デイトライン東京の最近のブログ記事

『パリジェンヌが教える愛される男』 ゲスト:ドラ・トーザンさん

きょうのお客様は、日本とフランスの架け橋というパリジェンヌ、

国際ジャーナリストにしてエッセイストの

ドラ・トーザンさんでした。

 

k20160525g.jpg

 

これでま、パリジェンヌからの視点で女性の生き方をはじめ、

恋愛、ワークライフバランス、子育てなどについて

発言や論評をされてきたドラさんですが、

このほど日本の男性に向けたエッセイ、

「愛される男の自分革命」を徳間書店より上梓されました。

 

そこで今日は、ドラさんに愛される男性の生き方や

磨き方についてお伺いしたよ。

 

 

最新エッセイ「愛される男の自分革命」(徳間書店)の

出版を記念して、

6月3日金曜 午後7時から、TSUTAYA 東京・六本木店で、

ドラさんのトーク&サイン会が開催されますよ。

 

お問い合わせ TSUTAYA六本木店 

03-5775-1515

 

『レスター優勝の大反響!』 ゲスト:スティーブン・ウォルシュさん

きょうのお客様は、熱烈なサッカーファンで

翻訳家・作家のイギリス人、スティーブン・ウォルシュさんでした。

 

DSCN6483.JPG

 

 

イングランドサッカー・プレミアリーグで、

日本代表の岡崎慎司選手が所属するレスター・シティが

今月2日みごと優勝を果たしました。

シーズン前は残留争いの筆頭にあげられていただけに、

世界中のメディアはレスターの優勝に大熱狂。

ある記事では「ネッシー発見以上の奇跡!」と

見出しを打っていたほどです。

 

そこでマンチェスター・ユナイテッドファンの

スティーブンさんにレスター優勝の反響について伺いしまたよ。

 

※きょうの写真は、マンUの不甲斐ない結果にがっくりするスティーブンでした。

 

『在日ネパール人の熊本ボランティア報告』 ジギャン・クマル・タパさん

きょうのお客様は、ネパールと日本の架け橋!

ネパール政府公式通訳者で

公益財団法人かながわ国際交流財団職員の

ジギャン・クマル・タパさんでした。

 

 k20160511e.jpg

 

先月、熊本県と大分県で大きな被害を出した熊本地震。

現在も被災地での支援活動が続いていますが、

タパさんたち在日ネパール人ボランティアメンバーは、

19日新幹線で博多へ。そして高速道路で熊本入り。

 

20日、ボランティアとして50人のネパール人が集まり、

避難所となってた熊本市内の熊本学園大学で、

600人前の温かいネパールカレーの振る舞いました。

 

タパさんたち在日ネパール人の皆さんは、

この熊本ボランティア活動をで引き続き

行っていくそうですよ。

 

『在日ミャンマー難民 25年目の帰国』 ゲスト:チョウチョソさん

きょうのお客様は、東南アジアのミャンマー、旧国名ビルマのご出身、

難民として日本で25年間暮らされてきた

民主活動家のチョウチョウソさんでした。

 

k20160504c.jpg

 

チョウチョウソさんは、1988年祖国ビルマで、

旧軍事政権に抗議する民主化運動に参加したのですが、

その後の弾圧を逃れ、タイを経て1991年に日本に亡命。

 

以来25年間、難民として日本で暮らされてきたのですが、

去年11月、ミャンマーの総選挙で反政府を掲げてきた、

NLD国民民主連盟が圧勝しました。

 

それに関連してチョウさんの一時帰国の申請も認められ、

3月に20日間ほど25年ぶりの帰国を果たされました。

きょうは、チョウさんに、帰国、そしてミャンマーの新政権について、

お話を伺いましたよ。

 

チョウさんは首都ヤンゴンの交通渋滞や建設ラッシュに驚きつつも、

人々がレストランやSNSで自由に政治の話をすることに

民主化が実感できたそうですよ。

 

 

「フランスの保育制度」 ゲスト:ドラ・トーザンさん

今日のお客様は、国際ジャーナリストで

エッセイストのドラ・トーザンさんでした。

 

k20160427f.jpg

 

国会でも取り上げられた「保育園落ちた日本死ね」という

匿名ブログで、少子化・待機児童・保育所不足などの問題が

よりいっそう大きくクローズアップされています。

 

一方、出生率2.01のフランスではベビーブーム。

それを支えるのは3歳からほとんどの子供が通う公立の幼児学校です

。0歳児からも託児所のシステムや「NOUNOU (ヌヌ)」と呼ばれる

現代の乳母システムなど、さまざまな状況に応じて、

保育サービスがあるそうですよ。

 

そして、5月20日には、ドラさんの新著「愛される男の自分革命」が

徳間書店より発売されまますよ。

『冒険とロマン ボビーは何しに日本へ?』 ゲスト:ボビー・オロゴンさん

スペシャル・ウィークの本日は、初登場!

