くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

9月23日 倍返しだ~ッ!

今週のゲストは、萩原健太さん。
「放送してる局じゃない局も、倍返しネタの番組をやってたりするから、
 この際、俺も便乗しちゃおうかと...」
ということで、元はしっとりしたバラードを、
アップテンポで愉快ににぎやかにカヴァーした「倍返し」ヴァージョンと
聞き比べてみる企画が誕生しました!
IMG20200923122636.jpg
*プレイリスト*
1)縁は異なもの/ダイナ・ワシントン
   Dinah Washington - What A Diff'rence A Day Makes
2)縁は異なもの/エスター・フィリップス
  Esther Phillips - What A Diff'rence A Day Makes
*1934年にメキシコのマリア・グレヴァーが作った歌。
  1959年にダイナ・ワシントンが英語でカヴァーし全米8位。
  1975年にエスター・フィリップスが全米20位に。
「1975年は何でもかんでもこういうサウンドでした。
 いまシティ・ポップってもてはやされてる日本のニュー・ミュージックも
 ほとんどこんな感じ。こういうサウンドの与えた影響ってとても大きいんです」と
健太さん、エスター・フィリップスを聞きながら。

3)アンチェインド・メロディ/アル・ヒブラー
   Al Hibbler - Unchained Melody
4)アンチェインド・メロディ/ヴィト&ザ・ソリューションズ
   Vito & The Salutations - Unchained Melody
*1955年に映画「アンチェインド」のために作られた歌。
  様々なカヴァーが作られ20世紀で最も録音された歌の一つに。
  アル・ヒブラーは全米3位。ライチャス・ブラザーズは4位。
  ヴィト&ザ・サリュテイションズは63年に全米66位。
「この曲をこうするか!」という、アップテンポのドゥワップに生まれ変わった歌。
「80年代にニューヨークでこのグループ見ましたけどね、
 この歌もちゃんとやってくれました」

5)ミスティ/ジョニー・マティス   Johnny Mathis - Misty
6)ミスティ/レイ・スティーヴンス Ray Stevens - Misty
*1954年にジャズ・ピアニストのエロール・ガーナ―が作曲、
 後に歌詞がつけられ59年にジョニー・マティス盤が全米12位。
 レイ・スティーヴンス盤は75年に全米14位まで上昇。
「カントリーに生まれ変わったミスティですけど、これがなかなか素晴らしい。
 アレンジを変えることで、曲の良さが改めて見えてくるというか」

7)オールウエイズ・ラヴ・ユー/ホイットニー・ヒューストン
   Whitney Houston - I Will Always Love You
8)オールウエイズ・ラヴ・ユー/ミー・ファースト&ザ・ギミ・ギミーズ
 Me First and the Gimme Gimmes - I Will Always Love You
* 元はドリー・パートンが1973年のアルバムに収録した自作曲。
 ホイットニー盤は92年「ボディガード」のサントラに収められ
 14週連続の№1を獲得。何でもパンクでカヴァーするバンド、
 ミー・ファースト&ザ・ギミ・ギミーズ盤は2014年リリース。
「ケヴィン・コスナーが、ドリー・パートンのこの曲が大好きで、
 あの歌使ってくれるんなら出てもいい、といって、
 それでボディガードの中でこの歌が使われることになったんです」と健太さん。
ご機嫌なパンク・カヴァーで今回の特集を締めくくりました。

★オープニング・ナンバー
歌の贈りもの/バリー・マニロウ
「倍返しの前には、贈りものがあるだろうと...何も考えつかなかった!」(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


9月9日 ビートルズ、グッド・カヴァー&バッド・カヴァー

今週のゲストは、サンコンjr.さん。
「8月29日に、レコード・ストア・デイに関連して
 ウルフルズのアナログ・シングルが発売されました!」と邦丸さんにプレゼント。
「ありがとうございます! 針を買いに行かなきゃいけないんだけど、
 駅から遠くて、暑いからまだ行けてないんだよね」と邦丸さん。
「ヨドバシカメラでも売ってるけど...」
「そういう話は放送じゃないところでしてください」と西川アナがバッサリ!
 ちなみに邦丸さんのアンプのつまみを、お孫さんが全部外してしまうので、
 困っているんだそうです...
IMG_20200909_123029.jpg
*プレイリスト*
1)抱きしめたい/アル・グリーン
   I Want To Hold Your Hand / Al Green
*1969年のシングル。
 「最初聞いたときはゲラゲラ笑っちゃったんですけど、
  だんだんハマってきて...今では『抱きしめたい』っていうと、
  こっちのほうが浮かぶぐらいに」(サンコンさん)

2)恋におちたら/サミー・カーショウ If I Fell / Sammy Kershaw
*95年に出た、カントリー・アーティストによるビートルズ・トリビュート盤に
収録されていたナンバー。
 「王道ですね」(邦丸さん)
 「すごくいいですよね」(サンコンさん)

3)涙の乗車券/ウィー・ウィリー・ウォーカー Ticket To Ride / Wee Willie Walker
*1967年のデビュー盤ですが、今回一番の珍品...かも!
 「サビでマイナー・コードに行かないでしょう?
  行ってほしいんだけど、行かないんです」(サンコンさん)
 「全然涙の乗車券じゃなくて、ノリノリだよね」(邦丸さん)
それでも、アル・グリーンにしても、このウィリー・ウォーカーにしても、
本当にノリノリのR&Bになっている。
もともとビートルズがそういう要素をもっているということでもあるし、
もしかしたら誰でも知っている歌をやるメリットがあるということなのかも...

