林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

7月24日(日)日常を支える動作たち

今週は、

城西国際大学 福祉総合学部 教授、

諸角一記(もろずみ・かずのり)先生の授業でした。

moro02-thumb-240x240-84829.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法のスペシャリストでいらっしゃる先生に、

まずは、

「 理学療法と生活 」 をテーマに、教えていただきました。

理学療法は、リハビリテーションの中の1つの部門で、

病気・怪我・高齢により、痛みが出たり、運動機能が低下して、

障害となった場合、

症状を緩和して機能回復をはかり、

最終的には、QOL ( =生活の質 ) を高めようというもの。 


リハビリテーションと一言で言っても、

医師をチームリーダーに、

看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など、

多くのスタッフが関わり、

それぞれが役割を担っているのだそうです。

医療の現場が目指すものを端的に表現すると、

「 キュア( 治療 )からケア( 看護・介護・生活の援助・補助 )まで 」。

病院を退院して、日常生活を取り戻し、

その人らしい生活を送れるようになるまでの、それぞれの段階で、

適切な助言や指導、ケアをしてくださるのがリハビリテーションということになります。


リハビリテーションの過程で役割分担される、

理学療法士と作業療法士。

寝ている状態から、起き上がり、立って歩く、といった

基本動作を担当するのが理学療法士さん、

洗顔や着替えなど、身辺動作を担当するのが作業療法士さんと、

双方が協力して、状況の改善に努めていらっしゃるとのこと。

専門的には、基本動作と身辺動作に分かれる動作を、

私たちは日頃、無意識に行っていますが、

いつもと違う状況に身を置かれた時、

人の身体が、いかに緻密な動きの連携で成り立っているか、

実感するもの。


怪我をする場所として最も多いのが自宅とされる現実を考えますと、

日頃の何気ない動作も、当たり前とせず、

周りに気をつけながら、落ち着いて行動することの大切さを再認識する授業でした。

                   石川真紀


番組日記 | 2016年7月24日 08:00

7/24・31(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 福祉総合学部

教授  諸角 一記 (もろずみ・かずのり)先生

 

moro03.jpg

先生のご専門は、理学療法。

 

病気、けが、高齢などによる運動機能の低下で起こる "障害" 状態にある人に対し、

機能回復、日常生活の改善を図り、最終的にQOLの向上を目指すものが理学療法です。

 

今回は、"理学療法と生活"をテーマに

"機能の能力の低下"による障害の例や、改善に向けて行う動作についてお話を伺っていきます。

 


| 2016年7月20日 12:55

7月17日(日)馴染みの暮らし

今週も、

城西国際大学 看護学部 准教授、

高柳千賀子(たかやなぎ・ちかこ)先生の授業。

 takayanagi-thumb-240x240-84131.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、前回のお話に続き、

老年看護における ' その人らしい生活 ' について、

さらに考察を深める回となりました。


老年看護は原則として、

◆安心、快適に過ごしているか、笑顔の表情・頻度などをみること、

◆尊厳 ( その人らしさ )

◆持っている力を保ち、呼び起こす ( 自立支援 )

