います。家族も事件を起こされたことで被害を受けており、縁を切りたい人が多く、その場合、1年間は拘置所で遺骨を預かりますが、その後、無縁仏として合葬という形になります。

    本来誰が引き取るかは家族間での話し合いに委ねられるものの、今回の松本元死刑囚のケースは本人の意向もあることだし、教団が活発化するなどの恐れも加味して、四女に引きとってもらうのが一番無難だろうとのこと。

    西村志野記者は、松本元死刑囚の遺骨が保管されている東京拘置所の動き、四女の代理人の滝本弁護士が「当面遺骨は拘置所へ」と示していること、日本脱カルト協会理事「オウム真理教家族の会」代表 永岡さんは「最後の最後、嘘をつく必要がない場面で四女を指名したことからも、松本元死刑囚は病気のふりをしていた詐病だと確信した」というお話を整理して伝えてくれました。

    写真を見ても、西村さんの後方にある正門前、30人ほどの報道陣が見えますね。

    西村記者20180709 (1).jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、先週火曜日にもお伝えしたタイ北部の洞窟で救出が進む地元サッカーチームの少年たちの続報です。

    今日までにタイ海軍と地元当局が、潜水による救助活動を開始。4人が救出されていますが、泳ぎに長けていない少年たちに空気ボンベの使い方を教えての救助活動、一人当たりかなりの時間がかかっているとのこと。

    sakidori-20180709 (3).JPG

    コメンテーターは政治学者の姜尚中さんです。今日の『オピニオン』のテーマは「オウムの謎に迫る」。

    バブルの80年代、そして90年代、ハルマゲドンやノストラダムスの大予言など、20世紀を迎えるのに皆が普通では考えられないようなことに飛びついてしまいそうな危うさがあったと姜尚中さん。

    その当時の様々な社会の背景がオウムを生み出したことは事実だと振り返りながら、「小さなヨガ団体のようなところから始まったオウム真理教が、なぜこれほどまでに信者をひきつけ、駆り立て、ここまでの大きな団体になっていったのか?」ということに目を向けなければ、悲劇は繰り返されるかもしれないと、謎を追及することの大切さを語り下ろしてくださいました。

    sakidori-20180709 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』では砂山圭大郎アナウンサーが、レスリングの話題をお伝えしました。

    レスリングの世界選手権代表を決めるプレーオフが7日、埼玉で行われ、女子50キロ級は昨年の世界選手権48キロ級女王で全日本選抜選手権優勝の須崎優衣選手が昨年の全日本選手権覇者の入江ゆき選手に6―4で勝ち、代表入りを果たしています。

    sakidori-20180709 (7).JPG


    『ニュースパレードアネックス』15時台の『ニュースオフサイド』でもお伝えしましたが、西日本を襲った豪雨、犠牲者の数が増えているほか、いまだ安否が分からない人もいます。

    岡山県倉敷市で取材中の竹田有里記者に再び繋ぎ、農作物への影響、真備にあるクリニックから、災害が起きた当日の様子をクリニックの院長の声、現在消防と自衛隊が協力して一軒一軒の家を確認して回っている状況など伝えてもらいました。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、"新しい地図"がパラスポーツ応援チャリティソング「雨あがりのステップ」の売上2,300万6,214円を全額寄付した贈呈式の様子と、そのなかで香取慎吾さんが話されたコメントを抜粋してご紹介しました。

    そして、仲間由紀恵さんが双子の男の子を出産したことについても。

    美保子さん20180709.JPG



    【今日の1曲】 君に、胸キュン。/YMO

  • 第330回:松本智津夫死刑囚の刑執行

    今日の『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』と通じてお送りしたのは、「松本智津夫死刑囚ら死刑執行。オウム真理教事件とは何だったのか」。


    麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚と元幹部7人の刑が、今日執行されました。オウム真理教 被害対策弁護団 事務局長の小野毅さんは、「最後まで死刑は松本智津夫死刑囚だけでいいと感じていた。道連れのような結果にショックを受けている」と述べました。また、東京拘置所で一度だけ診察したという精神科医で作家の加賀乙彦さんは、罪は許さないとした上で、公判の後半から言動がおかしくなった松本智津夫死刑囚の病気を治療し、ちゃんと真実を話してほしかったがその機会が永遠に奪われたことに悔しさを感じているようでした。

    20180706_2

    "なぜ、死刑執行が今日だったのか"、不思議に感じている方も多いと思いますが、元刑務官でノンフィクション作家の坂本敏夫さん曰く、執行は随分前から決まっていて用意周到に準備されていたものと予測、残る死刑囚6名の今後についてもお話頂きました。



    20180706_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀記者が、オウム真理教以外の最新ニュースをお伝えしました。

    取り上げたのは、松戸女児殺害事件の被告に判決、タイの洞窟救助でダイバー1名死亡、米中貿易摩擦の3つです。



    20180706_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「火災保険を見直しなさい」。

    火災保険と聞くと、「火事になったときに保障してくれるものでは?」と思いがちですが、実は、保険によっては水災、風災など自然災害に対応しているものも多いといいます。来年から保険料が上がるため、その前に保険を見直し、まとめて保険料を支払うとお得になるそうです。ちなみに火災保険は10年分まとめて支払うことができ、その場合、8.2年分の金額で済むんだとか。



    20180706_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、土井悠平アナウンサーが語る「野球のトラッキングシステムとデータから推測するペナントレースの展望 」。



    20180706_6

    『ニュースパレードアネックス』は、岡田紀子記者が、西日本を中心に記録的大雨となっている最新の気象情報とその被害についてお伝えしました。

    福岡・佐賀・長崎の3県に大雨特別警報が出されました。8日まで雨は続く予報です。危険を感じたらすぐに避難をしてほしいと思います。



    20180706_7

    『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。今回は、時代の最先端を行くビジネスマンに話を伺う「一美が訊く」。

    株式会社R-Project代表取締役・丹埜倫さんにインタビュー、事業内容や今後の目標、可能性の見出し方などを伺いました。



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!


  • 第329回:文科省局長、逮捕

    『ニュースオフサイド』テーマ「見返りは息子の合格。文科省の現職局長を逮捕。」

    文科省局長が受託収賄容疑で逮捕された事件、国の教育行政を担う文科省の幹部が逮捕されたことが今後どのような影響を及ぼすのか、フカボリしました。

    まずは、この事件の経緯を細木美知代記者が整理。さらに放送前に東京医科大学のキャンパスがある西新宿で学生の声を聞いてきました。ほとんどの学生に断られ、「うんざりしてるんだろうな...」と感じたと細木記者。

    それでも3人ほどお話を聞けたそうで「悲しい」「学校側の誰がやったのか気になる」「不信感」などの声が。

    さきどり20180705 (2).JPG

    今回の事件について、お電話を繋いだのは、文部科学省OBで『文部科学省は解体せよ』の著者、有元秀文さん。

    有元さんは佐野容疑者との面識はないとのことですが、「文科省の職員はほとんどの人がみんな真面目。でも、権力を持って思い上がったり勘違いしたりしてしまう一部の人が居る。今回の事件は恐らく内部告発だと思われる。関係する部署はすべて家宅捜索して同じような不正がないかを調査すること。徹底的にやらないとダメ!」とお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』今年で開館11年目の鉄道博物館。今日、新館がオープンしたということで、その新館からの生中継と、2020年に走り出す新型新幹線の魅力もサキドリしました。

    西村志野記者20180705てっぱく (4).jpg
    鉄道博物館・新館から、レポートを届けてくれたのは西村志野記者。

    オープン初日の今日は開館前から500名もの人が列を作っていました。平日ですが、大賑わい!

    鉄道の『仕事』『歴史』『未来』をテーマとした3つの展示ゾーンが設けられています。

    西村志野記者20180705てっぱく (5).jpg

    2階で体験したのは「未来ステーション」。

    機械で自分の写真を取り込んで自分のアバターを作成、モニターの中で「未来の鉄道」を疑似体験できるという展示です。この頭に新幹線をかぶっているキャラクターが西村記者(^^)

    西村志野記者20180705てっぱく (2).jpg
    ほかにも時代ごとの切符や改札など日本の鉄道史を紹介しているコーナーや、4階にはレストランも!新幹線を眺めながらご飯が食べられます。人気は「ハチクマライス」だと紹介してくれました。


    かわって、JR東海が今、開発を進めている東海道新幹線の新型車両「N700S」のお話へ。

    この「N700S」は、どのような機能を備えた新幹線なのでしょうか?

    『超・新幹線が日本を変える』などの著書がある、 鉄道評論家の川島令三さんにお話を伺いました。

    車両を軽量化したことで線路への負担も減り、軽いことで列車の運転に必要になる電気量も減らせるため、その分、電源コンセントが全席設置可能に!

    また、車両の防犯カメラで捉えた鮮明な画像をリアルタイムで地上へ送信でき、セキュリティ対策も向上。

    これまで一番後ろの車両は揺れが強かったが、車両の揺れも軽減されているとのことです。すごい!「N700S」は2020年度の営業運転開始を目指しています。楽しみですね!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「アメリカ・シアトルでプラスチック製ストロー禁止に」というニュース。

    アメリカのワシントン州シアトルで、地球環境を保護しようと飲食店などでプラスチック製の使い捨てストローやフォーク、ナイフなどの提供を禁じる条例が今月から施行されました。

    条例ではおよそ5000店舗が対象となり、違反した場合には日本円でおよそ2万8000円の罰金が科されます。

    一人当たりのプラスチックごみ廃棄量が、アメリカに次いで2位の日本も考えていかなければいけない問題です。昨日のSAKIDORI!でも触れた「エシカル」に通ずることですね。

    さきどり20180705 (3).JPG

    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    今日の『オピニオン』で語り下ろしたのは「自分が高齢になるということ」。

    認知症医療の第一人者であり、昨年10月、自身も認知症であることを公表した精神科医の長谷川和夫先生(89)が「認知症はそんなに怖いものではない」と伝えるための講演をしているそうです。

    和田さんは「年を取って人に面倒になることをすごく悪いことのように捉えがちだけど、必要以上の不安感を持たなくてもいい。"出来なくなってしまったこと"をフォーカスするのではなく、"出来ること"をフォーカスしてみよう。備えあれば憂いなしで、認知症になってしまった時のことを考えてみることも大事!」とお話してくださいました。

    和田さんのご本「自分が高齢になるということ (WIDE SHINSHO)」は新講社から発売中です。こちらも参考になさってみてください。

    さきどりー20180705 (4).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』では高橋将市 アナウンサーが、今日午前に帰国した西野ジャパンについてお伝えしました。

    スポーツ20180705 (1).jpg

    帰国会見には日本サッカー協会の田嶋会長、西野監督、長谷部主将の3人が出席。

    田嶋会長から「監督をお願いする時に、西野さんから『結果がどうであれ、この大会で終わるから』と言われ、約束した。その約束はしっかり守りたい。」とあったように、西野監督は代表監督をこれで退任することになりました。

    選手たちに「ベルギー戦で倒れた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるなと言った。」という西野さんの言葉に、1番グッと来たという将市さん。

    さきどり20180705 (5).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 東日本から西日本では大気の状態が非常に不安定となり、今週日曜日頃にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みで、気象庁は土砂災害に厳重に警戒するよう呼び掛けています。 気象予報士の伊藤佳子記者が大雨の原因と今後の見通しなどを解説!

    豪雨、河川の氾濫、雷もですが、突風にも注意してください。そして自治体からの情報ももちろんですが、自分の頭を働かせて、危険を感じたら自分で判断して明るいうちに避難を心がけましょう。

    さきどり20180705 (6).JPG


    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』でご紹介したのは、上野にある国立科学博物館で、来週13日から始まる特別展でした。

    俳優の香川照之さんのパンチのあるポスター(笑)

    さきどり20180705 (7).JPG



    【今日の1曲】いまのキミはピカピカに光って/斉藤哲夫

  • 第328回:

    『ニュースオフサイド』ポンペオ国務長官、北朝鮮訪問へ。

    歴史的な米朝首脳会談からすでに3週間。ポンペオ長官は「完全非核化」の実現に向け、その方法や期限など具体策について協議するものとみられます。

    今日は米朝首脳会談以降、進展が見えない米朝関係について取り上げました。

    まず今日までの間に起きた北朝鮮の動きについて、清水克彦デスクが解説。

    SAKIDORI!20180704 (2).JPG

    北朝鮮政治がご専門の慶應義塾大学 磯崎敦仁准教授に竹田有里記者がお話を伺いました。

    「過去の過程からどうしても北朝鮮のことが疑わしく思えてしまうものだが、本気で非核化する心づもりはあると思う。だからアメリカもきちんと完全なる核放棄にこだわること。拉致問題を抱える日本としては、北朝鮮と会い、お互いの主張を伝えることは必要だが、最初からこちらが北朝鮮に乗り込む形ではなく、信頼を築き上げる一歩が大切だ。」との見方。

    サキドリ―20180704 (2).jpg

    お電話を繋いだのは、アメリカ現代政治がご専門の上智大学 前嶋和弘教授。「明日からのポンペオ長官の訪朝、北の事務方も動いて、これからが本格化。進展があれば2回目の米朝首脳会談が9月にニューヨークで開かれる可能性もありうる。トランプ大統領としては中間選挙に向け、ちょうどいい燃料投下になり、PR出来る良いチャンスとなる。」とお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』 若い人ほど「死ぬのがとても怖い」と感じていることが経済産業省の調査で分かりました。 そこで今日は、死を気軽に語り合う"デスカフェ"、欧米ではすでに定着しているというこのイベントが、日本でも定着するのかサキドリました。

    細木美知代記者がデスカフェの現状を整理。

    SAKIDORI!20180704 (3).jpg

    デスカフェには基本ルールが決められていて、「参加者の心得5カ条」 というものがあります。

    ①一人ひとりが自由に自分の考えを表現できるようにする。

    ②自分一人がしゃべりすぎないようにする。

    ③カウンセリングや悩み相談の場にならないようにする。

    ④死に方や自殺につながる話はしない。

    ⑤デスカフェで出たエピソードはその場かぎりとし、 SNSに書いたりしない。などなど。

    実際にデスカフェを開催している「ライフネット東京」の事務所には西村志野記者がお邪魔しました。

    お話をしてくださったのは、「ライフネット東京」の小平知賀子代表です。

    20代~70代と幅広い年代の方が参加されているというデスカフェ。死に漠然と不安や疑問を抱えている方、身近な人の病気や死別を体験された方、生きる意味を見出せない方など、参加されている人の背景は実に様々なんですね。

    サキドリ―20180704 (1).jpg

    続いて、お電話を繋いだのは、静岡市で開かれている「死生学カフェ」の世話人代表で、静岡大学教授の竹之内裕文さん。死はタブーと見なしてしまいがちですが、死と共に生きることを学ぶのが「死生学」だとのこと。

    竹之内さんは、ホスピスのお医者様との出会いで看取りについて考えるようになったことと、スウェーデンに住んでいた時に感じた対話の重要性から、この「死生学カフェ」開催に行きつきました。

    今の時代、ライフスタイルが多様化しているように、「死のかたち」や「死の受け止め方」も多様化しています。自分の状況や価値観で選ばなくちゃならないけれども、それはすごく難しい問題ですよね。日本でもデスカフェが徐々に広がりを見せているのは、こういった理由があるのではないかとお話してくださった竹之内さんでした。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、高級志向は男性ホルモンが影響しているという研究結果について。

    アメリカ・ペンシルベニア大学の研究で、男性が高級ブランドの車や時計、服などを購入するのはテストステロンが影響していると発表しました。 「人間以外の動物も繁殖期にテストステロンが増え、競争相手などに自身の環境適応力を誇示するのと似ている」そうです。

    皆さんの周りで高級ブランド志向の人は、テストステロンが多いのかもしれません!?

    SAKIDORI!20180704 (1).jpg

    水曜コメンテーターはマルチリンガルタレントの堀口ミイナさんです。語り下ろした今日の『オピニオン』題して「部活、変わっていくのか?~堀口ミイナ、実は部活ニガテだってよ~」。

    1960年代頃から、必修クラブ活動としてスタートした歴史がある部活動。最近では、「中学生になったら部活をやるのが当たり前!」ではなくなってきていたり、32都道府県で週2回は部活休みを設ける・平日は2時間までなど、部活に熱中しすぎることで生徒にも先生にも過度な負担にならないようにする動きがあります。

    転校が多かったミイナさんは学生時代、クラスに馴染もうとするあまり、無理して陸上部に所属していた頃を思い返し、「なんであの時、もっと他にもやりたいこと色々あったのに、自由に選ばなかったんだろうと今になって思う。今の時代、もう部活にこだわる必要はない。本当にやりたいことをやるべき。自分で探して、地域のコミュニティなどに参加してみたりするのもいいのではないか。」と語り下ろしました。

    SAKIDORI!20180704 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが担当。

    2018FIFAワールドカップロシア ベスト8が出そろったということで、これまでの振り返りとこれから注目の対戦についてお伝えしました。日本は敗退してしまいましたが、これからまだまだスゴイ戦いが残っています!

    準決勝は日本時間の6日金曜の夜からスタート!

    SAKIDORI!20180704 (5).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 今日から品川のホテルで、エシカルサミット「エシカル2018」が始まりました。 ひとつしかない地球で共存する我々にとって、「エシカル」について考えておくことが大事です。

    さっきからエシカル、エシカル言ってますけど、エシカルっていったい何!?状態のスタジオがこちら。

    SAKIDORI!20180704 (6).JPG

    このあと吉田涙子記者がきちんと「エシカル」の重要性について解説してくれました。

    文化放送では月曜~金曜の朝5時13分頃から1分間、エシカルの情報をお伝えしている「エシカル・レポート」が絶賛放送中です。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

    SAKIDORI!20180704 (7).jpg


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、誰でもできる夏バテ予防法を伝授!

    ・食事中に水分を摂り過ぎない。

    ・よく噛む。

    ・食事中はわざとボケーッとする。

    他にも日の出が早い夏だけは、30分早起きするとダルさが消えるそうです。20分ほどのお昼寝も午後の夏バテには効果的。


    【今日の1曲】 Born to Be Wild ~ワイルドで行こう/ステッペンウルフ 

  • 第327回:惜敗・・・

    さすがに今日は寝不足の方、多いのではないでしょうか?

    今朝、3時から行われたサッカーW杯・ロシア大会の日本対ベルギー戦で、日本は後半、原口と乾が相次いでシュートを決め、2点をリード。 しかし、その後同点に追いつかれ、後半ロスタイムに勝ち越しのゴールを許し、試合終了となりました。

    日本代表は惜しくもベルギーに敗れベスト8入りは逃がしましたが、健闘をたたえる声が続々とあがっています。

    今日の『ニュースオフサイド』、夢を見させてくれた日本代表の戦いについて。

    まずお電話を繋いだ、現地ロシアにいるスポーツライター了戒美子さんは「2-0になった時点でこの試合を決めに行くのかどうしたいのかという部分が曖昧だったかもしれない。西野さんの2-2に追いつかれてしまった時の表情、「あー、やられた!!」というあんな顔はこの大会で初めて見た。日本代表はチームワークよく、みんなが一緒にチーム作り上げるっていうのが良い方向にいったと思う。」とお話してくださいました。

    スポーツライターの二宮寿朗さんは「爽快感・納得感のある試合だった。ベルギー相手に日本の良さを出してよくやれた。1段階も2段階も進めたと思う。最終的にベルギーの高さを使った戦い方を抑え込めなかった日本は、2点を守り切るのか3点目を狙いに行くのか、うまく加点できそうにないなら高さを入れて対応するなど、もう少しシフトしても良かったかもしれない。」と解説。

    さらに本多圭佑選手の物真似でお馴染み、タレントのじゅんいちダビッドソンさんにもお話伺いました!番組の企画とはいえ、ベルギー戦をベルギー大使館というアウェーで観戦したじゅんいちダビッドソンさん。ベルギーの皆さんはとてもフレンドリーだったそうです。

    代表からの引退を示唆した本田選手にかけたい言葉を伺ったところ「もしサプライズありなら、僕と一緒にM-1に出ましょう!」とのこと。本田選手のネタは今後も続けていくということで「"伸びしろ"のように、本田選手が実際には言ってないセリフを今後もでっち上げていきたい。」とお話してくださいました(^^)


    続いて『きょうのナマチュウ』

    国より厳しい東京都の受動喫煙防止条例成立を受け、今後たばこの規制はどうなっていくのか?

    禁煙を推進する人、そして喫煙家双方の意見を聞いて考えました。

    東京都の受動喫煙防止条例、国の健康増進法改正案と比較してどのようなものなのか、佐藤圭一記者が説明。

    サキドリ20180703 (2).jpg

    西村志野記者は、街の人たちが今回の条例をどう思っているのか有楽町で調査してきました。

    「二時間、居酒屋に居るだけでもたばこの匂いがベッタリだったので、ありがたい」「子供連れにも嬉しい」という賛成派、「自由に吸わせて」「昔吸っていたので吸いたい人の気持ちも分かる」などの反対派。まさに賛否両論でしたね。

    サキドリ20180703 (9).JPG

    禁煙推進としてお話を伺ったのは、完全禁煙のおいしい飲食店検索サイト、ミシュランならぬ「ケムラン」を開設した大阪医科大学研究支援センター准教授の伊藤ゆりさん。

    伊藤さんはもともとがん予防を研究するお仕事柄、誰もが受動喫煙の害にさらされない社会を目指したいという考えを持っていたこと、完全禁煙を貫いている飲食店を少しでも支援出来たらという思いから、この「ケムラン」を立ち上げたといいます。

    禁煙にしたお店の聞き取りでは、禁煙にしたことで家族連れや女性のお客様が増えたり、喫煙者も「店内が禁煙なら仕方ない」と思い切り外で吸えるということで逆に喜ばれているとか。

    一方、「喫煙は文化だ!」と2011年6月に喫煙文化研究会なる団体が発足しました。

    呼びかけ人のお一人、ジャーナリストの二木啓孝さんは「私自身は分煙派!喫煙を取り巻く文化とか社会を一挙に取り除くのはちょっと待ってよ!ということで、禁煙の流れには総論、賛成。でも、自主的にお店に禁煙・分煙・喫煙というワッペンを貼るなどしている、お店のそれぞれの自主性なんかも失われてしまう。ちょっと組み立て方が強引なんじゃないかと思う。」とおっしゃっていました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、タイ北部の洞窟で行方不明になっていた少年ら13人が無事発見されたというニュース。

    13人は洞窟探検に出かけたところ、大雨による洞窟内の増水で出られなくなっていました。 行方不明になってから10日目の生存確認ということです。

    気温が低すぎなかったこと・飲み水が確保できたこと・体力が減らないように横になって過ごしたこと・13人の統率が、今回無事だった要因だそう。

    サキドリ20180703 (3).jpg

    コメンテーターは俳優の石田純一さん『オピニオン』

    テーマは「これがサッカーだ!これが世界だ!これがW杯だ!」
    日本代表の戦いはベルギー戦に限らず素晴らしく、面白かったし、チームが一体化して日本中の方に勇気をくれたと石田さん。

    でもここで振り返ってみたいのが、決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦。球回しを始めてしまった日本の姿はショックだった、こういうことはサッカーにはよくあることだとしながらも、「日本の誇るべき姿」というべき何かを失くしてしまったんじゃないかと心配になったと、サッカー愛が強すぎるあまり、あえての苦言を呈しました。

    サキドリ20180703 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は槙嶋範彦アナウンサー!

    東京五輪出場をかける男子バスケットボール日本代表について、元バスケットボール選手で中京大学スポーツ科学部の松藤貴秋さんのお話を交えながらお伝えしました。

    サキドリ20180703 (4).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 LGBT=性的マイノリティへの理解や制度設計が進む中、東京・豊島区では、昨日と今日、総務委員会で2つの制度が採択されました。豊島区議会を取材した伊藤佳子記者が採択された2つの制度について、豊島区議会議員の石川大我さんの声を交えてお伝えしました。

    サキドリ20180703 (5).jpg


    【今日の1曲】 もう少し あと少し・・・/ZARD

  • 第326回:日本代表、初のベスト8なるか!?

    サッカーW杯ロシア大会、2大会ぶりに決勝トーナメントに進出した日本代表。 ロシア南部のロスト・フナ・ドヌーでベルギーとの試合に臨みます。

    そこで今日最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、強豪ベルギーに勝つ方法を探りました。


    スタジオには、元Jリーガーでスポーツキャスターの水内猛さん。(連日試合をチェックしているため、寝不足気味だそう。)

    さきどり―20180702 (2).JPG

    対戦相手ベルギーの要注意選手をチェック!

    ・愛称【冷蔵庫】のルカク選手を止めることは難しいので、とにかくボールを持たせないこと!

