キャプテン(放送終了)

くにまるジャパン探訪の最近のブログ記事

『台湾 パート1』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと西川文野アナウンサーが訪れた、

H.I.Sプロデュースによる『スペシャル台湾ツアー』の模様をお送りしました。

 

台湾・飛行機.jpg

台湾・機内①.jpg

台湾・機内②.jpg

 

金曜日の番組終了後、台湾へと飛び立った一行は、その日の夜に現地に到着。

ガイドの大橋さんにご案内いただき、いよいよ『スペシャル台湾ツアー』がスタート!

 

台湾・到着.jpg

 

一旦、ホテルにチェックインした後、一行は初日の"修行会場"となる海鮮居酒屋、

「紅翻天生猛海鮮(ホンファンティエンシェンモンハイシェン)」へ。

 

台湾・海鮮(外観).jpg

 

キンキンに冷えた台湾ビールを飲みながら、蒸したハマグリやエビ、蟹の炒め物・

浅利スープ・魚の唐揚といった海鮮料理のほか、空芯菜炒め・牛蒡チップ・叉焼

などに至るまで、絶品の数々をいただきました。

 

台湾・海鮮(ビール).jpg

台湾・海鮮①.jpg

台湾・海鮮②.jpg

台湾・海鮮③.jpg

台湾・海鮮④.jpg

 

そして、一夜明けて土曜日の朝。少し早起きをして、地元の皆さん御用達の朝食

スポット「永和豆漿大王(ヨンホードウジャンダーワン)」へ。

 

台湾・朝食①.jpg

 

豆乳を温め、醤油・黒酢・スープ顆粒などで味付けし、そこに油条を割りいれれば

出来上がりという料理「鹹豆漿(シエントウジャン)のほか、アツアツの小龍包など、

ヘルシーで美味しい朝食(しかも激安!)を堪能しました。

 

台湾・朝食②.jpg

台湾・朝食③.jpg

 

お腹がいっぱいになったところで、いよいよ本格的な観光がスタート。

まずは、名高い「故宮博物館」へ!

 

台湾・故宮②.jpg

 

1965年にオープンした「台北・故宮博物館」は、中華民国政府が北京の「故宮博物館」

から台北へ運び込んだ、貴重なコレクションを中心に展示している巨大な博物館となって

います。

 

台湾・故宮③.jpg

 

数ある展示物の中で、特に目玉とされているのが翡翠製の「白菜」(正式名称は「翠玉

白菜」と、メノウ系の天然石が原料の「角煮」(正式名称は「肉形石」)で、どちらも清朝

時代に作られたモノです。・・・が、今は高雄にある故宮博物館に出張中のため、実物を

見ることはできませんでした。

 

台湾・故宮①.jpg

 

本来であれば、じっくりと時間をかけて隅から隅まで見学したいところでしたが、

次の見学スケジュール「衛兵交代式」の時間が迫ってきたため、故宮博物館を

後にし、「忠烈祠(チョンリエツー)」へ。

 

台湾・衛兵⑦.jpg

 

「忠烈祠」は、辛亥革命から現代に至るまで、国家のために命を落とした人々33万人を

祀る神聖な空間となっています。

 

いよいよ「衛兵交代式」がスタート!

 

台湾・衛兵①.jpg

台湾・衛兵②.jpg

台湾・衛兵③.jpg

台湾・衛兵④.jpg

台湾・衛兵⑤.jpg

台湾・衛兵⑥.jpg

 

一糸乱れぬ衛兵交代の様子に、一同、感動しきりでした。

 

この続きは、次回お送りします。お楽しみに!

 

 

『神田界隈』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと西川文野アナウンサーが、

『神田界隈』を訪れた模様をお送りしました。

 

まずは、JR御徒町駅に降り立ち、最初の訪問先である千代田区外神田のアート・

スペース「アーツ千代田3331」へ。 広報担当の伊多波さんにご案内いただき、

いよいよ探訪スタート!

