イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter
Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2017年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

今日のSAKIDORI

  • 第170回:女性ばかりのSAKIDORI!

    一美さんが体調不良のため、サブキャスターを永野さんが務めた今日のSAKIDORI。
    出演者はもちろん、スタッフも女性が多く、男性スタッフは少し居づらそうでした(笑)


    『ニュースオフサイド』は、来月1日に開かれる皇室会議や、その後の天皇陛下の退位に向けての動きを取り上げました。
    20171124_2.JPG
    揺れる退位の候補日について、12月末は年始に様々な行事が行われること、3月末は役所の年度替わりで多忙になるうえ統一地方選挙が行われること、といった理由から4月末が有力とされています。しかし、街の声をきくと「3月末がわかりやすくていい。地方選挙より退位の方が大切」といった意見も聞かれました。


    皇室会議で退位施行の期日が決定されますが、その決定に熱い視線を向けているのがカレンダー業界。
    全国カレンダー出版協同組合連合会の松原さんによると、「年号はもちろん天皇誕生日もどうのかるのか気になる」として、粛々と会議の結果を見守りますということです。


    『きょうのナマチュウ』は、オレオレ詐欺、振り込め詐欺など、被害の多い「特殊詐欺」について。
    去年、都内での被害は2770件、総額61億9千万円にも及んだそうです。警視庁で行われた特殊詐欺l根絶のための広報イベントでは、クイズなどを交えながら詐欺への対策方法を学びました。
    「自分は大丈夫。騙されない」と思っている方でも、いざ電話がかかってくると親心スイッチが入り被害にあってしまうそうで、ナンバーポータビリティの利用やできるだけ電話には出ないようにするなど証拠が残るような対策が犯人に嫌がられることなんだとか。
    20171124_3.jpg
    巣鴨で91歳の女性に聞いたお話では、男性から交通事故にあったから200万持ってきてほしいと電話がありました。しかし、詐欺だと気付いた女性は逆に「あんたが200万持ってこい!」と言ったところすぐに電話は切れたそうです。"女性は強し!"ですね。


    20171124_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「京都府警 全国初のストーカー相談部署を設置」。
    女性警察官ら2人が常駐し、電話や面談による相談に乗るだけではなく、新たな試みとして加害者を対象にしたカウンセリングも行われます。被害者への執着心をなくす狙いがあるそうで、再発防止対策として注目が集まります。




    20171124_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「何でも増税なんておやめなさい!」。
    子どもがいない世帯への増税を検討する「子無し税」を問題視。所得税改革により年収800万円以上を増税する案が出ています。子ども手当の支給で子育て支援をするのはいいが、子どもがいない世帯の所得税の増税はおかしいと訴えました。




    20171124_6.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが伝えたのは「サッカー」。
    明日、決勝の第2戦が行われるアジアチャンピオンズリーグの見どころなどを選手の声も交えてお伝えしました。


    20171124_7.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、nippon.comでアラビア語サイトを担当しているハッサンさんに「アジアチャンピオンズリーグとアラブ諸国で人気NO.1アニメ」というお話を伺いました。
    アラブ世界でもサッカーは大人気! その理由の1つに日本の人気アニメ「キャプテン翼」が影響しているそうです。アメリカ、イタリア、スペインなど世界の様々な国で放送されたキャプテン翼は世界中のサッカー選手に強い影響を与えています。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、「SAKIDORI かわら版」。
    京都にある株式会社ファーマフーズの黄英晴さんにお話を伺いました。ファーマフーズでは、食品から健康に役立つ有用な成分を見つけて抽出し、医薬品のように人々の健康や美容に役立つ研究、開発を行っています。
    今回は、たまごから発見されたヒアルロン酸の生産を高める「iHA」という成分を効率よく摂取できるサプリメント「タマゴサミン」を紹介して頂きました。


    【今日の1曲】 スターズ / シンプリー・レッド


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました! 来週は元気な一美さんに会えますように。

  • 第169回:"佐藤ママ"に聞いてみよう!

    一昨日あたりから喉の調子が思わしくなかった一美キャスター。打ち合わせの時には出ていた声が、生放送の途中からかなり出づらい状態に...。『ニュースオフサイド』『きょうのナマチュウ』までで、一美キャスターは交代となりました。『SAKIDORIニュースパレード』からは、木曜サブキャスターの西川文野アナウンサーがメインキャスターを、そして急遽、永野景子サブキャスターでお届けしました。



    『ニュースオフサイド』は「子ども4人が東大に合格!佐藤ママの子育て論」。

    奈良県在住の専業主婦で4人のお子さんを東京大学理科Ⅲ類(医学部)に入れたことで知られる、「佐藤ママ」こと佐藤亮子さんをスタジオにお迎えし、独自の子育て論や教育論について話を聞きました。

    子どもを自発的に勉強に向かわせる方法については、「子どもは勉強が嫌いだけどやらせないといけない」とし、そのためには、机に向かうための動線を短くすることが大事ということでした。

    以前、炎上した自身の「恋愛は受験に無駄」という発言については、「受験生は勉強する時間をいかに増やすかが重要で、大学に受かってから恋愛すればいい」と、改めて無駄さを強調されていました。

    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんは子どもの叱り方について、「結果を叱っても意味がない。叱るとしたら、悪い点を取ったのに勉強しないときで、行動を叱ることに意味がある」とお話ししてくださいました。

    サキ20171123祝 (1).jpg

    今日の『ナマチュウ』でも、引き続き、佐藤ママにお付き合いいただき、「佐藤ママに聞きたいこと」と題して、佐藤ママにリスナーの皆さんからの質問に答えていただきました。

    「子どもが学校に行きたくないと言ったらどうしますか?」という質問に対して、佐藤ママは「2~3日休ませて、朝から美味しいものを食べて、何で学校に行きたくないのか、ゆっくり話を聞いてあげるのが大事」とアドバイスしていました。

    細木美知代記者は台場で子育て世代の生の声を取材。
    小学2年生と3歳のお子さんがいる37歳のパパの「どうしたら自分で本を読むのが好きになる?」という質問に対し、佐藤ママは「まずはお父さんが本を読む姿をお子さんに見せて、本が楽しいんだと思わせてみては」と答えていました。


    永野さん20171123祝.jpg

    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「紙の漫画本離れ、顕著に」というニュースを取り上げました。紙の本離れは漫画だけでなく書籍でも雑誌でも進んでおり、その分、電子書籍の市場は拡大しています。
    永野さん「電子書籍読んだことない!」
    西川さん「小説は紙の本で持っていたいんだけど、最近、漫画はインターネットで読んでます。」
    和田さん「調べものしないといけないけど、本屋に行ってる暇がない時には電子書籍を利用することも。」
    電子書籍の利便性と紙ならではの良さについて語り合ったスタジオでした。

    真紀さん20171123祝.JPG


    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんの今日の『オピニオン』。

    テーマは「日本の油断」。
    「その国の貧しい人がどんな暮らしをしているかで、その国の見え方が決まる。努力をしないでいい国であり続けることはできない」としたうえで、「日本は油断している、油断だらけ」と苦言を呈しました。

    和田秀樹さんの著書「私の保守宣言」は、WAC BUNKOより好評発売中です。→詳しくはこちら

    サキ20171123祝 (3).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーが取り上げたのは、トレイルランニングの話題。 舗装されていない山の中を走るトレイルランニングのプロのランナー 鏑木毅さんを紹介してくれました。
    モンブランを一周する世界最高峰の大会「UTMB」で日本人選手最高位の3位という記録をもっている鏑木さん。合計170キロ、標高差累積で1万メートル上ったり下ったりするんだそう。トレッキングの人たちなら10日から二週間かかるものを、選手たちは20時間で走りきるというから、すごいですよね!

    サキ20171123祝 (5).jpg


    『ニュースパレードアネックス』 今日から4日間、上野公園では伊賀忍者で有名な三重県伊賀市が主催する「伊賀上野忍者フェスタ in 上野恩賜公園2017」が開かれています。 2013年から開催され今年で5回目!外国人観光客からも大人気のイベントなんです。

    会場には西村志野記者!

    1511422551664.jpg

    特別にお借りした赤い忍者の衣装に身を包み、吹き矢体験や手裏剣を投げてみたり、満喫したようです。

    伊賀市の物産品や伝統工芸品、土日には忍者グループ『阿修羅』のステージ、お子さんたちには忍者の衣装貸し出しも行っているそう。お出かけになってみては!?

    1511422555358.jpg


    加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』では、おせちの話題をサキドリ!

    詳しいレポートは「世の中SAKIDORI~最新 映画・本・お店情報 By加納有沙」をご覧ください。

    おせち20171123祝.JPG

    放送終了後、みんなで美味しく頂きました。

    サキ20171123祝 (7).jpg

    イレギュラーな放送となりましたが、皆様、お聴き頂きましてありがとうございました!

    明日も一美キャスターはお休み。メインキャスター水谷加奈、サブキャスター永野景子でお送りします。ぜひお聴きください!

    サ20171123 (2).JPG


    【今日の1曲】I Feel for You/Chaka Khan

  • 第168回:いい夫婦の日

    11月22日=いい夫婦の日でしたね。一美キャスターは、毎朝、玄関先で奥様と握手を交わしてから出掛けているのだそうです。

    今日はリスナーの皆さんからも、夫婦の悲喜こもごもがたくさん寄せられました。ありがとうございました!


    『ニュースオフサイド』のテーマは「迫る黒船、日米二国間交渉の先行き」。

    アメリカは日本との二国間交渉でどんな手に出てくるのか、それに日本はどう立ち向かえばいいのか、考えました。

    まず、スタジオでは清水克彦デスクが今月に入ってからの日米の動きを整理。
    今月6日に行われた日米首脳会談で日本政府は「日米のFTA(自由貿易協定)」はなかったとしていましたが、今月17日、ハガティ駐日大使に「日米首脳会談で日米のFTAに関する議論が行われた」とバラされてしまったのだといいます。

    saki20171122 (2).jpg

    電話を繋いで話を聞いたのは、日本とメキシコのERA首席交渉官や外務省の参与などを歴任してきた慶應義塾大学の渡邊頼純教授。
    「アメリカを除く11か国がTPP交渉で前進していることが、アメリカとの交渉を有利にするのか?」という質問に対し、
    「有利になると思うが、TPPに関してはトランプ政権はダメなものと決めつけているので難しい」と答えて下さいました。

    竹田有里記者は茨城県坂東市のソメノグリーンファームよりレポート。

    yuri20171122.jpg

    茨城県輸出米生産者協議会を設立し、去年、8人の仲間でアメリカ・カリフォルニア州に60トンのコメを輸出したという染野実さんに話を聞きました。
    染野さんは「カリフォルニアなら敵はいないということで思い切った」「今年は300トンを確保し、どんどん欲しいと1000トンのオファーをもらっている」とお話してくださいました。

    yuri20171122-2.jpg
    美味しいご飯を頂いて、嬉しそうな竹田記者。


    『きょうのナマチュウ』のテーマは、「お宅は大丈夫ですか?」。

    今日が「いい夫婦の日」ということで、結婚している方に向けた企画をお届けしました。

    スタジオでは、明治安田生命保険が「いい夫婦の日」にちなんで行ったアンケート調査を紹介。

    「生まれ変わっても、もう一度、同じ相手と結婚したい」と答えた人の割合は46.7%。
    夫の53%が「同じ相手と結婚したい」と答えたのに対し、妻は40%と夫と妻で大きな差があることは興味深い結果でした。

    細木美知代記者はスタジオで「いい夫婦の日」にちなんだ催しを紹介。

    埼玉高速鉄道はペア1日乗車券の販売を今日から開始。
    赤羽岩淵―浦和美園間を何度も乗り降りでき、通常の1日乗車券より1人あたり200円安くなるということです。
    また、既婚者である細木記者は自らの家庭に関して、「感謝することがあったら、『ありがとう』と必ず言うというルールを実践している」と細木家のルールを教えてくれました。

    saki20171122 (3).jpg

    西村志野記者は、夫婦がハッピーに共存できる道を指南している組織「全国亭主関白協会」を紹介。

    「亭主関白」とは、妻をちやほやともてなし補佐する役目だと、「亭主関白」の真の意味を説明したうえで、「亭主関白」の実力を検証する「関白検定」の問題を出題してくれました。

    saki20171122 (4).jpg
    電話を繋いで話を聞いたのは、「全国亭主関白協会」の天野周一会長。

    夫婦円満の秘訣「非勝三原則」「夫婦うるおす三原則」とは何なのかを説明するだけでなく、妻側から見た夫婦円満の秘訣として、「妻はどんどん亭主を尻に敷いていい。ただし、子どもの前では夫を立てる」というお話をしてくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは「ジンバブエの元側近が大統領就任へ」というニュース。

    このニュースをきっかけに、話は、辞任に追い込まれたムガベ前大統領の妻、グレース夫人の人物像へ。
    グレース夫人は浪費家で、パリに旅行したときには1回で1000万円以上の買い物をするなど、ブランド品を買い漁っていたことなどから、国民からは「グッチ・グレース」と呼ばれていたといいます。

    グレース夫人の振る舞いを「いい夫婦の日」とつなげて、「いい夫婦であり続けるためにはあまり変わり続けないことがいい」という教訓が感じられる、とも話してくれました。

    国籍や人種にかかわらず、「いい夫婦」であり続けることは難しいのかもしれませんね。

    saki20171122 (8).jpg


    水曜コメンテーター、堀口ミイナさんによる今日の『オピニオン』のテーマは「コンビニから成人雑誌が消える日」。

    ミニストップが来年1月から全国すべての店舗で成人向け雑誌の販売を中止する、というニュースを取り上げ、「これからどんどん観光客が増えるので、社会的な良い取り組み。
    他にも真似をしたいというお店も増えてくるのでは」と語ろ下ろしてくださいました。

    saki20171122 (7).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』飯塚治アナウンサーが取り上げたのは、「2018年シーズンも現役続行!レジェンド 松井稼頭央選手の決断!」

    日米通算25年目を迎える松井稼頭央選手。15年ぶりに古巣 西武ライオンズに復帰が決まりました。

    先日17日に行われた会見での声、現役で野球が出来ることへの喜びと身が引き締まる思いだと語っていました。また背番号7番を身に着けての来シーズン、楽しみですね!

    saki20171122 (9).jpg


    『ニュースパレードアネックス』 学校法人「森友学園」に大阪府豊中市の国有地がごみ撤去費用として、およそ8億円値引きされて売却された問題で、国が見積もったごみの処分量が過大だったと、今日、会計検査院が結論付けました。

    これまでの流れと今回の調査の結果を、会計検査院の出した報告書をもとに伝えてくれたのは、記者レクチャーに出席した石森則和記者。
    今回、売却価格の妥当性に疑問を投げかける結果となったことで、政府側は新たな説明が求められることとなりそうだということです。

    saki20171122 (1).JPG

    ↑番組終了後、戻ってきた石森記者。



    水曜の「世の中SAKIDORI」は、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』。

    今日は、マンハッタンのビジネスマンを中心に注目されている「3つのC」と呼ばれるメンタルトレーニングについて、お話をしてくれました。

    1つ目のCは「control」。

    自分がコントロールできることだけに意識を集中させること。
    2つ目のCは「commitment」。
    何かに関わるという意味で、普段の生活から何でも積極的に参加することが大事。
    3つ目のCは「challenge」。
    チャレンジ精神によってストレスホルモンが出にくくなる。
    これら3つのCによって、逆境に負けず、バリバリ頑張れて、鬱病も予防できるということでした。


    【今日の1曲】トモエ学園/福山雅治

  • 第167回:北朝鮮をテロ支援国家に再指定

    今日は、一美キャスターもコメンテーターの石田純一さんも喉の調子がおもわしくなく、珍しくかすれ声での放送。リスナーの皆さんからは「喉にいいもの」のアドバイスもたくさん頂戴しました。ありがとうございました!


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    今日は、アメリカのトランプ大統領が北朝鮮を再びテロ支援国家に指定する意向を表明したことについて。

    まずは9年ぶりの再指定の背景を、佐藤圭一記者が解説してくれました。追加制裁を受けての北朝鮮の新たな挑発行動も心配されます。

    サキドリ2017ー1121 (4).jpg
    お電話を繋いだのは国際ジャーナリストの春名幹男さん。

    「トランプさんはずっと以前から「テロ支援国家に再指定したい」という姿勢を示していた。中国の特使の訪朝が何の成果もなく終わったことで、このタイミングになったと思う。今後、どのような新しい制裁が実行されるのかが注目。安倍さんの言う最大限の圧力とは何なのか分からないが、来年にかけて危険な状態になるのではないか。」とお話して下さいました。


    『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、カラスの鳴き声を使ったカラス撃退作戦!

    西村志野記者が池袋で街の人たちのカラス対策について聞きました。カラスに襲われたことがあるという、お散歩中のお母さんのお話では、「連係プレーで食べ物を狙ってきた!」とのこと。頭がいいですね。

    sino2017-1121.jpg

    今回のカラスの鳴き声を使った誘導作戦について、動物行動学が専門の総合研究大学院大学 塚原直樹 助教にどのような実験をされたのか具体的にお話を伺いました。
    カラス研究を始めて15年で2000以上の鳴き声を収集し、犯罪捜査で使われる声紋を視覚化する方法で研究。その結果、少なくとも40種類は「カラス語」があると分かったのだそう。

    "カラスの天敵である猛禽類と戦う鳴き声から、ねぐらに帰るときの平和的な声へ"というストーリー仕立てで誘導に成功。人間にとって必要が無い生き物を「駆除」するのではなく、言葉を使って「誘導」という塚原教授の優しい取り組みでした。



    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、『「乳がんでも働きたい」民間調査で男女の意識に差』というニュースを取り上げました。

    「もし乳がんになっても仕事を続けたい」と望む女性は61.2%に上り、男性では反対に「仕事を続けてほしくない」「どちらかといえば続けてほしくない」は計31.4%に上る調査結果が明らかとなりました。

    「早期発見・早期治療が望ましい。毎日忙しくて自分のことを後回しにしがちだが、男女問わず検診を受けることは重要。」と真紀さん。

    サキドリ2017ー1121 (1).jpg


    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さんです。

    今日の『オピニオン』では「議論が深まらない国会」と題して、行われている代表質問の様子を見ていて肩透かしをくらったような印象を受けるとし、「本格的な議論が行われないようじゃ、国民が理解を深めることは難しい。きちんと熟した議論を!」と語り下ろして下さいました。
    サキドリ2017ー1121 (3).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』で高橋将市アナウンサーが取り上げたのは、今週末26日に開催される競馬のGⅠレース、第37回ジャパンカップについて。

    馬主が演歌界の大御所、北島三郎さんだということでも有名なキタサンブラックが、ジャパンカップ連覇を狙います。体調不良で「まつり」の歌唱は控えていた北島さんですが、今週末、キタサンブラックが連覇をすれば久しぶりに「まつり」が聴けるかもしれません!

    スポ20171121.JPG


    『ニュースパレードアネックス』 東京都庁では今日、使わなくなったパソコンや携帯電話などから取り出した金属でオリンピックやパラリンピックのメダルを作ろうと呼びかけるイベントが開かれました。取材した伊藤佳子記者によると、今までメダルの一部にリサイクル金属が使われていたことはあったものの、全てをこのリサイクル金属だけで作るというのは初めての試みとのこと。

    金銀銅のメダル合わせて5千個分にはまだまだ足りないということで、「回収に協力を!」と訴える小池都知事の声、北島康介さんの声をお聞きいただきました。

    サキドリ2017ー1121 (2).jpg



    【今日の1曲】白い雪まいおりた/大江千里

  • 第166回:育児を取り巻くさまざまな問題

    強い寒気の影響で、11月とは思えない寒さになりましたね。写真は放送終了後のスタジオの気温系。明日は、20日より気温が上がる見込みとのことですが、それでもこの時期としてはかなり寒いようです。体調管理にお気を付けください!



    『ニュースオフサイド』、テーマは「横綱 日馬富士の暴行事件、貴乃花親方への批判強まる。」

    まずスタジオでは佐藤圭一記者が、貴乃花親方の一連の動きを整理して伝えてくれました。被害届け提出を2週間以上も相撲協会に伝えていない点、2通ある診断書の存在、また本場所二日目に出された理由が不明な点、貴乃花親方の行動には不可解なことが多く見られます。

    サキドリー20171120 (3).JPG

    テレビ朝日系「大相撲ダイジェスト」など、大相撲の取材や実況にたずさわってきた相撲キャスターの銅谷志朗さんは「貴乃花親方が何を考えてこのような行動に出たのかはっきり分からない。相撲協会に対して報告義務を怠っているということになるが、自分が貴ノ岩の親代わりという気持ちがあるのではないか。」とお話して下さいました。

    事情聴取の内容、そして、このような事件に発展してしまったきっかけなど詳しく伺ったのは、相撲取材歴30年の横野レイコさん。「ビール瓶ではないという話になってきたが殴ったことに変わりはない。調査の結果次第だが、非常に重い処分は避けられないのではないか。」とのこと。


    『きょうのナマチュウ』では、 男性の育児休業取得率、どうすればアップするのかについて考えました。

    西村志野記者は品川で、街の人にインタビュー!街の声としては、「周りがとっていれば...」「取ると出世が遅れそう」「そういう空気じゃない」など、取りたくても取りにくいというのが本音のようですね。

    sino20171120.jpg

    お電話を繋いだのは、育休取得率の増加や、育児に理解がある上司を増やそうという「イクボスプロジェクト」などに取り組んでいるNPO法人ファザーリングジャパンの代表理事、安藤哲也さん。「男性の休みづらい職場文化と育児は女性がやるものという意識が育休率が向上しない理由。働き方改革もありますし、今後も男性女性問わず育児をしながら働くということを応援していきたい。」とお話して下さいました。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは「ベビーシッター需要急増」というニュース。
    出産後も働く女性が増える中、ベビーシッターの需要が高まっており、保育士と同様に人手不足が表面化、一部ではシッターの取り合いも起きているといいます。
    河合薫さんは、過去に子供たちの学力テストの結果が低かった沖縄や大阪の取り組みも聞かせてくれました。

    サキドリー20171120 (4).JPG

    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さんによる今日の『オピニオン』では、Twitterで話題の「#子育て政策おかしくないですか」を紹介。

    このハッシュタグで語られている、本当に解決してほしいことは教育無償化ではなく待機児童問題であるという本音を取り上げ、1970年代のアメリカの研究結果からも、6歳までの教育で子供が大人たちに手厚いケアを受けることは、40年後、社会を支える«生きる力»を育てられるか否かにも影響が出てくるというお話をして下さいました。



    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎アナウンサーです。今日は、スピードスケートW杯第二戦での小平奈緒選手の活躍の秘密について、熱く語ってくれました。今後、第三戦・第四戦と高地でのレースが続くということで、まだまだ好記録が期待できそうですね!

    サキドリー20171120 (5).JPG



    『ニュースパレードアネックス』 座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、警視庁は今日、すでに死体遺棄容疑の疑いで逮捕されている白石隆浩容疑者を殺人の疑いで再逮捕しました。 警視庁から、吉田涙子記者がこれまでの捜査で分かったこと、殺人の動機に関しては「話しません」と黙秘をしていることなどを伝えてくれました。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』で取り上げたのは、 NHK紅白歌合戦出場歌手決定の裏事情について。

    「今年はサプライズが無い...なんて書き立てられてしまっているけれど、まだギリギリまでNHKさんは諦めてないと言っていますし、私はあの人とあの人はあり得るんじゃないかな~と思う。」と、放送作家ならではの目線で、お話して下さいました。

    サキドリー20171120 (1).JPG


    【今日の1曲】クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって/クレイジーケンバンド

  • 第165回:所信表明演説を受けて

    『ニュースオフサイド』は、総選挙後初となる安倍総理の所信表明演説を取り上げました。
    少子高齢化の克服に向け、幼児教育の無償化を強く訴えた形となった今回の所信表明、野党では「芯がない」とした印象を受けており、今後どのような具体的策を講じていくのかがポイントとなりそうです。
    そして、注目された憲法改正については控えめなトーンでの発言となりました。



    『きょうのナマチュウ』は、日馬富士の暴力事件。
    モンゴル人力士と親しい、自民党・東京都議で相撲評論家の川松信一朗さんにお話を伺うと「貴ノ岩が挑発的な言葉を使ったという報道には違和感。縦の関係がしっかりしているし、横綱に対して挑発は想像しがたい」とコメント。当事者からの発言がないことや、2種類の診断書にも様々な憶測が飛び、広がりを見せています。
    相撲レポーターの横野レイコさんによると「皆の手本となるべき横綱のこのような事件、責任は重いと思う。軽くて何場所かの休場、重くて引退だろう」と今後の予想もして頂きました。
    20171117_2.JPG
    日馬富士が所属する伊勢ヶ濱部屋では、長年世話人を務める方や女将さんなど多くの方が心配していると佐藤記者の取材で周辺の声を聞くことができました。


    20171117_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「接客業務 74%が客から迷惑行為」。
    産業別労働組合「UAゼンセン」が客からの迷惑行為を調査した結果、74%が被害にあったことがあると分かりました。50%が近年迷惑行為は増えているとし、中には迷惑行為により精神疾患にかかった方もいるそうです。
    対策として、電話録音や防犯カメラがあるところで対応するなど、益々の対策が求められます。



    20171117_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「野党の質問時間削減なんかおやめなさい!」。
    国会の質問時間について、現在は与党と野党の割合が2:8となっています。しかし、これに対して自民党が「5:5にしろ!」と主張していることについて、自民党が野党のときに民主党に対して「2:8にしろ」と言ったことなのに、政権が変わったらを変えろとはわがままではないかと発言。



    20171117_5.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが伝えたのは「スピードスケート ショートトラック」。
    トラックの1周は111.12m、コーナーも急でテクニックが求められるため最後までハラハラするのがショートトラックのいいところです。正式種目となったのは1992年とまだ歴史が浅いですが、現在の注目選手など、見どころをたっぷりと紹介しました。


    20171117_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、nippon.comの編集部、アメリカ出身のピーター・ダーフィーさんにお越し頂き、「山火事により日本人の大事な足跡がひとつ失われてしまった」というお話を伺いました。
    今年、カリフォルニアで行った山火事で、100年以上日本と関わりのあるワイナリー「パラダイスリッジ」が焼失しました。日本人の長澤鼎さんが作り上げた伝説のワイナリー、その歴史や長澤さんの人柄などを紹介して頂きました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 社会文化情報部 編集部長の加藤広榮さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●次から次へと出て来る貴乃花親方のウソ
    ●元山一社員が語る第二の人生
    ●紅白歌合戦出場歌手決定の舞台裏


    【今日の1曲】 愛について / スガシカオ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第164回:お魚、食べてますか?

    『ニュースオフサイド』は「高齢者施設で虐待殺人。家族を守るためには」。

    東京・中野区の老人ホームで起きた虐待殺人を取り上げ、高齢者施設で虐待が相次ぐ背景と、家族が虐待に遭わないための方法を探りました。

    高齢者施設で虐待が相次ぐ背景について、お話を聞いたのは、介護現場に詳しい淑徳大学の結城康博教授。
    深刻な人手不足で介護に向いていない人が介護現場で働いていること、施設で働く場合には資格がいらないことなどを問題として挙げてくださいました。

    家族が虐待の被害者になるのを防ぐために知っておきたいのが、「高齢者施設の選び方」。
    そこで、高齢者施設の選び方についてお話を聞いたのが、高齢者の虐待防止のための活動を行っているNPO法人「となりのかいご」の川内潤代表。

    となりのかいごでは「よりよい老人ホームの選び方5か条」をまとめていて、それが「すぐ入居できます、は疑う」「家族が昼食を食べに行く」「職員の離職率を」「月額料金は総額を聞く」「看取りケアをやっているか聞く」の5つという話をそれぞれの詳細とともにお話をしてくれました。


    今日の『ナマチュウ』は「最近、魚、食べてますか?」と題して、まずは、今日から日比谷公園で開かれている、全国の魚介料理が味わえる大規模なイベント「ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2017」の会場から西村志野記者がレポート。

    「ありがとうございます」という第一声から始まり、終始テンションが高かった西村記者。
    いくらの価格が高騰する中、「こぼれいくら丼」(並3800円)を堪能し、ご満悦でした。

    namatyuu20171116.jpg

    こうしたイベントが盛り上がる一方、日本人の魚離れが進んでいるということで、細木美知代記者は銀座で「週に何回、魚を食べているか」を調査。
    20人に話を聞き、「週1~2回」という意見が多く「調理や後片付けが面倒」「子供が魚嫌いで好みに合わせると肉になってしまう」といった声を伝えてくれました。

    ではなぜ、日本人は魚を食べなくなったのか?

    水産庁長官が任命する「お魚語り部」で料理研究家・料理講師の川端寿美香さんは、理由として「30代ぐらいからの親が魚から肉へ変わっていく世代」であることを挙げ、「まずは親が魚を食べないと子供も食べない」と指摘されていました。


    サキドリ2017ー1116 (3).jpg

    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、 「メルカリ使い、違法融資 現金販売偽装、女ら逮捕」というニュースを取り上げました。

    現金を出品し、額面より高い価格で販売したのは違法な金利を得る出資法違反にあたるとして、男女4人が各地の警察に一斉に逮捕されました。メルカリでの現金の売買をめぐって出品者が逮捕されるのは初めてです。

    サキドリ2017ー1116 (4).jpg

    メルカリを利用して、出品されていたシャンプーを購入したことがあるという西川サブキャスターは、「直接、出品者に個人情報が分かってしまうのがちょっと怖いなと感じた。」と話していました。

    サキドリ2017ー1116 (5).jpg

    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「頭のよさとは何か」。

    日本人は頭のよさを肩書や学歴で判断してしまうけれども、それは今現在の頭のよさとは関係なく、頭のよさは学歴以降も変わる、というお話をして下さいました。

    「頭のよさ」のお話。
    詳しくは和田さんの新著『新・頭のよくなる本 心が脳をコントロールする』(新講社)に書かれていますので、興味を持たれた方はぜひご一読ください。

    『新・頭のよくなる本 心が脳をコントロールする』(新講社)



    サキドリ2017ー1116 (1).jpg
    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太 アナウンサーが取り上げたのは、今日から4日間、東京ドームで行われる「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」。 相手チームの韓国について、韓国プロ野球の語り部 室井昌也さんにお話を伺いました。

    3年後の東京オリンピックに向けて両チームとも熱くなる戦いというのは同じ、それにプラスして韓国チームは来年のアジア大会で結果を出すことで兵役免除がかかる選手もいるのだとか。


    サキドリ2017ー1116 (2).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 のテーマは「すい臓がんに理解を」!

    11月は「すい臓がん啓発月間」です。さらに今日16日は「世界すい臓がんの日」ということで、早期発見が非常に難しく、直すのが難しいがんの筆頭にあげられるすい臓がん、日本では関心が低い現状や、日本唯一のすい臓がん患者団体【パンキャンジャパン】の石森恵美さんのお話をまじえつつ、石森則和記者がお伝えしました。


    加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』!

    今日は、ボジョレーヌーボー解禁日ということにもちなんで、ワイン界で今一番ホットな新しいワインを紹介してくれました。詳しくは、加納レポーターの「世の中SAKIDORI~最新 映画・本・お店情報~By 加納有沙」をご覧ください。

    DSCF0255.JPG



    【今日の1曲】俺たちの明/エレファントカシマシ

  • 第163回:変化する働き方

    『ニュースオフサイド』では、政府が今年度末をめどに打ち出そうとしている「副業の解禁」を取り上げました。

    細木美知代記者はスタジオで「現在、8割を超える企業で副業が原則禁止されている」と副業の現状などを解説。

    さらに、有楽町で街の声を聞き、副業解禁されたら、「お金を稼ぎたい」というとっても現実的な意見を紹介してくれました。

    電話を繋ぎ、話を聞いたのは、副業を早くから認めてきたソフトウエア開発会社サイボウズの青野慶久社長と、労働問題に詳しい和光大学の竹信三恵子教授。

    青野社長は「働きすぎは気にしないといけない。サイボウズでは週3日、4日など好きな配分で働いてもらっている」と副業の懸念材料を、竹信教授は「『副業死』が出てくるかもしれない。短い労働が積み重なって、意識しないうちに長時間労働になり、疲労が蓄積する」と副業のデメリットを、それぞれお話してくれました。



    今日の『ナマチュウ』は「清潔、省エネ、機能的...トイレの未来」。

    東京ビッグサイトで今日から始まった、公共施設や商業施設向けの最新のトイレを展示する催し「トイレ産業展」を取り上げました。

    ナマチュウ2017ー1115.jpg

    西村志野記者は、東京ビッグサイトの会場からレポート。

    日本のトイレ協会の佐竹明雄さんにインタビューしながら、さまざまな最新のトイレを紹介してくれました。


    竹田有里記者は、トイレ産業展と同じく、東京ビッグサイトでスタートした展示会「ジャパンホームショー」を紹介。「住まいに関する建材・部材・設備・サービスが一堂に会する日本最大規模の専門展示会」で、日本だけでなく海外からも500を超える企業が参加していて、竹田記者は「免震・耐震がウリの企業が目を引いた」と伝えてくれました。

    サキドリー20171115 (8).JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターがピックアップしたのは、アメリカでマイクロチップが埋め込まれた世界初のデジタル薬が承認された、というニュース。

    統合失調症の治療などに使われる抗精神病薬で、服用すると信号を発して、体に貼り付けた検出器で薬を飲んだことを記録でき、飲み忘れや飲み過ぎなどが防止できるのだと言います。

    スタジオでは「薬に埋め込まれたマイクロチップがちゃんと排出されるのかという話題で盛り上がりました。

    サキドリー20171115 (3).JPG


    水曜コメンテーターの堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「これからくるかも!?サンタバーバラ」。

    堀口さんが「これからくる」とおすすめする旅行先が、アメリカ・カリフォルニア州南部のサンタバーバラ。

    整ったきれいな街づくりが素晴らしいと絶賛したうえで、その背景には1925年の大地震があり、地震の後、スペインのアンダルシア風に再建した、というお話をしてくれました。

    サキドリー20171115 (5).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』、今日の担当は槙島範彦アナウンサー。

    今シーズンのプロ野球を最後まで盛り上げた、横浜DeNAベイスターズの球団広報の方に電話をつなぎ、今年の総括や来シーズン以降の事業構想などについて話を聞きました。

    サキドリー20171115 (6).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 横田めぐみさん拉致から40年。 今日、横田滋さん、早紀江さん夫妻が自宅マンションで午前10時半から30分ほどの記者会見を行いました。

    会見を取材したのは石森則和記者。昨夜もめぐみさんの写真をなでながら「いつになったら帰って来られるんだろうね。」と話しかけたというご夫妻。早紀江さんは40年前の事件当時のこと、そして40年経った今現在思うことなどを語ったということです。

    サキドリー20171115 (1).JPG



    水曜の「世の中SAKIDORI」は、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』。

    今日は「心筋梗塞、脳卒中、糖尿病の予防ができて、頭もよくなる生活習慣」についてお話をしてくれました。

    座り続けると、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中になりやすいので、「座り込まない生活習慣」を身につけることが大事。
    たかよし先生のクリニックでは7年前から立って勉強することを指導しているということでした。

    デスクワークで1日中、座りっぱなしという方は、たまには立って、座り込まないことを習慣づけてみてはいかがでしょうか。



    【今日の1曲】TAKE ON ME/a-ha

  • 第162回:香害を知っていますか?

    リスナーの方からもお祝いのメールを頂戴していましたが、コメンテーターの石田純一さんの奥様 理子さんが、3人目のお子さんをご懐妊というおめでたいニュースがありましたね。

    ちょうど先週のこの番組が終わって、30分後に「解禁!」ということになっていたのだそう。「理子が自分の口で言いたいということだった。ごめんなさい~!」と石田さん。

    竹田さん20171114 (2).JPG

    『ニュースオフサイド』では、加計学園問題について。獣医学部新設が正式に認可され、これにより、来年4月の開学が正式に決まりました。

    お話を聞いた希望の党の今井雅人衆議院議員は「認可答申が出たこと自体も疑問に感じている。説明責任が果たされてからというのが当然。この問題に関して、野党それぞれが一致団結して真相究明をしたい。」

    さらに地元・愛媛県今治市の方にもお電話を繋ぎ、加計学園の校舎がどんどん出来上がっていくのをどう思われているのかなど伺うと「建ててるからしょうがないという気持ち。今治市は1300億円の赤字があるのに、その上にまた加計学園で赤字を出すつもりなのはどういうことなのか。」と怒りを露わにしました。



    『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、洗剤などの強い香りが原因で、頭痛やめまい、吐き気や咳、アレルギーといった体調不良を起こす「香害」。

    NPO法人化学物質過敏症支援センター 事務局長 広田しのぶさんによると、「洗濯物の香りでベランダに出られない。」「周りの洗濯物の香りが自分の洗濯物にくっつく。」など、最近多いのは柔軟剤や洗剤の香りの害だと言います。

    広田さんは「鼻の神経は、脳が外に飛び出したようなイメージ。ということは、香りでそれだけ脳が刺激を受けているということ。一旦、化学物質で過敏になってしまうと、天然の香りでも症状が出る人もいる。様々な症状で苦しんでいても全国的に専門医も少なく、まだまだ理解されない。」と危惧。


    西村志野記者は、新宿東口前で「香害」について街の人たちにインタビュー!

    妊娠中の方は特に香りが気になるという声や、香水、シャンプーなどの強烈な香りに困ったことがある、柑橘系は大丈夫だけどフローラル系はダメ!という声、柔軟剤が苦手という方もおおくいらっしゃいました。

    何でもそうですが、「過ぎたるは及ばざるがごとし!」ですね。

    ナマチュウ20171114.jpg



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』 では、「"だし活"に注目!」というお話。

    "だし活"とは、だしをしっかり取ることで、塩分を減らし健康長寿を目指すというもので、青森県が取り組んでいます。

    石田さんのお宅でも、奥様が"だし活"を実践しているそうで、「良いだし使ってるんだろうな~!!」と、盛り上がるスタジオでした。

    サキドリ20171114 (2).JPG


    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「それでも対話しかない」。
    13日に行われたASEAN首脳会議における、安倍総理の「北朝鮮との意味のある対話は期待できない」という発言を取り上げ、「軍事行動はあってはならないし、圧力は対話を引き出すものだと信じたい」、「今もこれからも対話を模索していってほしい」とお話をして下さいました。
    サキドリ20171114 (4).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』は松島茂アナウンサーが担当!
    明日、プロ野球・トライアウトが行われるのを受け、かつて阪神の選手で、2020年のトライアウトを受験し不合格...その後、猛勉強の末、プロ野球経験者としては初の公認会計士試験に合格した 奥村武博さんへのインタビュー音声をまじえてお送りしました。

    サキドリ20171114 (3).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 早くもクリスマスイルミネーションが見られるようになりました。 「新宿テラスシティ イルミネーション」が明日からの点灯を前いち早く、報道陣に公開されました。

    現地に居る伊藤佳子記者が「あいにくの雨になってしまったが、気持ちがあったかくなるベビーピンクのイルミネーション!隠れハートがそこかしこに隠されていて、探す楽しみも。」とレポート!明日から、2月22日まで楽しめます。



    【今日の1曲】それが大事/大事MANブラザーズバンド

  • 第161回:トランプ大統領のアジア歴訪から見えるもの

    こんばんは。

    今日の一枚は番組プロデューサーのお土産、レインボーロールケーキに沸くSAKIDORIメンバーです。週始めの月曜から、嬉しい差し入れで良いスタート。

    皆様、今週もSAKIDORIにお付き合いよろしくお願いいたします!



    まずは『ニュースオフサイド』 から。

    プレテストが始まった今日、2020年度で変わる大学入試。どのような対策が必要なのかサキドリしました。

    「2020年大学入試改革」に関する著書もある 清水克彦デスクが、「複雑化する国際情勢、社会情勢に対応するためには、従来のような知識の量だけ、問題を解くテクニックに優れているということだけでは通用しない世の中になってきた。そこにプラスして、AIの登場も。今までのテストの形式を新しいものに代えないとダメだということで、この入試改革となる。」と解説。

    サキドリ20171113 (6).jpg

    新たな入試が導入されるとなると、大学側もですが、高校の現場も対応が必要となりますよね。

    今日は、全国高校校長会の会長で東京都立西高等学校の宮本久也校長に、プレテストに関してや2020年入試について聞きました。まだまだ「分からないことだらけ」で、指導する側も手探りで準備を進めないと...とのこと。

    さらに 大学入試などに関する様々な調査に携わっているリクルート進学総研の小林浩所長は、新しく入る記述式の採点の基準、どのように短期間で早く採点できるか、大学にフィードバックできるのかが課題と見ていました。

    新たな入試では、一夜漬けや数か月の追い込みという技がきかなくなってきそうです。小学校の段階から、家族で色々なことを考える・判断する・表現するという機会を増やしていくことがポイントになりますね



    『きょうのナマチュウ』では、アメリカのトランプ大統領のアジア歴訪を振り返り、安倍総理大臣、トランプ大統領、そして中国の習近平国家主席の誰が得をしたのかを考えました。

    東京・大手町で西村志野記者がお話を聞いたのは、中国問題に詳しい産経新聞論説委員の山本秀也さん。

    結果、「得をしたのはトランプさん」という姜尚中さんのまとめとなりました。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「マイナンバー制度 本格運用開始」のニュースをお伝えしました。

    児童手当や生活保護の受給申請や公営住宅に入居する際の申し込みなど、今までは住民票の写しや課税証明書を紙で持って行かなければならなかったものが、マイナンバーカードがあれば手続きが出来るようになったということです。

    スタジオでは一つのカードで色んな情報が管理されてしまう不安についても考えました。

    サキドリ20171113 (8).jpg


    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「大量殺戮の謎」。

    以前、相模原市で19人が刺殺された事件現場を見、被害者の方にお会いしたという姜尚中さんが、今回の座間市の事件の容疑者の考え方がまるで見えてこないことを「のっぺらぼうのようだ。」と取り上げ、「これほど謎めいた事件で、世の中は理解不可能な容疑者について、なんらかの形に落とし込めたい、じゃないと不安だという気持ちがある。ただ、分からないものを分からないまま、最終的に『心の闇』と書くメディアは逃げだと思う。」とちくり。

    サキドリ20171113 (7).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦NHK杯で5位だった宮原知子選手の筋肉などの身体的な面以外にも、メンタル面での"変化"にもフォーカスして伝えてくれました。

    サキドリ20171113 (1).JPG



    『ニュースパレードアネックス』 一昨日、埼玉県草加市を流れる古綾瀬川がエメラルドグリーンに変色し、大量の魚が死んでいるのが確認されました。 取材した吉田涙子記者によると、化学製品の工場のタンクが破損し、塩化銅という薬品が流れたのが原因だそう。人体に影響はないということです。

    sakidori20171113.JPG



    放送作家・コラムニストの 山田美保子さんがお送りする『芸能アラカルト』!

    今日はお電話で年末の風物詩、「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」について、芸能目線からお話して下さいました。


    【今日の1曲】 Someday/倖田來未

  • 第160回:文部科学省が加計学園の認可を答申

    今日のサキドリは、座間の事件、被害者の実名報道を疑問視する一美さんの発言からスタート。

    『ニュースオフサイド』は、文部科学省の大学設置審議会が加計学園獣医学部の認可を答申したニュースを取り上げました。
    安倍総理の関与や、建設費用の負担、住宅地に近い場所で動物ウイルスを扱うことへの危険性など不透明さを残したままの開学になりそうですが、今治市を取材する吉田涙子記者によると「ここまで来たらもう開学でいいのでは」という声と「相談もなく水面下で進めるなんて腹が立つ」という賛否両論の声が聞かれました。
    20171110_2.jpg
    そして気になる建物の状況も写真を送ってくれました。それがこちら。ほぼ出来上がっているのが見てわかります。


    『きょうのナマチュウ』は、世界一の選手になるための第一歩を踏み出した日ハム・大谷翔平選手の話題。東京ドームホテルで行われた、球団の竹田社長と栗山監督の記者会見の模様をお伝えしました。
    気になる大谷選手の会見は、明日11月11日午前11から都内で行われます。大谷選手の背番号11を意識した日程なのか、「時間も11時11分なら面白い」とスタジオで盛り上がりつつ、どんな言葉でメジャーへの意気込みを語ってくれるのか期待が高まりました。



    20171110_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「ゴッホの絵に塗りこまれたバッタ発見」。
    なんと128年間も閉じ込められていたそうで、このバッタを取り除くか否かの話題に全員が「このままがいい!」とコメント。



    20171110_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「公約なんかおやめなさい!」。
    自民党の選挙公約で「2020年までに3歳から5歳までのすべての子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する」と掲げていたにも関わらず、認可外は対象外にする検討が行われているおり、「公約を軽視しすぎ!」と怒りをぶつけました。
    この公約を見て投票した人にとってはとんでもないことで、「やっぱり無理だからやめましょうではなく、どうやってやるかをもっと考えてほしい」と強く訴えました。




    20171110_5.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、長谷川太アナウンサーが明後日12日に行われる「さいたま国際マラソン」の見どころを紹介。
    記者会見の選手の声もたっぷりとお届けしました。


    20171110_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、nippon.comの編集部、ウクライナ出身のオニスチェンコさんが語る「軍記文学、軍記物語」。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●小池都知事、死んだふり
    ●株価2万3000円突破も、中小企業は倒産ラッシュ
    ●全国17万丁、猟銃の恐怖


    【今日の1曲】 いつか風になる日 / 元ちとせ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第159回:野口聡一さん、3回目の宇宙飛行

    今日の一枚は、3回目の宇宙飛行に臨む 野口総一さんの記者会見でのお姿。こちらについては、『きょうのナマチュウ』で特集しました。


    さて、今日『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、近頃、多発している危険な「あおり運転」トラブル。狙われた時にはどうするべきか?また自分が加害者にならないためにはどうすればいいか? 専門家のお話をまじえてお送りしました。

    まずお電話を繋いだのは、交通事故を専門とする調査会社「交通事故鑑定ラプター」の代表、中島博史さん。「自分の身を守る護身術と同じ考え方で、相手と距離をとる、近づかない。車をシェルター代わりに使って身を守り、車を蹴られるなどの行為があったらすぐに警察へ。」と、あおり運転の対処法をお話して下さいました。

    今後、ドライブレコーダーの購入を検討されている方は、後方も撮影できるタイプがオススメ!レコーダーであおり運転をされた証拠を撮影できる上、「撮影されている」と相手が分かれば、あおりをやめることも多いのだそうです。

    では逆に、自分が「あおる側」にならないための心得は?

    運転中の"怒り"に関する研究を行った、岩手大学教育学部の教授、藤井義久さんによると、「怒りやすいドライバーは全体的にベテラン。今まで事故を起こしたことのないような、運転に自信があるタイプ。もし、運転中に怒りを感じてしまいそうになったら、「まー、そういうこともあるよな」という考え方を。日ごろのストレスや欲求不満がイライラを招くので、音楽を聴いたり、ストレスを発散させて運転を。」とのことでした。

    他人事ではない「あおり運転」。リスナーの方のメールにもあったように「もしも自分の大事な人が同じようなことをされたら...」と考えて、大きな心で運転に臨むことも大事ですね。


    『きょうのナマチュウ』は「 野口総一さん、3回目の宇宙へ。」です。今日、JAXAの東京事務所で記者会見が行われました。会場から細木美知代記者が「ロマンのあるお話がたくさん!野口さん自身、50代になっても現役でいられるとは思わなかったと語り、高揚感・期待感が伝わる会見だった。」と会見の模様を伝えてくれました。


    さらに、日本の宇宙飛行士運用のトップで、JAXAの有人宇宙飛行士の運用管制ユニット、宇宙飛行士運用グループ長の阿部貴宏さんに、長期の宇宙滞在で宇宙飛行士に求められる能力、宇宙飛行士になりたい場合どうすればいいのかなどお話を伺いました。

    この年度末には、日本の有人宇宙開発について大きな国際会議が開かれる予定で、宇宙活動の領域が広がっていくそう。夢のあるお話の数々でしたね!



    『SAKIDORIニュースパレード』 清水克彦デスクが今日行われた米中首脳会談でどんな内容が協議されたのか?外交的な動き、北朝鮮への制裁強化についてなどをまとめて解説。

    「本当の意味で米中会談で何が話されたのかは、このあとベトナムで行われるAPECの首脳会議で明らかになるのでは?」と話してくれました。

    サキドリ20171109 (4).JPG


    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんの今日の『オピニオン』は、「黙っているとなめられる!」というお話。

    トランプ大統領と安倍総理大臣の仲の良さの演出はうまくいったが、本当の仲良しというのは困った時やつらい時に助けてくれることだと指摘。「日本が抱える問題は拉致問題だけではない。竹島の問題も放置されたまま。言うべきことは言わないとダメ!主張すべきことはしないと!」と語り下ろしてくださいました。
    サキドリ20171109 (3).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』長谷川太アナウンサーが取り上げたのは、今秋日曜に行われる「さいたま国際マラソン」。今回の大会では、選手のペースを調整しながら引っ張っていく役目の"ペースメーカー"をつけないことにしたのだそう。そもそもこの"ペースメーカー"とはいつ頃から始まったのかなど、興味深いお話をしてくれました。

    文化放送では、日曜日、「文化放送スポーツスペシャル 第3回さいたま国際マラソン大会実況中継」を、9時~12時(第1部) 12時~13時(第2部)と放送します。こちらもぜひお聴きください!

    サキドリ20171109 (1).JPG



    『ニュースパレードアネックス』 横浜市民病院がミナト横浜の有名料理店のシェフたちと協力し、「入院中にこそおいしいものを食べてほしい」という思いで研究開発を続け、ついにその第一弾が完成!

    発表会場から 西村志野記者がレポートを届けてくれました。

    アネックス20171109-1.jpg

    今日はこの発表共同会見と、感謝状贈呈式が行われました。

    アネックス20171109-2.jpg

    こちらが横浜元町のフランスレストラン「霧笛楼」と作り上げた、材料に野菜のみを使った超ヘルシーな病院食「スープ・ドゥ・レギューム」です。琥珀色に輝く美しさ。

    今月13日から、横浜市民病院で1日70食提供されることになっています。「香りも楽しんでもらいたい」ということで、ふたをした状態で運ばれるということでした。

    アネックス20171109-3.jpg



    加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』。

    11月11日といえば...チンアナゴの日なんだそう。(お恥ずかしながら初めて知りました。)

    今日はそんなチンアナゴの魅力をたっぷり味わうことが出来るイベントを紹介してくれました。詳しくは「世の中SAKIDORI~最新 映画・本・お店情報~By加納有沙」をチェック!!

    下の画像は、チンアナゴをイメージしたもの。

    サキドリ20171109 (2).JPG



    【今日の1曲】ズル休み/槇原敬之

  • 第158回:"希望"のあるお話

    こんばんは!
    今日のSAKIDORIでは、色々な意味での"希望"が持てそうなテーマを取り上げてお送りしました。


    まず『ニュースオフサイド』は「夜遊びが増えれば日本経済は潤うのか?」。


    日本を訪れる外国人が増え続ける中、 夕方から夜にかけての観光消費をどう伸ばしていくか、という新たな課題が浮上。 そこで今日は、夜遊びに伴う経済活動、 いわゆるナイトタイムエコノミーが日本経済を活性化するのか、その可能性を探りました。

    まず清水克彦デスクが、ナイトタイムエコノミーのポイントを解説。 訪日外国人は9月の時点で2000万人を突破したものの、 日本政策投資銀行などの調査では 「終電早すぎ」「夜、文化や芸術を楽しめる場所がない」という声があるという お話でした。
    サキドリ20171108 (2).JPG

    『「夜遊び」の経済学』の著者で国際カジノ研究所の所長、木曽崇さんは、 ナイトタイムエコノミーがどの程度、プラスになるかはまだ分からないとしたうえで、 「夜に提供されるコンテンツの話にばかり目がいくが、 ガイドラインをきちんと整備して、近隣住民の不安をなくすことが重要」と ナイトタイムエコノミーが効果を生み出すために必要なことをお話してくれました。

    弁護士で、自民党のナイトタイムエコノミー議連に対して 中心的にアドバイザーを務めている斎藤貴弘さんは、 ナイトタイムエコノミー議連でこれまでどんな話し合いがされてきたのかを説明。 夜、ダンスというとナイトクラブっていうのが出てくるけれど、 そうではなくて、もっと新しい遊び方、 夜間観光やエンターテイメントについて考えているとのことでした。



    『きょうのナマチュウ』は、「希望」のある話の2本立て。

    1本目は、きょう告示され、大串博志さんと玉木雄一郎さんが立候補した、「希望の党」の共同代表を選ぶ選挙に注目。

    候補者による共同記者会見を取材した細木美知代記者は、共同代表選挙のやり方を説明したうえで、「印象的だったのは二人とも爽やかな笑顔で会見に臨んでいたこと。それぞれ5分ずつ考えを述べたのち、質疑応答に。」とおよそ1時間ほどの会見の様子を伝えてくれました。

    投開票は明後日10日ということです。

    サキドリ20171108 (4).JPG

    2本目は、アマゾン・ジャパンが発表した、AIを搭載したスピーカー型の端末「Alexa」を取り上げました。

    nama20171108.jpg

    記者発表を取材したのは、西村志野記者。

    Alexaは人間が話したことを理解して動き、話せば話すほど学習して進化。固いお返事だけでなく、なんと「Alexa、おやじギャグを言って」と話しかけると、「バスガイドを乗せてバスが移動」と返すというユーモアも!

    西村記者もデモ体験!「radikoを開いて、文化放送をつけて。」簡単にradikoを聴くことが出来ました!

    nama20171108-2.jpg


    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターがピックアップしたのは、「病気や障害のある子供が利用するバギー型と呼ばれる車いすを知ってもらおうと、母親らが啓発に乗り出している」というニュース。

    外見が似ているためベビーカーと間違われ、介助が受けられなかったり、心ない言葉を掛けられたりするなどと、バギー型の車いすをめぐる問題を紹介してくれました。

    サキドリ20171108 (5).JPG



    水曜コメンテーターは、堀口ミイナさん。
    今日の『オピニオン』のテーマは「イバンカさん、あなたは好きですか?」。
    アメリカのトランプ大統領の長女、イバンカさんの、5月に出版された本を読んだというミイナさん。
    大部分の女性が抱える問題をざっくりと取り上げていて、チープな印象。「本当に分かってるの?」と疑問視してしまう、と語りおろしてくれました。

    サキドリ20171108 (3).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』今日も担当は松島茂アナウンサーです。

    取り上げたのは、4日後に迫った「第3回 さいたま国際マラソン」のお話。実は昨年、一美キャスターもこの大会に参加していました。松島アナの話を聞いて、アップダウンの激しいコースのことを思い出しながら、「また挑戦したいけど、今年は無理!と思って諦めた!」と話す一美キャスターでした。

    サキドリ20171108 (1).JPG



    『ニュースパレードアネックス』特別国会の開会式がきょう午後、天皇陛下を参議院本会議場にお迎えして行われました。

    国会から 石森則和記者がお伝えしました。



    医学博士の吉田たかよし先生がお送りする『SAKIDORIクリニック』

    先日『ニュースオフサイド』でも特集した、インフルエンザワクチンの不足で大騒動!というお話でした。

    分かりやすく、永野サブキャスターがまとめてくれていますので、ぜひ今日の「column~記者たちのオフマイク~」もご覧ください!


    【今日の1曲】ロウソクの灯が消えるまで/川村結花

  • 第157回:

    今日の一枚は、サービスショット!竹田サブキャスターの"ウィンク"です。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』 ! 昨日、経営破たんした格安旅行会社「てるみくらぶ」の債権者集会が行われました。

    まずお話を伺ったのは、この集会に出席された被害者の方、都内在住の小林さんです。小林さんはGWに奥様と3泊4日の台湾旅行を計画、「申し込んでから入金期限が3日くらいしかなかった。かなり急いでいるなという印象。お金の損失もさることながら、楽しみにしていた旅行が行けなくなった落胆は大きかった。」とお話して下さいました。

    今後、旅行代金はどれくらい弁済されるのでしょうか?

    永野景子記者が日本旅行業協会(JATA)に取材しました。結論から言うと、全体の数字が出ていない現時点ではまだ弁済されるはっきりとした数字は出ないのだそうです。JATAの弁済制度で「てるみくらぶ」に支払われる金額は1億2000万円というのは決まっており、全体の金額が出て初めて、パーセンテージが分かるということでした。

    JATAは書類の審査を急いで進めており、出来れば年内に被害者の方への通知並びに弁済をとのこと。今回のような例は特異で、これによって旅行業界全体の印象が悪くなるのではないかと危惧されます。

    20171107164013_save.jpg



    『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、「自治体が縁結び!力を入れる婚活支援」です。

    今月2日にも、都庁展望台で婚活イベントが開催されました。 東京都とワイドコラボ協定を結んで、婚活イベントを主催した第一生命保険 首都圏マーケット営業部 堅木健太さんにお電話を繋ぎました。地域に根付いた、自治体とのコラボレーションでの社会貢献に力を入れている第一生命。

    今回の婚活イベントでは、アラサー世代の男女合わせて295名が参加。参加料も1人1000円ととってもリーズナブル!2時間のイベントで、14組のカップルが誕生したとのことでした。

    次回開催についてはまだ未定ではありますが「今年度中にもう1回くらい...」、これには竹田サブキャスターも食いつき気味でした。

    DSCF9913.JPG

    かわって、群馬県にも注目!実は結婚・子育て応援のウェブサイトが充実しているんです。

    群馬県子ども未来部少子化対策係 近藤めぐみさんに、「ぐんま赤い糸プロジェクト」と「ぐんま縁結びネットワーク」のお話を伺いました。

    出会いの場、婚活イベントだけでなく、結婚の先にある赤ちゃんとの生活を想像するためのイベントなどを提供する「ぐんま赤い糸プロジェクト」、昔ながらの世話焼きおばさんを復活させる形で、縁結びの世話人さんに活動してもらう「ぐんま縁結びネットワーク」。実際に結婚されている方からの報告も多数届いているそうです!


    表参道ヒルズ前で、街の声を聞いた西村志野記者。西村記者自身も「今日は婚活について勉強しようと、前のめりで聞いた」と話していましたね(^^)

    ナマチュウ2017ー1107.jpg




    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』 では、「自動車のナンバープレート、41地域で図柄ナンバー導入」というニュースを取り上げました。

    地域の特産、あるいは代表するもののイラストをあしらったナンバープレートを来年の10月から交付するとのこと。

    スタジオでは、「鳥取は梨・砂丘」「宮城は伊達政宗のシルエット」など、今のところどんな案が出ているのか真紀さんが紹介してくれました。

    サキドリ2017ー1107 (2).jpg


    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「トランプ訪日が残したもの」。よく話題になる安倍総理大臣とトランプ大統領の仲の良さについては良いことだとしつつも、北朝鮮に対しての「日米での完全一致」の強硬姿勢の怖さというものを指摘、「まずは日本の国民、健康、財産を第一に考えて、安倍総理にはそこはきちんとした態度を示してほしい。」とお話して下さいました。

    サキドリ2017ー1107 (5).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』今日は松島茂アナウンサーが、全日本大学駅伝で20年ぶりの優勝を飾った神奈川大学の絶対的エース!優勝のゴールテープを切った4年生・鈴木健吾選手について、インタビュー音声をまじえて伝えてくれました。

    シーズンの締めとなる箱根駅伝で優勝したあかつきには、大後監督の胴上げ解禁も!?

    サキドリ2017ー1107 (3).jpg



    『ニュースパレードアネックス』横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから、今月15日で40年。

    昨日、11月6日から新宿駅・西口広場で「めぐみちゃんと家族のメッセージ」と題した写真展が開かれています。

    昨日、今日と見に行った一美キャスター。なかでもめぐみさんの小学校4年生当時の徒競走のお写真が心に残ったそう。

    今日はめぐみさんの母親の横田早紀江さんのお姿も。写真展は今月12日までです。

    サキドリ2017ー1107 (4).jpg

    【今日の1曲】ウィンクでさようなら/沢田研二

  • 第156回:日米首脳会談

    三連休明けのSAKIDORI!もお聴きくださいまして、ありがとうございました!

    一美キャスターは週末、トランプ大統領来日で大規模な交通規制がされていることをすっかり忘れて、首都高に乗ってしまったそう。ただ、時間帯が外れていたので車がいなくてスイスイ運転できたと話していましたね。


    『ニュースオフサイド』は、およそ2時間にわたって行われた日米首脳会談について。

    予定より20分ほど遅れて始まった共同記者会見の音声をお聴き頂きながら、清水克彦デスクが、安倍総理大臣・トランプ大統領の会見でのそれぞれの発言をまとめ、その模様から窺い知れる日米の結束などを解説。

    サキドリ20171106 (1).JPG

    政治や外交に詳しいインサイドライン編集長の歳川隆雄さんは、焦点となる北朝鮮に関してや貿易赤字問題などポイントを整理してお話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』 は「座間の事件の続報」と「東京・築地市場の移転時期」の2本立て。

    まずはナマチュウその①。座間市の事件。身元の確認はどこまで進み、新たな情報は出てきているのか、 警視庁記者クラブから、警視庁キャップの 新岡瑞佳記者がまとめて伝えてくれました。

    被害者のうち一人の身元確認がされたものの、一部の遺体の傷みが激しく、捜査はかなり慎重に進められているとのこと。

    サキドリ20171106 (2).JPG

    ナマチュウその②では、築地市場の豊洲への移転時期の問題を取り上げました。

    今日開かれた東京都と業界団体との新市場建設協議会を取材した西村志野記者のレポートによると、45分ほどで終わった今日の協議会では具体的な移転日は今日は発表されず、今週金曜の10日に再び開かれる協議会で正式決定になることになったそう。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』

    今日取り上げたのは、「保護者意識調査 運動や芸術より勉強」という話題でした。

    我が子には「スポーツや芸術活動よりも、もっと勉強をしてほしい」と考える保護者が、8年前より10ポイント以上増えているとの調査結果をベネッセ教育総合研究所がまとめたというもの。

    勉強だけでなく習い事や部活動などでの経験が、その後の人生での考え方や気持ちに豊かさを与えてくれるのでは?という話になったスタジオでした。

    サキドリ20171106 (3).JPG



    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さんです。

    今日の『オピニオン』は、座間市の事件から「若者はどうして自殺したがるのか?」というテーマで語り下ろしてくださいました。

    自殺未遂にまで至ってしまう理由に貧困や格差問題、SNSの進歩を挙げ、人と面を合わせないでもコミュニケーションが取れる便利な時代になったが、人と五感でぶつかりあって寄り添いあうことで人間は心のひだを増やし、頭に顔が浮かぶ人がいることで生きる力が湧いてくるものだというお話でした。

    サキドリ20171106 (4).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』、月曜担当は砂山圭大郎アナウンサー。

    女子の平昌五輪代表枠・2枠が決まる12月末まで「しつこく取り上げます!」というフィギュアスケートのお話でした。

    先週末、グランプリシリーズ第3戦が北京で行われ、結果は樋口新葉選手が二位、三原舞依選手が四位、本田真凛選手が五位という結果に。

    サキドリ20171106 (5).JPG



    『ニュースパレードアネックス』で取り上げたのは、トランプ大統領と拉致被害者家族会の面会後、横田さんらが行った記者会見、どのような内容だったのか?

    取材した吉田涙子記者によると、家族会のメンバーそれぞれ一人一人が、トランプ大統領と会ってみての感想を述べ、一時間に及ぶ会見となったそうで「(トランプ大統領は)テレビとは感じが違った。何かやってくれるのではないか。」と皆、前向きな印象を語ったということでした。


    放送作家でコラムニストの 山田美保子さんがお送りする『芸能アラカルト』 !

    今日は、この週末話題が絶えなかった、稲垣吾郎さん、 草なぎ剛さん、 香取慎吾さんによる72時間生放送番組「72時間ホンネテレビ」を、放送作家の目線でも「いい勉強になった!すべてにおいて可能性を感じる番組だったと思う。」と振り返りました。

    芸能アラカルト20171106.JPG


    【今日の1曲】Oneway Generation/ 本田美奈子

  • 第155回:トランプ大統領、就任後初来日!