    ・ステップが軽やかなアザール選手には、酒井選手だけではなく長谷部選手と二人で対応すると良い。

    ・中盤でドリブルが早いデブルイネ選手は相手を抜いていくタイプなので、マークがしにくい。

    ・キーパーのクルトワ選手は長身で手足が長いので入るはずのボールも足を出して止めてくる。ファインセーブが出ないといいなぁ...。

    などなど。

    現地で日本代表を取材しているスポーツライターの二宮寿朗さんは、「前回のポーランド戦は、全ては決勝トーナメントのためにというメンバリングだった。ベルギーは高い壁ではあるが、思い切り戦えるようなコンディションで臨めるはず。下馬評では日本の方が圧倒的に下だけど、風は吹いていると思う。大迫選手が前線で起点を作ることに期待!」

    水内さんも身振り手振りでフォーメーションを説明。「3-2で日本が勝つ!」とお話してくださいました。日本時間のあす未明、午前3時キックオフです!

    さきどり―20180702 (3).jpg

    『きょうのナマチュウ』高円宮絢子さまご婚約。今日午後3時から、絢子さまと守谷さんは宮内庁でそろって記者会見に臨みました。 これで、未婚の女性皇族は6人に。

    今日は婚約会見の模様と、女性の皇族が減っていく現実について考えました。

    まず、絢子さまと守谷さんのそれぞれどのような方なのかをまとめて、佐藤圭一記者。

    さきどり―20180702 (5).jpg

    お相手の守谷慧さんが理事を務めているNPO法人「国境なき子供たち」の事務所には西村志野記者が。

    さきどり―20180702 (1).jpg

    お電話を繋いだのは、皇族制度に詳しい麗澤大学の八木秀次教授。

    今後、様々な公務を担う方が減るということで、皇族の一定人数の確保を考えないといけないということ、ただこれまで一度も例外なく男系継承してきたなかでの「女性宮家を設けるべき」という意見については慎重になるべきだと解説してくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、国税庁が発表した路線価について取り上げました。

    全国平均で去年より3年連続で上昇した路線価。

    都市圏と人口減少が進む地域との間で、二極化する傾向は変わらず。トップは33年連続して銀座「鳩居堂」前の銀座中央通り。1平方メートル当たり、4432万円で過去最高を更新しています。

    バブル時代に想いを馳せるお姉さまたちの話をちゃんと聞く真紀さん(笑)

    さきどり―20180702 (6).jpg

    コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。

    「二階発言にもの申す!」と題して、自民党・二階幹事長が講演後の質疑の際、少子化対策に関して不適切とされる発言をした問題を取り上げました。その発言の最後に、生活水準に関して「食べるのに困るような家はもう今はない。今晩お米が用意できないという家はない。こんな幸せな国はない。」とも話しました。

    河合さんはこの一言に「最新の調べでは7人に1人が相対的貧困とされるこの日本。現実をきちんと分かっていない。政治家として許せない発言!」と喝。
    子供が普通であれば出来ること(病気になった時に病院に行ける・海水浴に行ける・塾に通える・新しい服や靴が買えるなど)が、出来ないことが増えていってしまう【略奪指標】の解説を交えて、二階幹事長の発言にガツンともの申しました。

    さきどり―20180702 (7).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、体操 男子残り3人の代表決定について。

    体操の全日本種目別選手権最終日、世界選手権代表最終選考会を兼ねた男子は田中佑典選手が2連覇し、床運動2位だった昨年代表の谷川航選手、あん馬3位だった15年大会代表の萱和磨選手の3人に決定。全日本選手権で最年少優勝した谷川兄弟の弟・19歳の谷川翔選手は代表入りを逃してしまいました。

    さきどり―20180702 (10).jpg


    『ニュースパレードアネックス』 今年10月11日、中央卸売市場である築地市場は豊洲に移転しますが、「築地場外市場」は築地に残ります。

    さきどり―20180702 (13).jpg

    この築地「場外」市場の名称を決める選挙が実施されることになり、今日記者発表が行われました。

    さきどり―20180702 (11).jpg

    取材した伊藤佳子記者が会見の様子や、築地「場外」市場の名称を決める選挙の意味合いや、投票に関しての概要を説明してくれました。

    本マグロ1本など、豪華な賞品もあるとのこと!

    さきどり―20180702 (12).jpg


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』 では、今日入ってきた桂歌丸さんの訃報と、タレントのベッキーさんに浮上した熱愛報道について語って頂きました。


    2年前のゲス不倫ではかなり痛い思いをされたベッキーさんの新しい恋、お相手は今季から読売ジャイアンツコーチに就任した片岡治大さん。

    さきどり―20180702 (14).JPG

    相当なモテ男とのことですが、美保子さんは「もしもこれでベッキーちゃんを泣かすようなことしたら、ゲスの川谷さん以上のバッシングになる。片岡さんは10年前からベッキーちゃんのファンだということですから、トントントンと進んでゴールインするんじゃないかな~?」とのこと。


    【今日の1曲】 17才/南沙織

  • 第325回:ブロック塀の安全性を考える

    高度プロフェッショナル制度を含んだ「働き方改革関連法案」が、今日、賛成多数で可決。過労死を招きかねないと批判を呼んだこの制度が来年4月から導入されます。オープニングでは、一美さんや荻原さんも話題に挙げました。



    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「近くにあるブロック塀は本当に大丈夫?」。

    大阪北部地震で女子児童がブロック塀の下敷きになり亡くなった事件を受け、国から安全点検を行うよう要請する通知が出されました。国土交通省からは、初めに目視を行い、その上で問題がある場合のみ専門家の診断を受けるよう要請されています。

    事故のあった寿永小学校のブロック塀の危険性を指摘していた防災アドバイザーの吉田さんにお話を伺うと、「防災の基本、まずは"防災への危機感"、次に"想定以上の備え"」だといいます。一般的に言われている自助、公助、共助はその後だと指摘しました。



    『きょうのナマチュウ』は、「サッカー日本代表、決勝トーナメント進出!」。

    スポーツライター・二宮寿朗さんから昨夜のポーランド戦を振り返って頂きつつ、次の対戦相手ベルギーを分析。基本的にはこれまで戦ってきたやり方で戦うべきとし、ボールを保持しつつ、大事なところで得意の素早さを生かしてゴールを決めてほしいと語ってくれました。


    20180629_2

    そして、忘れちゃいけないのが、「プレミアムフライデー」。

    細木美知代記者が、毎月末、「金・土・日」の3日間プレミアムフライデー向けのサービスを実施している31ワンアイスクリーム目黒店からレポート。梅雨明けした今日もたくさんのお客さんが来店しているようでした。



    20180629_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀記者が、「日大アメフト部における反則行為に関わる第三者委員会」の中間報告の記者会見の模様をお伝えしました。

    詳しくは、5時台の「ニュースパレードアネックス」に続きます。



    20180629_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「サッカーの政治利用はおやめなさい」。

    サッカーで盛り上がっている間に働き方改革法案やTPPを通過させてしまったことが遺憾だという荻原さん、これは過去にナチスドイツも同じような手法を取っていたと指摘し、この手法が横行しているのはゾッとすると発言。



    20180629_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、長谷川太アナウンサーが語る「ロシアワールドカップ 決勝トーナメントの展望 」。



    20180629_6

    『ニュースパレードアネックス』は、引き続き、日大アメフト悪質タックル問題の第三者委員会の中間報告について吉田涙子記者が伝えました。

    大学側が設置した第三者委員会ということで、大学側をフォローするような発言があるかと予想されましたが、中間報告では内田前監督と井上コーチの指示によるものとする厳しい内容でした。



    20180629_7

    『世の中SAKIDORI』は、ニュースサイト「nippon.com」編集部、貝田尚重さんに「日本のエネルギー政策、その未来は?」というテーマでお話頂きました。

    第五次エネルギー基本計画に基づき、日本が抱えるエネルギー問題の今と今後について語って頂きました。



    【今日の1曲】 夏が来た! / 渡辺美里 



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第324回:深刻化する介護職員へのセクハラ・パワハラ

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、介護現場で深刻化するセクハラ・パワハラ。その実態と対策について。

    介護職員の7割が、高齢者やその家族からセクハラなどのハラスメントを受けた経験があることが、介護職員の労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査結果で明らかになりました。

    「日本介護クラフトユニオン」の政策部門長で、先週公表した調査の責任者でもある村上久美子さんに介護現場でのセクハラ・パワハラの実態について、伺いました。

    不必要な接触や性的冗談を繰り返したり、アダルト画像を見せる、キスを迫られるなどのセクハラや、おむつの交換中に顔を蹴られたり、「こんな汚い仕事よくやるな!」と見下した発言をしたりなど攻撃的な態度でサービスを強要するようなパワハラ・・・
    調査の自由記述欄にはかなりショッキングな内容が書かれていたといいます。

    村上さんは「介護の現場で働く人はいなければ、介護を受けたくても受けられない介護難民が増えてしまう。社会的にも真剣に取り組んでいかないといけない問題」だと警鐘を鳴らしています。


    介護現場のセクハラ・パワハラ問題を、 高齢者の方々はどのように受け止めているのでしょうか。 巣鴨で細木美知代記者が取材しました。「7割は多い」「パワハラの現場を見たことがある」などの声、介護のお仕事をされている方は「パワハラはけっこう頻繁にあること。こちらの受け止め方も重要。介護職員が対応を学べる場を設けたり、そもそもの介護職員の増員が不可欠。」だというリアルな声も。


    続いてお話を伺ったのは、ケアマネージャーとしての経験を持つ淑徳大学 結城康博 教授。介護現場のセクハラやパワハラを防ぐための対策は2つ。まずは介護の現場の管理職が対応できるようにマニュアルや学ぶ場を作るということ。そして、利用者は「金を払ってるんだから」という意識で何をやってもいいんだという意識を変えていくということ。
    現場に、性の問題やパワハラにきちんと対応することが出来る良い管理職がいるのといないのとで、大きな差異が出ているのが現状のようです。


    『きょうのナマチュウ』いよいよ今夜ポーランド戦!

    サッカー・ワールドカップ、ロシア大会で、 日本代表は、日本時間の今夜11時、ポーランド戦に臨みます。そこできょうは、ポーランド戦のポイントを整理し、大事な一戦の行方をサキドリ!!

    sakid20180628 (2).jpg
    渋谷のスクランブル交差点付近に西村志野記者が行っていました。キックオフは夜11時ですからさすがに侍ブルーのユニフォーム姿は...。

    西村記者によると2名、見かけたとのこと!!!!!!

    お一人は女性。ユニフォーム姿で仕事をして、今夜の試合へ気持ちを高めるのだとか。もう一人は小学生で、長友選手のユニフォームを着ていたそうですよ。

    sakid20180628 (1).jpg

    対戦相手のポーランドはすでにグループステージ敗退が決まっていますが、 ポーランドの方は、今夜の試合をどのような気持ちで観戦するのでしょうか?

    栃木県宇都宮市にあるポーランド料理が味わえるカフェレストラン、 「スモック バベルスキ」の女性店主、 アグニェシュカ・ドブジャニスカ・堀越さんにお話を伺いました。

    アグニェシュカさんは「日本はすごく動きが早い!でも、3対2でポーランドが勝つ!レバンドフスキが決めてくれるはず!」とポーランドの決勝トーナメント敗退が決まったことは残念としながらも、勝利を信じて応援すると話してくださいました。

    最後に、今夜のポーランド戦のポイントを、ロシアで取材中のスポーツライター 戸塚啓さんに聞きました。戸塚さんによると、日本の雰囲気はリラックスして練習が出来ていてとても良い感じだそう。途中交代の3枚のカードをどう使うかがポイントとおっしゃっていました。

    ポーランドは高さがあるので、180㎝以上の選手を起用するならば大迫・本田。俊敏な動きで行くなら香川・乾。GKの川島選手はこのまま起用だろうとのこと。日本、決勝トーナメント進出なるか!?


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えするのは、大坂北部地震当日、交通まひで大阪府職員の出勤2割未満というニュース。

    震度6弱を記録した大阪府北部地震の発生時刻は午前7時58分ごろで、多くは公共交通機関が運行停止 した影響を受けたとみられています。

    府は「災害等応急対策実施要領」で、震度6弱以上の地震を観測した 時は、事情がある場合を除いて全職員を非常配備すると定めており、今後、南海トラフ巨大地震への対応を強化する方針で、 新たに設置する委員会で初動対応などについて議論していきます。

    saki20180629 (1).jpg

    コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんの今日の『オピニオン』。

    テーマは「非難するだけでは犯罪はなくならない」。

    海外では、依存症などで犯罪を犯した者に対しても服役しながらカウンセリングを受させるなど、再発防止のために教育プログラムをしっかりと組んでいるが、日本はまだまだ。

    和田さんは「犯罪者を悪者だとただ非難するだけではダメ!1番大事なのはこれ以上被害者を増やさないこと。そのためには再発防止のためにすることがある。」と語ってくださいました。

    saki20180629 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は土井悠平アナウンサーが担当。

    取り上げたのは、野球のトラッキングシステムについて。 様々なスポーツデータの取得、分析を行っているデータスタジアム株式会社 ベースボール事業部の山田じゅんやさんにお話を伺いました。

    データを見ることで 、選手のプレーの凄さが分かりやすくなるということで、野球の楽しみ方に広がりを感じたそうです。


    『ニュースパレードアネックス』 国会は今も混乱しています。安倍政権が今国会で最重要課題に位置付けている働き方改革関連法案を、与党と国民民主党は合意、立憲民主党などは猛反対の構図。可決となったTPP法案、このあと可決の見通しの働き方改革関連法案、そしてここにきて乱れ始めた野党側の足並みについて、山本カオリ記者が伝えてくれました。


    『SAKIDORI最前線』では、早川茉希レポーターが1年の折り返しの時期に行われる「夏越の祓」という行事についてご紹介!

    早川さん20180628最前線.jpg


    【今日の1曲】 スモーキン・ブギ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

  • 第323回:交番襲撃事件から一夜。中継を繋いで

    今日は番組冒頭から、昨日おこった富山市での交番襲撃事件について続報をお伝えしたSAKIDORI!です。現場である富山市で竹田有里記者が取材中。詳しく『きょうのナマチュウ』で取り上げました。


    今日まず最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、世界へと拡がりを見せている貿易摩擦。トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争で日本はどうなるのかをサキドリ!

    お話を伺ったのは、GATT事務局やEU日本政府代表部での勤務経験もある慶應義塾大学の渡邊頼純教授。

    トランプ大統領の制裁関税はアメリカの自動車産業や労働者を保護するということにはまったく繋がらないし、アメリカ自身の首を絞める方へ行ってしまっている。日本からの自動車にも25%の関税がかかる恐れについては「とんでもない話!」とおっしゃっていました。

    アメリカが日本から輸入する自動車に高い関税をかけるというのは理にかなっているのか?清水克彦デスクが説明。

    SAK20180627 (2).jpg

    ではこの先、私たちの暮らしにどのような影響を及ぼすのかを、細木美知代記者が三菱UFJモルガンスタンレー証券景気循環研究所の宮嵜浩さんに伺いました。

    アメリカ向けの自動車を作ってきた日本の自動車メーカー、そこで働く人たちへの影響としては、最悪の場合、日本の雇用が削減されるリスクが。GDP試算もマイナスの影響、決して無視は出来ない数字が出ています。

    日本は世界中に自動車を輸出する輸出大国、中国やカナダなどを巻き込んだ世界的な貿易取引の縮小によっては日本経済全体の縮小・株価の下落も考え得るとのことでした。

    saki20180627 (1).jpg


    『きょうのナマチュウ』 富山市での交番襲撃事件、警察官の拳銃の携帯方法にまで一石を投じた今回の事件、富山市で取材中の竹田有里記者を結んでお伝えしました。
    近隣住民の方々の「まさかこんなところで...」という言葉からも伝わる通り、本当に平穏な街だそうです。

    画像を見ると規制は緩和されていますが、ブルーシートと献花台が目に飛び込んできます。

    竹田記者の取材では、島津容疑者は拳銃を奪った後、小学校に行く前に、途中、住人の家の敷地に隠れているところを目撃されているそうです。

    小学校は現場検証のため臨時休校、明日は保護者が付き添う形でという対応をとっています。

    saki20180627 (3).jpg

    事件の概要、警察庁の再発防止策について伝えてくれたのは、西村志野記者。これまでも奪われにくい作りにしていた拳銃入れをさらに改良するとのこと。

    SAK20180627 (4).jpg

    事件の背景を犯罪心理学の観点から考えるとどうなのか? お電話を繋いだのは、東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授。

    容疑者に悪評がないこととその人が持っている心の闇は別問題で、不満に対してどう意思表示をするのかは人によって違う。なぜ交番を襲撃したのかが1番気になるとお話してくださいました。

    コメンテーターの古谷さんは「計画的に見えるけど、ものすごく非合理的な行動だと思える。やるんだったら、交番じゃなくて銃器店のほうが弾だってたくさんある。」
    島津容疑者は駆け付けた警官に撃たれて重体のため、動機などまだまだ謎のままです。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、コカインとアヘンの生産が過去最高を記録したというニュースです。

    依然として麻薬組織の勢力が強いコロンビアや、政情不安により政府の統制が及びにくくなっているアフガニスタンでの生産量増加が背景にあるということです。

    SAK20180627 (6).jpg

    コメンテーターは文筆家の古谷経衡さん。

    今日の『オピニオン』では、「Hagex」名義でブログを運営し人気だった、福岡市のITセミナー講師の岡本顕一郎さんが刺殺された事件をピックアップ。
    殺人容疑などで逮捕された松本英光容疑者がネット上でのいわゆる「荒らし」を繰り返し、被害者の岡本さんから注意を受けたことで恨んで犯行に及んだとのことですが、古谷さんは「Hagex」さんも2002年からやってきたブログサービス「はてなブログ」というものが、いかに読み手のレベルも高く、いかにネットの中で言論的オアシスだったかを説明し、「待ち伏せして殺すなんてこんな無知性な、こんな動物的な、はてなブログとは真逆の犯罪が起きちゃうなんて...」と、事件概要だけでは読み取れない今回の事件の根深い背景について語り下ろしてくださいました。

    SAK20180627 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが、アメリカツアー女子ゴルフ 畑岡奈紗、日本勢最年少優勝の話題を取り上げました。

    19歳5か月、2位に6打差をつけ、通算21アンダーでぶっちぎりの史上最年少優勝を果たしました!

    「来週のメジャー大会も頑張りたい!」とコメントしており、28日から始まる全米プロ選手権にも注目が集まります。

    SAK20180627 (1).jpg


    『ニュースパレードアネックス』東京都が独自に制定を目指してきた受動喫煙防止条例案が、都議会の本会議で可決、成立しました。

    この防止条例、国の健康増進法改正案よりも厳しい規制ということで、世界水準から見ればもっともっと厳しいところもあるが、反対の方々が多いのも事実。

    東京都庁で取材している伊藤佳子記者に繋ぎ、小池都知事の音声も交えてお伝えしました。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、「W杯サッカーの応援で病気とケガが増加する」という、気になるお話をして下さいました。

    サッカーのような集団で戦う競技は、熱狂して応援すると、試合で勝った時、男性ホルモンのテストステロンが増えるという調査結果が! テストステロンは、支配欲の暴走や過剰な自信などを引き起こすため、脳は本能的に危ないことをするかもしれないのだそう。皆さん、そのあたりを踏まえて、日本代表を安全に応援しましょう!


    【今日の1曲】 星のかけらを探しに行こう Again/福耳

  • 第322回:そのカレー、その飲み物、大丈夫?

    『ニュースオフサイド』では、「一晩置いたカレーにも食中毒の危険が潜んでいるかも」と題して、この時期に気を付けたい食中毒の話題を取り上げました。

    消費者庁は、梅雨時の食中毒が増加傾向にあることから注意を呼びかけています。 被災者に対する炊き出しなどを行う時も、カレーなどを作る場合は注意が必要としています。

    佐藤圭一記者は、農林水産省による食中毒喚起と、内閣府・政府広報の注意喚起【付けない・増やさない・やっつける】の3つの原則を紹介。

    実は佐藤記者も、ちょうどこの高温・多湿の季節に、お母様の手作り惣菜パンで食中毒をになってしまったことがあるということでした。「冬場は平気だったのに・・・」と悲しそうな佐藤記者。

    サキドリー20180626 (2).JPG

    ちなみにスタジオの石田さん、竹田さんも食中毒の経験が。

    サキドリー20180626 (4).JPG

    とにかく過ぎ去るのを待つしか手立てがない辛さを語る皆さん。

    サキドリー20180626 (3).JPG

    お電話を繋いだのは、元・東京都保健所食品衛生監視委員で現在は民間企業の食品衛生担当を務めている佐藤史郎さん。

    日を置くと美味しくなるといわれるカレーですが、この季節は作ったらすぐに食べきってしまうことが大事。どうしても翌日に食べるという場合には、小分けするなどして10度以下の温度に下げて冷蔵庫で保存し、温める時にはよーくかき混ぜて全体が沸騰するまで加熱を!

    カレーだけではなく、夏場は一度口をつけたペットボトル飲料も危険!糖分の入っている飲料や、穀物から作られている麦茶なども菌が繁殖しやすいそうです。


    さて、街の皆さんはどのような食中毒対策をしているのか、西村志野記者は豊洲からレポート!つい先日、サルモネラ菌に娘さんが感染してしまったという方もいらっしゃいました。皆さん、作り置きはしない・何でも冷蔵庫で保存するなど対策をしているようですね。

    西村さん(豊洲)20180626.jpg

    100円均一などでも買える、アルコール除菌液などを持ち歩いて、食品などをさわる際にはすぐに除菌できるように心がけましょう!


    『きょうのナマチュウ』外食・サービス産業の人手不足を解消する切り札とは?

    人手不足が深刻化する外食・サービス産業ですが、今日は特徴ある企業の取り組みをご紹介しました。

    まず取り上げたのは、外食産業のモスバーガー。以前から、シニアのパート・アルバイト採用に力を入れています。
    モスフードサービス広報IRグループ グループリーダー 金田泰明さんによると、40代~50代で仕事を始めた人たちが長期間仕事を続け、結果シニア世代の方の就労人数が増えているのだそう。シニア層が多く働いていることで、同年代のお客さまも安心して利用ができ、若い世代の店員が知らない地域の情報など自分たちの人生経験を活かして働けているのも素敵ですね。

    続いて、LGBTの人たちが宿泊しやすいよう「LGBTフレンドリーホテル」を打ち出したパームロイヤル那覇総支配人 高倉直久さんにお電話を繋ぎました。

    ホテル内にはLGBTのシンボルであるレインボーフラッグを飾ったり、ジェンダーフリートイレというものも設置。

    LGBTの人に優しい=みんなに優しいというこのホテルのことを知って、就労希望の方も増えたといいます。沖縄県の離職率は県内平均20~30%のところ、パームロイヤル那覇はなんと5%未満!

    さらに、インターネット旅行サイトの口コミ評価も7位に上昇し、業績も大幅に上回ったそうです。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、日本を訪れる外国人観光客に果物狩りが人気というニュース。

    JTBとJCBが出資するJ&J事業創造は去年、およそ780の農園を紹介するサイト「Japan Fruits」を開設しています。

    スタジオでは、モノより体験を求める「コト消費」の話で盛り上がりました。

    サキドリー20180626 (5).JPG

    コメンテーターは俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』では、ここまでのサッカーW杯の日本代表の活躍を「100点満点と言ってもいい!」と高く評価したうえで、グループステージ突破に向けて、「いろんなところで叩かれちゃってるけど、GKの川島はやけくそになった時に動きが良くなるタイプだったりもするから、川島次第かもしれない。頑張ってほしい!今回のサッカーW杯、どの試合も本当に面白い!」と興奮気味に語り下ろしてくださいました。

    サキドリー20180626 (6).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当の高橋将市アナウンサーはメットライフドームから、今日行われる 西武 対 オリックス戦について、今日のライオンズナイターで中継解説を務める、東尾修さんとともにお送りしました。ライオンズ打線がオリックスのアルバースにどう立ち向かうか!文化放送ライオンズナイターで!


    『ニュースパレードアネックス』 富山市の交番で今日午後2時ごろ、男が警察官を刃物で刺し、拳銃を奪って逃走する事件がありました。 男は近くの小学校の警備員に発砲したあと、身柄を確保されました。男に刺された警察官、撃たれた警備員は死亡が確認されています。

    石森則和記者がこれまでに入ってきている概況を、目撃者の音声を交えてお伝えしました。
    サキドリー20180626 (7).JPG


    【今日の1曲】 コパカバーナ/バリー・マニロウ

  • 第321回:問題山積の参議院予算委員会集中審議

    今日は14時40分頃、渋谷区代々木の雑居ビル2階の居酒屋に、男が刃物を持って一人で店に立てこもり、窓ガラスを割った上、炊飯器や瓶などを屋外に投げるなどして暴れるという事件がありました。渋谷で別件の取材中だった西村志野記者が現場に駆けつけ様子を伝えてくれましたが、17時ごろに身柄を確保。番組で随所でこの速報をお伝えしました。


    『ニュースオフサイド』は、「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦さんを迎えて、正常化した国会から、参議院予算委員会集中審議の模様をお伝えしました。

    注目の森友学園問題・加計学園問題をめぐってどんな質疑が行われたのか、北朝鮮関連のやりとりなどを、国会記者クラブから伝えてくれたのは山本カオリ記者。今日は内外の諸情勢という大きな課題で、一つのことを追及というかたちにはならなかったそうですが、安倍総理は依然「国会招致については国会が決めること」として取り合わない状態。

    さまざまな手段で加計問題を追及してきた黒川さんは「新たな事実が出てきていないため、いまいち盛り上がりに欠けているのが気になる。」とお話してくださいました。

    sakidori20180625 (6).JPG


    『きょうのナマチュウ』サッカーW杯 日本、勝ち点4。次は運命のポーランド戦。

    日本時間の今日未明に行われた第2戦、日本対セネガルは2対2で引き分けました。 次は第3戦、ポーランドとの試合に勝つか引き分ける、仮に敗れたとしても、セネガル対コロンビアの結果次第で決勝トーナメント進出の可能性が出てきたというこで、今日はセネガル戦を振り返るとともに、運命を左右するポーランド戦をサキドリ!

