林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

6月25日(日)まさか、こんな所に!?

今週は、

学校法人 城西大学

水田記念博物館 大石化石ギャラリー 学芸員、

宮田真也(みやた・しんや)先生の授業でした。

miyata0625-02-thumb-240x240-104460.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


学芸員として活動される際の定番衣裳、

恐竜のイラストがあしらわれた

カラフルなパーカーとエプロン姿で登場してくださった

' 化石くん 'こと、宮田先生。

鮫と恐竜が大好きだった少年時代を経て、

地質学、古生物学の道へと進まれ、

主に、魚類の化石を研究されているそうです。

恐竜の化石は、全身のものが見つかることは稀ですが、

魚類の場合は、それが可能。

とは言え、魚や貝なども、

歯や骨、鰭、殻など、見つかるのは破片が多く、

完全に原形を保ったまま化石として発見するのは、

とても難しいとのこと。

だからこそ、きっと、

見つけた時の喜びが大きく、

地球環境や生物の生態について

現代から未来にわたって役立つ研究への挑戦を続ける意義が深いのだと感じます。


そして意外だったのが、

化石の第一発見者が一般の人である率の高さ。

地元の愛好家や、化石掘り教室に参加した子どもたちが、

思いがけず発見することが多いのだそうです。

外遊びをする機会の増える、これからの季節、

もしかしたら、身近な場所で、

何かが見つかったり、自分が見つけたり ―

そんな時空を超えた邂逅が、待ち構えているかも!?

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Separate Ways (Worlds Apart) / Journey


番組日記 | 2017年6月25日 08:00

6/25・7/2(日)ゲストの先生は・・・

学校法人 城西大学 水田記念博物館
大石化石ギャラリー
学芸員 宮田 真也(みやた・しんや)さん

miyata0625-03.JPG宮田さんは、化石について研究する分野をご専門とし、
その中でも現在は魚類化石の分類学を中心に発掘や研究を進めています。

たくさんの"不思議"が眠っている『化石』ですが、
化石と認められる条件はあるのでしょうか?
そもそも魚って、化石になるの??

その謎を『カセキ君』 こと、化石博士の宮田さんと一緒に解き明かしていきましょう。


| 2017年6月19日 13:36

6月18日(日)「防護の名目」

今週も、

城西大学 薬学部 助教、

浦野重之(うらの・しげゆき)先生の授業。

IMG_2538-thumb-240x240-103950.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年、相次いで報じられる化学兵器による攻撃。

被害者が防護できず、最悪の場合、命を落とす危険性が高い為、

被害者の数も膨大になり、

世界に与えるインパクトが大きくなってしまっています。


目には目を、歯には歯を、とばかりに、

不穏な国・地域に空爆を行う古い報復律から脱却し、

平和的な解決を模索しようというのが、

化学兵器にまつわる国際条約。

これまで、内容の拡充、変遷を経て、

1997年に発効したのが、化学兵器禁止条約(CWC)。

そして、

この条約のもとオランダ・ハーグに設置された、

査察実施機関・OPCW(化学兵器禁止機関)の

査察局運用計画部長を勤めた経験を、

浦野先生はお持ちでいらっしゃいます。


現在、CWCを締約しているのは、192ヶ国。

イスラエル、北朝鮮、エジプト、南スーダンは未締結で、

締約国の中でも、

周辺国から現物や材料を持ち込まれ、

市中で製造されているケースもあるのだそうです。


今回の授業で触れられた中で特に留意しておきたいのは、

「防護の名目で」という考え方。

OPCWに申告さえすれば、

防護の研究の為に、化学兵器を一定量、保持することが可能ですし、

法解釈の仕方によっては、

「防護の名目」であれば、化学兵器を使用することも可能な場合が。

日々の平和で安全な暮らしのすぐそばに、そうしたモノが存在し、

一見、平和で安全な中にも、

バランスを崩しかねない要素が潜在しているということ。

私たちは、自分たちの暮らしを守る大前提として、

そうした現実を把握することから始めなくてはなりません。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  My Love / Julio Iglesias & Stevie Wonder


