林家正蔵のサンデーユニバーシティ

文化放送

毎週日曜日7:30~8:00

サンデーユニバーシティとは?
日曜日に、「勉強より易しく雑学よりもためになる」話題をお届けしている番組
『林家正蔵のサンデーユニバーシティ』。
毎週、様々なジャンルの先生をお迎えして、興味深いお話を伺います。
その内容は、政治・経済・スポーツ・福祉・薬学・環境・観光・メディアなどなど、
多岐に渡っています。
受講生は落語家で、城西国際大学・客員教授を務めている
林家正蔵師匠と石川真紀アナウンサー。
聴けば、ヒザをポン!と打ちたくなるようなお話ばかり!
あなたも正蔵師匠や石川アナと一緒に、楽しい授業を受講してみませんか?

2月18日(日)悠久の岐路

今週は、

学校法人 城西大学 水田記念博物館 大石化石ギャラリー 学芸員、

宮田 真也(みやた・しんや)先生の授業でした。

 

3626-thumb-240x240-111940.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

地質古生物学がご専門で、化石博士としてもご活躍中の宮田先生に、

今回は、

' 化石の不思議 'をテーマに、お話しいただきました。


世界で初めて発見された恐竜の化石は、

イギリスの医師、マルテル、あるいは、妻のメアリーが発見した

イグアノドンの歯の化石とされ、

1820年頃のことと言われています。

化石を発見し、同定され、世界的に認められるには、

多くの人々や組織が関わる為、

最初に見つけた人の名前が恐竜に名づけられることは、皆無に等しいのだそう。

イグアノドンの歯の化石を最初に見つけたのが、

妻のメアリーだったとしても、

当時の時代背景等を鑑みると、

男性で、より社会的地位があったであろう夫のマルテルの名が後世に残り、

かつ、

発見された骨の持ち主である恐竜の名前が、

国際動物命名規約に準ずる形でつけられる経緯を想像すると、

当の恐竜も、絶命後のあまりの騒ぎに当惑するほどでしょう。


恐竜が、古今東西、人々の心をとらえて離さないのは、

恐竜たちが絶滅したとされるのが6600万年前と大昔であること、

また、

その6600万年前に、10km大とも言われる巨大な隕石が地球に衝突したこと、

そして、

そもそも、恐竜たちが、現代には在り得ない巨大な生物であったこと、

そうした人知を超える要素に畏敬の念を覚え、

どれだけ探究したとしても、し尽くすことができないから。


悠久の歴史において、

地球規模、宇宙規模で、

計り知れない事態に見舞われた時には、

きっと、

絶滅した方にも、生き延びた方にも、

然るべき理由、そうなった使命が、

確実に存在するような気がしてなりません。

時代が進むほど、

人為が自然を超えることなど決してないのだと、

思い知らされます。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  More Than a Feeling ( 宇宙の彼方へ ) / Boston


番組日記 | 2018年2月18日 08:00

2/18・25(日)ゲストの先生は・・・

学校法人城西大学 水田記念博物館 大石化石ギャラリー
学芸員 宮田 真也(みやた・しんや)さん
3630.JPG

2回目のご出演となる宮田さん、今回も化石のレプリカをお持ち下さいました。
化石の世界では研究技術が進み、一部ではありますが、化石に残っている「色素」から恐竜の色の解明も出来るようになってきたそうです。
もしかしたら将来、私たちがイメージしている恐竜の色が変わっているかもしれませんね!
今回は、そんな恐竜の秘密や不思議の世界を覗いてみようと思います。

| 2018年2月13日 13:17

2月11日(日)出たとこ勝負!