    まずは佐藤圭一記者が今朝8時頃の渋谷駅の様子を伝え(さすがにその時間にはユニフォーム姿の人はいなかったとのこと)、さらに現地で取材中のスポーツライター 二宮寿朗さんに伺ったお話を、音声を交えてご紹介しました。

    「日本選手のプレーにゆとり・ねばり・自信が出てきた。攻撃的な西野采配も吉と出ている。リラックスしてコンディションを整えて、ポーランドに備えて!」と二宮さん。

    佐藤圭一記者20180625.jpg

    お電話を繋いだ、元Jリーガーでスポーツキャスターの水内猛さんは「正直言うとセネガルに勝ちたかった。次のポーランドはもう失うものがない状態で向かってくるので怖い。油断せずに、エースのレバンドフスキ選手をしっかりおさえて仕事をさせないことがポイント」とおっしゃっていました。

    西村志野記者は渋谷の街の人たちに、日本代表への評価と次戦への期待の声を聞きました。

    取られては取り返す展開で面白くサッカーを見たという方が多く、「本多選手すごい!」「柴崎選手うまい!」の声も多かったようです。

    西村さん20180625.jpg

    日本代表の第3戦・対ポーランドは、日本時間28日深夜キックオフです!頑張れニッポン!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、日航乗務員が機内で骨折というニュース。

    24日の午後3時55分ごろ、札幌発羽田行き日航514便が飛行中に突然揺れ、女性客室乗務員が転倒。 左足首付近を骨折、全治2か月の重傷と判明しました。乗客乗員515人で、他に怪我人は出ていません。

    元CAの河合薫さんも経験談を語り、「乗務員さんたちはきちんと訓練しているから、ケガをした時も対応などは安心して!」とおっしゃっていましたが、これから夏休みなどで飛行機に乗る時には気を付けた方がいいポイントを、自分でもでもチェックしておくといいですね。

    sakidori20180625 (1).JPG

    コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんの今日の『オピニオン』テーマは「外国人留学生問題」でした。

    全九州高校体育大会の男子バスケットボールの試合中、延岡学園高の留学生選手が審判を殴打した問題の背景から、日本は外国人を受け入れる入り口はつくるのに、入れた後の土壌が整っていないと指摘。

    今回の「背が高いから、バスケットのチームに外国人留学生を入れる」もそうだが、「人手が足りないから外国人労働者を入れる」、その後どうしていくのかという部分がきちんとしないうちは【受け入れ反対】と語り下ろしました。

    sakidori20180625 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は砂山圭大郎 アナウンサーが担当。

    陸上・日本選手権の話題をピックアップ!男子100m、今年の王者は昨年6位だった山縣亮太選手でした。

    桐生祥秀選手は少し伸び悩んで3位、号泣した5位の多田修平選手はこの秋以降に注目です!

    sakidori20180625 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』でお伝えしたのは、来年開催に向け、着々と準備が進められている ラグビーW杯の話題。

    今日、ラグビーW杯2019 開催自治体の観光担当者によるミーティングが開かれました。取材したのは伊藤佳子記者。

    sakidori20180625 (3).JPG

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』 では、最近、芸能界・スポーツ界で相次ぐ意外な結婚について総ざらい!

    以前、このコーナーで美保子さんは、玉木宏さんの結婚を予言していましたが、残念ながらお相手が違っていましたね。これには美保子さんもびっくりしたそうです。
    sakidori20180625 (4).JPG

    【今日の1曲】 太陽は罪な奴/サザンオールスターズ

  • 第320回:慰霊の日の前日

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「沖縄、明日73回目の慰霊の日」。

    沖縄県民にとって、慰霊の日がある6月は「平和月間」。平和の授業を通じて平和について考える一カ月なんだそうです。最後の激戦区となった糸満市では追悼式が行われ、那覇市の新都心地区では、竹で作った灯篭(竹あかり)に灯をともすイベントが今年初めて開催されることになりました。実行委員の広報、堀江さんにお話を伺うと、初の試みにとても張り切っている様子で、「平和を祈る催しになれば」とお話してくださいました。

    また、都内でも慰霊の日に向けて様々なイベントが行われています。ポレポレ東中野ではドキュメンタリー映画「ひめゆり」の上映、柏市では平和のいのり「沖縄慰霊の日、歌と踊りと朗読会」が開催されます。



    『きょうのナマチュウ』は、「認知症に効果あり?ボウリングの可能性とは?」。

    今日がボウリングの日ということで、佐藤圭一記者は川崎グランドボウルで行われたイベント「めざせ1000人トーナメント」を取材。トーナメント方式のボウリング大会で、参加者の平均年齢は60歳、最高齢はなんと93歳でした! 北海道大学の水野教授にお話を伺うと、ボウリングは心と体、両方に効果的で、体力維持、認知症予防以外にも、コミュニケーションをはかりながら楽しめるので、始めるなら週1回からがおすすめです。



    20180622_2

    『SAKIDORIニュースパレード』は、大阪北部地震のブロック塀による死亡事故を受けて、武蔵野市立関前南小学校で行われているブロック塀撤去工事の模様を岡田紀子記者が現場からお伝えしました。

    事件があった後、いかに早い対応ができるかに自治体の安心と信頼に繋がっているようです。



    20180622_3

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「地震保険は上手にお入りなさい」。

    地震保険は単体で入ることはできず、火災保険も入る必要があります。そして、様々な地震保険がありますが、おすすめなのは政府が後ろ盾になっているもの。荻原さん曰く、保障金は火災保険の3~5割と決まっているので、地震で家を失った場合、そのお金で家を建て直すのは難しく、被災後の生活を支えるものだと思っていた方がいいそう。

    そんな地震保険ですが、1回入ったけど地震が来ないからといってやめてしまうのは一番よくないそうです。入ったらずっと入ることが大切で、5年分のまとめ払いで保険料が節約できるそうです。他にも建築年数で割引もあるので、確認した方がよさそうです。



    20180622_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサーが野球殿堂博物館 で開催中の特別展「高校野球100回目の夏」をご紹介。

    今年が高校野球100回を記念するため、過去の選手のユニフォームや優勝旗など、これまの歴史を確認できる高校野球ファンにはたまらない内容となっています。



    『ニュースパレードアネックス』は、相次ぐ幼児虐待事件を受けて、国会で党派を超えて行われた勉強会の模様を山本カオリ記者が伝えました。



    20180622_5

    『世の中SAKIDORI』は、ニュースサイト「nippon.com」編集部、エジプト人のムハンマド・ハッサンさんが「日本人の時間感覚とアラブの5分」というテーマでお話頂きました。

    ハッサン曰く、「日本の時間の正確さはすごい!」。日本の鉄道会社が定刻より20秒遅れたことを謝罪したニュースを取り上げ、「アラブでは30分でも全然平気! 謝罪なんてない!」と時間感覚の違いを実感したそう。「あと5分でできるよ!」と言いつつ、30分や1時間待たされることがザラというアラブ、日本人もアラブで生活したら時間感覚が変わるものなんでしょうか!? ちなみに、ハッサンは日本で生活するようになって遅刻が許せなくなったそうです!(笑)



    【今日の1曲】 Pet Shop Boys / West End Girls 



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第319回:ベアドッグって知っていますか?

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「相次ぐ目撃情報!熊と人は共存できるのか」。

    山梨県や秋田県では熊の目撃情報が例年よりも多いペースを記録、「熊と人のすみ分け」をどうするべきなのかをサキドリしました。そこで今、注目されているのが、熊を山に追い返す職業犬「ベアドッグ」。このベアドッグを育成しているNPO法人「ピッキオ」の田中純平さんにお話を伺うと、海外では盲導犬と同じように認められていて、その働きとしては、熊のにおいを探知し、熊を吠えて追いかけることで山奥に返すというもの。効果は感じているそうで、ごみ荒らしや人的被害がわかりやすく減少したそうです。



    『きょうのナマチュウ』は、「虐待防止に繋がるか、『赤ちゃんと触れ合う授業』」。

    中学校で、赤ちゃんとの触れ合いを通じて命の尊さや子育ての大切さを学ぶ体験授業をご紹介。27年もの間、この授業を続けている東京成徳短期大学の教授、寺田清美さんにお話を伺いました。

    赤ちゃんが泣くことに否定的な風潮がある中、なぜ泣いてしまうのかを理解するだけではなく、赤ちゃんと触れ合うことで自分も同じように可愛がられてきたのだと知り、自己肯定感を育む機会にも繋がっています。授業に参加した生徒からは、「楽しさもあるけど、難しさを感じた」といい、その難しい部分をどうクリアしていくのか話し合ういいきっかけになったそうです。


    そして、西村志野記者は、相模女子大学中学部で「妊婦体験と赤ちゃんのお世話体験」の授業をレポート。

    20180621_2

    実際に「妊婦ジャケット」を着用すると、いかに日常動作が大変なのかを実感することができました。



    20180621_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「地元で就職希望、33%に低迷。大学生の意識調査」。

    学生優位の売り手市場を背景に、大都市圏での就職が人気を集めているそう。地方と都心の格差がますます広がると懸念されています。



    20180621_4

    精神科医・映画監督の和田秀樹さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「本の売れ筋に見る "日本やばいよ"」。

    日本人は英語の読み書きやコミュニケーション能力もアジア最低レベルにも関わらず慢心していると感じた和田さんがこれらの問題提起をするような本を企画したところ、編集者の方に「そういう本は売れない」と言われたそう。売れ筋は「日本はすごい国」など、耳触りのいい話ばかりでこれではこの慢心は助長するばかりではないかと嘆きました。



    20180621_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、飯塚治アナウンサーが伝えてくれたのは、「ソフトボール女子ライバルアメリカに快勝!」。

    日米対抗2018第一戦、最大のライバルアメリカに4対0で勝ちました。その勝因や注目選手を解説!



    20180621_6

    『ニュースパレードアネックス』は、細木美知代記者が取材した「なくそう!子どもの虐待プロジェクト2018」について。

    児童相談所が家庭に介入するためのマンパワーと適切な判断のために法律や制度を整える署名プロジェクトで今月14日から開始したものです。発起人による立ち上げた想いやきっかけ、今後の活動などを紹介しました。



    20180621_hayakawa

    『世の中SAKIDORI』は、SAKIDORI最前線。 早川茉希 レポーターが開館10周年を迎えた「東京おもちゃ美術館」をご紹介!

    今月24日から10周年を記念した、糸鋸の体験ができる工房「いとのこや」がオープン。体験の様子など、詳しくは【こちら】からどうぞ。



    【今日の1曲】 ジョニィへの伝言 / ペドロ&カプリシャス


  • 第318回:誰かとごはんを食べていますか?

    大阪北部で起きた地震の取材をし、一美キャスターが帰って来ました。(大阪取材の模様は、一美キャスターがブログ『Column〜記者たちのオフマイク〜』に載せてくれていますので、そちらもご覧ください。)

    今日は、当初の予定では通常国会の会期末だったわけですが...来月の22日まで延長されることになりました。

    『ニュースオフサイド』のコーナーでは、通常国会が大幅延長となった背景を、自民党総裁選挙、日朝首脳会談との関連から探りました。

    まずは今日の国会の様子を、奥山拓也キャップがレポート。与党としては、働き方改革国会と銘打ってやってきたため、この法案を通すまでは...という思いでの32日間の延長。野党としては「会期通り終わらせる!」という、与野党の攻防から目が離せない状況です。

    安倍政権側の様々な思惑については、インサイドライン編集長の歳川隆雄さんに伺いました。

    会期を延ばせば延ばすほど、安倍総理以外の総裁選出馬の意向がある人の準備期間がどんどんなくなっていくこと。安倍総理の7月の外遊をふまえての延長であること。

    日朝首脳会談については、8月中に行われるかもしれないことなど解説してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』テーマは「食事をひとりでとる"孤食"が深刻化。その対策を考える」。

    2017年度版の食育白書によると、1日の食事のすべてを一人でとる「孤食」が週の半分を超える人が、増えていることが分かりました。

    細木美知代記者が「食育白書」の内容を整理。

    細木記者20180620.JPG

    寂しいというイメージの「孤食」ですが、街の方々は「孤食」をどう思っているのか、西村志野記者が有楽町で聞きました。

    お話を聞いたほとんどの方は「寂しい」とは感じていなかったそうですが、この回答に永野サブキャスターも西村記者も「これは、普段一緒に食べる人が居る人の回答だと思う!」と反論していました。

    西村さん20180620有楽町.jpg

    お電話を繋いだ名古屋大学 特任講師の中田龍三郎さんには、「孤食」が人の体や心に及ぼす影響について伺いました。

    一人で食事をすると、食事の準備がおっくうになったり、簡単なもので済ませてしまうため、栄養バランスが悪くなる傾向が。また、日常的に「孤食」をしていると、コミュニティーへ参加しようという気持ちがなくなっていき、うつ病にもなりやすいのだとか。

    中田教授は、少しでも楽しく食事が出来るように、工夫することが大事だとおっしゃっていました。簡単な方法として、鏡に自分の姿をうつして食事をすることだけでも、効果があるそうです。


    つづいて「孤食」対策として、故郷でおばあちゃんと食卓を囲んでいるような気分になるVR動画「バーチャン・リアリティ」を制作した、南あわじ市「食の拠点推進課」課長補佐 土井孝行さんにもお話を伺いました。

    南あわじ市の特産品を知ってもらうための動画を作ろうというところからスタートした、この「バーチャン・リアリティ」。田舎のおじいちゃん・おばあちゃんが、社会の癒しを担っていけるのでは!?と作成されました。

    おばあちゃんと朝食をとる「朝ごはん」と、家族や地元住民らも交えてにぎやかな時を過ごす「夜ごはん」の2編構成で、自治体のプロモーション動画としては異例の16万回超えの視聴回数をたたき出しています。

    土井さんはこの動画を通して「普段連絡をとらない両親と連絡をとるきっかけになってほしい」ともおっしゃっていました。

    放送前に「バーチャン・リアリティ」を体験したミイナさんも「癒されるぅ~」と笑顔(^^)
    バーチャンネット20180620.JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げるのは、「訪日客増加で製紙各社の生産拡大」というニュース。

    訪日外国人客が増え、ホテルなどで使う需要が増えていることを背景にトイレットペーパーの生産も好調に。日本製紙や王子ホールディングスなど製紙業界が新工場の整備など生産拡大に乗り出しています。

    ミイナさんや永野サブキャスターも、今まで体験した海外のお手洗いのお話をされていましたが、国によって本当に様々ですね!

    さきどり20180620 (2).jpg

    コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「メルカリはなぜ上場したのか?」。

    日本で初めての、上場した"ユニコーン企業"のメルカリ。まずこの"ユニコーン企業"というものはどういうものを指すのかを説明。

    そして、まだまだアメリカでは赤字のメルカリが、日本だけの成功に留まらず、海外へとチャレンジしている姿に「頑張ってほしい!」とエールを送りました。

    さきどり20180620 (1).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では松島茂アナウンサーが、サッカーW杯 日本代表が見事勝利した昨夜のコロンビア戦を、文化放送 サッカー解説者で元読売クラブコーチの湯浅健二さんのお話を交えて振り返り!

    湯浅さんは、現地のロシア・サランスクでこの勝利を見届けたということで、コロンビア戦を終えた日本代表チームの雰囲気、湯浅さんが試合で感じたこと、セネガル戦へ向けてのポイントなどを松島アナがリポートしてくれました。

    さきどり20180620 (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』は、斉藤一美キャスターの大阪府北部地震取材報告。破裂した水道管の修繕対応の迅速さや、関西大学社会安全学部の皆さんが被災された方々のスマホの充電が出来るようにと、発電機や充電コードをかき集めてボランティアにあたられていたことなど、関西大学永松教授の声を紹介し、伝えてくれました。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、「地震の防災から子供の受験まで、いざという時に力を発揮できる脳科学」を伝授!

    人間の大脳は70%が視覚情報の処理にかかわっていて、映像は情報量が多いので、無意識の領域にも強く影響を与えています。 だから、たった5秒間でいいので目を閉じて実際の災害をイメージしてから訓練をすると、脳への定着率が上がり、本当に起きた時と同じ行動がとれるようになるのだそうですよ。


    【今日の1曲】 雨にぬれても/マニック・ストリート・プリーチャーズ

  • 第317回:いよいよ今夜!日本代表初戦!

    今日もSAKIDORI!をお聴きくださいましてありがとうございます!

    昨日に引き続き、一美キャスターは大阪で取材中。 スタジオは竹田有里サブキャスターとコメンテーター 俳優の石田純一さんでお届けしました。


    『ニュースオフサイド』今日もこの時間は、大坂北部で起きた地震の続報をお伝えしつつ、一美キャスターの現地レポートも交えて、下敷きになって犠牲者が出てしまったブロック塀の危険性や対策について考えました。

    まず東北大学災害科学国際研究所 災害理学研究部門 岡田真介 助教に今回の地震のタイプである、内陸の直下型地震について解説頂きました。

    高槻市寿永小学校のブロック塀の違法性については、佐藤圭一記者が説明。

    女子児童が下敷きになった今回のブロック塀には、建築基準法施行令で定める「控壁」と呼ばれる補強設備がなく、高さも施行令の規定である2.2メートルを超えて、約3.5メートルあったことも分かっています。

    佐藤記者20180619.jpg

    これまでもブロック塀の危険性を訴えてこられた、アウトドア流防災ガイド あんどうりす さんは、ブロック塀の危険性を、①ブロック一つが10キロほどの重さがあり非常に重量があるということ。②違法なブロック塀がたくさんあるということ。③ブロック塀は壊れやすいということ。の3つのポイントでお話してくださいました。

    お電話を繋いだのは、ブロック塀の撤去を推進している国分寺市役所 まちづくり部 建築指導課 樋口淳さん。ブロック塀の撤去に助成金を出しており、26年からの4年半ほどで38件のブロック塀を撤去、主に高さ60センチほどのフェンスに変えているそうです。古くなったブロック塀が通学路に面していた場所などは安全になって喜ばれているとお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』 今夜9時キックオフ!サッカーW杯 日本対コロンビア戦。

    日本代表は1次リーグ初戦を突破できるのか? 直前情報を徹底的にサキドリ!

    まずお話を聞いた、ロシア・サランスクで取材中のスポーツライター 了戒美子さんは、落ち着いて初戦を淡々と迎えようとしている日本代表チームの様子などを伝えてくれました。

    続いて、お電話を繋いだスポーツライターの二宮寿朗さんは、日本が勝つにはねばりが必要だとのこと。「後半に入ってどう動くかだと思う。初戦は是が非でも、勝ち点1点は取ってもらいたい!」とお話してくださいました。

    西村志野記者は、今夜のコロンビア戦のパブリックビューイングが行われるラゾーナ川崎へ。

    試合開始8時間前ということで、さすがにサポーターたちの姿はありませんでしたが、ユニフォーム姿で歩くお客様は見かけたそうです。

    西村記者20180619.jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「55歳以上の人の働く理由」について。

    内閣府の調査によると、全国の55歳以上の高齢者のうち、収入を得ている人の58%が働く理由として「収入が欲しい」と答えているとのこと。生きがいや健康という回答を大きく上回る結果となりました。

    それにしても、55歳以上で「高齢者」という括りになるのか!?とスタジオではそっちの方が気になって気になって...。

    sakido20180619 (4).jpg

    コメンテーター、石田純一さんの今日の『オピニオン』は、ずばり「W杯」!

    1982年のスペイン大会以降、常にサッカーW杯を現地で観戦してきた大のサッカー好きの石田さんが、今大会で注目しているポイントを熱く語り下ろしました。

    今夜の日本の初戦はもちろんのこと、各国の注目選手のことや、一押しのフランスのことなど「楽しみはいっぱいあり過ぎて言い尽くせない!」と持参した選手名鑑を片手にヒートアップ!!

    sakido20180619 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は長谷川太アナウンサーが担当!

    サッカーW杯、ここまでの振り返りをしてくれました。

    長谷川アナと石田さん、「あの試合のあの瞬間がすごかった!」の言い合いに竹田サブキャスターはただただ口を開けて見つめる状態(笑)

    ちなみに長谷川アナが日本代表で注目しているのは、吉田麻也選手だそうです。

    sakido20180619 (3).JPG

    『ニュースパレードアネックス』  加計学園の加計孝太郎理事長が岡山市内の学園本部で記者会見し、一連の問題で初めて公の場で発言。「安倍総理と加計理事長が2015年2月に会った」とする誤った情報を愛媛県や今治市に伝えたとして謝罪し、自身や担当者の減給処分などを発表しました。

    今治市での取材を続けてきた吉田涙子記者が、今日の記者会見の模様や会見で語られたこと、これまでの経緯など、音声と共に伝えてくれました。

    sakido20180619 (5).jpg

    【今日の1曲】 GUTS !/嵐

  • 第316回:大阪北部地震

    一美キャスターは最大震度6弱を記録した大阪に、急遽取材へ行っています。

    スタジオには水谷加奈アナウンサー、コメンテーター健康社会学者の河合薫さん、ゲストに日本共産党 志位和夫委員長をお迎えした今日のSAKIDORI!
    saki20180618 (1).JPG

    『ニュースオフサイド』 今朝7時58分ごろに発生した大阪府北部を震源とする地震について、現地を繋ぎ、最新情報をお伝えしました。

    まずは、西村志野記者が、これまでに明らかになっている被害状況をまとめて説明。

    saki20180618 (2).JPG

    今回の地震は通勤・通学時間帯と重なりました。午後になって徐々に地下鉄は運転が再開されたものの、タクシー乗り場には200人弱の行列が出来ていたり、まだまだ混乱しているというJR大阪駅の様子を、フリーアナウンサー桐山隆さんが伝えてくれました。

    駅では、大勢の座り込む人たちが。

    桐山さんからの写真(1).jpg

    続いて繋いだのは、今朝現地へ向かい、高槻市に着いたばかりの一美キャスター。電柱が傾いていたり、ヘリが飛び交っている状況をレポート。

    スタジオでは、地震が発生した背景や今後さらに大きな地震が起きる可能性など、伊藤佳子記者が解説。

    佳子さん20180618.JPG

    東海道新幹線など運休が相次いだ東京駅には、佐藤圭一記者が。この時点でもまだ、運休したり再開したり...と、混乱は続いていました。

    震災写真(圭一くん).jpg


    『きょうのナマチュウ』では、今月20日に会期末を迎える通常国会を前に、安倍政権の内政と外交の両面について、ゲストの志位委員長にじっくりお話を聞きました。

    saki20180618 (3).JPG

    国会からは、奥山拓也キャップが、与野党の今日の動き、そして働き方とカジノ、両法案採決がどうなるのか見通しを伝えてくれました。

    清水克彦デスクは、北朝鮮をめぐる外交について解説。

    saki20180618 (4).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』でも、現地で取材中の一美キャスターに繋いで。

    今朝起こった大阪府北部の地震について、ここまで新しく入ってきた続報を伝えてくれた石川真紀キャスター。

    さきどり20180618 (2).JPG

    『ジャパネットたかた・ラジオショッピング』、今日はスタジオにジャパネットの林佑美さんが来てくださいました。ご紹介したのは、サキドリメンバーの何人もがすでに購入している、「モリリン 洗えるダウンケット」でした。

    軽くてコンパクト、羽毛ならではの保温力と吸湿発散性も備えていて、さらに嬉しいのがご家庭の洗濯機で洗えちゃうのです!寝汗が気になるこれからの季節に持ってこいですし、たためば小さくなるので、非常時の持ち出し用にしているというお客様もいらっしゃるのだとか。

    さきどり20180618 (3).JPG

    河合薫さんの今日の『オピニオン』では、「宇宙でストレス研究をやっているって知ってましたか?」というお話をしてくださいました。


    密閉され逃げ場のない空間で、常に同じ人たちと仕事をしないといけないという、地上とは比べ物にならないストレスフルな宇宙空間で、1番ストレス解消になったのが「地球を見ること」。視覚から入ってくる情報が作用して、ストレスが軽減したという研究結果が出ているそう。

    これは避難生活にも生かされており、なるべく外の風景が見られるようにすることで、人間のストレスは減らせると言います。他にも、宇宙で定期的に行われる地球との交信や、朝の目覚めの音楽が決められていることなどもストレスの解消に一役買っているとのこと。

    saki20180618 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、レスリングの話題です。

    「レスリング・全日本選抜選手権」女子68キロ級準決勝で、リオデジャネイロ五輪以来2年ぶりにマットに復帰した渡利璃穏選手。悪性リンパ腫で闘病していましたが、見事、優勝を果たしました。

    さきどり20180618 (4).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 大坂で最大震度6弱を観測した地震、3人が死亡したほか広い範囲でけが人も出ています。 高槻市の小学校では、プールのブロック塀が道路側に倒れ、9歳の女の子が巻き込まれて死亡しました。

    現在も運転見合わせが続くJR高槻駅の様子を、一美キャスターがお伝えしました。

    一美さんからの写真20180618 (5).jpg

    当初、午後5時から運転再開が予定されていましたが、午後7時以降に延び、700~800人の方々が待っている状況。

    震災写真(一美さん) (2).jpg

    電話がなかなか繋がらない時間帯があったものの、TwitterやLINEなどのSNSで自分や家族の安否確認が出来たため、落ち着いていらっしゃる方がほとんどだということでした。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、「芸能界で見る サッカーW杯」について語って頂きました。

    サッカー愛と知識を買われている芸能人と言えば、この番組にお越しくださったこともある小柳ルミ子さん、ほかにも意外なイケメンタレントたちがいるんですね!

