林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

9月25日(日)ビジネスモデル化される、おもてなし

今週も、

城西国際大学 観光学部 客員教授、

梅原一剛(うめはら・いちごう)先生の授業。

 梅原00~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

先週来、たびたび話題に上っているキーワードが、

ホテルにおけるサービスとホスピタリティの違い。

言われたことに過不足なく、かつ適切に対応することがサービスなのに対し、

客のニーズや意思に、個別に応じるのがホスピタリティ。

例えるなら、

前者が標準的な建売り住宅、

後者は顧客1人1人のニーズやウィッシュを取り込んだ注文住宅、

という言い方もできると、梅原先生は仰います。


正解が1つではない物事について、

どれだけ客人の真意を斟酌した対応をするか、

スタッフ全員が適時、当意即妙に接遇できるホテルこそ、一流だと言います。


日本には、旅館の仲居さんや番頭さんが客人をもてなしてきた

伝統的な文化が根づいています。

これは、とても誇らしく、

1軒1軒の旅館を唯一無二の存在たらしめる素晴らしいものですが、

世界基準 ( =グローバルスタンダード )に照らして、

遜色のないもの、誰もが理解し、踏襲できるものにしていくことが、

今、求められているのだそうです。

言葉にしない思いや、奥ゆかしさ、

慮ったり、察したり、という機微を尊重してきた日本にとって、

あらゆることを可視化、顕在化し、

ビジネスモデル化するというプロセスは、

これまでの歩みと対極にある、困難な道に違いありません。

市場を広め、日本の良さを知らしめる為にも、

そうした変革が不可避なのは理解できますが、

まだ心が追いつかないというのが、正直な思いです。


そこで期待が集まるのが、

梅原先生が理事長をお務めのNPO法人 THE F.U.N.(ザ・ファン)の活動。

経営(マネジメント)と運営(オペレーション、サービス)、

それぞれのプロフェッショナルを育成し、

これからの時代、世界で活躍できる人材を輩出しようと設立されました。


本当の意味で良いホテルとは、

居心地の良い場所であり、カルチャーであり、エンターテインメントであり、

究極的には素敵な場所であるべき。

そして、

息の長い経済活動に、ホテルは重要な位置を占めるということを再認識して、

街づくり、社会貢献、地方創生などを

多角的に観察してみたいと思っています。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年9月25日 08:00

9月18日(日)ロビーから広がる世界

今週は、

城西国際大学 観光学部 客員教授、

梅原一剛(うめはら・いちごう)先生の授業でした。

梅原02~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 


長年に亘り、土地開発の分野で活躍され、

現在は、ホテル業界活性化に向けて、

人材育成に勤しんでいらっしゃる先生に、

ホテル業界をめぐる現状と課題について、

教えていただきました。

 

「足し算でなく、かけ算。1つミスをすると、0になる可能性がある。」

梅原先生が仰った、ホテルのお仕事を象徴的に表す表現です。

他の商品・サービス・おもてなしが、

ほとんど満足できるものであったとしても、

何か1つ、利用客が不満と感じた場合、

全てが台無しになってしまう。

つまり、そこで働く人材全てに素晴らしさ、完璧さが求められ、

組織として全員が良くあるべきなのが、ホテルだということ。

利用客にとって非日常であるホテルでの時間が、

ホテルで働く方々にとっては日常であり、

いかに厳しい世界であるかが端的に窺えます。


世界的に見て、日本のホテルの位置づけが決して高くない現状においては、

訪米に倣って運営上のビジネスモデルを設け、

ムラのない全体的なレベルアップを図ることが求められているのだそうです。


そして、日本の国民にとってもう1つ大きな課題と言えるのが、

ホテルを文化の中枢に位置付けていくこと。

アメリカ・ニューヨークのプラザホテルや、

シンガポールのラッフルズホテルのように、

その街に暮らし、滞在する人々の生活の一部に存在し、

その街全体の魅力を向上させるのが、

文化としてのホテルです。

私たち日本人にとって、ホテルはとかく敷居が高く感じられますが、

先生が学生さんへのアドバイスとして仰ることを参考に、

まずは、ホテルのロビーに身を置いて、

人間観察をしてみたり、多様な物語に触れてみたりすることで、

自分自身の視野と世界を広げる契機となるのではないでしょうか。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   What a Wonderful World ( この素晴らしき世界 ) / Louis Armstrong


