林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

8月21日(日)'好景気'今昔

今週は、

城西大学 経営学部 准教授、

柳下正和(やなぎした・まさかず)先生の授業でした。

yanagi02-thumb-240x240-86739.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


財政学がご専門の先生に、

今回は、「 税と選挙の関係 」を主なテーマに、お話しいただきました。

 

前回、柳下先生にご登場いただいたのが、おととし2014年4月。

ちょうど、消費税が8%へ増税された頃でした。

あれから年月が流れ、

安部総理大臣が、消費税10%への引き上げについて、再び延期を決め、

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるという、

大きな変化を経ています。


こうした現実を踏まえ、若い世代も、

税金の使い途を決める政治家を見極めることの大切さを知ること、

そして、

若年層が老年世代を支えている社会保障制度の仕組みを理解し、

自分たちがどのように社会と関わっているのか、

主体的に考えなくてはならないと、先生は指摘します。


消費増税が再々延期され、

社会保障の財源をどう確保するのか、国民への影響が懸念されている今、

昨今の社会情勢から、

税収が増えることが見込まれる他の要素についても、

話題が及びました。

例えば、訪日観光客が増えたことに伴う効果。

一時は、中国人観光客による爆買いが社会現象にまでなりましたが、

実際には、免税店での購買活動であり、

中には外国製品を購入する動きが目立つことから、

利益の増加に結びついている産業、業態は、

ごく一部に止まっているという見方も。

また、主な日本企業の場合、

有史以来、輸出によって利益を得る構造の為、

不景気、低成長と言われて久しい中にあっても、

日本経済は世界的に見ても、依然として良い状態を保っているのだそう。


かつて、

高度経済成長やバブル景気と持て囃された時代を経験した日本にとって、

振り幅の大きな動きは、もうたくさんという思いが一般的。

安定的、持続可能な成長を続ける先に、

私たちが景気の良さ・暮らしやすさを実感できる世の中が実現されたらと、

願っています。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Only The Lonely / Roy Orbison


番組日記 | 2016年8月21日 08:00

8/21・28(日)ゲストの先生は・・・

城西大学 経営学部

准教授  柳下 正和(やなぎした・まさかず)先生

yanagi03.jpg

財政学がご専門の先生に今回お伺いすることは・・・。

今回もやはり  "税金のあれこれ"

 

●納税した税金のその後の動きを、皆さんはどこまでご存知でしょうか?

●違法ではないけど・・・"タックスヘイブン"による租税回避が私たちの生活に与える影響は何なのでしょうか??

 

先生にしっかりと伺っていきます!!


| 2016年8月16日 17:26

8月14日(日)未知を知る

今週も、

城西大学 理学部 教授、

藤田昌大(ふじた・まさひろ)先生の授業。

 fujita%20st002-thumb-240x240-86139.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、スポーツと流体力学について、入門のお話を伺いました。

取り上げられたのは、ゴルフや野球といった球技。

プレイヤーの力が加わった時、

ボールが空気を切り裂くように進む様を計算式に表すのが、流体力学とのこと。

スポーツも理論とデータに基づいて発展を目指す時代です。

そして、私たちの暮らしにとって身近なのが、

これまでの授業でもたびたび触れた気象について。

例えば日本の気象・関東地方の気象を予報するには、

地球全体の気象をシミュレーションする必要があり、

広域予報とともに、

狭域・ピンポイントの予報も、精度を上げることが期待されています。


今回の先生のお話の中で、特に胸に刻まれているのが、

' 未知を知るのに数学が役立つ ' というエッセンス。

私たちの日々の営みは、概ね時間軸に沿って進むものですが、

時空を超えて縦横無尽に考察を深めるのが科学・化学の分野であり、

時には時間軸を逆行したり加速度的に答えを導き出そうと挑むのが

数学の分野と言えるのかも知れません。


今この時代にあって信じるべきは、学び、向上することの尊さ。

多様な考察という、

必ずしも目に見えるものばかりではない

張り巡らされた網目の中で暮らすことの奥深さこそ、

人類に与えられた前に進む為の英知の結集なのだと ― 。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Nothing From Nothing / Billy Preston


番組日記 | 2016年8月14日 08:00

8月7日(日)人知を超える人知

今週は、

城西大学 理学部 教授、

藤田昌大(ふじた・まさひろ)先生の授業でした。

fujita002-thumb-240x240-86140.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年4月の授業に続き、