    そして、代表選手の奥さんになるには...というお話までしてくださった美保子さんでした。

    さきどり20180618 (1).JPG

    【今日の1曲】 Kiss Me/Sixpence None The Richer

  • 第315回:今、この人とサキドリたい 荻原博子さん&中林美恵子さん

    「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしているSAKIDORIスペシャルウィークは、今日が最終日!

    スペシャルコメンテーターに早稲田大学教授の中林美恵子さんをお迎えしてお送りしました。



    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「日朝首脳会談のカギをにぎるのか? ロシアの動きに注目」。

    中林さんは米朝首脳会談を振り返り、「民主主義は足元を見られやすい。結局、次回の選挙に向けた手柄のために交渉されてしまう」と、民主主義国家のジレンマを解説。 筑波大学教授の中村さんは、今後の日朝首脳会談の可能性について、今年9月にロシアのウラジオストクで開催する「東方経済フォーラム」でプーチン大統領は金正恩委員長を招待、安倍総理も招待するだろうから、ここで実現する可能性はあるとしました。



    『きょうのナマチュウ』は、「民泊、解禁! ニッポンの民泊、あしたはどっちだ?」。

    今日から民泊のルールを定めた民泊新法が施行され、民泊が解禁されました。違法・悪質民泊の排除、そして健全な新規参入促進が狙いで、外国人観光客や、周辺に住む方々が安心して利用できるために整備されました。

    新宿区では、人気エリアですでに多くの民泊が営業していますが、さらに独自のルールを設け、強化をはかっているようです。

    20180615_2

    細木美知代記者は、浅草で外国人観光客に民泊についてインタビュー。安価で昔ながらの日本家屋に住めることから、すでに多くの方が利用していると回答。

    さらにセブンイレブンとJTBが組んで無人の民泊チェックイン機を設置するなど、新たなビジネスチャンスとしても注目されています。



    20180615_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「『痩せ』選手生命に影響 18年版男女共同参画白書を決定」。

    政府は、2018年版男女共同参画白書でスポーツ界での女性活躍や健康課題を取り上げ、痩せの状態が骨密度低下や引退後の健康に影響すると発表しました。



    20180615_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「金正恩委員長に踊らされるのはおやめなさい」。

    米朝首脳会談に物申す! 国を安泰したい北朝鮮と、北朝鮮の非核化を目論むアメリカ。しかし、結果的に北朝鮮は目的を達成し、アメリカは「半島の非核化」でとどまりました。金委員長有利で終わった会談を荻原さんがビジネスマンの視点からどうするべきだったのか解説しました。



    20180615_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、飯塚治アナウンサーが伝えてくれたのは、「マラソングランドチャンピオンシップ!コース発表記者会見」。

    東京オリンピックと同じコースとなったマラソングランドチャンピオンシップ。瀬古マラソン強化戦略リーダーも、「コースを知っていることは、オリンピック本番でも自信になる」とコメント。



    『ニュースパレードアネックス』は、総合型リゾート実施法案、いわゆるカジノ実施法案について国会の動きを山本カオリ記者が伝えました。



    20180615_6

    『世の中SAKIDORI』は、今日は、時代の最先端を行くビジネスマンに一美さんが直撃するコーナー「一美が訊く!」。

    今回は茨城県ひたちなか海浜鉄道の吉田千秋社長にお話を伺いました。各地のローカル線の経営が厳しいなか、吉田さんが利用者を増やすために行った施策とは!?



    【今日の1曲】 パープル・レイン / プリンス&ザ・レヴォリューション



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第314回:今、この人とサキドリたい 和田秀樹さん&蓮池透さん

    スペシャルウィーク「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしているSAKIDORI!も今日で4日目。

    今日はコメンテーター 和田秀樹さん、スペシャルコメンテーターに拉致被害者 蓮池薫さんのお兄さん、蓮池透さんをお迎えしました。

    『ニュースオフサイド』テーマ「どうなる?蓮池透さんに聞く拉致問題の行方」。

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は米朝首脳会談で「安倍総理と会ってもよい」と話していたことが分かりました。日本政府は日朝首脳会談を9月に実現させることを目指し、 調整に入る方針です。

    米朝首脳会談を取材した各国のメディアは日本人の拉致問題に関心を持っていたのか?

    シンガポールで取材した清水克彦記者によると、およそ3000名が登録しているメディアセンターの中で、関心を持っていることに日本人拉致問題を挙げる記者は1つもなかったといいます。

    saki-20180614 (3).JPG

    蓮池さんは今回の会談を見て、「いろんなコメントをしている人たち、ちょっと黙ってろ!と思った。」と率直な感想をお話してくださいました。

    「戦争だと言い合っていた2つの国の首脳が少しの時間ながらも会えた事は画期的。私としては歓迎したい。それなのにケチをつけるコメンテーターがやたら多くて腹が立った。マスコミの皆さんも平和は嫌いなの?」

    saki-20180614 (5).JPG

    『コリア・レポート』辺真一 編集長は、日本政府が今日からモンゴルで開かれる国際会議で北朝鮮側と接触する方向で調整していることについて、これが日朝首脳会談実現に繋がらないと困るとおっしゃっていました。


    『きょうのナマチュウ』サッカーW杯ロシア大会がいよいよ開幕!

    ということで、お台場で今日6月14日~28日の期間限定で行われているイベント「ODAIBA FOOTBALL FANZONE 2018」の会場から、細木美知代記者と西村志野記者のレポートをお届け。

    ナマチュウ!20180614 (10).jpg

    会場は「FIFA AREA」、「FOOTBALL FAN AREA」、「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれており、サッカーの魅力を満喫できる催しが満載です。

    ナマチュウ!20180614 (7).jpgナマチュウ!20180614 (8).jpg

    ドリブルも華麗な細木記者は、日本と対戦するポーランドのソウルフード「ポンチキ」も美味しかったとレポート。

    ナマチュウ!20180614 (5).jpg

    そして、西村記者はVRでゴールキーパー体験!

    1本だけセーブに成功し、クリアファイルをGETしたそうですよ♪

    (3本連続セーブをすると、タオルマフラーがもらえちゃうとか!)

    ナマチュウ!20180614 (6).jpg

    オープニングセレモニーにはスペシャルゲストとして、1998年~2002年の元サッカー日本代表監督、トルシエさんがトークショーに登場!

    ナマチュウ!20180614 (3).jpg

    今の日本サッカー、そして日本代表選手をどう見ているのか、今回のロシア大会の見通しなどを語りました。

    ナマチュウ!20180614 (4).jpg

    コーナーの最後、お電話を繋いだのは、ロシアで日本代表を取材中のスポーツライター 戸塚啓さん。逆転勝ちしたパラグアイ戦での課題や、現在のチームの雰囲気などを伝えてくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、静岡県の山の中で看護師の女性の遺体が見つかった事件についてお伝えしました。

    逮捕された男2人はインターネットの掲示板を通じて知り合い、事件当日に初めて互いに会ったと供述していて、警察は、男らが事前に襲撃を計画していたとみて詳しく調べています。

    インターネット掲示板への投稿も一目で事件に繋がるようなものだと分からないような、巧妙な書き方をしているケースが多いということです。

    sakinp20180614.jpg

    コメンテーター、和田秀樹さんの今日の『オピニオン』は、人生が長くなってきたからこそオススメしたい多重人生を語り下ろしました。

    実際に和田さんのお知り合いの女性は、もともと編集のお仕事をされていたそうですが、紆余曲折あり、看護学校へ通い、資格も取得。編集のキャリア・看護師の資格・医療の知識そのすべてが役立ち、現在は健康関係の編集のお仕事をされているそうです。

    「自分の今の人生に満足するのも幸せだけど、いくつも出来る仕事を持っておくことはオススメ!」とのこと。

    もっと詳しくお知りになりたい方は、文芸社文庫より発売中の和田さんの著書「超長寿時代を生き抜く 「多重人生」のススメ」をお読みください。

    saki-20180614 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で寺島啓太アナウンサーが取り上げたのは、東京五輪を目指すバスケット男子日本代表「AKATSUKI FIVE」!

    初選出となった「高さ」のあるニック・ファジーカス選手と八村塁選手について、日本チームの今後の課題など解説してくれました。

    明日、大田区総合体育館で韓国代表と強化試合を行うそうです。頑張れ!ニッポン!

    saki-20180614 (1).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 レスリングの伊調馨選手らへのパワーハラスメント行為が認定された栄和人氏が、協会の強化本部長を辞任後、初めて会見を行いました。 会見で何が語られたのか、そして改めてこれまでの経緯を岡田紀子記者が振り返り。

    驚いたことに、未だに伊調選手への直接の謝罪はされていないとのことです。

    アネックス20180614.JPG

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』

    なんと、渋谷でホタル観賞が出来ちゃう!? というお話でした。詳しくは『世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By早川茉希』もご覧ください。

    早川さん20180614 (2).JPG


    【今日の1曲】 夢伝説/スターダスト・レビュー

  • 第313回:今、この人とサキドリたい 古谷経衡さん&鈴木宗男さん

    スペシャルウィーク3日目、今日もお聴き下さった皆さん、ありがとうございます。

    今日のSAKIDORI!は、コメンテーター 古谷経衡さん、スペシャルコメンテーターに新党大地 鈴木宗男 代表、ゲストに国連安保理 北朝鮮制裁委員会 専門家パネルの元委員 古川勝久さんをお迎えしてお届けしました。

    『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』両コーナーを通して、連日取り上げている米朝首脳会談について。

    「シンガポールの新聞の一面には"長い平和の道のりの最初の一歩"という見出しが躍っているが、個人的には"金さんの高笑いが聞こえる"という見出しを付けたい。」と、シンガポールから清水克彦デスク、韓国やロシアの記者たちの声も交えてレポート。

    写真を見ると、会談が終わってメディアセンターにつめている記者たちも減ってきていますね。

    シンガポール20180613 (3).jpg

    こちらは金委員長が宿泊していたホテル。厳戒な警備が解かれ、現在は平穏を取り戻しているそうです。

    シンガポール20180613 (2).jpg

    アメリカのメディア報道について、ワシントン在住のジャーナリスト 笹栗実根さんによると、金委員長から何も引き出せなかった印象が強く、一言で言うと批判的な報道がされているとのこと。

    国連安全保障理事会 北朝鮮制裁委員会 専門家パネルの元委員 古川勝久さんは、「半年前のことを思えば、最初の一歩だとは思う。今のトランプ政権のアプローチは、過去の米朝間の合意事項をすべてなかったことにしてしまっていることが問題。」だと指摘。
    サキドリー20180613 (3).JPG
    いかに北朝鮮の核廃棄に持って行くかについて、ある程度、米朝間での信頼関係が構築されないとトータルでの非核化は難しいだろうということ、非核化の費用を韓国と日本が支援すべきだと述べたトランプ大統領に対しては「ふざけんなの一言!物事を決めて請求書だけ回してくる。非常にたちが悪い。気を付けないと」とお話してくださいました。


    細木美知代記者は、米朝首脳会談と共同声明の中から、日本に関わることとして「日本人拉致問題」が共同声明に盛り込まれなかったこと、「米韓合同軍事演習の中止」などを整理して伝えてくれました。

    サキドリー20180613 (4).JPG

    鈴木宗男さんは、「1回の首脳会談ですべてが解決するというのは外交を知らない人の考え方。責任ある政治・外交というのは積み重ねだ。安倍総理の経験と熱意に期待して、やってもらえると信じたい。」と語りました。

    サキドリー20180613 (8).JPG

    西村志野記者は有楽町で、米朝首脳会談を受けて拉致問題が進展すると思うか、街の声を調査。

    少ないながら「期待したい」などの肯定的な意見も聞かれましたが、「あまり進展していない印象」「実感がわかない」など、多くの方が今のままでは進展は難しく、トランプ大統領頼みでなく、安倍総理がこれからどれだけ動くかだと考えているようでした。

    西村記者20180613.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、世界最大級のゲーム見本市『E3』がアメリカ・ロサンゼルスで開幕というニュース。  

    E3には200社以上の企業が出展し、6万人を超える来場者が見込まれています。また、スポーツのようにゲームで対戦する「eスポーツ」も盛り上がりを見せているとのこと。

    ゲーム好きな古谷さんが好んでやるゲームのジャンルはちょっと違うようで、真紀さんに説明してくれていました。

    サキドリー20180613 (1).JPG

    コメンテーター、文筆家の古谷経衡さんの今日の『オピニオン』。

    テーマは「いわゆる愛国歌謡 炎上問題」。

    人気ロックバンドRADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が「軍歌を思わせる」と一部からバッシングを受け、ボーカルの野田洋次郎さんが謝罪した一件を取り上げ、古谷さんは「こんなもんじゃなく、ものすごい差別的なことを歌っている人なんて山ほどいる。多少、文法的に矛盾や稚拙な表現はあるけれども、ネットなどでとやかく言われたからといって、引っ込めてしまうのはすごく残念。」だと話しました。

    「こういう、国を愛するとか、国を想うって悪いことじゃないと思うし、別にこれがあなたの考えならそれでいいじゃんと思う。」と、簡単に謝罪してしまったことに表現者として矜持が足りないのではと語り下ろし。

    サキドリー20180613 (10).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は高橋将市アナウンサーが担当。

    サッカー・ロシアW杯直前! 西野ジャパンをチェック!ということで、本番に向けてのポイントなどを、現地で取材中のスポーツライター 了戒美子さんに伺いました。 

    6大会連続出場の日本は日本時間の19日夜、グループリーグ初戦のコロンビア戦を迎えます。

    サキドリー20180613 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 成人年齢を18歳に引き下げる改正民法が今日、参議院本会議で可決、成立しました。施行はまだ4年近く先の2022年4月1日からになりますが、140年以上続いた大人の定義がついに変わることになります。

    竹田有里記者が何がどのように変わるのか、変わった時に考えられる利点や問題点などをまとめて伝えてくれました。

    アネックス20180613.JPG

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、「相手を説得できる脳科学」についてお話してくださいました。

    ポイントは姿勢。 両手で指を組むと相手を説得できる。パーソナルスペースを狭めるような姿勢が、相手の脳の状態に作用するのだそう。 ただ、互いの理解が進んだら、自分の手を広げて心をオープンにした方がいいようです。 また、説得には「食事」も大事! 血糖値が上がると相手に寛容になるので、子どもの説得などは夕食後がオススメ!

    【今日の1曲】僕が一番欲しかったもの/槇原敬之

  • 第312回:今、この人とサキドリたい 石田純一さん&春名幹男さん

    今週一週間、「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしているSAKIDORI!です。
    スペシャルウィーク2日目のコメンテーターは石田純一さん、スペシャルコメンテーターに国際ジャーナリスト 春名幹男さんをお迎えしました。

    さきどり20180612 (9).jpg
    今日は『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』両コーナーで、シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談について特集。

    ちょうどこのコーナーのおよそ1時間前に署名が行われていました。

    まずはシンガポールで取材中の清水克彦デスクを結び、最新情報と今日の一連の動きをお伝えしました。この段階ではまだ「包括的」という大まかな署名内容までしか伝わって来ておらず、清水デスクは「これから何度も会う」というトランプ大統領の言葉や「金委員長を"キム"と呼んだ」ことなどから、具体的なところまではいってないのではないかと話していました。


    各国の報道記者たちが集まるメディアセンターでは、両国の首脳の狙いや日本がどうあるべきかなどのおしゃべりもしたと清水デスク。

    さきどり20180612 (7).jpg
    お電話を繋いだ、朝鮮半島情勢に詳しい慶應義塾大学教授で現代韓国研究センター長の西野純也さんは、昨晩の金委員長のシンガポール市内観光の意図について「労働新聞が一面でこの観光の様子を取り上げているところからも、今後の北の経済成長のための視察ということなのではないか」と解説。

    ジャーナリストの笹栗実根さんには、【歴史】という言葉連発となったアメリカの報道について伝えてもらいました。

    続いて、北朝鮮を何度も訪れたことがある写真家の初沢亜利さんには、今まで見てこられた北朝鮮の一般の方々の経済状態や生活について伺いました。初沢さんによると、2013年ごろから、ピョンヤンではタクシーが増えたり、人々の着ている服がカラフルになったりと急速に変化したとのこと。

    今回の首脳会談は北朝鮮の一般市民は当然ながら生中継で見られることはなく、金委員長の威厳が保たれる形に編集したものを後々見ることになるだろうということ、そして、トランプ大統領が専用車の中を見せた場面が非常に印象深かったともお話していました。

    さきどり20180612 (2).jpg
    スペシャルコメンテーターの春名さんは会談を見て「最初はうまくいったなという印象。トランプさんはやはり不動産屋でテレビマンだということをものすごく感じた。なにしろ前宣伝がものすごい!」と率直な感想。

    西村志野記者は、新大久保駅周辺で米朝首脳会談についてインタビュー!

    韓国からの留学生の男性は「今回の会談は、韓国にとっても重要。米朝がこうして会うのは大きな進歩だと思うし、北がミサイルを諦めるかどうか」。

    また、日本としてはやはり拉致問題解決が気がかりです。お話を聞いた皆さんが、この会談に注目していたということでした。

    さきどり20180612 (1).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、ネット通販への相談が初めて店舗購入を上回ったというニュース。

    2017年に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は91万件あまりで、インターネット通販に関する相談が最多、全体の26%にあたる23万7千件に上ったとのことです。

    スタジオの皆さんはネット通販、利用しているのでしょうか?

    石田さん「現物主義。やっぱり服とか、ちゃんと見て素材を触って買いたい。」
    一美キャスター「分かります!僕も、下半身が太いので太ももが入らないなんてことがあって...」
    竹田さん「私は一般的に簡単に購入できないような環境問題の専門書を買うのに利用します。以前、ぐちゃぐちゃのものが届いたことが...」

    困ったことや、被害を被ったときには消費生活センターなどに相談しましょうね!

    さきどり20180612 (3).jpg


    コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした今日の『オピニオン』、題して「プラスチックのゴミ」です!


    カナダの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で日本と米国が、深刻化する海のプラスチックごみを減らすための数値目標を盛り込んだ文書に署名せず、環境団体から「恥ずべきことだ」と批判が相次いだ問題をピックアップ。

    石田さんも「海に囲まれているこの日本が署名しないなんて、驚いた」と言います。プラスチックというものの脅威について改めて考え、民間レベルでしっかり取り組んでいかなければならない問題だとお話してくださいました。

    さきどり20180612 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』松島茂アナウンサーは雨のあがりはじめた県営大宮公園野球場から。

    このあと、交流戦優勝争い1位 ヤクルト ・2位 西武 の直接対決が行われるということで、文化放送「ライオンズナイター」の解説を務めて下さる「兄やん」こと松沼博久さんと共にお送りしました。

    「兄やん」は「いたって公平だ」と言いつつ、ライオンズ大好き丸出しでしたね(笑)


    『ニュースパレードアネックス』 史上初の米朝首脳会談を終え、合意文書に署名。いったい何が話し合われ、何が決まったのでしょうか?

    注目のトランプ大統領の記者会見は予定よりも遅れてのスタート。ここまでに入ってきている会見内容を、まとめて吉田涙子記者が伝えてくれました。

    さきどり20180612 (5).jpg

    【今日の1曲】 Rhapsody in Blue/DA PUMP

  • 第311回:今、この人とサキドリたい 田中眞紀子さん

    今週はスペシャルウィーク!

    SAKIDORI!では一週間「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしていきます。

    初日、コメンテーターにお迎えしたのは、元外相 田中眞紀子さん。『ニュースパレードアネックス』までお付き合いいただきました。

    sakidori-20180611 (2).jpg

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    テーマ「またしても刃物による凶行。新幹線車両内無差別殺傷事件」。

    おととい夜に発生した、東海道新幹線での殺傷事件。神奈川県警は、自称無職の小島一朗容疑者(22歳)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。 小島容疑者は「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった。」と供述しています。

    まずは、神奈川県警小田原署から佐藤圭一記者がレポート。

    saki-20180611 (14).jpg

    裏口につけられた大型の警察車両で移送される小島容疑者を待つ、40人ほどの報道陣。

    警察によると、小島容疑者は自由席の乗車券で指定席に座っていたそうですが、少なくとも座席をめぐるトラブルはなかったとのこと。新幹線の車内の防犯カメラの映像を分析して捜査をすすめています。

    saki-20180611 (13).jpg

    お電話を繋いだのは、今回の事件の起きた12号車の後ろの車両に乗車していた、落語家の桂ぽんぽ娘さん。緊迫した事件発生時の模様をお話してくださいました。

    東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授は、事前に凶器を準備していることなどから計画性が高く、十分なシミュレーションの上、犯行に及んだのではと解説。社会に対する不満や敵意を通り魔的に発散するという事件が多くなってきているとも。

    新幹線での安全対策についてお話を伺ったのは、関西大学 社会安全学部の安部政治教授。

    現状、手荷物検査を人の手で行うことは、東京・名古屋・新大阪などの大量の乗車客相手には困難、鉄道警察の巡回を強化すること、また、改札にセンサーを取り付け、凶器や爆発物などをチェックできるような技術開発が必要だとお話してくださいました。


    現地・シンガポール20180611 (2).jpg

    『きょうのナマチュウ』では、いよいよ明日に迫った米朝首脳会談について、シンガポールへ中継を繋いでサキドリ!

    まず、ワシントンからはジャーナリストの笹栗実根さんが「アメリカのメディアでも連日大きく報道されているが、トランプ大統領の直感に頼る外交を専門家は危惧している。北の罠にはまってしまうのでは!?」というアメリカの見方を伝えてくれました。

    「ミーハーな意見かもしれませんけれど、変わったヘアスタイルの二人が会うことに興味がある。」と眞紀子さん。

    現代韓国政治、朝鮮半島をめぐる外交がご専門、静岡県立大学 奥薗秀樹准教授によると、非核化の問題は今回一回で解決できる話ではない、次の対話へこの流れを維持して繋げられるかが、両国のポイントとなるだろうとのこと。

    現地・シンガポールでは清水克彦デスクが取材にあたっています。

    現地・シンガポール20180611 (4).jpg

    会談が行われるカペラホテルは100メートルくらい前までは通常の雰囲気だということ、しかしながら金委員長が宿泊するセントレジスホテルの周辺はものものしい雰囲気だと今日の様子をレポートしてくれました。

    現地・シンガポール20180611 (1).jpg

    石川真キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは「袴田事件」のニュース。

    1966年に静岡県で一家4人が殺された強盗殺人事件で死刑が確定し、静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌さん(82)の即時抗告審で、東京高裁は今日、再審開始を認めない決定をしました。あわせて釈放中の袴田さんの身柄については、すぐに拘束する必要はないとしています。

    sakidori-20180611 (1).jpg

    田中眞紀子さんの今日の『オピニオン』題して「フラストレーションの原因」です。

    テニスのラファエル・ナダル選手、メジャーリーグの大谷翔平選手、将棋の藤井総太さんらの活躍を見ているとスカッとするが、こう長く続く政権のモヤモヤを見ているとやりきれない!「どうでもいいや~」となってしまいそうになる日本の政治を「病んでいる!」と喝!