    『ニュースオフサイド』は、明後日5日に来日するトランプ大統領の話題。
    すでに東京都心は厳戒態勢。トランプ大統領の訪日スケジュールを紹介しながら、注目すべきポイントをサキドリしました。
    今回、トランプ大統領が食べるのはお寿司ではなく鉄板焼き!? 来日してすぐにプロゴルファー松山選手とのゴルフを楽しむなど、日米首脳会談のほかにも様々な予定が組まれています。
    荻原さんも、「ただ仲良くするだけでは困る」と首脳会談に向けてご意見を頂きました。



    『きょうのナマチュウ』は、浜祭会場からレポート。
    20171103_2.jpg
    細木記者は増上寺へ。様々なグッズが売られており、アナウンサーカレンダーやキューイチローのぬいぐるみが人気とのこと。サキドリも番組グッズの今治タオルを販売しましたが、なんとお昼頃に完売してしてしまいました! 嬉しい悲鳴!
    そして、ハマサイト会場からは佐藤記者がレポート。明るいうちからビールを飲んでる方も多く、賑やかな声が聞かれました。




    20171103_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「総務省調べ!人気の趣味・娯楽は?」。
    1位は「映画館以外での映画鑑賞」で、最近は若い女性を中心にインスタ映えを意識してか「写真撮影」が上位でした。荻原さんは、時間があれば釣りに行きたいそうです。



    20171103_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「カードローンなんておやめなさい!」。
    自己破産が2013年ぶりに増加。その原因は、なんと銀行のカードローン! マイナス金利の中、収益をあげるために銀行が貸し込みをしてるからなんだとか。銀行のカードローンと消費者金融の関係など、カードローンの仕組みをお話頂きました。




    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、元読売巨人軍の篠塚和典さんに「第4回 長嶋茂雄 少年野球教室」についてお話頂きました。
    この教室は、中畑清さん、松本匡史さん、角盈男さん、西本聖さん、定岡正二さん、篠塚和典さん、元木大介さんといった豪華メンバーが講師を務め、ミスターも実際に会場に登場! 東北支援の一環として東北の小学生も招待するなど、様々な想いが詰まった教室になりそうです。
    そして、今回は特別に! とてもレアな左手で書いた長嶋茂雄さんのサイン色紙をプレゼント致しました。
    20171103_6.JPG
    こちらがその色紙です。と、とても貴重ですね・・・!



    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集局長の谷定文さんに「どうした、日本の製造業~日産に続きスバルも無資格検査、神戸製鋼はデータ改ざん」と題してお話を伺いました。


    『世の中SAKIDORI』は、石森記者の「東京モーターショー2017」のレポートをお届けしました。


    【今日の1曲】 Love Love Love / Tristan Prettyman


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第154回:明日は浜祭

    明日はいよいよ「浜祭」です。お越しの方は、暑さ寒さの調整がきく服装で、めいっぱいお楽しみください!番組キャラクターのサキドリちゃんが可愛い今治タオルハンカチの販売もありますよ♪

    ちなみに、SAKIDORI!はもちろん明日も午後3時半から生放送です。サブキャスターはあの方が!聴いて下さいね。


    『ニュースオフサイド』は「40代"高齢ママ"が抱える悩み」。

    高齢出産が増える中、40代の"高齢ママ"たちが抱えている悩みに迫りました。

    当事者代表として話を聞いたのは、40代前半で一男一女を出産し、子育てに奮闘しつつ、育児エッセイ漫画「高齢母さん、年中無給」を連載中の漫画家、水玉ペリさん。

    40代高齢ママならではの悩みについて「体力がなくて走るだけで息切れする。」と率直な感想をお話して下さいました。水玉さんの漫画の中にでてきた「おばあちゃんと間違えられてしまった」「老眼で大変」など、読者の方から「分かります!!」という声も届くそうです。

    続いて、ネットを利用した「子育てシェア」を運営するアズママの代表 甲田恵子さんにもお話を伺いました。

    アズママの「子育てシェア」は、顔見知り同士が1時間500円というルールで気兼ねなく頼りあえるアプリで、すでに5万人が登録しているそう。

    「普通のお母さんがいざという時に子供を預けられない、保育園だけじゃなく、子供にとっても安心な知っている人に見てもらえる環境を整えることが必要」という想いから、この「子育てシェア」が生まれたといいます。

    一美キャスターも「こういう仕組みがある時代に子育て出来ていたら、ものすごく助かっていたと思う」と自らの子育てのことを振り返りました。



    『きょうのナマチュウ』 外国人技能実習制度に介護職を追加。 現場の声や専門家が指摘する問題点などを取り上げました。

    まずお電話を繋いだのは、EPA(経済連携協定)で2012年1月から奈良県天理市の特別養護老人ホームで働いているフィリピン人の介護福祉士、アン・カテリンさん。

    実際に働いてみて感じたことを伺うと「言葉の壁には苦労した。また、フィリピンでは介護施設の現場がないので、お話で聞いてはいたものの、現場に入ってみて感じる違いもあった。ホームシックなることも。」

    外国人技能実習制度に詳しい専門家の淑徳大学教授 結城康博さんは「外国人の方を単なる労働力不足を補うだけのものと考えず、しっかりと専門職に育てる意識を持たないとこの制度は良くならないと思う。たてまえと本音が見え隠れする。」とし、新たな制度の課題点などを示してくださいました。

    『SAKIDORIニュースパレード』 でお伝えしたのは、今日日程が発表となったラグビーW杯について。日程の発表会が行われている都内のホテルから西村志野記者がレポートしてくれました。

    一美キャスター「行きたいなぁ~!!」と大興奮でしたね。

    サキドリ20171102 (2).JPG



    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    今日の『オピニオン』では、元TBS記者の性的暴行の疑いが不起訴となったニュースを取り上げ、「だったらなぜ、法廷で戦わないのですか?」と題して語り下ろして下さいました。

    サキドリ20171102 (6).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』長谷川太アナウンサーが、今夜の解説・ 西本聖さんとともに今日行われる「日本シリーズ第5戦」についてお送りしました。


    『ニュースパレードアネックス』都庁で小池知事の定例会見が開かれました。豊洲市場への移転時期について、具体的な話は進んでいるのか? 都庁にいる岡田紀子記者によると「来年10月」という話が聞かれたとのこと。そのほかに、今後の見通しなど伝えてくれました。


    加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』!

    今日は明日いよいよ年に一度のお楽しみ「浜祭」ということで、浜松町だけでなく、東京タワーやスカイツリーまでを一望できるスポットからの中継でした。詳しくは、「世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By加納有沙」をご覧ください。

    夜景20171102.jpg


    【今日の1曲】宿無し/ 世良公則 & ツイスト

  • 第153回:第4次安倍内閣発足

    今日の一枚は、馳浩衆議院議員と。『斉藤一美のとんカツワイド』のレギュラーだったので、25年来の友人だそうです。今日、衆議院選挙後の特別国会と自民党両院議員総会に足を運んだ一美キャスター。オープニングでは、そのお話をしてくれました。


    今日の『ニュースオフサイド』は「特別国会開幕、そして第4次安倍内閣発足へ」。

    きょうの特別国会の召集、今夜、第4次安倍内閣が発足される見通しとなっていることを受け、国会で巨大与党に野党各党がどんな論戦を挑むのかを探りました。

    清水克彦デスクは特別国会の注目すべきポイントを整理。

    安保法案や共謀罪のような与野党が対決するような法案は出てこなくて、表のテーマは森友学園問題と加計学園問題、裏のテーマは経済、北朝鮮、憲法改正だと伝えてくれました。

    サキドリ20171101 (1).JPG

    細木美知代記者は、安倍内閣の支持率と株価の推移を解説。株価の動向については、アベノミクスがどこまで実行できるのか問われていくと話していました。

    サキドリ20171101 (2).JPG

    国会と繋いでお話を伺ったのは、立憲民主党の逢坂誠二衆議院議員。
    質問時間の配分問題について、「言語道断。これでは野党はほとんど議論できない、とんでもない話」と厳しく指摘されていました。


    『きょうのナマチュウ』は、2本立てでお届けしました。

    1本目は「座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件」。

    新岡瑞佳記者は「最初は(1人分の)遺体の解体に3日ほどかかっていたのが1日で解体できるようになった」という供述もしているなど、新たに明らかになったことをまとめて伝えてくれました。

    サキドリN20171101 (2).JPG
    吉田涙子記者は、白石容疑者のアパート前からレポート。
    行方不明になっている女性の兄が、ツイッターで情報提供を呼び掛けて追跡した結果、白石容疑者の逮捕につながった、と逮捕に至るまでの経緯を話してくれました。


    2本目は「国会論戦の焦点になると思われる森友学園問題と加計学園問題」。

    加計学園が今治市で建設を進める獣医学部をめぐり、設置が決まった経緯などを追及してきた市民グループ「モリカケ共同追及プロジェクト」が、加計学園の加計理事長と今治市に菅市長を刑事告発。今日、文科省で記者会見し、大学設置審議会に意見書を提出したというニュースを受け、まず、西村志野記者が会見の詳細を伝えてくれました。

    DSCF9741.JPG
    「モリカケ共同追及プロジェクト」の黒川敦彦さんには電話でお話を伺いました。

    「建築単価が不当に高い疑惑と補助金の水増しの疑惑が晴れない状態での、大学の設置認可は適当ではない」と、加計理事長と菅市長を刑事告発した理由をお話してくださいました。



    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターがピックアップしたのは、ソニーが犬型ロボット「AIBO」を復活というニュース。
    来年1月に発売すると発表された、一世を風靡した犬型ロボット「AIBO」の後継となる商品「aibo」を取り上げました。搭載しているAIによってオーナーからの愛情を感じると、より深い愛情を返してきて、絆を深めたり、コミュニケーションが蓄積すると賢くなるということです。

    サキドリNP20171101.JPG



    水曜コメンテーターは堀口ミイナさん。
    今日の『オピニオン』のテーマは「みんな黒髪で生まれてくると思ってるんですか?」。

    大阪府立高校の高校3年の女子生徒が、生まれつき髪が茶色なのに、教師らに黒く染めるよう強要されて不登校になったとして、府に対し、損害賠償を求める訴訟を起こした問題を受け、「トルコでは幼い頃に当たり前のようにピアスの穴を開ける。日本の学校でピアスを付けていないのに穴が開いていることを注意され、嫌な思いをした」、と自らの経験を語りおろしてくれました。

    サキドリN20171101 (1).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』横浜スタジアムにいる高橋将市アナウンサーが、今日の中継解説の石井貴さん、仁志敏久さんと、日本シリーズ第4戦の聴きどころを語ってくれました。三連敗と後がないベイスターズ、今夜の試合、崖っぷちからの逆襲はあるのか!?



    『ニュースパレードアネックス』今日から今月22日まで、期間限定で全国の店舗で始まった「 かっぱ寿司 」の食べ放題、その良い点悪い点を、実際にお店で食べ放題を体験したお客様のインタビューをまじえて、竹田有里記者がレポートしてくれました。食べ放題の時間帯は限られており、ネット予約が必要とのことですので、お出かけの際にはご注意を!

    アネックス20171101.JPG


    医学博士の吉田たかよし先生がお送りする『SAKIDORIクリニック』!

    今日は「WHO(世界保健機関)から学ぶ肥満対策とダイエット」でした。

    日本人は遺伝的にも太りにくいものの、血糖値を下げるホルモンの「インスリン」の分泌能力が低いのだそう。

    たかよし先生曰く、ダイエットとリバウンドを繰り返すことは極めて危険。1か月で1㎏落とす、食べ過ぎた翌日のキツめのダイエットはオススメ!無理せず、コツコツですね!

    【今日の1曲】愛なんだ/V6

  • 第152回:背景には何が...?

    今日はオープニングから、『ニュースオフサイド』 と、神奈川県座間市のアパートから9人の切断された遺体がみつかった事件について取り上げました。

    警視庁から、この事件が発覚した経緯・現在の捜査の進展などを伝えてくれたのは新岡瑞佳記者。さらに、神奈川県座間市の現場近くからは取材にあたった伊藤佳子記者がレポートを。


    今回の事件、容疑者と八王子の23歳の女性の接点となったのが自殺系サイトということで、ITジャーナリストの三上洋さんにお電話を繋ぎ、2000年代からある自殺系サイトからTwitterでのやり取りに代わってきている変遷についてや、こうした犯罪を防止する手立てなどをお話して頂きました。



    『きょうのナマチュウ』は、東京湾の中央防波堤埋め立て地の帰属を江東区と大田区が主張し合っている問題について。

    埋め立てられた中央防波堤は、今後何区になるのでしょうか?

    取材した関真弓記者によると、今月16日に公表された東京都の調停案では江東区9:大田区1ぐらいの割合になるそう。江東区、大田区それぞれの主張も紹介してくれました。

    サキドリ20171031 (1).JPG

    すでに訴訟というステージに進んでしまったこの問題。

    清水克彦デスクは江東区議に連絡を取ってみたものの「大田区を刺激するな!」と箝口令が敷かれている状況だと話してくれました。

    大田区議会を傍聴した一美キャスターはその区議会の模様をレポート。

    サキドリ20171031 (2).JPG

    そして、この問題を区民はどう思っているのか?江東区には西村志野記者、大田区には佐藤圭一記者が行ってインタビュー。「column~記者たちのオフマイク~」もご覧ください。

    ナマチュウー20171031.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で今日取り上げたニュースは「金正男氏の息子ハンソル氏の殺害計画か 北朝鮮工作員、北京で逮捕」。

    ハンソル氏の居場所は不明で、米国入りなどが取り沙汰されているそうですが、「命を狙われながら、どのような気持ちで日々を過ごしているのか...。」と一美キャスター。

    サキドリ20171031 (3).JPG

    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんの今日の『オピニオン』は、「国会での論戦をなくすのか?」。

    与党が野党の国会での質問時間を減らそうという案が出ている件を取り上げ、国会が与党同志でのヨイショ質問の場になりかねない、「そんなのは悲劇!」と指摘しました。

    サキドリ20171031 (4).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』横浜スタジアムから 片山真人アナウンサーが、今日、午後5時50分から文化放送でも中継するプロ野球日本シリーズの第3戦について、今夜の中継ゲスト 松沼博久さんとお送りしました。



    『ニュースパレードアネックス』 では、民進党の新たな代表が今日、大塚耕平参議院議員に決まったことを受け、 国会から、民進党の両院議員総会を取材した 石森則和記者がレポートしてくれました。

    今回、大塚氏だけが立候補となったいきさつとして、党内で候補者を一本化することを示唆したとのことでしたが、ただ、大塚氏以外は推薦人を集めきれなかった可能性も。午後3時から始まった両院議員総会、前原代表の姿はなかったといいます。


    【今日の1曲】Winter's Tale ~冬物語~/野宮真貴 Duet with 高野寛 feat. Smooth Ace

  • 第151回:冬の訪れを告げる、木枯らし1号

    昨年よりも10日早く「木枯らし1号」が吹きました。日中は気温も高く「本当に木枯らし1号が吹いたの!?」というお天気でしたが、帰る頃にはかなり冷え込んできましたね。

    皆さん、温度差で体調を崩さないように気を付けてください!

    さて、今日の『ニュースオフサイド』 で取り上げたのも、これからの季節、避けては通れないインフルエンザの話題です。なんと今年の冬は、インフルエンザのワクチンが足りなくなる!?その現状とこれからをサキドリしました。

    お電話でお話を伺ったのは、日本医科大学連携教授の田代博嗣さん。今年は4つの種類のウイルスに効くワクチンを作り始めたものの途中でうまくいかなくなり、急遽、メニューを変えて作り直したために、このような現状になってしまったそうです。

    内科医のおおたわ史絵さんに臨床の現場はどうなのか伺ったところ、例年通りワクチンは十分にまわると思っていたが、このような状況で、患者さんにも待ってもらっている部分があるとのこと。


    子育て中のお母さんたちはどう見ているのか? 豊洲で西村志野記者がインタビュー。病院で言われて知ったという方、ママ友の間でも話題になっているということでした。

    インフルエンザのピークは年明けの1月と見られていますが、うがい・手洗い・加湿などの予防と河合さんのおっしゃっていた「よく食べ良く寝る!」を心がけましょう!

    ナマチュウ20171030.jpg



    『きょうのナマチュウ』は、特別国会の召集を明後日に控えた、立憲民主党と民進党について中継を繋いでお送りしました。

    永田町近くに事務所を開いた立憲民主党について佐藤圭一記者が、そして、民進党を取材中の山本カオリ記者は前原代表の謝罪からスタートした全国幹事会の模様などを伝えてくれました。



    『SAKIDORIニュースパレード』 では石川真紀キャスターが、「坂本龍馬、桂小五郎に敗れる 幻の剣術大会、新史料か?」というニュースを紹介してくれました。

    それぞれが思い思いに坂本龍馬について語るスタジオ。最終的に「坂本龍馬はやっぱり福山雅治さん。桂小五郎は香川照之さんのイメージ。」という一美キャスターのまとめでした。

    サキドリN20171030 (1).JPG

    コメンテーターは健康社会学者の河合薫さん。

    今日の『オピニオン』では「ストッキングが変えた価値観」と題して、女性だけではなく男性も抱える問題、"セクハラ"について。

    ドイツ人のクリスチャン・ザイデル氏が、1年間女装をしてみて初めて感じた女性ならではの苦労という話を取り上げ、「NO残業デーみたいに、NOパンツデーやNOスカートデーという、月に一度、男性がスカートを履き、女性は髭を付ける、そんな日を設けてみたら、それぞれが日々どんな苦労をしているのかが分かるんじゃないか?」と、河合さんならではのユニークな視点で語り下ろしてくださいました。

    サキドリN20171030 (2).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、今週末の11月4日に開催される「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」のお話。

    今年で5回目となる、ロードレース界のスター選手が勢ぞろいするこの大会。スタジオの面々はいまいちピンと来ていませんでしたが、間近で世界を戦う選手たちの走りが見られるすごい大会なんですよ!

    DSCF9630.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 今年7月に79歳で亡くなった作曲家の平尾昌晃さんの葬儀と告別式が、今日、東京都内でいとなまれました。 取材をした吉田涙子記者がその様子をスタジオでレポート。

    DSCF9635.JPG


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんがお送りする『SAKIDORI最前線』

    DSCF9641.JPG

    今日は、元・ SMAPの3人の話題でした。美保子さんが担当された、明日発売のサンデー毎日での草彅剛さんのインタビューの裏話、イベントでの香取慎吾さんの優しい姿、そして文化放送の広報誌「フクミミ」の表紙を飾る稲垣吾郎さん。

    放送でお話もありましたが、「フクミミ」11月号はいつもより増刷しています。ぜひぜひ、GETしてくださいね!

    fukumimi20171030 .jpg



    【今日の1曲】君に逢いたかった/ナオト・インティライミ

  • 第150回:菅原一秀さんとサキドリ

    『ニュースオフサイド』は、自民党衆議院議員の菅原一秀さんにお越し頂きました。
    「野党分裂の中、しっかり政策を訴えることで結果が出てよかった」と先日の選挙を振り返り。
    20171027_2.JPG
    選挙後の安倍総理の会見を受けて、森加計問題、人づくり改革、カジノ法案、憲法改正など、本当に謙虚に取り組んでほしいと国民が強く願う中で、「いろんな論点があること、国民主権でなければ」と想いを語ってくださいました。



    『きょうのナマチュウ』は、両院議員総会を開いた民進党と希望の党のそれぞれの動きをレポート。
    希望の党は、新しい執行部に誰が選ばれるのか、注目が集まります。




    20171027_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「ノルウェーに欧州初の海底レストラン」。
    海底の自然を観察しながら食事を楽しめる海中レストランで、来年2月から建設に着工し、2019年初めまでに完成予定ということです。「イカを食べているとき、イカが泳いで来たらどう思うかな」など、あれこれ妄想しつつお届けしました。




    20171027_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「強運頼みはおやめなさい!」。
    アベノミクスでデフレ脱却を掲げて6年、未だに達成していません。それなのに「アベノミクスはすごい!」と評価される理由はなんなのか。荻原さん曰く、「安倍さんは横暴だ!」と評価されはじめた頃にもっと横暴なトランプ大統領が登場、森加計問題の追及を止めるように山尾議員の不祥事があったりと「運が良いだけでは?」と分析。
    今後は、運に頼らず、実力で政治を運営してほしいところです。



    20171027_5.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、八木沼純子さんにお越し頂き、フィギュアスケートの今を語って頂きました。
    羽生弦結選手や宇野昌磨選手の今シーズンの評価、さらに平昌五輪出場枠2つを競う女子の注目選手など、わかりやすく解説して頂きました。



    20171027_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集部で、アメリカ人のジェームズ・シングルトンさんにお越し頂き、いよいよ来週に迫った「ハロウィン」についてお話頂きました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●野党年末再編はこうなる
    ●清宮、開幕スタメン



    【今日の1曲】 空はまるで / MONKEY MAJIK


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第149回:ドラフト会議、注目の選手の運命は?

    気持ちの良い秋晴れとなった今日。いよいよ夕方5時からは、プロ野球のドラフト会議が行われるということで、SAKIDORI!の中でも、随時中継を繋ぎました。

    まずは、『ニュースオフサイド』!今日は「男性ホルモンの知られざる役割」というテーマ。

    順天堂大学大学院の堀江重郎教授をスタジオにお迎えし、多いと、精力が強い、体毛が濃くなり、頭髪を薄くするといったイメージがある「男性ホルモンの知られざる役割」に迫りました。

    堀江さん20171026.JPG

    堀江さんによると、男性ホルモンの代表格は「テストステロン」。

    これが多いと、意欲やチャレンジ精神が増すのですが、40歳を過ぎると徐々に少なくなってきて、気分が落ちこんだり、イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったり、と「男性の更年期障害」の症状が出始めるのだと言います。

    オフサイド20171026.jpg

    西村志野記者は、「人差し指より薬指の方が長い人ほどテストステロン値が高い」という、とっても簡単なチェック方法を携えて、東京・有楽町にいる男性たちの「男性ホルモン」を調査。18人に調査したところ、全員が人差し指より薬指の方が長かった、と伝えてくれました。

    ちなみに、テストステロンを増やすためには、玉ねぎ、山芋、ニンニク、アボカド、にんじんを食べると良いとのことです。
    気分が落ち込んだり、イライラするという40代以上の男性の方々は、こういった野菜を意識的に食べてみてはいかがでしょうか。



    『きょうのナマチュウ』は「年間損失1800億円!所有者不明の土地、問題点を整理」

    増田寛也元総務大臣ら民間有識者でつくる研究会が、きょう発表した、所有者が分からず放置されている「所有者不明の土地」が、2040年に全国で約720万ヘクタール(北海道の約9割の広さ)に達する可能性があるとの推計を取り上げ、「所有者不明の土地」の問題点を整理、解決策を探りました。

    『人口減少時代の土地問題 「所有者不明化」と相続、空き家、制度のゆくえ』の著者で、東京財団の研究員、吉原祥子さんにお話を聞いたのは細木美知代記者。
    それによると、「今までも個別のケースは報道されていたものの、このように全国でのことは初めて。所有者不明土地が増えている、というよりかは、見えるようになってきた。」とのこと。

    果たして、自治体の対応は?さいたま市 建設局 北部建設事務所用地課の課長、染井洋二さんにお電話を繋いでお話を伺いました。



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』

    今日は、「神戸製鋼、社長が今日午後3時から記者会見」ということで、会見の音声をお届けしました。

    真紀さん20171026.JPG


    木曜コメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    今日の『オピニオン』では今回の衆院選を受け、「心理学者が小池さんをサポートしていたら」と語り下ろしてくれました。

    心理学者がすべて正解というわけではないとしながら、「腐敗した保守と正当な保守ということをフレームワークすべきだったし、「排除します」という踏み絵は傲慢に見えてしまう。むしろ前原さんに「今回はせっかくですが、本当にごめんなさい」と頭を下げていたなら、国民的人気はここまで落ちなかったのでは。」とのこと。

    DSCF9605.JPG



    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーが、東京・国分寺市の早稲田実業高校からレポート!
    プロ野球ドラフト会議が行われる今日、注目の清宮幸太郎選手は、学力試験の真っただ中。すでに100人以上の報道陣が詰めかけて、その瞬間を待ちわびている様子を伝えてくれました。

    ちょうど初等部の子供たちが帰宅の時間で、にぎやかなレポートでしたね!




    『ニュースパレードアネックス』 午後5時からグランドプリンスホテル新高輪で始まったプロ野球ドラフト会議。まずは速報を清水克彦デスクがお伝えしました。コメンテーターの和田さんもソワソワ!

    克彦さん-171026.JPG



    『SAKIDORI最前線』でも、引き続き、プロ野球ドラフト会議の模様を中継を繋いでお伝えしました。

    槇嶋範彦アナウンサーが会場となっているグランドプリンスホテル新高輪から「清宮選手、日本ハムファイターズに決まった」第一報を。清宮選手の母校、国分寺の早稲田実業で取材中の寺島啓太アナウンサーは「清宮選手は別室に居り、決定したその瞬間は誰も見られず。」と記者会見を今か今かと待つ報道陣の様子などを伝えてくれました。

    さらに加納有沙レポーターは、新橋で街の声を取材。
    「結果オーライかもよ!」という男性の声に、一美キャスターも、「日ハムは生え抜きの若手がどんどん育っている。育ってからの移籍に関しても非常に寛容。確かにベストかもしれない...」と感想を話していましたね。


    【今日の1曲】愛の歌/ゴスペラーズ

  • 第148回:希望の党、自動車、たばこ・・・未来を考える

    今日の一枚は、左から竹田記者・細木記者・西村記者。サキドリガールズです(^^)


    さて今日最初のコーナー『ニュースオフサイド』は、「希望の党に希望はあるのか?」がテーマ。衆議院選挙で惨敗した希望の党の行く末を考えました。


    細木美知代記者はスタジオで、希望の党の惨敗を振り返り。示前勢力と獲得議席、民進党から合流した前職の当選者数などをおさらい。

    サキドリ201710 (1).jpg

    吉田涙子記者は、きょう開かれた希望の党の両院議員懇談会をレポート。
    トーンが低めだったという小池百合子代表の様子とともに、懇談会で小池代表が話した内容を伝えてくれました。
    「私の言動でご迷惑をお掛けした。議員バッジにつながらなかったのは私の責任」という話をしていたということです。

    小池代表の動きや希望の党などの取材を続けている政治ジャーナリストの安積明子さんは希望の党の行く末について、
    「すぐに解党はない。解党ということになると国民の支持は全く得られない」と話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』のテーマは「自動車の未来」。一般公開に先立ち、きょう報道関係者に公開された東京モーターショーを取り上げました。


    石森則和記者は東京モーターショーの会場となる東京ビッグサイトからレポートし、今回の見どころとして、AI(人工知能)と会話できる機能が搭載された自動車を紹介。

    普段の好みや感情などを読み取ってくれるだけでなく、高速道路で緊張すると背中をそっと揉んでくれる、という驚きの機能を伝えてくれました。

    ナマチュウ20171025 (2).jpg

    既に発売が開始されたタクシー専用車両、ジャパンタクシーはこちら↓

    ナマチュウ20171025 (3).jpg

    このほか、自動運転や電気自動車でありながらスポーツドライビングを楽しめる車など、幅広いラインナップになっていたそう。

    ナマチュウ20171025 (1).jpg

    自動車ジャーナリストの清水和夫さんがしてくれたのは、自動車の未来に関するお話。
    「自動車業界は曲がり角どころか行き止まり。燃費や馬力、技術の競争がされていたところに電気自動車(EV)が出てきた」ということでした。



    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターが取り上げたのは、アメリカ・ニュージャージー州で住民がハロウィーンの装飾として、自宅の庭に交通事故に見せかけた展示を設置したところ、「生々し過ぎる」として警察が出動することになった騒ぎ。車が木に突っ込んだ設定で、車と木の間には人形が挟まれ、ボンネットには血のりが...。

    装飾の出来栄えを称賛する声が上がる一方、一部の住民からは苦情が出ていたようです。

    サキドリ201710 (2).jpg



    水曜コメンテーターは、堀口ミイナさん。

    きょうの『オピニオン』のテーマは、読書の秋ということで「フォトリーディング 速読のススメ」。

    速読のやり方を「自分の目的を考えて意識する」、「目次・副題などを見て、この本が自分に適しているか見極める」、「読むか読まないかを決める」、「1ページ1秒と決め、右見て左見て、最後までページを見て、全体感を得る」と順序立ててお話して下さいました。

    秋の夜長に、速読にチャレンジしてみるのもいいのかもしれません。

    サキドリ201710 (3).JPG




    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治アナウンサー! 明日に迫るプロ野球ドラフト会議。12球団ドラフト1位指名は?

    西武・山川選手が「本物の怪物」だと認める早稲田実業の清宮幸太郎選手、即戦力と言われているJR東日本の田嶋大樹投手、慶應義塾大学の石見雅紀選手、履正社高校の安田尚憲選手、こういった面々が1位指名を受けるのでは!?と紹介してくれました。

    ドラフト会議については明日、SAKIDORI!の中でも随時、お伝えしていく予定です。

    サキドリ201710 (4).JPG



    たばこ議員連盟の会合が開かれている自民党本部から、竹田有里記者がレポートしてくれた『ニュースパレードアネックス』!

    今日の会合では、たばこ税を増税するという議論には至らず、受動喫煙防止条約の話がメインだったとのこと。たばこ組合からは危機感の声、受動喫煙は分煙の形でまとめて欲しいという声が聞かれたということです。


    水曜の「世の中SAKIDORI」は、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』。

    衆議院選挙で落選した人の名前を挙げたうえで、「失敗や挫折から立ち直るためのメンタル医学」についてお話をしてくれました。

    大きな成果を上げているのは「感謝の練習」であるが、本当に落ち込んでいるときは「感謝の練習」もできない。そんなときはテトリスなどの黙々と作業できるゲームをやればいい、とのことでした。



    【今日の1曲】Every Breath You Take~見つめていたい/The Police

  • 第147回:顔認証システムのいま

    火曜サブキャスターの竹田有里さんに代わって、今日は 西川文野アナウンサーが担当したSAKIDORI!です。いつもと違う火曜メンバーをパチリ!



    まずは『ニュースオフサイド』

    今日取り上げたのは「進化するテクノロジー、顔認証システム」。

    先週から運用が始まった羽田空港の顔認証ゲートを取り上げ、顔認証とはどういうものか、どのような場所で活用されているのか、考えました。

    スマートフォン・ケイタイジャーナリストの石川温さんは、顔認証システムの基本をおさえながら、活用事例のひとつ、来月発売予定のiPhoneⅩに搭載される顔認証機能「フェイスID」について解説。

    顔の凹凸などを見て本人だと判断するうえ、iPhoneの場合、人工知能も入っているので、人が太ったり痩せたり、サングラスをかけたりしていても、本人だと確認できるとされているので、非常に精度が高いということでした。

    オフサイド20171024.jpg

    西村志野記者は、18日から顔認証ゲートの運用が始まっている羽田空港からレポート。
    海外旅行から帰国した日本人の利用者からは「10秒ぐらいでゲートを抜けられるので楽だった」という話を聞くことが出来ました。


    『きょうのナマチュウ』では、きょう開催された「立憲民主党の両院議員総会」を取り上げ、野党第一党となった立憲民主党の動きを伝えました。

    石森則和記者が国会から両院議員総会の様子をレポート。
    まるで政権交代が実現したような雰囲気で、総会の冒頭、選挙戦の様子をおさめたドキュメンタリービデオが流されたということです。

    東京1区から出馬し当選した海江田万里さんは、「上からのリーダーシップではなく、グラスルーツ(草の根)からいろんな声を聞いて政策にまとめていこうと思っている」と立憲民主党の今後の方向性に関するお話をしてくださいました。

    佐藤圭一記者は、新橋駅に行き、立憲民主党について街の皆さんはどのように思っているのか、伝えてくれました。
    きょう話を聞いた中では「期待しない」より「期待する」という声が多かったようです。

    サキドリ20171024 (1).JPG


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』
    アメリカで有罪を受けたにもかかわらず、肥満を理由に刑務所に入るのを不服とし、裁判所に異議申し立てをしたという海外のニュースを取り上げました。

    男は体重約124キロ。弁護人は一般的な寿命を全うできないとし、6年4月の刑期は男の余命の6割に当たると主張しています。
    このニュースは、アメリカでも珍事として報じられているとのこと。

    サキドリ20171024 (3).JPG


    火曜コメンテーターは、俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』のテーマは、衆議院選挙での自民・公明の圧勝をうけ、「民主主義、やめますか?」。
    「民主主義は多数決ではない。少数意見でも良い意見であれば取り入れるのが民主主義」と語り下ろしてくれました。

    サキドリ20171024 (2).JPG


    片山真人アナウンサーがメットライフドームからお送りした『SAKIDORIスポーツ』は、26日に迫ったプロ野球ドラフト会議についてでした。 今回は、異色の経歴を持つひとりのサウスポーピッチャーに注目。



    『ニュースパレードアネックス』仕事と育児の両立を促進している企業と管理職、いわゆる「イクボス」を表彰する催しが東京都内で行われました。伊藤佳子記者がこの催しを取材、どのような企業が選ばれたのか、伝えてくれました。

    サキドリ20171024 (5).JPG



    【今日の1曲】SARA/FENCE OF DEFENSE

  • 第146回:一夜明け・・・

    昨夜は、斉藤一美キャスター&永野景子サブキャスター、コメンテーターに石田純一さんと常井健一さんをお迎えして『SAKIDORI! 衆議院議員選挙 開票スペシャル』をお送りしました。画像は、その時のスタジオの風景です。


    一夜明け、『ニュースオフサイド』では、 衆議院議員選挙での自民圧勝を受け、安倍政権のこれから、そして立憲民主党や希望の党の今後をサキドリしました。

    国会から山本カオリ記者が、結党わずか20日で野党第一党に躍り出た立憲民主党の今日の話し合いの内容、与えられる副議長のポストなど今後の対応を確認しあったということと、さらに明日からの民進党や希望の党のスケジュールを伝えてくれました。

    そして今回の選挙戦、予想を若干上回る自民党の議席獲得の要因について、「野党が手を組めなかったことと、ほかの政党が政権を担えるのかと考えた時に自民か公明か...となった結果ではないか」とジャーナリストの二木啓孝さんは語ってくれました。



    『きょうのナマチュウ』 関東を直撃した超大型台風21号の爪痕。 まずはスタジオで気象予報士でもある河合薫さんが今回の台風の特徴を解説してくれました。

    吉田涙子記者は台風が及ぼした各地の被害状況・今後の予想をまとめて、そして今朝実際に様子を見てきたバスタ新宿の利用客の声を届けてくれました。

    DSCF9396.JPG

    西村志野記者は羽田空港から、空の便への影響、現在の空港の様子、出航を待つ人たちの声をレポートしてくれました。

    1508741556198.jpg



    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、資生堂が工場で働く契約社員に対し、希望すれば正社員登用を始めるというニュースを取り上げました。

    人材を優遇することで、生産性と品質を高めたいという狙いがあると言います。

    「雇用形態の違いだけなのに賃金や報酬の面など、ものすごい身分格差になってしまっていることが問題!」と河合さん。

    DSCF9414.JPG



    本日、お誕生日だった月曜コメンテーターの健康社会学者 河合薫さん。

    『オピニオン』では「新しい言葉が生まれる理由」と題して、"過労死"と"過労自殺"という言葉が出来たなりたちについて、お話して下さいました。

    DSCF9431.JPG



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎 アナウンサーが取り上げたのは、フィギュアスケートのグランプリシリーズでの羽生結弦選手、その他にスピードスケートの高木美帆選手の話題など。

    今週の金曜のSAKIDORI!には、砂山アナウンサーのスケートの師匠でもある八木沼純子さんがわざわざこのスタジオに来て、フィギュアのお話をして下さることになったそうです。金曜の『SAKIDORIスポーツ』もお聴きのがしなく!

    DSCF9416.JPG



    『ニュースパレードアネックス』数字で振り返る総選挙と題して、石森則和記者が「死に票(死票)」の説明、そして小選挙区制が民意をきちんと反映できる選挙制度なのか、今回の投票率などを解説してくれました。

    DSCF9418.JPG



    放送作家でコラムニストの山田美保子さんによる『芸能アラカルト』!

    今日のテーマは、"芸能界のご意見番"の昔と今について。最近で言うなら"ご意見番"として注目なのは「梅沢富美男さんと美川憲一さん」とのこと。美保子さんの考える"ご意見番"に必要な要素など、お話して下さいました。

    DSCF9452.JPG


    【今日の1曲】インフルエンサー/乃木坂46 

  • 第145回:鎧塚俊彦さんとサキドリ

    今週一週間、レギュラーコメンテーターに加え、日替わりで特別ゲストをお招きし、「ニュースオフサイド」のコーナーで、「今、この人とサキドリたい 総選挙5大争点総チェック」をお届けしています。


    最終日のスペシャルコメンテーターはToshi Yoroizukaのオーナーシェフ、鎧塚俊彦さんです。
    『ニュースオフサイド』でお話頂いたのは、選挙戦の中盤から後半にかけて各党が訴える「働き方改革」そして「人づくり改革」。
    パティシエとして、スイスやオーストリア、フランス、ベルギーで腕を磨いてこられた鎧塚さん、所謂『職人』として、労働時間や立場だけで成果を評価されることはナンセンスだといい、人材活動についてもスイスやフランスのように外国人や高齢者の労働者に頼っていく流れにしていかないといけないといいます。何歳になっても、どんな立場であっても、勉強したいときに勉強できる環境が大事だとお話くださいました。


    そして、スタジオにはToshi Yoroizukaのチョコレートをお持ちいただきました!
    20171020_2.JPG
    ヨロイヅカファームという自社の畑でいちからカカオを栽培。ローストや発酵の時間を細かく変化させることで様々な味わいが楽しめるチョコレートを作っています。
    20171020_3.JPG
    糖質を気にする方にも嬉しい糖質0チョコレートなどを試食。一美さん&加奈さんも「おいしい!」と大絶賛でした。



    『きょうのナマチュウ』は、「サキドリ激戦区レポート」!今週一週間、全国289の小選挙区の中から注目の候補者たちの戦いをお伝えしています。
    今日は、民主党時代に比べ、風当たりも和らいだとまずまずの手ごたえを感じている立憲民主党の海江田万里氏、前回、前々回と当選しているが余裕はないという自民党の山田美樹氏、台風の目となるか希望の党の松沢香氏などが立候補している東京1区に注目。
    20171020_7.jpg
    佐藤圭一記者と細木美知代記者が現地で取材し、様子を伝えてくれました。



    20171020_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀記者が「吉祥寺で起こった交通事故」の最新情報を伝えてくれました。



    20171020_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「FTAなんておやめなさい!」。
    FTAとは国や地域との間で関税をなくし、モノやサービスの自由な貿易を一層進めることを目的とした協定のこと。一見、「いいことでは?」と思ってしまうかもしれませんが、すでに組んでいるアメリカと韓国を見てみると、医薬品の高騰や、安価の牛肉が入ってくることで国内の畜産業にダメージがあるなど、市民生活に影響を与えているそうです。
    今後、日本もアメリカと組んだ場合、同じような道をたどってしまうのではないかと危惧しました。



    20171020_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る「スピードスケート」。
    今日から平昌五輪シーズン開幕戦となるスピードスケート全日本距離別選手権がスタート! 見どころや注目選手を紹介してくれました。



    『ニュースパレードアネックス』は、インサイドライン編集長 歳川隆雄さんに聞く。投票日直前、最後の情勢分析をお届けしました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、西川文野アナウンサーが日本橋で開催されているイベント 「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」を紹介。
    20171020_8.jpg
    「のどのケアと言えば...」でお馴染み、株式会社 龍角散 代表取締役社長の藤井隆太さんにお話を伺いました。
    20171020_9.jpg
    龍角散ダイレクトちゃんと一緒にパチリ☆みなさんもセルフメディケーションに心掛けてみてくださいね。


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    10月22日(日)午後7時50分から『SAKIDORI!衆議院議員選挙開票スペシャル』を放送します。こちらもぜひお聴きください。

  • 第144回:古賀茂明さんとサキドリ

    スペシャルウィークも今日で4日目が終了。文化放送ではこの期間中、「秋の番組総選挙」という企画を実施中です!皆さんが好きな文化放送の番組に投票すると抽選で10名様に現金5万円が当たるチャンス!

    詳しくはこちらから→「秋の番組総選挙」


    さて、スペシャルウィークの一週間、「ニュースオフサイド」のコーナーではレギュラーコメンテーターに加え、日替わりで特別ゲストをお招きし、「今、この人とサキドリたい 総選挙5大争点総チェック」をお届けしています。

    4日目の今日は、経済産業省の元官僚、古賀茂明さんと、各政党の「原発政策」をチェックし、今後の原発政策について考えました。

    まず、スタジオで石森則和記者が各党の原発政策を整理。野党の多くが原発ゼロを掲げているものの、原発ゼロを掲げながら、再稼働は容認するなど本気度が分かりにくいのだといいます。

    サキドリ2017ー1019 (1).jpg

    それをうけ、古賀さんは「一言でいうと逃げている、原発に関する姿勢を明確にしない方が得」と厳しく指摘されていました。

    また、原子力規制委員会が今月4日、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機に新たな規制基準に適合しているとする審査書案を了承したというニュースをうけて、古賀さんは「もしも原発事故が起きたときどうするのか、避難計画がきちんと整備されないまま原発を稼働する国になってしまっている」と原発をめぐる現状を冷静に分析されていました。

    西村志野記者は東京・銀座に行き、各党の「原発政策」に対する街の声を取材。原発政策を重要視している有権者が多かったと伝えてくれました。



    続いて、『きょうのナマチュウ』は「サキドリ激戦区レポート」!今週一週間、全国289の小選挙区の中から注目の候補者たちの戦いをお伝えしています。

    4日目の今日は、愛知7区に中継を繋ぎました。瀬戸市など6市1町の選挙区で、無所属の山尾志桜里氏、自民党の鈴木淳司氏の2人が立候補しています。

    竹田有里記者が現地で取材、中継を繋いで伝えてくれました。



    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターが取り上げたのは「ニュージーランドで住民がガソリンスタンド建設」というニュース。

    一番近いガソリンスタンドが車で片道2時間の隣町にしかない、ニュージーランドの小さな町で、住民が資金を募って新たなガソリンスタンドを建設したというニュースをきっかけに、日本の過疎地におけるガソリンスタンドの不便な現状について考えました。

    サキドリ2017ー1019 (4).jpg


    木曜コメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さん。
    今日の『オピニオン』では「株高が真に意味するところ」と題して、金融市場は北朝鮮危機を冷静に見極めているので、「マーケットの反応を見ていると、経済界は北朝鮮危機を『国難』と見ていないことが分かる」と語り下ろしてくれました。

    サキドリ2017ー1019 (3).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』高橋将市アナウンサーが取り上げたのは「WBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手の初防衛戦」。
    比嘉選手の記者会見、所属するジムの具志堅用高会長の音声とともに対戦相手を分析、初防衛戦の注目ポイントを伝えてくれました。

    サキドリ2017ー1019 (5).jpg


    『ニュースパレードアネックス』は「日本列島に向かって北上している台風21号」。
    伊藤佳子記者が、台風の現在の状況と今後の見通し、今週末の衆院選への影響を解説してくれました。

    今日は、台風を心配したリスナーの方からの「期日前投票に行ってきました!」という、ご報告メールも多く見られました。

    サキドリ2017ー1019 (6).jpg



    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』です。

    食欲の秋!ということで2種類の新しいお米、新潟「新之助」と岩手「金色の風」の魅力を紹介してくれました。

    サキドリ最前線20171019.png

    ↑スタジオ試食のひとコマ。気持ちのいい食べっぷりです!


    【今日の1曲】MY CHERIE AMOUR/Stevie Wonder


    サキドリガールズ20171019.jpg
    明日のSAKIDORI!も聴いてくださいね~♪

  • 第143回:田中眞紀子さんとサキドリ

    今週一週間、レギュラーコメンテーターに加え、日替わりで特別ゲストをお招きし、「ニュースオフサイド」のコーナーで、「今、この人とサキドリたい 総選挙5大争点総チェック」をお届けしています。


    3日目の今日は、SAKIDORI3度目のご登場となりました元外相の田中眞紀子さんと、各政党トップの政治に対する姿勢について改めて見ていきました。

    眞紀子さんの考える本当の国難とは何なのか、小選挙区への危惧、各党のトップの印象、さらに前回このSAKIDORI!ご出演の夜にあった眞紀子さんご自身の出来事などなど、今日も眞紀子節が大炸裂!
    眞紀子さんには、番組後半の5時半までお付き合いいただきました。
    聞き逃してしまった方、もう一度心してお聞きになりたいという方、どうぞradikoのタイムフリー機能をご活用ください。
    眞紀子さん2017ー1018.jpg

    今週一週間『きょうのナマチュウ』では、「サキドリ激戦区レポート」と題して全国289の小選挙区の中から注目の候補者たちの戦いをお伝えしています。
    3日目の今日は、「1票の格差」是正で区割りが激変した選挙区、東京7区に中継を繋ぎました。
    自民党・松本文明氏、立憲民主党・長妻昭氏、希望の党・荒木章博氏、無所属・井上郁磨氏の4名が立候補しています。
    細木美知代記者と西村志野記者が取材、伝えてくれました。
    ナマチュウ2017ー1018.jpg


    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターが取り上げたのは「待望!イギリス領セントヘレナ島に空港がオープン」というニュースでした。
    大西洋の真ん中にあるセントヘレナ島、空港が出来るまでは、三週間おきに出る船で6日間かかっていたそうなんです。
    先週まで父島に行っていた石川真紀キャスターのお話は、時間いっぱいで残念ながら聞くことが出来ず...、残念!
    サキドリ2017ー1018 (6).jpg

    スペシャルコメンテーターの田中眞紀子さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、題して「日本人のメンタリティー」!
    ぼかしの文化やファジーさが日本人の美徳ではあるものの、政治などの論理的なことになるとこれが一気に欠点になってきてしまうと指摘、日本人のメンタリティーは情緒的に動かされやすいが、今のこの政治に問題を感じているのならもう一度原点に戻って貴重な一票をどうするのか考えて欲しいとお話して下さいました。
    サキドリ2017ー1018 (5).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』長谷川太アナウンサーが、日曜に行われた箱根駅伝予選会について。
    今回注目されたのは中央大学、今年は見事予選第3位で通過しました。父兄の方のインタビュー音声、大興奮でしたね!
    残念ながら逃した日大と明治、トップ通過した帝京と、まとめて解説してくれました。
    サキドリ2017ー1018 (1).jpg

    『ニュースパレードアネックス』お店の営業中は顧客の道案内をし、閉店後は従業員の仕事を手伝うという日本で初めての一人二役ロボット「シリウスボット」の実証実験が、今日から池袋パルコで始まりました。実際に「シリウスボット」に案内をしてもらった吉田涙子記者が伝えてくれました。
    レポート中、眞紀子さんは涙子記者のお団子頭に興味津々。似顔絵を描いていました(笑)
    サキドリ2017ー1018 (3).JPG


    水曜の「世の中SAKIDORI」は 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』!
    今日は、深まる秋に冷え性を防ぐおすすめの健康医学~!ということで、オススメの対策を教えて頂きました。
    手足の血管に一酸化窒素を増やすことため、二時間に一度くらい、掌や指を痛気持ちいいくらいの強さで揉むだけいいんですって。足の場合は歩く・または走ることでその効果が得られ、食べ物で言うと「玉ねぎ」「りんご」「ぶどう」がオススメとのこと!お試しあれ!


    【今日の1曲】かならず選挙に行く/ANZEN漫才
  • 第142回:木村草太さんとサキドリ

    今週一週間、レギュラーコメンテーターに加え、日替わりで特別ゲストをお招きし、「ニュースオフサイド」のコーナーで、「今、この人とサキドリたい 総選挙5大争点総チェック」をお届けしています。


    2日目の今日は、気鋭の憲法学者 首都大学東京教授の木村草太さんをお迎えして、今回の選挙の争点のひとつ、憲法改正について考えました。

    木村さんのお話に目から鱗が落ちまくりのスタジオの面々。なかでも、高等教育の無償化はすでに憲法上、義務となっているということには驚きでした。2012年までは日本政府が留保していたものの撤回、ということは、無償化するかどうかを議論している場合ではないのだそうです。

    リスナーの方の「今の憲法は他人が作った憲法だという人がいますが、木村さんはどうお考えですか?」という質問には「そういうところからも日本国憲法の満足度というものがよく分かる。憲法改正というのは、内容に問題がある場合に言う。ところが、逆に内容に問題がなくて、作り方の部分くらいにしか文句をつけられないということ。」など、短い時間でしたが、ハッとさせられるお話の数々でした。

    サキドリ2017ー1017 (1).jpg



    今週一週間『きょうのナマチュウ』では、「サキドリ激戦区レポート」と題して全国289の小選挙区の中から注目の候補者たちの戦いをお伝えしています。 2日目の今日は、大阪10区。 立候補しているのは、届け出順に立憲民主党・辻元清美氏、自民党・大隈和英氏、日本維新の会・松浪健太氏の3人です。

    一昨日の日曜日、大阪に取材に行っていた一美キャスターがレポートしてくれました!

    サキドリ2017ー1017 (3).JPG


    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターがピックアップしたのは、明日(18日)から羽田空港の入国審査エリアに「顔認証ゲート」が導入されるというニュース。

    日本人の審査を自動にすることで、審査官が外国人入国者の対応にあたるのが狙いのようです。

    サキドリ2017ー1017 (5).jpg


    火曜コメンテーターは、石田純一さん。
    今日の『オピニオン』のテーマは、「株高は官製相場」。
    このところ続いている株高を取り上げ、「今の株高が公平で市場の原理に則ったものなのか疑問を持っている」「日本の株式市場は日銀に支えられている」というお話をして下さいました。
    サキドリ2017ー1017 (2).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は松島茂アナウンサーです。 今日は、「慶応・箱根駅伝プロジェクト」元年、箱根駅伝予選会を終えた慶應義塾大学、チームを指揮する保科光作コーチを直撃インタビューした音声をまじえながら、お送りしました。

    サキドリ2017ー1017 (6).jpg



    『ニュースパレードアネックス』では 石森則和記者が、北朝鮮をめぐる日米韓3か国の動きをまとめて解説。

    サキドリ2017ー1017 (7).jpg

    【今日の1曲】ハッピー・レイン/カズン

  • 第141回:浜矩子さんとサキドリ

    10月スペシャルウィークが スタートしました。

    今週一週間はレギュラーコメンテーターに加え、日替わりで特別ゲストをお招きし、「ニュースオフサイド」のコーナーで、「今、この人とサキドリたい 総選挙5大争点総チェック」をお届けしていきます。

    初日の今日は、安倍政権の経済対策の現状と未来について、「アホノミクス」の名付け親・同志社大学大学院教授の 浜矩子さんをお迎えして考えました。

    「アホノミクスのアホたる所以は彼らが政策を展開することによって日本経済を死に追いやっているということ。チーム・アホノミクスは一般の人を何とも思っていない。庶民の生活を豊かにすることにつながる...ではなくて、強いお国づくりに繋がるというのが彼らにとっての経済活動の狙い。弱いものに手を差し伸べる、なんてのははなから目的意識に入っていない。」とするどく斬りこんだ浜さん。

    サキドリ20171017 (5).jpg

    消費税増税問題について各党の選挙公約をまとめて伝えてくれたのは、新岡瑞佳記者でした。

    姜尚中さんは消費税増税問題について「安倍政権は公約と違うことを二度もやってきた。安倍政権は一貫した財政政策・社会政策がない。どういうビジョンがあって、どういう未来のためにやっていくのかが示されないのが問題。」とし、浜さんは「増税は避けて通れない。消費税にしても金持ち増税を!安倍政権のスタンスはかなり明確になりつつある。財政再建・財政健全化ほとんどやる気なし。そこまで開き直った上で、消費税の使い方を変えるとか無責任にほざいてる、とんでもない状態。」とお話してくれました。



    そして、今日から一週間『きょうのナマチュウ』では、「サキドリ激戦区レポート」と題して全国289の小選挙区の中から注目の候補者たちの戦いをお伝えします。

    初日の今日は、埼玉4区。届け出順に、共産の朝賀英義氏(67)、維新の青柳仁士氏(38)、希望の吉田芳朝氏(43)、無所属の豊田真由子氏(43)、自民の穂坂泰氏(43)の5名が立候補しています。

    取材にあたった西村志野記者と佐藤圭一記者でした。

    埼玉4区-s.jpg



    石川真紀キャスターが戻ってきました、『SAKIDORIニュースパレード』!

    今日ピックアップしてくれたのは、賃貸住宅への入居を断られやすい単身高齢者や低所得者向けに、空き家や空き部屋を活用する新たな制度が25日から始まるというニュース。

    自治体が改修費用や家賃の一部を補助するなどして、住まい確保につなげるのが狙いです。サキドリ20171017 (6).jpg


    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さん。

    今日の『オピニオン』では、私たちもよく耳にする"リベラル"とはどんなものなのか、「リベラルと保守」というテーマで分かりやすくお話して下さいました。

    「"リベラル"というものは、本来、独断的にはならない。あれもあればこれもあるという色々な選択肢を持てる。今回の選挙で"リベラル"というものをよく考えてみて欲しい。」

    サキドリ20171017 (8).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが担当です。今日は、トライアスロンの日本選手権について。

    東京オリンピック・パラリンピックのトライアスロンの競技場である「お台場海浜公園」、海水から基準を大きく超える大腸菌などが検出されたことが記憶にある方もいらっしゃるでしょう。

    今回は水中スクリーンという幕を張って汚水を防ぎ、水質改善に繋げているのだそうで、これを用いれば、いずれ、お台場が海水浴場に!?

    サキドリ20171017 (7).jpg



    『ニュースパレードアネックス』今朝は今シーズンでもっとも気温が下がったところが多くなりました。スタジオの気温計を見てみると、この時間には12.7度。

    サキドリ20171017 (2).jpg

    さらに今日未明、台風21号が発生。選挙の投票日である今週末にも、日本に影響を与える恐れが?

    伊藤佳子記者が、この寒さの原因と今後の台風の動きについて詳しく解説してくれました。

    サキドリ20171017 (1).jpg



    月曜の「世の中SAKIDORI」は 山田美保子さんの『芸能アラカルト』!

    今日は、清水アキラさんの謝罪会見について取り上げました。

    サキドリ20171017 (3).jpg



    【今日の1曲】雨の日と月曜日は~Rainy days And Mondays /カーペンターズ

  • 第140回:選挙戦序盤の情報分析

    『ニュースオフサイド』は、大手新聞社などマスメディア各社による選挙戦序盤の情勢調査を受けて、この先どのような影響を与えるのかサキドリしました。


    苦戦を強いられると思われた自民党が堅調で、台風の目と言われた希望の党は伸び悩んでいる様子。小池都知事の不出馬により勢いが削がれ焦る候補者もいるようで、山本記者の取材によると「立憲民主党から出ればよかった」という声もあるそうです。また、これまでの選挙で見られた「百合子コール」も今回の街頭演説では少なくなったそうで、勢いが衰えを体感できたと感想を述べました。候補者調整など、混乱のまま突入したのが問題だったのではと推測します。



    20171013_2.JPG
    『きょうのナマチュウ』は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、大会マスコット最終候補の選定が行われている虎の門ヒルズから細木記者がお届けしました。
    8月1日~14日の期間中に応募された作品は2042点。中継を繋いだ午後4時頃には会議が終わっている予定でしたが、難航しているのかまだ終わっていませんでした。多くの人に愛され、日本らしさを感じられることが審査ポイントであり、最終候補が出揃った後は全国の小学生による投票や、ネーミング決めに進んでいくそうです。
    一体どんなデザインになるのか、楽しみですね。



    そして、キャラクターといえば、番組キャラクター「サキドリちゃん」。
    来週から番組ノベルティーは、ふんわり柔らかく吸水性の良いクレシェンド製造の「サキドリ特製 今治タオルハンカチ」になります!
    20171013_3.jpg
    デザインがこちら! カラーも3種類あってカワイイです。
    メール・FAXをお送り頂いた方の中から抽選に2名様にプレゼントします。皆様からのご意見、ご感想お待ちしています。



    20171013_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』は、清水デスクが語る「選挙にかかる費用で何ができる」?
    衆議院選挙にかかる費用は600億とも700億とも言われていますが、それだけの費用があれば一体何ができるのかわかりやすく紹介しました。
    例えば・・・
    ●給付型奨学金。今年は155億円計上しているが、600億あれば4倍の学生が助かる。
    ●就労支援。補填には590億円かかると言われているが600億あれば賄える。就職のチャンスも増え、働き方改革に繋がるのでは?
    これだけのお金がかかる今回選挙、行かないのはもったいないですよね!



    20171013_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「増税なんておやめなさい!」。
    年金の受給資格が25年から10年に変更され、今年8月から手続きの封筒が各家庭に送られました。しかし、対象者67万人に対して、手続きを行ったのはなんと45万人。これは本当にもったいないので、ぜひまだしていないという方はやってほしいと訴えました。
    そして、本題の増税について。「財源がないから増税だ!」、そんな声が上がっていますが本当にそうなのか荻原さんは疑問を投げかけます。所得の低い人にものしかかる消費税よりも、法人税、所得税などからとることで逆進性の高いものから補わなくて済むのではと持論を展開しました。



    20171013_7.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る「セーリング」。
    あまりピンとこない競技ですが、明後日からワールドカップが日本で初めて開催されるということで注目が集まっています。
    20171013_6.JPG
    新しい今治タオルハンカチと一緒にパチリ☆



    20171013_8.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集部でアラビア語サイトを担当しているエジプト人のムハンマド・ハッサンさんにお越し頂き、「サウジアラビアで女性の自動車運転解禁へ。着々と進む『ビジョン2030』改革とは!?」というテーマでお話頂きました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●希望の党で始まっている 「小池おろし」
    ●問題大臣、全員当選
    ●日本陸連顧問の帖佐寛章さんの「ロス五輪」回想



    【今日の1曲】 トムズ・ダイナー / スザンヌ・ヴェガ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    20171013_9.JPG
    来週はスペシャルウィーク! 「サキドリ激戦区レポート」と題して、注目の選挙区、候補者の戦いを取り上げます!
    プレゼントは何度も言いますが「サキドリ特製 今治タオルハンカチ」に変わります。皆様からのメール、お待ちしています。

  • 第139回:アメリカ軍ヘリ墜落、再び...

    『ニュースオフサイド』は「沖縄・高江のアメリカ軍ヘリ墜落事故、その背景にある問題とは」。

    沖縄県東村高江でアメリカ軍海兵隊の大型ヘリコプターが墜落、炎上した事故を取り上げ、事故の背景にある問題を取り上げました。


    高江で座り込みなどの反対運動をしている「ヘリパッドいらない住民の会」の安次嶺現達さんがお話してくれたのは、事故を受けての心境。毎晩のようにヘリの騒音があり、寝不足で子供たちも学校に行けないよう状況で、普通の生活さえできない、と訴えていました。


    「琉球新報社」東京支社報道部長の新垣毅さんに聞いたのは、事故の捜査を妨げる要素について。

    日米地位協定と刑特法によって、本格的な捜査は難しい、との見方を示してくれました。

    オフサイド20171012.jpg

    西村志野記者は、東京杉並区にある沖縄タウン「和泉明店街」から、東京在住の沖縄の方々の声を伝えてくれました。「怖い、危ない、許せない」という強い言葉の一方、アメリカ軍がいないと不安という声があったということです。


    『きょうのナマチュウ』は「都立高校の定時制に廃止の波」。

    都立高校の定時制が次々に廃止されようとしている現状を取り上げ、"定時制高校の今後"を探りました。

    まず、石森則和記者が東京都の教育委員会が都立高校4校の定時制廃止を決めた背景を解説。

    正規雇用で働きながら学ぶ生徒の大幅に減少する一方、チャレンジスクールや昼夜間定時制は入学希望に十分応えられていない。そのため、4校の定時制を廃止し、その代わりにチャレンジスクールを2校増やしたということです。

    サキドリ20171012 (5).jpg

    細木美知代記者は、定時制廃止の方針に反対している元高校教師、佐藤洋史さんのお宅へ。

    4校の定時制を廃止し、チャレンジスクールを2校増やす方針について、佐藤洋史さんは「受け皿として不十分」と訴えています。

    チャレンジスクールは応募倍率が高く、全日制に合格できなかった生徒の受け皿にならないと指摘していました。


    石川真紀キャスターお休みウィークの『SAKIDORIニュースパレード』 今日は 永野景子記者が担当!

    アメリカ・シカゴで今年8月に導入されたソーダ税(甘味飲料税)がわずか4ヶ月で廃止というニュースを解説。
    住民の反発を受け、方針転換に追い込まれたと、廃止の理由を話してくれました。

    サキドリ20171012 (6).jpg



    木曜コメンテーターは精神科医の和田秀樹さん。『きょうのオピニオン』のテーマは「経済も政治も心理学だ」。

    多少不満があっても現状維持を選んでしまう「現状維持バイアス」などの心理学用語を挙げながら、政治家も日銀総裁も心理学者をブレーンにした方がいいというお話をしてくれました。

    サキドリ20171012 (4).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーが取り上げるのは、今週土曜日に行われる、第94回箱根駅伝の予選会の話題。上智大学監督当時、いつぐらいから予選会の準備を始めたか、また、監督としての心構えなど、現在はGMO明日りーつの監督を務めている花田勝彦さんに松島茂アナウンサーがインタビューした音声を交えてお送りしました。

    サキドリ20171012 (3).jpg



    『ニュースパレードアネックス』築地の再開発について、話し合う一回目の会議が今日午後、東京都庁で開かれました。様々な分野の専門家10人が集まり、築地エリアのイメージやポテンシャルなどを話し合ったと、都庁から取材にあたった岡田紀子記者が伝えてくれました。



    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』です。 読書の秋!ということで、おすすめの本をご紹介しました。

    サキドリ20171012 (1).jpg



    【今日の1曲】トワイライト・アヴェニュー/スターダスト・レビュー

  • 第138回:北の思惑

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    「きのう動きがなかった北朝鮮、次なる挑発行動はいつ?」というテーマで、朝鮮労働党の創建記念日に動きを見せなかった北朝鮮が、次に挑発行動に出るのはいつなのか、探りました。

    清水克彦デスクと関西大学の李英和教授はともに、この先、挑発行動のきっかけになりそうな予定を解説。

    清水デスクによると、年内、北朝鮮に国威高揚につながりそうな祝日は、12月に憲法記念日がある程度で、来年2月の故金正日総書記の誕生日(光明星節)までないということです。
    サキドリ2017-1011 (1).JPG

    李教授は、来月のアメリカ・トランプ大統領の来日について、北朝鮮は核戦力が揃っていないので、まだアメリカと真正面からは戦えない、というお話をしてくれました。

    ジャーナリストの笹栗実根さんは、トランプ大統領が北朝鮮に対する過激な発言を繰り返す中、アメリカが今後どう動くのかを解説してくれました。


    続いて『きょうのナマチュウ』では、「東京オリンピックの成功に向けて急務となっているテロ対策」について。

    アメリカやヨーロッパでテロ事件が相次ぐ現状を受け、日本における様々なテロの可能性と対策を考えました。

    細木美知代記者は、『テロvs.日本の警察 標的はどこか? 』の著者でジャーナリストの今井良さんに話を聞くため、今井さんのもとへ。

    サキドリ2017-1011 (6).JPG

    今井さんは、テロに狙われそうな場所やドローンを使ったテロの現状についてお話をしてくれました。

    ソフトターゲットとしては、東京駅をはじめとする都心のターミナル駅が狙われやすく、海外ではドローンによるテロ対策として鷹を使った対策に着手しているということです。

    ナマチュウ20171012.jpg
    警視庁のサイバーセキュリティー対策本部が秋葉原で行ったイベントを取材した竹田有里記者は、イベントで、身代金要求型のランサムウェア攻撃の感染経路や、コンピューターがウイルスに感染した後の状況について説明を受けたとレポートしてくれました。


    石川真紀キャスターお休みウィークの『SAKIDORIニュースパレード』。

    鈴木敏夫デスクが、横田基地騒音訴訟からの流れで「うるささ指数(W値)」を解説。

    航空機騒音の評価指標の一つで、騒音が続く時間や回数などを考慮して算出し、数値が大きいほど騒音がひどいことを表すのだそうです。

    サキドリ2017-1011 (2).JPG




    水曜コメンテーター・堀口ミイナさんの『オピニオン』はラスベガスで起きた銃乱射事件を取り上げ、銃による死者と銃規制の現状について「アメリカ社会と銃規制」と題して語り下ろし。

    アメリカでは毎日多くの人が銃で自殺していて、自分たちの身を守るために持っている銃が自分たちを傷つけており、乱射事件が起きる度に銃規制が叫ばれるものの、何の進展もないとお話してくれました。

    サキドリ2017-1011 (5).JPG




    『SAKIDORIスポーツ』槙嶋範彦アナウンサーが今月26日に開催されるプロ野球ドラフト会議を、野球ライターの菊地高弘さんにお電話を繋ぎながら、お送りしました。

    こちらの質問ひとつひとつ、丁寧に、熱く答えてくれた菊地さん。語り出したら止まらない、状態でしたね。

    サキドリ2017-1011 (3).JPG



    『ニュースパレードアネックス』番組冒頭でも中継を繋いでお伝えした、今朝、東京・品川区で傷害の疑いで逮捕状が出ていた10代の少年が任意同行を求められた際に自宅から逃走した事件。警察が依然、少年の行方を追っています。取材中の 吉田涙子記者が、現在の状況を伝えてくれました。




    水曜の「世の中SAKIDORI」は、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』。

    カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞を受け、"文学の創造力"と"脳の健康"の関係についてのお話です。

    仕事中は徹底的に悩んで創造力を高め、終わったら創造力を捨てて能天気になる切り替えが大事で、切り替える良い方法が読書だということでした。

  • 第137回:衆議院選挙公示日

    晴れの特異日とも言われている10月10日。今日は東京でも30度を超えた地域もあり、夏に舞い戻ったかのような日となりました。

    そんな今日、 衆議院選挙が公示され、12日間の選挙戦がついにスタート!一美キャスターも街頭演説を2カ所見てきたと話していましたね。


    番組最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、この公示についてと、72回目の朝鮮労働党創建記念日を迎えた北朝鮮の動向に注目しました。


    佐藤圭一記者は、麻布十番駅周辺で街の声を取材。今回の選挙の争点について、有権者の皆さんは、憲法改正・消費税・北朝鮮問題・子育て支援・安倍政権を続けさせるのか...など、さまざまな意見が出たそうですが、一番多かったのは「争点が分からない」という声でした。

    サキドリー20171010 (1).jpg

    北朝鮮問題に関して、お電話を繋いだのは国際ジャーナリストの春名幹男さん。選挙戦中の政府の機能、北の狙いは日米同盟の断裂であること、訪朝に前向きなカーター元大統領に「俺がやるんだ!」と難色を示したトランプ大統領についてなど、解説して頂きました。


    『きょうのナマチュウ』は、外国人観光客の増加による問題点「京都を悩ます観光公害」について、京都市役所観光MICE推進室 観光おもてなし課長 福田敏男さんにお電話でお話を伺いました。

    「実際に京都を訪れ魅力に触れた人たちの口コミ・生きた情報が伝わって、外国人観光客が増加。京都は人気観光地以外にも良いところがたくさんあるので、込み合う時間(昼前~夕方)を避けて、観光してもらえれば...」と福田さん。清々しい朝に行く二条城、そして24時間開いている神社など、混雑するバスではなく鉄道を利用して行くのがオススメだそうです。


    訪日観光客が増えているのは京都だけではありません。ということで、古都・鎌倉には西村志野記者が!