先生のご専門である流体力学について、入門のお話を伺いました。

今回のテーマは、「 流れのシミュレーション 」。

水や空気の流れを知る際、

実験できる範囲のものは実験しますが、

量やエリアが大規模だったり、速度が速い場合には、

コンピュータでシミュレーションをするのだそう。

ここで使用する数式は、先達がとおの昔に作ってあったものの、

当時は解くことができず、

スーパーコンピュータの出現により、解けるようになったというのが経緯。

先達が作った数式は、

どんなに優れた数学者であっても、

手では解けないことが、当初から証明されていたそうで、

スパコンが導く近似値をもって解とする。―

気象など、現象そのものが面白いのも然ることながら、

数学をご専門とする先生方にとっては、どうやってその数式を解くかの方が、

より面白い。―

数学はそういう世界だということが、実に興味深いお話でした。


そして、先生方が追究していらっしゃる数式が、

まだまだ不十分なのだというから、さらに驚き。

今はまだ、

ゲリラ豪雨といった局所的な天気の急変を予測することは難しい状況ですが、

スパコンの性能が向上し、

現行の20km四方から、

より狭いエリアを天気予報の初期値として与えることができるようになれば、

ピンポイント予報の精度も上がることが期待されるのだそうです。


自然という人知を超えた対象について、人知を結集して紐解く努力の果てしないこと。

ゴールだと信じていた、その先に、道は続いているものです。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   A World Without Love ( 愛なき世界 ) / Peter&Gordon


番組日記 | 2016年8月 7日 08:00

8/7・14(日)ゲストの先生は・・・

城西大学 理学部

教授  藤田 昌大(ふじた・まさひろ)先生

 fujita03.jpg

先生のご専門は、流体力学。

私たちの身近には、気体の流れ・液体の流れといった"流れ"が数多く存在します。

その流れの研究が、私たち生活にとても大きな影響を与えていることを皆さんはご存知でしょうか?

例えば、これまでの観測データを基に予測されていた天気予報が、"ある物"の精度が上がっていることで、より予想確率が上がったり・・・・。

"ある物"を使って流れのシュミレーションをすることにより、未来の予測が立てやすくなったようです。

 

さて、それは一体・・・。

 

どうぞ、お楽しみに。

 


| 2016年8月 1日 08:00

7月31日(日)身体と歯の相乗効果

今週も、

城西国際大学 福祉総合学部 教授、

諸角一記(もろずみ・かずのり)先生の授業。

 moro%20st-thumb-240x240-84826.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

諸角先生が現在、主に研究に当たっていらっしゃる

「 身体機能と義歯の関係 」について、

入門のお話を聞かせてくださいました。


食べ物を咀嚼するのはもちろん、

踏ん張ったり、早い動き、強い力を出すのにも重要な役割を担うのが、歯。

これは、自分の歯と同じように、義歯に関しても共通することが、

先生のご研究を通じて判かってきているそうで、

噛む力が低下すると、

全体的に強い力が出せなくなる傾向があるのだそうです。


このことを体感できるのが、スタジオで展開されたユニークなテスト。

①着座して足を上げるのと、②立位でジャンプするのとでは、

どちらが、より歯に負荷がかかるか、というもの。

正解は、②。

先生の解説と、身体感覚から、

①では、比較的、腹筋や大腿部に負荷がかかるのに対し、

②は、ジャンプする前の予備運動から着地するまで、

食いしばっていることが実感でき、

その分、歯に負荷がかかっていることが分かります。


また、歯は、姿勢の面でも重要。

直立している人物を、横から見た場合、

自分の歯にしても義歯にしても、歯が整っている場合は、頭位が正常ですが、

歯が整っていない、あるいは、義歯を入れていない場合は、

頭位が下がり、姿勢が悪くなるとのこと。


私たちの身体を構成する全身の部位の中で、

どれも、一般的には必要でないものなどありませんが、

殊、歯に関しては、

消化機能の為にも、全身の運動機能やバランスを保つ為にも必要だということ。

今回の授業を受けて、

身体の健康と歯の健康の密接な繋がり、相乗効果を意識することができ、

これからの毎日が、より一層、バージョンアップしたものになりそうです。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Reminiscing ( 追憶の甘い日々 ) / Little River Band


番組日記 | 2016年7月31日 08:00

7月24日(日)日常を支える動作たち

今週は、

城西国際大学 福祉総合学部 教授、

諸角一記(もろずみ・かずのり)先生の授業でした。

moro02-thumb-240x240-84829.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法のスペシャリストでいらっしゃる先生に、

まずは、

「 理学療法と生活 」 をテーマに、教えていただきました。

理学療法は、リハビリテーションの中の1つの部門で、

病気・怪我・高齢により、痛みが出たり、運動機能が低下して、

障害となった場合、

症状を緩和して機能回復をはかり、

最終的には、QOL ( =生活の質 ) を高めようというもの。 


リハビリテーションと一言で言っても、

医師をチームリーダーに、

看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など、

多くのスタッフが関わり、

それぞれが役割を担っているのだそうです。

医療の現場が目指すものを端的に表現すると、

「 キュア( 治療 )からケア( 看護・介護・生活の援助・補助 )まで 」。

病院を退院して、日常生活を取り戻し、

その人らしい生活を送れるようになるまでの、それぞれの段階で、

適切な助言や指導、ケアをしてくださるのがリハビリテーションということになります。


リハビリテーションの過程で役割分担される、

理学療法士と作業療法士。

寝ている状態から、起き上がり、立って歩く、といった

基本動作を担当するのが理学療法士さん、

洗顔や着替えなど、身辺動作を担当するのが作業療法士さんと、

双方が協力して、状況の改善に努めていらっしゃるとのこと。

専門的には、基本動作と身辺動作に分かれる動作を、

私たちは日頃、無意識に行っていますが、

いつもと違う状況に身を置かれた時、

人の身体が、いかに緻密な動きの連携で成り立っているか、

実感するもの。


怪我をする場所として最も多いのが自宅とされる現実を考えますと、

日頃の何気ない動作も、当たり前とせず、

周りに気をつけながら、落ち着いて行動することの大切さを再認識する授業でした。

                   石川真紀


番組日記 | 2016年7月24日 08:00

7/24・31(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 福祉総合学部

教授  諸角 一記 (もろずみ・かずのり)先生

 

moro03.jpg

先生のご専門は、理学療法。

 