今週も、

城西国際大学 学長、

杉林 堅次(すぎばやし・けんじ)先生の授業。

IMG_4852-thumb-240x240-110964.jpg

 

 

 

 

 

 


今回は、

杉林学長ご自身の高校時代のお話から、

始めていただきました。

受験対策をとらず、

全科目を履修するスタイルの高校に通っていらした杉林先生曰く、

「今になってみると、全てを習うことができてよかった」。

学校によっては、

3年間まったく触れることなく卒業させる科目がある高校も少なくない中、

受験科目でなくても、ひととおり履修することで、

視座が増え、

また、

開けなかった扉がないことで、

自分の心の中の風通しをよくすることにも繋がるはすです。


今日の授業でたびたび出てきた、準備・対策という単語を目の当たりし、

我が身を振り返っておりました。

本来は、準備・対策が最終目標ではなく、あくまでも基礎であり、

準備・対策でととのえた基礎の上に立って、

自ら考えて行動する即戦力、即応力を身に着ける過程こそが、

教育であり、人材育成の意義だということを、

未熟な児童・生徒たちに自然と自覚させてくれるのが

学び舎だと感じます。

杉林先生が仰る

' 出たとこ勝負 '、 ' 行き当たりばったり 'というのは、

正攻法も近道もない、総合力の象徴なのでしょう。


守ることも、突破することも、どちらも大事ですし、

当たり前のことを習得するだけでなく、

自分にしか出来ない何かを模索することも、

人生の醍醐味です。

今まさに、受験期間中の方も、

一定の結果が得られた方も、

どんな時も通過点ととらえて、

誰にも模倣しえない

自分だけの人間力を高めてまいりましょう。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Shout To The Top / The Style Council


番組日記 | 2018年2月11日 08:00

2月4日(日)役に立つか、立たないか

今週は、

城西国際大学 学長、

杉林 堅次(すぎばやし・けんじ)先生の授業でした。

IMG_4858-thumb-240x240-110962.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2005年3月以来のご登場となる杉林学長。

ご自身の大学時代の出会いから、

近頃の学生さんたちについてお感じになることまで、

じっくりとお話しいただきました。


一般的に、

10代~20代という大事な時期を過ごす大学時代。

早い時期に異質なものに触れることの重要性を、

杉林先生は説いていらっしゃいます。

言語や文化、生活環境、考え方が異なる人たちと

積極的にコミュニケーションを持ち、

理解し合うことで、

その後の人生に、必ずや、よい影響をもたらすはず。

自分と似た境遇の人、

考え方や趣味が近い人とだけのコミュニケーションは、

一定期間、楽に過ごすことが出来るかも知れませんが、

10年後、20年後の自分を狭めてしまう可能性があり、

かなり、もったいない気が...。

この人とは合わないな、

考え方が違うな、

話がかみ合わないな、と思い知り、

' 免疫 'をつけることが大切で、

何も、合わない人と、無理に距離を縮める必要はないと思っています。


杉林先生が学生時代に出会った方々の、なんと個性豊かなこと。

薬学部生でありながら、文学について熱く語るA学生。

トランプを使った暗算が得意なB学生。

同級生にして年上のC学生。

分厚い英語のテキストを配布し、

翌日までにレジュメを提出するよう課したD先生。―

50年ほど前の出会いが、杉林学長の心に今も根差し、

折に触れて、その多様性に感化される逞しさこそが、

中学や高校でもない、社会に出てからでもない、

大学時代に培われる養分の効果に思えます。


意外と役に立つか、やっぱり役に立たなかったか、

その答えが出るのは、ずっと先でよいのでしょう。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Tell Her About It ( あの娘にアタック ) / Billy Joel


番組日記 | 2018年2月 4日 08:00

2/4・11(日)ゲストの先生は・・・

城西国際大学

杉林 堅次(すぎばやし・けんじ) 学長
IMG_4861(Edited).jpg
富山出身の杉林学長、学生時代はのびのびした環境の中で過ごされたそうです。
現在は、学長という立場の中で城西大学の薬学部の教壇にも立たれています。

今回は、ご自身の経験から「人生を変える出会い」や「大学生活をいかに有効に過ごすか」といったアドバイスを伺っていきます。

勉強は大事ですが、それ以上の物が見つかると思いますよ・・・!




