くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

7月1日 セカンド・ラインに首ったけ! ニュー・オーリンズのドラマーたち

今週のゲストは、サンコンjr.さん。
7月17日に、ウルフルズの配信ライブが決定しました。
皆様、ぜひご参加のほど、よろしくお願いいたします。
IMG_20200701_122738.jpg
*プレイリスト*
1)ジャヴァ/スタントン・ムーア 
Java / Stanton Moore
*ニュー・オーリンズの「何でもアリ」バンド、ギャラクティック
  のドラマー。世界でニュー・オーリンズのドラムを教えている。
「アラン・トゥーサンを追悼して、彼が録音したアルバム、
 『ウィズ・ユー・イン・マインド』(2017)から」


2)イット・エイント・マイ・フォールト/スモーキー・ジョンソン 
It Ain't My Fault Pt1 & 2 / Smokey Johnson
*スモーキー・ジョンソン(1936-2015)
  50年代から90年代までニュー・オーリンズの音楽シーンで
  幅広く活躍。1993年に脳卒中のため引退。
  ニュー・オーリンズのドラム・スタイルについてのコメント。
  「違いはバスドラなんだ。子どもの頃からパレードを聞いて
   育っているからね。まずバスドラのプレイから学ぶんだ」


3)リヴァーボート/リー・ドーシー 
Riverboat / Lee Dorsey
*リー・ドーシー(1924―1986)
 ニュー・オーリンズを代表するR&B歌手のひとり。
70年のアルバム「イエス・ウィ・キャン」から。
 アラン・トゥーサンのプロデュース、バックはミーターズ。
ドラマーはジギー・モデリステ(1948生)で、彼は
 セカンド・ライン・グルーヴをポップ・ミュージックに導入した
 キー・パースンであるとみなされている。


4)ザット・メロウ・サクソフォン/ロイ・モントレル 
That Mellow Saxophone / Roy Montrell
 **アール・パーマー(1924‐2008)がドラムス担当。
 ニュー・オーリンズに生まれ、5歳でタップダンサーとなり
 12歳でショウのヘッドライナーとなる。ファッツ・ドミノ、
 リトル・リチャード等のバッキングを務めた後、60年代は
 「レッキング・クルー」の一員としてライチャス・ブラザーズ
 「ふられた気持ち」など凄まじい数の録音に参加。


★オープニング・ナンバー
アイ・ヒア・ユー・ノッキン/デイヴ・エドマンズ
「大好きな曲なんですよ。歌詞にNew Orleansが出てくるから、ちょうどいいと思って」(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

6月24日 ニール・セダカ、もう一つの黄金時代

月末の男、萩原健太さんが登場!
コロナ禍が世界を席巻して以来、様々なアーティストが自宅から音楽を配信する試みを行っていますが、その中の一人、大ヴェテラン、ことし81歳になるニール・セダカをピックアップ!
ニール・セダカ、毎日3曲ずつ弾き語りを配信してくれてます。
 これがいい味出してるんですよ」
セダカといえば60年代初頭、アイドル的な人気を博したことで有名ですが、ビートルズの襲来でアメリカでは影が薄くなってしまい、オーストラリアやイギリスなどに活躍の場を移していました。
しかし70年代を迎え、「雨に微笑みを」が全米№1を獲得したことで人気が再燃。74年から76年ごろにかけシングル・ヒットを連発、さらにカーペンターズやキャプテン&テニールなどへの提供曲が大ヒットしたことで「第二の黄金時代」が到来します。
「でもこの時代のオリジナル・アルバムがほとんど廃盤で手に入らないんです。
 配信にもまったく入ってなくて」という健太さんが、その貴重なLPをスタジオにお持ちくださいました!
IMG_20200624_123006.jpg
*プレイリスト*
1)Laughter In The Rain(雨に微笑みを)
言わずと知れた74年の大ヒット。バックは「ザ・セクション」の面々。
2)Breaking Up Is Hard to Do (Slow Version)
 *62年に全米№1を記録した自作を75年にリメイク。
  翌年にかけ全米8位の大ヒットとなった。カーペンターズや
  パートリッジ・ファミリーのカヴァー版でもおなじみ。
3) Born To Be Bad
*78年のアルバム「All You Need Is Music(愛は華麗に)」から。
4) Alone At Last
*77年のエレクトラ移籍第一弾「A Song(恋のアマリロ)」収録。
 「すごい好きな曲なんで、ミニ・コンサートにリクエストしたら...
  やってくれたんですよ!」と興奮気味の健太さん。
5) Betty Grable
*74年の「雨に微笑みを」収録。録音の数か月前に亡くなった
 女優・歌手のベティ・グレイブル(1916-73)に捧げた歌。
*オープニング・ナンバー*
「セパレイト・ウェイズ/ジャーニー」
何も思い浮かばなくて...ニールつながりで、ギターがニール・ショーンってことで(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

6月17日 いま聞いてみたい、この4曲

今週のゲストは、中村真理さん。
IMG_20200617_122716.jpg
*プレイリスト*
1)エボニー&アイヴォリー/ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー 
Ebony And Ivory / Paul McCartney & Stevie Wonder
*1982年の全米№1.ポールは当時40歳、
 スティーヴィーは32歳。(現在は77歳と70歳)
 そして明日はポールの誕生日、めでたく78歳に!
 Black Lives Matterの波が世界的に高まっているいま、改めてかみしめたい名曲。
「それにしても、ぜんぜん古びてない。ホントに名曲だよね...」(邦丸さん)

