林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

10月15日(日)未来の為の国際交流

今週は、

城西国際大学 国際人文学部 特任教授、

東谷 仁(とうこく・ひとし)先生の授業でした。

 IMG_3265-thumb-240x240-107528.jpg


 

 

 

 

 

 

諸外国からの留学生を含め、

多くの学生さんたちを指導していらっしゃる東谷先生。

古代から現代にかけて

日本の歴史・人文学について幅広く教えていらっしゃる中で、

外国人留学生の関心が高いのが、

平安時代と江戸時代なのだそう。

アニメーションやゲームの影響で興味を持つようになったようで、

論文のテーマとしては、

古事記、万葉集、聖徳太子、源氏物語が人気だと仰います。


人気の理由は、いずれも、日本独特のものであること。

特に、古事記に代表される'八百万の神'という考え方が、

外国の方からすると面白いよう。

信仰、自然現象、家屋の至る所、食べ物...

あらゆるものに神が宿り、

それぞれに畏怖の念を抱いて暮らしてきた日本については、

なぜ、神を1つに絞らなかったのか、という

疑問をぶつけられるとのこと。

また、ロシアからの留学生は、

「源氏物語」には不倫が描かれているのに、

学校で教えるのはおかしい、との指摘も。

これに対して先生は、

不倫を含め、当時の人々の生活、風潮、習慣が盛り込まれているのと、

人生の無常、儚さといった、

学ぶところが多い作品であることを解説し、

学生さんたちを教え導いていらっしゃるとのことです。


このほか、韓国人留学生からは、

韓国式アカスリと日本の銭湯の違いとして、

韓国では、入浴は清潔の為、

日本では、精神的に疲れをとる為の入浴という分析が紹介されたり、

ハンガリー人留学生からは、

洗浄機付きトイレに驚いたという感想があったり、

複数の留学生からは、

日本人は、なぜ、お花見の時に茣蓙を敷いて飲食するの?

などなど...

先生のところには、

日本に関する様々な疑問が集結。

真の国際交流が、ここにあり、

平和な未来を担う心が育まれています。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Wild World / Mr. Big


番組日記 | 2017年10月15日 08:00

10/15・22(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 国際人文学部
特任教授 東谷 仁(とうこく・ひとし)先生
IMG_3267.JPG

ご専門は、日本中世史およびアジア近現代史です。

今回は、先生の授業を受ける留学生の視点から、日本の歴史や文化
自国との違いについてお話しいただきながら、改めて日本が歩んできた歴史を辿っていきます。


| 2017年10月12日 15:37

10月8日(日)刻むトーテムポール

今週も、

城西国際大学 メディア学部 准教授、

高桑真恵(たかくわ・まさえ)先生の授業。

 IMG_3251-thumb-240x240-106469.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、人体クロッキーの資料として、

ある学生さんが、練習し始めたばかりの初期の頃の作品と、

3時間×10コマの授業を重ねた後期の作品をお持ちいただき、

見比べることから授業が始まりました。

初期には、単純線で平面的な描き方でしたが、

後期の作品では、メリハリのある引き締まった人体が表現されています。

では、なぜ、この学生さんは、上達したのでしょうか?


クロッキーの3つの要素として、

骨格、筋肉、軸が挙げられると、

高桑先生は仰います。

人体に限らず、自然界にあるものは全て湾曲していると知ること。

             ↓

外観よりも、内部構造を先に理解する方が、上達が速いこと。

             ↓

骨格や筋肉に関する情報を得た上で、軸をイメージする、

つまり、見えないものを見ること。

...こうしたプロセスを経ることで、

クロッキーの腕を磨くことができたと考えられます。


正蔵師匠も仰っていましたように、

見えないものを見るという概念は、

人を観察する時に通じるものですし、

外見は内側によって形作られるものであることを、再認識します。


私が小学校高学年の時の担任の先生は美術がご専門で、

自由時間にクロッキーを体験したり、

放課後にトーテムポールを制作したことも。

物静かながら威厳のある先生は、細かいことを何も仰いませんでしたが、

もしかしたら、

見えないもの、触れられないものの大切さと、

同級生たちとの共通体験の尊さを、

教えようとしてくれていたのかも。

母校の校庭に飾ってあるトーテムポールを見上げるたびに、

今の私を形作っている様々な経験に、思いを馳せます。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Bad Day / Daniel Powter


番組日記 | 2017年10月 8日 08:00

10月1日(日)味わい

今週は、

城西国際大学 メディア学部 准教授、

高桑真恵(たかくわ・まさえ)先生の授業でした。

IMG_3254-thumb-240x240-106471.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入門のお話として、