4)ア・ハード・デイズ・ナイト/ラムゼイ・ルイス・トリオ
A Hard Days' Night / The Ramsey Lewis Trio
ラムゼイが「ジ・イン・クラウド」の大ヒット直後に出したライヴ盤から。
「ジ・イン・クラウドって、ラムゼイたちが何を演奏しようか話してたら、
 そばにいたウエイトレスがジュークボックスを指して、
 いまこれが流行ってるからこれ演奏すればウケるわよ、って言って。
 それが大ヒットにつながったらしいんです」
このカヴァーもそんなノリで実現したのでは...とサンコンさん。
「ラムゼイのトリオは、演奏しながらハナ歌を歌ったりするのがとても楽しい。
このカヴァーも、そんな雰囲気が生きてますね」

5)レット・イット・ビー/ビル・ウィザーズ Let It Be / Bill Withers
最後は、ことし亡くなったビルの、これまたご機嫌なカヴァーでしめくくり!

★オープニング・ナンバー
ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ/アース・ウインド&ファイア
「アースはライヴでも必ずこれをやるんだよね。シカゴとのジョイントでもやって、
その時シカゴが歌いすぎちゃって、フィリップ・ベイリーに文句言われてた」(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


9月2日 暮れゆく夏、シンプルなサウンドに浸ってみたい

今週のゲストは、中村真理さん。
「ずっと暑い日が続いて、音楽を聴くのも疲れちゃうけど、
 これなら無理なく入ってくるという歌を集めてみました...」
ちなみに真理さんのマスクはインコ柄!
「デパートの小鳥フェアに行って、8000円も遣ってしまいました...」
IMG_20200902_122557.jpg
*プレイリスト*
1)セミ・チャームド・ライフ/サード・アイ・ブラインド
   Semi Charmed Life/Third Eye Blind
*1997年のデビュー・シングル。全米4位。ラップや、
  ルー・リードの「ワイルドサイドを歩け」の影響が見える。
 「最初のフジロックで来日して、見に行ったんですけど、
  運転してくれた友達の旦那がのんびりしてて、大丈夫大丈夫っていってたのに、
  案の定渋滞に巻き込まれて、出番が終わった後で着きました...」

2)トーン/ナタリー・インブルーリア Torn / Natalie Imbruglia
*1997年、主にヨーロッパで大ヒットしたナンバー。
 「オーストラリア出身のとてもキレイなシンガーで、
  たしかミスター・ビーンの映画で女スパイを演じていました」

3)ノー・レイン/ブラインド・メロンNo Rain/Blind Melon
*1993年、デビュー・アルバムから第2弾シングル。
  強烈な印象を残すMVも話題に。全米20位。
 「直後に来日公演があったんですけど、素晴らしくて、
  次の日も当日券買っていっちゃいました」

4)ホワット・アイ・アム/エディ・ブリケル&ニュー・ボヘミアンズ
What I Am / Edie Brickel & New Bohemians
*1988年に全米7位を記録したデビュー盤。エディは現在
 ポール・サイモン夫人で自粛中に二人で自宅パフォ動画配信も。
 「ちなみにポール・サイモンは3回結婚してますけど、
  彼女の前の奥様はレーア姫、キャリー・フィッシャーでした」

★オープニング・ナンバー
スムース・オペレイター/シャーデー
「地下のバーにジンを飲みに行ったら、これがかかってたんだ」(邦丸さん)
「フラミンゴのライトあった?」(真理さん)
「それは水戸...」


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

8月26日 祝! 生誕101年 ナット・キング・コールのご機嫌なラテンを聞け!