番組日記 | 2017年6月18日 08:00

6月11日(日)忌まわしいモノたち

今週は、

城西大学 薬学部 助教、

浦野重之(うらの・しげゆき)先生の授業でした。

02-thumb-240x240-103949.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


現在は、化学を専門に教えていらっしゃる先生に、

陸上自衛官として勤務されていた頃の経験談と、

そうしたご経験をもとに、昨今起きた化学兵器関連の事件について、

ご所感を語っていただきました。


浦野先生がお勤めされていた陸上自衛隊の化学科職種は、

総勢15万人にのぼる陸上自衛官の中でも最小規模とされる

1000人ほどの組織とのこと。

放射性物質や薬品などで汚染された地域を偵察・検知し、

汚染された人員・装備品等の除染を行うという、重要な任務。

多様な化学兵器からの防護を想定した訓練施設は、日本国内にはなく、

国土が狭小であることなどから、

そもそも日本には専門設備を構えることが困難な為、

欧米にある安全管理がきちんとされた施設に

研修で出向くことがあるのだそう。

専門家として、自衛官として、自信をつける意味でも、

実際に訓練を行うことが大切なのだと仰います。


化学兵器や、原子力、細菌兵器、コンピューターのウイルス...

自分自身は持ってもいないし、使う可能性のないものであっても、

他者によって巻き込まれ、被害を受けることのある現代。

個人同士でも、国家間でも、こうした相関図が成り立つ可能性があります。

人類によって、

後進が気づいた時には既に生み出され、存在してしまっていた忌まわしいモノたちに、

正義感をもって立ち向かうことができるのも、また人類。

人である以上、決して使い方を誤りたくないモノが、

今の世の中には、溢れています。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Hold The Line / TOTO


番組日記 | 2017年6月11日 08:00

6/11・18(日)ゲストの先生は・・・

城西大学 薬学部
助教  浦野 重之(うらの・しげゆき)先生

IMG_2550.JPG先生は、前職が化学科職種の陸上自衛官。主に化学兵器に対する防衛に関するお仕事をされていました。
現在はそのご経験を活かし、薬学部で【化学】に関する授業をされています。

テレビや映画の世界で描かれている脅威が、今現実のものとなっています。
そういったことが起こらないよう【脅威】に対する世界の動きなど、伺います。

| 2017年6月 7日 10:42

6月4日(日)くさい中にも愛あり

今週も、

城西国際大学 環境社会学部 教授、

川口健夫(かわぐち・たけお)先生の授業。

kawast-thumb-240x240-103061.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は、臭いにおいをめぐるお話あれこれ、という回でした。


授業中、正蔵師匠から私に、

「人の口臭が気になった場合、
 
 言葉のプロとして、どう伝える?」と質問があり、

私なりに精一杯答えたくだりがありました。

私が挙げたのは、例えば...

「私、昨日、焼き肉食べまして、くさいかもしれません」

ですとか、

「歯医者さん、行かないといけませんね」など、

キーワードを入れ込むことによって、

「自分のにおいは大丈夫かしら」、と気づいていただければという案。

直接の物言いでは、傷つけ合ってしまいがちな話題ですが、

家族や親しい間柄で、お互いを思いやる心があれば、

はっきり伝えた方がよい場合もありそうです。

回りくどい言い方を選ばないのは、

本人の健康や社会的立場を優先すればこそ。

そう思える人同士なら、

必要以上に傷つくリスクを抑えられる気がします。


授業の後半では、

落語の「酢豆腐」に始まり、

くさや、納豆、キムチ、チーズなど、

くさい食べ物のお話も。

独特のくささは、

発酵することでできる酪酸のにおいで、

酪酸は、

腸内細菌が生成し腸に常在する酪酸菌から発生するものなのだそうです。

くさいけど美味しい、

くさいほど大好き、という、この不思議な感覚は、

自分の中にもともとあるモノで、

欠乏すると欲するようにできているから。

くさいことには変わりありませんが、

知らなかったことがわかると、視界が広がり、

くさい中にも愛おしさが増して、

なにげない日常生活さえも、ステップアップするものです。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Karma Chameleon ( カーマはきまぐれ ) / Culture Club


番組日記 | 2017年6月 4日 08:00

5月28日(日)生き、そして、生かされ

今週は、

城西国際大学 環境社会学部 教授、

川口健夫(かわぐち・たけお)先生の授業でした。

 kawa02-thumb-240x240-103063.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のお話の入り口は、フェロモン。