    紫芋ソフトクリームのお店、いも吉館さんからお送りしました。

    ナマチュウ2017-1010 (2).jpg




    『SAKIDORIニュースパレード』 今日も清水克彦デスクが担当。取りあげたニュースは「神戸製鋼、検査証明書データ改ざん、影響広がる」でした。石森則和記者のレポートによると、自衛隊が使う防衛調達品に使われているということが新たに分かったということです。

    「毎日、これ(SAKIDORIニュースパレード)を石真紀キャスターはよくやってるなぁ...。」と、本音をこぼした清水デスクでした(笑)

    サキドリー20171010 (3).jpg



    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』では「政治家として、人として」と題して、ノーベル平和賞に選ばれたICAN=「核兵器廃絶国際キャンペーン」の功績に関して、唯一の被爆国である日本政府がコメントをしなかった点に疑問を呈しました。

    サキドリー20171010 (6).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』片山真人アナウンサーが取り上げたのは、全日本大学駅伝、大学駅伝2冠に挑む東海大学!昨日、文化放送でも生中継した出雲駅伝の片山アナ実況によるゴールシーンも改めてお聴き頂きました。

    次のレースは11月5日の全日本大学駅伝。こちらも文化放送で実況生中継されますので、お聴きのがしなく!

    サキドリー20171010 (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』2020年の東京オリンピック・パラリンピックを成功させるうえで重要な要素、サイバーテロ対策。今日「都市セキュリティーセミナー」が開かれ、小池都知事らが出席しました。取材した伊藤佳子記者のお話では「サイバーテロについてはあまり...」ということでした。

    サキドリー20171010 (5).jpg



    【今日の1曲】LOVE SPACE/山下達郎

  • 第136回:「サキドリ総選挙、この人に聞け!」最終回は枝野代表

    3連休最終日。
    特別番組が放送される中、私たちSAKIDORIはいつもと同じ月曜日。今日もお聴きくださった皆様、ありがとうございます。



    まずは、『ニュースオフサイド』 今日サキドリしたのは、小中学校受験の現状です。

    2020年度の大学入試改革を見越して、それぞれの専門家に今年の受験の傾向などを伺いました。

    小学校受験のための進学塾、アンテナ・プレスクール校長の石井至さんのお話では、圧倒的人気校は慶応義塾とのこと。お子さんの思考力や表現力を高めるためにオススメなのは「しゃべる前からの絵本の読み聞かせ。特に、昔ばなしなどの昔ながらの内容が良い」そうです。

    オフサイド20171009.jpg

    さらに、中学受験の現状に詳しい森上教育研究所の森上展安さんにお電話を繋ぎました。中学入試も読解力が重要視されていて、小学校5年生以上になると反抗期に入ってくるお子さんの主体性を、どう引き出すのかが親御さんの腕の見せ所になるようですね。



    『きょうのナマチュウ』は、今日までシリーズでお送りしてきた「サキドリ総選挙、この人に聞け!」の最終回。

    立憲民主党の枝野幸男代表に、一美キャスターが直撃取材!じっくりとお話を聞くことが出来ました。
    ナマチュウ20171009-2.JPG



    先週に引き続き、今秋まで石川真紀キャスターがお休みです。清水克彦デスクの『SAKIDORIニュースパレード』

    今日は「日本初 AI自動走行宅配ロボットの実証実験を六本木ヒルズで実施」のニュースをピックアップ!

    サキドリ2017-1009 (1).JPG



    月曜コメンテーター 健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』

    テーマは「野心と権力」でした。政治家が野心を持ってトップを目指すのは当然のことと言えるが、権力を自分に対して使う人というのは自己制御力が乏しく、しばしば他人に粗暴な態度をとるということが分かっており、転落の傾向にあるのだそう。今度の選挙でも、そういう人の見極めは必要かもしれません。

    サキドリ2017-1009 (4).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』では文化放送でも生中継でお送りしていた、大学三大駅伝のひとつ 出雲駅伝の結果について、砂山圭大郎アナウンサーが伝えてくれました。

    サキドリ2017-1009 (2).jpg



    『ニュースパレードアネックス』
    体育の日の今日、各地で様々なスポーツイベントが行われました。佐藤圭一記者は、千駄ヶ谷の東京体育館で行われたアスリートと一緒にスポーツを楽しめる 「東京体育館スポーツドリーム2017」&「400mリレーフェスティバルin東京2017」を取材。プロのアスリートたちの姿を間近で見られる楽しいイベントに、佐藤記者も「足が速くなった気分」になったそうです(^^)

    サキドリ2017-1009 (3).jpg


    月曜の「世の中SAKIDORI」は放送作家でコラムニスト 山田美保子さんの『芸能アラカルト』今日はお電話で、美保子さんも先日取材したばかりの、あのイケメン俳優の熱愛報道について、お話して頂きました。

    【今日の1曲】彼女とTIP ON DUO/今井美樹 

  • 第135回:ノーベル文学賞を受賞!カズオ・イシグロさんって何者!?

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさん。
    長崎市生まれ、日系イギリス人であるイシグロさんは、89年にイギリスで権威のあるブッカー賞を受賞するなど、イギリス人らしい作家として人気を博しています。


    20171006_2.JPG
    スタジオでは、鈴木デスクが受賞が決まった際のイシグロさんの受賞コメントなどを紹介。「フェイクニュースかと思った」というコメントからは予想外で驚いている様子が見てとれました。


    さらに、イシグロさんと縁のある方々とお電話を繋ぎ、受賞への想いを伺いました。
    最初は、イシグロさんの著書を多く出版している早川書房の編集担当者、山口晶さん! 受賞の瞬間は移動中の電車の中だったそうで「正直、別の作家が取るかも...と思っていたので大変驚いた。すぐに会社に戻った」とのこと。ご本人の人柄については「イギリスらしいジェントルマンなところと日本人らしい気遣いができる人」と山口さんだからわかる情報を教えて頂きました。

    現在、最新長編作「忘れられた巨人」の文庫版は19日発売を前倒しし、13日に出せるよう調整中なんだとか。早く手元に届くかもしれません。楽しみですね!

    もう一人お電話を繋いだのは、「わたしを離さないで」の装丁を手がけた画家の民野宏之さん。今回の受賞を受けて、多くの方から連絡をもらい素敵な気持ちになったと作品に関わった方のお話も聞くことができました。



    『きょうのナマチュウ』は、シリーズ企画「サキドリ総選挙、この人に聞け」!
    今日は、希望の党、若狭勝前衆議院議員に話を聞きました。
    先日、希望の党の選挙公約が発表されましたが、「ユリノミクス」と呼ばれる今回の公約について、若狭さんの考え、そして今後の見通しをお話頂きました。


    これを受けて経済ジャーナリスト・角谷浩一さんは、希望の党立ち上げ当初の注目度や勢いが落ちていることについて、「『次』を意識するような発言が目立ち、『今回』の選挙自体をどうとらえているのか本気度がわからない」とバッサリ。石破さんや野田さんの選挙区に対抗馬を立てないことも「与党に寄り添うように見える」と疑問を呈しました。


    『SAKIDORIニュースパレード』は、引き続き「ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさん」。
    本好きが集まる神田神保町で細木記者が街の人にインタビュー。
    本屋さんでは、店内にあるイシグロさんの本を集めて急いでコーナーを作るも、開店後すぐに本が完売してしまったなど注目の様子が伺えました。




    20171006_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「排除なんておやめなさい!」。
    今週も「おやめなさい」シリーズ。排除は議員だけじゃない! 私たち市民がおびえる排除とは?
    2005年の会社法改正により、会社は社長・社員のものではなく株主のものという認識が強まったといいます。そのことで使う側・使われる側の溝が深まり、中年層の鬱も増加しました。
    そのため、今後は弱いものを救いあげる「抱擁の政治」が求められる。それが実現できる政治家が増えてほしいと語りました。



    20171006_5.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る『新体操』。
    体操のアジア選手権。まさかの内村航平選手が不在の中、白井健三選手が気合を見せた個人総合3位。さらに注目の女子・村上茉愛選手も!



    20171006_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集部のダニエル・ルビオさんからスペインのカタルーニャ自治州の分離独立を問う住民投票を受けて、カタルーニャの現状、そして今後について語って頂きました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●小池新党 自民分断
    ●枝野新党 ツイッター戦略の成否




    【今日の1曲】 流星 / 吉田拓郎


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第134回:小池氏・前原氏が会談で語ったこと

    こんばんは!気候もぐっと秋めいて、ちょっと肌寒いと感じる日が続くようになりました。皆さん、体調崩されていませんか?

    二週間ほどで迎える総選挙に向けて、めまぐるしい動きを見せている各党。今日の『ニュースオフサイド』は「前原氏と会談、希望の党・小池代表の出馬は?」。

    今日行われた希望の党代表の小池百合子知事と民進党・前原代表の会談を取り上げました。

    小池氏と前原氏の声を交えながら、会談の内容を伝えてくたのは、取材した細木美知代記者。

    ポイントは2つで、1つは安倍政権を倒すための連携だという確認、もう1つは小池知事が衆院選に出馬しないことの確認だったということです。

    sakidori20171006 (2).jpg

    山本カオリ記者は、小池氏をめぐるこれまでの動きをおさらいしたうえで、都民ファーストの会に離党届を提出した2人の都議の会見を取り上げ、「都議会では、小池氏が(知事の)自動失職を狙っているのではという声が広がっている」という話を伝えてくれました。

    きょうの都議会本会議では、都民ファーストの会や公明党などが共同提案した「子どもを受動喫煙から守る条例案」が可決・成立。
    これに関連して、都議会公明党の遠藤守都議に、都民ファーストの会と公明党の連携について公明党が今後どう対応していくのか、話を聞きました。
    都政と国政は分けて考え、都政は都民ファーストの会と連携、国政では自公安定政権を継続していくということです。

    アーサーさん20171006.jpg

    ↑アーサー・ビナードさんもこうして放送に耳を傾けていた『きょうのナマチュウ』は、シリーズ企画「サキドリ総選挙、この人に聞け」の4日目。

    今日は、自民党の石破茂元地方創生担当大臣に話を聞きました。

    ナマチュウ-20171005.jpg

    西村志野記者、今日は銀座でプチ世論調査。どの政党に投票するつもりか、街の声を伝えてくれました。


    石川真紀キャスターお休みウィークの『SAKIDORIニュースパレード』。

    水曜サブキャスターの永野景子記者が、黒い煙をまき散らすことで悪名高い三輪タクシー「トゥクトゥク」をEV(電気自動車)に切り替えるというタイ政府の計画を解説。
    EV化すれば年間2万トンの石油消費の削減につながるということです。

    sakidori20171006 (3).jpg


    木曜コメンテーター、和田秀樹さんの『オピニオン』は「日本の経営者よ、もっとアグレッシブであれ」。

    掃除機で知られるダイソンのEV(電気自動車)というニュースを取り上げ、経営者が思い切ったことをやってくれなければ、日本経済は発展しないと、語り下ろしてくれました。

    DSCF8133.JPG


    『SAKIDORIスポーツ』高橋将市アナウンサーが取り上げたのは「東京ヤクルトスワローズ、小川新監督誕生!」の話題。

    今日、午後二時から都内の球団事務所で行われた就任会見の音声とともに、今シーズンのスワローズの主力にけが人多数だった現状などを振り返りました。

    sakidori20171006 (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』手品を使うコインを造るために本物の硬貨を加工したとして、マジックグッズを販売する男ら3人を逮捕。警視庁キャップ・新岡瑞佳記者が今回の事件で罪とされている「貨幣損傷等取締法違反」について、分かりやすく解説。



    木曜の「世の中SAKIDORI」は 加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』です。芸術の秋!世界でたったひとつの素敵なものが作れる工房を紹介してくれました。

    加納さんが描いた絵柄のスカートに、西川サブキャスターも興味津々。

    sakidori20171006 (1).jpg


    【今日の1曲】フクロウの声が聞こえる/小沢健二とSEKAI NO OWR

  • 第133回:希望の党、無所属、立憲民主党・・・

    『ニュースオフサイド』は、「立憲民主党が東京選挙区の候補予定者をきょう発表」のニュースを取り上げました。

    参議院議員会館前から伝えてくれたのは竹田有里記者。

    立憲民主党の記者会見では、名簿一覧表が配られたそうなのですが、それがすぐに回収され、別の名簿一覧表が配られたという話をしてくれました。

    最初に配られた名簿と次に配られた名簿の違いが分からなかったという竹田記者。
    違いを聞いてみると、「立憲民進党」と党名の表記に間違いがあったとのことで、「スタートから転んでいる感じ」と苦言を呈していました。

    サキドリ姉妹20171004.jpg

    細木美知代記者は立憲民主党から出馬する海江田万里さんを取材。
    海江田さんは「民進党全体が希望の党へと行くと思ったが、ふたを開けてみたらそうではない、それならば、今までの理念を受け継ぐ立憲民主党から出馬する」と出馬の決意を語ってくれました。

    清水克彦デスクが伝えたのは、民進党の公認候補を支援してきた連合の定期大会。組合員数690万の連合がどの政党を支持するかに注目だということです。

    サキドリ-20171004 (1).jpg


    『きょうのナマチュウ』は、シリーズ企画「サキドリ総選挙、この人に聞け!」の3日目。日本共産党の小池晃書記局長に話を伺いました。

    ナマチュウ2017-1005.jpg

    西村志野記者、今日は御茶ノ水で18、19歳の若者の声を聞きました。


    サキドリ-20171004 (3).jpg

    石川真紀キャスターお休みウィークの『SAKIDORIニュースパレード』。
    鈴木敏夫デスクが、衆議院選挙の区割り変更によって起こるであろう混乱を解説。

    選挙区が大きく再編される東京7区などを例に挙げながら、戦後の選挙の中でも、みんなが一番混乱するであろう区割り変更だという話をしてくれました。
    混乱を防ぐためにも、自分の選挙区の候補者が誰なのか、今のうちに勉強しておく必要がありそうです。



    水曜コメンテーター・堀口ミイナさんの『オピニオン』のテーマは、「スペインのカタルーニャ独立運動にしんちゃん!?」

    カタルーニャ自治州では、日本のアニメ『クレヨンしんちゃん』が人気で独立運動のシンボルにもなっている、という話をしてくれました。

    サキドリ-20171004 (5).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治アナウンサーです。

    今日は、プロ野球の新人王争いについて、セ・リーグの新人王はDeNA・浜口か中日・京田、パ・リーグは西武・源田が濃厚だとお話してくれました。

    サキドリ-20171004 (4).jpg



    『ニュースパレードアネックス』

    柏崎刈羽原発6、7号機の審査で、原子力規制委員会が審査書案を了承したことについて、石森則和記者が「急いで適格性を認めたことには疑問が残る」と伝えてくれました。
    サキドリ-20171004 (6).jpg



    水曜の「世の中SAKIDORI」は、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    今週はノーベル賞ウィークということで、今年の医学・生理学賞を受賞した体内時計のメカニズムを明らかにした研究を取り上げ、「体内時計と健康の関連性」について話をしてくれました。
    起床時間を一定にしないと体への悪影響がいろいろと出てくるということです。


    【今日の1曲】トゥルー・カラーズ/フィル・コリンズ

  • 第132回:希望の党、第一次公認候補者発表

    『ニュースオフサイド』は「 ところで今、豊洲はどうなってるの? 」がテーマ。

    解散・総選挙で隠れがちな豊洲市場移転問題を取り上げました。先月、地下水調査で環境基準値の最大120倍のベンゼンなどの有害物質が再び検出されたことを、覚えていらっしゃるでしょうか。

    まずは、佐藤圭一記者が地下水モニタリング調査結果と、それに対する都の対応としての地下の追加工事について伝えてくれました。それによると、この追加工事の業者決めがすでに難航しているというのです。小池知事の入札制度改革というものがあり、入札の透明性向上のためのルールに則って、一旦入札が中止となったそう。

    サキドリ2017-1003 (1).jpg

    そんな中、10月1日に豊洲市場で青果業者の方が施設に慣れるための習熟訓練が行われました。

    訓練に参加した築地市場青果連合事業協会 会長 泉未紀夫さんに伺ったところ、「訓練はおおむね問題なし。業界の方々からは、思ったより広い・思ったより狭いと、色々な感想が出た。」とのこと。小池知事については「忙しいようですが、東京オリンピックのスケジュールを変えることは出来ないのだから、この問題からは逃げられない。知事ご自身の言葉で進めて頂かないと!」と少々疲れた声でお話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』 今週シリーズでお送りしている「サキドリ総選挙、この人に聞け!」

    2日目となる今日、お話を伺ったのは公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長でした。

    ナマチュウ2017-1003.jpg

    西村志野記者、今日は新橋で街の声を聞きました。



    石川真紀キャスターお休みウィークの『SAKIDORIニュースパレード』!

    清水克彦デスクが、希望の党の第一次公認候補の発表について、若狭勝さんの会見の音声を交えつつ、解説。今後、第二次、第三次と公認候補の発表がある予定ですが、どこまで数を増やせるかがひとつの焦点となりそうです。

    サキドリ2017-1003 (2).jpg



    火曜コメンテーター、石田純一さんの今日の『オピニオン』は「希望の党は寛容な改革保守政党なのか?」

    希望の党が、安倍政権や自民党とどうのように違うのかいまいち分かりにくく、自民党の対抗軸なり得ていないと指摘し、「中曽根元首相が言った言葉「政治とは文化を守るためにある」。文化というのは多様性。多様性が失われている。」とお話してくれました。

    サキドリ2017-1003 (5).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』担当は長谷川太アナウンサーです。

    この季節、毎週のように行われるマラソンの大会。今日は、マラソンのコースの距離の測り方や、過去にあった「えーっ」と思うようなマラソンの珍事をお話してくれました。

    サキドリ2017-1003 (3).jpg



    『ニュースパレードアネックス』 「モリカケ隠し」とも映るような、安倍総理による突然の解散。森友学園問題と加計学園問題、この2つの問題を追及してきた市民団体らが今日、共同で記者会見を開き、追及プロジェクトの発足をアピールしたほか、文部科学省に対し、要望書を提出しました。

    伊藤佳子記者が会見を取材し、まとめて伝えてくれました。 

    サキドリ2017-1003 (4).jpg


    【今日の1曲】Scream/Michael Jackson, Janet Jackson

  • 第131回:新党「立憲民主党」結成

    こんばんは。10月に入りましたね。SAKIDORI!がスタートして、半年が過ぎたことになります。今後ともどうぞよろしくお願いしたします。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』。今日は民進党と希望の党の合流問題最新情報、そして新党結成の動きにフォーカス!

    国会前から山本カオリ記者が、新党結成を決意した枝野さん、無所属で戦う岡田克也さんと野田前総理のお話を、さらに民進党本部からは佐藤圭一記者が今日の動きと民進党の現在の様子を伝えてくれました。

    希望の党の小池代表について解説してくれたのは政治ジャーナリストの安積明子さん。少し弱気になってきている感じをうけるが、「谷深ければ山高し」で、思い切ったサプライズで高い山を登ろうとしているのでは?とのこと。



    『きょうのナマチュウ』は 今週1週間、シリーズでお届け!「サキドリ総選挙、この人に聞け!」です。

    初日の今日は元国土交通大臣、民進党の馬淵澄夫さんに繋いで、お話を伺いました。

    有権者はどう受け止めているのか?民進党の枝野代表代行の地元5区、大宮駅前で西村志野記者がインタビュー。詳しく「column~記者たちのオフマイク」もお読みください。

    ナマチュウ20171002.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』今週は石川真紀キャスターがお休みです。今日から日替わりのキャスターでお送りしていきます。

    サキドリ-20171002 (2).jpg

    今日は清水克彦デスクが「早稲田実業 清宮幸太郎がプロ野球球団と面談」を取り上げました。広島東洋カープが清宮選手を指名しない方針を明らかに。「野手では足の速い選手を求めている」というのが理由だそうですが、清宮選手も足は遅くないんですよね。

    ストップウォッチを持って六大学野球を見にいき、打ってから一塁に到達するまでの走りを計るという清水デスクに、「何故!?」と笑顔の水谷サブキャスター&河合薫さんでした。

    サキドリ-20171002 (3).jpg



    月曜コメンテーター 健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「がんと仕事」。

    今や二人に一人ががんにかかる時代、その半数がまだまだ働くことが出来る現役世代だといいます。しかしながら、がんを抱えながら生きる人の三人に一人が依願退職をしているのが現状です。

    「仕事でやるべきことがあるということ、仕事で誰かの役に立てるということは生きる上での土台になる。"働き方改革"とか言うんだったら、ADA(アメリカ障がい者法)を見習って、がんの人が働き続けられる社会に繋げてほしい。」とお話して下さいました。

    サキドリ-20171002 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎 アナウンサー。モントリオールで今日開幕した体操の世界選手権のお話から、「もしかしたら、日本人選手の名前の技が新たに!?」ということで、注目の2選手を紹介してくれました。

    "スギハラ"と"ミヤチ"、覚えておきましょう!

    サキドリ-20171002 (4).jpg



    『ニュースパレードアネックス』午後5時から始まった民進党の枝野代表代行の記者会見場から、取材中の山本カオリ記者が新党「立憲民主党」を結成した会見の様子を伝えてくれました。



    月曜の「世の中SAKIDORI」は放送作家でコラムニスト 山田美保子さんの『芸能アラカルト』 をお送りしています。

    今日は、今の芸能界・旬の顔を語りつつ、今後ブレイクするかもしれないタレントをサキドリ。

    どうやら、「今年36歳の男性タレント」がキーワードのよう。アラサーの年下女性からも、アラフォーの年上女性からも射程圏内で、幅広い層の女性をキュンキュンさせているのがその理由。

    高橋一生さん、星野源さん、大谷亮平さん、斎藤工さん、小泉進次郎さん...なるほど!すごいメンバーですよね!

    サキドリ-20171002 (6).jpg



    【今日の1曲】10月のクリスマス/浅香唯

  • 第130回:23区の私大定員抑制を考える

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、「東京23区の私立大学、入学定員の抑制問題」。
    若者の東京への一極集中を是正するためで、文部科学省は私立大学の来年度の定員増を認めない特例を告示しました。「定員を減らせば他が増える」そうなるとは一概には言えないとし、定員よりも高い学費を安くして平等に学べるようにするのが先決だと荻原さん。リクルート進学総研 小林さんも「世界の大学と戦っていく中でこれは足枷になる」と注意喚起しました。
    今後、少子化が進み定員割れが加速する大学が増加すると予想した上で、「都内の入学者を抑制するのではなく、いかに地方の大学を魅力的にするか」がカギになるということです。



    『きょうのナマチュウ』は、「川島なお美動物愛護基金」の設立記者会見の会場からお送りしました。
    20170929_2.jpg
    「犬、猫の殺処分を限りなくゼロにする運動に役立ててほしい」と、エンジン01文化戦略会議の会員だった川島なお美さんの遺志を継ぎ設立されたこの基金、会見は月曜日の世の中サキドリでお馴染み、山田美保子さんの司会で行われました。
    川島さんの夫でパティシエの鎧塚俊彦さんは今回の基金設立への想いとして「3回忌のこの時期に設立できて安堵している、これからも女房と共にあり、できることをひとつひとつやっていくしかない」とお話してくださいました。
    20170929_3.jpg


    20170929_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが取り上げたのは、「夫が高収入でも働く妻増加」。
    夫の収入が高いほど妻が仕事をしている割合が低い傾向にありますが、最近ではすべての年収別の世帯で増え続けています。
    子育て中も働きたい女性が増え、今後仕事と子育ての両立がさらに重要な課題となりそうです。



    20170929_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「選挙なんておやめなさい!」。
    先週に引き続き、「おやめなさい」シリーズ。今日は日々注目を集める衆議院選挙を一刀両断するテーマ。
    これまで小池都知事を応援してきた荻原さん、今の状況にとてもがっかりしているそうで、「築地プランも出しっぱなし! それで今は代表!? コツコツ仕事をするタイプじゃないとわかりショック」と気持ちを吐露しました。
    都民ファーストが都民ワーストになってしまうのか・・・今後の展開から目が離せません。




    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る『新体操』。
    世界新体操クラブ選手権大会が開幕。強豪選手はロシアに集中しているため日本でもロシアに代表選手を送り込んで強化を図ってきました。
    徐々にその成果が出てきているそうで、今回の大会ではどのような結果になるのか。期待したいところです。
    20170929_6.JPG
    一応リボンをしているところだそうです(笑)



    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集部の石井雅仁さんに今年のノーベル賞の見どころを教えていただきました。
    次世代太陽電池を考案した桐蔭横浜大学の宮坂力さん、電気自動車などに使われるリチウムイオン2次電池を開発した名城大学の吉野彰さんなど、今年も物理学賞、化学賞、医学生理学賞の候補者はたくさんいるそうです。
    そしてやはり気になるのは、村上春樹さんは文学賞を受賞するのかどうか。季節の風物詩としてまた盛り上がりをみせそうです。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●安倍自爆解散の結末を大胆予想
    ●小池出馬で政権交代か




    【今日の1曲】 のりこえるの歌 / 真心ブラザーズ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第129回:衆議院解散

    オープニングトーク、『ニュースオフサイド』とテーマは「衆議院解散、民進党と希望の党の合流問題は今」。今日、閣議決定した衆議院の解散と、希望の党との合流に向け調整を進めてきた民進党の両院議員総会を取り上げました。

    山本カオリ記者は、国会記者クラブより「自民党ではいくつ議席を減らすのかという不安な声が聞かれた」と衆院選に対する自民党内の悲観的な見方を伝えてくれました。

    そして、民進党の福山哲郎参院議員にも国会記者クラブの文化放送席にお越し頂き、衆院選の情勢について「政治は一寸先は闇。自民党がこのような状況で野党と対峙するのは、政治のある種のダイナミズム」とお話して頂きました。

    お電話を繋いだのはインサイドライン編集長の歳川隆雄さん。民進党と希望の党の合流話が具体化した経緯。小池都知事がまず念入りに準備して、そこに民進党の前原さん、そして、連合の会長がのることで合流話が具体化したということです。


    『きょうのナマチュウ』では、野党再編に向けた動きが本格化する中、「希望の党」の代表を務める東京都の小池百合子知事が開いた記者会見を取り上げました。

    日本記者クラブから、前半「都政」、後半「希望の党」の予定で行われた会見を細木美知代記者が取材。

    小池知事の「ある意味、いろんなチャンスを頂いてアクションをとってきた。今回アクションをとった最大の理由は安倍総理の解散」という発言をレポートしてくれました。

    希望の党会見20170928.jpg

    小池知事の国政復帰説について話を伺ったのは、政治ジャーナリストの安積明子さん。「60代前半という年齢を考えると、これが最後のチャンスでは。今のところ、ほぼ国政復帰すると思う」と国政復帰の可能性は高そう。


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「東京と大阪に90%超集中 JKビジネス実態調査」。

    JK=女子高校生らによる親密な接客を売りにした「JKビジネス」、サービス内容も多岐にわたるこの9割以上が、東京と大阪に集中していることが分かりました。危険な目に遭う可能性など、考えてほしいものです。

    サキドリ2017-0928 (2).jpg


    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんによる『きょうのオピニオン』は「裁判所で決着をつけるべきこと」。

    先日、検察審査会が「不起訴相当」とする議決を公表した、いわゆる「詩織さん事件」を例に挙げ、
    「本来ならば裁判で争うべきことは裁判でやる。そういう普通の国になるか、今回の選挙で見ておきたい」と語り下ろしてくれました。

    サキドリ2017-0928 (3).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』ZOZOマリンスタジアムで取材中の片山真人アナウンサーが、あす開幕するプロバスケットボールリーグ Bリーグについて解説。試合の面白さはもちろん、ファンサービスやPRにもSNSを活用するなど力を入れて、人気を着実なものにしてきているBリーグ。まったくバスケットボールを見たことなかった人も、元NBAプレイヤーのプレイを見ることが出来ちゃう!とオススメしてくれました。



    『ニュースパレードアネックス』衆議院の解散、そして野党第1党、民進党の希望の党への合流問題を受け、 西村志野記者が渋谷に。 国会には石森則和記者。今日の民進党の動きをまとめてくれました。

    アネックス渋谷20170928.jpg



    木曜の「世の中SAKIDORI」は 加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    今日は、幸運の電車のお話だったのですが、一美キャスターから出た少女漫画の名前に、ポカンとしていた西川&加納。

    サキドリ2017-0928 (1).jpg



    【今日の1曲】蘇生/Mr.Children

  • 第128回:春香さん、お疲れさまでした

    番組開始から水曜コメンテーターを担当して下さっていた春香クリスティーンさんが、今日で卒業となりました。番組中も番組の外でもいつも笑顔で優しく、お仕事に対してとってもまじめな春香さん。韓国大統領選の際には、韓国からレポートもしてくれましたよね。


    まずは、『ニュースオフサイド』から。

    東京都の小池百合子知事が代表を務める新党「希望の党」のこれからをサキドリしました。

    竹田有里記者は「希望の党」の党設立の記者会見を取材。
    小池都知事に関して、記者会見での態度を見ても、都知事としての自覚が消えているというのが都庁内での共通認識と、国政進出の可能性を感じさせる見方を伝えてくれました。
    オフサイド20170927.JPG

    電話を繋いだのは、「希望の党」に参加した松沢成文参議院議員。
    候補者数の見通しについて、「候補者が全国からすごい勢いで集まっている。かなりの候補者を立てられる」と内情を踏まえ、お話してくれました。

    次に電話を繋いだのは、ノンフィクションライターの常井健一さん。「希望の党は民進党と合流しないと、現実的な戦略が立てられない」とこの先の展開についてお話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』では、原子力規制委員会の定例会合を取り上げました。

    きょうの定例会合では、東京電力が再稼働を目指す、新潟県・柏崎刈羽原発の6号機と7号機が、新たな規制基準を満たしているとする審査書案について、取りまとめの議論が行われたのですが、更田委員長が就任して間もない議論の様子を斉藤一美キャスターがレポート。

    「とにかくご安心ください、再稼働をぜひさせたいんです、という思いが随所に感じられた」と現場で感じたことを伝えていました。

    細木美知代記者はスタジオで、日本における原発の現状を整理。

    今現在、5基の原発が再稼働していて、柏崎刈羽原発の再稼働には地元自治体の同意が必要。
    再稼働の判断には3~4年かかる見通しだということです。
    サキドリ-20170928 (1).jpg

    西村志野記者は、東京・五反田からレポート。

    環境エネルギー政策研究所の所長・飯田哲也さんからお話を伺いました。
    ナマチュウ--20170927.jpg

    飯田さんによると、前任の田中委員長から更田委員長に代わったとしても、
    田中委員長の適合性は判断するけど安全性は判断しないという考え方は変わらず、
    基本的に大きな変化はないということです。

    サキドリ-20170928 (2).jpg
    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが「日本原産の植物"イタドリ"が、イギリスで破壊植物に」という、ニュースをピックアップ!

    19世紀に観賞用としてイギリスに輸出され、旺盛な繁殖力から在来種の植生を脅かす外来種となり、コンクリートやアスファルトを突き破るなどの被害が出ているとのこと。

    日本はなぜこのような被害が出ないのか?日本には、イタドリだけを食べるイタドリマダラキジラミがいるから、大丈夫なんだそうです。



    水曜コメンテーター、春香クリスティーンさんの『きょうのオピニオン』は「ドイツ総選挙」。

    春香さんは、24日に行われた総選挙で大躍進した「AfD(ドイツのための選択肢)」に注目。右とか左とかは関係なく、現状への不満のあらわれであり、これから国政でどんな存在感を示していくのか注目していきたいと語り下ろしてくれました。

    サキドリ-20170928 (3).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』担当は松島茂 アナウンサーです。元関脇・若の里、西岩親方に、3横綱2大関が休場となってしまった9月・秋場所についてと、11月の九州場所に向けて、お話して頂いた音声をご紹介。

    横綱 稀勢の里は来週10月5日からの秋の巡業に参加を表明しているものの、大相撲九州場所出場は慎重に見ている...、大関 高安に関しては、間違いなく九州場所にあがるというお言葉も頂きました。

    サキドリ-20170928 (4).jpg



    『ニュースパレードアネックス』 原子力規制委員会発足から5年。原子力規制の指揮を田中委員長に代わって執ることになった更田委員長はどんな方なのか、記者会見を取材した吉田涙子記者が伝えてくれました。
    サキドリ-20170928 (5).jpg

    そして...、春香さんとお送りする最後のコーナーが終わった瞬間、我慢していた涙が止まらなくなってしまった永野サブキャスター。お二人が打ち合わせテーブルで、仲良くお菓子を食べている姿、いつも和やかで癒しの光景だったんです。寂しくなります。

    サキドリ-20170928 (7).JPG



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』
    出馬経験のあるドクターたかよしの語る「まもなく解散総選挙!良い議員を選ぶための脳科学研究!!」です。テレビではなく、生の演説を実際に見て判断すること。そして、政治家と握手をしないことなどポイントをあげてくれました。


    【今日の1曲】君はロックを聴かない/ あいみょん

  • 第127回:「ひかりの輪」観察処分取り消し。上祐代表が語る

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、「オウム真理教後継団体の分派、『ひかりの輪』に観察処分取り消しの判決下る」。
    この判決結果に受けて、ひかりの輪の代表・上祐史浩さんが電話で今の胸中を語りました。
    長く対立関係にある「アレフ」とは違い、「ひかりの輪」は脱・麻原、反・オウムを掲げた学習教室であること。そのため今まで多くの方に誤解を受けており、今回事実が認められてほっとしているといいます。

    これに反し、長年オウム真理教の取材を続けてきたジャーナリストの江川紹子さんはこの件を「妙な判決だ」と発言。
    国民が知りたいのはアレフとひかりの輪が一体化しているのか否かではなく、それぞれが観察を続ける必要があるのか、判断してほしいことが出てこなかったと問題提起しました。

    実際に「ひかりの輪」の東京本部教室がある世田谷区南烏山で佐藤記者が住民を取材すると、「不安や怖い」といった声や「アレフとの違いがわからない。監視がなくなるのは困る」といった声が聞かれました。
    あれだけの大きな事件を起こしたオウム真理教、後継団体への理解は難しく、にわかには信じられないというのが世間の認識でした。



    『きょうのナマチュウ』は、気象病。
    お話を伺ったのは、せたがや内科 神経内科クリニック院長 久手堅さん。
    気象病は、気圧の変化によって体調不良が起こる病で、音を感じる内耳に気圧を感じるセンサーがあり、これが関係しているといいます。
    日ごろからの予防が大切で、パソコン作業が多い方は30分ごとに肩を回したり、耳やあごをもんだりすると和らぐそうです。
    20170926_2.JPG
    池袋で気象病についてインタビューをした西村記者、20代の若者で友人が気象病という方のお話を伺うことができました。

    20170926_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが取り上げたのは、「ハロウィンの本場、アメリカでやりすぎ!?」。
    来月に迫ったハロウィンを前に、本場アメリカでは、人が倒れていると通報があり、警察が駆けつけるとハロウィンの装飾だったという事件が発生。
    その装飾をスタジオで見てみると、あまりのリアルさに「ひぇ!」と悲鳴があがりました。
    本来、楽しんで行うはずのハロウィン、どこまで許されるのでしょうか・・・?


    20170926_4.JPG
    コメンテーターの石田純一さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「問われるのは安倍総理の政治姿勢」。
    消費税の使い道を変え、若い世代にも投資を行うということで衆議院の解散表明をした安倍総理。消費税増税はまだ先なのになぜこのタイミングなんだ、争点つぶしだと批判しました。
    きちんと自民党で議論されたものを国会で議論してほしいと、今後の総理の姿勢についても鋭く問いかけました。


    20170926_5.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、飯塚治アナウンサーが『日米通算21年の現役生活の別れをつげた千葉ロッテマリーンズ井口資仁選手』を語りました。
    スタジオには、名物広報・梶原紀章さんにもお越し頂きました。
    井口選手のお嬢さんによる始球式、引退試合、引退セレモニーの模様を振り返りつつ、井口選手のこれまでの功績をたっぷりと語っていただきました。


    『ニュースパレードアネックス』は、希望の党を立ち上げた代表の小池都知事の代表質問の模様を伊藤記者が伝えてくれました。


    【今日の1曲】 週末のStranger / 稲垣潤一


  • 第126回:小池新党

    こんばんは!

    番組冒頭からお聴き頂いたのは、小池都知事の記者会見音声です。今日、上野動物園の園長が赤ちゃんパンダの名前を発表した直後、新党「希望の党」立ち上げを表明した小池都知事。

    『ニュースオフサイド』では、まず「安倍総理、きょう夕方、衆議院解散を表明」と題して、永田町の動きに詳しいインサイドライン編集長 歳川隆雄さんに、解散の狙いや野党側の準備についてなどお電話を繋ぎました。

    「小池新党がどのくらいの議席を取れるのか?そして、小池さんは日本初の女性宰相になる野心を捨てていない。公示日の前日、10月9日に東京都知事を辞めて、立候補を決断する可能性があると見ている」とのこと。

    スタジオでは、清水克彦デスクが今日の永田町の動きを解説。

    さらに、新党設立に向けた協議に参加している松沢成文参議院議員にもお話を伺いました。


    『きょうのナマチュウ』のテーマは「衆議院解散を前に相次ぐ"猫も杓子も小池詣で"」です。解散総選挙に向けた動きを中継しました。

    国会からは山本カオリ記者が今日の政府・与党の動きを、そして、東京都庁にいる伊藤佳子記者は取材した小池都知事の記者会見の内容を伝えてくれました。都政はもちろんちゃんとやるとした上で、シナジー効果で国政が都政にもプラスになると明言したそうです。新党結成は明日か明後日と言われています。
    (この後、伊藤記者は番組エンディングで、小池都知事が小泉元総理と会談していたこともレポートしてくれました!)


    サキドリ2017-0925 (2).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「子どもの下校後の安全強化」について。

    子どもや女性を犯罪から守る方策の検討を続けてきた警視庁の有識者研究会は、学校の児童や生徒については、下校後に外出した際に被害に遭うことが多いとして、警察が保護者らと協力して安全確保に努めるよう求めるなどした提言をまとめました。

    被害に遭う場所は、道路や集合住宅の共用部分、公園や商業施設など。コンビニで目を付けられて事件へ...という事例も多く、対策が急がれます。


    月曜コメンテーターは、健康社会学者 河合薫さんの『オピニオン』

    「メッセージの意味は誰が決める?」と題して、どんな言葉を投げるか、言葉選びにばかり目が行ってしまっていて、それ自体は悪いことではないが、どんな言葉を受け止めるか受け手側の能力を高めることなくしてコミュニケーションは成立しないというお話でした。

    サキドリ2017-0925 (4).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』月曜担当・砂山圭大郎アナウンサー!

    今日は、フィギュアスケートの羽生結弦選手の今シーズン初戦について、八木沼純子さんの解説もまじえて伝えてくれました。

    サキドリ2017-0925 (3).jpg



    『ニュースパレードアネックス』東京・上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が"シャンシャン"に決まったのを受け、西村志野記者が、上野で街の人たちにインタビュー!

    32万件をこえる名前の応募、その中から選ばれた"シャンシャン"!中国では人気者という意味もあるそう。赤ちゃんパンダ"シャンシャン"の公開が待ち遠しいですね。

    アネックス20170925.jpg


    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』 !

    サキドリ2017-0925 (5).jpg

    今日取り上げたのは、稲垣吾郎さん・草彅剛さん・香取慎吾さんの活動。開設された公式ファンサイトのセンスの良さに「これはもしかしてあの人が携わっている?」というお話や、3人の活躍の場の展開の仕方が非常に上手だというお話をしてくれました。



    【今日の1曲】アウトサイダー/Awesome City Club

  • 第125回:早実・清宮選手の進路に注目!

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、「安倍総理 来週、国会冒頭解散へ」。
    山本記者に国会の様子を伝えてもらうと、閉会中の国会内はとても静かですが各党本部は慌ただしいそうで、民進党では選挙公約を決めるなど動きが見られます。気になる野党共闘については、表だっては批判も多く出るため、地域ごとに裏で候補者の調整が行われているのではと伝えました。
    そして、自民党に代わる受け皿として支持を集める「小池新党」は、小池都知事が党首に就任するのか・・・自民党の警戒は続きます。


    これを受けて、「加計学園問題の疑惑隠しだ」と反発が上がる中、愛媛県今治市では明日23日にデモが行われます。
    市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川さんによると、今治では30年ぶりのデモで、東京などから参加する方も多いそうです。加計学園の工事現場前や今治市役所前も通るというデモ、注目が集まります。


    細木記者は街の声を紹介。街ゆく方に「臨時国会冒頭解散を支持しているか」を調査すると、30人中できる11人、できない19人。大きな差はありませんでしたが、それぞれ様々な意見を聞くことができました。



    『きょうのナマチュウ』は、早稲田実業の清宮幸太郎選手の記者会見。
    20170922_2.JPG
    「プロか? 進学か? 清宮選手の決断は!?」、高橋将市アナウンサーが伝えてくれました。
    そして、選んだ進路は、プロへの道。カナダで行われたU-18ワールドカップが転機になったといい、早く木のバットに慣れてプロで活躍してほしいと一美さんもプロ入りを賛成していました。将来的にはメジャーの挑戦も語っていますが、まずは来月のドラフト会議ですね! 今後も見逃せません。

    20170922_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが取り上げたのは、「買い物空白地に出店加速 ファミマ、80自治体対象」。
    ファミリーマートが日常の買い物に困る「買い物弱者」対策として、スーパーやコンビニがない空白地帯に出店を加速すると伝えています。
    本来なら政府が担当すべき案件ですが、明確な担当がないためかなかなか対策が進みません。日々の生活に直結したこの問題、土地や住民にあった流通の重要性を強く感じるニュースでした。


    20170922_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「嘘をつくのはおやめなさい!」。
    先週に引き続き、「おやめなさい」シリーズ。"消費税はすべて社会保障に当てます!"と公表しているのが財務省のHP。これって当たり前では? と思っていた荻原さんですが、読売新聞の記事で8割は違うものに使われていたことがわかり怒り心頭。
    選挙前なので、すべて社会保障に当てますと言っているだけでは? と論じました。この「すべて社会保障にあてる」が選挙後に消されないよう、財務省にはしっかりしてほしいところです。


    20170922_5.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る『メダリストを生で見よう』について。
    現在、バドミントンのヨネックスオープンが開催中。奥原希望選手やタカマツペアなど、プロの試合を3千円ほどで見ることができるんです!とってもリーズナブルですよね。


    20170922_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.comでアラビア語サイトを担当しているエジプト人のムハンマド・ハッサンさんにイスラム教とイスラム圏の国々に関するニュースを伺います。
    今回のテーマは「外国人が悩む曖昧な日本語!ハッサンに聞く!」です。
    ハッサンが多くの日本語学習者がわかりにくいと感じる日本語を紹介。
    まずは「ちょっと」の使い方。「ちょっと、すみません」、予定を聞かれて「いや今日はちょっと...」など、使い分けが難しいといいます。
    「いいです」も、goodの意味だけではなく、NOと断る意味もあり、なかなか判断が難しい言葉なんだとか。
    最後に日本語を学ぶ方に気を付けたいことを伺うと、日本語の壁は漢字ではなく、コミュニケーションをとるために文化背景を学ぶところからやってほしいと一美さんも納得の答えが飛び出しました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに話題の記事を解説して頂きました。
    ●小池都知事の党首就任への待望論が出ている「小池新党」について
    ●日本ハムの大谷翔平投手情報




    【今日の1曲】 shout to the top / スタイル・カウンシル


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第124回:ハチ公前の不思議な光景

    今日の一枚は、一美キャスターがオープニングトークでお話した、渋谷ハチ公像のところでお昼寝する猫。リスナーの方からも、渋谷ではない場所での猫の目撃情報も届きました。



    『ニュースオフサイド』は、「核シェルター、日本で普及するのか」。

    北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中、活発化する「核シェルター」の普及に向けた動きを取り上げ、今後、普及していくのか、考えました。

    細木美知代記者は、東京都内にある核シェルターを取り扱う会社「ワールドネットインターナショナル」からレポート。

    イスラエル製の核シェルター「レインボー36V」を見た目がエアコンのようで部屋に設置しても違和感がないと伝えてくれました。

    レポート先で話を聞いたのは、「ワールドネットインターナショナル」の楠美健太さん。
    楠美さんによると、今年の4月以降、エアコン型の核シェルター、地下核シェルターはともに問い合わせや注文が増えているということです。

    今後、日本で普及するのか?

    電話でお話を聞いたのは、NPO法人「日本核シェルター協会」の理事長、織部信子さん。
    日本の核シェルター普及率は0.02%と低いが、自然災害から身を守るためにも有効という知識を持つことで今後、普及していけばいいとお話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』では、今週末・24日に東京・有楽町にオープンする「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」を取り上げました。


    西村志野記者は、きょう開かれたプレス発表会と内覧会を「ロックの殿堂を受賞したアーティストを中心に58点の楽器や衣装が展示されている」とレポート。

    ナマチュウ20170921.jpg

    中継先で話を聞いたのは、「ロックの殿堂ジャパン」の代表、西坂正造さん。

    西坂さんおすすめの展示品は「プレスリーのコート」で、見れば見るほど味が出てくるものでプレスリーにちょっとでも興味がある方は見てほしい、百聞は一見に如かずだとお話してくれました。

    「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」は今週土曜・9月23日から来年3月11日まで、東京・有楽町の有楽町インフォスで開催されます。

    興味を持たれた方は、ぜひ、足を運んでみてください。

    詳細は「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」へ。



    サキドリ-20170921 (6).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「東京都、水上バス活用し「貸客混載」実証実験」という話題でした。

    今回の実験では、定期運航中の水上バスで模擬貨物を輸送し、搬入・搬出における所要時間や人員、船内での安全性確保のための人員配置、旅客輸送への影響等を確認したそう。

    和田さんは「水上バスが三隻しかないってことに驚いた!東京は環状の電車が少ないから、かなり便利になると思う」とお話していました。


    サキドリ-20170921 (1).JPG

    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さん。

    今日の『オピニオン』では、「文系の安倍・理系のメルケル」と題して、同年齢の安倍首相とドイツのメルケル氏の違いをあげ、東ドイツ出身でもともと理論物理学者のメルケル氏の、保守だけれどとても柔軟な考え方の出来る部分、実験してみてダメだったらやめようという理系の考え方を日本も取り入れてみるといいのでは?とお話してくれました。


    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は長谷川太アナウンサー。

    ラグビートップリーグ、明日行われる「東芝×神戸製鋼」を取り上げました。明日のゲームキャプテン湯原祐希選手のインタビューもお届けしました。夜7時20分から文化放送でも、解説:堀越正己さん、実況:長谷川太アナウンサーで放送されますので、ぜひお聴きください!



    『ニュースパレードアネックス』網膜色素変性症など、さまざまな網膜の病気についての理解を深めるため、明後日23日が「網膜の日」に制定されることになりました。

    厚生労働省で行われた「網膜の日」制定の記者会見を取材した伊藤佳子記者。

    視野3度を体感できるメガネを一美キャスターにかけてみてもらいました。

    駅などで白い杖をお持ちの方に私たちは何をしたらいいのか分からないということもあるかもしれません。一言、「お手伝いしましょうか?」とお声かけする、実践したいですね。

    サキドリ-20170921 (8).JPG



    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    ハロウィンイベントで盛り上がる季節が到来!今日は池袋で楽しめる、怖~い企画を2つ紹介してくれました。

    サキドリ-20170921 (2).JPG



    【今日の1曲】YOU ARE THE ONE/TK PRESENTS こねっと

  • 第123回:未だに先が見えない拉致問題

    緊迫する北朝鮮情勢について、拉致問題も含めてお送りした『ニュースオフサイド』。

    まずスタジオで鈴木敏夫デスクが、アメリカのトランプ大統領が国連総会の一般討論演説で訴えた北朝鮮問題について解説。


    17日に行われた拉致被害者の救出を目指す「国民大集会」にビデオ映像で参加した横田めぐみさんのご両親、早紀江さんと滋さんの声もお聴き頂きました。


    お電話を繋いだのは、20年前の1997年、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されていることを最初に突き止めた拉致問題の第一人者で、北朝鮮の情勢全般に詳しい元朝日放送プロデューサーでジャーナリストの石高健次さん。

    「97年当時、早紀江さんは「めぐみがいなくなって20年間、どっちを向いていけばいいのかも分からなかったけれど、石高さんの言葉で北朝鮮の方を向けばいいんだと非常に希望が持てました」とおっしゃって、先も見えない状況に、私自身、その言葉を重く受け止めたことを憶えている」


    先が見えないまま40年が経過してしまった拉致問題。なんとかしたいという変わらない思い、そして政治家に対するむなしい気持ちを率直にお話して下さいました。



    『きょうのナマチュウ』テーマは「外国人観光客に道を聞かれて、あなたは英語でうまく案内できますか?」

    外国人観光客2000万人時代を迎え、2020年には4000万人、2030年には6000万人とこの先の目標を定めています。


    東京を訪れる外国人旅行者に東京の魅力を伝える活動を行う「東京都観光ボランティア」の概要、街の人はどのように外国人観光客に対応したことがあるのか?を細木美知代記者が伝えてくれました。

    「東京都観光ボランティア」は来週の月曜から新たに募集開始とのこと。

    ナマチュウ20170920 (1).JPG

    西村志野記者は羽田空港に行っていました。
    増加する外国人観光客に対する英語で接客ができるタクシー運転手の育成のため、「東京タクシーセンター外国人旅客接遇英語検定」 というものを実施しており、これまでに50名の方が合格しています。今日はそのうちのお一人、関東自動車交通のタクシー運転手、貞方一郎さんにインタビュー!

    ナマチュウ20170920 (3).jpg

    スタジオにTOEIC960点・英語ペラペラの堀口ミイナさんがいるということで、ミイナさん扮する外国人観光客を相手に、貞方さんには英語での接客実演をお願いしました!

    検定に合格したことで自信につながり、街でも困っている外国人を見かけると「Mey I help you?」と声をかけられるようになったと語ってくれた貞方さんでした。

    サキドリ2017-0920 (3).JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀 キャスターが、今日取りあげたニュースは「京都御苑で無許可でドローン、カナダ人を書類送検」です。女性は容疑を認め、「規制されているとは思わなかった」と供述しているといいます。

    ミイナさん「私くらいの年代だと、ドローンはもう簡単に手に入る身近なもので、一生に一度しかもう来られないかもしれない観光地に来たら、広角で写真を撮りたいという気持ちは分からなくない。運営面や制度にも問題点があるような気がしてしまいました。」

    真紀さん「ドローンの先進国のカナダなどでは、販売するということは許可制にする、これを持った人は撮影していいよという風にするときちんとドローンメーカーと運営側が連携をしているそうなので、日本もそうした方が良かったのかもしれないですよね。」

    サキドリニュースパレード20170920.JPG




    水曜コメンテーター、タレントの堀口ミイナさんの語り下ろした今日の『オピニオン』!

    主人公の肌の色を黒くすればするほど、難易度が高くなる(主人公の能力値は変わらないのに最初の所持金が少なかったり、周囲の人の態度が冷たい)」という社会風刺のきいた「サウスパーク」のゲームの驚きの設定を取り上げ、「そういう偏見が確かに現実にもある。日本は皮肉や批判は不謹慎とされ過ぎていて、考える機会が失われていると思う。勇気を出して、声を出すことも必要では?」とお話してくれました。

    サキドリ2017-0920 (1).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』高橋将市アナウンサーが、メットライフドームから、今日の解説 山崎裕之さんと一緒に「広島カープ、37年ぶりセ・リーグ連覇!」について振り返りました。


    『ニュースパレードアネックス』 昨年6月、東京都目黒区の公園の池で女性の切断遺体が見つかった事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた、池田徳信被告の裁判員裁判の初公判が19日、東京地裁で開かれました。

    取材した竹田有里記者は「被告人は完全に黙秘。遺体の切断については饒舌になっていたが、謝罪などは一切なかった。なぜこのような事件を起こしたのか真意を知りたい」と感じたことを伝えてくれました。

    サキドリ2017-0920 (4).JPG


    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    今日ドクターが教えてくれたのは「橋本病」について。

    重度の無気力という症状から、うつ病や認知症などと誤診されやすいこの「橋本病」ですが、血液検査をすれば一目瞭然!「橋本病」が放っておいて勝手に治るということは、まずないのだそうで、「なんだか変だな」と思ったらためらわず病院へ行きましょう。

    【今日の1曲】マージービートで唄わせて/竹内まりや

  • 第122回:給食食べ残し問題に迫る

    『ニュースオフサイド』 で取り上げたのは、中学校給食の食べ残し問題。神奈川県大磯町の町立の国府中学校と大磯中学校で導入した、中学校給食の半分以上が食べ残されている状態が続いているというのです。


    まずはスタジオで佐藤圭一記者が、状況を詳しく説明。

    それによると「全国平均の残食率が6.9%というなか、大磯町の町立中の残食率は26%にまで及んでいる。給食センターが併設されているのではなく、外の業者に委託し配達をしてもらうデリバリー方式の給食のため、温かいものではない。さらに昨年の1月からの一年半で、髪の毛やビニール片、虫などの異物混入も100件近く報告されている」とのこと。

    サキドリ-2017-0919 (1).jpg

    2014年、橋本知事時代に大阪でも中学校給食を導入。府内の中学校で当時PTA会長をされていた高畑尚児さんにお電話を繋いで、当時の状況をお聞きしました。「スクールランチを導入したことで、逆にお弁当持参者が9割に増えた。私も実際に食べてみたが、そこまでものすごくまずいというわけではない。でも、女の子には多すぎる量だし、注文の制度が面倒だったりもした。」

    現在もスクールランチ制度は継続されているが、そもそもスクールランチを食べている生徒が少ないこともあり、「美味しい」という声もあまり聞かれないそうです。
    これを聞いたリスナーの皆さんからも、給食の悲喜こもごもメールもたくさん頂戴しました。



    続いて『きょうのナマチュウ』twitterを中心にネット上で、納豆菌が強すぎるという「納豆菌最強伝説」が広がっています。

    真偽のほどは?お電話を繋いだのは、全国納豆協同組合連合会 松永進専務です。

    「納豆菌は繁殖力が強い。環境が悪くなると胞子となって休眠状態になるので、摂氏100度も短時間なら耐えられるはず。胃酸にも強く腸まで届いて善玉菌を増やす働きをしてくれたり、昭和17年に、日本海軍の軍医長が『納豆の普及が現下の急務』という本を刊行したこともある。」とお話してくれました。


    幼い頃から毎朝、納豆を食べ続けている男、一美キャスターも「これからも死ぬまで食べ続けます!」と宣言。


    そして、東京・三宿にある納豆専門店「納豆工房せんだいや」からは西村志野記者がレポートしてくれました。

    790円の納豆食べ放題定食の話に、納豆好きの集まるスタジオメンバーは大興奮でした。

    ナマチュウ20170919.jpg


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「南アフリカ5歳のDJにノリノリ」!

    南アフリカの5歳の男の子アーチ君が100人超の聴衆を前にDJとして60分間の実演を披露し、世界最年少DJとしてギネス記録に認定されたそうです。

    石田純一さんは3歳くらいから「いつか野球の選手になりたい!と強く思ったことを憶えてる。もちろん叶えば素晴らしいけど、叶わなくても夢を持つことは素晴らしいですから。」とお話していました。

    サキドリ-2017-0919 (4).jpg



    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんの今日の『オピニオン』は、「政治家の信頼度」について。

    ギャラップが25か国で行ったアンケート調査で、最も信頼されている職業は消防士という答えが1位だったのに対し、ビリは政治家という結果になったことなどから見ても、政治は国のため・国民のために尽くされるということが為されていないのではないか?と語り、政局だけで「今がチャンス!」と解散・選挙になってしまう現状を危惧しました。

    サキドリ-2017-0919 (5).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』松島茂アナウンサーがメットライフドーム放送席から、解説の東尾修さんとお送りしました。

    「東尾さん、火曜に解説に入られること多くないですか!?」と一美キャスターのツッコミ、義理の息子・石田純一さんは「理太郎を野球に連れてってくれてありがとうございます~!」とご挨拶と、和やかにコーナースタート(笑)

    今日は、二年ぶりのホークスの優勝、そして2位争いについてお話をして頂きました。



    『ニュースパレードアネックス』安倍総理が衆議院を解散する方針であることが表面化して、初めての閣議が行われた今日。閣僚や、与野党幹部は何を語ったのでしょうか?

    国会から石森則和記者が、自民党・二階幹事長の会見や、麻生副総理兼財務大臣の言葉を伝えてくれました。かなり努力したモノマネ、いかがでしたでしょうか?



    【今日の1曲】恋のうた/太田裕美

  • 第121回:敬老の日

    三連休の最終日でした。SAKIDORI!の皆さんは、この三連休、何をしていたか?

    一美キャスターはラグビーの試合を見に、水谷サブキャスターは氣志團万博へ。コメンテーターの河合薫さんは「連休中、誰とも会わずに仕事してたから口がまわらない(笑)」と報告しあったオープニング!


    さて今日の『ニュースオフサイド』は、"敬老の日"ということで「適度な距離の子育て」と題し、"孫疲れ"と"祖父母と孫の付き合い方"について考えました。

    女性の社会進出が進むにつれて、子育てにおける祖父母のサポート(=祖父母力)はなくてはならないものになりますが、その一方で近年、問題になりつつあるのが"孫疲れ"です。

    電話を繋いで話を聞いた家族問題評論家の宮本まき子さんによると、孫はかわいいんだけど疲れたと思う祖父母が増えているのだと言います。

    「晩産晩婚が増えたために、初孫ができたのが還暦という人が増えているが、若く見える人が多いため、期待されてしまうことが多い」と話されていました。

    祖父母と孫が一緒に旅をする"孫旅"が増えている現状を受け、電話を繋いだのは、"孫旅"を企画している「休暇村・奥武蔵」の営業課長補佐・鈴木信也さん。

    おねしょシーツなどのレンタルグッズも用意しているので、祖父母が孫と初めて宿泊したときにも困らないシステムを作っているとのことでした。



    『きょうのナマチュウ』は2本立てで、まずは「9月解散、10月総選挙の行方」。

    安倍総理が今月28日召集の臨時国会の冒頭、衆議院解散に踏み切るとの見方が政界で広がっていることを受け、山本カオリ記者が永田町から、これまでの動きを抑えつつ、「解散風が真っすぐ吹いてきたから間違いない。安倍総理にとって、今が解散のベストのタイミング」と伝えてくれました。

    解散・総選挙後の政局も気になるところです。

    つづいて繋いだのは、有楽町。
    西村志野記者が、東京国際フォーラムで行われている、障害者スポーツの魅力を知ってもらうための参加体験型イベント「チャレスポTOKYO!」の会場からレポート。

    実際に体験したというお子さんの無邪気な声とともに、ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)、車いすバスケ、健常者と障害者が一緒に楽しめる「ペガーボール」などを紹介し、その魅力を伝えてくれました。

    ナマチュウ-20170918.jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、貧しい人に無担保で少額を融資し、生活向上を手助けする「貧者の銀行」として知られるバングラデシュのグラミン銀行が、日本進出を検討しているというニュース。お金は就労にかかる経費など自立のために使う条件とし、働く意欲を後押しするとのことです。

    サキドリ-20170918 (1).jpg


    月曜コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「離れて暮らす親とのルーティーン」。

    健康社会学における家族のルーティーンという考え方を紹介し、「親から子に電話やメールをすると約束し、ルーティーンにするまでやっておくと、何かあったときに変化が分かる」と、離れて暮らす高齢の親と子が今すぐに実践できるルーティーンを教えてくれました。

    河合さん20170918.jpg


    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが、フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア)で男子世界歴代2位の記録を打ち出した宇野昌磨選手、そして本田真凜・樋口新葉・坂本花織の3人の女子選手について、文化放送『スポーツディスカバリー』パーソナリティーでお馴染みの八木沼純子さんの解説もまじえて、お送りしました。

    サキドリ-20170918 (2).JPG



    『ニュースパレードアネックス』まずは、ここで広島カープ連覇が決まった瞬間の音声を速報でお届け!

    そして、気象予報士 伊藤佳子記者が大型の台風18号の今後の動きについて、解説してくれました。まだ9月ということで、台風シーズンは続きます。自分の避難経路など、今一度確認をしておきましょう!

    サキドリ-20170918 (3).jpg



    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    以前も取り上げ、"一線を越えていた"ことを認めた斉藤由貴さんについて。衝撃的な画像の流出経路、これからの斉藤由貴さんの夫婦関係・・・

    「なんでこんな人を好きになったんだろう」と率直な感想でしめて頂きました。

    サキドリ-20170918 (5).jpg



    【今日の1曲】慟哭/工藤静香

  • 第120回:北朝鮮ミサイル発射 その狙いは?

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、今朝発射された北朝鮮の弾道ミサイル、その狙いは? これから予想される挑発行為とは?
    まずは、清水克彦デスクが今年に入ってからの北朝鮮の動きを整理。さらに国際ジャーナリスト 春名幹男さんから今回のミサイルを受けてアメリカはどう動くのかを分析して頂きました。
    アメリカへはグアムに飛ぶのかばかり気にしてしまいますが、実は今回の弾道ミサイルの軌道の先にはアメリカ基地があるウェーク島があるそうで、そこを目的とする可能性も捨てきれないとのこと。朝鮮労働党の記念日である来月の10日まで挑発は続くだろうと予想しました。


    『きょうのナマチュウ』は、政府が検討している海外旅行者に課税する「出国税」をサキドリ。
    20170915_2.JPG
    仮に旅行者1人当たり1000円を徴収すると200億円も予算が増える計算に。諸外国の現状として、韓国は1000円、中国は1500円の出国税がかけられているため、日本ももし導入されるとしたらそのくらいの金額になるだろうと予測します。
    税理士の柴田篤さん、そして淑徳大学の千葉千枝子教授に出国税の導入についてご意見を伺うと、ふたりとも「賛成」で、2030年に6000万人の外国人旅行者を目標としている日本としてはもっと日本に来やすくなる基盤を整理するために必要だということです。
    しかし、旅行熱を冷やしかねないこの政策、実際に施行するためには多くのシミュレーションが必要となりそうです。

    20170915_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが取り上げたのは、「イグ・ノーベル賞」。
    日本人研究者の今回の受賞は、「メス側にオスのような生殖器がある昆虫の発見」という驚きの研究結果! 今回で日本人の受賞は11年連続です。


    20170915_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「投資なんかおやめなさい!」。
    昨日、新潮新書から荻原さんの新刊「投資なんか、おやめなさい」が発売されました。
    20170915_5.JPG
    銀行も、生命保険会社も証券会社も、いま生き残りを賭けて私たちのお金を狙っている!? 投資を考えている方に少し耳を傾けてもらいたいそんな内容でした。
    詳しくはご本をチェック!