    眞紀子さんの思うフラストレーションの原因を、熱く語ってくださいました。

    sakidori-20180611 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では砂山圭大郎アナウンサーが、卓球・ジャパンオープンの話題をお伝えしました。

    卓球のワールドツアー・ジャパンオープン、北九州市立総合体育館で行われ、シングルスは男子が張本智和選手、女子は伊藤美誠選手がともに初優勝を果たしています。

    世界のトップ選手が集まったこの大会。リオオリンピックチャンピオンの馬龍選手(中国)に勝っての優勝は、ものすごいことなのだと語る砂山アナ。ちなみに砂山アナの奥様は、プレイに色気のある馬龍選手の大ファンだそうです。

    sakidori-20180611 (7).jpg

    『ニュースパレードアネックス』  明日いよいよ史上初の米朝首脳会談が行われるのを前に、横田早紀江さんら家族会を救う会の皆さんが参議院会館で会見を行いました。

    トランプ大統領は「会談で日本人拉致問題を取り上げる」と安倍総理と約束をしています。

    saki-20180611 (15).jpg

    西村志野記者が取材しました。

    北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さんで家族会代表の飯塚繁雄さんはトランプ大統領の約束を評価しつつ「はっきりと返すという約束を取り付けるのが大事。これを逃したら私たちの家族は永遠に帰って来ない」と話し、横田めぐみさんの母・早紀江さんは「北朝鮮の指導者が米国の大統領と会うのは奇跡だと思う。親の心を分かってほしい。」と訴えたということです。

    sakidori-20180611 (3).jpg


    『芸能アラカルト』 のコーナーでは、「新しい地図」の稲垣吾郎さんに放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、最近の活動、今後のミュージカルの意気込みなど、インタビューした音声をお届けしました。

    sakidori-20180611 (5).jpg

    以前から「吾郎ちゃん推し」を公言している美保子さんもお話していましたが、稲垣さんの盛りだくさんの今後のスケジュール、嬉しいですね!

    今週末、文化放送でも特別番組が放送されます。6月16日(土)午後6時半から『編集長 稲垣吾郎 スペシャル』、1時間の生放送です。こちらもぜひお楽しみに!

  • 第310回:有給休暇を一斉に!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「会社全体で休む、一斉有給休暇は社員にとって有益なの?」。

    大手広告会社・電通が今日、月に1度、一斉に休業日を設ける「インプットホリデー」を試験的に導入をスタート、会社全体が休んでいます。この取り組みについて、細木美知代記者が街行く方にお話を伺うと、「仕事の分担ができていれば問題ない」、「自分のために使える時間がとれるのは嬉しい」といった好意的な声が聞かれました。一方で、「大企業はいいけど、中小企業はなかなか難しい」など、現実的なご意見も。

    実際に一斉休暇を取り入れているSCSK株式会社では、仕事の質が高まり、社員にもいい変化があったと一定の成果が出ているようです。長時間労働の問題も多く聞かれる中、今後広まっていくのか注目されます。



    20180608_2

    『きょうのナマチュウ』は、「高齢ドライバーの交通事故防止、その現状と対策は?」。

    今日、都内で行われた「高齢ドライバー交通安全セミナー」の会場から佐藤圭一記者がレポート。参加されているほとんど方は衰えは感じないという意見が聞かれる中、高齢者による事故のニュースを受けて積極的に参加されている方が多くいらっしゃいました。

    NPO法人高齢者安全運転支援研究会の岩越さんによると、「自身の運転を見直す機会を設けることが大切。ドライブレコーダーを備えることで、運転の弱点を見極めて共有してほしい」と呼びかけました。また、三井住友海上火災保険では、「GK見守るクルマの保険」というサービスを実施。逆走注意アラーム、指定区域外アラーム、見守りレポートといった内容で高齢ドライバーの安全をサポートしています。



    20180608_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「京都に9言語対応のホテル 大和ハウス、明日開業!」。

    日本語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、ロシア語、中国語、韓国語の計9言語に対応したホテル「ダイワロイヤルホテルグランデ京都」が明日9日に開業します。 富裕層を意識した1泊最高約28万円のスイートルームも完備、「富裕層ターゲットならアラビア語もあるといいのでは?」と、スタジオでは早くも今後の展開も勝手に予想しました(笑)



    20180608_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「エコドライブをおやりなさい」。

    ガソリンの値上げが止まりません。これを受けて、荻原さんはエコドライブを推進。「具体的にはどんなことをすれば?」ということで対策を伺うと、ふんわりアクセル、車間距離を十分にとり加速減速をおさえる、アイドリングストップなど、節約方法を教えて頂きました。みなさんもぜひ試してみてください!



    20180608_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、土井悠平アナウンサーが伝えてくれたのは、「バスケ界の逸材 田中力選手のIMGアカデミー進学会見」。

    アメリカに渡る田中選手の想いや、見送る田中選手のお母さんの期待などをお伝えしました。



    20180608_6

    『ニュースパレードアネックス』は、秋葉原無差別殺傷事件から10年。現場の様子を吉田涙子記者が取材。

    痛ましい事件から10年という節目を迎え、献花台が設けられた交差点の様子や被害にあわれた方の声もお送りしました。風化してはいけない、メディアの役割も考えさせられました。



    20180608_7

    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。 司法書士の根本将行さんが過払い金の関するお話をしてくださいました。

    過払い金について勘違いをされている方が多いそうで、「手続きをすると借入先から嫌がらせがあるのでは?」や、「クレジットカードが使えなくなるのでは?」と思われている方がいらっしゃるそうです。もちろんそんなことはありませんので安心してほしい、自分はどうなんだろうと思った方は気軽にお電話くださいと呼びかけました。



    【今日の1曲】 OCEAN / B'z 



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第309回:医療ジャーナリスト 伊藤隼也さんを迎えて

    木曜コメンテーター、和田秀樹さんはお休み。今日は医療ジャーナリストの伊藤隼也さんがコメンテーターを務めてくださったSAKIDORI!です。

    『ニュースオフサイド』 足立区立の中学校で行われた「性教育」が都議会で「不適切」とされた問題を受け、「中学校の性教育、何をどこまで教えればいいのか?性教育はこの先どうあるべきか?」をサキドリました。

    まずは、今回の問題の経緯を細木美知代記者が整理。問題となっている授業は3月、東京都足立区立の中学校の中学3年生

    の総合的な学習の時間に「自分の性行動を考える」と題して実施され、養護教諭らが避妊や人工妊娠中絶に関する正しい知識を説明。コンドームや緊急避妊薬などの特徴や使い方、入手方法を明記した資料も配布したということです。

    saki20180607 (8).jpg

    問題となった授業について、どういった思いのもとで行われたのかを足立区教育委員会の教育指導課長 小坂裕紀さん、問題となっている授業の作成に携わった埼玉大学教育学部 田代美江子教授にお話を伺いました。「性教育をやりたいという先生方の声があった」と授業作成の経緯を説明したうえで、今後、性教育はどうあるべきか、お話してくださいました。

    学校で性教育の授業などを行うNPO法人ピルコン 染矢明日香理事長は、「性教育はタブー視されていましたが、タブーから必要なものに代わってきている。学習指導要領にあるかないかで考えるのではなく、現状に対して何が必要か、海外の事例などから学ぶ必要がある。」と指摘。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「高齢者が無料で健康相談!"医療カフェ"が果たす役割」。

    住人の3割が65歳以上の高齢者だという埼玉県の幸手団地。 この幸手団地の敷地内に、高齢者が無料で健康相談ができる "医療カフェ"という珍しい施設があります。

    今日はこの医療カフェ「元気スタンド・ぷりずむ」に西村志野記者が行ってきました!

    お話を伺ったのは、「元気スタンド・ぷりずむ」を運営するNPO法人「元気スタンド」の代表 小泉圭司さん。

    西村さん20180607.jpg

    小泉さんは以前はスーパーの管理職をされていました。毎日朝から晩まで休憩用のベンチに座っているおばあちゃんに事情を聞いたところ、「行く場所がない」という答えが。

    これをきっかけに「高齢者の方が安心して過ごせるカフェを作りたい!」と思ったのだといいます。

    現在、小泉さんのカフェには、70代~80代の女性の方が多く訪れているそうです。

    また、定期的に店内で総合病院の看護師が健康相談にのる「暮らしの保健室」も好評。ちょっとしたお客さんの変化、病気の早期発見に繋がっています。

    健康といえば、今日のコメンテーター 伊藤さんは先月、健康に関するご本 『50歳からはじめる 最強の健康法(宝島社)』を出されました。

    伊藤さんご自身が実践していることを中心に、日めくりカレンダーのような健康法を!とまとめたのがこのご本。ぜひこちらもお手に取ってお読みください。

    コメンテーター・伊藤さんのご本.jpg

    今日は、医療ジャーナリストとして、伊藤さんにリスナーの皆さんから寄せられた、健康や医療に関する質問にもお答えいただきました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「警察の取り調べ 全過程の可視化は8割超」というニュースを取り上げました。

    2017年度の取り調べのうち、全過程を録音・録画したのは2618件で全体の81.9%に上った一方で、機器の操作ミスなどで可視化できなかったケースが223件にも及ぶそうです。

    医療現場の取材でも「録音・撮影していいですか?」と申し出ると、嫌な顔をされることが少なくないと伊藤さん。まだまだどの現場でも、可視化は当たり前ではなさそうですね。

    saki20180607 (2).JPG


    コメンテーター、医療ジャーナリストの伊藤隼也さんが語り下ろした 今日の『オピニオン』は「記憶は遺伝するか」。

    「マウスによる実験で記憶が遺伝していることが示された」とする、 生物学者・福岡伸一さんが書いた記事を読んでからというもの、 父や祖父が自分の年齢のときに何をしていたのか、 どういう生き方をしてきたのか興味がでてきたという伊藤さん。

    人生の岐路に立ったとき、父や祖父、祖母のことを思い出してみると何かヒントがあるかも、とお話してくださいました。

    saki20180607 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では松島茂アナウンサーが取り上げるのは「大相撲」の話題。

    西岩部屋、部屋持ち親方になって2ヵ月が過ぎた、元関脇・若の里、西岩親方 に、今の思い、部屋を興してからの新たな発見や夢などを語って頂いた声もお届け。

    saki20180607 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 今年で57回目、国内外196社35,000点のおもちゃが大集合する、国内最大規模の玩具の見本市「東京おもちゃショー」が、今日から東京ビッグサイトで始まりました。

    取材した岡田紀子記者が、昔ながらのおもちゃの驚きの進化を音声を交えて伝えてくれました。

    一般公開は9日(土)、10日(日)となります。

    saki20180607 (7).jpg

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』では、「父の日」をサキドリして、オススメのプレゼントをご紹介!

    saki20180607 (6).JPG

    シウマイといえば!の崎陽軒さんのお弁当なのですが、気になる中身は『世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By早川茉希』に載せてくれていますので、こちらもチェック!

    saki20180607 (5).JPG

    【今日の1曲】 If I Only Knew (恋はメキ・メキ)/トム・ジョーンズ

  • 第308回:梅雨入りしました。

    雨の浜松町。関東甲信地方も梅雨入りが発表されましたね。

    今日最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、安倍政権のこれから、そして野党共闘体制の今後を大きく左右すると言われている新潟県知事選挙の終盤戦にスポットを当て、新潟に中継を繋いでお伝えしました。

    自民、公明両党が支持する海上保安庁出身の花角英世氏、野党5党が推薦する元県議の池田ちかこ氏、そして元市議会議員の安中聡氏が立候補しています。

    新潟市で取材中の竹田有里記者が、池田陣営の応援演説に駆け付けた立憲民主・枝野代表の様子、自民・二階幹事長が新潟入りし花角氏と面会する模様だということ、各候補の訴えなどをまとめてレポートしてくれました。新潟市内では、米山前知事の女性スキャンダルの一件が尾を引いてか、女性知事がいいなという声も多く聞かれたようです。

    かわって、国会からは奥山拓也キャップ。

    柏崎刈羽原発の再稼働問題などが争点の新潟県知事選、池田氏・花角氏の両候補とも原発再稼働には慎重な姿勢を示していますが、隠れた争点は「安倍政権の信任」だと言えそうだとのこと。

    投開票日は今度の日曜日、10日です。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「人手不足の救世主?無人コンビニの可能性」。

    アマゾンが今年1月、「amazon go」の1号店をオープンし、無人コンビニに注目が集まっています。

    人手不足解消のモデルケースと言われる無人のコンビニエンスストア、どんなものなのか?日本で普及するのかサキドリしました。

    まず、スタジオで細木美知代記者が、コンビニ業界の深刻な人手不足の現状と、ローソンが今年4月から5月にかけて無人レジの実証実験を行ったことなどの国内外の動向を整理して伝えてくれました。

    サキドリ2018―0606 (1).jpg

    無人コンビニ 事業を運営している会社「600」には西村志野記者がお邪魔しました。

    お話を伺ったのは、社長の久保渓さん。

    サキドリ・無人コンビニ20180606 (1).jpg
    「600」の無人コンビニ、実際のコンビニ店内で見かける冷蔵のショーケースを3分の1くらいにしたものなんですね。利用者はこのケースに付いているタブレット端末にクレジットカードをシュッと通すと扉が開きます。あとは好きな品物を取り出すだけ。手軽です!

    社名のとおり、このショーケースには最大600種類のものが置けるのだそう。実際に渋谷や六本木のIT系の企業で利用されているとのことでした。

    商品を購入してみた西村さん、すごく嬉しそうですね(笑)

    サキドリ・無人コンビニ20180606 (2).jpgサキドリ・無人コンビニ20180606 (3).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、"適応ビジネス"のニュース。

    地球温暖化、猛暑や豪雨などの被害を減らす商品やサービスを提供する"適応ビジネス"が今、注目されています。

    長崎県の鈴田峠農園が開発したパッションフルーツの「緑のカーテン」は実を収穫できる楽しみもあり、評判だそうです。

    サキドリ2018―0606 (3).jpg

    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』、テーマはすばり「ラテンの時代が来た!!」です。

    ミイナさんが最近注目しているのが、YouTube独自のチャンネル【Youtube Music Videos - Global Chart】。

    世界各国、色々な国の再生動画ランキングが見られるもので、ミイナさんの調べによると去年から今年にかけ、意外にも急激にスペインの楽曲のランクイン数が増えているのだそう。

    若者文化を知れるし、そこから世界のことも知れるということで、オススメしてくださいました。

    サキドリ2018―0606 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治アナウンサー。 今日のテーマは「交流戦で実現!セ・パNO.1エース対決!」。

    8日に、4年ぶり2度目となる、西武・菊池雄星投手と巨人・菅野智之投手のエース対決が実現します。

    これが日本では最期になるかも!? もちろん8日の、文化放送「ライオンズナイター」で生中継しますので、こちらもぜひお聴きください。

    サキドリ2018―0606 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』気象庁は今日、近畿、東海、関東甲信の各地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表。平年より1日~2日早く、本格的な雨の季節が始まりました。

    気象予報士の伊藤佳子記者によると、今年は「梅雨入りは早め・梅雨明けも早め・気温は高め」な傾向だそう。

    月曜から日曜にかけ、関東地方は大雨の可能性がありますので、最新の情報にもご注意ください。

    昨日から気象庁で運用が始まった新たなスパコンのすごさについても解説してくれました!

    サキドリ2018―0606 (6).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、梅雨どきの風邪の対処法を教えて頂きました!

    最近ずっとだるいなぁと思ってる皆さん、梅雨時の風邪と冬の風邪ではそもそもウイルスが異なり、症状も違うんだそうです。

    梅雨どきの風邪は、胃腸がダメージを受け、下痢が止まらないなどの症状。大事なのは水分補給! 経口補水液、重症でなければスポーツドリンクでOKです。


    【今日の1曲】 雨のウェンズディ/大滝詠一

  • 第307回:京都銘菓 八ツ橋が!

    『ナマチュウ』で取り上げた八ツ橋。まさかこの銘菓が今、大問題になっているなんて!このお話はまた後ほど。


    さて、最初のコーナー『ニュースオフサイド』テーマは「紀州のドン・ファンの不審な死、深まる謎」。

    和歌山の資産家 野崎幸助さんが急死してから10日あまりが経ちました。体内からは覚せい剤の成分が検出されるなど、謎も多いまま。今日は、覚せい剤や犯罪心理学の専門家の話を交えてお伝えしました。


    まず、亡くなった野崎さんと親しく、亡くなる前にもお電話で会話されたというライターの方のお話を伝えてくれたのは鈴木敏夫デスク。

    実は鈴木デスク、このライターの方と以前から交流があり、今回特別にお話を伺うことが出来たのです。

    亡くなった野崎さんのお人柄や趣向、そして家政婦の方のことなど、聞けば聞くほど、謎は深まります。

    sakidori-2018-0605 (3).JPG

    西村志野記者は、野崎さんの家政婦の方の自宅前からレポート。10名ほどの報道陣が待機していたとのこと。

    続いてお電話を繋いだのは、覚せい剤などに詳しい法科学研究センターの雨宮正欣さん。

    今回、遺体には注射痕が見当たらなかったことなどから、摂取の手段としては「経口」、そして覚せい剤は非常に強い苦みがあるため、その苦みを消せるようなビールなどに混入したのではないかなど解説。

    東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授は、「覚せい剤を殺人のために使用するのは珍しく、計画的な犯行なのではないか。また、犯行時刻は生活時間帯、見ず知らずの犯行とは考えにくく、強い怨恨・金銭事情などが絡んでいるのでは。」と見解をお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』京都銘菓 八ツ橋騒動。

    八ツ橋の老舗、「井筒八ツ橋本舗」が昨日、「聖護院八ツ橋総本店」に対し、創業年を事実と異なる記載をしたとして、京都地裁に表示差し止めなどを求める訴訟を起こしました。

    いったい何が起こっているのかを、佐藤圭一記者がまとめて説明。訴えられた「聖護院八ツ橋総本店」へ取材を試みたところ、常務の稲垣英夫さんが「争点とされていることを問題と考えていない。今回の件はただただ驚いている。これまで非常に良好な関係だった。適切な対応をしていきたい。」と丁寧にお応えくださったそうです。

    sakidori-2018-0605 (4).JPG

    今回、訴訟に踏み切った「井筒八ツ橋本舗」には関真弓記者が取材。

    昨日、記者会見を行った津田佐兵衛オーナーのお孫さんにあたる、津田専務が対応して下さり、「オーナーの津田佐兵衛が今まで見て聞いてきたものから問題を提起させて頂いたので、他のものが対応するのは...個別の取材はお断りをさせて頂いています。」とのことでした。

    sakidori-2018-0605 (13).jpg

    そして、京都関連の著書を多く出されている、作家でコラムニストの入江敦彦さんにもお話を伺いました。

    今回の件、入江さんも「寝耳に水」だったそうで、京都の老舗同士の争いはよくあることなのか問うと、気持ち的にはおさまらなくてもお客様のためを思って表には出さないものだとか。「見ないようで見ている」それが京都人の気質と語ってくださいました。

    ・・・・・・お話し中に、スタジオに用意した八ツ橋を、静かに開ける石田さん。

    sakidori-2018-0605 (5).JPG

    取り上げたのは争いごとでしたが、八ツ橋は変わらず美味しい!

    八ツ橋を囲んで盛り上がるサキドリメンバーでした。

    sakidori-2018-0605 (8).JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「出没 ぶつかり男」のニュース。

    複数の女性に悪質なタックルのように肩をわざとぶつけてくる「ぶつかり男」が、数日前から新宿駅などで出没しています。真紀さんも昨日、浜松町駅で被害に遭ったそうで、激突されて打撲した足が痛むと告白。

    他人事ではありません。皆さんもご注意ください!

    sakidori-2018-0605 (14).jpg

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さんです。今日の『オピニオン』、題して「権力は蜜の味」。

    神戸製鋼所のアルミ・銅製品などの品質データ改ざん事件は強制捜査となっているのに、森友文書改ざん問題はOKというこの感じに、石田さんはとても抵抗があるといいます。権力を維持し続けること、居座り続けるということの前に取り組む政治責任があるのではないか、絶大な権力を持つ者というのは自分の身を綺麗にしておかなければならないと強く批判しました。


    『SAKIDORIスポーツ』は 槙嶋範彦アナウンサーが、今日の 文化放送「ライオンズナイター」で解説を務める仁志敏久さんに、野球界の未来を担う小・中学生について伺いました。

    野球離れがをくいとめる対策として「子供に野球をやってもらうためにも、まずは大人に草野球をやってもらいたい!特に女性。お母さんたちが野球をやってもらえたらと思う!」と語った仁志さんでした。


    『ニュースパレードアネックス』 東京・上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」が来週12日に1歳を迎えるのを前に、今日から先着順に観覧ができるようになりました。 上野から帰ってきたばかりの伊藤佳子記者がレポート。

    sakidori-2018-0605 (10).JPG

    シャンシャンの魅力にすっかりハマってしまって、通い詰めている方もいらっしゃるんですね!

    これからの季節は、暑い中並ぶことにもなりそうですので、熱中症などの対策も必要かもしれません。

    sakidori-2018-0605 (9).JPG
    【おまけ】昨年、自らもシャンシャンの観覧抽選に応募し見事外れたことを、昨日のことのように思い出させられた一美キャスター、うなだれるの図。

    【今日の1曲】 サムライ/沢田研二

  • 第306回:12日の米朝首脳会談に向けて

    今日のSAKIDORI!は、『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』両コーナーで、シンガポールでの開催が決まった米朝首脳会談についてお伝えしました。

    まず、清水克彦デスクが先週から今日までの動きを、ワシントン在住のジャーナリスト 笹栗実根さんのレポートを交えて整理。笹栗さんによると、アメリカ国民からは、北への強い非核化の意思を弱めたトランプ大統領に対して批判的な声が上がっているとか。

    清水デスクは来週、会談の取材にシンガポールへと旅立ちます!今は準備の真っ最中。

    サキドリ20180604画像 (3).JPG

    お電話を繋いだのは、慶應義塾大学 磯崎敦仁准教授。北朝鮮、アメリカともに開催するだけで結果は「成功」、「大成功」しかないものの、アメリカの本来の目的である完全な非核化をねばれるのか、やや不安が出てきた印象だとお話してくださいました。

    アメリカの現代政治と外交がご専門の前嶋和弘教授は、上智大学 総合グローバル学部でゼミ中ということで、西村志野記者がお邪魔しました。

    ゼミ生の皆さんも、米朝首脳会談へそれぞれの見方を持っているようでしたね。

    大学潜入!しのちゃん.jpg

    最後に、米朝だけでなく韓国政府関係者までもが現地入りした首脳会談の地・シンガポールはどのような様子なのでしょうか?

    吉田涙子記者が、シンガポール在住のクロスマーケティングアジアのアカウントスーパーバイザー 堀川なつ美さんにお話を伺ったところ、当日になったら分からないがまだ今のところ大きく騒がれてはいないそうです。

    サキドリ20180604画像 (2).JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県の資産家、野崎幸助さんが変死した事件の最新情報を、和歌山放送の寺門秀介アナウンサーに繋いでお伝えしました。

    今日までに東京都内の関係者宅を家宅捜索。まだ今のところ、その捜索を受けての発表の類はないということでした。

    サキドリ20180604画像 (6).JPG

    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。

    テーマは「ブロマンス~男同士の精神的絆」。【ブロマンス】とは【ブラザー】と【ロマンス】を足した言葉で、性的な関わりはないが同性同士の絆が強く、お互いに興味を持つというような意味。

    中止になりかけたものの、開催が決定となった米朝首脳会談を前に、きわめて演劇的なこれまでの流れから、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金総書記の関係性に【ブロマンス】を感じるとお話してくださいました。

    サキドリ20180604画像 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、ボルダリング!

    (スタジオの壁には突起物がないのですが、ボルダリングを表現してくれた砂山アナ。)

    サキドリ20180604画像 (7).JPG

    あらためて、ボルダリングとはどういうスポーツなのかを説明。5mくらいの壁に突起物があって、その突起物の並びは「課題」といって、その時にならないと分かりません。その突起物をたどり、トップ(1番上)をとれば完登ということになります。

    昨日まで八王子で行われていたボルダリングのW杯、観客はなんと3000人も集まる人気!女子の野口啓代が優勝を果たし、W杯3連勝で通算21勝目を挙げています。

    サキドリ20180604画像 (1).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 森友学園をめぐる決裁文書改ざん問題について、財務省は今日、内部調査の結果と職員らの処分を発表し、20人を懲戒や厳重注意などで処分。この問題の幕引きを計りたい政府・自民党ですが、思惑通りに進むのか?

    国会から、山本カオリ記者がレポートしてくれました。


    放送作家でコラムニスト、そして女優としても活躍!!山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、「新しい地図」のメンバー、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんのそれぞれの今と今後について語って頂きました。

    先週末に草なぎさんの舞台「バリーターク」を観劇し、香取さんがアート作品を出展している帝国ホテルプラザで開催中の「NAKAMA de ART」も鑑賞してきたという、彼らの大ファンでもある一美キャスター。

    文化放送と言えば稲垣さんですが、8月3日から京都劇場にて上演されるミュージカルで主演を務めるそうです。こちらも楽しみですね!