多くの哺乳類は、嗅覚によって異性を識別し、

オスは、相手が妊娠可能かどうか、判断する一方、

人は、およそ10万年前を境に嗅覚が衰え、

服装や体形など見かけで、性別を識別するようになったのだそうです。


先生がご紹介くださった研究の中で特に感慨深かったのが、

オランウータンの事例。

つがいのオランウータンを飼育する とある動物園で、

オランウータンに繁殖行動のビデオを見せたものの、

相手の匂いに興味を持つことも、まして繁殖行動に移ることも、

なかったのだとか。

飼育されている個体だからなのか、

視覚を使って学習することが困難だからなのか...、

理由は定かではありませんが、

オランウータンの中には、

本能だけで生きているのではない個体も存在することが、垣間見られる事例です。


人として生きていると、

理性でコントロールできるところと、

好き嫌いが無条件に分かれてしまうところ、

我が心と身体にも、両方が共存していることを実感しますが、

空気のにおいから季節の移ろいを感じたり、

空腹時に欲する食べ物を摂取したり、

生きていると自覚するだけでなく、

生かされていることも思い出しながら、

日々を過ごしていたいと思う授業でした。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   I Wish / Stevie Wonder


番組日記 | 2017年5月28日 08:00

5月21日(日)待合室の、あの表示

今週も、

城西国際大学 看護学部 助教、

高田良子(たかだ・りょうこ)先生の授業。

takadast-thumb-240x240-103050.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


医療機関を受診する時、

受け付けや待合スペースでよく見かける、

「症状や診療内容によって、

 順番がかわる場合があります」という表示。

初診・再診を問わず、

看護師さん方は、待合スペースにいる患者さんの様子を見て、

発熱や脱水症状、呼吸器疾患の有無を察知し、

適宜、

診察の順番を繰り上げるかどうか

判断しているのだそうです。

自分としては、痛かったり、苦しかったりして、

症状が重いと自覚していても、

緊急度が自分よりも高い人がいるということですから、

そうした医療機関の対応を知っておくと、

診察を受ける側の私たちも

安心材料が増える気がします。


今日の授業で触れた、

#8000の小児救急電話相談や予防接種を含め、

家族の年代や状況に合わせた対応の仕方を、

日頃から確認しておくことが大切。


いつもと違うことが起きると、

慌ててしまいがちですが、

何かあっても大丈夫、と安心して暮らせるように、

信じて頼れる社会を作っていきたいですし、

困った時、

信頼に応えてくれる社会システムであってほしいと

切に願います。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   CACHITO / Nat King Cole


番組日記 | 2017年5月21日 08:00

5月14日(日)母のような・・・

今週は、

城西国際大学 看護学部 助教、

高田良子(たかだ・りょうこ)先生の授業でした。

takada02-thumb-240x240-103048.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先生のご専門である

外来看護を始めとする小児看護学について、

豊富なご経験をもとにお話しいただきました。


初診の場合、

既往症を含む これまでのこと、背景、家族構成、家庭環境などを

看護師さんが中心となって聞き出し、

帰宅してから看護できるようサポート。

複数回通院し、かかりつけ医になることで、

緊急事態への対応や電話での問い合わせも可能となり、

次第に身近な、親しい間柄になっていくことが多いそうです。


特に配慮していらっしゃるのが、

患者さんやご家族が、重い病について告げられる場面。

規模の大きい病院の場合、

重篤な病名と治療・処置について説明を受ける機会があり、

看護師さんは、患者さんやご家族が、

どのくらい動揺しているか、しっかり受け止め、理解できているか、

診察室や待合スペースなどで必ず立ち会い、寄り添うよう、

心がけていらっしゃるとのこと。

小児科の場合、さらに、

親御さんが先に告げられる場合が多く、

患者本人であるお子さんに、

どう説明し、

治療や処置に臨んでいくのか、

様子を見ながら相談に応じるよう

努めていらっしゃるのだそうです。


近年では、

女性も男性も従事していらっしゃる看護師さんというお仕事。

「看る」という言葉には、

気を配る、世話をする、

という意味が込められていることを再認識しながら、

性差を超越して' 母のような心 'を胸に接してくださっている看護師さん方に、

感謝の気持ちを新たにしています。

                    石川真紀


番組日記 | 2017年5月14日 08:00

5/28・6/4(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 環境社会学部 

教授  川口健夫(かわぐち・たけお)先生


kawa03.jpg

先生には、これまで"香り"についてお話を伺ってきました。
今回も香り・・・言い換えて"臭い"について聞いていきます。
動物の持つ習性、人にとって本当に危険な臭いなど、身近なところにあるもので分かりやすく解説していただきます。

| 2017年5月11日 14:38

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.