病気、けが、高齢などによる運動機能の低下で起こる "障害" 状態にある人に対し、

機能回復、日常生活の改善を図り、最終的にQOLの向上を目指すものが理学療法です。

 

今回は、"理学療法と生活"をテーマに

"機能の能力の低下"による障害の例や、改善に向けて行う動作についてお話を伺っていきます。

 


| 2016年7月20日 12:55

7月17日(日)馴染みの暮らし

今週も、

城西国際大学 看護学部 准教授、

高柳千賀子(たかやなぎ・ちかこ)先生の授業。

 takayanagi-thumb-240x240-84131.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、前回のお話に続き、

老年看護における ' その人らしい生活 ' について、

さらに考察を深める回となりました。


老年看護は原則として、

◆安心、快適に過ごしているか、笑顔の表情・頻度などをみること、

◆尊厳 ( その人らしさ )

◆持っている力を保ち、呼び起こす ( 自立支援 )

◆安全で健康な暮らし

◆馴染みの暮らしの継続

・・・これらを尊重されているとのことです。


こうした考え方が必要になるのは、

その人がそれまでは出来ていたことが出来なくなった時。

体力や判断能力が下降気味に変化することによって、

以前は当然だったことがそうでなくなる、というのは、

多かれ少なかれ、誰にも起こりうること。

大切なのは、何か変化が起きた場合でも、

家族や周囲の人が、本人の気持ちに寄り添うことなのだそうです。


そして、昨今、注意喚起が広まっているのが、

老人性肺炎、いわゆる、誤嚥性肺炎。

広告などでも、予防の為のワクチン接種が呼びかけられていますが、

罹ってしまった場合、

早期発見が難しいことも、知っておきたいところ。

高熱や咳といった、わかりやすい症状が出ない場合もあり、

倦怠感、食欲不振、嚥下障害といった症状が出た人が、

肺炎と診断されるケースも少なくないようです。

家族や身近な人が、こうした変化や症状に気づき、

診察させてあげるようにすることが大切とのことです。


年齢や健康状態を問わず、

私たちの体には、いつ、どんな異変が起きるかわからないもの。

自分が、どんな生活スタイルで暮らしているのか、

周りと情報共有することは、

究極的には恥ずかしいことかも知れませんが、

いざという時のことを想像すると、自分の為にも、周囲の為にも、

ある程度、知っておいてもらった方が、スムースな気がします。

身内の繋がりも然ることながら、

社会との繋がりも大切な理由を再認識する授業でした。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   How Deep Is Your Love ( 愛はきらめきの中に) / Take That


番組日記 | 2016年7月17日 08:00

7月10日(日)活かされる命

今週は、

城西国際大学 看護学部 准教授、

高柳千賀子(たかやなぎ・ちかこ)先生の授業でした。

 takayanagi02-thumb-240x240-84133.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、先生のご専門である老年看護について、

考え方や大事にされていることなどを教えていただきました


人の生活行動は、主に、

活動、休息、食事、排泄、身支度、コミュニケーションの6つで成り立ち、

このうち、

意思を尊重して、その人らしい生活を送ってもらう為に重視されるのが、

活動なのだそうです。

活動は、コミュニケーションとも関連し、

文化的な活動が健康寿命に与える効果の高さが注目されているとのこと。

高柳先生が仰っていましたように、

老年看護の現場において、

誰かと話したいから活動するという方が多い、ということや、

言葉で伝わることが多い、という現実を目の当たりにしますと、

人は、心を豊かに持つことと、周囲との繋がりを意識することで、

生かされ、また、活かされてもいるのだと、思い知らされます。


そして、

コミュニケーションを積み重ねる上で大きなヒントとなるのが、

我慢して、思っていることを言えないでいる人の方が心配、というお話。

例えば、お嫁さんへの不満など、率直に口にする人は、

お嫁さんご本人の受け止め方をケアする必要はあるものの、

本人の気持ちとしては、比較的、良い方なのだそう。

結果的に、自分の思いどおりにならなかったとしても、

本人がどう思っているのか、どうしたいのか、周囲が聞き取り、

共有することが大切とのこと。

このことは、年齢に関係なく、

家庭や職場、友人とのお付き合いにも共通し、

関わる複数の人たちの幸福感を生み出すような気がしています。

                   石川真紀


番組日記 | 2016年7月10日 08:00

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.