番組日記 | 2016年9月18日 08:00

9/18・25(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 観光学部

客員教授 梅原 一剛(うめはら・いちごう)先生

梅原03.jpg

元東急ホテルズの会長でいらっしゃた先生、引退された現在は、日本のホテル業界活性化にと、人材育成やホテル経営について講座を開設するなど、様々な活動をされています。

今回は、ホテル経営の初級編として、マネジメントやホスピタリティについて

お話を伺っていきます。

"ホテル経営"がテーマですが、経営はどの業界にも関わってきます。

これからの日本の企業経営に大切なことは何か・・・

どうぞ、お聴き逃しなく!!

 


| 2016年9月14日 16:14

9月11日(日)日本経済を支える矜持

今週も、

城西国際大学 経営情報学部 教授、

早田巳代一(はやた・みよかず)先生の授業。

 hayata01-thumb-240x240-88399.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、日々のお買いものや預金金利、国債に至るまで、

日本人にとっての経済行動・経済観念についての授業でした。


かつての高度経済成長やバブル経済を経験した日本は、

現在、

低金利、低成長、不景気、経済格差が問題視されて久しい時代にあります。

これら諸問題の原点について、

早田先生が仰るのは、

「 買いたいモノがあるか、どうか 」だということ。

例えば、

冷蔵庫や洗濯機、炊飯器など、

日常生活に密着した家電製品、いわゆる白物家電を、

新規で購入する世帯が多かった頃は、

それだけ経済成長率も好調でしたが、

白物家電が広く出回り、

買い替える頻度が低くなった現代においては、

経済も停滞しがち。

こうした歴史をもとに、

むしろ、

「 今の経済状況が普通なのだと考えることが大切 」というのが、

先生の解説でした。


経済のほか、エネルギーや地球環境、

そして、人々の営みを包括的して文化ととらえながら、

これからの時代は、あらゆる分野において、

倫理的かつ持続可能な共生を追求する段階へと差し掛かっています。

このように考えることが出来るのは、

早田先生が仰るように、

日本の国民が勤勉で、余力のある日常を成り立たせているからなのだそう。


信用、矜持なるものは、1日にして成らず-

失いそうになっていることに、どれだけの人たちが気づき、

丁寧な暮らしの尊さを重んじていけるかに、

日本の未来、地球の未来がかかっています。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年9月11日 08:00

9月4日(日)消費者が促す社会の成長

今週は、

城西国際大学 経営情報学部 教授、

早田巳代一(はやた・みよかず)先生の授業でした。

hayata002-thumb-240x240-88397.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