 

3331外観.jpg

 

「アーツ千代田3331」は、6年前に千代田区が設置した文化芸術の拠点施設で、

元々は中学校だった建物を利用しています。 まずは、1階の入り口周辺にある

白い部屋やギャラリー、ショップ、カフェなどを見学。

 

3331①.jpg

3331②.jpg

3331③.jpg

 

更に、学校で煙草を吸ってみたかったという邦丸さんは、元は職員室だったという喫煙

スペースで一服。

 

3331④.jpg

 

続いて、ギャラリーなどのスペースが並ぶ2階へと移動。まずは、「橘画廊」で開かれて

いた「浅野彩花展」にお邪魔しました。

 

3331・浅野彩花展.jpg

3331・浅野彩花展②.jpg

 

浅野さんの絵に心を揺り動かされたようで、なんと邦丸さんの目から涙が・・・。

そして、本気で絵の購入を検討していましたが、残念ながら手が届きませんでした(笑)

 

また、こちらの「アーツ千代田3331」には芸術系の大学の部屋があり、その中から

「京都工芸繊維大学」と「多摩美術大学」のブースを見学させてもらいました。

 

3331⑤.jpg

 

このあたりで「アーツ千代田3331」を後にした一行は、続いて、「くにまるジャパン」では

おなじみ、神田駅近くにある会社「徳力本店」へ。

 

徳力・外観.jpg

 

まずは、ショールームで1kgの地金(取材当日の相場で463万円以上相当!)に

触れさせていただいたり、金に関する色々なお話を伺ったりしました。

 

徳力①.jpg

徳力②.jpg

 

また、地金以外にも「おりん」や「ぐい呑み」、「徳利」といった珍しい金製品の数々も

拝見しました。

 

徳力・おりん.jpg

徳力④.jpg

 

更に、今回は特別に、普段は見ることができないお宝を見せていただけることに!

そのお宝とは、江戸時代の享保年間に製造されたという「大判」!!

 

徳力・大判.jpg

 

ちなみに、文化財的な価値があるため、値段はつけられないような代物なんだそうです。

たっぷりと目の保養をさせていただき、今回の探訪を終えました。

 

次回は、「台湾」を訪れた模様をお届けいたします。お楽しみに!

 

 

『伊勢神宮 その3』

『くにまるジャパン探訪』では先々週・先週に引き続き、邦丸さんと、今回のスペシャル

ゲストである毎週木曜日のコメンテーター、政治アナリストの伊藤惇夫さんが、先日の

サミット取材の合間を縫って『伊勢神宮』を訪れた模様をお送りしました。

 

前回の放送で伊勢神宮内宮への参拝を終えた一行は、いよいよ恒例の"修行"の場へ。

まずお邪魔したのは、伊勢神宮外宮から歩いて15分ほどの場所にある、地元の名高い

居酒屋「一月家」。 

 

伊勢神宮・修行.jpg

 

こちらは特に湯豆腐が有名で、「日本三大居酒屋湯豆腐」などと称されているそうです。

その名高い湯豆腐をはじめ、トコブシ・破竹煮・フクダメなど、絶品の数々を頂きながら、

たっぷりと修行を行いました。

 

そして、翌日、伊勢といえば「海女さん」ということで、海女さんが採ってきた魚介類を、

その場で焼いて食べさせてくれる夢のような場所、相差かまどの「おぜごさんかまど」

にお邪魔しました。

 

伊勢神宮・海女①.jpg

 

こちらでは、大アサリ・マガキ・サザエ・アジ・ヒオウギ・ホタテなどを、その場で焼いて

食べることができます。

 

伊勢神宮・海女②.jpg

伊勢神宮・海女③.jpg

 

海女さんであるミサコさんとシゲヨさんにお話を伺いながら、新鮮な魚介類を心行くまで

堪能させていただきました。

 

伊勢神宮・海女④.jpg

 

更に、取材の様子をのぞきに来てくださった、相差町の中村町内会長にも入って頂き、

相差町の海女さん事情などを伺いました。

 

伊勢神宮・海女⑤.jpg

 

中村会長によりますと、かつて相差町内には500~600名ほどの海女さんがいたが、

現在は117名まで減少しており、その平均年齢は60歳を超えるぐらいだそうです。

 

この後、穏やかな海を眺めながら今回の伊勢志摩取材を振り返り、一行は東京への

帰路に就きました。

 

伊勢神宮・海.jpg

 

次回は、「神田界隈」にお邪魔する予定です。お楽しみに!