| 2018年1月31日 11:43

1月28日(日)学びは、幸せの為に

今週も、

城西大学 学長、

白幡 晶(しらはた・あきら)先生の授業。

IMG_4844-thumb-240x240-110954.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

白幡学長が折に触れて学生さんたちに語っていらっしゃる

Harvard Grant Studyについて。

1938年頃にスタートした研究で、

人間の幸せを決める重要な要素は何かという究極の問いに、

75年以上の年月をかけて挑んでいるのだそうです。

研究の結果、

地位や名誉よりも、

周りの人たちとコミュニケーションをもって、よい関係を築き、

ある程度、経済的に恵まれていることが、

人の幸せ、人類の繁栄に最も強く影響するという答えを

導き出しているといいます。


ひるがえって、

人はなぜ学ぶのかを考える時、

自分の仕事を楽しみ、よい人生を送る為に、という考えに

行きつきます。


城西大学の建学の精神である、「学問による人間形成」。

想定外の事象に遭遇した時に、人は一生懸命考え、

乗り越えて成長を重ねると、白幡学長も仰るように、

学ぶことは、つまり、試行錯誤を繰り返しながら、

自らの血肉を身につけていくことなのだろうと思っています。


社会人になって20年以上を経た今、振り返って感じるのは、

正直なところ、

学校教育の全てが、

何がしかの役に立っているとは必ずしも思えない、ということ。

ただ、

自分に合った暗記方法を編み出したり、

単元や項目の要点や重要度を考えたり、といった、

1つ1つの過程は、意外と無駄ではなかった気がしています。


またとない学生時代、

お金や時間では代えがたい、あなただけの経験が得られますように。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Flashdance... What a Feeling / Irene Cara


番組日記 | 2018年1月28日 08:00

1月21日(日)こっそり、寄り道

今週は、

城西大学 学長、

白幡 晶(しらはた・あきら)先生の授業でした。

 IMG_4848-thumb-240x240-110956.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「失われた20年」と言われるほど、

学生さんたちをめぐる環境や論評が一変した時代。

白幡学長曰く、

以前は、知識や経験を提供する場だった大学が、

現在は、その使い方、役立て方を指南する場へと変貌したとのこと。

小中高の教育現場では学習要領や運営が時間に追われ、

就職先である企業には若い人材を教育する余裕がなくなって久しく、

即戦力と社会人基礎力を大学に期待する傾向が強くなっていることを

実感していらっしゃるそうです。


詰め込むこと、ひたすら暗記することが目的化した勉強は、

きっと面白くないばかりか、

自分の為になるという自覚が芽生えるものには成り得ず、

決まったレールの上を進んでさえいれば、

叱られることも咎められることもない代わりに、

失敗したり不測の事態が起きた時の耐性や対処の仕方を身につける機会は

少ないでしょう。


遊んだり冒険したりしながら、

時に傷つき、挫け、涙しながら体得した経験は、

自分だけの宝であり、

同時に、社会という一定の枠組みの中で生きる術が判断できる-

巷で言われるコミュニケーション力や、人間力とは、

受動と能動を並行して味わうことで、

それらしいモノが備わってくるような気がしています。


将来の進路を決める学生さんたちにとっても、

大学進学を目指す受験生の皆さんにとっても、

今は、大事な時期。

もしかしたら、自由になる時間は限りなくゼロに近いかも知れませんが、

親御さんやご家族に心配をかけない範囲で、

こっそり' 寄り道 'しても、よいのでは・・・

そのわずかな5分、10分が、

あなたの心を、この先ずっと、豊かにしてくれるはずです。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  星に願いを ~ When You Wish upon a Star ~ / Louis Armstrong


番組日記 | 2018年1月21日 08:00

1/21・28(日)ゲストの先生は・・・

城西大学
白幡 晶(しらはた・あきら)学長
IMG_4850(Edited).jpg

薬学部の教授として教壇に立つ事もあるそうですが、現在は学長として多忙な日々をお過ごしです。

そんな学長にお伺いするのは、「現在の大学生の姿」

社会の風潮の変化によって、大学の在り方・担う役割に変化が出てきている中、
実りある学生生活を過ごす秘訣は?
数十年前の大学生ってどんな感じだったか?