2)シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!/テイラー・スウィフト 
Shake It Off / Taylor Swift
*2014年、初登場№1を記録した大ヒット・シングル。
「さいきんテイラーは、トランプ大統領をケチョンケチョンに言いまくってます。
 そして若い人たちに、大統領選挙に行こう、選挙民登録をしようと呼びかけています」(真理さん)

3)リーン・オン・ミー/ビル・ウィザース 
Lean On Me / Bill Withers
*ジャスティン・ビーヴァー、アヴリル・ラヴィーンらカナダの
 アーティストたちが今年チャリティ・ソングとしてカヴァー。
 ビル・ウィザースはことし3月、81歳で亡くなっています。
「本当にほのぼのする歌ですよね」(真理さん)

4)ビューティフル/キャロル・キング Beautiful / Carol King
 *ポピュラー音楽史上に輝く大名盤「つづれおり」A面5曲目。
  キャロルの足跡を描いたミュージカルの題名にもなった。
「キャロルとポールって同い年なんだね!」
真理さんが実際に見たという、キャロルとジェイムズ・テイラーのライヴがいかに素晴らしかったか...
という話で盛り上がりました!

★オープニング・ナンバー
砂に書いたラブレター/パット・ブーン
「海の家でのんびりしながら聞きたいけど、ことしはそれもできないんだねえ」(邦丸さん)
最初「ニール・セダカの、砂に消えたラブレター」とオーダーしたのでディレクターが「ありません!」って。
そんな曲はありません...確かに。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

6月10日 ハーモニカが抜群にカッコイイこの3曲!

今週のゲストは、半年ぶりにご登場、相島一之さん。
自粛期間中にオンラインで演じられた「12人の優しい日本人」が評判になりました!
相島さん.jpg
*プレイリスト*
1)孤独の旅路/ニール・ヤング 
Heart Of Gold / Neil Young
*1972年の「ハーヴェスト」からシングルとなり全米№1.
 71年にCSN&Yの活動を終えた後録音された。

2)ザ・リヴァー / ブルース・スプリングスティーン
The River / Bruce Springsteen
 *1980年の2枚組大作、タイトル・チューン。
  ブルースの妹夫婦の生活苦をヒントに生まれた歌。
  相島さんが「20代前半バカみたいに聞きまくった」という。

3)ジャスト・ライク・ウーマン/ボブ・ディラン
Just Like Woman / Bob Dylan
*1966年の2枚組「ブロンド・オン・ブロンド」収録。
 シングルカットされ、全米33位を記録。
 相島さんから「ライヴ盤で」とのリクエストがあり、
 1966年5月17日、イギリス、マンチェスター。
 フリー・トレード・ホールでのライヴ録音をお送りしましたが、
 なかなかハーモニカが聞こえてこず...「ちょっと失敗しましたね(笑)」

相島さん出演舞台がようやく上演決定!
詳しくはこちらをご覧ください。

★オープニング・ナンバー
ロング・トレイン・ランニン(の間奏)/ドゥービー・ブラザーズ
邦丸さんにとってのハーモニカの名曲といえば、これ!


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


6月3日 シンプル、タイト&ファンキー、アンディ・ニューマーク!

今週のゲストは、サンコンjr.さん from ウルフルズ。
引き続き、スケジュール帳は真っ白な状態が続いています。
「この際だから、むかしチャレンジしかけてそのままになっていた
 アンディ・ニューマークのプレイをコピーしようと思ってもう一度始めてみました。
 いいチャンスだからと思って、関係の音源を集めてみたら、これがすごくイイ!んです」
IMG_7754.JPG
*プレイリスト*
1)イン・タイム/スライ&ザ・ファミリー・ストーン
In Time / Sly & The Family Stone
*1973年のアルバム「フレッシュ」冒頭収録ナンバー。
 マイルス・デイヴィスはこの演奏に感銘を受け、バンドを集め
 半時間あまり立て続けに聞かせたという。
「スライにアー・ユー・ファンキー? って聞かれてプレイしたら、
 喜んだスライがベッドの上でピョンピョン飛び跳ねたんだそうです」

2)サドゥン・サンバ/ニール・ラーセン
 Sudden Samba / Neil Larsen
*1978年のファースト・ソロ「ジャングル・フィーヴァー」
 冒頭収録のナンバー。ラーセンはキイボード奏者で、
 ギターにバジー・フェイトン、ベースにウィリー・ウィークス。
「これカッコいいよね」「邦丸さん知ってるんですか?」
「茨城放送で、エンちゃんがやってたチャート番組のテーマ音楽に使ってたの」

3)俺の炎/ロン・ウッド I Can Feel The Fire / Ron Wood
*74年のファースト・ソロ「俺と仲間」冒頭曲、シングルにも。
 ミック、キース、イアン・マクレガン、ウィリー・ウィークス。
「俺の炎、って邦題がいいですね。こういうジャンルもやってるんです」

4)スターティング・オーヴァー/ジョン・レノン
*1980年リリース、言わずと知れた全米№1。
 アンディはジョンの死の衝撃があまりにも大きく
 2年近く何も手に着かない状況が続いたという。

★オープニング・ナンバー
ムーン・リヴァー/アンディ・ウィリアムズ
*「アンディ、といえば、ウィリアムズという世代なもので...」(邦丸さん)
曲の話題そっちのけで、西川アナのトランペットは凄いのか? 凄くないのか?...
という話題で盛り上がりました...


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!