会計学、財務諸表論がご専門の先生に、

今回は、値段の真実にまつわるお話をご教授いただきました。


例えば、自動車のタイヤ交換を検討する際。

同じ商品でも、取扱い店舗によって価格が違い、

どれが適正価格なのか、どのお店で買うべきか、迷うことが多いもの。

先生は、ぜひ、製造年月日を見て判断してほしいと仰います。

タイヤの場合、表面に、ごく小さいながら4桁の数字で刻印されていて、

上2桁は、1月1日からの週を第1週として、何週目という週番号、

下2桁は、西暦の下2桁、

つまり、

2016年の1月第2週に製造されたタイヤは、「 0216 」と表示されています。

また、タイヤは、劣化すると横にヒビが出てくる為、

道路に接する面の山だけではなく、

側面もチェックが必要です。

タイヤを安全に使用できる期間は、

製造から3~5年と言われていますが、

お店の外に積んであって、日光に当たりやすい場合など、

劣化が進んでいる可能性も高く、

何より、

取扱い店舗の店員さんが、

タイヤの製造年月日まで把握しているかどうか、など、

商品、ひいてはお客さんを大切にしているかどうか、

そうした付加価値の高さも、

購買行動の判断材料にしてほしいとのことです。


早田先生が登場してくださった前回、

消費増税前の駆け込み需要が話題になっていた頃にも仰っていましたように、

私たちが、

「 そこに手頃な価格の商品があるから買う 」、といった

完全受け身の消費者から脱し、

能動的に考え、行動する消費者へと、少しずつでも成長していくことで、

商品・サービスの向上、企業の質的成長にも繋がっていくことを

再認識する授業でした。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   New York New York / Frank Sinatra


番組日記 | 2016年9月 4日 08:00

9/4・11(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 経営情報学部

教授  早田 巳代一(はやた・みよかず)先生

 

会計がご専門の先生には、これまで 『値段の真実』 を中心に

電化製品や食品などの適正価格についてお話を伺ってきました。

 

今回も、『値段の真実』の事例や、私たちの預金に関するちょっとしたお話を伺っていきたいと思います。

 

どうぞ、お楽しみに。

 


| 2016年9月 1日 10:40

8月28日(日)不公平の構図

今週も、

城西大学 経営学部 准教授、

柳下正和(やなぎした・まさかず)先生の授業。

 yanagist02-thumb-240x240-86737.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

今年の重大ニュースの1つ、パナマ文書とタックスヘイブンを端緒に、

お話しいただきました。


税金ともは、そもそも国作りの源になるもの。

社会保障や公共の財・サービスの財源となるもので、

国民にとって納税は義務である以上、

公平なのが重要。

しかし、

課税対象となる財産をタックスヘイブン ( =租税回避地 ) へ移すことは、

税の減免を目的とする意思の有無を問わず、

基本的には違法とならないのが現状です。

現在、国際社会では、

改善に向けて、国際的な枠組みの構築を模索しようという動きがあるものの、

関わっている国・地域、そして検証すべき事例の数が多いこともあり、

亀の歩みとなっています。


日本では、18歳選挙権の開始と前後して、

主権者教育が進められています。

中でも税に関しては、

ごく基礎的なことを小学校から教えているところも増えていますが、

高校・大学となると、

まとまった授業や講義という形で教育されることは少ないとのこと。

この現実は、ある意味、

経済・資本主義に立つ今の世界の縮図に見えます。


タックスヘイブンを利用する方法の存在は、

それに気づいた一部の人たちが広めた経緯があるはずで、

その人たちは、

全世界の人々が一斉にタックスヘイブンを利用するようになると

世界経済が立ち行かないことも知っています。

他方、日々のお買いものから、株式の取引や金融商品の売買に至るまで、

様々な経済活動も、

情報を知って、行動する人と、静観する人、決断を見送る人など、多様なもの。

つまり、ある程度、基礎的なことを学ぶと、

その先は、個々の生活環境や知的欲求など、それぞれの要因によって、

日々の暮らしや経済活動が組み立てられ、

税への関心の度合いや、納税行動も百人百様になっていくという構図が存在するのです。


税収の部分に、かくも不透明、不公平が蔓延っていることが明るみになった今、

税の使い道を決める予算、

そして、実際にどのように使われたのか確認する決算を、

私たちは、より一層、厳しくチェックし続けていかなくてはなりません。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年8月28日 08:00

8月21日(日)'好景気'今昔

今週は、

城西大学 経営学部 准教授、

柳下正和(やなぎした・まさかず)先生の授業でした。

yanagi02-thumb-240x240-86739.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


財政学がご専門の先生に、

今回は、「 税と選挙の関係 」を主なテーマに、お話しいただきました。

 