これから大学生になる人、現役大学生に向けてのメッセージとして耳にしていただければと思います。


| 2018年1月17日 12:53

1月14日(日)社会の成長のために

今週も、

城西国際大学 国際人文学部 招聘教授、

アンドリュー・ホルバート先生の授業。

7707528E-D3A4-4C49-A9FA-BFDBF312A2DB-thumb-240x240-110502.jpg

 

 

 

 

 

 

 


日本で、外国語教育を楽しく習慣化するには、

その言語を母国語とする人と、

一緒に遊んだり、体験したりすることが重要と仰る

ホルバート先生。

加えて、

英語に一極集中させず、第二外国語の習得も進めてほしいと

指摘しています。

先生ご自身の体験から、

二極間の比較だけでなく、

世界には多様な文化や考え方があると知る方が、

刺激的だと思えるし、

比較対象は多い方が良いとのこと。


そして、

学生さんが、留学やホームステイを希望する時、

親御さんをどう説得するか、ということについては、

やはり、ホルバート先生ご自身とお母さまの体験から、

「好きこそ、ものの上手なれ。

 上手になったら、

 世の中の誰かが、雇用したり、出資したりしてくれるもの」と、

助言されていると話してくださいました。


人が、教育を受け、自ら学び、

挫折を経験したり、様々な困難を乗り越えたりしながら、

成長し続ける存在であるかぎり、

到達点は1つではなく、

森羅万象、無関係な存在はありません。

1人1人が視野を広げ、

学問が横断的、学際的に進化し、

世界が多様化の道を進むことで、

理想的な社会が実現できるはず -

2018年が、

そんな未来への確かな通過点でありますように。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Get Back / The Beatles


番組日記 | 2018年1月14日 08:00

1月7日(日)未来へ続く道々

2018年、

本年も、どうぞよろしくお願い致します。


新年最初の放送は、

城西国際大学 国際人文学部 招聘教授、

アンドリュー・ホルバート先生の授業でした。

8C131EF0-B8E0-4463-BA58-CE5655E7F21D-thumb-240x240-110500.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンガリーご出身で、多彩なご経歴を持つホルバート先生に、

グローバル化を見据えた世界標準というテーマのもと、

外国語教育の現状と未来について、

お話しいただきました。


長年、先生ご自身が関心を抱いていらっしゃるのが、

外国語教育と、教育の国際交流。

受験や試験の為ではなく、

楽しい体験を重ねながら適応能力を発揮する教育の重要性を

実感していらっしゃるとのことです。

優秀な学生さんたちが、生まれ持っての資質を活かし、

言語能力を含めた能力を一層、発揮するには、

留学と国際交流の機会を持つことが何より大切。

中でも、

ホストファミリーと暮らしながら会得する言語能力は、

とても貴重だと、先生は仰います。


学校は、良い成績を修めるだけでなく、

失敗する為にあり、

遊びながら学ぶことの意義を、

多くの人が体感するようになれば、

日本での外国語教育も、

This is a pen.をただ繰り返したり、

文字や文法からスタートするより、

音声を主流とする傾向に育っていくのでは、と、

希望が持てる長期的展望を語ってくださいました。


少なくとも、

言葉も、学習の仕方も、進む道も1つではないことを知りながら

子ども時代を過ごすようになれば、

衝突や差別のない、多様性が当たり前の社会に、

一歩近づくことが出来るはずです。

                   石川真紀

【 ON AIR MUSIC 】
 
  Born To Be Wild( ワイルドでいこう ) / Steppenwolf


番組日記 | 2018年1月 7日 08:00

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.