    芸能サキドリ20180604.JPG

    【今日の1曲】 風になりたい/THE BOOM

  • 第305回:6月が始まりました。

    5月27日が荻原博子さんのお誕生日ということで、オンエア前にお祝いしました。


    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「総合型リゾート施設整備法案の行方やいかに?」。

    カジノを含む総合型リゾート施設整備法案、いわゆるIR法案について。成長戦略として推奨したい安倍総理ですが、ギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子さんにお話を伺うと、依存症問題の整備が進む前に協議されている点を懸念、来週にも強行採決されるのではという動きに抵抗感を示しました。

    また、細木美知代記者は、海外からの観光客に「日本にカジノができたら行ってみたいか」をインタビュー。楽しそうだからできたら行ってみたいという賛成意見、たくさん使ってしまって怖いから行きたくないという反対意見など様々な声が聞かれました。また、カジノがなくても日本の魅力はたくさんあるから来るという意見も!



    20180601_2

    『きょうのナマチュウ』は、「受動喫煙防止条例で東京のタバコ事情はどう変わる?」。

    政府が提出している健康増進法改正案より厳しい内容となっている都の条例、今日から全面禁煙を発表した「串カツ田中」からお話を伺いつつ、「やはりお酒とタバコは切り離せない!」と悲鳴をあげているバーの経営者の声をお伝えしました。



    20180601_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「"管理職目指す"女性は35%、男性79%、入社3年目で調査」。

    女性は入社後に年々減少する傾向にあり、仕事と家庭の両立の難しさや、女性管理職が職場に少ないことが背景にあるとみられます。「文化放送もそのうち女性社長が...」の話題に、「それなら加奈さんだね!」と発言する荻原さん(笑)



    20180601_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「得する免許返納をおやりなさい」。

    高齢者による交通事故が後を絶ちません。そんな中、今回、荻原さんが免許を返納したら受けられるお得なサービスをご紹介。詳しくは警視庁のサイトから見られるので、ぜひチェックしてみてください。



    20180601_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、高橋将市アナウンサーが伝えるのは、「2020東京オリンピック、マラソンコース決定!」。

    高橋尚子さんによると、ポイントは3つ! 「東京の名所が巡れて飽きがこない」、「周回コースではないため、ストレスレス」、「リズムに乗りやすい」が挙げられます。最後に2つの坂があるため、ラストまで何が起こるかわからないとのこと。



    『ニュースパレードアネックス』は、福田元総理の記者会見を取材した吉田涙 記者がレポート。

    そして、金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。 舘谷春香アナウンサーが、有楽町駅前の東京交通会館で開催中、「第53回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」の会場からお届け。毎年2回開催して、今年で27年目に入ったこのイベント、全46店舗が参加しています。

    様々な貨幣、切手、テレホンカードが販売されていますが、一番高い商品とは・・・?

    20180601_6

    舘谷アナウンサーが持っているこちら・・・ではなく・・・



    20180601_7

    こちら! なんと1900万円!!! 


    他にも専門家による無料鑑定など、いろんなコーナーが充実。入場は無料で、明後日3日まで開催中です。



    【今日の1曲】 闘う戦士たちへ愛を込めて / サザンオールスターズ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第304回:サッカー日本代表メンバー発表!

    『二ュースオフサイド』は「佐川氏、不起訴。森友文書改ざん問題の行方」。

    学校法人「森友学園」との国有地取引に関する決裁文書を財務省が改ざんした問題で、虚偽公文書作成などの疑いで告発された佐川宣寿前理財局長らを、大阪地検特捜部は不起訴処分に。

    そこで不起訴の理由を掘り下げ、森友文書改ざん問題の行方をサキドリしました。

    まずは、細木美知代記者が佐川氏の告発に関するこれまでの経緯を整理。

    「佐川氏の国会答弁との整合性を取るため、理財局側の指示で、
    文書14件の300カ所以上が改ざんされていた」などと詳細な経緯を伝えてくれました。

    サキドリ20180531 (2).JPG

    この日、「佐川氏、不起訴」のニュースが報じられたのは、午後2時過ぎ。
    不起訴が報じられる前に話を聞いた、甲南大学法科大学院教授で弁護士の園田寿さんは、不起訴になる理由について、「刑法の虚偽公文書作成罪には「虚偽」の定義がなく、解釈になる。大阪地検特捜部は、国有地取引の根幹部分については改ざんされていないのではないか、という見方をしているのでは」とのこと。

    森友学園といえば、森友学園の前理事長、籠池泰典被告と妻の諄子被告。

    国などの補助金をだまし取ったなどとして起訴され、10か月近く勾留されていましたが、先週、保釈。
    この籠池夫妻の保釈について、籠池夫妻の長男、籠池佳茂さんにお話を聞きました。

    保釈直後、両親と立ち話をし、電話で何度か連絡したという佳茂さん。

    「社会的な影響も大きく、個人的には気が抜けない」とも話し、とても疲れた様子でした。


    『きょうのナマチュウ』は「まもなく発表!サッカー・ワールドカップ、日本代表の23人」。

    来月14日に開幕するサッカー・ワールドカップ、ロシア大会に臨む、日本代表のメンバー23人を発表する記者会見を取り上げました。

    西村志野記者は午後4時から始まった記者会見を会場からレポート。

    広い会場には約300人の記者、テレビカメラが40台ほど並び、今は、日本サッカー協会の田嶋幸三会長があいさつをしているところ、と伝えてくれました。サキドリ-20180531 (1).jpg

    西野監督が日本代表のメンバー23人を発表した後、話を聞いたのは、スポーツライターの戸塚啓さん。

    発表されたメンバーについては「サプライズはなかった。選ばれるべき人が選ばれたという印象」、完敗したガーナ戦については「決定力が欠けていたのは大きな課題」とお話ししてくださいました。


    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「勤務間インターバル制度、2020年に10%以上に」というニュースです。 

    仕事を終えてから次の業務開始までに一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」の導入促進に向け、厚生労働省は、2020年までに導入企業の割合を10%以上とする目標を示しました。今日開かれた過労死や過労自殺の対策を議論する厚労省の協議会で示されたもので、国が勤務間インターバル制度をめぐって数値目標を掲げるのは初めてのこと。

    サキドリ20180531 (4).JPG

    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「高齢者ドライバー事故の傾向と対策」です。

    高齢者の起こす事故は、とかく大きく問題視されがちだが、果たして免許を取り上げるという安易な対策をすればいいのかというと、それは違うと和田さん。

    例えば高齢者は安全装置のしっかりした自動車にしか乗ってはいけない、高速は乗れないなど、当事者をただ責めるばかりではなくて、文明の利器や進歩を使う方法で対策することが必要だというお話でした。

    サキドリ20180531 (3).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は 長谷川太アナウンサーが担当。

    サッカー・ワールドカップ、日本代表 23人の発表がされたばかりの発表会場にいる 松島茂アナウンサーを結んで、お送りしました。

    サキドリ20180531 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 経団連は今日の定時総会で、これまで会長を務めた榊原定征氏が退任し、日立製作所会長の中西宏明氏が新しい会長に就任しました。 今日の会見には安倍総理も出席していたということで、経団連の定時総会を取材した、伊藤佳子記者が音声を交えてお伝えしました。

    サキドリ20180531 (6).JPG

    『SAKIDORI最前線』でも先ほど発表されたばかりの、サッカー日本代表23人の顔ぶれを見ながらお送りしました。 お電話をつないだのはスポーツライター 二宮寿朗さん。

    この日本代表について、街の声を届けてくれたのは、早川茉希レポーターでした!

    【今日の1曲】 ドラマティック・レイン/稲垣潤一

  • 第303回:1年半ぶりの党首討論

    『ニュースオフサイド』テーマ「およそ1年半ぶりに開催されている党首討論、そして総理大臣在任日数が小泉さんを超えた安倍さんのこれから」。

    今日は、党首討論の速報、安倍政権の現状、秋の自民党総裁選挙についてサキドリ。

    まず、国会から竹田有里記者が、持ち時間全体で45分という党首討論のなかで、各党の代表がどのような質問をぶつけたのかなどまとめてレポート。

    そして、インサイドライン編集長の歳川隆雄さんには今国会の会期延長は最低でも1週間、長くて2週間はやむなしというこの状況と、6月10日に控える新潟県知事選が秋の自民党総裁選に与えるであろう影響などをお話して頂きました。

    安倍総理の今後として、米朝首脳会談でよほどの画期的な進展があれば「安倍総理の日本は蚊帳の外」と言われかねないが、今のところその点は影響ないだろうという見通しも。


    16時台『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、夢のプロジェクト、実現に向けて動き出した「空飛ぶ車」のお話。

    日本では、自動車や航空業界の若手技術者らで構成する有志団体 「カーティベーター」が2020年東京オリンピックでの飛行を 目指して、開発を進めている「空飛ぶ車」。 その試作機が、先週、パシフィコ横浜で開催された 「人とくるまのテクノロジー展」で初公開されました。 そこで今日は、空飛ぶクルマの現状を整理し、開発の行方をサキドリしました。

    スタジオでは、西村志野記者が「空飛ぶ車」が持つ可能性と現状を整理。

    「空飛ぶ車」ならば、現在の自動車が抱える渋滞の問題や、垂直で離着陸できれば滑走路も不要ということで、人の動きや流れが劇的に変わると期待されています。

    試作機「スカイドライブ」の写真がこちら。

    サキドリ20180530 (7).jpg

    実際に「カーティベーター」が開発中の「空飛ぶ車」について、共同研究者で徳島大学大学院 社会産業理工学研究部 三輪昌史 准教授にお話を伺いました。

    これまでに「FlyingChair」と呼ばれる重量150㎏の機体で制御・浮上が出来ることをすでに確認済みだそうで、人が乗れる実験機「スカイドライブ」の初飛行は2019年の中頃を予定しているとのこと。人を乗せて飛ばすための技術、そして大きな課題となる、安全面や法整備などについても解説して頂きました。

    2020年の東京オリンピックでの開会式で聖火台に火を灯すことを、当面の目標に掲げています。

    「空飛ぶ車」、街の方々はどう感じているのでしょうか?

    細木美知代記者が新橋で聞いたところ、夢や可能性を感じてはいるものの、やはり安全面が気がかりだという声がほとんど。「万が一、事故になった時に、自動車の比じゃないくらい被害があるのでは?」「値段が高そう」「そもそも高いところが苦手なので...」などの声も聞かれました。

    サキドリ―20180530.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げるのは、「急な待ち時間に何をする?」というニュース。

    取引先で急に待ち時間ができたら何をするか、シチズン時計が20代~50代の男女400人に聞いたところ、時間の長さと関係なく「スマートフォンを使う」と答えた人が多かったことが分かりました。 ところが、時間が長くなるにつれて「本や雑誌を読む」と答える人が増える傾向も。

    ミイナさん「取引先ではやっぱり雑誌とか本を開くのははばかられるかなぁ・・・。スマホなら画面を見られさえしなければ「何か調べものしてるのかな?」と思ってもらえそう。」

    待ち時間には周りを観察するのが好きだという真紀さんの観察結果によると、スマホを使って何かしている人は、眉間にしわが寄っていたり、まばたきを忘れている人も多いとか。気を付けないといけませんね!

    サキドリ20180530 (1).jpg

    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんの語り下ろした今日の『オピニオン』は、今月大暴落したトルコリラの暴落要因を、様々な視点から読み解いてみたときに見えてくる世界情勢のお話でした。

    「新聞の為替欄でドルやユーロだけ見て終わりじゃなくて、新興国のものも注目してみると世界が分かるので見てみて!」とお話してくださいました。

    サキドリ20180530 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は長谷川太アナウンサーが、今夜、日産スタジアムで行われるロシアW杯前最後の国内での国際親善試合「日本×ガーナ」戦についてお伝えしました。

    サキドリ20180530 (2).jpg

    西野朗監督の初采配にも注目が集まりますが、今回採用される3バック、そして私たちがよく耳にする4バックの戦術について、分かりやすーく解説してくれた長谷川アナ。

    最後の一美キャスターの一言で、さらにヒートアップしていました!

    サキドリ20180530 (3).jpg

    『ニュースパレードアネックス』

    一昨日、神奈川県茅ヶ崎市で90歳の女性ドライバーが赤信号で交差点に進入。4人がはねられ1人が亡くなり、ドライバーが逮捕されました。
    そして、今日は2年前に病院で起きた車の暴走死傷事故で、85歳の被告に禁固2年の判決が。
    高齢者と事故の関係について、鈴木敏夫デスクと一緒に考えました。

    サキドリ20180530 (4).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、これからやってくる梅雨に増える 頭痛、無気力、うつ病 の予防法を伝授。

    梅雨時は、日中は室内を明るくし、梅雨の晴れ間には出来るだけ外出をしましょう。

    湿度を下げることで、やる気の低下やだるさを予防できます。晴れた日には窓を開けて風通しを良くし、雨の日はエアコンで除湿を!

    【今日の1曲】 Heart of Mine/ボビー・コールドウェル

  • 第302回:コメンテーターに金子恵美さんをお迎えして

    今日は火曜コメンテーターの石田純一さんがお休み。コメンテーターに前衆議院議員の金子恵美さんをお迎えしてお送りしたSAKIDORI!です。


    まず最初のコーナー『ニュースオフサイド』では昨日、熊本市で起きた警官切り付け事件を取り上げました。

    28日午後4時半ごろ、熊本市東区の駐車場で65歳の男性が顔を切られる事件があり、逃走した職業不詳36歳の男が駆け付けた警察官に刃物を持って向かってきたため警察官が拳銃を5発発砲し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕しました。5発のうち4発が命中し、男はその後死亡。この際、警察官も男に顔を切られ重傷を負いましたが、命に別条はないということです。

    事件の概要をまとめて伝えてくれた吉田涙子記者。被害者と加害者は同じアパートに住んでおり、そのアパートには騒音トラブルがあったということも漏れ聞こえてきています。

    saki2018-0529 (4).jpg

    東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授は「こうした不可解な事件が最近多い。ご近所トラブルも近年多発している。ご近所トラブルを起こす人間は社会に対して恨みや嫉みを持ち、相手を恐怖に陥れることを目当てに凶器を見せたりする。」

    私たちが万が一こういう人間に遭遇してしまった場合は、とにかく距離をとること。日常そういう場面が起こり得ることを意識しておくことも必要に。

    続いて、弁護士法人 海生事務所 澤井康生弁護士に、警察官の拳銃適正使用について伺ったところ、今回、拳銃適正使用を定める警察官職務執行法7条と警察内部の内規に照らし合わせると、実際に拳銃を打つまでの段階を踏んでいるため、「適法」ということになるそう。

    「5発中4発が当たってしまっている。たま数としては多いなという印象。たいていは1~2発で犯人にかなり重篤な傷害を与えられるが、本件はさらに立て続けに打っている。詳しい事実関係が分からないが、あとで客観的に検証して、あとの2発は必要なかったのではないかと判断される可能性はあるかもしれない。」ということでした。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「日本人の主食、お米の未来はこの先どうなる?」

    先月27日、農林水産省は去年に生産したお米の集荷数量などの数字を公表。 全国の集荷数量は284万トンで、前の年の同じ月に比べ、マイナス6%、薬17万トン減少。 日本人の主食であるお米の課題と今後について、米どころ新潟ご出身である金子さんと共に考えました。

    日本のお米の現状を伺ったのは、大阪府吹田市にある米専門店つねもと商店COOで、米流通評論家としても活動されている常本泰志さん。

    食の多様化・少子高齢化・糖質制限ダイエットなど様々な要因で、今、日本人は1日にすると、およそ1合あたりの消費量しかないことや、生産農家さんの高齢化が進み、技術の継承も出来なかったり、耕作放棄地も増えている危機的な状況をお話して下さいました。

    そんな中、お米の販売方法にも変化が。各地のブランド米をペットボトルに入れて販売するというユニークなお米の販売方法で注目を集めている、株式会社「PEBORA」企画担当の川村航人さんにお電話を繋ぎました。

    お米離れをどうにかしたいという想いから、最近の傾向を考えて少量を少しずつ買えるようにしたのだそう。

    1本に2合(300グラム)の無洗米が入っているこのペットボトルライス、冷蔵庫にも入れやすく、酸化で味が落ちないように脱酸素剤も入っています。見た目にもかわいらしく、デザイン性もあって贈り物にも人気だということでした。

    新宿マルイ本館では、現在ポップアップショップも。川村さんオススメのお米は青森の「晴天の霹靂」だそうですよ!

    ■「PEBORA」公式ホームページはこちら。



    西村志野記者は、街の皆さんがどのくらいお米を食べているのかを新宿で調査!

    あまり食べられていないことを裏付ける街の声に、金子さんは「炊いて余ったご飯も熱いまま冷凍すれば、次食べるときに温めて美味しくいただける。お子さんの朝ご飯には特にオススメ!エネルギーや集中力の面でもぜひ、お米を!!」と熱く語っていました。

    西村記者20180529.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのも、「食」にまつわる話題。

    週半分超「孤食」増加というニュースでした。

    政府が閣議決定した食育白書によると、全ての食事を1人で取る日が週の半分を超える人は15.3%を占め、比率が上昇したとの調査結果が。

    単身・少人数世帯が増え、こうした「孤食」が進む可能性があり、地域や職場などで食事を共にする機会づくりが重要だと指摘しています。

    金子さんのご家庭では、お子さんの食べるときにみんなで一緒にご飯を食べることを心がけているそう。2歳ですでに14キロあるという息子さんは「最近、納豆ご飯が大好きでもりもり食べています」とのこと。

    saki2018-0529 (3).jpg

    コメンテーターは前衆議院議員の金子恵美さん。今日の『オピニオン』では「ハラスメントの伝え方・伝わり方」と題して、近頃取り沙汰されてきたハラスメントの問題についてお話して下さいました。

    金子さんご自身が議員時代にもあったという妊娠中の「マタハラ(マタニティハラスメント)」を挙げ、「ハラスメントというものは、弱者に対してされるものだけど、それだけじゃなく、自分の価値観や受け入れることが出来ない相手に対して起こるものでもあると感じた。」

    さらに、経済評論家の勝間和代さんが同性との交際公表をしたことや、野党の【ミ―トゥー運動】についても触れ、「こういうことは"言ったところで始まらない"ではなくて、声に出すことはすごく意味があることだと思う。

    【ミ―トゥー】については、与党の方々にも声をかけてやるべき。野党のパフォーマンスだと捉えられて終わりでは意味がない。」と、発信したことがきちんと伝わらなければ意味がないこと・本当の意味での伝え方にも気を付けないといけないと語り下ろした金子さんでした。

    金子恵美さん20180529.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治 アナウンサーです。 いよいよ明日、大関 栃ノ心 誕生!の話題をサキドリしました。

    夏場所で13勝2敗と好成績をおさめた栃ノ心、明日、臨時理事会で正式に大関昇進が決まり、伝達式が行われます。 口上が気になるところですが、四股名から「心」を使う?などの予想も出ているとか。

    saki2018-0529 (9).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 日大アメフト部選手の悪質タックル問題で、アメフト関東学生連盟はまもなく、臨時の理事会を開いて、日大の内田正人前監督や井上奨コーチらに対する処分を決定します。 会見予定の会場前にいる佐藤圭一 記者に中継を繋ぎました。

    会見の行われる3時間前にもかかわらず、すでに20人ほどの報道陣が集まり、各局の中継車がスタンバイしている状況。

    佐藤記者は、今回規律委員会がどんな調査を進めてきたのか、処分の重さなどを説明してくれました。



    【今日の1曲】 SIR DUKE (愛するデューク) /スティーヴィー・ワンダー

  • 第301回:疑惑の追及に追われる集中審議

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』テーマは「森友学園に加計学園、疑惑にどこまで迫れるか!?国会集中審議」。

    今日午前中は参議院、午後は衆議院の予算委員会を舞台に、続く野党の追及。

    そのなかで、【安倍総理と獣医学部新設の動き】というフリップを作って、時系列でつじつまが合わないところを質していたのが共産党 小池晃書記局長です。

    「安倍総理はもう説明できなくなってきている印象。私が指摘したことにいわゆる"ご飯論法"というもので、回答をすり替え・ごまかしているが、総理は自分の責任できちんと対応すべき段階に来ている。暮らしの問題とか国民のためにやるべきことがたくさんあるが、モリ・カケひとつ解決できないようでは...!」とお話して下さいました。

    続いて、国会で取材中の山本カオリ記者は。今日の質疑、安倍総理の言う「膿を出し切る!」という意気込みは感じられず、一方の野党も攻め手に欠くといったところだったとレポート。しかしながら、「のれんに腕押しのように見えながらも、これまでの追及で色々な文書が出てきたので今後もあり得る。総理は内心、戦々恐々ではないか。」とも。

    では安倍総理、果たして安泰なのでしょうか?清水克彦デスクが解説しました。

    sakidori2018-0528 (4).JPG

    16時台の『きょうのナマチュウ』では、復活の兆しを見せ始めた米朝首脳会談について。

    ワシントン在住のジャーナリスト 笹栗実根さんは「米朝首脳会談、頓挫したものと思われたが、北朝鮮の会談への意欲的な態度でアメリカの代表団が動き、トランプ大統領もTwitterを更新。今度こそ歴史的会談実現となるか、第二ラウンドの事前協議が始まった。」との見方。


    西村志野記者は、ここ数日のアメリカと北朝鮮の慌ただしい動きを、整理して伝えてくれました。

    sakidori2018-0528 (6).JPG

    お電話を繋いだ静岡県立大学の奥薗秀樹准教授は、交板門店で交渉を行っている高官のメンバーから見ても、米朝双方の本気度がうかがえるといいます。そして、再び会談に動き出したが非核化のギャップはそのままだということや、仲裁外交を行ってきたものの北朝鮮にはいいように使われて、アメリカには勝手に動かれてしまっている韓国。その文在寅政権が6月13日に大きな選挙を控えている事情などお話して下さいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、問い合わせに人工知能が自動回答する「チャットボット」導入広がる、という話題をお伝えしました。

    横浜市では先月から、2万種類以上のごみの品目を入力すれば出し方を案内するサービスを開始。 東京都主税局でも、今月から自動車税についてのチャットボットを導入。2週間で5千件以上の入力があったそうです。

    「旦那」や「夢」、「愛」などの、ごみではないもの(という書き方も少々おかしいでしょうか!?)を入力したときの回答も秀逸だそうですよ。

    sakidori2018-0528 (2).jpg

    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さん。語り下ろしてくださった今日の『オピニオン』は、題して「残業代がなくなる日」。

    安倍内閣が今国会の最重要法案と位置付けてきた「働き方改革関連法案」。その中の「高度プロフェッショナル制度」は2006年の第1次安倍内閣時代に、正社員のコスト削減に頭を悩ませていたなか、ACCJ(在日米国商工会議所)の提言からこの制度の原型とも言える「ホワイトカラー・エグゼンプション」の名称で導入を検討してきました。

    当初、ACCJは対象者を年収800万円以上と定義づけしていましたが、現在おし進められている「働き方改革関連法案」を見てみると、そのあたりはすっぽりとなかったことにされており、このままだと正社員とは名ばかりの、残業代が支払われない日がやってくるようになると指摘しました。

    sakidori2018-0528 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、競泳の話題でした。

    パンパシフィック選手権(8月・東京)とアジア大会(同・ジャカルタ)の最終選考会を兼ねて東京辰巳国際水泳場で行われたジャパンオープンに代表選手が出場。
    17歳の池江璃花子選手が女子50メートル自由形、女子100メートルバタフライを制し、今大会5冠を達成しました。
    今月から師事することになった元五輪代表の三木二郎コーチの下、今後の池江選手の活躍に注目が集まります。

    sakidori2018-0528 (7).JPG

    『ニュースパレードアネックス』  17歳の少女に自身の下着姿などを撮影した「自画撮り」画像を要求したとして、警視庁は今日、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都世田谷区に住む33歳の男を書類送検しました。自画撮りさせた画像の要求行為を禁止する条例が2月に施行されて以降、摘発は初めてのことです。

    警視庁から吉田涙子記者が、これまでの「自画撮り」被害についてと、こどもたちのネットやケータイのトラブルを相談できる窓口【こたエール】を紹介してくれました。

    ■電話相談 0120-1-78302

    ■【こたエール】についてはこちらから飛べます。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、芸能界の結婚予備軍について語って頂きました。

    つい先日報道が出たものの否定した形となった「三浦翔平さんと桐谷美玲さんが6月結婚」以外にも、竹野内豊さん、伊勢谷友介さん、星野源さん、玉木宏さんなどなど、美保子さんがにらんでいる結婚予備軍をサキドってご紹介!