    20170915_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る『カーリング』について。
    先日、カーリング女子の平昌五輪代表が決定しました。選手の出身をひも解きながら、その町でなぜカーリングが盛んになっていったのか...その歴史を紹介しました。


    20170915_7.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集部の石井雅仁さんから、「外国人旅行者のレンタカー事故の増加」の問題をご紹介。
    訪日外国人の数はここ5年で4倍も増え、昨年は2400万人に達しました。そんな中、レンタカーを借りてドライブを楽しむ方も増えており昨年は約70万5000人が借りています。
    しかし、沖縄では外国人のレンタカー事故が物損事故も含めて9600件も起きているといいます。その理由は、慣れない運転環境。
    では、具体的に政府はどんな対策を講じているのか、国土交通省の取り組みをご紹介しました。

    20170915_8.JPG
    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。BSフジ広報局長の川植浩治さんに今週末放送されるBSフジの注目番組を紹介して頂きました。
    ●16日(土)夜7時から「藤あや子・坂本冬美・香西かおり・伍代夏子『艶歌四人姫!』」
    ●17日(日)夕方5時から「美しき酒呑みたち」
    ●17日(日)夜7時から「美空ひばり生誕80周年 愛と伝説と歌と芝居と」




    【今日の1曲】 星のラブレター / THE BOOM


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • こんばんは!

    今日のオープニングは、昨年2016年、広島カープがリーグ優勝を決めた試合の音声をお送りしました。一美キャスターがスポーツアナウンサーとして実況を担当していたこの試合。久しぶりに一美節を耳にして喜んでくださったリスナーさんも多かったようです。



    『ニュースオフサイド』今日のテーマは「急増するキレる高齢者、背景には何が?」

    暴行の摘発人数が10年で4倍になるなど、キレる高齢者が増えている背景を探りました。

    まず、電話を繋いだのは、『老人たちの裏社会』などの著書があるノンフィクション作家の新郷由起さん。
    「生きてるだけでストレスが溜まる。うまく発散できず、ストレスがどんどん溜まって爆発してしまう」などと、キレる高齢者が増えている背景をお話してくれました。

    つづいて電話を繋いだのが、病院内のトラブルの相談に応じる「ホスピタルサポートサービス」の代表、横内昭光さん。
    「労わってもらって当たり前という考えが備わってしまって、自己中になってしまう」と、トラブル対応をしてきた人ならではのお話をしてくれました。

    オフサイド20170914.jpg

    西村志野記者は、巣鴨地蔵通り商店街よりレポート。

    高齢者(女性)に生インタビューし、「60歳を過ぎて、感情のコントロールしにくくなることが増えた」という声を伝えてくれました。お買い物や散歩でうまくストレス発散をしている高齢者の皆さんも多く見受けられたそうです



    『きょうのナマチュウ』では、「民進党・前原代表に文春砲!離党ドミノは加速するのか」と題して、きょう発売の「週刊文春」が報じた"前原代表と北朝鮮との不可解な蜜月関係"と民進党内で歯止めがかからない"離党ドミノ"を取り上げました。


    国会から民進党内の反応を伝えてくれたのは、山本カオリ記者です。
    文春の記事については「山尾さんの問題とは質が違い、あまり大きな影響はなさそう。ですが、次第にボディブローのようにじわじわと効いてくる可能性はあるのかも」、離党ドミノついては「この先、何人の離党者が出るのか、動揺が広がっている」とのこと。


    お電話をつないだジャーナリストの二木啓孝さんは、文春の記事について「2ショット写真はインパクトがあるが、記事を読むと、具体的なことは書かれていない」とお話してくれました細木美知代記者は新橋から街の声をレポート。

    「民進党は良い人材がいない。日本を引っ張っていけるとは思えない」
    「無関心だし、どうでもいい」など、街の人たちは次々に出てくるスキャンダルにおなか一杯の様子でしたね。


    サキドリ-20170914 (3).JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「休み明け学校の悩み相談を無料、弁護士が電話で」という話題。

    明後日16日、いじめや不登校、体罰などの問題に取り組む弁護士のグループが夏休み明けの学校生活に悩んでいる子供などを対象に16の都道府県で一斉の電話相談を行います。

    電話番号など詳しくは「学校事件・事故被害者 全国弁護団」のホームページへ。→こちらから




    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「東大に入る子は5歳で決まる」!

    子供たちに早めにサキドリ学習を行い、「僕って、出来るんだ!」という"できる"体験をさせてあげる、そうすることで根拠のある自信を持って物事を順調に運ぶことが出来るようになるというお話でした。何事も滑り出しは重要ということですね。

    和田秀樹さんの著書『「東大に入る子」は5歳で決まる』は小学館から発売中です。

    サキドリ-20170914 (2).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーが、12年ぶりに規格変更された軟式野球のボールについて、全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事にお話を伺ってきました。

    スタジオで、実際に今までのボールと新たなボールを比べて、詳しく説明してくれた寺島アナウンサー。

    サキドリ-20170914 (4).JPG



    『ニュースパレードアネックス』非常に強い勢力の台風18号が沖縄地方を直撃し、宮古島では50年に一度の記録的な大雨となりました。気象予報士の伊藤佳子記者が、明後日からの三連休の台風18号の動きについて、注意点など解説してくれました。

    サキドリ-20170914 (1).JPG



    木曜の「世の中SAKIDORI」は 加納有沙 レポーターの『SAKIDORI最前線』

    9月29日(金)から公開の映画『ドリーム』の招待券を3組の方にプレゼント!

    〒105-8002「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」ドリームチケット係まで

    住所・氏名・電話番号を明記の上、ハガキでご応募ください。

    DSCF7344.JPG



    【今日の1曲】 カサノバとエンジェル/藤井隆

  • 第118回:受動喫煙について考える

    こんばんは!

    今日は、喫煙者と非喫煙者では大きく意見が分かれるであろう問題、東京都が国に先駆けて実施する「受動喫煙防止条例」について『ニュースオフサイド』で取り上げました。

    電話を繋いだのは、条例案づくりに携わっている都民ファーストの会の岡本こうき都議。
    「子供を守る条例である"議員提案"と職場や飲食店の罰則付きの条例である"知事提案"の2案を同時進行で作成している」と、条例の大まかな内容をお話してくれました。

    細木美知代記者はスタジオで、日本の喫煙者の割合(18.2%)、受動喫煙による死者数(推計1万5000人)を紹介。
    「三次喫煙(=たばこを消した後の残留物から有害物質を吸い込むこと)のリスクもある」と、受動喫煙の知られざるリスクを伝えてくれました。
    サキドリ 20170-913(1).jpg

    神奈川県知事時代に全国で初めて受動喫煙防止条例を制定した、松沢成文参議院議員とは電話をつなぎ、「飲食店は原則、禁煙にして、喫煙ルームを作って、そこで吸ってもらえればいい。ここまでは日本もやらないと恥ずかしい」と、条例案の気になる点についてお話していただきました。



    そして、2本立てでお届けした『きょうのナマチュウ』は、1本目「東京オリンピック公式ライセンス商品、ショールームがオープン」という話題から!

    東京オリンピック大会組織委員会が公式ライセンス商品の認知度アップに向け、明日(14日)から東京・渋谷区にオープンするショールームを取り上げました。

    オープンに先駆け、きょう行われた報道陣向けの内覧会を西村志野記者がレポート。
    「公式ライセンス商品は全部で380あり、そのうち100ほどが並んでいる。半被などもあり、外国人観光客の方もうれしいのでは」と、ショールームの様子を伝えてくれました。

    ナマチュウ20170913.jpg


    2本目は「3歳女児が死亡したO157の食中毒問題」です。

    群馬県と埼玉県の総菜店で、ポテトサラダなどを食べた人が相次いでO157に感染した集団食中毒で、3歳の女児が死亡した問題を取り上げました。

    女児の死亡を受け、前橋市の保健所は今日、記者会見を開いており、竹田有里記者はこの記者会見会場からレポート。
    幼い子を持つ母親方の率直な感想を紹介しつつ、「O157の混入経路は分かっていない」と伝えてくれました。


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀 キャスターが取りあげた話題は「アメリカの大学でハリポタ通じ、哲学を学ぶ」。

    春香さんはハリー・ポッターを最初はドイツ語で読んでいたけれど、だんだんと待ちきれなくなって、途中から英語版を読んでいたそう。

    サキドリ 20170-913(2).jpg
    ドイツ語でハリー・ポッターと言ってみて欲しいという一美キャスターのリクエストに応えてくれた春香さん。

    おまけ20170913.JPG
    この番組ではもうお馴染み、春香さんがドイツ語を話すときの怒っているかのような勢いのある言い方に、リクエストしておきながら驚きのあまりのけぞって、イヤホンが抜けてしまった一美キャスター(笑)



    水曜コメンテーターの春香クリスティーンさんの『きょうのオピニオン』

    ご自身もグローバル人材育成アンバサダーという立場であるということについて触れながら、「海外にある日本人学校の実情」と題して、スイスで11年ほど通ったという日本人学校・補習校を例に挙げつつ、「日本の教材を使って、仲間と一緒に勉強ができて本当によかった。こういう経験を生かせる環境づくりが日本でできるといいな」と語りおろしてくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』高橋将市アナウンサーがサキドって伝えてくれたのは「競馬世界最高峰のレース、第96回凱旋門賞」!

    ホースマンにとって、いわばサッカーならW杯、野球ならWBCのような位置づけの凱旋門賞。いつものロンシャン競馬場は改装中で、今年も昨年と同じシャンティ競馬場でレースが行われます。

    今年の日本の出走馬は、サトノダイヤモンドとサトノノブレスの2頭。ヨーロッパの重い馬場を制することが勝利へのポイントになりそうですね!

    サキドリ 20170-913(4).jpg



    『ニュースパレードアネックス』北朝鮮を訪問したアントニオ猪木参議院議員。北朝鮮は猪木議員を通じて日本に対して何かメッセージを送ってきたのでしょうか?

    取材した吉田涙子記者によりますと、「何でも聞いてくれれば率直にお答えします」と冒頭おっしゃったという猪木議員。どんなお話が聞けるのか、かなり期待は高まったものの、途中からは具体的な質問が出ても、うやむやに...。

    「(猪木さんは)何がしたいんだかよく分からない。」と一美キャスターも呆れ顔でした。

    サキドリ 20170-913(5).jpg



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    今日のテーマは、「桐生9秒台から読み解く、能力開発の医学」というお話でした。脳科学の研究で解明された"適正"を見つける方法、"適正"があれば、脳内に『快感』が生じるのだとか。

    【今日の1曲】ばらの花/くるり

  • 第117回:制裁強化決議案とおたふくかぜ

    こんばんは!

    今日はオープニングの一美キャスターの一言も、『ニュースオフサイド』で取り上げた、国連安全保障理事会が採択した「北朝鮮への制裁強化決議」のお話でしたね。

    今回の決議の詳細をおさらいした上で、まず電話を繋いだのは、国際ジャーナリストの春名幹男さん。
    「石油の全面禁輸という項目があったが、削除した。今回盛り込まれた原油の輸出量の上限設定ではごまかしがきく。『もし北朝鮮が火星14を発射すれば、石油の全面禁輸を検討する』と一言入っていれば、全然違う。」と、今回の決議の意味をお話してくれました。

    さらに、元陸上自衛隊化学学校長の鬼塚隆志さんには、北朝鮮が検討しているとされる"電磁パルス攻撃"について伺いました。「瞬間的に立ち上がる電磁波による強力な攻撃で、電車や家電などあらゆる電子機器を破壊する。停電だけでなく、発電所がダウンする可能性もある。」のだそう。



    続いて『きょうのナマチュウ』では、「おたふくかぜの合併症で難聴となった人が2年間で少なくとも336人」というニュースを取り上げました。

    「かつて、おたふくかぜの予防接種は定期摂取されていたが、副作用が問題になり、今は任意接種。接種率は30~40%と低迷している」と、このニュースの問題点について伝える佐藤圭一記者。サキドリ2017.09 (2).jpg

    電話で話を伺ったのは、本郷赤門前クリニック院長の吉田たかよし先生。
    「幼児の時に感染して難聴になることが多いから、できれば1歳の誕生日を迎えたら、すぐにおたふくかぜのワクチンを受けさせてほしい」と、おたふくかぜにかからないための注意点についてお話してくれました。

    西村志野記者は豊洲から、幼いお子さんを持つご家族の声をレポート。

    「ほとんどの家族がお子さんに(おたふくかぜの)予防接種を受けさせていました」と伝えてくれました。

    豊洲おたふく.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、「増える75歳以上の免許自主返納 今年は7月末まですでに14万件」というニュースです。

    「自分はまだまだ大丈夫って思いがち。そこらへんは気を付けないとと思いますよね。」車がお好きな石田さんは、いつまでも現役でいたいから体を鍛えたりもしているとお話していました。

    サキドリ2017.09 (3).jpg



    火曜コメンテーターは、俳優の石田純一さん。
    『きょうのオピニオン』では、「私、法務省矯正支援官で厚生労働省のプロジェクトにも参加してるんです」と題して、
    石田さんが務めている「法務省矯正支援官」と、厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーターの活動とその意義を取り上げ、「(その意義を)ラジオやテレビなどで告知していく義務という意味でこういった活動をさせていただいている」と語りおろしてくれました。

    サキドリ2017.09 (5).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』片山真人アナウンサーが取り上げたのは、春の甲子園 選抜高等学校野球大会の"21世紀枠"。

    片山アナの母校、静岡県立吉原高校野球部、実はこの野球部を作ったのが片山アナだそうで、キャプテンの小林諒也くんのインタビュー音声を嬉しそうに紹介してくれました。

    サキドリ2017.09 (4).jpg



    『ニュースパレードアネックス』カナダで開かれた18歳以下の野球のワールドカップに出場した日本代表が、今日午後、帰国。羽田空港には吉田涙子記者が!

    本来の到着予定だった時間より1時間ほど遅い17時5分に到着となったため、まだ小枝監督、清宮主将のお話は聞けていなかったのですが、レポートの真っ最中に前を通って行った監督と清宮主将に「お疲れさまでした!!!」と声をかける涙子記者の臨場感のあるレポートでしたよね!

    会見での清宮主将の声は、番組エンディングでご紹介させて頂きました。

    【今日の1曲】CHANGE THE WORLD/ERIC CLAPTON

  • 第116回:"人づくり革命"ってなぁに?

    こんばんは!

    日曜に神奈川県相模原市で一美キャスターが録った、アメリカ軍用機の音声でスタートしたSAKIDORI!です。今日は9月11日ということもあり、皆さんから『9.11』に関するメールも頂きました。

    番組では、頂いたすべてのお便りの中から毎日抽選で2名様に、サキドリちゃんクオカードをプレゼントしています。明日もメッセージお待ちしてます!



    さて、『ニュースオフサイド』は「安倍政権の新たな看板政策"人づくり革命"」と題し、今日夕方に初会合が行われた"人づくり革命"の具体策を検討する構想会議を取り上げました。

    人づくり革命の狙いを教えてくださったのは、ニッセイ基礎研究所・チーフエコノミストの矢嶋康次さん。
    「人生100年時代と言われるなかで、一定の年齢で学校を卒業するとか、就職するとか、定年を迎えるといった画一的な発想から脱却して、いつでも会社を興せるとか、学び直しができるといった自由な社会にどうすれば転換できるのか、というのが今回の人づくり革命の本丸になっている」とのこと。

    山本カオリ記者は構想会議の行われる国会から、会議に参加する有識者13人にはどんな人が名を連ねているのかを伝えてくれました。

    「全国長寿ボウラーボーリング大会」会場からは佐藤圭一記者が、80代、90代の大会参加者の"今の生きがい"を紹介しつつ、「68人が参加し、スコア200に迫る人が多いというレベルの高い大会でした」と、日本の高齢者がいかに元気かレポートしてくれました。



    『きょうのナマチュウ』では、電車の屋根が燃えた「小田急線の火災」を取り上げました。

    現場を取材した伊藤佳子記者は「電車内は混んでいて、早く開けろ、早く出せと焦っている人もいたけれど、大半の人は落ちついて歩いて線路まで避難した」と火災当時の様子をレポート。

    サキドリ-20170911 (2).jpg

    西村志野記者は「火元とみられるボクシングジムの壁はトタンでできていて、外は崩れ落ちていないが、室内は黒く焦げていることが分かる。周辺には焦げたにおいが漂っている」と1日経った現場の様子を伝えてくれました。

    電話で話を伺ったのは、鉄道アナリストの川島令三さん。「今の電車は燃えないということを前提に考えた方がいい。自分でドアを開けて外に出るのが一番危険で、係員の指示に従うのが大事」と、電車火災という非常時の対応についてお話してくれました。このような事態が起こらないことが1番ではありますが、いざという時の心構えは持っておくべきですね。



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、書店が少ない北海道を『走る本屋さん』のお話。全国的に書店の数が減少している中、書店のない自治体が約3割とされる北海道を、約800冊の本を詰め込んだワゴン車が走っています。

    本が買いたくても買えない、読みたいけど手に入らなくて読めない...そういったニーズにこたえる素晴らしい活動ですが、11月まででいったん活動は終了するそうです。

    サキドリ-20170911 (3).jpg



    月曜コメンテーターは、政治学者の姜尚中さん。
    『きょうのオピニオン』では、「北朝鮮の危機とどう向き合うのか」と題して、「まずは日米中韓露のすき間を埋めるために5か国協議をやるべき。そのうえで北朝鮮を組み込んだかたちで6か国協議にもっていくのがいいのでは」と語りおろしてくれました。

    サキドリ-20170911 (6).jpg

    今日、番組の中でもご紹介した姜尚中さんのご本『見抜く力』は毎日新聞出版から発売中です。ぜひ手に取ってお読みください。

    サキドリ-20170911 (7).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎 アナウンサーが、週末のトピックスとして1番の大きな話題と言える、「日本選手初の9秒台をマークした桐生祥秀選手」の話題を取り上げてくれました。

    桐生選手の努力は当然のことですが、砂山アナウンサーのお話にあった目に見えない様々な力が、もしかしたら追い風になったかもしれませんね!

    サキドリ-20170911 (4).jpg




    『ニュースパレードアネックス』
    東京葛飾区で上智大学の女子学生が自宅で殺害、放火された事件から21年となった一昨日。解決を願っての献花式がおこなわれました。

    父親の賢二さんが会長を務める殺人事件被害者遺族の会「宙の会」の活動について、吉田涙子記者が伝えてくれました。

    サキドリ-20170911 (5).jpg



    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    お話してくれたのは、退所したSMAPの稲垣さん、草彅さん、香取さんについての続報です。

    コーナーの中でおかけしたのは、美保子さんの選曲でSMAPの「前に!」でした。

    サキドリ-20170911 (8).jpg



    「アーサー・ビナード午後の三枚おろし」今週、まな板の上にのっているのは、『8か国語落語・竜楽師匠』です。

    9月14日(木)に三遊亭竜楽さんの独演会が行われます。場所は、新橋駅から歩いて5分、千代田区立 内幸町ホール。午後6時45分開演です。前売り券が2,500円で発売中!ぜひ足をお運びください!

    詳しくは三遊亭竜楽さんのホームページをご覧ください。→こちらから

    アーサー20170911.jpg



    【今日の1曲】シナモン(都市と家庭)/小沢健二

  • 第115回:山尾議員不倫疑惑、北朝鮮、太陽フレア・・・

    今日も多彩なニュースをお届けするサキドリ。
    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは2つ。「民進党が抱える問題」と「この週末の北朝鮮情勢」について。
    ゲストにインサイドライン編集長の歳川隆雄さんをお迎えし、週刊文春で報道された山尾志桜里・元政調会長の不倫疑惑から離党届提出という一連の流れについて見解を述べていただきました。歳川さんは、「山尾さんの会見は納得いくものではない」と評価した上で、出鼻をくじかれた前原体制の今後についても言及しました。



    もう1つ気になるのは北朝鮮情勢。
    北朝鮮の建国記念日である9月9日を目前に、ミサイルは発射されるのか、また、トランプ大統領はどう出るのか、油断を許さない北朝鮮問題を取り上げました。歳川さん曰く、「Xデーは朝鮮労働党創建70周年を迎える10月10日まで続くだろう」とのことです。




    『きょうのナマチュウ』は、太陽の表面で起こる大規模な爆発現象「太陽フレア」を解説。
    一昨日、通常のおよそ1000倍という大規模な爆発が確認され、地球に及ぼす影響が心配されています。
    京都大学 野上准教授によると、11年周期で太陽フレアが起こりやすい時期と起こりにくい時期を繰り返しているそうですが、今回は起こりにくい時期に入ったタイミングでの爆発だったため大変珍しいと驚いていました。
    私たちへの影響としては、太陽フレア発生による誘導電流によって通信機器の乱れが起こる可能性があるそう。そこで、一番心配される飛行機への影響はどうなのか、細木記者が羽田空港から中継。
    20170908_2.jpg
    空港では、特に大きな混乱もなく、注意喚起も行われていませんでした。
    広報の方に聞いたところ「無用な混乱がないよう特に掲示はしておりませんが、注視はしているので適切な対応を行っていきたい」とお答えいただきました。
    しかし、ほっと安心するのもつかの場、中継が途中でブッと切れて・・・。これは太陽フレアの影響!? ドキドキする一幕もありました。


    20170908_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、福島県が行った原発事故の風評払拭と風化防止に向けて首都圏と関西の学生に福島の「今」と「魅力」を発信する「スタディーツアー」。この報告会を取材した模様を佐藤記者がお送りしました。


    20170908_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「値上げの秋!」。
    これまでも番組では「野菜が高い!」など、物価の上昇をお伝えしてきましたが、まだまだ値上げするものありました。
    厚生年金の保険料、クロネコヤマト、ごはんですよ...などなど。さらにアメリカのハリケーンの影響で穀物も上がってくるかもしれないそうです。値上げと聞くと多くの方が駆け込みで購入しがちですがそれが実が無駄にしているかも!?というお話もしてくださいました。


    20170908_5.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが語る『選手の引退について考える』。
    浅田真央さん、ウサイン・ボルトなど、体力や精神面などを理由に引退をする方がいる中で、50歳になっても現役で活躍するカズこと三浦知良選手に注目。他の選手より1歩でも多く走るトレーニングや、現在も若い選手と同じメニューをこなすストイックな姿勢を紹介しました。
    過去に一美さんがカズに「文化放送のカズと名乗っていいですか?」と聞いて「ダメ!」と言われたエピソード、面白かったですね。


    20170908_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、ニュースサイトnippon.com編集局長の谷 定文さんから、「悪いニュースがあるとなぜ円を買う動きが強まるのか」、そのカラクリである「円キャリートレード」を解説して頂きました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ 編集局 ニュース編集部 編集部長の今泉恵孝さんに、話題の記事を解説して頂きました。
    ●北朝鮮危機 プーチン・ロシア大統領の二枚舌外交
    ●北朝鮮問題と株価




    【今日の1曲】 俺たちに明日はある / SMAP


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第114回:SMAPの元メンバー、明日契約満了へ

    今日の一枚は、番組終了後、リスナーの方から頂いたメールに目を通す一美キャスターです。

    『ニュースオフサイド』 SMAPの元メンバー稲垣吾郎さん・草彅剛さん・香取慎吾さんの3人とジャニーズ事務所との専属契約が明日8日終了するのをうけ、「3人の新たな旅立ち、ファンは何を想う」と題してお送りしました。

    お電話を繋いだのは『SMAPは終わらない国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」』の著者で批評家の矢野利裕さんと、この番組の月曜レギュラー、放送作家でコラムニスト・山田美保子さん。

    西村志野記者は原宿へ。街の人たちは、3人の新たな旅立ちをどう受け止めているのか、声を届けてくれました。

    オフサイド20170907.jpg


    『きょうのナマチュウ』 では、「伊達公子、引退会見とその後」を取り上げました。

    細木美知代記者が引退会見の会場から「競技人生を振り返ってみて「こんなに幸せなアスリートはそういないんじゃないか」と話していて、終始笑顔の会見だったのが印象的だった。」とレポート。

    さらに伊達さん行きつけの東京・板橋にある鰻屋さん「鮒与」本店の4代目店主でいらっしゃる川渕達也さんにもインタビュー。「お疲れ様という気持ち。なんのスポーツでもそうですけど、一流選手は大変だと思う。愚痴なんか言ってる姿、全然見たことない。」と、自然体の伊達さんの姿をお話してくれました。


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「高知県梼原町 ジビエカー導入1号」です。

    日本ジビエ振興協会と長野トヨタ自動車が共同開発した、捕獲獣を現地で一次処理できる「ジビエカー」を日本で初めて導入。処理場まで遠い地域で捨てられていた捕獲獣の活用も期待できるそう。

    乱獲はもってのほかですが、「ジビエの美味しさがこれを機にもっと全国的に広まって、有効活用がされると素晴らしいね!」とグルメな和田さんも感心していました。

    サキドリ2017-0907 (2).JPG



    木曜コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さん。

    今日の『オピニオン』では「政治家の不倫とホルモンの関係」と題して、男性ホルモンが男性、女性それぞれに及ぼす影響を例に挙げつつ、「男性ホルモンが多い人の方が政治家に向いていると言えるけれども、男性ホルモンが多くなるほど恋愛体質になってしまうというのも事実で、それをどこまで自制できるか...。今の時代は、政治家に自制心があるかを問われるそういう時代になった。」と語り下ろしてくれました。

    サキドリ2017-0907 (1).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』飯塚治アナウンサーが、「野球のU18ワールドカップの戦い」に絡めて、かつて国際試合でメジャーを目指すきっかけになった、そんな選手のお話をしてくれました。

    今回のこのU18ワールドカップで世界を感じた選手たちが、いつかメジャーリーガーを目指すことになるかもしれませんね!?夢のあるお話でした!

    サキドリ2017-0907 (3).JPG



    『ニュースパレードアネックス』民進党の山尾志桜里・元政調会長が議員辞職も含め、対応を検討していることがわかりました。民進党本部で取材中の山本カオリ記者のレポートによると、山尾さんはすでに前原代表に進退をあずけたという一部情報もあるということ、週刊誌報道を否定しつつもかなり憔悴しているという情報も入ってきているということでした。



    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    日本の食文化を代表する"梅干し"に関する話題をお届けしました。

    サキドリ--20170907 (1).JPG



    【今日の1曲】この瞬間、きっと夢じゃない/SMAP

  • 今日の一枚は水曜コメンテーター、タレントの堀口ミイナさん!こんなに髪が短くなりました。


    『ニュースオフサイド』テーマは「夜学のススメ」

    学費が安く、働きながら学べる大学の夜間学部への志願者がなぜ増え始めているのか、その実態とメリットに迫りました。

    西村志野記者はスタジオで、夜間学部自体の数は減少しているが、「残った夜間学部の志願者は学費の安さを理由に増え始めている」と夜間学部の現状を伝えてくれました。

    サキドリ-20170906 (2).JPG

    電話でお話を伺ったのは、夜間学部を持つ中で最も定員が多い、東洋大学入試部の加藤健二部長。

    志願者数の伸びを説明、夜間学部の今後については「これからの社会状況にもよるが、学びを諦めている親御さんたちのためにも役割がある。ニーズはある程度、続く」とお話してくれました。

    サキドリ2017-0906.JPG

    清水克彦デスクがスタジオで伝えたのは、夜間学部が果たしている役割。
    「経済面だけでなく、学び直したいと考える社会人の受け皿にもなっている」とのこと。


    続いて、『きょうのナマチュウ』

    テーマは「加計学園問題で新たな動き、そして、それどころではない民進党」

    加計学園が獣医学部の建設を進めている愛媛県今治市で行われた、今治市議会の国家戦略特区特別委員会を取り上げました。

    委員会の質疑を傍聴した「今治加計学園獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦共同代表にお電話を繋ぎ、印象に残った点について伺うと「『3月3日の市議会を議決したときには予算は決まっていなかった』と発表されたのですが、これには驚きました。ざっくり192億円ぐらいということで着工したということになります」とその問題点を指摘していました。

    これまで、この加計学園問題を追及してきたのが民進党。
    その民進党の幹事長に内定していた山尾志桜里の不倫疑惑が、あす発売の『週刊文春』に掲載されます。

    この話題に関しては、吉田涙子記者が国会からレポート。
    「山尾議員は登庁していない。議員会館の事務所もドアが閉まっていた」と伝えてくれました。

    細木さん-20170905.jpg

    山尾議員の不倫相手とされる男性弁護士が所属する弁護士事務所からレポートしたのは細木美知代記者。
    男性弁護士は不在ながら、事務所には数社の報道陣が詰めかけていたようです。



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが伝えてくれたのは「公園にヌーディスト用区域 パリ、来月15日まで」という話題です。

    パリ市は、同東部にある「バンセンヌの森」公園内の一部をヌーディストたちの専用区域として開放する実験的な措置を開始。8月31日から10月15日までの期間限定となっているそうです。

    ヌーディストを日本語にすると「裸体主義者」だという点に、ハッとしていた一美キャスター。

    サキドリ-20170906 (3).JPG

    水曜コメンテーターの堀口ミイナさん。今日の『オピニオン』は、「困ったときのニャー」!

    戦場カメラマン・久保田弘信さんから聞いた「(外国に行って)困ったときは感情をのせ、身振り手振りを加えて"ニャー"と言えば、だいたい通じる」という話を、実演を交えながら紹介。愛犬家の永野サブキャスター「ワン!でもいけるかな!?」



    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦アナウンサーが担当!今日はゲストに、高校野球をはじめアマチュア球界に大変詳しいスポーツライターの松倉雄太さんをスタジオにお迎えし、カナダで開催されている「第28回WBSC U-18野球ワールドカップ」を取り上げました。

    インターネットテレビ局「AbemaTV」では、9月1日~9月11日まで完全無料で 『第28回 WBSC U-18野球ワールドカップ』日本戦全試合の生中継を行っています。松倉さんがゲスト解説で出演中です!

    サキドリ-20170906 (4).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 原子力規制委員会は今日、東京電力が再稼働を目指している新潟県の柏崎刈羽原発の6号機と7号機の審査を巡り、東電の原発を扱う事業者としての適格性を議論しました。

    明確に否定する声は出なかったものの、結論は出ず...。法的な根拠と照らし合わせて、次回また議論を重ねるということで、地元の同意も得られないなか、実際に再稼働するという見込みはまったく見えていない現状を石森則和記者が伝えてくれました。

    サキドリ-20170906 (5).JPG


    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    受験生がいるご家庭の皆さん必聴!「合格を勝ち取る脳科学」をお話してくれました。受験は家族の団体戦として頑張るといいということです。

    たかよし先生の新刊本、『受験生専門外来の医師が教える 合格させたいなら「脳に効くこと」をやりなさい(青春出版社)』に詳しく書かれていますので、ぜひ手に取ってお読みください。



    【今日の1曲】 Taxi/トクマルシューゴ

  • 第112回:たてものの話

    『ニュースオフサイド』今日のテーマは"古民家"! 古民家がカフェやレストラン、宿泊施設としてだけでなく学生寮などにも再活用しているという、古民家の今をお伝えしました。

    お電話でお話を伺ったのは、実際に福岡県で、空き家になった古民家を改装し、九州大学の学生寮として活用する取組を行っている合同会社「よかごつ」代表の大堂良太さん。

    学生寮として活用している古民家との出会いは、もともと明治5年の庄屋さんだった家屋に住んでいた方が、奥様に先立たれてご自身も施設に入られることになったのがきっかけだったそうです。

    すっかり気に入って動き出したものの、行政とのやり取りが1番の難題だったとお話してくれました。

    かわって、大田区池上の古民家カフェ「蓮月」からレポートしてくれたのは西村志野記者。

    オフサイド20170905 (1).JPG

    古民家カフェで頂いたのは、はちみつバタートーストとラズベリーソーダ!

    居心地が良すぎて、「ずーっと居たくなってしまった!」と中継か帰ってきてからも嬉しそうな西村記者でしたよ♪

    オフサイド20170905 (2).JPG



    『きょうのナマチュウ』 先週土曜日、 竹田有里 サブキャスターが2020年オリンピック・パラリンピック会場になる施設の見学ツアーに行ってきました。

    当選倍率6倍の超人気ツアー!今回見学したのは、新国立競技場建設予定地・有明アリーナ建設予定地・オリンピックアクアティクスセンター予定地・海の森水上競技場整備予定地・選手村建設予定地。

    文化放送リスナーの親子連れの方もツアーに参加されていて、インタビューもまじえてお送りしました。

    サキドリ20170905 (3).JPG

    そして、今日はその建設中の新国立競技場から佐藤圭一記者がレポートを届けてくれました。たまたま外に出て来ていた現場の作業員の方のお話を聞くことにも成功!

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「イタリアのシチリア島で6000年前のワイン痕跡」というトピック。イタリアのワイン醸造はこれまで紀元前1300~1100年に発達したとされていたが、さらに約3000年さかのぼる可能性があるとのこと。

    赤ワインかな~?白ワインかな~?と、盛り上がるスタジオ。

    サキドリ20170905 (1).jpg



    素足でニュースを斬る男、コメンテーターの石田純一さんの今日の『オピニオン』は、題して「出鼻をくじかれた前原民進党」

    民進党の幹事長人事、山尾志桜里元政調会長で内定していたを一転して撤回というニュースから、これに至った背景を勘ぐってしまうし、チャンスというものはそうそう簡単にはやってこないのに、山尾さんが政治家としてのチャンスを逃したことについて語り下ろしてくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーがメットライフドームから、今日のライオンズナイター解説の東尾修さんと一緒にお送りしたのは「パリーグ上位3位チーム、悲喜こもごもの週末」というテーマ。東尾さんと石田さんの義理の親子対談再びで、コーナー最後には「ちゃんと仕事してくださいよ~?(石田さん)」「は~い、分かりました(東尾さん)」という仲の良いやり取りも聞けました。



    『ニュースパレードアネックス』民進党の両院議員総会がきょう午後4時から党本部で開かれました。取材した篠沢政健記者が伝えてくれました。



    【今日の1曲】もう逢えないかもしれない/ 菊池桃子

  • 第111回:一美さんが帰ってきました

    9連休を終え、斉藤一美キャスターが帰って来ました。

    オープニングの「休みは土、日の二日間で十分です!早くニュースの現場に戻りたくてウズウズしていました。」という言葉に、「マジか...」とサブキャスターの水谷さんも驚きを隠せずにいましたね。


    『ニュースオフサイド』のテーマは、「眞子さま ご婚約内定記者会見とこれから」。

    秋篠宮家の長女・眞子さまと大学時代の同級生・小室圭さんの婚約内定記者会見を取材した伊藤佳子記者がスタジオに。

    眞子さま、小室さんの声を交えながら、小室さんを幼いときから知っているという方々の「小さいときからご挨拶がちゃんとできるお子さんで、あのとおりハンサムで...」「素晴らしい人柄、好青年」といった声を紹介してくれました。

    「もう交際5年になるんですね、驚きました」と伊藤さん。

    サキドリ2017090 (1).jpg

    皇室ジャーナリストの高清水有子さんにはお電話でお話伺いました。
    「眞子さまと小室さんの結婚式はどのようなかたちになるのか?」という質問に、「参考になるのは黒田清子さんのケース」で、「結婚式と披露宴は婚約内定から1年後に帝国ホテルで行われ、引き出物はボンボニエールと呼ばれる小さな菓子器に入った金平糖でした」との回答。

    これからの皇室のあり方について話を聞いたのは、麗澤大学の八木秀次教授。
    眞子さまが皇籍を離れ、皇族が18人になる現状については「皇室典範の規定に従えば当然のこと。受け入れざるを得ない」としながら、これからについては「旧宮家の皇籍復帰が男系継承を続けていくうえでの一番いい考え方なのではないか」と皇室を存続するための案をお話してくれました。


    『きょうのナマチュウ』北朝鮮、核実験強行。どうする国際社会、どうなる日本の拉致・特定失踪者問題と題してお送りしました。

    スタジオには清水克彦デスク。このタイミングで行われた核実験の意味「8月31日まで米韓合同軍事演習が行われていて、今度の9月9日の建国記念日を迎える。その真ん中、絶妙なタイミングでの水爆実験だった。行われた実験を成功とするならば今後核実験については鳴りを潜めるのではないか。」、そして今後の焦点などをまとめて解説してくれました。

    サキドリ2017090 (2).jpg

    西村志野記者は、東京・飯田橋にある特定失踪者問題調査会の事務所からの中継。

    荒木和博代表に、どういう思いで相次ぐミサイル発射と核実験を見ていたか、日本政府に対してどのような働きかけをしていこうと思っているのかなどお話して頂きました。

    ナマチュウ20170904.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「アメリカの図書館員が、12年間勤務した図書館から数千枚のDVDやCDを窃盗」という話題。

    まだ詳しい動機などは明らかになっていないニュースなのですが、アメリカで従業員が会社のものを盗むといった事件は多く、年間の被害総額は20兆円に上る年もあるのだとか。

    サキドリ2017090 (3).jpg



    月曜コメンテーターの河合薫さんの『きょうのオピニオン』は、「子ども社会は大人社会の縮図」。

    先週大きく報じられた「9月1日は子どもの自殺が最も多い日」というニュースを取り上げ、「子どもが大切なものをサポートしていく姿勢を私たち大人が持っていくことがゆくゆくは子どもの自殺率を下げていくのでは」とお話してくれました。

    薫さん0905.JPG



    『SAKIDORIスポーツ』今日は、柔道の世界選手権を振り返り。新ルールのお話、注目の選手などを分かりやすく説明してくれた砂山圭大郎アナウンサーでした!

    河合さん「へぇ~、コートの中を逃げ回ってなかなか組めないみたいなことがなくなるのか~。」

    一美さん「コートじゃない!畳!畳です!せめて、マットと言いましょうよ!」

    サキドリ2017090 (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』昨夜起きた埼玉県草加市のアパートで16歳の高校生の男女が刺された事件について、吉田涙子記者が伝えてくれました。殺人と殺人未遂の疑いで県立高校1年の15歳の男子生徒を今日、逮捕。

    交際を巡る高校生の事件が多発しているこの現状を、健康社会学者の河合薫さんは「生のぶつかり合いの中で、愛情や友情、親子関係も育っていくものだが、今のこの世の中ではなかなか難しいと解説してくれました。

    サキドリ2017090 (5).jpg

    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    今日は、「ビッグカップル誕生!!」の話題といえば、そうです。EXILEのTAKAHIROさんと武井咲さんの結婚発表について。

    今後のお仕事への影響や違約金の噂などをお話して頂きました。

    サキドリ2017090 (6).jpg


    【今日の1曲】たくさんのしあわせ/ さだまさし

  • 第110回:【一美・夏休み週間】永野景子×荻原博子

    今日は、「防災の日」。
    荻原さんに家族でどんな対策を行っているのか伺うと、「災害にあったとき、どこに集まるのか決めている」とのこと。また、伝言ダイヤル171も「いない!」の語呂で覚えているそうです。
    これを機会に、ご家族で話し合ってみるのもいいかもしれませんね。


    20170901_2.JPG
    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、民進党代表選挙。
    蓮舫代表に代わり新代表に選ばれたのは前川氏。スタジオには、徳永エリ参議院議員にお越し頂き、選挙結果の考察、民進党の先行き、今後の役員人事についてお話して頂きました。
    「前川氏と枝野氏、どちらが勝っても分裂してしまうのでは?」という世論の意見も「そんなことはならない」と発言。今後の民進党はどうなっていくのか、注目が集まります。



    『きょうのナマチュウ』は、昨夜、全国が熱狂したサッカーワールドカップアジア最終予選、オーストラリア戦。
    2対0と相手を下して、見事ワールドカップの切符を手に入れた日本ですが、その勝因はなんだったのか、スポーツライターの二宮さんに伺いました。
    それはズバリ、「守備の勝利」! ボールキープはオーストラリアの方が多かったが、守備の意識が高く最後まで持続したのが要因と分析。
    来年6月に開幕するロシアワールドカップに向けた課題は敵をどうやって崩していくのか、その攻撃力がカギになるといいます。
    20170901_3.JPG
    そして、細木記者は、原宿にあるサッカーショップKAMOからお届け。
    昨日は試合の前から応援したいとグッズを購入する方が多かったそうで、予選突破を記念した限定3800枚のTシャツも即完!
    運よくゲットできた細木記者がその激レアTシャツをスタジオで披露してくれました。それがこちら!
    20170901_4.JPG
    日本がワールドカップに出場した年がプリントされているそうです。かっこいいですね!



    20170901_5.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「来日中のイギリス メイ首相 その狙いは?」。
    就任後、初めて日本を公開訪問中のメイ首相。本日も分刻みのスケジュールをこなしており、パラリンピックに興味をお持ちのメイ首相は夕方から車イスバスケットボールの試合を観戦されているそうです。


    20170901_6.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「災害が起こったら! 意外に使える火災保険」。
    災害にあったとき、どんなものを持って逃げるか・・・という質問に間髪入れずに「犬!」と答えた永野さん。実はそれは正解で、通帳や株、生命保険などは、後で何とかなる場合が多いため、まずは1秒でも早く逃げることが大切なんだそうです。
    そして、被災した際に見てほしいのが「火災保険」。火事を保障するものというイメージがありますが、最近の火災保険は風水害に役立つ保障もついている場合があるとか。


    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『サッカーワールドカップ アジア地区最終予選』を受けて、選手の出身を都道府県別にチェック!
    中心地に集中しているかと思いきや全国にバラけており、バランスが取れていました。
    20170901_7.JPG
    砂山アナもジャガーポーズでワールドカップ出場をお祝い!

    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.com編集部の土井恵美子さんから、化学メーカークラレとNGO団体ジョイセフが行うアフガニスタンの子どもたちに中古のランドセルを送る活動を紹介して頂きました。
    010.JPG
    これまでに18万個を超えるランドセルが送られ、アフガニスタンの子どもたち感動を与えています。9月1日からは今年最後のランドセル募集がスタート、ぜひ参加したいという方は【こちら】をご覧ください。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    今日は日刊ゲンダイ次局長の二口隆光さんに、話題の記事を解説して頂きました。
    ●すべてが怪しい 死に体政権のミサイル対応
    ●6大会連続W杯出場決定! それでも燻るハリル更迭論




    【今日の1曲】 New Soul / Yael Naim


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    来週からは一美さんも帰ってきます。

  • 第109回:【一美・夏休み週間】西川文野×和田秀樹

    今週1週間は 斉藤一美キャスターが夏休み!女性陣が留守を守ります。守り続けて4日目です。

    今日は、木曜サブキャスターの西川文野とコメンテーター の精神科医で映画監督の和田秀樹さんでお送りしました。和田さんは番組冒頭から「映画監督もそうだけど、僕はDJも夢だったから本当にうれしい!」と今日の放送にやる気満々!和田さんがリスナーの方からのメールをご紹介するという貴重な場面も!



    『ニュースオフサイド』のテーマは、「サッカーワールドカップ・アジア最終予選 今夜、オーストラリアと運命の一戦!」。 勝てば6回連続となるワールドカップ出場が決まる注目の一戦、「日本対オーストラリア」を取り上げました。

    文化放送報道スポーツセンターの長谷川太アナウンサーは、この試合が行われる埼玉スタジアムから中継。 今夜の試合の重要性、会場の様子、グラウンドのコンディションなどを、長谷部誠選手、大迫勇也選手のインタビューを交えて、レポートしてくれました。

    電話で話を伺ったのは、スポーツライターの二宮寿朗さん。 「思っていたより今日は涼しい。お互いにいいもの出し合う戦いになると思う」と、天候を踏まえ、今夜の試合展開を予想してくれました。

    サキドリ20170831NO.jpg

    西村志野記者は、埼玉スタジアムの最寄り駅である埼玉高速鉄道・浦和美園駅の駅前から中継。 サポーターの「世紀の一戦で高まる気持ちを抑えられない」という声を届けてくれました!



    『きょうのナマチュウ』では、きょう(8月31日)が「野菜の日」ということで、キユーピーが期間限定で開いている野菜カフェ「キユーピーとヤサイな仲間たちカフェ」を紹介しました。

    細木美知代記者は、このカフェを期間限定でオープンしているロイヤルガーデンカフェ渋谷から中継。 「店内にはキユーピーや野菜のキャラクターが散りばめられていて、とっても楽しい雰囲気で食事ができるんです」と魅力を伝えてくれました。

    そして、ロイヤルガーデンカフェ渋谷のフロアスタッフ・松原さきさんは、「10種野菜とチキン・いちじくのパワーサラダ」などのおすすめメニューを紹介。 「お客さんに伝えたいことは?」という質問に対しては、「野菜って、こういう食べ方もあったんだってことを知ってほしい」とのこと。


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが、まずは今日17時からのニュースパレードでお伝えする主な内容をご紹介。

    そして、清水克彦デスクが「イギリスのメイ首相、初来日」を解説。

    サキドリPH20170831 (2).JPG


    『きょうのオピニオン』は、木曜コメンテーターの和田秀樹さんが「現在の収入、満足していいのか?」と題して語りおろし。

    内閣府の調査で明らかになった「現在の所得・収入に満足が51.3%」というニュースを取り上げ、「現在の収入で満足している人がいるのはデフレ経済のおかげ。回転寿司、焼き肉チェーン店などでまぁまぁのぜいたくが安い値段でできてしまう」と指摘。 「そうすると、もっと上を目指さなくなってしまう。"もっといいものを"という昔の日本の感覚に戻していかないといけない」とお話してくれました。

    サキドリPH-20170831.JPG


    『SAKIDORIスポーツ』 今日のサッカーW杯、文化放送では夜の7時25分から独占、完全中継!

    その実況を担当する松島茂 アナウンサーが、「埼玉スタジアム2002 」放送席から、改めてロシアW杯 アジア最終予選オーストラリア戦・直前レポートを届けてくれました。先週の金曜日にゲストとしてSAKIDORI!にも出演してくれた、サッカーフリークの小柳ルミ子さんも登場します。お聴き逃しなく!


    『ニュースパレードアネックス』では、原子力規制委員会の田中俊一委員長が、来月5年の任期を終え退任するのを前に、日本記者クラブで開いた会見について、取材した岡田紀子記者が伝えてくれました。

    サキドリPH20170831 (4).JPG



    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    今日は、ロッテリアの新商品、ユニークなスイーツのお話をピックアップ!見た目にも可愛らしいこれは・・・!?

    詳しいレポートは、「世の中SAKIDORI~最新 映画・本・お店情報~By加納有沙」もご覧ください。
    SKD20170831.JPG



    【今日の1曲】すききらいアンチノミー/フィロソフィーのダンス

  • 第108回:【一美・夏休み週間】永野景子×堀口ミイナ

    今週1週間は 斉藤一美キャスターが夏休み!女性陣が留守を守る3日目です。

    水曜サブキャスターの永野景子と火曜コメンテーター のタレントの堀口ミイナさんでお送りしたSAKIDORI!

    夏休みの一美キャスターは、SAKIDORI!を聴いているのか、いないのか!?帰ってきたら聞いてみようと思います。


    『ニュースオフサイド』 「空の玄関、成田と羽田の今」と題して、東京オリンピックまであと3年を切る中、変貌を遂げる成田空港と羽田空港の現状と未来を伝えました。

    まず、清水克彦デスクが伝えたのは、成田と羽田の現状。
    成田については「発着する便の3割がLCCになっている」、羽田については「現在、国際線は19の国、32の都市に飛んでいて、今後ますます数を増やしそう」と解説。
    サキドリno0830 (1).JPG


    竹田有里記者は、秋葉原で外国人観光客にインタビュー。

    ある外国人観光客の「羽田は世界ナンバー1の空港だ。成田は新宿まで2時間かかり、都心へのアクセスがよくない」という声を伝えてくれました。

    サキドリno0830-2.JPG

    電話でお話を伺ったのは、航空行政に詳しい慶應義塾大学名誉教授の中条潮さん。

    「成田も羽田と競争させることで、より良い空港になっていくと思う」としながら、「成田と羽田のすみ分けは国がやるのではなく、自分たちにとって何が強みなのかを決めるのが重要」と苦言を呈していました。


    『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、盛り上がりに欠ける「民進党の代表選」。

    前原誠司氏と枝野幸男氏の事務所を記者が訪問し、それぞれの部屋から見えてくる特徴を伝えました。

    まず、この中継企画を立案した清水克彦デスクが「議員会館の事務所を見ると、議員が何を大事にしているのかが分かる」と、その企画意図を説明。

    前原誠司事務所を取材した西村志野記者が「前原さんは撮り鉄で、自身が撮った9枚の鉄道の写真が飾られていて、しかも(写真は)角度にこだわっていました」と、前原氏の噂にたがわぬ"撮り鉄ぶり"を報告。

    サキドリ0830PH (1).JPG


    枝野幸男事務所を取材した細木美知代記者は「執務室にはアイドルの写真やサインがびっしりあり、乃木坂46の写真、前田敦子さんとの2ショット、仮面女子のグッズなどが飾られていました。意外なんですが、『フライングゲット』も歌うんです」と、"アイドル通"の素顔を伝えてくれました。

    細木さんNM0830%20(4).jpg

    前原氏、枝野氏の人間性が見えてくるレポートでしたね。どちらが代表に選ばれるにしろ、今後の動向に注目です!


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「アメリカ、自動運転車でピザ配達」という話題です。

    宅配ピザ大手のドミノ・ピザは、アメリカの自動車大手「フォード・モーター」と共同で、自動運転車を使ってピザを自宅まで運ぶ実証実験を始めると発表。

    先日8年ぶりに宅配ピザを頼んだという永野さん、普段あまり宅配ピザを注文することがない真紀さんは、ミイナさんの「今、自分のピザがどのあたりまで来てるのかスマホのアプリで確認できるとかもありますよね」という話にもビックリしていましたね。

    サキドリ0830PH (2).JPG


    水曜コメンテーターの堀口ミイナさんが「最新のエクササイズ事情」と題して、暗闇フィットネス「b-monster」の魅力を語った今日の『オピニオン』

    「大きいスタジオの中に40個ぐらいのサンドバッグがあり、壁や天井にはプロジェクションマッピングのかっこいい映像が流れ、かかっている音楽もかっこいい、しかもイケてる先生もいる」と内部の状況を事細かに説明したうえで、「ジムでの機械を使ったトレーニングはあんまり...という人におすすめです!」と、熱を込めて語ってくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』長谷川太アナウンサーが、いよいよ明日行われるサッカーW杯 最終予選「日本 対 オーストラリア」戦を前に、対戦相手であるオーストラリアというチームについて解説してくれました。

    文化放送では明日の夜7時25分から、この試合の模様をラジオ独占生中継を行います!ぜひお聴き下さい!

    サキドリ0830PH (3).JPG



    『ニュースパレードアネックス』では、 今日行われた都議会臨時会の本会議の模様を伊藤佳子記者がレポート!

    都民ファーストの会が、最大会派となってから初めての都議会臨時会本会議。今日から本格的に始まった質疑は、小池都知事にヨイショしているような...と伝えてくれました。市場問題に関しては、未だ具体的な話を見えてこないようですね。

    サキドリ na0830(2).JPG


    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    今日は永野さん&ミイナさんのリクエストにお応えして、「女性の敵、むくみ」について教えてくれました。

    「夏は水分を摂るのでむくみやすい季節。むくむからと言って水分を控えると熱中症になるので、少しずつ摂取するといい。むくみは病気のサインの場合があるので、なかなかむくみがとれない、むくみがひどいという方は一度内科の受診を。」とのことです。

    たかがむくみと侮らずに、異常を感じたらお医者さんに診てもらいましょう!



    【今日の1曲】Dudu/Tarkan

  • 第107回:【一美・夏休み週間】竹田有里×石田純一

    今週1週間は 斉藤一美キャスターが夏休み!ということで、女性陣が留守を守っております。

    2日目は、火曜サブキャスターの 竹田有里 と火曜コメンテーターの俳優・石田純一さんのコンビ。詳しいニュース解説に鈴木敏夫デスクもまじえてお送りしたSAKIDORI!でした。

    サキドリPH0829 (4).jpg



    今日は『ニュースオフサイド』 と『きょうのナマチュウ』2つのコーナーで、北朝鮮の弾道ミサイル発射について、詳しくお伝えしました。

    北朝鮮問題のキー国である中国の情勢に詳しい、拓殖大学教授 富坂聰さん、ミサイルが上空を通ったとされる北海道・えりも町役場企画課長 高橋誠也さん、国際ジャーナリストの春名幹男さんにお電話を繋いでお話を伺いました。

    また、西村志野記者が北朝鮮の方はどのように思われているのかをインタビュー。在日二世でいらっしゃる女性は「またやってしまったか...と。今、日本で暮らしていて、平和に暮らしたいのに恐怖を感じる。」と率直な思いを語ってくれましたね。


    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、今日開催された安倍総理大臣の辞任を求める緊急市民集会です。この集会で特別講演をされた 「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦さんに中継を繋ぎました。


    火曜コメンテーター石田純一さんが、今日の『オピニオン』で語り下ろしたのは「北朝鮮対応、理性的に!自制的に!」

    国の安全・防衛を考えたときに、北朝鮮への圧力強化も必要なのかもしれないが、刺激するような発言は抑止力にはならないのではないか?国のトップの方々には、物事の本質をよく考えて欲しいとお話してくれました。

    サキドリPH0829 (2).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーは静岡県伊豆で取材中。今日は、オリンピック自転車競技の伊豆サイクルスポーツセンター、自転車のトラック競技を行う「伊豆ベロドローム」を紹介してくれました。子供も大人も楽しめる「おもしろ自転車」などの体験できるということで、夏休みたくさんのお客様がいらしていたそうですよ。




    『ニュースパレードアネックス』民進党代表選挙、後半戦。9月1日の投開票日に向け、今日、前原元外務大臣と枝野元官房長官が外国特派員協会でそろって記者会見。

    この会見を取材した佐藤圭一記者が、両候補者の主張、そして今日報道陣からあがった「選挙後の二人はどうなるのか?」という問いについてなど、音声とともに伝えてくれました。

    サキドリPH0829 (3).jpg



    【今日の1曲】STRIPE/土岐麻子

  • 第106回:【一美・夏休み週間】水谷加奈×古谷経衡

    今週1週間は 斉藤一美キャスターが夏休み!ということで、女性陣が留守を守ります!

    今日は月曜サブキャスター 水谷加奈 とコメンテーター 文筆家の古谷経衡さんでお送りしました。

    画像はオープニング、大竹まことさんがSAKIDORI!のスタジオに駆け付け、水谷さんを激励しているところです。



    まずは『ニュースオフサイド』から。
    近頃よく耳にするAI(人工知能)やロボットが、我々、人から仕事を奪う近未来をサキドリました。
    スタジオで清水克彦デスクが、欧米二人の学者の衝撃的な予測について、実際にアメリカAP通信やワシントンポストでは、すでにAIに記事を書かせている現状などを解説。
    サキドリPH0828 (2).jpg
    野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部主任コンサルタントの岸 浩稔さんのお話によると、具体的に人工知能やロボットに置き換えられやすい、可能性が高い職種は、自動運転にかかわるもの、事務系のお仕事、店舗のレジ係、データの入力など。逆に置き換えられにくい職種は、医師、教師、研究者、アナウンサー、コピーライター、作詞家、小説家...この中に古谷さんの文筆家も挙げられ、ホッとしていらっしゃいました。



    『きょうのナマチュウ』
    JR東京駅の地下で開発が進んできた新たな商業施設「グランスタ丸の内」、誕生自体は去年の7月でしたが、第4期のグランドオープンが明後日8月30日ということで、ひとあし早く内覧会が行われました。
    会場から、西村志野記者がレポートを届けてくれました。



    『SAKIDORIニュースパレード』では、石川真紀キャスターが「喫煙率は「東高西低」、北海道は6回連続の1位」というニュースをピックアップ!
    ちなみに1位になった北海道出身の古谷さんは、タバコはまったく吸わないとのこと。
    最終的にスタジオに居るお酒好きの三人揃って「酒は百薬の長」で話がまとまったようです。
    サキドリPH0828 (5).jpg



    今日のコメンテーター古谷経衡さんの今日の『オピニオン』!
    「インパール作戦の傷跡をめぐる」と題して、先月実際にこの作戦が行われたインパールの地を取材した古谷さんが、現場で見たこと・感じたことを語ってくれました。
    サキドリPH0828 (4).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』 担当は砂山圭大郎アナウンサーです。
    今日は「2020 東京の星」になるであろう若い力に注目!
    昨日、卓球のITTFワールドツアー・チェコオープンで 、自分よりもランキングが上の世界ランク7位 五輪メダリストのボル(ドイツ)を下し、4歳史上最年少優勝という歴史的快挙を成し遂げた張本智和選手を紹介してくれました。
    サキドリPH0828 (6).jpg


    『ニュースパレードアネックス』
    小池都知事がきょう都議会臨時会で築地市場から豊洲市場への移転時期について、追加工事が完了する「来年6月以降」になると述べました。
    移転関連費を含む補正予算案を通すための臨時会は39年ぶり、どのような様子だったのか都庁から伊藤佳子記者が伝えてくれました。


    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』
    きのうおととい放送されていた、夏の風物詩「24時間テレビ」を総括!
    サキドリPH0828 (7).jpg
    24時間テレビ、小さい頃は見ていたような気がするけれど、今は全然...という古谷さんの素朴な質問に丁寧にこたえる山田美保子さんでした。




    【今日の1曲】 Happy/PHARRELL WILLIAMS
  • 第105回:小柳ルミ子さんとサキドリ!

    8月スペシャルウィーク最終日! 豪華ゲストコメンテーターとお送りする、SAKIDORIスペシャル企画【今、この人とサキドリたい!】
    今日のゲストは、小柳ルミ子さんです。
    20170825_1.JPG


    荻原さんと並んで、話題のニュースを笑顔で斬ります。


    『ニュースオフサイド』は、加計学園問題、文科省の大学設置審議会が設立の許可判断を保留にしたニュース。
    「今治加計獣医学部問題を考える会」代表の黒川さんは、建築費に水増しや補助金詐欺があるのでは? という設計図から見えてくる問題の中、社会の追及が加計学園側から受け答えせざるを得ない状況を作っていると解説。今後も社会全体で見守っていきたいと語りました。
    民進党、愛媛県議会の福田議員も、今治市だけでなく愛媛県全体の問題として、今後の見通しについてお話してくださいました。



    『きょうのナマチュウ』は2つ。
    1つ目は、東京書籍の藤田さんに、18日に発売されたご本『極-KIWAMI- 超一流の世界へようこそ! 18組の対論』について。
    産経スポーツの連載を書籍にしたもので、アスリートはもちろん、料理人や俳優など、様々な超一流のみなさんの対談が掲載。今日のゲスト、小柳ルミ子さんも浦和レッズの槙野選手と熱すぎるサッカートークが繰り広げられています。
    槙野選手が思わず引いてしまうほどサッカー熱をぶつけたルミ子さん、ぜひお読みください。


    2つ目は、細木記者が野球U-18ワールドカップに出場する日本代表の練習試合会場からお届け。
    20170825_3.jpg
    練習試合では、高校通算歴代最多となる108号本塁打を放った清宮選手。日本を背負ってぜひ頑張って頂きたいです。



    20170825_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「アメリカ ネコ2匹が約3270万円の遺産を相続」。
    88歳で亡くなった飼い主の女性が飼い猫のために約3270万円を相続。
    遺産は女性の知人が管理し、ネコの食事や毛づくろい、診察などにあてられるということですが、「こんなにお金かかるかしら...!」とスタジオでも驚きの声が。


    20170825_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「野菜が高いどうしよう、安い野菜を手に入れよう!」。
    去年よりきゅうりは6割高いなど、野菜の高騰が叫ばれる中、「タダヤサイドットコム」というサービスを紹介してくれました。
    なんとタダで野菜がもらえて、よかったらその農家に申し込むことができるという消費者と農家を繋げるもので、作りすぎて潰してしまう野菜はもったいないと始まりました。
    気になったという方はぜひ検索してみてくださいね。


    20170825_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『サッカーワールドカップ アジア地区最終予選』を語りました。
    サッカーといえばルミ子さん! 日本代表メンバー27人の選出に物申す! でも、攻撃陣はかなりいいと高評価! さらに「サポーターは熱く応援して! 日本がいないワールドカップなんて見たくない!」と今からたぎって仕方ない様子。文化放送では、このオーストラリア戦を夜7時25分から実況生中継します。もちろんゲストにルミ子さんも駆けつけてくださいますので、どうぞお楽しみに!


    20170825_7.JPG
    「ギャオー!」


    一美さんの啼き声から始まった『SAKIDORI ニュースパレード』。
    20170825_8.JPG
    ニュースサイトnippon.com編集部のダニエル・ルビオさんにお越しいただき、日本のシンブル「ゴジラ」を語りました。ゴジラのスーツアクター中島春雄さんと薩摩剣八郎さんの2人にインタビューしたダニエルさんのそのときの様子や、怪獣の王様と名高いゴジラの魅力をたっぷりとお送りしました。



    20170825_10.JPG
    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。
    西川アナウンサーが浜松町の夏の風物詩、ハマサイト夏祭りをレポート。お話を伺ったのは、三菱地所プロパティマネジメントの實川さん。
    今年はプレミアムフライデーということで午後3時からスタート! 16店舗80種類以上の美味しいメニューがみなさんのお腹を満たしつつ、アイドルやアーティストがステージを華やかに彩ります。



    【今日の1曲】 みだれ髪 / 小柳ルミ子


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    20170825_11.JPG
    来週は1週間、一美さんは夏休みです。
    番組はもちろんありますが、一美さんとはまた再来週に!

  • 第104回:林真理子さんとサキドリ

    8月スペシャルウィーク4日目!豪華ゲストコメンテーターとお送りする、SAKIDORIスペシャル企画【今、この人とサキドリたい!】

    今日お迎えしたのは、作家の林真理子さんです。


    画像は、今日取り上げた介護施設での問題を受け、なんともやるせないという表情の林さん。
    番組最初のコーナー『ニュースオフサイド』で、介護施設で暴力・虐待が相次ぐ背景を探り、今後やるべき対策を考えました。

    介護業界最大手の労働組合「日本介護クラフトユニオン」の事務局長、染川朗さんは「ストレスを予防する、軽減することができないと、虐待はなくならない」と虐待の原因を語る一方、「他の産業に比べて10万円ほど格差がある」「募集をしても、まったく人がこない。来た人を断れず、人材を選べない」と介護現場の劣悪な環境を指摘。
    かわって、川崎市 健康福祉局 高齢者事業推進課 課長 原田恵美さんには、実際に虐待の相談がどのくらい寄せられているのか、また相談窓口ではどのような対応をされているのか詳しく伺いました。

    林真理子さんは「介護施設にいる101歳の母を見送った。そのとき、介護する側が60代の方で忍びない思いだった」とご自身の経験を語り、和田秀樹さんは「待遇面の改善がとても大事。少しでもよくしていってほしい」と話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』では、林真理子さんが幹事長、和田秀樹さんが副幹事長を務める「エンジン01文化戦略会議」の活動内容について、お二人にじっくり話を伺いました。

    「エンジン01文化戦略会議」とは、第一線で活躍する芸術家や文化人、知識人らが「新時代の文化形成のエンジンとなり、異分野の才能同士が円陣を組もう」と2001年に発足させたボランティア団体。

    20170824no (1).jpg

    林さんは活動の目的を「メンバーはみんなノーギャラ。地方再生ということで、地方を活気づけようと活動している」と語り、和田さんは「パイロット・CAの講義は人気があり、すぐ満員になってしまう」と話してくれました。

    この「エンジン01文化戦略会議」には、火曜コメンテーターの石田純一さんも入っているのだとか。

    メンバーの皆さんがそれぞれ、楽しみながらも真剣に活動をされているのが分かるお話でしたね!




    『SAKIDORIニュースパレード』 では石川真紀キャスターが「ロシア、芸術活動締め付けか」というニュースを取り上げました。

    ロシアの著名な演出家で映画製作も手掛けるキリル・セレブレンニコフ芸術監督が詐欺罪で訴追された事件、もともとセレブレンニコフ監督は権威に挑むような作風や発言で知られていて、自由な芸術活動に対するプーチン政権の締め付けとの見方も出ているとのこと。

    20170824サキドリ (2).jpg



    木曜コメンテーター、和田秀樹さんの語り下ろした今日の『オピニオン』。
    「映画監督には著作権がない!」と題し、「戦前、映画監督は地位・名誉があった」と前置きしたうえで、「映画監督には著作権がなくて、映画がどんなにヒットしても入ってくるお金は変わらない。つらい思いをする」という、映画監督としてもご活躍中の和田さんならではのお話をしてくれました。

    20170824no (2).jpg



    『SAKIDORIスポーツ』片山真人アナウンサーが東京・本郷、日本サッカー協会のJFAハウスから、ついに発表されたサッカーロシアワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表のメンバーについて伝えてくれました。

    注目の本田圭佑選手と香川真司選手も代表入り。

    8月31日の「日本 VS オーストラリア」の一戦、文化放送で独占中継します!ぜひお聴きください!



    『ニュースパレードアネックス』 今日から3日間、パシフィコ横浜で開かれている「国際オーガニック EXPO 2017」

    取材した野菜ソムリエでもある岡田紀子記者が、同じ会場で行われていたコーナー「商業高校フードグランプリ2017」で気になった、中国・四国地方を勝ち抜いた、「ある野菜を使ったプリン」を持って来てくれました!

