林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

12月4日(日)誇るべきチームワーク

今週も、

城西大学 経営学部 客員教授、

誉 清輝(せん・せいき)先生の授業。

 誉先生~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が来日されたのが、1973年。

以来、お勤めになった日本企業や地域社会など、

日々の暮らしの中で、

風習、慣例、文化の違いを実感されてきたそうです。


日本が改善した方が良いとお感じになるのが、

例えば、男性の育児への参加。

1980年代当時、従業員8000人という大企業にお勤めになっていた頃、

夕方、「子どもをお風呂に入れる時間ですので」、と退社しようとすると、

上司に驚かれ、

「それは女性の仕事でしょう」と言われたとのこと。

それから40年近くが経過した今もなお、

日本では、男性が育児に参加する為の制度が発展途上で、

取得率もまだまだ低い現状があります。

一方、

日本の良いところとして先生が挙げていらしたのが、

チームワーク。

リオデジャネイロ五輪の陸上男子400mリレーで、

日本が獲得した銀メダルに象徴されるように、

1人1人の力を結集した時の日本の組織の総合力には、

目を見張るものがあるそうです。


今回のお話しを伺っていて思い起こしたのが

サッカーやラグビーなどの日本代表選手たちの言葉。

特に、芳しくない結果だった場合、

「次に向けて、

 個人の能力・スキルを向上させたいと思います」という発言を

よく耳にします。

個人を尊重し、もてる力を存分に発揮する為には、

上手に引き出す同僚の存在も重要。

つまり、力を発揮できるチームへの信頼があればこそ、

個人の能力・スキルを伸ばせるのだと思うのです。


チームワークは1日にして成らず ―

個人の底力の革新を進めながら、

組織全体を俯瞰する目も持ち続けることが、

日本の長所であり、誇るべきスキルです。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   PORCELAIN~微笑みに ふれて~ / Julia Fordham


番組日記 | 2016年12月 4日 08:00

11月27日(日)共生が要する距離

今週は、

城西大学 経営学部 客員教授、

誉 清輝(せん・せいき)先生の授業でした。

誉先生~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当番組へのご登場が、およそ3年ぶりとなる、誉先生。

この間、1歳半と4か月のお孫さんに恵まれ、

教育の為にと引っ越しもされたとのこと。

境遇の大きな変化を受けて、

近頃、先生と正蔵師匠がお感じになることから、

今回の授業は始まりました。


お仕事では教壇に立ち、私人としてはお孫さんと接する中で、

誉先生は教育の大切さを、日々、実感していらっしゃるとのこと。

自然環境、美味しい空気、美しい景色、年中行事、

お隣り近所とのお付き合い...

住まいを変えることで生じる

メリットもデメリットも受け入れ、

先生のご一家にとって、

良い新生活のスタートとなっていることが垣間見られるお話でした。


誉先生が明かしてくださいました、

お嬢さんご一家と車で10分ほどの距離に住み、

すぐに行き来できる関係を構築している、とのエピソードに触れ、

当代の家族の在り方の

一定の理想形であることを実感。

近年、社会問題となっている独居老人や孤独死という胸の痛む案件は、

近所でお互いをサポートし合うことで、確かに解決できるはずです。


独り暮らし世帯が増えるのに比例して、

人と関わることの煩わしさばかりが目立つようになった昨今、

身内と言えども、距離感を適度に保ち、

お互いのライフスタイルを尊重し合うことが大切。

代々の歴史に学び、無用な衝突は、出来るかぎり上手に避け、

片側の思いを押し付けるだけではない、

大らかな関係を築くことが、

人と人同士、そして、ひいては、近隣の国・地域同士に

求められている気がしています。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年11月27日 08:00