    今後、ここでお話に出ていた方のおめでたい話題が届くかもしれませんね!

    sakidori2018-0528 (1).jpg

    【今日の1曲】 幸福論/椎名林檎

  • 第300回:高度プロフェッショナル制度を考える

    今日の放送で、無事に300回を迎えることができました。これからもよろしくお願いします。


    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「これでいいのか? 働き方改革」。

    働き方改革関連法案が、今日にでも与党で採決に踏み切るのではという緊迫した中、山本カオリ記者から国会の動きを伝えてもらいました。

    この法案で一番問題視されている「高度プロフェッショナル制度」について専門家の常見陽平さんにお話を伺うと、「今後年収や職種の拡大により多くの国民が対象になってしまうのでは」とコメント、「会社員の定額使い放題」に化ける危険性を示唆しました。


    しかし、マイナスだけではなく、有休や労働時間の管理など、改善される法案であることも事実。プラスとマイナスの部分両方があるだけに悩ましい問題です。

    全国過労死を考える家族の会・代表の寺西さんは「国民の命の問題なのに、それを守らない法案なんて許せない」と声高々に語って頂きました。



    『きょうのナマチュウ』は、米朝首脳会談中止を受けて、アメリカの判断の裏側や北朝鮮をめぐる今後の動きをサキドリ。

    昨日、速報で入ってきた『米朝首脳会談中止発表』のニュース。アメリカ本土ではどのように報道されているのかや、専門家の方にアメリカにどのような狙いがあるのかを分析して頂きました。

    「失敗する前に中止になってよかった」という声や、「主導権を北朝鮮からアメリカに持ってきた」など、ご意見頂戴しました。

    今後、北朝鮮から個人的なメッセージを送らなければ局面は元に戻ってしまうのではと推測される中、一体どのような動きを見せるのか注目です。



    20180525_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが日大アメフト部の悪質タックル問題で日大学長が開いた会見の模様をお伝えしました。

    現場を取材したのは細木美知代記者。報道陣は100人以上、これまでの日大に対する批判を払しょくすることができたのか、高い注目を集める会見で語られたこととは!?



    20180525_2

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「小さな寄付をおやりなさい」。

    今回は、初めての「おやりなさい」シリーズ。アメリカなどでも寄付という文化が根付いていますが、日本ではまだまだ。世界寄付指数のランキングでも日本は下位にいるそうです。

    そんな中、「自分の懐を痛めずに寄付できる方法もたくさんある」ということで、荻原さんが紹介してくれました。代表的なふるさと納税や、先進国のメタボ予防と発展途上国の飢餓問題を同時に解決するTABLE FOR TWOなど、様々な寄付がありました。



    20180525_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサーが伝えるのは、「バスケットボール Bリーグ決勝」。

    明日、横浜アリーナで行われる決勝戦、千葉ジェッツ vs アルバルク東京。

    今回は、チームを盛り上げる千葉ジェッツのチアリーディングチーム「STAR JETS」をご紹介! チアの方の意気込みなどもお送りしました。



    20180525_5

    『ニュースパレードアネックス』は、清水克彦デスクがまさかのぼやき・・・!?

    というのも、米朝首脳会談に向けてシンガポール出張が予定されていたのですが、会談中止の報道を受けてがっかりしているため。現地のホテル事情など、これまでの準備について裏側を語ってくれました。



    20180525_6

    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    今回は、高橋将市 アナウンサーが、明後日27日に行われる夢の大舞台、「第85回 日本ダービー」を熱く語りました!

    昨夜のイベントで高橋アナウンサーが行った架空実況を紹介しながら、どの馬が当たるのか予想していました。



    【今日の1曲】 Say You, Say Me / ライオネル・リッチー



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第299回:高齢者を家に閉じ込めないという試み

    『ニュースオフサイド』は「主張に食い違い!どうなる?日大悪質タックル問題」。

    反則行為をした選手と大学側で主張が食い違い、出口が見えない「日大悪質タックル問題」を組織学の視点で読み解くとともに、弁護士に話を聞き、今後の展開をサキドリしました。

    組織学が専門の同志社大学の太田肇教授にお電話を繋ぎ、大学の組織について伺いました。「会社組織とは違い、想定外の出来事が起きたとき、迅速に対応できる組織ではない」と問題点を指摘。


    今回の問題で、けがをした関西学院大学の選手は警察に被害届を出しています。

    どのような罪に問われるのか、お話してくださったのは元東京地検の検事で弁護士の落合洋司さんです。

    反則行為をした選手は「傷害罪」に問われる可能性があり、内田前監督やコーチは「共謀共同正犯」に問われる可能性があるとのことでした。


    続いて、『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、高齢者を家の中に閉じ込めずに、安全な外出を促す自治体の試みです。


    神奈川県愛川町は今年度から70歳以上の高齢者が電動アシスト三輪自転車を購入した場合、条件付きで購入金額の4分の1相当を助成する新たな制度を導入。この制度について、神奈川県愛川町 高齢介護課の市川ゆりこさんに伺ったところ、「上限2万5千円まで。電動アシスト三輪自転車は二輪よりも安定性があり、前後のどちらかに大きなカゴが付いているため、買い物などの外出にも便利。電動アシストなので、ペダルを漕ぐのも楽という3つのポイントで対象とした。」とお話してくださいました。

    そして、高齢者を家の中に閉じ込めない自治体の試みをもうひとつご紹介。

    神奈川県大和市が導入した、事故に備えて条件付きで認知症の高齢者の保険料を全額負担するという制度。

    細木美知代記者が大和市高齢福祉課課長 杉内直さんにお話を伺いました。

    サキドリ2018―0524 (2).jpg

    大和市内には32の踏切があり、交通関係に非常に恵まれているものの、それが逆に認知症の方の徘徊中の事故への不安にも繋がるということ、過去に徘徊中に線路内に立ち入り事故にあった高齢者のご家族が鉄道会社から高額の賠償を請求された実例などからこの制度の導入に至ったと言います。

    「認知症を防ぐ・認知症の人が増えることに備える、この両面に取り組んでいるが、近い未来に認知症の方が1万人を超えて初めて行動するのではなく、今から取り組んでいく。」と杉内さん。

    大和市は、2016年秋から【認知症1万人時代に備えるまち やまと】宣言をしています。

    サキドリ2018―0524 (3).jpg


    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀キャスターがお伝えしたのは、賛否分かれる、小笠原空港建設計画のニュース。今日開かれた「小笠原諸島返還50周年記念シンポジウム」を取材してきた真紀さん。

    賛成には「本土との行き来が楽になる」「病院通院の面で安心」といった声、反対には「環境面が心配」といった声があがっているようです。

    スタジオメンバーで唯一、小笠原諸島に行った経験のある真紀さん「住民の方々の意思をしっかりとくみ取って進めてほしいです。」と話していました。

    サキドリ2018.05.24.jpg

    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は 「もともと危険だからこそ、反則は許されない」。

    日大の悪質タックル問題を受け、引退したアメフト選手の死とアメフトの因果関係を発見する医師が主人公の映画『コンカッション』や、アメフト選手の脳を検査した結果などを紹介しながら、 医師の視点でアメフトの危険性をお話してくださいました。

    「ルールを守っていても危ないスポーツなのに、ルールを破ることはあってはならない。 安全対策を考える必要がある」ということでした。

    サキドリー20180524 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』今日は飯塚治アナウンサーが担当。 エンゼルス 大谷翔平とヤンキース 田中将大の先発投手対決がついに27日(日本時間の28日)実現へという話題をピックアップ!

    日本のボールとメジャーのボール、革の滑りが全然違うのだそうです。なかなか慣れるのが大変だと言いますが、大谷投手はすでに自分のものにしています。さすが!

    サキドリー20180524 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』は、サッカー スペイン1部リーグ・バルセロナを退団したアンドレス・イニエスタの入団が決まったヴィッセル神戸の臨時記者会見場に中継を繋ぎました。

    会見20180524.jpg

    会場となったホテルは、テレビカメラ40~50台ほど、およそ350名もの報道陣。注目の集まる会見だということがよく分かります。

    サキドリ2018―0524 (1).jpg

    「こんにちは!」と日本語で挨拶したイニエスタ選手、契約内容は明かされませんでしたが、海外メディアによると32億5千万円、3年契約という話も。

    お電話を繋いだのは、スポーツライターの二宮寿朗さん。「バルセロナ愛がものすごく強いイニエスタ選手は、退団後に自分のチームだったバルセロナと対戦したくないという想いがある。もちろん新たな挑戦という意味もあるが、ヨーロッパではなくアジアなどに目を向けたのだと思う。人格者なので、良い影響を与えてくれるのでは?」

    イニさん20180524.jpg

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』では、江戸時代のお酒「美淋酎」を取り上げました。

    スタジオで試飲もしましたよ~!

    サキドリー20180524 (1).JPG

    【今日の1曲】 ジョニー B グッド/チャック・ベリー

  • 第298回:米朝会談、延期の可能性

    今日まず最初のコーナー『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、日本時間未明に行われた米韓首脳会談で、トランプ大統領 が米朝首脳会談延期の可能性を示唆したニュース。

    どんな会談になったのか、ワシントン在住のジャーナリスト 笹栗実根さんのレポートからスタートしました。

    コロコロと変わる北朝鮮の動きを改めて竹田有里記者がおさらい。

    サキドリ20180523 (10).jpg

    韓国朝鮮政治がご専門、慶應義塾大学法学部の西野純也教授は、今回の米朝首脳会談について「トランプ大統領は当初考えていたよりかは難航しているなと思っているとは思うが、本来、初めて行われる米朝首脳会談、もっと長い時間をかけて準備すべきところ、非常にハイペースでことが進んできていた。なので、ある程度、北側が態度を変えたりすることは予測していたと思われる。」と解説。

    ソウル大学専任研究員の吉方べきさんには、韓国・ソウルの様子を伝えて頂きました。


    『きょうのナマチュウ』 テーマ「終盤国会、最初のヤマ場、与野党の攻防が一気に激しさを増した国会中継」。

    国会では「働き方改革関連法案」の衆議院での採決が大詰め。

    そして、今日でいうと午前中に衆議院内閣委員会で「TPP関連法案」が可決されました。 これに、当然、野党は抵抗しているという状況。

    まず中継を結んだのは、衆議院厚生労働委員会が開かれている衆議院分館で取材中の西村志野記者。

    続いて細木美知代記者は、社民党 福島みずほ参議院議員にお話を聞きました。

    福島議員は「総理が外遊に行く前に、決めたいことをやっちゃえ!はヒドイ話。」とし、加計学園問題に関する新たな文書い提出の一件、イラクの日報問題、財務省と森友学園との交渉記録などなど、山積する問題を「嘘の上に未来は築けない!」と強く批判しました。



    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀キャスターがお伝えしたのは、入社1年で転職志向4割以上というニュース。

    就職情報会社「ディスコ」による調査は、全国の新入社員に、ネットで実施。455人が回答しました。ここ数年、学生に有利な売り手市場が続いており、就活事情に詳しい専門家は「簡単に内定を得やすいため、転職への心理的なハードルが下がっている」という指摘をしています。

    サキドリ20180523 (5).jpg

    コメンテーター、文筆家の古谷経衡さんの今日の『オピニオン』では「松戸市川市民、50年来の悲願達成!!」ということで、いよいよ6月2日に開通する東京外環自動車道「三郷南IC~高谷JCT」の話題を取り上げました。

    普段から自動車を運転し移動をされる古谷さん。

    運転をする松戸市川市民がこれまで抱えていた、大きな交通の問題 「南北の移動」が、1969年からおよそ50年の歳月を経て、やっと解消されると目をキラキラさせて熱く語りました。

    サキドリ20180523 (11).jpg
    古谷さんは自身初となる小説「愛国奴」(駒草出版)を5月30日に出されるとのこと。こちらもぜひお手に取ってお読みください。
    サキドリ20180523 (9).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』では高橋将市 アナウンサーが、今週末27日に東京競馬場で行われる競馬の祭典「日本ダービー」に出走する、「ブラストワンピース」をピックアップ!勝てば13年ぶり、無敗のダービー馬誕生ということに!将市アナは、明後日の『世の中SAKIDORI』でも解説してくれます。

    サキドリ20180523 (8).jpg

    17時台の『ニュースパレードアネックス』では、国会から石森則和記者が今日の動きを整理してレポートしてくれました。来週28日には安倍総理にも出席を求めて、集中審議の見通しです。



    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、睡眠でアルツハイマー病を防ぐ方法を教えて下さいました。

    認知症にはいろいろな種類があり、そのうち6~7割をアルツハイマー病が占めます。そもそもアルツハイマー病とは、アミノイドβというタンパク質が脳に蓄積し、脳が破壊されていく病気。

    予防には、6時間半から8時間の睡眠が大事とのことですよ!皆さん、ちゃんと寝ましょう!

    【今日の1曲】 B&C/宇多田ヒカル

  • 第297回:日大選手、会見し謝罪

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 2000年12月30日の深夜、東京世田谷区で会社員の宮沢みきおさん一家4人が殺害されました。今もなお、犯人は捕まっていません。 成城署捜査本部は今日、遺留品から推定される具体的な犯人像を公表。

    発生から18年を迎える世田谷一家殺害事件を取り上げました。

    まずはこの事件がどういうものだったのかを吉田涙子記者が改めて振り返り、説明。警視庁が公表した内容と宮沢みきおさんのお母様・せつこさんの声も伝えてくれました。

    サキドリ―20180522 (1).jpg

    捜査本部が置かれている成城警察署の元署長で現在は殺人事件被害者遺族の会「宙の会」特別参与野の土田猛さんは、このタイミングでの詳細な犯人像の公開について、科学捜査の鑑定技術の向上での分析を踏まえたこと、来月87歳になられる直接の被害者遺族 宮沢せつこさんのことなどを考慮した結果ではないかと解説。

    佐藤圭一記者は、世田谷区上祖師谷の事件現場へ。

    24時間体制で建物の警備をしている警察官の方のお話では、事件が解決し遺族の許可が下りれば取り壊され公園として整備されること、宮沢さんの奥さんの開いていた塾の看板がまだ残っていること、周辺の掲示板には世田谷一家殺害事件の情報提供を呼び掛ける張り紙、この場所だけ時間が止まったかのようだとレポートしてくれました。


    『きょうのナマチュウ』今月6日、アメフトの定期戦で悪質なタックルにより、関西学院大の選手にケガをさせた問題。 渦中の日大アメフト選手が今日午後、記者会見を行いました。 日大アメフト部はどうなるのでしょうか?

    会見場からは、石森則和記者が終了したばかりの会見の模様をレポート。顔を出し、実名での会見にのぞんだことについて、宮川泰介選手本人とそのご両親の「顔を出さない謝罪はない」という想いからのことだったということです。

    お電話を繋いだのは、危機管理のプロフェッショナル 竹中功さん。日大の内田監督の謝罪会見を見て「ピンクのネクタイ、相手方の大学名もちゃんと言えないなんてあり得ないこと。ツッコミどころ満載だった。現状、誰に何を謝るべきなのかを全然分かってない。」と一蹴。

    西村志野記者は、日大アメフト部の選手たちが通うとんかつ屋「山路」さんへ。

    サキドリ西村記者20180522 (1).jpg

    ご主人はアメフトは良いスポーツなのに残念だと肩を落としながら、今どきの子にしてはびっくりするくらいに真面目な印象だった宮川選手のこと、事件後にお店に訪れた何人かの日大アメフト部の下級生たちも監督の指示だったのかと問うたら「はい」と即答していたことなどをお話してくださいました。

    サキドリ西村記者20180522 (2).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀キャスターがお伝えしたのは、新たに愛媛県が提出した加計学園 獣医学部新設に関する文書のニュース。

    安倍総理が2015年2月に学園理事長と面会し、獣医学部新設の構想について説明を受けたなどと記載された県作成の文書で、面会は15分程度行われたとし、説明に対して首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と応じたなどと記されていたそうです。

    何度となく、取材を申し込んでいる文化放送。今回はこのようにFAXでお断りされました。

    サキドリ―20180522 (2).jpg

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さん。

    『オピニオン』のコーナーでは、『ナマチュウ』でも取り上げた日大アメフト部の宮川選手の謝罪会見の姿勢を「大好きなアメフトを辞めるという気持ちでのぞんで、事実は一つだと話の核心を話し、非常に清々しかった。」と評価。

    「じゃあ、大人は何をやってるの!?」と、加計学園問題など様々な膿を出し切ることが出来ていない現状を嘆きながら「事実を明らかにすることがつぐないの第一歩」だと語り下ろしました。

    サキドリ―20180522 (3).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で土井悠平アナウンサーが紹介したのは、車いすバスケットボール 古澤拓也選手。

    パラ神奈川SC所属で、桐蔭横浜大学在学中の22歳。U23日本代表キャプテンも経験しています。ポジションはガード。とにかく練習の虫だという古澤選手は、現在、東京パラリンピックを目指してハードなトレーニングを積んでいると言います。

    車いすバスケットというものの魅力・特徴・楽しみ方も語った土井アナウンサーでした。

    サキドリ―20180522 (5).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 加計学園 獣医学部新設をめぐる新たな文書を愛媛県が提出したのを受けて、安倍総理は今朝、文書内容を否定。国会から奥山拓也記者が、ますます激しさを増す与野党の攻防、今日のそれぞれの動きなどを整理してレポートしてくれました。



    【今日の1曲】 守ってあげたい/松任谷由実

  • 第296回:国会会期末まで1か月

    会期末までおよそ1か月ということで、今日の『ニュースオフサイド』 では、与野党対決法案採決で緊迫する国会の動きに注目。

    働き方改革関連法案、カジノを軸としたIR実施法案、TPPの承認案など、終盤国会最初のヤマ場となりそうな今週の動きをサキドリました。

    まず今週、どのような法案が処理されそうなのかを清水克彦デスクが整理。

    sakidori20180521 (5).jpg

    国民民主党の泉健太国会対策委員長は、与党の不祥事が相次いだことでIR実施法案に至っては議論も出来てない現状、そして、長時間労働や健康管理に疑問の残る働き方改革についてなどお話しでくださいました。

    国会で取材中の山本カオリ記者は、22日の衆院本会議では永年在職表彰が行われること、与党としては粛々と会期内に「カジノ・働き方・TPP」をとにかく押し通したい姿勢、野党の出方次第では1週間くらいの延長はあり得るか?など、明日・明後日の動き、国会会期の延長の可能性などを解説。


    『きょうのナマチュウ』テーマは「太陽光発電の2019年問題」 。

    家庭の太陽光発電は作った電気が余った場合、一定期間電力会社が一定の価格で買い取ることが義務付けられていましたが、来年の10月にはその余剰電力の買取が終了するものが出始めることをご存知ですか?

    来年秋から買い取ってもらえなくなるかもしれない家庭での太陽光発電について取り上げました。

    お電話を繋いだのは、一般社団法人 太陽光発電協会 事務局長 増川武昭さん。今回の「太陽光発電の2019年問題」について、固定価格買い取り制度がスタートした2009年から10年後に終了というのは決まっていたこと、今後、太陽光発電導入率を2倍、3倍と成長させて、日本の大半の電力を賄えるようになるのが理想という太陽高光発電の未来について伺いました。

    西村志野記者がお邪魔したのは、自宅で2004年から13年間、太陽光発電による生活を続けているソーラーマニアのライター 藤本健さんの事務所です。

    西村記者ー20180521.jpg

    設置費用がいくらかかり、今までで実質どのくらい儲かったのかなど、ちょっと露骨ですが気になるお金のことを質問!

    藤本さんは「昔から太陽電池などが大好きで、太陽光発電をするために家を建てたようなもの。設置した当初は国や市から補助金などもあったが200万ほどの費用がかかり、現在までに140万円ほど回収。売る電気と買う電気で電力収支はトントン。楽しく暮らせているのでいいかなと思う。」、今回のFIT制度終了については「もともと終了は分かっていたことなので仕方ない。でも、今後どうなるのかがはっきり分かっていないので、今後混乱を招きそう。」ともお話していました。


    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀キャスターがお伝えしたのは「狛江市長 セクハラで辞職要求」のニュース。

    東京都狛江市の高橋都彦市長が、複数の女性職員にセクハラをしたとされる疑惑。水野副市長が被害を受けた職員らに聞き取り調査をした結果として「セクハラ行為が確認できた」と報告。水野副市長や他の幹部が「自ら進退を考えてほしい」などと市長に辞職を迫ったが、進退やセクハラの有無について明確に述べなかったということです。

    sakidori20180521 (1).jpg

    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さんの今日の『オピニオン』では、日大アメフト部の悪質なラフプレー事件を受け、社会心理学者のスタンレイ・ミルグラムが行った、権威に対する服従は理性を超えたものになり残虐行為すら平然と行ってしまうという実験結果を紹介。

    人間はある程度までは自制心が働くが、一定を超えると権力に服従する心理から、権力者に従うことで自分は悪くないんだと正当化してしまう、困った心のメカニズムについて語り下ろしてくださいました。

    sakidori20180521 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎 アナウンサー。今日は体操のNHK杯の話題を取り上げました。

    20日、東京体育館で男子個人総合が行われ、内村航平選手が逆転優勝を果たし、10連覇を達成!

    期待が集まった谷川翔選手は、最初のF難度の手放し技でまさかの落下...。会場のお客さんからは叫び声が上がるほどだったと言います。

    sakidori20180521 (6).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 東京都庁で最終回となる第7回「築地再開発検討会議」が開かれ、「築地まちづくりの大きな視点」という報告書が、近藤誠一座長から小池百合子知事に手渡されました。 築地の今後の見通しは?

    取材した伊藤佳子記者は、「報告書はとても立派。立派なんですけど、でも実際色々な問題についての答えはというと...」と、最終回となる検討会議なのにスッキリしない終わり方だったとレポート。

    sakidori20180521 (4).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子 さんの『芸能アラカルト』では、俳優の渡辺謙さんと女優の南果歩さんの離婚について語って頂きました。

    渡辺謙さんと言えばハリウッドでも活躍されている俳優です。その海外での活動をずっとサポートし続けてきた南果歩さんはというと、精神的疾患を抱えていることも気がかりです。

    sakidori20180521 (2).jpg

    【今日の1曲】 あなたに会えてよかった/小泉今日子

  • 第295回:北朝鮮とアメリカの動きをサキドリ

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「開催まで何が起こるかわからない、北朝鮮の交渉術!」。

    金桂冠第一外務次官による「アメリカが一方的な核放棄だけを強要しようとするなら、その対話に興味を持たないだろう」とアメリカ側をけん制した談話を発表した北朝鮮。これについてはアメリカ国内でも驚きを持って報道されており、急な首脳会談がいかに難しいかを示しています。

    この揺さぶりにどう対応していくのか、「リビア方式は考えていない」とするトランプ大統領ですが、今後の発言に注目されます。



    『きょうのナマチュウ』は、「ガーナ戦の代表メンバーを発表!新生・西野JAPANの行く先をサキドリ」。

    20180518_2

    まずは、松島茂アナウンサーが、代表選手とおさらい。ハリルJAPANで冷遇されていた、本田、香川、岡崎も呼ばれています。

    サッカー解説者の小島伸幸さんにお話を伺うと、「実績のある選手が選ばれた。戦略・運動量があってタフな選手を選んでいる。前線からの守備を大切にしているのかな」とのこと。

    20180518_3

    細木美知代記者は、ガーナ戦のパブリックビューイングが行われる調布市へ。

    ガーナ戦当日は、調布市文化会館たづくり 大会議場で、トークショウやプレゼント抽選会を無料で開催するそうです。



    20180518_4

    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターが紹介したニュースは、「夕方からオフィスでアイス "働き方改革"?」。

    森永製菓が、アイスのリラックス効果を働き方改革に活かそうとする取り組みが話題です。それは、夕方になるとロックが解除され、1時間アイスが食べ放題という専用の冷凍庫!

    実際にお試しでやった企業からは好評で、アイスは食べる時の「パキッ」という音もリラックス効果に繋がるとしています。ほどよく気分転換しながら、気持ちよく仕事に取り組めるといいですよね。



    20180518_5

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「銀行に行くのなんかおやめなさい」。

    日銀のマイナス金利で業績が厳しい銀行。今後、店舗と人を減らすなどして業態変更をはかっていると言います。そのため、銀行側もできるだけ店舗での対応を減らしたいということで、ATMやネットバンキングを推奨しています。実際、ネットバンキングを使った方が窓口より手数料がお得など、メリットがたくさんなんですって!



    20180518_6

    『SAKIDORIスポーツ』は、槙嶋範彦アナウンサーが伝えるのは、「バスケットボール Bリーグ」。

    現在、チャンピオンシップが行われている「Bリーグ」。明日準決勝を控えている千葉ジェッツ の島田慎二代表とお電話を繋ぎ、チームの雰囲気や明日への意気込みを伺いました。



    20180518_7

    『ニュースパレードアネックス』は、佐藤圭一記者が取材をした「シニア世代の就職を促し、即戦力を育成する催し」をご紹介。

    参加者はシニア世代といっても、とってもお元気! 今後、人口減少による人手不足問題の解消となるのか!? 実施されていた「大手コンビニチェーンが協力してのコンビニスタッフコース」の研修では、前向きに社会復帰しようとする声を聞くことができました。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    「株式会社 財宝」の吉松恵梨奈さんからミネラルウォーター「天然アルカリ温泉水 財宝」をご紹介して頂きました。

    20180518_8

    今回は、携帯しやすい500mlサイズをお得な価格でご案内。飲みやすい軟水で、口当たりはまろやか! ぜひ、一度ご賞味ください。



    【今日の1曲】 君といつまでも / 加山雄三 、星由里子



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第294回:警察犬が足りない!?