    20170824サキドリ (3).jpg

    一美キャスター「こんにゃく?」 西川サブキャスター「いも?」 和田さん「困ったな...何だろう??」

    正解は「茄子」だったんです。

    試食した一美キャスターも和田さんも、実は茄子が大嫌い!なのですが...

    まったく「茄子」だということに気付かず、美味しく食べられたようです。

    サキドリ20170824-1.JPG


    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    今日はヤマハのまったく新しい楽器を取り上げました!

    画像は、真剣にチャルメラを吹いているところ。20170824サキドリ.jpg




    【今日の1曲】淋しい熱帯魚/wink

  • 第103回:森田実さんとサキドリ

    8月スペシャルウィーク3日目!豪華ゲストコメンテーターとお送りする、SAKIDORIスペシャル企画【今、この人とサキドリたい!】

    今日お迎えしたのは、政治評論家の森田実さんです。

    森田さんは、埼玉に知り合いがたくさんいるそうで埼玉びいき。
    きょう決勝が行われた夏の甲子園ではもちろん、埼玉の花咲徳栄を応援し「花咲徳栄の優勝でさらに埼玉のレベルが高まるんじゃないですかね」とおっしゃっていました。



    『ニュースオフサイド』では「森田実が総理大臣官邸で語ったこと」と題して、森田実さんに、7月13日に総理官邸で実現した会談で安倍総理とどんなことを話したのか、秘話を伺いました。

    会談の中身はほとんど加計学園問題で、「安倍さんはかなり参っている。問題は"友情"でしょと(安倍総理に)申し上げた」と話す一方、「加計さんは半歩でも下がって引くべき」と主張。
    安倍総理の健康不安説については「うな重をパクパク食べて元気だった。健康不安説は違う」と話されていました。

    清水克彦デスクは、安倍政権の今後、年内の衆議院解散はあるのか?自民党内の見方を解説。

    20170823サキドリ1.JPG


    『きょうのナマチュウ』では、森田実さんに民進党など野党の現状に思うことを伺い、「民進党はなんとなく、アリジゴクに落ちたような状況にある。前原さんにも枝野さんにも同情する。こんなに国民が冷たい代表選挙はない、気の毒だ」と話されていました。
    また、「野党の第一党が外交問題を語らなくなったら、おしまい」と、今の野党のあり方を嘆いていました。


    『SAKIDORIニュースパレード』 夏の全国高校野球決勝戦がまさにこの時間行われていました。埼玉県加須市にある、花咲徳栄高校のパブリックビューイング会場から、西村志野記者がレポートを届けてくれました。

    石川真紀キャスターはスタジオで、今回の高校野球期間中のお天気など振り返りえを。真紀さんの驚きの過去の話も飛び出しましたね!

    サキドリ20170823 (5).JPG


    水曜コメンテーター 堀口ミイナさんの今日の『オピニオン』。

    「トルコに里帰り」と題して、先週トルコのイズミールに里帰りしたとき、印象的だった路面電車(トラム)について、「排ガス問題がヨーロッパ各国で盛り上がっていて、この路面電車の取り組みも、排ガス問題を考えて作っているらしいんですよ」と語り下ろしてくれました。

    サキドリ20170823 (6).JPG


    『SAKIDORIスポーツ』 飯塚治アナウンサーが、ベイスターズ 対 カープ戦が行われる横浜スタジアムから「熾烈を極めるセ・リーグのクライマックス進出争い」について伝えてくれました。


    『ニュースパレードアネックス』 午後2時から決勝が行われ、埼玉代表の花咲徳栄高校が広島の広陵高校破り、初優勝を飾りました。埼玉県勢の夏の全国制覇は初めて!

    今日は番組の随所で、試合の経過とパブリックビューイング会場の雰囲気を西村記者が伝えてくれました。

    こちらは勝利が決まった瞬間です!涙を流して喜ぶ女子生徒の声に、スタジオの面々もジーーーンと来ていたようです。

    Point Blur_20170823_182402.jpg



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    肌年齢マイナス14歳ドクターが教える、真夏のアンチエイジング最新情報でした。ストレスホルモンもごく短い時間であれば細胞に喝を入れてくれるそう。
    エアコンのきいた屋内で仕事をされている方は、5分間限定の炎天下散歩。逆に日中、外で仕事をされている方は5分間限定で水風呂に入る。

    たかよし先生のオススメは、1日5分間限定の夫婦喧嘩とのこと。タイマーをセットして、制限時間5分でののしりあうという、たかよし先生ならではのユニークなアンチエイジング法をお話してくれました!



    【今日の1曲】 NICE TIME/たをやめオルケスタ

  • 第102回:田中眞紀子さんとサキドリ

    8月スペシャルウィーク2日目!豪華ゲストコメンテーターとお送りする、SAKIDORIスペシャル企画【今、この人とサキドリたい!】

    今日お迎えしたのは、元外務大臣の田中眞紀子さんです。SAKIDORI!には二度目のご出演。リスナーの方からの「眞紀子さんの思う新潟の魅力を教えてください」「新潟5区補選、眞紀子さんの立候補はある?」など、様々な質問にもおこたえ頂きました!




    『ニュースオフサイド』は「加計学園の図面入手!窮地に陥る安倍政権」と題して、「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦さんとともにお送りしました。
    サキドリ20170823 (3).jpg
    建築関係者の方からのある種の善意で、入手することが出来たという図面。
    実際に図面を見ながら、不審な点を改めて見直してみました。単価の問題、バイオセーフティー偽装、さらにはワインセラー・ビールディスペンサー購入の記載...。
    考える会として、今治市や加計学園に対して見積もりと図面を出してくれと3月から言い続け、ここでまた出てきた新たな事実。黒川さんは23日の夜に図面データをご自身のTwitterで公開、24日には記者会見を予定しているとのことです。「これからも情報発信をし、頂いた情報をメディアの皆さんとも共有し、最後までおかしいことはおかしいと言い続けたい。」とお話してくれました。




    『きょうのナマチュウ』は、田中眞紀子さんから取り上げたいとリクエストを頂いた「子どもの貧困対策」について。
    子供たちの問題で、いま1番、眞紀子さんが胸を痛めているのは、給食費が払えず給食を食べられない子供がいる、親が朝まで働く仕事の関係で朝食を食べずに学校に行く子供がいるという「食事ができない子供たち」のこと。
    「子ども食堂」を視察し、「月に一回じゃどうにもならない。では、どうしたらいいのか?何が出来るのか?」を考え、勉強をしているそうです。
    実際に支援を行っているNPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」事務局長 天野けいこさんに実状など詳しくお話を伺いました。
    サキドリ20170822.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、一美キャスターも大好きな日本酒のお話。
    地方創生をテーマにした大商談会「2017"よい仕事おこし"フェア」が今日から、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開幕しました。
    SN20170822 (1).jpg
    SAKIDORI!がスタートした4月にも話題になった福島、岩手、宮城、熊本の被災4県の米で造った日本酒「興こし酒『絆結(きゆ)』」が披露され、来場者に販売されています。


    スタジオで香りだけでも...と石川キャスターが『絆結』を持ってきてくれました!
    サキドリ20170823 (2).jpg

    四合瓶、税込み二千八百円、一本につき二百円が被災県に寄付されるとのことです。
    飲んでもいないのに香りだけで、大興奮のスタジオ。
    瓶をなかなか離さない竹田サブキャスターに、思わず笑顔が。
    サキドリ20170822 (2).jpg


    ゲストコメンテーター田中眞紀子さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。
    テーマは「東京都をはじめとしたゴミ出し問題」でした。
    「東京都のゴミ問題!日本ほどゴミが落ちていない国はないと海外の方にお褒めの言葉を頂くが、ゴミ出しには問題がある。ドイツのようにきちんとした見栄えのいいケースを作って、出来れば有料回収にすることでゴミを出す量が減るのではないか。我々が出す生活ゴミをいかに減らしてリサイクルするか、先進国ならばやっていかないと。」
    実はたまたま『大竹まことゴールデンラジオ』にゲスト出演していた、日本ファーストの会の若狭代表にも、「小池都知事に伝えて」とこのゴミ問題を陳情。番組前からパワフルな眞紀子さんでした!



    『SAKIDORIスポーツ』担当は長谷川太アナウンサー!今日のライオンズナイター 解説 石井貴さんと一緒に、「ソフトバンク 対 西武」試合直前レポートをお送りしました。



    『ニュースパレードアネックス』民進党代表選挙に立候補した枝野幸男・元官房長官と前原誠司・元外務大臣が今日午後、日本記者クラブで開かれた候補者討論会に臨みました。
    この代表選、眞紀子さんはどうご覧になっているのでしょうか?
    「民進党の1番右と1番左の分かりやすい人たちが立候補したなという感じ。立場上、私は一市井の人として申し上げると絶対に枝野さんに勝ってほしい。枝野さんの方がはっきり、分かりやすい。自民党との対抗軸がしっかりしている。前原さんはとてもカッコよくてお人形さんみたいでずっと見ていたいなぁ~というだけ。それだけ!国民のために、今は枝野さんがお買い時!」
    今日も眞紀子節、大爆発でした。
    今日から1週間、radikoのタイムフリーを使えば、今日の番組を聞き返すことが出来ます!ぜひどうぞ!


    【今日の1曲】POWER OF A WOMAN/ETERNAL
  • 第101回:小沢一郎さんとサキドリ

    8月のスペシャルウィークがスタートしました!豪華ゲストコメンテーターとお送りする、SAKIDORIスペシャル企画【今、この人とサキドリたい!】

    初日の今日は、自由党 代表の小沢一郎さんをお迎えしました。

    まず『ニュースオフサイド』では、「民進党代表選挙告示、そして野党の未来」にフォーカス。

    民進党代表選挙、前原誠司元外務大臣と枝野幸男前幹事長が立候補、来月9月1日の投票日に向け、明日から全国8カ所での討論会や街頭演説に臨みます。

    国会で取材中の山本カオリ記者が「代表選自体よりも、代表選が終わってからが民進党にとって本当の正念場となりそうだ」と展望を伝えてくれました。
    小沢一郎さんには、今の民進党の問題はどのあたりなのか、小池都知事の動きなど、どうご覧になっているのかお話して頂きました。



    『きょうのナマチュウ』 取り上げたのは「安倍政権、これだけある問題点」です。

    今月3日に安倍改造内閣が発足。内閣支持率はやや回復しましたが疑惑の数々は何も解明されていません。コメンテーターのお二人は...

    「内閣改造をやりたい気持ちは分からなくもないが、何のための改造なのか?外交と安保は継続性が重要と考えた時に、支持率を挽回したいという一点で、釈然としない。」と姜尚中さん。

    小沢さんは「閣僚を変えたって意味がない。問題は総理本人なんだから。ご自身が変わらなければ。安倍さんのいけないのは、政治に対する使命・責任・役割というものを間違えてる。要は国民の皆さんの生活とか命、国の将来をどういう風に持っていくか、まったく考えていない。」とバッサリ!

    IMG_5538-nm.JPG
    東京大学・本郷赤門前には西村志野記者が。現在、夏休み中で学生さんの姿は少なかったようですが、改造後の安倍政権についてどう見ているのか、街の声を伝えてくれました。

    サキドリ20170821sw (8).jpg

    ゲストコメンテーターの小沢一郎さんのお話、「聞き逃しちゃった」という方も、「もう一度聞きたい」という方も、radikoのタイムフリー機能を使えば今日から一週間はお聴き頂けますので、ぜひぜひご活用くださいね!


    サキドリ20170821sw (4).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「"おひとり様"サービス大充実」という話題でした。ひとりカラオケ・ひとり焼肉・ひとりラーメンのほかにも、画期的なひとりゴルフなどマーケットはどんどん拡大しています。
    ちなみに一美キャスター、水谷サブキャスター、そして姜尚中さんも"おひとり様"は大丈夫なタイプだそう。


    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さん。

    姜さんの『オピニオン』では、「私たちがよく知らないアメリカ」というテーマで「トランプ大統領はピエロみたいな人なんだけど、歴史と言うのは皮肉なもので、トランプ大統領だからこそアメリカのある側面があぶり出された。今までのようにアメリカについて、一面的なイメージだけで理解したような見方になるのではなく、我々はもっと実像を知らないといけない。」とお話してくれました。

    そんな姜尚中さん、今月8月2日に毎日新聞出版より『見抜く力』というご本を出されました。

    いつも落ち着いた語り口調の姜さんのオピニオン&エッセイ集、ぜひ手に取って読んでみて下さい。詳しくはこちらから。

    サキドリ20170821sw (3).jpg




    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが 取り上げたのは「先取りフィギュアスケート 」でした。

    サキドリ20170821sw (5).jpg

    来年2月の平昌オリンピックに向けて、四か月ほどで代表が決まります。平昌に向けて曲を以前使っていたものに戻した羽生結弦選手が話題になっていますが、宇野昌磨選手も2シーズン前に使っていた「トゥーランドット」に戻しました。さらに2枠しかない熾烈な女子選手の戦い、ジュニアからシニアへ上がる本田真凛選手も「トゥーランドット」をチョイスしたということです。

    砂山アナウンサーいわく、今シーズンのキーワードは「トゥーランドット」!




    『ニュースパレードアネックス』 一昨日、世田谷区で花火大会会場近くで落雷があり、9人が搬送されました。

    太平洋側では夏に多い落雷事故。身を守るポイントなどを伊藤佳子記者が伝えてくれました。

    サキドリ20170821sw (6).jpg

    ●ゴロゴロ聞こえたら、すぐに建物や車の中に避難しましょう。

    ●木の下の雨宿りは危険!木や電柱から4メートル以上離れましょう。

    ●両足の間隔をせまくして、耳をふさいでしゃがむようにしましょう。

    ●釣り竿、バット、ゴルフクラブなどを体より高く突き出してはいけません!



    IMG_5580.JPG

    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    今日は、宮迫博之さんの二股不倫報道・片岡鶴太郎さんの離婚報道・上原多香子さんのW不倫報道と、ドロドロの芸能界情報をまとめてお話して頂きました!



    【今日の1曲】最後のサーフホリデー/杏里

  • 第100回:日照不足問題

    放送中の外の様子。どんよりとした雲が空を覆っています。
    というわけで、今日の『ニュースオフサイド』は、雨や曇り空が続く関東地方、夏の日照不足が私たちにどのように影響するのかをサキドリ。
    気象庁によると、8月1日から15日の日照時間は、平年に比べ、東京都心で約38%、仙台市で約17%と異例の短さを記録しています。


    茨城県坂東市の染野グリーンファーム、染野さんによると、日照不足で粒が小さい、いわゆる「くず米」が多くなってしまうといいます。
    また、ナスやきゅうりに続いて、トマト、ナシ、レタスの卸値も去年の同時期に比べ3%から10%上がってというから野菜の価格高騰は深刻です。
    20170818_2.JPG
    そして、戸越銀座商店街では細木記者が買い物客にインタビュー。
    「アスパラが買えなかった」など、生活実感を感じる方もいらっしゃるようでした。


    4~6月は水不足が騒がれるほど天気が良く消費が伸びたため、慣らしてみると影響は相殺されると第一生命経済研究所の藤代さんは言います。



    『きょうのナマチュウ』は2つ。
    1つ目は、スペイン・バルセロナの繁華街で行ったテロ事件について。過激派組織「イスラム国」が犯行声明を発表しましたが、このテロの背景を中東情勢に詳しい国際開発センター研究顧問、畑中さんに伺いました。
    モスル陥落後、イスラム国の勢力は縮小しているとはいえ、イラクには制圧地域が残っており抵抗を続けています。今後も観光地やコンサート会場、多くの方が集まる場所は警戒が必要で、東南アジア、もちろん日本も考えさせられる問題です。


    2つ目は、総理官邸から中継。
    キャロライン・ケネディー氏の後任となるハガティー駐日大使、そして、アメリカ軍制服組トップ、ダンフォード統合参謀本部議長の安倍総理との会談の模様をお伝えしました。



    20170818_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「新技術導入で賃金増3割 雇用も拡大 内閣府調査」。
    ITなど新技術の導入が賃金増加や雇用拡大につながると考えている企業がおよそ3割になり、賃金や雇用が減少すると回答した企業を上回りました。
    新しい技術が導入されることでそれを理解し、使用する新しい人材が必要になるということです。



    20170818_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「なぜゴミの中から大金が見つかるのか」。
    今月14日、石川県加賀市のごみ収集所から重箱に入った現金2千万が見つかったニュースを受けて、実はこのように大金が見つかることは珍しくないといいます。
    理由は「タンス預金」。日銀のマイナス金利政策により、銀行に預けず、自宅で保管する高齢者が増えており、それがオレオレ詐欺の標的になっているそうです。もし、お金を要求する電話があったとき「第3者に相談する」、そもそも「現金を自宅に置かない」、この2つが重要だと注意喚起しました。



    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『傷害と器物破損の疑いで書類送検された巨人・山口俊投手』について。
    会見が行われた会場からその様子を伝えてくれました。



    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.com編集部でウクライナ出身のヴャチェスラブ・オニスチェンコさんにお越しいただき、日本の弦楽器「胡弓」を紹介して頂きました。
    20170818_5.JPG
    最初にその音色をオニスチェンコさんが披露! 弓は馬の尾でできているんです!
    18世紀半ばごろに活躍した藤植検校が三弦の胡弓に改良を加え四弦の胡弓を創始。歴史ある楽器の説明の一美さんと加奈さんも興味津々でした。


    20170818_6.JPG
    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。今日はBSフジ広報部の大野左紀穂さんに週末に放送される注目番組を紹介していただきました。
    現在、賞金総額100万円が当たる「夏、キーン!夏、ジーン。キャンペーン」を実施中。朝9時から夜12時までBSフジの番組を見るだけです!
    ●19日(土)夜7時から「オールスター家族対抗歌合戦 夏休みスペシャル!」
    ●20日(日)夕方5時から「美しき酒呑みたち」
    ●20日(日)夜7時から「<元横綱・千代の富士1周忌企画>ありがとう千代の富士 特別版」




    【今日の1曲】 浅い夢 / 来生たかお


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!


    来週はスペシャルウィーク!
    「今、この人とサキドリたい!」と題して、ゲストコメンテーターと最新情報をお伝えします。
    21日(月) 自由党代表 小沢一郎さん
    22日(火) 元外務大臣 田中眞紀子さん
    23日(水) 政治評論家 森田実さん
    24日(木) 作家 林真理子さん
    25日(金) 歌手 小柳ルミ子さん
    ぜひお聞きください!

  • 第99回:蝉時雨

    今日のオープニングは、一美キャスターが録ってきた蝉の鳴き声をお聴き頂きました。なかなかスカッと晴れないこのお天気に「蝉が恋しかった」と話していましたね。番組冒頭から蝉の話が出たので、リスナーの皆さんからも、昆虫に関するメールをたくさん頂きました。

    ちなみに和田秀樹さんのアドバイス、天候不順で心が沈みがちな方は部屋を明るくすることで、神経伝達物質のセロトニンが分泌されるので良いそうですよ!光を浴びましょう!



    『ニュースオフサイド』今日のテーマは「働くおひとり様を救え!介護離職を増やさないために」

    厚生労働者の調査によると、介護離職者は年間10万人。介護離職をゼロにするための取り組みをクローズアップ!

    東京都内で隔月で行われている『働く介護者おひとりさまミーティング』を主催している「ワーク&ケアバランス研究所」の和気美枝さんに、このミーティングを開こうと思った理由や、和気さんご自身の経験などお話を伺いました。

    オフサイド20170818-1.jpg

    介護離職問題の課題解決へと導く介護保険サービス『小規模多機能型居宅介護』を行っている施設の一つ、「小規模多機能 いけぶくろ」の宮長定男さんに、このサービスの普及が遅れている現状など詳しくお話して頂きました。

    細木美知代記者が、「column~記者たちのオフマイク~」にレポートを載せてくれています。こちらもぜひご覧ください。




    『きょうのナマチュウ』「ミサイル発射をめぐるアメリカと北朝鮮の緊張状態、緩和か?」をテーマに、コリア・レポート編集長の辺真一さんに、アメリカと北朝鮮の関係やそれぞれの思惑について、「双方の食い違いが非常に大きいので、対話が行われるのかも疑問。米韓合同演習が21日に行われるという予定だが、この4日間でアメリカがどういった判断に出るのか注目」というお話をして頂きました。

    「北朝鮮による弾道ミサイル発射に係る対応に関する説明会」の会場、千代田区・全国都市会館からは、取材した山本カオリ記者がレポート。

    島根県と高知県の担当者に話を聞いた山本記者「すごく緊張感を持っている印象。政府はもちろん、自治体関係者、危機は去ったとは思っていない。相手は北朝鮮、何をしてくるか分からないから、気を緩めず体制をとるという姿勢」と伝えてくれました。



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、今日の『ニュースオフサイド』の介護離職のお話にも通ずる「がん患者の年収2割減、休業など影響」というニュースでした。

     働いている時にがんになった人は、休職したり仕事量を抑えたりした影響で、年収が20%減少していることが、ライフネット生命保険の調査で分かったそうです。

    まだまだ課題が多い、長期療養の必要になる病気と就労の問題。和田さんにも、医師の目線で解説して頂きました。

    skd20170817-b (3).JPG

    木曜コメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。
    『オピニオン』のテーマは「憲法改正の前に変えるべきこと」。
    サンフランシスコ平和条約の問題点や、この条約と靖国参拝とのつながりについ
    て、語り下ろしてくれました。

    skd20170817-b (2).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は飯塚治アナウンサー。

    強力打線を売りに、史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭高校、その強さの秘密を解説してくれました!基礎練習と実践練習の徹底・年間通しての走り込み・繰り返し行われる実戦練習が強力なチームを作る秘密のよう。

    大阪桐蔭高校出身のライオンズの中村選手いわく「説明するのが面倒くさい」ほど、走り込みだけでも多岐にわたるメニューがあるとか。

    skd20170817-b (4).JPG



    『ニュースパレードアネックス』
    お盆休みを海外で過ごした人たちの帰国ラッシュを、羽田空港で取材した岡田紀子記者が伝えてくれました。

    羽田空港の入国ピークは、昨日・今日・明日の3日間に綺麗にバラけているということで、5月のGWの方が人がごった返していたとのこと。

    skd20170817-b (1).JPG


    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』
    「プレミアムパスポート川崎駅東口へ行こうよ」というテーマで、お得な情報をサキドリしました!

    skds20170817.JPG


    【今日の1曲】見切りダンシング/無礼メン

  • 第98回:東京、16日連続の雨...

    お昼頃に録った雨音で始まった今日のSAKIDORI!8月に入ってから、毎日雨が降っているということになります。やはり心なしか気分が滅入っている方も多いでしょうか?


    『ニュースオフサイド』 学校の先生たちが悲鳴を上げる「ブラック部活動」の実態に迫ります。

    まずはスタジオで、どれほど休みが少ないのか伝えてくれた西村志野記者。休憩時間の短さにはみな驚愕。

    20180816サキドリ (3).JPG

    実際に教員をしている男性と専門家に話を聞き、ブラック部活動の問題を「教員を苦しめている」という視点で考えました。

    首都圏の中高一貫校で教員をしている男性には、部活動の顧問を任されたことで自身に降りかかった過酷な勤務実態を伺い、男性は「顧問をやることで厳しさと優しさを学べた。その一方で時間的拘束、朝練が新米教員には厳しい」と嘆いていました。

    『ブラック部活動』の著者で名古屋大学大学院准教授の内田良さんは、ブラック部活動の問題点を鋭く指摘。

    「部活動はタダ働き。先生たちの善意によってまわっている。じゃあ残業代を出しましょうとなっても、そんな予算は全然ない」。







    『きょうのナマチュウ』は、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が、子どもスケート教室に参加した会場から、細木美知代記者が中継しました。

    サキドリ2018.08 (2).jpg

    サキドリ2018.08 (1).jpg

    細木記者によると、羽生選手は「苦しいこと、つらいこともある。でも、スケートを見た人が少しでも幸せになれるように...」と話していたそうで、そんな羽生選手を目の当たりにした、"未来の羽生結弦"を夢見る子どもたちは大興奮だったようです。



    『SAKIDORIニュースパレード』  石川真紀 キャスターが取りあげたニュースは「東京五輪向け、LGBT対応拠点始動へ」でした。
    2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の交流や情報発信の拠点となる施設を設置する計画を進めていることが16日、分かったということ。

    スポーツの場以外のところでもこのように、色々な動きがあるというのが国際大会ならではのこと。オリンピック・パラリンピックが終わってからも「また来たいな」と思ってもらえるような日本に繋がるようにしたいですよね。

    20180816サキドリ (1).JPG


    水曜コメンテーターの春香クリスティーンさん。『オピニオン』のテーマは「話しかけない接客サービス」。
    洋服屋さんで店員さんの言われるがままに洋服を買ってしまった過去の苦い経験談を語りつつ、「マニュアルも大切だとは思いますが、マニュアル以外の思いやりをお店側の人もそうですが、私も持って行きたいと思います」と語り下ろしてくれました。

    IMG_5405.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦 アナウンサーが、今晩のライオンズナイター中継カード「西武 対 楽天」が行われるメットライフドームから、解説の仁志敏久さんと一緒に、仁志さんが監督を務める12歳以下の侍ジャパンのお話を伝えてくれました。7月28日に台湾で開催された「第4回WBSC U-12ワールドカップ」に参加し、日本代表の結果は4位。

    日本野球界の未来のために選手の育成などで必要なのは、「環境の整備がイチバンの課題!」

    そして最後には「指揮は最高に楽しい!やりがいがありますよ!」と語ってくれた仁志さんでした。



    『ニュースパレードアネックス』 
    昨日の『ニュースオフサイド』で紹介したチェ・ゲバラの写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」について、吉田涙子記者が会場からレポートしてくれました。

    ゲバラ自身が撮った写真が240点。日本で初の写真展ということで、平日だというのに、30~40人が並んで入場制限もされているほどの大盛況!10代~70代の男女さまざまなお客さんが訪れていたようです。

    中でも、広島の原爆ドームの写真はぜひご覧になってもらいたいと、実行委員会の松田さん。

    写真展は、恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームで8月27日まで開催されています。




    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    今日は、「お盆でご先祖様を思い出すのは最高の脳トレ!」というお話をしてくれました。





    【今日の1曲】夏なんだな/ザ・ハイロウズ

  • 第97回:語り継ぎ、考える

    8月15日、今日は72年目の「終戦の日」です。
    オープニング、リスナーの方からの「戦争は嫌です。二度と無いと祈りたいです。」というメールでスタート。今日のSAKIDORI!は出演者(斉藤一美キャスター、竹田有里サブキャスター、石田純一さん、石川真紀キャスター、東尾修さん、松島茂アナウンサー)の家族に聞いた戦争体験も随所でご紹介しました。


    『ニュースオフサイド』テーマは「72回目の終戦の日、戦争は語り継げるのか」

    詩人のアーサー・ビナードさんがキューバ革命の英雄 チェ・ゲバラ の長男・カミーロ・ゲバラ氏にインタビュー。「ヘイワ」と「ヒロシマ」について語り合った音声を聞きながら、アーサーさんと一美さんが「戦争を語り継ぐ」というのはどういうことなのかを考えました。

    そして、スタジオには、1年3ヵ月の間 47人の方に戦争についての色々な話を聞いてきた鈴木敏夫デスクが。「実際に戦争を体験した人たちは大半が90代。今でも手紙のやり取りをしている人もいる。ただ訃報が届くたびに、時間との闘いだなと感じるし、間に合ったという気持ちも少しある。どう語り継いで現代に生かしていくのか、とても重要な課題。」

    skd20170815-bi.JPG


    『きょうのナマチュウ』では、「終戦の日に行われた空襲」をクローズアップ。

    72年前、ポツダム宣言を受諾したあとに空襲を受けた場所の一つ、埼玉県の熊谷市からの中継をお送りしました。

    「熊谷空襲を忘れない市民の会」の米田主美さんが、生々しい熊谷空襲の様子を語って下さいました。米田さんはまさにこの空襲のあった日に生まれたそうです。

    この「熊谷空襲を忘れない市民の会」は、2015年の安保法案が出た時に「日本はまた戦争をする国になるんじゃないか」と不安の声があがり、4人からスタートし現在は90人近くまで大きくなったとのこと。

    お話を聞いた西村志野記者が、詳しく「column~記者たちのオフマイク~」にアップしてくれていますので、そちらもご覧になってみて下さい。

    skd20170815-nm1.jpg


    『SAKIDORIニュースパレード』 テーマは「語り継ぐ戦争体験」です。

    石川真紀キャスターの明治生まれのお祖父さんの戦争体験を語ってくれました。「今回、身内の話を復習する機会になってありがたい機会だった。言葉一つ一つ、どういう風に伝わっているか生き方に出てくると思う。出来る限り、何度も聞こうと思いました。」と真紀さん。

    skd20170815-b (3).jpg


    火曜コメンテーターの石田純一さん。『オピニオン』は「戦後を永遠に続けましょう」と題して、

    「人の夢とか生活、文化すべてを破壊するのが戦争。いいことなんて1つもない。72年間に限らず、100年、150年と戦後を続けていきましょうよ!」と歴史を振り返りながら語り下ろしてくれました。

    skd20170815-b (1).jpg


    『SAKIDORIスポーツ』松島茂アナウンサーがメットライフドーム放送席から、西武・楽天戦中継前 解説の東尾修さんとお送りしました。

    この番組では初の、義理のお父様である東尾さんとの共演となった石田純一さん!

    お二人のあたたかいやり取り、とても和みましたね(^^)
    skd20170815-b (4).JPG


    『ニュースパレードアネックス』終戦から72年。千鳥ヶ淵戦没者墓苑や靖国神社で祈りを捧げる遺族や参拝者の方々に伊藤佳子記者がお話を伺いました。

    開門が朝の6時。お昼前には、参拝の順番がなかなかまわってこないほどの長蛇の列になっていたそうです。

    skd20170815-b (5).jpg

    戦争のこと、平和のこと、実際に体験した方からお話を聞けるときに、聞いておくべきだなと改めて感じた一日でした。

    今日のSAKiDORI!が戦争を語り継ぎ、考える ひとつのきっかけになってもらえたら...と思います。


    【今日の1曲】人生の扉/竹内まりや

  • 第96回:お盆休み、何してましたか?

    こんばんは!今日のSAKIDORI!、リスナーの皆さんからお盆休みメッセージをたくさん頂きました。
    Uターンラッシュ疲れの方、休まずお仕事だったという方、今日も皆さん、お疲れ様です!


    『ニュースオフサイド』 北朝鮮がグアムに弾道ミサイル4発を発射する計画を発表した問題で、まだ報道されていない部分に焦点を当ててお送りしました。

    近海にミサイル4発が着弾する可能性があるグアム、スタジオで清水克彦デスクが、グアムの繁華街タモンビーチでお店を営む日本人の方々に聞いた実際の様子を伝えてくれました。

    「もともとグアムは水道水が飲めないので、日常、水を買っている。そういう部分が報道されちゃったのかな。」とはダイビングショップの方、テレビなどの報道で伝えられるほど緊迫していない様子。

    sakidori20170814 (4).JPG

    インサイドライン編集長の歳川隆雄さんに、北朝鮮の真の狙い・アメリカとの軍事衝突阻止に向けてどんな動きがあるのか、考えうるリスクなどまとめて解説して頂きました。

    さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券・景気循環研究所のシニアエコノミスト 宮嵜浩さんには「日本の景気・株価への影響の懸念」について伺いました。



    『きょうのナマチュウ』 Uターンラッシュのピークを迎えた東京。

    西村志野記者は羽田空港国内線ターミナルから、レポートを届けてくれました。帰省ラッシュの時と比べ、やはり少々お疲れ気味の方が多く見られたとか。

    なかにはお盆休みが10連休~11連休という羨ましい方も!

    S_6541460638335-skd.jpg



    伊藤佳子記者は午前中に東京駅へ。

    どうやらJRのUターンラッシュは「明日」と見込まれていて、今日の午前中はまだそれほどの混雑ではなかったのだそう。必死にインタビューをした様子を伝えてくれました。

    「私が行くべきだった午後になって、上りの新幹線が満席になってきています。帰省ラッシュ・Uターンラッシュ両方取材してみて、行きはドーン!帰りはパラパラ!Uターンはばらけるんだと分かりました。」と伊藤記者。

    sakidori20170814 (5).JPG




    『SAKIDORIニュースパレード』 明日は終戦の日です。今日は「空襲慰霊塔、維持管理赤字続きで存続危機」というお話を取り上げてくれた石川真紀キャスター。

    太平洋戦争中の空襲で犠牲になった民間人を追悼する国内唯一の施設で、1956年に兵庫県姫路市に建てられた慰霊塔が窮地に。戦後70年以上が過ぎ、関心が低下。赤字が続き、国立施設化を模索しているということです。

    sakidori20170814 (6).JPG




    コメンテーターの健康社会学者 河合薫さんの今日の『オピニオン』テーマは河合さんの新刊のタイトルにもなっている「他人をバカにしたがる男たち」でした。

    「職場とか社会に、「前例がない」だの、「それは責任とれるのか?」とか言う組織の中で自分の保身のために権力を使う人、いるんですよね。自分自身が「ああはなりたくないよな~」というのがだんだん見えてくるでしょ。そういう人にならないために何をしたらいいのか。読み終わったら、ビールが美味しく飲めます!」

    河合薫さんの新刊『他人をバカにしたがる男たち』は日経プレミアシリーズより好評発売中!詳しくはこちらから。

    水谷さんの感想「ああはなりたくないって人、自分では分からないんだと思うんだ。私、この本を渡したい人、いっぱいいる!」

    ぜひ手に取ってお読みになってみてください。

    sakidori20170814 (7).JPG




    『SAKIDORIスポーツ』月曜担当・砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、ロンドンで行われていた陸上の世界選手権。

    最後の最後、日本のメダルラッシュになった、男子50キロ競歩と男子400メートルリレーを振り返りました。

    sakidori20170814 (1).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 東京・上野動物園が誕生から2ヵ月が過ぎた赤ちゃんパンダの最近の様子について、佐藤圭一記者が伝えてくれました。

    園長のお話でも「順調に成長している」そうで、お母さんパンダのシンシン、赤ちゃんパンダの面倒をよく見ているという微笑ましいエピソードも。

    気になる赤ちゃんパンダの名前については、インターネットの応募だけでも25万件にも及んだということで、注目が集まります。発表が楽しみですね!

    sakidori20170814 (2).JPG


    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    止まらない芸能界の不倫報道。毎週毎週、誰かしらの不倫(疑惑)報道が取り沙汰されていますね。

    今週は雨上がり決死隊・宮迫博之さんのお話をして頂きました。次回は"真っ白"な話題となるでしょうか!?

    sakidori20170814 (3).JPG



    【今日の1曲目】 旅とフェリー/婦人倶楽部 

    【今日の2曲目】 What You Won't Do For Love (風のシルエット)/Bobby Caldwell  

  • 第95回:山の日

    今日は「山の日」。
    山に行く時間はないけど登りたい方にはうってつけな東京タワーの外階段を一美さんが登ってきました。朝9時から解放しているという外階段。多くの方で賑わっていましたね!


    『ニュースオフサイド』は、北朝鮮問題。
    20170811_2.JPG
    グアムへの弾道ミサイル発射計画を発表した問題について、トランプ大統領は「グアムに何かすれば北朝鮮で見たこともないようなことが起こる」と強く警告。
    アメリカでは連日トップニュースで伝えており、関心の高さが伺えます。そして、中国、韓国の反応に加え、就任したばかりの小野寺防衛大臣に求められる対応について話し合いました。


    『きょうのナマチュウ』は、帰省ラッシュのピークを迎えている羽田空港からお届け!
    20170811_3.JPG
    「格好からも楽しむぞ!という意気込みを感じます」とバカンス気分溢れる現場から中継してくれました。高知に帰省するという男の子からは「川遊び、バーベキュー、阿波踊りが楽しみ」と明るい声が響きました。
    20170811_4.JPG
    そして、東京駅を取材してくれた佐藤記者によると人気のお土産には整理券が配れるほど・・・と混雑する様子も紹介。

    さらに「山の日」を過ごす高尾山では、その魅力を未来へ敬称しようと今年3月に設立された高尾山応援基金をPRする催しが行われました。
    その模様を岡田記者が大野会長にインタビュー! 絶滅危惧種を守る活動など、お話を伺いました。

    20170811_6.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「スマホアプリでと登山者把握 早期救助へ実証実験」。
    こちらも山の日にちなんだ内容。全国山の日協議会は、4年後の実用化を目指し、スマホのアプリを使って登山者が実際に通ったルートを把握、遭難した場合の早期発見につなげるシステムを開発、富士山などで実証実験を始めたというもの。山の事故が多い中、今後期待されますね!


    20170811_5.JPG
    コメンテーターの常井健一さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「茨城県知事選挙にみる安倍政権の余命」。
    47都道府県の魅力度調査や、朝どら「ひよっこ」などで注目を集めている茨城県の県知事選挙が話題です。
    全国4番目に自民党が多いという自民党大国にもかかわらず、今回は意外にも波乱の予感!?
    安倍総理が外に掲げた政策にいまいちピンと来ていない茨城県民、自民党の強さを生かしきれていないというもの。結果次第では安倍総理の信頼回復や党勢回復がみえてくる注目の選挙となっています。




    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『陸上の世界選手権 サニブラウン選手』でトーク。
    ウサイン・ボルトの記録を抜き、200m決勝に進出したサニブラウン選手。コーナーを曲がってからの直線が伸びきらず7位という結果でしたが、今後どのような進化を見せるのか期待です。
    20170811_7.JPG
    決勝後のインタビューで悔しそうな表情を浮かべるサニブラウン選手風に一枚。


    20170811_8.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの編集長・谷 定文さんから、財務省が発表した国際収支速報について。
    経常収支が10兆5101億円の黒字と高い水準なのですが、これってどれだけすごいことなのか解説して頂きました。
    経常収支とは海外との貿易で儲ければ黒字、損すれば赤字。アメリカに対しては黒字ですが、アメリカからは国内の雇用を守るため貿易黒字を減らせと迫ってくると考えられます。しかし、日本は中国や中東に対しては赤字、日本経済対話では遠慮せずアメリカに主張してほしいと話しました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。今日は日刊ゲンダイ次局長の二口隆光さんに同誌が連載している好評企画を紹介していただきました。
    ●辣腕フロントマンがすべてを明かす「球界への遺言」
    ●喜怒哀楽のサラリーマン時代




    【今日の1曲】 鱗 / 秦基弘


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第94回:北朝鮮がグアム沖にミサイル発射計画

    北朝鮮、グアム沖にミサイル4発、発射計画!というニュースをサキドリした『ニュースオフサイド』

    元陸上自衛隊 陸将の軍事評論家で国際大学教授の山口昇さんに北朝鮮の狙いはどのあたりにあるのかやアメリカの出方について、さらに広島県福山市 危機管理防災課の山口正記課長に、6月に行ったというミサイル発射に備えた独自の訓練について伺いました。

    島根県・広島県・高知県の各県の動きをスタジオで伝えてくれた細木美知代記者。

    skd20170810 (2).JPG

    そして、成田空港からグアムに行こうとしている旅行者の皆さんはどう受け止めているのか、不安に思うことを西村志野記者がインタビュー。

    ニュースで見て北朝鮮のミサイルの話はもちろん知っていて、そういったことを頭に入れつつ、静観しているという方が多かったようです。

    skdnf20170810-b.jpg




    『きょうのナマチュウ』PKO日報問題の解明なるか。衆議院安全保障委員会で開かれた閉会中審査、稲田大臣出席せず。

    国会から山本カオリ記者が「稲田前大臣の報告があった、なかったの議論は押し問答。稲田さん不在では進まない。誰のため、何のためにこの閉会中審査を開いているのか...。」と、今日の様子をレポート。

    今日午前、閉会中審査で質問に立った共産党の笠井亮衆議院議員は「防衛省側は非常にあいまいな答弁。きちっと真相解明されないといけない」と改めて感じたとお話してくれました。





    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「アメリカ病院船"マーシー"が来夏日本初寄港 災害時の対応力アピール」でした。

    2011年、東日本大震災で沿岸部の病院機能がダウンした経験を踏まえると、病院船導入は急務の課題なのですが、病院船を作るのに莫大な費用が掛かるということで、政府は消極的。

    今回寄港する方向で調整しているマーシーは、ベッド1000床、12室の手術室を備えているということ。

    精神科医で映画監督の和田秀樹さんも「1000ベッドでしょ?コストパフォーマンスも悪くないと思うし、日本はそもそも造船国家。導入した方がいいと思いますね。」とおっしゃっていました。

    skd20170810 (3).JPG

    コメンテーターの和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、高齢者を専門とする精神科医の和田さんならではのお話。

    「高齢者が多いから、国にお金がないのは仕方ないよなというのは怖い考え方。高齢者の延命はかわいそうとか、知らず知らず高齢者差別が進んでいく。本当の意味での高齢者に優しい社会というものを考えて欲しい。」

    放送の中でご紹介した和田さんの著書『「高齢者差別」この愚かな社会』は、詩想社から好評発売中!

    ぜひお手に取ってお読み下さい。詳しくはこちらから。




    『SAKIDORIスポーツ』 高橋将市 アナウンサー、ZOZOマリンスタジアムから「ボクシング山中慎介、13度連続防衛の日本タイ記録達成なるか」という話題を、来週火曜に防衛戦を行う今の心境などを語った山中選手の声を交えつつ、お送りしました。



    『ニュースパレードアネックス』明日は「山の日」で祝日となるため、今日、東京都の小池知事の定例の記者会見が行われました。

    豊洲市場の問題、そして"日本ファースト"の問題、2つのポイントを岡田紀子記者が伝えてくれました。

    skd20170810-bg (1).JPG






    【今日の1曲】美女と野獣 / Ariana Grande, John Legend

  • 第93回:長崎「原爆の日」

    8月9日、長崎に原爆が落とされてから今日で72年。番組冒頭、長崎市の田上富久市長の声からスタートしたSAKIDORI!でした。

    今日のコメンテーターはタレントの堀口ミイナさん。平和祈念宣言を聞いて、「今日だからこそ考えたいし、今どういう状況なのかを知らないとと思う。おじいちゃんおばあちゃんの世代は生々しく覚えているけれど、私たちの世代はこういう声を聞いて伝えないといけない。」




    『ニュースオフサイド』  今日は、東京電力が再稼働を目指す新潟県の柏崎刈羽原発6号機と7号機についてです。

    スタジオで細木美知代記者が刈羽原発とはどのような原発なのか、今現在、日本の原発はどうなっているのかおさらいを。

    skd2017-0809 (1).JPG
    さらに、新潟県柏崎市から原発の施設を視察した石森則和記者のレポートをお送りしました。
    エネルギー問題の専門家、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長は「今や世界中が自然エネルギーという時代。代替エネルギーがあるのに、再稼働はナンセンスだと思う。技術的問題、経済的問題、放射能の影響など様々な問題があり、モラルハザードの極み。」とお話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』  東京の豊洲市場で行われた親子見学会の様子を、西村志野記者が伝えてくれました。

    120人の定員になんと5倍もの応募があったそうですから、興味を持っている方の多さも感じますね。

    西村記者も話していましたが、今月26日にも『都民見学会』があり、13日まで応募が出来るとのことですよ!




    『SAKIDORIニュースパレード』  石川真紀キャスターが取りあげたのは「欧州警察、指名手配犯に絵はがきでラブコール」という話題でした。

    欧州警察機構(ユーロポール)が最重要指名手配犯21人を追跡するため、それぞれへのメッセージ入りの絵はがきを1枚ずつ作り、ホームページで公開しているそう。

    オシャレで可愛らしく、ユーモアにも富んだこちら。たとえば、ベルギー人の麻薬密売人のはがきには「フライドポテトはベルギーが一番。戻っておいでよ」の誘い文句。

    スタジオのみんなも「この絵ハガキ欲しい!」と盛り上がりました。

    skd2017-0809 (2).JPG




    水曜コメンテーター堀口ミイナさんの今日の『オピニオン』では、先日の"茹でダコ"に続く、"テキーラ"の世界!

    実はテキーラ・マエストロでもあるミイナさん。

    「日本では、テキーラは罰・ゲームのお酒のイメージがあると思うんですけど、世界のセレブが愛するプレミアムなお酒。プレミアムテキーラというものは一杯3000円以上と、いいお値段しちゃうんですけど、ウイスキーの良いやつみたいに香りが良く、とても美味しい。居酒屋さんで飲むのは難しいかもしれないけど、ホテルのバーなどでプレミアムテキーラは飲めますので、ストレートかロックでぜひ味わってみてほしい。」

    華やかで美味しいテキーラの魅力を語り下ろしてくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』 寺島啓太アナウンサーが、元・巨人のあのクロマティさんの話題を取り上げてくれました。

    永野サブキャスター、「クロマティ!?」と大興奮!

    NPO法人ハンズマン東京主催、東北・熊本の復興支援の野球教室が催され、その講師がクロマティさんということで、インタビューに行ってきた寺島アナウンサー。現在も日本に滞在中で、「初めてファンとしてジャイアンツの試合を見るんだ!」と話していたとのことで、もしかしたら東京ドームで野球観戦をするクロマティさんに会えるかも!?

    skd2017-0809 (4).JPG


    『ニュースパレードアネックス』では、PKO日報問題を巡る閉会中審査が明日われます。問題の最重要当事者の一人である稲田前防衛大臣の出席は与党側が拒否。そして、「役所の原稿を朗読する」発言の江崎沖縄北方担当大臣の出席も拒否。

    果たして野党はどう対応するのか?吉田涙子記者が国会から伝えてくれました。




    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    「誤った熱中症対策~脚気が増加~」というお話でした。
    脚気はビタミンB1不足で起こります。ビタミンB1が豊富な豚肉やウナギ、さらに運動をしない時の熱中症対策の水分補給には、スポーツドリンクをがぶがぶ飲むのではなく、水や麦茶がオススメ!


    【今日の1曲】Sunny Day Sunday/ センチメンタル・バス

  • 第92回:国民的美少女コンテスト2017

    今日は、火曜の竹田有里サブキャスターが海外取材のため不在、水曜担当の永野景子サブキャスターがピンチヒッターをつとめました!永野さんの声がラジオから聞こえてきて「今日、水曜日!?」と思われたリスナーの方も多かったようですね。

    そんな今日の一枚は、『国民的美少女コンテスト2017』を番組前に見に行っていた一美さんが、石田純一さんと永野サブキャスターにその興奮を身振り手振り伝えている様子です。

    「全21人のうち、時間の関係で7人だけ見てきた。見ているだけでドキドキ!ローティーンの女の子たちが人生を変えようとしている瞬間。ライブで見るとしびれました。」

    結果、グランプリは井本彩花さん。一美さんの一押し、玉田 志織さんは審査員特別賞を受賞したようです。




    『ニュースオフサイド』都議選後、初めての開催となる臨時会の様子を交えながら、新しい都議会の抱える今後について取り上げました。

    都庁から伊藤佳子記者が「雰囲気は若返ったなという感じ。すごく意気込んでいるかというと、"自然体"という印象。皆さん、粛々とお行儀良かった。議員のヤジがほとんど聞かれなかった。」と、議員と臨時会の様子をレポート。

    西村志野記者は新宿で取材した街の声を届けてくれました。女性の方からは「期待している」という声が多く聞かれたようです。

    s-skd-nm20170808.jpg

    政治ジャーナリストの安積明子さんのお話では「小池知事をチェック、ストップをかけるなどの役割を今回、都民ファーストの会が大幅に増えた議会に出来るのかというと、正直難しいと思う。都議会というか小池都政には、もっと透明化を目指してもらいたい。」ということでした。




    『きょうのナマチュウ』テーマは「盲導犬の誘導訓練、どこで行う?」でした。

    盲導犬を育成する団体はいくつかあるのですが、そのうちのひとつであるアイメイト協会では、建物への出入りや階段の上り下り、電車の乗り降りなどは実際の公共施設を利用して実地訓練を行います。

    練馬区役所と西武鉄道がアイメイト協会に盲導犬の実地訓練の場を提供。その初回の様子を7月26日に取材してきた、文化放送一の愛犬家でもある永野サブキャスターが伝えてくれました。

    アイメイト協会の歩行指導部長・原祥太郎さんに、具体的に行った訓練のこと、公共施設を使った実地訓練のメリットなどを、そして受け入れ側としてどのような点に注意したのかなど、西武鉄道 運輸部 お客さまサービス課の西洋平さんにお電話を繋ぎ伺いました。





    『SAKIDORIニュースパレード』台風5号、皆さんの帰宅時などに影響はありませんでしたか? 石川真紀キャスターが、JRに帰宅困難者対策を聞きました。

    「JR東日本広報によりますと、首都圏のおよそ200の駅に6万人の備蓄・横になって休めるエマージェンシーシートなどの配備をしている。しかし、駅によって進んでいるところとそうでないところが。中には駅内に一時的に滞在できるような留まる場がないところも。ご自分の使う駅はどうなっているのか、ホームページなどで確認されてみては?」

    skd20170808-bg (1).JPG



    火曜コメンテーター、素足でニュースを斬る男・石田純一さんの今日の『オピニオン』は、「日本人にかけられるスパイ容疑」というテーマ。

    「国民の命を守る...と安倍首相は常々言っているけれども、中国でスパイ容疑をかけられて拘束されている日本人がいたり、シリアのイドリブあたりにいるのではないかと言われている安田純平さんの件もある。賛否両論あるかもしれないけれども、日本人の命を最優先するなら、ちゃんと働きかけをしていただきたい。いついかなる時に自分たちがそうなるかもしれないのだから。」とお話してくれました。

    s-skd20170808-bg (5).jpg




    『SAKIDORIスポーツ』片山真人アナウンサーが取り上げたのは、今日開幕した今年で99回目の全国高等学校野球選手権大会、甲子園の話題!少年野球からプロ野球まで取材しているママさん記者の瀬川ふみ子さんの見どころを伺いました。

    s-skd20170808-bg (2).jpg



    『ニュースパレードアネックス』 細野豪志 元環境大臣の記者会見を取材した篠沢政健記者が、国会記者クラブから伝えてくれました。



    【今日の1曲】はんぶん不思議 / CoCo

  • 第91回:ノロノロ台風5号の行方

    オープニングは、関東地方にゆっくりと近づいている台風5号の話から。「台風の平均寿命はおよそ5日間、今年の台風5号はすでにまる17日間も生き続けている。」
    今日のSAKIDORI!では、台風の最新情報など交えながらお送りしました。



    8月7日、放送では一言も触れませんでしたが、今日は『バナナの日』だったんです。
    というわけで、今日の一枚は放送終了後のお楽しみ、一美さんのバナナを。「この名刺は、サイズ感が分かりやすいように置いてあるんでしょうか?」と尋ねたところ、「え?僕のバナナですという意味だよ?」と返されました。そういう意味だったのか...

    番組外のオフトークでは、バナナの話で大いに盛り上がっていた月曜サキドリメンバー。河合薫さんはバナナが好きすぎて1日3本も食べていた過去を熱く語っていましたよ。
    skd20170807-b (6).jpg


    そして、今日は『機械の日』でもありました。
    今年「機械遺産」に選ばれた東京の勝鬨橋に行ってきた一美さん。16時過ぎ、レポートの音声もお聴き頂きました。
    skd20170807-b (11).jpg




    『ニュースオフサイド』東京オリンピック・パラリンピックに向けて改革が進むタクシー業界をサキドリしました!
    目的地までの運賃を乗車前に確定するタクシーの実証実験が行われ、その模様を取材した佐藤圭一記者が伝えてくれました。
    事前確定運賃はスマートフォンアプリをダウンロードし、事前にクレジットカード情報などを登録。これさえしておけば、出発地と目的地を入力するだけと簡単。
    このサービスは10月6日までの実証実験となるそうです。
    skd20170807-b (2).jpg

    さらに詳しく、東京ハイヤー・タクシー協会 広報委員長で三和交通の太田祥平社長にお越し頂き、お話を伺いました。
    太田社長「2020年に向け、利用しやすい運賃の実現、広くて快適・障害のある方にもご利用しやすい、多言語対応と、大きく分けて3つの改革を掲げている。」
    事前確定運賃以外にも、今年1月からスタートした初乗り料金の変更や相乗りタクシーの実証実験、ユニバーサルデザインのタクシー導入など進めているそう。
    ほかにも運転手さんの教育面にも力を注いでいるということでした。
    skd20170807-b (3).jpg





    『きょうのナマチュウ』今月18日、ジャパンラグビートップリーグがいよいよ開幕!
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックの話題のかげに隠れ気味ではありますが、その前の年、2019年9月にはラグビーのワールドカップが開幕します。実は日本で初めて、アジアで初の開催となるんですよ。
    まずは、国内リーグから盛り上がってもらいたいものです。
    プレスカンファレンス会場からは西村志野記者がレポートを。「あの上半身はどういうこと!?」とビックリしたと興奮気味の西村記者でした。




    『SAKIDORIニュースパレード』石川真紀キャスター、今日取り上げたのは「国民ファーストの会」と先週の金曜にこのコーナーでピックアップしたニュース「夫婦喧嘩、世界でいろいろ」の続報を伝えてくれました。
    「こうしたユニークな気象情報、今後も出される可能性は?と気象協会の方に問い合わせたところ、今後も分かりやすい広く興味を持ってもらえるような情報を提供する予定とのこと。」だそう。皆さんのアイデアも採用されるかも!?
    skd20170807-b (4).jpg




    月曜コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』
    テーマは「なぜ、日本人はこんなに働くんですか?」
    河合さん自身がこの夏休みの季節になると毎年思う、「日本人の休み下手」についてお話してくれました。
    世界の夏休み事情に目を向けてみると、フランスは3週間・ドイツやイギリスは2週間などなど、日本の平均6.2日は明らかに少ないことが分かります。これは、戦後復興期に労働基準法が定められた時のなごりが修正されていないことが大きな原因になっているとのこと。
    「休みの話をすると日本は祝日が多いじゃないかという議論が出てくるけれども、サービス業はその祝日に働いていて休めない。日本人の意識も変えないといけないが、まずは労働基準法を変えてもらいたい。なくなればどうにかする知恵を人間は持っているんだから、不便なことを受け入れていくのも大事!」
    IMG_5039.JPG




    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎アナウンサー!
    絶賛開催中の「陸上・世界選手権」の話題でした。
    男子100m、ラストランのボルト選手に勝ったガトリン選手は12年ぶりの金メダル獲得。今日はガトリン選手の過去のドーピング問題、その後を振り返りました。
    skd20170807-b (5).jpg



    『ニュースパレードアネックス』明日、東日本に達する見込みの台風5号。
    気象予報士の伊藤佳子記者が、この台風の特徴、今後の関東地方への影響、注意すべき点などを教えてくれました。
    skd20170807-b (7).jpg



    コラムニスト・放送作家の山田美保子さんの『芸能アラカルト』
    今日取り上げたのは「女優・斉藤由貴さんの不倫報道」でした。
    山田美保子さんいわく「斉藤由貴ワールド、ここにありという感じの会見だったと思う。最近"良いお母さん"というイメージで、私も完全に気を抜いていましたね。来週は不倫じゃない話題を...(笑)」
    skd20170807-b (1).jpg


    【今日の1曲】 ふっかつのじゅもん/sumika
  • 第90回:オープンキャンパスはお早めに!?

    『ニュースオフサイド』は、2018年度の大学入試に向けたオープンキャンパスをサキドリ。
    細木記者が明治大学のオープンキャンパスに参加。その様子をレポートしてくれました。
    大学教授や在校生に相談ができる個別相談会が人気で、少子化により大学側のアピールも工夫を凝らしたものが多いそうです。
    高校3年になってから行くのではなく、高校1年から気になる大学に足を運ぶことで勉強へのモチベーションにもなるということでした。
    20170804_2.JPG
    リクルート進学総研の小林さんによると、現在、学部の名称は700以上! 学ぶ内容をきちんと聞き、理念や精神にも注目すると大学選びに失敗しないとアドバイスを頂きました。


    20170804_3.JPG
    『きょうのナマチュウ』は、昨日の夕方発生した築地場外市場の火災、その後。
    火災現場を取材した伊藤記者が火災現場の様子、そして周辺の人々の声を伝えてくれました。

    20170804_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「夫婦喧嘩、世界でいろいろ」。
    アメリカで結婚式を挙げたばかりの夫婦が口論となり拳銃を持ち出し逮捕、そしてインドネシアのジャワ島ではハトレースに夢中になっている夫に腹を立て離婚を求める妻が増加中という世界で起こった変わった夫婦喧嘩を取り上げました!
    スタジオでは変わった理由に驚きと笑いがこみ上げていましたね。


    20170804_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「年金何歳でもらう?」。
    60歳、65歳、70歳と年金がもらえる年齢が決められる中で「いつもらうのがいいのか」、選ぶ基準の1つとして「年金損益分岐点」を解説してくれました。
    60歳は65歳に比べるともらえる額は3割減。その結果、77歳以上生きるなら65歳の方がお得という計算に。さらに70歳は65歳に比べるともらえる額はおよそ4割増。その結果、82歳以上生きるなら70歳まで待った方がいいという計算になるそうです。
    みなさんは何歳からもらおうと思いますか?



    20170804_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『陸上の世界選手権』でトーク。
    ロンドンで行われる世界陸上ですが、やはり注目は男子100m! ウサイン・ボルトのラストランに向けて、過去の記録と共に見どころを紹介しました。


    20170804_7.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの編集部、石井雅仁さん。
    今日のテーマは「急増する外国人留学生の裏にある問題」について。その問題は大きく3つ。
    1、急増している留学生の出身国が偏っていること
    2、勉強よりも出稼ぎが目的で、間違った情報の元、日本にやってきていることがある
    3、出稼ぎ留学生の受け皿として各地に日本語学校が増えていること
    ベトナムやネパールという新興国からの留学生が増加しており、学校に通いながら働いて稼げるという甘い言葉が苦しめているそうです。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。日刊ゲンダイ 編集局 ニュース編集部長の小塚かおるさんに気になる記事を紹介していただきました。
    ●国家破滅内閣に名を連ねた 権力亡者の閣僚たち
    ●ドジャースに移籍したダルビッシュ有投手
    という記事を取り上げました。




    【今日の1曲】 一本の鉛筆 / クミコ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第89回:新内閣 発足

    今日、第3次安倍改造内閣が始動しました。オープニングは、「マイナスのことを考えるときりがない。僕はこの内閣改造を前向きに捉えています。これで停滞していた政治が動く可能性をはらんでいるから。信じたい。」と一美さんの思いを語り、スタート。

    木曜担当・西川文野サブキャスターは午前中から役員人事が行われた自民党本部、総理官邸で取材を続けており、番組の中で随時レポートを届けるため、前半は不在。そして、これは予想外でしたが、コメンテーターの和田秀樹さんは、出張帰りの飛行機が大幅に遅れて、成田空港から文化放送に向かいながら...のご出演となった今日。

    というわけで、上の写真のように、スタジオに一美さんひとりきりという、珍しい状況に。ある意味、貴重です。



    まずは『ニュースオフサイド』 きょう内閣改造、新内閣の顔ぶれは?

    国会記者クラブから西川サブキャスター、総理官邸で取材をした山本カオリ記者に繋いで「サプライズあったなと思ったのは、前の日にすべての顔ぶれが明らかになっていたのは初めてのこと。付け焼刃かもしれないが、安倍政権に批判的な野田聖子さんや河野太郎さんが入ったことで身内びいき払拭、少しはあった人事かなと。」

    ここで、自民党の平沢勝栄衆議院議員にもお話を伺いました。「非常に安定感のある実務優先・失敗がなさそうな人事。特に注目は野田聖子さん、そして石破派の斎藤健さん。支持率は今がどん底。今回こういう形で人事をしたので、一歩一歩地道に。信頼回復に全力をあげていきたい。」


    そして、『きょうのナマチュウ』 この顔ぶれについて、野党の反応や街の声は?

    細木美知代記者が民進党の動きを取材し、新内閣の顔ぶれを受け、蓮舫代表の感想「自民党らしい。失言やスキャンダルでミスをおかしたくないという思いが透けて見える。まったく印象のない内閣。」を伝えてくれました。

    新橋からは、西村志野記者が街の声を届けてくれました。「まったく変わり映えしないよね...」という意見で一致していたようですね。




    ssb-skd20170803blog (4).jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースはこちら。「特殊詐欺の件数、37%増 被害者の7割が高齢者」です。

    親族になりすます「オレオレ詐欺」と有料サイトの利用料を装う「架空請求詐欺」、医療費などの還付を装う「還付金詐欺」などの特殊詐欺、去年よりは少しだけ被害額は減ったものの、件数はとどまることを知りません。比較的高齢の方々が狙われていますが、私たちも身近な人たちへもっと関心をもつことで、被害を未然に防ぐことが出来そうです。


    コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さん。今日の『オピニオン』の時間には、大門の交差点あたりまで来ていた和田さん!惜しいです!

    というわけで、お電話で和田さんが語りおろしたのは「中国の若々しさと人の多さ」というテーマ。今回、中国へ行ったのは『健康と芸術と脳』というちょっと変わった国連主催の会議でスピーチをするため。

    和田さんは1年ほど前に、大人から老人になる移行期を「思秋期」と呼ぶというような本を書かれており、中国の首相の経済ブレーンの方が目を付けてくれたのだそう。高齢者が増えていくにつれ中国経済が停滞しないで済むように...と「思秋期経済」を導入しようという考え方。「日本が経済優先と言いつつ、そうなってない。すべて後手後手。もっと日本も経済政策に、いろんなブレーンを入れてった方がいいのではと思った」と、実際に中国に行って実物を見ることで感じたことをお話してくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』高橋将市アナウンサーが「10月22日、村田諒太、世界再挑戦!」という話題を取り上げました。

    対戦相手はやはりあのアッサン・エンダム選手となったわけですが、今日行われた記者会見にはエンダム選手の姿も!会見のためだけにフランスからチャンピオンがやってきたそうで、将市アナウンサー興奮。

    記者会見での村田選手の声をまじえてお送りしました。

    実は村田選手とエンダム選手、あの一件から親交を深めているのだとか。和やかな雰囲気での会見。最後は「ベストを尽くすだけ!結果は神のみぞ知る。唯一手元に無いものはベルト。それを持って帰ります!」と結んだ村田選手。

    二か月半先ですが、「待ちきれない~!!」ですね。

    ssb-skd20170803blog (5).jpg



    『ニュースパレードアネックス』 自民党本部、総理官邸で自ら取材した西川文野サブキャスターの報告を聞きました。

    「普段、報道のニュースを聞いていると感じなかったのですが、現場で見てみると、議員の皆さんの声の大きさが人によって全然違うことにまず驚いた!」自民党本部で岸田さんの堂々とした笑顔や二階さんの微笑ましい姿を目にした後、総理官邸に移って記者がいていい場所に集まる報道陣の数にも驚いたとのこと。

    一緒にいた山本カオリ記者に「いつもはこの10分の1くらいだよ」と教えてもらい、今日という日は特別なんだと改めて感じたようです。

    お土産の飴を振る舞う西川さん。

    IMG_4874.JPG




    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    明日4日から横浜で始まる、3年に一度のあのイベントをご紹介!詳しくは番組ブログ「世の中SAKIDORI~最新 映画・本・お店情報 By加納有沙」にレポートが載っています。ご覧ください。

    IMG_4888.JPG


    【今日の1曲目】Future Is Born feat. mabanua / RHYMESTER 

    【今日の2曲目】風の吹き抜ける場所へ〜Growin' Up, Blowin' In The Wind〜 /FLYING KIDS


    エンディング、17時前に発生した築地市場の火災現場から西村志野記者が中継をお送りしました。

    今日も最後までお聴き頂き、ありがとうございました。

  • 第88回:どうなる?民進党

    今日の1枚は、番組のオープニングでふれたマンホールカード。

    東京ビッグサイトで今週の金曜日まで開催中の『下水道展』へ、昨日足を運んだ一美さん。そこでこのマンホールカードをGETしました。全国各地のカラフルなマンホールをカード化したもので、裏にはなんでこの絵柄なのかなどのデータも書かれています。調べたところ、マンホールカードは現在222種類あるよう。収集心がくすぐられたのか、「これから集めます!」と宣言!無料ですが、その土地土地でしか手に入れられないものなので、集め甲斐ありますね!



    『ニュースオフサイド』&『きょうのナマチュウ』

    蓮舫代表の辞任表明を受けて行われている民進党両院議員総会の模様と、代表選挙の展望をサキドリしました!