 

 

『伊勢神宮 その2』

『くにまるジャパン探訪』では先週に引き続き、先日のサミット取材の合間を縫って

『伊勢神宮』を訪れた模様をお送りしました。

 

今回も神宮司庁広報室広報課長・神宮権禰宜の石垣仁久さんにご案内いただき、

伊勢神宮にまつわる色々なお話を伺いながら歩を進めていくジャパン探訪一行。

いよいよ、「正宮・皇大神宮」へと到着!

 

伊勢神宮・皇大神宮.jpg

 

撮影禁止のため写真はありませんが、もちろんしっかりと参拝させていただきました。

更に、四重になっている皇大神宮の垣根にまつわるお話や、式年遷宮があるおかげで

うまくいっているという宮大工技術の伝承に関するお話などを伺った後、続いて、お米の

神様を祀っている「御稲御倉」へ。

 

伊勢神宮・御稲御倉.jpg

 

こちらでは、神明造の原型であるという構造などについて伺いました。

 

続いては、別宮トップの「荒祭宮」に参拝。

 

伊勢神宮・荒祭宮.jpg

 

この後、「式年遷宮には1万本の檜が必要で、使用するパーツの数は8万以上もある」

というお話や、式年遷宮の意義などを伺ったところで、伊勢神宮への参拝を終えました。

 

伊勢神宮・帰りの宇治橋.jpg

伊勢神宮・帰りの鳥居.jpg

 

次回は、この続きからお届けいたします。お楽しみに!

 

『伊勢神宮 その1』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、先日のサミット取材の合間を縫って『伊勢神宮』を

訪れた模様をお送りしました。

 

まずは、伊勢神宮の門前町「おかげ横丁」へ。第61回式年遷宮の1993年に、お伊勢

さんの"おかげ"という感謝の気持ちを持って開業した「おかげ横丁」。約4000坪の敷地

内には、江戸から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物を移築・再現しています。

 

そんな「おかげ横丁」を代表するお店のひとつが、老舗の名店「赤福本店」。 こちらでは、

他ではなかなか味わうことができない、出来立ての赤福をいただきました。

 

伊勢・赤福①.jpg

伊勢・赤福②.jpg

 

この後、いろいろな種類の干物が並ぶ「干物塾」や、伊勢に古くから伝わる和漢胃腸薬

「萬金丹」などを扱う「伊勢薬本舗」に立ち寄ったところで、いよいよ伊勢神宮・内宮へ。

ここで、今回のサミット取材に同行していただいた政治アナリストの伊藤惇夫さんと合流。

オバマ大統領をはじめ、伊勢志摩サミットに集った各国の首脳たちも渡った宇治橋を渡り、

ご神域である伊勢神宮・内宮へと足を踏み入れます。

 

伊勢神宮①.jpg

 

ここからは、神宮司庁広報室広報課長・神宮権禰宜の石垣仁久さんにご案内いただき、

伊勢神宮の内宮の奥へと向かっていきます。

 

「伊勢神宮は世田谷区と同じぐらいの面積」など、石垣さんに色々なお話を伺いながら

歩いていくと、さっそく一の鳥居を通過。

 

伊勢神宮・一の鳥居.jpg

 

続いて、"自然の手水舎"だという五十鈴川で身を清めることに。

 

伊勢・五十鈴川.jpg

 

しっかりと清めた後、まずは五十鈴川守護の水の神「滝祭の神」を参拝。

 

伊勢神宮・滝祭の神②.jpg

伊勢神宮・滝祭の神.jpg

 

続いて、内宮に10箇所あるという「別宮」のひとつ、「風日祈宮(カザヒノミノミヤ)」へ。

こちらには、「風の神」が祀られています。

 

伊勢神宮・風日祈宮①.jpg

伊勢神宮・風日祈宮②.jpg

伊勢神宮・風日祈宮③.jpg

 

この続きは、次回お送りします。お楽しみに!