    3週間ぶりに木曜コメンテーターの和田秀樹さんをお迎えしてのサキドリ。先週はフランスからご登場でしたが、和田さんの監督された映画「私は絶対許さない」がニース国際映画祭2018で、長編外国語映画における最優秀オリジナル脚本賞を獲得しました。おめでとうございます!


    『ニュースオフサイド』は「殺処分寸前の小型犬が救う?深刻化する警察犬不足の打開策」。

    出動件数が増える一方、警察犬の数が減少。今日は警察犬不足を取り上げ、その打開策を探りました。

    細木美知代記者は、警察犬不足の背景を聞くため日本警察犬協会へ。理事の江口晋二さんに話を聞きました。

    「警察犬の指導士が不足していて、結果として警察犬が不足している。また、ここ10年で出動が増え、そのほとんどが高齢者の徘徊事案など行方不明者の捜索」というお話でした。

    警察犬不足を打開するヒントは、殺処分寸前の小型犬。

    小型犬が警察犬になるための訓練を受けるケースがあり、たとえば、岡山県警の嘱託警察犬になるために訓練を続けている柴犬の愛ちゃん。

    この愛ちゃんについて、動物愛護のNPO法人「しあわせの種たち」の濱田一江理事長に話を聞きました。

    動物愛護センターに収容された愛ちゃんは、人を怖がり、かみつくため、殺処分が決まっていたが、濱田さんが手を差し伸べたとのことでした。

    愛ちゃんの訓練を担当している岡山市の訓練士、赤木美穂さんは、柴犬は独立心、警戒心が強く、警察犬には向いていないので時間がかかった、と訓練にまつわるエピソードを話してくれました。


    『きょうのナマチュウ』は「今後どうなる?日大悪質タックル問題の行方」。

    大学アメリカンフットボールの強豪、日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の選手が相手選手に悪質な反則行為となるタックルを浴びせて、けがを負わせた問題。
    関西学院大学が開いた会見を取り上げ、この問題の今後の展開をサキドリしました。

    西村志野記者は日大の経済学部と法学部の校舎がある東京・水道橋で、日大の学生の声を取材。

    「同じ大学に通う学生として悲しい」「大学の寮から外出できなくなっている」といった声を伝えてくれました。

    志野ちゃん・水道橋2018517.jpg

    日大アメフト部OBで、長年、NFLの解説を務めている共同通信社の記者、宍戸博昭さんは、今回の問題について「(日大の)内田監督が出てこないことが問題をこじらせている」、「アメフトというスポーツを冒涜する行為で残念です」とお話してくださいました。

    スポーツライターの小林信也さんは、会見で明らかにされた日大の回答について「残念な回答。未だに言い逃れをしている。責任を選手になすりつけている」といった指摘をされていました。


    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀キャスターがお伝えしたのは「西城秀樹 さん、死去」のニュース。

    今日は、 2011年9月24日放送の文化放送「高木美保 close to you」に西城さんがご出演された際の音声もお聴きいただきました。ご冥福をお祈りいたします。

    サキドリ2018―0518 (1).JPG

    『オピニオン』のコーナーでは、先月、「困った老人のトリセツ (宝島社新書)」という本を出された精神科医の和田秀樹さんが、お年寄りとの付き合い方で困っているリスナーさんのお悩みにお答えしました。

    ぜひ和田さんのご本も参考になさってみてください。

    サキドリ2018―0518 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治アナウンサー。怪物ルーキー!日本ハム 清宮幸太郎選手の話題をお送りしました。

    清宮選手のすごさの一つ、球の特徴について語る飯塚アナ。

    サキドリ2018―0518 (2).JPG

    一美キャスターも「止まって見えた後に遅れて来るから、バッターはもうどうにも打つことが出来ない!」とサブキャスター加納さんに熱弁していました。

    サキドリ2018―0518 (3).JPG


    『ニュースパレードアネックス』今日、野党4党が公文書管理のための新たな改正案を国会に提出。

    公文書管理をにらんでの国会の動きを、立憲の辻元清美国会対策委員長の音声を交えてレポートしてくれました。

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』は、5月25日公開の映画「友罪」について取り上げました。

    今日はスタジオにスペシャルゲストとして、瀬々敬久監督が!

    サキドリ2018―0518 (7).JPG


    【今日の1曲】 ブルースカイ ブルー/西城秀樹

  • 第293回:消滅可能性都市の行く末

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「アメリカのトランプ大統領が広げた中東政策の波紋」。

    イラン核合意からの離脱、そしてエルサレムへの大使館移転と国際協調を無視した政策に国際社会は怒っています。 現代イスラム研究センターの宮田律理事長にトランプ大統領の意図を伺うと、イスラエルの利益を守ることがキリストの復活を早めるというアメリカの「福音派」の支持を獲得するためではと解説。 アメリカへの信頼が揺らぐ今、イラン核合意からの離脱を発表したことで、米朝首脳会談も相互に不信感を持ちながらの解団になるのではと予想しました。

    また、国際開発センターの畑中美樹さんから は、イラン核合意からの離脱による原油価格の影響などをお話頂きました。


    『きょうのナマチュウ』は「人口減少がさらに加速!消滅可能性都市の行く末」。

    日本創成会議が「2040年に消滅する可能性がある」として、全国896の市区町村を名指ししたのが2014年。 それから4年がたちましたが、896の市区町村のうち、 およそ8割にあたる713の自治体で人口減少がより加速することが読売新聞の分析で明らかに。 そこで「消滅可能性都市」が今後どうなっていくのか、その行く末をサキドリしました。


    まずは、西村志野記者が「消滅可能性都市」と読売新聞の分析を整理。

    北海道や東北など過疎地域の自治体で2040年時点の人口が減少。 一方で東京など3大都市圏を中心に181の自治体では人口が増加。

    4年前、東京23区で唯一、消滅可能性都市と指摘された東京・豊島区は、 子育て支援に力を入れた結果、人口が増加したと伝えてくれました。

    サキドリ20180516 (3).JPG
    細木美知代記者は豊島区で「自分が住む街をどう評価しているのか」、街の声を取材。 「子育て世代にも評判がいい」「保育園が増えている印象」といった声があったようです。

    まちビジネス事業家の木下斉さんは、713の自治体で人口減少がより加速することについて 「人口減少のトレンドはずっと続いていて、なるべくしてなった」との見解。
    消滅可能性都市の今後については、「自治体を意地でも残すという考えをもたないことが大事」で、 「人口100万人以上の都市を中心に都道府県をこえた広域都市圏をつくるべき」とお話ししてくださいました。

    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀 キャスターが取り上げたニュースは「大雪で職員給与10%削減へ 福井市、財源不足」でした。

    福井市によると、除雪費といった大雪関連経費が2017年度決算見込み額で約50億円に膨らみ、本年度は約13億円分の財源が不足する見通しで、大型事業の先送りや既存の事業の見直しを進める方針ですが、それでも約8億円が足りず、給与削減の動きになったということです。

    あまりの金額に唖然とするスタジオ。

    真紀さん20180516.jpg

    コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんが語りおろした今日の『オピニオン』テーマは「進化する女性像!アニメにも」。

    今年5月からスタートしている大人気アニメ「HUGっと!プリキュア」は、中学生の女の子たちが空から降ってきた赤ちゃんを守り育てるという異例の設定が話題。

    社会的問題でもあるワンオペ育児とは対極の、みんなで協力して育児をする姿が描かれているそうです。

    サキドリ20180516 (7).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で松島茂アナウンサーが取り上げたのは「箱根駅伝3代目 "山の神" 神野大地選手プロ転向」の話題。

    プロとしてやっていくという決断に至った経緯や日本長距離発展のための自身の考えなど、会見で語る神野選手の声を交えてお送りしました。

    サキドリ20180516 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』今日は、関東甲信や北陸、東北などで今年一番の暑さになりました。池袋で取材にあたっている細木美知代記者に再び繋ぎ「暑~い一日」をレポート。声のトーンが心なしか低く、暑さの疲れが感じられました。(記者さんたち、いつもお疲れ様です!)

    スタジオでは、気象予報士の伊藤佳子記者が、暑さの原因や熱中症対策を指南。

    佳子さん20180516.jpg


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし 先生が語る「デトックスブームに異議あり!医学的に正しい方法はこれだ!」 です。

    デトックス効果を期待して、全部汗で毒素を出そうとしたら毎日6トンの汗をかく必要が・・・!

    また、デトックスのために大量の水を飲む方もいらっしゃいますが、これも汗と一緒にナトリウムが出てしまうので危険だということでした。

    妊婦さんが魚を食べることには注意が必要ですが、今の日本で衛生的な食事をしていれば汚染物質が過剰になる心配はないそうです。ちょっとホッとしましたね。

    【今日の1曲】 DOWN TOWN/EPO

  • 第292回:新潟市の事件に急展開

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「新潟市の小2女児殺害・死体遺棄事件、23歳の男を逮捕」。

    連日、お送りしていた事件に大きな動きがありました。容疑者逮捕を受け、東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学に詳しい出口保行教授にお話を伺いました。犯人による殺人後の計画性のなさ、現場の防犯、さらには事前の不審者情報がイコールで結びつくとは限らないなど、これまでの事件について解説して頂きました。



    『きょうのナマチュウ』は、「ヘルプマークやアレルギー表示マーク、全国に拡大中」。

    外見だけではわかりにくい障害や病気を抱える人たちが、周りの人々から支援や配慮を受けやすくするための取り組みとして、2012年に東京都が導入した「ヘルプマーク」の認知度を調査。また、病気や疾患といった情報を書き込む「ヘルプカード」、アレルギーがあることを表示する「アレルギー表示テープ」をご紹介。

    アスモスマイルが販売している「アレルギー表示テープ」は、おためしセットが880円、Sサイズテープが460円、Lサイズテープが580円。子どものアレルギー周知など、アレルギーに悩むお母さんにはとても重宝されているそうです。

    20180515_2

    西村志野記者は、新宿駅南口でヘルプマークやヘルプカードを知っているかインタビュー。「知っています」とはっきり答えてくださる方は少なく、「見たことはあるが、意味まではちゃんとわからない」など、バラつきが見られました。



    20180515_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターが紹介したニュースは、「政府が2023年度の導入を目指す、地上配備型迎撃システム『イージス・アショア』」。

    小野寺防衛大臣が、「秋田県と山口県を配備候補地になると考えられる」と会見。



    20180515_4

    俳優の石田純一さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「三大宗教の聖地」。

    アメリカ大使館移転抗議デモによる多数の死傷者が出た事件を受けて、改めて宗教と聖地について考えました。



    20180515_6

    『SAKIDORIスポーツ』は、長谷川太アナウンサーが伝えるのは、これからクライマックスを迎える「春競馬」

    競走馬に乗るジョッキーを決めるのは、馬主じゃなくて競馬新聞記者!? 競馬をちょっと違う角度から語ってくれました。



    20180515_5

    『ニュースパレードアネックス』は、篠沢政健記者が取材した「飲食店は原則禁煙とする受動喫煙防止条例案」。



    【今日の1曲】 風の谷のナウシカ / 安田成美

  • 第291回:新潟市から生中継

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』は、衆参両院の予算委員会で開かれている加計問題などに関する集中審議について。
    柳瀬元総理大臣秘書官、安倍総理、愛媛県の中村知事・・・食い違う証言。今日の委員会質疑でどこまで明らかになったのでしょうか?

    国会で取材中の山本カオリ記者が今日ここまでの質疑の内容と、注目があつまる米朝首脳会談を前に、安倍総理の外交問題についてなどレポート。

    国会記者クラブの文化放送ブースでお話を聞いた、立憲民主党 川内博史衆議院議員は「事実に基づいて説明しますと言いながら認めないのは、きなこ餅食ったけど口の周りのきなこは僕がつけたんじゃないもんと言ってるのと同じ!」と総理の受け答えの印象をズバッとひとこと。

    「事実確認すべきことはどんどん出てきている。野党は打つ手がいっぱいあり過ぎてどこから手を付けたらいいのかが分からなくなっている状態」と引き続き、追及の姿勢を示しました。

    『きょうのナマチュウ』 新潟市のJR越後線の線路で小学2年生、大桃珠生さんの遺体が見つかった事件は今日、大きく動きました。新潟県警の捜査本部は、珠生さんの自宅の近所に住む男を重要参考人として任意で事情聴取。

    最新情報を現地で取材中の佐藤圭一記者に繋いでお伝えしました。

    現場には簡易的な献花台が設置され、さらに周辺の子供たちは大人が引率してグループで下校をしている姿が見られたということ、地元の皆さんの不安な声などを伝えてくれました。

    西村志野記者は、今回の事件発生から今日までの動きをあらためて整理。

    サキドリ―20180514 (6).jpg

    東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授は「子供の扱いはうまくなく、コミュニケーションをとるのも苦手な人間。」と犯人像を推察。

    動機と、珠生さんの所持していたピンクの傘が見つかっていないことについて「いたずら目的が1番だと思われる。誘拐までは十分に観察して計画性を持ってやったが、殺害してしまって、そこまでは計画していなかったために気が動転して、1つ1つの持ち物をチェックして証拠を隠蔽するようなことが出来なかったのではないか。」ということでした。


    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀キャスターがお伝えしたのは「北朝鮮要人一行 北京空港に到着」というニュース。

    北朝鮮の要人とみられる人物が14日、平壌から北京国際空港に到着し、中国政府の高級車に乗って海外の賓客を迎える北京市内の釣魚台迎賓館に入ったことが分かりました。公式な発表は未だされていませんが、来月12日に米朝首脳会談を控える中での再びの訪中となります。

    サキドリ―20180514 (5).jpg

    月曜コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』、テーマは「声にできないセクハラ」でした。

    これまで声をあげることがタブーとされてきた介護や看護をしている方に対する暴力、パワハラやセクハラの問題の実態調査結果とリアルな声を紹介。

    ただでさえきつい仕事で人手が足りない介護や看護の現場で、実際に起きているけれども「声にできないセクハラ」。

    まずはこの実態を少しでも多くの方に知ってもらうことで、防げることがきっとあるはずだとお話して下さいました。

    サキドリ―20180514 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では、砂山圭大郎 アナウンサーがトライアスロンの話題を取り上げました。

    トライアスロンの世界シリーズ第3戦、横浜大会が12日、横浜・山下公園周辺特設コースで行われ、女子は高橋侑子選手が15位になったのが日本勢最高。男子は小田倉真選手の32位が日本勢最高。まだまだ力不足の感は否めないようです。

    2020年東京五輪へ向けてのポイント争いはこの大会からスタート。今日は、2020年の東京五輪のために昨年から始まった取り組みなどを説明してくれた砂山アナ。

    サキドリ―20180514 (7).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 千葉市稲毛区の居酒屋で昨夜、家族4人が切り付けられ6歳の女の子が死亡した事件。 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されて男が4人と一緒に居酒屋の個室に入ってから15分程度で事件が起きたとみられています。

    吉田涙子記者が事件の起きた稲毛の現場を取材し、事件発生時の現場の様子、これまでに分かってきていることなどを伝えてくれました。

    サキドリ―20180514 (3).jpg

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』は「相次ぐ人気女優の熱愛発覚」というテーマで、石原さとみさんとIT企業「SHOWROOM」の前田裕二社長 、剛力彩芽さんとファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長、元AKB48の前田敦子さんと勝地涼さんらのお話をしてくださいました。

    ちなみに番組でも出ましたが、文化放送ライオンズナイタースペシャル 『勝地涼×笠原秀幸 ほっとけないラジオ』は今週の木曜、午後7時30分~生放送です。詳しくはこちらから。

    サキドリ―20180514 (2).jpg

    【今日の1曲】 Be My Venus/渚のオールスターズ

  • 第290回:米朝首脳会談開催に向けて

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「米朝首脳会談、来月開催決定! 事態はどう動くのか?」。

    来月12日、シンガポールでの開催をツイッターで明かしたトランプ大統領。ジャーナリストの笹栗実根さんによると、アメリカと北朝鮮、双方と国交があり中立であること、そして治安のよさからシンガポールが選ばれたのでは予想しました。北朝鮮の完全な非核化を目指すアメリカと、費用と時間をかけて開発した核兵器を失うことを懸念する北朝鮮がどのように会談に臨むのか注目が集まります。

    また、一部報道では、中国の習近平国家主席が米朝首脳会談に合わせてシンガポール入りする可能性を伝えています。守りの立場となる中国の思惑も国際ジャーナリスト・春名幹男さんが解説しました。



    20180511_2

    『きょうのナマチュウ』は、「拉致問題、早期解決には何が必要?」。

    米朝首脳会談の日程決定を受けて、拉致被害者や支援組織の方々はどうようなところに注目しているのか、麗澤大学客員教授で「救う会」会長の西岡力さんにお話を伺いました。先月のアメリカ訪問ではこれまで以上の手ごたえを感じており、トランプ大統領から「一緒に解決しよう」と口々に前向きな言葉が飛び出したことに深い理解を感じているとお話頂きました。

    国会の動きを取材する山本カオリ記者からは、日朝首脳開催の可能性について「来月の米朝首脳会談次第だ・・・」という答えが。トランプ大統領の成果へ一層の期待が高まります。



    20180511_3

    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターが紹介したニュースは、「3大銀行、ATM共通化」。

    三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3メガバンクがATMを共通化する方向で協議に入りました。荻原さん曰く、銀行員の業務負担の減少を狙っているそうです。



    20180511_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「高プロなんかおやめなさい!」。

    高プロとは「高度プロフェッショナル制度」で、年収が1075万円以上の専門職の方を対象に、時間に縛られず成果主義で働いてもらう制度のこと。月収で計算すると約90万円ですが、なんと1度でも月90万円で働くという契約をすれば、その後支払いがなくても成立するという落とし穴があるそうです。

    そして、それを取り締まるのが厚労省の労働基準監督官。全員で3241人ですが、全428万ヶ所をチェックしなければならず、数にすると1人で1万6000人を担当する計算になるとか! 正直全部には手がまわらないので、高プロで不当な扱いを受けても対応ができなくなる可能性を考えると・・・高プロなんかおやめなさい!



    20180511_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサーが伝えるのは、明日からチャンピオンシップが行われる「男子バスケット Bリーグ」

    栃木ブレックスの田臥勇太選手、千葉ジェッツの富樫勇樹選手の意気込みの声を紹介しました。



    20180511_6

    『ニュースパレードアネックス』は、吉田涙子 記者が取材した「新潟市の女児殺害事件」の最新情報。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。

    「栃木いすゞ自動車株式会社」宇都宮南営業所の中塚恵美さんに、リニューアルオープンしてますます使いやすくなった宇都宮南営業所をご紹介頂きました。



    【今日の1曲】 ごはんができたよ / 矢野顕子



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 第289回:柳瀬氏 参考人招致

    今日、コメンテーターをつとめて下さったのは、元フジテレビ解説委員の和田圭さんです。

    『ニュースオフサイド』 は、柳瀬唯夫元総理秘書官の参考人招致、何が明らかになり、今後与野党はどう動くのか今後の展開をサキドリしました。

    今日の招致で柳瀬氏は、愛媛県の担当者が記したとする文書のとおり、 3年前に総理官邸で加計学園の関係者と面会したことを認めています。

    まずは国会で取材中の山本カオリ記者が今日の招致の模様をレポート。与党側の質問では淡々と文章を読み上げるようにしていた柳瀬氏、野党側の質問の際にはアドリブを交え饒舌だったものの、頻繁に水を飲む様子から「緊張していたのかな」と感じたとのこと。不自然さの残る招致だったが、与党はこれで幕引きを図ろうという構図。

    今日の参考人招致で質問した国民民主党 今井雅人衆議院議員は「たくさんいろんなことを説明しているようで肝心なことは話していない。」と話し、今後、愛媛県の中村知事を国会に招いてさらに追及していきたいと考えているとのこと。

    柳瀬氏が面会を認めたこと、街の皆さんはどのように受け止めているのでしょうか? 細木美知代記者が銀座で調査したところ、「ちゃんとしてほしい」「柳瀬さんの言っていることは言い訳にしか聞こえない」「見てるのも馬鹿らしくなっちゃった」「野党の追及が弱い!」など、厳しい声が聞かれました。

    サキドリ-20180510 (1).JPG

    『きょうのナマチュウ』テーマは「意外と知らない、明るい時間にヘッドライトを点ける意味」。

    今日の午後5時半から神奈川県横浜市で、 歩道に黄色い目立つ服を着た、有志の一般市民がずらっと並び、 早い時間からのヘッドライトの点灯を促す「おもいやりライト運動」が行われます。

    今日はこの運動を通し、まだ明るい早い時間からヘッドライトを点けることにはどのような意味があるのか考えました。

    「おもいやりライト運動」が行われる横浜市には西村志野記者が!雷が鳴っていたのに、空が青い!

    サキドリ20180510西村記者.jpg
    お話を伺ったのは「おもいやりライト運動」事務局の森由香さんです。
    交通事故が一番多い時間帯は夕方の16時~18時と言われており、ドライバーにとっては歩行者が見えづらく、歩行者にとっては車の接近に気付きづらいため、ヘッドライトを早め早めに点灯させることで、交通事故削減に繋がるというもの。日没の30分くらい前が(これを「おもいやりライトタイム」と呼んでいるそう)ヘッドライトをつけ始める目安です。

    全国に広がるこの「おもいやりライト運動」、詳しくはホームページもご覧になってみてください。

    ■おもいやりライト

    サキドリーナマ20180510.jpg

    つづいて、自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんにもお話を伺いました。

    無灯火車が多い背景には、自発光式メーターの普及に比例。エンジンをかけると自動で昼夜問わずメーターパネルの照明がつくため、ヘッドライトがついていると勘違いしてしまうのだそう。

    2020年4月以降の新型車には自動でヘッドライトがつく機能・オートライトが義務付けられることになりましたが、加藤さんのお話では日本のオートライトも点灯タイミングがだんだん早くなってきているということでした。

    運転をするドライバー側はヘッドライトの早期点灯、歩行者側は暗い時間帯でも見えやすい服装や反射材などで工夫をして、お互いの存在を確認することが安全に繋がりますね。


    『SAKIDORIニュースパレード』で石川真紀 キャスターがお伝えしたのは、「秋田犬『マサル』、今月末、モスクワでザギトワに贈呈式」のニュース。

    ここで秋田県出身の真紀さんから、秋田犬を飼うときの注意点とザギトワ選手へのアドバイスが!

    「忠犬と言われる秋田犬、いつも散歩に連れて行ってくれる人をご主人だと思うので、ザギトワ選手は多忙なのでちょっと心配・・・。あとは力が強いので、甘噛みでも大きな怪我になりかねない。ちゃんと小さいうちから、噛み癖のしつけをしてあげてほしい。」
    サキドリ20180510 (1).JPG

    今日の『オピニオン』は、 現在、フランス滞在中の精神科医で映画監督の和田秀樹さんにお電話を繋ぎました。

    なぜフランスにいらっしゃるのかというと、ご自身が監督された映画『私は絶対許さない』が、今月6日からフランスで開かれている「ニース国際映画祭」で、 最優秀外国語映画賞、最優秀監督賞など4部門にノミネートされているからです。

    さらに『私は絶対許さない』を「カンヌ国際映画祭」のフィルムマーケットに出品するとのことで、フィルムマーケットというものの説明と、実際に海外の配給会社の方と交渉している和田秀樹さんのやりとりを聞かせてくださいました。


    『SAKIDORIスポーツ』で飯塚治 アナウンサーが取り上げたのは、ソフトバンク内川聖一選手の2000本安打達成について。

    昨日9日、ライオンズ戦でソフトバンク内川聖一選手がプロ野球史上51人目2000本安打を達成しました。

    ほっと安堵の気持ちがあふれる会見の声、今後は「打席に立つとヒットを打ってくれる、期待感を抱かせる選手でありたい」と語った内川選手。

    サキドリ20180510 (3).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 北朝鮮に拘束されていたアメリカ人3人が、昨日解放され、日本時間の今日午後、帰国しました。

    拘束されていた3人を解放した北朝鮮、イラン核合意から離脱したアメリカ、いつどこで米朝首脳会談が行われるかなど、清水克彦デスクが解説。

    サキドリ-20180510 (2).JPG

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』は、調布にある神代植物公園 の「春のバラフェスタ」をご紹介しました。
    hayakawasan20180510.jpg

    【今日の1曲】 Turn It Into Love/Kylie Minogue

  • 第288回:北朝鮮をめぐるそれぞれの思惑

    『ニュースオフサイド』では、北朝鮮をめぐり、日本、アメリカ、中国、それぞれの国の思惑が交錯する外交の裏側に迫ります。
    まずは今日、東京で開かれた日中韓首脳会談を取材した奥山拓也 国会担当キャップが、合意