美術の基礎にあたるクロッキー(即描画)について、

教えていただきました。

質感や陰影を表現する静止画とは異なり、

動きを伴うクロッキー。

静止画が、果物や骨、ガラス、鏡、金属などを題材とするのに対し、

クロッキーは、人物を繰り返し描くことで、

必要な画法を習得するのだそう。

先生曰く、

「才能があっても、最初から描ける人は少ない」とのことですから、

教育、学習がもたらす効果は計り知れません。


今回の佳境は、基礎を学んだ次の段階。

ヘタウマ、味、という表現があるように、

写実的に描くことだけが、絵画のすべてではありません。

うまくても、面白さ、魅力に欠ける場合がありますし、

立体的な表現を伴わず、平面的な描写だけで個性を発揮する画家も存在します。

綺麗に表現するよりも、発信する人の思い、世界観が大切と、

私たちアナウンサーも言われることがあり、

こうした味わいこそが、

AIやロボットに代わることができない部分と信じたい気持ちです。


絵心のない私が、的確にお伝えできたか定かではありませんが...

あらゆる舞台で活躍する1人1人に共通する考え方を、

クロッキーから感じる授業となりました。

                    石川真紀


番組日記 | 2017年10月 1日 08:00

10/1・8(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 メディア学部
准教授 高桑 真恵(たかくわ・まさえ)先生
IMG_3256.JPG
先生は、美術の分野から、"人体クロッキー画"の学習を通じて、人物描写・人体の様々な表現方法を教えていらしゃいます。
単に『描く』でも、人体の「見えない動き」を観察することで、躍動感のある絵になるそうです。

どんなことに注意していけば良いのでしょうか?

この機会に伺ってみましょう!

| 2017年9月27日 20:05

9月24日(日)bestの先に

今週も、

城西国際大学 メディア学部 准教授、

プルチョウ次郎(ぷるちょう・じろう)先生の授業。

 IMG_2999-thumb-240x240-106464.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

学生さんたちの中には、

音楽の仕事にプロフェッショナルとして携わることを目指す方々も

いらっしゃるとのこと。

そうした学生さんたちに、

プルチョウ先生は始めの段階で問います。

「どこまでが夢ですか?」

自分にとって、音楽が趣味なのか仕事なのか、省みること。

そして、

プロフェッショナルであろうとアマチュアであろうと、

自分のbestを究めてみること。

先生の問いには、

こうした真意が込められているのだそうです。


クラシック、ジャズ、ラテン音楽といたアナログの時代から、

ポップス、DTM(デスクトップミュージック)が主流の現代にかけて、

音楽の世界に身を置くプルチョウ先生自身、

15年ほど前から、スタジオ演奏の仕事が減ってきたと仰います。

音楽を構成する様々な要素がデスクトップ=ディジタルに取って代わられ、

近年では、先生のご専門であるベースに加え、

やがては、ドラムが生演奏される機会も減っていく流れなのだそう。


アナログの時代を知っている人たちが健在するうちは、まだ、

音楽の芸術性を見極める、聞き分けることが可能ですが、

いずれ、ディジタル時代に誕生した世代だけになると、

どうなっていくのかは未知数。

そうした時代に備えて、

今は、演奏と作曲を分けて勉強するよう、指導されているとのことです。


積み重ねた努力は消えることがなく、

歩んだ足跡は刻まれる。

bestを究めた先にある未来は、

きっと確かな手ごたえを感じさせてくれるはずです。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  La Vie en Rose ( バラ色の人生 ) / Louis Armstrong


番組日記 | 2017年9月24日 08:00

9月17日(日)てのひらのクレヨン

今週は、

城西国際大学 メディア学部 准教授、

プルチョウ次郎(ぷるちょう・じろう)先生の授業でした。

IMG_3003-thumb-240x240-106466.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


少年時代にベースの演奏を始めたことで音楽の道を進み、

現在は、

クラシック、ジャズ、ラテン音楽、ポップス、DTM(デスクトップミュージック)など、

幅広いジャンルを手掛けながら、

学生さんたちの指導に当たっていらっしゃるプルチョウ先生。

近年、

耳で味わう音楽が減ってきているという憂うべき現実から、

お話が始まりました。


かつては、

音の世界から聴衆がイメージをふくらませ、

思い思いに想像することこそが醍醐味でしたが、

1980年代頃から、ルックス中心のオーディションが始まり、

やがて、ミュージックビデオが出現したことで、

作り手が一方的に限定するイメージが、

聴衆・観衆に向けて発信されるようになりました。

今とは違って、

往年のビッグネームの中には、

話し方や立ち居振る舞い、容姿の如何に関わることなく、

紡ぎ出す音の世界だけで、純粋に評価された人が少なくないと言います。


後半では、

はからずも、私が携わるニュース番組についても話題が展開。

音楽とニュースが、いずれも、人が発し、人が受け取るものであり、

ゆえに、

人間らしい感情が出るものであるという共通点が浮き彫りになりました。

何度も練習し、同じようにミスなく演奏することよりも、

間違えてもいいから、自分の感情を表現することの大切さを、

プルチョウ先生は説いておられます。


楽器が、子どもに渡すクレヨンのように、身近で自由なものであってほしい-

枠に抑え込まれることなく、伸び伸びと表現することが、

生を受けた意味なのだと、

思い出させてくれる授業でした。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  You Send Me / Sam Cooke