 

 

『横浜・三溪園』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと西川文野アナウンサーが、

横浜・本牧にある名所『三溪園』を訪れた模様をお送りしました。

 

三溪園・入口.jpg

 

三溪園は、明治から昭和にかけて、実業家の原三溪が作り上げた庭園で、

広大な敷地の中に重要文化財の建物が立ち並び、港町・横浜を代表する

名所の一つとなっています。

 

三溪園・遊歩道③.jpg

 

【原三溪】

1868年、岐阜県生まれ。旧姓は青木。18歳で上京し、早稲田大学の前身である

東京専門学校で学んだ後、横浜の生糸商・原善三郎の孫娘であるヤスの婿養子と

なり、近代的な事業経営を次々に展開し、財を成す。また、実業の世界で活躍する

一方、社会福祉関係でも要職に就いたほか、更には美術品の収集やアーティストの

パトロンとしても有名。1939年、70歳で逝去。

 

そんな原三溪が作り上げた三溪園、邦丸さんは半世紀ぶり、西川アナは初めての

訪問となりました。

 

事業課長の吉川さんにご案内いただき、京都から移築されたという三重塔をはじめ、

元々はプライベートな空間だったという内苑、普段は非公開の隠居所、大正年間の

鉄筋コンクリート造りという蔵、これから花ショウブの季節を迎える素敵な池などを

拝見しました。

 

三溪園・遊歩道.jpg

三溪園・池.jpg

三溪園・菖蒲.jpg

 

続いて、元々は紀伊徳川家が和歌山・紀ノ川沿いに建てた別荘で、17世紀の数寄屋

風書院造だという臨春閣や、豊臣秀吉が母親のために建てたというお堂、徳川家光が

二条城内に建て、後に春日局が賜ったと伝わる聴秋閣など、たくさんの重要文化財を

時間の許す限り堪能させていただきました。

 

三溪園・聴秋閣.jpg

 

また、素敵な風景がたくさんあることから、結婚式の前撮り場所に選ばれることも多く、

実際に、この日も撮影している方がいらっしゃいました。

 

三溪園・結婚式②.jpg

三溪園・結婚式.jpg

 

なお、今回は時間の都合ですべてを拝見することができなかったため、あらためて、

秋頃にでも再訪することを約束し、一行は三溪園を後に・・・。

 

この後、山下公園へと移動し、開催中だったベルギービール・ウイークエンドにて、

恒例の"修行"を行い、今回の探訪を終えました。

 

ベルギービール.jpg

 

次回は、「伊勢志摩」の見どころをご紹介します。お楽しみに!

 

 

『高田馬場』

『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと西川文野アナウンサーが、番組出演者の

営むお店にお邪魔するために『高田馬場』を訪れた模様をお送りしました。

 

まずは、水曜日の「デイトライン東京」でお馴染みの民主活動家・チョウチョウソさんが

営むビルマ料理レストラン「ルビー」へ。

 

ルビー外観.jpg

 

亡命や難民認定など、チョウチョウソさんと奥様のヌエヌエチョウさんが歩んでこられた

壮絶な歴史の他、ビルマ料理の特徴などを伺ったところで、チョウさんオススメの二品、

ミャンマー人で嫌いな人はいないという「モヒンガ」と、「鶏肉とじゃが芋の煮物」が登場。

 

ルビー②.jpg

ルビー①.jpg

 

更に、お酒のつまみとしてオススメだという「お茶の葉サラダ」も登場!