◆安全で健康な暮らし

◆馴染みの暮らしの継続

・・・これらを尊重されているとのことです。


こうした考え方が必要になるのは、

その人がそれまでは出来ていたことが出来なくなった時。

体力や判断能力が下降気味に変化することによって、

以前は当然だったことがそうでなくなる、というのは、

多かれ少なかれ、誰にも起こりうること。

大切なのは、何か変化が起きた場合でも、

家族や周囲の人が、本人の気持ちに寄り添うことなのだそうです。


そして、昨今、注意喚起が広まっているのが、

老人性肺炎、いわゆる、誤嚥性肺炎。

広告などでも、予防の為のワクチン接種が呼びかけられていますが、

罹ってしまった場合、

早期発見が難しいことも、知っておきたいところ。

高熱や咳といった、わかりやすい症状が出ない場合もあり、

倦怠感、食欲不振、嚥下障害といった症状が出た人が、

肺炎と診断されるケースも少なくないようです。

家族や身近な人が、こうした変化や症状に気づき、

診察させてあげるようにすることが大切とのことです。


年齢や健康状態を問わず、

私たちの体には、いつ、どんな異変が起きるかわからないもの。

自分が、どんな生活スタイルで暮らしているのか、

周りと情報共有することは、

究極的には恥ずかしいことかも知れませんが、

いざという時のことを想像すると、自分の為にも、周囲の為にも、

ある程度、知っておいてもらった方が、スムースな気がします。

身内の繋がりも然ることながら、

社会との繋がりも大切な理由を再認識する授業でした。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   How Deep Is Your Love ( 愛はきらめきの中に) / Take That


番組日記 | 2016年7月17日 08:00

7月10日(日)活かされる命

今週は、

城西国際大学 看護学部 准教授、

高柳千賀子(たかやなぎ・ちかこ)先生の授業でした。

 takayanagi02-thumb-240x240-84133.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、先生のご専門である老年看護について、

考え方や大事にされていることなどを教えていただきました


人の生活行動は、主に、

活動、休息、食事、排泄、身支度、コミュニケーションの6つで成り立ち、

このうち、

意思を尊重して、その人らしい生活を送ってもらう為に重視されるのが、

活動なのだそうです。

活動は、コミュニケーションとも関連し、

文化的な活動が健康寿命に与える効果の高さが注目されているとのこと。

高柳先生が仰っていましたように、

老年看護の現場において、

誰かと話したいから活動するという方が多い、ということや、

言葉で伝わることが多い、という現実を目の当たりにしますと、

人は、心を豊かに持つことと、周囲との繋がりを意識することで、

生かされ、また、活かされてもいるのだと、思い知らされます。


そして、

コミュニケーションを積み重ねる上で大きなヒントとなるのが、

我慢して、思っていることを言えないでいる人の方が心配、というお話。

例えば、お嫁さんへの不満など、率直に口にする人は、

お嫁さんご本人の受け止め方をケアする必要はあるものの、

本人の気持ちとしては、比較的、良い方なのだそう。

結果的に、自分の思いどおりにならなかったとしても、

本人がどう思っているのか、どうしたいのか、周囲が聞き取り、

共有することが大切とのこと。

このことは、年齢に関係なく、

家庭や職場、友人とのお付き合いにも共通し、

関わる複数の人たちの幸福感を生み出すような気がしています。

                   石川真紀


番組日記 | 2016年7月10日 08:00

7/10・17(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 看護学部

准教授 高柳 千賀子(たかやなぎ・ちかこ)先生

takayanagi03.jpg

先生のご専門は、老年看護学。

これからの高齢者社会に向けて、今回は"老年期における看護"についてお話を伺っていきます。

高齢者がその人らしく健やかに過ごせるよう、制度の活用や家族の対応など一緒に考えていきましょう。

 

高齢者にとっての"良い環境"、あなたはなんだと思いますか?

 


| 2016年7月 4日 13:15

7月3日(日)世界が注目する桂木柚子

今週も、

城西大学 薬学部 教授、

真野 博(まの・ひろし)先生の授業。

 mano%20001-thumb-240x240-82172.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