11/27・12/4(日)ゲストの先生は・・・

城西大学 経営学部

客員教授  誉 清輝(せん・せいき)先生

誉先生03.jpg

中国や台湾を中心とした国際マーケティングについて教えられている先生に今回お伺いするテーマは 『異文化コミュニケーションと教育』

先生ご自身が感じている子供の教育や日本の風潮・社会の流れの変化について、また近隣台湾の教育に対する考え方など伺っていきたいと思います。


| 2016年11月22日 14:46

11月20日(日)成人とは、大人とは、人間とは・・・

今週も、

城西国際大学 国際人文学部 教授、

鈴木崇弘(すずき・たかひろ)先生の授業。

鈴木00~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週取り上げた、選挙権年齢引き下げに続き、

今週は、現在、検討されている成人年齢の引き下げについて、

教えていただきました。


成人年齢引き下げに関連する法令を、すべて変えるのか、

段階的に変えるのか、

そもそも、成人とは...。


鈴木先生が仰っていましたように、

成長過程の方と意識の高い方との差が拡大し、

両極端になっていることを、

様々な局面で実感すると同時に、

多様性の受け入れを推進している現代において、

年齢は言うまでもなく、性別、居住地域、家族構成、職業など、

単純なモノサシで線を引くのは難しくなっていることも否めません。


強いて言うなら、

年齢での線引きは、

与えられた時間が平等と考えると納得できますし、

一定の年齢をもって責任を生じさせることで、

人間として本質的に成長できるのも、また痛感するところ。


そして、先生が例として挙げられた

AI( =人工知能 )が自己学習して行う言動は、

果たしてメーカーの責任なのか、という観点も、

未知なる事象を想定してルールを作る行為が

いかに困難であるかを象徴しています。


すぐに答えが出ないことこそ、

考え続けなくてはなりませんし、

考える続けること、参加し続けることが、

民主主義の根幹を成すことも、

今回の授業で再認識できました。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年11月20日 08:00

11月13日(日)紙と声

今週は、

城西国際大学 国際人文学部 教授、

鈴木崇弘(すずき・たかひろ)先生の授業でした。

 鈴木02~1.JPG


 

 

 

 

 

 

 

 

 

政治分析のスペシャリストでいらっしゃる先生に、

今回は、

「 選挙権年齢の引き下げから見る、

  国民の社会への責任 」をテーマに、

ご教授いただきました。

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて初の国政選挙となった

今年7月の参議院選挙では、

全体の投票率が54.7%となり、

年代別の内訳を見てみますと、

18歳が約51%、

19歳が約39%で、

20代が約30%だったのを考えると、

まずは投票用紙に記入し、投じるという行動を実践した18歳、19歳が、

それだけ存在したことの表れと評価されています。


選挙のたびに話題となるのが、

「 投票に行っても行かなくても同じ 」とか、

「 誰が当選しても、世の中、変わらない 」などの声。

個人の思いとしては理解できる部分もありますが、

鈴木先生が仰っていた、

「 投票に行かないということは、

  現状を肯定してしまうことと同じ 」という言葉が

胸に刺さります。

民主主義とは、一度の選挙で有権者の声が届くものではなく、

1回1回の積み重ねであり、

面倒くさくも、遠回りとも感じられるもの。

つまり、自分の代だけのことではなく、

物事を長いスパンで見る視点が欠かせないということを、

有権者として心に留めておきたいですし、

候補者も、自分の任期にかぎって考えるのではなく、

相当な要職であることを自覚してほしいものです。


国会前などでのデモや、

学生団体、市民団体の運動が活発化している昨今、         

選挙後の政権運営を危惧をもって注視する国民の存在が

いかに大きいかということが、

国内外に発信されています。

投票用紙には反映されない、声なき声、

静かな怒りを合わせて受け止める想像力が、

為政者には必要です。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   At Seventeen ( 17才の頃 ) / Janis Ian


番組日記 | 2016年11月13日 08:00

11/13・20(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 国際人文学部

教授  鈴木 崇弘(すずき・たかひろ)先生

鈴木03.jpg

政治分析のスペシャリストである先生にお伺いする今回のテーマは・・・

ズバリ! 『選挙年齢20歳から18歳へ引き下げによる、これからの日本の動向』 

そして、この選挙年齢引き下げの次に注目される、『18歳成人』

『18歳成人』向けての民法改正案の提出する方針を固めた政府、なぜここにきて、20歳から18歳へ引き下げを進めるのか。

また、この年齢引き下げによって起こりうる問題について、教えていただきたいと思います。


| 2016年11月 8日 15:56

11月6日(日)原始の機能のメッセージ

今週も、

城西国際大学 環境社会学部 教授、

川口健夫(かわぐち・たけお)先生の授業。

 川口02~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りを察知する嗅覚の神経は、

大脳の理性を司る部分を通らずに働く為、

不安や情動、おそれを感じる原始的な脳に刺激を与え、

感情、欲求に直接作用する性質があるとのこと。

正蔵師匠が、

お父様である初代・三平師匠の着物を久しぶりに出された際、

しみついた香りから、

お父様の思い出が瞬時によみがえったと仰っていましたように、

似たような経験は、きっと誰しも一度はあることでしょう。


古いアルバムをめくった途端、青春時代に戻ったり、

空気の匂いで季節の移ろいを感じたり、

初めて訪れた土地なのに、

街の匂いから、ふと懐かさを覚えたり・・・。

嗅覚、香りの記憶というものは、

人生を豊かにしてくれる重要な要素だと感じます。


そして、今回の授業の後半は、フェロモンのお話。

もともとは、

新生児期の四肢動物が、母乳を得る為、乳首の場所を知るのに必要な

鋤鼻器と呼ばれる器官が察知するもので、

人間の場合、成長に伴って鋤鼻器が退化してしまうと、

フェロモンを感じることは、ほとんどなくなるのだそう。

人間がフェロモンを感じるとすれば、

写真など、

視覚から受ける影響が圧倒的に大きいということがわかっています。

人間と同じ四肢動物の中でも、

オランウータンは視覚ではなく嗅覚で興奮するそうですし、

フェロモンの研究自体は、

昆虫に存在することが発見されたのが最初ということで、

理屈で説明しきれないことを、どこまで解明できるのか、

あるいは、後世に至っても、解明は難しいのか、

フェロモンの世界には、

生命の神秘へと繋がる、なかなか奥深いものがありそうです。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年11月 6日 08:00