 

ルビー④.jpg

ルビー③.jpg

 

ちなみに、こちらの「お茶の葉サラダ」に使われている発酵させた茶葉は、

ビルマ料理の特徴的な食材の一つなんだそうです。

 

ビルマ・ミャンマー料理を堪能した一行は、続いて、一昨年の6月に木曜日の

「おもしろ人間国宝」にご出演頂いた、DJスミロックこと岩室純子さんのお店、

「餃子荘ムロ」へ。

 

ムロ・店内.jpg

 

取材時は仕込中だったため、残念ながら名物の餃子はいただけませんでしたが、

餃子と同じく名物である「骨付き唐揚」と「レバニラ炒め」を、謎のカクテル「ホース

ネック」と「スズメバチ酒」と共に楽しませていただきました。

 

ムロ・店内③.jpg

ムロ・スズメバチ酒.jpg

 

次回は、「横浜」にお邪魔する予定です。お楽しみに!

 

 

『葛飾・柴又』(後編)

今週の『くにまるジャパン探訪』では前回に引き続き、邦丸さんと西川文野アナが、

文化放送「みんなの寅さん」でおなじみの娯楽映画研究家・佐藤利明さんと一緒に

『葛飾・柴又』を訪れた模様をお送りしました。

 

今回は、「葛飾柴又 寅さん記念館」の続きから。まさに"寅さん映画の生き字引"

ともいえる佐藤さんに、映画の裏話や豆知識などを色々と教えていただきました。

 

柴又・寅さん衣装.jpg

                             【葛飾柴又寅さん記念館・© 松竹提供】

 

更に、「男はつらいよ」の時代から遡り、明治後期から大正にかけての頃の柴又に

タイムスリップできる展示を見学。 こちらには、当時の鉄道や駅舎の様子などが

再現されており、ノスタルジックな気分に浸ることができます。

 

柴又・鉄道.jpg

                             【葛飾柴又寅さん記念館・© 松竹提供】

 

最後に、歴代マドンナや山田洋次監督などに関するエピソードを伺ったところで、

「葛飾柴又 寅さん記念館」を後にしました。

 

続いて、一行は帝釈天へと移動。

 

柴又・帝釈天.jpg

 

帝釈天への参拝を終え参道をそぞろ歩いていると、「男はつらいよ」にも出演したという

「大和家」の若旦那に遭遇。ご本人曰く「素人では一番多く出ている」とのことでした。

 

続いて、一行は「くるまや」のモデルとなった「高木屋」へ。

 

柴又・高木屋外観.jpg

 

名物の草団子や柏餅をいただきながら、寅さんに関する裏話など貴重なお話を

たっぷりと伺いました。

 

柴又・高木屋.jpg

 

このあたりで、そろそろ日も傾いてきたため、ジャパン探訪一行は「高木屋」を後にし、

最後に駅前の居酒屋「春」で恒例の"修行"を行いました。

 

柴又・修行.jpg

 

ちなみに、こちらのお店は渥美清さんがご贔屓にされていたお店で、寅さんファンに

とっては聖地のような場所になっているそうです。

 

≪葛飾柴又寅さん記念館≫

営業時間:午前9時から午後5時まで(第3火曜日は休館日)

料金:大人500円

※詳しくは、03-3657-3455までお問い合わせください。

 

次回は、「高田馬場」にお邪魔する予定です。お楽しみに!

 

 

『葛飾・柴又』(前編)

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと西川文野アナウンサーが、

『葛飾・柴又』を訪れた模様をお送りしました。

 

2014年の9月以来、約1年7ヵ月ぶりとなる葛飾・柴又探訪。前回と同じでは

面白くないということで、今回は、まず江戸川の対岸にある千葉県の松戸まで

足を伸ばし、そこから歌に名高い「矢切の渡し」を利用し、柴又に向かうことに。

 

柴又①.jpg

柴又②.jpg

 

葛飾側へと到着した一行は、前回の柴又探訪の時と同様に、今回もご案内頂く、

文化放送「みんなの寅さん」でおなじみの娯楽映画研究家・佐藤利明さんと合流。

早速、「矢切の渡し」の歌碑に関する説明や、「寅さんの裏話」などを伺いました。

 

そして、いよいよ今回の目的地である「寅さん記念館」に到着!