    民進党本部で取材した竹田有里記者と細木美知代記者。総会が始まるまでは肯定的な意見が多かったと竹田記者。そして、両院議員総会後の様子を伝えてくれた細木記者でした。

    代表選は、正式に8月21日告示で9月1日選出に決定。

    sakid20170802no (1).jpg

    さらに、先月2日に行われた東京都議会選挙、八王子市選挙区から出馬し落選した安藤修三さんとお電話を繋ぎました。「代表を選ぶにあたっては国民目線で選んでほしい。広く党員サポーターの意見を聞いて選ばれるべきだと思う。民進党が自民党や共産党と違って、どういう日本を目指すのかくっきりと打ち出して、全員がまとまってそれに向かって、代表選挙や議論をしてほしい」とお話してくれました。


    スタジオでは清水克彦デスクが、今のところ名前の挙がっている前原さん、枝野さん、玉木さんについて「誰が代表になるかでまったく違う政党になってしまう可能性が。ということは分裂含み。そのあたりが注目すべき点では。」と解説。

    saki20170802-b (1).JPG



    『きょうのナマチュウ』の時間には、民主党代表を務めた海江田万里さんと中継を結んで。

    「今ある民進党のバラバラ感を克服するためにも、正々堂々とそれぞれの候補者が、自分の政策をエッジをたてて、方向性をはっきりとさせるということ。24万人党員サポーターのどれだけ多くの票を集められるか。みんないろんな意見があるだろうけど、結果が出て代表が決まったら、それが民進党として進むべき道なんだから、そういう意味ではチャンスだと思う。」

    1501665370394.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「ウィーン、猛暑で観光馬車"一斉休業"」

    言葉を話せない動物たちだからこそ、人間の私たちが気を付けてあげないといけませんよね。

    愛犬家の永野サブキャスターも、「夕方、体感温度で涼しくなったからと言って道路が熱々だったりするので、肉球のことを考えると気軽に散歩~とかいけないんです。」

    馬の暑さ対策を調べてくれた真紀さんのお話では、厩舎や競馬場では冷風扇や葦簀を使って、人間の使っている場所よりも5度くらい低い温度になるようにしているのだとか。

    saki20170802-b (3).JPG


    水曜コメンテーターは、3週間ぶりのご登場!春香クリスティーンさん。

    今日の『オピニオン』では、先日「政令指定都市」について学ぶ機会がお仕事であったのだそうで、

    「今現在、政令指定都市は全国に20ある。"政令指定都市会"というものを連携して開いて国に対して意見表明を出したり、大きな災害のときの対応や地方創生に取り組んでいる。その地域の抱える課題など、私たちの生活に密着していて、国会より、より身近なので注目してみとは」とお話してくれました。

    saki20170802-b (2).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』長谷川太アナウンサーが「来シーズンから日本のプロ野球もチャレンジ導入?ビデオ判定(リプレー検証)の現状」について伝えてくれました。

    現状、日本で1番ネックになるのは誰がこの映像を撮るのかということ。中継しているテレビ局の映像を審判の判定に用いるのは...という話になるわけですね。

    ちなみにメジャーリーグは「インスタント・リプレー・レビュー・システム」という、テレビの中継とは別に、判定のためだけに12台ものカメラを設置するような、メジャーリーグ組織が一括しているシステムがあるのだそう。

    saki20170802-b (4).JPG


    『ニュースパレードアネックス』日本全国で梅雨明けとなった今日。都内各地で行われた「打ち水作戦」を取材した吉田涙子記者が伝えてくれました。

    打ち水は江戸時代から続く、涼をとる方法で、気化熱を利用して温度を下げるだけではなく、土ぼこりが立つのを防ぐ効果も。水は二次利用するのでエコです。今日は備蓄されていて消費期限が切れた水を撒いたそう。
    ポイントは、朝方や夕方に撒くこと。日向よりも日陰に撒くこと。ベランダや外壁、すだれに撒くのも効果的ということですので、この夏の暑さを、昔ながらの方法で少しでも涼しくしたいものですね。

    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    今日は「夏休みは子供の脳が危ない」というお話を。夏休み中に生活のリズムが崩れることで、受験生の多くが9月にうつ病を発病するケースが少なくないというのです。

    たかよし先生「朝寝坊・夜更かしがで生活リズムが崩れると無気力やイライラを起こしてしまう。朝起きたら、親子で窓から外の空を見上げる。こうすることで、まぶしい光が目から入って、脳の奥底から目覚めることが出来る。晴れていたら30秒くらい、曇りなら3分くらい。あとは朝運動すること。ヨガや一人卓球がオススメ!」とのことでした。




    【今日の1曲】くじら12号/JUDY AND MARY

  • 第87回:PKO日報問題の行方

    『ニュースオフサイド』 「この先、真相に迫れるか、PKO日報問題」をサキドリしました。

    午前中の理事懇談会で何か進展はあったのか? 国会から石森則和記者が伝えてくれました。「結論から言うと、稲田さんから話を聞かないと分からないことが分かった。」とのこと。

    永田町事情に詳しい「インサイドライン」編集長、歳川隆雄さんにお電話を繋ぎ、この後の展開はどうなっていくのかお話を伺いました。「何かがはっきりするということは、悲観的。3日に行われる内閣改造、国民が驚くようなサプライズ人事には、どうもなっていないような感じ。」
    陸・海・空の軋轢やポスト争い、さまざまなことが渦巻いているのですね...。

    今日はリスナーの皆さんからも、稲田氏についてたくさんの怒り・呆れメールを頂戴しました。


    『きょうのナマチュウ』 "スマホ当たり屋"にご用心!というテーマ。

    スマホを見ながら歩いている人をめがけて体当たりしてきたりなど、かなり悪質なもので、実際にどんな事例があるのか、佐藤圭一記者が伝えてくれました。

    SKD20170801 (1).JPG

    西村志野記者は渋谷で若者にインタビュー!

    海外ドラマをスマホで見ながら歩いているという男性は「僕、自分で視野が広いと思ってる」そう。待ち合わせで暇なときなどつい歩きスマホしてしまうという女性は「悪いことだから気を付けないと...と思いながら見てしまう」というお話も聞けました。

    歩きスマホ、何をしているのかというと手軽にやりとりが出来るLINEや、Twitterを見ている方が多いようです。

    SKD20170801-nm (1).jpg

    "スマホ当たり屋"など詐欺問題に詳しい水田法律事務所の河野晃弁護士には、もしものときの対応について教えて頂きました。「ケガをした」という場合には、救急車を呼ぶ、きちんと連絡先を聞くこと。「修理代を払え」という場合には、その場ですぐにお金を払わずに、あまりにしつこく「今すぐ払え!」と言うようなら警察へ。

    こういうことに巻き込まれないためにも、まずは歩きスマホ・ながらスマホをしないように自分を正すこともポイントですね。




    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「世界の若者の7割はネットを利用」というニュースでした。日米など先進国ではネットを使用する若者は9割を超えた一方、アフリカなど後発開発途上国では約3割にとどまっており「デジタル格差」が鮮明に。

    SKD20170801 (3).JPG




    火曜コメンテーターは 石田純一さん。

    今日の『オピニオン』では「本来は国民のために」というテーマで「森友学園問題やPKOの日報問題にしてもそうだけれど、民主主義の根幹、僕たちには何が行われているのか知る権利がある。官僚・政治家の皆さん、誰に奉仕するのか?見る方向を間違えないで、国民のためにお願いします。」とお話してくれました。

    SKD20170801-km.png



    『SAKIDORIスポーツ』飯塚治アナウンサーがメットライフドームから、首位争いをする楽天エース・則本昂大投手の話題をサキドってお送りしました。馬力のある則本投手、パワーピッチャーはケガが多いと言われますが、「現役時代、私もパワーピッチャーでした!」という石井 貴さんのお話では、「足腰・背中の強さ、そして理想的なトップの位置からのピッチングで、ケガをすることなく好成績を残せている」とのこと。




    『ニュースパレードアネックス』 先月2日に行われた東京都議選を受け、都議会各会派の新たな役員が今日、小池都知事にあいさつ。各会派幹部の記者会見の様子を東京都庁の記者クラブから伊藤佳子記者が伝えてくれました。




    『アーサー・ビナード午後の三枚おろし』今週まな板の上にのっているのは、『児童文学作家、森比左志さんの言葉』です。 8月1日の今日は「森さんの翻訳の舞台裏」について。

    harapekoaomushi (1).JPG




    【今日の1曲】If I Ain't Got You /Alicia Keys

  • 第86回:小池都政、まもなく1年

    オープニングは今日の放送前に東京港トンネル見学会に参加してきた一美さんが、トンネルの壁に「夏は夜」と枕草子の文を書いたお子さんへのインタビューを紹介してスタートしました。




    『ニュースオフサイド』
    明後日8月2日に就任1年を迎える東京都の小池百合子知事、その1年の振り返りとこれからをサキドリしました。
    東京都議会議員、都民ファーストの会 ・東京都議団 前幹事長の音喜多駿さん、そして、これまでの小池都政を取材してきた政治ジャーナリストの安積明子さんにお電話を繋ぎました。
    「都政への関心を持たせた、興味を持たせたという点は高く評価できるものの、豊洲移転問題の中身についての具体性がまだ見えてこない、また東京オリンピック・パラリンピックへ向けて計画よりも遅れていることや、想定外の課題が出てきた部分も...」と、音喜多さん。
    安積さんは「国政に打って出るとしたら、年内だと思われる。」とお話してくれました。
    有権者の方たちからは「今までと全然違って、分かりやすくなった。」「正直、今の体制を変えてくれる人なら誰でもいい。」「良かったこともあるけど、ちょっとどうなのかな~と思うことも。」という声が。




    『きょうのナマチュウ』
    3年後に迫った2020年東京オリンピックとパラリンピックにまつわる動きを、2連発でお伝えしました。
    まずは、東京都が都内の自治体と連携して花と緑で街を彩る「花の都プロジェクト」がスタート!という話題から。
    小池都知事も出席したキックオフイベントを取材した佐藤圭一記者が、台東区雷門商店街からレポートを届けてくれました。


    続いて、野球日本代表"侍ジャパン"の新監督に稲葉篤紀氏の就任が固まったということで、「やっぱりイナバ!」となるのか!?この記者会見が開かれる会場には西村志野記者がスタンバイ。
    17時からの会見ということで、会見前の会場の様子や、これまでの稲葉さんの活躍、お人柄など、話に花が咲きました。
    skd20170731-nmt (1).jpg


    『SAKIDORIニュースパレード』石川真紀キャスターが取りあげたのは「体罰は逆効果?日米の研究チームが幼児への体罰は問題行動のリスク高いと発表」というニュースでした。
    「お尻をたたくことは日本では社会的に許容されている部分があるが、今回の結果からは、「落ち着いて話を聞けない」「約束を守れない」など問題行動につながる行為だと言える。大人が一時的な感情を子どもにぶつけているだけで、しつけにはなっていない」と、悪影響が明確になったそう。
    そこから、スタジオの皆さんの学校で受けたお叱りの話に。
    ssb-IMG_4776.jpg



    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さん。
    『オピニオン』では「女の壁」というテーマで、稲田防衛大臣の辞任、蓮舫議員の辞任から見る、女性だからこそ注目される良い面と悪い面のお話をしてくれました。
    「お二人とも、資質に問題があったのかはわからない。ただ、個人の資質がちゃんと評価されるには、男性6女性4の、6対4になって初めて個人の能力として評価されると言える。まだまだ女性政治家は少ない。増やす努力をしていかないと女性リーダーが引っ張っていくっていうのはなかなか難しいのでは。」
    ssb-IMG_4785.jpg



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎 アナウンサーが水泳の世界選手権の話題を取り上げました。
    ssb-IMG_4803.jpg
    メダルは計7個という結果で、これは素晴らしい!と思いきや、「金メダルなし」ということで、「海外トップ選手の進化に、このままでは日本選手、間に合わないぞ...」と、危機感が漂っているそう。



    『ニュースパレードアネックス』
    16時台の『きょうのナマチュウ』でも取り上げた、"侍ジャパン" 新監督に稲葉篤紀氏就任。
    記者会見が始まったばかりの品川プリンスホテルから、西村志野記者が伝えてくれました。報道陣200人ほどが集まった会見の様子、詳しく、西村記者が「column~記者たちのオフマイク~」に書いてくれています。ご覧になってみてください。
    skd20170731-npa.png



    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』
    今日は、元・SPEEDの今井絵理子衆議院議員の不倫報道について。
    ssb-IMG_4815.jpg
    橋本健神戸市議が"ハシケン"と呼ばれていることや、今井議員がホテルでのパジャマ姿まで撮られていたことを知らなかった一美さん、この表情。
    ssb-skd20170731-bg.jpg



    『アーサー・ビナード午後の三枚おろし』
    今週まな板の上にのっているのは、『児童文学作家、森比左志さんの言葉』です。
    ssb-harapekoaomushi (9).jpg
    7月31日の今日は「はらぺこあおむし、誕生の秘密」をお送りしました。明日もお楽しみに!



    【今日の1曲】 ドライヴ!ドライヴ!ドライヴ! / クレイジーケンバンド
  • 第85回:パンダの名前はなににする?

    6月12日に生まれた上野動物園の赤ちゃんパンダの名前公募が今日から開始!
    朝一で駆けつけて投票してきた一美さん、名前は『ピンピン』。
    理由は、『平成の平を中国読みし、元気に育ってほしいから』。
    締切は8月10日までで、発表は9月下旬。一体どんな名前になるのか楽しみです!


    『きょうのナマチュウ』でも、佐藤記者が投票で盛り上がる上野動物園からお届けしました。
    チャチャやサンサン、ポッポなど様々な名前が挙がる中で、佐藤記者が考えたのは『ノンノン』。
    昔、憧れの先輩の名前からとったということで個性が出て面白いですね(笑)
    20170728_2.JPG


    さらに命名といえば今年4月にマゼランペンギンの名前を公募し、『わっしょい』に決まりました。
    スタジオでは東京スカイツリータウンにある『すみだ水族館』の広報、近藤早紀子さんにお電話を繋ぎ、お話を伺いました。
    ●公募にあたってのテーマは?
    5年連続生まれていて、毎回「元気な東京」をテーマにしている。
    ●どうして公募するの?
    一緒に考えてもらうことでスタッフと同じように成長を見守ってもらいたい。
    ●選ばれやすい名前って?
    ペンギンは公募するときは性別がわからないので、どっちでもいい名づけだと有難い。

    20170728_5.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「子どもの夏休みの自由研究 親にとって負担7割」。
    「わかるー!!」と共感していたのは加奈さん(笑)「鮫のDVDを見て研究するのは?」など、お子さんに提案していたそうです。
    一般社団法人日本能率協会のアンケートによると、「去年の夏休みの自由研究、誰とやりましたか?」という質問に対して57%が母親と答えたそうです。
    今年も親は大変ですね・・・!


    20170728_3.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「老後のお金、いくら必要?」。
    みんな老後の資金については不安に感じている方が多いと思いますが、実際にいくらくらいかかるのか荻原さんが解説。
    ●生活費・・・サラリーマンがもらえる年金の平均は22万。教育資金などが終わっているなら夫婦ならやっていける額。
    ●介護費・・・生命保険文化センターの調査によると、実際にかかった金額は1人約550万円。夫婦では約1100万円。
    ●医療費・・・高額療養費制度によると1ヶ月の入院費は2人で5万程度で済むそうです。200~300万思っていればいいとのこと。
    この3つを合計すると夫婦で1500万円を見積もっておくといいそうです。



    20170728_4.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『全国高校野球選手権大会 早稲田実業 決勝へ』というテーマでトーク。
    ますます盛り上がりを見せる高校野球の最新情報を清宮選手の声と共にお届けしました。


    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの編集局長、谷定文さん。
    今日のテーマは2017年版の「世界人口展望」をきっかけに、世界人口と日本人口の推移についてお話を伺いました。


    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。日刊ゲンダイ 編集局 ニュース編集部 編集部長の今泉恵孝さんに気になる記事を紹介していただきました。
    ●稲田大臣辞任で「PKO日報問題」はウヤムヤに!?
    ●蓮舫代表 辞任の真相
    という記事を取り上げました。




    【今日の1曲】 午後のパレード / スガシカオ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第84回:民進党 蓮舫代表が辞意表明

    こんばんは!今日もSAKIDORI!をお聴きくださった皆さん、ありがとうございました!

    オープニング、昨日の野田幹事長の辞任に続き、今日午後、民進党の蓮舫代表が辞任を表明。番組が始まる直前に行われた記者会見の音声からスタートしたSAKIDORI!です。



    改めてですが、SAKIDORI!では毎日、皆さんからのメールをお待ちしています。
    sakidori@joqr.net まで送って頂くか、番組ホームページのサキドリちゃん(下の画像、緑線で囲んだところ)をクリックして頂くと、メールフォームに飛べるようになっていますので、ご活用ください。
    mail.skd.png




    『ニュースオフサイド』 今日7月27日は朝鮮戦争休戦協定日。気になる北朝鮮の動きは?ミサイル発射か?
    まずはスタジオで石森則和記者が、今日のここまでの北朝鮮の動きをまとめて解説。

    skd20170727 (1).JPG

    北朝鮮問題に詳しいコリアレポート編集長の辺真一さんのお話では「今日やるか明日やるかのタイミングは不明だが、ミサイル発射は間違いなくやる。」とのこと。

    今日はもうお一人、お電話を繋ぎました。5月29日に弾道ミサイルが落下した排他的経済水域で漁業を営む山形県漁協の参事、西村盛さんです。今日は風が強く、ほとんどの船は漁に出ていないということでした。心配されていたイカ釣り漁船も現在は北海道の北側の漁場を使っており、離れているということで今のところはそこまで心配はしていないというお話でした。

    最後に街の声を東京・新橋で取材した西村志野記者が伝えてくれました。



    『きょうのナマチュウ』 訪日外国人も注目の女性専用カプセルホテル「ナインアワーズウーマン神田」がオープン!

    細木美知代記者がこの「ナインアワーズウーマン神田」からレポートをお届けしました。今日はすでに満室という人気ぶり。シンプルでスタイリッシュな館内、スタッフも全員女性ということで安心ですよね。

    「24時間のなかでいつでも好きな時に利用できる止まり木のようなサービスを届けたい。」と、ナインアワーズ代表・油井啓祐さんはお話されていました。

    実は去年12月には東京・日本橋に「トレインホステル北斗星」という訪日外国人の方の利用を想定したホテルがオープンしています。こちらは鉄道に特化した空間づくりということで、どういう方に喜ばれているのか、集客の工夫などマネージャーの野村ゆりこさんにお話を伺いました。



    skd20170727 (3).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスター、今日はオープニングでも触れた「 民進党 の 蓮舫 代表が辞意表明」というニュースをここで詳しく伝えてくれました。



    skd20170727 (4).JPG

    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さん。

    今日の『オピニオン』は「モノを買う中国の脅威」と題して、「我々日本という国がもう少し存在感を出すためには、資本主義のこの時代、モノを買う国が強いという自覚を持たないといけないと思う。」と語り下ろしてくれました。




    『SAKIDORIスポーツ』槙嶋範彦 アナウンサーが、今晩のライオンズナイター解説・松沼雅之さんと共に、各チームの中心投手「エース」に焦点を当ててお送りしました。



    『ニュースパレードアネックス』南スーダンでの国連のPKO=平和維持活動に参加した部隊の日報を破棄したとしながら、陸上自衛隊が保管していた問題。防衛相は明日、特別防衛監察の結果を公表、関係者の処分も発表とのこと...今日は河野克俊 統合幕僚長の記者会見が開かれました。防衛相で取材にあたった山本カオリ記者が動きなど伝えてくれました。



    加納さん0727 (3).JPG

    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    ソプラノ歌手でいらっしゃる鮫島有美子さんがスタジオに!

    番組ブログの「最新 映画・本・お店情報By加納有沙」もご覧ください。




    今日の1曲】Hot Spice/ レベッカ

  • 第83回:マッチ・カジノ・タコ

    「火をつけることも消すことも、いつの間にか自然と身についているものですが、この歳になって初めて正しいマッチの擦り方・消し方を学んできました。」

    今日のオープニング、東京ガスの防災対策プログラムで"火育(ひいく)"を学んできた一美さんが「正しいマッチの擦り方・消し方」をレクチャーしました。




    日本で初めてとなるカジノ開設に向けた現状と課題をサキドリした『ニュースオフサイド』

    東京・新宿区にあるディーラー養成の日本カジノスクールが今日、日本でのカジノの成功に向けた報道陣向けのセミナーを開き、竹田有里記者がレポートを届けてくれました。

    実際、ディーラーになりたいという人もかなり増えて来ているそうです。

    また、今日は東京の帝国ホテルでギャンブル依存症に関する催しも開かれました。ギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子さんにお電話でお話を伺いました。
    270万人ほどの依存症の人がいるという日本、田中さんは「この段階になっても、あまり納得のいく対策や支援が明らかになっていない。痛みを伴う大改革に取り組むという気持ちでやってほしい。」と懸念を示しました。

    スタジオでは清水克彦デスクが、国内第1号はどこに出来るのか解説。

    ssb-IMG_4644.jpg



    『きょうのナマチュウ』 今年の夏休み、人気の旅行先と安く行くコツについて取り上げました。

    東京・神田にある旅行代理店「ルネッサンス」の社長、松本卓也さんのお話では「1番人気はハワイ。年々、グアムのツアーの大人料金が高くなってきている。2番人気はインドネシアのバリ島。LCCが使えてホテル代がリーズナブル!韓国のソウルもエステや韓流ブームで女性人気が戻ってきている。ヨーロッパも北欧は人気。ムーミンワールドが7月・8月しかオープンしないのでフィンランドに行く人は多い。アメリカもトランプタワーが見たいと言って人気が。」とのこと。

    とにかく早め、早めに旅行計画に動く...というのが松本さんのアドバイスでしたね。

    そして、西村志野記者が東京・有楽町駅前で街の声をインタビュー!海外旅行よりも、帰省や近場で過ごす方が多いようでした。

    skd20170726-b.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは、「夜間使えないスマホ発売へ 小学生向けを想定」という話題。

    ssb-IMG_4657.jpg

    1990年生まれの堀口さんは「12歳の時に初めて携帯を買ってもらって、依存しちゃうほど使ってしまっていた。目も悪くなるし、いつまでも寝ないでいじってしまって「これはまずいなぁ」と思った。自制心を育む、自分でハッとするのも大切なんじゃないかなと。」

    一美さんは「堀口さんのような賢者はいいけど、僕のような愚者にはありがたいスマホ!」と話していました。



    skd20170726-b (1).JPG

    水曜コメンテーター、堀口ミイナさん。

    今日の『オピニオン』では、「茹でダコの魅力」を熱く語りました。
    築地のこだわりの茹でダコ専門店『大政』さんのネット注文で、茹でダコを購入したという堀口さん。
    「タコは茹でると水分が抜けて、5割ぐらい目減りする。それが蒸しダコにすると2割くらいの目減りで済むそうで、実はお店で売られているものは、茹でダコではなくて蒸しダコだったりするみたい。でも、大正時代から続く美味しい食べ方の茹でダコ。お刺身、タコ酢、アヒージョ、トマト煮込み...タコ三昧の日々を過ごして、まるごとの幸せを感じた。この夏のオススメは茹でダコ!!」

    お料理上手な一面が見れました。


    『SAKIDORIスポーツ』飯塚治アナウンサーがメットライフドームから、「 夏場の本格化するパ・リーグ優勝争い!」について、今日のライオンズナイター解説・松沼博久さんと共にお送りしました。



    『ニュースパレードアネックス』オープニングでも取り上げましたが、東京ガスが今日、報道者関係者向けの防災対策プログラムの体験会を開催。一美さんと伊藤佳子記者が参加しました。

    ssb-IMG_4664.jpg

    『災害時のトイレを備えよう』ということで、水洗トイレが壊れてしまった時のポイントや携帯トイレの取り付け方など、伊藤記者「家族にも受けてもらいたい」一美さん「すごく勉強になった」と話していました。

    水が流れなくなってしまってからでは遅いので、災害時に携帯トイレを先手必勝で使う方が安心。食料・水・トイレ・そしてトイレットペーパー、日ごろから備えましょう。

    skd20170726-b (2).JPG

    このほかにも、ユニークな体験プログラムが色々とあったようです。

    こちらは、身近にあるものを使って作った"かまど"↓

    skd20170726-b (3).JPG



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』 大相撲から学ぶケガの予防について、教えてくれました。

    「全力を出すことが人体にとって危険...」ということが脳の研究で分かってきたそうなんです。これは大脳47野という部分が、普段の力にストッパーをかけているため。

    たかよし先生いわく「40歳過ぎたら全力は禁止!上手に手を抜いて。それでも、どうしても全力を出さないといけないときのために、布団の上で転ぶ練習を。あとは防災訓練の時に、手順を脳に学習させることも大事!」とアドバイス頂きました。



    【今日の1曲】コーヒー/ 奥田民生

  • 第82回:NEXTウナギ?

    こんばんは!暑い日が続いています。皆さん、夏バテしていませんか?

    今日は「土用の丑の日」ということで、SAKIDORI!でも、『きょうのナマチュウ』の中でウナギの話題をお送りしました。


    ではまず、『ニュースオフサイド』から振り返りましょう。

    午前中国会に行っていた一美さんも番組オープニングで触れていましたが、舞台を参議院に移して閉会中審査が行われた今日。サキドリしたテーマは「閉会中審査2日目、どうなる安倍政権!」でした。

    スタジオで清水克彦デスクが、昨日今日の閉会中審査をまとめておさらい。今日も真新しい進展はなく...しかしながら「新しいことが出てこなくても、おかしいことはおかしいと言い続けないと」です。

    ssb-IMG_4588.jpg

    「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表 黒川敦彦さんにお電話を繋ぎ、文科省の設置認可について、そしてあまりに高すぎる設置単価・およそ坪150万円の件について、昨日から国会でも新たな疑惑の争点として持ち上がっているという2点についてお話を伺いました。





    『きょうのナマチュウ』 ウナギの次に来るのは...パンガシウス?

    まずは、夏にウナギを食べるのはなぜなのか?夏バテにウナギは本当に効くのか? 佐藤圭一記者が調べてくれました。

    それによると、ウナギは栄養素が高いものの脂質やカロリーも高いので、胃腸が弱っているときにたくさん食べるのはオススメできないそうです。

    ssb-IMG_4599.jpg

    そして、今日の本題であるNEXTウナギの「パンガシウス」について、NEXTさかなくん芸人のハットリさんにお話を伺いました。「パンガシウス」とは海外のナマズで、東南アジアでは普通に食べられているポピュラーなものだとか。

    ハットリさんはパンガシウスではないもののアメリカナマズを召し上がったことがあるそうで、「淡白な白身で、フライにするとふわふわ。美味しいですよ。食材としてもバランスがいいと思う。」

    ちなみにハットリさんのオススメのNEXTウナギとしては「ウツボ」だそうです!


    skd20170725-nm.jpg

    埼玉県吉川市には西村志野記者が行っていました。老舗料亭の「糀家」さん、お忙しい日にインタビューにこたえていただきありがとうございました!





    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたニュースは「この夏、筑波大学で"藻"が熱い!」

    今日開催されたシンポジウムの冒頭部分を見てきた真紀さん、夏休みの自由研究や社会科見学に持って来いの話題として紹介してくれました。

    藻類バイオマスで注目されている「藻」について、今月29日まで筑波大学の各施設で開催されているそうですので、エネルギーの話題をサキドリしてみては!?

    ssb-IMG_4603.jpg




    火曜コメンテーターの石田純一さん、今日の『オピニオン』では「政治家は言葉が命」と題して、「審議を拒否したり、文書がどこにいったか分からない、記憶にないばっかりで、ちゃんとしていればやったこと言ったことを隠す必要がないと思う。何党とかの問題ではなく、このままでは政治自体が機能しなくなる。政治家というのは普段から言葉に責任を持って欲しい。」というお話を。



    『SAKIDORIスポーツ』担当は片山真人アナウンサー、神宮球場から伝えてくれた話題は...夏の高校野球西東京大会準々決勝と、早稲田実業・清宮幸太郎の高校通算本塁打歴代最多タイに並ぶ107号打ったのか!?

    試合後の清宮選手の声、試合を見たファンの声もお送りしました。




    『ニュースパレードアネックス』今日午後三時半から民進党本部で両院議員懇談会が開かれました。

    取材した石森則和記者が、蓮舫議員の冒頭挨拶や会合の様子などについてまとめてレポートを。「次の総選挙に向けての具体的なビジョンは示されていないという印象」ということでした。

    ska20170725-npa.jpg




    【今日の1曲】プールサイド / 南佳孝

  • 第81回:東京オリンピック開幕まで、あと3年

    こんばんは!

    ついに3年後の今日7月24日の午後8時には、東京オリンピックが開幕。

    コメンテーターの河合薫さんと水谷サブキャスターが元気に「東京五輪音頭」を踊るスタジオ風景、とても素敵でした。(※ただこれは、音に合わせて二人が想像して踊っているフリースタイルダンスですので、あしからず。)



    『ニュースオフサイド』 衆議院予算委員会で開かれた加計学園問題などをめぐる閉会中審査について、国会記者クラブから山本カオリ記者が今日の動きをまとめて伝えてくれました。「ようやく主役の登場...だったわけですが、歯切れの悪さ。これで国民にきちんと説明ができているといえるのか、疑惑が深まった印象を受けた。」とのこと。

    そして今日の午後、質問に立った民進党 の玉木雄一郎 衆議院議員にも直接、お話を伺いました。




    『きょうのナマチュウ』 東京五輪開幕まで3年という節目の日、各地で行われたセレモニーやフェスティバル。中継をつないでお伝えしました。

    埼玉で行われたフラッグツアーフェスティバル会場から佐藤圭一記者がレポートを、西村志野記者は、東京・北青山で行われたスポーツエンターテイメントトレードショー2017会場から。

    詳しく記者の二人が「column~記者たちのオフマイク~」に記事をあげてくれていますので、そちらもぜひご覧ください。



    ssb-IMG_4538.jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「九州電力 玄海原子力発電所で玄海町内に、所長宅や社員寮を整備する方向で検討中」というニュースでした。

    岸本英雄町長が3月、玄海3、4号機の再稼働に同意する際、九電に対し事故対応要員の町内居住や地域振興への貢献を要望。「地域振興への協力をお願いしてきたが約束を守ってくれてうれしい。町人口が増えることで税収増も見込め、町に活気が出る」と話しているとのこと。
    街の声の「安心・安全」と「経済効果」というものを抱き合わせることはなかなか難しい問題ですね。





    IMG_4540-b.JPG

    河合薫さんの語り下ろした今日の『オピニオン』は、「宮城県石巻市のいま」。

    移動支援をするNPO法人Reraの活動を見せてもらい、行きたいところに行けない人を助けるということだけでなく、会話や人と人とを繋ぐ大切なコミュニティにもなっていることをものすごく感じたという河合さんでした。

    「復興支援金は今年で打ち切られる可能性が出ている。Reraも財政難に陥っている。これは日本の未来の先駆け的な活動でもあるし、こういった活動が地域を豊かにすると思うので、興味を持ってもらえたら。」

    詳しくはこちらからご覧ください→【NPO法人 移動支援Rera】



    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが「水泳の世界選手権」について取り上げました。

    平泳ぎの渡辺一平選手にフォーカス!

    今回の世界選手権、男子100メートル平泳ぎ予選では、残念ながら準決勝進出を逃してしまいましたが、本命は200メートル!

    狙った大会で狙った結果を出せるのか?楽しみです!

    ssb-IMG_4543.jpg

    ちなみに砂山アナの得意な泳ぎ方は、背泳ぎだそうです。

    ssb-IMG_4533.jpg



    『ニュースパレードアネックス』

    1964年から親しまれている「東京五輪音頭」を2020年バージョンとして現代風にアレンジしたものが発表され、制作発表会を取材した吉田涙子記者が伝えてくれました。

    スローガンが"ハッピー&ピース"ということで、スタジオもとても楽しい雰囲気に。果たして、この踊りが正解だったのかは来月、分かります(笑)

    ssb-IMG_4558.jpg



    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』です。

    今日は、「松居一代さん続報」と「平尾昌晃さん死去」の2つの話題を取り上げてお話してくれた美保子さんでした。

    ssb-IMG_4579.jpg


    【今日の1曲】出会ってから付き合うまでのあの感じ/SHE IS SUMMER

  • 第80回:トランプ大統領の半年を振りかえる

    世界遺産に登録され注目を集めている沖ノ島の写真展が日本橋高島屋で始まりました。
    早速、一美さんも見に行き「まるでそこにいるかのように錯覚した」と写真展を大絶賛!
    8月1日まで開催中です。気になった方はぜひ足を運んでみてください。

    『ニュースオフサイド』では、アメリカ・トランプ大統領の発足半年を考えます。
    ●戦後最低となる36%の支持率を記録した原因とは?
    不法移民の阻止、オバマケアの撤廃、大型減税と大規模インフラ整備を基本政策に掲げたが、ほとんど前進していない。
    逆に、外交は大統領令で進めやすいが、大統領としての素質はいかがなものか。



    元ヘリテージ財団上級研究員で東洋大学国際学部教授の横江公美さんからもトランプ政権について伺うと、意外にも経済面では悪くないが、国際社会に背を向けているところは良いとは思えないと評価。

    『きょうのナマチュウ』は、プリンス芝公園で行われた自動運転バスの一般公開試乗会から細木記者がレポート。
    20170721_2.jpg
    バスといいますが、見た目はとてもおしゃれで大きさもそこそこ。
    安全面の確認や一般の方に受け入れられるかを確認する目的で、自動化の仕組みとしてはコントローラーで走らせたい場所をGPSで記録し、それを覚えて走るそうです。

    20170721_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「草刈り機の事故に注意!」。
    国民生活センターによると、過去8年で草刈り機による事故は少なくとも140件発生していて、被害者はおよそ半数が60歳以上だということで、夏に芝刈り機を使う方も増えるこの時期に注意喚起を行いました。




    20170721_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「日銀」について。
    デフレ脱却に向けた日銀の政策は間違っていると明言する荻原さん、さらに進む日銀の株主化も危惧しました。



    20170721_5.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサーが『全国高校野球選手権大会 西東京大会』を紹介。
    5回戦の早稲田実業と法政大高戦の結果は早稲田実業が勝利! 母校の勝利にひと安心の一美さんでした。



    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの石井雅仁さんにお話を伺いました。
    今日のテーマはニュースオフサイドに引き続き、トランプ政権からの半年を評価して頂きました。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。日刊ゲンダイ 編集局 小塚かおるさんに気になる記事を紹介していただきました。
    ●閉会中の審査には、期待できない!
    という記事を取り上げました。




    【今日の1曲】 全部だきしめて / KinKi Kids


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第79回:打ち水をしよう!

    東京ビッグサイトで行われた高齢者住宅フェアに足を運んだ一美さん、高齢者向けの様々な提案に関心しっぱなしだったそうで、年をとっても恐れることなく進化していける明るい未来を想像できるイベントでした。


    そして、『ニュースオフサイド』では、子育てと介護と仕事を両立できる働き方として注目を集める「テレワーク」について。
    「体感!テレワークフェスタ」の会場から細木記者がレポート。ライフワークバランスの重要性を訴える小池都知事の言葉やイベントで展示している様々な最新機器を紹介してくれました。
    スタジオでは社団法人日本テレワーク協会の今泉千明さんにお電話を繋ぎ、AIが進み、日本の働き方もどんどん柔軟性が求められる中で生じるデメリットを解説しました。
    ●テレワーカーは現在どのくらい?
    日本の就業者の17%。
    ●デメリットは?
    「在宅勤務はサボりやすい?」と思われがちですが、実際に調査すると逆に一生懸命仕事をする人が多く、長時間労働につながる可能性が。
    コメンテーターの和田さんは、地方で優秀な人が都心に行かずとも仕事がしやすくなるのではと感想を述べました。

    『きょうのナマチュウ』は、猛暑を吹き飛ばす、打ち水イベントをご紹介!
    20170720_2.JPG
    「打ち水日和 in 芝公園」の会場から西村記者がレポートしてくれました。
    港区の賞味期限が切れた災害保存水をつかっての打ち水!思い切り水が放つ子供たちの明るい声が印象的でしたね。

    20170720_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「買い物弱者の救済が進んでいない」というもの。
    買い物弱者とは、「65歳以上で車を持たず、500m以内に生鮮食品を取り扱うお店がない人」が目安で、救済する移動販売や宅配、買い物代行も赤字が多いのが現状なんだとか。
    また、不便さも地域の助け合いで成り立っていることで伝わりにくいことも問題視されていました。

    20170720_4.JPG
    コメンテーターの和田秀樹さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「学会、その実態」というテーマで語りおろし。
    アメリカと日本では学会の認定医になる基準が異なり、腕のいい医師が認定するアメリカとは間逆の実践的ではない認定表に苦言を呈しました。




    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサーが『プロ野球のユニフォーム』についてご紹介。
    20170720_5.JPG
    プロ野球後半戦、いろんなチームがオリジナルユニフォームに着替えますが、寺島アナはソフトバンク「鷹の祭典」で登場!




    20170720_6.JPG
    『世の中SAKIDORI』は、SAKIDORI最前線! レポーターは加納有沙さんです。
    今回先取りしたのは「サラダ専門店」。
    スタジオには表参道にある「EVERYTHING SALAD」からおすすめのサラダをお持ちしました。
    20170720_7.JPG
    一美さんはエブリシング サラダ。
    20170720_8.JPG
    西川アナは季節のフルーツとカッテージチーズを試食!

    ボリュームが多いため満足感も高く、免疫力を高め夏風邪予防にもなります。
    スタジオでは、EVERYTHING SALADのマネージャー三好孝典さんにお店の魅力について伺いました。



    【今日の1曲】 トリプル!WONDERLAND / Negicco

  • 第78回:水曜コメンテーターに堀口ミイナさんが仲間入り!

    SAKIDORI!初登場の水曜コメンテーター、タレントの堀口ミイナさんとお送りしました。1990年生まれの26歳。早稲田大学政治経済学部を卒業後、三菱商事に新卒入社。ローソンを4年間担当していたそうです。一念発起、発信するお仕事を...と、タレントの道を歩み始めました。

    ちなみに、お名前の表記、なぜ「ミイナ」なのか?について

    「トルコ語名が「ミーナー」なんですが、「ミーナ」と伸ばし棒だと、なんかバカっぽく見えるかなと思いまして...」とぶっちゃけ話もしてくれました(^^)

    これからよろしくお願いします!



    『ニュースオフサイド』 東京の無電柱化(電柱や電線がない街づくり)の動きをサキドリしました。

    スタジオで清水克彦デスクが、日本にある電柱の数、そして諸外国の無電柱化率、メリット・デメリットなどを解説。

    30年以上前から無電柱化は取り組まれてはいるものの、コスト面でなかなか進まないのが実状です。

    skd2017-0719 (2).JPG

    さらに、NPO法人「電線のない街づくり支援ネットワーク」の事務局長で、株式会社ジオリゾーム代表取締役の井上利一さんのお話をまとめて、石森則和記者が伝えてくれました。

    細木美知代記者は、実際に無電柱化だ進んでいる品川区・戸越銀座から、街の声を届けてくれました。






    『きょうのナマチュウ』 関東甲信地方、梅雨明け!猛暑を吹き飛ばせ!ということで、暑さ対策がテーマの「猛暑対策展」を取材した竹田有里記者が伝えてくれました。東京ビッグサイトで68社90ブースが出展中とのこと。

    日本の技術力を用いた暑さ対策、すごいですね!

    skd2017-0719 (4).JPG

    かわって、アナログな面での暑さ対策もご紹介。川崎市・川崎大師「風鈴市」から西村志野記者がレポート!

    話に出ていた"だるま風鈴"はこちら↓ それぞれ表情が違って可愛かったそうですよ!

    skd2017-0719 (7).JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀 キャスターが取りあげたのは「東京五輪マスコット選考 小学生投票は12月から」という話題でした。いよいよ夏休みシーズン、お子さんとマスコットのデザインにチャレンジしたいという方、手描きはNGやマスコットの性別を設定しないなど細かい規定があるそうですので、チェックしてみてはいかがでしょう!?

    skd2017-0719 (5).JPG



    堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「夏休みは小さな村へ行こう!」

    ワインがお好きということで、今年の夏休みには南仏ワイン巡りをしたいと考えているミイナさん。「ガイドブックなどで調べていたらフランスの色んな所にすごく小さい村がたくさんある。『フランスで最も美しい村』というのを実際にフランスの観光庁がリストアップしているんです。いくつかの条件があって、人口が2000人以下だとか、最低2つの歴史的遺産があるなどがあるんですが、こういう村ってほっとかれると廃れていってしまうことも多いので、すごく良い取り組みだなと思います。」

    実際に南仏の村巡りを実現したら、お土産話も聞かせて欲しいですね!



    『SAKIDORIスポーツ』担当は槙嶋範彦アナウンサー!

    プロ野球後半戦に入り、ここまで活躍しているパ・リーグのルーキー投手、オリックスのセットアッパーの黒木優太投手と先発の山岡泰輔投手のインタビュー音声をまじえて紹介してくれました。

    skd2017-0719 (6).JPG



    『ニュースパレードアネックス』気象庁は今日、中国地方や四国、近畿、東海、それに関東甲信で梅雨明けしたとみられると発表。「梅雨明け宣言」について、気象予報士の伊藤佳子記者に教えてもらいました。
    確定値というのは9月1日に出るので、そこで梅雨明けの真実が分かるのだそうです。その時点で、修正がされることもあるのだとか!

    伊藤記者の気象予報士仲間に聞いたところ、7月5日説・7月6日説・7月7日説があがったということでした。




    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    昨日の朝、105歳で亡くなられた日野原重明先生。たかよし先生、今日は「私の医者人生の目標だった日野原重明さん」というお話をしてくれました。



    【今日の1曲】夏が来た! /渡辺美里

  • 第77回:一粒万倍日!

    こんばんは!午後になって、みるみる空が暗くなってきたと思ったら、急な雷雨。本番直前、一美さんは一人、ペデストリアンデッキへ。今日はオープニング、その音声をお聴き頂きました。写真の黄色い傘が一美さんです。



    さて、今日は、タイトルにもあるように「一粒万倍日」でした!

    お恥ずかしながら、「一粒万倍日」というものを今日初めて知った私が、簡単に説明をさせて頂くと、「たった一粒のもみが万倍にも実り、素晴らしい稲穂になることを表している」そうで、有名な吉日である「大安」にも並ぶ、大変縁起の良い日とのこと。

    開業や種まき、出資や結婚など新しいことをスタートするのに最適で、もちろん宝くじの購入にも持って来いの日だったわけです。



    そんな日の『ニュースオフサイド』では、 今日から、全国で一斉発売となったサマージャンボ宝くじ。高額当選した場合、どうすればいいのか?サキドリしました。

    スタジオのお三方、7億円が当たったら?

    石田純一さん「とりあえず貯金。あと、世の中のために少しは役立てたいかなぁ。」

    竹田サブキャスター「プライベートジェットを買いたい!」

    一美さん「家のローンを返したい。軽井沢か鎌倉に別荘を買う。」
    夢が広がりますよね。

    まずはスタジオで佐藤圭一記者が、実際に当たった際の一連の流れなどの基礎知識、まことしやかに囁かれている「宝くじの噂」について伝えてくれました。

    skd20170718.JPG



    お金のプロフェッショナル、ファイナンシャルプランナーの島上智さんにもお電話を繋ぎ、気になる税金の話や気を付けた方がいいことなど伺いました。
    島上さん「つい現実的な話ばかりになってしまいましたが、普段あまり会話のないご夫婦が、当たったらどうしよう~と盛り上がって頂ければ、宝くじは安い買い物なんじゃないかなと思う。」なるほど!

    skd20170718 (1).jpg

    そして、西村志野記者は...宝くじと言ったらここ!ですね。東京・中央区の西銀座チャンスセンターからのレポートです。

    着いた時には、降っていた強い雨もすぐにやんで、蒸し暑くなりました。

    こんなお天気の中ですが、人気の一番窓口には300人ほどの行列。これでも雨のせいでいつもよりは少ないということでした。

    西村記者は、7億円当たったら?「各球場のシーズンシートを買います!」

    B_20170718_183540.jpg



    『きょうのナマチュウ』 災害時に重宝、液体ミルクについて取り上げました。

    伊藤佳子記者が液体ミルクとはどんなものなのか、メリット・デメリットなどを解説。

    メリットとして、常温で保存できすぐに飲める・菌が混入する率が低いため衛生的・お母さんだけでなくお父さんや家族でもあげやすい。

    デメリットとしては、価格が高い・味・店頭寿命が短い。などがあげられるとのこと。

    skd20170718 (5).JPG

    熊本県阿蘇郡西原村阿蘇こうのとり保育園 田中文典園長に実際に液体ミルクを使ってみて、「ライフラインが途絶えて、水が出なかったので助かった。試飲してみたが、味はちょっと甘すぎる感じがした。」というような具体的な感想を聞かせて頂きました。



    『SAKIDORIニュースパレード』 「ハワイで歩きスマホに罰金か?」という話題を取り上げた石川真紀キャスター。

    ハワイのホノルル市議会は、道路横断中の"歩きスマホ"を違法とする法案を可決。ということなんですが、今日は「石田純一さん ハワイ」と検索したという真紀さんの笑顔を載せておきます。

    skd20170718 (6).JPG



    火曜コメンテーター、"素足でニュースを斬る男" 石田純一さんの今日の『オピニオン』テーマは「自転車は軽車両」!

    法律を改めて見直してみて、自転車が車道ではなく、いくつかの条件下では歩道も走れるということを考え、「歩道を走らせてもらってるという気持ち、それから車道さえ走ってればいいというものでもない。周りの状況をよく見て、困っている人とかのことをよく考えて、お互い気を付けて走ろうよ。」とお話してくれました。

    skd20170718-kome.png





    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーが取り上げたのは、高校ラグビーについてです。

    昨日までの4日間、東京都内では「アシックスカップ2017 第4回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会」が行われていました。

    15人制のラグビーと7人制のラグビーの違いなど、日本ラグビーフットボール協会 高校委員会担当特任理事も新井ひとしさんの声をまじえてお送りしました。

    skd20170718 (7).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 二重国籍問題を巡って、民進党の蓮舫代表が開いた記者会見。きわめてプライバシーにかかわる戸籍、国籍選択宣言などの書類が示されたそう。会見場から石森則和記者が伝えてくれました。



    【今日の1曲】Serpent Coaster/ 一十三十一

  • 第76回:海の日

    今日は海の日。

    オープニングは、「海の日だから、海に行こう!」と思い立った一美さんが、江の島の海で一人、波と戯れる微笑ましい声と、海に訪れていた方のインタビューをお届けしました。

    「大人の女性はなんでビキニを着たがるの!?」と一美さん。どうやら、水着の女性のどこを見てインタビューしたらいいのか...とにもかくにも恥ずかしかったようで、録ってきた声はすべて男性でしたね。

    ちなみに水谷サブキャスターは「去年、黒いビキニを購入。今年はもう3回くらい着て泳いだ。」、河合薫さんは「海ではもう何年も泳いでないけど、ビキニ派。でも私なんて、葉っぱで事足りる!!」と豪語。

    sakidori20170717 (4).JPG







    『ニュースオフサイド』
    安倍政権が進める働き方改革のひとつ、「成果型労働制」についてメリット、デメリットをサキドリ!

    「成果型労働制」とは一言でいうと、脱・時間給制度。働いた時間ではなく、成果で賃金が決まります。

    メリットとしては時間に縛られない、デメリットとしては長時間労働が拡大しかねないということがあげられると、清水克彦デスクが解説。

    sakidori20170717 (1).JPG

    街の人は「成果型労働制」についてどう思っているのか?江の島海岸周辺で佐藤圭一記者が取材した声を伝えてくれました。それによると、「給料が高ければいくらでも働く」と「どんな状況でも絶対に休みは欲しい」と真っ二つに。




    『きょうのナマチュウ』
    高校野球西東京大会、早稲田実業の試合が行われたダイワハウス八王子球場で取材をしている西村志野記者に繋ぎました。

    清宮選手人気と祝日ということも相まって、5000人ものお客さんが訪れた球場。通常よりも一時間ほど開場時間が早められたそうですよ!

    SAKIDORI!の記者になる前には、高校野球の取材を数多くしてきたという西村記者、とても楽しそうな声でレポートしてくれました。




    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀 キャスターが取りあげたのは「美術館で自撮りしようとした女性が、美術品をドミノ倒しに」というニュース!

    アメリカ・ロサンゼルスの展示会で、自撮りをしようとした女性がバランスを崩し、展示品をドミノ倒しに。被害総額は20万ドル(約2,260万円)に及ぶとみられています。ただ、倒れやすい展示の仕方も問題があったとの指摘も。女性への賠償請求や罰則などはまだ決まっていないとのこと。

    日本でも、傍から見ていて、自撮りに夢中になって危ないなぁと思うこと、けっこうありますよね!?

    sakidori20170717 (2).JPG


    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さん。

    『オピニオン』では、「中国の人権活動家・劉暁波氏と天安門事件」と題して、ANA国際線の添乗員になって1年目の1989年に起きた天安門事件の際に、救援機に乗務したお話をしてくれました。

    当時、世界のニュースについて強く興味は持っていなかった河合さん、この経験があって、添乗員の仕事は世界情勢と共にあると実感したといいます。

    最後に2010年のノーベル平和賞の授賞式で劉氏が書いた言葉を紹介してくれました。「私には敵はいないし、恨みもない。私を監視する人も、取り調べる警察官も、起訴する検察官も、判決を言い渡す裁判官も、皆、私の敵ではない。私は彼らの仕事と人格を尊重する。恨みは個人の知恵や良識をむしばみ、社会の寛容性や人間性を壊し、1つの国家が自由で民主的なものへと向かうことを阻むものだ」



    sakidori20170717 (3).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 男子シングルスはスイスのロジャー・フェデラー選手が8度目の優勝を果たした「テニスのウィンブルドン選手権」について、砂山圭大郎アナウンサーが伝えてくれました。

    引退危機が唱えられていたこともあったフェデラー選手。見事に復活、1セットも落とすことなくストレート勝ちで最年長優勝という素晴らしい結果を残しました。

    sakidori20170717 (6).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 リカちゃん人形が今月誕生から50年を迎え、千葉県浦安市で記念パーティーが開かれました。スタジオには取材した吉田涙子記者です。

    実は水谷さんも河合さんもリカちゃんと同年代ということで、出てくる出てくるリカちゃんに関する知識!

    河合さん「私、けっこう大人しかったから一人でお人形遊びしてた。リカちゃんのお洋服をティッシュで作って着せたり。」

    水谷さん「私も一人っ子で大人しかったから。リカちゃんの家セットが欲しかった~。」

    この手の話はさっぱり分からないという一美さんは...

    一美さん「僕もひとりっこで大人しかったから。想像で一人でプロレスごっこをしてました。スカイホークというレスラーが(想像の中で)いて...」

    女性陣「えっ、なんか気持ち悪い(笑)」

    sakidori20170717 (5).JPG




    sakidori20170717 (7).JPG

    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』 今日は2つの話題を。

    1つ目は「俳優・渡辺謙さんの不倫問題と謝罪会見」について。謝罪会見がここまで遅くなった理由について4つほど理由が考えられることなどお話してくれました。

    2つ目は「松居一代さんの続報」を。




    【今日の1曲】HANABI/Mr.Children

  • 第75回:熱中症に注意!

    番組が始まる少し前、浜松町駅前は灼熱の太陽が降り注ぎ、澄み切った青空が顔を見せていました。
    スタジオにある温度計もこの通り、梅雨があけていないのが嘘のようです。


    昨日、埼玉県上尾市の障害者施設の送迎用の車の中で19歳の男性が熱中症で死亡した事故を受け、「熱中症対策」を考えました。
    はじめに江東病院 副院長の三浦さんに熱中症とはどのような病気なのか、原因や症状を解説して頂き、水分補給の大切さ、体を冷やすことを重要さを改めて学びました。

    そして、『ニュースオフサイド』では、今回の事故が車内で起きたということで、「車と熱中症」に焦点をあてました。
    20170714_2.JPG
    ロードサービスでお馴染みのJAFの宮沢さんにお話を伺うと・・・
    ●車内温度はいつから注意が必要?
    真夏が注意と思われがちだが、実は過ごしやすい春先から対策が大事!
    外は20度前後でも車内は50度まで上がることが確認されている。


    ●具体的な対策は?
    窓をあけるだけではあまり効果がない。窓をあけてエアコンを入れてほしい。
    ちなみにサンシェードはダッシュボードやハンドルの温度を下げるにはとても効果的。あるとないでは20度くらい温度が違う。
    しかし、表面の温度が違うだけで車内温度は変わらないので注意してほしい。

    20170714_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「ゲームの指示で子供が自殺!?アメリカで注意呼びかけ」。
    アメリカで行った少女の自殺がインターネットで広がったゲーム「ブルーホエール・チャレンジ」によるものでは、と波紋が広がっています。
    20170714_4.JPG
    一般的には信じられない出来事にスタジオにいる全員が首をかしげつつ、ネットリテラシーの大切さを再確認。



    20170714_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「働かせ方改革」。
    年収1075万円を超える方の残業代が0になる「高度プロフェッショナル制度」。自分には関係ないかも・・・と思うかもしれませんが、過去に派遣法は30年をかけて条件がどんどん緩くなっていきました。今回も同じようなことが起こるのは!?と危惧しました。



    20170714_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『五輪招致が岐路に?』というテーマを紹介。
    IOCが異例の五輪2大会の同時決定を協議しています。
    その裏側には、年々、開催費などを理由に候補地が減っていることがあげられます。開催だけでなく誘致の費用も多くかかるため、東京五輪でコンパクト運営を見せることができれば今後の五輪招致も変わるのに...現状は...と嘆きました。



    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの理事長で外交ジャーナリストの手嶋龍一さんにお話を伺いました。
    今日のテーマは『トランプ政権誕生、間もなく半年 ~大丈夫か!?アメリカ!』。
    トランプ政権のこれまでを評価していただきました。



    20170714_7.JPG
    『世の中SAKIDORI』は、BSフジ広報局長の川植浩治さんに週末のBSフジおすすめ番組を紹介して頂きました。
    ●15日夜7時から「名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー~」
    ●16日午後5時から「ローカル単線でめぐる旬旅 ~初夏の箱根登山鉄道 あじさい紀行~」
    ●16日夜8時30分から「鬼平・剣客・梅安を作った男 ~池波正太郎~」



    【今日の1曲】 Boom! / マイア・ヒラサワ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    20170714_8.JPG
    最後に、番組終わりにまた温度計を見てましたが・・・う~ん、暑いっ!

  • 第74回:コメンテーター 田中眞紀子さん

    こんばんは!

    今日はコメンテーターに、第1次小泉内閣で外務大臣、第3次野田改造内閣で文部科学大臣などを務めた田中眞紀子さんをお迎えしたSAKIDORI!




    最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、 「安倍政権の現在地」と題して、田中眞紀子さんに安倍政権の現状についてお話して頂きました。

    最大野党・民進党の新たな動きについては、国会記者クラブから山本カオリ記者が伝えてくれました。

    「"眞紀子節"全開で胸のすく思い」と一美さん、放送でも言っていましたが、はっきり・きっぱり・バッサリの眞紀子さんでしたね!

    ピックアップしきれない切れ味の良さ。どうぞ、radikoのタイムフリー機能で聴いてみてください!


    『きょうのナマチュウ』は「保育士不足、待機児童問題の落とし穴」について取り上げました。

    細木美知代記者がスタジオで、保育の専門家・全国保育団体連絡会 逆井直紀さんへインタビューした音声を紹介。

    サキドリ0713‐1 (1).JPG

    東京・江東区の豊洲には西村志野記者が。小さなお子さんをお持ちのお母さん方の声を届けてくれました。



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「バターフィナンシェが頂点 JR東のお土産グランプリ」という話。

    JR東日本が、管内の1都16県からエントリーされた128種類のお土産から、一番贈りたいものを投票する「おみやげグランプリ」の総合グランプリを発表しました。

    新潟から眞紀子さんが贈るならどんなお土産を...?「お米とかお酒とかもありますけど、笹だんごが一番喜ばれる。夏目漱石のね。」

    サキドリ0713‐1 (4).JPG




    きょうの『オピニオン』では、政治とは何かといつも思っているという眞紀子さんの「今言いたいこと」を。

    「政治っていうのは、夢を現実に、現実を夢に近づけることの出来る唯一のツールだと私は確信している。安定政権の今、財政再建のためにしないといけないのは"良薬は口に苦し"で、受益と負担。社会的弱者を守り、そのほかの大多数の国民を国は説得して増税を。政治は素晴らしいもの。よく機能するように、安倍さんは自分が犠牲になって悩まないとダメ。そういうことが出来ない人がたまたま総理になっちゃった。」

    一刀両断、ズバッと語り下ろしてくれました。

    サキドリ0713‐1 (2).JPG



    『SAKIDORIスポーツ』片山真人アナウンサーが、明日から東京ドームを舞台に開かれる、社会人野球の2大大会、「第88回 都市対抗野球大会」に臨む「東芝野球部」。

    経営再建中の大変な状況の東芝、チーム在籍19年目の工藤賢二監督、ルーキーの岡野祐一郎投手にインタビューした音声をまじえながら伝えてくれました。

    サキドリ0713‐1 (5).JPG



    『ニュースパレードアネックス』

    この春、田中角栄元総理との想い出やその国家観を娘の視点からつづった『父と私』という著書を、日刊工業新聞社から出版された眞紀子さん。

    「視覚に障害がある方にも聞いてもらえるなら」と、本の中身を音読し、東京・新宿にある日本点字図書館で録音図書づくりもされています。

    今日は、眞紀子さんの『父と私』の中から、いくつかのくだりの朗読をお聴き頂きました。

    スピード、活舌、会話の方言の部分や漢字の読みのアクセントなど、勉強になったとお話しされていましたね。




    サキドリ0713‐1 (6).JPG

    水曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    今日はスタジオにゲストをお迎えし、明後日15日から始まる、美味しくて涼しくなるイベントについてご紹介しました。



    【今日の1曲】日常/星野源

  • 第73回:うだるような暑さ

    こんばんは!今日も暑い一日でしたね。東京も最高気温33.1度を記録しました。関東はまだ梅雨明けの声は聞かれませんが、明日から梅雨空になる予報が出ているようです。ただ、この暑さは続くそう。

    上の写真は放送終了後、少し経ってから「そろそろ外も涼しくなったかな~?」と、スタジオにある外気温計をチェックした時に撮りました。夕方になっても28.7度と、まだまだ暑い!



    まずは『ニュースオフサイド』
    来月早々にも予想される内閣改造についてです。
    支持率が急降下している安倍政権、予想される顔ぶれをサキドリしました!
    衆議院議員会館には竹田有里記者が。自民党の平沢勝栄 衆議院議員にお話を聞きました。

    サキドリ0712 (5).jpg

    さらに永田町の事情に詳しいインサイドライン編集長の歳川隆雄さんにお電話を繋いで、今回の自民党役員人事と内閣改造の最大の焦点は何になるのかなど解説して頂きました。


    『きょうのナマチュウ』
    テーマは「猛暑とこの夏の経済効果」でした。
    高校野球東東京大会の試合が行われている神宮球場から、西村志野記者が「熱中症対策・暑さ対策」についてレポートを。

    そして、スタジオでは細木美知代記者が、暑さによる経済効果についてご紹介。

    skd0712-18 (2).JPG

    さらに経済効果に詳しい関西大学の名誉教授 宮本勝浩さんにもお電話を繋ぎました。
    放送で話題になった西村記者の帽子姿をここで公開!「私、帽子が似合わないんです...」と本人は話していたのですが、いかがでしょう!?

    サキドリ0712 (4).JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが「アメリカ南部、砂浜で80人が手つなぎ救助」というニュースを取り上げました。

    真紀さん「インドア派の春香さんは泳ぎは?」

    春香さん「泳ぎは...苦手ですねぇ。危ないことは出来ないからこそしないようにしてます。」

    これから海水浴のシーズンです。無理は禁物。溺れた人がもしも居たとしてもすぐに飛び込まず、泳がずに助ける方法を考えて備えておきましょう!

    サキドリ0712 (2).JPG


    水曜コメンテーターは、エメラルドグリーンのUVカットパーカーで日焼け対策もバッチリの春香クリスティーンさんです。

    今日の『オピニオン』は、「"いいね!"を押すなら慎重に」というお話。

    「Facebookの"いいね!"ボタンというのは気軽に押せる。その気軽さがウケて、これだけ広まったのもあるとは思うけれども、スイスで『FBの中傷的な投稿に「いいね!」押した被告に有罪判決』というニュースが。ボタン1クリックの重さを感じる判決だなと感じた。SNS自体、まだまだ新しいツール。力のあるツールであり、危険もある。SNSの使い方について改めて考えるきっかけにしてみては?」


    サキドリ0712 (3).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当は高橋将市アナウンサーです。
    今日のテーマは「三浦隆司、アメリカで王座奪還へ!」

    日本時間の16日にアメリカ・カリフォルニア州でプロボクシング・WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチが行われます。渡米直前の三浦選手を空港まで追いかけてインタビューを録ってきた将市アナ!

    三浦選手「必ずベルトを持って帰って来ます!ボンバー!」と語ってくれました。



    『ニュースパレードアネックス』九州北部に甚大な被害をもたらした豪雨から一週間。

    被災地の現状、帰りたいけど帰れない理由、ペットの問題などを昨日まで現地に行っていた伊藤佳子記者が伝えてくれました。

    サキドリ0712 (1).JPG



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』
    今日は話題の動画をご覧になったたかよし先生が「心理的な部分の問題から松居騒動を考える」というテーマでお話してくれました。

    自分では気付いていないけれど、満たされない気持ちが広がると言動は演技的になるのだそう。

    逆境でストレスがたまっても怒りを世間にぶつけないためには、深夜にSNSなどで発信しない、カラオケで熱唱する、涙を流すことなどが良いそう。夕方に一時間限定でカラオケで歌って早く帰って寝る!これがたかよし先生のオススメ!


    【今日の1曲】Sunday Morning/MAROON 5

  • 第72回:福岡県朝倉市杷木町を結んで

    こんばんは!

    連日お伝えしている九州北部を襲った豪雨のニュース。

    今日も『ニュースオフサイド』で、現地の伊藤佳子記者に繋ぎました。伊藤記者は昨日の大分県日田市から移動し、現在は福岡県朝倉市杷木町へ。

    1499752113496.jpg

    1499752114767.jpg

    1499752115981.jpg

    自衛隊の方の働き、避難中の方たちの中での注意点、さらに一美さんからはマイクを向けていないときの皆さんの様子を聞かれ、「正直、お話を伺うのがつらい場面もたくさんあって...。「あんた、現場見たの?それをまず見てきたら、話しをしてあげる」という方もいらっしゃいました。」と伝えてくれた伊藤記者。



    先週、現地へ行っていた石森則和記者にもスタジオに入ってもらい、実際にその場で見たこと・聞いたこと・感じたことなど詳しく。

    「もともと地域同士でのつながりが強いから、リアルなコミュニケーションが不足していない。おそらくこれがだいぶ人を救ったと思う。みんな自然に持ち寄って助け合った。けして誰かを一人にしないというのを実感した。」

    IMG_4093.JPG



    『きょうのナマチュウ』では、今日から始まった「時差Biz」を取り上げました。

    今日11日から25日まで朝の通勤電車の混雑緩和に向け、時差通勤を推進する取り組み「時差Biz」キャンペーンが行われます。

    満員電車のストレスというのは相当なもの。身動きができない状況でのストレス軽減についてや、満員電車のストレスが働く人にどのような影響を与えているのか、東京メンタルヘルス所長 武藤清栄さん、精神科医の香山リカさんにもお話を伺いました。

    一美さん、竹田さんもそれぞれ満員電車でのイライラを語り、石田純一さんからは「国電」という懐かしいワードも!