前回、柳下先生にご登場いただいたのが、おととし2014年4月。

ちょうど、消費税が8%へ増税された頃でした。

あれから年月が流れ、

安部総理大臣が、消費税10%への引き上げについて、再び延期を決め、

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるという、

大きな変化を経ています。


こうした現実を踏まえ、若い世代も、

税金の使い途を決める政治家を見極めることの大切さを知ること、

そして、

若年層が老年世代を支えている社会保障制度の仕組みを理解し、

自分たちがどのように社会と関わっているのか、

主体的に考えなくてはならないと、先生は指摘します。


消費増税が再々延期され、

社会保障の財源をどう確保するのか、国民への影響が懸念されている今、

昨今の社会情勢から、

税収が増えることが見込まれる他の要素についても、

話題が及びました。

例えば、訪日観光客が増えたことに伴う効果。

一時は、中国人観光客による爆買いが社会現象にまでなりましたが、

実際には、免税店での購買活動であり、

中には外国製品を購入する動きが目立つことから、

利益の増加に結びついている産業、業態は、

ごく一部に止まっているという見方も。

また、主な日本企業の場合、

有史以来、輸出によって利益を得る構造の為、

不景気、低成長と言われて久しい中にあっても、

日本経済は世界的に見ても、依然として良い状態を保っているのだそう。


かつて、

高度経済成長やバブル景気と持て囃された時代を経験した日本にとって、

振り幅の大きな動きは、もうたくさんという思いが一般的。

安定的、持続可能な成長を続ける先に、

私たちが景気の良さ・暮らしやすさを実感できる世の中が実現されたらと、

願っています。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Only The Lonely / Roy Orbison


番組日記 | 2016年8月21日 08:00

8/21・28(日)ゲストの先生は・・・

城西大学 経営学部

准教授  柳下 正和(やなぎした・まさかず)先生

yanagi03.jpg

財政学がご専門の先生に今回お伺いすることは・・・。

今回もやはり  "税金のあれこれ"

 

●納税した税金のその後の動きを、皆さんはどこまでご存知でしょうか?

●違法ではないけど・・・"タックスヘイブン"による租税回避が私たちの生活に与える影響は何なのでしょうか??

 

先生にしっかりと伺っていきます!!


| 2016年8月16日 17:26

8月14日(日)未知を知る

今週も、

城西大学 理学部 教授、

藤田昌大(ふじた・まさひろ)先生の授業。

 fujita%20st002-thumb-240x240-86139.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、スポーツと流体力学について、入門のお話を伺いました。

取り上げられたのは、ゴルフや野球といった球技。

プレイヤーの力が加わった時、

ボールが空気を切り裂くように進む様を計算式に表すのが、流体力学とのこと。

スポーツも理論とデータに基づいて発展を目指す時代です。

そして、私たちの暮らしにとって身近なのが、

これまでの授業でもたびたび触れた気象について。

例えば日本の気象・関東地方の気象を予報するには、

地球全体の気象をシミュレーションする必要があり、

広域予報とともに、

狭域・ピンポイントの予報も、精度を上げることが期待されています。


今回の先生のお話の中で、特に胸に刻まれているのが、

' 未知を知るのに数学が役立つ ' というエッセンス。

私たちの日々の営みは、概ね時間軸に沿って進むものですが、

時空を超えて縦横無尽に考察を深めるのが科学・化学の分野であり、

時には時間軸を逆行したり加速度的に答えを導き出そうと挑むのが

数学の分野と言えるのかも知れません。


今この時代にあって信じるべきは、学び、向上することの尊さ。

多様な考察という、

必ずしも目に見えるものばかりではない

張り巡らされた網目の中で暮らすことの奥深さこそ、

人類に与えられた前に進む為の英知の結集なのだと ― 。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Nothing From Nothing / Billy Preston


番組日記 | 2016年8月14日 08:00

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.