柚子が再注目されている理由、最新のメニュー、今後の活動目標などについて、

伺いました。


先生方がコラボレーションされている埼玉県の毛呂山町、越生町、ときがわ町は、

もともと、日本最古の柚子の特産地として知られ、

主に東京の市場に向けて、桂木柚子として卸してきた歴史があります。

近年、同じく柚子の産地として広く知られる高知県馬路村には、

かつて、毛呂山町から柚子生産のノウハウが伝授されたそう。


その桂木柚子が一大ブランドとして再び注目されるようになったのは、

TPP=環太平洋経済連携協定に関する協議がきっかけだったのだとか。

フランスなど各国・地域の飲食業界が、

食材としての利用価値の高さに注目するようになったのだそうです。


こうした流れの中、

真野先生たちの研究チームでは、おととし2014年頃から柚子に注目し、

種や皮ごとペーストにした「タネまで柚子らん」を製品化。

一般的に使いやすくする為、お菓子やドレッシングに加工しています。

今回、スタジオにお持ちいただいたのは、

「タネまで柚子ゼリー」。

城西大学 薬学部 医療栄養学科 管理栄養士養成過程の皆さんが試行錯誤して、

タネまで柚子らんを2%使用した、

やさしい味わいのゼリーに仕上がっています。

mano%20004-thumb-240x240-82170.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私も、以前、真野先生にご登場いただいた際、

「タネまで柚子らん」のペーストをお分けいただき、

自己流で料理に活用してみました。

お肉やお魚の煮込み料理が柔らかく、爽やかな味に仕上がりますし、

スムージーに入れてもよし。

ほろ苦い、甘苦い、柚子独特の風味が、大人向けな上、

しかも、健康と美容にも効果が期待できるとなれば、

これからの展開が益々、楽しみな逸品であります。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Baby I Love Your Way / Big Mountain


番組日記 | 2016年7月 3日 08:00

6月26日(日)発想の種

今週は、

城西大学 薬学部 教授、

真野 博(まの・ひろし)先生の授業でした。

 mano02-thumb-240x240-82168.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品機能学がご専門の真野先生に、

今回は、骨と柚子の関係をテーマに、お話しいただきました。

柚子には、

柑橘系の果実の皮や種がたいてい持つ、ノミリンという成分が含まれていて、

そのノミリンが、

私たちの体の骨にとって重要な働きを持つと期待されているのだそうです。


ノミリンには、抗酸化、抗肥満、抗腫瘍、血圧低下など

多様な作用が期待できることがわかっていて、

先生たちは、現在、

骨への作用についても、研究を進めている段階とのことです。


私たちの骨には、もともと、

骨を作る骨芽細胞と、骨を壊す破骨細胞とが共存し、

自分自身で新陳代謝を繰り返しています。

それが、病気や加齢によって、破骨細胞が増え過ぎると、

骨粗鬆症になる可能性が高まるのだそうです。


真野先生たちが研究されているのは、

増え過ぎてしまった破骨細胞を、ノミリンがやっつけてくれる作用。

さらに研究が進められ、その効果が検証されて、実用化されるようになれば、

お痛みや困難から解放される人が増えるかもしれません。


ノミリン以外の栄養成分、

例えば、

イソフラボン ( 大豆 )、ビタミンK ( 納豆 )、

ポリフェノール ( ワイン )なども、

骨粗鬆症の予防や健康の為に、積極的に摂りたいところです。


今回の授業では、

真野先生から、研究室の基本姿勢が垣間見られる場面も。

柚子にとっての皮や種のように、

以前は捨ててしまっていたものから研究対象を探すのが、

伝統的な姿勢なのだとか。

人々の役に立ち、大勢に喜ばれる研究は、

身近な発想の転換から生まれる-

先生たちは日々、それを体現していらっしゃいます。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Rainbow / Meja


番組日記 | 2016年6月26日 08:00

6/26・7/3(日)ゲストの先生は・・・

城西大学 薬学部

教授  真野 博(まの ひろし)先生

mano03.JPG

食品機能学がご専門の先生です。

前回、ゆずを丸ごと活用したペーストのご紹介をしていただきましたが、

そのゆずが、実は"骨の細胞"と大きな関係があることが判明!!