タレント・格闘家のボビー・オロゴンさんをお迎えました。

 

k20160420f.jpg

 

 

このほど、ボビー・オロゴンさんは、お父様の教えやビンボー時代の生き方、

さらに、現在の成功のロマンなどを語られた著書、

『1週間の食費が300円だった僕が200坪の別荘を買えた本当の理由』

サンマーク出版)を上梓されました。

 

そこで、ボビーさんにバラエティ番組では、

うかがい知れない素顔、苦労時代や成功の哲学などを語っていただきましたよ。

 

 

『イケメンカナダ人が語る第二の故郷、町田!』ゲスト:カイル・カードさん

きょうのお客様は俳優、モデル、タレントで

東京町田市在住のカナダ人、カイル・カードさんでした。

 

k20160413g.jpg

 

カイル・カードさんはカナダの西の玄関、

世界一住みやすい街といわれるバンクーバー出身の30歳。

カナダの大学で日本語を学び、20歳のとき、

桜美林大学の交換留学生として初来日されました。

一旦、帰国されたものの、日本のことをもっと知りたいと再来日。

いまも町田のホストファミリー宅に住み、

第二の故郷だとおしゃっています。

 

そんなカイルさんに町田愛を語っていただきましたよ。

都心にも湘南にも1本でアクセスでき、自然も豊かなところが

魅力なんだそうです。

いまでも地元の人々とのつきあいもあり、秋のお祭りでは

お神輿も担いでいるそうです。

 

『ドイツのポテト事情!』 ゲスト:クララ・クレフトさん

きょうのお客様は、ブログ「クララの八百八町」やTwitterなどで東京や世界の情報を発信!落語の海外公演もプロデュースされているドイツ人のクララ・クレフトさんでした。

 

12592637_525924274257142_9179410141212959561_n.jpg

 

いま、日本では春の味覚「新じゃが」が出回っていますが、欧州の「じゃがいも王国」といえばドイツです。

その収穫は秋になりますが、世界6位の生産量を誇り250種類ものジャガイモが栽培されているといいます。

そこできょうは、クララさんにドイツのじゃがいも文化や料理についてお話を伺いました。

 

今年も落語の欧州ツアーを敢行。春風亭一之輔師匠と女流落語家・立川こはるさんで欧州各国へ乗り込みます。

この壮行会として6月10日(金)「座・高円寺2(ツウ)」。

そして凱旋公演として8月12日(金)四谷区民ホールで落語会があります。

現在、チケットが発売中ですよ。

 

欧州.png

 

「ネパール留学生の日本語スピーチ」 ゲスト:ジギャン・クマル・タパさん

きょうのお客様は、ネパールと日本の架け橋、ネパール政府公式通訳者で国際交流研究者、ジギャン・クマル・タパさんでした。

 

k20160330g.jpg

 

3月27日(日)東京・新宿NPO協働推進センターで、「在日ネパール人留学生による日本語スピーチコンテスト」が開催され、大きな夢を抱いてネパールから来日した17人の若者が日本語でさまざまな発表を行いました。

このスピーチコンテストについて、審査委員長でもあるタパさんにお話を伺いましたよ。

 

登壇した留学生の皆さんは、どなたも素晴らしいスキルの持ち主で、ジョークをまじえて感情たっぷりのスピーチをはじめ、日本とネパールのことわざについてのスピーチ、もうすぐ1年となるネパール大地震についてのスピーチなど、バラエティに富んだ内容でした。

日本人観客が選ぶオーディエンス賞など、日本とネパールの友好も感じられるイベントでしたよ。

 

ネパール大地震が1年を迎える4月25日、日本からの支援に感謝する在日ネパール人の方々のアクションが日本各地で展開されるそうです。

 

 

『岡崎大活躍!プレミアリーグ』 ゲスト:スティーブン・ウォルシュさん

きょうのお客様は熱烈なサッカーファンで、

翻訳家・作家のイギリス人、スティーブン・ウォルシュさんでした。

 

k201603023f.jpg

 

イングランドサッカー、プレミアリーグで日本代表の岡崎慎司選手が

所属するレスター・シティが首位を快走しています。

 

シーズン前は残留争いの筆頭にあげられていただけに、

イギリスのメディアは、レスター・シティに大注目。

現在、2位のトッテナムとの差は勝ち点「5」。

残り7試合でクラブ史上初となる奇跡の優勝も見えてきたのです。

 

そこで今日はCS放送でサッカーワールドカップ番組のMCを担当され、

アルビレックス新潟の公式HPでコラムを書かれている

えのきどさんとスティーブンさんによるサッカートークをお送りしましたよ。

 

お二人とも岡崎選手のオフ・ザ・ボールの動きを絶賛され、

先日のオーバーヘッドキックが今シーズンの優勝に大きく貢献するかもと

予想されていました。

さすがサッカー通のお二人でした。

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11