    IMG_4101.JPG

    スタジオでは、清水克彦デスクが鉄道会社11社が実施する、お得なキャンペーンなどをまとめて紹介。

    日々、満員電車と格闘するサラリーマン・OLの皆さんの声を届けてくれたのは西村志野記者。今日は東京新橋へ行っていました。

    akidori0711-7.jpg



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが、今日、取り上げたのは「 理系の力を伸ばせ!小中学生の英才教育"ジュニアドクター育成塾"」というニュース。

    将来の科学技術イノベーションを牽引する傑出した人材の育成に向けて、高い意欲や突出した能力を持つ小中学生を発掘し、理数・情報分野の学習などを通じてその能力を伸長させる体系的な取り組みを支援する取り組み...だそうです。

    真紀さん「今、大学院に通っている竹田さんはまさにやっているようなことですかね。」

    竹田さん「小中学生の時から出来るなんていいなぁ!私、子供の頃から研究者になりたかった。ドラ〇もんを作りたかったんです。」

    一美さん「うーん、僕はジュニアプロレスラー育成なら...」

    ちなみに秋田ご出身の真紀さんは「なまはげ検定なら持ってる」ということでした。

    IMG_4110.JPG



    火曜コメンテーターの石田純一さんの『オピニオン』では、「出てこい!中心人物!」と題して、
    「閉会中審査が行われること自体がとても珍しいこと。しかしキーパーソンと呼べるような人は不在で、全然、真相解明には至っていない。このままで終わるようなら、民主主義に対する重大な挑戦ではないかと思う。ちゃんと一回でいいから、一堂に集まってきちんとやりませんか?」と、昨日行われた閉会中審査に思うことを語ってくれました。



    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治アナウンサー!メットライフドームから、中継解説の仁志敏久さんと前半戦プロ野球を一緒に振り返り、後半戦の展望など伺いました。




    『ニュースパレードアネックス』では、上智大学大学院で気候変動、地球温暖化について研究をしている院生でもある竹田有里サブキャスターが、先月20日から今月9日までの20日間にわたって取材したインドのお話を。

    劣悪な環境でも明るく生きるインドの人たちのたくましさを感じたとのこと。

    SAKIDORI0711 (2).JPG

    【おまけ】

    インドのお菓子で一息つくSAKIDORIメンバー。

    SAKIDORI0711%20(1).jpg



    【今日の1曲】レッツ ・キッス・ベイビー/カンケ

  • 第71回:現地・大分県日田市の声

    九州北部豪雨、発生から6日目を迎えた被災地、大分県日田市の様子です。現地には伊藤佳子記者が。

    今日は番組のオープニングと『きょうのナマチュウ』のコーナーで、伊藤記者を結んで詳しい現状をお伝えしました。

    写真は、花月川周辺の様子を取材した伊藤記者が撮影したもの。

    hita0710-2.JPG
    JR久大線の線路が橋脚ごと根こそぎ倒れ、流されてしまっているのがお分かり頂けるでしょうか。

    sakidori0710-5.jpg

    越水した花月川沿いにはゴミと土砂が山積みに。雨は落ちていないということでしたが、雲が出てきて空は怖いくらいです。暑さのため匂いも強烈だそう。

    現在、ボランティアの方々が家具の移動や泥出し中心に作業を進めているということです。お住いの地元でボランティア登録すると高速料金が無料になるということもあるそうですので、たくさんの方にボランティアに参加してもらえたら...とのことでした。

    『きょうのナマチュウ』スタジオでは、豪雨に見舞われた福岡県と大分県の今日の動きをまとめて、佐藤圭一記者が伝えてくれました。

    IMG_4052.JPG




    順序が前後しましたが、『ニュースオフサイド』 では、加計学園問題をめぐる閉会中審査を取り上げました。

    国会から山本カオリ記者は「肝心の安倍総理がヨーロッパ歴訪でいない状況で、どこまで真相に迫ることが出来るのか?ということだったわけですが...覚えてない・記憶にないの堂々巡り。」と振り返りを。

    さらにトップを切って質問に立った民進党の福島伸享衆議院議員は「何も答えない。非常に不十分な審議になってしまったことは残念。」と、お話してくれました。





    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「飛行機トイレに金塊数十キロ」というニュース。

     台湾から関西国際空港に向かっていた格安航空会社バニラ・エアの機内で、トイレから金塊数十キロが見つかっていたことが10日、税関関係者への取材で分かった。乗客が密輸しようとした可能性があるとのこと。

    不思議なこのニュースを受けて、元・客室乗務員の河合さんが推理!

    IMG_4065.JPG



    月曜コメンテーター、健康社会学者で気象予報士でもある河合薫さん。

    今日の『オピニオン』では、「集中豪雨と温暖化」というテーマで語り下ろしてくれました。

    「昔に比べて、実際に集中豪雨は増えている。温暖化が進んでいることも事実。でも、温暖化は未だに不確実な部分が残っているのも事実。ただし、"温暖化ウソ論"を裏付ける科学的根拠は一切認められていない。」

    自分にとって都合のいい結果・データだけ持ってきて語る"チェリーピッキング"は科学的エビデンスとは言えないというお話。

    sakidori-0710.png




    『SAKIDORIスポーツ』担当は砂山圭大郎アナウンサーです。

    河合薫さんと砂山アナが揃ったら、「卓球の話題?」かと思いきや、今日は「テニスのウィンブルドン 終盤戦へ」というテーマでお送りしました。

    ウィンブルドンの錦織選手の結果、そしてボールボーイとボールガールたちという選手たちを支える、裏方の戦いにスポットを当て、熱く語った砂山アナでした!

    IMG_4072.JPG




    『ニュースパレードアネックス』 東京・下町の夏の風物詩の一つ、台東区浅草寺で昨日から開催されている「ほおずき市」からの中継。

    水谷さんは昨日、見に行ったとか!

    「なんで、行ったのに(ほおずきを)買ってないんだ!」と一美さんに突っ込まれていました。

    1499670712495.jpg

    風鈴の音が西村志野記者のレポートの後ろで聞こえ、涼しげでしたね。外国の方や、浴衣を着た方が多く見られたそうです。

    お話を聞かせてくれた茨城県「つるみさんちのほおずき」の皆さんと一緒に。

    sakidori0710-4.jpg



    月曜の「世の中SAKIDORI」は放送作家でコラムニストの山田美保子さんがお送りする『芸能アラカルト』です。

    先週、「ブログが何やら大変なことに...」と話題になった松居一代さんの続報を伝えてくれました。

    IMG_4082.JPG

    話の流れで山田美保子さんの年齢を知り、一美さんも水谷さんもビックリ!!



    【今日の一曲】island island/TOREMONO

  • 第70回:ヒアリにひやり!

    「背筋が寒くなる感覚を覚えます」
    大井ふ頭に足を運び東京港を眺めたという一美さん、しかし、ヒアリ報道でいつもよりその景色も違って見えたようです。

    『ニュースオフサイド』は、昨日から報道している九州の大雨のニュース。
    現在の様子を、朝倉市杷木地区から石森記者がレポート。一時は車のワイパーがきかないほどの雨が降っており、足元は大きくぬかるんでいました。
    20170707_2.jpg
    発生から時間が経ちましたが未だに孤立している地域が多く、地域住民は協力しあって苦難を乗り越えています。
    今回、住宅への被害も大きいですが、コメンテーターの荻原さん曰く「火災保険が大切」とのこと。
    火災のみに適用されるイメージですが、実は台風や竜巻などいろいろ対応しているそうです。


    『きょうのナマチュウ』は、強い毒を持つ南米産のヒアリを取り上げました。
    スタジオでは、実際にヒアリに刺されたことがあるという文化放送「The News Masters TOKYO」のパーソナリティでプロゴルファー、ゴルフ解説者のタケ小山さんとお電話を繋ぎ、当時のお話を伺いました。
    タケさんが刺されたフロリダ州では、ヒアリの巣にボールが乗ってしまったら刺激しないように避けてプレイするという暗黙のルールがあるほど、みなさん注意を払っています。
    アナフィラキシーショックの可能性もあるヒアリ、東京でも見つかり今後どのような対策が行われるのが注目が集まります。


    20170707_3.JPG
    細木記者は、大井ふ頭からレポート。
    20170707_4.JPG
    中継を繋いだときは「今日中に調査をする」と言われていましたが、まだ調査団は来ていない状況でした。


    20170707_5.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「丸川珠代五輪相、『ホストタウン』新たに41件追加認定」。
    全国の自治体の交流を促進するホストタウン構想、第4次登録で新たに41件追加認定され、179件になりました。
    都心の方が人気かと思われましたが、静かに集中したいからと地方を希望する国もあるそうです。


    20170707_7.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「食料の南北問題」。
    余裕がないと農業ができないことから先進国は農業国、発展途上国は工業国になりやすい傾向にあると荻原さん。しかし、日本は工業国、アメリカなどは食糧難を危惧し国が対策を講じているにも関わらず、日本は遅れていると指摘しました。


    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『テニス ウィンブルドン』を紹介。
    20170707_6.JPG
    今日のテーマで1枚くださいと言ったらこのポーズ。テニス・・・伝わりますか?(笑)


    20170707_8.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの石井雅仁さんにお越しいただきました。
    今日のテーマは『土用の丑の日を前にウナギを学ぶ』。
    今年のウナギ事情から、ウナギの養殖の発達を進めるための研究まで、日本の食文化「ウナギ」を詳しく教えて頂きました。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに気になる記事を紹介していただきました。
    ●理財局長から栄転した 佐川国税庁長官
    ●九州豪雨をもたらした線上降水帯 関東でも!?
    という記事を取り上げました。


    【今日の1曲】 長く短い祭 / 椎名林檎


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第69回:九州北部、記録的な豪雨

    福岡県と大分県を襲った豪雨。大雨特別警報は解除されたものの、明日にかけ、局地的な大雨はまだまだ心配です。現地にいる石森則和記者には、オープニングから番組の各所でレポートを入れてもらいました。

    『ニュースオフサイド』

    まずは現在の雨の様子、今後予想される雨の様子を気象予報士の伊藤佳子記者が解説。

    昨日の午後からの福岡県朝倉市の雨量はなんと550ミリを記録。東京で一年間に降る雨は1500ミリと言いますから、どれほどの雨か数字で見ても分かりますね。

    IMG_3929.JPG

    これまでに入っている九州北部の被害状況を吉田涙子記者が伝えてくれました。

    IMG_3942.JPG

    大分県中津市に本社がある有限会社ハルミネの佐々木裕作専務にお電話を繋いで中津市の状況を、

    今回の豪雨被害で浮かび上がった高齢者の避難について防災アドバイザーの山村武彦さんに伺いました。



    『きょうのナマチュウ』

    今日から、夏の訪れを告げる日本最大の朝顔市「入谷朝顔まつり」がスタートしました。明後日8日までの三日間、40万人以上の人出が見込まれているそうです。

    入谷朝顔まつりの会場には、西村志野記者が行っていました。

    出店されているはるみ園さんのお話では、「今年の朝顔は、ぱっと見でも分かるくらい大ぶり。」とのことです。

    IMG_3982.JPG

    こちらがレポートで試食していた"朝顔せんべい"です。朝顔のお花を模したカタチのかわいらしいおせんべいでした。



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取りあげたのは「九州豪雨 ツイッターで救助要請が相次ぐ」というニュースでした。注意点をTwitter社があげています。皆さんも確認してみて下さい。

    1.具体的に状況を説明してツイート(例:場所、氏名、人数、状態、要請内容等)

    2.できれば、ハッシュタグ シャープ記号(#)つきの救助 をつける

    3.位置情報をつけるとより正確な通報が可能 

    善意から過剰に救助要請をシェアしないよう配慮も大切ですね。

    IMG_3949.JPG




    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さん。今日の『オピニオン』は、「裁判に庶民の声を」というテーマで、裁判員制度についてお話してくれました。

    「もう少し、一般市民の感情を判例に行かせるような分野で裁判員制度っていうように組み立て直した方が良いんじゃないかなと思う。」



    『SAKIDORIスポーツ』

    「9日初日、大相撲名古屋場所」について、高橋将市アナウンサーが伝えてくれました。

    今日は嬉しいことにこのコーナー初のゲストも!大相撲の元関脇 若の里、西岩親方が生出演です!

    IMG_3960.JPG

    田子ノ浦部屋の横綱・稀勢の里と、新大関・高安のお話や、西川サブキャスターも興味津津の、今日食べたちゃんこ鍋の味に至るまで、じっくりお話を伺いました。

    IMG_3975.JPG




    『ニュースパレードアネックス』 この時間までに入って来た福岡県と大分県の豪雨による被害状況について、まとめて細木美知代記者がお伝えしました。

    IMG_3992.JPG




    木曜の「世の中SAKIDORI」、加納有紗レポーターの『SAKIDORI最前線』では、来週12日リニューアルオープンする、あのスポットをご紹介。

    IMG_4001.JPG



    【今日の1曲】星空/古内東子

  • 第68回:ノンフィクションライター常井健一さんを迎えて

    今日は「小泉純一郎独白」や「小泉進次郎の闘う言葉」などの著書で知られるノンフィクションライターの常井健一さんをスタジオにお迎えして、『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』にお付き合い頂きました。


    まずは『ニュースオフサイド』 テーマは「安倍政権のこれから、そしてポスト安倍」です。

    小泉進次郎衆議院議員の入閣の可能性はあるのかなど含めて

    これから予想される政治日程について国会からは奥山拓也記者が、スタジオでは有権者は「ポスト安倍」についてどう見ているのか西村志野記者が伝えてくれました。

    IMG_3879.JPG


    『きょうのナマチュウ』では、 「どうなる農業改革?JA全中会長選挙、きょう開票」と題して、これからの農業に大きな影響を与える全国農業協同組合中央会の会長選挙について取り上げました。

    一騎打ちとなったこの選挙。次期会長には、小泉進次郎氏がおしていたJA東京中央会の須藤正敏会長ではなく、JA和歌山中央会の中家徹会長が選出される結果に。

    今回の選挙の持つ意味や、農林部会長を2年にわたって務めてきた小泉進次郎氏について、引き続き、ノンフィクションライターの常井さんにもお話を伺いました。

    細木美知代記者は、二子玉川にあるファーマーズマーケットから、農家の方の声を届けてくれました。

    IMG_3906.JPG

    水曜コメンテーターは春香クリスティーンさんです。

    今日の『オピニオン』では、「拳銃実弾100発所持の疑い 羽田空港で米国籍の女逮捕」というニュースをピックアップして、テロの水際対策の徹底について語り下ろしてくれました!

    「テロ対策の強化ということで、先日もロケで色んな最新技術、たとえば感情解析で危険人物かを判定するような技術も見させてもらって、すごくそういものも大事だとは思うけど、ゴミ箱に銃弾て・・・なんでこんなことが・・・と思ってしまう。こういうところから潰していかないとと思う。」




    『SAKIDORIニュースパレード』  石川真紀キャスターが今日取り上げたのは「アメリカ、ネズミと遊べる期間限定カフェを設置」という話題です。

    日本の猫カフェやふくろうカフェなどとは大きく違って、ネズミの黒歴史(20世紀前半にネズミのペスト菌感染をきっかけに流行したペストのこと)を知ってもらおうというもの。
    こういった負の遺産を観光資源に生かすという動き、ダークツーリズム・ブラックツーリズムは世界的に広がっているのだそう。



    IMG_3915.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 飯塚治アナウンサーが「ソフトバンクホークス 工藤監督3年目の戦い」について伝えてくれました。




    『ニュースパレードアネックス』  東京・池袋の「サンシャイン水族館」が今月も12日にリニューアルオープン!

    これに先立ち、今日取材陣に先行公開されました。石森則和記者がレポートしてくれました。「column~記者たちのオフマイク~」には、石森記者の撮ったペンギンの写真も。癒されますのでぜひご覧くださいね。



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』

    実は2003年の総選挙に自民党公認で立候補した、たかよし先生。結果は落選でしたが、そんなたかよし先生だからこそ(?)の今日はこんなテーマ「都議選の自民敗退を脳科学で読み解く~!」でした。
    脳の中で感情を司る扁桃体は、好感よりも嫌悪感などのマイナスの感情を強く生み出すそうですで、それが今回の選挙結果にも見てとれるとか。




    【おまけ】 毎日17時前にお送りしている『ジャパネットたかた ラジオショッピング』で、今日ご紹介したモリリンのクールタオル「コールドスピード」を振りまわす永野サブキャスター。

    濡らして軽く絞って振るだけで、冷えてくる優れもの。

    sakidori0705 (5).JPG

    【今日の1曲】ボーイフレンド/aiko

  • 第67回:危機管理

    今日は、一美さんの一言「生まれて初めて号外を」からスタートしたSAKIDORI!

    一美さん自身が新橋でインタビューした音声もお聴き頂きました。

    今日午前9時40分頃、またしても北朝鮮が弾道ミサイルを発射。番組最初のコーナー『ニュースオフサイド』ではこのニュースを詳しく取り上げました。

    清水克彦デスクがスタジオで、今回のミサイルはどういうものか、また"排他的経済水域"についても解説を。

    s-IMG_3809.jpg

    国際ジャーナリストの春名幹男さんにもお電話を繋ぎ、このタイミングでの発射の思惑や、今後またミサイルを打ってくる可能性などお話して頂きました。



    続いて、『きょうのナマチュウ』

    藤井聡太四段の活躍で注目が集まる将棋界ですが、今日は「将棋ブームの先にある課題」と題してお送りしました。

    手作業で将棋の駒を作る職人は年々減少していると言います。

    今日は駒の産地として知られる山形県天童市にお住いの、最高級駒を作られる伝統工芸士 櫻井和男さんに駒作りについてや、職人がなかなか育たない現状などをお聞きしました。

    スタジオでは佐藤圭一記者が、天童市の近年の駒の出荷額の推移などを伝えてくれました。SAKIDORI!でも特集したことのある「ふるさと納税の返礼品」のおまけにもなっているそう。

    s-IMG_3822.jpg

    そして、東京・新橋の中村碁盤店からは西村志野記者が中継を。その模様は「column~記者たちのオフマイク~」に西村記者がアップしてくれていますので、そちらもご覧くださいね。


    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀キャスターがクローズアップしたのは「南米ペルーの世界遺産マチュピチュで観光ルールが厳格化」というニュースです。

    マチュピチュへの行き方を真紀さんに熱心に質問する一美さん。行くだけでもけっこう体力が必要だという話。

    s-IMG_3829.jpg


    火曜コメンテーターの石田純一さんのきょうの『オピニオン』は、「小池都政に望むこと」というテーマで語り下ろして頂きました。
    「今回の都議選で新人議員が多く当選し、不安定さも。質問ひとつも最初のうちはうまくいかないこともあるだろうと思う。今までの議会を本当の意味でどのように改革していくのか。本当の意味での都民ファーストを!」




    『SAKIDORIスポーツ』 担当は長谷川太アナウンサーです。

    「日本ラグビーW杯自国開催に向けての強化」というテーマでした。

    s-IMG_3833.jpg



    『ニュースパレードアネックス』では、今朝、長崎市に上陸した台風3号の今後の見通しと注意点を、気象予報士の伊藤佳子記者が。

    ちょうど今日から、気象庁のホームページで細かい川の氾濫についてなどが一目で確認できるようになりました。

    「以前は大きな川の情報しか見られなかったのが、今日からお住いの近くを流れる小さな川の情報も見られるように。台風になると、川の氾濫が気になって見に行かれる方がいる。それで、尊い命を落とされる方も少なくないので、気象庁のホームページも活用してもらいたい」と佳子さん。

    s-IMG_3849.jpg

    実際に私も気象庁のホームページを見てみました。

    トップページの「天気予報」→「洪水警報の危険度分布」で出てくる地図を、自分が見たい場所に合わせて拡大すればOK!簡単です。そのほかにも気象庁のホームページで色々な情報が見られます。試してみて下さいね。

    番組のエンディングでお子さんの危機管理のメールが読まれていましたが、今日はミサイルに台風と、特に危機管理の重要さを感じた一日だったように感じます。



    【今日の1曲】The power of love/Huey Lewis & The News

  • 第66回:都議選から一夜明け

    こんばんは!今日の1枚は、ホッと一息のひとこま。スイカと枝豆のおやつがなんとも夏らしいです。

    昨日、7月2日(日)は東京都議会議員選挙でした。文化放送では、夜8時~9時に、一美さんの進行で開票特番をオンエア!

    一夜明け、今日のオープニングは「昨夜は興奮状態がずっと続いていて、なかなか眠ることが出来ませんでした。おそらく寝る前に大勝利を2つも見てしまったから」の一言。

    ひとつは都議選、そしてもうひとつは将棋の藤井聡太四段の連勝を止めた佐々木勇気五段の戦いのことですね。



    さて今日の『ニュースオフサイド』は、都民ファーストの会が圧勝し、自民党が歴史的な惨敗を喫した東京都議会議員選挙を総括しました。

    結果を受けての都政運営について、政治ジャーナリストの安積明子さんが解説を。

    さらに、自民党東京都連会長代行をつとめてきた菅原一秀衆議院議員にお電話を繋ぎました。
    「国政に対しての批判が今回の候補者に向けられたかたち。原点回帰。襟を正さないと、と感じた。真摯に受け止めたい。」


    『きょうのナマチュウ』  都議選を受けて安倍政権の今後、ならびに都民ファーストの会の国政への進出があるのかどうかサキドリました!

    前神奈川県知事、松沢成文参議院議員にお電話でお話を、国会からは山本カオリ記者が今日の動きを伝えてくれました。

    自民党の歴史的大敗を象徴する場と言える中野区。駅前には、西村志野記者が。取材した街の声では、「自民党の負け方は当然」という意見や、「何か変わって欲しい」という声が聞かれました。



    IMG_3786.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀 キャスターが取りあげたのは「2017年分の路線価」でした。

     国税庁は3日、相続税や贈与税の算定基準となる2017年分の路線価(1月1日現在)を発表。32年連続で日本一となった東京都中央区銀座5の「鳩居堂」前は1平方メートルあたりの価格が4032万円。過去最高だったバブル直後(1992年)の3650万円を上回ったそう。


    IMG_3796.JPG

    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さんです。

    今日の『オピニオン』は、「メディアと権力」というテーマでお話してくれました。
    「いつの時代も権力はメディアを使いたがる。それと常に緊張関係にあるのがメディア、ジャーナリズムの使命。第四の権力として、メディアがきちんとチェック機能を果たさなければならない。日本はメディア自体が忖度しているのでは。」



    IMG_3806.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは「テニスのウィンブルドン」について。

    伝統の大会だけあって、着用していいウェアやシューズの色は「白」のみ。招待客のお客さんにも「場に適した服装」という規定があるそうです。ウィンブルドンの格式高さ、よく分かりましたね。

    錦織 圭選手が唯一ベスト8入りしたことがない大会。満身創痍で臨む初戦は今夜、頑張ってほしいものです!




    『ニュースパレードアネックス』では、東京都の小池百合子知事と結んで、「都民ファーストの会」代表を退いたの理由、都議選の勝因、国政への進出は視野にあるのかなど、限られた時間でしたが直接さまざまな質問をぶつけました。

    一美さん、「小池さんは選挙戦で長らく禁酒されていたんだけど、昨日ビールを飲んだということだったので、おつまみは何を召し上がったのか聞きたかったなぁ。ラーメンがお好きだという事は分かってるんですよ。」とエンディングで漏らしておりました。




    月曜の「世の中SAKIDORI」は『芸能アラカルト』山田美保子さん、今日はお電話でのご出演でした。

    松井一代さんが自身のブログで、少しきな臭いことを更新している件について、30年ほど"松井一代さんウォッチャー"だという山田さんがお話してくれました。



    【今日の1曲】ボクはここに/ 渡辺美里

  • 第65回:都議選を前に

    「政党ではなく人を見るべきだと思いました」と話す一美さん。
    いよいよ今週末に迫った都議会議員選挙。帰り道、マイクを使って呼びかける候補者が多い中、「夜はお酒を飲んでいる方が多いからそのいい気分を壊したくない」と地声で演説をする方を見かけたそうです。そんな地に足がついた考え方に親近感が湧いたと感想を述べました。

    『ニュースオフサイド』は、東京電力 旧経営陣の初公判を取り上げました。
    東京地裁では59の傍聴席を求めて約770人が集まり、その関心の高さが伺えます。
    20170630_2.JPG
    今回の裁判は「強制起訴」という制度で行われていますが、普通の裁判とどう違うのか永野記者が解説、さらにジャーナリストの内田誠さんに制度で期待されていることや問題点を教えて頂きました。


    『きょうのナマチュウ』は、ひふみんの愛称で親しまれている加藤一二三九段の引退会見について。
    20170630_3.JPG
    会見が行われた将棋会館から、報道陣の熱気で汗が止まらない吉田涙子記者がレポート。「大変スッキリした気持ち。これからも今まで通りやる気を失わないで、元気よくこれからの人生を歩んでいく」と将棋界のレジェンドの言葉を伝えてくれました。
    20170630_4.JPG
    さらに、細木記者は将棋会館の周りでインタビュー! 加藤九段の人柄がわかるキーワード「うなぎ」に注目。対局に集中するため、「食事に迷いたくない」、「熱くてすぐに食べられないうどんは食べない」というこだわりがあるそうです。


    20170630_5.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で石川キャスターが伝えてくれたニュースは「高齢者に限定免許を検討」。
    高齢者による交通事故防止対策を議論していた有識者会議では、ドライバーの運転能力によって自動ブレーキが付いた車に限定するといった限定条件付き免許の導入が検討されました。
    地域と時間帯で制限するといった案も提言されましたが、「なかなか実現は難しいのでは?」という印象です。

    20170630_7.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「上半期 公私混同ワースト3」。
    1位 加計学園 (加計学園しか受からないような条件)
    2位 稲田防衛大臣 (自衛隊を自分のもののように発言)
    3位 豊田真由子議員 (公費で雇う秘書への暴言)


    20170630_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『卓球のT2アジア卓球リーグ』を紹介。
    T2リーグは世界の一流選手が国籍関係なく団体戦が組めるという卓球ファン注目の国際試合なんですが、試合時間が24分と制限があり、会場もハリウッド映画などの撮影スタジオで行われるなど娯楽要素が強いのが特徴です。



    20170630_8.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comで英語サイトを担当しているジェームズ・シングルトンさんにお越しいただきました。
    今日のテーマは『2分で登れる富士山』。
    東京、埼玉、千葉などにある小さな富士山・・・富士塚を紹介してくださいました! 明日は山開き、身近な富士塚もいいですね。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんに気になる記事を紹介していただきました。
    ●自民党惨敗で安倍おろしが始まる
    など、今週末行われる都議会選挙にまつわる記事を記事を取り上げました。


    【今日の1曲】 雨のステイション / 荒井由実


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 初めて買ったレコード

    今日の一枚は『SAKIDORIニュースパレード』から。

    石川真紀キャスターが取り上げた「レコード生産、30年ぶりに再開 ソニーが自社で」という話題で、スタジオでは初めて買ったレコードの話に花が咲きました。ここでご紹介すると・・・

    石川真紀キャスターが初めて買ったレコードは「斉藤由貴さんの砂の城」

    一美さんは「高田みづえさんの硝子坂」

    木曜コメンテーター和田秀樹さんは「スティービー・ワンダー」

    ちなみに西川文野サブキャスター、CD世代。放送終了後に初めて買ったCDについて聞いてみると、8㎝CDで、「kinki kidsの硝子の少年と広末涼子さんの大スキ!」だったそう。



    『ニュースオフサイド』 今日サキドリしたのは、「北朝鮮、来月にもICBM発射実験か!?」

    アメリカと韓国の首脳会談を前に、気になるのは北朝鮮の動きです。

    スタジオで国際情勢が専門の清水克彦デスクが解説。

    まずはワシントンで現地時間の29日、30日と行われる米韓首脳会談。そして、朝鮮人民軍戦略軍の創建記念日、朝鮮戦争休戦の祖国解放記念日、ASEAN外相会議、米韓軍事演習と、これからいろいろな節目がやってきます。この間にやるとすればICBM発射か核実験か?

    IMG_3668.JPG

    コリアレポート編集長の辺真一さんは、「まずは米韓の綱引きではアメリカが勝つだろう」というお話でした。



    『きょうのナマチュウ』  オープニングから下村博文会長の記者会見音声をお送りしましたが、東京都議会議員選挙直前、「安倍総理大臣の側近が相次いで窮地に」がテーマでした。

    下村会長の会見の模様を取材した山本カオリ記者が、 野党の動きについては細木美知代記者が国会から伝えてくれました。

    次々と明らかになる政府・自民党の問題は有権者の目にはどう映っているのか、西村志野記者が取材。「何を基準に決めたらいいのか・・・・」という声が聞かれました。

    IMG_3673.JPG

    木曜コメンテーターの和田秀樹さんの今日の『オピニオン』は「日本よ、法治国家であれ」というお話。

    「稲田さんの問題は大きいと思う。法によってきちんと裁かれるべき問題。豊田議員の件も、暴言はともかく殴ってケガをさせて被害届を出しているのにどうも警察がちゃんと動いていないという話。これは大問題。国会議員だとか政権の偉い人の友達だったりすると、法律をおかしても許されちゃうというのは法に対する信頼が揺らぐ。」



    『SAKIDORIスポーツ』 今日は松島茂アナウンサーが担当!

    高校野球の関東地区予選が間もなく始まるのを前に、ライオンズ土肥義弘投手コーチの恩師・埼玉春日部共栄高校 本多利治監督にインタビューした音声をお送りしました。

    本多監督、監督をやられていて「辛いことの方が多いけど、その分勝った時の喜びがひとしお。甲子園は目標ではあるけど、すべてではないと思う。」とのこと。

    甲子園で優勝する!部員から東大生を出す!というのが、本多監督の夢。四番バッターの山本大貴選手は東大志望だそうですよ。

    IMG_3698.JPG

    『ニュースパレードアネックス』  2020年東京オリンピック・パラリンピックが真夏の開催ということで、「暑さ対策」がひとつの課題となっています。今日「暑さ対策」推進会議が行われた都庁から、岡田紀子記者が伝えてくれました。今日は各所の進捗情報の確認が行われたとのこと。




    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    上野動物園でジャイアントパンダのシンシンが出産、"パンダ"のお話はSAKIDORI!でもたくさん取り上げてきましたが、今日加納レポーターが紹介してくれたのは、オープンしたばかりの上野のお店でしたね。詳しくは「世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By.加納有沙」をチェック!



    エンディングには、埼玉西武ライオンズ・森慎二 一軍投手コーチの訃報を受け、一美さんならではの思い出話を。

    【今日の1曲】Breakout/Swing Out Sister

  • 第63回:女子プロ野球の魅力

    こんばんは!今日は、スタジオにユニフォーム姿が素敵な生ゲストが来てくれました!



    まずはオープニング&『ニュースオフサイド』から。大荒れとなった東芝の株主総会について。

    総会では会社側は見通しを説明、株主からは企業風土の遅れや危機感の欠如などを経営陣を批判する声が上がったとのこと。

    紛糾というよりも静かな怒りというのでしょうか?意外に会場は落ち着いた雰囲気だったそうです。伊藤佳子記者が伝えてくれました。

    東芝の動きを見つめてきた雑誌「経済界」の編集局長の関慎夫さんに、なぜここまで東芝が経営危機に陥ったのかなどお話して頂きました。「ひとつには原子力への過度な肩入れ。ちょっと前にさかのぼって会長・社長の不仲。」

    細木美知代記者は、東京証券取引所近くで市場はどう受け止めているのかを取材し、伝えてくれました。



    『きょうのナマチュウ』 は現役選手が語る!女子プロ野球の魅力をサキドリ!です。

    スタジオに女子プロ野球リーグ「埼玉アストライア」の川端友紀選手と佐藤千尋選手をお迎えしました。

    女子のプロ野球ならではの魅力について、お二人に伺うと・・・

    IMG_3638-1.jpg

    【↑川端友紀選手】「女の子だから・・・と思って見に行くと、本当にすごい!と言ってもらえる。ファンの方との距離が近いのも魅力。試合後にサイン会を行ったり、ファンの方とお話したり、色々なイベントも行っています。」

    IMG_3621-1.jpg

    【↑佐藤千尋選手】「女性ならではの体の柔らかさ、しなやかさも魅力だと思います。関節の可動域が広いのでしなる。うちのエースは、緩急がすごい!60キロくらいのカーブを投げる。」

    実は、今日来てくれた「埼玉アストライア」、オールスターゲームで昨年度行われたファン投票で、ピッチャー・キャッチャー・内野手・外野手の全部門で1位を独占する人気を誇っているんですよ。

    IMG_3656.JPG

    7月17日午後7時から神宮球場で「埼玉アストライア 対 京都フローラ」戦が行われます!この日は「埼玉アストライア」の球団創設5周年の記念すべき日。

    豪華ゲスト、さらには『キャップトス ギネス世界記録』に挑戦もするということで、ぜひぜひたくさんの方に来てほしいと話してくれたお二人でした。

    ◆埼玉アストライア公式ホームページはこちら◆

    ◆日本女子プロ野球ホームページはこちら◆

    水曜コメンテーターは春香クリスティーンさんも「女子プロ野球って今までイメージが正直わかなかったけど、すごく面白そう!」

    IMG_3637.JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが取り上げたニュースは「夏バテ牛に"着る端末"」という、牛のための暑さ対策。グンゼが開発したウエアラブル端末、その名も"ウシブル"というそうです。


    『SAKIDORIスポーツ』 槙嶋範彦アナウンサーは取材中の横浜スタジアムから。

    阪神甲子園球場が実施しているファンサービスの話題を伝えてくれました。甲子園球場の中にある甲子園歴史館、我らが一美さんも出演していた映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」の影響で、最近では台湾のお客様も多いのだそう。

    阪神タイガースのOBの川藤幸三さんの鶴の一声で、タイガースOBが練習を解説してくれるスタジアムツアーも人気!川藤OB会長は「こんなのイベントでもなんでもない。チケットを買って来てくれるお客さんがそのゲームが始まるまでの間を楽しめるように。このくらいのことでファンが喜んでくれるならもっともっとやらないと!」 さすがです!




    『ニュースパレードアネックス』

    石森則和 記者が「コンテンツ東京2017 VR・ARワールド」が行われている東京ビッグサイトからお伝えしました。

    仮想ヤンキースタジアムで大谷翔平なみの剛速球に挑戦したそうで、大興奮のレポートでしたね!

    放送終了後、戻ってきた石森さん。永野サブキャスターに楽しそうに説明していました(^^)

    IMG_3667.JPG



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』です。

    「 あなたも藤井聡太四段の天才脳に変身できる~!」というお話。ここ一番の大事な時に「麺類を食べる!」と、炭水化物を必要とする脳に良いというアドバイス頂きました。お試しあれ。



    IMG_3659.JPG

    ラストは細木記者&西村記者のデスクでのお仕事風景を。今日もお疲れ様でした!明日もよろしくお願いします!



    【今日の1曲】オリジナル スマイル/SMAP

  • 第62回:ふるさと納税は、いま

    今日のオープニングは、欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの定時株主総会を受けて、株主の方の声をお送りしました。今日はこの株主総会が行われた港区の会場前に一美さんも行っていました。「こんなに応援してくれている株主がいるのに...」と漏らしていましたね。


    さて、今日は火曜日ですが、竹田有里サブキャスターが取材で出張中のため、水谷加奈さんがピンチヒッターをつとめました!

    石田純一さんに初めてお会いした水谷さんは、「おモテになる理由がよく分かる~!あっ、こういうことなんだ~って。」と何かを感じ取っていました(^^)



    『ニュースオフサイド』

    今日のテーマは、意義ある「ふるさと納税」を、いま一度、考える!

    皆さんは「ふるさと納税」を利用したことはありますか?

    地方の特産物はもちろん、ユニークな返礼品も増えていて、さらにはハウツー本も毎年出来るほどなのですが、今回、総務省が「宝飾品など資産性の高いものや金券をふるさと納税の返礼品にしないよう、全国の自治体に求めている」ということなんです。

    スタジオでは佐藤圭一記者が、「ふるさと納税」とは何か、総務省の要請内容について伝えてくれました。

    IMG_3569.JPG

    三重県の鳥羽市は特産の真珠製品を返礼品としているため、「見直し要請」に対し、国の理解を求める意見書を可決。渦中の三重県鳥羽市役所・企画財政課企画経営室の山下憲一さんにお電話を繋ぎ、意見書を可決した経緯などお話して頂きました。

    「ふるさと納税」に関して、去年ニュースにもなったのが北海道の上士幌町の「ふるさと納税で寄せられた寄付金を子育て・少子化対策に積極的に活用している」という話題。

    北海道上士幌町役場・企画財政課主査の梶 達さんにもお電話でお話を伺いました。



    『きょうのナマチュウ』

    ついに「藤井聡太四段、連勝最多記録、達成!!」ということで、全国に喜びが広がっています。

    そんななか、横浜市の鶴見区役所では藤井聡太四段を名乗る人物から、将棋セットなどおもちゃ20点の寄付が...というニュースも入って来ました。

    西村志野記者が横浜市鶴見区役所から中継を。

    sakidori0627-1.jpg

    藤井聡太四段の影響は地元愛知県でも!今日の夕方には、愛知県の瀬戸市の市庁舎に追加で"歴代単独1位"の垂れ幕が掲げられるそう。

    今日は、」愛知県名古屋市で創業100年以上の歴史を持つ「三輪碁盤店」の代表、三輪京司さんにお電話でお話を伺いました。

    「藤井先生というのは、小さい頃から注目されていた方。スーパースター!」と三輪さん。

    将棋盤の売り上げも右肩上がりと、嬉しいお声が聞けましたね。




    IMG_3591.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターが「ハリウッドと協議中、米国フェイスブックがテレビドラマのような動画を配信」というニュースを伝えてくれました。

    SNS、今回はFacebookですが、その人の好みや生活習慣、何について多く発信しているかなどからデータとしてまとめられ、作品に反映していくんだそうですよ。




    火曜レギュラーコメンテーターの石田純一さんが語り下ろした、今日の『オピニオン』は「日本国憲法の精神」でした。

    「一度、日本国憲法の前文を読んでみて欲しい。本当に素晴らしいんです。権力者を縛っているのが今の日本国憲法で、国民を縛ってはいない。自民党の改憲案、すごく怖いことが盛り込まれてるので、僕は危惧してる。自分たちがよくチェックしていく必要があるかなと思う。」

    水谷さんも「前文は簡単に読めそう。今日をきっかけに読んでみよう。」と話していました。




    『SAKIDORIスポーツ』

    高橋将市アナウンサー「はいさ~い♪」と元気いっぱいの挨拶で登場。

    今日は沖縄セルラースタジアム那覇から、「リーグ戦再開!パ・リーグを占う!」というテーマで、今日の中継解説・山崎裕之さんとお送りしました。




    IMG_3604.JPG

    『ニュースパレードアネックス』

    今日は九州から東北南部の広い範囲で梅雨空となりました。九州南部ではこれまでの大雨の影響で土砂災害にも注意が必要という事態に。関東地方、梅雨後半の天候はどうなるのか、気象予報士の伊藤佳子記者が伝えてくれました。
    いわゆる"ゲリラ豪雨"と呼ばれる激しい雨が降ったり、逆に雨が降らない被害も。雨の被害、ここ数年増えています。

    近々で言うと7月1日から暑くなるそうで、7月2日3日と都心は33度まで上がる見込み。猛暑にも注意が必要とのことでした!

    【今日の一曲】鬼/クリープハイプ

  • 第61回:前人未到

    今日のオープニングは「めったにないことなので、朝からずっとインターネットの中継に見入っています。」という一美さんの一言からもお分かりですよね。

    そうです、今日はやっぱりこの話題でしょう!

    藤井聡太四段、公式戦の新記録29連勝なるか!?ということで、SAKIDORI!では『きょうのナマチュウ』で中継を繋いでたっぷりとお送りしました。


    まずは、気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    近頃、よく耳にする「民泊」について特集しました。

    住宅の空き部屋やマンションの一室を利用して旅行者を宿泊させる、いわゆる「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が今月9日、参議院本会議で成立。この新法が施行される来年1月以降、「民泊」の運営者は届けを出すことによって、誰でも「民泊」を営めるということなんです。

    近隣住人との騒音、ゴミ出しトラブルなども聞かれる現状、「民泊」の今後について、佐藤圭一記者が伝えてくれました。

    sakidori0626-2.jpg

    制限を設けたことで、民泊のあり方はどう変わるのか?

    民泊物件を紹介するサイト「民泊物件.com」を運営するスペースエージェント執行役員の梶原将翔さんに専門家としての意見を、そして実際に「民泊」を実施されてきた運営者側、大神麗子さんにもお話を伺いました。

    細かい問題点はまだまだありそうですね。


    『きょうのナマチュウ』は、将棋の藤井聡太四段の話題。

    竜王戦決勝トーナメントの会場、東京・渋谷の将棋会館から中継です。

    「藤井聡太四段は左足から入って来て、右手には重そうな青いリュックを。取り出されたハンドタオルの四隅がきちんとそろって畳まれていた。増田四段は右足から入って来ました!」などなど、事細かに伝えてくれた吉田涙子記者でした!

    一番上の画像をご覧いただいても分かるように、畳18畳の部屋に100人ほどの報道陣が集まっていたそうですよ。

    藤井四段の地元、愛知県瀬戸市を中心に今年の夏にもファンクラブを設立する動きもあるのだとか。

    今日は「藤井総太物語」と題した講談を披露されてきた講談師の旭堂鱗林さんにもお電話を繋ぎました。




    『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターが 取り上げたニュースはこちら。

    「連続青酸事件で初公判 筧千佐子被告の裁判員裁判」です。

    IMG_3503.JPG




    月曜コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は、「がんサバイバー」というテーマ。

    先週、フリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなった報道を見ていて、河合さん、「がんの報道の在り方は難しいなと思った」とし、少しだけ感じた違和感についてお話してくれました。

    河合さん自身、お父様をすい臓がんで亡くされ、ご友人も今現在、乳がんで闘病中だそうです。

    「著名人が亡くなると、がん特集が組まれる。今回はドラマのように取り上げられて、でもこの瞬間にも現実世界にがんと闘っている人がいる。当事者になってみると、受け止め方は色々出てくる。個人の問題ではなく、社会の問題、みんなの問題としてとらえて、どんな立場の人も勇気がもてるような報道の在り方を模索していかなくちゃいけない時代なんだと感じている。」とお話してくれました。


    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが担当です。

    IMG_3507.JPG

    河合さんの日には卓球の話題が多いのですが、今日は「サキドリできず...」というテーマで、陸上男子100mの話題でした。

    砂山アナウンサー、以前この話題を取り上げた際には、サニブラウン選手のことはノーマークだったんですよね。

    残念ながら日本選手権100メートル4位で、個人種目の代表入りを逃した桐生祥秀選手は400メートルリレー代表候補に選出されたそうですので、そちらも注目です。




    『ニュースパレードアネックス』

    大学入試のシーズンを前に、オープンキャンパスなどの催しが相次ぐ中、AO入試の出願が始まろうとしています。

    IMG_3531.JPG

    スタジオで清水克彦デスクが、近年ののAO入試の傾向、合否の流れ、出願のポイントなどを解説してくれました。

    以前に比べて一般入試で難易度が高いとされている大学ほど難しくなってきてはいるそう。

    「過去・現在・未来」のきちんとしたビジョンをもって、出願書類を作ることがポイント!

    IMG_3553.JPG

    AO入試の"AO"に反応してしまった河合さんは...

    「今AO、AO、AOって聞いてたら、オンエアって聞こえてきたんだけど、藤井君は中学生ですよね?このあと午後9時を過ぎてしまったら、オンエアに出られるんですか?」と突然の質問!

    プロ棋士というのは他人が取って代われない表現者とみなされ、どの組織にも雇用されていない個人事業主。労働基準法の適用外なので大丈夫なんですって。「へぇ~」となったスタジオでした。




    IMG_3566.JPG

    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』

    今日は、フリーアナウンサー小林麻央さんの訃報を受けて。
    山田さんはテレビ番組『恋のから騒ぎ』という番組の構成をされていて、お姉さんの小林麻耶さん、そして麻央さんとも繋がりがありました。
    涙ながらに「ほんとうに妹が大好きなお姉さんだったから、ブログが更新されない麻耶さんのことも心配で...」とお話してくれました。



    番組直前に一美さんのツイッターで「藤井聡太四段はスピッツのどの曲を聞いてると思いますか?」というアンケートをさせて頂きました。アンケート結果でこの曲を選曲!

    【今日の一曲】空も飛べるはず/スピッツ

  • 第60回:平和について考える

    『ニュースオフサイド』では、72年前に沖縄戦が集結したとされる「沖縄慰霊の日」を取り上げました。
    年々、戦後を語りつぐ体験者が減ってきている中、戦争を風化させてはいけないと沖縄では毎年6月は「平和月間」として、すべての小・中・高校で平和での取り組みが行われています。


    沖縄戦を語りつぐ活動を続ける「沖縄県子どもの本研究会」の副会長で、宜野湾市民図書館館長の山内淳子さんにお電話を繋ぎ、平和の大切さと戦争の悲惨さを伝える「平和の企画展」など、具体的な活動をお話し頂きました。


    そして、スタジオでも平和を願い、水谷さんが沖縄出身の当時6歳・安里有生くんが書いた平和の詩「へいわってすてきだね」を朗読。
    20170623_2.JPG
    午後の三枚おろしでお馴染みの、アーサー・ビナードさんも追悼式に参加した様子を沖縄からレポートしてくれました。


    『きょうのナマチュウ』は、今朝入ってきた小林麻央さんの訃報を受けて、夫である市川海老蔵さんが会見を開きました。
    涙を流し、絞り出すように言葉を紡ぐ海老蔵さんの会見の様子を細木記者が伝えました。
    「麻央さんが綴っていた前向きで明るい言葉たちが、多くの方々の心に響き、残っていることを伝えたい」と水谷さんも熱が入ります。



    20170623_3.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「文科省の学級崩壊、官邸のモンスターペアレント化」。
    児童と生徒を職員、教師を大臣と変換すると文科省はまさに学級崩壊・・・。官邸の自己中心的で理不尽な要求はまさにモンスターペアレントといえます。力のない教師(大臣)はクラスをまとめることができず、認めず・謝らずの姿勢を貫くモンスターペアレント(官邸)。
    わかりやすい喩に、一美さんも大きく頷いていました。


    20170623_4.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『大学3年生たちの明日に向けて』というテーマで2競技の選考試合を紹介。
    まずは「陸上」。 夏の世界選手権に向けた選考が今日から行われています。目玉は男子100m。代表3枠をかけて、リオ五輪のリレーメンバー3人と先日のレースで追い風9秒台を記録した多田修平選手、この中で誰が枠からもれてしまうのか・・・注目が集まります!
    そして、秋に世界選手権がある「体操」。順天堂大学の3年生、萱和磨選手、谷川航選手、千葉健太選手の演技に注目! 今年は代表候補を決め、夏の合宿で代表を決めるという変わった方法をとっているため、夏まで目が離せません。


    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comの編集長、谷 定文さんが国内外の経済ニュースを解説。
    今日のテーマは『東芝・復活へのシナリオを読み解く!』でした。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。日刊ゲンダイ 編集局 ニュース編集部 編集部長の今泉恵孝さんに気になる記事を紹介していただきました。
    ●豊田真由子議員、選対幹部が語る裏の顔
    など、衝撃が走った昨日ニュースの記事を取り上げました。


    【今日の1曲】 童神 / 古謝美佐子


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第59回:衝撃の音声

    今日はオープニングから、衝撃の音声でスタートしました。

    突然の罵詈雑言、驚かれたリスナーの方も多かったかもしれません。ごめんなさい。

    きょう発売の「週刊新潮」の報道で明るみになった、自民党の豊田真由子衆議院議員の秘書に対する暴力と暴言問題、その音声をお送りしました。



    ナマチュウ0622 (2).jpg

    こちらのニュースについては16時台の『きょうのナマチュウ』で詳しくお伝えしました。

    豊田議員の地元、埼玉県新座市からは文化放送・細木美知代記者と西村志野記者が。

    「驚いた」「議員さんっていうのはイライラが溜まるのね」「信じられない」「ガッカリした」「私たちには明るくて優しい人だったからビックリしている」など、地元にも動揺が走っているのが、街の声でも伝わって来ましたね。

    多くの報道陣が集まる中、豊田議員の事務所には人の気配はありませんでした。

    そして、その後、番組でもお伝えしましたが、豊田議員は離党届を提出。



    『ニュースオフサイド』では、昨日に引き続き、23日に東京都議会議員選挙が告示されるのを前に、各政党の幹部に話を聞きました。

    今日は、自民党 東京都連会長の下村博文さん、都民ファーストの会 都議団幹事長 おときた駿さん。

    さらに、政治ジャーナリストの安積明子さんにお電話を繋いでお話を伺いました。




    『SAKIDORIニュースパレード』

    明日は、第2次世界大戦末期の沖縄戦での全戦没者を追悼する「沖縄慰霊の日」。

    ある精神科医の方の調査では、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症しているか、発症する可能性が高い深刻な心の傷(トラウマ)を、沖縄戦体験者の約4割が抱えているという結果が。

    木曜レギュラーコメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんにも、戦争体験した方のPTSDについてお話して頂きました。

    IMG_3403.JPG

    和田さんの『オピニオン』、今日のテーマは「地元の名医をもっと活用しようじゃないか」

    政府が認知症対策の国家戦略「新オレンジプラン」で2020年度末までに、地域の認知症医療の中核となる「サポート医」の養成目標を現行の2倍の1万人にするというニュースを受け、「認知症のことを良く分かっている人が地元にいてくれるというのは非常にいいこと。」と評価、しかしながら高齢者の心のケアに携わっている和田さんならではの目線で、感じている違和感についてお話してくれました。



    IMG_3415.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』寺島啓太アナウンサーが取り上げたのは、女子ソフトボールの話題です。

    明日からの3日間、金曜・土曜は仙台、日曜は東京五輪の会場・横浜スタジアムで「日米対抗ソフトボール」が行われます。

    見どころなどを、北京オリンピックでは4番として金メダル獲得に貢献した、馬渕智子さんに伺いました。

    「アメリカも日本も良い投手が揃っている。それをどう打ち崩していくか。全員が3年後のオリンピックに焦点を絞って取り組んでいる。見に来てくださる方にもオリンピックをイメージして来て欲しいですし、やってる選手たちも大勢のお客さんの中でオリンピックをイメージしてやって欲しいなと思います。」とのこと。




    『ニュースパレードアネックス』

    東京都が今日開催した「市場移転に関する関係局長会議」について、東京都庁で取材にあたっていた岡田紀子記者が伝えてくれました。

    それによると、ほとんど具体的な話し合いはされず・・・。

    意思確認一点で、30分ほどの予定が15分ほどで終了してしまったのだそう。


    arisa (2).JPG

    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』です。

    東京・赤坂に誕生した注目のお店をご紹介!

    美味しそうなお料理の写真が「最新 映画・本・お店情報 By加納有沙」に載っていますので、そちらもご覧下さいね。
    (それにしても、この夕方の時間に美味しそうな話題だとお腹が空くなぁ~~)


    【今日の1曲】Summer Soul/cero

  • 第58回:大雨の夏至

    オープニングは、番組直前、文化放送2階から浜松町駅へと向かうペデストリアンデッキでの一美さんの音声から。

    今日は二十四節気の夏至だったのですが、久々の雨降り。それも大雨&強風でしたね。

    一部、交通の便にも影響がありましたが、番組をお聴きのリスナーの皆さんもお天気レポートをたくさん送って下さっていました。ありがとうございます!

    コメンテーターの春香クリスティーンさんも「運動靴の中までぬれて、靴下までビショビショ!」の状態で、放送に臨んでくれました。

    上の写真は、放送終了後、少し経ってから撮ったペデストリアンデッキです。雨も上がり、傘をさしている人はいなくなっていました。



    『ニュースオフサイド』 明後日23日に東京都議会議員選挙が告示されるのを前に、今日と明日の2日間、各政党の幹部にお話を聞いていきます。今日は 民進党 東京都連の松原仁会長、公明党 遠山清彦衆議院議員、共産党 小池晃書記局長でした。



    『きょうのナマチュウ』

    国会の参議院議員会館で行われた「森友学園告発プロジェクト」について取り上げました。

    森友問題をいち早く明らかにした大阪府豊中市議会議員の木村真さんも、こちらの集会にお電話で参加されるということで、その前にSAKIDORI!でもお話して下さいました。

    m.h0621-1.jpg

    「森友学園告発プロジェクト」集会の会場となっている参議院議員会館の講堂はどのような様子か、細木美知代記者が伝えてくれました。定員200名、予約者優先ということだったのですが、満員状態。中継でも集まった人たちの熱気が感じられました。




    『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターが取り上げたのは「ロブスター、氷で保存は虐待 動物愛護団体の訴え、認める」という話題でした。これはイタリアの裁判のニュースです。

    スイスご出身の春香さんのお話では、「魚の"キャッチ&リリース"もダメって言われてますよね。自分のために弄ぶのはどうか?っていう。」とのこと。

    これには一美さん「ということは、釣り堀とかもないんですかね?日本は気軽に釣り糸をたらせるのにねぇ。」と驚いていました。

    IMG_3378.JPG




    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は長谷川太アナウンサー!テーマは「ドーピング」についてでした。

    9年前の北京五輪のドーピング違反がなぜ今になって明らかになるのか?

    これには「あまりのドーピングの検体の多さに検査が追い付かない」「摘発する技術が追い付かない」という、大きな2つの理由があるのだとか。

    長谷川さん「なんといってもアスリートの健康を守るため、スポーツはフェアでなければ成り立たないということ。スポーツがみんなが楽しめて、熱狂できる、地球上最大のエンターテイメントであり続けるために」

    ドーピング問題は東京オリンピックに向けての課題でもありますね。

    IMG_3389.JPG


    『ニュースパレードアネックス』

    プロデビューから負けなしの将棋の藤井聡太四段、14歳。 今朝10時から臨んでいた王将戦の1次予選で公式戦連勝記録の最多タイとなる28連勝を達成!

    今日は、江東区清澄白河の「どうぶつしょうぎカフェ いっぷく」から西村志野記者が将棋教室に通う子供たちの声を届けてくれました。

    小学五年生の男の子は「さし続けられるというところが強いと思う。普通にさしてて、28連勝はすごい。長引くと思ったら、意外と早く決まって驚きました。」と話してくれましたね。



    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』です。

    「梅雨の時季は、咳に隠れた怖い病気に注意~!」というテーマでした。この季節はどうしても避けて通れない、"カビ"が原因で怖い病気になってしまうことが・・・!夏風邪だと甘く見ないで、咳が長引いたら病院を受診しましょう。



    【今日の1曲】バトン/徳永英明

    DSC_0039.JPG

    【おまけ】なんと、今日の日刊スポーツに一美さんが!ご覧になった方もいらっしゃったようですね!

    『300人リレーコラム』ということで、手にしているのはバトンです。

  • 第57回:小池都知事の臨時記者会見

    こんばんは!

    今日のSAKIDORI!は予定を変更して、番組スタートと同時に小池都知事 の"豊洲市場移転問題に関する臨時記者会見"をナマ立ち上げ!

    番組と同じ、午後3時半からスタートした会見は当初4時までとされていましたが、時刻を過ぎても続きました。

    東京都庁で取材中の石森則和記者が、改めて小池知事の会見の内容、要点をおさらい。

    さらに築地ではどう受け止めているのか、西村志野記者が、築地場外市場で20年ほどお店を営んでいる斉藤水産の斎藤又雄さんに伺いました。
    斉藤さん「つかみどころがない。築地も豊洲も両方生かすというのはどういう意味なんだろうと。我々としては心配です。もうちょっとはっきりして欲しい。」

    1497950543593.jpg

    番組エンディングには、小池都知事の会見を受けて急遽開かれた、東京都水産物卸売業者協会の伊藤裕康会長が記者会見の音声を。
    伊藤会長「今日の知事の発言は、比較的バランスのとれた話だった」としつつ、築地再整備案については「いろいろおっしゃっていますけど、さっぱりわからない。2つの市場はあり得ない、成り立たない。」と批判も。



    『きょうのナマチュウ』神戸港で発見された、強毒「ヒアリ」について。

    「ふじのくに地球環境史ミュージアム」の岸本年郎准教授は実際に「ヒアリ」に刺された経験があり、刺されるとどのようになるのかお話してくれました。

    「するどい針を突き刺されたような痛み。火のような、やけどのような痛みで、どんどん腫れあがっていく。だんだん頭がかゆくなってきて、それが発作の前段階。全身にじんましんが出来、動悸が早くなり、呼吸が苦しくなる。」

    恐ろしい体験談でしたね...。

    神戸市立「港島幼稚園」の三木扶美子園長にもお電話を繋いで、園内での対処、注意している点などを伺いました。




    火曜コメンテーターは、素足でニュースを斬る男!石田純一さん。

    今日の『オピニオン』は、今週末6月24日(土)から全国ロードショーの映画「ハクソー・リッジ」についてお話してくれました。

    戦争映画史を塗り替える衝撃の実話ということで、舞台は第2次世界大戦の沖縄。

    「凄惨な激戦の中、勇気ある、命を救う戦い。たった一人、丸腰で、75人もの命を救うんです。以前、メル・ギブソンに会ったことがあるんですけど、戦争っていうのはいいことは何一つないよというようなメッセージに受け取れた。ぜひ皆さんにも観てもらいたい。」

    映画『ハクソー・リッジ』についてはこちらから

    IMG_3364.JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』

    今日石川真紀キャスターが取り上げたのは「政府が自治体向けにサイバー演習を開始 オリンピック・パラリンピックを見据えて」という話題。

    諸外国では進むサイバーテロ対策ですが、まだまだ日本は「参加することに大きな意義がある」という、スタート地点に立ったばかりの段階だそう。難解な専門用語が多く、言葉の説明から始まったとか。

    IMG_3355.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 高橋将市アナウンサーが「千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手、今シーズン限りでの現役引退を表明」について、会見の様子をまじえて伝えてくれました。シーズン中のため、しめりけはなく、むしろ清々しさを感じる会見だったそう。

    おまけに今日は、1999年の9月の一美さんの実況の一部も!"一美節"ファンは必聴ですよ!


    『ニュースパレードアネックス』 新たな事実が次々と明るみになる加計学園問題。 「萩生田副長官ご発言概要」という文書、これはどのようなものなのか?国会から、篠沢政健記者が伝えてくれました。



    【今日の1曲】CLUB TROPICANA/WHAM!

  • 第56回:働き方・休み方

    月曜コメンテーターは健康社会学者の 河合薫さん。
    きょうの『オピニオン』では、「無責任な者ほど出世する...」というお話をしてくれました。このお話にはリスナーの皆さんからもたくさんの反応がありました。
    古くから組織心理学者や行動学者が「どういう人間が出世するのか」研究しているなかで
    ・必ずしも良い業績をおさめていない。
    ・意外と無責任な人が出世する。
    ということが分かっているのだとか。責任感の強い人は「部下の失態・不祥事は自分の責任」という風に、時に責任感がマイナスに作用してしまうことも。

    世界に目を向けてみても、最近の日本の様々な問題を見てみてもうなずける部分が多いようです。

    人のせいにする他責的な人間や、自分に責任はないと言い張る無責的な人間は偉くなる...とか!?皆さんの周りはどうでしょうか?




    『ニュースオフサイド』
    今日は休み方改革は進むのか?" キッズウィーク "をサキドリ!
    "キッズウィーク"とは、夏休みなど、子どもたちの学校の長期休暇を短縮し、別の時期に大型連休を作るというもの。来年度から導入される見通しとなり、政府が進めているんです。
    現状、どういう意見が出ているのか、考えられるメリットとデメリットなど清水克彦デスクが解説。

    IMG_3300.JPG

    労働問題の専門家、ジャーナリストで和光大学教授の竹信三恵子さんは「子どもと過ごすということは毎日毎日のこと。残業のせいで、ご飯を子どもと一緒に食べられないだとか、そういうことなのに根本的に間違っている。足並みが揃わず、さらに格差が生じてしまうのでは?」と懸念しています。

    西村志野記者が街の声を取材。"キッズウィーク"賛成の意見が多かったものの、「子どもにとってはいいのかもしれないけど、仕事がその時にちゃんと休めるのか?」という心配の声も。


    『きょうのナマチュウ』
    テーマは「どうなる豊洲移転問題」
    小池知事の謝罪を目の前で聞いた、築地女将さん会の山岸商店の山岸やえこさんにお電話で率直なお気持ちを伺いました。
    果たして小池知事はいつ判断を下すのか?都議選の告示までは今日を含めてもあと4日。
    東京都庁で取材 中の山本カオリ記者が今日の動き、見通しなどを伝えてくれました。


    IMG_3315.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスター が、「人工知能(AI)を使って、芸術作品を作る試み...小説や音楽など、新たな可能性」という話題をご紹介。

    河合さん「コメンテーターとかAIの方がいいかもしれない~」

    一美さん「それはつまらないでしょ~!もうキャスターもいらないってことになっちゃう。」

    真紀さん「え~、それはやだなぁ。」

    加奈さん「もう遊ぼう遊ぼう!働き方改革だ(笑)」



    IMG_3324.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は砂山圭大郎アナウンサー!
    卓球日本代表の前に立ちはだかる、高くて分厚ーい中国の壁についてお伝えしました。


    IMG_3329.JPG

    『ニュースパレードアネックス』
    2020年の東京オリンピックは7月24日~8月9日まで、パラリンピックは8月25日~9月6日までとなっているわけですが、1年で一番暑い時期の東京で開催ということで、今日政府が「アスリートや観客の暑さ対策についての連絡会議」を開きました。

    取材した伊藤佳子記者です。

    IMG_3294.JPG

    ↑海外の方向けの暑さ対策・熱中症対策を促すリーフレット。




    IMG_3343.JPG

    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』です。

    元SMAPの稲垣吾郎さん・草彅剛さん・香取慎吾さんが9月でジャニーズを退所するというニュースを取り上げました。

    オープニングで、一美さんも「僕は49歳の中年男性ではありますが、25年来のSMAPファンです。5人の行く末をいつも案じています。」と想いを語っていましたね。
    三人の会見も行われるのではないか...と美保子さん情報。



    今日は一美さん選曲でSMAPの曲をお届けしました。

    【今日の一曲】はじめての夏/SMAP

  • 第55回:もり・かけ問題追求ウィーク最終日

    本日、通常国会が実質最終日を迎え、参議院予算委員会の集中審議では加計学園問題について厳しい追求が行われました。
    『ニュースオフサイド』では、鈴木敏夫デスクが政府が獣医学部新設に必要な条件を挙げた「日本再興戦略」を閣議決定した一昨年の6月から現在に至るまでの経緯をおさらい。
    その後、追及が続く国会から山本カオリ記者が最新情報を伝えてくれました。
    事実上閉会を迎える国会ですが、前川氏が新たな事実を公表する可能性、さらに8月の設置審で蒸し返されることも十分ありえるため今後もこの問題から目が離せません。
    20170616_2.JPG
    「もり・かけ問題追及ウィーク」でお届けした1週間。
    15時台の後半は、吉田涙子記者と一美さんが愛媛県今治市に足を運んだからこそ見えてきたことを振り返りました。
    東京と今治の問題に対する温度感、違和感があります。



    『きょうのナマチュウ』は、父の日を前に、細木美知代記者が街でお父さんに関するインタビューを実施。博報堂の調査によると、子供に聞いた「尊敬する人」で、今年初めて母が父を上回る結果になりました。
    共働き世代が増えているため、外でも活躍し、家でも身の回りの世話をしてくれる母親の方に敬意がすごいと思う子供が増えているようです。
    20170616_3.JPG
    しかし、実際に学校終わりの小学生に話を伺うと、「いつも遊んでくれる」、「やさしい」といったお父さん好きという意見を多く聞くことができました。



    20170616_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが「自動運転タクシー開発へ」というニュースを伝えました。
    日の丸交通のベンチャー企業ZMPが2020年の東京オリンピックに向けた自動走行タクシーの開発に着手したと発表。競技会場近くの地域限定ではありますが、現在タクシー業界が抱える人手不足の解消に繋がればという意図もあるそうです。
    しかし、安全面への不安が気になるところ。ドライバーありのタクシー、無人タクシーの共存共栄が実現したらいいですね。


    20170616_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「規格外でもいいじゃないか」がテーマ!
    さかな屋さんドットコムでは、数や大きさが揃わないという理由だけで弾かれてしまったもったいないお魚をオンラインで販売しているのですが、これを荻原さんが購入。美味しさも変わらない魚が大量に安く購入できて大満足だったというお話から、現在の日本の自給率の低さなど、食をめぐる消費者問題を追及しました。


    20170616_7.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『卓球 荻村杯』を紹介。
    12歳の木原美悠選手は21歳以下の部で準優勝。期待してしまう東京オリンピックについては「間に合わないと思うから次を狙いたい」と中学生とは思えない冷静なコメントが飛び出しました。



    20170616_6.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comでアラビア語サイトを担当しているエジプト人のムハンマド・ハッサンさんと電話を繋ぎ、「最新の中東事情」を伺いました。
    イランが原因でサウジアラビアはカタールと国交断絶、中東諸国にそれに続く形となりました。
    今後、国交断絶がエスカレートして中東戦争が起こってしまうのか!? 日本への影響は!? など、考えられる様々な事例を伺いました。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイとコラボレーションした「SAKIDORI かわら版」。
    日刊ゲンダイ 編集局 局次長の二口隆光さんと電話を繋ぎ、気になる記事を紹介していただきました。
    ●加計隠しで内閣改造、目玉は進次郎厚労大臣
    など、やはり外せない「もり・かけ問題」が目玉なようです。


    【今日の1曲】 親父殿よ~ウヤウムイノウタ~ / 川畑アキラ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第54回:男泣き

    オープニングは、改正組織犯罪処罰法成立となった参院本会議の音声をお聴き頂きました。

    今朝、5時に起きた一美さん。まだ審議が続いている国会に駆け付け、自分の目で最後まで見届けてきたそう。虚しさ、情けなさに思わず涙。


    『ニュースオフサイド』 文部科学省が公表した加計学園をめぐる文書の再調査結果について。

    5月に実施した最初の調査では「該当する文書は確認できなかった」と発表していた文科省ですが、再調査で「民進党などから提示された19の文書のうち、14の文書については共有フォルダや個人フォルダなどに同じ趣旨の記述がある3つの文書を含め、文書の存在が確認できた」と述べました。

    文部科学省前から伊藤佳子記者が詳しく伝えてくれました。





    木曜コメンテーターは精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    『オピニオン』では、今週火曜の日経新聞で見た和田さんが気になったニュース「世界の科学技術 米中2強に」を受けて、「学力が抜かれていくぞ、心配だ!」というお話を。

    「基礎学力は大事。教育というのは日本を守ることになるという意識をもっともっと安倍さんに持ってもらいたい。」とのこと。

    sakidori0615-2.JPG



    『きょうのナマチュウ』のテーマは、改正組織犯罪処罰法成立、疑惑は先送りか?