ということで、今回は、"ゆずと骨の関係"をテーマに掘り下げていきたいと思います。

 

 


| 2016年6月21日 15:18

6月19日(日)ガラパゴス&スタンダード

今週も、

城西大学 現代政策学部 教授、

佐藤純訟(さとう・じゅんしょう)先生の授業。

 sato001-thumb-240x240-82165.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、折々、話題に上る、株主優待のお話から始まりました。

株主さんたちにとっては、株主優待の内容次第で、

株式を取得・保有する動機になることも少なくありません。

株主優待は、会社法上、規定されているものではなく、

導入していない企業もあります。

つまり、企業にとって、株主優待は財務負担となる為、

イメージアップや資金調達、M&A ( 合併・買収 ) 対策などとして、

優待制度を設けているのだそうです。


他方、配当金は、持ち株数に応じて必ず配当されますが、

優待制度は、〇〇株以上保有している株主が対象と階段式の為、

株主さんたちにとっては、不平等性が問題視されています


そして、株式をめぐる動きで、日本でも大規模に報道されるのが、

M&Aに関するニュース。

株式会社である以上、企業の経営者は本来、株主が選択して決めるものですが、

買収した側が経営権を持つのは、

善なのか、悪なのか、当事者によって世論が分かれるところです。

違法性を問われると、実際、裁判所の判例も、マチマチですし、

買収した側が経営者として優秀な可能性もあるのが現実です。


M&Aという事態になった場合、

当事者である企業や株主さんたちにとっては、少なからず変化が生じ、

先行きが見通せない状況となりますが、

佐藤先生のお話で考えさせられたのが、

「世界的に見て、日本だけで固まっていては、業績が期待できない時代。

 少しずつでも慣れていかないと」という、避けられない趨勢。

日本は様々な分野において、孤立を意味するガラパゴス現象を指摘されます。

市場の変化に対応し、成長し続ける企業である為には、

自分たちが持つ特性を活かしながら、

グローバル・スタンダードも視野に入れることが不可欠となります。


時化た大海原に漂う小舟のような不安感は拭えませんが、

先生が仰っていましたように、

「儲けだけを優先するのではなく、

 従業員、ユーザー、周囲の方々が共存することで、

 企業は存在する」という言葉から、

これからも企業や経済活動の主体が人であることが実感でき、

人間らしい暮らしが社会の基盤であることの重大な意義を再認識しています。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   I Like Chopin / Gazebo


番組日記 | 2016年6月19日 08:00

6月12日(日)投資に値する本物を

今週は、

城西大学 現代政策学部 教授、

佐藤純訟(さとう・じゅんしょう)先生の授業でした。

 sato02-thumb-240x240-82163.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商法がご専門の佐藤先生に、

「高校生でもわかる株式のお話」をテーマに、授業していただきました。


2009年から紙の株券が廃止され、

ペーパーレス化、電子データ登録化がなされました。

その背景には、紙の株式に盗難・紛失のリスクがあり、

取り引きで受け渡しをする際、偽物が横行するなどのデメリットを

解消する目的が。

電子化されて以降は、保有する株式に関して、

各株主のもとへ、メールや郵送で随時、確認情報が送付され、

安全性が確保されたという経緯があるのだそうです。

また、かつての紙時代には、額面株式と無額面株式が存在した株券が、

現在は、無額面株式のみとなっています。


株主が持つ権利には、大きく分けて自益権と共益権があり、

個人投資家にとっての自益権は、

配当請求権、共益権は、株主総会での議決権が主なものとなります。

配当に関しては、

利益がないのに配当することを禁じる、

通称・ ' タコ配当 ' と呼ばれる法整備がなされ、

配当は剰余金を原資にするよう定められています。


投資とは、本来、

長期間を見据えて会社を育てることを最たる目的としてきたはずですが、

近年では、株価が下降すると経営に介入したり、売り抜けたりする、

中・短期で回収を目指す外資系投資ファンドの動向などが顕著になってきています。


株主さんにとっては、今日の内容は、

ごく初歩的な当たり前のお話だったことと思いますが、

投資経験のない私にとっては、新鮮なことばかり。

これから日本の企業や商品・サービスへの投資を検討される外資系のご関係者には、

どうか、対象の質を見極めて、本物を育てていただきたく、

また、自国の商品・サービスを世界に発信する立場の私たちは、

本物を大切にできる多角的な視点を培い続けていたいと、

強く願います。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
   Jessie's Girl / Rick Springfield


番組日記 | 2016年6月12日 08:00

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.