どうでもいいサミット

番組概要。
 
不思議の国、ニッポン。未知の国、ジャパン。

正確に動く通勤列車で大量の労働者が都心に運び込まれる。

出る杭は打たれ、同じ業界の人は何だか同じような格好をする。


若者は最新の家電製品を初めて見たときから器用に使いこなす。

でも、あまりに独自に発達しすぎたガジェットは

世界から「ガラパゴス」と呼ばれる。


二次元のキャラクターにしか恋をしない男もいる。

秋葉原のショップには、原作者も顔負けの同人誌があふれる。


若い女性が座禅や仏像に魅せらる。

400年以上前に討ち死にした武将がアイドルになっても

驚いてはいられない。


別の若い女性は皇居の周りを大挙してランニング。

また別の若い女性は登山に、自転車に、フットサルに・・・。

「健康ブーム」なんて言葉じゃちょっと説明がつかないようだ。


フラメンコを学ぶ人の数はスペイン本国を大幅に超え

ポールスミスの店舗数は英国の比ではない。

スーツの販売着数はもちろん世界一!


インスタントコーヒーが発明され

バタフライという難しい泳法が生み出されたのもこの国だ。


失われた10年は気付けば失われた20年に近づいている。


住んでいる自分たちすら不思議で仕方ない国、ニッポン。

明日が明るいのか暗いのかさえ分からない国、ジャパン。


さあ、ジャパンを語ろう!

どんなインテリでも語れないこの国を

もし語れるとしたら、この男だ。


野村邦丸。


もちろん根拠はないが、騙されたと思って着いて来てほしい。


運か?実力か?

偶然か?定めか?


とにかく平日の4時間を

毎日この男が語りつくす。


それが「くにまるジャパン」だ。