くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

8月16日 夏だ!エレキだ!テケテケだ!

今週のゲストは、半年振りのヨッちゃん=野村義男さん。
スタジオに来るなり「残念~!」
何かと思えば、この夏の異常な雨の多さ。
「真夏だと思ってエレキにしたのに、この天気はないでしょう!」
それでも、次から次へと飛び出す、
ヨッちゃんならではの面白エピソードには、
邦丸さんも純子さんも笑いっぱなし!
k20170816l.jpg
その昔、野村モータースの夏の旅行と言えば、
サマーランドに向けて一家でドライブ。
その車の中で「のってけのってけのってけサーフィン」...
とか、流れてたわけですよ。それが僕のテケテケ初体験、
というヨッちゃん!
*プレイリスト*
★ダイアモンド・ヘッド/ベンチャーズ
やっぱ最初はベンチャーズ!
イントロのドーン! って言う音は、
アンプを蹴飛ばして出すんです。
ヒュ! って言うのは弦をこすって。
テケテケ、ベンチャーズは弦をこするんだけど、
寺内タケシさんはちゃんと全部押さえるんですよ!
神業です、とヨッちゃん。
文化放送主催のベンチャーズ東京公演は9月3日!
★アパッチ/シャドウズ
中音域がふくよかできれいなんですよね、
ハンク・マーヴィンのギタは。うう、最高!
★ミザルー/ディック・デイル
この人のテケテケは荒っぽいです(笑)
メロディーのところはラッパにまかしちゃったり。
「これアド街で使ってるよね」(邦丸)
「パルプ・フィクションで有名になったんです」(義男)

*オープニング・ナンバー*
★スモーク・オン・ザ・ウォーター/ディープ・パープル
これね、楽器屋で試奏するとき禁止の曲なんです。
そこら中で弾くとセッションが始まっちゃうから(笑)
中学生のときは一本の弦しか弾けなくてね、
三味線みたいなパープル(笑)



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


8月9日 背筋ヒンヤリ、納涼ソング大特集!

今日のゲストは、まもなく来日する
リック・アストリーのライブが楽しみでしょうがない、
という中村真理さん!
ブルーノ・マーズ来日公演は、清水の舞台から
飛び降りて、3万5千円のチケットを買われたそうです。
そんな真理さんの今回のテーマは、
37度にもなろうという陽気に合わせて
「背筋ヒンヤリ、納涼ソング大特集!」
k20170809q.jpg
✳︎プレイリスト✳︎
★死神/ブルー・オイスター・カルト
タイトルは凄いけど、とてもポップで親しみやすい歌。

★スリラー/マイケル・ジャクソン
なんと、あのショート・ムーヴィーの
3D版が完成し、まもなく公開されるとか!

★スプーキー/アトランタ・リズム・セクション
邦丸さんも大好きなグループの一つ。

★ユー・オウタ・ノウ/アラニス・モリセット
95年のヒットですが、邦丸さんは知らず、
純子さんが知っていたという史上初のケース!
しかも、男に二股かけられた女が、
怨みつらみをぶちまけるという内容に、
純子さん、ヒトゴトでなく同感していたような...!?

✳︎オープニング・ナンバー✳︎
Born in the USA / Bruce Springsteen
なんでこの曲?
「お盆だから」(邦丸さん)
ぼ〜ん、インザ USA、あそれ〜...失礼いたしました!

8月2日 シンガー・石橋凌の魅力をもっともっと味わうための 洋楽セレクション~!

今週は、明日にウルフルズのサンプラザ公演を控えたサンコンjr.さん。
実は、先日「極シアター」にご登場いただいた
石橋凌さんのニュー・アルバム「may burn!」で5曲、ドラムを担当。
石橋さんの登場回もお聞きいただいたそうで、
「「シンガー石橋凌」の魅力をさらに伝えられたらと思い、
アルバムに参加したときに参考にした曲や、
凌さんのインタビューにでてきた曲、凌さんがライヴで
カバーしている曲など」を選んでいただきました!
k20170802j.jpg
*プレイリスト*
・Route 66 (BBCLive)/ Dr. Feelgood
・New York City / John Lennon
・I Wish I Was New Orleans / Tom Waits
・Troubadours / Van Morrison


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

7月26日 真夏のサウンズ・オブ・クール! これがイージー・リスニングだ!

本日のゲストは月末の男、萩原健太「師匠」。
初対面の八木アナの声を聞くなり「いい声だねえ!」と、
すっかりお気に入りのご様子...
k20170726p.jpg
本当はスッキリ晴れている中で聞きたかったんだけど...という
「絶滅危惧種」イージー・リスニングのヒット曲集。
半世紀前のラジオや、デパートでは、
こんな曲たちが次から次へと流れてきていました。
目を閉じてうっとりと聞く邦丸さん!
「きちんとバックのスコアも書かれている。
 音楽的にかなりの腕が必要だし、フルバンドはお金もかかります。
 かなり手間のかかった音なんですよ」と健太さん。
熱く語るオジサンたちに、すっかり取り残された八木アナでした。
*プレイリスト*
1. Percy Faith & His Orchestra / Theme From 'A Summer Place' (2:23)
2. Billy Vaughn & His Orchestra / Sail Along Silvery Moon (2:11)
3. Mr. Acker Bilk / Stranger On The Shore (2:56)
4. Frank Chacksfield / Ebb Tide (2:57)

7月19日 美味しいアルバム アル・ジャロウ「ブレイキン・アウェイ」徹底研究!

今週のゲストは、おなじみの秦万里子さん。
愛してやまないアルバム、アル・ジャロウの「ブレイキン・アウェイ」をじっくりご紹介いただきました。
k20170719j.jpg
*プレイリスト*
「Closer To Your Love」
イントロが流れるなり、崩れ落ちた秦さん!
スピーカーに耳を傾け、フレーズを口ずさみ...
ミュージシャンの素晴らしい演奏を、ミキサーが的確にとらえ、
ものすごいテクニックなのに、熱くなく、
サラリと聞かせてしまう...アル・ジャロウの素晴らしさを
じっくり教えていただきました。
スティーヴ・ガッドの凄すぎるドラミングにも絶句!
「We're In This Love Together」
邦丸さんも一緒に歌った大ヒット曲!
「Easy」
「イージーなんていうけど、全然イージーじゃないのよ」
「(Round, Round, Round) Blue Rondo A La Turk」
デイヴ・ブルーベックの名曲。
名手たちのおりなす、凄まじいテクニックの応酬、
でも押しつけがましさは微塵もなく、爽快さがあるだけ...!
1981年という時代もしっかり刻み付けられている、名盤中の名盤です!

「アル・ジャロウにとって一番大切なもの、それは音楽じゃなかったんです」
その答えは...タイムフリーで聞いてみてください!


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!