 

柴又③.jpg

                             【葛飾柴又寅さん記念館・© 松竹提供】

 

ボタンを押すと倍賞さんの声が聞こえてくる、寅さんの少年時代のジオラマなどを

拝見しながら奥へと進んでいくと、映画に出てくる「くるまや」のセットが登場!

 

柴又④.jpg

                             【葛飾柴又寅さん記念館・© 松竹提供】

 

そして、「くるまや」の裏手には、あのタコ社長の「朝日印刷」が!

 

柴又⑤.jpg

                             【葛飾柴又寅さん記念館・© 松竹提供】

 

その他にも、撮影時に使用されていたチェアやメガホン・カチンコなども展示されており、

"寅さんファン"の邦丸さんは感動していました。

 

次回は、この続きからお送りいたします。お楽しみに!

 

≪矢切の渡し≫

営業時間:秋までは毎日、午前10時から午後4時ごろまで営業

料金:片道大人200円

※なお、運航状況などのお問い合わせは、047-363-9357までお願いします。

 

≪葛飾柴又寅さん記念館≫

営業時間:午前9時から午後5時まで(第3火曜日は休館日)

料金:大人500円

※詳しくは、03-3657-3455までお問い合わせください。

 

 

『熊本地震レポート』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、『緊急特集「熊本地震レポート」』お送り

しました。

 

先週木曜日の夜9時26分にマグニチュード6・5、震度7の最初の地震が発生。

そして28時間後、土曜日の午前1時25分、最初の地震を上回るマグニチュード

7・3、震度7の地震が起き、その後も余震が止まらず、今でも多くの方が避難を

続けていらっしゃいます。番組では最初の地震発生後すぐ、現地取材に向かう

ことを決定しましたが、急遽決まったスケジュールのため、今回は邦丸さん一人

での九州入りとなりました。

 

熊本・空港.jpg

 

大分空港に午後4時20分に到着し、レンタカーで熊本方面へ。 先週の金曜日の

放送に電話でご出演いただいた野中カズコさんが避難している、益城町の「広安

小学校」に向かう途中、水や歯ブラシなどの物資を購入。 そして、夜8時45分、

広安小学校に到着すると、この時点で食料や水は豊富にある状態でした(文化

放送からは、ラジオを寄贈させていただきました)

 

熊本・ラジオ.jpg

 

その後、避難されている方が利用している教室や、多くの車が並ぶ校庭など、

学校の中を一通り拝見したところで、野中さんのもとへ。地震が発生した時の

様子や、ご夫婦と子ども3人での避難生活などについて色々と伺いました。

 

更に、ボランティアとして活動されている方や、広安小学校の教頭先生などに

お話を伺ったところで、広安小学校を後にしました。

 

熊本・教頭.jpg

 

この後、阿蘇市内で営業中だったファミリーレストランで遅い夕食をとり、宿泊先の

民宿「阿蘇べえ」へ。到着後、翌日の打ち合わせなどを済ませ、それぞれの部屋で

就寝。 すると、午前1時25分、後に本震だったと発表されるマグニチュード7・3の

大きな揺れが発生。もはや寝ていられるような状況ではなくなったため早めに宿を

出発し、とりあえず「阿蘇市役所」へ。 まだ夜明け前という時間帯にも関わらず、

たくさんの方が情報収集などに奔走されていました。

 

熊本・対策本部.jpg

 

こちらで色々な情報を得た後、阿蘇駅付近で「玉川美沙ハピリー」に電話でレポート。

 

熊本・レポート.jpg

 

その後、豊肥線の脱線現場をはじめ、何カ所か見て回ったところで時間に。

何とか大分空港までたどり着き、無事に東京に戻ることができました。

 

熊本・脱線.jpg

熊本・コンビニ.jpg

 

次回は、「柴又」にお邪魔する予定です。

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11