番組日記 | 2017年9月17日 08:00

9/17・24(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学 メディア学部
准教授 プルチョウ 次郎(プルチョウ・じろう)先生
IMG_3005.JPG
元々音楽家でもあったプルチョウ次郎先生。
今は、「音楽に携わる仕事」を目指す次世代の育成に取り組んでいます。

音楽を取り巻く環境も、コンピューターシステムの発達により、ここ20年で大きく変化しているとのこと。
生の音楽を聴く機会もだいぶ減ってきたのではないでしょか?

そんな環境の変化や現在の様子も併せて、「音楽」のあり方についてお話しを伺います。

| 2017年9月14日 09:29

9月10日(日)受け継がれる理由

今週も、

城西国際大学 メディア学部 助教、

滝口幸子(たきぐち・さちこ)先生の授業。

 IMG_2980-thumb-240x240-106456.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住生活を続けながら、

言葉や音楽を、それぞれの土地に合わせてアレンジ、発展させてきた、

ロマ民族。

ロマネス語を話す人々は世界中にいるものの、

現地の言葉とミックスし、

軌跡ごと全く異なる言語へと派生させてきた歴史があるそう。

それでも、

目、花、水といった基本的な言葉は変わらず、

各地のロマの方々に共通して話されていたり、

音楽性の根底に流れているのが、

源流とも言えるインド北西部に暮らした当時から得意としていた

超絶技巧とリズム、音色の奏で方であることを知ると、

時を重ね、幾人もの人の手を経てもなお永久不変の心髄が、

民族を形成する1人1人の心の中に、

確実に存在する奇跡を実感します。


無条件に魅せられたフラメンコに、

趣味として向き合うようになって15年以上の歳月を重ねる中、

岩を穿つように蓄積される何某か。

ロマの方々が、20世紀初頭まで文字を持たなかったこと。

書物や楽譜もない中、口伝で豊かな音楽を受け継ぎ、

各地の人々の心をつないできたこと。

喜怒哀楽、恨み、後悔、運命との葛藤...

様々な感情と時空を超えて語らうことのできる時間こそ、

ロマ民族の文化と音楽が広まり続け、

足跡を着実に刻む所以なのでしょう。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  A Horse With No Name ( 名前のない馬 ) / AMERICA


番組日記 | 2017年9月10日 08:00

9月3日(日)ロマ民族の軌跡

今週は、

城西国際大学 メディア学部 助教、

滝口幸子(たきぐち・さちこ)先生の授業でした。

IMG_2985-thumb-240x240-106458.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に東ヨーロッパの民族音楽について研究を重ねていらっしゃる

滝口先生に、

ご専門であるロマ民族の文化と音楽について、

教えていただきました。

ロマ民族とは、ロマネス語を話す人々のこと。

国家を形成したことがなく、

土地土地を流浪しながら、

各地の文化と融合させた音楽を発信する音楽家として生計を立ててきました。

もともと、インド北西部の辺りにいらしたロマの方々が、

やがて、

ヨーロッパやアフリカへと移り住むようになっていったと言われていますが、

そうせざるを得なかったのか、移動する生活を選んだのかは、

今も不明なのだそう。


先生のお話から浮き彫りになるのが、

移民・難民の受け入れに代表される

現代につながる問題。


歴史上、

新しく入ってきた方々の定住が、なかなか許されなかった西ヨーロッパと、

納税義務を負うかぎり、定住を受け入れてきた東ヨーロッパ ―

宗教的な背景や、地政学的な理由を含め、

国民の思考や国際社会における理想と現実など、

有史以来、山積する問題は、解決をみるまでに至っていません。


おしなべて、文化や生活習慣、世論の動きが革新するには、

3世代は要するという考え方が一般的ですが、

後世が、平和で友好的な世の中であってほしいという思いは1つ。

いつの日か、きっと、

多様性を受け入れ合う時代が訪れ、

憧憬の象徴だった自由というものが、

異質の域から当然の要素へと昇華していますように。

                    石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Volare! / Gipsy Kings


番組日記 | 2017年9月 3日 08:00

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.