    国会で取材中の山本カオリ記者がギリギリのお話もしてくれましたね!

    さて、このスペシャルウィーク、SAKIDORI!では斉藤一美が現地取材で見た今治・加計学園 問題をお送りしています。

    先週金曜の夜、加計学園問題の舞台である愛媛・今治市に入り、さらに森友学園問題の舞台でもある大阪・豊中市も一美さん自ら取材。

    完成間近だった瑞穂の國記念小学院の模様、さらに木村真市議のお話をお送りしました。

    sakidori0615-3.JPG

    番組にはリスナーの皆さんから、日々、様々な声が届いています。

    なぜ「もり・かけ問題徹底追及」をやってきたのか、番組プロデューサーの清水克彦デスクが説明しました。



    『SAKIDORIニュースパレード』 今日、石川真紀 キャスターが取り上げたのは「認知症、不明者1万5400人 4年連続増加」という話題でした。

    全国の警察で警察官を対象とした認知症サポーター養成講座というものが開催されており、認知症について理解を深め対処できるよう対策に取り組んでいるそう。

    IMG_3200.JPG

    精神科医の和田さんは「認知症も段階がある。迷子になっているような人も話は通じる。でも記憶が曖昧。そういう認知症の知識があれば対処できる。重要なポイントとして、こういうことが心配だからと言って認知症の方を閉じ込めておけばいいということではないということを知っておいてほしい。」と付け加えて下さいました。


    『SAKIDORIスポーツ』片山真人アナウンサーが神宮球場から、"目を覚ませ!ヤクルト・スワローズ"と題して、文化放送プロ野球解説者で"おとやん"の愛称でもおなじみの松沼雅之さんとともにお送りしました。




    『ニュースパレードアネックス』 築地市場の移転問題をめぐり、自民党の東京都連の下村博文会長らが豊洲市場を視察。
    1497514446076.jpg
    豊洲市場から西村志野記者が伝えてくれました。
    下村会長、視察を終え「早く知事としては判断すべき。早く決めないともったいない!税金の無駄遣い!」と口にしました。
    1497514447496.jpg





    IMG_3221.JPG

    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』です。

    おかしなかき氷!?ということで、アイス「井村屋あずきバー」を簡単にかき氷にしちゃうアイテムをご紹介しました!

    これさえあれば、ガッチガチの固いあずきバーもフワフワのかき氷に!



    【今日の一曲】ENDLESS SUMMER NUDE/真心ブラザーズ

  • 第53回:まじまじ

    こんばんは!今日でSAKIDORI! 6月スペシャルウィークも3日目ですね。

    今日の一枚は写真集を見つめる二人です。




    オープニングは、今日昼前に入って来たイギリス・ロンドンの大規模なマンション火災のニュースを。 ロンドン・BBCに勤務する清水健さんにお電話を繋いで情報を伝えてもらいました。


    『ニュースオフサイド』斉藤一美が斬る!もり・かけ問題追及大作戦の第三弾!
    通常国会最後のヤマ場!どうなる今治・加計学園問題。
    まずは文化放送・国会キャップの奥山拓也記者が、国会の今の動きを解説。
    そして、今日も愛媛県今治市で取材中の吉田涙子記者を結んで、今治市民で内部文書7800枚を請求、公開した村上治さんのお話も伺いました。

    文部科学省からは細木美知代記者がレポート!「総理のご意向」など書かれた文書の存在の再調査の結果は、今日のところは公表されず。


    水曜コメンテーターは、春香クリスティーンさん。
    国会が終盤に向かうこの状況で「すべてぐちゃぐちゃだし、うやむや。この状態からどうすればクリーンに終われるのか...。」

    IMG_3120.JPG



    『きょうのナマチュウ』今日午前、東京都民を対象に行われた豊洲市場の見学会の模様と、小池百合子都知事の写真集発売の話題を取り上げました。

    1500人もの応募があったという豊洲市場見学会、午前の部に一美さんとともに参加していた竹田有里記者が伝えてくれました。今日見学をした方からも賛否両論でしたね。

    1497442432844.jpg



    続いて、今日発売になった小池百合子都知事の写真集については西村志野記者が。

    25年間130枚がギュッと詰まった写真集!30~70代の女性が買い求めてるようですよ。

    20170614_184258.jpg

    こちらのお写真を撮られたカメラマン鴨志田孝一さんにもお電話でお話を伺いました。
    表紙になっているピラミッドの前で微笑むお写真はお気に入りだそうです。




    IMG_3148.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』今日石川真紀キャスターが取り上げてくれたのは「アインシュタインの手紙、競売に!500万円予想」という話題。



    『SAKIDORIスポーツ』
    東京ドームから飯塚治アナウンサーが「巨人・エース菅野投手の戦い」について。


    IMG_3154.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 明日6月15日は『世界タパスデー』なんだそう!

    明日から2週間、東京都内21店舗のスペイン料理店でオリジナルのタパスを提供する「タパスウィーク」を開催するということで、取材した伊藤佳子記者が「タパスとは何ぞや?」という基礎的なところからお話してくれました。

    試食会でワインを飲んでもいいということだったのですが、佳子さん、放送があるのでウーロン茶で我慢してきたとのこと(笑)


    水曜の「世の中SAKIDORI」は吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』です。
    今日は、「欲望を我慢する医学的方法」を紹介してくれました。
    朝型と夜型、皆さんはどちらのタイプでしょうか?
    注意すべき点、参考になさってくださいね!

    朝型:夜にスマホのブルーライトなどを浴びると眠れなくなって、心身の不調に直結するケースも。体温が上がるので、夜に走ることもお勧めできません。夜はヨガやストレッチがお勧め。

    夜型:朝起きたらすぐ光を浴び、体を動かしましょう。寝坊しやすい子供たちはもちろん、大人にもラジオ体操はお勧め。



    【今日の1曲】Daughters/John Mayer

  • 第52回:皆さんからのメール

    梅雨らしいお天気でしたね。浜松町も肌寒く、どんより曇り空の一日でした。

    今日のオープニングはラジオネーム:無党派さんから頂いた「重要じゃないだろうという意見もありますが、加計学園の話は日本の重大な問題では?」というメールから始まりました。ありがとうございます。

    先週末、実際に現地に取材に行ってみて「すべてのニュースに人というものが関わっていてあらゆるニュースは人それぞれにとって大切」と、痛切に感じたと一美さん。


    『ニュースオフサイド』 斉藤一美が斬る!もり・かけ問題追及大作戦の第二弾!

    一美さんが現地取材の中で訪れた今治銀座という商店街の様子をお聴き頂きました。9割がたの商店がシャッターをおろしていたそうです。

    現地・今治市では吉田涙子記者が再度取材をしています。

    先々週、SAKIDORI!のスタジオにもお越し頂いた、今治市選出の愛媛県議会議員・民進党の福田剛議員の事務所にお邪魔しているということで、福田議員にもお話を改めて伺いました。二週間経って「この加計学園の話聞きたかった、教えてよってよく言われる。説明不足というのを感じる。」とのことでした。



    火曜レギュラーコメンテーターは石田純一さんです。

    きょうの『オピニオン』では、「まもなく可決!? 組織犯罪処罰法改正案」というお話。

    「ここでは一番短い言い方、「共謀罪」と表現させてもらいますが、今まで三度ボツになってきている。今回の共謀罪、内容が明らかになったときテロ云々の文言は一切なかった。その後、「テロ等準備罪」という、例えば東京オリンピック開けないかもよとか、国連の国際組織犯罪防止条約の批准に必要だよという風に政府は言ってるわけですが、実は現在もテロ対策の内容が一か条もない。ただただ監視をひろげる、極端に拡大して大丈夫?と思う。我々に分かるように、もっと範囲を限定して線引きをはっきりして、審議して欲しいなと思う。」

    IMG_3099.JPG



    『きょうのナマチュウ』 テロ対策は万全か?と題して、2本立てでお送りしました。

    まず1つめ、佐藤圭一記者が今朝行われた京急電鉄の訓練を取材し、伝えてくれました。

    京急グループの社員、警察、消防220名が参加し、一番の特徴として実際に走行中の列車を使って行われたそうです。

    IMG_3085.JPG



    2つめは、今夜行われるサッカー2018年ワールドカップアジア最終予選『日本 対 イラク』戦。

    試合はイランの首都テヘランで行われるということで、イランの情勢やテロの問題について詳しい国際ジャーナリストの春名幹男さんにお電話でお話を伺いました。

    西村志野記者は、サッカーファンが集うお店、「フットニック大崎店」から中継を。


    IMG_3096.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』  石川真紀キャスターが今日取り上げるのは「ママは休んで、おとう飯(おとうはん)始めよう!」という話題です。

    男性の料理への苦手意識をなくす・子育て世代の男性に料理に参加してもらって女性の負担をなくそうという内閣府のキャンペーンなんだそう。

    意外(?)なことに、石田さんは「皿洗い担当」、一美さんは「ゆで卵くらいしか作れない」ということで、お料理はあんまり...のようでした。



    『SAKIDORIスポーツ』 神宮球場で取材中の片山真人アナウンサーが今日取り上げたのは、プロ野球のパ・リーグについてです。

    文化放送野球解説者で、西武ライオンズで通算112勝 "兄やん"こと松沼博久さんにも解説して頂きました。



    『ニュースパレードアネックス』 上野動物園で昨日誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん。 パンダ誕生が東京都にもたらす経済効果はどのくらいなのでしょうか!?

    IMG_3105.JPG

    伊藤佳子記者が、上野のお店の人たちの音声もまじえて伝えてくれました。

    入園者は5割近くも増えるのではないか?さらに関西大学の宮本名誉教授の試算では都の経済効果は年間267億円にもなるのではないか?ということなんですね。

    ジャイアントパンダが初めて上野動物園でお目見えした昭和47年、当時の佳子さん自身のパンダにまつわる思い出話に聞き入るスタジオの皆さんたち。

    明るいニュースについつい頬が緩みます。

    sakidori0613-1.JPG



    【今日の1曲】棒人間/RADWIMPS

    今日もたくさんのメールありがとうございました!

    限られた放送時間ですが、出来る限り、皆さんからのメールもご紹介したいと思っています。

    また、その時の雰囲気に合っていれば、曲のリクエストにもお応えしていきたいと思いますので、お寄せ下さいね。

    それではまた明日!

  • 第51回:6月スペシャルウィーク スタート!

    オープニングでまずお聴き頂いたのは、問題の舞台となっている今治市の加計学園の工事の場で、一美さんが録って来た音声。

    先週金曜、SAKIDORI!終わりで、「やっぱり現場に行かないと分からないことがある。」と今治市へと向かった一美さん。
    土曜、日曜と現地を走り回って帰ってきました。(義理堅い一美さんが買ってきてくれた"みきゃん"のクッキー、美味しかったです。)

    今週のスペシャルウィーク、じっくりと現地取材で見た愛媛・今治と大阪・豊中の模様をお伝えしていきます。



    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さんです。
    IMG_3036.JPG

    今日の『オピニオン』では「安倍政権、賞味期限か!?」というお話を。


    『ニュースオフサイド』 斉藤一美が現地取材で見た今治・加計学園問題。

    今治市の高校生へのインタビュー、居酒屋での地元の方々の声、さらにこのままで4月の開学に間に合うのかなど今治市内の業者の方の声をお送りしました。

    加計学園問題を巡って民進党の調査チームが開いた公開ヒアリングについて、衆議院第1議員会館前から西村志野記者が伝えてくれました。




    『きょうのナマチュウ』のテーマは「共産党・小池晃 書記局長に聞く加計学園問題と森友学園問題のこれから」

    今国会の会期、延長がなければ今週末の18日までとなっています。

    国会記者クラブの文化放送ブースに小池書記局長に来て頂き、加計・森友問題について、共謀罪法案をめぐるこの状況についてなどお話して頂きました。

    「出来ることはすべてやる!審議が足りなすぎる。徹底審議をして、共謀罪廃案に力を尽くしたい」とのこと。

    そして文化放送・国会キャップの奥山拓也記者は、国会のヤマ場はどのあたりになるのか解説してくれました。





    『SAKIDORIニュースパレード』では、今日午前11時52分ごろに飛び込んできたニュース!

    「上野動物園のパンダ "シンシン" 出産」を取りあげました。

    1497253453674.jpg

    午後3時30分に開かれた記者会見の模様を、伊藤佳子記者が中継で伝えてくれました。

    「ギャッギャッギャッ」という高めの産声をあげた150gほどの赤ちゃん、まだ性別は分からないそう。中国に返すめどについても質問があり、最低二年間はお母さんと一緒に、その後は相談かなとのこと。

    1497253452421.jpg

    スタジオには石川真紀キャスター。

    真紀さん「パンダの名前、二回繰り返す名前は、中国語で○○ちゃんという意味になるので、"シンシン"は"シンちゃん"。これから公募される見込みだそうです。」

    一美さん「姜さん、どんな名前が良いですかね?」

    姜尚中さん「来年から元号も変わる可能性があるから、「平成」がシンボルになるようなものがあれば...」

    一美さん「「平」って「ピン」なんですよ。」

    姜尚中さん「"ピンピン"」

    真紀さん「あっ、なんか元気な感じ!」

    IMG_3028.JPG




    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが「新たなドラマ」と題して、

    ●陸上男子100m 多田修平選手の話題

    ●2020年東京オリンピック 26種目を新たに採用

    の2つの話題を伝えてくれました。

    国際オリンピック委員会が臨時委員会を開き、ジェンダーの平等・アンチドーピングなどのメッセージが込められた新たな14競技の発表になったようです。

    IMG_3029.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 将棋の藤井聡太四段が歴代単独2位となる25連勝を達成!

    今日また公式グッズとしてクリアファイルが発売され、若い人からお年寄りまで、その人気は高まるばかりです。吉田涙子記者が取材して伝えてくれました。

    IMG_3037.JPG

    一美さんが手にしているこちらのクリアファイル、今日の午前10時から発売開始になったのですが、一番最初に並んだ方は朝の8時半から並んでいたそうですよ。

    今日のSAKIDORI!ではこのクリアファイルを5名様にプレゼントさせて頂きました!

    藤井四段の次の対局は、今週の木曜日ということです。





    月曜の「世の中SAKIDORI」は山田美保子さんの『芸能アラカルト』です。

    IMG_3060.JPG

    今日は、未成年女性との飲酒・淫行で芸能活動停止の俳優・小出恵介さんについて。

    山田さんは小出さんとはお食事をしたことがあるそうで、「すごくオープンで話しやすい人。安全な人という印象があったから、すごくビックリしている。」

    先週金曜に予定されていた会見は流れてしまったということで、ご本人の会見を待ちたいとお話してくれました。




    『アーサー・ ビナード午後の三枚おろし』今週まな板の上にのっているのは、「今、浪曲が新しい」

    received_10212964958949580.jpeg

    今週一週間、浪曲師・玉川太福さんにインタビューした模様をお送りします。
    今日は、「浪曲界に飛び込んだ経緯」についてでした。



    【今日の1曲】My Little Baby/Jackson 5

  • 第50回:もり!かけ!たぬき!きつね!

    イギリス総選挙が行われ、メイ首相は「今のイギリスに何よりも必要なのは安定した期間」と発言。しかし、与党の議席は過半数割れが確定し、苦しい結果となりました。
    今後のEU離脱の交渉へ影響が避けられないと思われます。



    『ニュースオフサイド』では、FBIコミー前長官の公聴会証言を取り上げました。
    まずは鈴木敏夫デスクがニュースをおさらい。トランプ大統領によるコミー前長官の解任は、トランプ陣営とロシアの関係を調査したことによるというもの。
    そして、コミー前長官は公聴会でトランプ大統領からの捜査中止要請を「指示だと受け取め、不安を覚えた」と発言しました。
    20170609_2.JPG
    このニュースについて、現代アメリカ政治に詳しい上智大学 総合グローバル学部教授の前嶋和弘さんにお話を伺いました。
    トランプ陣営とロシアとの間に共謀があったのか、コミー前長官の発言から読み解くポイントを丁寧に解説して頂きました。



    『きょうのナマチュウ』は加計学園問題で急展開。内部文書の再調査を行うと発表されました。
    解説は山本カオリ記者。議員、官僚、メディア、全員が寝耳に水といった様子の今回の動き、松野文部科学大臣が進言したと言われていますが、実際には官邸からの指示を受けてだと言われています。
    さすがに国民世論の反感を受けて「知らぬ存ぜぬでは通らない」と感じたのではないかとした上で、再調査を行うにしても結果はいつになるのか名言されておらず、国会閉幕までの時間稼ぎではないかという予測も。



    20170609_3.JPG
    そして、世論の声として細木記者が東大生にインタビュー。加計問題に対する意見を伺いました。
    ●官僚になりたいと思っていたけど、しらがみが多そう。クリーンなことしか想像していなかったのでもう少し調べてからにしたい
    ●安倍首相にいい感情を持っていないが、自民以外に選択肢がない
    など、シビアな声が聞かれました。

    20170609_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが「ヤマト運輸 AI活用で配達効率化」というニュースを伝えました。
    来年度から本格始動! AIで不在時間帯を解析し、再配達を減らし効率よく回れる順路をあみだすというもの。なかなか改善されない配達問題。これで少しでも配達員とお客さんがwin-winな関係になれればいいですよね。


    20170609_5.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、もりかけたぬききつねそば戦争!
    森友・加計・たぬき顔の金正恩・きつねはトランプ大統領。この4つのニュースに日本中がかき回されており、介護保険料や医療保険料のアップは影に隠れています。
    給料があがっていないのに負担だけで増えていく現状、もっとこぶしを振り上げてもいいのではないでしょうか。



    20170609_6.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『陸上100m 桐生祥秀選手』を紹介。出そうで出ない9秒台・・・! これまでの桐生選手の成績とインタビューから読み取れる心理を分析!



    20170609_7.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.comでアラビア語サイトを担当しているエジプト人のムハンマド・ハッサンさんに「知っているようで知らない"ラマダン"」というテーマでお話を伺いました。
    ラマダンといえば断食を想像される方が多いと思いますが、本当の意味は欲を絶つこと。
    日の出から日没まで、食べ物、飲み物、タバコ、性交渉といった欲を一切絶ちます。
    食事を絶つためエジプトのレストランの売り上げは下がるのでは? という疑問には、実は売り上げは上がる! と意外な答えが。
    日没後に翌日のラマダンに向けて多めに食事をとるそうで、さらに観光客のためにレストランは営業しているため、いつもより栄えるんだとか!
    日中は40度にもなるエジプト、熱中症の心配については、幼いころから身体を慣らしているため心配ないそうです。驚きですね。



    20170609_8.JPG
    『世の中SAKIDORI』は、BSフジ広報局長の川植浩治さんに週末のBSフジおすすめ番組を紹介して頂きました。
    ●9日夜10時から4日連続でお届けする「サントリーレディスオープン2017」
    ●10日夜7時から「歌姫伝説美空ひばり 生誕80周年記念スペシャル ~昭和歌謡パレード~」
    ●11日夜7時から「役者 仲代達矢 走り続ける84歳」


    【今日の1曲】 Paint It Black / ローリングストーンズ


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    来週はスペシャルウィーク!
    一美さんが問題の舞台、豊中と今治へ!!
    20170609_9.JPG
    生放送後、現地に向かう前の様子です。ぜひ、お聴き逃しなく!

  • 第49回:梅雨入り

    木曜レギュラーコメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さんです。

    きょうの『オピニオン』では、橋爪功さんの件を受けて「子どもの犯罪は親の責任か?」というテーマ。

    和田さんはご自身の監督作品である映画「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」で橋爪さんと一緒にお仕事をしたことがあり、僭越ながら・・・とお話をしてくれました。

    「日本は、子供の責任を親にとらせるという文化があると思う。子供を使って親を責める文化に嫌悪感を感じる。親が悪いから子どもがこんな風になるっていう言い方はちょっと・・・。このシステムをなんとかしないと、どんな風にしつけたらいいのか親が不安になって素直な愛情をかけられない。厳しすぎるしつけで、子どもがかえって精神的におかしくなることは少なくない。」



    『ニュースオフサイド』  2020年の大学入試改革に向け、変わる中学受験がテーマ!

    首都圏一都三県でおよそ30万人の小学6年生が挑戦する中学受験。2018年入試の展望をお伝えしました。

    スタジオで細木美千代記者が、ここ数年で変わってきた人気の学校とその理由、授業に取り入れられている話題のアクティブラーニングについてなど解説。

    さらに、中学受験に詳しい専門家 森上教育研究所の森上展安さんにお電話を繋いで、受験の倍率が高くなりそうな中学、入試の傾向などお話して頂きました。

    IMG_2857.JPG

    中学受験に関する著書も多い清水克彦デスクは、小学生を持つ保護者の方に2つのことをアドバイス!

    「焦らないこととあきらめないこと。近所の子が受けてるからって焦らなくていい。つられて無理やり受ける必要はない。

    そして、我が家はお金がないから、私立は厳しい・・・と悩んでいる方はあきらめないで!東京都の小池知事が高校の無償化を打ち出した。(あてはまる人は)中学の三年間頑張れば、高校はタダということになれば、チャンスは広がる。あきらめないでほしい。」

    IMG_2875.JPG

    "受験の神様" 和田さんは「僕は受験勉強そのものに意味があると思う。ある種の計画性、自分を律する力を付けること、親御さんも含めて志望校の対策を立てる、あるいは公立の学校で習っていること以上の勉強をするなど、結果を追うことばかりに気を取られないで今やってることに意味があると思ってほしい。」とおっしゃっていましたね。

    続いて、『きょうのナマチュウ』は、20年ほど前まで大の巨人ファンだったからこその一美さんが、オープニングの一言でも触れたこちらの話題です。

    12連敗の巨人、泥沼脱出なるか!?

    リスナーの方からも、巨人に関して、プロ野球に関してのメールが続々と!関心の高さがうかがえますね。

    今日は、巨人・中日・オリックスで活躍した名投手で野球解説者の西本聖さんにお話を伺いました。

    「色んな方が色んな角度から見ているが、全部あてはまってるなと思うし、高橋監督が言っていましたが、全員が受け止めなければいけない、全員の責任。やるべきことをやらないといけない。選手が強い気持ちを持って!」

    西本さん、キャンプの時から「声が出てない。元気がない。」と思っていたのだとか。イライラが伝わって来ました。

    1496907130989.jpg

    そして、今日午後6時から「巨人 対 西武」戦が行われるメットライフドームの前から、西村志野記者が巨人ファンの声をレポートしてくれました!

    インタビューの最中、ちょこちょこ心の声が漏れてしまっていた一美さんが面白かったです。聴き逃してしまった方はradikoタイムフリーでぜひ!

    スポーツ大好き西村記者、「Column〜記者たちのオフマイク〜」に詳しく書いてくれています。




    IMG_2892.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』

    今日、石川真紀キャスターが今日取り上げたのは「世界初!命綱なしで900メートル巨岩の登頂に成功」という話題。
    脳の働きに関係があるということで、精神科医の視点から、和田さんにもお話をして頂きました。



    IMG_2898.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 今日の担当は長谷川太アナウンサー!

    昨日行われたサッカー親善試合「日本 対 シリア」戦について、通訳さんがガンガンかぶせてくるハリルホジッチ監督の音声をまじえつつお送りしました。

    ハリルホジッチ監督は90年代、ボスニア・ ヘルツェゴビナ紛争の時代、自宅の前で起きた銃撃戦に巻き込まれ重傷を 負った事もあったといいます。そんな監督が、日本代表を率いて13日には、テロがあったばかりのイラン・テヘランでW杯予選イラク戦を戦います。応援しましょう!


    『ニュースパレードアネックス』終盤国会の見通しを、国会から山本カオリ記者が伝えてくれました。



    IMG_2947.JPG

    木曜の「世の中SAKIDORI」は加納有沙レポーターの『サキドリ最前線』

    今日は楽しいゲストを迎えて、お送りしました。詳しくは「世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By.加納有沙」をご覧ください。




    【今日の1曲】雨にキッスの花束を/今井美樹

  • 第48回:突撃取材

    「この番組は加計学園問題を追いかけます。追いかけるあまり、今日ついに愛媛県今治市長にマイクを向けてしまいました!」

    そうなんです。一美さんのオープニングのことば通り、今日、ホテルニューオータニで開かれた、全国市長会義に出席していた今治市の菅良二市長に突撃インタビューを敢行!

    会議が始まる前にインタビューを打診したところ一度は断られましたが、会議後、お昼ごはんのお弁当に手をつける前に、竹田有里記者と西村志野記者が挟み撃ち!単独インタビューに成功です!

    記者たち、やりました!手には番組プロデューサーお手製の表彰状(^^)


    IMG_2801.JPG

    『SAKIDORI!ニュースパレード』で、じっくり突撃取材の様子をお聴き頂きました。聴き逃してしまった方はぜひradikoのタイムフリーで聴いてみて下さい!



    『ニュースオフサイド』では、8日に投票が行われるイギリス総選挙をサキドリしました!

    イギリスの総選挙というのはそもそもどういうものなのか、EUとどのような形で決別するのかなど、注目すべき点などを清水克彦デスクが解説。

    IMG_2782.JPG

    さらに、BBCに勤務するジャーナリスト清水健さんにお電話で最新の情報を、

    経済の専門家 東短リサーチ・チーフエコノミスト加藤出さんに総選挙後の経済への影響を伺いました。




    『きょうのナマチュウ』は二本立て!

    まず1つ目の話題は「オリンピックに向けたマラソン強化対策」について。

    東京オリンピックで何とかメダルを...!『マラソン強化キックオフミーティング』が行われた青山学院大学から、石森則和記者が伝えてくれました。

    毎週土曜日午前6:25~放送中の『千葉真子BEST SMILE ランニングクラブ』でもお馴染み、マラソンランナー・スポーツコメンテーターの千葉真子さんも、自ら申し込んでこのディスカッションを見守っていたということで、お話を伺いました!

    1496825994199.jpg




    そして、2つ目の話題は「最年少プロ棋士 藤井聡太四段の扇子が発売!」です。プロ棋士の最低段位である「四段」の扇子をつくるのは今回が初!

    今日正午から販売スタートということで、東京将棋会館に行ってきた細木美知代記者。

    GETした扇子がこちらです。きっとすぐ昇段して「四段」ではなくなってしまうだろうとのことで、この「四段」と書かれていることがポイントで貴重なのだそう!

    IMG_2786.JPG

    100人くらいの人が並んでおり、一番に陣取った方はなんと朝の7時に到着。整理券の配布、一人一本までという購入制限までされていました。

    東京・大阪の将棋会館、販売から40分で売り切れということからも人気の高さがうかがえますね!

    明日も朝10時からオンラインショップでの販売がされるそうですよ。



    IMG_2811ーb.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は松島茂アナウンサーです。

    フリーの記者としては唯一現地で取材した高樹ミナさんのリポートをまじえつつ、卓球世界選手権の総括をしてくれました。



    IMG_2826.JPG

    『ニュースパレードアネックス』1971年の渋谷暴動事件、殺人の容疑で再逮捕された大坂正明容疑者の身柄が大阪府警から東京の警視庁へ移されました。

    今日16時ころ、飛行機から降りてきた大坂正明容疑者を、たくさんの報道陣の(男性の股の)間から見てきたばかりという吉田涙子記者が伝えてくれました。



    水曜の「世の中SAKIDORI」は、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』です。

    「"トリプルスリー"で大腸がん予防」というお話。

    たかよし先生曰く、「大腸の内視鏡検査、40歳になったら是非一度!50歳になったら必ずしてもらいたい。ぶっちゃけ、どんなヤブ医者でも大腸がんは一目瞭然」なのだとか。

    大腸がん予防に効果的なのが太ももを動かし、腰をひねる運動。

    30歳を超えたら、30分以上、週3回運動を!という、"トリプルスリー"で大腸がん予防、心掛けてみてくださいね。



    【おまけ】

    スイカ味のクッキーを食べながら、語らうSAKIDORI!の仲間たち。

    IMG_2820.JPG

    【今日の一曲】ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION

  • 第47回:今日のSAKIDORIと来週のお知らせ

    今日の一枚は、火曜SAKIDORI!メンバーの竹田有里サブキャスター&コメンテーター石田純一さん。

    やはり注目は、プロデューサー巻きした紺色のカーディガンでしょうか。


    オープニング「安倍総理大臣の2020年改憲発言を聞いてから一カ月、日本国憲法、とりわけ第9条のことを毎日真剣に考えています。」という一美さんの一言でスタートしました。




    まずは『ニュースオフサイド』 昨日に引き続き、加計学園問題です。

    民進党 による「加計学園疑惑調査チーム」会合について、国会から伊藤佳子記者が伝えてくれました。

    そして、今日も「今治加計獣医学部問題を考える会」の共同代表 黒川敦彦さんがスタジオに!

    IMG_2732.JPG

    昨日、愛媛県今治市から上京し、SAKIDORI!ご出演後、民進党の今井雅人衆議院議員に現状を伝えに言ったり、今日もこのあと、自民党の議員の方にも会いに行く予定だという黒川さん。
    「今治にいると色んな所から、総理の意向があったということが聞こえてくる。国家戦略で大学をというのなら、総理、お金出して下さいよ!と。国家戦略なのに、お金を出すのは今治市。違和感を感じる。」と語ってくれました。



    『きょうのナマチュウ』は、"蚊"の発生防止「やるし蚊ない」を取り上げました。

    今月6月は"蚊"の発生防止強化月間に定められています。

    この季節から要注意の"蚊"!たかが"蚊"と、侮ってはいけないんです。

    東京都 福祉保健局 環境保健衛生課の木村秀嘉課長に「やるし蚊ない」の具体的な内容について伺いました。

    木村課長「蚊は小さな溜まり水にも卵を産み付けることが出来るので、不要な溜まり水を片付ける。ビニールシート、タイヤの隙間、木のくぼみなど撤去できるものは撤去する。」

    蚊に刺されやすい体質などはあるのか?刺されないための注意点などを、吉田たかよし先生にお電話でアドバイスして頂きました。

    たかよし先生「蚊は人間が吐く二酸化炭素や体温、汗の成分の匂いに集まって来るので、スポーツ後や酔っぱらった時などは要注意!妊婦さん、赤ちゃんも美味しい血で柔らかいから刺されやすいんです。刺されにくい服装として白がおススメ!」


    西村志野記者は東京・代々木公園から、街の人の「"蚊"対策」を伝えてくれました。(「column~記者たちのオフマイク~」に詳しく書いてくれています!写真も素敵なのでぜひご覧ください♪)




    IMG_2738.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』

    石川真紀キャスターが今日取り上げたのは「ロボット警察を初採用、UAEドバイ警察の計画」という話題。
    真紀さんが手に持っているのがロボット警察の画像です。胸にはタッチパネル、六か国語を操り、身長170センチ、体重100㎏という新人くんです。


    石田純一さんのきょうの『オピニオン』では、「内閣人事局、ちゃんとしてね」と題して語りおろして頂きました。
    「内閣府に設置されて、官僚のいわゆる偉い人600人の人事権を官邸が持っている。これは絶大な権力だと思う。官僚というのは官邸の家来ではなく国民のために働くもののはず。大事なことに関しては責務として、せめてまな板にのって下さい。内閣人事局制度にはやっぱり問題があるんじゃないかなと思う。」



    『SAKIDORIスポーツ』槙嶋範彦アナウンサーが、全日本大学野球選手権の話題をお伝えしました。

    『ニュースパレードアネックス』築地か豊洲か!?どうなる豊洲市場の移転問題。都庁から、石森則和記者が伝えてくれました。



    【お知らせ】

    来週6月12日~はSAKIDORI!スペシャルウィークです。

    今回は『斉藤一美が斬る!「もり・かけ」問題追及大作戦』と題して、森友問題と加計問題に迫ります!

    今週末、一美さんも問題の舞台、大阪・豊中と愛媛・今治へ。

    そこで現在、番組では、一美さんにぜひとも"取材してきてほしいこと"を大・大・大募集中!

    たくさんのメールお待ちしております。

    アドレスは sakidori@joqr.net

    スペシャルウィークサイトはこちらから

    IMG_1850.JPG

    SAKIDORI!では毎日頂いたメールの中から抽選で2名の方に、「サキドリちゃんクオカード」をプレゼントしています。ニュースに関すること以外でもOKです!コメンテーター・キャスター・記者たちへの質問、相談、番組への意見など自由にお寄せ下さい。

    (↑サキドリちゃんがピンボケでお蔵になっていたお写真。)


    【今日の1曲】愛を伝えたいだとか/あいみょん

  • 第46回:「今治加計獣医学部問題を考える会」の共同代表 黒川敦彦さんを迎えて

    オープニング「当選たった1回の野党若手議員から公の場で、「総理、答弁が長すぎます」と言われるなんて、やっぱりよほどのことですよね。」という一美さんの一言で番組スタート。今日午前に行われた衆議院決算行政監視委員会の答弁の模様もお聴き頂きました。




    今日の『ニュースオフサイド』は、加計学園問題をめぐる新たな動きについてサキドリ!!

    愛媛県今治市から「今治加計獣医学部問題を考える会」の共同代表 黒川敦彦さんにお越し頂きました。

    黒川さんは今治西高校を卒業後、大阪大学工学部を卒業し、現在は経営コンサルタントの仕事をしながら、この活動をされています。

    IMG_2649.JPG

    今回黒川さんが上京されたのは、市民側から思うことを伝えるため。

    「内閣府主導でやってきたことが今治市民が置いてけぼりの状態で進められていて、不安でしかない。国の思ったことを市に押し付けてるような印象。住民サイドと権力を持っている人との意識が違い過ぎるんじゃないかと。」

    先週、今治市へ取材に行っていた吉田涙子記者もスタジオに入って、今治市民に対し、「今治加計獣医学部問題を考える会」が電話で実施した意識調査について説明してくれました。

    黒川さんは近々、住民監査請求をする予定だそうです。
    これからもSAKIDORI! では、この問題を追い続けます。


    『きょうのナマチュウ』東京駅に今日誕生した、イスラム教徒のための礼拝施設に西村志野記者が行っていました。詳しくは「column~記者たちのオフマイク~」もご覧ください。




    IMG_2661.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』では、石川真紀キャスターが「長時間労働が恋愛にも大きく影響」という話題をピックアップ!

    民間の結婚相談所が月平均40時間を超えて残業をしている男女を対象に実施したアンケートで、恋愛に問題が生じた人は有効回答者のうち72.1%に上ったそうなんです。

    水谷さん「実際、私、仕事と恋愛ってまったく関係ないと思いますよ!ほんとに好きだったら関係ない。」

    河合さん「隙間にね、短い時間に会うのがまたいいのよ!」

    水谷さん「そう、燃えるのよ!」

    河合さん「疲れて夜中とかに会うとまた、いいのよ!」

    真紀さん「そうですよね、長けりゃいいってもんじゃないですよね。質ですよね。」

    SAKIDORI! のチャーリーズエンジェルたち、居酒屋トークになりかけていました(^^)



    河合薫さんの語りおろした今日の『オピニオン』は、「深刻な男性問題」でした。(※河合さんの恋愛事情ではございません。)

    「男性のイメージによる男性差別・男性問題というものがある。日本の女性と男性の幸福度が、第二次世界大戦直後の状態になってしまっている。世界の先進国は男女ともに幸福度が同じくらいなのに対し、日本は女性の幸福度だけが高い状態。これは現代で言うと、紛争地帯や途上国などに見られる状況なんです。男性問題というものがあるということを知ってもらって、優しくしてあげて。おじさんに頑張ってもらわないと、日本困るしね!」とのこと。

    IMG_2670.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』砂山圭大郎アナウンサーが、卓球の世界選手権について伝えてくれました。

    48年ぶりの快挙連発で砂山アナも伝えたいことがたくさんある中、「平野 VS 丁寧」と「男子ダブルス 大島・森薗ペア」の2戦を解説。
    中国は、平野選手のコピー選手を4人も用意して準備したそうで、一美さんも感心していましたが、ここまで対策を練られるなんて本当に名誉なことですよね。

    IMG_2691.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 今日は "世界環境デー"。

    自転車活用推進議員連盟による『青空総会』が、国会議事堂内の駐車場で行われました。

    5月1日に自転車活用推進法という法律が施行されたことを受けて、自転車の積極的な利用を推進するために行われ、走行会では議員の方もサイクルウエアを着用し、ロードバイクで皇居を一周したそうです。

    佐藤圭一記者が取材してきた音声と共に伝えてくれました。


    IMG_2708.JPG

    月曜の「世の中SAKIDORI」は放送作家・コラムニストの山田美保子さん『芸能アラカルト』

    橋爪遼容疑者の覚せい剤所持、田中哲司さんの不倫報道、そして最後はおめでたい!TOKIOのリーダー城島茂さんの熱愛報道をお話してくれました。


    【今日の一曲】SOUL LOVE/GLAY

  • 第45回:環境問題を先取り

    日経平均が2万円台に回復! 意味もなく胸が高鳴る一美さんとお届けしたSAKIDORI。
    今日は、6月5日『環境の日』を先取りし、様々な環境にまつわるニュースを取り上げました。


    まずは今朝入ってきたアメリカのトランプ大統領の「パリ協定」離脱のニュース。
    『ニュースオフサイド』では、WWFジャパン 気候変動エネルギープロジェクトリーダーの小西雅子さんにこの問題について解説して頂きました。
    20170602_2.JPG
    1997年の京都議定書でも当時の大統領・ブッシュ氏が離脱を表明しましたが、今回2度目となる環境問題軽視発言に世界中が驚愕しています。
    二酸化炭素排出量が世界2位のアメリカが離脱を表明したことにより、大気汚染問題が深刻な中国が今後リーダーとなって進めていくだろうと予想。また、太陽光発電や風力発電をビジネスチャンスに考えるインドも環境問題には力を入れていくとされています。
    しかし、すぐにアメリカが離脱できるわけではなく、4年間は効力が発揮されるとのこと。その間、アメリカの政策がどうなっていくのか、先が読めないトランプ政権にますます注目が集まります。


    『きょうのナマチュウ』は国内の環境問題に目を向けました。
    20170602_3.JPG
    東京都江戸川区にある「葛西海浜公園」が東京初のラムサール条約登録に向けて目指す動きを細木記者が取材。
    実は「葛西臨海公園」と「葛西海浜公園」は別ものだったご存じでしたか!?
    ラムサール条約とは、水鳥のための湿地に関する条約のことで、登録されるためには年間2万羽の水鳥が飛来するなどいくつかの条件があります。
    葛西海浜公園で鳥類の生態を研究している大原さんによると、条件はすべて満たしており登録されるのを心待ちにしているとか!
    さらに登録には地元の方が賛同しているかどうかも大切な要素であり、漁業関係者との話し合いも進めていくと今後の動きを先取りしました。


    20170602_4.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが「ポリエステル製着物レンタルが人気 伝統の着物が苦戦」というニュースを伝えました。
    水谷さんと着物の着方についてアレコレやり取りする様子はスタジオで笑いが起こりました!



    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、子ども保険に喝!
    やるなら保険ではなく税金にするべきと持論と述べたうえで、過去に導入された年少扶養控除と比較しながら国が教育にもっとお金を出すべきだと訴えました。
    まずは国民に負担を強いるのではなく、税金の無駄遣いを考えてほしいところです。


    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが『卓球の世界選手権』を解説。
    13歳の張本選手がリオ五輪銅メダリストの水谷選手を破り大金星を挙げた熱戦を振り返りました。
    20170602_5.JPG
    スタジオでは真剣な砂山アナウンサーですが、本番前は少しリラックス(笑)



    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.com編集長の谷さんがG7サミットを評価。さらに、『世の中SAKIDORI』は、日刊ゲンダイ編集局 局次長の二口隆光さんが気になる記事をピックアップ!
    小池都知事の「都民ファーストの会」代表就任の誤算!?といった目を引く見出しが並びました。



    【今日の1曲】 オワリはじまり/かりゆし58


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第44回:今日から水無月

    こんばんは。今日は一日通して、変わりやすいお天気でしたね。

    雨に濡れて風邪などひかないようにお気を付けください!

    さて、水曜レギュラーコメンテーターは、精神科医で映画監督の和田秀樹さん。

    『オピニオン』では「マスコミの忖度」と題して、いつでも穏やかな表情の和田さんが最近、久しぶりに腹が立ったことをお話してくれました。

    「ちょうど先週の話。前川・前事務次官のインタビューがちゃんと放送されているかテレビ番組をチェックしたら、トップニュースになっていないところがほとんど。マスメディアが政権と対立するのを嫌がっている印象を受けた。報道が忖度されている気がする。前川さんは事務次官を辞めてからボランティアをしていた、そういうことを忖度せずに報じてほしいものです。」





    『ニュースオフサイド』 自民党 の小泉進次郎衆議院議員らが提唱している「こども保険」についてサキドリしました。

    スタジオでは、細木美知代記者が、子を持つ一人の母としての意見も交えつつ、詳しく解説。

    IMG_2528.JPG

    小泉進次郎議員が会見を行った日本記者クラブ前から山本カオリ記者が、終わったばかりの会見の様子を伝えてくれました。

    「こども保険」に関しては、「こどもを持たない人にとっては負担はあっても、恩恵がない」という批判や疑問も多くあります。その点についても今日の会見では小泉議員、熱く語られたようです。

    さらに「こども保険に反対」という、金曜コメンテーターの経済ジャーナリスト荻原博子さんにも改めてお話を伺いました。




    『きょうのナマチュウ』 テーマは、大学生の就職活動、今年の傾向と対策ということで、SAKIDORI!木曜メンバーの就活事情はどうだったのかというお話も飛び出しました。

    一美さん「僕はアナウンサー試験に落ちて落ちて落ちて、ようやく文化放送に。一応、おさえに東京証券取引所に行くことになってはいましたが。」

    西川サブキャスター「一美さん、どんな自己アピールをされてたんですか?」

    一美さん「株価と言う猛獣を扱う、猛獣使いになりたいですと。」

    和田さん「今、猛獣使いやってるじゃない。」

    一美さん「そうなんですよ。木曜とかね。」

    西村志野記者は東京・丸の内で、就活中の学生さんの声を伝えてくれました。

    さらに就活に関する本を数多く書かれている千葉商科大学 国際教育学部 専任講師の常見陽平さんにお電話を繋ぎ、今年の就職戦線をどうご覧になっているか、ブラック企業の見分け方などアドバイスして頂きました。


    IMG_2542.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』 

    石川真紀キャスターが今日取り上げたのは「"うつ病"改善の鍵となる物質、特定。 岡山理科大学」という話題。学者さんのピュアな思いが伝わってくる話題でしたね。

    "うつ病"に関しては様々な仮説があるということで、精神科医の和田さんにも見解をお話して頂きました。




    IMG_2560.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』

     「新大関 高安誕生!」について、昨日、都内ホテルで行われた大関昇進伝達式へ取材に行っていた高橋将市アナウンサーが、伝達式の音声と共に伝えてくれました。

    紆余曲折を乗り越えての大関昇進。

    ご両親のインタビューの中で、「高安関に何を作って食べさせてあげたいですか?」という質問が。

    好物が「ビーフシチュー」というお母様の声に、思わず食べたそうな顔をしてしまった西川さん。一美さんにつっこまれておりました。




    IMG_2569.JPG

    木曜の「世の中SAKIDORI」は、加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』

    今日のテーマは"旅"のサキドリ!?ということで、地上にいながら空の旅を体験できてしまうお店をご紹介。

    詳しくは「世の中SAKIDORI~最新 映画・本・お店情報 By加納有沙」をご覧くださいませ。



    【今日の一曲】雨のち晴れ/Mr.Children 

  • 第43回:5月最後の日



    5月が終わろうとしています。早い~!!

    今日は世界禁煙デー。そして今日から6月6日までは禁煙週間でもあります。オープニングは「豊洲市場移転の可否はともかく、受動喫煙防止という点で都民ファーストの会は、国の一歩先を歩いているようです。」の一言でスタート!





    水曜レギュラーコメンテーターの春香クリスティーンさんの『オピニオン』では、気になるニュースの記事「昨年度1年間 宅配便の数が前年度に比べ7.3%多く39億個あまり」を受けて最近思うことを語ってくれました。

    春香さんも仕事などで留守がちのため、なかなか宅配便を受け取れず、この再配達の問題のニュースを見るたび、過去にないくらいに申し訳なさがピークに達しているのだそう。

    「受け取れなかったら申し訳ないという罪悪感と心理的ストレスがキツイ。受け取る側の配慮もそうだし、配達してくれる方の双方にストレスの少ないシステムは出来ないかなと思います。難しいのかもしれないけど、15分前とか30分前に電話を入れてもらえたら...。」




    『ニュースオフサイド』
    東京オリンピック・パラリンピックの費用分担はどうなる?
    当事者間の協議が行われた会場・千代田区の都道府県会館から、伊藤佳子記者と細木美知代記者が伝えてくれました。

    一時間余りのこの会議、関係自治体のトップも、立候補ファイルに沿った大枠を進めていくということで合意に至ったということです。

    漁業組合の関係者の方への電話取材も。神奈川県ではセーリング競技が行われるということでヨットを移動させないとならず、漁業補償もですが、オリンピックのプレプレ大会、プレ大会と、オリンピック期間だけでなく2~3年もブランクがあって、また漁場が元に戻るのかという心配もあるという面も。




    『きょうのナマチュウ』 

    テーマ「そうだ!大学院へ行こう」と題して、働きながら大学院に通う人たちが増えている背景と現実に迫りました。

    SAKIDORI!にも大学院生が!!

    IMG_2494.JPG

    清水克彦デスクは46歳の時に早稲田大学の大学院の修士課程に入学、54歳の現在は京都大学の博士課程に在籍中。

    火曜サブキャスターでもある竹田有里記者も現在、上智大学大学院で学んでいます。

    今日は実際にメリット・デメリットを語ってくれた二人。「column~記者たちのオフマイク~」では、二人のオフショットも。ぜひご覧ください。



    企業で働きながら大学院を修了した江東区議会議員の鈴木綾子さんにもお話を伺いました! 
    85040531.jpg

    社会人向けという点で、大学でも社会人入試を実施しているところも。通信制の大学や大学院もあるので、興味のある方は一度、入試説明会をのぞいてみては!?




    IMG_2467.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 飯塚治アナウンサーが、昨年は25年ぶりにリーグ優勝も果たした広島カープの強さの理由を、文化放送野球解説でもおなじみ、笘篠賢治さんのインタビューもまじえて伝えてくれました。




    IMG_2486.JPG

    『ニュースパレードアネックス』では、千葉県幕張で始まった「第4回イベント総合EXPO」を石森則和記者が紹介してくれました。

    詳しくはこちら↓

    http://www.eventexpo.jp/About/Outline/

    石森記者が面白いなと思った錦鯉ロボットの話から、突如、一美さんの無茶ぶり「ちょっとドイツ語で"エサもいりません。掃除もいりません。"って言ってみて頂けます?」に応じる春香さんでした。

    IMG_2490.JPG



    【おまけ】

    一美さんがリスナーの方から頂戴した相撲に関するメールを読みながら「"稽古、稽古"と言われると、永野さん、ドキッとしませんか?」とふと質問したところ、「まったく!普段あんまり"けいこ"って呼ばれないんで。」と。

    旦那さんから何て呼ばれているのか問いただされて赤くなっておりました(^^)

    skd0531-n.JPG




    【今日の1曲】禁煙スウィング/ゴスペラッツ  

  • 第42回:悩みながら取捨選択

    今日のオープニングは、生放送前に東京地裁を傍聴してきた一美さんの一言「裁判所の令状をとらないGPSの捜査はやはり違法。しかも重大な違法であると判断されました。」からスタート。

    『ニュースオフサイド』 では昨日に引き続き、加計学園問題 徹底検証。

    愛媛県・今治市で取材中の吉田涙子記者に繋ぎ、「今治・加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦さんにも直接お話を伺うことが出来ました。




    IMG_2392.JPG

    火曜レギュラーコメンテーターは、石田純一さんです。

    大相撲夏場所12日目の中継を見ていたリスナーの方からの、石田さん目撃情報が続々と届いていました。人生で2度目の相撲観戦、ノーソックスだったそうですよ。

    『オピニオン』では、「みつかりませんでした(は、ダメ!!)」と題して「文書があった・なかったはともかく、ここをしのぐということではなく、真実を明らかにすること。そこが問われていることだと思う。」とお話してくれました。



    『きょうのナマチュウ』 

    今日は「食品ロス」について取り上げました。

    家庭での食品廃棄が33%にも及びます。スタジオで佐藤圭一記者が詳しく解説。

    IMG_2372.JPG

    さらに、松本大学の学生が食品ロスを削減するために考案したレシピがクックパッドの消費者庁のページに掲載されているということで、 松本大学 間健康学部 康栄養学科3年、小河原麻衣さんにお電話でお話を聞きました。

    sakidori0530-3.jpg

    江東区・豊洲から、主婦の方を中心に一般家庭ではどんな状況なのか、西村志野記者が街の声を取材。

    「食品ロス」について、無駄をなくすための皆さんの工夫もたくさんメールで寄せられました。





    『SAKIDORIニュースパレード』では、「人手不足を補おうと、宅配とコンビニで連携強化!」という話題をピックアップ!

    そこから、スタジオのみんなはコンビニにどのくらいの頻度で行っているのか?コンビニ事情にまで話は進みました。

    一美さん&竹田さん「毎日」

    石田さん「たまに」

    真紀さん「週に2回ぐらい・・・」 

    IMG_2385.JPG




    『SAKIDORIスポーツ』 長谷川太アナウンサーが、今日から始まったプロ野球セ・パ交流戦!について。

    IMG_2410.JPG



    『ニュースパレードアネックス』
    TOKYO ZEROキャンペーンの呼びかけ人たちが都庁で小池知事に申し入れを行いました。都庁から伊藤佳子記者がお伝えしました。




    【今日の一曲】突然/FIELD OF VIEW


    日々、たくさんのニュースがある中で、SAKIDORI!も悩みながら何を取り上げるのか取捨選択してお送りしています。

    リスナーの皆さんも「これはどうなの!?」「ちょっとおかしいんじゃない!?」どんどん送って頂けたらと思います。

    明日もよろしくお願いします!

  • 第41回:今治・加計学園問題

    『ニュースオフサイド』&『きょうのナマチュウ』

    今日、明日とサキドるのは加計学園問題です。

    skdori0529-3.JPG

    まずは、今治出身の清水克彦デスクが、森友学園問題と加計学園問題の類似点と相違点などを整理して解説。

    さらに現在、今治市で取材を続けている吉田涙子記者に繋ぎ、現地の様子や今治市民の声を伝えてもらいました。

    「これで人口が増えてくれるのなら賛成」という声が一番多かったようですが、「結局卒業したら出て行ってしまうだろうから、人口の増加には繋がらないのでは?」という声も。





    スタジオには、愛媛県今治市選出の県議会議員、民進党の福田剛さんにお越し頂きました。

    IMG_2285.JPG

    これまで県議会議員として加計学園の問題ではどんな活動を行ってきたのか、福田さんの考える問題点などお話して頂きました。

    「今治はタオル、そして造船の町。そういう関係のものなら分かるが、全く関係のない動物のお医者さんの学校・・・。」違和感を感じていると率直なお気持ちも。

    skidori0529-1.jpg

    月曜レギュラーコメンテーター、河合薫さんの『オピニオン』は「孤独は皮膚の下に入り込む!?」というお話。

    家族がいても孤独、職場で居場所がないなど、社会的孤独を抱えている人が日本に増えています。

    「人間関係はそもそも面倒くさいもの。人と会うのが面倒くさい、結婚なんて面倒くさいって私もつい言ってしまいがちなんですけど、この面倒くささの中にこそ、人の生きる力を高めるものがある。人間関係は"広さ"よりも"質"!」とのこと。




    IMG_2334.JPG

    『ニュースパレードアネックス』

    女子ゴルフの宮里藍選手が今日引退会見を開きました。

    番組のオープニングでもこちらの会見の模様をお送りしましたが、宮里選手のコーチでもある、父親の優さんが報道陣の取材に応じ、伊藤佳子記者が音声とともにお伝えしました。


    「苦しい時も良い時も一緒に歩いてきた。いいゴルフ人生だった。」と語った父・優さんの言葉に、一同、じーーーーん!

    IMG_2338.JPG




    月曜の「世の中SAKIDORI」は、放送作家・コラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』!

    IMG_2360.JPG

    ジャニーズのニュース、陣内智則さんの再婚の話題などをお話して頂きました。

    水谷さん、SMAPファンの素晴らしさに涙ぐみ場面も。





    『アーサー・ビナード午後の三枚おろし』

    今週まな板の上にのっているのは、『世界の名作絵本』です。初日の今日は、ベストセラー絵本「はらぺこあおむし」で知られるエリック・カールさんについて。

    現在、7月2日まで、世田谷美術館1階展示室にて『エリック・カール展』が開催中です。

    as1 (4).JPG

    「はらぺこあおむし」の原画をはじめ、およそ160点の作品が展示されています。

    先月、カールさんご本人が来日し、世田谷美術館で開会式が行われました。アーサーさんが美術館に訪れた模様をここですこしだけご紹介します。

    現在も愛され続ける絵本「はらぺこあおむし」、日本語版が出たのは1976年(昭和51年)のこと。

    as1 (3).JPG

    「はらぺこあおむし」の日本語訳を担当された 森 比左志さんにもお話を伺うことが出来ました。なんと森さん、10月には100歳になられます!

    as1 (2).JPG

    アーサーさんが訳した絵本「えを かく かく かく」の原画も! as1.JPG

    世田谷美術館についてはこちらから↓

    https://www.setagayaartmuseum.or.jp/




    【今日の1曲】Don't Look Back In Anger / Oasis

  • 第40回:将棋・・・熱いですね!

    将棋界の新星が公式戦19連勝! 藤井四段が連勝記録を伸ばしました。
    藤井四段の攻めの強さを一美さんが熱く語る中、文化放送の将棋部に所属している水谷さんはいまいち駒の動きがわからず...!?(笑)
    この将棋ブームを機に将棋について学んでみるのもいいかもしれませんね。


    20170526_3.JPG
    『ニュースオフサイド』では、新たな動きがあった「豊洲・築地の市場問題」について佐藤圭一記者が解説。
    築地市場で行われた土壌調査で、環境基準を上回る有害物質が検出されたというニュースですが、吉田涙子記者は、築地市場で働く関係者の声を取材しました。
    「消費者は築地ブランドに信頼感を持っている。この信頼感があっての商売、豊洲に移転したくない」。
    なんと取材した全員の関係者が移転したくないと発言。
    市場問題はどこに収束するのか、先はまだまだ見えません。


    20170526_2.JPG
    そして、築地という場所のルーツを中央区 主任文化財調査指導員の増山一成さんに伺いました。
    約360年前に明暦の大火の後、埋め立てて土「地」を「築」いたことから築地という名前に。
    その後、海軍施設を経て市場になっていた経緯を丁寧に解説して頂きました。



    『きょうのナマチュウ』は、民進党の玉木雄一郎議員と中継を繋ぎ、加計学園問題を巡る文書で発言した前川前事務次官の証人喚問への野党の動きを伺いました。
    公正であるはずの行政が歪められた現状を嘆き、今後も厳しく追及していく姿勢を誓いました。



    20170526_7.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、改正年金機能強化法をピックアップ!
    年金受給資格を納付25年から10年に変更し、受給者が増えました。
    対象になる方はしっかり年金事務所に届けを出してほしいということ。
    そして、年金の納付が厳しい方には給与額により免除があるそうです。



    20170526_4.JPG
    金曜日の『SAKIDORIスポーツ』は、砂山圭大郎アナウンサーが担当。
    プロバスケット『Bリーグ』についてお伝えしました。



    20170526_5.JPG
    『SAKIDORI ニュースパレード』は、ニュースサイトnippon.com編集長の谷さんが「ベトナム ハノイで収穫はあったのか?」というテーマでお話頂きました。


    20170526_6.JPG
    さらに、『世の中SAKIDORI』は、スポーツ中継でご活躍中のフリーアナウンサー矢野吉彦さんが「日本ダービー」を大予想!
    今週末は熱いレースが繰り広げられそうです!


    【今日の1曲】 ぼくらが旅に出る理由/小沢健二


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第39回:ダッシュ!

    こんばんは!

    今日の一枚は、スタジオ周りをダッシュする報道部員たちです。

    あまりの速さにカメラでおさえられなかったのが惜しいのですが、右端に水曜サブキャスターの永野景子さんの姿も。

    今日は速報も多く、裏側はこんな状態でお届けしていたSAKIDORI!でした。



    まずは『ニュースオフサイド』 です。

    今日取り上げたのは、痴漢を疑われた人が逃走するケースが相次いでいる問題。

    JR埼京線の板橋駅からは、西村志野記者が電車内で痴漢に間違われないように気を付けていること、また、痴漢被害に合わないために気を付けていることなど街の声を伝えてくれました。

    sakidori0525-11.jpg

    男性は・・・

    ・手をあげたり、スマホをいじってアピール。

    ・なるべく女性の後ろに立たない。

    女性は・・・

    ・女性専用車両に乗るようにする。

    ・出来れば座席に座る。

    皆さん、混雑する電車を使う際、お互いのためにも対策を考えているのがよく分かりました。

    「痴漢を疑われたとき、逃げてしまう」この問題に関して、四谷国際法律事務所の弁護士、甲本晃啓さんにお話を伺いました。

    1495690829065-b.jpg

    もしも痴漢だと疑われてしまったら・・・?

    「逃げるというのはまず論外。その場にとどまって被害者の方と話して、なんとか疑いを晴らす努力をする。電車から被害者の方と降りるときに、近くにいた人・見ていた人に協力してもらう。被害者の言っていることを録音しておくことも大事。駅の事務室に行った場合、警察に引き渡す流れになってしまう可能性が。駅事務室には出来る限り行かないで、現場にとどまって下さい。」と甲本さん。

    家族、会社、学校などに連絡をして、出来れば弁護士にも連絡を。



    続いて、16時台『きょうのナマチュウ』!

    今日のオープニングも「これ以上、しらを切り通すことはもはや国民がゆるしません。政府はどこまで総理をかばい続けるでしょうか?」という、一美さんの一言でスタートしましたが、「加計学園問題をめぐり、野党の追及が激化!」と題して、国会からの中継を繋いでお送りしました。



    IMG_2190.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』 石川真紀キャスターが「自分の将来像、内閣府調査 居場所多いほど前向き」という話題をピックアップ!


    コメンテーターの和田秀樹さん、きょうの「オピニオン」は、「大学は天下り天国」というお話。

    「色んな省庁からの天下りに批判がある中で、大学の中には文科省の役人だった人が論文をひとつも書かないで教授になっていたりする。一所懸命勉強して論文書いてるのに教授になれない人もたくさんいる。文科省の役人を付ければ補助金を引っ張ってこれちゃう。文科省の役人を教授や学長にすれば、許認可権は持ってるは、補助金いくら出すかを持ってる、これが利権になっちゃってるってことですよね。」

    大学もスクラップ&ビルドすれば、今の時代のニーズに合った大学が出来るのではともおっしゃっていました。

    sakidori0525-3.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 長谷川太アナウンサーが、日曜日の日本ダービー、今日はジョッキーに注目して伝えてくれました。



    sakidori0525-5.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 石森則和記者が、一時間ほどにわたって行われていた前川 前事務次官の記者会見を音声とともに解説。



    IMG_2221.JPG

    今日はコメンテーターの和田さんにも解説して頂いた『SAKIDORI最前線』。

    加納有沙レポーターがご紹介した、横森理香さんのご本は『コーネンキなんてこわくない(集英社)』でした。



    【今日の1曲】A列車で行こう/デューク・エイセス

  • 第38回:自民党 菅原一秀衆議院議員を迎えて

    オープニングの一美さんの一言「衆議院予算委員会の国会テレビ中継でだいたい画面の右端に写っていることが多いんですよね。腕を組み、質問者の言葉に耳を傾け、大きくうなずいている方をお迎えしました。」

    というわけで、今日は、自民党の菅原一秀 衆議院議員がスタジオに!

    IMG_2129-b.jpg

    菅原議員には『ニュースオフサイド』と『きょうのナマチュウ』にお付き合い頂きました。

    合間のトークでは、35年前、菅原議員がTRFのSAMさんとダンスユニット"サム&イッシュウ"を組んでいたというお話も。

    全国のディスコを巡って、ダンスバトルをしていたそうですよ!



    『ニュースオフサイド』 告示まで一か月を切った東京都議選挙 をサキドリ!

    プロ入りか大学進学か...早稲田実業 清宮幸太郎が進むべき道と題してお送りした『きょうのナマチュウ』

    横浜・関内から細木美知代記者が、東京・新宿の早稲田大学正門前から西村志野記者がレポートしてくれました。



    IMG_2142.JPG

    水曜レギュラーコメンテーターの春香クリスティーンさんの「オピニオン」は、イギリス中部のマンチェスターのコンサート会場で起きたテロを受けて。

    春香さん、4月にフランス大統領選取材へ行く直前にシャンゼリゼでテロがあり、今回のテロの一報を耳にしたとき、「こんなに短期間で・・・。」と思ったとお話してくれました。

    「結果的にじゃあどうすれば防げるのかって答えは出ない。自分たちでも何か不審なことや怪しいことがちょっとでもあったら、目を向けるしかないのかなと思う。なかなかそんなことばかりを考えたくないけど、そうせざるを得ない世の中になってしまったのかな。」 



    IMG_2135.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』 今日は、専門職大学、2019年開学へという話題を伝えてくれました。

    真紀さん「春香さんの故郷、スイスでは学校ですとか、就職先を選ぶ時には進路相談ができるところがあるんですか?」

    春香さん「日本と全然違うシステムだなと感じるのは、週に2~3回働きながら、その職業に関する座学も同時平行でやるんです。」

    一美さん「それは実用的ですね!」



    IMG_2158.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』 今日は高橋将市アナウンサーが、今週末の競馬・第84回日本ダービーをピックアップ!

    文化放送でも中継します!実はこの実況を高橋将市アナウンサーが担当するということで、かなり気合が入っておりましたよ。

    第84回日本ダービーは5月28日(日)午後3時40分発走予定です。



    IMG_2163.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 JASRAC日本音楽著作権協会の記者会見が今日行われました。

    ボブ・ディランが大好きな吉田涙子記者が伝えてくれました。



    水曜の「世の中SAKIDORI」、吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、「スポーツ紙などでは全然伝わらない肺腺癌の本質」を教えて頂きました。



    【今日の1曲】スミレ/秦基博

  • 第37回:激おこぷんぷん丸٩(๑`^´๑)۶

    今日のコメンテーターはSAKIDORI! 二度目のご登場となります文筆家の古谷経衡さんです。

    そして、上の写真で古谷さんの隣に写っている青年は、番組のミキサー(技術)を担当している大谷くん。この二人が以前から似ていると、キャスター・スタッフ内で話題になっていたのですが、大谷くんが少し前に髪を切ってしまったのです!!!なんというタイミングの悪さ!!!(大谷くんにしてみたら「そんなこと言われても・・・」でしょうね。)

    でも、こう並んでみると音楽ユニットのようですね。



    IMG_2081.JPG

    田母神被告の有罪判決のニュースを受け、古谷さんならではの語り口でお話してくれた「オピニオン」は、題して『田母神事件と森友疑惑を結ぶ点と線』。

    当時のこと、今のことを振り返って、「激おこぷんぷん丸٩(๑`^´๑)۶」とのことでした。

    聴き逃してしまった方はぜひradikoのタイムフリー機能もご活用ください!



    『ニュースオフサイド」』 今日はSNSトラブル高齢者事情と題してお伝えしました。
    IMG_2086.JPG

    伊藤佳子記者が、高齢者の間で増えている被害状況などを詳しくスタジオで解説。

    さらに、 独立行政法人・国民生活センター相談情報部の井上竜一さんにお電話で、このトラブルの背景などお話して頂きました。

    1495522891783-b.jpg

    東京・巣鴨には西村志野記者が。

    実際に高齢者の方々はどう受け止めているのか?街の声を届けてくれました。


    IMG_2095.JPG

    『きょうのナマチュウ』イギリス中部マンチェスターのコンサート会場での爆発のニュースを取り上げました。

    清水克彦デスクが最新情報を、BBCに勤務するジャーナリストの清水建さんに電話を繋いでイギリスの状況を伝えてもらいました。

    イギリス大使館前からは佐藤圭一記者がレポートを!(その模様は、Column~記者たちのオフマイク~にUPしてくれてしますのでご覧ください。)




    IMG_2122.JPG

    『ニュースパレードアネックス』 1971年に起きた渋谷暴動事件について。

    なぜ46年間もの間、逃亡が出来たのか?など、これまでに分かってきていることを整理して、警視庁キャップの新岡瑞佳記者が伝えてくれました。




    IMG_2074.JPG

    毎日17時前にお送りしている『ジャパネットたかた ラジオショッピング』では、