10月30日(日)芳香に潜む悪臭

今週は、

城西国際大学 環境社会学部 教授、

川口健夫(かわぐち・たけお)先生の授業でした。

 川口00~1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りの力を応用したアロマテラピーや、

海の力を使ったタラソテラピーについて研究を重ねていらっしゃる先生に、

今回は、レモンの香りの秘密に関するお話から、

教えていただきました。

私たちが日頃、触れている飲料や食料、日用品などで、

「 レモン味、レモン風味、レモンの香り 」 と表されている商品には、

果汁が含まれているとしても、1%~3%程度。

これほど僅かな量では、レモンと認識できるほど香ることがなく、

たいていは、ゲラニアールとネラールという化学的に合成した香料が

絶妙なブレンドで加えられていることが多いのだそう。

ヒトの感覚としては、

香りを真贋ではなくイメージで、

味わったり、認識したりしている部分が大きいことが分かります。


そして、もう1つ衝撃的だったのが、

世界的に有名な香水であるシャネルの5番にまつわる秘密。

香水は、良い香りを混ぜるのが基本ですが、

そこへ、ごく僅かに、イヤなにおいを混ぜると、

素晴らしく魅力的で、より深い香りに仕上がるものだなんて・・・

しかも、シャネルの5番に加えられているイヤなにおいが、

シックハウス症候群の原因物質としても知られるアルデヒドと、

糞便の臭気であるスカトールだなんて・・・

お話を聞いていて、思わず卒倒してしまいそうでした。


イヤなにおいを最初に加えた人は、

相当の勇気と天才的な閃きとを兼ね備えた人ですし、

異質なモノ同士をブレンドすると、新しいモノが生まれるという

イノベーションの精神は、

個人や組織の成長と、集合体の在り方を考える時にも、

大いに参考になるはず。

無限の可能性から、無二の果実を結ぶ主体は、

いつの時代も人であり続けることでしょう。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年10月30日 08:00

10/30・11/6(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 環境社会学部

教授  川口 健夫(かわぐち・たけお)先生

 川口003.jpg

これまで先生には、癒しをテーマに香りの力を応用したアロマテラピーや海の力を利用するタラソテラピーに関するお話を伺ってきました。

今回は、癒しの効果の一つ【香り】についてお話を伺います。

香りというと野菜や果物、香水、人それぞれが持つ匂いなど私たちの日常はたくさんの香りで包まれていますが、その中にある秘密があるそうです。

その秘密とは・・・ 

他にも嗅覚と味覚の関係や香料の不思議も聴けちゃいます。

どうぞ、お楽しみに。

 


| 2016年10月26日 19:30

10月23日(日)制度が市民権を得るまで

今週も、

城西短期大学 教授、

蓼沼康子(たでぬま・やすこ)先生の授業。

 tadenuma%2002-thumb-240x240-75542.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折に触れてご出演くださっています

おなじみ蓼沼先生と、

今回は、リスナーさんからのメールを糸口に

お話が展開しました。

テーマは、先週に引き続き、

「 仕事と家庭について 」。


お仕事も家庭生活も、

日々の暮らしの大半を占める重要な要素。

誰にとっても1日は24時間しかなく、

個人レベルで効率よくやり繰りするには限界があります。

以前は、男性が稼ぎ、女性は家庭を守るものとされ、

勤め先・組織の一員である以上、

労働者は労働条件に合わせるのが当たり前という考えが一般的でしたが、

画一的な考え方は、あらゆる面で淘汰され、

やがて、多様性を受け入れようという時代へ。

全てが劇的に改善されるのは無理だとしても、

身近な人同士、必要に応じて、

多様な生き方・働き方に前向きに対応する姿勢が、

経営側に求められています。


今朝の蓼沼先生のお話の中で、

大きなポイントと感じたのが、

制度を能動的に利用することの重要性。

企業・団体によっては、一部、

自宅勤務が認められていたり、

時短勤務やフレックス制を導入しているところも増えてきていますが、

上長の方針や周囲への気兼ねなどから、

利用実績が伸び悩んでいる場合があるそうです。

各制度は、社会が多様性を受け入れる為の手段であり、

利用者が増えることで、広く知られたり、取得しやすくなって、

市民権を得ていくもの。


社会全体が少しずつでも前進するには、

まず、私たち1人1人が自分の人生を主体的に捉えること、

その上で、

上長の意識改革や、人事担当者による選択肢の説明など、

それぞれの立場で資質向上に努めることが必要です。

                    石川真紀


番組日記 | 2016年10月23日 08:00

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.