今週のゲストは、萩原健太さん。
「相変わらず暑いんで、こんな時こそナット・キング・コールの
 スムーズなラテン・サウンドを...」
ということで、1958年の「コール・エスパニョール」、59年の「ア・ミス・アミーゴス」そして62年の「モア・コール・エスパニョール」、キング・コールが遺した3枚のラテン・アルバムから極上のナンバーをセレクトしていただきました!
IMG_20200826_122709.jpg
*プレイリスト*
1)テ・キエロ・ディヒステ Te Quiero,Dijiste
*「コール・エスパニョール」収録。
 流麗な、という形容詞がぴったりくるストリングスが流れてくると、
 邦丸さんも健太さんも身もだえ! 「いいですね~」「いいでしょう~」

2)パーフィディア Perfidia
*「ア・ミス・アミーゴス」収録。
 ヴェンチャーズでおなじみのナンバー。
 「パーフィディア」って、不実とか裏切りって意味で、
 もうあなたなんかに用はない! っていう歌なんですけど、
 曲はどこまでも滑らかで...(健太さん)

3)ピエル・カネーラ Piel Canela
*「モア・コール・エスパニョール」収録。
 ピエル・カネーラとは「シナモン色(小麦色)」の肌、の意味。
 こんがり焼けたあなたの肌が愛しい、という、美白の時代には不適当な歌(笑)、
 とのこと!
 こういう歌、川崎駅前にあったプールで流れてたんだよ(邦丸さん)

4)ソラメンテ・ウナ・ヴェス Solamente Una Vez
*こちらも「モア・コール・エスパニョール」収録の大スタンダード。
 「こういうストリングス文化みたいなもの、なくしたくないですよね!」

★オープニング・ナンバー
ミスター・メロディ/ナタリー・コール
娘さんが露払い、ということで(邦丸さん)


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

8月19日 ポール・マッカートニー 90年代の金字塔「フレイミング・パイ」の魅力に迫る

今週のゲストは、およそ1年ぶりのサエキけんぞうさん。
ポール・マッカートニー渾身の再発シリーズ「アーカイヴ・コレクション」の最新作、
1997年作品「フレイミング・パイ」にスポットを当ててお送りしました。
「アンソロジー・プロジェクトを経て、ビートルズと改めて向き合うことになったポールが作り上げた作品です」16年ぶりにチャート・インを果たしたヒット作でもあります。
サエキさんの詳細な解説が掲載された「レコード・コレクターズ」誌も現在好評発売中!
IMG_20200819_123024.jpg
*プレイリスト*
1)ヤング・ボーイ(5曲目) Young Boy (track 5)
*スティーヴ・ミラーとの共演曲。
 ポールは69年5月9日、残りの3人にアラン・クレインとの契約に
 サインするよう求められたものの敢然と拒否。
 「その時は裏切り者とか、いろいろ言われたんですけど、
  もしあのときサインしてたら、僕らは今みたいに
ビートルズを聞くことはできなかった。
こんな風にビートルズや関連作品を楽しめるのは、ポールのおかげなんです」
 そして、3人との対立が決定的になった夜、
 たまたま同じスタジオでレコーディングしていたすてぃーヴ・ミラーとセッション、
 ノリノリで録音したのが次の曲。
2)マイ・ダーク・アワー/スティーヴ・ミラー・バンド
My Dark Hour / The Steve Miller Band
*おなじみの「フライ・ライク・アン・イーグル」のリフも登場する
 ご機嫌なナンバー!

3)リアリー・ラヴ・ユー(12曲目)Really Love You(track 12)
*リンゴとの初めての「共作曲」といっても「セッションなんですけどね」。
 「こんなタイトなドラム、すげえ」(邦丸さん)
 「そうなんです。ここにジョンのトリッキーなギターが入ったら、
 そしてジョージのビートルズっぽいフレーズが入ったら...
 まさに90年代のビートルズ! 新境地なんです。
 そんなことを考えながら聞くと、この作品は本当に面白い」

4)ビューティフル・ナイト(13曲目) Beautiful Night(track 13)
「アルバムの13曲目になって、ようやくビートルズっぽい作品が登場します。
 リンダがコーラスに入って、リンゴがドラムス、
 そしてオーケストレーションはジョージ・マーティン!
 ジョージと、亡くなったジョン以外は、みんないるんです」

★オープニング・ナンバー
アブラカダブラ/スティーヴ・ミラー・バンド
あとからスティーヴ・ミラーが登場するということで、邦丸さんがチョイス。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

サエキけんぞうさん ライヴのおしらせ
1、二人パール兄弟ライブ「君となら平常心」
8月25日(火)下北沢Flowers Loft 18時00開場/19時開演 
出演 二人パール兄弟(サエキけんぞう 窪田晴男)
前売り予約 \3000(D別)/ 当日\3500(D別)
予約 https://www.loft-prj.co.jp/schedule/reserve?event_id=150748
有料配信あり! https://loft-prj.zaiko.io/_item/329286
下北沢Flowers Loft
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目24-5 SHIMOKITA FRONT B1
http://www.loft-prj.co.jp/flowersloft/


2、「行こうぜ、やっぱり! パール兄弟2020」出演 パール兄弟
日時:9月27日(日)17:30開場 18:00開演
会場:渋谷クラブクアトロ  
☆生ライブ: 前売: 5,500円 当日:6,000円
(税込/全席自由/整理番号付/ドリンク別)
イープラスにて発売中
☆U+ LIVE生配信
視聴チケット: 2,500円(税込)
https://eplus.jp/pearl-st/

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!